26:本当にあった怖い名無し:2009/02/19(木) 12:38:43 ID:pkLDl0UlO
最近コンビニで売ってた恐怖写真系の本で

料理番組のセットの後ろの方に焼死体が写ってるやつは怖い

台所に立つと思い出してしまう

心霊


155: 本当にあった怖い名無し:2009/02/26(木) 22:31:49 ID:ByawSJ5ZO
もじゃもじゃペーター
だらしないペーターは爪を伸ばしっ放しにして
指を切り落とされたり極端な目にあう。最終的に好き嫌いで餓死?みたいな絵本。
だらしない子どもだった自分は母にいつも読み聞かせられて泣いた…。
しかしズボラな性格は成長しても治らなかったな…
こないだ実家に帰ったらリメイク版を見つけたと嬉しそうに見せてきた…母ちゃん…



166:
本当にあった怖い名無し:2009/02/27(金) 09:32:12 ID:vGbogf1f0
416px-H_Hoffmann_Struwwel_03
http://ja.wikipedia.org/wiki/もじゃもじゃペーター
 
>>155
もじゃもじゃペーターぐぐったら出てきた
有名な童話みたいだね
とりあえず挿絵に噴いたと同時に戦慄したw
リアルな絵柄にリアルじゃないもじゃもじゃっぷりがこええ。



255:
本当にあった怖い名無し:2009/03/05(木) 15:19:17 ID:Mr8+Twwy0
久しぶりに見かけて欝になってスッキリ。

「ギャシュリークラムのちびっ子たち―または遠出のあとで」


Aはエイミー かいだんおちた
Bはベイジル くまにやられた
Cはクララ やつれおとろえ
Dはデズモンド そりからなげられ
Eはアーネスト モモでちっそく
Fはファニー ヒルがきゅうけつ
Gはジョージ じゅうたんのしたじき
Hはヘクター ごろつきのえじき
Iはアイダ おぼれてふびん
Jはジェイムズ アルカリごいん(誤飲)
Kはケイト まさかりぐさり
Lはリーオ がびょうをごくり
Mはモード もくずときえて
Nはネビル のぞみもうせて
Oはオリーブ キリがつきぬけ
Pはプルー けんかのまきぞえ
Qはクェンティン おちたのはぬま
Rはローダ あわれひだるま
Sはスーザン ひくつりえいみん
Tはタイタス どかん!こなみじん
Uはウーナ げすいにらっかし
Vはヴィクター せんろであっし(圧死)
Wはウィニー さむいさむいこおりのなか
Xはザクシーズ いたいいたいねずみのは(歯)は
Yはヨリック のうてんわられ
Zはジラー ジンをふかざけ



693:
本当にあった怖い名無し:2009/04/02(木) 00:18:16 ID:xLbz1QyM0
ベタかもしれんが、世にも奇妙な物語はトラウマ多いな。
「死ぬほど好き」って題の、意中の子が自分のこと好きか確かめるために偽の葬式あげる話

全体的にねーよwって感じの展開なんだが、
最後のシーンが怖すぎて突っ込むどころじゃなかった

あと、多分有名な「ロッカー」と、もう一つ「右手の復讐」って話が個人的にかなりトラウマ



695:
本当にあった怖い名無し:2009/04/02(木) 08:49:56 ID:z4xKo40XO
む、ロッカーってどんな話?kwsk。

学校であった怖い話の開かずのロッカーもヤバかったなー。
「当たり」のロッカー開けたら、中になんかクリーチャーがいて、不用意に近づいてた女子生徒を引きずりこんでゴキッバキッグチャッとか擬音付きで全身折れ曲がっただかなんだかで、もっかいロッカー開けてもカラだったとかそんな話だった。




696:
ロッカー1/2:2009/04/02(木) 10:44:24 ID:pl5Y5nd+O
夜。産業スパイの悟(主人公)が研究室の書類を盗み出そうとコピーしていた時、ラボの研究員が入って来た。
彼は悟の存在に気付くと、その大人しそうな外見とは裏腹に、悟に襲い掛かった。

「返せ!人が研究したものをよくも…」
物凄い剣幕で悟の首を絞めそうな勢いだ。悟は近くにあった灰皿を手に取り、研究員を殴った。

研究員は息を引き取り、その時の衝撃でひとつのロッカーが開いた。
死んだ男のネームプレートには「佐口」と書いてあった。

悟は慌てて外に逃げようとしたが、音を聞きつけた警備員に阻まれ、先程開いたロッカーの中に隠れる。
死体を発見した警備員は、警察に連絡しに行く。誰も居なくなった室内のでロッカーから出ようとする悟だが…。


開かない。

やがて警察が来て、現場検証が始まる。
ロッカーの小窓越しに見える佐口の死体はその間不気味な死顔でこちらを見ている。
鑑識がロッカーの写真を撮影。身を縮める悟。指紋検証の為、粉を付ける鑑識。口を塞ぐ悟。

ふと、ロッカーに貼られている写真を見た。

『63.10.12 バイトの洋子と』という一枚の写真に、
満面の笑みで女と一緒に写っている男(段田安則)の姿を見つける。

「佐口邦夫」
あいつのロッカーだったんだ…

辺りはすっかり明るくなっていた。写真の佐口は心無しか悪どい笑みをしているように見える。
自分が殺った…と後悔の念が押し寄せる男。また警察が来た。証人尋問の様だ。

その時刑事の一人がロッカーに目をつけ、何かに気付いて近付いて来る。思わず息を押し殺す悟。
するとそこに作業員らしき人が入って来る。


697: ロッカー2/2:2009/04/02(木) 10:47:32 ID:pl5Y5nd+O
「廃棄処分のロッカーってどれだい?困るんだよねえ、ロッカーはロッカーだけにして貰わないと」と言って、悟が入ったままのロッカーを作業員2人掛かりで担ぎ上げ、トラクターに載せた。
そうして着いた先は、『廃棄処分』するのだから当然、処理場だった。思わず声をあげた男。
その時1人の作業員が声に気付いた。


「おい、今何か聞こえなかったか?」
ウォークマンを聞いていたもう1人の作業員。
「あんた、耳遠いんだろ。さっさと片付けちまおうぜ」
磁気の帯びたプレスクレーンで吊り上げられるロッカー。

もうここまで来てしまっては、どれだけ叫び声を擧げても無意味である。
「な、今何か聞こえなかったか?」
「耳遠いんだろ、あんた。さっさと片付けちまおうぜ。」
磁気の帯びたプレスクレーン車で吊り上げられるロッカー。
地面に叩き付けられるロッカー。その衝撃でロッカーが少し開く。


ロッカーの隙間から大声を擧げて助けを求める
「助けてー!!!」
迫るプレス機。
気付かないのか、ロッカーの隙間から手を出し、助けを求める。

「助けてー!!! 誰かたすけ」
グシャリとロッカーの潰れる鈍い音。
スクラップされて運ばれていくロッカーの塊には、悟がかぶっていた赤い帽子がへばりついていた。
因果応報っちゃ因果応報だけど恐いな…



698:
本当にあった怖い名無し:2009/04/02(木) 13:39:13 ID:6Yt8zsY40
ロッカーの主人公は織田裕二。
織田のロッカーが開かない緊迫感とロッカーに貼られてあった男(段田だん)の
笑顔の写真が印象的だった。



701:
本当にあった怖い名無し:2009/04/02(木) 15:11:15 ID:u9xwhhkRO
ロッカーのラストって確か主人公が一瞬安心した途端にペシャってなった覚えが。

地獄先生(何だっけ)の15~16巻にあった夢に関する話に一時期怯えていました。



704:
本当にあった怖い名無し:2009/04/02(木) 16:15:40 ID:CXotL58rO
>>701
ぬ~べ~のブキミちゃんかな?
分かっちゃいたけど実に気味が悪い話だった…



706:
本当にあった怖い名無し:2009/04/02(木) 17:23:08 ID:oRRiUkn7O
>>701
確か、その通り
ロッカーの中で居眠りしていて、潰された瞬間に目が覚めて、
ああ夢か…良かった。と安心した瞬間に潰される



709:
本当にあった怖い名無し:2009/04/02(木) 18:04:34 ID:VFNvthXf0
小学1年生のころ、友達の親父が読んでた漫画をたまたま読んだんだ。
ある経緯で(ここの経緯がよく覚えてない)
保健室の先生が主人公に「肉食うか?」て言うんだけど、
その肉が主人公の友達の肉かもしれない、ってヤツなんだけど手がかり少なすぎだよね・・・

結局肉の真相も分からないんだ。
ただ、「肉食うか?」ってのが今でも夢に出てくるくらいトラウマ



717:
本当にあった怖い名無し:2009/04/02(木) 23:51:58 ID:XFTgKL5nO
>>709
学校であった怖い噂のバイキン先生ではないでしょうか?



873:
本当にあった怖い名無し:2009/04/09(木) 00:53:04 ID:7Vqp2Ai/O
>>717
うぁ懐かしい!
俺はデビットくん?がトラウマ
主人公は殺されずに助かるんだけど、結局は雨に打たれすぎて熱で死亡とか…
最後はお決まりの『あなたも雨の日の人通りの少ない道は気を付けましょう』
的な付け足しがすんげー怖かったな



17:本当にあった怖い名無し:2009/04/13(月) 23:18:29 ID:Yhzm6Z4YO
みんなのうたで
地球温暖化を歌った歌が怖かったな
熱い 助けて
白熊の呪詛が響く
みたいなの
みんなのうたの「ホッキョクグマ」がヤバイ!
http://zarutoro.cocolog-nifty.com/blog/2008/12/post-b637.html



18:
本当にあった怖い名無し:2009/04/13(月) 23:45:39 ID:jazRqCMxO
>>17
ホッキョクグマか。あれは泣きそうになった、悲しくて。小さい子には重いよな。

自分はDIR EN GREYのマゾヒストオブ~のPV(無修正版)
テーマがテーマだけに腹痛くなった…あれは直視できない。
同じくいわくつきのOBSCUREや朔のPVは平気。むしろ好きな方。



30:
本当にあった怖い名無し:2009/04/14(火) 09:56:05 ID:zJvFPzPPO
>>18
でもホッキョクグマって最強動物の部類に入るから、
テレビで見てる分なら可哀相に見えるけど考える所はあるわな。
特に小熊は可愛いからね、動物の保身というのもあざとく感じる。
デカくなってガチ状態なら必ず襲われるだろうし、旭山動物園の展示もあれも襲ってんだし。



37:
本当にあった怖い名無し:2009/04/14(火) 12:43:49 ID:w9cSuC/40
>>30
素敵な宇宙船地球号で放送された
骨と皮だけになりながら、いくあてもなく歩く雌の白熊は結構キタ

自然界のバランスが崩れて最も被害に遭うのは食物連鎖の頂点
元々個体数が少ない上に繁殖率も低く出来ている
うちの田舎のハヤブサとか、毎年ヒナが孵ってるのに全て奇形で巣立たない
小動物に蓄積された農薬やなんかの毒をハヤブサが凝縮してる状態



44:
本当にあった怖い名無し:2009/04/14(火) 14:32:49 ID:zJvFPzPPO
>>37
そう言えば蜜蜂が減ってるのも農薬とダニが原因とか見たな、
結構当たり前に見かける虫が農薬でそんな事になってるなんて結構来るモノがある。

毎年ナナカマドの花に無数の蜜蜂が来て怖かったけど、今年は熱烈歓迎しよう。心理的に



51:
本当にあった怖い名無し:2009/04/14(火) 18:20:35 ID:7MZ8PdbD0
>>44
ミツバチが消えて養蜂家が騒いだら世界規模だった事件か
イナイイナイ病とか変な名前が付けられたんだっけ
http://ja.wikipedia.org/wiki/蜂群崩壊症候群




56:
本当にあった怖い名無し:2009/04/14(火) 21:02:43 ID:zJvFPzPPO
>>51
最初はアメリカの話だと思ってたら日本でも同様に、だったな。
農薬がじわじわと自然界を蝕んで害虫や外来種みたいにしぶとい種だけが生き残るなんてなぁ、でもそういうネーミングってインパクトはあるけど変な名前多いね…



21:
本当にあった怖い名無し:2009/04/14(火) 00:22:51 ID:H96vzBYu0
パルナスのCM



22:
本当にあった怖い名無し:2009/04/14(火) 00:41:45 ID:A/H2ruVe0
>>21
ローカルだったし、放送されなくなって長いから知らない人も多いと思うぞ。

パルナス製菓のCM


日曜の朝やってたアニメのスポンサーがここだったんで良く見かけたが、
CMの内容が理解できない子供には、陰気なふいんきが怖かった…



23:
本当にあった怖い名無し:2009/04/14(火) 01:15:57 ID:1X2TmFGN0
二つあるんだが、どちらも少女マンガの付録(?)みたいな感じの本で、基本ホラー。
お地蔵さんの首を折っちゃった女の子が、最終的にそのお地蔵さんの首に
のっとられるって話。ラストの地蔵の体の上に置かれた女の子の生首がトラウマ。

もう一つは、若返る目的(?)で三途の川を、流れと逆に泳いでいく女の子の話。
三途の川で、亡者の皮膚がめくれるシーンがあった。
結局目標は達成できなくて、夢オチっぽく終わるんだけど、
鏡を見たら皮膚がめくれてぐちゃぐちゃになってしまってたってやつ。
女の子がかなり傲慢な性格だったと思う。

一つ目は友達の家、二つ目は歯医者で読んだが、どっちも未だにトラウマ。



24:
本当にあった怖い名無し:2009/04/14(火) 01:26:59 ID:nBl3Rc1M0
>>23
見たことあるわ
前者は闇は集うの人、後者は犬木かなこが書いてたと思う



25:
本当にあった怖い名無し:2009/04/14(火) 01:30:10 ID:1X2TmFGN0
>>24
おお!情報サンクス!調べてみます。
特に二つ目がトラウマなんだ…



26:
本当にあった怖い名無し:2009/04/14(火) 02:42:05 ID:di0o9OqaO
>>25
確か付録でついてきた奴じゃないか?
現世に戻ってきたら皮膚が脱げかけてたよな



27:
本当にあった怖い名無し:2009/04/14(火) 03:02:17 ID:1X2TmFGN0
>>26
うん!そうそう!作者名がわかったので、さっき調べてみました。
『なかよしホラー特集号 恐怖の館』 犬木加奈子ほか 1996年10月号付録

該当する話はそのまんまの『三途の川』っていう題名でした。
三途の川逆走の目的は、若返るんじゃなくて、天国に行くためだったようです。
三途の川を渡りきったが、天国側じゃなくて、現世側の岸に着いてしまったので、
皮膚が脱げかけたまま現世に戻ってきてしまったみたいです。

歯医者で読んでて、あまりにも怖かったので、本棚の奥の方にそっとしまいましたw
他にも『アラバスター』や『魔太郎が来る!』とか若干グロ気味の漫画が多くある歯医者さんでした。



53:
本当にあった怖い名無し:2009/04/14(火) 20:13:36 ID:JWwkFnf30
たけしの本当は怖い家庭の医学の再現VTRは正直怖い
病気って身近なものだから余計に怖い
虫歯ほっといたら歯肉ガンになってて、その手術でアゴを半分切除した人の話はトラウマ



55:
本当にあった怖い名無し:2009/04/14(火) 20:57:03 ID:3C6ugCIZ0
>>53
まだ特番だった頃ので女の子が噛合せ?が悪いのが腰に来て
痛くて立てなくなったのがトラウマ
真っ黒なくまが出来た女の子が夜中にずるずる這ってるシーンが
生半可なホラーより怖かった。自分も腰痛持ちなんであんなんに
なったらどうしよう、とgkbr



61:
本当にあった怖い名無し:2009/04/14(火) 23:59:42 ID:c+xs/wET0
子どもの時見た映画ロボコップ
まず正義感溢れる主人公マーフィがじっくり嬲り殺されてくシーンに唖然
とにかく悪役のあくどさがえげつない
あと人が工場廃液浴びて生きたままドロドロになった揚句車で真っ二つになるシーンとか
巨大ロボのバルカンで肉片まき散らしながら吹っ飛ぶおっさん達とか

自分はただかっこいいロボコップが見たかっただけなのに…
小学生だった私の心にはしっかりトラウマが植えつけられた
今でもデトロイトと聞くとあらゆる悪が跋扈する犯罪都市をイメージしてしまう

後になって監督がバーホーベンだと知って嗚呼やんぬるかな…という気持ちになった
続編の駄作ッぷりもある意味トラウマ



328:
本当にあった怖い名無し:2009/05/05(火) 22:02:36 ID:FWB1lCz90
>>61
俺も高校の頃お前と同じ気分でレンタルして見たけど気分悪くなったわ。
ラストマーフィが悪役のボスに鉄パイプぶっ刺されるシーンが痛々しかった。
あの監督のトータル・リコールもトラウマ。てかあの監督グロいの多すぎ。



65:
本当にあった怖い名無し:2009/04/15(水) 05:40:21 ID:wpQLQV5e0
ホラーMだかサスペリアだかであった漫画
小学校で女教師が悪さをした子(いい事をした子への
ご褒美だったかもしれん)に「聖水」を飲ませてた
その聖水を飲むとどんな子でも先生に従う子になってくんだが、
ある日一人の女の子が放課後か夕方に忘れ物をとりに教室に行った

中から女教師が「聖水が減ったきた。作らなきゃ」と行ってるのが聞こえて、好奇心から覗き見した
するとコップに聖水(スカ的な意味で)を出し、粉(たぶん麻薬)を入れてる姿が見えた
次の日、いつものように女教師が聖水を配ってると、その女の子がこれは飲んじゃダメ、と止めた
だが既に中毒になっていたほかの全員に殴り殺されてEND
子供には衝撃的だった…



66:
本当にあった怖い名無し:2009/04/15(水) 08:58:49 ID:3bCFWRT1P
>>65
うわwwそれ覚えてるwww
小学生のとき読んで、教師の変態さにちょっとドキドキしてた



76:
本当にあった怖い名無し:2009/04/15(水) 16:57:02 ID:LNIRhBDO0
>>65
関よしみだな
最近出た復刊本のどれかに収録されてたはず



78:
本当にあった怖い名無し:2009/04/15(水) 18:40:47 ID:VBHg1o0r0
>>76
やっぱり関さんかww



132:
本当にあった怖い名無し:2009/04/20(月) 23:30:11 ID:osCAi5OP0
グロではないが、アニメのビックリマン
最終回、ラスト15分で主人公達が全員溺死。
上司(男)は自分の宿敵キャラ(女)だけを救出、
そしていきなり改心した相手といきなり両想い。
なぜかハッピーエンド風に終わる

翌週からは新ビックマン放送。新しい主人公は上司と宿敵キャラの子ども。
旧主人公の子孫は無能な指導者、仲間たちは女の子になってその部下に
ポジションは新・主人公達を勘違いで悪者として追いかけまわす、間抜けでイヤな役

いろんな意味でトラウマ



134:
本当にあった怖い名無し:2009/04/20(月) 23:52:18 ID:l9Pv2EdNO
昔読んだ多分ポンキッキーズの絵本の中に収録されていた漫画が不気味だった。

小さな男の子が夜トイレに行ったら、触角生えた宇宙人みたいなやつが出てきて、
『楽しい所に連れてってやる。ただし声を出したらこんな顔になっちゃうぞ』とか言って、
異世界の変な祭に男の子を連れていく。

祭の通行人はみんな宇宙人や妖怪みたいな変な容貌で、不思議な屋台があったりして、
男の子はしばらく楽しく遊んでいたのだが、そのうちトイレに行きたくなって、帰りたくなる。

だが声を出すわけにいかずそれを訴えようとしても気付いてもらえない。

結局我慢の限界になって『トイレ!』と叫んでしまう。

最後のコマで、宇宙人の顔に体だけパジャマの
男の子の状態でトイレに座ってる絵がマジでトラウマ。

絵柄がシュールだから余計不気味だった。
宇宙人も普通の銀色のやつではなくてなんか独特の緑系。

うろ覚えだし、もっかい読みたい気もする。



141:
本当にあった怖い名無し:2009/04/21(火) 06:15:23 ID:styyTqnB0
小学生の時の国語の教科書に載ってた小説

友好的な宇宙人がやってきて、花くれて

それが凄く綺麗な花で、地球人喜んで花を植えまくりました
花は異様に丈夫で地球を埋め尽くしてしまう勢いです
これじゃ住む所がなくなるよ、どうすれば良いの、と地球人
宇宙人は、それじゃ花を枯らす蜂をあげるよ、でも地球の大事な物と引き換えね

その蜂は働き蜂で花をある程度枯らすと死んでしまいます

せっかく枯らした花もアッというまにもとどうり
すると宇宙人はやってきて、蜂と地球の大事な物と交換するのでした、おしまい

スゲェ怖かった、マジでトラウマ

低学年の教科書にこんなの載せるなよ馬鹿




142:
本当にあった怖い名無し:2009/04/21(火) 07:24:45 ID:DGDV3yzFP
星新一の「繁栄の花」か
自分も教科書で読んだよ懐かしい
宇宙人が大事なものを持って帰る去り際に必ず
「わたしたちが繁栄の花と呼んでる理由がおわかりでしょう?」とか言うんだよね
イヤミな宇宙人だなぁと思ったよ



168:
本当にあった怖い名無し:2009/04/24(金) 20:17:52 ID:x7UKpPSOO
内田春菊の「南くんの恋人」のラストがトラウマ。
ちよみちゃんが死んじゃうなんてorz



171:
本当にあった怖い名無し:2009/04/25(土) 02:14:21 ID:pTLA3nGV0
>>168
それについての作者の言葉も酷いよな。
なんか、こんなに小さくなっては、とてもじゃないが生きていけないから殺すことにした。
見たいな事を言っていたと、どこかのスレで見た。


で、それに対するレスが
「それなら作者が殺さないように描けばいいじゃないか」
とか、そんなような感じだった。

まさにその通り。



172:
本当にあった怖い名無し:2009/04/25(土) 05:55:00 ID:McuM0rK80
>>171
普通に元にもどしてあげればいいじゃんね。
個人的には、作者にポケットに入れた小動物を潰してしまうことに対するトラウマ
みたいなもんがあったのでは?と思う。

ウルトラマンタロウ(だったと思う)のお地蔵さんが出てくる話がトラウマ。
もう話の内容も覚えてないくらいなんだけど、あの昔の特撮独特の
薄暗い感じと、やたらこじんまりしたお地蔵さんが怖かった。
しかもよく夢に出た…



173:
本当にあった怖い名無し:2009/04/25(土) 06:51:54 ID:wCjEIfRY0
>>172
恐らくエンマーゴっていう怪獣(?)の回だと思う。
タロウが刀で首を切り落とされます。
ちなみに地蔵は少々不気味かもしれないけど味方ですw



174:
本当にあった怖い名無し:2009/04/25(土) 09:47:33 ID:yo6WjjuLO
ウルトラマンの怖い話と言えばハヌマーンだろう。
いちおう正義側の巨人のくせに「仏さまを大事にしないヤツは死ぬべきなんだ!」とか。
なにぶんうろ覚えだけど、ウルトラ兄弟が数人がかりで敵の怪獣押さえ付けて、
ボコボコにしたあとハヌマーンがぶった斬って、血がブシャー!首がポーン!
とかやたらとエグかった気がする。
ラストは悪人をガリッと食うだか握り潰すだかしてたような…



176:
本当にあった怖い名無し:2009/04/25(土) 18:59:16 ID:2wmw1fj30
>>174
続編のハヌマーンと5人の仮面ライダーは更にグロさ倍増だから恐ろしい。
ラストの場面はマジでトラウマになるぞ…



177:
本当にあった怖い名無し:2009/04/25(土) 19:38:10 ID:NX3EHT4m0




178:
本当にあった怖い名無し:2009/04/25(土) 19:43:26 ID:NX3EHT4m0


ライダーはこっち



314:
本当にあった怖い名無し:2009/05/04(月) 01:28:00 ID:rnEamQWt0
今トリハダっていうドラマ見てるんだがそれでトラウマを思い出した。
みのもんたの番組でやってたプリンセステンコーが北朝鮮か韓国で
ストーカーされてある日車が盗まれてどこかの山奥で発見される。

車の中を見たらミッキーの人形がなくなっててその事件は一件落着に見えた。
だが数日後テンコーが仕事から帰ってきたら棚に無くなったと思ってた
ミッキーの人形が置かれてたって話と猫のえさいれに血まみれの
鳥の肉塊が入ってたストーリーがトラウマに・・・
ミッキーの人形を見るとその話を思い出すわ。



319:
本当にあった怖い名無し:2009/05/04(月) 03:52:42 ID:MWfu+plgO
>>314
当時ニュースで見たがそのミッキーの人形が気持ち悪くてトラウマ…



320:
本当にあった怖い名無し:2009/05/04(月) 04:25:20 ID:Ujt7JQ9pP
>>319
等身の高い初代ミッキー?だったか…
なんか二つとないプレミア物のバカ高い代物だったよね、確か。



324:
本当にあった怖い名無し:2009/05/04(月) 22:43:01 ID:jJhqgcEX0
>>320
そうそう、確か昔のミッキーの人形だった。
あの顔がものすごい異様な感じで不気味だった。



384:
本当にあった怖い名無し:2009/05/09(土) 04:50:12 ID:tYQeNBcN0
グロテスクと言う日本映画がトラウマ
予告編を見ただけでもう…

名前的に検索しにくいので(関係ないのが山ほど出る)一応

「グロテスク」あらすじ
http://d.hatena.ne.jp/saki0924/20110906/1315310023



385:
本当にあった怖い名無し:2009/05/09(土) 05:24:00 ID:0+uZnClm0
予告みれねーじゃん



386:
本当にあった怖い名無し:2009/05/09(土) 05:41:18 ID:tYQeNBcN0
>>385
消えました?
先日見た時は見れたんで…

ニコにあるのがたぶん同じです




395:
本当にあった怖い名無し:2009/05/10(日) 01:24:17 ID:HXCrqq2RO
昔の洋画で女の子が乗ってた飛行機が墜落してジャングルみたいなところに落ちて、
ひとりだけ生き残った女の子がサバイバルするみたいなのが怖かったのを今思い出した
腕とか足に虫の卵を産みつけられて、腫れ物みたいになった
皮膚を剥いて卵(幼虫?)出すシーンだけ覚えてる
ジャングルって怖い死んでも行かないって心に誓った
10年くらい前に見たきりで、それ以来遭遇してなくてタイトルもわからない



396:
本当にあった怖い名無し:2009/05/10(日) 01:43:03 ID:2rTlyWQl0
>>395
奇跡の詩じゃないですか?
もしそうだったらこれです
http://q.hatena.ne.jp/1137392680

確か実話だったと思います



397:
本当にあった怖い名無し:2009/05/10(日) 01:46:55 ID:ycCgR7V60
それは、現実の話です
たしかアンビリーバボーで再現ドラマをやっていました
卵を産みつけたのは、ウマバエです
安全ピンを使って、水疱の中から蛆虫をほじくり出しました

彼女は父親から「川沿いに下れば必ず集落にたどり着く」と教わっており、
それをただ一人実行して川を下り、係留してあるボートにたどり着き保護されました



398:
本当にあった怖い名無し:2009/05/10(日) 02:04:32 ID:2rTlyWQl0
>>397
アンビリーバボーは見てなかったので知らなかったですが
やはり実話だったって事で詳しくありがとうございます
生き残るためにはすごい精神力が必要なんですね



406:
本当にあった怖い名無し:2009/05/10(日) 13:26:43 ID:2rTlyWQl0
封神演義で息子をハンバーグにされて
それを知らずに食べさせられる父親の話
けっこうトラウマです
ぞっとしました



411:
本当にあった怖い名無し:2009/05/10(日) 16:21:28 ID:heng6oOyO
>>406
あれ、途中で気付いてなかったっけ?

あえて「ハンバーグは好物」みたいにはしゃいでこっそり泣く。な話じゃなかった?



413:
本当にあった怖い名無し:2009/05/10(日) 19:17:28 ID:3bSeu/L20
>>411
気付いてたよね。
追い出して貰う為に馬鹿の振りして食べたけど泣いてたし。



427:
本当にあった怖い名無し:2009/05/11(月) 10:00:45 ID:AaG3qM5/0
>>413
記憶あいまいでした
最初知らずに出されて食べてる途中で気付いて泣いた…と記憶してました
改めてググって確認した所ハンバーグ出された時点で気付いてましたね
とあるブログの本当は怖い封神演義と言うページに画像ありました

息子をハンバーグにして食べさせられる…その衝撃が大きかったので
細かい所はあいまいになっていたみたいです
【特集】漫画の中の食人描写3・「自分を喰う」「亜人を喰う」「人肉料理」編
http://niccisacci.blog.fc2.com/blog-entry-152.html



683:
本当にあった怖い名無し:2009/05/21(木) 23:11:40 ID:iOmAMB/zO
恐らく30年近く前に作られた邦画の「震える舌」。
破傷風を扱った医療ものなんだけど、当時、自分とあまり変わらない年齢の女の子が
普通の日常の中で破傷風にかかり、家族も一緒に壮絶な闘病をする内容。

あの女の子、すごい演技力だったなあ、今は何をしてるんだろ。
引きつけで舌を噛まないようにと医者が麻酔もしないで
次々と歯を全部抜いていくシーンとか、背骨が折れそうなくらい反り返るとか、
かなり長い間、トラウマになったよ。

ホラー映画や恐怖映画なんかよりずっとずっと怖かった。
今観ても怖くて震えると思う。
怖い映画好きな人にはオススメだけど…。
震える



684:
本当にあった怖い名無し:2009/05/22(金) 00:09:43 ID:BNt4SfW80
>>683
見たことあるかも、と思ってぐぐってみたら、やっぱり見たことあった
おかげで思い出したよorz

小学生の頃、せまい借家だったんでおじいちゃんと一緒に寝ててさ
じいちゃんテレビつけながら寝る人だったんで、いつも番組途中まで見ながら寝てた。
でもその映画がテレビ放送された日は、最後まで釘付けだったよ怖すぎて…

単なる感動看護映画じゃなく、両親もボロボロになっていく様がリアルだったなあ。



695:
本当にあった怖い名無し:2009/05/22(金) 22:05:15 ID:AA387v/80
「震える舌」は千葉では身近なホラーなんだぜw



699:
本当にあった怖い名無し:2009/05/23(土) 14:35:50 ID:4aS5f3uyO
>>695
破傷風が風土病って事か?でも全国各所にあるからなぁ、
実際は千葉に限った事ではないよ。

子供の頃ばっちゃに怪我したら土遊びするなとは
言われてたけど、身近でなった人は誰もいなかったよ。



800:
本当にあった怖い名無し:2009/05/30(土) 13:47:01 ID:dIRG2Zdx0
関よしみの「愛の食卓」が私的トラウマ

雪山で一緒に遭難した父の体を食べて生き存えた男の子の話。
無事に救助されて、栄養を摂るようにと豪華な食事を与えられるんだが、
どうしても食べられずに嘔吐してしまう。

で、何故かは忘れたけど、死んでしまった家政婦を調理して与えたところ、美味しそうに食べた。
でも死体はどんどん消費されてしまって、男の子の食べるものが無くなってしまう。
そこでその子のお母さんが自分の身を犠牲にするんだけど、そのお母さんの姿がかなりトラウマ。

説明しにくいんだけど、下半身は無く、車いすの上に内臓の詰まったビンを載せて、
唯一綺麗に残ってる上半身をビンの上に乗せてる状態。
もう死んでてもいい状態なんだけど、お母さんはニコニコしながら自分の耳を切り取って、
「今日はマリネにしましょうね~」とか言ってる。

で、なんやかんやあって、内臓が詰められてた瓶が割れてしまって、お母さん死亡。
男の子も「人を食べてはいけない、でも食べたい」というジレンマに負けて、
自分の体を食べて死亡。

この作品に留まらず、関よしみの漫画はエグい描写が多いね。
恋愛ものが似合いそうな少女漫画風の絵柄なのに、ギャップが凄いと思う。



801:
本当にあった怖い名無し:2009/05/30(土) 14:20:11 ID:opM3v8eA0
>>800
お父さんはまだ生きてた時から自分の体を切断しては、
生き延びさせるため息子に食わせてたんだよなー
嫌がる息子のためのお父さんの無理をした朗らかな態度が、
痛々しいを通り越してちょっと笑えてしまった
自分の目玉焼きながら「ほーらこれが本当の目玉焼きだぞ」とか



842:
本当にあった怖い名無し:2009/05/31(日) 23:50:37 ID:Iu3q076z0
小学生の時読んだ短い漫画がトラウマ。タイトルは忘れたけど
あの絵柄は間違いなく永井豪だと思う
ある日突然大人たちが子供を殺し始める
自分の子供だろうがお構いなしに。交番に子供が駆け込むとお巡りさんがその子を殺す

主人公の男の子はそんな場面を次々目撃するも
「僕のお母さんだけは違うんだ!」と他の子供が制止するのを振り切って家へ帰る
台所でいつものように夕飯の支度をする母親に恐る恐る呼びかけると
普段と変わらない優しい笑顔を向ける母。安心して抱きつこうとした瞬間
持っていた包丁で主人公の首を一撃で切断。ゴロリと転がる首

お母さんはその後も血のついた包丁を洗って鼻歌交じりで夕飯作り続行・・・で終わり
なぜ突然大人が子供を殺すようになったか理由ははっきりとしていないがまた気味悪い
読んだあとしばらく自分の親が怖かった。



844:
本当にあった怖い名無し:2009/05/31(日) 23:59:52 ID:ZO7n3J980
>>842
読んだ事ないけど『ススムちゃん大ショック』では?このスレでは鉄板みたいですね。



847:
本当にあった怖い名無し:2009/06/01(月) 00:39:53 ID:ErCLms0D0
>>844も言ってるけど『ススムちゃん大ショック』だね。
作者は永井豪で合ってるよ。
子供の頃従兄の家で読んだ。
首が落ちて転がる所はいやだったな。



転載元:http://toro.2ch.net/test/read.cgi/occult/1239622450/
アプリ

【画像あり】他人の許せないファッション

【閲覧注意】鬱ゲー挙げるかシーンの画像貼ってけ

【閲覧注意】この動画が怖すぎる!!

かわいい女の子がやったら反則なもの教えて

『地球防衛軍3 PORTABLE』PV2でパンチラキタ━━━━(゚∀゚)━━━━ !!

ジブリが全否定した、テレビで放送された 『となりのトトロの都市伝説』



℃-uteコンサートツアー2012春夏 ~美しくってごめんね~ [DVD]℃-uteコンサートツアー2012春夏 ~美しくってごめんね~ [DVD]
℃-ute

ZETIMA
売り上げランキング : 195

Amazonで詳しく見る by AZlink