1: ソマリ(東京都):2013/06/09(日) 14:32:50.11 ID:WJA8uIdh0●
「素朴な少女から聖女へ」笹本玲奈が舞台でジャンヌ・ダルク役に挑む

1924年にロンドンで初演され大ロングランとなった本作を、
笹本玲奈を主演に迎え、今秋、東京・世田谷パブリックシアターでの

上演が決定した。フランスに勝利をもたらした17歳のヒロインが、
なぜ異端の魔女として火刑台で死ななければならなかったのか?

社会と個人、多数と少数、男性と女性、そして神と人。
神の信託を受けたひとりの少女として、己の信じる絶対的世界へ

挑もうとするジャンヌの生き様を、権威への執着や野心をいだく
男性たちとの対比の中で巧妙なセリフ劇として描く。


笹本はジャンヌ・ダルクについて「戦う女性の代名詞のような存在」といい、
「憧れだったので演じることができて光栄」と話す。

役作りについては「ひとりの少女が神の声を聞いたと言って戦いに出て、
なぜあそこまでの結末に至ったのか。素朴な少女から

聖女へと変わっていく姿を細かく表現していけたらいいなと思っています」と意欲をみせる。

<一部抜粋>
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130607-00000003-pia-ent
ジャンヌ


6: オセロット(西日本):2013/06/09(日) 14:35:47.66 ID:gi54juhyO
みんなナウシカみたいなイメージもってるよね



7: ジャガー(庭):2013/06/09(日) 14:36:16.27 ID:2s/BAyoKP
メンヘラの女の子を大人たちが上手く利用した。
戦争に勝ったら用済みなのでポイした。



15: ベンガルヤマネコ(奈良県):2013/06/09(日) 14:39:03.62 ID:G0R6zkk+0
ジャンヌダルクが持て囃される意味がわからない
若くして燃やされただけじゃん



20: ジャガー(大阪府):2013/06/09(日) 14:40:57.55 ID:UtpXqw7UP
>>15
一応ジャンヌがいなきゃフランスがイギリスにボコボコにされてたんだろ?
知らんけど



43: ジャガー(庭):2013/06/09(日) 14:57:11.32 ID:2s/BAyoKP
>>20
「フランスを救えと神様が言いました」とかおかしなこと言ってる田舎娘を軍のアイドルにして
劣勢を盛り返したシャルル7世のプロデュース手腕が高かった。
ジャンヌダルク見殺しにしたから悪く言われがちだけど
シャルル7世がいなかったらフランスは存在していない。



16: ジャガーネコ(東京都):2013/06/09(日) 14:39:30.72 ID:H9B7kYPA0
てんかん持ちで妙なこと口走ってたのが神秘的だったんだろ(´・ω・`)
んでいいように利用されて捨てられたと



21: ソマリ(香川県):2013/06/09(日) 14:41:16.29 ID:lHiySvPf0
ジャンヌダルクはどうでもいいけどナイチンゲールはまじすごい



32: シンガプーラ(西日本):2013/06/09(日) 14:47:08.66 ID:gi54juhyO
>>21
えっそうか?クリミア戦争の二年間ぐらいしか現場にいなかったらしいぞ



112: バーミーズ(愛知県):2013/06/09(日) 15:58:21.97 ID:J3IBuP+50
>>32
統計の鬼だからな
Florence_Nightingale_CDV_by_H_Lenthall
イギリスの看護婦、社会起業家、統計学者、看護教育学者。近代看護教育の母。
病院建築でも非凡な才能を発揮した。
クリミア戦争での負傷兵たちへの献身や統計に基づく医療衛生改革で著名。


ギリシア哲学についても造詣が深く、オックスフォード大学のプラトン学者、
ベンジャミン・ジョウェット(英語版)とも親しく交流した。

http://ja.wikipedia.org/wiki/フローレンス・ナイチンゲール



28: リビアヤマネコ(埼玉県):2013/06/09(日) 14:45:33.68 ID:4e1zvT2x0
ジャンヌ・ダルクに協力した軍人の一人がジル・ド・レエだって知ったのは大人になってからだ
それまでジル・ド・レエは知ってたけど、この二つの話が結びついたときは驚いた

趣味と実益を兼ねて戦ったジルはすごい強かったんだろうな、って思った

390px-Gillesderais1835
成長し軍人となると、百年戦争のオルレアン包囲戦でジャンヌ・ダルクに協力し、戦争の終結に貢献し「救国の英雄」とも呼ばれた。

自分の領地に戻ると湯水のように財産を浪費し錬金術に耽溺。財産目当てのフランソワ・プレラティら詐欺師まがいの「自称」錬金術師が錬金術成功のために黒魔術を行うよう唆したことも加わり、手下を使って、何百人ともいわれる幼い少年たちを拉致、虐殺した。ジル・ド・レは、錬金術成功という「実利」のためだけではなく、少年への凌辱と虐殺に性的興奮を得ており、それによる犠牲者は150人から1500人だと伝えられている。
http://ja.wikipedia.org/wiki/ジル・ド・レ
【閲覧注意】精神異常、殺人者などの恐ろしい「人間」の逸話教えてください
http://blog.livedoor.jp/nwknews/archives/3979317.html



33: ジャガー(東京都):2013/06/09(日) 14:47:29.71 ID:4wXjM5m6P
>>28
青ひげとか聞いたことあるけど、ジルドレって何やった人なの?



38: リビアヤマネコ(埼玉県):2013/06/09(日) 14:50:48.59 ID:4e1zvT2x0
>>33
ショタで大量殺人



39: ジャガー(東京都):2013/06/09(日) 14:54:03.25 ID:4wXjM5m6P
>>38
ショタで大量虐殺やったから有名だったのかw



47: リビアヤマネコ(埼玉県):2013/06/09(日) 15:00:12.63 ID:4e1zvT2x0
>>39
むしろそっちのが有名かもw

だから百年戦争に出兵してたってとこがすっごいゾッとしたよ



67: イエネコ(茨城県):2013/06/09(日) 15:14:44.71 ID:2IuitWos0
>>47
ジルドレは財産目当ての政敵にはめられて適当な裁判で悪名をなすりつけられた被害者
・・と妄想している
親父の莫大な遺産と100年戦争で得た金ですごい財産持ち

ジルドレ自体は当時のボンボン騎士の中ではかなりの教養持ちで信仰心も厚い人
田舎娘のジャンヌに対しては最初からすごい紳士的で戦場でもジャンヌを信じ切って
神として扱い献身的に警護したりしながら元帥にまで昇進

その後崇拝していたジャンヌがフランスに捨てられたあげく
メチャクチャな裁判で処刑された後世の中に失望
城に引き籠りながら自暴自棄な生活をしてたところを
ジルドレの財産に目をつけた政敵の教会側にはめられて尋問→裁判→処刑
財産は全て教会側が没収

歴史では勝った方が負けた方にレッテル貼り放題だから
ショタコンで少年虐殺したとかいくらでもデッチあげられるし
少なくともジャンヌを崇拝してたのは事実だし
そのジャンヌが国に裏切られた事で自暴自棄になったのは事実だろうが
その後の悪魔崇拝は何か異端審問官がよくやる魔女狩り的なでっち上げにしか見えないんだけど



70: 黒トラ(チベット自治区):2013/06/09(日) 15:16:50.04 ID:AOKNUOfj0
>>67
戦場の英雄が、政治の英雄になるケースは少ないよな
戦争と政争に求められる資質が違うのだろうけど



84: イエネコ(茨城県):2013/06/09(日) 15:26:52.21 ID:2IuitWos0
>>70
そうそう
中国では韓信とか彭越とか英布とか
日本でも源義経とか用済みになった武将は大体殺される
まさに狡兎死して走狗烹らる

ただ国民性によって殺された後の武将の評価って全然違うけど
特に宗教絡みだとどうしても裁いた側を絶対的に正当化しないといけないからかなりエグイ脚色される



52: ピューマ(東京都):2013/06/09(日) 15:04:59.96 ID:ofMRdrau0
もともと戦いたかった奴らに体よくいたキチガイ少女が担がれただけ



53: アンデスネコ(北海道):2013/06/09(日) 15:08:30.65 ID:F30clUB20
当時の歴史をみるに、政敵を排除するに当たって、
民衆に対して徹底的に宗教的悪のイメージを植え付けるというのは面白い
ザビエルも困った「キリスト教」の矛盾を突く日本人
http://blog.livedoor.jp/nwknews/archives/4384349.html



54: ジャガー(東京都):2013/06/09(日) 15:08:35.05 ID:4wXjM5m6P
まさにアイドルだよな
兵士はうおおおおおって士気が上がったのかも



55: 斑(静岡県):2013/06/09(日) 15:09:05.35 ID:ZkQBkf3i0
ゴリラみたいな女と聞いたがホントかね
そりゃ甲冑着て過ごしてたらそうなるかもしれんが
1
2
3
4
5
http://ja.wikipedia.org/wiki/ジャンヌ・ダルク



68: ヤマネコ(dion軍):2013/06/09(日) 15:15:04.83 ID:lUCdyg1+0
いわゆる狂信者だったんじゃないの?
オウムの実行犯みたいな



81: ソマリ(香川県):2013/06/09(日) 15:25:53.52 ID:lHiySvPf0
魔女狩りはホント糞だよな
吐き気を催すわ
「さすがに酷すぎるだろ…」と思う歴史上の出来事
http://blog.livedoor.jp/nwknews/archives/4235665.html



82: 黒トラ(チベット自治区):2013/06/09(日) 15:26:33.69 ID:AOKNUOfj0
ローマ法王はジャンヌダルクや魔女には謝罪してたが、ジルドレには謝罪してないんだよな



83: カラカル(チベット自治区):2013/06/09(日) 15:26:43.93 ID:hHxpH9EX0
歴史上のカリスマの多くは衆愚の象徴みたいなもんだからなあ



89: ジャガー(カナダ):2013/06/09(日) 15:34:02.88 ID:hgfJLDeUP
宗教による集団ヒステリー
集団で狂う現象って何かある?
http://blog.livedoor.jp/nwknews/archives/4136680.html



90: セルカークレックス(東日本):2013/06/09(日) 15:34:26.87 ID:OyOnBSFaO
統合失調症だったとか言う説もあったが本当かね



92: エキゾチックショートヘア(関西・東海):2013/06/09(日) 15:36:23.56 ID:/GZZRNUX0
>>90
幻聴が聴こえて指示をだすならそうだろ



93: セルカークレックス(WiMAX):2013/06/09(日) 15:38:34.07 ID:SU85/REZ0
でもやっぱり何かしら神がかった物があったんじゃない?
子供の指揮で勝てるようなもんでもないだろう



94: スノーシュー(関西・北陸):2013/06/09(日) 15:44:46.14 ID:oZlGVg8BO
ジャンヌダルクも源義経も当時の戦争のマナーを無視して戦ったから
連戦連勝したとか言う説もある



97: ジャガーネコ(チベット自治区):2013/06/09(日) 15:48:03.83 ID:a9a2wNl60
わかりやすく言うと、旗持ち役をやってたのがジャンヌ
戦略や戦術面での指揮を担当してたわけじゃない

銃弾の飛び交う戦場に女の身で飛び込み、
旗持ち役をやった(目立つので狙われやすい役職)だけでも瞠目には値するのだけど



105: バリニーズ(新疆ウイグル自治区):2013/06/09(日) 15:54:40.79 ID:aVWQXOQl0
当時の戦争はゲリラ戦が卑怯ってきまりの中、田舎娘でそんなの知らんからゲリラ戦とか
武将同士が名乗りを上げながら一騎打ちのルールとか田舎娘でそんなの知らんから
名乗りを上げてる間に殺すとかやって連戦連勝したって何かで読んだ



116: イエネコ(茨城県):2013/06/09(日) 16:04:07.09 ID:2IuitWos0
>>105
強盗騎士とか呼ばれるのが蔓延しだしたりして
戦争がルールに則った形式的なものになりだしたのも
ちょうどジャンヌがいた時代辺りだけどあくまでそれは領土争いとか小競り合い程度のもので
さすがに国同士の戦争だとそんな定石にのっとった騎士道精神なんちゃらとか
言ってる余裕お互いないんじゃないかな

中世日本も同じように一騎打ちメインとか言われてたけど元寇とかだと
普通に万単位の軍団を動員してるし
正直なところ当時の戦争ってみんなあんまわかってない



114: ヨーロッパヤマネコ(滋賀県):2013/06/09(日) 16:02:32.95 ID:eLNlfTBi0
キチガイ女が一人現れたぐらいで戦況が引っくり返るとかイギリスはやる気あんのかよ



126: スペインオオヤマネコ(京都府):2013/06/09(日) 16:24:30.58 ID:EIk7yvGM0
>>114
そんなもんなんだ。ヒトラーがまさにそれだろう。
その時、フランスはやる気なかったみたいだけど。
攻められてるのに武器作って、全部売却して武器がない!って言ってたし。

こう全体で見ると、おかしな事が沢山あるのは
個人で勝手に動いてるからだと、細部を観てるとよく分かる。

だからこの手の話も、何故負けたのか?て所で考察をしていくと
笑えない失策が沢山あるのも史実として残ってる。



131: マレーヤマネコ(大阪府):2013/06/09(日) 16:31:54.88 ID:LK0im7FS0
イギリスとの100年戦争で人口を1/3にされ
英雄ジャンヌダルクを火炙りにされた悲惨な国の国家


行こう 祖国の子らよ 栄光の日が来た!
我らに向かって 暴君の血まみれの旗が 掲げられた
聞こえるか 戦場の残忍な敵兵の咆哮を?
奴らは我らの元に来て我らの子と妻の 喉を掻き切る!

武器を取れ 市民らよ 隊列を組め 進もう 進もう!
汚れた血が我らの畑の畝を満たすまで!

何を望んでいるのか この隷属者の群れは
裏切者は 陰謀を企てる王どもは?
誰のために この卑劣な足枷は
久しく準備されていたこの鉄枷は?
フランス人よ 我らのためだ ああ!なんという侮辱
どれほどか憤怒せざるを得ない!
奴らは我らに対して企んでいる
昔のような奴隷に戻そうと!

何と! 外国の軍勢が我らの故郷に来て法を定めるだと!
何と! 金目当ての傭兵の集団が我らの気高き戦士を打ち倒すだと!
おお神よ! 両手は鎖で縛られ
頚木をはめられた我らが頭を垂れる
下劣なる暴君どもが我らの運命の支配者になるなどありえない!
『ラ・マルセイエーズ』の歴史
http://meta-metaphysica.net/lit/lamars.html




195: カナダオオヤマネコ(大阪府):2013/06/09(日) 19:07:54.41 ID:ImxFadHa0
>>131
ネタかと思ったらマジか

どんだけ怨念のこもった国歌だよw



150: イエネコ(茨城県):2013/06/09(日) 17:08:50.81 ID:2IuitWos0
1容姿不明のまま死亡
2後年に妄想でとりあえず美男美女
3現代人その定説には疑問が残るという事で
容姿の記録が残らないくらいにとりあえずブサイクだったんだろう説を採用



155: イエネコ(茨城県):2013/06/09(日) 17:15:34.68 ID:2IuitWos0
腐女子の妄想で美男子とか言われてる伊達政宗とか
遺骨から顔復元されてたけどもろに普通のおっさんだからなあ
http://www.datemasamune.com/history/feature.htm

たぶんジャンヌもあれだけオッサン達にもてたんだし
仮にも戦後に剥奪されるまでは聖女扱いを受けたんだから
ゴリラみたいなブサイクではなくそこそこかわいいかったんだと思う



157: ジャガー(東京都):2013/06/09(日) 17:21:23.99 ID:4wXjM5m6P
そもそもフランスを救ったみたいに言われてるけど
当時、一般の市民や農民にフランスって国の概念あったの?



165: ラグドール(茸):2013/06/09(日) 17:26:59.37 ID:FDY9L2im0
>>157
百年戦争を通じて形成された感じ



192: ヨーロッパオオヤマネコ(長崎県):2013/06/09(日) 18:27:53.50 ID:V6YC1xGk0
協会の圧政が酷くて他の偶像が必要な時代だったんだろ



196: カナダオオヤマネコ(東京都):2013/06/09(日) 19:10:14.19 ID:kmw8OaRD0
祭り上げて落として酷い大人達だなって印象



198: アメリカンボブテイル(庭):2013/06/09(日) 19:11:16.22 ID:S931rc+nP
中世の裁判はガチキチで面白い
飢饉の時にネズミやバッタを破門したり、退去勧告したりな
面白いことに、この被告等にも弁護人がいた
【閲覧注意】で、一番残酷な拷問って何なの?
http://blog.livedoor.jp/nwknews/archives/4429603.html

中世ヨーロッパのドロドロとした閉塞感みたいなのいいよね
http://blog.livedoor.jp/nwknews/archives/4297103.html




199: キジトラ(庭):2013/06/09(日) 19:23:11.45 ID:ap/CqgWb0
>>198
マジキチ揃いだよなw
あの時代にまともな人がいたのか知りたいわ



転載元:http://hayabusa3.2ch.net/test/read.cgi/news/1370755970/
2ちゃん史上最大の奇跡ってなに?

【閲覧注意】面白半分で絶対にやってはいけない行為

オーパーツ怖すぎwww地球には人間の前に違う文明があったよな

【爆笑注意】死ぬ程笑えるコピペ

ゲーム史上最高にドット絵のレベルが高いゲームって何なの?

一瞬で4人の命が奪われた悲惨な事故の瞬間。アウディvsラーダ(ロシア)

悲しき雨降り / アダムとイブのジレンマ(初回生産限定盤A)(DVD付)悲しき雨降り / アダムとイブのジレンマ(初回生産限定盤A)(DVD付)
℃-ute

ZETIMA 2013-07-10

Amazonで詳しく見る by AZlink