321: 本当にあった怖い名無し:2006/10/11(水) 03:15:16 ID:5wafwkjE0
とりあえず置いとく
321_1


14:本当にあった怖い名無し:2006/09/27(水) 11:27:17 ID:eGVl2r7oO
最終兵器彼女の、
アケミとかいう女の子が死ぬ場面がかなりきつかった。
原作読んだことないし、
アニメもたまたまこの回を見ただけだったんだけど、
包帯グルグル巻きで

「死にたくないよぉ…死にたく、ないよおッ!ガハッ」大量吐血で死亡。
その子はそれを看取った男のことが好きだったんだけど、
なんかその死ぬ直前のやりとりとか色々鬱になったなぁ…



17:
本当にあった怖い名無し:2006/09/27(水) 17:36:57 ID:nshLdnvE0
>>14読んで何となく思い出した
マインドアサシンでドイツに留学してた女の子の話。
男に振られて、心配させようと自殺未遂(リストカット)するも深く切りすぎてしまい
ルームメイト(確か秋野って名前)が見つけたときには血だまりの中で
「どうしよう秋野ぉ……止まんないよぉ……」って泣いてて、病院に行くも結局あぼん

この時点で痛いのとか血が苦手な自分は完全にノックアウトだったんだが
さらに彼女を振った男たちが彼女が自殺するかどうか
(死ぬかどうかだったかな)で賭けをしてる描写が続いて
精神的にもノックアウト。もちろん男たちはかずいにお仕置きされるわけだが
コミックス派だったんで内容確認もせずに買ったこのコミックス、すぐに捨てちゃったよ……



45:
本当にあった怖い名無し:2006/09/29(金) 11:49:20 ID:7PTMCb8c0
7SEEDSの新刊が鬱展開のオンパレードだった
むしろ鬱展開のみで構成されているような感じだったので
とりあえず源五郎編のみ抜粋

天変地異による人類破滅後に、新たな人類の始祖として
選ばれた若者を冷凍保存し、未来に残す事になった。
その選抜戦は、人工的な天変地異から生き残るというもの。
それに巻き込まれる者たちは皆生まれながらに特殊な施設で訓練を受けた人々
源五郎もその一人で、特に大小様々な動物に関する知識に長けていた。

最後の試練の人工天変地異の中、源五郎たちが育てた猛獣や毒のある虫たちも放たれた。
訓練された人間ですらパニックになって無防備に死んでいく混乱した状況の中、
人に懐いていた猛獣たちも恐怖で人間に襲いかかってしまうわ、
意図的に狂犬病にかけられて狂って人を殺したり菌をばらまいたりとすごい状況。
施設内の自然の生態系はすぐにおかしくなてしまうだろう。
どうせ世界が滅びるからかまわないというのか、そんな事はない、と
源五郎は自分で育てた動物たちの始末に行く。

そんな中、飢えた者たちが源五郎の育てた牛を食おうと、集団で取り囲んでいた。
だが彼らは実力に欠け、牛は傷を幾度も負わされながらもなかなか死ぬ事まではできず、
なぶるように体中を刺され血まみれになりながらも、首に紐をかけられ逃げる事もできずにいた。

これ以上苦しめてはならないと源五郎は牛を一撃で殺し、
牛の肉片をぶら下げ、他の動物をおびきだそうとする。

おびきだされた猿が人間の姿を見てすぐに逃げていく。背には棒が刺されていた。
「待てよ手当てをするから…」殺すつもりでいるのに、
咄嗟に口からそんな台詞が出た事に動揺する源五郎


やがて、狂犬病にかかった虎の端午と源五郎は対峙する。
まるで実子のように生まれた時から大切に育ててきた大切な端午は、
ただ泡を吐き出し暴れ回るだけの獣に成り果て、かつての面影は消えていた。
端午との思い出を走馬灯のように回想しながら源五郎は端午を素手で絞め殺した。
気づかう仲間に源五郎は号泣しながら「こんな事のために育ててきたんじゃない」と叫び、
「まだ僕の手を待っている連中がいる」と涙を流しながら再び歩いていった。



46:
本当にあった怖い名無し:2006/09/29(金) 13:09:03 ID:6VqsQ6Mn0
源五郎とか牛とか猿とかのせいで、なんか日本昔話みたいだなー



50:
本当にあった怖い名無し:2006/09/29(金) 22:35:43 ID:vVDpDhja0
30年前くらいのアメリカ映画のキャラクターだと思うのだけれど、
「蛇女」の特殊メイクがとてもグロくてトラウマになってます。
オールバックの短髪(?)で額から下は大きなウロコに覆われてる。
瞼の無い大きなまん丸の目が強烈だった。
顔アップの白黒写真でしか見たことないけど、、現代のホラー映画
でも十分通じるデザインだと思います。
蛇



52:
本当にあった怖い名無し:2006/09/29(金) 23:51:58 ID:H88A8hPN0
>>50
「蛇女の脅怖」のことかな?
ググるとカラーで見れるよ。



97:
本当にあった怖い名無し:2006/10/03(火) 18:53:10 ID:i6nX9tLqO
誰か分かる人いるかなぁ?
漫画で、たぶん10年くらい前に読んだもの

カップルがドライブか何かをしてて山奥で迷ってしまう
で、そこで家を見つけて入ってみると美人が出てきて、休んでいくように促す
たぶんその家で数日過ごすんだけど、カップルの男の方はその美人に惹かれてしまい、
結局はその美人とふたりで家を出てしまう(たぶん都会に戻った)

オチとしては、そこでは、そうやって置いてきぼりをくらった女性が迷いこんでくるカップルを
待ち、そのカップルの男性と家をでる、っていうスパイラルだった

題名わかったら再読したいのでよろしくお願いします



119:
本当にあった怖い名無し:2006/10/04(水) 23:03:06 ID:a40wXi6Q0
>>97※「恐怖の方程式」1992/3/25
  発行/宙出版,発売/主婦と生活社,ミッシィコミックスDX
  ISBN4-391-91388-7
  短編集。表題作は数学という恐怖をテーマにしたもの。
  このころはダイナブックだったようである^^;
  恐怖の方程式/少年キャプテン1989年12月18日号
  三日月村/アップルミステリーNO.10(1991)
  中央自動車道/アップルミステリーNO.8(1991)
  特別天然記念物/アップルミステリーNO.9(1991)
  俺の歌を聴け/アップルミステリーNO.11(1991)
  AC100V/ミステリーコレクションNO.3(1991)
  夜行性パラドックス/アップルミステリー1991年9月号
  人工衛星の恐怖/同人誌「すとれい☆きゃっと」Vol.8(1989)

収録の三日月村だと思う
【閲覧注意】後味の悪い話『冷たい方程式』
http://blog.livedoor.jp/nwknews/archives/4333336.html



121:
本当にあった怖い名無し:2006/10/04(水) 23:29:50 ID:4ld/R7nx0
恐竜図鑑によく載ってる「もし恐竜が人間に進化していたら」みたいな感じの
トカゲ人間の図がトラウマ。

恐竜が絶滅してしまったことを残念に思ってた幼少の頃、あの図を見て
「火山噴火だか氷河期だか知らないけど、天変地異ありがとう!」とオモタ
恐竜



122:
本当にあった怖い名無し:2006/10/05(木) 01:47:03 ID:XmVaMHy90
>>121
歴史がほんの少し違えば
哺乳類図鑑によく載ってる「もし猿が人間に進化していたら」みたいな感じの
サル人間の図がトラウマ。

と書き込んでいたかもな。



184:
本当にあった怖い名無し:2006/10/07(土) 23:52:00 ID:jtpI+Sqa0
世にも奇妙な物語(のはず・・・)を夕食食べながら、ぼんやり眺めてたら
エンディングになって最後の話の終わりで女の人が殺された?んだけど
その死体をエンディングテーマとともに映してて、目を瞑って死んでいたはずなのに
突然 クワッ と目が大きく開いてそのまま番組終了になったってのがあった。
ずいぶん昔のことだと思うけど、未だに時々思い出してガクブル((( ;゚Д゚)))



188:
本当にあった怖い名無し:2006/10/08(日) 00:21:40 ID:ImnGOurU0
>>184
同じモノかわからんが、飛び降り自殺した女が
初めは画面のむこうを向いていて、エンディング
が進むとコッチを向いてくる、ってのはあったな。
昔の「世にも~」はエンディングも怖かった。
最近のはぬるくてイカン。



235:
本当にあった怖い名無し:2006/10/09(月) 10:27:18 ID:PBhbrY6fO
>>184
そのエンディング知ってる!
私が見たのは女の人が地面に落ちてくるやつ。
目は開いてた。うろ覚えだけど皆さんのと一緒だろうか…
当時は油断してただけに怖かったなぁ。



192:
188:2006/10/08(日) 01:08:11 ID:ImnGOurU0
オレが記憶してるのは、
・夜
・赤い服の女
・タモリは画面の奥にあるいて行く
だな。その回の本編はまったく憶えていないがw



195:
本当にあった怖い名無し:2006/10/08(日) 01:29:51 ID:bkzydjjX0
>>192
私の記憶でも倒れてる女は赤い服だった。
同じく本編は覚えてない。
誰か内容を知ってる人いないかなぁ。



200:
本当にあった怖い名無し:2006/10/08(日) 02:13:06 ID:G8ONihrFO
世にも奇妙な物語なら「女は死んでいない」が最強
チビりそうになったヘタレな俺



202:
本当にあった怖い名無し:2006/10/08(日) 03:27:35 ID:ImnGOurU0
>>200
あらすじを頼む・・・
タイトルだけでは思い出せんorz



205:
人形細工 ◆vESY7K4lxQ :2006/10/08(日) 10:03:53 ID:gl8xeACdO
>>202
じゃないけど簡単に書くと、

あるところにポケベルで連絡を取り合う二人の犯罪者の男がいた
(ちなみに当時は携帯はなく、ポケベル主流の頃)

ある時男の片側(以後A)が殺人の容疑で警察から取り調べを受けることになった。

Aは本当は犯人であるが、言い訳を続けて逃げようとする。
しばらくそんな押し問答をするが、急に警察に連絡が入り、
被害者(♀)の意識が戻ったと告げられる。

これで証人がえられたと、警察は強気にAに詰め寄る。
もうだめだと自供しようとするAのポケベルにメッセージが届く。

だが、その内容(数字で0310 345)はAにも警察にも意味がわからず、
警察はこれはどういう意味だ!?とAにポケベルを(上下逆さに)つきつける。

それを見てAは開き直り、警察に「生き返ったなら直接聞けば良いじゃないですか」と詰め寄る。

結局証拠不十分でAは釈放され、その際にAのポケベルの解釈が画面に出る。
(0310 345はデジタル表記で逆さにするとShE DIED:女は死んだになり、Aは相方からの連絡と解釈する。)
無事容疑も晴れて車で移動するとき、Aは相方にお礼を言う。

だが、相方はそんなもの送った覚えはないという。
Aは「そんな馬鹿な!?」というが、その瞬間にAのポケベルに連絡が入る。
Aはそれを引っ繰り返し、内容(7734 06:GO hELL:地獄へ行け)を読み取って驚く。
その瞬間車のタイヤがパンクして、操縦ができなくなる。
(次の瞬間、すこしだけ警察の満足そうな顔がカットインされる。)

操縦できない車はそのまま建物に突っ込んでいく。
画面にはタイトル(女は死んでいない)が映し出され、女性が起き上がるシーンでおわる。

ごめん。携帯からだから読みにくかったら、
「世にも奇妙な物語データベース」でググってしらべて。




226:
本当にあった怖い名無し:2006/10/08(日) 17:24:32 ID:O7c6gkDY0
ウゴウゴルーガの「童謡」におけるCGもなんかブキモかったなー
ミカン星人とか、一見カワイイけどよく見ると怖シュール ああ懐かしい




429:
本当にあった怖い名無し:2006/10/19(木) 14:50:09 ID:RV2PAF6O0
339 名前: 本当にあった怖い名無し [sage] 投稿日: 2006/08/04(金) 19:47:17 ID:PTmL5ZLl0
http://girlcomicformen.blog34.fc2.com/blog-entry-163.html

にんじん大好き!を画像つきで見られるブログ。
全ページがあるわけではないが十分怖い。
母親が死んでるページの構図がうまいなぁと思った。



431:
本当にあった怖い名無し:2006/10/19(木) 15:30:19 ID:XBb1NY4V0
>>429
ちょw 途中まですげーほのぼの少女漫画っぽいのに
ラストでいきなりグロかよww
当時読んでたらトラウマなってただろうなぁ・・・



272:
本当にあった怖い名無し:2006/10/09(月) 21:54:53 ID:0+W99F550
昔、TVの恐怖特集かなにかでやってた
血管が絡みついたミイラ(骸骨)

生きたまま体に水銀を流し込んで作ったミイラだとかいってた気がする
水銀
ほぼ完璧な状態で保存されていた200年前のイタリアのミイラ
http://karapaia.livedoor.biz/archives/52069627.html



279:
本当にあった怖い名無し:2006/10/09(月) 22:58:02 ID:veA4gHVt0
>>272
英国の大学がいくつも持っている奴だね

本人の意思で献体された遺体に水銀をポンプで入れたという説と
生きているうちに入れないと全身に回らないからそうしたという説があるけど。
前者であって欲しいねえ。



274:
本当にあった怖い名無し:2006/10/09(月) 22:07:26 ID:2E/QuxcKO
かなり前の『世にも~』で呪いか何かの人形を撮った映像を見た人が死んでくやつ。
最後に『もう見た人は全員死んだ?』みたいな会話になって
『…実は…』ってテレビの前の人をチラッと見るのがあった。
まだ怖いよ…
見たら最期
http://www.nicovideo.jp/watch/sm10956620



298:
本当にあった怖い名無し:2006/10/10(火) 14:57:26 ID:QL0SYCvx0
20年以上前にNHKで夕方に放送してたドラマなんだけど、
タイトルが「この町を消せ」とかそんな感じだったと思う

主人公達がどっかの倉庫から4次元の世界にワープしちゃって、
そこは町並みも住んでる人たちも元の世界と全く同じなんだけど何かがおかしくなってて、
それに気付いた主人公達が相談し合ってるんだけど、
逆に主人公達の異変に気付いた家族とかに殺されそうになって必死で逃げる話
最後はワープした場所から無事に元の世界に戻れるんだけど、
連続ドラマだったから毎回凄いハラハラしながら見てた

しかも放送が夕方だったから、夜寝る時に思い出してなかなか寝付けなかった



300:
本当にあった怖い名無し:2006/10/10(火) 15:22:11 ID:4MVyMP4O0
>>298
光瀬龍原作の「その町を消せ!」だな。
結構、面白かった記憶がある。
全編に渡って存在するそこはかとない圧迫感がトラウマ。

あと、ヒロイン役の人が後の少年ドラマシリーズ本で
セクハラまがいの演出を強要されていたことを話して
いたのもトラウマ。(冗談めかしてはいたけど)

作中では結構感動的なシーンだったんだけど……。



406:
名無し職人:2006/10/18(水) 13:10:08 ID:ulSmXgHe0
>>300
英語塾が異世界の入り口だったよね
がきのころ俺は絶対塾なんか行かないって思った。



331:
本当にあった怖い名無し:2006/10/11(水) 20:37:01 ID:nnHiH2tc0


外国のホラーアニメで
子供が夜に一人で眠るのを怖がる内容なんだが、オチが…

こんなん子供のころに見てたら絶対トラウマになってただろうな



333:
本当にあった怖い名無し:2006/10/11(水) 21:42:51 ID:bbnqt9ze0
>>331
途中のあれやこれやはアメリカチックで返って怖くなかったんだが
オチは確かにビビった。また妙に暗喩的と思ったのは俺だけか?



334:
本当にあった怖い名無し:2006/10/11(水) 22:05:06 ID:uC/800bx0
>>331
見る勇気が無いので言葉でネタバレしてください。お願いします。



335:
本当にあった怖い名無し:2006/10/11(水) 23:22:22 ID:bbnqt9ze0
>>334
子どもがお母さんに寝かしつけられる→真っ暗になった部屋の中、半端に
開いたドアや窓の向こう、ベッドの下から化け物が出てくる気がする。
ていうか出てきた。怖い。これは夢か、幻か?→お母さんに起こされる
→子どもが安心してお母さんに抱きつく→お母さんクリーチャー化、
子どもに襲い掛かる→エンディング



366:
本当にあった怖い名無し:2006/10/15(日) 22:42:30 ID:H5nZpPcG0
いつのだったか忘れたが、国語の教科書に載っていた詩。
タイトルも作者も覚えてない。
広島の原爆についての詩で、落ちた瞬間にコンクリートに影が焼きついた、
これは人間としての死ではない、という内容。
「我々に、今一度(もう一度?)ほんとうの死を与えよ」という一節が今でも忘れられない。
戦争イクナイorz



371:
本当にあった怖い名無し:2006/10/16(月) 02:30:41 ID:sqWYMaXC0
>>366
嵯峨信之「ヒロシマ神話」

国語教科書の戦争関連の話はどれも悲しい
「ちいちゃんのかげおくり」とかね



381:
本当にあった怖い名無し:2006/10/16(月) 23:38:04 ID:nDtx5UU10
原作漫画版グレンダイザーのラストがきつかった

いつまでも続く異星人との戦いが原因で
破壊神のようなロボットが目覚めて地球と人類を滅ぼそうとする
主人公や仲間たち、地球に移住するのが目的の敵の幹部は
それを阻止するために戦争を止めようとする

特に敵の幹部は戦争を続けようとする同僚や自分のボスすら殺害する
しかし手遅れで戦争は激化するばかりで、
最終的にはそのロボットによって天変地異が巻き起こって地球滅亡
主人公の親代わりだった博士や世話になった牧場のおやじさん一家も死亡

最終的に生き残ったとわかるのは主人公の仲間2人と敵の幹部
仲間2人は他に生き残りがいないか探しに旅立ち、
敵の幹部は「世界が滅んでも朝日の美しさは変わらない」とつぶやく

普通に敵のボス倒してハッピーエンドだと思ってたのになぁ…
グレートマジンガーの漫画でも最後に主役が特攻自爆するし…



383:
本当にあった怖い名無し:2006/10/17(火) 00:02:11 ID:c1JWOf780
>>381
原作版というか、「冒険王」連載版ね、この作者(桜田吾作)は絵は下手だけど
話のシリアスさと救いの無さは本家永井豪をはるかに上回る。

マジンガーZからして最終回で戦闘獣にZがやられて甲児行方不明、やっと帰ってきた
所にさやかが抱きついたら変な感触、なんと瀕死の重傷を負って躯の半分以上が
機械に改造されていたってオチだったし、ゲッターロボも研究所から引きずり出した
増幅炉を抱えて敵基地に特攻、全員死亡というラストだった。



399:
本当にあった怖い名無し:2006/10/18(水) 05:36:12 ID:DXk2um3E0
花子さんの豚のお巡りさんの話。

主人公の少年の住んでいる地域には「豚に股をくぐられると死ぬ」みたいな迷信?があり
話の都合上、少年は見事に豚に股をくぐられてしまう。
その夜、お巡りさんが回覧板か何かを届けに少年の家にやって来る。
親がいないので少年が応対。が、そのお巡りさんの顔が豚で、少年はショック死してしまう。

かなりうろ覚えで書いたけど、顔がリアルで怖かった。



401:
人形細工 ◆vESY7K4lxQ :2006/10/18(水) 11:36:15 ID:MOwLqgX7O
>>399
警察でなく、電報だった気がする。
たしか、「豚に股をくぐられた後は3日間は外にでると死ぬ。」っていう迷信があって、
主人公は3日間頑張るけど、最後の晩に来た電報を
受け取るために玄関に出てしまってそのせいで死ぬはず。
ちなみに電報の中身は「○○(主人公の名前) シス シロイブタ」



409:
本当にあった怖い名無し:2006/10/18(水) 21:25:15 ID:AKnI3rmP0
アウターゾーン、消防のころ凄く怖かった。
決して姿を見てはいけない妖精を見てしまって妖精に殺されそうになる男の子の話とか、
山小屋に泊まった三人の男女がそれぞれ自分の体験した怖い話をするのとか。
とにかくガクブルだった。

最近懐かしくなって古本屋で立ち読みしたら、結構脳で補完されてるところが多かった。
超絶怖い絵だったと記憶していたんだけど、わりとあっさりした絵柄だし。
内容も幽霊話ばっかりじゃなかった。
子どもの時みたいな恐怖感はもう味わえないんだろうなー。
でも面白かったんで、全巻セットで購入して読みたい。
妖精



410:
本当にあった怖い名無し:2006/10/18(水) 21:55:20 ID:Ix6gncB00
>>409
わかる。久々に読んだけどこんなあっさりした絵だったんだね。
ミザリィも妖艶な美女だと思ってたけど今見ると可愛く感じる

昔読んだカルラ舞うが怖かった。DQNが美少年をボコボコにするために
仲間を引き連れて呼び出すんだけど、その美少年には特殊な呪いが
かかっていて、あっけなく返り討ちにされる。
(眼孔やら鼻腔やら口腔に蔓という蔓が突き刺さりDQN悶絶)
すごく淡々と描いてる所が嫌だったなぁ。あれって死んだんだろうか



414:
本当にあった怖い名無し:2006/10/18(水) 23:42:49 ID:UTw5xHvD0
どっかのWebマンガなんだけど、あまりに後味悪いのでURL消して見ないようにしてしまいました。

少女がなんだか事故にあって四肢を無くしてしまいます。
父親の態度が冷たくなり、孤児少女を拾ってきて、娘に見せつけるように優しくします。
しかし孤児少女は(私も何かあったら、この子みたいに扱われるんだ)と家出を決意、
少女をリュックサックに入れて一緒に家を出ます。


ゴミを漁ったりして旅をしていると、親切そうな女性に拾われます。
しかし孤児少女は家事洗濯など働くことが出来るのに、少女は何も出来ない。
そのため人身売買のオークションに出されます。
そのオークションでは「出品三回までに落札されないと廃棄処分」という掟があり、
それに引っかかってしまうのですが、

世話係をしていた男が組織を裏切って少女を助け、つき合っていた女性と三人で逃亡します。

男は堅気の仕事に就き、女性は「家族が出来た」と喜ぶのですが、実際には少女をペット扱い。
ストレスの溜まった少女が買われたぬいぐるみを歯で引き裂いたりします。
そのうちに女性も自分の態度が少女に酷だったことを悟り、男と三人で遊園地に行きます。
一方で男は、冒頭の少女の実の親を発見、会いたいかと少女に聞いたら会いたいと言われます。

とりあえず会わせて、少女にどっちの家に行きたいか選ばせることになります。
女性は「きっとこっちを選んでくれるわよ」と希望を持っているのですが、
父親が呼び寄せた殺し屋達に二人ともアボンされます。

そんな裏の事情を知らない少女は(これから優しくなったお父さんと一緒に暮らすんだ!)と喜ぶのですが、
どこぞの研究所に実験生物として売られてしまいます。

ここで私は耐えられなくなって読むのをやめました。
人気があるサイトらしく、いろんな人達が少女のイラストを寄稿していました。



434:
本当にあった怖い名無し:2006/10/19(木) 16:36:10 ID:y1ZNJQZd0
Nana's Everyday Life
http://manga.clone-army.org/nana.php?page=1&lang=japanese




436:
本当にあった怖い名無し:2006/10/19(木) 17:31:32 ID:XBb1NY4V0
>>434
いい人だな。久しぶりに読み返したらやっぱり鬱になった。



492:
ツクシICE:2006/10/22(日) 23:02:17 ID:sd4uKUX5O
連投スマソ。あともう一つ。

深夜にやってたんですが、こわい悪魔系の
ケンタウロス(か馬に乗った)の騎士とかを主人公が倒そうとする映画。
騎士は昔、木の中に封印された人間だったような気がする。
騎士はめちゃくちゃ強くて、容姿も闘い方も怖いし
(ハムナプトラのゾンビ兵士以上の恐怖)登場人物の死に方も怖い。

騎士が母子(主人公の奥さんか恋人かな)の家に来て、
必死に床下(だっけ?)に隠れてた時なんか、こっちまで怖かった。いい年してマジで。
騎士は最後、問題の木に吸い込まれるんですが、
人間の悪い女の人(おばさん)も確か一緒に吸い込まれます。

とりあえずトラウマな映画3つ。全てうろ覚えな上文章変ですみません。
見たことある人いるかな?
タイトルや詳しい内容、多分これでは?と思うものあれば、レスしてもらえると嬉しいです。



494:
本当にあった怖い名無し:2006/10/22(日) 23:05:08 ID:AuRrfWm+0
>>492
それはスリーピー・ホロウだな。



512:
本当にあった怖い名無し:2006/10/23(月) 13:27:32 ID:8DsivZSr0
>>492
遅レスだけど。
「スリーピー・ホロウ」の騎士役のクリストファー・ウォーケンは、公開時の某米TV番組で、
「僕は今まで、まともなキスシーンというもののある役を演った事がなかった。
その点で、今回の役は非常に気に入っている」という主旨のコメントをしていて、笑えた。
確か、当初は誰があの騎士役を演じているのかが公開されておらず、判る人は判る、
みたいに宣伝されていた。(そして直にバレたw)
ユーモアのセンスのある、とても面白い人だよ。

そんな事も思い出しつつ観ると、騎士の怖さも多少は耐えられるかも。
てことで是非又観てみてね。



535:
本当にあった怖い名無し:2006/10/24(火) 00:16:06 ID:3QL7gTYE0


※閲覧注意



553:
本当にあった怖い名無し:2006/10/24(火) 22:24:24 ID:okALEIZD0
>>535
やられたぜ!



541:
本当にあった怖い名無し:2006/10/24(火) 14:33:47 ID:2gvyR3RU0
スレ違いになっちゃうかもしれないけど、小説でトラウマになった話。
あるデパートのアトラクション会場でバイトしてる女性が主人公。
その女性はカボチャ大王という頭の大きいキャラが担当で、着ぐるみを着て演じている。

ある日、アトラクション会場にフルフェイスヘルメットをかぶった異常者が乱入。
観客やデパートの従業員を何人か殺して、子供まで人質にとる。
そこで主人公は、小さいころに身についていた超能力を使う決意をする。
強く強く念じ、凶悪犯の頭が吹っ飛ぶ。超能力は成功した。

人質にとられてた子供のところへ行き、「大丈夫だった?」と声をかけるが、
なぜか子供は自分のほうを見て怖がっている。
地面を見ると、超能力の反動でボロボロになったカボチャ大王の被り物が落ちている。
しかし、地面に映っている自分の影のシルエットを見ると、なぜか頭の部分がカボチャ大王の被り物を
被ってるときの様に、大きいままだ。

「私が本当に恐怖を感じるときは、こういうときだ」
確かこんな文で締めくくられてたはず。



543:
本当にあった怖い名無し:2006/10/24(火) 15:28:50 ID:CYOsRMHvO
>>541
オチの意味が良く解らないんだが



552:
本当にあった怖い名無し:2006/10/24(火) 22:00:55 ID:FWNJGfK00
>>543
ヒロインがいた旅芸人一座(だったかな)は、元々フリークスの集団。
着ぐるみの下には、崩れたかぼちゃよりもずっと恐ろしげな素顔が隠されていた。
しかし、その素顔の下にある心は、ごく普通の女の子のもの。

「私が本当に恐怖を感じるときは、こういうときだ」
「己が持って生まれた異能と異相に人々がおびえ
 やがて自分への攻撃に転じる、こういうときだ。
 やっと見つけた安住の地を失う、こういうときだ」

原作を読んだのはもう10年以上前だけど、確かこういうことだったと思う。



589:
本当にあった怖い名無し:2006/10/25(水) 21:32:08 ID:fCSdIiPqO
なんでも精神汚染の実験
に使った動画だとか
かなり気分悪くなります……




591:
本当にあった怖い名無し:2006/10/25(水) 22:03:18 ID:Dq/7u1mM0
>>589
どういう映像?怖くて見れない。



614:
本当にあった怖い名無し:2006/10/26(木) 21:00:44 ID:vqVT6Kss0
>>591
非人間的なものが人間的な動きを、
人間的なものが非人間的な動きをすると、
人間はこの上なく不快な気分になるそうです。
グロとかではなく、ひたすら不気味な映像です。



640:
本当にあった怖い名無し:2006/10/27(金) 21:10:26 ID:rJLdr4b00
「ブラックジャック」の体の中に植物が寄生するという話がトラウマ。
少年の兄弟がいてそのうちのどちらかの体から葉っぱがはえてくる。お兄ちゃんの方だったかな?
最後は全身葉っぱが生えて緑の怪獣のようになってしまう。
ブラックジャックが手術して少年の体の中から寄生した植物を取り出す。

なんでも両親が大切にしていた植木が子供に寄生してしまったという。
小坊の頃読んでスイカの種を飲み込めなくなった。
体から葉っぱが一杯出てきたらどうしようと深刻に悩んだ想い出がある。
なお、本編の内容はうろ覚えにつき間違ってるかも。
スマソ



644:
本当にあった怖い名無し:2006/10/27(金) 21:46:19 ID:kLMGcUrC0
>>640
昔、みかんの種を飲み込んでしまったときに
「胃の中で芽が出るぞ」と兄に脅されたことを思い出した…



653:
本当にあった怖い名無し:2006/10/28(土) 00:14:38 ID:B4iiS6Tc0
映画「サスペリア2」の人形と子供の歌声が怖かった




670:
本当にあった怖い名無し:2006/10/28(土) 22:46:13 ID:AHRVTj4a0
10年以上前のホラー系の少女漫画雑誌にのってた話がトラウマ
以下かなりうろ覚えだけど…

主人公は何か植物の研究所みたいな所に勤めている女。
その女の人には彼氏がいるんだけど、
遠いところに長期で出張だか派遣だかしていて、
しばらく会えていない。

その彼が久しぶりに帰ってくるというので、
女は少しでもキレイになって迎えたいと思う。
そんな彼女を見た同僚の男が、食べればきれいになるという
キノコ(だったと思う)を彼女にプレゼントする。
しかしそれは毒キノコで、彼女は全身にイボのようがものが出来てしまう。

ひどい外見のせいで外にも行けなくなった彼女を、
同僚は監禁状態にして痛めつける。(イボの一つを無理矢理つぶしたり…)
同僚の男は実は彼女の事が好きだったが、ふられた事を根に持ち
仕返しをしたのだった。

しかし出張してた彼が帰ってくる直前になって
彼女のイボが治ってしまい、ウキウキして彼に会いに行った彼女は
結局彼の前でもっとひどい、全身がイクラ(鮭の卵の)状のイボで
埋め尽くされた化け物になってしまった…という話。

誰か知ってる人いますか?
イボだけでも気持ち悪いのに、びっしりと描き込まれてて
トラウマになりました。
その後本当にそういう病気(毒によるものじゃなく)になって、
外に行けなくなった人のドキュメンタリーを見て、なおトラウマに。



674:
本当にあった怖い名無し:2006/10/29(日) 00:46:06 ID:zbH0qsBc0
>>670
レス読んだだけで全身痒い、もーもーもーもー痒い



750:
本当にあった怖い名無し:2006/11/02(木) 01:29:21 ID:Ii0qBOWqO
幼い頃読んだ『うしかたとやまんば』かな。
人形劇を写真にして作ったようなやつで正方形の本だった。
やまんばの血走った目と、ぎらぎらと光る尖った歯。
よくこんな怖い顔の人形を作って、子供向けの本に載せたもんだ。




751:
本当にあった怖い名無し:2006/11/02(木) 02:16:35 ID:NkTLRYzAO
>>750
私は保育所にいたとき、その人形劇のビデオを何回も見せられた。
お昼寝の時間寝れなかったし、先生が『ちゃんと寝ない悪い子はやまんばが連れ去っていっちゃうよ』
と、脅かすから余計に寝れなくてプルプル震えてた。

やまんばもろとも保育士もトラウマだorz


転載元:http://hobby7.2ch.net/test/read.cgi/occult/1159314577/
【閲覧注意】本当にやった復讐『噂は怖い・恩師の手紙・ハッタリ返し』

外国人 「日本人すげえ・・・とにかく若い、歳を取らない」

ゲーセンで出会った不思議な子の話

「この作者とうとう狂ったな・・・」 と思ったシーン

上空から見ると面白い建物や地形

「アイドル声優」の存在が完璧すぎる件


(2)℃-ute神聖なるベストアルバム(初回生産限定盤A)(DVD付)(2)℃-ute神聖なるベストアルバム(初回生産限定盤A)(DVD付)
℃-ute,鈴木愛理,中島早貴,矢島舞美,萩原舞,岡井千聖,つんく,平田祥一郎,山崎淳,鈴木俊介,宅見将典

ZETIMA 2012-11-21
売り上げランキング : 33

Amazonで詳しく見る by AZlink