不気味


35:本当にあった怖い名無し:2006/07/26(水) 06:01:15 ID:UEMvZSAE0
数年前に、深夜番組でやっていた短編オムニバスものの中のひとつ。
(確かシリーズ名に聞耳頭巾?みたいな言葉がついていた)
小学生くらいの女の子が、開けてはいけないと言われていた仏壇を開けて
えらい目に遭う、といったストーリー。
仏壇から横になった子供(お化け)が出てくる映像にトラウマ。



36:本当にあった怖い名無し:2006/07/26(水) 07:37:30 ID:RwkRTJMy0
>>35
怪談新耳袋のセカンドシーズン第八話
「開けちゃだめ」

母親と祖父が出かけ留守番をする女の子
祖父が出がけに
「今日のお留守番、絶対開けちゃだめだからね」と言う
女の子はそんな祖父の言いつけをシカトし仏壇を開けてしまう…

この話は女の子より、笑顔で一人帰ってきた祖父が
「開けただろ」と真顔で言うシーンが怖かった





67:本当にあった怖い名無し:2006/07/26(水) 23:31:33 ID:UEMvZSAE0
>>36
35です。それです!最後のお爺さんの台詞がそれでした。
そういえばお母さんはどうなったのか…

有難うございました!



37:本当にあった怖い名無し:2006/07/26(水) 10:26:41 ID:5bxPa07AO
一人暮らしの女の子がチャイムで玄関に出ると、黒い人がいて、女の子が何をいっても
「たずねてきました」ってゆう話がトラウマ




44:本当にあった怖い名無し:2006/07/26(水) 13:45:19 ID:mvtIC66Z0
怪談新耳袋の「姿見」っていう話もかなり記憶に残ってるな。
ありがちな話だなと思って見てたら、ラスト2秒くらいで
一気に脳内に焼きついた。
あと>>37のやつ非常に気になる。




45:本当にあった怖い名無し:2006/07/26(水) 13:49:00 ID:xMo/xc/a0
マガジンに掲載されていたマンガ。
少年が山に登り、そこで取材班のような人達と出会う。
しかしなんらかの理由で山から下りられなくなる。
そうこうしていると、取材班の一人が、ヒグマに襲われる。
このシーンがトラウマ。
襲われた人はデブなんだけど、
クマが巨体をズリズリひきずってゆくのが怖かった。
当時山の近くに住んでいたので、マジ怖かった。



46:本当にあった怖い名無し:2006/07/26(水) 13:56:29 ID:uqMu3Mjf0
あ~あったね。全5巻くらいだっけ?
熊に食べられると聞いて思い出した。
銀牙の1巻で赤かぶとにスキー客食べられてるのは怖かった。



48:本当にあった怖い名無し:2006/07/26(水) 14:17:31 ID:aI6tfcGE0
その熊って主人公が昔育てていたかなんかした熊だったよね。



52:本当にあった怖い名無し:2006/07/26(水) 19:35:41 ID:I8VtQ7Dd0
>>48
人を襲ってた熊は主人公が昔、えさをあげた熊とは別だよ。
たしか餌をあげた熊は主人公の事を覚えてたはず。



49:本当にあった怖い名無し:2006/07/26(水) 15:10:39 ID:s58d+NcW0
熊漫画はキムンカムイだね。
北海道観光をしたい人はアレ読んで
恐怖を植え付けてから来て頂きたい。



50:45:2006/07/26(水) 18:05:30 ID:xMo/xc/a0
そうだ!キムンカムイだ!
たしか中盤で、木(丸太?)で「SOS」の形を作って助けを求めるんだ!
とかやってて、昔そういう遭難事件が合ったのを思い出してトラウマ増加。
どうもありがとうございました。

話しはそれるけど、その遭難事件もトラウマ。
夜中に思い出すたび、幽霊話でもないのに、背筋がゾ~っとして闇が怖くなってしまう。



112:本当にあった怖い名無し:2006/07/27(木) 23:34:46 ID:H6IuwNKk0
私も「花子さん」がトラウマなんですが、私の見たのは池野めだかがストーリーテラー
をしていた「学校であった怖い話」(うろ覚え)というテレビドラマ版のやつです
とあるトイレの個室に花子さんが出るという噂を確かめるため、
少年が夜中の学校に忍び込むのですが

ノックをしても出てこないので「ガセかよ・・・」と思いトイレを出るのですが、
隣の個室に赤い服を着た
花子さんが立っていて、少年を追いかけてくるという話でした
一番怖かったのは、その少年が学校の玄関まで来ると
扉の鍵が閉まっていて、追い詰められてしまう
その扉(厚いガラス製)を見ると後ろから赤い服を着た女が
ゆっくり近づいてくるのが写って見えるのに
振り返ってみるとだれもいないというシーンがメチャメチャ怖かったです



116:本当にあった怖い名無し:2006/07/27(木) 23:58:38 ID:/wl5r/XbO
>>112
それ超わかる!玄関が開かなくてパニックになってる少年が忘れらない…



114:本当にあった怖い名無し:2006/07/27(木) 23:36:59 ID:V7WTkEyO0
私は昔NHK教育で日曜やってたセサミストリートのドラキュラ野郎がトラウマ
顔色が紫で眼鏡掛けてて暗い声で、不気味な事この上なかった

それにしても、他にもセサミはあのキモい足のデカ鳥といい、
爆発頭とモヒカンの黄疸出てるような二人組といい
不気味キャラ満載だったわ…
しかし女の子仲間には大人気で、みんな文房具やキーホルダーなんかを
買って貰って、よく学校に持って来てたな
私はあれがカワイイという感性がよくわからんかった、
さすがにドラキュラは人気無かったけどねw
カウント



117:本当にあった怖い名無し:2006/07/28(金) 00:00:04 ID:lxazY2ZD0
>>114
カウント伯爵ですか。いつも数かぞえてますよね。
フラグルロックは好きだったけど、セサミストリートとカーミットのは自分もイマイチでした。




115:本当にあった怖い名無し:2006/07/27(木) 23:57:40 ID:BxOIbpJ20
セサミキャラは確かに気味悪い。
けどセサミ系キャラの出てるマペット放送局は面白かったw



125:本当にあった怖い名無し:2006/07/28(金) 11:15:16 ID:abqHGbfE0
今更だが、英単語のcountって、「伯爵」って意味もあったのか…今、知ったよ。



128:本当にあった怖い名無し:2006/07/28(金) 14:55:34 ID:T1cZhpxf0
>>125
「カウント伯爵」は「馬から落馬する」みたいなもんか

セサミちゃんと見たことないんでカウント伯爵は顔しか知らんが
いつも数かぞえてるってなんか危ないキャラだな



139:本当にあった怖い名無し:2006/07/28(金) 23:19:55 ID:YGPiOXOZ0
>>128
東欧かどこかの吸血鬼は網目だの豆だのの数を
数えずにはいられないという習性がある。
カウント伯爵が数えるの大好きなのは、それに由来するのかもね。



141:本当にあった怖い名無し:2006/07/29(土) 09:18:38 ID:VE2NqgJG0
>>139
ルーマニアの民間伝承だな。
夜道で吸血鬼にであったら、豆を一掴み投げつけ、それを数えている内に逃げろと言う奴。

こいつと串刺し王ヴラドの渾名「ドラキュラ」(竜の子ども)が組み合わさりドラキュラの伝説が
生まれたのだから、セサミストリートの描写は正しいのかも。


まあ、もっとも一般的なドラキュラのイメージはブラム・ストーカーの小説。
ストーカーは前日蟹の食べ過ぎで悪夢にうなされ、その悪夢のイメージを小説化。
ドラキュラは名前を借りただけだったらしいが。



152:本当にあった怖い名無し:2006/07/29(土) 15:25:22 ID:Qpz8tZ3M0
たぶん2~3年前だと思うんだけど…。
深夜に放送されていた音だけのドラマ、短い話のオムニバス系で、
画面は常に同じ映像。
そのドラマの赤ちゃんの話は今でもトラウマ…。

映像は赤ちゃんのあやすおもちゃ(天井から吊り下げるメリーゴーランドみたいなやつ)
物凄い号泣する赤ちゃんの声にかぶって、料理をしている音。
そこに父親が帰ってきて、母親と喧嘩を始める。
さらに号泣する赤ちゃん…。
突然、鈍い音がして赤ちゃんが泣き止む。
何事もなかったかのように喧嘩をやめる父親と母親。

深夜だったからヘッドホンをして見ていた漏れはもうガクブル状態だった…。



156:本当にあった怖い名無し:2006/07/29(土) 18:29:02 ID:GXVrTU6SO
>>152
((( ;゚Д゚)))ガクガクブルブル



154:本当にあった怖い名無し:2006/07/29(土) 16:21:56 ID:XYbFW3CsO
ようつべにある巨大ムカデがネズミを喰う動画
怖くはないんだが衝撃的で頭から離れん



174:本当にあった怖い名無し:2006/07/29(土) 22:46:20 ID:tHwRRjwC0
>>154
ムカデマニアの内では常識だお!



162:本当にあった怖い名無し:2006/07/29(土) 20:49:38 ID:BJ8GRV5A0
大昔読んだ漫画本で
今で言う スペースシャトルが宇宙から戻ってくると
何かの細菌かなんかで汚染され
人体と人工物が溶け合い なおかつ生存している
その 病気が地球上に蔓延する
あるものは部屋の壁となり 車となり 路面となり なお生きている
そこだけ 覚えてる



164:本当にあった怖い名無し:2006/07/29(土) 21:05:27 ID:yS2PsMWY0
>>162
「生物都市」ね



165:162:2006/07/29(土) 21:11:13 ID:BJ8GRV5A0
>>164
サンク

父だか叔父だか 車と融合して
息子だか甥っ子に
金属類?外し とにかく逃げろ と言うくだりが あったような?



195:スレ違い臭:2006/07/30(日) 16:27:45 ID:4OHCeF9r0
中一の冬、
理科の授業で、なんか授業に割く時間が余ったとかなんとかで
プライベートライアン?を見せられたらしい。
俺は病欠だったんだが……
なんだか早退者が何名か出たそうだ。そんなにやばいのか?



204:本当にあった怖い名無し:2006/07/30(日) 18:13:13 ID:tpXdaaO6O
>>195
プライベートライアンはいい映画だと思うけどな。
まぁ前半死にまくりだからね~。
被弾した仲間を引きずって衛生兵探してたらその仲間いつの間にか、
上半身だけになってたのはグロくて印象に残ってる。
長文スマン。



213:本当にあった怖い名無し:2006/07/30(日) 20:23:58 ID:3bl3rp/K0
>>204
203高地はどう?
夜間突撃した日本兵が要塞前に設けられた空堀(6,7m)に落ち込み
下につけられている逆茂木や鉄条網に刺さって絶命
さらに、生き残った兵士も壕側面に設けられた銃眼からの
機銃掃射で薙ぎ倒されて・・・・ ・゚・(´Д⊂ヽ・゚・
壕の上から垂らされたロープで戻ろうとしても銃撃されて全滅したシーンに
(((((( ;゚Д゚)))))ガクガクブルブル



217:本当にあった怖い名無し:2006/07/30(日) 23:29:11 ID:EOaWG41n0
>>213
顔がめちゃくちゃになった兵士が
「203高地はおばけ屋敷だ、誰も生きて帰れない」といって倒れるんだっけ。
炊き出しにみんな貪りつくんだけど、「なんか色がついてるな」
「五目御飯かな」「ちがう、血だぁ!」「げーげー!」ってみんな吐くのに、
主人公は黙々と食うシーンが心に残ってる。



220:本当にあった怖い名無し:2006/07/31(月) 00:24:28 ID:LVGsfv0Z0
アニメ「トムソーヤの冒険」に悪いインディアンがいなかった?
あれのせいでトムソーヤが見られなくなった
とにかく逃げても逃げても追いかけてきた気がする
うろだけど本当怖かった

後にバイオハザードシリーズで撃退しても撃退しても追いかけてくる
タイラントで同じ恐怖が蘇ったよ

追い詰められる系は駄目です勘弁して



241:本当にあった怖い名無し:2006/08/01(火) 20:31:08 ID:v59KfLPN0
>>220
インディアン・ジョーだな…w
インジャン



244:本当にあった怖い名無し:2006/08/01(火) 21:28:38 ID:Y7nR7H/lO
>>241
インジャン・ジョーじゃなかった?
ラストは洞窟の滝かなんかから落ちて死亡、財宝をトムとハックで山分け…てなカンジだった気がす



♪そうさ、


おっとこのこは、まわ~りみ~ちをして~も~♪



254:本当にあった怖い名無し:2006/08/02(水) 00:34:41 ID:WU7m8uLf0
>>244
小説しか見たこと無いけど
洞窟を探検してたらジョーも中にいて、追いかけられて
必死になってハックルベリーと脱出
そのまま入り口を塞いで何日か経って中に入ったら
入り口付近にジョーの入り口を開けようとして折れたナイフと食い散らかしたコウモリの骨が
散らばっていたって話だったと思う(死体の有無は忘れた)

子供の頃は「助かって良かった良かった」て思ってたけど
あれ、しっかり法律とか定まってる時期の話だよな
子供のいたずらじゃ済まされないよな

そんなところに取り残されたら(((((( ;゚Д゚)))))ガクガクブルブル



287:本当にあった怖い名無し:2006/08/03(木) 01:46:11 ID:pEtMPbDP0
>>254
インディアン・ジョーは、塞がれた出入口の僅かに残った隙間に顔を突っ込むようにして、
死んでいるのが後で発見されるはず。
助けを呼ぼうとしながら、誰にも見つけてもらえず死んだ。トラウマな死に方だった。



229:本当にあった怖い名無し:2006/07/31(月) 16:40:31 ID:0lJmKqRmO
昔、ホラー漫画誌に載ってた読みきりがトラウマ。
主人公の高校生(男)の周りで怪現象が起きるんだけど、
鞄や机にアゲハチョウの幼虫が出現し、
挙げ句に弁当の中身が幼虫だらけ、というところで読むのをやめた。
 
あまりの気持悪さで読み返せなかった。
ただでさえ虫苦手なのに、トドメを刺された感じ。
調べようにもタイトル・作者をど忘れしてしまったので調べられなかった…orz
作者は『ほんとにあった怖い話』で何度か書いてた気がするけど
(先祖が平家とかいう話…こちらもうろ覚え)



269:本当にあった怖い名無し:2006/08/02(水) 15:19:40 ID:2z8FdQme0
>>229
亀だけど、誰もレスしてないみたいなんで。
つのだじろうの「亡霊学級」の中の「芋虫」だね。
芋虫を食べた時の描写が、味や歯ごたえ等細かくて気持ち悪かった。
学校を舞台にした話ばかりで、他のも全部恐かった。
初出はたしかマガジンかチャンピオン。
小さい頃、小児科医院の待合い室で読んでガクブルになり
大きくなってから中古でコミクス見つけて買ったよ。

平家は、作者が霊能者に自分の背後霊を見て貰った話だね。
真ん中に平家の武士(落ち武者?)がいて、周りを取り囲むように猫やなんかが見えたらしい。
うしろの百太郎の中で、イラスト付で紹介してたよ。



235:本当にあった怖い名無し:2006/08/01(火) 04:46:50 ID:gBqXQTt70
手塚治虫の、虫が人類に襲いかかってくる漫画。
まとわりついて人間の体液を奪う?人虫がとにかく怖かった。
でも敵だったカブトムシが、助けてもらったお礼(だったかな)で
主人公の男の子に味方してくれた展開は大好きだった。死んじゃったけど



242:本当にあった怖い名無し:2006/08/01(火) 20:36:49 ID:G+EyjwzE0
>>235
それ、「ミクロイドS」。
昆虫が進化したギドロンが、人間に一斉反攻をかけるという話だが、
殺人昆虫たちに襲われないホームレスの謎に博士が挑むが、
結局、虫を殺さないホームレスに虫たちが長年かけて
友好的人間のマーキングをしたということが判明して、
ギドロン対策には何の役にも立たなかったという話が印象に残っている。
手塚氏が弟子に描かせた別編で、ギドロンの奴隷となっているミクロイド
が実は、「拉致された人間を特殊な薬物で縮小したもの」という話が
ホラーじみていて恐かった。



237:本当にあった怖い名無し:2006/08/01(火) 13:00:55 ID:29KkVAvV0
誰のマンガか思い出せないけど、
尖ったもの(コンパスとか)を見ると全部自分の目に刺さるのを妄想しちゃう話。
当時小学生で、ちょうど図形の描き方教わってたから最悪だった



238:本当にあった怖い名無し:2006/08/01(火) 13:45:27 ID:bG9N+JnT0
>>237
尖端恐怖症な、確か直木賞の『イン・ザ・プール』にも同じような話があったような…



240:本当にあった怖い名無し:2006/08/01(火) 15:08:36 ID:1YBXVqx90
>>238
『空中ブランコ』じゃなかったかな?
尖端恐怖症のヤクザの話



245:本当にあった怖い名無し:2006/08/01(火) 21:48:08 ID:RxJOsMNG0
3年位前、親父の部屋で見つけた古い漫画
確かサンタクロースがやってくる。
ってタイトルだったと思うけど、主人公の担任は幼年期に祖父と一緒に暮らしていた。

祖父は竹で笛などを作り、生活を支えてきたが、とうとう病に倒れる。
担任と祖父は親戚のおばさんの家に預けられるが、間もなく祖父は死んでしまう。

祖父は死ぬ間際、大きな袋に沢山のおもちゃを詰め込んでいた。
担任は何か悪いものを見たような気がして、そのことを忘れようとした。
祖父は死ぬ間際、「どうしても辛くて我慢できなくなったら、この笛を吹け」
と、言い残し、死んでいった。しかし、担任はおばに強く、
たくましく育てられ、そのことは忘れていった。


時は過ぎ…現在に至る。担任の子供は、当時の担任と同じくらいの年になっていた。
ふと、子供は父の荷物から竹製の笛を見つける。
それを吹いてみると、担任の祖父が現れた。大きな袋を持って。
子供はそれをサンタクロースだと思っていたらしく、担任には黙っていた。
笛を吹くたびに老人が現れ、古いおもちゃを置いていってくれる…
子供にとってこれほど幸せなことはなかった。



246:本当にあった怖い名無し:2006/08/01(火) 21:49:14 ID:RxJOsMNG0
しかし、そのおもちゃも一つ・・・また一つと減っていき、ついにおもちゃはなくなってしまう。
そして、子供の部屋から見つけた古いおもちゃが原因で、ついに担任に笛を発見されてしまう。
主人公と担任は止めようとするが、間に合わず、子供は笛を吹いてしまう。

そして、祖父が現れ、子供に向かって、
「もう、おもちゃはないんだよ。でも、安心おし。じいちゃんがいいところへ連れてってやる…」
と、言うと、子供の頭を掴み、凄い力で引き千切り、それを袋の中に入れた。
主人公たちは恐怖のあまり、そこを動くことができなかった。

「もう安心だ。さぁ、じいちゃんと一緒に天国に行こう…」
そういい残し、老人は消えていった。後には首のない子供の死体だけが残された。

読み終わった後、何か嫌な気分になった。



247:本当にあった怖い名無し:2006/08/01(火) 22:02:30 ID:3mC36Bzx0
楳図かずおのマンガだな
俺も昔読んだこと有る



275:本当にあった怖い名無し:2006/08/02(水) 18:49:10 ID:mDC+Gk4SO
前になんかの雑誌で読んだんだけど蚊が巨大化する話がまじでトラウマになった。

主人公の父親が蚊の研究してて突然変異で巨大化して人を襲いまくる。
(蚊は人間とほぼ同じサイズ)

襲われた人間は一瞬で血を吸い取られて干からびて死んでいく‥‥‥
襲って来る蚊をなんとか倒しながら生き延びる主人公の前に父親出現。

でもそれは上半身父親、下半身が蚊の化け物
(父親は研究中に巨大蚊の卵を飲み込んでしまったため、悔い破られたらしい)



そこから先は微妙に覚えてないorz
半分人間ってのも怖いけど、蚊に体を奪われても尚、
人間のときの自我が残ってるのがすごく怖かった(;´Д`)

息子である主人公に泣きながら襲いかかってたし‥‥‥
人間の口から蚊の吸引管がでてるとこなんかテラコワス‥‥‥

既出ならスマソ



277:本当にあった怖い名無し:2006/08/02(水) 20:10:30 ID:dO1u23LWO
既出だったら本当に申し訳ないけど

私がまだ小学校の低学年だった頃、(少女誌の)りぼんで連載していた
『赤ずきんチャチャ』の5巻27話の よし子先生が凄く怖かった。
その後もちょくちょく出る よし子先生が怖かった。
ギャグ漫画だったのに、怖かった……



293:本当にあった怖い名無し:2006/08/03(木) 11:17:12 ID:jmGD3On30
>>277のよし子先生って保健室の先生かな

風邪をひいたが好きな子と約束したダンスパーティーに出たいがために
無理して学校に来た狼男の男の子をあの手この手の怖い看病をする先生だった気がする

顔色半目、乱れたまとめ髪の死人みたいな顔で
男の子が暴れるのでしびれ薬を打ったり
「私体が弱いのよ、無理させないで」と言いつつ軽々と男の子をつまみ上げてベッドに戻したり
窓から逃げてもストレッチャーに半身をもたれかけて追ってきたり
なんかの数値を計ってすごい顔で「ひぃっ」とか叫ぶが
はかなげな顔で「大丈夫…先生がついてるわ…」と言うだけで理由言わなかったり
手ぇぶるぶるさせながら「あら大きな血管 入りやすそう…」とかブツブツ言ってたり

でもギャグ漫画だから普通に笑って読んでたなあ



294:本当にあった怖い名無し:2006/08/03(木) 12:54:30 ID:ChG3gKeX0
>>293
すぐ吐血するんだよねw
計ったのは熱じゃない?確か。血管のとこは点滴だね。
私も笑って読んでた。



284:本当にあった怖い名無し:2006/08/03(木) 00:23:30 ID:SCnzpL72O
星 新一とかが監修してたショートショートの広場っていう短編集
(何刊か出てるシリーズもの)が子供心に怖かったなぁ。

キャベツ嫌いの子供が家出→実は親も周りの大人も皆キャベツ星人→koeeee!!!→普通の人が助けてくれた→……と思ったらそいつらはレタス星人!!!(((;゚д゚))))みたいなのとか、
 

夜な夜な自分の右手が自分を切り刻んでいって最後に首ーーーー!!!!みたいなのとか。
有り得ない話をやたら淡々と書いてあるのが怖かった。



301:本当にあった怖い名無し:2006/08/03(木) 22:05:16 ID:l9w5ohR/0
5年以上前だと思うんだが・・・
大正期に北海道の苫前で起きたヒグマが家に押し入り
中の家族の大半を喰い殺した事件を元にして
釣りマニア三平の作者が描いたマンガが(((((( ;゚Д゚)))))ガクガクブルブル

妊婦とか子供が生きたまま喰われていく描写が頭にこびりついて・・・・('A`)


まさかいい歳になってトラウマになるマンガがあるとは思わなかった



305:本当にあった怖い名無し:2006/08/03(木) 23:38:29 ID:g4T3SxMs0
>>301
それは歴史小説の第一人者、吉村昭の「羆嵐」という有名な小説を基にした漫画ですね。
大正時代の北海道で実際に起きた、日本の獣害史上最悪とも言われている実際にあった事件です。
年老いた凄腕の猟師と、無差別に人を殺しまくった羆との壮絶な戦いが描かれていますが、
なにしろ羆襲撃場面の描写があまりにも恐ろしいです。

ちなみに、高倉健主演でラジオドラマ化もされていて、
これもラジオドラマ史上に残る傑作と言われています。
中でも襲撃された妊婦が羆に向かって「腹だけは破かないで・・・」と言う場面がトラウマです。

三毛別羆事件
http://ja.wikipedia.org/wiki/三毛別羆事件



339:本当にあった怖い名無し:2006/08/04(金) 19:47:17 ID:PTmL5ZLl0
http://girlcomicformen.blog34.fc2.com/blog-entry-163.html

にんじん大好き!を画像つきで見られるブログ。
全ページがあるわけではないが十分怖い。
母親が死んでるページの構図がうまいなぁと思った。



342:本当にあった怖い名無し:2006/08/04(金) 20:28:50 ID:ra/wTLo20
>>339
すごいなこりゃ....
絵柄がほのぼの少女漫画そのまんまだから、ラストとのギャップがすごい



347:本当にあった怖い名無し:2006/08/04(金) 23:23:26 ID:td+UI4TBO
「にんじん大好き!」といえば
「週間ストーリーランド」で似たような話しがあったのを思い出す
母親が謎の老婆から買った「嫌いな物が食べられるようになるフォーク」で
子供がニンジンを食べられるようになるんだけど、子供は厳しい母親が
嫌いだったので、フォークの力で母親を食べようとする。

まぁその後子供がフォークを手放したので未遂に終わり、いい感じで
終わったのでトラウマにはならなかったけど。



348:本当にあった怖い名無し:2006/08/04(金) 23:30:00 ID:175Sid7T0
>>347
老婆シリーズあったね~ナツカシス



349:本当にあった怖い名無し:2006/08/04(金) 23:40:26 ID:/VWLUHzU0
小学生の頃読んだパタリロの巻末に短編らしきものが載っていた。

パスタ大好き少年が大食いで友達と競うことになり、
色々勝つ方法を考えいたある日、森の中で怪物が人間を食べた後に
消化剤のような植物を食べて腹ごなしするのを発見。

少年は友達と大食い競争をするときにコッソリその植物を口にするのだが、
実はその植物は消化剤ではなく、人間を溶かしてしまう植物だった。

少年が溶かされた後のパスタ人間がものすごく気味悪く感じて
小学生の俺に深い傷を残したよ・・・orz

今見るとなんでもないんだろうけどね。



351:本当にあった怖い名無し:2006/08/05(土) 01:05:35 ID:2JO51iyM0
>>349
「パンドラキン」だね



356:本当にあった怖い名無し:2006/08/05(土) 02:56:17 ID:cfvkHc4z0
>>349
それ、落語の「そば清」が元ネタでそ
http://www.geocities.co.jp/Hollywood/6684/sobasei.html

あたま山とかそば清、首提灯みたいに、落語といっても
オチをよーく考えると何か気味が悪い噺って多いように思う



352:本当にあった怖い名無し:2006/08/05(土) 01:17:49 ID:uh14wLff0
30年ぐらい前でしょうか、テレビで放送された短編アニメの話です。
近未来の時代、食糧難になり主人公の男の冷蔵庫にも食料が何もなくなった。
そんな生活の中、ふとテレビでCMが流れ、パラダイスの姿が。
ここ来れば食料の心配もせず、この世の楽園、天国ですと宣伝される。

そして主人公は何の疑問を持たず、そのパラダイスに行き、
極楽浄土、毎日夢のような生活に堕落していった。
それから暫くしてその男は、豊潤な生活で次第に太っていった。
そして次の場面で、食料工場の絵が。それは人肉加工工場であった。
そう、それは食糧難の時代に政府がとった人間家畜政策だったのだ。
主人公は肉缶詰にされ、人民に配給されるのであった。それが人肉であることは隠されて・・・・

幼少の頃に見たので曖昧ですが、こんな話だったと思います。
何か詳細を覚えている人は教えて下さい。



353:本当にあった怖い名無し:2006/08/05(土) 01:33:18 ID:UQBK1CCa0
>>352
なんか1円玉1枚作るには1円以上かかるみたいな話だな。



357:本当にあった怖い名無し:2006/08/05(土) 06:08:57 ID:3NJt9CoVO
にんじん大好き!の作者の松本洋子が描いた漫画は他の作品も結構トラウマもん。

お地蔵さまをぞんざいに扱った(お地蔵さまを蹴ってた気がする)女の子の首をはねて、
お地蔵さまがその女の子と自分の首を入れ換えて、何事もなかったようにその女の子として生きる‥
で、お地蔵さまの体の上に口から血を流した女の子の頭が乗ってて終わり。

なかよしの増刊号か何かの読み切りだったと思う。
この人の作品は怖いと思いつつ、好きだったなぁ。

少女漫画板のこの人のスレ見て知ったが、パクり疑惑あるらしいのが軽くショック。



361:本当にあった怖い名無し:2006/08/05(土) 11:23:26 ID:EXXsiep+0
>>357
首は笑う、だっけ。昔買ったなぁ。
女の子の自業自得っていえばそれまでなんだけど、流石に可哀想で凹んだよ。



360:本当にあった怖い名無し:2006/08/05(土) 10:43:15 ID:3/B1ym7Z0
いくらでも自分で描けそうな絵をパクってるのが
謎だった。絵、普通に上手いのに。内容パクはないっぽいが。
それにしてもこの作者の「闇は集う」は面白い。おすすめ。
そして「見知らぬ街」はトラウマ。リアルタイムで読んだきりなので細部は忘れたが、
主人公達5人は街で遊んでるうちに、誰もいない、見知らぬ街に入り込んでしまう。
わけがわからないまま彷徨っていると、突然黒いもやが襲ってきて、次々と皆を飲み込んでいく。

色々あって最終的に主人公だけが助かり、気が付くと病院にいる。
看護婦さんから渡された新聞を見ると他の4人は車に轢かれ死んだとある。
悲しみながらも、この病院内に安置されているらしい友人らに会いに行くことする。
案内され、霊安室の扉をくぐると、目の前に広がるのはあの彷徨っていた街。

驚いて振り返ると扉は消えている。そして血まみれの友人達が主人公を迎える。
実は、友人達は待ち合わせ場所で主人公を待っている間に死んだが、
主人公もまた、待ち合わせ場所に向かう途中に車に轢かれて死んでいたのだ。
友人が、さあ、続きをやろうか…と囁き、主人公の悲鳴で終了。

「実は自分も死んでいた」+「助かったと思ったらダメだった」系のオチなわけだけど
ラスト近くの種明かしシーンが強烈に残ってて
今でもドアをくぐる時、いきなり知らない街だったら…と思い出す事がよくある。



382:本当にあった怖い名無し:2006/08/06(日) 10:34:12 ID:jCryl0+GO
昔どっかのゲーム屋で見たんだけど、なんか格闘ゲームみたいなんだけど
倒した相手が骨だけになったり両手を引っこ抜かれたりして
ガクブルだったんだけど誰か教えてください。



383:本当にあった怖い名無し:2006/08/06(日) 11:24:36 ID:MnNJrgCr0
モータルコンバットだな
間違いない



385:本当にあった怖い名無し:2006/08/06(日) 12:39:37 ID:cwDh1ZBV0
これやね




417:本当にあった怖い名無し:2006/08/07(月) 11:35:49 ID:qVYdcPHVO
もじゃもじゃペーター

知ってる人いる?
もじゃぺ



428:本当にあった怖い名無し:2006/08/07(月) 20:22:45 ID:EgwVZZIsO
>>417
もじゃペー、昔どっかのサイトであらすじ読んだことあるよ。確か不潔な子供の話だよね?
なんか爪が伸び過ぎてねじくれてる挿絵があったような



431:本当にあった怖い名無し:2006/08/07(月) 21:32:58 ID:yzN+XvUY0
>>417
昔読んだ「ぼうぼうあたま」っていう短編集みたいな絵本の中に
その話が入ってた記憶がある。

他の話も怖いのばっかだった。
指をしゃぶってばっかりいる男の子に、母親が「そんなことをして
ばっかりいると、いつか指を切られてしまいますよ」と注意するんだけど、
男の子は言う事を聞かず、母親が出かけた隙にまた指しゃぶりを始める。

そのとたん大きなハサミをもった男が現れて、
男の子の両手の親指を切り落として去っていく、って話。
あんな理不尽な話があっていいのかと子供心に思った。



427:本当にあった怖い名無し:2006/08/07(月) 19:50:41 ID:+IfHqZzjO
もう何年も前にコンビニで読んだ話でうろ覚えなんだけど、

誕生日を迎えた女の子がプレゼントがずっと欲しくて…
『毎日が誕生日だったらいいのに』みたいなことを言うんだったと思う。
そしたらなんか次の日『お誕生日おめでとう!!』って言われて本当に毎日が誕生日になってしまう。

最初は女の子は喜んでたんだけど次のページで
『88歳の誕生日おめでとう!!』って言われてて女の子が老婆の姿で祝われてる
描写があるんだけどそのおばあちゃん姿がリアルでめっちゃトラウマなった(((・д・;)))


長文&説明下手でスマソ



429:本当にあった怖い名無し:2006/08/07(月) 20:25:08 ID:0d+34/9pO
>>427
それは多分、犬木加奈子の「プレゼント」だね



439:本当にあった怖い名無し:2006/08/08(火) 12:14:28 ID:90ZkU18W0
高校の頃に初めて見たガンダム映画「F91」、勢いで小説版にも手を出してみたけど
主人公達の住むスペースコロニーに敵が侵入した際の戦闘描写が惨かった…

・主人公達が乗り込むMS(ロボット)の乗員の一人が上半身を焼かれて下半身だけ残る
 内蔵と血が飛び散る
・↑暫く放置されロボ内で匂いが充満、途中で路上に捨てられる
・アニメだと爆風で飛ばされ死ぬ友人、小説では四散して腕等バラバラ

今は何てこと無いんだけど、当時は「これがガンダムなのかorz」とショックだったw



440:本当にあった怖い名無し:2006/08/08(火) 12:27:32 ID:vgz0dDP20
>>439
ローバーだっけ?
「濡れたクズ」という表現が凄く嫌だったな。
DVD買ったけど。



443:本当にあった怖い名無し:2006/08/08(火) 13:51:01 ID:90ZkU18W0
>>440
そうそう、確かローバー。よく覚えてるねw
F91の小説で耐性ついて他のガンダム等は平気だった。
ただ、ビームサーベルで蒸発ってパターンは少し辛い…ミンチとか水着のオネーサンとか



441:本当にあった怖い名無し:2006/08/08(火) 12:28:56 ID:kTmThqNv0
ファースト、08、Z、ZZ、Vの小説版もかなりキてるぞ
Vはアニメ版もいい感じでイカれてたけどな



455:本当にあった怖い名無し:2006/08/09(水) 00:32:46 ID:3zYxmjJg0
本編は観たことないんだが、映画の『大魔神』が物凄く怖い。
小学生の頃にビデオのパッケージを見て、
「あまり見ていたくない顔だ…」と思ったんだけど、
この前、Gyaoの宣伝(予告?)動画で動く大魔神を観て((((;゜Д゜)))となった。
本格的にトラウマ。もう顔も見たくない。と言うか顔を見たくない。



456:本当にあった怖い名無し:2006/08/09(水) 01:16:37 ID:JDubZwKNO
大魔神
(ー_ー)

(⊃⊂)

(∩∩)

(゚д゚)



471:本当にあった怖い名無し:2006/08/09(水) 09:31:59 ID:rJqPX+uI0
>>456
カワイスw昔はこの時期再放送とかやってたなあ。



527:本当にあった怖い名無し:2006/08/10(木) 22:45:46 ID:AAKlNclB0
NHKでやってた(確か火曜日の夕方)ホラー番組。海外のだったと思う。
人形が勝手に喋ったり、手から離れなくなったりする回があって怖かった。
ドブとかに捨てても追いかけてきて……

他にも、ハロウィンの仮面が取れなくなったり、
なんでも巨大化する緑色の液体の話とかあったような気がするんだけど、詳しくは覚えていない。
無事に終わってよかった→でも実は無事じゃないっていうどんでん返しが毎回あって、
結構はまってたんだけど人形の回は怖かった。
人形ネタのトラウマはこれだと思う。
もう一回見たいなぁ…… グ なんとか パンプス とかそんな感じの名前だったような?
今見るとちゃちいんだろうか。



528:本当にあった怖い名無し:2006/08/10(木) 22:57:48 ID:NkzrO95KO
>>527
「グースバンプス」自分も見てたよ。



578:本当にあった怖い名無し:2006/08/13(日) 01:42:54 ID:QfzjxpehO
タイトルは忘れたんだが
消防の頃の教科書で「三年峠」ってのがあって
話は、昔ある所に三年峠という峠があってその峠で一回転ぶと残り三年しか生きられなくなる
ある日近所に住んでいたじいさんが転んでしまったんだが、どっかの青年が現れ
「一回転んで三年しか生きられないなら、二回転べば六年生きる。三回九年生きられじゃないか。」
というムチャ理論でおじいさんを何回も転がして「おじいさんはいつまでもしあわせに暮らしました」っていうオチなんだが

よく考えるとおじいさんの身寄りにはおあばさんしか居ないので
ひょっとしたら物語のその後おじいさんは
「いつまでも死ねないので、そのうちかんがえるのをやめた」
なジョジョ風結末になってしまうんじゃないかと当時は結構気になった



579:本当にあった怖い名無し:2006/08/13(日) 02:51:41 ID:k2tNW1Qi0
>>578
そんな便利な峠が実際にあったら、みんな転びまくりだろうな。



616:本当にあった怖い名無し:2006/08/14(月) 23:07:40 ID:q4mAuXqn0
んじゃ、星氏の鬱話。タイトルは忘れた。

ある科学者が、巨額の研究費(公費)を費やして作成した
「全ての人類の為の装置」みたいなモノを発表する。
それは、ボタンが一つと、一本の腕が生えているだけのモニュメントだった。
そのボタンを押すと、ボタンは凹んだままになる。
そして生えている腕が、ノロノロとボタンを引っ張り出して元に戻す、というシロモノ。

記者「・・・これだけですか?」
科学者「これだけ」
科学者は世間から大バッシングを受けるが、全然気にしない。
モニュメントの意味を問われても、何も答えない。
政府は大金を投じた手前、捨てるわけにもいかず、モニュメントを公園に設置する。
人々はいつか何かが起きることを期待して、次々にボタンを押すが、反応はいつも同じだった。
やがて飽きられ、ごくたまに思い出したようにボタンを押す人がいるだけになる。

時は流れ、世界規模の最終戦争が起こり、人類は滅亡する。
だがモニュメントは驚くほど頑丈で、無傷で立ち続けた。
ボタンを押す者のいなくなった世界に、モニュメントは佇み続ける。
そんなある日、全くの偶然で、風に飛ばされた木の枝がボタンに当たった。
かつてと同じように、ボタンを元に戻すモニュメント。

それからまた、時は流れ続ける。
モニュメントの中の機械が、ボタンが押されなくなってからある一定の時間を刻んだ時、
初めて本当の機能が発動された。
モニュメントは静かに人類の為の葬送曲を奏で、その役割を終えた。



618:本当にあった怖い名無し:2006/08/14(月) 23:15:40 ID:S6ZmXCeH0
>>616
タイトルは「ひとつの装置」



723:本当にあった怖い名無し:2006/08/18(金) 00:08:33 ID:VhKMETMBO
高校の国語の教科書にあった話で、
おっとがコンクリート作るところで働いていて、粉砕機に巻き込まれて
そのままコンクリートになっちゃった。
っていうグロい話がありました。知ってる人いるかなぁ



725:本当にあった怖い名無し:2006/08/18(金) 00:23:19 ID:nwUUMNG90
>>723
これじゃないかな?
葉山嘉樹「セメント樽の中の手紙」  



836:本当にあった怖い名無し:2006/08/21(月) 14:24:43 ID:qDBmZMus0
トラウマと言えば、昔出てたルパン三世のゲームブックの内の一つ。
いろんなアニメやらゲームやらを単一のシステムでゲームブック化したシリーズなんだけど、
その中の一作品のルパンのゲームブックが妙にデストラップ系な構成で、とにかくルパンが死にまくる。

しかも死に方の一つ一つがルパンの一人称で詳しく描写されるので、酷い死に方されると
「ルパンが…ルパンがそんな風に死ぬなんて…」とじんわり鬱。以下うろ覚え。

「俺は倒れたままの姿勢で、俺の頭めがけて振り下ろされる巨象の足を見上げる事しか出来なかった。
目の前一杯に巨大な足の裏が迫った瞬間、寂しげに微笑む女の顔が脳裏に浮かんだ。不二子…。
                                                     GAME OVER」

「全身を這いずり回るおぞましい感触に耐え切れず、俺は叫び声をあげた。それを待ち構えていたかの
ように、大量のゴキブリが俺の口に中になだれ込む。(中略)俺はゴキブリの群れに喰い殺される前に、
自分の気が狂っていくのを感じ始めていた…。                        GAME OVER」

あと敵として次元と五右ェ門のクローンが沢山出てきて、それをルパンが次々と殺すのも鬱。
途中で音を上げてクリア断念した唯一のゲームブックだった。



838:本当にあった怖い名無し:2006/08/21(月) 19:33:30 ID:lw+ry+xh0
>>836
ゲームブックって鬱になるよね。
魔神英雄伝ワタルのとかもうっかりすると死にまくって鬱だったけど
なんか魔王ルキフェルが町を征服しようとしてて、それに少年少女が立ち向かうんだけど、
首は刎ねられるわ病死するわ、一番鬱だったのは人面ウジや人面ゲジゲジにされる
ゲームオーバーだったなぁ…



839:本当にあった怖い名無し:2006/08/21(月) 19:34:38 ID:lw+ry+xh0
あ、もちろんワタルのと後半のゲームブックは別物ですよ。
書きかた悪かったですね



924:本当にあった怖い名無し:2006/08/23(水) 09:07:55 ID:y3SCflZfO
SFCのファイプロのED。
強さを追い求めすぎ精神が混乱し最後の試合で勝利した後に家でピストル自殺。
その後淡々とEDロール。
それまで親身になって応援してくれた恋人や先輩から祝福された後に一人家に戻って…と。
後味が悪くて仕方なかった。




転載元:http://hobby7.2ch.net/test/read.cgi/occult/1153731684/
47都道府県で最凶の事件あげてみようぜ

【閲覧注意】本当にやった復讐『合コンクラッシャー・呪詛』

日本のRPGに出てくる魔法って戦闘用ばっかだよね(爆笑)

森脇健児、ヒロミ、清水圭ってなんで干されたんだろう

嫁が海外ボランティアとして2年程海外に行きたいと言い出したらどうしますか?

警備員がチンピラに倒されて歯を折った挙句、最後には殴られ失神

この街(初回生産限定盤A)(DVD付)この街(初回生産限定盤A)(DVD付)
℃-ute

アップフロントワークス(ゼティマ) 2013-02-06
売り上げランキング : 190

Amazonで詳しく見る by AZlink