若い親の起こした事件とはいえ、その内容の稚拙さに驚く。
2歳の我が子が「泣き叫ぶ姿がおもしろい」と思う、子どものような人間が親になる。
こういう親へ、周囲の人間は十分に目を光らせて欲しいと願う。

これから親になっていく子どもたちへ、勉強だけではない大切なことも教えていき、こういった事件を減らす努力も、社会はすべきだと考える。

-----

Excite エキサイト : 社会ニュース(元記事)

2歳4カ月の長女を熱湯につけて重症のやけどを負わせたとして、警視庁少年事件課と綾瀬署は28日、無職の母親(19)と母親の知人の少女(19)=いずれも東京都足立区=を傷害容疑で逮捕したと発表した。同課によると、母親は「食事を食べないことにいら立ち、タレントが熱湯に入って我慢するテレビのように懲らしめようと思った。申し訳ないことをした」と供述しているという。

少年事件課によると、生後8カ月の長男も頭にけがをして2月に入院しており、母親らが日常的に虐待していた疑いがあるとみて調べている。

逮捕容疑は、3月12日午後5時ごろ、母親の自宅で、熱湯を注いだベビーバスに長女を入れ、両足に全治2カ月のやけどを負わせたとしている。母親らは長女がシューマイを熱がって口から出す姿が、お笑い芸人のコントのように見えて面白がり、懲らしめようとしたという。

母親らは長女を病院に連れて行き、「ラーメンのつゆがかかった」などとうそをついたが、虐待を疑った病院が児童相談所に通告した。


他の記事

娘に熱湯かけ虐待、母と友人を逮捕…「泣き叫ぶ姿おもしろかった」

2歳の長女に熱湯をかけてやけどを負わせたとして、警視庁少年事件課と綾瀬署は、傷害の疑いで、いずれも東京都足立区の無職で母親の少女(19)と友人の少女(19)を逮捕した。同課によると、2人は容疑を認め、「泣き叫ぶ長女の姿がおもしろかった」などと供述。「娘に申し訳ないことをしてしまった」などと反省している。
同課の調べによると、2人は3月12日午後5時ごろ、自宅マンションで食べさせたシューマイを熱いとはき出した長女の様子を見て、熱湯に入るお笑い芸人の様子を思いだし、長女を熱湯に入れることを計画。熱湯を入れたベビーバスに1分ほど入れ、両足に重症のやけどを負わせた疑いがもたれている。
同課によると、2人は自転車で長女を病院に連れて行ったが、医師には「ポットの熱湯がかかった」などと説明。しかし、虐待を疑った医師が足立児童相談所に通告し、児相から要請を受けた同課が捜査していた。
少女にはほかに、8カ月の長男がいるが、今年2月、足首を持って子供を振り回した際にできやすいという頭部外傷で入院しており、同課は少女が長男にも虐待していた疑いがあるとして調べている。