2018年01月18日

1/17塗り壁隊オープン事務局の報告NO.507

DSCF1408






























1/17 塗り壁隊「オープン事務局」の報告  NO.507
参加者2((延参加者 3537名)      ◇作成:片山
  
 今冬は一段と冷え込んで寒さが厳しいですね。
週末に八ヶ岳山麓のカバンドノルに夜到着すると、
家の中でも吐く息が白くなりました。マイナス4度、
うう〜、寒い!。しっかり冷え込んだ内壁の土壁が
ストーブや暖炉の熱を蓄えて家の中が暖まるのに
半日かかりましたが、一旦暖まった土壁は効果覿面。
保温力があり日中陽が照っている間はストーブを消してしまうほどでした。
 どうぞ皆様も風邪を引かぬようお気をつけて、
この寒い冬を乗切って下さい。

★勝沼ぼろくらの作業報告 第2回★
 昨年の6月から11月にかけて、延べ170人で修復作業を行った甲州勝沼の
“ぼろくら“こと旧福嶋屋土蔵の作業経過を、
3回に分けて塗り壁隊代表の片山が報告します。ご一読下さい。

「竹小舞工事がほぼ終わった8月19.20の2日間、
ようやく竹小舞に荒土を塗る作業をした。
2日間でバケツ120杯、約1トンの荒土を塗った。
9月中旬迄、荒壁づくり、その後つちしっくい塗りに移った。
9月は毎週末計7日間作業、いろいろ試行錯誤しながら下地調整、
練り、塗り、仕上げの要領をつかんでいく
。9月末作業が遅々として進まないのを見かね、
施工会社乙黒の社長と現場監督が作業に加わる。
素人が現場に入って作業するので乙黒の社長と現場監督に
いろいろ迷惑と心配をかけたが、無理を許容して頂いた。
いつの間にか秋に入り10月7日、勝沼ぶどう祭り。
土蔵が面している通りは人通りが多く、
昼からはパレードが通る。夕方近く消防車がサイレンを鳴らして
あたりを走り回る。こちらは脇目もふらずにつちしっくいを塗っている。
10月になって作業メンバーもオーナーの小池夫妻も作業疲れがでてきた。
台風もあって2日間連続作業はできるだけ避け、週末1日だけの作業とした。
中旬、あまりの作業の多さに不安になり、
金沢の左官イスルギの重鎮、中村氏に連絡を取る。
中村氏は直ぐに飛んできて翌週2日間、作業に加わる。
小雨の降るなか、足場に上がってのつちかべ塗り作業を指導していただく。
不安と自信の無いなかで作業を進めていたので、
本当に心強い助力をもらう、感謝。」(続く)

★ これからの予定★ 
1)八千穂 N邸 別荘のリビング石灰クリーム塗り 今春の予定
※熱烈待ち受け中です! 塗れそうな壁をご存じの方、事務局にご一報下さい。

★塗り壁隊オープン事務局★
 昨年出来なかった夏合宿に替わり、親睦の為冬合宿を予定しています。
★オープン事務局参加者★
 片山G、R
★テーブルの上★
 なし

 ***************************************
◆塗り壁隊オープンカフェ
 ◎アトピーやシックハウスでお困りの方お気軽にご相談下さい。
 ◎体に優しい住まいや店舗のリフォーム、リノベーション、
新築などの相談承っています。相談無料です。
 ◎木造建物の耐震診断、耐震補強計画も行っています。
コンサル、設計相談は、塗り壁隊と建築設計事務所「アトリエへん」が行っています。
 ***************************************


Posted by nurikabetai2 at 15:04│Comments(0)