【洒落怖】洒落にならない怖い話『家族の奇行の真相』
http://blog.livedoor.jp/nwknews/archives/4589716.html

【洒落怖】洒落にならない怖い話『全く意味がわかりません・通学バスの老紳士』
http://blog.livedoor.jp/nwknews/archives/4589038.html

【洒落怖】洒落にならない怖い話『非常階段』
http://blog.livedoor.jp/nwknews/archives/4586575.html
怖い


1:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/03(木) 08:09:43.40 ID:YJjdGKRL0
落ちる駅
終電車の中で眠ってしまい目を覚ますと、
見知らぬ女性が俺の肩に頭を乗せてもたれかかるように眠っていた。

見ると黒髪ロングでかなりかわいい。
貞子とかの不気味な黒髪じゃなく、綺麗な感じ。


正直言って悪い気はしなかったので、しばらくそのまま乗っていた。
俺の降りる駅はまだ先なので大丈夫だろう。

二駅、三駅を過ぎ車両には俺と、俺にもたれて寝ている女性の二人だけになった。
彼女はどこで降りるんだろう、起こしてあげた方がいいかな……
そう思った俺が体を動かしかけると、

「動かないで……」
と、目を閉じ頭を肩に乗せたまま女性が言った。

さらに続けて、
「もう少しこのままでいたいな……」
って。初対面の人に言われて不思議だったけど、女の子にそんなこと言われて理由を聞くほど俺は野暮じゃない。黙って肩を貸してやった。
でもさすがに自分の降りる駅が近づくと心配になってきてさ、とりあえず「どの駅で降りるの?」と聞いてみた。

すると「落ちる駅?」と返してくる。
「違うよ、落ちる駅じゃなくて降りる駅」
「降りる駅が落ちる駅だよ」
また意味不明な答え。さらに彼女は「貴方の降りる駅が、私の落ちる駅」と続けた。
ひょっとして、自殺でもするんじゃないかと思ってさ。この娘は俺の降りた駅で飛び降り自殺をするんじゃないだろうか?

どうしても気になったので、彼女に「落ちちゃいけないよ」と言ってみた。
すると彼女は「貴方が降りたら私は落ちる」と脅迫めいたことを言ってくる。仕方がないので「じゃあ降りないよ」と言ってあげた。
彼女は嬉しそうに、「ありがとう、約束だよ……破ったら貴方も落ちてね?」と言う。
この言葉に俺はゾッとしたが、今は彼女を落ち着かせることが優先だ。
自殺を食い止めたい一心で、俺は「わかった、約束するよ」と言った。


そのとき、電車が揺れた。
そして彼女の方を見た俺は、彼女の不可解な言動のすべてを理解した。
しかしもう遅い。
降りたら彼女は落ちる、そして俺もまた落ちるのだから。



4:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/03(木) 08:15:26.97 ID:syPQbR/fO
>>1
女の首が落ちるってことか?



6:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/03(木) 08:16:08.95 ID:dJRF2jQq0
>>1
俺と彼女は恋に落ちた



14:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/03(木) 08:19:37.04 ID:CssURC1LO
「オルテガ!マッシュ!ガイア!モビルスーツにジェットストリームアタックをかけるぞ!」



20:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/03(木) 08:31:01.23 ID:JHv6TqABI
>>14
ワロタ
お前誰だよっっっw



403:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/03(木) 11:57:47.35 ID:GDKhtGfq0
>>14
くっそwwwwこんなんでwwwwwww
腹いてえwwwwww



18:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/03(木) 08:28:25.53 ID:YJjdGKRL0
兄の狂乱
兄が狂乱し、家族を皆殺しにした。

すぐに兄は逮捕され、死刑となった。
妹は幸運にも生き延びたが、
事件のショックで記憶を失ってしまった。
父も母も失い、記憶もない。
空っぽな心で無気力なまま生きていた妹は、
ある日占い師と出会い、
自分の過去を占ってもらうことにした。
「何故兄は発狂したのでしょう」
「いいえ、アナタの兄は冷静でした」
「何故家族を殺したりしたのでしょう」
「いいえ、兄が殺したのはひとりだけです」
そして妹は全てを理解して、
泣いた。



26:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/03(木) 08:33:08.40 ID:iLq/0h+e0
>>18これなんだっけ



35: ◆xm/2wXBhfQ :2011/11/03(木) 08:37:28.06 ID:RX26ewEe0
>>26
兄が妹かばってうんちゃら



447:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/03(木) 12:27:53.85 ID:HOdkDWTRO
いつも思うんだけど、>>18って殺された側に家族皆殺し(心中?)未遂がいて、妹が殺される前に兄が犯人一人を殺したんじゃないの?
妹二重人格説しか出ないよね



22:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/03(木) 08:31:32.65 ID:YJjdGKRL0
カレンダーの切れ端
久しぶりに実家に帰ると、亡くなった母を思い出す

母は認知症だった
身の回りの世話をつきっきりでしていた父を困らせてばかりいた姿が目に浮かぶ
そして今は亡き母の書斎に入った時、私は初めて違和感を覚えた
母にプレゼントしたカレンダーが見つからない
何の気無しにテーブルを漁ると、ハサミでバラバラにされた
幾つかのカレンダーの切れ端が順序良く並んでいる事に気が付いた


母はどんなに呆けていても、私のプレゼントは大切にしてくれていたのにと…私はショックを受けた
私は感傷とともに並べられた日付を整理した

4/4 4/4 4/10 6/11 3/1 6/12 5/6 7/2 6/7 6/17 4/10 4/14 5/16

私は一枚だけ向きが逆になっている6/17に気づき、他の日付と同じ向きに変えていると、一階の父が私を呼んだ。
今日から五年振りの父の手料理が食べられる。
感傷を胸に押し込み、私は母の書斎を後にした。



92:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/03(木) 09:03:22.46 ID:dvsCwnRc0
>>22
これなに



100:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/03(木) 09:06:17.25 ID:lggKrO5d0
>>92
母がハサミで切ったカレンダーの切れ端を並べてみる。

4/4 4/4 4/10 6/11 3/1 6/12 5/6 7/2 6/7 6/17 4/10 4/14 5/16

ここからがこの話の難しいところだ。
元素の周期番号と族番号をそれぞれの数字に当てはめるのだ。

4/4 4/4 4/10 6/11 3/1 6/12 5/6 7/2 6/7 6/17 4/10 4/14 5/16
Ti  Ti  Ni  Au Na  Hg Mo Ra Re  At  Ni  Ge  Te

さらに向きが逆さになった6/17の部分を考慮しもう一度文章を確認すると

Ti  Ti  Ni  Au Na  Hg Mo Ra Re  Ta  Ni  Ge  Te

『父に水銀盛られた。逃げて』 となる。

って、小五郎のおじさんが言ってたよ☆



28:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/03(木) 08:33:47.91 ID:YJjdGKRL0
井戸の死体
ある日、泣き声がしゃくに障ったので妹を殺した、死体は井戸に捨てた

次の日見に行くと死体は消えていた
5年後、些細なけんかで友達を殺した、死体は井戸に捨てた
次の日見に行くと死体は消えていた
10年後、酔った勢いで孕ませてしまった女を殺した、死体は井戸に捨てた
次の日見に行くと死体は消えていた
15年後、嫌な上司を殺した、死体は井戸に捨てた次の日見に行くと死体は消えていた
20年後、介護が必要になった母が邪魔なので殺した、死体は井戸に捨てた
次の日見に行くと死体は消えていなかった
次の日も、次の日も死体はそのままだった



162:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/03(木) 09:32:16.84 ID:IMFHODlu0
>>28
これはなに?



165:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/03(木) 09:33:21.51 ID:wioxvfXK0
>>162
母親が死体処理をしていた



29:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/03(木) 08:33:54.71 ID:Mv2yMdhQ0
コインの裏
ある数学の教授がいた。


彼は家に帰る途中に1枚のコインを拾った。
片面には三角形の模様、もう片面には星の模様が彫ってあった。

教授は確率について研究をしていたので、このコインの「裏」の出る確率をしらべようとした。
しかし、教授はどっちが「裏」かわからない。

翌日、教授はいろんな人にこのコインのことを尋ねてみた。
しかし、皆見たことすらないという。

その日から、教授は常にコインを持ち歩き人に会えば、その度コインについて訊いていた。
暇があればコインを投げて、出た面をチェックしていった。

それからどれくらいの月日が経っただろうか、どれくらい教授はコインを投げただろうか、ついに「三角」の出る確率と「星」の出る確率が割りだされた。

三角…25%星…75%

信頼できる確率である。
しかし、教授は「裏」の出る確率が知りたかった。

結局どちらが「裏」かわからないまま教授は死んだ。



40:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/03(木) 08:41:24.74 ID:iLq/0h+e0
>>29
これは?



43:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/03(木) 08:42:28.87 ID:lggKrO5d0
>>40
コインが放射性物質
三角は警告



48:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/03(木) 08:44:16.05 ID:iLq/0h+e0
>>43
確立は関係ないのか



142:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/03(木) 09:20:21.06 ID:dLSW11aE0
>>48
ウランは重いからな



36:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/03(木) 08:38:27.51 ID:Mv2yMdhQ0
父さんは船乗り
今日は父さんが帰ってくる日だ。

父さんは船乗りで家にあまりいないから、帰ってくるときはすごくうれしい。

にこにこ顔の父さんを久しぶりに見ると、僕も弟もつられてにこにこ笑ってしまう。
母さんもとても楽しそうで、父さんのいる間はテーブルにごちそうがいっぱい並ぶ。

お休みが終わるころ、父さんは僕と弟をかわるがわる抱っこすると、
「大きくなるんだぞ!」と言って、また船の旅に出る。

僕も弟も、父さんに会えるのがとても楽しみなんだ。

哀しい知らせが入った。
父さんの乗っていた船が沈んで、父さんは二度と家に帰れなくなったという。

僕と弟は泣いた。
父さんがいない間だけだから、我慢できたのに。

最悪なことに、今日から僕らは夏休みだ。
僕と弟は、もう秋を迎えることはできないだろう。



88:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/03(木) 09:01:48.44 ID:1EPk6qlL0
>>36
わかんね



94:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/03(木) 09:03:31.35 ID:Mv2yMdhQ0
>>88
ヒント:父親がいるときは虐待されない



280: 忍法帖【Lv=16,xxxPT】 :2011/11/03(木) 10:39:26.70 ID:eOAlc0A30
>>36
これって、お父さんがいないとご飯が食べれないってことでいいの?
だから、夏休みは給食もないから我慢できないってこと?



38:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/03(木) 08:39:54.55 ID:Mv2yMdhQ0
雑居ビルのエレベーター
運送会社の配達員をしていた頃の話。

いつも通り昼間の配達にまわっていた。

それは繁華街の路地裏にある、築うん十年も経ってるであろう古くて人気もない雑居ビルに行った時のこと。

真夏だったし割と上階へ登らなければいけなかった為、つい怠けてエレベーターを使おうとした。
ボタンを押すと、すぐ扉は開いた。

すると、突然女性が酷い顔をして「うわあああ」狂った様に叫びながら飛び出してきて、思わず後退りした。
その女性はそのまま繁華街へと走って消えた。

何だろう、ヤクザに酷い事でもされたか?ラリってるのか?
こんな湿っぽい雰囲気のビルだ、中で何がやってるかわからない…。

恐る恐るエレベーター内を覗いて確認するが何も無い。
階段から人が降りてくる気配も無い。

不気味だな、さっさと荷物置いて出よう。
そう思いながらエレベーターに乗った。



44:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/03(木) 08:43:13.13 ID:mq6lZfSf0
>>38
そのエレベーターの中のボタンには「閉」のボタンしかなかった。

つまり、外から誰かがボタンを押さないと、エレベーターから出れなくなってしまった



49:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/03(木) 08:44:19.25 ID:Mv2yMdhQ0
悪魔との契約
男は3ヶ月前、息子を轢き逃げで亡くしていた。

妻に先立たれ、男手一つで育ててきた息子だけが生き甲斐だった男は、犯人を殺したいほど憎んでいた。

犯人は捕まったが、これでは容易に復讐も出来なくなってしまった。

ある日、男は古本屋で【悪魔召喚】と書かれた一冊の本を手に入れた。
こんなモノを信じてはいなかったが、何も出来ない自分が許せなかった男は“悪魔”を呼び出してみる事にした。

見事、悪魔は現われた。
悪魔「…お前の望みはなんだ?」
男「息子を殺した奴に復讐がしたい!殺してやりたい!」
悪魔「…前払いで“お前の死”を報酬として貰うが良いか?」

息子を失った男は、自分の命など惜しくはなかった。
男「ああ…それで構わない…」
悪魔「…ならば契約成立だ」

数日後、轢き逃げ犯が謎の死を遂げたと聞いた男は、悪魔との契約の事を思い出した。

男「前払いで“私の死”ではなかったのか?だが私は生きている…。奴は悪魔に殺されたわけではないのか?あの悪魔は嘘を吐いたのか?」
そんな疑問を抱え数日が過ぎた頃、再び男の前に悪魔は現れた。
悪魔「…契約は果たした…さらばだ…」
男「待ってくれ!あんたは“私の死”を報酬にしたはずだ!…なのに、何故私は生きている!?」
悪魔「…たしかに報酬は“お前の死”だ、勿論きちんと頂いた」
悪魔は笑いながら、最後の言葉を残して消えた。



57:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/03(木) 08:48:52.33 ID:iLq/0h+e0
>>49
なにこれ
全然わからん



60:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/03(木) 08:49:42.43 ID:lggKrO5d0
>>57
「死」を持ってかれた
死ねなくなった



55:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/03(木) 08:47:38.43 ID:Mv2yMdhQ0
スピード違反
スピード違反を取り締まっていた巡査は、やたら速度の遅いクルマを発見し、かえって危険なため停止させた。


中には80歳くらいの女性が5人乗っていたが、運転していた老婆以外は、みな目を見開き、真っ青な顔色をしていた。
運転席の老婆は、不思議そうに尋ねた。

「お巡りさん、あたしはいつも標識どおりの速度で走ってますよ。今だって標識どおりの21キロで走ってたんですから」

巡査は事情を理解し、微笑みながら言った。

「お婆さん、あの標識の“21”というのは国道21号線という意味ですよ」

その言葉を聞き、老婆は恥ずかしそうに答えた。

「あれま、そうでしたか。それは失礼しました」

巡査は老婆に運転に気を付けるように言ってから、一つ気になっていることを口にした。

「なぜほかの4人の方々はさっきから一言も喋らないのですか?何だか全員放心状態のように見えますが」

すると運転席の老婆が答えた。

「さっきまで、みんなで楽しくお喋りしてたんですけどね。国道258号線に入るまでは」



58:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/03(木) 08:49:00.28 ID:mq6lZfSf0
>>55
国道258・・・258キロのスピードで走っていた



85:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/03(木) 09:00:57.62 ID:YJjdGKRL0
身支度
「おい、まだかよ?」

俺は、女房の背中に向かって言った。どうして女という奴は支度に時間が掛かるのだろう。
「もうすぐ済むわ。そんなに急ぐことないでしょ。…ほら翔ちゃん、バタバタしないの!」
確かに女房の言うとおりだが、せっかちは俺の性分だから仕方がない。
今年もあとわずか。世間は慌しさに包まれていた。
俺は背広のポケットからタバコを取り出し、火をつけた。

「いきなりでお義父さんとお義母さんビックリしないかしら?」
「なあに、孫の顔を見た途端ニコニコ顔になるさ」
俺は傍らで横になっている息子を眺めて言った。
「お待たせ。いいわよ。…あら?」
「ん、どうした?」
「あなた、ここ、ここ」女房が俺の首元を指差すので、触ってみた。
「あっ、忘れてた」
「あなたったら、せっかちな上にそそっかしいんだから。こっち向いて」

「あなた…愛してるわ」女房は俺の首周りを整えながら、独り言のように言った。
「何だよ、いきなり」
「いいじゃない、夫婦なんだから」
女房は下を向いたままだったが、照れているようだ。
「そうか…、俺も愛してるよ」こんなにはっきり言ったのは何年ぶりだろう。
少し気恥ずかしかったが、気分は悪くない。俺は、女房の手を握った。
「じゃ、行くか」「ええ」


俺は、足下の台を蹴った。



87:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/03(木) 09:01:26.67 ID:mq6lZfSf0
>>85
一家心中の話



105:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/03(木) 09:08:06.61 ID:YJjdGKRL0
かくれんぼ
「もうすぐご出棺なんだからじっとしてなさい!」

おじいちゃんのお葬式が退屈だったから
同い年ぐらいの親戚の子たちとかくれんぼしてたら
お母さんにひどく怒られた。
親戚の子と言っても大勢いて
何回か会った子もいたけど全然知らない子もいた。
他の子も怒られてる。
みんなでしゅんとしてたらバスがやってきた。
「うちは兄弟だけで10人もいる大家族だからね。バスで火葬場までいくんだよ」
ってお母さんは言う。また怒られるといやだから素直にバスに乗った。
一人だけバスに乗らないおばさんがいる。
なんかあわてたように誰かの名前呼びながらそこら中走り回ってた。
でもバスは出発しちゃった。

お葬式っていっつもこんななのかなぁ?
僕らにはじっとしてろと言うくせに
大人は大騒ぎするから嫌いだ。
なんでお葬式にでただけなのにお巡りさんにいろいろ聞かれるんだろう。
火葬になったおじいちゃんの遺骨が2人分あったとか、
そんなことボクに言われても分けわかんないよ。



112:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/03(木) 09:10:31.67 ID:S3hizRRk0
>>105
かくれんぼをした親戚の子がひとり
棺桶に隠れてそのまま火葬か



107:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/03(木) 09:08:26.88 ID:Mv2yMdhQ0
学校に忘れ物
俺が高校のときの話なんだが、って今も高校生なんだがある日、
明日提出の課題を学校に忘れてきたことに気付いて、一階にある教室に取りに行ったんだ。

もうかなり遅い時間だったから先生もいなくて中に入れなかった。
テストの点が悪い俺は、課題を一つでも提出し損ねるとかなりまずかった。

だから、とにかく必死でどこか鍵を閉め忘れた窓がないか見てまわったんだ。
そしたら一階のトイレの窓が開いてたんだ。
そこから中に入って自分の教室まで行ったんだ。
俺はすごいビビリだったから、教室に行くまででもうすでにオドオドしてた。
 

忘れ物を取ったらすぐにドアに向かった。
怖さで焦りまくってた俺は引けば開くドアなのにずっと押し続けてた。
開かない!開かない!って焦り続けて5分後くらいにやっと気付いたけど、
もう完全にパニックになってて、猛ダッシュで階段を降りて外に出たんだ。


そこからも全力疾走で家に帰った。
家に帰ると一目散に自分の部屋に入って布団をかぶった。
しばらくして落ち着いたら、一眠りしてしまった。
ふと目が覚めて、課題をやらないとと思ったけど腹が減っていたからとりあえず何か食おうと思って部屋を出るとちょうど父が帰ってきた。

そうすると母は慌てて玄関に行った。どうしたのかなと思っていると父が、
「○○(俺の名前)が帰ってこないって本当か!?」
なんて言い出した。
何を言ってるんだと思っていると母が、
「そうなの。学校に忘れ物を取りに行ったきり・・・」
何を言ってるんだ。
俺はここにいる。

両親に向かって
「ここにいるじゃないか!!」
といったが両親は何も言わなかった。
わけが分からなくなって部屋に戻って、学校に忘れ物を取りに行ったときのことを思い出している途中で俺は気付いてしまった。
もしかすると俺はもう・・・。



211:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/03(木) 10:04:08.01 ID:dLSW11aE0
>>107がよくわからん



214:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/03(木) 10:05:20.16 ID:iLq/0h+e0
>>211
教室は一階



108:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/03(木) 09:08:59.99 ID:YJjdGKRL0
息子の友人
ベトナム戦争から家に帰る前夜、青年兵士は自宅に電話した。

「明日帰るんだけど、他に行くところがない友達を連れて帰りたいんだ。
家で一緒に住んでもいいかな?」
息子の帰還報告に狂喜した両親は、勿論!と泣きながら答えた。
「でも、一つだけ言っておきたいことがあるんだ。
彼は地雷を踏んでね、腕と足を失ってしまったんだよ。
でも、僕は彼を家に連れて帰りたいんだ。」

その台詞に、両親は押し黙ってしまった。
「数日ならいいけれど、障害者の世話は大変よ。
家にいる間に、そのお友達が住める所を一緒に探しましょう。
あなたにも私たちにも自分達の人生があるのだから、
そのお友達 の世話に一生縛られるなんて無理よ。」
やっとのことで母親がそれだけ言うと、息子は黙って電話を切った。

翌日、警察から電話があり、青年兵士の両親は
彼がビルの屋上から飛び降りて死んだことを知らされた。

死体と対面した両親は絶句し、泣き崩れた。



113:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/03(木) 09:10:36.53 ID:lggKrO5d0
>>108
腕と脚がないのは息子



124:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/03(木) 09:14:47.47 ID:S3hizRRk0
>>113
でも障害者になったのが自分の息子だった場合は
息子の友人の世話をするのとは事情が変わってくるよなー



125:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/03(木) 09:15:20.58 ID:lggKrO5d0
>>124
だから親は後悔したんだろ



139:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/03(木) 09:19:47.53 ID:Mv2yMdhQ0
ゲーム
老人が男に言った。


「ゲームをしないか?」

老人が説明したゲームの内容は次の通りだ。
箱の中に多額の賞金が入れられており、男が見事箱を開けられたら中の賞金は男の物。

箱はとても頑丈であり素手で開けるのは不可能だが、まわりには斧などがおかれている。
時間制限などは一切無いらしい。

男は是非やらせてくれと答えた。
男が金を得るチャンスがあるのにリスクは無なさそうだったからだ。

参加を表明した男に老人が言う。

「実は箱にたどり着くまでにはいくつか難関がある。5万円払えば賞金のすぐそばからスタートさせてやろう」

男は笑顔で5万円を差し出した。

ゲームが開始した。
スタート時から賞金は男の目の前にあった。



145:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/03(木) 09:20:55.43 ID:lggKrO5d0
>>139
箱の中からスタート
出られない



155:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/03(木) 09:28:38.15 ID:YJjdGKRL0
廃墟
俺が小学生の頃の話。

俺が住んでいた町に廃墟があった。
2階建てのアパートみたいな建物で、壁がコンクリートでできていた。
ガラスがほとんど割れていて、壁も汚れてボロボロだったから、
地元の人間でも、あまりこの場所に近づくことはなかったらしい。

ある日俺は、友人と肝試しをすることになって、この廃墟に行くことにした。
まだ昼ぐらいだったから、建物の2階まで上がって建物を探索した。
そしたら並んでいる扉のひとつに、文字が書いてあるものがあった。
友人と近づいて確認してみると、扉の前に
「わたしは このさきの へやに いるよ」
と書いてあった。
俺と友人は扉を開けて中に入り、先に進むことにした。
歩いて行くと分かれ道に突き当たって 、壁に
「わたしは ひだり に いるよ」
と書いてあった。
少し怖くなったけれど、俺と友人はそのまま左に進むことにした。
すると両側に部屋があるところに突き当たって、壁に
「あたまは ひだり からだは みぎ」
と書いてあった。
友人はこれを見た瞬間に、半狂乱になって逃げだした。

でも俺はその場所にとどまって、勇気を出して右の部屋に行くことにした。
部屋に入り進んでいくと、突き当たりの壁に
「わたしの からだは このしたにいるよ」
と書いてあった。
下を見ると
「ひだりの へやから わたしの あたまが きてるよ うしろ みないでね」
俺は急いで、その部屋の窓から飛び降りて逃げた。
それからはもう、その場所には近づいていない。



167:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/03(木) 09:34:21.16 ID:THzxghcC0
>>155
これただ怖いだけ?
誰か教えて



176:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/03(木) 09:37:01.10 ID:ERra42r80
>>167
一番最後の「」だけは書いてあったのではなく聞こえた



204:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/03(木) 09:56:32.60 ID:YJjdGKRL0
行方不明の女の子
ある日、地方に住んでいる6歳の幼女が1人行方不明になった

母親が公園で主婦友達と話している数分の間に公園から居なくなった
どこを探しても居ない、警察も検問を各地に配置したが一向に見つからない

警察も半分諦めていた
1ヵ月後、諦めきれない親がとうとう最後の手段とも言える
アメリカで有名な透視能力者を大金を叩いて招いた

早速両親は娘が今、どこにいるのか透視して貰った

透視能力者は透視を始めた
何分か経って透視能力者は一言
「この子は元気ですよ」
この言葉に両親、親族は大喜び
さらに透視能力者は
「この子の周りには豪華絢爛な家具が見えるので多分、裕福な家庭にいる事が推測されます」
この言葉に両親、親族は多少の疑問を抱きながらも喜んだ

そして母親が核心に迫った
「娘は今、どこにいるのですか?詳しい場所を教えて下さい」と熱の入った口調で言った
透視能力者は一言こう言った
「あなたの娘さんは世界中にいます」



206:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/03(木) 09:58:19.91 ID:h67paB3/0
>>204
人身売買されている



207:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/03(木) 09:58:46.19 ID:y9MPQlf+0
>>204
臓器は元気ってこと?



209:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/03(木) 10:03:26.29 ID:h67paB3/0
>>207
何かその言い方引っかかる



219:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/03(木) 10:06:12.24 ID:S3hizRRk0
>>209
世界中に彼女の各臓器を提供された人が元気に生きてる



210:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/03(木) 10:03:27.41 ID:YJjdGKRL0
おじいちゃんの願い
一人の女の子がいた。性格は明るく、小学校ではたくさんの友達に囲まれていた。

また、女の子は大のおじいちゃん子で、おじいちゃんも女の子の事を本当に可愛がった。
しかし、おじいちゃんは今は入院しており、余命は長くなかった。

医師がもう残りわずかの命である事を伝え、女の子は両親に連れられ病院に行った。
病室で女の子の両親はおじいちゃんと話した後、医師の説明を受けに病室を出て行った。
病室には女の子とおじいちゃんの二人。
女の子はおじいちゃんに、学校の事や最近楽しかった事などいろいろな事を話した。

しかし、途中で女の子は泣きながら

「おじいちゃんいなくなるの?」

と聞いた。するとおじいちゃんは

「おじいちゃんが死んだら、お父さんとお母さんと一緒にかなしんでくれるかい?」

と言った。女の子は

「うん……でも死んじゃいやだよ」

とつぶやいた。

その後、女の子は家に帰ることになり、その次の日おじいちゃんは帰らぬ人となった。
女の子はその日、わんわん泣いた……。

一か月後、ある記事が新聞の隅に載った。
一部抜粋すると

「一家心中、動機は全くの不明。女の子の名前は斉藤加奈ちゃん」



213:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/03(木) 10:05:14.38 ID:u9ixT8VO0
>>210 一緒にかなしんでくれるかい?



215:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/03(木) 10:05:33.28 ID:gYtBYjsh0
>>210
加奈死んでくれるかい

文章じゃないとむりがあるが



225:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/03(木) 10:09:12.21 ID:iLq/0h+e0
テープレコーダー
男が書斎で、銃で撃たれて死んでいるのが見つかった。

男は机に突っ伏しており、手には銃が握られていた。
机の上にはテープレコーダーがあった。
刑事が再生ボタンを押すと、
「私はもう生きていけない、私には生きる理由が何もない」
というメッセージが聞こえ、続いて銃声が鳴り響くのが聞こえてきた。

刑事はこれを聞いて、彼は自殺したのではなく殺されたのだと確信した。



229:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/03(木) 10:10:38.67 ID:dLSW11aE0
>>225
巻き戻し



234:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/03(木) 10:13:05.98 ID:syPQbR/fO
>>229
ああ、なるほど



230:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/03(木) 10:10:52.57 ID:YJjdGKRL0
カメラマン
「一年前、うちの大学の生徒が無人島で7人全員死んだって事件あったよな?」

「あぁ、あったな。それがどうした?」
「実は、その事件の模様を映したビデオがここにあるんだよな~♪」
「マジで?!」「えぇ~うっそー」「怪しい」「・・・ホントに?」みんなそれぞれ勝手なことを言っている。。。
「まぁ、とりあえず観てみようぜ~」

ビデオが再生されると初めは普通の旅行のようだったが、その夜に一人の死体がみつかるとそこからはパニック映画のようだった。みんな震え、怯えている。
そこから次々と死体で発見されていき、結局はカメラマンと一人の少女が残った。少女は言う。
「あなたが犯人なんでしょう?!私が犯人なわけないもん!それに、こんな状況でビデオ撮ってるなんておかしいわよ!」
「違うおれじゃない!これは警察に証拠として、渡すために・・・」
少女は最後まで話をを聞かずに外に飛び出していった。それをすぐ追いかけるカメラの男。
そこで、急に画面が黒くなり次には無残な少女の死体と首吊り自殺をしたと思われる、カメラの男が映っていた。そこでビデオは終わった。



237:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/03(木) 10:14:02.52 ID:y9MPQlf+0
>>230
犯人は友人
後からビデオを回収したのは犯人のはずだから



240:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/03(木) 10:15:14.46 ID:YJjdGKRL0
アトリエ
10年程前の話。

美術の教師をしていた姉がアトリエ用に2DKのボロアパートを借りた。
その部屋で暮らしているわけではなく、絵を描くためだけに借りたアパート。
せっかく借りてるのに住まないなんてもったいない!
そう思った私は姉に頼み込んでその部屋で一人暮らしをさせてもらうことにした。

一人暮らし初日。わくわくしながらアトリエに帰宅。
くれぐれも戸締りに気をつけるようにと言われていたため帰ってすぐに玄関に鍵とチェーンをかけた。
その後夕飯を作ったり本を読んだりして楽しく一人の時間は過ぎていく。
気付くともう夜も更けていたため、もう一度戸締りをチェック、ガスの元栓も締め眠りについた。
しばらくして、多分夜中の2~3時だったと思う。玄関がガチャっと開いた。
どうやら姉が絵を描きに来たらしい。
こんな時間に頑張るなあと、ウトウトしながら思っていると、私が寝ている隣の部屋に入っていった。
隣の部屋は画材やらキャンバスやら置いてある部屋。
そこで、姉はブツブツ言ったりクスクス笑ったりしてる。
うーん、やっぱり芸術家と怪しい人って紙一重だよなぁ、と、酷い事wを思いながらいつの間にか寝てしまった。

朝、目が覚めると姉はもう帰ったようで居なかった。
姉の絵に対する情熱は尊敬に値するよなぁ、と思いつつ出掛ける準備をして家を出る。
玄関の鍵を閉めた時に、突然恐怖に襲われた。

それ以来、私がそのアトリエに足を踏み入れることはなかった。



243:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/03(木) 10:16:31.54 ID:mq6lZfSf0
>>240
鍵とチェーンかけたのに、何故入れた?



246:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/03(木) 10:18:12.38 ID:EGUGXOZo0
>>240
うちの母ちゃん外からチェーン開けて入ってくるよ



248:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/03(木) 10:18:30.09 ID:iLq/0h+e0
>>246
こえーよ



250:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/03(木) 10:19:02.90 ID:YJjdGKRL0
耳栓
とてもやかましい店だったので、そのパチプロ、

耳栓替りにパチンコ玉を左右の耳に詰めました。
ところがあまりぎゅうぎゅう耳の奥に詰め込んだので、
これが抜けなくなったのです。
耳掻きで取りだそうにも耳掻きをこじいれる隙間もありません。
一計を案じ、息子の持っている磁石で吸いだそうとしましたが、教材程度の磁石ではとても無理。
そこでそのパチプロ、知人が勤めるある企業の研究室を訪れました。
以前、そこの研究室に実験用に超強力な電磁石があるという話を聞いていたからです。

知人は呆れ返り
「はっはっは。バカなやつだなぁ。まぁいい。うちのは無茶苦茶強力な磁石だから、
簡単に抜けるよ。そこのところに耳をつけて」

パチプロは装置の磁石の所に、まず右の耳をつけました。
知人が電磁石のスイッチを入れます。
言葉どおり、その磁石は超強力で、パチンコ玉は瞬時に磁石に引き寄せられ、
カキーンカキーンという衝突音が研究室に響き渡りました。



251:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/03(木) 10:19:43.29 ID:iLq/0h+e0
>>250
貫通か



288:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/03(木) 10:45:09.60 ID:YJjdGKRL0
身代わり
ある産婦人科で赤ん坊が生まれた。

その夜看護婦が赤ん坊の様子を見てみると、なんと赤ん坊は死んでいた
病院は事実を隠蔽するため、すぐに身寄りのない赤ん坊を身代わりに用意した
出産のとき母親は意識がなく、自分が産んだ赤ん坊をまだ見てはいない
そして見た目が瓜二つな赤ん坊を選んだため、見破られることはないはずだった
次の日、母親は赤ん坊と対面するなり鬼の様な形相で叫んだ
「こいつは私の赤ちゃんじゃない!!」



296:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/03(木) 10:48:42.68 ID:5SbVZJ/50
>>288
これ何だっけ・・・



300:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/03(木) 10:49:40.29 ID:0N9jjy5/0
>>296
母親が赤ちゃんを殺したんじゃなかったっけ?



337:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/03(木) 11:10:29.41 ID:7hJxO0PN0
魔の交差点
近所の花屋の近くの交差点は

「魔の交差点」と呼ばれていて
毎年死人が出ている
それだけならただの事故の多い交差点だが
不思議なことにその交差点では毎年、
「同じ日」の「同じ時間」に人が死んでいる

そして不幸なことにそのことを知らずに町にきた俺の彼女が
去年そこで事故にあって死んでしまった・・
俺は悔しくて悔しくてたまらなくて
なんとしても交差点の謎を突き止めてやろうと
意を決して今年のその日、その時間にこの交差点にやってきた
本当に幽霊かなにかの仕業だとしても
そいつをこらしめてやるとさえ思っていた
もし死んだとしても彼女に会えるなら本望だ

俺は交差点を隅々まで調べたが
これといったものは見つからず、俺の身に何か起こることもなかった
一つおかしなことがあるといえば
俺がこうして交差点をウロウロしていても誰も気にもとめず、
警官さえも素通りしていくことか・・・

「やはりただの偶然なのか・・・」
あきらめて帰ろうとしたとき
一台の青いトラックが俺めがけてつっこんできた
そのとき、ようやく俺は気づいた
俺は間一髪でトラックを回避した
そのあとしばらく悔しくて悔しくて
その場所で泣いて立っていた



412:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/03(木) 12:04:31.16 ID:eLYfvqik0
3人の妻
ある男女がワインを飲みながら暖炉の前でくつろいでいた。

すると、男が突然泣き始めた。

「ああ、僕はこんなに幸せでいいのだろうか。僕は今までに3人の妻を亡くしているのに」

女は男の傍に行き、男を慰めた。

「大丈夫よ。あなたには幸せになる権利があるもの。でも、奥様はどうして亡くなられたの?」

男は泣きながら女の言葉に答えた。

「最初の妻は、心臓発作で。二人目の妻も心臓発作で亡くなったんだ」

「お気の毒に……じゃぁ、三人目の奥様も心臓発作で?」

男は涙を拭いながら言った。

「いや、階段から落ちて首の骨を折ったんだ」

女は言った。

「まぁ……お酒に酔って?」

男は言った。

「いいや、彼女だけは酒が飲めなかったんだ」



414:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/03(木) 12:06:20.02 ID:0buvD+LU0
>>412
全部男が殺した?



416:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/03(木) 12:07:13.90 ID:mq6lZfSf0
>>412
二人はワインに毒を盛って殺していたが、一人はワインを飲めなかったので階段から突き落とした。
今ワインを一緒に飲んでいる女性も危ない。



429:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/03(木) 12:15:52.69 ID:eLYfvqik0
ごめん

若返り
老人『本当にこれで若返れるのか?』


男『えぇ。我社の開発したこの機械はあなたの細胞から全盛期だった若い体を生成し、あなたの今の記憶を入れることで記憶はそのままに体だけは若返ることができます。』

老人『そうか…。お願いするよ』

そして老人はベッドに寝かせられシートが被せられた。
それから数時間。
老人(遅いなぁ…いつになったら始まるんだ?)

男『お待たせしました』

若い男『ありがとうございます。こんなに上手くいくとは…ところでこの古い体はどうするんですか?』

男『こちらで処分いたしますよ。またのご利用お待ちしております。』

そう言うと男はベッドを焼却施設まで運んで行った。

老人(おぉ。前の誰かは若返りに成功したようだな。それにしてもやっと俺の順番か…)

若い男『ありがとうございます』



432:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/03(木) 12:20:08.83 ID:mq6lZfSf0
>>429
クローンは自分と同じ記憶を持っているというだけで、自分とは全くの別人。
若い男は老人のクローンでこのままでは老人は処分されてしまう。



477:1/2:2011/11/03(木) 12:46:08.81 ID:TO+rNv/MO
日記
・12/15

さて、何を書くものか。 誰かに見せるわけでもないが、何となく最初は自己紹介。
両親を墜落事故で亡くした俺は去年から妹と二人暮らし…だったのだが、 その妹は今年の春から留学中。
帰ってくるのは3月だ。 というわけで今年の冬は一人で生活。
暇だから日記でも書いてみる。
ちなみにこれは妹が去年のクリスマスにくれたノート。ツリーの絵が描いてある。ん…意外と書くこと無いな。今日はもう寝ることにする。
妹、おやすみ。
・12/16
ペンは持ってみたものの書くことが無い。妹との思い出を書こうとしても、なかなか手が動かない。
本当に俺って妹がいないと何もできないんだな。 妹に会いたい。
・12/17
今日は友達に合コンに誘われた。なんでもクリスマスに合コンをやるらしい。妹に言ったら怒るだろうか?
・12/18
ふと俺を叱る妹の顔が頭に浮かんだ。「もう、お兄ちゃんったら!しっかりしてよね!」ってまた言って欲しい。
絶対に言ってくれないけど。
・12/19
妹から電話が来た。 合コンのことを話したら「別に…いいんじゃない?勝手にすれば?」って言われた。
気にしてるのかな。かわいいやつだ。もちろんおれは行かないぜ。妹に会いたい。



479:2/2:2011/11/03(木) 12:46:40.18 ID:TO+rNv/MO
・12/20
妹に去年のクリスマスにあげたプレゼント。今は俺が大事に使ってます。
そういえば今年は妹にプレゼント買わないからお金が結構あまってるな。 はぁ…妹に会いたい。
・12/21
妹に会いたい。正月には帰って来ないらしいから会うのは3ヶ月以上先か。お金たまったしアメリカ行きてぇなぁ。
・12/22
妹に会いたい。
妹に会いたい。
妹に会いたい。
妹に会いたい。
妹に会いたい。
・12/23
妹から電話が来た!!! 送り主不明の人からクリスマスプレゼントが届いたって驚いてた(笑)
サプライズとかお兄ちゃんさすが。
・12/24
決めた!おにいちゃん妹のところに行きます!俺、妹がいないと無理だ。 ということでこれが最後の日記です。それでは!
・12/25
メリークリスマス!妹から電話が来た。クリスマスパーティをやったんだそうだ。そして妹は急遽、日本に帰宅するらしい。
あやうく俺がアメリカに行くところだった。妹はお年玉がそんなに欲しいのか?(笑)それとも俺に会いたくなったか?
かわいいやつだ。お年玉たくさん用意して待ってるからな。
・12/27
…信じられないことがおきた。日本に向かう飛行機が墜落したそうだ。
死体が握り締めていた俺からのプレゼントの財布の中身で身元が判明したらしい。
二日おきに書いてきた日記も今日で最後にする。 ページはまだ残っているから悲しみから立ち直ることができたら、来年の12月に妹との想い出でもつづろうと思います。



535:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/03(木) 13:16:05.82 ID:kPr4PP290
>>479
奇数が去年の、偶数が今年の日記か



580:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2011/11/03(木) 13:44:19.01 ID:ZJJPEb+J0
遭難
12月4日。この雪山に遭難して約24時間。

古い山小屋ではロクに暖も取れず、少々寒いが外で過ごす事は出来ない。助けはすぐに来るに違いないだろう。

12月6日。助けはまだ来ない。この吹雪だから捜索が難航しているのだろう。落ち着いて待つ事にする。

・時計が壊れてしまったので、日にちが分からない。食料が少しずつ減ってきた。
水は雪を何とかして得られるが、空腹は辛いだろう。吹雪 はまだ止まない。

・ドアからかぜがはいってくる。防寒ふくを多めに着ていてよかた。
てがふるるえて上手く文字をかけないが、しかし私はあきらめない。あきらめたら終わりだ。

・何という事だろう、あれほど吹いていた吹雪が嘘のように止み、私は救出隊に発見された。彼らに聞くと、12月12日だという。少し長い遭難体験だったが、もう終わりだ。
この日記は、ここに置いていこうと思う。もし、ここで遭難してこれを読んだ者がいるなら、私は言いたい。決して諦めるな。助けは必ず来るのだから!12月12日 ○○○○

--------


日記の文字は時間を重ねるごとに筆圧が弱くなっていたが、最後のメッセージだけは希望に溢れたようにしっかりしていた。

尚、連日に渡る猛吹雪のため、捜索が再開されたのは、それが少し弱まった12月14日の明朝の事である。


この日記の書き手、彼の遭難者の行方は、現在も行方不明、とのこと。



転載元:http://hayabusa.2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1320275383/
ケロケロケロッピって何で消えたの?

【閲覧注意】面白半分で絶対にやってはいけない行為

俺が異世界に行った話をする

ジョンレノンってたかが4,5人のグループで仲違いしてたくせに戦争反対とかよく言えるな

フィラデルフィア事件のような都市伝説教えて!

デパートの最上階にあった食堂の思い出

大阪駅にサンタいすぎwww


夢をかなえるゾウ 文庫版
水野敬也
飛鳥新社
売り上げランキング: 313