nunotatakuya

泉佐野市議会議員 布田拓也

トップページはこちらhttp://blog.livedoor.jp/nunotatakuya/

泉佐野市議会議員 布田拓也です。
19 6月

オンラインサロンで一般質問へのご意見を募集します。

オンラインサロンでは議会ごとの議案の情報を先に提供して委員会等での議論の際にグループメンバーのみなさんの意見を反映させたり、一般質問をしようとしている内容を事前にお伝えして一緒に考えていただく場にしたいと考えています。

今月の議会(議会は3、6、9、12月にあります)で行おうと考えている一般質問(本会議にて各議員30分間の自由な質問の時間があります。)の内容は以下の通りです。


1.外国人宿泊者数100万人をまちの経済・産業の発展にどう活かすか
(1)外国人宿泊者の消費をどう高めるか

2.まちの活性化重点エリアについて
(1)発展の可能性のあるエリアはどこか

3.外国人増による新たな課題について
(1)交通ルールの共有など安心して楽しんでもらえるまちへ

4.汚水処理の10年概成について
(1)浄化槽等による弾力的な対応を


です。
オンラインサロンでご意見いただきながら内容を高めていけたらと思っています。

ぜひオンラインサロンにご参加ください。

まちづくりオンラインサロン「民主主義2.0」〜泉佐野市から民主主義をアップデートする〜
18 6月

まちづくりオンラインサロンを始めます。

IMG_8113

まちづくりオンラインサロン(無料)を始めました。

テーマは「民主主義2.0」〜泉佐野市から民主主義をアップデートする〜です。


関心のある方は市内外問わずどなたでもご参加ください!


私の政策的知恵袋である廣澤知也さんと一緒に始めます。


私の問題意識は、選挙も政治も後援会も、票を取ることばかり、票を入れる側も政治家への応援を武器に要望を通そうとする状態になっていることに、民主主義の危機感を抱いていること。

とはいえ、市民の声を広く聞くことが非常に難しいという課題をいかに解決できるのかが、最大の関心です。


SNSを使うことで、より多くの市民の声を政治に反映させることができるのではないか。

Facebookで行うことで、匿名性による無責任な発言や炎上を防ぐことが出来るのではないか。


民主主義のアップデートに、泉佐野市というケースから挑みます。

泉佐野市民の方には、ぜひ市政の情報収集やご意見をぶつける場としてご活用いただき、市外の方にも民主主義のアップデートをこのケースを活用して考える場としてご活用いただければ幸いです。


こちらからぜひご参加ください。

https://m.facebook.com/groups/241780099710999

16 6月

街が発展していく

今議会に出ているりんくう中央公園グラウンドの土地売却議案。

こんなMICE施設ができる予定です。


他にも市内はホテルの建設ラッシュの状況。

泉佐野市はすごい街になるかもしれない。


課題は急増している外国人宿泊者にお金をもっと使ってもらうこと。

外国人消費を高められたら、インバウンド産業が地域の経済を牽引すると思います。

https://www.travelvoice.jp/20180614-112767

31 5月

知的交流の一日

今日は熊取町の大屋さんにお誘いいただき、東京でかなり濃い時間を過ごしました。


朝はAirbnbの本社を見学n朝食。

始発の飛行機に乗ったら9時までに出勤できる泉佐野市ってすごい!


会社は超おしゃれでした。

そして働き方が面白い。みんな自由!

こんな風に時代は変わっていっていくんだと体感しました。


その後は初めての六本木ヒルズにて、トポス会議。


野中郁次郎先生のお話を初めてお聴きできました。

それと興味深かったのが、台湾のデジタル担当大臣のオードリー・タンさんのお話。

ITを使って国民の声を吸い上げるという注目の取り組み。


始発の飛行機で行って5時間ひたすら聴きっぱなしで、最終便で帰宅。

結構疲れました。

IMG_7985

IMG_7986
IMG_7994

26 5月

物心繁栄による発展

昨日はPHP研究所佐藤専務との松下幸之助翁の勉強会。


松下翁は人間の本質をよく知っていた天才。


アダム・スミスも松下翁も言うのが、国の発展には人間の欲と道徳の両方が必要だということ。


それを考えていたら新しい感覚が頭の中に降りてきた。


人間の欲や野心が成長を生み、それが長く続くと社会が荒れて、成長を止める。

ただし欲を上手に道徳や精神で抑えられたら成長は継続させられる。

そして道徳や精神が成長しすぎても経済や社会は発展しないから、やっぱり人間の欲を上手く生かすことが必要。


物心両面の繁栄を松下翁は説いたが、物心繁栄による発展がより正しく言い表せるのではないかと思う。


これは人間の成長や組織や地域の発展にも通じる。

14 5月

スタート!

今回の選挙ではたくさんの方に応援に駆けつけていただきましたことをまず感謝申し上げます。
そして2006人の方にご期待いただき大変有り難く思っています。

開票結果はこちら

前回の選挙より899票下がってしまいましたが、やるべきことはすべてやり切ったので後悔はありません。
今回いただいたご期待に応え、さらによいまちづくりができるように頑張ります!



私は今回の選挙も政策一本で戦い、政策を伝え切りましたので、この票がストレートに私の政策を応援していただいている票だと思っています。

戸別訪問をして投票をお願いしたり、組織や政党に力を借りたり、といった活動は一切せず、政策を伝え切りました。

そういう意味では今回の結果は、泉佐野市を最も良い形に発展させる役割を担うには、もう少し改善や研究で磨き上げることが必要かなと思っています。

それそれ!そんな政策を待っていた!と言ってもらえる100点の政策にこれからさらに練り上げて分厚くしていけるよう、より一層頑張って参りたいと思います。



一度は選挙に出ませんと宣言して、3月に急遽この激動期を支えるために出馬しますと宣言し直し、いただいた今回の4年間の任期。

一日一日を無駄にすることなく、この4年間で泉佐野市をもっと良い街にできるよう全力で頑張りたいと思います。



早速、昨日の投票日の朝から夕方までりんくう花火の会議もありましたが、また新たな気持ちで泉佐野市をもっと良い街にする活動をスタートします。

選挙のことばかりを考えた活動なんてこれからもしません。

何よりまちづくりが楽しすぎるので、政治も市民活動もビジネスもフルに使って、全力で良い街を作ります!

そんな私ですが、これからもみなさん布田拓也の活動を見守っていただけますよう宜しくお願い致します!
12 5月

ホームページ

ホームページを新しくしました。

是非ご覧になってください。

https://nunotatakuya01.businesscatalyst.com


布田拓也ホームページ
12 5月

いよいよ最終日!

朝起きたら疲れも完全に取れて、元気に出発しました!


マイクを使ってお訴えできるのも今日が最後。

泉佐野市の発展を全力でお伝えしていきます!


もっと元気なまちに!

もっとよいまちに!


泉佐野への想いを全力で伝えてきます!

頑張ります!

IMG_7647

IMG_7648

12 5月

これで後悔はない。

毎回選挙では期間中の金曜日の夜、駅での終電立ちをします。


最終日を残して、ここが一番しんどい時。

しかも歳のせいか、今日は本当にやめようかと思いましたが、友達や学生、親が行くと言ってくれたお陰で、よしやろうという気持ちになれました。


体力はもう20時で使い果たしていましたが、気力で立ちました。


これはもうパフォーマンスと言われたら全く否定できませんが、毎回やっているのでやらずに終わると後悔するだろうという気持ちでやっている自分との戦いです。


25歳の時の初選挙で2票差で落選した時、あと10分駅に立っていたら、あの休憩をしなければ、という後悔がたくさんありました。


それ以来、出来る限り無駄なく徹底的にやり切ることにしています。

IMG_7643

IMG_7645

10 5月

危機感[シェアをお願いします]

多くの方から「布田くんは大丈夫や」と言われます。

この雰囲気にかなりの危機感があります。

よく考えると4年前の選挙もそうでした。
布田くんは大丈夫と言われ続けて8年前の選挙より1200票も落ちました。

トップだったので、1200票の落差に深く気づいていませんでしたが、「布田くんは大丈夫」の流れはかなり恐いということに気がつきました。


「自分ぐらい投票に行かなくても大丈夫」
「今回は他の人に投票しても大丈夫」
「友達にまで声を掛けてあげなくて大丈夫」


私は政策実現を目指して選挙をしています。
いただいた票が政策実現に直結すると考えて活動しています。

8年前の選挙も多くのご支持のお陰で、財政を早急に建て直す方向に、市政の流れを転換させることができました。

今回の選挙の争点は、泉佐野市の発展。
様々な課題の解決と共に、チャンスを活かしきり、泉佐野市を大きく発展させたいと思っています。

実現に向けて、ぜひ皆様の応援をお願い致します。IMG_7615

訪問者数
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

Archives
Recent Comments
livedoor プロフィール

布田拓也

QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ