1:世界@名無史さん:2010/11/03(水) 21:30:20 ID:0
語り継ごう、壮大な実験。
文革


4: 世界@名無史さん:2010/11/04(木) 22:30:21 ID:0
今から考えたら何がなんだかわからい実験だった思うけど、
あの時代に熱狂していた当人はどう考えているのだろうなww
朝日新聞の関係者とか、まだ生きているだろうww

思えば全共闘で車をひっくり返していた連中と
同じ感覚だったとしか思えないのだが、
あいつらだってマルクスだ、レーニンだ、ベトナムだといっても
ろくに資本論も読んでいないだろう。それと同じじゃないのかな
菅直人を見てると、モロ全共闘世代の馬鹿丸出しだからなww



6:
世界@名無史さん:2010/11/04(木) 23:47:44 ID:0
これに匹敵する20世紀の奇天烈な政治行動はポルポトくらいしか
思い浮かばないのであるが、



8:
世界@名無史さん:2010/11/05(金) 11:33:13 ID:0
実験というよりは毛沢東が権力奪回の為に行った政治闘争



12:
世界@名無史さん:2010/11/05(金) 21:53:19 ID:0
>>8
当時、狂信的な毛沢東崇拝が熱病のように全国に広がり、もはや敬愛される
政治指導者といった枠組みを超えて、「神」として扱われていた。

壁新聞や絵画に登場する毛沢東の像には、頭の上に聖なる光輪が描かれていたり、
あるいは後光がさしている姿もあった。



16:
世界@名無史さん:2010/11/07(日) 01:48:59 ID:O
自分が気に入らない奴に走資派とか反革命分子などと
レッテルを貼って暴行を加える奴が中国全土で多数出た



18:
世界@名無史さん:2010/11/07(日) 19:42:44 ID:0
毛沢東は、結局すべてを壊して更地からやり直したかったのかねぇ
例えば毛沢東は中国語改革に熱心に取り組んでいたけど
ヨーロッパのアルファベットみたいな方向にしようとしたら
中国が分裂してしまう、

日本語みたいに「てにをは」の助詞をつけたら
日本語と変らなくなってしまうということで
結局漢字が少し簡略化されただけになってしまって
中国の伝統はちょっとやちょっとじゃ変らないと絶望したのかな



21:
世界@名無史さん:2010/11/08(月) 08:44:26 ID:0
>>18
ポルポトも人間の「改造」を目指していたとか。

こういう考え方は18世紀ヨーロッパの啓蒙思想にまで遡れるけど。

フランス革命では教育に関するカトリック教会の統制を廃止して、
グレゴリオ暦も廃止して共和暦に変えた。
長さや重さの単位はメートル法に変更。
王政やカトリシズムを連想させるような地名も変更。

国民の分裂をつちかうと考えられた方言を撲滅し、言語をフランス語に統一するために、
新聞、回状、クラブ、人民協会、学校、軍隊などを総動員。
エコール・ド・マルスでは16歳から18歳までの少年を集めて共通の軍事教育を施し、
共和国のために新しいエリートをつくりだそうとした。



49:
世界@名無史さん:2010/11/11(木) 00:32:28 ID:0
貧富の差の強制的なシャッフル、
リセットという意味では成功だよな。



51:
世界@名無史さん:2010/11/11(木) 13:00:49 ID:0
中国国内で貧困層の間では毛沢東が再評価されてる

理由は格差に対する不満から来てる



52:
世界@名無史さん:2010/11/11(木) 13:07:18 ID:0
知人が商社マンで上海に赴任している時に本屋覗いたら
毛沢東語録や毛沢東の詩集が店頭に並んでいたそうだ。



64:
世界@名無史さん:2010/11/13(土) 11:33:14 ID:0
文革は魔女狩りみたいな物だろ



66:
世界@名無史さん:2010/11/13(土) 20:14:29 ID:0
>>64
同感だな
毛沢東はそれなりに志があったと思うのだが、
実施部隊のほうは、日ごろの鬱憤晴らしのネタに、毛沢東を担いで
暴れただけのような気がする。

今の反日暴動でも、現地の日本人は比較的安全だと報告しているけど、
いつ何時、中央政府の統制が緩んできたら、「日本人なら何をやってもいいとの
お墨付きが出た」と証して、殺されまくるのではないかな



67:
世界@名無史さん:2010/11/13(土) 20:36:20 ID:0
>>66
その時代の毛沢東なんか権力亡者でそ?
志などとても感じられない。



73:
世界@名無史さん:2010/11/17(水) 00:55:37 ID:0
大躍進の餓死者が5000万を超えると共産党が公に認めた
http://www.epochtimes.jp/jp/2009/04/html/d45727.html



75:
世界@名無史さん:2010/11/17(水) 16:17:08 ID:0
>>73
てことは、実際は一億を超えてるってことか



77:
世界@名無史さん:2010/11/17(水) 17:38:11 ID:0
>>75
直接の餓死者はそこまでは行かない
しかし飢饉による出生率低下を考えたら1億近い人口損失になる



85:
世界@名無史さん:2010/11/20(土) 09:26:35 ID:0
あの時代の全共闘世代の連中や朝日新聞はどうして
文革を持ち上げたのかな

いまだに理解はできないのだが、
まあ、あの世代の出来が悪いのはわかっているけど
あの世代は、そのあともバブルを煽って、あげく民主党に天下を取らせて
国を潰す勢いだww



86:
世界@名無史さん:2010/11/20(土) 09:30:25 ID:0
>>85
民主党政権誕生は団塊世代が原因では無いが

まあ団塊世代は日本で一番の癌細胞世代なのは変わりないが



112:
世界@名無史さん:2010/12/16(木) 17:58:17 ID:0
人民解放の壮大な実験だった文革を
失敗したからというだけで全面否定していいものか?



113:
世界@名無史さん:2010/12/16(木) 18:03:46 ID:0
手段は間違ってたかも知れないし結果は惨憺たる失敗だったが、
文革を起こした人たちの理想主義の純粋さには疑う余地はない。
理想の価値を否定し去ったら人類に明日はない。



124:
世界@名無史さん:2010/12/16(木) 23:19:27 ID:0
>>113
>文革を起こした人たちの理想主義の純粋さに

あの毛沢東の気違いじみた個人崇拝強制とそれと相対した大量人民虐殺、
虐待にになんの純粋さを見出すって言うんだ。



127:
世界@名無史さん:2010/12/17(金) 19:50:58 ID:0
>>124
みもふたもないことを言うなよ。文革に刺激されて起ち上がったフランスや
ドイツや日本の若者たちはどうなるんだ。かれらの夢と血と汗を無駄無価値
と否定し去られてはたまらんよ。文革には人類解放の理想があったと思いたい。



128:
世界@名無史さん:2010/12/17(金) 20:18:27 ID:0
>>127
いくら若者が夢と血と汗を注ごうが、否定されるしかない事象って
世界史にはいくらでもあるでしょ。

ナチズムだって大東亜共栄圏だってスターリン治下のソ連体制だって
みんな当時の若者を総動員して若者達は真剣に取り組んだものだけど
だからといってそれらを肯定できるかね。



114:
世界@名無史さん:2010/12/16(木) 18:05:56 ID:0
どこが解放だ。
醜悪な権力闘争でしょ。

それに政治は結果。そもそも純粋さなんか初めからなかったよ。



115:
世界@名無史さん:2010/12/16(木) 18:06:29 ID:0
マルクスも自分の理論を実際に行ったらとんでもない
惨事を引き起こす事になるとは思わなかっただろう



129:
世界@名無史さん:2010/12/17(金) 21:08:22 ID:0
>文革には人類解放の理想があったと思いたい。

失政で失脚寸前まで行った毛沢東が権力再奪取の手段として少年少女を
こき使って政治・社会をずたずたにしたものであって、そんな理想など
微塵も感じないがね。



137:
世界@名無史さん:2010/12/20(月) 07:31:42 ID:0
毛沢東もスターリンもほんとうの共産主義者じゃなかったんだよ。
共産主義の本来の人道的理念は大量虐殺とは対極にある。



160:
世界@名無史さん:2010/12/25(土) 22:40:13 ID:0
大躍進や文革によって毛沢東が死んだ76年には建国当時より貧しくなってしまった。



161:
世界@名無史さん:2010/12/25(土) 22:43:35 ID:0
農本主義に回帰したはずが
安徽や江蘇みたいな穀倉地帯で
餓死者累々って、頭おかしいだろw



174:
世界@名無史さん:2011/01/05(水) 06:04:11 ID:0
情熱を持って一生懸命やった純粋な若者たち・・・オウム真理教がそうだったね
人の命が羽根のように軽いという点も同じだ

「一生懸命が評価される社会」なんて不要
やってることの結果で評価される価値観が正しいことがこれらのことからも明らか



176:
世界@名無史さん:2011/01/05(水) 19:30:39 ID:0
>>174
全くその通りですね
情熱があれば何でも許されるなんて言ってたら、カルトはみんな正しいことになってしまう
文化大革命やオウムの悲劇を繰り返さないためにも、やっていることがどんな結果を招くのか
考えた上で行動させること、どんな行動を起こせばいいかわからない人は、
普通に勤め人をして税金を納めることだって立派な
社会正義なんだという常識を、もっと一般化しないとね。

何をすれば良いのかわからないのに何かしなくちゃとムダな使命感をもって動いてる人、
結構いますけど、ほとんどが世の中に迷惑かけてるだけ



223:
世界@名無史さん:2011/01/25(火) 20:20:08 ID:0
最近、授業で初めて文化大革命の事を知った高校生です。
天安門事件も含めて、当時の民衆の事を考えると、悲しくて涙が滲んでしまいました。

そこで皆さんにお聞きしたいのですが、
なぜ毛沢東は、未だに天安門広場に肖像が飾られているのでしょうか?
確かに、最初の頃は評判も上々のようでしたし、建国の父とも呼ばれているそうですが、
あれだけの事と、大躍進での大失敗をしておいて英雄扱いはおかしいんじゃないかと、
頭を捻ってしまいました。

マスターキートンにも「毛沢東先生」と呼んでる中国人の老人が出てきたのを覚えています。
知恵袋で聞くって手もあったのですが、色々と面倒そうなのでこっちで聞いてみました。
どなたかの答えを待ってます。



224:
世界@名無史さん:2011/01/25(火) 21:19:53 ID:0
>>223
今でも飾られてるよ。

毛沢東を英雄扱いしてるのは、今の中国の建国者だから。
アメリカのワシントンやインドのネルーと同じなんだ。
要するにどんな失敗しても、今の国を作った人だから、
それを否定するってことは、今の体制の正統性を否定することになる
「あんな悪い奴が作った今の体制っておかしいんじゃね?」って。・
だから、今の体制が続く限り、政府はどんなに気に入らなくても永久に讃え続けないといけない。



230:
223です:2011/01/26(水) 00:38:41 ID:0
>>224
大変分かりやすい解説ありがとうございます。 
理屈では理解できても、やっぱりモヤモヤしてしまうのは、
僕が日本生まれ日本育ちだからでしょうか。
第一次世界大戦の死者数が約1000万人なのに対し、
文革の犠牲になった方は、一説に数千万とも聞きました。
しかも、親兄弟にすら疑心暗鬼の阿鼻叫喚地獄。 本当に凄まじいですよね。

それと、文革に乗じて日本国民を左側に煽った朝日新聞は許されるべきでないと思います(先生に、当時の新聞を見せてもらいました)

今日は色々知れて良かったです。 
これから反思文学や傷痕文学を読みあさってみようと思います。



242:
世界@名無史さん:2011/01/26(水) 20:48:33 ID:0
なんだかんだでスターリンと同じく死ぬまで絶対者として影響力を行使しつづけたんだから、権力のバケモンだな毛沢東・・・
誰にも殺す事ができなかったんだからなー



354:
世界@名無史さん:2011/05/05(木) 21:14:07.91 ID:0
なんでみんなあんなに気違いみたいに振舞ったんだろう?
単なる群集心理とかだけでは説明できないんじゃないか?



356:
世界@名無史さん:2011/05/05(木) 21:21:20.40 ID:0
>>354
民衆の間でも実権派の政策に対する不満が鬱積してたのが最大の原因
そこに毛沢東が方向性を与えて実権派排除に利用した
その後も民衆を使って、実力者や危険人物を次々と排除したり封じ込めたり



383:
世界@名無史さん:2011/06/07(火) 23:40:33.68 ID:0
日本では決して報道されない文化大革命の実態
http://koramu2.blog59.fc2.com/blog-entry-758.html
 
上記を読むと、日本人の文革に対する認識が相当甘いものだと分かる、まさに地獄だ。
中国の伝統的な文化の多くが毛沢東の時代に失われたのは、文化大革命で文化人や
知識人を「反革命的」という理由で大量に殺戮したからである。

法輪功の弾圧でも人体を解体する物騒な写真がネット上で出回ったことがあるが、
一言で言えば中国共産党はまともではないということだ。
こういう真実の歴史を知らずに「日中友好」を気軽に語る
危うさを多くの日本人が認識しなければならないと思う。

金持ち喧嘩せずの原則通り、豊かになった現在の中国共産党は紳士的な顔も見せて
いるが、条件が揃えばいつでも悪魔の顔を見せることは想像に難くない。
南京大虐殺記念館と称する場所に大量の白骨が展示されているが、展示されている
白骨全部を精査すれば、大部分は中国共産党が殺した中国人の骨だと明らかになる。

文化大革命で自分達のしたことを全部日本軍のせいにして、反日教育しているのが
現在の中国の姿であり、他国の軍隊より自国の軍隊の方が何十倍何百倍も残虐だった
とは、さすがに事実であっても教えられないようである。



193: 世界@名無史さん:2011/01/08(土) 16:09:51 ID:0
オレは毛先生は偉大な、日本の恩人だと思うよ。

大躍進と文革で7千万もの優秀な中華人民を、
それも頭の良い層を選りすぐって虐殺してくれたおかげで、中国の発展を20年遅らせてくれた。
もし二つのチョンボやる前に毛先生が引退して酒池肉林の
隠居生活に入っていたならば、今の中国軍が20年前には揃ってる。

阪神大震災に乗じてこっそりと魚釣り島を基地化されてたと思いなよ
「初めてのことじゃから」とか言ってる間に、間違いなく竹島と同じことになってた
八重山諸島の住民は虐殺されてたかもしれない

多分、国内の反戦団体やメディアへの工作ももっと巧みに行われてたから、
沖縄米軍がフィリピンみたいに撤退しちゃってたかもしれない
日本は自らを守る術をなんら持たない状態で。
森永拓郎が「日本人と言う心やさしい民族がいたと私が後世に伝えますから」と言いながら
中国政府顧問になって「年収1万元で暮らす方法」とか本を売ってる
そんな世の中だったかもしれない

毛先生はスターリン以上のろくでなしだったが、おかげで我が国は平和を保てているんだ
オレは心から感謝しているよ



195:
世界@名無史さん:2011/01/08(土) 17:06:54 ID:0
>>193
シナの兵法書には敵国の無能な指導者はそのままにしておくべしという格言がある

毛沢東の大躍進や文革によって中国の国力が低下したから
日本にとっては有難い存在だったかも



転載元:http://awabi.2ch.net/test/read.cgi/whis/1288787420/
アプリ

【閲覧注意】鬱ゲー挙げるかシーンの画像貼ってけ

【爆笑注意】死ぬ程笑えるコピペ

【閲覧注意】怖い伝説、伝承や民話『姦姦蛇螺』『邪視』『巣くうもの』『リアル』

ゲーセンで出会った不思議な子の話

仲良く肩組むような素振りをみせて・・・いきなり顔面パンチしてフルボッコにしてしまう

旦那の兄が最悪。38歳でニート。いやパラサイト中年か

(2)℃-ute神聖なるベストアルバム(初回生産限定盤A)(DVD付)(2)℃-ute神聖なるベストアルバム(初回生産限定盤A)(DVD付)
℃-ute,鈴木愛理,中島早貴,矢島舞美,萩原舞,岡井千聖,つんく,平田祥一郎,山崎淳,鈴木俊介,宅見将典

ZETIMA 2012-11-21
売り上げランキング : 19

Amazonで詳しく見る by AZlink