アレ何だったの?と言いたくなるキャラ・台詞・設定

このエントリーをはてなブックマークに追加
転載元:http://nozomi.2ch.sc/test/read.cgi/csaloon/1390660437/
漫画で無かった事にされてる黒歴史
http://blog.livedoor.jp/nwknews/archives/4076735.html
邪気
▼「アレ何だったの?と言いたくなるキャラ・台詞・設定」の続きを読む

【因縁】家系にまつわるオカルト『名字の由来』

このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 本当にあった怖い名無し 2013/12/08(日) 02:51:22.67 ID:ZS3NWz4W0.net
家系を覆う過去からの呪いや守護の因縁、親族内での不思議な伝承や風習、
不可解な遺伝などの話を募集します。
転載元:http://toro.2ch.sc/occult/1386438682.html
【閲覧注意】死ぬ程洒落にならない怖い話集めてみない?『西瓜・おい……』
http://blog.livedoor.jp/nwknews/archives/4764471.html
夜
▼「【因縁】家系にまつわるオカルト『名字の由来』」の続きを読む

人気漫画家が語る漫画家事情 「原稿料はすべてアシスタントの給料で消えます・・・(´・ω・`)」

このエントリーをはてなブックマークに追加
1: ジャンピングエルボーアタック(アラビア)@\(^o^)/:2014/10/23(木) 12:31:29.89 ID:4aTqn9yc0●.net
原稿料はアシスタントの給料で消える... 駆け出しのマンガ家と声優が明かした“給料事情“

10月19日放送のバラエティ番組『ニノさん』(日本テレビ)に、マンガ家の肥谷圭介と声優の森永千才が出演。
それぞれ"業界の1年生"として紹介され"お金事情"を明かした。

肥谷は、昨年5月から「週刊モーニング」(講談社)で連載中の『ギャングース』(ストーリー共同制作・鈴木大介)を
手がけるマンガ家。『ギャングース』は、振込詐欺などの犯罪集団から金を盗み出す主人公たちを描き、単行本5巻で
約30万部を売り上げている人気作品だ。肥谷は2006年にデビューしているが、本作が初連載ということで、
"新人連載作家"ということで出演したようだ。

肥谷は連載を始めて「5人のアシスタントを自腹で雇わないといけないと知った」という。肥谷は週4日間、5人の
アシスタントを時給1000円で1日あたり約12時間雇っているとのこと。そして、「週刊モーニング」での原稿料は
1ページ1万円で、1週あたりおよそ17万円。
丸々アシスタントの給料で原稿料はなくなってしまい、原稿料で賄えない分は自腹を切っているとしていた。

そこで、主な収入源となるのは単行本の売り上げ。肥谷によると、印税は単行本1冊(約550円)につき10%。

『ギャングース』は単巻でおよそ7万部、累計で約30万部を売り上げているので、これまでで1500万円もの印税を
手にしているという。スタジオゲストのお笑い芸人・アンジャッシュの渡部建から「全然潤っているってこと?」と聞かれると、
肥谷は素直に「はい」と答えるほど、単行本で儲かっているようだ。

一方、シグマセブンe所属の新人声優・森永千才は、アニメ『精霊使いの剣舞』に一声だけ出演した際のギャラを
「1万円ちょっと」と告白。日本俳優連合に加入している声優のギャラ制度「ランク制」に基づくものとして、番組では
「ランク制」の解説が挿入された。

イカはソースで
http://woman.infoseek.co.jp/news/entertainment/otapol_36771?p=2
転載元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1414035089/
ガチで性格がいいと思う芸能人
http://blog.livedoor.jp/nwknews/archives/4764435.html
ギャング
▼「人気漫画家が語る漫画家事情 「原稿料はすべてアシスタントの給料で消えます・・・(´・ω・`)」」の続きを読む

戦闘糧食 自衛隊仕様の缶詰

このエントリーをはてなブックマークに追加
1: トペ コンヒーロ(catv?)@\(^o^)/:2014/10/22(水) 22:25:55.06 ID:jo3L57P70.net
戦闘糧食「缶メシ」強度、寸法、印字法…厳しい条件で製造

 東日本大震災で自衛隊の災害派遣が始まったころの話である。避難所などである問題が発生した。その原因は「赤飯」だった。
 「赤飯を出すな!」
 そんな指示が上層部から出されたということで、ちょっとした混乱が起きたのだ。

 自衛隊の戦闘糧食である缶詰、いわゆる「缶めし」の中でも赤飯は腹持ちが良く、ハードな活動をする隊員にとってはありがたい
ものと考えられていた。しかし、これまで災害派遣に出た際、何度か被災者に配ったところ、思いがけない反応をされたのだ。
 「こんな時に赤飯とは何事だ!」
 配った方も悪気があるわけではない。これで少しでも元気になってもらおうとしたにもかかわらず、お叱りを受けてしまったのだ。

 こうした経緯があり、陸海空自衛隊の中でも陸自はその後、赤飯の缶詰を廃止する決断をしたということで、賛否両論を生んだ。
 「缶めしは配るためにあるのか?」
 もちろん答えはNOであるが、現実的には今後も災害時に被災者が手にする場面は十分想定し得る。それを考えれば、言われ
なくてもいい批判を避けるため、赤飯ではない別のもので、かつ厳しい訓練などで隊員がおなかを満たすことのできるものに
代えようということになったのだ。

 その是非はさておき、自衛隊の缶詰製造現場を見てみると、民生品とは全く違う意識が働いていることが分かる。
 「自衛隊仕様をクリアするには、どうしても味は二の次になってしまいます」
 米はその年のものを使用するなど、食材の規定も厳しいが、それは安全性を考えてのことだろう。
むしろ大事になるのは強度など自衛隊ならではの基準だ。

 空中投下も想定されることから落下試験は不可欠で、それもマイナス30度で1日中かけて実施するなど、あらゆる条件を試す。
すべては隊員の行動に合わせられているのだ。

 その他、缶の寸法や印字方法、桜マークの大きさ、さらに缶を入れる段ボールまで細部に渡って定められている。
製造企業はそのすべての条件を満たさねばならないのだ。 
http://www.zakzak.co.jp/society/politics/news/20141021/plt1410210830002-n1.htm
転載元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1413984355/
【閲覧注意】死ぬ程洒落にならない怖い話集めてみない?『西瓜・おい……』
http://blog.livedoor.jp/nwknews/archives/4764471.html
赤飯
▼「戦闘糧食 自衛隊仕様の缶詰」の続きを読む

猫に関する不思議な話『長老猫』

このエントリーをはてなブックマークに追加
転載元:http://toro.2ch.sc/occult/1397721992.html
【画像】 コイツの正体を知ってるかどうかで年齢が分かるwwwwwwwwwwww
http://blog.livedoor.jp/nwknews/archives/4764687.html
怖い
▼「猫に関する不思議な話『長老猫』」の続きを読む

【衝撃】 貨幣が生まれる前、人々は物々交換していた←嘘でした じゃあどうしてたのか

このエントリーをはてなブックマークに追加
1: ダイビングフットスタンプ(ルーマニア)@\(^o^)/:2014/10/23(木) 12:28:10.47 ID:nsqB4NwZ0●.net
21世紀の貨幣論
作者:フェリックス マーティン
マネーが生まれる前の社会から、マネーが発明される様子を想像してみよう。マネー以前の社会では、人々は自分が作ったモノと、自分が必要なモノを物々交換していた。
いつしか誰かが、物々交換の非効率性に気がついたはずだ。なんといっても、「自分は欲しいモノを持っていて、かつ、自分の持っているモノを欲しがっている人を見つけ」
るのは容易ではない。そして、あるとき他の誰かが特定のモノ、多くの場合は金や銀、を「交換の手段」にすることを思いつく。
 
この「特定の手段」を使えば、どのようなモノとも交換ができるようになり、富の蓄積すら可能となった。
このような「マネー誕生物語」はなんとも説得出来である。古くはアリストテレス、そしてジョン・ロックやアダム・スミスも、マネーの起源をこのようなものだと考えていたという。
彼らはその一級の知性に基づいた演繹的思考によって、それぞれが同じ結論にたどり着いたのだが、誰一人として物々交換社会を見たこともなければ、
それが存在したという証拠を示してもいない。実は、そのような物々交換社会は、想像の産物に過ぎない。1980年代には、ある人類学者がこんなことを言っている。
“過去の、あるいは現在の経済制度で、貨幣を使わない市場交換という厳密な意味での物々交換が、
量的に重要な方法であったり、最も有力な方法であったりしたことは一度もない。”

現在でが、「物々交換から貨幣が生まれたという従来の考え方はまちがっているというコンセンサスができあがって」いるという。
それでは、本当のマネーの起源はどこにあるのか。本書は、オックスフォード大で経済学博士号を取得し、現在は資産運用会社での債権ストラテジストを勤める傍ら、
ジョセフ・スティグリッツ、ジェフリー・サックスなどと共にシンクタンク研究員としても活動する著者が、「マネーの自伝」を綴るように、その歴史を描き出したものである。
本書の特徴は、
ぜんぶんはそーす
http://honz.jp/articles/-/40856
転載元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1414034890/
【閲覧注意】死ぬ程洒落にならない怖い話集めてみない?『西瓜・おい……』
http://blog.livedoor.jp/nwknews/archives/4764471.html
原始
▼「【衝撃】 貨幣が生まれる前、人々は物々交換していた←嘘でした じゃあどうしてたのか」の続きを読む

福岡のソウルフード!TOP10を発表 1位は安定の「博多ラーメン」64.8%

このエントリーをはてなブックマークに追加
1: ムーンサルトプレス(東日本)@\(^o^)/:2014/10/23(木) 01:15:49.17 ID:+D/WMbBP0.net
一大商業地域として発展している福岡県。福岡発祥のうまいものもあれば、各地から集まってきた
うまいものもたくさんあり、食にうるさい人をうならせる料理がたくさんある地域です。そんな福岡県で
愛されているソウルフードといえば? 働く女子に聞いてみました。

Q.「コレを食べたら福岡県民!」と思う福岡のソウルフードといえば何ですか?

1位「博多ラーメン」64.8%
2位「辛子明太子」44.6%
3位「長浜ラーメン」22.8%
4位「水炊き」22.3%
5位「ひとくち餃子」11.9%
6位「梅ヶ枝餅」11.4%
7位「久留米ラーメン」10.9%
8位「博多とんこつカレー」8.3%
9位「焼きカレー」5.2%
※10位以下省略。複数回答式
http://news.ameba.jp/20141022-571/
転載元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1413994549/
今まで秘密のケンミンショーで出た「これは違うぞ」ってやつあげてけ
http://blog.livedoor.jp/nwknews/archives/4727319.html
Hakataramen222
▼「福岡のソウルフード!TOP10を発表 1位は安定の「博多ラーメン」64.8%」の続きを読む

【画像】 コイツの正体を知ってるかどうかで年齢が分かるwwwwwwwwwwww

このエントリーをはてなブックマークに追加
1: ダイビングエルボードロップ(ルーマニア)@\(^o^)/ 2014/10/22(水) 19:35:58.55 ID:Y9f0GTrT0●.net
30歳以上の女性と付き合う外国人男性の本音
http://news.livedoor.com/article/detail/9366304/
転載元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1413974158/
デパートの最上階にあった食堂の思い出
http://blog.livedoor.jp/nwknews/archives/4394331.html
コイツの正体が分かる人は30歳以上
no title
no title
▼「【画像】 コイツの正体を知ってるかどうかで年齢が分かるwwwwwwwwwwww」の続きを読む

【閲覧注意】死ぬ程洒落にならない怖い話集めてみない?『西瓜・おい……』

このエントリーをはてなブックマークに追加
転載元:http://hobby7.2ch.net/test/read.cgi/occult/1135962471/
この世で触れてはイケない謎ってなんかある?
http://blog.livedoor.jp/nwknews/archives/4751049.html
幻想
▼「【閲覧注意】死ぬ程洒落にならない怖い話集めてみない?『西瓜・おい……』」の続きを読む

「ぶっ壊れ性能」←何を思い浮かべた?

このエントリーをはてなブックマークに追加
1:以下、\(^o^)/でVIPがお送りします:2014/10/22(水) 14:01:41.03 ID:DcRlRwGd0.net
イザヴェリ
転載元:http://viper.2ch.sc/test/read.cgi/news4vip/1413954101/
【画像】 こういう漫画の画像ください
http://blog.livedoor.jp/nwknews/archives/4757784.html
RX
▼「「ぶっ壊れ性能」←何を思い浮かべた?」の続きを読む
スポンサードリンク
リンク
QRコード
QRコード
livedoor プロフィール
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:

スポンサードリンク
  • ライブドアブログ