nunotatakuya

泉佐野市議会議員 布田拓也

トップページはこちらhttp://blog.livedoor.jp/nunotatakuya/

泉佐野市議会議員 布田拓也です。
15 11月

人材のシェアについてどう思いますか?

人材のシェアについてどう思いますか?

※もう一つの投稿内容とセットで提案を検討しています。


技術や能力を持った人材を民間企業などとパートナーを組んでシェアできないかなあと考えています。


例えばマーケティングができる人材。

行政で採用してもいいですが、任期付で採用したとしてもその感覚や人脈は衰えていくと思います。

ですが、シェア(たぶん形は副業になると思う)すればその感覚を維持しながら持っている能力を多方面で発揮してもらうことができます。


それとそういう人が持っている能力を行政で活かしてもらうのに、週5日勤務で丸々拘束する必要はないと思います。


これができれば小規模な行政が持ち難い、有能な人材を必要な時に必要な分だけ得ることができるんじゃないかと思います。

例えば、マーケティング、デザイン、プロモーション、ごみ焼却施設の技術的知識のある人材、人材育成、採用など。


必要な時期に週2日で2〜3年採用して、ノウハウを職員が吸収していけば、市役所のパフォーマンスもかなり向上させられると思います。

良い人材を1000万円で雇うより、週2日2年だけ300万円で雇って近い効果を得るという考え方です。


委託で高いお金を払うより、結局は人なので働き方が柔軟になりつつある現代においてはこういうこともできるのではないかと思います。

またいろんなシェアビジネスがどんどん生まれていますが、人のシェアもそろそろ出てくるんじゃないかと思います。


ただこれは副業の是非とも関係するので、市民感覚とセットかとは思います。


ご意見いただけたら有り難いです。


ご意見はコメントでも有り難いですが、ご意見のやり取りは「まちづくりオンラインサロン 民主主義2.0」にていただけると有り難いです。

15 11月

公務員の副業についてどう思いますか?

公務員の副業についてどう思いますか?

※もう一つの投稿内容とセットで提案を検討しています。


最近公務員の副業が容認される動きが出てきています。

神戸市や生駒市が取り組み始めましたが、地域活動や公共性のある団体での副業を認めました。


もう少しフレキシブルに、週3日勤務であとは民間企業で働く、といったことも市長の許可があればオッケーにしてもいいのではないかと感じています。

理由は以下です。


・市にとっては民間の感覚や経験を取り入れることができる。

・民間企業にとっても行政の感覚や経験を取り入れることができる。

・人材育成に繋がる。

・人手不足解消に繋がる。

・人件費の効率化に繋がる。

・多様な働き方ができる。

などがあると思います。


ですが、これまで公務員の副業は禁止されてきました。

その理由は以下です。

・信用失墜行為の禁止

・守秘義務

・職務専念の義務


これは確かになるほどと思います。

これまではこのような考え方が基本でしたので、時代は変わりつつあるとはいえ、市民感覚として公務員の副業をどう感じるかということは気を付けて進めなければいけないとは思っています。


ご意見お聞かせいただけたらありがたいです。


ご意見はコメントでも有り難いですが、ご意見のやり取りは「まちづくりオンラインサロン 民主主義2.0」にていただけると有り難いです。

30 10月

文化庁へ申し入れとWE WORK見学

昨日は東京へ。

文化庁著作権課に行き、イベントにおける音楽の使用料規定が、実際の入場料や入場者数に合わないものとなっていることについて、お話に行ってきました。

国の機関に一人で行ってちゃんと話を聞いてもらえるものこと不安に思っていましたが、とても親身に話を聞いてくださりました。

その後、WE WORKというシェアオフィスの見学をしました。
ここはコワーキングスペースとは違う存在で、企業の繋がりを創り出すところに存在意義があるそうです。
もうすぐ難波のスカイオにオープンしますが、大阪が持っている世界に対抗し得るほどのポテンシャルに大阪の企業に気づいてもらい、大阪の発展に貢献することを目標に考えているそうです。
これはもう商工会議所もうかうかしてられませんね。


企業同士を繋ぐためにいろんなイベントを開催したり、ドリンクはフリー、18時からビールもフリーらしいです。
大企業も多数登録しているそうで、フリーランスなどのアクションが早い人達との繋がりに大きな価値が見出されているそうです。
1つの建物に2000とか3000の企業が登録するのだから、それが繋がった時のイノベーションによる社会的インパクトは想像するだけで凄いですね。

そして、オフィスはセンスが良く自由な環境、働く人達もみなさん私服。

時代の移り変わりを感じました。

WE WORKで従兄弟がデザイナーをしているのですが、マーケティング担当の方を紹介してもらい、今企画している議員研修会についていろいろとお話を聞かせていただきました。

選挙でも自治体でもブランディングやマーケティングはこれから必ず重要になってくると思っています。

IMG_9277
IMG_9280

6 10月

災害被害報告になぜおせちょ〜は使われないのか

泉佐野市にはまちレポ泉佐野としておせちょ〜というサービスがあります。

https://izumisano-osechou.com


市に対してサイトやアプリから道路の要修繕箇所などを報告できるシステムです。

災害の被害状況の報告にも使えると説明されています。


先日の台風による災害時、停電が報告されていない箇所があったり、木が道をふさいでいる箇所があったり、または今でも道路のカーブミラーが倒れたり曲がっていて危険な箇所がたくさんあります。


これをみんなが電話で市役所に伝えると市役所はおそらくパンクするので、このおせちょ〜というサービスは便利だなと思うのですが、今回の災害では一切使われていませんでした。


ここにどんどん市民から「この道のカーブミラー曲がってるよ!」とか報告していけばかなり効率的に情報収集ができるんじゃないかなと思いますが、なぜこのサービスは利用されないのでしょうか?


その原因が知りたいなあと思い、書きました。

改善に向けたやり取りはオンラインサロンで出来たらと思いますので、どうぞお気軽にご登録してみてください。


オンラインサロンはこちら

https://m.facebook.com/groups/241780099710999


IMG_9116

ほとんど使われていませんね。

IMG_9117

3 10月

全国若手市議会議員の会の研修で岐阜へ。

全若では、全国9ブロックあり、持ち回りで研修のセッティングをします。


うちのまちのここを見てくれ!っていう最高の場所や政策を研修に組み込んでくれるので、とても勉強になります。


今回は、

・岐阜市のプログラミング教育(旗艦校の視察)

・メディアコスモス(人がたくさん集まる斬新で自由な運営をする素晴らしい図書館)

・各務原市航空宇宙博物館(地域資源の活かし方が素晴らしい各務原市の地育地就の取り組み)

・鏡岩水源地(山をくり抜いた水源地)

・長良川鵜飼(1300年以上の伝統を守り続けている市営の取り組みが古くて新しい)


特に各務原市の市長がご講演くださり、航空産業などを子どもたちの教育や人材育成に活かし、地域を知ってもらうことで地域に帰ってきてもらうという地育地就の取り組みにはハッとさせられました。


関空のことを振り返っても経済的な視点でしか見れてなかったかもと反省。

他にもいろんな宝が地域にあるはず。活かし方は観光や経済だけではない。

宝の持ち腐れにならないよう、特に子どもたちの育成が光り輝く地方を作るには必要だと感じました。


うちのまちにはこんなに素晴らしいものがあるぞ、こんなに力を入れて人を育てているぞっていう観点から地方が競い合うのは素晴らしいことだと思います。

それが資本主義経済の終焉に対抗する術かもしれないと思いました。

IMG_9104

IMG_9049
IMG_9059
IMG_9066
IMG_9079
IMG_9097
IMG_9103

15 9月

台風21号の被害による住宅の除却工事に対する補助金

台風21号の被害による住宅の除却工事に対する補助金が発表されました。


最大80万円。

空家は50万円。


古い空家は特に被害も大きくなっていることが予測されますので、ぜひ除却を検討が必要なところもあるのかなと思います。


こちらも罹災証明書が必要です。

罹災証明書の受付は9月21日が締め切りなので、お気を付けください。

また郵送での受付も可能ですので、空家をお持ちの市外在住の方も一度ご確認いただけたらと思います。


http://www.city.izumisano.lg.jp/important/21goujokyaku.html

15 9月

罹災証明書の発行が9月21日まで延長

罹災証明書の発行が9月21日まで延長されました。


市役所、北部市民交流センター、南部市民交流センターの三ヶ所で受付をしています。


また郵送での受付も可能となっています。


http://www.city.izumisano.lg.jp/important/risai.html

13 9月

台風第21号の被害による住宅改修工事に対する支援金の交付制度が公表されました。

対象工事、対象外工事ありますが、工事費に1/2を乗じた額か10万円のいずれか少ない額が支援内容となります。


この申請には罹災証明書が必要です。

罹災証明書の発行は9月18日までとなっていますので、お気をつけください。


http://www.city.izumisano.lg.jp/important/jutakukaisyu.html

9 9月

市場町自主防災会で高齢者宅等の災害ごみ撤去

今朝は市場町会の自主防災会で町内の高齢者宅や道端の災害ごみの撤去をしました。

日頃一人暮らしの高齢者を回ってくださっている民生委員さんと一緒に。

民生委員さんがいないとどこに困っている高齢者がいるのか、町会でもわからない状況。


今後非常時の対策、民生委員さんが被災した時の対策も考えないと、と自然と今後の改善を考える会話が生まれていました。


一人暮らしの高齢者、車を持っていない高齢世帯、瓦礫がたくさんありました。


それにしても災害ごみの量がすごい。

IMG_8944

IMG_8945
IMG_8946

6 9月

一時的な避難所と携帯充電

市のHP等ではまだ公表されていませんが、一時的な避難所として、生涯学習センターの和室が開放されています。


停電が長く続き、クーラーなどがないことによる疲弊やストレスが溜まってきていると思います。


そういう方はご利用いただくことができます。


あと、携帯電話の充電は、市役所1階でしていただくことができます。



こういうのもせっかくやるべきことを迅速に行っているのだから、早く公表したらいいのになあと思いますが。

訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

Archives
Recent Comments
livedoor プロフィール

布田拓也

QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ