Nuno Page in Nagoya

Nuno Bettencourt / ヌーノ・ベッテンコートへの愛が溢れ過ぎて、 ブログ立ち上げちゃいました。 EXTREME、Mourning Widows、Population 1、Dramagods 等、 Nunoの事なんでも書きます! その他お勧めアーティストについても書きます!

タグ:他アーティストとのお仕事

0001

遅ればせながら明けましておめでとうございます。
遅報となりますが、早くもヌーノの再来日公演のニュースです。


GENERATION AXE -A NIGHT OF GUITARS-
2017年04月03日(月) 19:00
会場:名古屋・Zepp Nagoya
席種/料金(税込): 2F指定席 - 20,000円 、 1Fスタンディング - 10,000円
2017年04月04日(火) 19:00
会場:大阪・Zepp Namba
席種/料金(税込): 2F指定席 - 20,000円 、 1Fスタンディング - 10,000円
2017年04月06日(木) 19:00
会場:東京・Zepp Tokyo
席種/料金(税込): 2F指定席 - 20,000円 、 1Fスタンディング - 10,000円
2017年04月07日(金) 19:00
会場:東京・Zepp Tokyo
席種/料金(税込): 2F指定席 - 20,000円 、 1Fスタンディング - 10,000円
 
<出演アーティスト>
Steve Vai (スティーヴ・ヴァイ)
Zakk Wylde (ザック・ワイルド)
Yngwie Malmsteen (イングウェイ・マルムスティーン)
Nuno Bettencourt (ヌーノ・ベッテンコート)
Tosin Abasi (トーシン・アバシ)


アメリカでも同メンバーで廻ってた公演ですね。
ギターキッズ(元も含む)にはたまらないラインナップです! 
2ヶ月後の来日公演に期待です! 

0001


Lucky Strike LiveでのLiveの模様。
ヌーノの登場は22分30秒辺りからです。

Soundcheck Live feat Nuno Bettencourt, Rudy Sarzo, Doug Aldrich 


Nunoいないぞ!って思われた方、焦らずじっくり観てください。
いたでしょ?皆の後ろでドラムセットに囲まれた状態で。
そう!ヌーノドラムです。

25分辺りからは曲名不明のファンキーな曲を演奏してます。
Guitar Warsでドラム叩いてた時にも思ったけど、
ほんとタイトなリズム感で感心させられます。

27分40秒辺りからは短いながらドラムソロも!
後ろにいるのに存在感ありまくり! 
いや~ほんまカッコええわ~。 

0001


本日は今年3月にLUCKY STRIKE LIVEで行われたLiveの模様を紹介します。

NUNO BETTENCOURT NICOLE KEHL Sideways SOUNDCHECK LIVE LUCKY STRIKE LIVE 3/16/2016


誰の曲なのかな?と思って調べたら
アメリカ・メンフィス出身のソングライター、Citizen Copeって人の曲でした。
で、更に調べると、この曲をサンタナに提供してたらしい。
サンタナが取り上げた曲なら、カバーするだけの知名度はあるわ!
と一人納得してました。

いや、しかしやっぱりヌーノはサイドでギター弾きながら
コーラスやってるのが一番映えますなぁ~。
Lucia Monizと一緒にやった曲を聴いた時にも思ったけど、
女性ヴォーカルとのコーラス溶け合い具合半端無く綺麗ですわ。
ギターは最初4Nなんだけど、何故か途中で無印N4にチェンジ。
ギターソロのヴォリュームが小さいのが残念(撮影者の位置の問題か、アンプ自体の出音が小さいのかな?) 
ですが、めっちゃエモーショナルなソロです。
掛け合いになってるコーラスもエモくてGood。

Generation AxeでのZakkと共演してるバージョンもあるので
そちら↓もどうぞ!

Sideways - Generation Axe - Zakk Wylde and Nuno Bettencourt


Generation Axe - Nuno & Zakk - Sideways

 

0001


今日ご紹介するのは2014年に
スティーヴン・タイラーと一緒に演奏したMore Than Wordsです。


Steven Tyler & Nuno Bettencourt "More than words" - The 2014 Nobel Peace Prize Concert


スティーヴン・タイラーの歌はさすがの貫禄。
でも、やっぱりこの曲はゲイリーが歌う方がいいかな。
特にヌーノとのハモりの溶け合い具合が段違い。
ま、これはこれでカッコいいですけどね!

南アフリカのケープタウンで行ったライヴの模様もあるので、
こちらも貼っておきます。

More than words live - Steven Tyler & Nuno Bettencourt (Cape Town)


こちらはフルサイズの演奏ですね。
どちらも途中で一度メインパートをヌーノが歌う所が好きだな~。

今日はとってもうるさいハイウェイ・スターを紹介しますw

Highway Star - Vai, Malmsteen, Wylde, Bettencourt, & Abasi- Generation Axe Seattle April 5th


Nunoのターンは5分20秒辺りからです。
アレンジしまくりでハイウェイ・スターの面影すら無くなってしまっていますが
5人もギタリストが集まってるんで、これぐらいしないと聴かせる側としても難しいんでしょう。

8分5秒辺りから例の速弾きパートなんですが
全員弾きまくりでうるさ過ぎw 
まぁ、お祭り的なでとってもイイですw 

このページのトップヘ