曇っているが、比較的暖かい。
午後には晴れると言っていたが、そのような気配は感じられない・・・。
それにしても風が強い。

昨日ウォーキングした大阪城公園の桜の花も5割程度になり、新芽の緑も目立つようになっていた。
それでも思ったよりは“花見客”は多く、“うすいピンクのジュータン”の上でひらひら落ちる“花びら”を気にしながら弁当を開いている人も居た。
これもまた“いい風情”であるが、これからは新緑の森の中を歩くのが楽しみである。

先程、栃木県南部を震源とする大きな地震があり、震度5強を観測したところもあったそうだ。
いつ終わるとも無く相変わらずよく揺れている。
地震の発生だけは予想もつかないが、ただただ安寧を祈るのみ・・・。


震災復興財源には新税を創設するようであり、具体的には“消費税への上乗せ”でまかなう方向のようであるが、当時の野党・民主党が掲げる“高速道路無料化”政策に対抗して麻生政権が打ち出した高速道路の“休日上限1千円”をこの夏にも廃止。
“高速道路無料化の社会実験”と言うことで地方路線の一部を無料化しているが、当然これも中止・・・。
“平日上限2千円”の実施見送り分とあわせて約3500億円程度になるそうであるが“チリも積もれば”でやってもらいたいものである。
ただ菅政権の足を引っ張る事に奔走する党内の反主流グループの中にはこの段に至っても“マニフェストに反する”として反対する“原理主義議員”も居るようで、難儀な話である。
しかし、これらの政策変更が今の“自粛不況”を更に加速させる要因になる可能性もある。
ただし、今迄これらの優遇措置を全く利用していない“おっちゃん”にとっては当たり前の話ではあるが・・・。