2018年06月19日

6/13塗り壁隊オープン事務局の報告 NO.513

6/13 塗り壁隊「オープン事務局」の報告  NO.513
参加者4((延参加者 3564名)      ◇作成:片山
  
 この週末作業の甲府の“農家民宿なかや”は
田んぼが広がり竹林や沢のある自然に囲まれた処でした。
夜、参加者を見送りがてら外に出るとカエルの大合唱!。カエルの歌声、凄い迫力でした。

★ なかや作業報告★
 入梅の6月9、10日、梅雨の晴れ間をついて津金古民家「なかや」の2日間作業をしました。
参加者は土曜日22人と日曜日19人に両日とも子供5人。
 1日目は欄間の土入り石灰クリーム塗りと室内の5間の壁に土しっくいの一回目塗り。
カレーライスの昼食後に玄関脇の外部土壁に取り掛かる。
上部は風化して傷んだ土壁を剥がし落とし、割竹で下地補強をした後、
土しっくいを団子にして投げつけて下地を作る。下部はケレンしてから土しっくいを塗って仕上げる。
片付け後、旧街道の坂道を約10分かけて歩いて“おいしい学校”の風呂に行く。
夕食は囲炉裏のある板の間で、
囲炉裏で焼いたニジマスや「なかや」で採れた野菜の料理やほうとうを食べ、
例のごとく夜更けまで地元のワイン、日本酒、ビール、と酒を飲みかわす。
各自寝袋に入って就寝。朝早く起きた小2のChiちゃんが放った一言、
「芋虫がいっぱい。」
 2日目は室内の土しっくい2回目塗りをし、押さえて仕上げる。
外部玄関脇上部の下地作りをしていた壁も2回目塗り後押さえて仕上る。
昼までに片付けを終え、少し雨の降り始めたところでランチ、そして解散。
 外壁の土壁は、下地作りから仕上げまで丸一日しかかけていないので
ヒビが入りそうで心配だが、後は土の持っている力に期待したい。
土しっくいは舟8杯。色土として石灰クリームに混ぜたのは八ヶ岳の土、
他なかやの敷地内の壊れつつある土蔵の土を使う。
 土壁オーナーの大塚さん夫妻は作業の準備から食事の用意、片付け、
そして壁塗りと大忙しでした。本当にお疲れさまでした。

05

































★ これからの予定★ 
1)勝沼旧福嶋屋土蔵の補修作業とBBQ  9月予定
2)八千穂 N邸 別荘のリビング石灰20クリーム塗り 予定
※熱烈待ち受け中です! 塗れそうな壁をご存じの方、
事務局にご一報下さい。

★塗り壁隊オープン事務局★
 なかや作業の後、10年前に作業した清里のS邸を訪問し、
樹々や花々に溢れた素晴らしい庭園を見せてもらいました。
土壁もとても評判が良いそうです。
★オープン事務局参加者★
 ナイクサタム夫妻、片山G、R
★テーブルの上★
 キーマカレーとワイン、ビール。

 ***************************************
◆塗り壁隊オープンカフェ
 ◎アトピーやシックハウスでお困りの方お気軽にご相談下さい。
 ◎体に優しい住まいや店舗のリフォーム、リノベーション、
新築などの相談承っています。相談無料です。
 ◎木造建物の耐震診断、耐震補強計画も行っています。
コンサル、設計相談は、塗り壁隊と建築設計事務所「アトリエへん」が行っています。
 ***************************************
◆塗り壁隊もTwitterとfacebook
 よろしかったらフォローを


Posted by nurikabetai2 at 17:06│Comments(0)