山夜


24: 名無しさん@涙目です。(北海道神宮):2012/01/02(月) 01:17:21.07 ID:rUBnBYJf0
山で会った男に食料を分けてもらいなんとか下山できたが
それは死神との魂の取引だったという話

晦(つきこもり)っていうSFCの話だけど地味に怖かったな



26:
名無しさん@涙目です。(白山比咩神社):2012/01/02(月) 01:19:06.11 ID:uYJp1p7B0
飯降山




39:
名無しさん@涙目です。(菌神社):2012/01/02(月) 01:25:08.66 ID:sowH1yKC0
ラフレシアを求めて
http://syarecowa.moo.jp/147/4.html



45:
名無しさん@涙目です。(寒川神社):2012/01/02(月) 01:29:10.69 ID:eJd0qgMC0
>>39
こういう話好き。
無駄な脚色もなくて良い感じ。



49:
名無しさん@涙目です。(玉祖神社):2012/01/02(月) 01:34:31.51 ID:iYCzv9sv0
>>45
分かる
オチもそう大した事ない分、リアルな感じで良いね



71:
名無しさん@涙目です。(ポタラ宮):2012/01/02(月) 01:54:13.79 ID:3mz0PYKA0
縦走登山3日目の出来事。この日たどり着いたのは稜線に建つ避難小屋。
日も暮れかけているのでこの小屋に泊まる腹を決めた。
重い戸を開けると黄色い寝袋にくるまって先客が寝ている。

「こんばんは。」声をかけたが返事はない。相当疲れて寝込んでいるんだろう、
そう思った俺は早々に夕食を済ませ、先客の隣に並んで眠りについた。
翌朝、俺が小屋を出るときも寝袋は昨夜のままである。
「お先に・・・」と声をかけて避難小屋を後にし山を下りかけた。
途中まで来ると山岳救助隊らしき一団が登ってくる。俺は聞いてみた。

俺:「事故があったんですか?」
救:「ウン、昨日この先の岩場で滑落死亡事故があってね。これからその遺体を収容しに行くところだ」
俺:「遺体って、どこに?」
救:「あんたは昨日どこに泊まったの?」
俺:「この上の避難小屋ですけど」
救:「じゃ見てるはずだ。あそこに黄色い寝袋があっただろう?」



98:
名無しさん@涙目です。(明治神宮):2012/01/02(月) 02:31:22.31 ID:/Z9VEq1n0
>>71
滑落した遺体を誰が山小屋に置いたのか。



108:
名無しさん@涙目です。(川崎大師):2012/01/02(月) 02:51:57.56 ID:WylCbX7BO
>>98
怖いのはそこじゃねーだろwww



117:
名無しさん@涙目です。(川崎大社):2012/01/02(月) 02:59:08.93 ID:Fsy13yZUO
>>108
でも山好きだと死体と一晩とか普通なんじゃないの?



142:
名無しさん@涙目です。(川崎大師):2012/01/02(月) 03:22:24.33 ID:WylCbX7BO
>>117
救:「じゃ見てるはずだ。あそこに黄色い寝袋があっただろう?」

ここで話が終わりならば「君は死体の入った寝袋の横で寝てたんだよ」がオチでしょ。

死体と一晩が普通って言っても知らずに死体の横で寝てたってのは気持ち悪いと思う。



139:
名無しさん@涙目です。(氷川神社):2012/01/02(月) 03:19:11.54 ID:Ht+c51rK0
>>71
実際にあった話
避難小屋での死体発見顛末記
http://www.geocities.jp/yamazaki_hiroki2000/alpine-unbelievable.html#nenbutsu



252:
名無しさん@涙目です。(ポタラ宮):2012/01/02(月) 08:22:20.61 ID:CIFwTIh20
>>139
その亡くなっていた人と、その1,2週間前にその避難小屋で話をしたよ。
どういうルートを取る予定なのか、話が曖昧で不自然さがあった。
真新しいトレッキングシューズが印象に残っている。



74:
名無しさん@涙目です。(明治神宮):2012/01/02(月) 01:55:27.01 ID:ljcfVT2k0
学生時代に夏に京都に旅行に行った時、大文字やる嵐山だっけ?
割と低い山を夜中に友達と散歩がてら登っていたら

途中に小さい神社があってそこで女が太い木に藁人形を打っててギョッとした。

友達と息を潜めて覗いていたら
女がこっちを振り返って気づかれてしまって
こっちに近寄って来たので階段を3段飛ばして全力で逃げた。振り返ったら女が

履いていた靴かサンダルを脱ぎ捨てて裸足になって追いかけてきた。
旅館について部屋に戻って友達と布団をかぶって寝て、
朝起きたら旅館の廊下中に泥のついた女の足跡があって震えた。




79:
名無しさん@涙目です。(矢作神社):2012/01/02(月) 02:03:58.54 ID:a3ynUdKpO
うちの集落で語られてる話なんだが、
地元の山に神域と呼ばれる代々集落の自治長しか入れない場所があって、
選ばれた自治長は死ぬまで絶対その神域に
関する話を家族でさえもしてはいけないらしい

一説には、誰か重要な人物を匿ってるって噂があるが本当の事は自治長しか知らない
まぁその自治長も俺の知ってる限り二人自殺したけど



106:
名無しさん@涙目です。(川崎大師):2012/01/02(月) 02:47:19.69 ID:aQT/csoIO
>>79
つべこべ言わずに今からさっさと見てこい



128:
名無しさん@涙目です。(矢作神社):2012/01/02(月) 03:12:13.97 ID:a3ynUdKpO
>>106
死にたくないよ
お前が行けよ



353:
名無しさん@涙目です。(千葉神社):2012/01/03(火) 01:43:12.80 ID:nq/ejr4l0
>>79
うちの集落にも似たような場所がある
祭りの前日の夜中にその年に選ばれた3人が山の中まで神様迎えにいくんだが
各家の家長しかその場所を知らないし、他の人に教えては駄目らしい
迎えに行く姿を見るのも駄目らしいが、子供のころこっそり覗き見たのがばれて
ばあちゃんにめちゃくちゃ怒られた



357:
名無しさん@涙目です。(林檎神社):2012/01/03(火) 02:02:13.15 ID:7Pfyv5J10
>>353
どのへん?
神様はなんの神様っていっとた?



358:
名無しさん@涙目です。(千葉神社):2012/01/03(火) 02:09:21.29 ID:nq/ejr4l0
>>357
成田の方
秋ごろにやる豊作祈願の祭りの神様で、なんていう神様かまではわからない
祭りっていっても十数軒の家だけでやる小さい祭りなんだけどねw
帰りもその神様をそこまで送り届けるんだけど、
それも真夜中に誰もその姿を見たら駄目ってことになってる



359:
名無しさん@涙目です。(林檎神社):2012/01/03(火) 02:12:26.76 ID:7Pfyv5J10
>>358
なるほど
迫力あるね
その集落はいまでめ農家がおおいのかな?



360:
名無しさん@涙目です。(千葉神社):2012/01/03(火) 02:16:31.30 ID:nq/ejr4l0
>>359
農家が多いけど、うちは昔武士だったらしくて蔵に鎧とか刀が大量にあったらしい
戦時中ほとんどをお国に差し出して、残りは包丁や鉈にしちゃったらしいけどw



361:
名無しさん@涙目です。(千葉神社):2012/01/03(火) 02:17:31.07 ID:nq/ejr4l0
>>360追加
でもうちの集落ほとんど親戚分家ばっかりだから
みんな元々武士だったのかも?



366:
名無しさん@涙目です。(林檎神社):2012/01/03(火) 02:21:10.28 ID:7Pfyv5J10
>>361
なるほど
その集落は同族団なんだね
まさに草分けの本家なんだね



83:
名無しさん@涙目です。(孤音智切神社):2012/01/02(月) 02:05:32.21 ID:V/Bi8WGUO
1979年5月23日、長岡京市内にあるスーパーでパートをしていた主婦二人が、
仕事終了後、近くの山の竹林にワラビ採りに行ったまま消息不明となり、
2日後の25日、山頂付近で遺体となって発見された。


直接の死因は主婦A(当時43歳)が絞殺、主婦B(当時32歳)が刺殺。
二人のリュックには、それぞれ空の弁当箱、採ったワラビ、財布が入ったままであった。
検死の結果、死亡時刻はどちらも正午過ぎから二時半までと判明。

どちらも金を奪われた形跡はなかったが、主婦Aの衣服のポケットから

“オワレている たすけて下さい この男の人わるい人 ”

と鉛筆で走り書きをした、勤務先のスーパーのレシート(日付は事件当日より2日前)が発見される。
だが、どちらの荷物にも衣服のポケットにも、この鉛筆がなかった。
後日の捜索で、殺害現場から少し離れたところで芯の先端だけが見つかっているが、
鉛筆そのものは見つからなかった。


主婦Aは全身30箇所以上も殴打され、肋骨が折れて、肝臓が破裂しており、
主婦Bは全身50箇所以上も殴打され、包丁が体に突き刺さったままだった。

http://ja.wikipedia.org/wiki/長岡京殺人事件



107:
名無しさん@涙目です。(明治神宮):2012/01/02(月) 02:50:31.87 ID:CgNh+BqF0
>>83
これこえーわ
一番怖いのは生身の人間だよやっぱり



111:
名無しさん@涙目です。(寒川神社):2012/01/02(月) 02:54:09.75 ID:KoQQaSx80
>>83
111_1



304:
名無しさん@涙目です。(神棚):2012/01/02(月) 18:25:38.18 ID:dbmpYHJ30
>>111
この話は怖過ぎて忘れられない
未解決で犯人は生きてるかもしれないんだよな



89:
名無しさん@涙目です。(林檎神社):2012/01/02(月) 02:11:24.45 ID:mJOJ6OvXi
テン…ソウ……メツ…
は映像化したら絶対気持ち悪い
ヤマノケ
http://syarecowa.moo.jp/157-1/11.html




101:
名無しさん@涙目です。(近江神宮):2012/01/02(月) 02:37:59.95 ID:K/8txowW0
ここまで吉作落としなし!!ここまで吉作落としなーーーーーーーーし!!!!




327:
名無しさん@涙目です。(諏訪大社):2012/01/02(月) 21:34:29.15 ID:LbUt0DaQ0
>>101
これ誰がこの話を伝えたの?



103:
名無しさん@涙目です。(北海道神宮):2012/01/02(月) 02:41:44.25 ID:exZQFOVvP
SOS


これこわいわ
SOS遭難事件
http://ja.wikipedia.org/wiki/SOS遭難事件



167:
名無しさん@涙目です。(熱田神宮):2012/01/02(月) 03:59:12.81 ID:bvMvGHuY0
山と言うか山道の話だけど
サイトからそのまま引っ張ってきたんで言葉遣いとか変なのは勘弁ね

奈良県の大峰山地って近畿の屋根って呼ばれてる
それはそれは山奥の天川村と上北山村の境に行者還トンネルってのがある。

一応国道の309号線やねんけど車がすれ違い出来ない幅員の場所も多く酷道とか言われてる。
 

有名ちゃうけど一部ではここより怖いトンネルは無いんちゃう?と超1級心霊スポットと呼ぶ人もいる。
まあトンネル自体ではなく、上北山村の169号線から
309号線に分岐する辺りからトンネルにかけての話やけど…


このトンネルってか309号線は天川村側のトンネル出口から169号線の近くまで冬季通行止め。
以前は冬季通行止めじゃなかった。
凍結してスリップして崖から落ちた車が多数。

地元の人も避ける道。
でも169号線がよく大きな落石で通行止めになって
迂回路が309号線しかなく夜でも通らざるを得ないことも多い。


169号線から309号線に入ってしばらくすると崖の上をクネクネ縫うような登り道になる。
昼間は絶景だが夜は真っ暗闇で車のライトしか明かりはない。


168: 名無しさん@涙目です。(熱田神宮):2012/01/02(月) 03:59:54.05 ID:bvMvGHuY0
ビクビクしながら走ってると遠くだが山を下ってくる車のライトがチラッチラッと見える。
一本道だからしばらくするとすれ違うはずだが一向に対向車は来ない。

あれっ?おっかしいなあ…

と思いながら走っていく。
そして急なカーブを曲がって目に飛び込んできたのは…

崖から血を流した男性が路肩に這い上がってきた。
目が合ってしまった瞬間…

うわ!

男性の腕をひいてしまった。
車を止めて男性がいた場所に駆け寄る。

男性がいない。


169: 名無しさん@涙目です。(熱田神宮):2012/01/02(月) 04:00:07.97 ID:bvMvGHuY0
ひき逃げする気はないが山奥過ぎて携帯は圏外。交通量も夜間はゼロに等しい。
急いで里まで降りて警察に電話。警察官と一緒にまた現場に戻る。
しかし、あれだけ血を流していたにも関わらず血痕がない。

「ホンマにここ?」
まるで狂言扱い。

しかし数日後、警察から連絡があった。

「車が転落してました。ただ…死亡推定時期が半年ほど前なんです。ただ気になるのが…
腕の骨が折れてるんですが…亡くなってから折れたようなんですよ。
警察がこんなこと言うのおかしいですが見つけて欲しくて崖をよじ登ってきたのかも…」


生きた人間をひいたんじゃなかったらしい。



171:
名無しさん@涙目です。(川崎大師):2012/01/02(月) 04:06:01.90 ID:iwREcIDbO
山の牧場の真実をそろそろさっさと暴露してほしい




177:
名無しさん@涙目です。(北海道神宮):2012/01/02(月) 04:14:28.67 ID:O4Oj/Iij0
>>171
山の牧場の真相を暴く
http://iai1016.jugem.jp/?eid=789



203:
名無しさん@涙目です。(大麻比古神社):2012/01/02(月) 06:33:05.89 ID:EXSnsHhH0
怖くもないし因果も調べてない体験談
夜に山道走ってたら雪が路面に残ってたんで急きょチェーン巻く事に
一人が作業でも一人は懐中電灯で照らしてた
そしたら自分らの周囲回る感じでサクサクと雪踏む足音が
ビビりつつもやせ我慢で適当な世間話しつつ普通に帰った
山の怪異は徹底的に無視する。これ田舎者の常識



214:
名無しさん@涙目です。(鹿島神宮):2012/01/02(月) 06:51:45.11 ID:r54W2x0M0
>>203
>山の怪異は徹底的に無視する
なんか知らんが勉強になった気がする



237:
名無しさん@涙目です。(明治神宮):2012/01/02(月) 07:36:19.57 ID:VTDC1L3m0
昔のアウトドア板にあったこの話が怖い

「何だろう?」
トール・キーザーが思わず声に出し、テントの中で体を起こした。
「あれは何だったんだ?」
キーザーを含む1992年アメリカ=ロシア隊がK2の登頂を目指して
BC(ベースキャンプ)に到着したのはわずか数日前のことだった。

まだ夜中で辺りは暗く、BCの空気はいつになく静かで、キャンプ地の外れの岩場
を滴り落ちるせせらぎの様な音が聞こえるくらいだった。
だが、キーザーの聞いた音は何か違っていた、全く違っていた。
人の声だった。無線機で呼びかける声だった。
「キャンプ4からベースキャンプ、聞こえますか、どうぞ?」
何だ一体、また聞こえたぞ。
アドレナリンが駆け巡って、キーザーはテントから飛び出した。靴下だけの
足に石が冷たかった。辺りを見ると、同じ隊のスコット・フィッシャーも
テントから出て、立ち上がって辺りを見回していた。二人は目を見交わした。
二人とも何を耳にしたのか理解していた。
{続く}



239: 名無しさん@涙目です。(明治神宮):2012/01/02(月) 07:37:21.35 ID:VTDC1L3m0
{続き}

「ありゃ、一体何だったんだ? 山の上にはまだ誰もいない、そうだよな?」
「いる訳がない、一人も。」
フィッシャーが囁くような声で返した。
それっきりもう二度と聞こえなかった。だが、その声は一生、キーザーの頭に
残ることになる。
「キャンプ4からベースキャンプ、聞こえますか、どうぞ?」
女性の声だった。イギリス人の声だった。キーザーは、その声を今でも耳に
甦らせることができる。

  Jennifer Jordan著「K2 Savage Summit」第6章「黒い夏」の終焉より

「黒い夏」1986年夏にK2で起きた大量遭難事件。
この年27人のクライマーがK2に登頂したが、13人が遭難死した。
8月4日以降に7人のクライマーが第4キャンプで嵐が原因となって停滞を余儀なく
され、生きてBCへ降りられたのは2名だけだった。
その遭難者の中に第4キャンプで死亡したイギリス人女性が一人だけいた



264:
名無しさん@涙目です。(住吉大社):2012/01/02(月) 11:02:28.23 ID:pFBEtAZQ0
>>239
「K2 非情の頂」だな。
K2サミッターの女性達の人生を綴ったドキュメント本。
当時居た女性のK2サミッター(5人)の全員がK2下山中か、
別の山で遭難死している事から著者が取材を始めたらしい。
そのイギリス隊の女性も取り上げられてる。
オカルト本ではないので山岳本好きな人にはオススメ。



271:
名無しさん@涙目です。(孤音智切神社):2012/01/02(月) 13:49:33.88 ID:Aq9pcSAN0
外国の有名な登山家の話で
今までに経験した一番怖かった事ってのがあって、
それは山で蛇に噛まれた事ではない。
熊に襲われた事でもない。
私がこれまでの長い山生活で一番恐ろしかった事。

それは、誰も居ない入ってきようのないジャングルの奥深くにあった
巨大な岩の上に真っ赤なハイヒールが2つ、キレイに並べられていた事だ。



298:
名無しさん@涙目です。(ポタラ宮):2012/01/02(月) 17:56:23.19 ID:KOdlPjyu0
>>271
外人も靴揃えるんだな。外人は土足文化だから靴はいたままダイブしそう



302:
名無しさん@涙目です。(ポタラ宮):2012/01/02(月) 18:23:45.53 ID:VTQFCJqc0
>>298
土足文化だから、靴だけ残してるのが余計に怖かったんじゃね



323:
名無しさん@涙目です。(氷川神社):2012/01/02(月) 19:58:41.32 ID:r55PUrUm0
>>271
まずそんな所にハイヒールで行くのがすごいな



273:
名無しさん@涙目です。(菌神社):2012/01/02(月) 14:36:51.36 ID:v2QvUIeT0
5区現行歴代
1 1時間16分39秒 柏原竜二 東洋大 4年 88回(2012年)・区間賞
2 1時間17分08秒 柏原竜二 東洋大 2年 86回(2010年)・区間賞
3 1時間17分18秒 柏原竜二 東洋大 1年 85回(2009年)・区間賞
4 1時間17分53秒 柏原竜二 東洋大 3年 87回(2011年)・区間賞
5 1時間18分05秒 今井正人 順天堂 4年 83回(2007年)・区間賞



295:
名無しさん@涙目です。(霧島神宮):2012/01/02(月) 17:42:51.31 ID:PuaRnLz70
>>273
これが山の神か
化け物怖い



280:
名無しさん@涙目です。(射水神社):2012/01/02(月) 15:47:42.88 ID:pE7YTANg0
何年か前のNHKでやってたアタックザックの話が怖かった



282:
名無しさん@涙目です。(住吉大社):2012/01/02(月) 17:16:24.72 ID:pFBEtAZQ0
>>280
ここの人の話だな。
ほとんど見られなくなってるけど。
裏北アルプスの風(山の霊異記) ※リンク先背景注意
http://www.cam.hi-ho.ne.jp/junpei_s/kaidan-hyousi.htm



292:
忍法帖【Lv=40,xxxPT】 (天空神社):2012/01/02(月) 17:41:31.02 ID:aQT/csoI0
もう十何年前、天候悪くて山小屋の隣のテント場で
テントびしょ濡れになって次の日は仕方なく山小屋に泊まったんだ。


山小屋の横通ってテント場に行く途中に山道への分かれ道があって、
夜はそこは小屋の照明が当たっているんだけど、

テントに必要なものあって夜にそこを通ったときに
分かれ道の石に座って鼻歌歌っているおばさんが居た。


普通の登山のカッコしてるけど、おばさんが照らし出された明かりの先は真っ暗。
鼻歌も明るい曲調じゃないし、他に誰も居ない所だったし、目を合わせないように足早に後にしたは。

山小屋戻る時にはもう居なかった。

今でも地味に怖い。



333:
名無しさん@涙目です。(神棚):2012/01/02(月) 22:33:23.31 ID:pcEmvrWs0
>>292
怖いな



296:
名無しさん@涙目です。(熱田神宮):2012/01/02(月) 17:44:38.61 ID:86mmuavG0
トムラウシ山の遭難事件ってそういえば話題になったなあ
軽装のじいさんばあさんばっかだったっけたしか
9人も死んだんだな
あとで冬山でそんな軽装でいくなんて
自殺行為だって専門家がブチギレる番組いっぱいやったなw
http://ja.wikipedia.org/wiki/トムラウシ山遭難事故



306:
名無しさん@涙目です。(千葉神社):2012/01/02(月) 18:57:29.21 ID:I05gGK7K0
>>296
トムラウシで生き残った人の着ていた雨具はモンベル製品だったらしいね
モンベルにはいい宣伝になったなあ



309:
名無しさん@涙目です。(川崎大師):2012/01/02(月) 19:10:17.76 ID:YYaKEhzYO
>>306
へぇそうなんだ
自分アウトドアウェアのこと全然知らなくて、
でも兄がモンベル着てたから真似して着だしたんだけど、
あんまりタウンで着ないメーカーなの?
大学のとき着てたら、ワンゲル部?とか聞かれたことあるし



317:
名無しさん@涙目です。(千葉神社):2012/01/02(月) 19:37:33.89 ID:I05gGK7K0
>>309
ファッション性(色、カッティング等)は高くないから街ではあまり見ないなあ
ただ道具として機能と価格がつりあっていて山では寝袋、テント等多く見かける



315:
名無しさん@涙目です。(天空神社):2012/01/02(月) 19:21:28.01 ID:qi0/NrBP0
>>306
スポンサーにもなってるからだろうけど
片山右京が富士山で遭難して帰ってきた時も確かモンベル着てたな。



440:
名無しさん@涙目です。(住吉大社):2012/01/03(火) 08:59:05.22 ID:ieu2YOeQ0
>>315
遭難事故のときの右京は、下山の時はモンベルのロゴを見えないように隠して、
記者会見のときはモンベルを脱いでユニクロに着替えてたな。
スポンサーに迷惑をかけないプロ魂を見たw



300:
名無しさん@涙目です。(天空神社):2012/01/02(月) 18:00:59.47 ID:RZ3V49Zs0
柳田国男の本とか読んでると、
発狂した人が山に行って数十年経過して寂しいから山から降りてきて
発見された話とか、狩に行った人が山男に遭遇したとか書かれてるよね。
案外、田舎とかではこういう話は多いみたいだね。



311:
名無しさん@涙目です。(川崎大師):2012/01/02(月) 19:11:17.75 ID:YYaKEhzYO
>>300
サンカの話とかね
山の民はほんとにいるんだろうか



314:
名無しさん@涙目です。(氷川神社):2012/01/02(月) 19:19:14.59 ID:k7JDq7U3P
>>311
山窩はロマン
サンカ
http://ja.wikipedia.org/wiki/サンカ



322:
名無しさん@涙目です。(明治神宮):2012/01/02(月) 19:54:05.52 ID:OYHhlXzt0
>>314
戦後ちょっとくらいまではいたと聞いた



316:
名無しさん@涙目です。(一之宮貫前神社):2012/01/02(月) 19:21:45.11 ID:jJ9bqphG0
登山グループ遭難→救助ヘリ墜落(5名死亡)→取材記者遭難(2名死亡)
http://ja.wikipedia.org/wiki/埼玉県防災航空隊



318:
名無しさん@涙目です。(熱田神宮):2012/01/02(月) 19:39:26.58 ID:BYhZyobM0
谷川岳宙吊り遺体収容
http://ja.wikipedia.org/wiki/谷川岳宙吊り遺体収容

※遺体落下映像有り注意
http://www.youtube.com/watch?feature=player_detailpage&v=gZ3iccni_vU#t=275s



319:
名無しさん@涙目です。(千葉神社):2012/01/02(月) 19:43:44.73 ID:XODPFi3T0
厳密には山(山岳)の話ではないが、エロ本小屋。
何が怖いって、エロ本を切って捨てていた主よりも、
取材と称してHP作って晒した奴が怖い。結末を知るとなおさら。
エロ本小屋
http://www.geocities.jp/teamhaikyo/miwaku/ero/ero.htm



354:
名無しさん@涙目です。(明治神宮):2012/01/03(火) 01:53:42.81 ID:7yfaLwWV0
>>319
これ昔読んだな。
「彼」は追い詰められていたな。



379:
名無しさん@涙目です。(西本願寺):2012/01/03(火) 03:46:46.29 ID:YnNBUfgeO
地方の伝説とかローカルネタとか無い?

昔見たスレで興味を引いたのが、
日露戦争の時に北陸方面の部隊を列車で輸送してたら、
いわゆる遠野のお化け衆も一緒に大陸に連れて来ちゃって!?
日本人の兵隊と日本のお化け衆が一緒にロシア軍に立ち向かった(笑)
赤い兵隊とか死なない兵隊とか?
そんな話し無い?



384:
名無しさん@涙目です。(熱田神宮):2012/01/03(火) 04:04:43.97 ID:9qsL6+dT0
>>379
ロシア兵が日本兵の中には紅白の軍服を着てて
鉄砲で何回撃っても倒れないやつがいたって話しか



386:
名無しさん@涙目です。(西本願寺):2012/01/03(火) 04:07:04.11 ID:YnNBUfgeO
>>384
多分 それだと思います



385:
名無しさん@涙目です。(明治神宮):2012/01/03(火) 04:04:52.82 ID:mBUi6fHW0
稲川淳二 ビバークの学生




390:
名無しさん@涙目です。(明治神宮):2012/01/03(火) 04:13:13.23 ID:mBUi6fHW0
稲川淳二 鳥取の山小屋




392:
名無しさん@涙目です。(浦上天主堂):2012/01/03(火) 04:13:36.18 ID:QOjhvluVO
最近だとクレヨンしんちゃんの作者が山で亡くなったのが衝撃



398:
名無しさん@涙目です。(白山比咩神社):2012/01/03(火) 04:31:49.49 ID:er2l/3Tk0
日露だと四国のタヌキが出征だっけか。
太平洋戦争だと、鹿島神社からタケミカヅチまで出征して
しかも重傷を負って帰って来たなんて話もあるな。米軍強すぎだろ。

松谷みよ子「現代民話考」に詳しく書いてあるようだが
売ってるの見た事ない。



401:
名無しさん@涙目です。(住吉大社):2012/01/03(火) 05:04:34.77 ID:ec+NJLtW0
>>398
タケミカヅチが米軍とガチンコバトルして
重傷負って帰って来るとかかっこ悪くて泣けるな・・・
師団壊滅させたとか航空機落としまくったとか無いのか・・・



424:
名無しさん@涙目です。(川崎大師):2012/01/03(火) 06:32:15.51 ID:aZNI7mWNO
ニューギニアだかフィリピンの原住民の村の近くのジャングルから、
夜な夜な不気味な絶叫が聞こえるんで、
きっと悪魔の叫びに違いないと夜中に出歩けなくなってた話。

相談を受けた役人が一体どんな言葉が聞こえるのか聞いたら、
『イタイヨー、トツゲキ、バンザイ、シッカリシロ、カアサーン』っていう日本語だった。
戦後数十年も経過してるのに、日本兵の生き残りがいるわけないしでも、
一応付近の山を調べてみたら、誰も近づかない洞窟の中から大量の日本兵の遺骨が見つかった。




431:
名無しさん@涙目です。(氣比神宮):2012/01/03(火) 06:47:02.70 ID:XBzdcZfS0
145 名前: 避け地って 投稿日: 1999/12/16(木) 16:51
本当にあるよ
和歌山の山ん中、田辺市から熊野のほうにずっと入った所
親戚のばあちゃんから聞いた

140さんの書いたような理由で放置された部落があるって
いってた。戦後、町に出てきたその部落の人がいたそうだが
よってたかって殴り殺され、死体は焼かれたという事
田辺界隈の老人のあいだではタブーになってる話だ

今もその部落は残ってるが、やはり自給自足で
10世帯があるかないからしい(30年くらい前のうわさで)
電気もなにも無く、行くには国道から(和歌山の山深い国道は、舗装も
してない所多い)けもの道にはいり1000メートル級の山を越えなくては
いけないという事だ。このほかにも数ヶ所あるらしい

しってるかぎりでは、福井県敦賀市の山奥にもそれらしい村が
ある、そこは「部落民以外はこの奥入るな!」とかんばんが立っている
入らずに、入り口で車を止めてただけなのに
奥からあらわれた血走った目のおやじ数人に追い払われた


433: 名無しさん@涙目です。(氣比神宮):2012/01/03(火) 06:47:58.68 ID:XBzdcZfS0
157 名前: 名無しさん 投稿日: 1999/12/17(金) 19:14
福井の村はホント
敦賀から高速沿いの旧道を走って
杉津の手前から山の中に入る

「部落民以外は入るな」の看板もある
敦賀界隈の人は「あそこには近づくな」と
子供のころから教えられて育つ

住民台帳には載っているだろう、結構な数の
家もあるし、でもその部落には名前は無い



435:
名無しさん@涙目です。(西本願寺):2012/01/03(火) 07:06:06.05 ID:YnNBUfgeO
昔話し系だと狐の嫁入り行列を見ると
にわか雨に降られるとか言う地方があったり、
行列を最後まで見てると、あっち側に連れて行かれるから
下を向けやら目をつぶれとか言う地方もあるみたいだな



428: 名無しさん@涙目です。(伏見稲荷):2012/01/03(火) 06:40:30.81 ID:Z06+Rk5e0
八甲田山ってどういうふうに怖いの?
発行だ
遭難し、直立したまま仮死状態で発見された後藤房之助伍長の像

1902年(明治35年)1月に日本陸軍第8師団の歩兵第5連隊が八甲田山で冬季訓練中に遭難した事件。
訓練への参加者210名中199名が死亡する、日本の冬季軍訓練における
最も多くの死傷者が発生したことで記憶されている。
http://ja.wikipedia.org/wiki/八甲田雪中行軍遭難事件



429:
名無しさん@涙目です。(千葉神社):2012/01/03(火) 06:42:18.98 ID:rgVeI8LR0
>>428
怖いというか寒さと気力の限界で隊員が狂うところかな
超常現象的な怖さはない



430:
名無しさん@涙目です。(山寺):2012/01/03(火) 06:45:01.76 ID:s4R3dnfCO
>>428
昔からいわれはある山だけど、
それより近代でただの踏破訓練で二百人も死ぬとか異常だろ



441:名無しさん@涙目です。(神棚):2012/01/03(火) 09:47:42.54 ID:D4QmwSmj0
八甲田山で凍傷で手足無くなった人たちの記念写真が怖い。
http://livedoor.3.blogimg.jp/nwknews/imgs/a/e/aeff21ad.jpg



407: 1(千葉神社):2012/01/03(火) 06:04:02.78 ID:rgVeI8LR0
とある冬山で遭難した登山者が死体で見つかった時のこと。
捜索隊に加わっていた人から、こんな話を聞いたという。

遭難者はメモ帳に、死ぬ寸前まで日記をつけていたらしい。
日記の最後の方は飢えと寒さのためか、字が乱れていて読めたものではなかった。
しかし日記の最後に書かれた二行の文章だけは、はっきりと読むことができた。


408: 2(千葉神社):2012/01/03(火) 06:06:05.00 ID:rgVeI8LR0
 おとうさん おかあさん もうかえれません ごめんなさい
 たのまれたので かきました


まるで子供が書いたような下手な字で、平仮名だけが使われていた。
字は強い筆圧で書かれており、遭難者の書いた字体とは明らかに違っていた。
遺族にメモ帳を渡す時には、最後の一行は破りとったということだ。



410: 名無しさん@涙目です。(矢作神社):2012/01/03(火) 06:11:04.02 ID:j9AOz3RZO
>>407
ぜんぜん意味わからん
どこが怖いか解説頼む



416:
名無しさん@涙目です。(山寺):2012/01/03(火) 06:17:02.17 ID:s4R3dnfCO
>>410
大人が書いたはずの遺書なのに子どものような筆跡と、たのまれて書いたって一文
しかも本人と字体がまったく違うってとこだろ
つーか雪山で死ぬ前に書いたなら思考も鈍化してるし、
手もかじかんでとても平地のようには文字かけないけどな



417:
名無しさん@涙目です。(矢作神社):2012/01/03(火) 06:19:45.27 ID:j9AOz3RZO
>>416
thx!わかりやすかった

俺て読解力か想像力か思考力に難があるのか・・・・



442:
名無しさん@涙目です。(餡泥井戸神宮):2012/01/03(火) 10:00:15.80 ID:rroTQWXpP
>>407
なんかこの話が一番ゾクッとしたわ



【閲覧注意】最強に怖い話決定戦!2011年まとめ

日本にヤバイ集落とかヤバイ場所って存在すんの?

ジャスコが潰れた田舎ってどうなるの?商店街が復活すんの?

挑発した苛めっ子が鋭いバックスピンキックで返り討ちに。一撃ノックアウト。

異常な精度を誇る3ポイントシュート神動画。MikeMiller。