こんにちは、お久しぶり、ぬんです。
前回からはや半年が経っておりました。
これからもマイペースにネタができたら書いていきます!!

ffxiv_20170619_184317

紅蓮の解放者、面白かったです!!
曲もよかったし世界観もよかった。
話も私好みで本当に楽しかった。
以下よかった感想を取り留めなく、そのまんま思ったことをかくよ!

ffxiv_20170618_023924

乙嫁語り発売以降ずっと遊牧民の生活、いいなー萌える!!って思っていたので
ほんと、アジムステップは最高でした。
乳搾りだけのFateとか、エオルゼアにはなぜか少なかった馬みれたりとか、
あとはいろとりどりの絨毯、お洋服の刺繍。
あと幕家!!ほんと、素晴らしい。幕家に住みたい。
畑だけでなく庭に幕家と羊を飼うスペースがほしい。
だめだったらテントを実装してアジムでテントはりたい、大草原ねっころがりたい。

ffxiv_20170618_135208

それぞれの部族の思想や誇りなどもよかったですし、
バルダム覇道はいままでない感じのつくりでほんと良かったなあ。
マップ上はいけないけれど目の前にもっと広がっている草原などもあったし、
いつか他の部分にもいってみたい。
アウラ・レンは今のところそんなに出てないのでそちらもスポットを当ててほしいですね。
アウラ・ゼラの設定ももっと掘り下げてほしい。
布支度とかあるのかなとか、財産はどう扱われているのかとか。
羊がいる割に羊毛は盛んそうじゃないけど(作れるもの的に)
今後ふわふわもこもこ洋服とかでるのかなとか。

私事だけれど、サブキャラの設定が草原に住んでいて遊牧の生活をしていて、
太陽の子と言われているというものだったので、
なんか似てる設定の人がいるーと余輩さんはかわいさもあってお気に入りです。
サブキャラはまだ進めてないんですが、余輩さんとは仲悪そうだなあ、
俺が、余輩が本当のアジムの子だって言い合ってそう。

ffxiv_20170618_180523

クガネからドマ
外国の方が抱く典型的な日本みたいな感じの国でしたね。
中国とかも混ざってて、あやしいぞみたいな雰囲気だけれど、
なぜかテンションがあがるっていう。
新しく追加された料理のレシピはもはや飯テロだし
海賊の雰囲気とか、街並みとかも、もはや何もかもが親近感。
瓦の屋根の上を歩いたり温泉につかってみたり。
話も位置的に盛り上がるところに位置していて、ほんと67IDは盛り上がりましたね。
取り返すぞおおおって気運が高まるってこういうことかなと、
本当に解放する人の気分でした。
イッセ達が、やっぱり立ち上がるぞってなってくれたのもうれしかったし、
アジムの人たちが約束たがわず来てくれたのもよかった。

ffxiv_20170618_191430


アラミゴもそうでしたけれど、心が折れるまで虐げられ、
という帝国の扱いのひどさも感じられたし、
その中でうまく生きていく人たちの中で、それでもやっぱり虐げられて生きていく
ヨツユの過去も考えさせられるものがありました。
他人の付属物ではなく、自分の与えたものに価値が与えられる、これは魅力ですよ。
ヒエンは上に立つものとして、リセと対比させられているんだと思うのですが、
ヨツユの過去を知って、
分かった受け止める、だが同情はしないしリセのようにそうじゃないよと正さない、
したことは許さないとすっぱりしているところ好きです。
変な同情もないし、否定して従わせようともしない。
それはそれ、俺はこうだから俺の意思を通す、なんてところ好きでした。

ffxiv_20170618_201845

ユウギリはヒエンに恋心抱いているのかなあみたいなところもまたよし。
あとアウラ・スイなんてものもいるんだなというのもよかったです。
ミドランとアウラが子作りするとうろこの少ないのが生まれてくるというのも興味深い。
女性の特性を完全に引き継ぐってわけでもないんだなって思えたのがよかったのかもですね。

ffxiv_20170618_190813

ゴウセツは登場時あまり好きではなかったのだけれど、
アジムでたき火に照らされながら語るシーンはすごく好きでした。

ffxiv_20170618_220444

アラミゴもやっぱりドマと同じように虐げられて生活している人が多く、
全体的に属州はくらい色彩で作られている感じがしました。
リセのそれでもみんなでやっていこうよみたいなところとか、
おなじアラミゴ人だろうにみたいなラウバーンの言葉は
いろんな気持ちの集大成からでる言葉なんだろうけれど、
抗う力を持った、心を折られていない人の言葉だなと思いました。
革命のリーダーは案外リセみたいなおきれいごとを述べる人物のほうが
プロパガンダ的には必要で、
そうだよね、大変だったよね、じゃあ隠れていなさい、私たちについてこなくても平気、
今までやってきたことは不問に処す、という状況ではないし、
明るい未来をその言葉には感じないから、
それでもがんばろうよ、私たちには明るい未来を創る権利があるし、
そういう未来があるはずだから
というのは苦労していない奴が言ってもという反感を買いつつも、
やはり必要なんだと思います。

ffxiv_20170621_004513

最期リセを先頭に人の間を歩いているところとか、お、お前が先頭なんかと思いつつ、
解放軍のリーダーは新リーダーであるリセだから先頭でないとおかしいし
もやってするけれどよく考えるとそれが当たり前の部分があって、でもプレイヤーとしての
もや感が消化されないと評価が下がっていくのかなって思ったりしました。
オメガも、リセが責任をとるってボタンを押したのにいないやんけみたいな
意見を聞きますが、アラミゴを解放したばかりの解放軍のリーダーに
お前が責任取るって言ったんだろうっていうのもおかしいし、
オメガの挙動がおかしいけどリセには黙っておこう、大事な時期だし、
て思うのが当たり前というか。
あと別にリセはああいったけど、ヒカセンとか周りは誰もお前だけの責任じゃないだろって
押させたのはみんなであって責任は平等にあるだろうって私は思います。
ラウバーンはじめとした三国の責任者の責任でもあるし、
リセだけが非難されるネタは理不尽。
(暁の女性人の人気のなさは残念なところですね)

ffxiv_20170619_184153

フォルドラやゼノスなどがつくられた超越者として出てくるけれど、そのうち
天然産の超越者代表光の戦士と、人工の超越者BOSSみたいな構図が出てきたり、
超越者って全般的に怖いねみたいな部分が出てきたりするのかなって今後も期待
できる設定も出てきて、改造とかロマンを感じる私としては今後も楽しみです。
67IDの最後とか69IDの人造人間ぽいモンスターにうわあかわいそう、ショックって
思いながらもやっぱり惹かれるものがありましたね。
ちょっとFF7のレッドXⅢとかクラウドとか思い出す。

ffxiv_20170621_004704

ゼノス、イイキャラでした。
悪役として理想。
そして、選択肢でずっと強いやつと戦うって選んできた
マイヒカセンの気持ちをよくわかってくれてほんと理想だった。
お前が一番オレをわかっているよ、という気分。

ffxiv_20170620_235937

もっと最後のほうまで引っ張るかなと思ったけれど、
5.Xあたりで某列車にのって帝国にいくみたいな噂をちらっと耳にして、
帝国の王位継承第1位を殺したので侵攻の名目を得た帝国が攻め入ったりする
みたいな話が続きそうだから早々に転がされたのかなってのちに思い、
惜しいけどさっぱりした感じでよかったのかもしれません。

ffxiv_20170618_190648

最期に。
アリゼーと結婚したい!!!!
なに、アルフィノは泳げないけど、私は泳げるのよ!ってホントかわいらしすぎだろ!!!