772: 愛と死の名無しさん 2014/01/04 09:45:42
12月に友人の京都での結婚式に向かうとき、 
たくさんの楽しい思い出を胸に、東京発「ひかり」に飛び乗りました。 
空席が多かったので荷物を右の座席に置いて腰を下ろしました。 
その時、車掌さんがけんさつに来ました。 
私の切符を見て、4千円余りを支払って下さいとの事でした。 
グリーン車でした。 

財布の中は2千円少々しか入っていませんでした。 
ご祝儀には手をつけられませんし…。 
自由席を3両歩きましたが、全部満席。 
疲れが出て、それ以上空席を探す気になれません。 
出入り口のドア近くにバッグを置いて腰掛け、足は対面の壁にくっつけて疲れを癒しながら考えました。 
切符は、金券ショップの格安店3点を回って買った9300円のものです。 
車掌さんは横を通っても声をかけるでもなく、むなしい1時間50分でした。 
180円の切符を買っても「ありがとうございます」という言葉をかけてくれる私鉄の駅員さんがいるかと思えば、 
JRは1万円近い切符でも空席の案内もありません。 
二度とJR新幹線は利用したくありません。 
サービスは三流です。

スポンサードリンク


775: 愛と死の名無しさん 2014/01/04 10:08:50
>>772 
ばーか

774: 愛と死の名無しさん 2014/01/04 10:08:45
完全にスレ違いだ、ボケw
 
引用元: ****私は見た!!不幸な結婚式120****