1:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/02(金) 20:59:44.71 ID:q9nb4nTg0
講義じゃないかも
死ぬことに対しての恐怖はけっこう消えると思う

でも死ぬなよ
人数がいたら囲うと思う
※途中から議論になっていきます
死


4: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/02(金) 21:00:52.64 ID:q9nb4nTg0
というかその前におまいらは死ぬことに対してどう思っているのか

聞きたい



5:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/02(金) 21:01:15.56 ID:mM/1MCRD0
うるせえデブ



7:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/02(金) 21:01:32.46 ID:57+pAvTI0
調子のんなやデブ



8:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/02(金) 21:01:36.15 ID:VKhgISUY0
数人いたら書くんじゃなくて書かないと人数は増えないよ



10:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/02(金) 21:01:57.58 ID:Rr44QKhH0
ブヒフヒうるせえぞ



11:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/02(金) 21:02:08.08 ID:q9nb4nTg0
おおおおおおおwwwwwwwwwwwwwww
増えてきたwwwwwwwwwwww
デブじゃねーよwwwwww
書くかなwww



13:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/02(金) 21:02:33.79 ID:q9nb4nTg0
とりあえず死んだら人間どうなるか

たぶん生まれ変わる



14:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/02(金) 21:02:37.51 ID:ptxPNLVj0
死んだらおわり



16:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/02(金) 21:02:54.00 ID:q9nb4nTg0
ほぼ90パーセントで生まれ変わる。



19:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/02(金) 21:03:30.89 ID:NEqkzII60
>>16
なんで?



20:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/02(金) 21:03:32.22 ID:q9nb4nTg0
それとここに死ぬことが怖いってやつはいるかな



21:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/02(金) 21:03:36.42 ID:Mw8HdijX0
お前は生まれ変わっても豚だろ



22:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/02(金) 21:03:39.24 ID:JXzT0XHI0
生まれ変わるwwwwwww



25:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/02(金) 21:04:03.53 ID:q9nb4nTg0
なぜ生まれ変わると思うかは、あとで説明するわ



28:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/02(金) 21:04:55.94 ID:q9nb4nTg0
死に対して恐れる必要は全くない

哲学者で自殺したやつは非常に少ない

数学者とか作家は多いけれどもな

哲学者はマジで少ない



35:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/02(金) 21:06:24.86 ID:/OErcadB0
>>28
ニーチェって狂って自殺しなかった?



222:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/02(金) 21:57:52.89 ID:KE6EqBYY0
どうでもいいけど>>28を統計もなしに言うなバカ



224:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/02(金) 21:58:40.06 ID:q9nb4nTg0
>>222
いちお一般的に有名な哲学者だけを抽出して言ってる



29:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/02(金) 21:05:12.30 ID:sKGxBIlY0
死んだ事もねえ奴が死について講義とかwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww

ウケルwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww



38:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/02(金) 21:07:01.87 ID:q9nb4nTg0
じゃあなぜ人間が死んだら生まれ変わるのか

について俺の見解を話していこうと思う

そしてこれは、なぜ人間は死後を絶対に知ることができないかについても
含めている。



40:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/02(金) 21:08:01.51 ID:q9nb4nTg0
ニーチェは自殺してないよ
精神的に狂ってから妹の介護を受けながら生きた。
それでも彼はたくさんの著書を残していったからね。
彼の本を読めば、絶対に自殺という選択はなかったと知ることができるよ



45:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/02(金) 21:13:13.54 ID:q9nb4nTg0
人間は死ぬことが怖くて生きている。
逆に生まれ変われると知っていれば、
今の現状がひどければ、自殺して絶対に生まれ変わるはずだ。
しかし、人間は死後、生まれ変われるかどうかについてわからない。
よって人間は死ぬことが怖くてただ生きるしかない。

そう、生まれ変われると知っていれば、自殺者が増える
=自分の現状が悪くなればすぐに自殺の選択をするようになる。

おそらく神ってやつは、このことをよく把握して
俺たちに生まれ変われるかどうかを不明にしたんだ。

生まれ変われると知っていれば、おまいらは
今の現状を嘆いていつか自殺するだろう?
でもそれが不明なんだからただ生きるしかない。

だから俺は、神ってやつは自殺者が増えないように、
生まれ変われるかどうかを不明にしたと思うんだ



46:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/02(金) 21:13:38.32 ID:muuHwtWf0
本気で生まれ変わり信じてるやつなんているのかよ
どういう思考回路でそうなるんだ?



47:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/02(金) 21:14:23.59 ID:q9nb4nTg0
ただ本当に生まれ変われるかどうかについては、
俺も死んだことがないからわからない。



50:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/02(金) 21:15:30.37 ID:q9nb4nTg0
ただ90パーセントは確実に生まれ変わると信じている。
それが人間かどうかはわからない。
つぎは、魚かもしれないし、ライオンかもしれない。

でもそれぞれの動物の楽しさというものもあるだろう。
ライオンにとっての楽しさ、魚にとっての楽しさ、人間にとってのたのしさ



56:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/02(金) 21:17:53.66 ID:NEqkzII60
>>50
90パーセントって、その変な自信はなんなの?
どこに根拠があるの?

生まれ変わっても今の俺の記憶残ってないなら
意味ないじゃん。別人だよそれは



74:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/02(金) 21:21:26.60 ID:q9nb4nTg0
>>56
そんなのわかったら大変だよwwwwwwwwwwww
まあ別人といってもいいね。

もしかしたら今の俺たちも生まれ変わりなのかもしれない



52:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/02(金) 21:17:01.35 ID:9mX15pcD0
そもそも生まれ変わりって仏教、ひいてはインドあたりの概念だから
日本では死ねば祖先の霊・カミとなって永久に子孫を見守る
キリスト教だと神の国に言って最後の審判を待つ

生まれ変わりがデフォだと思ってる時点でまったく宗教を学んでないことがわかる



57:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/02(金) 21:18:14.74 ID:q9nb4nTg0
>>52
でも、それって実際に死んだことがないからそれが本当かどうかわからないんだよね。
宗教を学んでも、それは死んだことのないやつのただの妄言だからな

俺もそうだけれどもwwwwwwwww



63:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/02(金) 21:19:49.25 ID:9mX15pcD0
>>57
妄言じゃないよ
事実は事実としか認めないっていうのはむしろ科学教の範疇
語り継がれてきた歴史の重みは、科学者が出した結論より遥かに重みがある。



53:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/02(金) 21:17:05.02 ID:VJJh+2920
なんで神は自殺者増えないように気遣ったんだ?



62:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/02(金) 21:19:42.26 ID:q9nb4nTg0
>>53
それはわからない。
でもこの世界を作ったのは神ってやつらしいから、
その神が世界を作ったのに壊すというようなことはさすがにしないだろう

気遣わなければ1日に自殺者10万人とか余裕でありそうだ。
生まれ変われることを知っていれば



69:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/02(金) 21:20:24.70 ID:9mX15pcD0
>>62
お前の大好きな輪廻転生の概念の元になっているインドの宗教には
シヴァ神っていう破壊のための神が存在するよ



86:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/02(金) 21:23:44.50 ID:VJJh+2920
>>62
じゃあなんでみんな死ぬように造ったの?



91:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/02(金) 21:24:44.59 ID:q9nb4nTg0
>>86
それは考えてみろよ
200年も生きられるようになったら人口が爆発してしまうだろ
しかもそこまでいきたいとなんて思わない。
そこまで生きたらさすがに死にたくなってくるだろう
人間、死ぬときはやっぱり潔く死なないといけない。



99:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/02(金) 21:26:32.30 ID:Bl4xh9l20
>>91
老化と癌について勉強すると面白いかもしれないよ



103:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/02(金) 21:27:15.93 ID:9mX15pcD0
>>91
それも現代のお前の価値観でしかない
俺は出切るなら1000年でも10000年でも生きて人類の行き着く果てを見届けたいと思う
潔く死ぬ、なんて概念はそれこそ死後の世界がある人間の言葉だな
結局お前はどこの国の人間なのよ



55:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/02(金) 21:17:43.11 ID:nCDCtShx0
だいたい神を前提に哲学語るとかw



65:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/02(金) 21:19:58.26 ID:Lpbhkv860
前世の記憶を90%の人が持っているならば信じるが



67:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/02(金) 21:20:11.97 ID:eE53wqLc0
まぁでも人間って生き物は命の大切さに疎いよね
尊厳するくせに

とほかの動物は思ってるだろう



72:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/02(金) 21:20:35.74 ID:SwhKJ99V0
生まれ変わったら別人だから意味なくね?



76:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/02(金) 21:22:12.96 ID:eGFCs7YW0
俺は生まれ変わりなんか信じてないんだが、
どこかで前世の記憶とやらを持った人がいたよな?
それについて誰か詳しい奴いるか?



77:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/02(金) 21:22:35.21 ID:9mX15pcD0
>>76
大きな確率でただの妄想



88:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/02(金) 21:23:50.95 ID:eGFCs7YW0
>>77
やっぱそうだよな?
大体どこかの宗教じゃああるまいし、そんなのだれが信じるんだ馬鹿らしい
>>1はどこの宗教なんだ?



79:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/02(金) 21:22:54.52 ID:q9nb4nTg0
俺も神がいるとは思っていない

ただこの世界を作った奴をまあ神みたいにいちお呼んでる。



82:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/02(金) 21:23:36.17 ID:q9nb4nTg0
次は死ぬことに対して怖い人について、
言葉を送ろうと思う



84:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/02(金) 21:23:42.93 ID:V2KVmFpa0
神道やキリスト教の人格神じゃなくて、概念としての神ってのも多いから
単に神なんていないとか言ってる奴は感情的に無神論を支持してるだけだろうな



92:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/02(金) 21:24:55.71 ID:eGFCs7YW0
てかこれは>>1の妄想だよな?
それを講義にするとかあたらしく宗教開くつもりか?



93:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/02(金) 21:24:59.04 ID:9mX15pcD0
そもそも神が世界を作ったっていうのもキリスト教的な概念なんだけどな
日本の神話ではある時とつぜん天と地が分かれて
その後にはじめの神であるアメノミナカヌシが誕生した
日本のカミが作ったのは日本列島だけ

同じく仏教でもいわゆるカミは存在しない(しなかった)
仏さまは神の仏教版ってわけじゃなく、
あくまで輪廻の輪から抜け出したすごいヒトのこと
それがヒンドゥーとか中国神話とか日本神話とかと
混ざっていろいろカミっぽい存在になっちゃったけど



95:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/02(金) 21:25:23.68 ID:f/gTCmg70
ただのトンデモスレだった



98:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/02(金) 21:26:13.42 ID:q9nb4nTg0
そうこれはただの俺の妄想

教祖になりたいとなんてそんな馬鹿なことは思っていないわ
オウム真理教だって馬鹿馬鹿しいし。

ちなみに俺は無宗教

宗教は、死ぬことに対して怖い奴がすがればいいと思う



101:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/02(金) 21:26:43.46 ID:SF6lKhaT0
死んだらたんぱく質の塊ですよ



102:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/02(金) 21:27:15.83 ID:eGFCs7YW0
確かに、宇宙はいつできたんだろうとか、
そういうことを考えるとわけわかんなくなってくるなwwww
神が作ったとはおもえないが、じゃあ何だと聞かれても答えようがない



118:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/02(金) 21:31:41.61 ID:q9nb4nTg0
死ぬことに対して問う。

なせ一般的に、人間死んだら地獄にいくと思っているんだ?
人間はなぜそんな風に考えるんだ?

俺はソクラテスに出会ってから死というものに対しての恐怖がなくなった。

彼は言う。
「死んだらもしかしたらめちゃくちゃ気持ちいいかもしれねぇじゃんwwwwwwwww」
彼は、たぶんポジティブにとらえたんだろうな。

「やつらは死んだこともないのに、知っているふりをしている。
それに対して、俺は死ぬことについて知らないということを知っている。
その点で知ったかぶりのやつより優れているわwwwwwwwwwwww」

「俺は死についてしらない。だから死に対して恐れる必要はないのじゃwwwwwwwww
死んだら気持ちいいかもしれないしなwwwwwwwwwwww」

彼は言う。

人間はただ生きるのではなく、善く生きること。



139:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/02(金) 21:37:52.44 ID:NEqkzII60
>>118
え?
なんでそれで死がこわくなくなるの?
知らないから怖いんじゃん
死んだら気持ちいかもしれんなんて自分勝手な願望でしかない



147:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/02(金) 21:40:21.55 ID:q9nb4nTg0
>>139
知らないのになぜ怖いということが浮かぶのかがよくわからない。
知らないことに対して怖いもクソもない。ただ知らない。
それに尽きると思う。



154:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/02(金) 21:42:22.00 ID:f9Z2rR5vO
>>147
わからんもなんもないよ
怖いんだよ



159:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/02(金) 21:43:22.54 ID:q9nb4nTg0
>>154
それは死んだら地獄にいくかと思うから怖いんじゃないのか
そうじゃなかったら、死に対して怖いなんて思わないはずだ。



171:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/02(金) 21:46:56.16 ID:f9Z2rR5vO
>>159
地獄は信じてないが怖い
死ぬのが怖い
だから生きてるわけで



193:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/02(金) 21:52:09.43 ID:q9nb4nTg0
>>171
死を恐れている=死後を地獄だと思っている

俺たちは知らないことについては知らない といえないとダメだな。
ソクラテスはそういってる

俺自身、なんかなにをいっているのか
なんのかよくわからなくなってきたがwwwwwwwwwwww



225:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/02(金) 21:58:41.67 ID:f9Z2rR5vO
>>219
わからないことはわかってますが
わからないから怖いんで



228:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/02(金) 21:59:42.95 ID:q9nb4nTg0
>>225
怖い=わからないということをわかったふりをしている。
に帰着する



208:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/02(金) 21:55:06.23 ID:f9Z2rR5vO
>>193
未知の状態になるのが怖いんで



219:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/02(金) 21:57:06.71 ID:q9nb4nTg0
>>208
未知になるかもわからない。わからないことはわからない。



164:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/02(金) 21:44:19.21 ID:eE53wqLc0
>>147
わかりやすくいうと
真っ暗闇の中何も感じずにいつも通り歩けるかってことだろ
普通の人は怖いとか思うだろ



177:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/02(金) 21:48:19.54 ID:NEqkzII60
>>147
まったく知らない見たことない物体

何の疑いもなく食えるか?
持ってるだけでなにか感染するかもしれない
突然爆発するかもしれない

火を知らない原始人が初めて火を見たらビビるし
知らないってことは本質的に怖いもんだと思うけど
悪い方を想像して警戒することで不利益を回避したいから

ポジティブに考えて自殺してうっかり地獄に落ちたら取り返しがつかないじゃん
そういうことが1%でも可能性があるかもしれないんだから
自分勝手な解釈でポジティブに考えるのは危険すぎるだろ



119:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/02(金) 21:31:53.26 ID:9mX15pcD0
結局、>>1はどこの宗教にも詳しくないただの中学生の妄想を垂れ流しただけだった
宗教は歴史や地域の文化とと切り離しては考えられないから



123:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/02(金) 21:33:28.64 ID:q9nb4nTg0
宗教に知らなくてもいいじゃねぇかwwwwwwwwwwww

宗教について勉強すれば、死を知ることができるのか?
知ることができないだろ?

宗教厨はこれだから困るんだ。
宗教の危ないところは洗脳されるところだな。



131:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/02(金) 21:35:44.54 ID:9mX15pcD0
>>123
知らないものを語ろうとすると、
相手の反論に対してすら何を言ってるのかわからない
つまりこちらからは馬の耳に念仏でしかないが、
お前にとってはこちらの理屈はそもそも言っている意味がわからない

これを話が通じない状態という
いわば馬鹿の壁だな



126:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/02(金) 21:34:15.75 ID:q9nb4nTg0
だからこそ、ソクラテスは自ら毒杯を仰いで死ぬことができたと思うんだ。

まるで武士のようだな。



138:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/02(金) 21:37:13.45 ID:VJJh+2920
>>126
あれは悪法もまた法なのだから、それに背くことは善ではないって言って死んだんだろ
確かに死を恐れてはいなかったのかもしれないが、それが直接の理由ではない



128:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/02(金) 21:35:04.05 ID:gnf/2TF/0
俺は理系だから科学的証拠で証明されなきゃ信じることはできないね
宗教とか信じてる奴いるの?
どこかで、こんなの阿呆らしいと思ってるだろう?馬鹿なんじゃないかと思うね。



134:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/02(金) 21:36:40.33 ID:9mX15pcD0
>>128
いや、科学的(笑)だとかを信じてる奴の方がキモイわ
死をかけてテロ起こすイスラムよりずっとなに考えてるんだかわからない
馬鹿なんじゃないかと思うね。わりとマジで。



149:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/02(金) 21:41:17.73 ID:Bl4xh9l20
>>134
相手の言ってることがわからないってのはお互い様だね
俺もお前が理解できない



136:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/02(金) 21:36:58.71 ID:q9nb4nTg0
まあ死を感じることも大切だ。
死があるからこそ生を全うできる。
俺たちの背後には常に死神がいることを忘れてはいけない。
ハイデッガー風にいうと上記のようになるのかな?

東北の地震のときだって
「死ぬかと思った....人間はいつか死ぬんだ....
俺も変わらなければ....今まで何をやっていたんだ」
って思った奴がいたにちがいない。

人間そうやって死を感じて初めて、命の大切さを知ることができると思うんだ



140:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/02(金) 21:38:45.88 ID:CbKPiaXbO
MEMENTO MORI!
Holbein-death
メメント・モリ
ラテン語で「自分が(いつか)必ず死ぬことを忘れるな」という意味の警句である。
「死を記憶せよ」などと訳される。芸術作品のモチーフとして広く使われ、
「自分が死すべきものである」ということを人々に思い起こさせるために使われた。

http://ja.wikipedia.org/wiki/メメント・モリ



145:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/02(金) 21:40:02.79 ID:51nMRUi1i
>>140
死を思え、だっけ?



296:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/02(金) 22:13:57.56 ID:CbKPiaXbO
>>145
遅レスだがその通り
古代ローマにおいて凱旋門式を挙行した将軍は
元老院に凱旋報告をすることになっており
その際元老院が開かれている会堂の入口横に男を立たせ
将軍が会堂に入るまさにそのときにMEMENTO MORI!と叫ぶ役目をこの男が負う。
凱旋式をあげた将軍に対して、栄光に影のように付きまとう死を覚えさせることで
将軍が驕りに身を任せぬよう、一種の警句として発せられる。



142:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/02(金) 21:39:11.98 ID:muuHwtWf0
科学が万能とも絶対とも思わないけどあの世や輪廻があるって考えより、
それで終わりって考えのほうがずっと信じやすいけどなー
人間だってただの動物だし物質だし化学変化の繰り返しに過ぎないんだから



146:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/02(金) 21:40:12.43 ID:nCDCtShx0
生まれ変わるかどうかというのは、
普通、今の自分の意識の連続性を問題にしているけど、
それはないだろうな。

自分を構成してる物質が
他の動植物に取り入れられるといういみなら、
別に死ななくても、日々の排泄物を介して
どんどん生まれ変わってるよな。



148:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/02(金) 21:40:32.29 ID:HVHqATC60
「生まれ変わりはない」という可能性も100%否定できないんだろ?

それどころかよく聞く臨死体験とは逆に
死んだ瞬間から意識は真っ暗な闇に吸い込まれて
その死の瞬間に味わった苦痛を永遠に感じ続けながら
真っ暗な闇をさまよい続ける可能性もあるわけだよね?
そう考えたら死ぬの怖くね?



150:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/02(金) 21:41:27.15 ID:q9nb4nTg0
教祖になんか絶対になりたくねぇよwwwwwwwww
あいつらはただ信者の金を搾取しているだけだろjkwwwwwwwww
というか教祖になれるくらいの知識がない。



157:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/02(金) 21:43:03.32 ID:HVHqATC60
>>1って中学生?高校生?どっちなの?



158:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/02(金) 21:43:16.71 ID:V2KVmFpa0
死後の世界について妄想してる時点で愚かだっつの!
そんなの誰にもわからない上に、どーでもいいんだよ!
例えどんな状況に置かれたとしても、死後の世界が無だったとしても、
苦しんで地獄行きだったとしても、人間がやることは代わりはしない
自らの意志をまっとうすることのみ!
恐怖に怯えることも、楽観的に生きることも、まったく的を得ていない
考えることを間違えている!自分の人生について本気で取り組むならな



166:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/02(金) 21:44:48.92 ID:q9nb4nTg0
>>158
でも今ここにいるやつで俺も含めて、
全うできているやつがいるか? いないだろ?
たしかに自分の人生を全うに生きている奴にとって、死なんて馬鹿馬鹿しい話だ


ちなみに俺は大学生っす



162:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/02(金) 21:43:43.32 ID:ANSXJNLM0
この自分が死んだあと、自分の存在というかその後の事を知れない。
無へと帰るってのが意味わからんし怖い。
宇宙が出来る前は無ってのも意味わからん。
もし宇宙が出来る前、空間が白いろだったら、
空間と白というものが存在して無じゃないし。
しかも無という存在(?)があって無じゃないし。



187:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/02(金) 21:51:03.69 ID:V2KVmFpa0
>>179
論破する必要性を感じない



195:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/02(金) 21:52:15.54 ID:ANSXJNLM0
>>187
いや、無って例えば、どんな事かなって



211:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/02(金) 21:55:12.31 ID:muuHwtWf0
>>179
昔読んだ小説
もしこの世がパソコンの中のシュミレーションなら、
この世ができる前の「無」の状態は電源が入ってない状態って考えればしっくりくる



218:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/02(金) 21:57:05.29 ID:gnf/2TF/0
>>211
あんまりしっくりこないな。
じゃあそのパソコンは誰が発明したのか?
部品はどうやって出来たのか?
とか思わないのか?



239:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/02(金) 22:02:22.25 ID:muuHwtWf0
>>218
その小説だとシュミレーションした側も別の何かに
作られた世界でその世界も…って話だった
そういう世界観も面白いと思う
simyu
http://ja.wikipedia.org/wiki/シミュレーション仮説



254:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/02(金) 22:05:22.12 ID:gnf/2TF/0
>>239
成る程。因みになんていう本?



315:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/02(金) 22:18:59.95 ID:muuHwtWf0
>>254
そのまんま「ループ」って本だ
貞子とか出てくるリングの続編の続編ね



323:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/02(金) 22:20:59.76 ID:9mX15pcD0
>>315
あれ面白かった
「到底起こり得ないと思われる現象は、
なんらかの意思が働いていると考えたほうが自然」っていう言葉が耳に残ってる
これで考えると世界はいろんな元素が交じり合ったり偶然できたものというよりは
何者かが創造したってほうが説得力あるな



263:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/02(金) 22:07:07.16 ID:ANSXJNLM0
>>239
無限ループってやっぱ怖いな



169:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/02(金) 21:45:52.06 ID:Y4bLwEhW0
でもさ
もし生まれ変わったとしても俺の意識は消えるわけだから
結局別の人間になっちゃうんじゃねーの

そういうのが怖い



178:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/02(金) 21:48:21.22 ID:q9nb4nTg0
>>169
意識は消えたほうがいいだろ
死刑になったやつが死んで生まれ変わってからも、
自分が人を殺したということが意識にあったらそれはもう精神的に病むだろ


記憶は消されたほうがいいな。
もしかしたら俺はヒトラーだったのかもしれないし、ネロ帝だったのかもしれない。
でももし俺がヒトラーだったという記憶があったのならばそれはもう病むね



207:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/02(金) 21:54:32.65 ID:ARIGA/HX0
ほんとにさ、生命って天井から垂れた雫が
地面に落ちるまでの過程みたいな気がするね



231:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/02(金) 22:00:40.53 ID:W3MKqkvyO
死後は未知じゃなくて既知だよ。
何も残らないの見てるでしょ?
意識は脳にあるんだよ。



238:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/02(金) 22:02:21.64 ID:gnf/2TF/0
>>231
俺もそう思う。
どうして生まれ変わるという風に考えれるのか教えていただきたいもんだね。



233:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/02(金) 22:01:00.98 ID:9mX15pcD0
まあ、科学者様の「講義」よりも
神話を読むほうが圧倒的に面白いのは間違いない
それだけでカミを信じる十分な理由になる



249:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/02(金) 22:04:06.67 ID:w/EjX53OO
>>233
神話には何の根拠もないんだよ?



255:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/02(金) 22:05:38.32 ID:9mX15pcD0
>>249
根拠なんて無粋な考えかたは無意味
長く語り継がれてきた、っていうこの一点において
現代科学者の並べた記号載られるよりよっぽど信憑性がある



281:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/02(金) 22:10:45.73 ID:w/EjX53OO
>>255
お前にこの言葉を送るよ。
「宗教は泉と同じだ。源は綺麗だが、そこから離れれば離れるほど汚くなる」
わかるか?長い間語り継がれていく間に話が
改変されていって全く根拠のないデタラメになっていくんだよ。
伝言ゲームとか特にそうだろ。



294:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/02(金) 22:12:54.43 ID:9mX15pcD0
>>281
改変=デタラメ化じゃないよ
その時代に合ったように変化して、それが現代に残る文化になる
現代では細かく再分化した仏教徒に対して
スッタニパータ以外は信じるななんて言えないでしょ
変化もまた歴史の作り出した重みの一つ



236:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/02(金) 22:01:28.60 ID:q9nb4nTg0
ニーチェの思想も悪くはないと思うが、
あれは無理すぎだよな~

ただポジティブに考えるということだけ禿同



256:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/02(金) 22:06:14.72 ID:eaN51n6K0
死んだ後は「無」になると言う奴がよくいるが、
本当の「無」が「有る」と思っているのか?
「無」が「有った」ら「無」とは言えないんじゃないか?



285:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/02(金) 22:11:33.92 ID:W3MKqkvyO
>>256
そうじゃない。
意識は脳が作り出してんだよ。
脳が無くなって、何で意識が残るんだよ。



311:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/02(金) 22:17:49.92 ID:eaN51n6K0
>>285
意識は脳が「作り出して」いると本当に思う?俺だって分からないよ。
ただ、所謂「霊体」はその意識なんじゃないかって思えるんだよ。
ニュートリノのように見えないものだけどね。



330:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/02(金) 22:22:46.27 ID:NEqkzII60
>>311
少なくとも生きてるうちは、意識は脳の物理的な作用に依存してる
脳が物理的に損傷すればまともに喋れなくなるし

でもクオリアだっけ?あれはなんで感じてるのか分からんね。



362:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/02(金) 22:32:20.10 ID:eaN51n6K0
>>330
クオリアについては俺もわからん...
まぁ生きているうちは脳に意識がある説が有力だとは思うよ。問題は死んだ後だね。



382:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/02(金) 22:37:41.70 ID:NEqkzII60
>>362
物理的には、脳自体が活動どころか存在しなくなるし
認知症で死んだ人や、赤ちゃんのまま死んだら
その意識レベルで死後の世界いくとか理不尽だなとか考えると
死後の意識はなさそうな気はする。
まあ、今知覚できることがすべてじゃないからなんともね



406:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/02(金) 22:46:07.71 ID:eaN51n6K0
>>382
確かに俺もそう思ってた。
でも、今こんなにも思い巡らすこの意識があるかどうかもわからない
「無」になるとは到底思えないんだ、思いたくもないしね。
だから死後の世界を本気で信じてる。完全に自分勝手な意見だけどね...



411:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/02(金) 22:47:44.60 ID:qZMRSJ2c0
>>406
全然関係ないかも知れんがナルトとかの影分身って怖いと感じたりしない?
意識ってなんなのかなっていつも思うんだが俺は



424:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/02(金) 22:52:12.36 ID:eaN51n6K0
>>411
影分身か...俺は人形が嫌だな。
「意識を持ってるもの」の形をしているのにそこに意識は無い。
これが気持ち悪い所以だと思うよ。



445:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/02(金) 22:58:05.80 ID:qZMRSJ2c0
>>424
うーん、人形の不気味さはそれはそうなんだが
ナルトは自分の分身とケンカしたことあるんだよ
どっちも自分をナルトだと思っていて・・・コワイコワイ



261:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/02(金) 22:07:03.01 ID:CK2DLR4P0
死ぬのが怖いのは、人間が後世に種を残す為に死から遠ざかる様に進化したから
恐怖に近づくと脳内麻薬を分泌させるように進化したから
死んだ後には怖いなんて思う脳がないから全く恐怖は無いし
退屈だと思う脳が無いから全くつまらなくもない
空間認識する脳が無いからただ無いだけ、怖がることは無いよ



262:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/02(金) 22:07:04.06 ID:fE5T6yWxO
科学にしろ宗教にしろ何かを盲信してるやつって気持ち悪いよな



273:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/02(金) 22:08:37.56 ID:Bl4xh9l20
>>262
俺の中ではこれが結論



266:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/02(金) 22:07:50.21 ID:q9nb4nTg0
なかなかみんな興味深いな



268:
忍法帖【Lv=36,xxxPT】 :2011/12/02(金) 22:08:17.65 ID:DEl1Gn8r0
人間にとって死はなんの意味も持たない。

なぜなら我々が生きている間は死んでいないのだし、
死が訪れた時はすでに自分は存在していない。



280:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/02(金) 22:10:26.95 ID:q9nb4nTg0
>>268
誰かの言葉にそんなのあったな.....



270:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/02(金) 22:08:32.73 ID:xe/LDo+20
死んだら地獄に行くと思いこんでるから恐怖するんじゃなくって、
死んだらどうなるか分からないから恐怖するんだろ
未知ってのは恐怖、たとえばお化けは正体が分からないからこそ恐怖する
お化けがなんなのか証明されたら恐怖しないだろ?

人が死の恐怖を克服するには、死後どうなるか分かるようになるしかない



896:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/03(土) 02:29:06.19 ID:lJe1jVtcO
途中までしか読んでないけど>>270が一番納得した



287:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/02(金) 22:11:58.86 ID:qZMRSJ2c0
とりあえず>>1の講義ではなくなっている件について



290:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/02(金) 22:12:26.96 ID:r02ihSgl0
我思うゆえに我あり

輪廻転生されようと自分が自覚できなければ
存在しないのと同じなの



303:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/02(金) 22:15:48.12 ID:qZMRSJ2c0
とりあえず死について考えた時、生物の生きる意味について疑問が出てくるよね
だって生物が生きていて何の意味があるの? 誰に何の得があるの?
そういう思考実験してたらユタとかその辺に行き着いたことがあるわ



319:
忍法帖【Lv=36,xxxPT】 :2011/12/02(金) 22:20:10.59 ID:DEl1Gn8r0
てかさ、神って昔の人が自然災害や
人の生き死にを合理化する為に創り出した偶像だろ?

それが実在するなんておこがましいとはおもわない?



331:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/02(金) 22:22:54.19 ID:aCWOFGVb0
神はいると思う
だけどその神とは人が自然などのものを崇める
気持ちそのものであって、全知全能というより人が作ったものだと思う。
最近のなんでも科学、科学ってい社会では神そのものが薄れていってしまっていると思う。



332:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/02(金) 22:23:00.02 ID:TIgnNNSr0
サイエンティストと宗教家の意見を両立させると
神が宇宙創って地球に生命できたのは偶然ってことにならね?
ビックバンは説明されてないけど生命の誕生は説明済みなんだからさ



343:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/02(金) 22:26:08.39 ID:osnRIiix0
>>332
いや、創造神を想定する宗教と、科学を両立させるならば、
神は世界を科学の道筋によって、世界の全てを顕在化した
が正しい



352:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/02(金) 22:29:37.22 ID:TIgnNNSr0
>>343
でも宇宙広すぎて人間だけの都合で動いてるようには思えないじゃん?
ものすごく遠い所とか別に無くてもいいじゃん?



357:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/02(金) 22:31:09.02 ID:9mX15pcD0
>>352
こっちはあまり専門分野じゃないから詳しく語れないけど
なにか哲学者の言葉に「世の中は人間が存在するから存在する」
みたいな言葉があった気がする

つまり宇宙の向こうとかは観測できないところは存在しない
観測できるようになったらその時にその空間が誕生する、みたいな
この理屈も俺は好きだね



361:
忍法帖【Lv=36,xxxPT】 :2011/12/02(金) 22:32:13.24 ID:DEl1Gn8r0
>>357
似たような理論に人の死角は無というのがあったな。



370:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/02(金) 22:34:05.91 ID:9mX15pcD0
>>361
シュレディンガーの猫とかか
ああいう哲学的な科学は俺も好きだ
なんにせよ興味持てるものを第一と想いたい
Schrodingers_cat
http://ja.wikipedia.org/wiki/シュレーディンガーの猫



337:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/02(金) 22:24:51.18 ID:jFLUAerKI
家畜に神はいない



340:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/02(金) 22:25:30.98 ID:qZMRSJ2c0
>>337
ディリータ「!!」



346:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/02(金) 22:26:52.42 ID:9mX15pcD0
実際、アメリカは国民の半数以上がガチで神を信じてるらしいからな



349:
忍法帖【Lv=36,xxxPT】 :2011/12/02(金) 22:28:36.24 ID:DEl1Gn8r0
>>346
同じ数の人がエイリアンを信じている。



353:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/02(金) 22:29:45.40 ID:9mX15pcD0
ところで>>1はまだいるの?



354:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/02(金) 22:30:21.52 ID:laZAbOpU0
死~ん



356:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/02(金) 22:31:04.11 ID:nCDCtShx0
だいたい、神の定義もきめずに、
宗教だの科学だの哲学だのいってるやつしかいない時点で、
スレの程度が低すぎる。



358:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/02(金) 22:31:55.13 ID:9mX15pcD0
>>356
神の定義なんて決められるものじゃないよ
だって現存する宗教によって考え方がまるで違うんだから



366:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/02(金) 22:32:51.41 ID:osnRIiix0
>>358
そこは、キリスト教的な形而上学の歴史に寄ると良いかもしれない



365:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/02(金) 22:32:38.50 ID:XupOA5DF0
死後の世界は信じてないんだが
なんで仏教にもキリスト教にもイスラム教にも死後の世界があって
天国地獄に相当するものがそれぞれ存在するのかが疑問でたまらん



372:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/02(金) 22:35:18.43 ID:osnRIiix0
>>365
イスラムとキリスト教は同根だから、おかしくはない
問題は、宗教以前の神話レベルでの死後の世界
世界中、どの場所でも、死後の『世界』を想定する神話は山ほどある



377:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/02(金) 22:37:09.73 ID:qZMRSJ2c0
>>372
それだけ死というものの存在が人間にとって重要だったのかな
穿った見方をすれば現世をないがしろにしないための道徳的な教えを正当化するためとか



385:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/02(金) 22:38:49.93 ID:9mX15pcD0
>>365
神道は仏教と習合してるから誤解されやすいが
いわゆる天国に相当する神の国は存在しない
神が住む高天原という世界はあるけど、死後に人間がそこに行くわけじゃない

死んだ人間はまたカミになって祖先を見守ったり、
神社に祭られ際限なく増え続けたりするよ
いちおう地獄に相当する世界は黄泉の国とか根の国とかいっぱいあるけど
地獄的に悪い子とした人間を罰するための世界ではないな



379:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/02(金) 22:37:20.39 ID:bbnZna2iO
いわゆる「ぼけ」って症状は死の恐怖をなくすためにあるって聞いたことある



394:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/02(金) 22:41:46.71 ID:TpJSs03R0
だから生も死も大した意味が無いとあれほど



395:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/02(金) 22:42:06.80 ID:9mX15pcD0
>>394
カヲル君乙



402:
1:2011/12/02(金) 22:45:06.52 ID:q9nb4nTg0
めしくってきたった



407:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/02(金) 22:46:58.79 ID:TpJSs03R0
>>402
一通り読んだけどお前の講義しょうもなさすぎて笑ったww



408:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/02(金) 22:47:24.74 ID:q9nb4nTg0
>>407
だろjkwww



426:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/02(金) 22:52:46.59 ID:Bef/GwC80
哲学の話だから仕方ないのかもしれないが、
>>1の言ってることにはなんの根拠もなく、
いかにも文系が書いた内容
読んでいてイライラしかしなかった。

おわり



430:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/02(金) 22:54:08.27 ID:9mX15pcD0
>>426
文系馬鹿にするな
極めれば面白い物語を書けるし
その中に理系じゃ説明できない説得力を生み出せる



440:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/02(金) 22:57:08.57 ID:NEqkzII60
>>426
まあ別に>>1みたいな人がいてもいいとは思うけど
ハーバードの教授みたいなスレタイであれはないと思った



451:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/02(金) 23:00:46.91 ID:zQDL65U/0
途方もない程デカイ宇宙に比べたら
俺の一生は一瞬で意味がない様に思えるけど

生物の進化が止まないのは種としての大きな意志みたいなものがある様に思うんだわ



469:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/02(金) 23:10:20.81 ID:PC+nAFLpO
お前ら…ジャンケレヴィッチくらい読んでから出直せ



482:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/02(金) 23:15:58.73 ID:PC+nAFLpO
>>469
死とは不可避、非実体的であり思惟を含めた人間の総体を絶滅させる。



513:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/02(金) 23:24:34.85 ID:VJJh+2920
>>482
むしろこのスレの流れを読んで話をするなら、
一人称の死と三人称の死からの死が中心になってるから、
二人称の死について考えてみようぜ、とか言うべきだと思うの



516:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/02(金) 23:26:09.56 ID:muuHwtWf0
>>513
なにそれ面白そう



543:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/02(金) 23:38:41.67 ID:VJJh+2920
>>516
一人称の死っていうのは基本的に経験できないでしょ?
死んでる時には生きてないから
三人称の死っていうのは、例えば自分の知らないどっかの誰かが死んでも、
単なる一つの出来事になっちゃったりするわけで、実感のわかない死でしかないと
でも、自分に身近な「あなた」の死ってのは「私」が経験できる上に、
単なる一つの出来事じゃなくて、もうなんとも言えないような死になっちゃうわけで、
ここに死の神秘性があるんだって話。
『死とはなにか』っていう本は対談形式だから読みやすいですよ



562:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/02(金) 23:48:55.50 ID:muuHwtWf0
>>543
なるほどね。面白いわ
ちょっと読んでみようかな



471:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/02(金) 23:10:55.72 ID:vYQX0c0d0
一個人の意見だけど
俺は死ぬのは怖いね
死んだら地獄とか楽園とか死後のことじゃなくて。
怖いっていうのは、この世から消えるのが怖いってこと
この世界からしたら『死』って無じゃん?
俺は未練いっぱいあるし、
この先自身に降りかかってくるであろう『可能性』を手放したくない



475:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/02(金) 23:12:16.00 ID:KIgktAZj0
論点がよく分からんスレだな
懐疑論者を説得させるスレか?



479:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/02(金) 23:13:54.68 ID:NEqkzII60
>>475
基本は「死んだらどうなるか」が論点じゃない?



489:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/02(金) 23:18:31.76 ID:KIgktAZj0
>>479
サンクス。しかし論点がそれだとしたらズレすぎだろう。
科学至上主義(とその他)と科学懐疑主義の争いにしか見えない。



512:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/02(金) 23:23:19.28 ID:NEqkzII60
>>489
死について考える時
結局、誰も分からないものを議論するんだから

宗教的に神とかを前提に語るのか
科学的に脳が生み出す意識とかの作用を語るのか

決して避けて通れない議論ではあると思うよ
うだうだ「自分は死についてこう思う」だけ発表しても進まない



490:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/02(金) 23:19:08.39 ID:Hbf6IXyy0
ある瞬間の人間を完コピ、死んだ後にそのまま作ったら、生き返った事になるのか



504:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/02(金) 23:22:03.62 ID:Bl4xh9l20
>>490
スワンプマンってそんな話だったよね?
俺どこで知ったんだっけ
ある男が沼にハイキングに出かける。この男は不運にも沼のそばで、
突然 雷に打たれて死んでしまう。その時、もうひとつ別の雷が、すぐそばに落ちる。
なんという偶然か、この落雷は沼の汚泥に化学反応を引き起こし、
死んだ男と全く同一形状の生成物を生み出してしまう。


この落雷によって生まれた新しい存在のことを、スワンプマン(沼男)と言う。
スワンプマンは原子レベルで、死んだ瞬間の男と同一の構造をしており、見かけも全く同一である。
もちろん脳の状態も完全なるコピーであることから、記憶も知識も全く同一であるように見える。
沼を後にしたスワンプマンは、スタスタと街に帰っていく。
そして死んだ男が住んでいた部屋のドアを開け、死んだ男の家族に電話をし、
死んだ男が読んでいた本の続きを読みながら、眠りにつく。
そして翌朝、死んだ男が通っていた職場へと出勤していく。

http://ja.wikipedia.org/wiki/スワンプマン



505:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/02(金) 23:22:13.07 ID:muuHwtWf0
>>490
主観的にはならない
客観的にはなる



539:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/02(金) 23:37:09.10 ID:9mX15pcD0
なんかいろいろ話し合ってたら死後が楽しみになってきたな
思いきってダイブトゥーブルーしてみるか



541:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/02(金) 23:37:55.42 ID:Bl4xh9l20
>>539
生きてるのは楽しい?



542:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/02(金) 23:38:27.64 ID:9mX15pcD0
>>541
正直楽しい



548:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/02(金) 23:41:05.37 ID:Bl4xh9l20
>>542
羨ましいな
俺は自分に「生きてるのは楽しい」って頑張って思いこませようとしてるよ



550:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/02(金) 23:42:24.92 ID:9mX15pcD0
>>548
まったく関係のない話だが
・未来に対する(漠然でもいいから)希望
・日々の楽しみ
のどちらかがあればヒトは生きて行けるらしいぞ



558:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/02(金) 23:46:35.14 ID:Bl4xh9l20
>>550
日々の楽しみでかろうじて生きてるよw
来週何曜日にあの子と遊ぶから今は生きよう、みたいな
今日みたいな何もない日は辛いね

スレチなのでこの辺でこの話はおわりで



572:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/02(金) 23:56:25.56 ID:Eu1ITv7C0
あのさ、脳の情報をHDDにコピー出来たとして
その人が脳死になった時、脳をHDDに差し替えて
その後、内臓も手足目なんかも悪くなったら交換出来るようになって
ハイブリッド人間になった時
そのハイブリッド人間がコンピューターを自在に操るとしたら
コンピューターも魂をもって心と感情を持つようになるもんかな



574:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/02(金) 23:57:36.58 ID:9mX15pcD0
>>572
ここまで宗教を擁護してきた俺だが、
その未来は一番理想とする未来だと思ってる
永遠に自分の意識が死なないっていうのは最高の理想

だから輪廻転生よりは「死んだらカミになって子孫を見守る」っていう
神道的考えがしっくり来る



605:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/03(土) 00:11:35.07 ID:4U4BqIvQ0
>>572と似た議論になるけど、
脳の一部を破壊してその部分を人工的に作ったC繊維で補う。
そのC繊維は破壊前と同じ働きをする。その場合、その人の人格は変わらない。
よって脳=精神である。



622:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/03(土) 00:17:19.04 ID:wUEtEHeB0
>>605
そうやって徐々に脳を人工物に置き換えていって
最終的に全部人工物になったら、元の人間は生きてると思う?死んでると思う?



778:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/03(土) 01:11:59.64 ID:SPdNAZI10
おまえら死を深刻に考えすぎなんじゃね
死ぬ時なんて毎日眠りにつくのと何も変わらないと思うぞ
ただ二度と目覚めないけどな



797:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/03(土) 01:30:01.07 ID:IrPb66Mq0
死ぬまでもなく、自分という存在は一瞬ごとに消えて無くなってるんだよ。
人は一貫した自分という存在があると信じてるけど、
それは記憶が作り出したただのフィクションだ。
生きるってことは、絶対に出会うことのできない
他者である未来の自分に記憶や経験を残してあげる、
愛のある行為なんじゃないかと思う。
世界が五分前にそっくりそのままの形で、すべての非実在の過去を住民が
「覚えていた」状態で突然出現した、という仮説に論理的不可能性はまったくない。
異なる時間に生じた出来事間には、いかなる論理的必然的な結びつきもない。

それゆえ、いま起こりつつあることや未来に起こるであろうことが、
世界は五分前に始まったという仮説を反駁することはまったくできない。
したがって、過去の知識と呼ばれている出来事は過去とは論理的に独立である。
そうした知識は、たとえ過去が存在しなかったとしても、理論的にはいまこうであるのと
同じであるような現在の内容へと完全に分析可能なのである

http://ja.wikipedia.org/wiki/世界五分前仮説



813:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/03(土) 01:42:34.22 ID:SPdNAZI10
色即是空こそ真理



821:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/03(土) 01:46:43.77 ID:SPdNAZI10
おまえら死後の世界に関してはすごい好奇心あるけど生前の世界には興味ねえの?



827:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/03(土) 01:49:46.08 ID:jnFIlUcbO
主観的に持つ死生観が重要なんじゃないの
武士とか古代ローマの勇士とかキリスト教殉教者とかの



902:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/03(土) 02:32:11.65 ID:jvpC1+Ka0
「死」が「何か分からないから」恐怖するんじゃなくて

ただ単に本能に 死は恐れるもの とインプットされてんだろ

腹減った→何か食いたい と同レベル



910:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/03(土) 02:37:38.01 ID:fEqmdc4u0
>>902
それはいざ死にそうって時に発揮される本能であって
(高い不安定な場所にいる時とか、銃口を向けられてる時とか)
普段は死にたいって思うことだってよくあるじゃん。

やっぱり分からないことへの怖さもあると思うけどな。



914:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/03(土) 02:40:46.16 ID:jvpC1+Ka0
>>910
ああ、たしかに。

「死」への恐怖はいろいろなものから生じているという事だな



936:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/03(土) 02:58:01.49 ID:IrPb66Mq0
火葬場で親族のホクホクした遺骨を箸で拾うと、死についての見方が変わるよね
ちょっと前まで一緒に住んでた人が今やこんな炭と骨に、って思うと、無常を感じる。



937:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/03(土) 02:59:18.22 ID:fEqmdc4u0
>>936
自分がそうなることを想像できない、こわい



940:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/03(土) 03:01:35.84 ID:8Bvpeukl0
墓とか仏壇とかって生きているもののためにあるかもな
たとえ自分が死んでもそれで消えてなくなってしまうわけではない
そう思えるだけでも生きるのが楽になるのかもな



941:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/03(土) 03:03:08.78 ID:ER0JCIPE0
死と人生は有体に言えば映画に似てる

それがいいものであればもっと見ていたい、ここで終わらせたくないと思う人もいるし
それまでの内容を思い返しながらいい映画だったと終わりを受け入れる人もいる


見るに堪えない駄作ならばすぐにでも劇場から退場しようとする人もいるだろうし
慣性で留まって終わった後にくだらないものだったと思い返す人もいる


終わらない映画があったとしたら見ているうちに飽きてしまって
いつ終わるのか、いつまで見ていればいいのかと考え始めて
楽しいはずの映画がどんどん苦痛に変わっていくだろう



943:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/03(土) 03:06:05.12 ID:8Bvpeukl0
>>941
なかなか的を射ている感じがする



953:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/03(土) 03:18:08.95 ID:UPyw50Ec0
>>941
たしかに人生つまらないと思うときは、死にたくなるし、
逆に人生楽しいってときは死にたくないって思うわ

なかなかいいなこれは



972:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/03(土) 03:32:37.28 ID:6L6SN/V10
未来は現在となってやってくるから気にすることがまずおかしい
そして死も現在となってやってくる
輪廻転生も死後もその時になりゃ分かる

死なんて考える前に動け
結局は筋肉が全て
だから死と生は考えず筋と肉を考えろ
今すぐ筋トレやれ
いじめられている君もッ!死にたいと考える君もッ!死って何だと考える君もッ!

筋肉つければ恐怖なんて消えるッ!
自信がつくッ!
世界が明るくなるッ!

つまり何が言いたいかというと何か一つの事に執着すりゃ怖いものなんてなくなる
それが科学であろうと宗教であろうとストーカーしてる相手だろうとラブ&ピースだろうと
全ての恐怖を克服する、ではなく恐怖を忘れるでしかないがそれでいいんだと思ってる

筋肉を考えてる間は他の事は頭の中には入らん
だから何でもいいから執着するものを持つといい
二次嫁だろうと幼女だろうと危ない何かだろうと

まあおすすめは筋肉だが
とりあえず筋肉つければ世界が変わるからやってみようぜ
筋肉を信仰しよう

筋肉は君と常に一緒だ
君の相棒であり君の父であり母であり兄弟であり嫁であり…そして…最高の友である



981:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/03(土) 03:35:59.96 ID:8Bvpeukl0
>>972
一つのことに執着する奴ほど老いや死を恐れると思うがな
きみは年老いてどんどん細くなる二の腕に絶望を感じずにいられるのか!!



985:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/03(土) 03:39:45.30 ID:6L6SN/V10
>>981
ふっ…
現在を見てればいいのだ
おいて細くなる二の腕もまた一興

筋肉は友だぞ?
最後まで見守るに決まってんだろ
忘れることが大切なのさ



987:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/03(土) 03:40:57.86 ID:GYtQsYC90
結論:死んだ者にしか分からない
「死んだ後はこうなる」
「いや違う!」どちらも明確な根拠ないよね
だって全部想像なんだし




1000
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/12/03(土) 03:55:25.61 ID:6L6SN/V10
筋肉つけろ
絶対に裏切らないから筋肉を信じろ


「死」についての講義をしようと思う 記事全文
http://logsoku.com/thread/hibari.2ch.net/news4vip/1322827184/

コメントの伸びてる議論スレ
韓流がなぜ"駄目"なのか、>>1が淡々と教えてやるスレ(1140突破
http://blog.livedoor.jp/nwknews/archives/3988108.html


【議論】お前ら死刑は反対? 賛成?(1100突破
http://blog.livedoor.jp/nwknews/archives/3872534.html

なぜ最も繁殖にむいている年齢の女子中学生とセックスしてはいけないのか(1000突破
http://blog.livedoor.jp/nwknews/archives/3845807.html


【男性閲覧注意】この男、頭悪いなーって思った瞬間(886)
http://blog.livedoor.jp/nwknews/archives/3785730.html

【徹底】霊はいる派vs霊はいない派【議論】(767)
http://blog.livedoor.jp/nwknews/archives/3871543.html

【道徳】近親相姦ってどうしていけないの?(675)
http://blog.livedoor.jp/nwknews/archives/3899095.html

【議論】他の男に処女を捧げた女と結婚する奴って頭おかしいんじゃないの?(647)
http://blog.livedoor.jp/nwknews/archives/3883660.html

宗教信じてる奴って馬鹿だねw神なんているわけないのに(556)
http://blog.livedoor.jp/nwknews/archives/3860554.html

【議論】どうして日本では『自分で考えない子ども』が育つのか(452)
http://blog.livedoor.jp/nwknews/archives/3940553.html

フジ出演の京大TPP反対派中野剛志先生が正論すぎワロタ 賛成派はこれに反論できるの?
http://blog.livedoor.jp/nwknews/archives/3992098.html

移民の何がいけないの?(384)
http://blog.livedoor.jp/nwknews/archives/3874406.html

「アポロは月に行ってない」これはガチだと思う。(380)
http://blog.livedoor.jp/nwknews/archives/3860909.html

【議論?】朝鮮人っていつまで日本にたかるの?戦後に生まれた朝鮮人は日本に何もされてないよね?
http://blog.livedoor.jp/nwknews/archives/4018158.html

【議論】日本のTPP参加、賛成or反対 どっち?(356)
http://blog.livedoor.jp/nwknews/archives/3977712.html

ドイツ人「日本人はエリート大学生でも議論ができない。主体性が無い。終わってるわこの国」(335)
http://blog.livedoor.jp/nwknews/archives/3935540.html

関心高まる「いじめ後遺症」大人になっても苦悩 対人関係が苦手に(331)
http://blog.livedoor.jp/nwknews/archives/3891972.html

汚い大人「頑張れば夢はかなう」←マジで死んでほしい 俺なら「夢は叶わない。足元を見ろ」って言うわ(344)
http://blog.livedoor.jp/nwknews/archives/3990658.html

日本人って何で異常なほど自国を貶すのが大好きなの?海外じゃ考えられないんだが・・・
http://blog.livedoor.jp/nwknews/archives/4011035.html

世界の悪魔、幽霊、モンスター系で最強ってなに?(307)
http://blog.livedoor.jp/nwknews/archives/3936126.html

ゲーム史上1番かっこいい剣って結局なんなんだよwww(305)
http://blog.livedoor.jp/nwknews/archives/3945071.html

おい、WW2で日本軍が勝つシナリオは無かったんですか?(302)
http://blog.livedoor.jp/nwknews/archives/3878810.html

どうして日本人は暴動一つ起こさないのか? 海外の人は呆れかえっている(286)
http://blog.livedoor.jp/nwknews/archives/3910945.html


日本の没落って底辺層を何とかしようとせずにただ嘲笑の対象とし続けてきたからだよね(284)
http://blog.livedoor.jp/nwknews/archives/3923696.html

【議論】日本のTPP参加、賛成or反対 どっち?(274)
http://blog.livedoor.jp/nwknews/archives/3977712.html

【議論】タバコ1箱700円に増税 賛成?反対?(268)
http://blog.livedoor.jp/nwknews/archives/3927150.html

麻生さんの政治哲学、報道されなかった舞台裏「危機をチャンスに変えろ」(238)
http://blog.livedoor.jp/nwknews/archives/4010281.html

イルカを食べたらダメという理由が、「かわいい」や「賢い動物だから」とか、おかしいだろ(227)
http://blog.livedoor.jp/nwknews/archives/4016067.html

正義を振りかざして戦って悪とやらを倒す主人公たちって結局悪だよね完全に(222)
http://blog.livedoor.jp/nwknews/archives/3905413.html

ドワンゴ夏野剛「日本人は議論が下手、すぐに議論上の意見とその人の人格を一体化したがる」
http://blog.livedoor.jp/nwknews/archives/3979026.html

お前ら、経済学を馬鹿にするけどミクロとマクロぐらい学んでから馬鹿にしてるんだろうな(187)
http://blog.livedoor.jp/nwknews/archives/4012820.html
まとめサイト速報+

ショボンあんてな(´・ω・`)

朝目新聞


鉄人倶楽部(IRONMAN・CLUB) エアロバー  IMC-40
カワセ(KAWASE)
売り上げランキング: 1393