2018年01月

2018年01月30日

室内の花&

 外は雪景色で、花がな〜んにもないです。白い世界なだけに、色が欲しくて、家の中にはイロイロ集まってます。
 花 

 カラフル今年の鉢花です。






花 去年のプリムラポリアンサの寄せ植えですけど、青は元気に2年目。黄色はかろうじて2年目。

 赤とピンクは枯れて無くなってしまったので、買い足しました。リサイクルというか?リフォームといいますか?


サクラソウ
 こぼれ種からの実生のサクラソウ。






バーベナ
 バーベナ。切り詰めて室内に入れたら、、、、

 すごく繁茂して、




バーベナ
 花を付けるようになりました。




 ここまでは温室育ちみたいなものですが、


 一方、これはニュースです!
福寿草 雪の合間にフクジュソウが芽を出しました。

 
 こういうのがほんとの季節のたより、本物の早春の花ですね。


 あと2週間くらいでどうだろう、咲くかな。。。。 

nunowork at 18:10|PermalinkComments(0)花・ガーデン 

2018年01月27日

アイロン台

 アイロン台、これがお粗末な造りで、我慢して使ってきましたが、とうとう限界。直してみることにしました。

アイロン台 まず、極薄だった内綿に、キルト綿を厚めに足しました。ふんわりほど良くなりました。

 カバー布も厚地に取り換えました。




裏側 折り返しが少なくてすぐ外れてしまっていたカバー布、たっぷり折り返し分を取り、紐を通したら、、、あ〜ら簡単。きっちり納まりの良いこと!
 これならずれず、イライラもなく、気持ちいい。

 何せアイロンかけると、台の網目模様が布にプリントされてしまうほど内綿薄かったんです。使う人のこと考えて作ってるんですかね〜?

 やれば出来るじゃん!小しごとに満足です。

<鉢花>
スイセン 日本水仙。良い香りが部屋にふんわり漂います。

 長野では露地では、3月末ごろ咲きますが、寒さで葉が傷んだ姿になってしまっています。なのでやっぱり室内向き。





ミニスイセン ミニスイセン。

 咲き終ったら露地に下ろすと、翌年から3月下旬に、元気よく咲いてくれる優秀な花です。




カレンジュラ カレンジュラは
キンセンカのミニ版です。

 寒さに強い小花で、雪がなければ外でも咲いてるのをも見かけます。でも今は室内。


 今日長野の最低気温マイナス11℃ですって。最高気温もマイナス。キッチンと洗面所のお湯が出ないんです。寒さの底です、ブルブル。

2018年01月24日

フレンチブラウス2点

 ブラウス 子どもの着物ゆえ、布の量が限られるので、柄合せに半日かかりました。 
 私は、着物からこういう服にリメイクするときには、ポイントになる柄が左胸上(コサージュを付けるあたり)に来るように考えるんですけど、どうでしょう。きっちり2枚、期せずして、似た柄ゆきになりました。

 裁ちくず程度が残っただけです、満足です。花まるです💮〜
  
 in
  華やかですが、上に着るものでも、いろんな着方ができると思います。






 kimono
 元の着物です。地模様があり、古典柄の深みのある赤紫で、状態も良かったです。

 




 長く愛用するには、お洗濯は、決して浸け置きせず、手洗いで短時間で。あまり色落ちしませんが、それでも多少落ちます。保存するときは、防虫剤を。。。。良い布は、ちょっとの注意が要ります。


オーソニガラム 安曇野のHAMA園芸さんで、一目ぼれした花。

 オーニソガラムというユリ科の花です。仲間で白花は、春に見かけますが、これは暖かそうな美味しそうなオレンジ色です。寒さには弱いそう。

 この頃、鉢花を買いまくりです。外は大雪なので、せめてそのぐらいは、ね。 

2018年01月22日

ミニポーチ(覚え)

ポーチ たあ舎の定番、好評なリバティミニポーチできました。

 小さいけど工程は多いので、5〜6日かかります。16個、一つ一つとても可愛いです。


ポーチ 

 反対がわも、やっぱり可愛いです。






<お土産>
毛糸 左トルコのアクリル糸、右スペインのウール糸、各100グラム。変り糸で素敵です。
 
 チェコに住んでいる男性からのお土産です。私が編み物をすると話していたのを覚えていてくれて、毛糸はうれしいのですが、、、、ですが、

 はてさて、、、、何を作りましょうか。 

2018年01月21日

タダでもらうのは楽じゃない

 国営アルプスあずみの公園のチューリップです。お部屋にイッパイ、展示最終日です。
pピンクチューリップ







ゴージャス黄








親指姫 展示では親ゆび姫が登場です。
 
 チューリップから生まれた親ゆび姫は、虫やカエルに誘拐されたり動物たちと暮らしたります。そして金持ちのモグラから求婚されるも、一生地下で暮らすのは嫌でしょうがないのですけど、、、、、

親指姫 結婚式が近づいたある日、、、前に助けたツバメがやってきて、一緒に暖かい国に飛び立ったのだそうな、、、めでたしめでたし。

 ツバメの恩返し、、、みたいなメルヘンですけど、童話にはよくあるシビアなストーリーなのね。

 さてそのあと、1時間も行列に並んで、待って、一人3ポット好きなのをもらいました。

 1時からの配布で、1時40分ごろには終了でした。たぶん700〜800人くらいの人がもらったんじゃないでしょうか。

戦利品 戦利品です。タダでもらうのは、、、ホント楽じゃない でした。
 
 もらったチューリップは、来年も咲かせられるように、球根を肥育しようと思います。

 チューリップ大好きなんです。

nunowork at 19:37|PermalinkComments(0)花・ガーデン 

2018年01月19日

もうひと花

ポーチ たあ舎の定番、ミニポーチ作成中です。

 リバティプリントでシャツなど作った残りのハギレや、裁ちくずみたいな小裂で作っています。布切れを接ぐのは好きですが、これからファスナーを付けて仕上げるのは、あまり、、、、得意ではないですけど。

 こうして布きれたちには「もうひと花」咲かせてもらいます。


 ↓こちらは、普通1年草扱いの花ですが、今年も咲きました。
サクラソウ
 プリムラマラコイデス(さくら草)です。
 去年枯れた花がらを土に埋めておいたら、タネが出来ていたようで発芽して、咲きました!ダメもとでもやってみるものですね。
 



プリムラ プリムラです。日陰に置いたら(放置ですが)、夏越ししました。

 寄せ植えで、5色くらいあったのですが、青花が元気に開花しました。
 
 もうひと花の気持ちで、私もがんばってみるかな、、、、、、なんてね。

2018年01月16日

巻き物

 「巻き物」といえば、忍者の秘伝の書のような紙巻き物ですけど、海苔巻きのような食べ物も巻き物ですかね。この頃は、「えり巻き物」のことも言うらしい、、、、

巻き物 古い子ども用着物をシャツにリメイクした残りを、巻き物にしてみました。
 「えり巻き」って、マフラー、ストール、スカーフ、スヌード、ショール、、、いろいろで、境い目解りにくいのもありますね。

 防寒用としての役目のほか、ファッションの仕上げの決め手になる大事な小物だと思うようになりました。


ストール こちらはあるバザーで入手した、ハギレです。和風な麻の葉模様で、首に巻くのにいい感じの古裂です。きりっとした赤も私好みです。

 

 手縫いで、ちょっと縫いの、小しごと2点でした。



 <ミニシクラメン>
シクラメン  

 変り咲きとかいろいろ売ってましたが、予算の都合で、、、基本の3色になりました。





伊勢 真冬ですけど、日中は暖かく、窓辺で日向ぼっこのかごネコ、伊勢くんです。


 伊勢神宮で保護された、数奇な運命な、、、、、平凡なネコです。
 

2018年01月12日

衿ぐりが絶妙

FUKU ブラックウォッチ綿麻で、ワンピース(ジャンスカ)です。

 暮れに同じパターンで自分用を作りましたけど、なかなか着心地がいいのです。衿開きが絶妙で、ちょっとガーリーで、重ね着もいい感じです。




服 ハンガーにかけると、太っちょに見えますが同じものです。
 4シーズンOK,重ね着が楽しめるシンプル服です。

 シームポケット(難度高)は、パッチポケット(難度低)に変更になりました

 


見返し 色味はこれが一番近いです。

 で、いつもの見返し別布づかい。リバティのフィッツジェラルドです。

 
 
 初ミシンカタカタ、イージーソーイングでした。

nunowork at 14:59|PermalinkComments(0)ソーイング 

2018年01月10日

着物ほどき

kimono 今、この着物をほどいています。
 アンティークの子ども着物です。

 ほどきながら、これは、たぶん身内の方が、お子さんのために縫ったのだろうと思いました。丁寧に作られてますが、裏地とか縫い目とか、今風でない手作り感があります。とても古いものなんでしょう。



gara 古典柄と伝統色で愛らしく、着物の良さが詰まっっています。
 カワイイ着物として愛でてましたが、デッドストックになっては悲しいし、、、と迷って、リメイクすることにしました。

 プレーンなプチブラウスにして、華やかすぎるときは、柄をチラ見せするように着るのも、きっと可愛いはず。私は、古い子ども用の着物地が格別好きです。
  

<2年目の花が室内で、咲きそうになってます>
サクラソウ 

 西洋サクラソウ(プリムラマラコイデス)




プリムラ 

 プリムラ。青花の様です。





ラン 

 小花の洋ランです。

 


 それぞれ1年前の冬に買いました。サクラソウは、花がらを土に混ぜておいたら、そこから発芽しました。
 プリムラと洋ランは、苗で夏越ししました。。

 どれも普通1年草扱いでしょうが、出来れば「もう一花咲かせてほしい」のが私スタイル。 

2018年01月05日

迎春

 キツネにつままれたようなことがあって動揺した年末年始でありました。そのうえ見に行った「鎌倉ものがたり」も、なんとも言えず〜な映画でありまして、、、、

善光寺 善光寺にお参り。雪景色の中、厳かで幻想的なはずですが、、、、先日は、それほどでもなかった(!!)です。

 善光寺さんには、びんずる市でお世話になっております。
 びんずる市が盛況なのは、バックに善光寺があるから(知名度とか信用とか)だと思います。ありがたいことです。

 外国の方々が大勢いらっしゃってました。たぶん「スキー〜善光寺〜スノーモンキー」のツアールート、大人気なんじゃないでしょうか。internationalな感じは、ちょっとだけ’98年の長野冬季オリンピックのときに似てますが、、、そりゃあもう、あの時はものすごかったですけど。。。。20年もたったんですねえ。

  初ピザしました。
piza 

 今年も月に1回くらいは、家ピザをしたいと思います。

 



cats 
 そして、、、早く落ち着いて普通の日々に戻れますように。

 今年もよろしくお願いいたします