2018/02/17(Sat) @Nagoya Univ.

お疲れ様です。2回生の谷本です。


昨日はプールサイドにてドライを行いました。すぐ横にプールがあって泳ぎたかったのですが、今はプールが使えない期間で、水温計を見ると15℃でした。これではさすがに泳げないですね.....

ドライでは先週浦さんが教えてくださったドライの復習をした後、サッカーなどで使うラダーという練習道具を使った練習をしました。

6DC2D421-46EF-4BEC-A836-03CD2B6EA10C



こんな感じで、悠貴が説明してくれました。ありがとう!


身体を思うように素早く動かすことの難しさを実感しました。スプリントが弱いのはきっとこういった能力が低いからなのだろうと思いました。周りからは「足がコンパスだ」とか「動きがダサい」など散々な言われようでした。でも今までやったことのないトレーニングだったのでとても楽しかったです。





話は変わりますが、実は小出直後くらいに、水泳に対するモチベーションが低かったです。ベストが出ない日々がつづいてるからなのですが、そんな時、先日回生で集まった時に教えてもらった「ゴールデンサークル」について思い出しました。


「ゴールデンサークル」を簡単に言うと、「Why:なぜ」→「How:どうやって」→「What:何を」の方向に思考すると良いというものです。

どんな人でも、自分が「What:何を」しているのか、さらに「How:どうやって」やるのかまでは理解しています。しかし、「Why:なぜ」やるのかまで理解している人は少ないと言います。要は、水泳の練習をしている、それをどのようにするかまでは理解しているけれども、なぜ水泳をしているのかを理解している人は少なく、そこが1番重要だということです。

ということで、僕がなぜ大学で水泳をしているのかを考えてみました。それは浪人時代が影響していたかなと思います。

その頃は毎日毎日勉強しかしていませんでした。今までの人生で初めて「本気」で取り組んだものだったような気がします。高校までやっていた水泳は本当に本気だったかと言われるとそうではなかったと思います。ただ何も考えずに練習して、試合出ての繰り返しで、そこまで打ち込めていませんでした。なので、高校で水泳は最後にしようと決めていました。しかし病むほど勉強に打ち込む自分が、水泳も同じように本気で取り組んだらどうなるんだろうな、とだんだんリベンジしたくなってきたんです。ということで名大水泳部に入って水泳を続けています。1回生の頃は練習が楽しくて仕方ありませんでした。テスト期間中もテスト勉強にうまく折り合いつけて、任意練なのに絶対参加し、朝早くてしんどいはずの朝の任意練にも欠かさず参加するほど水泳に心から打ち込んでいました。全然つらくなくてむしろ楽しいくらいでした。

「本気で取り組んだその過程を目一杯に楽しみたい」それが僕が大学で水泳をしている「Why:なぜ」の部分だと認識しました。

2回生になると、結果が求められる立場による焦りからその「Why」の部分を見失っていたような気がします。初心に戻ってかつての熱さを取り戻していこうと思います。今はもうモチベーション高いです。



一般入試が近づいている受験生の皆さんも今が1番辛い時なのではないかと思います。これを乗り切れば、大学に入って何か1つ本気で打ち込みたいことをやってみるといいかもしれません。もしそれが水泳ならば是非うちの水泳部に入ることをお勧めします。あと少し、頑張ってください!


推薦合格者の人も新歓イベントがそろそろはじまるそうなので興味ある人は是非一度プールに遊びにきてください!あ、今来てもプールは冷水なので来週くらいに来てください!笑


長くなりましたがそれでは今日はこの辺で失礼します。


虎視眈々

2018/2/16(Fri) @ガイシ

こんばんは。1回生のだんじゅうろうです。

 

今日のメニューについてです

 

今日は耐乳酸を軸としたメニューでした。アップ後にキックで脈を上げ、ドリルでフォームを整えて、メインに入りました。メインは50*4*4  1.30秒サークルの耐乳酸でした。その後に50*1Fin&Padで追い込みました。

今日のメニューはザウルスさん作でした。ありがとうございます。

 

僕自身は耐乳酸系の練習が嫌いではないので高いモチベーションでメインに入れました。しかし、2セット目が終わるぐらいから乳酸で肩が回らなくなり始め、ラストセットは悲惨なものでした。中春では200FLYに出場する予定なのですが、このままでは到底泳げそうにありません。なんとかして残りの練習で200を泳げる体と気持ちを作らなければいけません。

 

ここ最近は名大プールが使えない関係で、ガイシや口論議での外部長水練が続いています。外部練は新鮮な気分で練習に取り組めたり、口論議は水深があるのでアンダーウォーターの練習が出来るので有意義なものです。しかしその反面、ドライがしっかりできないのが残念な点です。せっかく浦さんが先週土曜日に教えてくださった体幹やドローウィンの形も、一週間経った今では体が覚えていないことでしょう。自主的にやっていても、形というものは、他人にチェックしてもらいながらやらないと、あまり効果がないと思います。それではあまりにももったいないです。是非明日のドライは、それらの点も含めて各々が臨めたらいいと思います。

 

最後に名大祭のお話を。先週の土曜日に、名大祭に出店する希望グループ向けの説明会があり、僕とナイトが代表で出席してきました。昨年の名大祭では2回生の方々のお手伝いとして、指示待ち人間として手伝わせていただきましたが、今年は僕らの代が中心となって成功させなければいけません。今年も昨年同様、かき氷で勝負しようかと思っています。しかし、なにしろ提出書類が多いし面倒くさい。そして、出席必須の講習会が4回もある…。気が遠くなりそうですが、名大祭は12回生が交流できるとても良い機会だと確信しているので、しっかりやりたいと思います。まだかなり時期は早いですが、皆さまのご来店お待ちしております。日程は6月の上旬です。

 

以上

 


 

2018/2/15(Thu.)@ガイシ

こんばんは
ザウルスにブログ書かせて満足してた昨日の僕は次の日ブログ書くなんて思ってもなかったです。
2回生の惇也です。


今日のメニューは
アップして、キックのショートサークルやって、ドリルやって、25のハード何本もやって最後50とんでって感じでした。
長水路のキックはプルやスイムより短水路に比べて別次元にきついような気が個人的にします。
この長水路の練習の機会にキックの持久力つけたいです。
25のハードは全部ちゃんとMAXで泳いだ人は相当きつかったのではないかなーって思います。
きついけどタイムが近い人と競い合ったりすることできつい練習も楽しく乗り越えられると思います。
今日は就活マンの晃一さんと競れて楽しかったです。




練習の話はこのくらいにして
とりあえず昨日の細道の写真あげますね。
5702B81F-5DE3-44E3-9733-AD9C7FC9066A

2343C686-CA42-4704-8C9A-B04437FD3F29

FA1ADE74-CBFA-4FF2-94C8-4F8EE28EFECF


水泳部の誇るコミュ力の精鋭達です。
僕自身はいなかったんですけど、たくさんの新入生が立ち寄ってくれたと聞いてとても嬉しかったです!
ぜひ練習にも来てくださいね!


さて、そろそろ一般入試のほうも控えてますね。
2年前の今頃毎日必死に赤本解いてた気がします。そのときにたまーにこのブログ読んでたのが結構いいモチベーションになって最後まで集中力切らさずに試験に臨めたのかなとか思ってます。

僕が水泳始めたのは高校のときで、大学に行っても水泳部入ろうって受験のときから思ってました。
それは高校のときに感じた水泳の面白さだったり楽しさをもう一回味わいたいからでした。
もちろん今も当時と変わらない面白さや楽しさはあります。
しかし、大学水泳を2年間やってきて大学で部活をするということは競技そのものの魅力以上の魅力が詰まっていると実感しました。
特に大学の代表として戦う対抗戦は最高です。
毎年毎年色々なドラマがあったり、一年生のときには感じなかったか感情を二年生になったら感じることができたり、とにかく激アツです。
人生でこんなに仲間のために頑張ったり、応援したり、笑ったり、泣いたりできるのは間違いなく大学の部活だけです。

水泳部だけじゃなく他の部もこれを味わうことができるかもしれないしできないかもしれない。
でも、名大の水泳部なら必ずこの最高に激アツな夏が過ごせます。

ぜひ一度新歓にきて色々な話を直接聞きにきてください!


長くなりましたがそろそろ失礼します


虎視眈々
livedoor プロフィール
タグクラウド
QRコード
QRコード
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ