374:本当にあった怖い名無し:2013/01/29(火) 12:43:15.70 ID:6nOVXLKT0
数十年前に起きた、赤ちゃん取り違え事件の顛末が何だかなぁ~と思うよ。

A夫婦には8歳になる娘(A子)が居たが、偶然受けた血液型検査で
A子とA父とは親子関係が成り立たない事が判明。

当然、A父はA母の不貞を疑い不穏な状況になるが
A母には全くの濡れ衣で、潔白の証明を探す内に
そもそもA子がA両親のどちらにも似ていないのに不審を抱き
A子を出産した産院を調べると、同日に女児を出産した夫婦が
もう一組居た(B夫婦)事を知り、その夫婦との子供の確認を希望した。

B夫婦にしたら寝耳に水の話だが、まさかと思ってA親子と会ったら
もうA子・B子とも、疑いようも無いほどに相手親にそっくりな事が判明し
当時の産院の赤ちゃんの管理の杜撰さや、血液型、顔つきの一致性から
最早「赤ちゃんの取り違え」は決定的になり、A夫婦は実子への取り替えを希望。

しかしB夫婦にしたら「子供が取り違えられていました。はい交換」で
済ませられる訳もなく、千千乱れる心のなか
我が子として育ててきたB子をそのまま育てる事を希望したものの
裁判所の決定か何かで、結局は其々の子供を取り替える事に。

可哀想なのは子供達で、いきなり両親が変わって混乱し
特にB子は何度も前のB親の元に逃げ帰ってしまうことから
AB両親が相談し合って、両家が隣同士に住んで
子供は両家で共同で育てる事になりました。

と、雑誌で危機を乗り越えた親子達の美談って雰囲気で掲載されていたが
いや、徹頭徹尾両家で取り合っていたのはB子であって
最初から、頼り両親から拒否された形で交換を望まれた上に
交換先の両親からも「いや本当はあっちの子が希望だったんだけどね」的スタンスで
嫌々引き取られたA子の立場はどうなるんだ?!
と、読んだ当時はまだ子供だったがモヤモヤしたよ。

リング


7:本当にあった怖い名無し:2013/01/16(水) 21:18:09.26 ID:0DACMtTz0
じゃあ実話な話をひとつ。
俺数年前まで国の某A組織にいたんだが、その時の話。

当時の「飲酒運転厳罰化」の世情を受けて、その組織でも「飲酒運転は即退職」と
決められて、ことあるごとに上の方から「いかんぞ~いかんぞ~」と言われてた。

部隊ごとにアルコール検知機を買って、毎朝出勤してきた奴はこれで検査!
なんてことを
やってたりもした。
特に熱心な部隊なんかは隊員一人一人に検知機を買わせて、
車に乗る前はこれで検査!なんてことを
やってたりもしたらしい。

そんなある日、休日の朝にいきなり部隊の隊員全員に呼び出し。
聞けば近場の別部隊の某隊員が飲酒運転で交通事故、警察に逮捕されたのが発覚したらしい。
大部屋に集められて、今日はここで一日、どうすれば
飲酒運転がなくなるか全員で話し合え、と言われた。




10:本当にあった怖い名無し:2013/01/16(水) 21:37:50.58 ID:0DACMtTz0
あとで聞いたら、どうやらその辺一帯のほぼ全部の部隊で同じことをやってたらしい。
まあそれで、話し合ってるうちにその事件の経緯がきこえてきた。
その経緯というのが

その某隊員、夜中に実家から「お母さんが病気で倒れた」という連絡。
軽く晩酌で一杯やった後だったんだが、もうバスは終わってるし、タクシーは金かかるし、
飲んだのも軽くだし、もう何時間もたってるし、てことで部隊に買わされた
例のアルコール検知機で自分の息を検査。


アルコール反応なし、よし大丈夫、てことで車で出発。
ところが当時はちょうど冬、でしかもそこは北国。
ブラックバーンの道路に車がスリップして雪山に突っ込み、
駆け付けてきた警察にアルコール検査を受け、

そこでアルコール検出、逮捕。というような話だった。



14:本当にあった怖い名無し:2013/01/16(水) 21:58:30.11 ID:0DACMtTz0
結局俺たちが解放されたのは夕方の4時ころ。休日がほぼ丸一日潰れる形になった。

その某隊員は初犯ということでそんな刑事的に
深刻なことにはならなかったらしいが、その組織としては

事情はわかるがもう組織内で決められていたことだし、ということで、
結局退職になったと後で聞いた。


まあ酒飲んで車乗ったのが悪いと言ってしまえばそれまでだし、実際その通りなんだが
結局人1人、上の言うことに従った挙句に職を失くすことになってしまったわけで。
俺的にはなんか嫌なものが残る経験だった。
その後上の方は「アルコール検知機といえど信用し過ぎてはいけない!!」なんて言っていたが
それもなんだかなあ、という感じだった。
その後、そのアルコール検知機検査はだんだんと廃れていき、半年もしたら、
もう誰も口に出す奴はいなくなっていた。


おわり
実は書きながらだった。スマン!



31:本当にあった怖い名無し:2013/01/17(木) 17:48:38.88 ID:QMI+tWz+0
どうぶつ奇想天外で、10年ほど前にやってたノスリという猛禽のドキュメントが忘れられない

あるノスリのつがいのもとに三羽ひなが生まれるのだが、
三羽目は遅く生まれたため、上の兄弟と比べて明らかに小さい。

ただでさえ上の子が強い上に、親は上の子たちに合わせたサイズの
餌を持ってくるので、三羽目は食べることさえ精一杯だった。


ある日、いつもより大きいサイズの餌(モグラかネズミだった)を
食べようとした三羽目は、のどに詰まらせてしまう。

飲み込むことも、吐き出すこともできずにもがき続けるが、
なすすべがなくだんだんと衰弱していく。


すると、上の子の一羽がひょいとのどに詰まった餌を取る。
「おお、美しい兄弟愛ですね」と、ナレーション。

ところがその直後、上の子たちがよってたかって三羽目を攻撃。
そこへ親が戻ってくるのだが…上の子たちをいさめるどころか、
動かなくなった三羽目の体を引き裂いて、上の子の餌にしてしまった。


…お茶の間が凍りついたよ



32:本当にあった怖い名無し:2013/01/17(木) 17:56:24.86 ID:vA4EHFfW0
>>31
どうぶつ奇想天外ってむしろそういうヘビーな動物の生態を取り上げてくれる所が好きだったのに
番組末期はデブ猫特集やらペット可愛いやら視聴者に媚びた内容が多くなって後味悪かった



34:本当にあった怖い名無し:2013/01/17(木) 18:05:24.03 ID:QMI+tWz+0
>>32
最近の地上波の動物番組はシビアさがないよね
いきもの地球紀行や、どうぶつ奇想天外を見ていたこちらにとって
志村どうぶつ園とか不快さの極みだ



35:本当にあった怖い名無し:2013/01/17(木) 18:23:09.78 ID:jKe+6iqNT
>>34
志村どうぶつ園の動物の心が読み取れる(笑)とかいうのは
いかにもお涙ちょうだいが露骨すぎてな…



46:本当にあった怖い名無し:2013/01/17(木) 21:34:28.85 ID:mHGvGTOr0
クレヨンしんちゃんより 個人的に後味の悪い話

野原家の向かい側には捨内という住人が住んでいた
彼はゴミをため込んでしまう性格のようでその結果、異臭が野原家にまで広がっていた
野原家は捨内にゴミを片付けに行く

その際、しんのすけの父、ひろしは捨内と初めて面識する
だがその時ひろしは妙な感覚に襲われた

(あの人、以前に会ったことがある)

だが当の捨内はひろしのことなど微塵も覚えていない
その後もなんどか捨内と会うがどこかで会ったという感覚だけで思い出せない

2009年に作者の臼井義人が急逝してしまったのでその真実は謎のまま
個人的にはものすごく後味が悪かった



51:本当にあった怖い名無し:2013/01/18(金) 03:19:58.75 ID:uBrvuOjA0
「フランケン・ふらん」って漫画から。

一話完結型で、生命工学に精通している主人公「斑木ふらん」が、
依頼されれば彼女なりの解釈で手術を施して依頼を完了していくというのが大筋。

話の冒頭で、女の子が車に轢き逃げされ瀕死の重傷を負う。
近くにはその直前にその子に告白し、ボロクソにフラれた男の子がおり、
目の前にあったふらんの屋敷に助けを求める。

バラバラになってる女の子を見て最初はめんどくさそうだったふらん。
(それどころか「使える臓器はもらっとくね~」とか言ってる)


しかし、ある方法を思いつき男の子に「この子を愛しているのか」
「何があっても文句を言わないでね」と念を押し、

実験も兼ねて手術を施すことにする。

手術が終了し、目を覚ます女の子。見開きに描かれる頭部だけ女の子の巨大芋虫。
最初は狂乱し、男の子を激しく罵倒する女の子だけど、
男の子が足繁くお見舞いに行くうちに、なんだか二人はいい感じに。

その後、ふらんの「いずれは元の体に戻る」という
言葉と男の子の励ましもあり、女の子はリハビリをがんばる。

その甲斐あって(?)女の子は蛹となった後、
無事羽化して元の体に戻り、退院して男の子と仲良く去っていく。




52:本当にあった怖い名無し:2013/01/18(金) 03:20:31.89 ID:uBrvuOjA0
ここで終わればいいんだが、
「昆虫が変態するのは交尾と産卵のため。中にはそれが命懸けの種もいる。何も無ければいいんだけど…」
とふらんの不穏なセリフ。

場面が変わり、ホテルの一室でベッドに腰掛ける男の子と女の子。
暗転し、「い…いたい」「ゴメン、大丈夫?」というやりとりがあり、ムフフな展開かと思いきや……。
次のコマでは、「いたいいたい」と呻く男の子と「ゴメンゴメンダイジョウブ」と言いながら
男の子の腹を開いて内臓を食らう女の子(複眼になってるわ服の下には羽と思われる突起があるわでえらいこっちゃ)が描かれEND


因果応報で依頼主がえらい事になる展開が主だから、男の子が可哀想で…。
ただ、別の話で、この女の子と思われる昆虫人間が
普通の赤ん坊を出産しているのが描かれているので、ちょっとは救われる(?)




58:本当にあった怖い名無し:2013/01/18(金) 20:40:16.36 ID:ZY5VZ1GD0
纏足で思い出した後味悪話。
人によってはざまあかもしれん。

清王朝末期、ある裕福な家の奥様が亡くなり主人は後妻をもらう。
後妻には娘がおり、良家の娘の嗜みとして纏足を施すが
邪魔な先妻の娘にはしてやらず召使扱いして大足pgrしていた。
しかし時代は流れ、娘たちが成人する頃には清王朝は滅んで
辨髪も纏足も悪しき過去の因習と思われるようになった。

良家だった娘たちの家も父が亡くなった事で没落し、暮らしの安定のために三人は都会に出る。
先妻の娘はこき使われていただけあって働き口もすぐに見つかり
英国に留学した坊っちゃんに見初められて結婚する。

欧米の新しい文化に触れて育った夫は中国の古い習慣を嫌っており、
纏足をしなかった事や召使経験がかえって
新しい社会の自立した女性にふさわしいととってもらえた。

一方後妻の娘は甘やかされて育ち、纏足なのもあってろくに働けず
だんだん欝屈していってしまう。

纏足してもらえない大足の義姉なんか嫁の貰い手がないと母娘で見下していたのに
玉の輿に乗ったことで妹は病んでしまう。
最後は今時の纏足をしていない、大きくとも軽やかに動ける娘たちを嫉み
斧を振り上げたところで終わる。

先妻娘は美人で気立ても良く描かれ、後妻娘はデブスで性格も悪いんだが
纏足に関しては本人の責任じゃないからちょっと哀れだと感じた。



59:本当にあった怖い名無し:2013/01/18(金) 20:49:02.20 ID:+WlqZGWrO
>>58
シンデレラの足のサイズだけ逆転版みたいだね



73:本当にあった怖い名無し:2013/01/19(土) 03:49:33.71 ID:Gq7tedMB0
>>58
それ、「三寸金蓮」って漫画じゃない?
確かシンデレラをベースにしたダーク系漫画だったはず。

余談。
シンデレラのルーツって中国なんだそうだ。
だから「靴が小さくて誰にも履けない」というのは、
もともとのシンデレラが中国で纏足していたから、
靴が小さかったのではという説がある。



60:本当にあった怖い名無し:2013/01/18(金) 20:57:46.01 ID:/8l2ukVJ0
斧を振り上げたっていうのは自分の足に向けてってことでいいのかな



61:本当にあった怖い名無し:2013/01/18(金) 21:41:56.11 ID:ZY5VZ1GD0
娘たちに振り上げてた
「私だってあんな足があれば…!」って感じ



90:本当にあった怖い名無し:2013/01/20(日) 00:06:39.96 ID:G/S88upT0
うろ覚えなんで詳細は違ってるかもしれないが、
「地球はプレイン・ヨーグルト」っていうSFの短編。


凄腕の料理人が政府の要請で極秘裏に召集。
そこで対面したのは、政界の陰の支配者にして超絶味覚の持ち主な老人と

マリモに無数の触手の生えたような生物。

その生物は異星人で、言葉やゼスチャーの変わりに「味覚」でコミュニケーションをとる存在。

体表に意を込めた体液を分泌し、それを触手で舐めとって”味”で意思伝達をしていた。

異星人との交渉者として選抜された老人と料理人は、
老人がマリモのメッセージを舐めて味わう→その返答を料理人が該当する味の料理を作る

という外交が進められ、老人と料理人の能力の高さから順調にコミュニケートが進んでいった。
(ちなみに作品名にもなった地球を表す”味”はプレイン・ヨーグルト)


そんな最中事件が起こる。
料理人が、うっかり躓いて”返答”用の無数の料理をマリモに一度にブチまけてしまう。

その後何故外交は突如打ち切られ、料理人は任を解かれる。
それから数年後、色々あって料理人は当時の関係者から事の詳細を知る。


マリモにとって件のブチまけた”味”は最大級の侮辱的な”味”であり激怒。
が、その激怒の”味”は老人が今まで味わったことの無い至上の美味だった。

老人はその快楽の虜となり、己が権力を最大限に発揮し、計画を闇に葬りマリモを私物化・監禁。
その後、マリモにあらゆる虐待・拷問を課し”至上の美味”を分泌させ味わい続けているのだった。

物語の〆は、今も人知れず密室で異形の化物を虐待し、
その体表を舐め回している醜悪な老人が居る。
というモノだが、その絵面を想像しただけで後味が悪い。




119:1:2013/01/21(月) 11:52:57.39 ID:roNedTw90
まとめ下手かつ文章力なしのため読みにくいかも。
-----------------
映画「モールス」

舞台は1983年冬、雪深い田舎町。
12歳の少年オーウェンは、両親が別居しており、母親と二人でアパートに暮らしている。
彼は学校ではいじめっ子たちから苛められ、家では母との会話もなく、
いつも一人の孤独な少年である。

ある夜、隣の部屋に同年代の美しい少女アビーと初老の父親が引っ越してくる。

ある晩、オーウェンが中庭で一人いると、
どこからともなくアビーが現れ、
初めて会話を交わす。
彼女は雪の上を裸足で歩き、学校にも通っていない不思議な雰囲気の少女だった。

何度か会う内に、アビーと仲良くなったオーウェンは、
モールス信号を彼女に教え、壁越しに話しをするようになる。
二人だけのやりとりを続けるうちに、いつしか孤独な二人は、お互いに心惹かれていく。

ある晩二人で遊びにでかけた際、ふとした拍子にオーウェンは彼女を抱きしめる。
アビー「私のこと好き?普通の女の子じゃなくても好き?」
オーウェン「うん。好きだよ・・・。僕と付き合ってくれる?」
アビー「付き合うと何か変わるの?」
オーウェン「よくわからないけど、たぶん、今までと同じだよ」
アビー「だったらいいわ。付き合う」



120:2:2013/01/21(月) 11:53:42.01 ID:roNedTw90
アビーが引っ越してきた頃と時を同じくして、町で猟奇的な連続殺人事件が起こり始める。
首を切り裂かれ、血を抜き取られた若い男、
また凍りついた池の中から発見された、
首をえぐられた男・・・。

犯人はアビーの父親であり、実は、ヴァンパイアであるアビーのために血液を採取していたのだ。
ある晩、父親は血液を採取しようと、若い男の車の後部座席に身を潜める。
しかし、ガソリンスタンドで父親に気づいた男に抵抗されたので、気絶させ
車を急発進させるが、ガードレールを突き破る大事故を起こしてしまう。
車中に閉じ込められ、動けなくなった父親は、身元を隠すために自分の顔に強酸をかける。

彼が病院に運び込まれたのをニュースで知ったアビーは、10階にある彼の病室まで
外壁伝いに登っていく。父親は窓を開けアビーに首元を差し出す。
彼の首に噛み付き血を吸うアビー(彼は普通の人間)。
やがて力尽きた父親は窓から落下し息絶える。

翌晩、オーウェンはアビーをアパートの空き部屋に連れて行き、
彼女と血の契約を結ぶために指を切る。
滴り落ちる血を見たアビーは、血に引き寄せられ、床に落ちた血を舐めてしまい、
ヴァンパイアとしての姿をオーウェンに見せてしまう。
ハッとしたアビーはオーウェンを突き飛ばし、逃げ出す。
オーウェンはアビーを追い、彼女の部屋に向かいアビーを問いただす。
彼女は自分がヴァンパイアであることを認める。
このとき、オーウェンは部屋にあった何十年も前の写真から、
彼女の父親だと思っていた男が実は、オーウェンと同じような少年であったことを知る。



121:3:2013/01/21(月) 11:54:40.31 ID:roNedTw90
翌朝、連続殺人事件を追っていた刑事は、様々な状況から
アビーと父親に目を付けアビーの部屋にやってくる。
刑事はバスタブの中で眠るアビーを発見する。
このとき部屋に潜んでいたオーウェンが
叫び、刑事の気を引きアビーを起こす。
この隙に刑事の背中に飛び掛ったアビーは刑事を殺害し血をすする。

その夜、もうこうなったらここにはいられない、と町を去ることを決めるアビー。
何も言えず、自宅の窓からタクシーに乗り去っていくアビーを涙を流しながら見つめるオーウェン。

翌日、放課後のプールで水泳の練習をするオーウェンに、いじめっ子達が絡んでくる。
いじめっ子にプールに沈められるオーウェン。苦しくて気を失いかけたそのとき、
水の上でいじめっ子達の悲鳴が聞こえ、次の瞬間彼らの首や手などが水中に落ちてくる。
オーウェンが水の上に顔を出すと、そこにはアビーがいた。

その後、場面は変わり列車の中、オーウェンはどこかに旅をしている。
傍には大きなトランク。トランクの中にはアビーが隠れており、
二人はモールス信号で
会話をしている・・・。


----------------
映画自体は終始切ない雰囲気が漂っており面白かったんだけど、
オーウェンのこの後のヴァンパイアの従者としての人生を考えるともやっとする。
父親(と思われていた男)と同じ殺人者として、生きていかなければならないし
その結末はまさに作中で示唆されているしで、思春期の一時の感情で
取り返しの付かない選択をしてしまった気がしてならない。そしてだからこそ
アビーは彼に取り入ったような気もするし。



127:本当にあった怖い名無し:2013/01/21(月) 13:09:47.33 ID:FivIrrRQ0
手塚治虫「ジャングル大帝」
ジャングルの王の白いライオンレオが、
動物たちの平和な暮らしを守るため弱きを助け強きをくじく物語。

子供の頃アニメを観てはいたんだけど、最近コミックを読んだら
レオの家族環境の不遇っぷりが酷くて後味が悪くなってしまった。


レオ父もジャングルの王。でものちのレオのように慈悲深くはなく、
人間を憎むあまり家畜や人間になついた獣は容赦なく殺す。

そのため人間からも憎まれて妻ライオンを捕らわれ、
それをオトリに誘い出されて殺された。(即毛皮にされた)

妻ライオンはオリに入れられ船で運ばれる途中にレオを産む。

レオは母ライオンに逃げるように言われ、オリの隙間から出て海に飛び込む。
その直後嵐で船は母ライオンもろとも沈没。
レオはその後人間に拾われ、人間の社会を知った後故郷へ帰る。
毛皮父と初めて出会い、くるまって眠ったりしている。
人間から助けた雌ライオンのライアと結ばれルネとルッキオの二子に恵まれるも、
人間社会に興味を持った幼いルネは家出し、レオとライアが死ぬまでは戻ってこなかった。

ライアは伝染病に掛かり、最後までルネを心配しながら死亡。
レオは人間と、罹患したルッキオや仲間に血清とやらを
注射して助けてくれたらなんでもすると約束。

その約束を守って、幼いルッキオを残し人間に従いて幻の雪山に登る。
そこで雪の照り返しにやられ失明する。


吹雪に巻かれて遭難し、飢えと寒さで絶体絶命となったとき、
レオはわざと人間を襲うふりをしてナイフで刺され、

人間に、自分の肉を食べ毛皮を着て下さいと言い残して死ぬ。人間は助かる。

結局レオはりっぱなライオンだったのに、
人間の私利私欲の犠牲になって幻の山に登ったために死んでしまった。

レオの子供たちはその後無事に育ったようだけど、
彼自身の人生(ライオン生)自体はなんだか不憫だ。




139:本当にあった怖い名無し:2013/01/21(月) 21:45:35.83 ID:7WGTCzg00
最近知ったんだがカイコ蛾の生態が、うわぁ・・ってなった。
カイコは地球上物唯一の、完全家畜化が完了した野生回帰が不可能な生物。
つまり人間が居なければ、即絶滅する種族。

幼虫は脚力が退化してしまって、主食の桑に自力で掴まることも出来ず
野に放たれれば地面に落下し、死ぬか捕食されるだけ。


奇跡的に生き延びても、人間の用意した柵無しではまともな繭を形成出来ず変態不可。
さらに天文学的な奇跡があって成体になっても、成体の蛾には飛行能力が無く
生物が本能的に備えてる警戒心すら退化しているので、交尾前に100%死ぬか捕食される。

他の家畜の牛とかが、時間をかければ野生に戻って人間など不要になるのに、
もはや遺伝子レベルで家畜化してるのがカイコ。

ちなみに植物では、代表的なモノだと事情は違えどマンゴーが人類と共倒れする種族。
マンゴーの種は硬い殻に覆われ、そのまま植えても発芽しない。

動物に実が食われ、体内で殻が消化・排出されて発芽できるが

肝心のマンゴーを捕食する動物(大型の哺乳類)が絶滅したため、
人間が栽培しないと絶滅する。




144:本当にあった怖い名無し:2013/01/21(月) 23:44:36.90 ID:19Bcey080
>>139
蚕が自らの生存能力を退化させてまで
人間の家畜と化したのは蚕(というよりカイコガ)の
「種の存続」の手段としての究極の進化の結果だったかも知れないよ。

少なくとも、他のチョウ目の昆虫が
卵→数齢の脱皮→蛹→成体→産卵までのいずれか段階で大多数が
淘汰される運命なのに対して、蚕は逆に一切外敵の脅威もなく
人間が蚕に利用価値を生じている間は、絶対に絶滅の心配もなく
一定数の種が存続が約束される事になるから
逆に、乱獲や環境の変化で絶滅の憂き目にあった
多くの絶滅種を思えば、蚕の作戦勝ちとも言えるかも。



146:本当にあった怖い名無し:2013/01/22(火) 00:12:33.20 ID:KGWvXXYzO
キャベツも本来、丸まった葉っぱが光合成に不向きなのだが
人間に栽培される事で生き永らえる道を選んだそうだ…



156:本当にあった怖い名無し:2013/01/22(火) 14:52:04.48 ID:VxJvMsVlO
故郷は養蚕やってた家が多かったから、カイコはどうしても「お蚕様」と呼んでしまうなあ。
名前に「様」をつける虫なんて他に無いでしょ、あの虫に生活支えてもらってたんだし。
蚕室は家の中でも良い場所に作ったし、粗末に扱えば叱られたよ。
イモ虫苦手だけどお蚕様は平気だ、糸を取ったあとも美味しくいただけるし。



158:本当にあった怖い名無し:2013/01/22(火) 15:26:25.55 ID:A1FGdcld0
>>156
食べるの!?



161:本当にあった怖い名無し:2013/01/22(火) 16:54:59.97 ID:SHrwBpw60
>>158
糸をとるために繭を茹でるんだけど、中のさなぎも
茹で上がるからおやつに食べるらしい。
ぉぇ。

製糸工場の女工の悲劇を描いた「ああ野麦峠」でも、
腹すかせ過ぎた女工さんがさなぎくすねて食ってたな。



172:本当にあった怖い名無し:2013/01/22(火) 22:53:54.80 ID:kPfPqPOO0
映画「少年は残酷な弓を射る」

主人公エヴァは郊外の一軒家に一人で暮らしている。
彼女はなぜか町の住民から迫害されていて、例えば家の壁や車にペンキを
掛けられたり、すれ違い様に罵られたりということが頻発する。

なぜこのような状況に陥っているのか、物語は彼女の回想シーンを中心に進んでいく。

キャリアウーマンとして働いていたエヴァは、ある日男の子を出産する。
ケヴィンと名づけられた男の子は、どうしてもエヴァに懐かない。
懐かないどころか、彼の目には母親に対する憎悪さえ感じられる。
しかし、エヴァは必死によい母親になろうとする。

すくすくと成長していくケヴィンであったが、母親に対する嫌がらせもエスカレートしていく。
例えば、とっくにオムツが取れている年齢になっても、わざと大便を
もらしてみせたり、言葉が話せる年齢になっても母親とは口を聞かなかったりといったように。
決して彼に障害があったわけではなく、むしろとても聡明である。
なぜならケヴィンがこのような態度を取るのはエヴァに対してだけであり、
彼の父親に対しては非常に素直な愛らしい子供を演じているのだ。



173:続き:2013/01/22(火) 22:54:34.86 ID:kPfPqPOO0
ある日、ケヴィンは母親に読んでもらったロビンフッドの物語に強い興味を
示す。翌日、父親はケヴィンにおもちゃの弓矢をプレゼントする。
ここから彼は弓矢に打ち込み、腕を上げていく。

打ち込むものができたケヴィンであったが、エヴァへの嫌がらせはやむこと
なく続いていた。夫はケヴィンを普通の子だと思っており、母と息子の関係
を特に心配する様子はない。

やがて、エヴァが女の子を出産すると、ケヴィンの悪意は妹にも向けられていく。
数年後のある日、妹セリアが片目を失うという大怪我を負ってしまう。
はっきりとした証拠はないが、エヴァはケヴィンの仕業であると思い込む。

息子の異常性にいよいよ限界を迎えつつあったエヴァは、夫に必死に今までの件を訴える。
しかし、夫はいまだケヴィンを信じており、夫婦はついに離婚することになる。
この会話を盗み聞きしていた15歳のケヴィンが遂に大事件を起こす。



174:終わり:2013/01/22(火) 22:55:04.93 ID:kPfPqPOO0
学校で同級生たちに向け弓を乱射し、大量殺人を犯す。
職場で息子の学校で何か事件が起きたらしいと連絡を受けたエヴァは
学校に向かう。そこで観たのは警察官達に取り押さえられるケヴィンであり、
彼はエヴァと目が合うと不敵な嫌らしい笑みを浮かべた。

茫然自失の状態で自宅に戻ったエヴァは、
そこで矢を突き立てられた
夫と娘セリアを発見する・・・

ここで回想が現在に追いつく。
エヴァは刑務所に収監されたケヴィンに面会にいく。

エ「なぜこんなことをしたの?(I want you to tell me,,,,WHY?)」
ケ「前はわかっていたような気がするけど・・・今はよくわからない。
  (I used to think I knew....but now I'm not so sure」


-------------------------
これで終わり。最後までケヴィンの行動の理由は明かされなかったのがもやっとする。
推測するにおそらく子供をどうしても愛せないエヴァに対し、それを
敏感に感じ取ったケヴィンが憎悪を募らせていった結果こうなったんだと
思われるが、こうなる前に何かできることがあった気がしてならない。
少年



175:本当にあった怖い名無し:2013/01/22(火) 23:09:14.27 ID:cfQjItM00
うーん、どう解釈しても後味悪いな



181:本当にあった怖い名無し:2013/01/23(水) 11:29:06.96 ID:UXBgsRs80
古い漫画に載っていた話。

のどかな海岸で幼い兄弟(10歳と6歳くらい?)が
楽しそうに遊んでいた。
「お兄ちゃん、面白いね~でも、
どうして大人達は海岸に行っちゃ駄目!、なんて言うんだろ?」

「何てもこの海岸には恐ろしい化け物が出るって
言い伝えがあるらしいよww
そんなの嘘に決まってる!きっと海岸は危ないから、
そう言って脅してるんだよ」

「大人って心配性だね、少しも怖い事ないのに(σ*´∀`)」

と、言いながら遊んでいる兄弟の背後から、
突然沢山の化け物が現れて襲いかかってきた。


それは兄弟たちが見たことも想像した事もないような
おぞましく恐ろしい姿の怪物で、慌てて兄は弟の手を引いて逃げようとしたが
怪物達は集団で陸と海から挟み撃ちにしていたので逃げ切れず、
とうとう弟が捕まり「お兄ちゃん!逃げてぇぇギャァァァ!!」という
悲鳴とともに寄って集って怪物たちに惨殺される。



183:181:2013/01/23(水) 11:29:53.98 ID:UXBgsRs80
続き

兄は逃げながら「あぁ、お母さん達が言っていた事はほんとうだったんだ!
僕がお母さんの言う事を聞かずなかったから、弟が殺されてしまったよ
お母さん…ご免なさい」泣きながら逃げていたものの
大勢の怪物から逃げ切れずはずもなく、やはり捕まって
必死の抵抗虚しくその場で惨殺された。

海岸では、大勢の漁師達が
「おい…お前、こんなのを見た事があるか?」
「うんにゃぁ、こんな恐ろしげな化け物など初めてだべ」
「そう言えば、死んだばぁさんから、この海岸には恐ろしい
化け物が出るという、言い伝聞いた事があったが本当だったんだなぁ」

「この大きい方の化け物は恐ろしかったなぁ…
仲間が何人も殺られちまってよ・・・(;´Д`)
殺られたサブの母ぁちゃん泣いてたよ」

漁師達の足元には、
全身が鱗に被われ、口は顔面一杯に裂けて牙が剥き出し
手足には鋭い爪とヒレがついた
小さい方でも大人の背丈以上もある化け物が二体、転がっていた。



185:本当にあった怖い名無し:2013/01/23(水) 13:58:27.93 ID:HB6giSnx0
魚人側も人間側もどっちもすくわれないな…
2chで見つけた叙述トリックコピペ
http://blog.livedoor.jp/nwknews/archives/4097193.html



187:本当にあった怖い名無し:2013/01/23(水) 14:55:11.48 ID:AjEzndONO
moonってゲーム思い出した
そのCMがキャラとは関係ない実写でね、
いかにもな勇者の格好したおっさんがいきなり普通の民家に上がり込んできて、
そこの住人であろう女の人が「お止めください勇者様!」って必死に懇願してるのに
「さっさと金とアイテム寄越せよまだあんだろー?」とか
にやにやしながら家捜しして強奪していくんだわw
キャッチコピーは“もう、勇者しない”




188:本当にあった怖い名無し:2013/01/23(水) 14:59:22.78 ID:7FYg4GTz0
>>187
そのゲームプレイしたことあるんだが、
勇者が家に侵入して「伝説の装備」を手に入れているんだが、
実はそこの家の人妻の下着を盗んでいた事が発覚した瞬間に唖然とした



189:本当にあった怖い名無し:2013/01/23(水) 18:09:23.21 ID:6NOu/vTZ0
>>188
このスレでなごんでしまった…



191:本当にあった怖い名無し:2013/01/23(水) 18:44:24.62 ID:7FYg4GTz0
>>189
因みにその後、勇者目線だと『悪い気配を察知した勇者が伝説の装備一式を装備すると、空に虹がかかり、
その先で道を塞いでいた岩が横にどけて進めるようになる』っていうイベントがある

実は『別の人物が虹を発生させる機械を作動する直前に、
岩一つ隔てた向こうを歩いていた勇者が何を思ったのか女性ものの下着一式、
道のど真ん中で鎧の上に付けて、そんな変態が近づいてきたことに
驚愕した岩に似た姿の生き物が横に逃げた』っていう出来事だった



199:3/1:2013/01/24(木) 00:44:56.84 ID:Q/IqX1gQ0
地域特定されるとアレなんで、フェイクを混ぜてカキコ。
自分の地元は「児童の文化教育云々」てな理由で、絵や作文やらを
市内の各小学校から代表一名選出、市主宰の展覧会で
華々しく展示ってなことを頻繁にやってた。


自分の母校での代表選出方法は、全校生徒の作品を掲示板に展示。
生徒&教師の支持で代表決定というもの。

その状況で、ほぼ毎回代表に選ばれるA子が居た。
A子と自分は同学年で、小4からA子はレギュラーで代表に。

朝礼で校長が「~展の本校の代表は  ・・A子さんです!」と発表する度
「・・・またかよ」てなやる気の無い拍手が、全校生徒からおこる状態になってた。

そんな自分が小6になった時、クラスで
「今度市主宰でやるポスター展で俺等から代表出して、A子の連続代表を阻止しね?」

という意見が盛り上がった。
その刺客として祭り上げられたのが、絵が上手いB。色々あってBも了承。

クラス内に美大生の姉が居る奴が居て、事情を話したら「面白そう!やるやるw」と協力を快諾。
美大姉にBは英才教育を受け、消防レベルを逸脱した腕前に成長。



200:2/1:2013/01/24(木) 00:49:28.46 ID:Q/IqX1gQ0
そしてポスターの選抜提示が実施。
するとBのポスターは全生徒から賞賛を受けることとなった。

A子のポスターは確かに上手いものの、小学生レベルなのに対して
Bのポスターは、美大姉直伝の遠近法やグラデーションといった
オーバーテクノロジーを用いた作品。

誰が見ても、その差は歴然って感じだった。
で、その後、朝礼での校長からの代表告示が。


「ポスター展の本校の代表は ・・・A子さんです!」

その直後の全校生徒の「えぇえぇえぇ~!!??」の大合唱&ブーイング。
それを「静かにしろ!」と必死で沈静化してる教師'sの叫び声は今でも覚えている。
Bはその結果に半泣きで落胆。自分達も担任に詰め寄るも結局ウヤムヤにされた。

が、この時、最も悲惨だったのがA子だった。当時の同じクラスの者の証言によるとA子は
どう考えても不当な自身の代表選抜+全校生徒からのブーイングにいたたまれなくなって
泣きながら自宅へ逃走、以後対人恐怖症となって引きこもりになったらしい。
補足すると、A子は特別贔屓される身分や、コネがあったわけでなく、
優秀だけど普通の生徒だった。それが余計に悲劇なんだけど。




201:1/1:2013/01/24(木) 00:54:28.73 ID:Q/IqX1gQ0
何故、今更このことを書いたかというと、先日消防時の同窓会があり本件の話題が出たから。
今は現役を退いた当時の担任曰く、会議で教師・生徒の評価でBの代表決定がほぼ確定したが
校長と長老的ベテラン教師の鶴の一声でA子が代表に強引に決定。
「A子を全生徒の模範にするための実績作り」
「Bの絵は子供らしくない」という理由で押し切られたとのこと。


なんだそりゃぁ!と憤ったが、
当時の学校(特に公立)は、そういった理不尽がまかり通っていた世界。

A子も自身に何も責任は無いのに、大人の思惑に翻弄され悲惨な思いをするはめに。
この一件は誰もが得をせず、皆悲しい思いをしただけの、どーしょーもない出来事。

唯一の救いは、その後Bは色々あって、
業界内ではそこそこ有名な萌え絵師になったことくらい。

今も元気に萌え~なエロ絵描いてます。



207:本当にあった怖い名無し:2013/01/24(木) 03:36:33.20 ID:ZniHr8TF0
実際にA子は子供として一番上手く、
Bは大人っぽい絵すぎてわざとらし過ぎただけでは。
子供の絵の展覧会でダヴィンチばりの絵とか出てきたらやっぱハネられるでしょう。

大人の思惑に翻弄されたんじゃなく、
子供の浅知恵でA子を翻弄しただけではと思った。



215:本当にあった怖い名無し:2013/01/24(木) 16:01:55.11 ID:WknvRwz8P
>>207
おれ、前職で、この手の子供の作品の評価に関わったことあるけど
実際、そうなんだよね。やたら、上手いって子の作品は実は選ばれない。
どこか、子供らしさがないと、上の賞は狙えないんだよね。
ベテランの先生達は、その辺り、理解していたんだと思う。



208:本当にあった怖い名無し:2013/01/24(木) 05:30:41.15 ID:Hjc12yqf0
後ろ楯やコネがあったわけじゃないしA子が本当に何も悪くなくて正統派の後味悪さですね



209:本当にあった怖い名無し:2013/01/24(木) 07:59:56.69 ID:ZyhSFBSe0
アムネシアというゲームのあらすじ
ところどころうろ覚え

女子大学生の主人公が、ふと気づけば記憶喪失になっているところから物語は始まる
ルートは複数あり、そのルートによって主人公の周囲の人間関係は微妙に異なる
どのルートでも決まった人物が出てくるが、
ある人物はルートによっては幼馴染だったりそうじゃなかったりし、

またある人物はバイト仲間になっていたり旅先で知り合った人になっていたりする
それぞれのルートで主人公は特定のイケメンと恋仲にあり、彼らとの間で築かれていた
過去の思い出を取り戻し、イケメンとの幸せな結末を迎えるようになっている

どのルートでも現れる謎の青年がおり、
彼は「今回の君と会うのはこれが初めてだっけ」などと妙な発言を行う

青年は主人公の幼馴染でもバイト仲間でもなく、
どのルートでもこれといった接点はないはずなのに必ず出くわす

正体不明な人物なのに、青年の方は何故か主人公の事を仔細に知っている
主人公は何故か彼に命を狙われるが、魔の手を逃れればハッピーエンドを迎えられる

実は各ルートは並行世界であり、青年はその各世界を渡り歩いている人物だった
元々は青年は普通の人間で、元いた世界では主人公と恋仲にあった
しかし主人公が不慮の事故で死んでしまい、嘆いた青年は神のようなものと出会い、
主人公と再び出会わせて欲しいと願った

だが死んだ人間を生き返らせることは神のようなものでも叶えられないため、
新たな主人公のもとへと青年は送られ、並行世界へ辿り着いた
そこで青年は主人公との再会を果たせたが、青年はその世界にとっては異分子であるため、
歪みを正そうとする力によってすぐに不慮の死を迎える運命にあった



210:本当にあった怖い名無し:2013/01/24(木) 08:00:22.24 ID:ZyhSFBSe0
青年は死ぬとすぐに、次の世界へと飛ばされてまた主人公と巡り合う事になった
何度も主人公と出会っては死ぬことを青年は繰り返し続けた
主人公にとって青年は初対面の人物でしかないので、
すぐ死ぬ身では以前のような恋仲になる事はできなかった
青年のループのきっかけになった存在である主人公は、異分子である青年の登場と共に、
自身も影響を受け記憶を失うようになっていた

イケメンたちと恋仲になるに至った道程を再度なぞるようにして記憶を取り戻し、
青年を蚊帳の外にして幸せになる主人公を何度も見るうち、青年は嫉妬で狂ってしまった
次の世界に飛ばされた青年は、他のイケメンとくっつく前に主人公を殺した
主人公が死ぬと、最初に神様のようなものに「主人公とまた会いたい」と願ったように、
青年は次の主人公と出会うべく自動的にまた次の世界に飛ばされてしまう

青年は何度も主人公を殺し続けた
他のイケメンとのハッピーエンドの影には毎回青年の死があり、
そして並行世界の無数の青年と主人公たちの死があった
青年が救われないままなのが後味悪かった



213:本当にあった怖い名無し:2013/01/24(木) 12:02:48.59 ID:vC03eidl0
乙女ゲーじゃなければやってみたいと思うくらい
まとめがうまかった。乙。
似た系のあんまり恋愛を前面に出してないゲームないかな。



238:本当にあった怖い名無し:2013/01/24(木) 22:29:30.06 ID:cuxEplyq0
じゃ次の話。洒落怖まとめで見た話なので知ってる人いるかも。

報告者は若い男性で、ある時付き合っていた彼女Aが妊娠してしまう。
これを機に結婚を決意する報告者だが、A両親に猛反対され別れる事になり
Aは中絶し見合いして別の男性に嫁ぐ。

ショックで立ち直れない報告者はその頃から悪夢にうなされるようになり、体重は激減。
心配した周囲の人間に水子の祟りではないかと言われ報告者は霊能力者に相談に行く。
霊能力者は水子自体は憑いていない、誰かの後悔の念が悪夢を見せていると答える。
誰かとは当然Aの事だろうと報告者はAに会いに行くが
予想に反してAは過去は既に振り切っており、幸せな結婚生活を送っていた。

現在幸せなAが後悔の念を持つはずがなくじゃあ誰だ?と考える報告者は
高校時代付き合っていた他校の彼女Bの存在を思い出す。
Bは大人しく地味めなタイプで妊娠・中絶をきっかけに
疎遠になって今の今まで存在を忘れていたのだった。


直接連絡を取りづらい報告者はBの数少ない
友人とコンタクトを取りBの近況を聞き出そうとするが

そこで思わぬ話を聞いてしまう。
なんとBは中絶し報告者と別れた後経過が悪かったのか既に亡くなっていたのだった。
遅まきだがせめて両親に謝罪に行かなければと思った報告者。

Bは一人娘で謝罪する報告者に父親は一言も口を聞かなかった。
母親は「法律上あなたに責任はないけど、私達はBを殺したのはあなただと思っています」と断言。
この母親の怨念こそが現在報告者を苦しめている原因であった。
母親と直接対峙した事で恨みの念は益々増強され、
悪夢はより具現化、報告者の体調はいっそう悪くなる。

霊能力者は忘れるしかない、両親に謝罪などせず遠ざかるようアドバイスするが
もはや報告者も当時は全く覚えなかった罪悪感を今更なかったことにはできないのだった。

報告者はクズすぎて自業自得だけど両親がひたすら気の毒。
母親が恨みの念を募らせすぎて本人も不幸になっているんだけど
それこそ一人娘の死を忘れて幸せになんて無理な話だしどうしたらいいんだ…



242:本当にあった怖い名無し:2013/01/25(金) 00:49:40.05 ID:AsBOSIQm0
>>238
Aの両親は、Bの顛末を知らなかったとしたら
ものっすごい慧眼だな。



252:本当にあった怖い名無し:2013/01/25(金) 11:28:31.38 ID:pSTQw+140
コナミのゲームあいたくて…の登場キャラの一人、柳原かすみBADEDが後味悪かった
このゲームは高校3年間で彼女をつくって卒業した後親父に紹介するゲーム
(途中でEDにいけることも)


かすみは主人公より1つ年上だけど、体が弱くて休みがちで留年している
主人公と2年時に同じクラスになる

かすみと付き合い始めて喫茶店で一緒にバイトをするとかすみが倒れる
何度かかすみが入院している病院に見舞に行くと、そこで主人公は看護婦達が
かすみはもう長く生きられないと話してるのを聞く
そのことをかすみの主治医に言うと、
かすみを助けるのには自分ともう一人同じ力を持った医者が必要だと言う主治医
そこで主人公は医者を目指すことに

で、ここから勉強頑張らずに他の女の子と浮気して
その子を親父に紹介するとかすみBADED

結局医者になれず、かすみが死んで数年がたちお墓参りに行く主人公
そして一人でかすみとの思い出のアルバムを無言でめくる。
アルバムを見終えた時、かすみの声がする

かすみ「○○さん…ありがとう」

ちなみにこの子はノーマルEDでも死にかけてる
主人公が医者になるとかすみは助かって真EDに



254:本当にあった怖い名無し:2013/01/25(金) 11:35:40.51 ID:NVW9+uKW0
主人公が医者になるまで生きてるってそこそこ猶予あるのに他に医者見つからないのかよw



256:本当にあった怖い名無し:2013/01/25(金) 11:45:09.41 ID:pSTQw+140
>>254
それは自分もプレイしてて思ったw
色々突っ込み所満載なゲームだったわ



273:本当にあった怖い名無し:2013/01/25(金) 18:02:55.59 ID:7kmPKa4IO
moonが話題に上がってたので、うろ覚えな所も多いけど勇者について簡単にまとめてみた
真相を知ると結構後味が悪い

moonの勇者は全身を鎧で覆っていて顔も分からず、基本喋らない
躊躇なく罪のない動物達を斬り殺し、他人の家に押し入っては
色んな物を取り上げていく迷惑なキャラクター

月の光を食べた悪いドラゴンを倒せ、という命令を大臣から受けて旅をしているのだけど、
実はドラゴンが月の光を食べたなんてのはまったくのでたらめで
勇者の中身も元は優しかったただの少年


ある日突然月の光がなくなってしまいパニックに
陥りかけた国民達を何とか安心させる為に大臣が仕組んだ嘘だった

月に住んでいるドラゴンに濡れ衣を着せ、
それを討伐し月の光を取り戻す勇者を無理矢理にでも作り出す為に

偶然白羽の矢に選ばれただけの少年を勇者へ仕立て上げたのだ

鎧には呪いがかかっていて一度でも身に付けると
戦いに心を奪われてしまう上、脱ぐ事は絶対に出来ない

また自分を“悪いドラゴンを倒す勇者”と思い込み、
奇妙だが無害な動物達がドラゴンの手下のモンスターに、
人の家から盗んだ下着が伝説の装備一式にと

事実からねじ曲げられた虚構の世界しか見えないように自我まで失われている…という設定



276:本当にあった怖い名無し:2013/01/25(金) 19:12:49.17 ID:C3be8za2P
>>273
いくつかレビューとか発掘してみた。良くこれ商業化できたな。
ゲーム世界に対する(「moon」というゲームソフト自らを否定しかねない)メタ的視点とか、
単なるアンチドラクエ・アンチRPGを通り越してる。



277:本当にあった怖い名無し:2013/01/25(金) 20:14:58.16 ID:ICTr/rMe0
>>273
大臣が勝手に行ったんだよな、あれ
王様は「花火で夜空を照らす」とか「たくさんの鳥を使って月まで飛んでいく」とか、
いろんな方法を考えてるんだけどな

以下、ネタばれ


しかも主人公が月の光を復活させる為に乗ったロケットの中に、
その勇者が侵入してたもんだから、
世紀の瞬間見ようと集まってた動物全てを魔法で瞬殺して、
主人公含めたその場にいた人物を皆殺し

その直後に現実世界に戻ってきた主人公に対しての問いかけが、「コンティニュー?」
イエスを選びたいが、グッドエンドはここで「ノー」を選ぶ事

あれほど頑張ってきたのに、あの瞬間目撃させておいて、
コンティニューしないのが正しかったのだと知った時は
かなりショックだった…



279:本当にあった怖い名無し:2013/01/25(金) 20:21:15.72 ID:QgkpDndd0
>>277
ゲームなんてしてないで現実見ろってことだからな



305:本当にあった怖い名無し:2013/01/26(土) 19:37:16.09 ID:vrK3bu6+0
中学のときの体験談。
クラスにアニメ、マンガオタの女がいた。(以下T美)いつも暇さえあればマンガ書いてる。
休み時間とか常にマンガを描いているため、T美のイラストの腕はかなりのものなのだが、
美術の課題の作品とかでもアニメテイストから抜けきれていないというか、
アニメ絵以外書けない奴だった。



307:本当にあった怖い名無し:2013/01/26(土) 20:42:18.26 ID:vrK3bu6+0
T美が(なぜか)特にお気に入りだったのが、
当時月刊ジャンプで連載していたマンガ”鬼神童子ZENKI”。
休み時間はたいていノートに同人誌を描いていた。



308:本当にあった怖い名無し:2013/01/26(土) 20:50:57.98 ID:vrK3bu6+0
運動会の季節を向かえ、生徒に準備のための役が割り振られる。
そのひとつに「マスコット係」なるものがあった。
自分の中学はA組からD組までのクラス対抗で競技点数を競う形式なのだが、
各組の待機場所に2畳ぐらいの大きさのキャラクターイラストつきの看板を立てる。
その看板製作が「マスコット係」の役割だった。
自分のクラスからはT美が立候補し、美術室に何週間も前から遅くまで居残り、
大作の看板を完成させた。



309:本当にあった怖い名無し:2013/01/26(土) 21:08:05.74 ID:vrK3bu6+0
運動会当日。各組の待機場所に看板が立てられる。
他の組のマスコット係は、”オバQ”や”キョロちゃん”
などの一般的知名度の高いキャラクターを描いていた。
自分のクラスは特にはやってもいないT美お気に入りの”鬼神童子ZENKI”。
絵のクオリティーこそ高いが、当然のことながらものすごく浮いていた。
そして、運動会の種目が一通り完了し、閉会式で全生徒が校庭に整列する。
幾つかの表彰のあと、各組で最も優秀な看板が選出される段になった。(誰が選んだのかは不明)
進行役に優秀マスコット賞の組が呼ばれる。列から抜け、表彰台に向かうT美。



310:本当にあった怖い名無し:2013/01/26(土) 21:19:46.68 ID:vrK3bu6+0
しかし、T美より早く表彰台に到達した女生徒がいた。女生徒は他組のマスコット係。
T美はどうやら、自分の組が呼ばれたものと聞き違えたらしいが、
優勝はオバQ看板の組だった。

T美には自分が選ばれるという自負もあったと思われる。
勘違いに気づいたT美は、さして気に留めていないような素振りで元居た場所に戻ってきた。
そのタイミングでクラスのDQN男子生徒が一言
「おまえなわけねーだろ。」



311:本当にあった怖い名無し:2013/01/26(土) 21:32:07.43 ID:vrK3bu6+0
その瞬間、ダムが決壊したように号泣するT美。
聖地に向かって祈るイスラム教徒みたいに地面に丸まってむせび泣いてしまった。
その後、女生徒数人に抱えられてT美は退場していった。
重苦しい雰囲気で運動会は終了し、クラスに戻った後は、学級会が開かれて担任によるお説教。

(空気が読めないとはいえ)プライドが傷つけられた人間のミスに対して、
トドメの追い討ちをかける一言に何とも後味が悪かった出来事でした。



314:本当にあった怖い名無し:2013/01/26(土) 22:45:47.24 ID:2O4vCkqG0
ZENKIぐぐってみた。
自分が通ってた中学校はオタ含有率が高かったのか
文化祭やら運動会やら、このテの絵が満載だったわ。
学校によっては浮かなかったのに、T美かわいそうだな。
ゼンキ



316:本当にあった怖い名無し:2013/01/26(土) 23:02:25.62 ID:wpDRJx770
T美「破ぁー・・・」



340:本当にあった怖い名無し:2013/01/27(日) 22:49:20.41 ID:ol0BbPDqO
今日のビフォーアフターみたやついるか

90歳の土地持ったババァの家に爺さんが1年前に死んで1年後孫娘夫婦が急に来る

家に段差があったりしたら婆ちゃん危ないよ

婆さん、別にリフォームなくてもいい不便なことないって発言してた

南こうせつ、あれが婆さんの優しさ

スタジオ「なるほどー!」

リフォーム決定。依頼1800万

婆さんのこと考えてリフォームした部分は手すりと、腰掛けばかり

リフォーム後、天国の爺ちゃんも喜んでる みんな笑顔 おわり

どうみても数年後に婆さん死ぬことわかっての移住です本当にありがとうございました。



343:本当にあった怖い名無し:2013/01/27(日) 23:57:02.66 ID:SBUWpTnHO
>>340
うちも同じ意見だったぞww
まぁいいさ。乗っ取った庭付き一戸建てにはもれなく地縛霊が憑いてくるだろうからな。

つうかあの番組も汚くなったよな。最初はめっちゃ少なーい予算でいかに
驚きリフォームをするか、だったのに。だからこその『匠』だったのに。
いまのは単なる建て替えじゃねーか。原型残ってねーし。
何千万もかけてリフォームとか馬鹿かと。普通に新築出来るわ。



344:本当にあった怖い名無し:2013/01/28(月) 00:46:53.99 ID:+wuBeZcHP
>>343
新築しちゃうと今の建築基準を守らないといけないだろ。
建ぺい率とか、敷地境界から壁までの距離とか色々変わってて、
かなり小さくしないとダメなケースが多い。
さらに不動産価値も新築になって高額から償却し直し。
だからリフォーム()で済ますの。



361:本当にあった怖い名無し:2013/01/28(月) 19:15:38.66 ID:kpzijtaD0
でもビフォーアフターはもうひとつのベストハウス?とかいう番組に比べたらまだマシだと思う。
ビフォー~の方は初期の頃は結構なるほどすげーって感じのリフォームもあったし
最近のでもとりあえずは住める家にはなってるし。
ベストハウスの方はなんであれ見て応募する人が毎回不思議なんだよね。
公衆トイレハウスとか競艇?かなんかの選手の建てた全く仕切りのないロの字形の家とかひどかった。
完成!ドリームハウス『断崖絶壁・狭小9坪の家がひどすぎると話題』新春スペシャル
http://blog.livedoor.jp/nwknews/archives/4071591.html



400:本当にあった怖い名無し:2013/01/30(水) 04:41:51.24 ID:rb6baAR10
花屋でバイトしてるんだけど、そこであった後味の悪い話。
ある日若い男の子が来た。
彼女にあげたいんですけど、なにが好きかわからないから、
と相談されたので、鉢植えの花を勧めた。

男の子はこちらの勧めたままに購入した。すごく感じの良い真面目そうな子だった。

で、それから一週間後くらいに若い男女が鉢植えを持ってきた。
先の男の子が買ったのと同じ鉢植えで、しかし植わっていたはずの花がポッキリと折れている。
女は「全く同じものありませんか?」と聞いてきたが、
既に同じ鉢植えの同じ大きさの花は売り切れていた。


なので、違う鉢の同じ花を勧めると、
「貰ったばかりの花を折ってしまったので、同じものが欲しい」ということ。

連れの男との会話を聞くに、どうやら女が彼氏から贈られた花を、
その男が折ってしまったらしい。


男はその女の彼氏が花を贈ったことを馬鹿にしていて(「普通花とかあげねーだろw」とか)、
女の方も「私だってまさか花くれるほどロマンチストとは思わなかったんだよ」とか
言っていて、彼氏が可哀想になるくらいだった。

結局、別の鉢の同じ花を、女が持参してきた鉢に植え替えた。

それからまた暫くして、最初に鉢を買って行った真面目そうな男の子が、
例の鉢植えの女を連れて来店した。

女は「君のおかげでお花好きになったよ」とか言っていて、男の子もデレデレ。

あげた花は別な男に折られて、
その挙句「花なんて贈るロマンチスト(笑)」扱いされてる男の子のことを思うと…

客商売だからどんなに男の子を可哀想だと思って
その女を糞と思っても態度に出せないし、後味悪い。




405:本当にあった怖い名無し:2013/01/30(水) 11:49:13.88 ID:D8xbvWFOO
>>400
へこたれるなあ

全然違うけど仲良かった娘に「誕生日何か欲しい?」って聞かれて
「花束が欲しい」ったら「花とかあり得ねえ」って笑われたの思い出した



438:本当にあった怖い名無し:2013/01/31(木) 20:44:14.04 ID:9Ux2DnKH0
>>400って兄弟だろ。
1人っ子には分からないんだろうな。



444:本当にあった怖い名無し:2013/01/31(木) 21:54:39.45 ID:EXH8hLue0
>>438
同じ感想の人がいてよかった。



421:本当にあった怖い名無し:2013/01/31(木) 00:21:06.88 ID:kpb7i5dQ0
中国北部の男性が、妻を「ブサイクだから」という理由で告訴、
しかも勝訴するという事件があった。


ほとんど一目惚れのようにして恋に落ち、情熱的にプロポーズしたという
妻を"ブサイク"呼ばわりするのも不可解な話だが、
実はこの妻、
とんでもない秘密を隠していたのである...。
この男性は妻の美しい容姿に惚れ込み、結婚してからも彼女を愛してやまなかった。


まもなく夫婦はめでたく女の子の赤ちゃんを授かったが、
いざ産まれた子の顔を見て、夫は仰天! 赤ちゃんは2人に全く似ていない

どころか、非常に"ブサイク"だったというのだ。

納得のいかない夫は、妻が浮気をして産まれた子供だと思い調査を依頼。
なんと、妻は浮気こそしていなかったが、結婚する前に

1,000万円近い大金をかけて韓国で整形手術を行っていたことが判明したのである。

大いにショックを受けた男性は離婚したうえ、「美人だと偽った」という理由で彼女を告訴した。
裁判官も男性だったのだろうか、結局彼は1,000万円近い賠償金を勝ち取ったそうだ。

いくら顔を美しく変えても遺伝子までは変えられない。
それにしたってやりきれない話だが、美容整形している人はパートナーに

告白しておいたほうがいいかも...?
http://news.livedoor.com/article/detail/7364923/



423:本当にあった怖い名無し:2013/01/31(木) 00:49:15.72 ID:e22dmsru0
生まれたばかりの赤ちゃんですでに違いが分かるのか



424:本当にあった怖い名無し:2013/01/31(木) 01:07:03.55 ID:iJSPq1Qai
中国の事だから産まれた女の子は捨てられそうだな



448:1/4:2013/01/31(木) 23:34:47.77 ID:6sm9xVU70
アメコミのバットマン/パニッシャー

アメコミヒーローのバットマンとパニッシャーが共演した時の話。
二人のヒーローは、家族が犯罪に巻き込まれて
死んだことがきっかけでヒーローになったことなど

共通点が多いものの、一つだけ決定的に違っているところがあった。

バットマンはあくまで犯罪を防ぐのが目的であり、犯罪者の処罰は通常の司法に任せていた。
一方、パニッシャーは自分の判断で犯罪者を処刑する事にためらいを覚えないヒーローだった。
この立場の違いにより、バットマンはスーパーマンなどの他のヒーローとも協力関係にあり、
逆にパニッシャーは他のヒーローからも危険視されていた。



449:2/4:2013/01/31(木) 23:35:13.14 ID:6sm9xVU70
ある日パニッシャーの宿敵の一人が、バットマンの住むゴッサムシティへと潜伏した。
その情報を得たパニッシャーはゴッサムシティに向かうが、
調査の途中でバットマンと遭遇し、彼を危険視するバットマンと戦闘になってしまう。

その頃、パニッシャーの宿敵はバットマンの宿敵ジョーカーと手を組んでいた。
快楽殺人者であるジョーカーはパニッシャーの宿敵と取引し、
彼の部下の力も借りて、ゴッサムシティに大惨事を引き起こすつもりであった。

色々あってそのたくらみを察知したバットマンとパニッシャーは互いに手を組み
ジョーカーのアジトへと襲撃をかける。
ジョーカー一味は戦力を整えていたものの、二人のヒーローの猛攻は凄まじく
見る見るうちに悪党たちは倒されていった。



450:3/4:2013/01/31(木) 23:36:46.11 ID:6sm9xVU70
自分達の不利を悟ったジョーカーは、部下達を見捨て裏口から逃走する。
周囲に誰もいないところまできて逃げ切った……と思ったその行く手をパニッシャーが遮った。
これまで多くの犯罪を犯してきているジョーカーに躊躇なく銃口を向けるパニッシャー。
そんなパニッシャーにジョーカーは自分は精神の病気だと命乞いを始めた。
自分は頭がおかしいから犯罪をする。ちゃんと裁判にかけて精神病院に入れてくれと。
そうしたらきっと良くなって、罪を償うことが出来る、と。

パニッシャーはその命乞いを無視し、ジョーカーに止めを刺す――寸前にバットマンが駆けつけた。
バットマンはすんででパニッシャーによる『殺人』を防ぐのに間に合った。
それでもなおもジョーカーの命を狙うパニッシャーを前にバットマンは苦渋の決断を下す。
殺人を防ぐためにジョーカーに逃走を許したのだ。



451:4/4:2013/01/31(木) 23:37:25.66 ID:6sm9xVU70
お前のせいでジョーカーを逃した、と罵るバットマン。
お前が甘ちゃんだからだと怒るパニッシャー。
主義の異なる二人のヒーローは、やはり袂を分かつこととなった。
バットマンはパニッシャーを殺人者と断定し、
再びこの街に現れたらその時は牢にぶち込んでやると言い、
パニッシャーもバットマンを罵りながら、二度とこんな街に来るもんか……
と言いながら去っていったのだった。




452:本当にあった怖い名無し:2013/01/31(木) 23:39:14.09 ID:6sm9xVU70
途中までは主義の違う二人のヒーローが対立→共闘という
典型的なバディ物の流れで良い感じだったのに
最後は本当にどうしてこうなったって感じで後味が悪く感じた。



453:本当にあった怖い名無し:2013/01/31(木) 23:52:19.57 ID:SqIQS4Kv0
コラボものって最終的にはお互い協力し合い
いい場面を見せ合ってハッピーエンドが多いから
こういう終わり方もいいかもしれない



497:本当にあった怖い名無し:2013/02/02(土) 19:14:48.85 ID:230P2bRB0
数年前に見たテレビ番組が今だに後味悪い。というかトラウマ。

番組名は忘れたが、爆笑問題の二人が司会をしていた世界まる見えっぽいバラエティ。
二人のギャグが飛び交ったり、特集内容に突っ込みを入れたりと、番組自体は明るい雰囲気。
しかし、途中で北朝鮮軍の演習風景ついての特集が始まった。
「それでは次は、北朝鮮の一風変わった部隊、ワンワン部隊の映像です」
女性司会の声とともに流れた映像。
それは犬の背中に爆弾をくくりつけて、敵戦車の下に潜り込むよう訓練し、
犬もろとも爆破するという非道な方法だった。
しかも、実際のVTRで本当に犬が戦車の下に走り込んで行って爆散していた。

その映像に合わせて派手なババーン!というSEを付け
「ええっ!?爆発した!?ww」というどデカイテロップ。
もう、唖然というか、寒気が襲った。
いや、たった今犬が死んだじゃないか、え?ギャグにしちゃうの?ええっ?
頭大丈夫か…と茫然としてたらVTRが終わってスタジオに映像はチェンジ。
太田「いや~凄い練習だね」
田中「そうだね」
太田「田中はワンワン部隊ならいけそうだな」
田中「なんでだよww!」
うろ覚えだけどこういうやり取りがなされた。

軍事作戦に倫理観や常識は通用しない事は分かってるが、
犬一匹バラバラになったのに、平然と笑ってる爆笑問題もスタジオの雰囲気も
これで笑いとれると思ってるテレビ局もみんな頭おかしいと思った。

この番組見た人いないかな?いまだに目に焼き付いて離れないんだ。



498:本当にあった怖い名無し:2013/02/02(土) 19:26:16.60 ID:U64E2SgN0
それ同じ番組かは分からないけど見た事ある
しかも実戦じゃなくて演習で犬を殺しちゃうのかよと




501:本当にあった怖い名無し:2013/02/02(土) 19:48:46.56 ID:6czGI/mO0
犬だけど爆発させちゃったら訓練した分も吹っ飛ばないか?と思った



503:本当にあった怖い名無し:2013/02/02(土) 20:12:39.82 ID:mK92I9tbO
軍用犬爆弾特攻って、世界大戦の時にドイツ軍が実際やってみたら銃声とかに驚いた犬が
自軍の方に戻って来ちゃっててんやわんやしたダメダメ戦法じゃなかったっけ?



転載元:http://toro.2ch.net/test/read.cgi/occult/1358251421/
「実は黒幕でした」一番意表をつかれるパターンってなによ?

「日本人らしいイケメン」と言うと一体誰になるんだろうな…?

都道府県をアニメの舞台で埋めろ

映画監督や映画のトリビア教えあおうぜ

「外国人が自国の伝統的な武器を紹介していくスレ」海外の反応

麦わら海賊団の年収クソワロタwwwwwww


この街(初回生産限定盤A)(DVD付)この街(初回生産限定盤A)(DVD付)
℃-ute,矢島舞美,森高千里,平田祥一郎,板垣祐介

ZETIMA 2013-02-06
売り上げランキング : 89

Amazonで詳しく見る by AZlink