1:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/14(火) 00:12:01.46 ID:GxQVjK3j0
具体的にどういうところが優れてるの?
日本人が過大評価してるだけなんじゃないの?
日本刀


6: 以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/14(火) 00:13:37.64 ID:Lb2yNxj/0
三寸切り込めば人は死ぬ



7:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/14(火) 00:13:47.49 ID:+ielCw/u0
やわらかい鋼と硬い鋼をうんたら



30:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/14(火) 00:26:11.06 ID:uAVCKSRa0
>>7
そうそう独自の鍛鉄法により剛と柔のしなやかな強さを云々



9:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/14(火) 00:15:33.72 ID:QqDLdd880
シャムシールよりも切れ味がいい
人斬りカミソリ並み



10:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/14(火) 00:16:13.56 ID:uQCe/9MT0
軽さと強度と切れ味



12:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/14(火) 00:17:45.77 ID:mqGayo2V0




260:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/14(火) 02:05:26.71 ID:julkmy7r0
>>12
これ本当に日本刀か?



267:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/14(火) 02:06:41.45 ID:+sOZ0e1K0
>>260
アメリカのナイフメーカーが作った日本刀モドキ



13:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/14(火) 00:18:20.24 ID:49NZ4jbi0
薩英戦闘で英軍が刀に苦戦した
って本当?



18:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/14(火) 00:20:46.49 ID:TAq1mN1g0
>>13
戦闘民族薩摩人と他を一緒に考えたらいけないと思うぜ
あいつ等唯一砲弾当てた戦艦が旗艦だったりするし



15:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/14(火) 00:20:05.72 ID:5svlEp4dO
アメリカの番組でロングソードとサムライソードの勝負をした
プレートアーマーを着た人体模型を斬る実験
西洋長剣で斬ったらアーマーがへこんだが模型は無事
日本刀で斬ったらアーマー貫通して模型にでっかい傷が入った

Japanese Katana VS European Longsword



403:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/14(火) 03:23:37.79 ID:QGTKnM7d0
>>15
外国のドキュメンタリーでつかわれる日本刀って模擬刀くせーんだよな
トリビアでやってたウォーターカッターや対装甲車につかうような機関銃に七発耐える
くらいのが正しい製法できた日本刀じゃないと



404:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/14(火) 03:24:02.39 ID:wBD8Qi8v0
>>403
振り方も力任せだしな



20:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/14(火) 00:22:01.28 ID:BnvLbdam0
刃物という人殺しの道具を
芸術品と呼べるほど美しく造り上げた
その技術力と美意識の高さが世界中で評価された
殺すだけなら鉄の棒で殴れば充分事足りる



21:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/14(火) 00:22:08.74 ID:7Zf7YeQ5O
でも人の脂ですぐに斬れなくなるって聞いた



24:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/14(火) 00:23:41.68 ID:TAq1mN1g0
>>21
でも名刀クラスになると試し切りで6ツ胴とか7ツ胴とか普通に有るからな
まぁ切れ味は悪くなるだろうけど

日本刀は1本1本が手作りの鍛造品であり、名手とよばれる刀工の手によるものであっても
品質や性格には違いがあり、実用に堪えるものか装飾的美麗さに
とどまるものかは実際に試して見なければ分からない。


江戸時代以前には人体が試し切りの対象として用いられた。
戦国時代のルイス・フロイスの報告書においても、ヨーロッパにおいては動物を使って試し斬りを行うが、
日本人はそういうやり方を信用せず、必ず人体を用いて試し斬りを行っているという記述がある。


徳川幕府の命により刀剣を試し切りする御用を勤めて、
その際に罪人の死体を用いていた山田浅右衛門家等の例がある。
また大坂町奉行所などには「様者」(ためしのもの)という試し切りを任される役職があったことが知られている。
その試し切りの技術は「据物」(すえもの)と呼ばれ、俗には確かに忌み嫌われていた面もあるが、
武士として名誉のあることであった。


なお、その試し切りの際には、一度に胴体をいくつ斬り落とせるかが争われたりもした。
例えば3体の死体なら「三ツ胴」と称した。記録としては「七ツ胴」程度までは史実として残っている。
http://ja.wikipedia.org/wiki/試し斬り



44:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/14(火) 00:32:28.08 ID:M+gpSesH0
>>21
下手くそがろくでもない刀で切るとそうなる
上手く出来た刀だと油膜を切り裂いて刃と反対の方向に上手く流れる
鉄板を連続で切るなら刃こぼれするだろうけど
人体を数十回切ったくらいでは全く切れ味は変らないよ



29:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/14(火) 00:25:50.28 ID:exQG16Qa0
でも何人もは切れないんだろ?



38:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/14(火) 00:28:58.24 ID:TAq1mN1g0
>>29
試し切りで7ツ胴とか有るて言ってんじゃん
人の胴体を一刀両断できた数だからな
名刀クラスだと十人近くいける



32:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/14(火) 00:26:53.23 ID:JHtM6rwf0
何処の武器も戦場に合わせて上手いこと出来てるけどな



63:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/14(火) 00:42:57.52 ID:uyOtqm7R0
>>32だろ
中世ヨーロッパの戦場で日本刀振り回しても戦力にならないと思うぞ



34:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/14(火) 00:27:45.88 ID:vI12g5YeP
陣営がはっきり別れた集団戦では弓
集団での乱戦では槍
騎兵同士の戦いでは短弓と剣
甲冑を着込んでの一対一では短刀
これが最強




37:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/14(火) 00:28:41.83 ID:QqDLdd880
薪割りの刀や岩斬り、兜割なんていうのがやたら転がっている國
薩摩軍の一撃は受けた刀がそのまま額にめり込んで死んだとか
最初の一撃は何としても避けろ、
間違っても受けようと思うななどの教えがやたらあるレベル

示現流
幕末期、新撰組局長・近藤勇をして「薩摩者と勝負する時には初太刀を外せ」と言わしめたとされるのは、
示現流及びその分派(示現流、太刀流、薬丸自顕流など)を指している。
これらの薩摩剣術は初太刀での一撃必殺を旨としており、正面から初太刀を受けようとすると、
真剣でもへし折られ、もしくは折られなくとも刀ごと押し込まれて斬られる可能性が高く、
防御が困難なためである。


実際、幕末期に示現流と戦った武士の中には、
自分の刀の峰や鍔を頭に食い込ませて絶命した者がいた事は有名である。

http://ja.wikipedia.org/wiki/示現流



39:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/14(火) 00:30:03.95 ID:5JBgC4WU0
俺のイミージ
西洋の剣→金属バット
日本刀→カミソリ



46:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/14(火) 00:32:55.55 ID:X6Mxq3OD0
日本刀VSマシンガンっての前あったけど
日本刀頑丈すぎで笑えた

連射に耐えられず結局折れたけど、弾丸の方が何発も砕けてた




49:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/14(火) 00:33:34.17 ID:EhF9ypZ+0
日本刀は鉄兜だって割れるし、銃弾も余裕で真っ二つにできる
ブッ叩くしか能がない西洋の鉄の塊に遅れをとるはずがない

だが日本刀の弱点は他でもない、その鉄の塊だったりする



52:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/14(火) 00:36:49.75 ID:5svlEp4dO
>>49
かなり重いよな
ガチムチのアメリカ人が使うと丁度いいらしい



50:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/14(火) 00:35:06.23 ID:z56rS9s20
本来の日本刀は優れてると言えるけど
戦後の日本刀は製法が違うからふーんってのがよくある



55:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/14(火) 00:38:04.50 ID:XdFPjFq/0
細い人の腰を居合でスパッとやったら
血が出る前に切れちゃうって言ってた



56:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/14(火) 00:38:13.83 ID:TAq1mN1g0
西洋の武器は剣に限らずは鎧ごと叩き潰すて感じだよな



58:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/14(火) 00:39:40.03 ID:5svlEp4dO
剣道で小手が有効打になってるけど
日本刀ならあれで手首が吹っ飛ぶから違和感ないよね



60:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/14(火) 00:41:32.36 ID:eg466wNb0
>>58
なんで小手はあるのに膝とか足首とかないんだろうな



66:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/14(火) 00:43:15.73 ID:5svlEp4dO
>>60
昔は何でもあったらしい
死人や怪我人を防ぐために防具のない所は攻撃しないルールになった



71:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/14(火) 00:44:36.48 ID:eg466wNb0
>>66
昔はあったのか
でも膝とか足首とか打たれたら怪我はしそうだけど死ぬもん?



77:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/14(火) 00:46:57.06 ID:5svlEp4dO
>>71
首や胸への突きや後頭部の打撃が禁止になってる
死人出るからなー



75:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/14(火) 00:46:15.15 ID:TAq1mN1g0
>>60
江戸中期くらいに怪我人とか出ないように防具が出来て
明治以降競技化されて打つ所が決まったとかだった気がする

元々竹刀剣術は生身に竹刀で打ちまくったり
竹刀ブン投げて相手に殴りかかったり
柔術技かけたりみたいな何でもありだったらしいよ



78:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/14(火) 00:47:31.41 ID:eg466wNb0
>>75
こええ
練習中に普通に死ねるな



82:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/14(火) 00:48:33.28 ID:JHtM6rwf0
突きは年齢制限あったよな



86:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/14(火) 00:49:33.57 ID:TAq1mN1g0
突きは高校生から解禁じゃなかったっけ



96:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/14(火) 00:55:03.30 ID:k278+TO90
重い西洋剣で1回ちょっと斬る間に刀では3回斬れるって動画があったな



98:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/14(火) 00:55:38.94 ID:TAq1mN1g0
でも刀では西洋鎧を切れるかどうか
800px-MET_Armures



100:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/14(火) 00:57:43.94 ID:JHtM6rwf0
>>98
切れるような大振りなんてやってらんないから、槍で突いた方が早い



105:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/14(火) 01:03:12.89 ID:8CPEwwI20
>>98
プレートメイルは難しいだろう
やはりハンマーやピック、ランス持って騎乗突撃だな
それかメイルブレイカー



102:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/14(火) 00:59:33.89 ID:tkjwUFK2O
トリビアとかの検証番組で、拳銃(銃弾)vs日本刀(固定)とか
ゴルフボールとかvs日本刀(抜刀)やってたよな
あれ見た外人の反応が見たい






106:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/14(火) 01:03:29.19 ID:YMiSyYTE0
日本は「達人が使えば最強」の武器を作る。
欧米は「バカでもそれなりに使いこなせる」武器を作る。

零戦にも微妙に通じるよね



107:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/14(火) 01:04:48.38 ID:i4/gs3Jf0
>>106
楽器も似たような傾向があると聞いたことがある



108:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/14(火) 01:05:15.50 ID:8CPEwwI20
日本は愚直なまでにひたすら質を求めた
一方西洋は量に程々の質を上乗せした



111:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/14(火) 01:06:58.69 ID:XdFPjFq/0
ウォーターカッターvs日本刀もなかったけ

記憶違いかな




116:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/14(火) 01:09:40.20 ID:TAq1mN1g0
>>111
あった
確か傷一つつかなかった
その前に試しでやった包丁は真っ二つだったけど



113:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/14(火) 01:07:14.69 ID:cp6V5Hlm0
戦争のことを考えたら最終的に西洋の刀剣の方が勝ってる。
刀は特別な訓練を受けないと全然使えない代物だし
ただ、機能美という点で、刀に勝てる武器は存在しないとも思う



117:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/14(火) 01:10:08.76 ID:kVi8SPH90
トリビアでみた気がするが剣道の達人はフェンシングの選手に歯が立たない
フェンシングが速すぎて避けることもできない




121:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/14(火) 01:12:01.14 ID:JHtM6rwf0
>>117
切るより突く方が簡単ってだけだと思う、だから槍ですよ!



218:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/14(火) 01:52:12.30 ID:vI12g5YeP
>>197
当てた方が勝ちというルールなら軽装を想定した技術体系の方が有利というだけ
比較自体が不毛



225:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/14(火) 01:54:36.18 ID:IhYXdN1P0
>>218
人を倒すための技術ではフェンシングの方が上ってことだろ



233:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/14(火) 01:57:22.88 ID:vI12g5YeP
>>225
フェンシングってお互い普段着であることを
想定してるからあんな細くて軽い剣を使えるんだぞ
相手が甲冑着込んで両手剣持って来たら剣ごとぶった切られるだけ



247:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/14(火) 02:01:24.17 ID:IhYXdN1P0
>>233
剣道とフェンシングの勝負の話だから甲冑じゃなくて日本の鎧で考えてくれ



255:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/14(火) 02:04:16.21 ID:vI12g5YeP
>>247
別に胴丸だって同じだよ
布の服か鎖帷子しか貫けないよ



133:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/14(火) 01:16:09.45 ID:l88Ra5LTO
よく知らんのだけどさ
「槍の先切り落としてくる。やばい」
みたいなの中国の文献になかったっけ
「刀やばい」だったか「侍やばい」だったか忘れたけど



140:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/14(火) 01:17:55.83 ID:eg466wNb0
>>133
柄も鉄なら重すぎてダメなのかな?
殴れるし刺せるし



143:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/14(火) 01:18:49.46 ID:TAq1mN1g0
>>133
確か秀吉の朝鮮出兵の時の明の武将だか兵卒だかの話だよね
あいつ等メッチャ切れ味の良い武器で毎日の様に突撃して来るんだがwww
超コワスwwwwww
みたいな文献があったはず



137:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/14(火) 01:17:34.72 ID:TZnw2E/Q0
刀は切れ味は凄いが、対象物の急所や筋が見えないとあまり役に立たない
西洋の剣は切れ味は悪いが、とりあえず敵に叩きつければ
誰が使っても一定のダメージは与えられる



146:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/14(火) 01:20:34.41 ID:8CPEwwI20
>>137
ツーハンデッドソードは鉄塊に近いからなww
質量を利用して馬上の敵を叩き落としたり
バスタードソード
bastardsword
http://arms.cybrary.jp/db/sword/large/bastardsword.html



138:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/14(火) 01:17:38.84 ID:L2U9ZEVf0
日本刀と太刀って何が違うの?

戦国の武将は太刀を使ったって聞くけど



157:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/14(火) 01:23:27.80 ID:TAq1mN1g0
>>138
太刀→でかくて重いし丈夫。体重乗せれば鎧ごと斬れるよ!!でもデザイン微妙

打刀(今の日本刀)→切れ味ヤバイけど達人でなきゃ
兜切れないし脆いし使い難いわ!だが美しい…

て感じだったと思う



166:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/14(火) 01:28:21.01 ID:JHtM6rwf0
>>157
太刀→戦場
日本刀→日常
みたいな感じじゃなかったけ?
俺らの想像する日本刀→西洋のレイピアポジションみたいな



148:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/14(火) 01:20:47.97 ID:+sOZ0e1K0
148_1

いろいろあるんだな



151:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/14(火) 01:22:31.19 ID:pn5PtnFF0
実際の戦場じゃあ槍の方が強いしね



158:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/14(火) 01:24:36.21 ID:vI12g5YeP
>>151
槍が強いのは集団での乱戦
その前段階であれば弓の方が強いし
一騎討ちであれば刀か短刀が強い



156:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/14(火) 01:23:15.60 ID:+6hGUyZz0
日本刀と形が似てるサーベルの奴とかは
性能違うの?

ファルシオンとかシミターとか

ファルシオン
Falchion
http://ja.wikipedia.org/wiki/ファルシオン



167:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/14(火) 01:28:29.15 ID:8CPEwwI20
>>156
アレは「斬る」ことに特化してるから、基本的に刺突は不得手
因みにファルシオンは北欧出身らしい



159:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/14(火) 01:25:04.35 ID:kVi8SPH90
俺も将来刀買ってポンポンやって油とりたいお
塗る油はオリーブオイルでいいのかな?



162:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/14(火) 01:27:18.28 ID:+sOZ0e1K0
>>159
オリーブオイルはやめておけ
刃物用椿油ってのがあったから
それ使って



164:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/14(火) 01:27:34.22 ID:TAq1mN1g0
>>159
オリーブオイルでおk
目一杯かけた後塩と胡椒かけてパスタに絡めた後
たっぷりオリーブオイルをかければ完璧
オリーブ1
オリーブ
MOCO'Sキッチン
http://www.ntv.co.jp/zip/movie/mokomichi/index.html



175:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/14(火) 01:34:16.70 ID:15pWus6R0
当時のレベルの日本刀は未だに再現できないとかよく言われてるけど
実際再現できないんじゃなくて日本刀っていう存在がファンタジーなだけなんだろうな



181:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/14(火) 01:36:10.83 ID:JHtM6rwf0
>>175
まぁレシピが良くわからんってだけだからな



183:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/14(火) 01:37:22.76 ID:8CPEwwI20
>>175
それっぽい物は作れても完璧に同じモノは作れないとかなんとか
もっと質のいい原料や刃物があるから廃れちゃったらしい



176:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/14(火) 01:34:34.01 ID:+6hGUyZz0
現代の技術で作る日本刀はどのくらい性能いいの?
通販でやってる穴あき包丁と切れ味はどっちが上?



186:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/14(火) 01:38:11.87 ID:kVi8SPH90
>>176
鉄の質は落ちてるんじゃね
砂鉄とかもう生産してないし



193:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/14(火) 01:42:01.34 ID:JHtM6rwf0
>>186
鉄鋼業の人が怒るぞ



199:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/14(火) 01:45:26.00 ID:8CPEwwI20
>>186
むしろ今の金属と技術を使えば当時のものより軽くて丈夫な剣が出来ると思うが
そこにロマンがあるかはわからんが



211:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/14(火) 01:48:17.28 ID:IhYXdN1P0
>>199
ドイツのナイフメーカーの技術とかすごいから昔の刀よりいいモノが作れると思う



219:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/14(火) 01:52:16.14 ID:s4/0cx0Z0
>>211
都市伝説かもしれないけど
ヒットラーが日本刀のようなのを製作依頼したけど無理だったて話を聞いたことがある



224:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/14(火) 01:53:39.98 ID:8CPEwwI20
>>219
ノウハウの無いとこに依頼したんならそりゃ無理があるだろうな



188:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/14(火) 01:40:14.61 ID:YJPO2abX0
日本刀の特性
1・縦磨きである
はの微細な部分はのこぎり上である、
これにより押すか引くかして最大の威力が引き出せる。

2・自然な円弧を描く

刃に適切な圧力をかけつつ、よどみなく切れるライン。
振り下ろすだけで引き切れる。
またこの円弧が衝撃吸収の役目を果たす。

3・刃の面に焼きが入っている

刃が対象垂直に当たる衝撃に極めて強い。




196:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/14(火) 01:43:40.17 ID:f2HRbAUq0
刀も気になるけど昔の人の技が気になる
超人みたいな身体能力や腕前の人間が存在してたのかとか夢を見てしまう



200:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/14(火) 01:45:31.08 ID:s4/0cx0Z0
>>196
天の橋立にあった刀で切ったとされる石碑は目を疑うぐらいすごかった



208:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/14(火) 01:47:19.14 ID:f2HRbAUq0
>>200
昔行ったことがあるけど知らなかった
すごい時代だったんだろうとは思うけど



204:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/14(火) 01:46:49.23 ID:YJPO2abX0
>>196
代表的な達人動画








220:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/14(火) 01:52:20.58 ID:+sOZ0e1K0




221:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/14(火) 01:52:27.01 ID:m3BXRllQ0
刀は斬るものではなく突くもの。
新撰組が証明してる。
薩摩示現流は上から下に叩き落とすけど、刀も一発で使い物にならなくなる。



227:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/14(火) 01:55:17.04 ID:YJPO2abX0
>>221
だったら
生麦で薩摩示現流に二太刀斬り付けられ内臓デローンな
リチャードソンはなんなんだよ
日本刀は斬るもんだ
突きは新撰組の得意技なだけ



235:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/14(火) 01:57:35.31 ID:m3BXRllQ0
>>227
薩摩示現流は武器破損も多いってだけ。
薩摩人のあんな切り方してたら刀は曲がるよ。
人の骨って簡単には斬れないんだから。



240:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/14(火) 01:58:33.81 ID:TAq1mN1g0
>>221
新撰組が突きに拘ったのは斬るとたまに
骨とかに引っかかって取れなくなったりするから
突きで柔らかい所刺して殺したらいいじゃねと言う浅知恵



246:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/14(火) 02:00:19.73 ID:JHtM6rwf0
>>240
部屋の中で振り回すわけにもいかんしな



250:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/14(火) 02:02:26.40 ID:m3BXRllQ0
>>240
新撰組は「敵の体のどの部分でも良いから兎に角突け」って感じ。
後はどーにでもなる。

薩摩人は「自分も斬られるが相手の骨をごと叩き斬れ」



254:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/14(火) 02:04:14.91 ID:TAq1mN1g0
>>250
流石戦闘民族薩摩人だな



263:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/14(火) 02:05:48.89 ID:m3BXRllQ0
剣道部だったんだが、
ふざけて5vs5の集団乱打戦やったことあるんだがスゲー難しいの。

兎に角、味方打ちが多い。これが刀だったらとんでもなく難しいって解った。



273:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/14(火) 02:08:04.73 ID:vI12g5YeP
>>263
だから乱戦では隊列固めた槍兵が強いんだよ
一旦崩れたら終わるけど



276:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/14(火) 02:09:29.52 ID:vI12g5YeP
赤穂浪士の討ち入りなんかは
殆どは槍を持って建物の外からの攻撃に終始したらしいな



283:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/14(火) 02:12:19.70 ID:TAq1mN1g0
>>276
それに脇差だけで突撃して2.3人くらい怪我負わせた吉良△



291:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/14(火) 02:15:31.01 ID:CWtVPigP0
刀がすごいのは分かった
けど当時のサムライって本当に映画みたいな反射神経とかあったの?
かなり人間離れしてるイメージがあるんだが



297:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/14(火) 02:18:15.17 ID:YJPO2abX0
>>291
それは人間だしある程度は一緒でしょ
ただ剣術の反射って見たら防ぐ!じゃなくて
あこいつくるわ、反射的に覚えた技で反撃なんで
ボクシングのカウンターでも肩を見るとか視線を読むとかそういうのと一緒



298:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/14(火) 02:18:44.15 ID:AJ6UvNXE0
>>291
そりゃガキの頃から一日中木刀振り回して
必死で練習してたら30くらいには化け物になってるんじゃね?



295:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/14(火) 02:17:45.78 ID:8CPEwwI20
修練である程度、少なくとも一般現代人よりは鋭敏な感覚を身につけてはいるだろうな
技術と体が商売道具の人達だし



301:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/14(火) 02:20:47.97 ID:KLmKHX4s0
日本刀の切れ味に注目したドイツ人が調べたら、
モリブデンが含まれてたってのはどっかの情報で見た事ある。
一応、モリブデンが多少入ってる合金だったから優れてるんじゃね?



307:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/14(火) 02:24:59.22 ID:+sOZ0e1K0
>>301
モリブデン(Mo)
耐蝕性、焼入れ効果促進



335:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/14(火) 02:35:20.18 ID:Af6tS8WW0
世界で日本刀と並び称されるのはダマスカス刀だけだよ
ただあっちはロストテクノロジーで一度伝統が途絶えちゃって
今はそのレプリカしか作れないから現存技術では日本刀最強
DamaszenerKlinge
ダマスカス鋼
かつて生産されていた木目状の模様を持つ鋼素材の名称である。
強靭な刀剣の素材として知られるが、製法がはっきり分かっているわけではないことから、
伝説的あるいは神秘的なものと思われていることもある。

この鋼材が生産されたのはインドのウーツであるが、それがシリアのダマスカスで
刀剣等に加工されたのでダマスカス鋼として西欧世界に知られるようになった。
http://ja.wikipedia.org/wiki/ダマスカス鋼



345:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/14(火) 02:38:18.41 ID:s4/0cx0Z0
>>335
日本刀も古刀のレプリカだけど



351:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/14(火) 02:41:39.80 ID:Af6tS8WW0
>>345
製鉄やら鍛錬やら焼入れやらの技術を伝える人は日本は途切れて無いよ
その上で形が同じなのはレプリカじゃなくてちゃんとした伝統



358:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/14(火) 02:45:04.88 ID:s4/0cx0Z0
>>345
製鉄方や鍛錬方は古刀の時とは変わってるよ
現代に伝わってるのは新刀の製法だそうです



344:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/14(火) 02:38:16.47 ID:J5OzCTrF0
確か伝説のダマスカスは銀黒波打つ層ができるんだよな
日本刀も刃の部分は波打ってるんだよなこれが



351:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/14(火) 02:41:39.80 ID:Af6tS8WW0
>>344
異なる鉄を叩き合せて作刀するのって日本刀とダマスカス刀だけなんだってな



467:
以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2012/02/14(火) 09:55:15.51 ID:J5S7fhNu0
おまえら日本刀大好きだな


日本の城と世界の城の歴史考察

【画像あり】世界の鎧の歴史

坂が多い街並みってワクワクするよね。長崎とか。住みたくはないけど

うちの猫が退院してきた

管理人「バレンタインチョコたくさん貰ったよ! やったーー☆」