Nuno Page in Nagoya

Nuno Bettencourt / ヌーノ・ベッテンコートへの愛が溢れ過ぎて、 ブログ立ち上げちゃいました。 EXTREME、Mourning Widows、Population 1、Dramagods 等、 Nunoの事なんでも書きます! その他お勧めアーティストについても書きます!

タグ:Nuno_Bettencourt

0001


Lucky Strike LiveでのLiveの模様。
ヌーノの登場は22分30秒辺りからです。

Soundcheck Live feat Nuno Bettencourt, Rudy Sarzo, Doug Aldrich 


Nunoいないぞ!って思われた方、焦らずじっくり観てください。
いたでしょ?皆の後ろでドラムセットに囲まれた状態で。
そう!ヌーノドラムです。

25分辺りからは曲名不明のファンキーな曲を演奏してます。
Guitar Warsでドラム叩いてた時にも思ったけど、
ほんとタイトなリズム感で感心させられます。

27分40秒辺りからは短いながらドラムソロも!
後ろにいるのに存在感ありまくり! 
いや~ほんまカッコええわ~。 

0001


本日は今年3月にLUCKY STRIKE LIVEで行われたLiveの模様を紹介します。

NUNO BETTENCOURT NICOLE KEHL Sideways SOUNDCHECK LIVE LUCKY STRIKE LIVE 3/16/2016


誰の曲なのかな?と思って調べたら
アメリカ・メンフィス出身のソングライター、Citizen Copeって人の曲でした。
で、更に調べると、この曲をサンタナに提供してたらしい。
サンタナが取り上げた曲なら、カバーするだけの知名度はあるわ!
と一人納得してました。

いや、しかしやっぱりヌーノはサイドでギター弾きながら
コーラスやってるのが一番映えますなぁ~。
Lucia Monizと一緒にやった曲を聴いた時にも思ったけど、
女性ヴォーカルとのコーラス溶け合い具合半端無く綺麗ですわ。
ギターは最初4Nなんだけど、何故か途中で無印N4にチェンジ。
ギターソロのヴォリュームが小さいのが残念(撮影者の位置の問題か、アンプ自体の出音が小さいのかな?) 
ですが、めっちゃエモーショナルなソロです。
掛け合いになってるコーラスもエモくてGood。

Generation AxeでのZakkと共演してるバージョンもあるので
そちら↓もどうぞ!

Sideways - Generation Axe - Zakk Wylde and Nuno Bettencourt


Generation Axe - Nuno & Zakk - Sideways

 

0001


今日ご紹介するのは2014年に
スティーヴン・タイラーと一緒に演奏したMore Than Wordsです。


Steven Tyler & Nuno Bettencourt "More than words" - The 2014 Nobel Peace Prize Concert


スティーヴン・タイラーの歌はさすがの貫禄。
でも、やっぱりこの曲はゲイリーが歌う方がいいかな。
特にヌーノとのハモりの溶け合い具合が段違い。
ま、これはこれでカッコいいですけどね!

南アフリカのケープタウンで行ったライヴの模様もあるので、
こちらも貼っておきます。

More than words live - Steven Tyler & Nuno Bettencourt (Cape Town)


こちらはフルサイズの演奏ですね。
どちらも途中で一度メインパートをヌーノが歌う所が好きだな~。

0001


今年に入りデビッド・ボウイに続き、
プリンスも亡くなってしまいました。
私はプリンス殆ど聴いてないですけど、
「Unhappy BirthdayのラストでKissを演奏してる」
ってぐらいヌーノが愛してるアーティストだってのは知ってます。

続きを読む

今日はとってもうるさいハイウェイ・スターを紹介しますw

Highway Star - Vai, Malmsteen, Wylde, Bettencourt, & Abasi- Generation Axe Seattle April 5th


Nunoのターンは5分20秒辺りからです。
アレンジしまくりでハイウェイ・スターの面影すら無くなってしまっていますが
5人もギタリストが集まってるんで、これぐらいしないと聴かせる側としても難しいんでしょう。

8分5秒辺りから例の速弾きパートなんですが
全員弾きまくりでうるさ過ぎw 
まぁ、お祭り的なでとってもイイですw 

このページのトップヘ