厳選サイト様記事紹介
001 朝目新聞

青森県の景観地画像貼ってく

このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 名無しさん@おーぷん 2017/06/25(日)09:39:34 ID:L0b
ネットの怖い話で打線組んだ
http://blog.livedoor.jp/nwknews/archives/5208295.html
立ったら貼ってく!
no title
▼「青森県の景観地画像貼ってく」の続きを読む

韓国の寿司日本超えててワロタwwwwwwwwww

このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2017/06/24(土) 20:01:00.371 ID:bPdz+qW80
ゲームの意味深なバグとか隠しデータとか裏設定を語っていけ
http://blog.livedoor.jp/nwknews/archives/5225318.html
no title

no title

宅配の寿司ボックスもドーナツなんだよ?凄いよ?
▼「韓国の寿司日本超えててワロタwwwwwwwwww」の続きを読む

ツール・ド・フランスの歴代優勝者wwwwwwwwwwwww

このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/06/25(日) 11:35:02.50 ID:VGtxndxH0
第103回大会 2016年 クリス・フルーム(チームスカイ)
第102回大会 2015年 クリス・フルーム(チームスカイ)
第101回大会 2014年 ヴィンチェンツォ・ニバリ(アスタナ・チーム)
第100回大会 2013年 クリス・フルーム(スカイ・プロサイクリング)
第99回大会 2012年 ブラッドリー・ウィギンス(スカイ・プロサイクリング)
第98回大会 2011年 カデル・エヴァンス(BMC・レーシングチーム)
第97回大会 2010年 アンディ・シュレク(チーム・サクソバンク)
第96回大会 2009年 アルベルト・コンタドール(アスタナ・チーム)
第95回大会 2008年 カルロス・サストレ(CSC・サクソバンク)
第94回大会 2007年 アルベルト・コンタドール(ディスカバリーチャンネル)
第93回大会 2006年 オスカル・ペレイロ(ケス・デパーニュ)
第92回大会 2005年
第91回大会 2004年
第90回大会 2003年
第89回大会 2002年
第88回大会 2001年
第87回大会 2000年
第86回大会 1999年
第85回大会 1998年 マルコ・パンターニ(メルカトーネ・ウノ)
第84回大会 1997年 ヤン・ウルリッヒ(ドイツテレコム)
第83回大会 1996年 ビャルヌ・リース(ドイツテレコム)
第82回大会 1995年 ミゲル・インドゥライン (バネスト)
第81回大会 1994年 ミゲル・インドゥライン (バネスト)
第80回大会 1993年 ミゲル・インドゥライン (バネスト)
第79回大会 1992年 ミゲル・インドゥライン (バネスト)
第78回大会 1991年 ミゲル・インドゥライン (バネスト)
第77回大会 1990年 グレッグ・レモン (Z)
第76回大会 1989年 グレッグ・レモン (ADR)
第75回大会 1988年 ペドロ・デルガド (Reynolds)
第74回大会 1987年 ステファン・ロシュ (Carrera)
第73回大会 1986年 グレッグ・レモン (La Vie Claire)
第72回大会 1985年 ベルナール・イノー (La Vie Claire)
ネットの怖い話で打線組んだ
http://blog.livedoor.jp/nwknews/archives/5208295.html
ランス
▼「ツール・ド・フランスの歴代優勝者wwwwwwwwwwwww」の続きを読む

【*´ω`*】もう当たる気しかしない!宝くじを22億円当てた猫ちゃんのお祈り=佐賀県唐津市高島の宝当神社(写真あり)

このエントリーをはてなブックマークに追加
1: ニライカナイφ ★ 2017/06/02(金) 09:58:25.31 ID:CAP_USER9
佐賀県唐津市の高島唐津市の沖合約3キロに位置する高島に、何とも景気の良い名前の神社がある。
その名も「宝当神社」…「宝」が「当たる」という事で宝くじファンに知られるパワースポットには、年間20万人が参拝に訪れる。
そしてその島に、当選確率をさらに高めてくれる?猫たちがいる。

写真:得意のお祈りポーズを披露してくれた福ちゃん(雌12歳)。子供たちは「ママ、すごい!」と尊敬のまなざし?
no title


高島に上陸後、宝当神社への参道を進むとすぐ、数匹の猫が行儀良く並ぶ商店に足を止めずにはいられないだろう。

「はーい!この子が福ちゃん。お祈りしますよー」。

元気な声で「当選祈願グッズ」をPRするのは「宝当大黒屋 野崎酒店」の野崎一貴江さん(68)だ。

「おかげさまで大人気です。宝くじの発売日には店先に大勢の人だかりができますよ」

12歳のメス猫「福ちゃん」が人気を集め始めたのは10年ほど前。
店頭にいた福ちゃんを撫でて宝くじの高額当選を果たしたという人が現われてから。
それ以降テレビや雑誌、SNSなどで噂が広まり、宝くじファンのみならず猫好きの来訪者も増え続けているという。

写真:野崎さんが手に持つ「宝当黄金袋」にお祈りする福ちゃん
no title


宝くじを入れる「宝当黄金袋」に向かって福ちゃんが立ち上がって熱心にお祈りする姿に、人々は笑顔で歓声を上げる。
その〝集客力〟は相当なものだ。

もちろん実績も折り紙つき。
野崎さんによると、現在7匹いる「福ちゃんファミリー」がこれまでに当選させた総額は、報告があったものだけでもなんと約22億円!
まさに〝リアル招き猫〟といったところか。

福ちゃんにとっては、野崎さんからもらうおやつを、慎重に両手で受け止めようとする仕草なのだが、それがなんともかわいらしく感じた。
野崎さんも取材中、何度となく「かわいいね、福ちゃん」と話しかけていた。

そんな福ちゃんが子猫を産むたびに「是非ウチに!」というオファーが殺到するのだという。
数匹は既に群馬や愛知の宝くじ販売店に引き取られ、高額当選も数多く出ていると言うから驚かされる。

写真:得意のお祈りポーズを披露してくれた福ちゃん(雌12歳)。両手(前脚)をしっかりと合わせてます
no title


埼玉県秩父市から伊万里市に帰省中の北爪みどりさん(50)は「母、娘たちと来ました。実家から近いし、以前から来てみたかった場所でした。猫たち、本当にかわいいです」と笑顔。

お祈りのポーズを撮影中、自分の心の中にも「もう当たる気しかしない」という根拠のない自信?が湧き上がってきた。
もっとも、当の本人(本猫)たちは皆、「そんなの関係ニャー」とばかりに、彼らを頼もしく思う人たちに温かく見守られながら、自由な島暮らしを満喫しているようだった。

■写真
得意のお祈りポーズを披露してくれた福ちゃん(雌12歳)。かなり気持ちがこもっている…ような気がしませんか?
no title

リアル招き猫「福ちゃん」が住む野崎酒店には、宝当神社の参拝客が数多く立ち寄る
no title

野崎酒店の猫たちは皆、それぞれのポーズで御利益をもたらしてくれる?
no title

自身の名前が書かれた「宝当黄金袋」にお祈りする福ちゃん
no title
http://grapee.jp/339937
▼「【*´ω`*】もう当たる気しかしない!宝くじを22億円当てた猫ちゃんのお祈り=佐賀県唐津市高島の宝当神社(写真あり)」の続きを読む

海外「中国文明はわかるけど日本文明言われても理解出来ん笑。日本の独自性って?」

このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2017/06/24(土) 20:22:30.97 0
『中国文明と分離できるほどの独自性あんの?日本に』
ネットの怖い話で打線組んだ
http://blog.livedoor.jp/nwknews/archives/5208295.html
日本
▼「海外「中国文明はわかるけど日本文明言われても理解出来ん笑。日本の独自性って?」」の続きを読む

カルト教の事件ってヤバいの多いな

このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 名無しさん@おーぷん 2017/06/24(土)20:53:43 ID:nBm
アドルフォ・コンスタンツォ
1989年4月12日、メキシコとアメリカの国境の町である
マタモロスの広大な牧場で、15体のバラバラ死体が発見された。
牧場敷地内には怪しげな小屋があり、近づくと激しい異臭を
放っていた。警察が小屋の扉を開けると、中は黒魔術のような
デコレーションが施されており、いくつかの大がまが煮られていた。
悪臭は、その大がまから漂っていたのだ。
このボケての投稿見て笑ったらアウトなwwww
http://blog.livedoor.jp/nwknews/archives/4931413.html
カルト
▼「カルト教の事件ってヤバいの多いな」の続きを読む

【閲覧注意】後味の悪い話『隣の家の少女・ガートルード・バニシェフスキー』

このエントリーをはてなブックマークに追加
623: 本当にあった怖い名無し:2010/07/22(木) 22:15:47 ID:Thb/ewNd0
流れぶった切りで投下。ガイシュツ覚悟で「生きている脳」筒井康隆

金持ちの男が不治の病で死の床にあった。
医者は彼に言った。「脳だけを取り出して、培養液に浸けて置けば
理論的には何百年も生き続けることができますよ」
そのうち技術が進めば、目や耳などの感覚器官の代わりになる機械も
サイボーグの手足も開発される。神経にそれを直接接続すれば
元気な体がもう一度手に入る。それまでは培養液の中でのんびりと
待てばいいのだ。

医者の甘言に乗せられ、男はそれを承諾した。
手術は無事に終了し、彼の脳髄は培養液の中に静かに浮かんでいた。
傍目にはのんびりと、安らかにたゆたっているように見えた。

術後、意識を取り戻した彼は全身の激痛に戦いた。
彼の脳髄から伸びる神経線維は全て途中で断ち切られ、裸のままで
培養液に浸されている。それが彼には全身の激痛となって感じられるのだった。

叫ぼうにもそのための口も声帯も無い。
状況を知ろうにも見るための目が無い。
誰かに話を聞こうにも、聞くための耳すらもちろん無い。
誰にも助けを求めることすらできないまま、いつまで続くのかもわからない
痛みの中で、彼は医者の言葉を思い出していた。
「理論的には何百年も」
障子に映る影Img568
▼「【閲覧注意】後味の悪い話『隣の家の少女・ガートルード・バニシェフスキー』」の続きを読む

資産を運用しない奴はアホ

このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2017/06/18(日) 23:27:02.93 0
銀行に預貯金するだけでは資産は増えないぞ
ワイ、このボケてで笑ってしまう。
http://blog.livedoor.jp/nwknews/archives/5195840.html

kabu

▼「資産を運用しない奴はアホ」の続きを読む

「徳川埋蔵金」って本当に実在するの? 歴史家が解説

このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 名無しさん@涙目です。(東京都)@\(^o^)/ [CN] 2017/06/24(土) 15:23:55.68 ID:pmBoItpJ0 BE:123322212-PLT(13121) ポイント特典
「徳川埋蔵金」が再び注目されている。

その額は「当時の貨幣単位で約400万両、現在の価値で20兆円」ともいわれており、埋蔵金の存在を信じる愛好家らによって、
いまでも群馬県の赤城山麓等で探索が続けられている。

現在のところ、まだ発見には至っていないが、そもそも埋蔵金は「本当に存在」するのだろうか。

「日本史を学び直すための最良の書」として、作家の佐藤優氏の座右の書である「伝説の学習参考書」が、全面改訂を経て
『いっきに学び直す日本史 古代・中世・近世 教養編』『いっきに学び直す日本史 近代・現代 実用編』として生まれ変わり、
現在、累計20万部のベストセラーになっている。

本記事では、同書の監修を担当し、東邦大学付属東邦中高等学校で長年教鞭をとってきた歴史家の山岸良二氏が、
「徳川埋蔵金」を解説する。

江戸城からこつ然と消えた幕府御用金

大政奉還で江戸幕府が政権を朝廷に返上した翌年の慶応4(1868)年3月、官軍は東海道を下り、まさに江戸に攻め込もうとしていました。

そんな中で、江戸薩摩藩邸で行われた「西郷隆盛(官軍)」と「勝海舟(旧幕府)」との交渉によって「江戸城の明け渡し」が決定され、
翌4月11日、徳川慶喜の江戸退去をもって、城は官軍に接収されました。

江戸城に入った官軍は、蔵の扉を次々と開け、そこから鉄砲など武器弾薬多数を発見します。しかし、肝心の「幕府御用金」が
あるはずの金蔵は、もぬけの殻。必死の捜索にもかかわらず、どこを探しても金銀は見つかりませんでした。

官軍は蔵番の役人25人を厳しく尋問したものの、誰ひとりそのありかを白状しなかったため、彼らは全員処罰されました。

そのわずか5日後の夜のこと。「ブルガリア国旗」を掲げ、甲板を外国人船員が行き交う「ある1隻の蒸気船」が、中国の上海に向け、
人知れず横浜港を出航します。

実は「その船に『幕府御用金400万両』が積まれており、ひそかに江戸を脱出した」という説が存在するのです。

今回は「徳川埋蔵金」をテーマに、かねてより話題の赤城山麓ではない、「もうひとつの埋蔵金伝説」について解説します。

以下ソース
http://toyokeizai.net/articles/-/175466
ネットの怖い話で打線組んだ
http://blog.livedoor.jp/nwknews/archives/5208295.html
とく
▼「「徳川埋蔵金」って本当に実在するの? 歴史家が解説」の続きを読む

笑えるコピペ

このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 名無しさん@おーぷん 2017/06/23(金)00:11:19 ID:efN
貼ってください
ネットの怖い話で打線組んだ
http://blog.livedoor.jp/nwknews/archives/5208295.html
1
▼「笑えるコピペ」の続きを読む
スポンサードリンク
リンク
QRコード
QRコード
livedoor プロフィール
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:

スポンサードリンク
  • ライブドアブログ