ターシャの布しごと&花だより

布と花が大好きな私ターシャが、ハンドメイドと季節の花たち日々の暮らしを写真と共につづります。 「たあ舎」の屋号で、時々に手作り品の販売をしています。

 18日軽井沢の最低気温2.1度、最高気温7.5度、ずっと冬コート着てました。
039
 浅間山に初冠雪でした。(うまく撮れなったので、TVニュースから借用)





023










 たあ舎は右側に写ってます。
049








047
 ここは今年最後です。(イベント自体は11月29日15:00よりクリスマス点灯イベントがあります)
 
 3年前に初めて出店したころは、正直「集客困難な場所での町おこし」のように感じましたが、定着して魅力的な場所になり、素敵なお客さまがいらしてくださいます。
 今年は主催者さんも困難多い中、開催にこぎつけてもらいました。


 屋根付きなので天気の心配なく、テントが要らないのも体力的に楽(トシなので)ですし。


026
 地元の善光寺びんずる市もいいんですが、、、(全部中止になっちゃいました)

 軽井沢、いろんな意味で良いところです。。。

 この後は、
 11月1日、3日の軽井沢発地市庭クラフトフェアに向けて、ラストスパート掛けます。ぼちぼちと。

 
 ←これは、アナベル?   ほんのり秋色。
 
 

 

たあ舎のお知らせ
 10月18日 10:00〜14:00 くつかけ市場(中軽井沢駅前)
 11月1日、3日 9:00〜15:00 軽井沢発地市庭クラフトフェアに 出店いたします。

054
 上田市郊外の山中にある二幸園さん。

 マツタケ料理専門店です。




035
 、、、、久しぶりのマツタケ料理いただきました。

 鍋、土瓶蒸し、天ぷら、茶椀蒸し、小鉢いろいろ、マツタケご飯、、、、、デザート(洋ナシのジュレ)。

 野菜もタップリ、ヘルシーなフルコース、堪能しました。




045 
 

 ちなみに、お土産は。。。。こんなお値段です。(買いませんが) 
 





 駐車場の花、見事な咲きっぷりでありました。
051050










 こちらは、東御市のワイナリー、ビラデストガーデンファームです。
058060 











062







 



 寄せ鉢もステキでした。
 
 10月5日、穏やかな秋の一日でありました。

023
 


 パターンレーベルのクラシカルワンピースです。

 使用布 リバティプリント「イランイラン」


 
 着丈もう少し欲しかったですが、布地足りませんでした。裁ち屑がわずか残っただけで、これでいっぱいでした。
  


 

 
 この花、「フリチラリア」をデザイン化したものと思います。柄の上下に要注意ですね。
022
 アールヌーボー様式の植物柄です。
021











 今回は、私にとって難度が高いけれど、ぜひ攻略したいことが2つありました。今更ですが。
  .掘璽爛櫂吋奪函箆董
018
016 











 説明書の図が謎だったのが、ポケット口を返すところ。切込みを入れるからとわかって、やっと謎が解けた。だからポケット口のステッチがかけられるのね。

 ポケットの縫い代が他より多くとってあったのは、袋縫いするからと判明。こんなにすっきり出来るんだと、感心しました。

◆.灰鵐掘璽襯侫.好福蕊佞院文紊蹐△)
020
 午後一で始めて、、、、作り方テキスト3種読みこんでわからず、ネットを見てもさっぱり理解できず。どっかで根本的に違ってると思いつつ、最後は別布を使ってシュミレーションを繰り返して、ようやく理解した時は午後7時、もう目がしょぼしょぼして見えなくなってました。
  
 端を2つ折りにして縫い付ける、という、普通のファスナー付けの先入観が邪魔をしてました。
2つ折りにしないで、専用抑え金を使って縫い付けてから、2つ折り。仕組みがようやくわかりました。

 ←柄合せしたつもりですが、、、合ってませんね。これからは、柄合せ関係ない柄を選ぼう。

 

 勉強になりました。。大事に着ます。 

 006

 リバティ布3種。









 作りたいのはこちらです。パターンレーベルのクラシカルワンピース。
https://livedoor.blogcms.jp/blog/nunowork/article/edit?id=66140671

007 
  

 後ろがコンシールファスナー開きで、難易度高いですけど、クラシカルというところに惹かれました。ミシンの押さえ金具注文中です。

 

 どうなりますやら。







 編み物も。
018
 OPALソックヤーンです。
 
 よく買うのは、KeitoyaさんやKFSさんですが、

 今回は、梅村マルティナさんの所のオリジナル糸が欲しかったので、KFSさんにしました。
 
 左の3点がオリジナル糸です。ショートピッチの小物づくり向きの配色です。







 山里で目に入った野草の実です、、、
055
 熟したのは白くなります。
002

 


 
 ウリの仲間と見当をつけて調べたら、、、
 スズメウリですって。カラスウリって知られてますけどそれより小さい、ビー玉くらいの実です。
 
 名前が可愛い〜〜



たあ舎のお知らせ
003

 10月18日 くつかけ市場(中軽井沢駅前)
 11月1日、3日 軽井沢発地市場クラフトフェアに、出店いたします。

 今年出店出来たのは、軽井沢だけでした、お客さまと主催者に感謝です。

017
 32枚接ぎのパッチワークスカート、これで一旦おしまいにしたいと思います。

 これにハマってましたけど、気が済んだ気がするからです。6枚ほど縫いました。

 それと、次に作りたいモノがありますし。

 

 ←メインの柄は、リバティプリントのソープ(赤系)とアイアンシ(薄いオレンジ)です。



015 
 

 これを着るときは、すべりを良くするために、ペチコートなどの着用をお薦めします。 

 パターン コアコア「きれいに見えるひざ下20僂良」より




 私は最近、丈長スカートの良さを感じています。
 お仕事着には向かないかもしれませんが、外出や旅行、リゾート、(シンプルなものなら)普段にも良いと思います。特に靴下が何でも良いのがいい。楽です!!

 


 バジルを食べつくす!
 くつかけ市場の主催者のK君(あまり若くないけど新婚さん)、バジル元気に育っていて毎日食べてると、うれしそうに話してくれる。たあ舎の苗、上手に栽培してる、良かった。
 で、彼と話していて、私、目からウロコでした。
 003 

 バジルを私は、ハーブとしてしか認識してなかったんです。考えてみたら、「緑黄色野菜」じゃないですか。

 ウチもバジル豊作で、半分はもう種付けてますけど、まだまだフレッシュな葉を茂らせてます。






002 
 葉物野菜とすれば、おひたしにしたって炒め物にしたっていいんじゃないかと。
 
 もしかして、、、もしかしたら、
 こんなこと、巷では常識?なんでしょうか。




 オリーブオイルで炒めたら、イケる濃厚なお味でした。

 024
 










 4日、中軽井沢「くつかけ市場」です。たあ舎は右奥に控えめに写ってます。

 人出もあり、お買い物をしていただいたり、店先トークも楽しくできました。

 029
 いつも市場に来てくれるニャンコ、ミイちゃん(♂)1歳です。

 歩く姿が堂々としていて、ワンちゃんみたいな子。可愛い♥






 星野エリアでは、移動古本屋(book bus)が来ていました。
032









031












002 
 この本を買いました。(定価の6割引き)

 ターシャのお名前拝借してるわたくしですけど、、、

 本家ターシャ女史は、絵本作家であり、本当に18〜19世紀の暮らしを実践した人。完璧な手作り・手仕事、到底現代人には、真似できないです。

 
 でもお名前は貸してください。すみません。

 大型クラフトイベントが中止の中「北軽井沢の杜クラフトフェア」、リサーチ(偵察)しに行きました。
 浅間山の東麓、群馬県嬬恋村です。
003









007















008
 布系には興味があるので、チェック、これは織物。








009
 手作り感ある金物台所用品、









012
 木工のキノコや動物が、ぎっしり。










 出店数が70ほど。多分コロナ対策で制限しての数だと思う。

 環境良好。お客さんは、、、ファミリーが多そう。自分が出店するには、県外感(ハードル)ありかな。


018
 泊ったのは、旧軽のつるや旅館です。

 中山道軽井沢宿の老舗(食事処)で、今は旅館。 





 GO to 3回目ですけど、ココは、、、なんと素泊まり。というのはダイニングが密になるのを避けるため、一部の客は外で食事なら宿泊可、という条件だったのです。

 あとで地元の方に聞くと、ココは、お料理が良いのに、、、とのことで、すご〜く残念。クーポンが付いたので、お土産に使いました。

 中軽に続く、、、

 たあ舎は、
 10月4日、18日 10:00〜14:00中軽井沢(駅前です)くつかけ市場に出店いたします。

 コアコアのパッチワークスカートにハマってます。
004
 広げるとこんな感じ。

 お地味な色味だけでは嫌なので、差し色に明るい色を使っちゃってます。

 着物では裏地や裾回し(八掛)に色遊びがあって、チラ見せ効果狙ってますけど、そんな感覚です。


 これを着るときは、すべりをよくするためにペチコートなどの着用をお薦めします。

 閉じると、
005 

 着せると、こんな風になります。
007













近所で、
008
 オオハンゴンソウ。
 
 帰化植物で荒れ地、空き地に繁殖してます。招かざる植物ですけど、
 色が少なくなる季節に、、、これも差し色?




010
 


 アサガオの花数も少なくなりました。







009
 このお宅、塀に「マユミ」って木の名前貼ってありました。

 聞かれること、よくあるんでしょうか。

 漢字では「檀」、ニシキギ科の落葉低木。実が特徴的です。 

たあ舎は、
 10月4日、18日 10:00〜14:00 くつかけ市場(中軽井沢駅前)に出店いたします。今年のshopは、これで最後になりそうです。。。。

010
 久しぶりに編んだら細かい所、忘れてました。

 ソックヤーンで作る指出し手ぶくろです、、、

 

 涼しくなり、私はもう使っています。なにかと便利な実用品です。






 青空の下、ムラサキシキブがびっしり実を付けてました。
005
 

 紫式部とは、雅なネーミングです。 







008
 
 

 実際の色はこちらに近いです。

 

 秋ですね。。。。深い紫です。 

008
 今回のは、色味がシックで柄も格調ある一品です。

 5種類のリバティプリントを使って、裾回り6m以上になります。






 メインのピーコックフェザー(孔雀の羽根)は伝統柄で、ストロベリーフィーストは「いちご泥棒」のアレンジです。
011009











  沢山の布が必要ですが、この頃この形にハマっています。カットしてしまえば、縫うのは直線なので、カタカタ無心に縫うの、嫌いじゃないです。合せる布選びに長い時間がかかるのも悪くないです。
 
 パターン コアコア「きれいに見えるひざ下20僂離好ート」よりパッチワークスカート


 たあ舎は、
004

 10月4日、18日10:00〜14:00くつかけ市場(中軽井沢駅前)に出店いたします。

 今年はイベントの中止が続く中で、ココは数少ない貴重な場で、楽しみにしています。

このページのトップヘ