1:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/17(木) 10:20:33.09 ID:43hvmS4i0
まずは「アメリカ」

イギリスからキリスト教のうち、新教徒と呼ばれる宗教的異端が移住

沢山移住したあと、アメリカを植民地と考えてるイギリス人とアメリカ人が対立し独立戦争(各国の支援で勝利)

外敵ぶっとばしたら、今度は南北で貿易方法巡って内輪もめ(南北戦争)

帝国主義になり南米支配して太平洋進出、ペリー来航

金たまってきたらバブル、それで崩壊(世界恐慌)し、第二次大戦へ

その後も各地に基地置いて戦争三昧


需要あんのこれ
Collage_Rome


3:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/17(木) 10:24:26.93 ID:gV3vxsAVO
簡潔でわかりやすいな
他の国もはよ



4:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/17(木) 10:26:14.79 ID:Eug2OepK0
いやさすがにこれくらいだれでも知ってるだろ
もうちょい踏み込めや



6:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/17(木) 10:30:40.18 ID:43hvmS4i0
まあイギリスも書くわ

もともと野蛮人が住んでた

後々ノルマン人と呼ばれるこれまた野蛮な奴らが征服、ノルマン朝成立

色んな王朝がずっと続く、その間宗教的な対立があったり、フランスとの対立(百年戦争など)があったりする

国が安定してきて遅れて海外進出(宗教は独自のものであるイギリス国教会が成立する)

産業革命によりどんどん儲かるが、鎖国中の国をぶっとばして無理やり貿易させる

いつの間にかアメリカが追い抜き、存在感薄くなっていく、そしてWW2で地位は完全に落ちる

植民地が皆独立(現在もイギリス王を君主としての横のつながりがオーストラリア等とある)

孤立してるのがかっこいい政策を昔はとっていて、戦後もとろうとしたら仲間はずれにされて涙目

イギリス「EU入ります;;」


>>4
どこらへんまで書けばよいのか



7:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/17(木) 10:37:58.31 ID:ZWAvHv180
中東あたりまったく分からんから頼む



8:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/17(木) 10:42:31.90 ID:43hvmS4i0
分からないところあれば答える

「ドイツ」

野蛮人在住中、ローマ人が征服したりしなかったり、その後も東からも野蛮人が入ってくる野蛮人パラダイス

イスラム教徒もやってくる、そんな外敵に対しピピンて奴が勝つ、そいつの息子も頑張ってフランク王国成立

キリスト教のお偉いさんもイスラムは嫌だからフランクに頑張ってもらうために支援

カールの死後、3つに分裂し、その国境が現在のイタリアドイツフランスに

その後キリスト教を守ってくれたローマ帝国、フランク王国の後釜として神聖ローマ帝国がドイツあたりに成立

キリスト教はイタリアが中心みたいなところがあるからいつもイタリアにちょっかい、またドイツ人は東に拡張したがる

戦争に負けてほぼ解体、三十年戦争とかいうなっがい戦争でぼろぼろ、おかげで海外進出遅れる

ビスマルクとかいうひげおじさんが必死こいて植民地を獲得する

同盟中のオーストラリアに巻き込まれ第一次大戦してぼろ負け、いじめられる

世界恐慌でぼろぼろ、ヒトラーがでてきて国復興、海外へまた進出するも第二次大戦でまたぼこられる

おとなしくなる←いまここ

>>7
このあとかくわ



19:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/17(木) 10:50:35.98 ID:f2pxBZ9s0
>>8
細かいけど
オーストラリア→オーストリア



9:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/17(木) 10:42:56.36 ID:5vvsvswH0
すげえ参考になる



12:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/17(木) 10:45:26.52 ID:f2pxBZ9s0
ロシア、中国、東南アジアの国(ベトナム

タイあたり)も期待



37:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/17(木) 11:08:47.09 ID:43hvmS4i0
>>12のロシア

ロシアは結構遅咲き。ノルマン人と呼ばれる野蛮人のうちルーシと呼ばれる一派がリューリクに率いられてノヴゴロド国を建国

それがロシアの大元、そのごキエフ公国てのもできてそこそこ繁栄するけどモンゴル人来襲、バトゥてモンゴル人が滅ぼし、モンゴルにずっと支配される

そのモンゴル支配は悪くいわれてるが実際にはかなり合理的支配だったらしいが、やっとこそっから独立する(モスクワ大公国)

海外と貿易するためには冬に凍らない港が必要、そして植民地もほしい。だから南へ行く

西で戦争中央アジアで戦争アジアで戦争(日露戦争など)

1905年、日露戦争中に、労働者「もうむり><」平和請願デモに軍隊間違えて発砲。皇帝唖然、革命起こるもこのときはなんとか鎮圧

1917年、第一次大戦中にもやはり革命、皇帝亡命(ロマノフ朝滅亡)ソヴィエト政権(ソ連)成立、一人で戦争やめる

粛々と社会主義実践してたらドイツに喧嘩うられはじめて、結局開戦

ロシア人つよすぎで東欧のいろんな国を助ける、その結果、戦後に東欧はロシアと西欧の緩衝地帯になり社会主義へ

社会主義が拡大、アメリカと対立。世界各地で代理戦争するが、金がもうない無理、崩壊

その後はロシア連邦が成立し、今に至る。でもロシア人は結局強いロシアと指導者が好きらしく、プーチン大人気

グルジアにひょっこり侵攻など戦争は現在も積極的



22:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/17(木) 10:53:04.45 ID:43hvmS4i0
中東史

エジプトやメソポタミア(現在のイラクあたり)など大河の周囲に文明が成立

めっちゃ昔はめっちゃ栄えてた、ヨーロッパとかマジで樹海レベル(細かいところは聞かれれば答える)

そのうちユダヤ教やらキリスト教の影響受けて(といわれてる)イスラム教がアラビア半島(今のサウジアラビア辺り)で成立、どんどんひろがる

キリスト教徒圧迫、インドあたりまで進出、繁栄する。キリスト教徒とか楽勝で倒す。十字軍とか有名だけど結局イスラム勝利

栄えるものの宿命として堕落する。キリスト教徒がどんどん強くなる(イスラムは中央アジアや東南アジア方面にも拡大)

西欧世界が拡大するとしいたげられる。エジプト、インドはイギリスの植民地。サウジアラビアは親イギリス王政、東南アジアもオランダやらに征服される

第二次大戦後独立して、革命やらで独裁体制できて不満たまったらそしてまた革命

去年も革命三昧←いまここ

各国の詳しい話はきかれればこたえる



28:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/17(木) 10:58:18.94 ID:btoD//8K0
もうちょい受験生向けにもして欲しい
重要ワードをいれてくれたら嬉しい



39:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/17(木) 11:11:02.79 ID:43hvmS4i0
>>28
まとまらんわwwwww
聞かれれば答える程度かなあ



44:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/17(木) 11:19:31.75 ID:QuJm61H40
中国史全然覚えられないんだけどコツとかある?



48:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/17(木) 11:27:14.34 ID:43hvmS4i0
いやカルロス1世であってたわ

>>44
漢字の単語はとにかく書く
王朝名はアルプスの歌で覚えた



50:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/17(木) 11:35:08.62 ID:QuJm61H40
>>48
王朝毎の政策とか覚えづらいんだよな
ひたすら書くしかないのか
ありがと



58:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/17(木) 11:46:06.21 ID:4xFr5tiDP
>>50
王朝名を異民族と漢民族に分けて暗記すると
各王朝のイメージができやすくなる
政策もそのイメージに合わせていくと覚えやすいかもしれない



60:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/17(木) 11:53:29.82 ID:QuJm61H40
>>58
なるほど
参考になるわ



46:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/17(木) 11:23:49.33 ID:43hvmS4i0
メキシコ

いわゆる南北アメリカのうち中央あたりにある。欧米には長く知られていなかった

メキシコあたりにオルメカ文明、マヤ文明、アステカ文明などの文明が繁栄、ピラミッドや高度な暦法が有名。アンデスではインカが有名

人身供犠で人間お供えしてたら、はじめてきたスペイン人唖然、滅ぼすor伝染病や強制労働で死ぬ

そんな現状知らなかった王様カルロス一世がそれまでの植民者への統治委託をやめさせ王の直轄地に

南北アメリカへ労働者としての黒人が多く移り、支配者としての白人も移る

メキシコでは現地生まれの白人中心に独立、そのごはフランスの侵略を受けるがフアレスって奴が撃退

それで活躍したディアスが長らく独裁体制。民族自由主義者や農民がメキシコ革命起こす。(1910年)その後はポピュリズム的政権がたつ

ほぼアメリカのお庭、しかも北米自由貿易協定に参加したら経済ぼろぼろになる

だいたい今もそんな感じ


北アメリカやらとの抗争は割愛



51:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/17(木) 11:38:54.62 ID:f3e+i1BR0
>>1
これは世界史ド素人の為の良スレだからスタンスぶらさずに頑張ってくれ



53:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/17(木) 11:42:31.73 ID:43hvmS4i0
>>51
おk
世界史勉強してない受験生ではなく元々勉強する必要のない素人向け



52:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/17(木) 11:41:34.44 ID:43hvmS4i0
じゃあベトナム

古代のベトナムに現在の統一された国はなかった、北部は中国の領地で南部にはチャンパーって国があった。(チャンパーは息が長い

北部は中国がひいたりでてきたり。(おかげで中国色が濃い)そのうちやっとこヴェトナム最初の長期王朝である李朝が成立(南北に渡る)

そのあとには陳朝ができて、最強のモンゴル人を撃退し民族的自覚に目覚め始める

中国の明がちょっかい出してきたのを黎利が撃退して、黎朝が成立。しかし北部は鄭氏南部は阮氏に実権握られる

そこで西山党が支配拡大して・・・と内乱が増える

結局1802年~阮朝成立する、しかしフランスの支援下であったために、フランスの内政干渉多い、結局仏越戦争(ベトナムvsフランス)に破れ保護国化

独立のために日本に留学生を送ったり(ファン=ボイ=チャウらによるドンズー運動)とかいろいろあるも結局無理で、第2次大戦中には日本が一時占領(ホー=チ=ミンは抵抗)

戦後フランスは相変わらず独立させないから独立戦争(インドシナ戦争)。フランス倒すも社会主義拡大恐れるアメリカが干渉し、ベトナム戦争

アメリカも倒し、社会主義政権が成立。ソ連崩壊後は自由主義経済をとりいれ、現在経済発展中



54:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/17(木) 11:42:50.07 ID:d5wU0wHn0
メキシコの今の世紀末じょうたいへの経緯が見て見たかったけど
世界史ってほどの事じゃないのかな



56:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/17(木) 11:45:40.93 ID:43hvmS4i0
>>54
元々メキシコてのはアメリカへの麻薬密輸国家なんだよね確か
俺にわかるのは、経済が疲弊すれば悪い奴らが幅を利かすわけで、
カルテルなんかがどんどん力を増していったってことくらいかな



55:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/17(木) 11:44:11.54 ID:43hvmS4i0
ホー=チ=ミンは有名だと思うけど、ベトナム独立にめちゃくちゃ貢献した人ね
ホーおじさんとか言われて慕われてたとか
Ho_Chi_Minh_1946_cropped
http://ja.wikipedia.org/wiki/ホー・チ・ミン



57:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/17(木) 11:46:01.97 ID:1AV5BSLx0
日本史もお願いします



62:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/17(木) 11:54:43.88 ID:43hvmS4i0
>>57
経緯不明だが、大陸から来たと言われたり言われない大和民族が日本統一

天皇制という世界的に見れば王制成立(まさかの現在までも続く)

日本は文化的には半分中華圏、中国的には直接統治したい感じではなかったらしい、しかも島国だから外敵来ず

モンゴル人があの中国を倒して日本にも来たが、台風で死亡

結局争いといえば国内の統一争いだったが、欧米が力をつけてくると、ぼろぼろになった中国を見て日本起床。明治維新

ロシアが怖いから朝鮮半島を占領されないために朝鮮進出。そのためには朝鮮守る中国も倒す

植民地争いになんとか食い込むも、世界恐慌のあおりを受けてやばくなり、戦争開始

戦後はアメリカの前衛

「日本をとりもろす!」←いまここ



61:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/17(木) 11:53:44.17 ID:TCRpK/y90
知識量ぱねぇ
何やってる人?受験生か?



63:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/17(木) 11:55:47.20 ID:43hvmS4i0
>>61
世界史やってると普通なんだけど、世界史勉強しないと案外知らないよね
一部しか書いてないから興味ある人はもっと詳しく調べてくれ



64:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/17(木) 11:57:34.67 ID:FJZgju990
英・仏「インディアンも利用して米植民地取り合うよ!」

英「戦争には勝ったけど戦費やべぇ…米植民地に課税しなきゃ…」

米「ふざけんな!俺らも英本国のために戦ったのに何で俺らの議会シカトしてんだよ!こっちから代表出てないんだら従わないからな」

植民地に同情的な本国の大ピットなどの活動により印紙法廃止

タウンゼント(空気読めない)「植民地の意思なんか関係ねーからwww課税課税wwwww」→議会は過半数が課税支持だから法案通っちゃう

ボストン虐殺事件とか色々あって

米「あーもう切れたわ」→ボストンティーパーティ

米では独立機運が高まり英本国も開戦派の勢いが止まらない

米「それでも国王なら…国王ならきっと俺たちの気持ちを分かってくれる…」

ジョージ三世「は?植民地が独立?馬鹿なこと言ってんじゃねーよカスが」

コモンセンス「一連の騒動は国王が独立絶対認めないからだっつの」

米「」

開戦



65:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/17(木) 11:58:58.64 ID:43hvmS4i0
>>64
おもろい



67:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/17(木) 12:02:06.52 ID:voD4+uaC0
冷戦からソ連崩壊も頼む



77:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/17(木) 12:25:30.59 ID:43hvmS4i0
>>67
冷戦は第二次大戦中からはじまってた。戦後処理の方針を巡って、すでにソ連を英米は警戒

ソ連は戦後に東欧を緩衝地帯として社会主義国家にした。チャーチルはそれを「鉄のカーテン」と表現(1946年)

アメリカは戦後、大統領トルーマンが宣言をする。社会主義拡大を恐れギリシア、トルコへ経済援助し、資本主義体制に組み込むことを宣言

アメリカは一連の「ソ連封じ込め政策」をして、ソ連は反発し同様な経済援助。ますます対立

欧米はNATO(1949年)、東欧(ソ連)はワルシャワ条約機構結成し、軍事的にも対立

原爆、水爆でも開発競争、金かさむ。そんなとき社会主義革命政権キューバにソ連のミサイル基地を確認、一食触発(キューバ危機)

核戦争はやばい、キューバ危機後はデタントと呼ばれる緊張緩和。やっぱり軍拡よくないってことで軍縮など進む一方、世界各地で代理戦争(ベトナム、モロッコ、キューバ・・・)

アメリカとソ連のチキンレースの結果ソ連の経済あぼん、アメリカ勝利

アメリカ最強伝説へ・・・と思ったらやっぱりアメリカも経済やばい、「どうしよう!日本?チラッ」←いまここ



68:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/17(木) 12:03:10.67 ID:FJZgju990
カダフィ「本腰入れてアラブ・アフリカ統一するよ!」

イスラエル「おいアメリカ!こいつら止めろ!」

アメリカ「ちっ・・・仕方ねーなぁ・・・おいCIA!俺表立って動けないから今回お前の出番な!」

CIA「私の優秀なる頭脳によればチュニジアから民主化を始めればドミノ的に中東が民主化します(^q^)」

アメリカ「おーそれならただのユダヤのガキの使いじゃねー上にやっかいな中東も安定するかも、よしやれ」

~アラブの春~

イスラム原理主義「民主的手続きにより多数派の私が政府運営しますwwww親米?何それwwww」

CIA「私の優秀な頭脳でもこの状況は予想できなかった不可抗力だ私は悪くない(^q^)」

イスラエル「ふざけんなよ・・・ある意味前より厄介な奴らが台頭してきたじゃん・・・アメリカ責任取ってもらうぞ」

正体不明のユダヤ人「ムハンマドは○○○○wwwwwwwプギャwwwwww」

イスラム原理主義「おおおおおおおおおおおおおおおおお!!!!!!!!」

~米大使殺害~

アメリカ「」

イスラエル「わー大変だーアメリカどうするんだろー不安だなー(棒」




69:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/17(木) 12:03:22.49 ID:5vvsvswH0
20130117195426_69_1

あらためて日本のすごさが実感できる



74:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/17(木) 12:11:44.19 ID:43hvmS4i0
ポーランド南米カンボジアフランスイタリアスウェーデンとかノルウェー
とりあえずここら辺か


じゃあポーランド
ポーランドは正直周辺地域史の周辺みたいな感じで世界史的にはわき役

西スラヴ族がこの地を統一、ピアスト朝なんてが有名で商工業や文化で栄える

現在のバルト三国のリトアニアと同じ君主の連合を組み最強へ(東欧ルネサンスの中心)

栄える国はいつか衰える。貴族が強くなると選挙で王を選ぶようになり、弱体化

3回にわたってロシアオーストリアドイツに分割され滅亡、ナポレオンによって一時復活。その後はロシアの支配を受ける

第一次大戦で独立し、ピウスツキ独裁体制でなんとか失った領土などをとりもろそうとするが

ドイツとソ連が手を組みポーランドに侵攻、それをきっかけに第二次大戦。(開戦後はドイツに占領されソ連に解放される)

社会主義国となり、ポーランドでは何回か暴動が起きる、ソ連崩壊後は「連帯」という労組のワレサが選挙で圧勝

ポーランド共和国としてEUに加盟し、西欧の一員になる


宗教的にはキリスト教徒が多い。前の教皇、ヨハネパウロ2世はポーランド人



75:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/17(木) 12:12:46.70 ID:Nm58B1Wk0
中央アジアってできる?



79:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/17(木) 12:28:45.99 ID:43hvmS4i0
>>75
中央アジアは実はあまり知らないんや・・・
知ったかは出来ないからあんまり答えられん



81:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/17(木) 12:36:03.40 ID:DEdnV7DrO
中央アジアってインドとかあのへん?

ペルシアとかが俺は分からん
ササン朝とか王朝がたくさんあるだけのイメージ



87:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/17(木) 12:44:08.27 ID:43hvmS4i0
>>81
イラン=ペルシア
あそこはでかいし、昔から大帝国が多いよ



168:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/17(木) 16:35:00.70 ID:1PahHL7N0
>>87
遅れて聞いて申し訳ない
どうしてアフガンに一目置くんだい?

解説お願いします



178:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/17(木) 18:02:11.84 ID:43hvmS4i0
>>168
まだ強かったイギリス撃退してるしなかなか強い



83:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/17(木) 12:40:09.52 ID:4xFr5tiDP
中央アジアはカザフとかキルギスとかだな

アレクサンダーが遠征して、ギリシャ風の国を作ったり
遊牧民が東西貿易の仲介で栄えたり
イスラムが入ってきたり
モンゴルの通り道になったり
その後継を名乗るティムールが栄えたり
ロシアの餌になったりして
ソ連崩壊後、小国が入り乱れる現在に至る



87:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/17(木) 12:44:08.27 ID:43hvmS4i0
>>83
いいことなしだよね
ただ、アフガンは一目置く



84:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/17(木) 12:41:11.37 ID:43hvmS4i0
アラブの話でてるし戦後のアフリカ達も簡単に説明

今誘拐で話題のアルジェリア

アルジェリアはフランスの植民地で、戦後にFLNという民族解放戦線が独立戦争開始(アルジェリア独立戦争)、結局ド=ゴールが独立容認

FLNのベン=ベラが大統領になり、一党独裁、社会主義とイスラームの二本柱体制

しかし複数政党制になる。そしたらイスラム原理主義が8割の議席を獲得

先住民との対立イスラムと社会主義者の対立・・・結局テロ

南のイスラム国家にフランス軍介入、その結果そこに隣接したアルジェリア南部で誘拐事件発生、フランスの撤退要求←いまここ


リビア

1951年イタリアから独立し、カダフィが無血クーデタで政権掌握(元軍人だからカダフィ大佐、名誉職)

ずっと独裁、社会主義、しかもテロ起こしてアメリカとも国交断絶。ソ連崩壊で経済やばい

イスラム原理主義がアフリカ全土で台頭、「カダフィなんかいらん」となりアラブの春で殺される



88:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/17(木) 12:47:28.97 ID:zONBJzmy0
ロシア(ソ連】やろうぜ、激烈だからあの国の歴史楽しい
旧ソ連の恐い話
http://blog.livedoor.jp/nwknews/archives/4350424.html



92:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/17(木) 13:01:01.17 ID:X7lXLCv00
ドイツにイスラム教徒とか入ってきてませんww



94:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/17(木) 13:08:57.93 ID:43hvmS4i0
オーストリア(略称:墺)

前提として神聖ローマ帝国はいくつもの国家による連邦くらいのイメージを持ってほしい


ローマ帝国の後釜である神聖ローマ帝国がオストマルク辺境伯領設置。ここでやっと墺の原型の領域を形成

その後独立し、今度はあの有名なハプスブルク家の領地に。神聖ローマの皇帝を事実上の世襲で輩出。カール5世なんかが有名。

最強オスマン帝国(トルコの前身)が墺の首都:ウィーンを二度も包囲するが撃退。墺もそのまま最強になるかと思われたが

キリスト新旧教徒の対立が激化、三十年戦争という長ったらしい戦争が勃発。完全に没落

その後も敗北続き、ついにナポレオンによって神聖ローマ帝国は消滅

その後はドイツ民族による統一が図られていくも、オーストリアはぶられる。プロイセンというドイツ人国家(後のドイツ)にやぶれてハンガリーと連合組むことに

オーストリアは他民族国家であり独立されると困る、だから隣接したボスニア・ヘルツェゴヴィナで反乱が起きるとそこを併合

それを悪く思うセルビア達バルカン諸国と抗争開始、セルビア人青年が墺の皇太子を殺害(サライェヴォ事件)。第一次大戦へ

敗北、没落。墺ってなんだよ状態でドイツとの合併を禁止されるもヒトラーが合併させて、第二次大戦。でも敗北

戦後、永世中立国にさせられる


ちょいとした国だと説明くさくなってむずかしい

>>92
ドイツじゃなくてフランク王国が撃退したんだって、そのあと分裂して現在のドイツ



99:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/17(木) 13:15:26.06 ID:X7lXLCv00
>>94
知らない人が見たらドイツにイスラム教徒が入ってきたように見える
カロリング朝からフランク王国が始まったようにも見える
わかりやすくするために情報を省くのはいいけど誤解を与えるのはよくない

あと上でイギリスがほとんどカトリックとか言ってるのはアホ



107:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/17(木) 13:28:02.81 ID:43hvmS4i0
オーストリアの話にマリア=テレジアを追加
ハンガリー・ベーメン(チェコ)の女王

没落中の墺で即位(ただまだ大国)、しかし「女王とか論外だろワロス」な連中が反対する、そして隣国のプロイセン(現ドイツ)も介入。

オーストリア継承戦争勃発(国際戦争のため植民地でも同時期に戦争勃発、ある意味大戦)、プロイセンはシュレジエン地方を墺から獲得(一方墺の王位自体は夫のフランツが継いだ)

怒ったマリア=テレジアは、外交で革命を起こし、天敵フランスと組み、奪回を図るもその後の七年戦争でもプロイセンに敗北

没落

ちなみにマリア=テレジアの娘はあの有名なマリ=アントワネット。フランスと組むために政略結婚をさせられる

フランス王ルイ16世と結婚したがフランス革命勃発。国民は国王好きだったのに、マリア=テレジアは海外へ逃亡を図る、みつかる

裏切られたという国民の絶望はでかく、8月10日事件で捕らえられ王と一緒に処刑されフランスは(第一)共和制(王がいない政治体制)になる

なお「パンがないならケーキを食べればいいのよ」という言葉は後々の作り話らしい


>>99
確かに。急いで書くあまり省きすぎたかも
イギリスがほとんどカトリックと言ってるのは俺じゃないよね
カトリックが多いのはアイルランドやね



96:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/17(木) 13:10:58.13 ID:UdS6zdFh0
今年世界史受験だけど記憶の整理にちょうどいいな
もっとやってくれ、面白い



108:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/17(木) 13:29:44.52 ID:43hvmS4i0
訂正:マリア=テレジアはオーストリアの大公でしかもハンガリー・ベーメン(チェコ)の女王ね



110:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/17(木) 13:33:58.73 ID:43hvmS4i0
ああ本当だフランク王国のくだりおかしいな



112:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/17(木) 13:40:26.41 ID:43hvmS4i0
・フランク王国
メロヴィング朝をクローヴィスが創建

宮宰という摂政の、カール・マルテルがイスラム教徒を撃退
その子のピピンがカロリング朝を起こす
そのまた子のカール大帝は有名
その後に分裂して、その国境がほぼ現在のドイツイタリアフランス



113:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/17(木) 13:49:36.61 ID:F+c3ic0j0
ゆういつ?植民地にならなかったタイの歴史お願いします。



118:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/17(木) 13:58:44.04 ID:43hvmS4i0
>>113
左隣のビルマ(現ミャンマー)がイギリス領で、右隣のラオス、
カンボジアフランス領だったために緩衝地帯として独立を維持
一方で不平等条約を押し付けられたりもしたが、王の善政のおかげで近代化も果たす
タイは特殊だね



116:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/17(木) 13:52:18.31 ID:d5wU0wHn0
バチカン市国の存在を聞きたい
なんなの市国って



118:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/17(木) 13:58:44.04 ID:43hvmS4i0
>>116
バチカン市国てのは教皇の領地みたいなもの
教皇は元々教皇領を持っていたが、イタリアに占領される
イタリアが仲直りのために独自の国を許したのがバチカン市国



117:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/17(木) 13:53:53.17 ID:43hvmS4i0
タイ

現在のタイには元々タイ族は住んでいなかった
タイ人てのは中国から見て南西あたりにいたらしい、その後南下して、現在のタイへきた
説明くさくなる勘弁


スコータイ朝が最初の統一された長期王朝でタイ文字をこのときにつくる

アユタヤ朝のときに最盛期、最大領土。山田長政という天才日本人がいたのも有名。しかしミャンマー(旧ビルマ)のコンバウン朝に滅ぼされる

チャクリ朝成立。現在の王朝で、ずっと独立を維持する

第二次大戦で日本の東南アジア侵攻を支援(一方で抵抗グループもあり)

軍部の政治介入でたびたび混乱中



124:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/17(木) 14:13:05.03 ID:43hvmS4i0
誰か代わりに書きたいって人居たら勝手に書いてええんやで



125:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/17(木) 14:13:44.99 ID:A3CapqSZO
アルバニア
◆ユーゴ、ソ連を敵に回したかつての社会主義国
◆史上初の無神国家宣言
◆歴史的にはキリスト教勢力に囲まれたイスラム教地域、そして今は無宗教と無神論者が跋扈
◆90年代半ばに国家規模の巨大ネズミ講企業が倒産し、財政ズタボロ
◆首都ティラナは日本人が設計に関与した計画都市
◆国旗デザインの悪の帝国感がすごい

歴史は知らないけど、マイナーな割にネタは富むね



129:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/17(木) 14:48:21.34 ID:X7lXLCv00
エジプト

紀元前から「4代文明」の1つとして王国が栄える。エジプトはナイル川の氾濫による豊かな土壌で古代~中世まで世界有数の穀倉地帯。

その後メソポタミア、小アジア(今のトルコ)、ペルシャなどに起こった国々と抗争を繰り広げ、最終的にペルシャに併合される

ペルシャがマケドニアのアレクサンドロス大王に敗れ、エジプトもその支配下となる

大王の死後プトレイマイオス朝として独立するがイタリアから勢力を広げたローマによる侵攻を受け滅亡

ローマ支配下の豊かな属州として安定期が続く。ローマ分裂後は東ローマ帝国の一部となり、ペルシャに起こったササン朝との抗争の場となる

アラビア半島で生まれたイスラム教徒が勢力を拡大し、ササン朝を滅ぼして東ローマからもエジプト・シリアを奪う

イスラムの政治的中心地は長くシリアのダマスカスやイラクのバグダードにあったが、食糧生産や海上貿易などでエジプトは繁栄

イスラムの帝国が分裂するとエジプトの地域にも独立政権ができてますます繁栄

16世紀からは急速に勢力を伸ばしたオスマントルコの支配下に入る

19世紀の帝国主義時代にはムハンマド・アリーがトルコから事実上独立を果たすが、経済的にはイギリスの支配下に

2度の大戦後イギリスが力を失い、イスラム勢力の中では人口も多く国力の高いエジプトがイスラム諸国の主導権を握ってユダヤ人国家イスラエルに対して中東戦争を起こす

その後イスラエルに対して融和政策をとるようになるが、イスラム過激派の反発を招く。大統領の独裁政治にも不満が高まる

革命



141:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/17(木) 15:38:34.24 ID:43hvmS4i0
おまえらの嫌いな朝鮮史かきますわwwwww
ちょいまち



144:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/17(木) 15:49:31.93 ID:43hvmS4i0
伝説の檀君朝鮮、次に中国の殷の人が建てた箕子朝鮮が出来、また中国の武将による衛氏朝鮮ができる

高句麗という国家が半島北部辺りに発生、南部には韓族の3つの国が成立(そのうちの百済は日本に仏教を伝え、日本と共闘する)

高句麗は隋にやられ、南部の3つの国のうち新羅が半島を初めて統一する(ピョンヤン以南)、また仏教が栄えるが衰退

高麗という国が出来、半島統一。仏教を保護国化してモンゴル人が来たときにも祈り続けるが征服される(このとき三別抄という兵士たちが抵抗、鎌倉幕府に援軍求めるも拒否)

高麗王は人質としてモンゴルに捕らえられ、王はモンゴル教育のお陰でモンゴルべったり

クーデター的な感じで李氏朝鮮が成立。仏教だめじゃんということで中国、明の朱子学(儒学)をとりいれる。かつてよりも中華世界にべったり。両班という官僚が幅きかす

秀吉が来る。明の援軍でなんとか撃退(正確には秀吉が死んで撤兵)、結局中国の新王朝である清に服属、朝貢をする

ずっと中華にひたりすぎ朱子学的思考の官僚達。「欧米?日本?中華の外の野蛮人だろw」とか言ってたらいつの間にか日本に支配される

海外に亡命政府を建てるも1945年まで独立ならず。しかも戦後に朝鮮戦争、南北分断。両方で軍事独裁

南部はつい最近やっとこ民主化、経済発展。一方北部はかりあげ将軍の元独裁まっさかり



156:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/17(木) 16:04:22.39 ID:43hvmS4i0
>>144訂正
高句麗の部分で、高句麗は隋をむしろ3回撃退してる



147:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/17(木) 15:52:35.88 ID:zniZB7mlQ
何世紀とかいれてほしいかな



150:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/17(木) 15:55:42.83 ID:43hvmS4i0
>>147
すまん
3つの国が6世紀あたりに成立
高麗が1000年ごろ。李氏朝鮮は1400年ごろ
その後1800年代後半に日本が進出、1910年に併合



152:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/17(木) 15:57:45.97 ID:43hvmS4i0
いや3つの国は6世紀より数世紀前くらいに成立だな
ちなみに当時南のほうに倭人と呼ばれる日本人?が住んでたそうな



153:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/17(木) 15:58:09.99 ID:L/bsfLXr0
南京事件は実際にあったのか、あったとすれば人数はどのくらいか

誰か教えて!



155:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/17(木) 16:02:54.90 ID:43hvmS4i0
>>153
俺は専門家じゃないし、正解は分からん。

混乱の時に民間人が殺された可能性はある
理由は中国軍人が民間人に偽装してたりしたから
ただ何十万人というのはあり得ない(当時の南京人口よりも多いため)
日本軍は軍隊だから国際法を完全に無視しているということは考えにくいね
加えて民間人は赤十字の保護区画に避難していたという話だし、戦時中はそんな虐殺の話は一切回らなかったことから
かなり誇張された話なんじゃないか



159:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/17(木) 16:10:32.71 ID:L/bsfLXr0
>>155
なるほど、高校時代に教師から南京事件はあったって教わってきたから不安だったんだ。
やっぱりあれは誇張されすぎだよなぁ、正しい世界史の教育をしてほしいもんだよ。



154:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/17(木) 15:59:14.00 ID:X7lXLCv00
隋は高句麗に数回撃退されてて、唐すらも2代李世民が高句麗に敗れて撃退されていて
唐と新羅が組んで高句麗が滅亡するまでにはタイムラグがありすぎるから「高句麗は隋にやられ」はまずいかも



156:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/17(木) 16:04:22.39 ID:43hvmS4i0
>>154
ごめん普通に間違えた
もうちょい慎重にやりますわ



161:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/17(木) 16:12:46.57 ID:/CKru9GIP
南アメリカお願いします
あの辺りって歴史にまったく登場しないよね



166:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/17(木) 16:26:53.55 ID:43hvmS4i0
>>161
南アメリカはずっと他の大陸と隔絶されていた

鉄、車輪さえなかったとされる。なのに巨石文化が発展していたという謎。インカ帝国(12世紀~)などの(古代的)文明が栄える

スペイン人がやってきてあっという間に征服

多くの先住民は死ぬ。それを補うために黒人奴隷が連れ込まれる。奴隷的な扱いによる封建的土地制度が成立

南米の多くはスペイン領であったが19世紀あたりに多くが独立(シモン=ボリバルやサン=マルティンのおかげ)

しかし封建的土地制度はのこったままで、後に革命を引き起こす。なおアメリカは自国を開拓したあとはちょっかいを出し続ける

第二次大戦後はアメリカのお庭を嫌う反米主義者が実権を握る国が多くなる(カストロ、チャベス・・・)

今もアメリカともめてる国多数



164:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/17(木) 16:16:45.03 ID:M38vfZL70
てかカナダをたのむ



169:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/17(木) 16:35:38.94 ID:43hvmS4i0
>>164
約1500年のイタリア人カボットによるカナダ発見後、イギリスとフランスが植民活動をする

英仏の戦争後(七年戦争)イギリス領となる

第二次大戦後独立

しかしフランス系住人もまだケベック州などに大量にいるから、国の多数派のイギリス系と対立

フランス系が分離独立運動(未だに達成ならず)


めちゃくちゃ簡単にした



172:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/17(木) 17:00:05.75 ID:f3e+i1BR0
二つの世界大戦を同じ要領で書いて欲ちぃ



175:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/17(木) 17:25:28.29 ID:43hvmS4i0
第一次大戦
まず、前提として当時は民族主義が盛んな時代であったことを理解してほしい。
当時の情勢としては、英仏露間で同盟や協商が結ばれていて、一方のドイツ側はオーストリア、イタリアと三国同盟を結んでいた
そしてバルカン半島でもバルカン戦争が起きるなどバチバチやってた。まさに大戦起きそうな感じ

オーストリアは他民族国家のため、周辺諸国の独立運動に警戒していた

バルカン半島のボスニア・ヘルツェゴヴィナが暴れ始める。オーストリアはちゃちゃっと併合

隣国のセルビア人はこれをよく思ってない(これはまたややこしい)

セルビア人青年がオーストリア皇太子を暗殺、これにオーストリアマジ切れ「おいセルビア犯人よこせ」→拒否

ぷっつんしたオーストリアはセルビアに宣戦、なし崩し的に同盟状態のドイツも参戦

そしたらバルカン半島への進出を嫌う英側の思惑もあり、協商国vs同盟国の大戦へ(日本なども協商側で参戦)

アメリカ「英が負けたら借金返してもらえないじゃん」→協商側で参戦

ドイツ頑張った、でも味方は結構ヘタレ。イタリアは秘密協定で裏切り、結局ドイツも降伏

英仏「ドイツこわいわ」ということで戦後の条約でドイツをいじめる(ちなみに同盟側には他にもブルガリアやオスマン帝国などもいたが割愛)

第二次大戦の火種になる


ちなみに大戦中、ロシアで二度の革命発生。「勝手に講和するね^^あと英仏は秘密協定とか結んで最悪だからそっちを責めてね」

ドイツと一人で講和し、現在のパレスティナ問題にも繋がるイギリスのいんちき外交を暴露してる



177:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/17(木) 17:48:52.44 ID:43hvmS4i0
第二次大戦

アメリカでバブル、しかしいきなり世界恐慌が襲う。米英仏「これはやばいわ、他の国と貿易なんかしないで仲間内でしこしこするわ」

本国と植民地での貿易に限るブロック経済が形成。植民地が少ない日本やイタリア、全部とられたドイツが瀕死

ドイツはもうゾンビ状態。そこに万字のヒゲのおっちゃん登場、ヒトラーはすごい演説力で一気に人気を集め、政権をとる

公共事業で景気回復!軍備拡張も構わず勝手に行う。国民には大人気。英仏は戦争してるほど余裕はないから戦争回避のために軍拡容認

調子にのったヒトラーは東欧へ拡大する。日本、イタリアと事実上の軍事同盟を結ぶ

しかもまさかのソ連とも軍事的な協定を結ぶ(独ソ不可侵条約)。ソ連は日本とも中立条約を結び自国の安全を確保

ヒトラー「こりゃポーランドもいけるわwwwww」それでポーランドに侵攻したら英仏ぷっつんで第二次大戦勃発

同盟状態の日本は南下して戦略物資を確保しようとする(石油とか)ちなみに中国とも戦争していた

ドイツ怒涛の進撃。フランス即降伏。東へ軍を進めると、ソ連とついに開戦。日本も同時期にアメリカと開戦

最初は良かったけどアメリカ強すぎワロタ、ソ連も意外に強くていつの間にか英米側が有利になる

イタリアいつの間にか降伏、ドイツも頑張ったが降伏、しかし日本しぶとい。竹やり作戦には鬼畜英米も恐れ入ったはず

そこで原爆が日本に投下、降伏

そして戦後も多くの地で植民地支配はつづいてしまうのであった
それからそれぞれの植民地の努力の結果、ほとんどの国が独立した

内容が内容だけに簡単にするのはむずかしい



66:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/01/17(木) 12:00:58.08 ID:FMyumaXl0
良スレ



転載元:http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1358385633/
【閲覧注意】心霊写真・恐怖画像 祭り

かわいい女の子がやったら反則なもの教えて

「この作者とうとう狂ったな・・・」 と思ったシーン

田舎の駅前の悲壮感は異常

じわじわと笑える決定的瞬間の数々

戦闘機の低空飛行で建物の窓ガラスがほぼ全壊wwwこれは酷いwww


この街(初回生産限定盤A)(DVD付)この街(初回生産限定盤A)(DVD付)
℃-ute

ZETIMA 2013-02-06
売り上げランキング : 282

Amazonで詳しく見る by AZlink