4:本当にあった怖い名無し:2011/01/30(日) 09:59:26 ID:PMjLDGu90
信じようと、信じまいと――

その男は、ある朝目覚めると、「鼻がない!」と叫んだ。
あくる日は「耳がない!」、その次の日は「目がない!」
しかし4日目には彼は何も叫ばなかった。
もう口がなくなっていたから。
プラハ


8: 本当にあった怖い名無し:2011/01/30(日) 10:03:03 ID:PMjLDGu90
信じようと、信じまいと――

「ハナ、イリマセンカ」背後から声をかけられ、エヌ氏は振り返った。バラの花束とハサミを手にした少女が立っている。
今時花売りとは珍しい。どうやら彼女は日本人ではないらしかった。「悪いけど、要らないよ」
「ハナ、イラナインデスカ?」不思議そうに言う少女の足下を見て、エヌ氏は慌てて「いや要る!要るよ!」と叫んだ。
そこには、今まで「要らない」と言った者たちのモノだろう、切り取られた「鼻」が散らばっていた。


9:
本当にあった怖い名無し:2011/01/30(日) 10:13:38 ID:PMjLDGu90
「あの子は僕に、『鼻は要らないか』って訊いてたんだ!
あの子の立っていた場所には人間の鼻が何個も落ちてた!みんな『要らない』と言って
鼻を取られたんだ!だから僕は『要る』と答えた!それだけだよ!」
そう叫ぶエヌ氏の顔にはその日以来、二つ鼻がある。

信じようと、信じまいと――


14:
本当にあった怖い名無し:2011/01/30(日) 11:33:00 ID:PMjLDGu90
信じようと、信じまいと――

1970年、その奇妙な事件はウェールズの片田舎のホテルから始まった。
最初は左脚、次に右腕と、切断された遺体が英国各地で次々と発見されたのだ。
鑑定の結果、遺体は全て同一人物のものと解ったが、同じ人物の左腕が
3本、頭部が2個見つかった時点で警察はこの事件を黙殺することにした。



16:
本当にあった怖い名無し:2011/01/30(日) 11:34:33 ID:PMjLDGu90
信じようと、信じまいと――

ケンブリッジに住むポールという写真家を、急逝した友人の遺族が殺人罪で訴えた。
その友人はポールにポートレイトの撮影を依頼していたが、ポールの経歴と作品を
調べたところ、十数枚しかない彼の肖像写真のモデルが、全員撮影後一年以内に
死亡していることが解ったためである。

信じようと、信じまいと――



19:
本当にあった怖い名無し:2011/01/30(日) 13:23:32 ID:PMjLDGu90
信じようと、信じまいと――

カリフォルニア州に住むジョセフという男は、いつも何かに怯えていた。
昼間から酒を飲んでは、「許してくれ、許してくれ」と哀願するように口にするのを
多くの人が聞いていた。ある日、ジョセフは自室で首を吊っているのを発見された。
死体は満面の笑みを浮かべていて、部屋の壁にはびっしりと、「許します」と書かれていた。



21:
本当にあった怖い名無し:2011/01/30(日) 13:35:05 ID:PMjLDGu90
信じようと、信じまいと――

1968年、フロリダ州とジョージア州を結ぶ急行列車がトンネルに
さしかかったところで突然急停車する事件があった。通報を受けた後続列車の運転士が
様子を見に行くと、既に列車内の全員が死亡していた。そして奇妙な事に、調査委員会の
報告によると彼らの死因は全員、老衰であったという。



22:
本当にあった怖い名無し:2011/01/30(日) 13:35:58 ID:PMjLDGu90
信じようと、信じまいと――

バージニア州に、サムソンという自称・芸術家によって建てられた「白い家」という小屋があった。
ドアが一つある他は窓などはなく、壁も屋根も、サムソンの知人によると家の内部に至るまで真っ白に塗られていた。
ある朝、「白い家」は真っ赤に塗り替えられていた。異様な悪臭がするという通報に地元の警官が見に行くと、
首から血を流したサムソンが絵筆を握ったまま息絶えていた。家の中にも、自分の血を塗りたくりながら。

信じようと、信じまいと――



27:
本当にあった怖い名無し:2011/01/30(日) 21:15:34 ID:PMjLDGu90
信じようと、信じまいと――

資産家のアール氏はある日、馴染みの古物商からメルガール伯爵の頭蓋骨を買ったという。
伯爵は18世紀に活躍した自称・貴族で錬金術に精通し、永遠の命を手に入れたとも言われる人物だ。
「永遠の命か。羨ましいね」アール氏は頭蓋骨に向かって、そんなことを呟いた。
頭蓋骨は口を開き、「そんな良いもんでもないさ」と笑った。



33:
本当にあった怖い名無し:2011/01/31(月) 23:18:25 ID:bwD4jpg/0
信じようと、信じまいと――

ユタ州のハリス夫妻は、夫はヘビースモーカーの菜食主義者、妻は煙草はやらないがステーキが大好物……と
食の嗜好は真逆だったが、地元でも有名なおしどり夫婦として仲良く暮らしていた。
二人は同じ時期に病に倒れ、同じ日に同じ病室で息を引き取った。
夫の死因は高脂血症による脳梗塞、妻の死因は肺癌だった。



34:
本当にあった怖い名無し:2011/01/31(月) 23:19:08 ID:bwD4jpg/0
信じようと、信じまいと――

アフリカのある部族の村には、「枯れない泉」があった。干魃の時も常に水をたたえ、
新鮮な魚を与えてくれる泉を村人たちは「神の恵み」として祠を建てて祀っていた。
さるイギリスの学者がこの村を訪れ、泉を見せてもらったという。しかし、彼は
「彼らが『泉』と呼んでいたのは、ただの古い手鏡だった」と記録している。



38:
本当にあった怖い名無し:2011/01/31(月) 23:23:24 ID:bwD4jpg/0
信じようと、信じまいと――

ドイツのある田舎町には、「見えない家」があるという。と言っても、
殆どの人には何もないただの空き地にしか見えないが、ごくまれに
二階建ての家が見える人がいるらしい。ただ、見えた人はみな、
魅せられたように家の中に入っていき、そのまま二度と出てこないという。



56:
本当にあった怖い名無し:2011/02/09(水) 23:00:46 ID:d08gzAjz0
信じようと、信じまいと―

ルクセンブルグのある母親は二人の息子が交通事故で死ぬ夢を見た。そればかりか自分自身も同じ日に
死ぬという夢である。母親は息子達の自転車を売り払った。ある日父親が病気で倒れ危篤だというので
一人の息子は自転車を借り、もう一人は車で病院に向かった。そしてその自転車と車が衝突して
二人の息子は死んでしまった。それを知った母親は脳卒中で死に、夢は完全に現実のものとなった。

信じようと、信じまいと―



57:
本当にあった怖い名無し:2011/02/11(金) 18:00:41 ID:P/dSu16k0
昨夜今日の午後三時に大地震が起きると夢のお告げがあった。
しかし何も起こらなかった。おかしいなぁ・・・

信じようと、信じまいとー


58: 本当にあった怖い名無し
:2011/02/11(金) 18:58:18 ID:i/U4/Bwm0
>>57
とかは書かない方がマシだな!二度と書くなよ!



120: 本当にあった怖い名無し:2011/03/12(土) 12:31:57.53 ID:hr5f7VSIO
>>57
ちょ、これ……。


121:
本当にあった怖い名無し:2011/03/12(土) 12:34:07.54 ID:c5XD+59y0
>>57・・1か月ずれたな


67:
本当にあった怖い名無し:2011/02/14(月) 22:50:07 ID:f5CAO07aO
信じようと、信じまいと―

イラクのある洞窟に旧石器時代の物と推察される壁画がある。
その壁画には様々な種類の動植物が描かれており、
研究の結果、この壁画は住人が食料としてきた生物の記録であることが判明している。
ただ、そこに多く描かれた、球体に異様に長い二本足が生えたような生物の正体は未だに謎のままだ。



74:
本当にあった怖い名無し:2011/02/17(木) 22:58:49 ID:FULc/mIJ0
信じようと、信じまいと―

アメリカ南部に過って奴隷市場のあった町がある。その町の中央にその上で奴隷が鞭打たれたという
大きな石が残っている。あるとき町の美化のため石を移動する計画が持ち上がったが作業が始まると二人の
人夫は原因不明の中毒で死んでしまった。その後も何度か移動が試みられたがその都度、関係者が石の
下敷きになったり雷に撃たれたり、石のそばで商売していた行商人が死んだりして石はいまだにそこにある。



81:
本当にあった怖い名無し:2011/02/20(日) 11:27:44.31 ID:NrVO7OgY0
信じようと、信じまいと―

営団地下鉄の某駅には不可解な噂話がある。
終電が出た後に、男性トイレの奥から2番目の個室に入ると、時が一瞬のうちに過ぎ去るというのだ。
実際、終電を逃した男性が、用を足してからタクシーで帰ろうと件の個室に入り、事が済んでトイレから出ると、
目の前には朝の通勤ラッシュでごった返す人ごみがあったという噂がある。


83:
本当にあった怖い名無し:2011/02/21(月) 21:43:52.85 ID:uy9ZIxzD0
信じようと、信じまいと――

1979年、アメリカのフロリダ州オーランドのとあるマンションの一室でその部屋の住人が
遺体で発見される。不可解なことにその遺体は上半身が焼け焦げ下半身が凍結していた。
更に不可解なことに、遺体発見の数日前から部屋に出入りした人間は誰もいなかったという。
ただ死体解剖の結果、住人の体内から「空間転移法」と書かれたレポート用紙が発見された。

信じようと、信じまいと――



84:
本当にあった怖い名無し:2011/02/22(火) 05:37:05.46 ID:3GrS9kM70
信じようと、信じまいと――

イタリア、ナポリのピザ屋に泥棒が侵入したが運悪く店の主人に見つかり捕らえられた。主人が
引き渡す際に電話よりも早いと近くの交番に警官を呼びに行っている間、火の不始末が原因で
店は全焼してしまった。だが不思議なことに店の焼け跡からは誰の死体も発見されることはなかった。
同日、ローマのとある民家のクローゼットの中から身元不明の焼死体が発見されたという。



90:
本当にあった怖い名無し:2011/02/24(木) 05:59:01.55 ID:t0MWQE490
信じようと、信じまいと―

神社の参道の真ん中は神様の通る道だから歩いてはいけないということはよく知られている
ことだと思うが、それでも頑なに真ん中を歩き続けたらどうなるかは果たしてご存知だろうか。
それを疑問に思った愛知県のとある高校生が、近所の神社で意識しながら参道の真ん中を通り
参拝をした。結局何も起きなかった家の自室に戻ると家具や小物、全てのものが逆さになっていた。



91:
本当にあった怖い名無し:2011/02/25(金) 22:36:27.99 ID:fE1yiChE0
信じようと、信じまいと―

1912年12月イングランド南東部クインズゲートに空からかなりの数のコインが降りそそいだ。
現場に居合わせた人の話によるとコインは高い上空から降ってくるのではなく中空から湧き出たよう
だったという。なかには傘を逆さにしてコインを拾う者もいたが残念ながらそのコインは使えなかった。
なぜならイギリスではありふれたその硬貨のレリーフは鏡に映したように左右が逆になっていたのだから。



92:
本当にあった怖い名無し:2011/02/25(金) 22:52:54.09 ID:n2xmio7/0
信じようと、信じまいと―

アラン・ポーの作品に「アーサー・ゴードン・ピム」というのがある。海で遭難し漂流した四人の男が
食料となる役をくじ引きで決めるという内容だ。小説では給仕のトム・パーカーという男が当たりくじを
引き、さっさと殺されて食べられてしまう。1884年現実に北海で四人の男が遭難しポーの小説の通り
恐ろしいくじ引きが行われた。そして食べられたのはやはり給仕のトム・パーカーという名の男だった。



100:
本当にあった怖い名無し:2011/03/03(木) 22:41:17.39 ID:wqWYnnSu0
信じようと、信じまいと―

歌川国芳没後150年にあたる2011年、ある浮世絵収集家が企画展を計画した。
その準備の途中、収集家は1枚の浮世絵を手に取ると不思議そうに首を傾げた。
隅田川から深川を描いたその絵には、火の見櫓と並んでさらに高い塔が描かれていた。
その姿はまるでスカイツリーのようであるという。国芳は何を描いたのだろう。


歌川国芳の浮世絵に「スカイツリー」が予言されていた?


103: 本当にあった怖い名無し:2011/03/04(金) 23:42:54.29 ID:gmkR3Q5z0
信じようと、信じまいと―

長野県のMさんに、中学の時の恩師のT教諭から十数年ぶりに手紙が届いた。分厚い封筒で、
中にはMさんを撮った写真が十数枚入っていた。林間学校や体育祭など、中学時代の物だったが、
なぜか友人や教員など、一緒に写っている他の人物は全て真っ黒に塗りつぶされていた。
不気味に思ったMさんは、Tの連絡先を訊くため母校に電話をかけた。Tは4年も前に亡くなっていた。

信じようと、信じまいと―



104:
本当にあった怖い名無し:2011/03/04(金) 23:45:10.54 ID:gmkR3Q5z0
信じようと、信じまいと―

新潟県のCさんのもとに、覚えのない名の差出人からの封書が届いた。中には「もう許してください」とだけ
書かれた便箋が一枚と、切断された人間の親指が入っていた。通報を受けた警察の調べによると、
親指は二年前に失踪した大阪の暴力団員のもので、その名前は差出人のそれと一致した。
だが、彼が一面識もないCさんに何を許して欲しかったのか。Cさん本人にすら解らない。

信じようと、信じまいと―



115:
本当にあった怖い名無し:2011/03/11(金) 20:23:59.42 ID:5BDft6Qr0
信じようと、信じまいと―

大正時代の医学書に、今で言う催眠療法で患者を死なせてしまった英国人医学博士の
談話が掲載されている。その中で博士はこう語っている。「患者の疾患の原因は明らかに
過労だった。だから私は彼に暗示をかけた。『これから一ヶ月の間は仕事から離れ、何もするな』と。
だが彼が息を吸ったり、心臓を動かすこともしなくなるとは思わなかったのだ」と。

信じようと、信じまいと―



116:
本当にあった怖い名無し:2011/03/11(金) 20:24:52.64 ID:5BDft6Qr0
信じようと、信じまいと―

ある冬の朝。埼玉県のM氏が家を出て、手袋をはめようとすると、
右手の方がどうもしっくりこない。見てみると、親指の位置が逆。左右間違って
はめていたらしいと付け直すが、今度は左手に違和感が。手袋をもう一度脱いだ
M氏は驚愕した。彼の両手は、どちらも左手になっていたのだ。

信じようと、信じまいと―



118:
本当にあった怖い名無し:2011/03/11(金) 20:26:42.00 ID:5BDft6Qr0
信じようと、信じまいと―

神戸のさる旧華族の別荘には、気紛れな階段があるという。一階と二階を結ぶ
鉄製の螺旋階段がそれなのだが、一階から目をつぶって上ると、その時によって
二階に到達する段数が変わるというのだ。早いときは一段で二階に着くことも
あるというが、目を開けない限りいつまで経っても辿り着かないときもあるらしい。

信じようと、信じまいと―



126:
本当にあった怖い名無し:2011/03/12(土) 16:47:35.63 ID:hHh1if+60
信じようと、信じまいと―

予知能力はいろんな形で現れるが夢もそのひとつである。
名古屋のお寺の住職、伴光男さん(仮名)は今まで夢で数々の予言を
的中させている。ただひとつ彼の予言には欠陥がある。
予言の日時と実際に起こる日時に一ヶ月の差があるのだ。



136:
本当にあった怖い名無し:2011/03/28(月) 17:42:26.35 ID:Ow4m0GiW0
信じようと、信じまいと―

過去の出来事がどういうわけかある場所に”記録されて”しまうことがあるらしい。第二次大戦中
合衆国第381爆撃部隊は英リッジウェルの米軍基地に駐留していた。この飛行場はとうの昔に
使われなくなっているが地元住民はこれまで何度も照明や走り回る航空兵の姿を目撃しているし
ジープや飛行機のエンジン音を聞いたことがあると主張している。



144:
本当にあった怖い名無し:2011/03/31(木) 22:55:02.91 ID:NgDI8mb80
信じようと、信じまいと―

ゲーテは日記に次のような体験を記している。ドルーゼンハイムの小路を馬に乗って
進んでいたとき馬に乗った自分自身が反対方向からやってきた。その人物は金色をちりばめた
ゲーテの着た覚えのない服を着ていた。それから八年後ふと気づくと同じ小路を馬に乗って
進んでいた。そしてその時彼が着ていたのは八年前に見た服であることに気がついた。



145:
本当にあった怖い名無し:2011/04/01(金) 22:53:15.95 ID:qDLSCJJU0
信じようと、信じまいと―

女性パイロットのエリザベス・ジョイナーは度重なる危機を乗り越え生還している。
彼女によると自分は常にある存在によって見守られ保護されているという。
その存在はいつもとなりに座っているから副操縦士と考えており、危機に瀕したときは
見えない手が実際に操縦桿を操り安全なところへ導いてくれるのだという。

信じようと、信じまいと―



186:
本当にあった怖い名無し:2011/05/09(月) 21:45:18.73 ID:GAVTh4+X0
信じようと、信じまいと―

1936年12月イギリスのある女学校で目撃された幽霊は一風かわっている。
校庭の隅に一人の修道女が椅子もないのに座った姿勢でいるのだ。
校長が近づいてみるとその映像は立体的でくっきりしていることが確かめられた。
かってそこにあったベンチか椅子に座っているのが記録されたのだろう。

信じようと、信じまいと―



192:
本当にあった怖い名無し:2011/05/14(土) 17:57:50.18 ID:rcEtYQdw0
信じようと、信じまいと――

早期教育、脳障害等によらない天才は、きっかり75年に一度しか生まれない。
先の「天才」は1つの言語を1月で極めたといわれる。
今の「天才」は日本にいて、まだ知られていない。
次に「天才」が生まれるのは2064年と言うことになる。

信じようと、信じまいと――



208:
本当にあった怖い名無し:2011/05/24(火) 16:50:52.35 ID:mB/oJu9p0
信じようと、信じまいと―

2004年、T県のある町で一台の乗用車が走行中に事故を起こし運転手は死亡した。
死亡したのは老人だった。しかしこの老人の免許証は若い男の顔写真が写っていた。
不審に思った警察が捜査した結果、死亡した老人と免許証の若い男は同一人物だった。
尚、この男の車から「タイムマシンについて」という論文が見つかっている。

信じようと、信じまいと―



219:
本当にあった怖い名無し:2011/06/01(水) 22:25:08.47 ID:vNhKfQcF0
信じようと、信じまいと――

サウスカロライナには、「入れ替わりつつある兄弟」がいるという。
ある日を境に、食べ物の嗜好、性格、能力、さらには記憶まで、徐々に
兄の性質が弟に、弟の性質が兄に移っているそうだ。それを知った兄の妻は
とりあえず離婚した。入れ替わりが完了するのを見計らって弟と再婚するらしい。



220:
本当にあった怖い名無し:2011/06/01(水) 22:28:46.31 ID:vNhKfQcF0
信じようと、信じまいと――

ネバダ州のさる富豪が、その死の間際かつて自身が犯した罪を家族に告白した。
彼は若い頃、旅先で知り合ったベイカーという金持ちを殺し、奪った金を元に今の地位を築いたというのだ。
富豪の死後に遺族が調べた結果、彼が言ったとおりの殺人事件が起きていたことが警察に記録されていた。
ただ、記録によれば「ベイカー」が殺されたのは二百年以上前のことだった。



223:
本当にあった怖い名無し:2011/06/01(水) 22:43:58.80 ID:vNhKfQcF0
信じようと、信じまいと――

ニュージャージーに「穴を描く画家」がいた。写実画家として地元では名の通った
男だったが、ある日、急に仕事場の床を黒く塗り始め、それから数年を掛けて
巨大な「穴」の絵を描き上げたという。絵の完成直後、この画家は失踪したが、
仕事場を訪れた誰もが、「彼はこの穴に落ちたに違いない」と言ったという。



229:
本当にあった怖い名無し:2011/06/03(金) 21:07:52.12 ID:0fAGk2jK0
信じようと、信じまいと――

2002年11月25日、群馬県北部の村で山の中に船が発見された。
明らかな漁船であるそれは、一部が植物に貫かれているにも関わらず
水槽では魚が泳いでいた。それを発見者が気味悪がり地面に捨てると
大きな悲鳴を上げて息絶え、魚が動かなくなると漁船は忽然と姿を消したと言われている

信じようと、信じまいと――



232:
本当にあった怖い名無し:2011/06/04(土) 19:09:08.23 ID:2RCTjRHF0
信じようと、信じまいと―

ある旧家に泥棒が入った。宝物庫から盗まれたのは、何点かの掛け軸と刀一振り。
家主は、掛け軸はともかく、刀は刃部分は錆びてボロボロで、見かけも傷だらけ。
価値は無い筈なのにと、不思議に思った。しかし数日後、その刀と共に全部戻って来る。
その盗品と一緒に、書置きも残されていた。「どうか追いかけさせないでください。」

信じようと、信じまいと―



233:
本当にあった怖い名無し:2011/06/05(日) 19:21:22.56 ID:eBZdKeaP0
信じようと、信じまいと―

ある県のコンクリ製人形は、動かない首が動き、昼夜で向きが変わるという。
これを確め様と、若者グループがその人形を見に行ったが、結局動く事は無かった。
ただの噂だと思った彼らだったが、その後、夜になると視線を感じる様になる。
視線を感じる場所を皆でたどると、そこはあの人形のある場所だった。

信じようと、信じまいと―



279:
本当にあった怖い名無し:2011/06/10(金) 17:14:50.71 ID:D2DUiJ7H0
信じようと、信じまいと――

千葉県の某高校には、「悪魔の尻尾」と書かれたラベルが張られた標本ビンがある。
細長く、片方の先端が鋭く尖った矢印のようになった物体が入れられているそのビンは、
一緒に置かれているビンと違い、ホルマリンは入れられていない。
採集日が10年前の日付となっているその標本は、今でもまったく劣化することなく、その形を保っている。

信じようと、信じまいと――



351:
本当にあった怖い名無し:2011/06/16(木) 23:52:26.19 ID:4Vcjfpe+0
信じようと、信じまいと―

1986年夏、和歌山県のある漁師町の浜辺に、300匹ほどのサメが打ち上げられた。
大量死したサメがたまたま打ち上げられたものと思われたが、一部のサメは生きているものもいた。
しかしどのサメもヒレが欠損しており、海に戻してもすぐに死んでしまうものばかりだった。
見つかったサメのヒレは、もれなく鋭利な刃物のようなもので切り取られていたという。

信じようと、信じまいと―



367:
本当にあった怖い名無し:2011/06/17(金) 14:06:33.69 ID:EZ9vxZ1o0
信じようと、信じまいと―

鹿児島のある地域では夏の夜になると発砲音が聞こえるらしい
花火とは違う乾いた音が小一時間続くのだという
ところで、日本書紀にこの地域に住む氏族のはなしがある
彼らは爆発する長い筒を持って朝廷に敵対し、ある日森の奥に消えていったのだという

信じようと、信じまいと―


369:
本当にあった怖い名無し:2011/06/17(金) 22:02:35.48 ID:TRiKkuzZ0
信じようと、信じまいと―

1946年11月マコーネル中尉は英国スカルプトンを飛び発ち百キロ先のキャスターを目指したが
濃霧のため目的地の手前で墜落し死亡した。死亡時刻は腕時計が止まっていた午後3時頃と推測された。
だがスカルプトンでは友人のラーキン少尉がその時刻にマコーネル中尉と会っているのだ。ラーキン少尉が
「もう帰ってきたのか」と聞くと笑いながらいつもの口調で「ああ、いい旅だったぜ」と答え消えたという。



380:
本当にあった怖い名無し:2011/06/18(土) 21:21:56.74 ID:gdL8y6gH0
信じようと、信じまいと―

ボニー・クライトンは1970年当時、女性兵士としてベトナムで戦っていた。彼女によれば同僚たちと
テレビを見ていると画面が暗くなってジャングルの映像に変わった。その真ん中に映し出されたのは
射殺されて横たわっている婚約者だった。彼女は頭の中にあなたの恋人は死んだという声をはっきり
聞いたという。その一週間後ボニーは彼女が映像を見た時刻に恋人が戦死したことを知らされた。

信じようと、信じまいと―



388:
340:2011/06/19(日) 02:01:33.15 ID:qcVY8nKs0
信じようと、信じまいと――

健忘症というものをご存知だろうか?
原因はいろいろあるが、都合の悪いことを忘れるためにおこることが多い
17世紀半ば、ロシアのチェルマシンニャー村で全員の記憶が一週間消えてしまった。
どんな出来事がおこってしまったのだろう。



390:
本当にあった怖い名無し:2011/06/19(日) 08:23:47.63 ID:p+oVS/Bc0
信じようと、信じまいと――

人は言葉を吐くときに試されている
嘘をつこうとするとき喉が詰まり、汚く罵ろうとするとき眉間に皺が寄る
喉も眉間も鍛えることができない人間の急所であり、
嘘や罵倒は自分で自分を傷つける行為なのだ

信じようと、信じまいと――



440:
本当にあった怖い名無し:2011/06/22(水) 11:08:34.07 ID:Shq/SmeP0
信じようと信じまいとー

ナチスのヒトラーがオカルトに大変な興味を持っていた、というのは有名な話だが
その同盟国の日本でもオカルトを戦争に利用したというふしがある
戦況が悪くなった日本は「呪術」によりアメリカ大統領を暗殺しようとしたというのだ
しかし大統領の呪殺は成就しなかった、ただ同時期にヒトラーが自殺したが呪術との因果関係は不明である

信じようと信じまいとー



454:
本当にあった怖い名無し:2011/06/23(木) 12:42:33.17 ID:xedp4aLZ0
信じようと、信じまいと―

1994年、東京で行われた学会での出来事だ。ある学者は恐竜の絶滅に関するある説を
説き、余にも内容が荒唐無稽だったため教授の座をおろされた。その説は、恐竜は種の
保存に本能的に危機感を感じ全て一瞬に「別の次元」に避難してしまったと言うものだった。
この空想だと思われる説は、実は絶対的に少なすぎる化石の説明に説得力を持たせている。

信じようと、信じまいと―



465:
本当にあった怖い名無し:2011/06/25(土) 08:01:30.87 ID:G0cMuWgt0
信じようと、信じまいと―

デンキウナギやデンキナマズは特殊な筋肉で電気を発生させるが
人間の中にも極稀に似たような性質を持つ子供が生まれるという。
しかし、先進国ではその体質ゆえに生後まもなく医療機器に異常をきたしてしまう。
そして医者がその誤った情報をもとに「適切な処置」を施し、殺してしまうのだ。

信じようと、信じまいと―



481:
本当にあった怖い名無し:2011/06/26(日) 21:14:03.56 ID:rstdl8/k0
信じようと、信じまいと――

バブル全盛期、関西地方のある小学校でたあいもないチキンレースが流行った。
上を向いて目を閉じ、直立したまま朝礼台から飛び降りるというものだが
目をつぶった状態では着地するまでの一瞬が恐ろしく長く感じられ
事実、未だに降りてきていない奴もいる。



489:
本当にあった怖い名無し:2011/06/27(月) 22:05:55.35 ID:Oi2XS6640
信じようと、信じまいと―

ニューオーリンズには、「幽霊が出る」として有名なジャズクラブがある。
元はといえば、経営不振に悩んだクラブ経営者が話題作りのために創作したほら話なのだが
待ってました!とばかりに現れた、夢破れて世を去ったかつてのジャズマンたちが
夜な夜な現れては下手な演奏を繰り広げ、経営者の悩みを増やしているという。

信じようと、信じまいと―



503:
本当にあった怖い名無し:2011/07/08(金) 21:45:27.09 ID:LR/o7Xm60
信じようと、信じまいと―

島根県の71才の女性が和服を着ようとしたところ胸に痛みを覚えたので洋服に
着替えなおして外出した。 3時間後、女性は左胸の激痛を訴えて病院に運ばれた。
検査の結果、心臓付近に長さ約4cmの縫い針が刺さっているのが見つかった。
結局、女性はこれがもとで亡くなってしまった。

信じようと、信じまいと―



510:
本当にあった怖い名無し:2011/07/12(火) 17:08:20.31 ID:5wfuxZ+y0
信じようと、信じまいと―

日本では空からおたまじゃくしが降ってきて話題になっているが空からの降下物現象は
古今東西世界各地で起こっている。古くは紀元200年ギリシャでカエルが記録されている。
1983年にはイギリス、サセックス州でカニが大量に降ってきた。1965年9月には
フロリダ州ジャックビルの街路が明らかに空から降ってきたゴルフボールで埋まった。

信じようと、信じまいと―


【閲覧注意】鳥肌が立つほど怖い話『い゛れでぇぇ・・・』『巨頭オ』

【閲覧注意】一番凄かったイジメの手口

【ネタバレあり】後味の悪い話・小説

これが伝説のチュパカブラか!?テキサスで話題となっている未確認生物

ニュー速民に騙されて買ってしまった物