厳選サイト様記事紹介
001 朝目新聞

2011年12月

おまいらがたまらなく孤独を感じた時

このエントリーを含むはてなブックマークに追加
1:ななしのいるせいかつ:2008/06/08(日) 20:03:32
小学生の頃に戻って友達と一日中遊んでる夢を見た日の朝。
ぼっち
続きを読む

自転車で廃墟探索行ってくる

このエントリーを含むはてなブックマークに追加
1:放浪人:2011/12/29(木) 13:32:15.34 ID:8V4RI1Us0
1_1

スタートはサイクリー新宿店

目的地は府中の米軍基地跡

デッカいパラボラアンテナ見に行くお!

続きを読む

【全板集合】2chにある無駄な知識、画像を集めるスレ『メキシコDQNのファッション』

このエントリーを含むはてなブックマークに追加
249: /名無しさん[1-30].jpg:2011/12/27(火) 20:21:05.85 ID:WIo56s7u0
249_1
続きを読む

【ネタバレあり】後味の悪い話のあらすじ『RESET』

このエントリーを含むはてなブックマークに追加
64: 本当にあった怖い名無し:2011/02/06(日) 13:05:44 ID:9A7MMm2a0
「光の森」(押切蓮介著・「椿鬼」1巻に収録)
明治初期・ある地方の山村にキヨという幼い娘が父と二人で暮らしていた。
父はもともと腕の良い猟師だったが妻を亡くしてから殺生が怖くなってしまい、
引きこもりのような生活を送っていた。


キヨは働かなくなった父の代わりに山へ行っては山菜を積み、家事もしなければならなかった。
自分と同年代の女の子達はかわいい着物を着て、肉や魚を食べ、楽しそうに遊んでいる。
ボロボロの着物1枚しか持っていないキヨは皆の笑われ者になっていた。

年上の男の達に「汚い」「怠け者の子」といじめられたキヨは父親をなじり、夜の森に家出してしまう。
真っ暗な森でキヨが腹を空かせていると鹿が現れ、苺やキノコがどっさり入った籠を差し出した。
「おらにくれるんか?こんな気前の良い鹿みたことないぞ」
するとイタチが現れ、籠の中の果物をねだり始めた。

キヨがイタチに食べ物をくれるとお礼にイタチは森を案内してくれた。
夜の森は光に溢れ、動物や虫たちが楽しそうに遊んでいた。
小鳥たちはキヨに花やサクランボをくれた。
熊はキヨの頭に花をかざり、肩車してくれた。
イノシシはキヨを背中に乗せてくれた。
キツネと狸はキヨと一緒に輪になって踊った。
キヨは母親が死んで以来、久々に笑った。


65: 本当にあった怖い名無し:2011/02/06(日) 13:07:34 ID:9A7MMm2a0
の時、一発の銃声が響いた。

「キヨぉぉっぉぉお!!!」
銃を撃ったのはキヨの父だった。
キヨは動物に体を食まれていた。
小鳥はキヨの目玉をつついていた。
熊はキヨの頭をかじっていた。
イノシシはキヨの足を食べていた。

キツネと狸は熊の一撃を受けて裂けたキヨの腹からこぼれた腸をすすっていた。
キヨの口の中には幻覚を見せる毒草があった。
光あふれる夜の森はキヨが見た幻覚だったのだ。

キヨを食んでいた動物たちを銃殺したキヨの父は森に火をかけた。
業火は、木を、草を、虫を、動物を、花をすべて焼き尽くした。
dancer-in-the
ダンサー・イン・ザ・ダーク
http://www23.atwiki.jp/ketsumatsu/pages/459.html
続きを読む

【狸祭り】庭にタヌキ来た

このエントリーを含むはてなブックマークに追加
1:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/25(日) 00:24:22.82 ID:KioUlQ730
狸1



2:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/25(日) 00:24:54.08 ID:DfaZULRv0
かわいい捕獲だ
続きを読む

フジテレビのとくダネ!でついに金正日の巨大肖像画登場

このエントリーを含むはてなブックマークに追加
1:名無しさん@涙目です。(鳥海山大物忌神社):2011/12/30(金) 07:06:49.38 ID:UIp9x+350
213 名前:名無しでいいとも![sage] 投稿日:2011/12/30(金) 06:57:34.04 ID:4j8O99Qj [3/4]
おいおい

214 名前:名無しでいいとも![sage] 投稿日:2011/12/30(金) 06:57:39.05 ID:9mKntgYf [2/2]
うわ・・・
気持ち悪いわフジテレビ

215 名前:名無しでいいとも![sage] 投稿日:2011/12/30(金) 06:57:39.28 ID:5hSCWODO [2/4]
わざわざww
実況 ◆ フジテレビ 62103 FNN
http://hayabusa2.2ch.net/test/read.cgi/livecx/1325175786/



17: 名無しさん@涙目です。(鵜戸神宮):2011/12/30(金) 07:16:09.81 ID:zeugevTP0
これか
17_1



21:
名無しさん@涙目です。(富士山本宮浅間大社):2011/12/30(金) 07:16:47.21 ID:IEa5qkJX0
>>17
マジかよww



34:
名無しさん@涙目です。(出雲大社):2011/12/30(金) 07:26:42.39 ID:s+O22IdE0
>>17
想像以上でワロタ

続きを読む

不可解な体験、謎な話~enigma~『記憶の中の少女新展開』

このエントリーを含むはてなブックマークに追加
71: 本当にあった怖い名無し:2011/12/16(金) 01:11:47.52 ID:Pis2EpQgi
不思議な写真
小学四年の時の話。

帰りの会が終わり、俺達友人数人が先生と他愛ない話をしていると、
普段からおとなしいクラスでも目立たない女の子が俺達の間を割って入ってきて
「先生これ…」と言って一枚の写真を机に置いた。


先生を含め俺達は「???」って感じでその写真を見た。
その写真は公園かどこかのスベリ台で撮った写真で、
スベリ台の途中でその女の子と妹が止まってこちらの方をまぶしそうに見ている写真だった。



72: 本当にあった怖い名無し:2011/12/16(金) 01:15:13.00 ID:Pis2EpQgi
別になんともない写真で俺達がその写真を見ていると、
突然その女の子の妹の顔が笑ったような顔になり、さらにグニャ~っと歪んでいった。


みんな呆然と見ていると、先生は血相を変えて
その写真をひったくるように取り上げ女の子と一緒に教室をでていった。

俺はその写真もそうだが、その時の先生の顔が衝撃的で友人達と無言で帰っていった。
錯覚
続きを読む

近代日本の美人の画像を淡々と貼っていく

このエントリーを含むはてなブックマークに追加
1:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/28(水) 21:56:15.30 ID:jS6e9Rfr0
明治の後半から大正、昭和の戦前まで
美人(と俺が思った人)の画像を貼っていく

異論は認める



2:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/28(水) 21:56:59.46 ID:jS6e9Rfr0
陸奥亮子 伯爵夫人
2_1
続きを読む

「無職は悪」の考えが死に追いやる!無職ニートは悪いことではない!お前らこそ正義!世界の最先端だ!

このエントリーを含むはてなブックマークに追加
1:名無しさん@涙目です。(生田神社):2011/12/28(水) 11:36:26.64 ID:A8urR54J0
「日本には過労死するほど仕事があり、自殺するほど仕事がない」とは実に言い得て妙である。

なぜ死んでも働かなくてはならないのか。なぜ仕事がなくて死ななければならないのか。
全ては、「無職は悪」とする意識、風潮、空気、コモンセンスに起因する。
何かの縁でこのページをご覧になった人は、ぜひ「無職は悪」という考えを捨てて欲しい。

より多くの人が「無職は悪」という考えを捨てることが、
「無職の何が悪い」と堂々と言える世の中にすることが、人の命を救うことにつながる。

シューカツ地獄、過労死過労自殺(強制労働による殺人)、
残業代不払い(サビ残)、ワーキングプア、パワハラセクハラ、


その他もろもろ劣悪な就労条件、これらは、
「嫌なら辞める」ことができるようになることで、改善につなげることができる。

だから、今働いて、苦しんでる人のためにも、無職の人が安心して暮らせるようにしなければならない。

そのための第一歩は、「無職は悪」という認識をなくすことだ。

海の向こうのリーマン・ショックで、ついこないだまできちんと働いてた人が、
ホームレスになったという現実を思い出して欲しい。


誰もが知る一流企業が続々と「リストラ」を行い、多くの人達が職を失ったことを忘れないでほしい。
無職は、だれでもなりうるのだ。
だからこそ、無職の人が安心して暮らせる社会にしなければならない。
http://news.livedoor.com/topics/detail/6153594/
http://blogos.com/article/27946/
働いたら負け
続きを読む

東電会長勝俣邸は、テルアビブの米国大使館よりも堅牢だった

このエントリーを含むはてなブックマークに追加
1:名無しさん@涙目です。(アイティガル・モスク):2011/12/26(月) 23:53:36.38 ID:NMxlV9dJ0
【要塞勝俣屋敷】テルアビブの米国大使館よりも堅牢―
炭小屋に身を潜める電力業界の最高権力者

勝俣邸前を訪れた報道陣を追い返す警察官。
右端はポリスボックス。(25日、新宿区左門町。写真:筆者撮影)
1_1

勝俣邸入り口の路地を固める警察隊。玄関前まで警察官で埋め尽くされた。(筆者撮影)
1_2
日本国民を放射能の恐怖に陥れ、福島県民の生活を破壊しながら、誰一人として責任を問われない東京電力。
その頂点に君臨する勝俣恒久会長の屋敷(新宿区左門町)は、
テルアビブの米国大使館よりも堅牢だった。
正面は分厚いコンクリートの壁だらけで窓はない。
要塞さながらである。ポリスボックスまで設けられており、警察官とガードマン(ALSOK)が守りを固める。


JRや民間の工場などが大きな事故を起こしたら、警察の捜査が入るのが普通である。
責任者に安全管理義務違反があれば、「業務上過失傷害」などで検挙される。

ところがチェルノブイリ原発事故と同じ世界最大級の事故を引き起こしていながら、
東電の刑事責任を問う動きは全く見られない。


ならば、市民が怒りの声を挙げようと直接の行動に出た。勝俣邸を訪ね「東電の解散」を迫ろうというのである。題して「勝俣さんちにお手紙を届けよう」 (主催:リアリティーツアービューロ)。
吉良邸討ち入り(12月14日)からは11日遅いが、市民たちが怒涛のごとく押し掛けた。
炭小屋に身を潜める電力業界最高権力者の顔が浮かぶほどの迫力だった。


新宿アルタ前を出発したツアーの一行約100人が勝俣邸につながる路地に差し掛かると、
警察隊が路地入口を封鎖した。デモ隊ではない。公道を整然と歩こうとする市民を

警察が規制する理屈は何だろうか。「道は皆の物じゃないか、通せ」と怒号があがると、
警察は制服警察官を増員し守りを厚くした。


「放射能をばら撒いた犯罪者をどうして警察は守るんだ?国民の税金を使って犯罪者を守るな」。
警察に対する抗議の声もあがった。

(以下ソース)
http://tanakaryusaku.jp/2011/12/0003387
続きを読む
スポンサードリンク
リンク
QRコード
QRコード
livedoor プロフィール
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:

スポンサードリンク
  • ライブドアブログ