1: 名無しさん@おーぷん 2014/07/04(金)02:30:53 ID:eR6BFIsou
無だぞ無
どうすんのよ
転載元:http://hayabusa.open2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1404408653/
宇宙の真理について俺の私見を聞いてくれ
http://blog.livedoor.jp/nwknews/archives/4695911.html
エクスデス


2: 名無しさん@おーぷん 2014/07/04(金)02:31:22 ID:qI4Qx77gB
こういう感情もなくなってまうんや



4: 名無しさん@おーぷん 2014/07/04(金)02:31:49 ID:eR6BFIsou
>>2
そう
無が怖いって感情もなくなる



5: 名無しさん@おーぷん 2014/07/04(金)02:32:03 ID:SEipPO6qB
こわいもくそもない無だよ無



6: 名無しさん@おーぷん 2014/07/04(金)02:32:19 ID:eR6BFIsou
そして無だから、そこから何も生まれない。

永遠に無

永遠にな



8: 名無しさん@おーぷん 2014/07/04(金)02:32:34 ID:CG5rGk4Re
暗いっていってもそこには暗く見える物質があるのであって…あれ?
無ってなんぞ?



9: 名無しさん@おーぷん 2014/07/04(金)02:33:19 ID:eR6BFIsou
>>8
暗いとか明るいとかそんなんないよ
認識がないから



10: 名無しさん@おーぷん 2014/07/04(金)02:33:23 ID:SEipPO6qB
そもそも何かを見ている自分が存在してる時点で無じゃない



13: 名無しさん@おーぷん 2014/07/04(金)02:34:22 ID:eR6BFIsou
>>10
そう
もうなんもないんだよ
意識もないんだよ



12: 名無しさん@おーぷん 2014/07/04(金)02:34:12 ID:qI4Qx77gB
どーしよーもない。ボーッとしてる感じ?



14: 名無しさん@おーぷん 2014/07/04(金)02:35:07 ID:eR6BFIsou
>>12
ボーっともしてないよ
なんもないんだよ

永遠にな

いや、永遠っていう概念さえもないな



16: 名無しさん@おーぷん 2014/07/04(金)02:35:56 ID:eR6BFIsou
なんにも始まらないし、終わりもない
何にも干渉できないし、干渉する意識もない



20: 名無しさん@おーぷん 2014/07/04(金)02:38:00 ID:SEipPO6qB
有るものを除いたら無が残るのか?

無って残るの?無なのに?



21: 名無しさん@おーぷん 2014/07/04(金)02:38:43 ID:eR6BFIsou
難しい話になってきたな



22: ちんぽこハメ太郎 2014/07/04(金)02:38:57 ID:CG5rGk4Re
5億年ボタンは無じゃないんだよな?



26: 名無しさん@おーぷん 2014/07/04(金)02:40:24 ID:wcAjq5F7J
苦しみも焦りもない永遠の安らぎだよ
永遠の安らぎもないんだけどね



28: 名無しさん@おーぷん 2014/07/04(金)02:41:05 ID:eR6BFIsou
時間もないってのはどういう事なんだろうか



29: 名無しさん@おーぷん 2014/07/04(金)02:41:36 ID:Rk46pYuGi
想像すると深海に沈んでいく感じがする



30: 名無しさん@おーぷん 2014/07/04(金)02:41:42 ID:u4gUtUhQ2
無の空間…

そもそも何も無ければ広さがある事すら確認できなくない?



31: 名無しさん@おーぷん 2014/07/04(金)02:42:50 ID:eR6BFIsou
頭こんがらがってきたわ



32: 名無しさん@おーぷん 2014/07/04(金)02:43:32 ID:phCSMZQNV
諸行無常でござるな



34: 名無しさん@おーぷん 2014/07/04(金)02:51:28 ID:wcAjq5F7J
時間も空間もない苦しみも焦りもない
暗くも寒くもない何もない
おそらくこの世の真理の一つだと思う

むしろ有(限りも有る)の方が残虐で何も解決してなくて不安定



35: 名無しさん@おーぷん 2014/07/04(金)02:53:01 ID:SEipPO6qB
>>34
何かしらのラスボスみたいなこと言うね



36: 名無しさん@おーぷん 2014/07/04(金)02:54:03 ID:eR6BFIsou
>>35
FFのボスが言ってた気がする
「無にかえそう」みたいなこと



40: 名無しさん@おーぷん 2014/07/04(金)03:16:12 ID:Mh5hCtTpJ
俺らは有であって無は相容れないものだろう。無の俺らという状態があり得ないのだから無を肯定しても無意味



41: 名無しさん@おーぷん 2014/07/04(金)03:19:48 ID:Mh5hCtTpJ
別に有自体に欲望があるのではなく、無欲ですらまた有。全ての前提としてこの意識は存在せねばならないはずなのにそれが消えてしまうから困る



42: 名無しさん@おーぷん 2014/07/04(金)03:20:49 ID:Rk46pYuGi
>>41
わかるわ



43: 名無しさん@おーぷん 2014/07/04(金)03:22:45 ID:Mh5hCtTpJ
>>42
言い方が他に思い付かないけど、ほんと困るよな



45: 名無しさん@おーぷん 2014/07/04(金)03:24:49 ID:Rk46pYuGi
>>43
よくそれ考えて怖くてパニックになってた
最近は落ち着いてきた



44: 名無しさん@おーぷん 2014/07/04(金)03:23:34 ID:wcAjq5F7J
>>41
有である限り常に課題もあるということは
ゴールもあってないようなものが無限に続くということで
いつまで有であり続けるつもりなのかを考えると
ゴールの見えないマラソンに付き合いたくない人もいるだろうなとは思うんだ



53: 名無しさん@おーぷん 2014/07/04(金)03:41:59 ID:wcAjq5F7J
存在し続けなければならない理由は何?
生まれた時に既にそう思わされていたから?
もともとほとんどの宇宙暦の中で存在していなかったのに?
存在していない状態を否定しちゃうの?
存在するかどうかを自分で許可したかどうかも記憶がないのに?
とか考えちゃう



54: 名無しさん@おーぷん 2014/07/04(金)03:44:51 ID:QbIBe1rqm
無に興味が持てるってなんかいいよな
好きな詩人がよく無をテーマにしてた
精神性が高い感じする



55: 名無しさん@おーぷん 2014/07/04(金)03:52:25 ID:eR6BFIsou
無限⇒怖い
無⇒怖い

どっちにしろ怖い



56: 名無しさん@おーぷん 2014/07/04(金)03:52:59 ID:eR6BFIsou
逃げ場ないわ



57: 名無しさん@おーぷん 2014/07/04(金)03:53:55 ID:Mh5hCtTpJ
俺の考えで良ければ答えると
今そう考える事ですら存在が必要だから
生物としての生存本能とはまた違う。論理的に自我の必要性を感じる
これまでの宇宙の全てが俺を生み出した事に価値がある
否定する。この肉体がいつか死ぬ事と自我の必要性は関係ない
存在の選択ではなく認識が全てに先立つ以上、自分は必ず生まれてくる



60: 名無しさん@おーぷん 2014/07/04(金)03:55:47 ID:wcAjq5F7J
>>57
ただそこまでして生み出されたわりに
俺ら貧弱すぎない?w



63: 名無しさん@おーぷん 2014/07/04(金)03:57:35 ID:Mh5hCtTpJ
>>60
そうなんだよ。だから早く人体改造で進化すべきだわ



61: 名無しさん@おーぷん 2014/07/04(金)03:56:09 ID:SEipPO6qB
物は燃えても灰になるし痕跡は無くならない
けど生き物が死ぬと残された体からなにが明らかに無くなったことが実感できる
家族友人ペットとかな



69: 名無しさん@おーぷん 2014/07/04(金)04:03:52 ID:wnZ2obCfF
無は存在した時点で自己矛盾になるんだから存在しないと考えるのが妥当だろ
存在しない限り知覚もできない
有で満たされた世界の中に、概念以上のものとして無が入り込む隙間は一片も無い



71: 名無しさん@おーぷん 2014/07/04(金)04:06:13 ID:wcAjq5F7J
>>69
てことは有無を言わさず永久に存在し続けなきゃいけないの?
自分の希望とは関係なく誰かの判断で生み出されたら拒否できないんだ



81: 名無しさん@おーぷん 2014/07/04(金)04:13:46 ID:wnZ2obCfF
>>71
存在し続けなきゃいけない、みたいな脅迫的な要素はないけど、どうやっても無になることはできないだろ
死んだとしても生命現象が途絶えるだけで、客観的に観測すれば代謝が止まって全細胞の機能が停止するだけだし、仮に原子レベルまで分解されても、原子が消えてなくなることはない。原子が素粒子になっても、素粒子として世界にあり続ける



84: 名無しさん@おーぷん 2014/07/04(金)04:16:56 ID:wcAjq5F7J
>>81
生まれる前は無だったんじゃないのかな?



88: 名無しさん@おーぷん 2014/07/04(金)04:22:24 ID:wnZ2obCfF
>>84
意識とか自我とか精神とかそういうものを有であると定義しているのであれば、そういったものができる以前の発達段階の赤ん坊や胎児も無としなければいけない
実際的な話では、自分を構成する全ての原子は母親由来のもので、つまり母親が環境中から体内に摂取したものだろう
たまたま複雑な生理現象で様々な原子がヒトの体として集まってるだけで、そのいずれも元々存在しなかったものじゃない



92: 名無しさん@おーぷん 2014/07/04(金)04:24:56 ID:wcAjq5F7J
>>88
ちなみに原子はいつできたんだっけ?
原子だって最初からあるわけじゃないよね



97: 名無しさん@おーぷん 2014/07/04(金)04:29:50 ID:wnZ2obCfF
>>92
まだはっきり解明されてないし、完全には解明され得ないとおもうけど、原子を構成する素粒子、それを構成する何らかの物質、それを構成する…というふうに様々な、観測できないほど微小な何らかのものが集まってできているだろうことは誰も疑っていない。つまり原子だって無から急に飛び出てきたものでないことはどうも確からしい



85: 名無しさん@おーぷん 2014/07/04(金)04:17:18 ID:9cw6zNqkU
>>81
客観的にはそうだけど問題は主観じゃね?前頭葉を失えば感情を失うように、脳を失えば主観は確実に無くなるはず



96: 名無しさん@おーぷん 2014/07/04(金)04:26:23 ID:wnZ2obCfF
>>85
それは脳が電位変化のパターンを記憶や意識として処理して作り出しているものだから、その中枢に何らかのエラーがあれば正常なものが形成されないのは当然だとおもう。それは無というものではないのでは…



99: 名無しさん@おーぷん 2014/07/04(金)04:31:35 ID:9cw6zNqkU
>>96
脳の働きじゃなくてクオリアの話。知らなかったらこのサイトが分かりやすいよ
http://www.h5.dion.ne.jp/~terun/



102: 名無しさん@おーぷん 2014/07/04(金)04:37:42 ID:wnZ2obCfF
>>99
個々の、様々のクオリアも脳で処理しているんじゃないの?
これは科学的でないとどこかで決めつけてしまってからこの話は不勉強なんだすまん



105: 名無しさん@おーぷん 2014/07/04(金)04:41:21 ID:9cw6zNqkU
>>102
そうだよ。そのクオリアを生み出している脳が消えてしまったらクオリアを感じていた意識はどこに行くのかというのがここの人達の悩みだと思う



107: 名無しさん@おーぷん 2014/07/04(金)04:46:25 ID:wnZ2obCfF
>>105
なるほど、概念的な無とも物質存在的な無とも異なるかもしれないな、意識の存在と無というのは
主観としての意識は、脳が損傷すればどこへ行くでもなくただ途絶えてしまうよね…



74: 名無しさん@おーぷん 2014/07/04(金)04:07:17 ID:RrZVvQBZe
死んだら天国が待ってるよ



75: 名無しさん@おーぷん 2014/07/04(金)04:08:03 ID:wcAjq5F7J
天国の存在が明確に証明されていたらいいけどね



76: 名無しさん@おーぷん 2014/07/04(金)04:10:31 ID:Rk46pYuGi
霊がいるとすれば天国と地獄も信じてもいいと思ってる
だから少し怖いけど霊には会ってみたい



77: 名無しさん@おーぷん 2014/07/04(金)04:10:41 ID:eR6BFIsou
よし、じゃあ天国に行ったとしよう。
その天国で永遠に過ごすのか?
毎日毎日うまい飯食って美女と戯れて、
それを永遠に繰り返すのか?
10年とかじゃないぞ?
永遠だぞ?



79: 名無しさん@おーぷん 2014/07/04(金)04:13:06 ID:wcAjq5F7J
無になって欲もなくなって
すべてを忘れるのが最終地点なんじゃないかという



83: 名無しさん@おーぷん 2014/07/04(金)04:15:26 ID:h6vDcYjJl
そもそも天国やら地獄やらて
昔は報われない人間が多かったから死んだ後くらい報われるよって希望を持たせるために天国って概念ができてそしたら次は死ねば楽しいって事で自殺者が増えたから人によっては死んだらさらに怖い所にいくよって事で地獄の概念ができたと思うから基本は無になるか転生しかどちらかしかないだろ



86: 名無しさん@おーぷん 2014/07/04(金)04:19:41 ID:wcAjq5F7J
この世を創った何かに期待しすぎているだけで
結構な失敗作なんじゃないかな?これ
本当はもっと幸せで快適な世界が腐るほどある中でドMな方の部類



87: 名無しさん@おーぷん 2014/07/04(金)04:20:59 ID:SEipPO6qB
神ゲーだと思うけどな、人生



93: 名無しさん@おーぷん 2014/07/04(金)04:26:06 ID:wcAjq5F7J
俺らの体を構成している原子も
一つ一つは46億年以上前から存在していたものなのかな



95: 名無しさん@おーぷん 2014/07/04(金)04:26:20 ID:9cw6zNqkU
胎児の精神は無で良いじゃん。生まれてから自己の存在に気付いて初めて有になる



100: 名無しさん@おーぷん 2014/07/04(金)04:34:35 ID:9cw6zNqkU
なぜ自分はこの身体から世界を見ているのだろうと思った事がないと分かりにくいかも



101: 名無しさん@おーぷん 2014/07/04(金)04:36:53 ID:wcAjq5F7J
この世界がマシンが作った仮想現実で
原子などは最初から存在していなかったというオチもあるのかな



103: 名無しさん@おーぷん 2014/07/04(金)04:41:00 ID:wnZ2obCfF
>>101
マシンが作った、というのは少しおかしい気がするけど、世界も全ての他者も自分の脳が作り出したもので、その感覚的な内的世界の中で生きている、ということを完全に否定するのはなかなか難しいことだと思ってる



106: 名無しさん@おーぷん 2014/07/04(金)04:42:35 ID:wcAjq5F7J
>>103
極論だけど本当は自分一人しかいなかったとしても
それを自力で証明するのはほぼ不可能だもんなあ



109: 名無しさん@おーぷん 2014/07/04(金)04:49:07 ID:wnZ2obCfF
>>106
そうなんだよね。
自分という存在だけでは証明できないから、他者や何らかの他の要因から証明しようとしても、それすら自分の脳が作り出してただそこにあるかのように知覚している幻想に過ぎない、ということを否定できないからね



108: 名無しさん@おーぷん 2014/07/04(金)04:48:33 ID:SEipPO6qB
脳の無い生き物はいるが、消化器官のない生き物はいない
脳こそ意識こそ生物としての本体であるというこの感覚もなかなか難しい



110: 名無しさん@おーぷん 2014/07/04(金)04:51:46 ID:wnZ2obCfF
>>108
それはきいたことあるな!
生物学の大先生でも、全ての生物を体内から司っているのは腸であると言ってる人が少なくないのは興味深い



112: 名誉会ちょー◆6l0Hq6/z.w 2014/07/04(金)04:54:56 ID:i8vijg2rY
ドグラマグラでも在ったが、細胞自体が記憶を持つらしいな



113: 68 2014/07/04(金)04:57:15 ID:9cw6zNqkU
>>112
ドグラマグラはホラーSFですぜ



114: 名誉会ちょー◆6l0Hq6/z.w 2014/07/04(金)04:59:36 ID:i8vijg2rY
>>113
トラック運転手の臓器を移植したら、ソイツの意識が数秒だけ復活したらしい



116: 名無しさん@おーぷん 2014/07/04(金)05:03:20 ID:sbs2ngFcP
僕は無なんかより記憶転移の方が興味ある



119: 名無しさん@おーぷん 2014/07/04(金)05:05:52 ID:wnZ2obCfF
記憶に関しての細胞説と回路説、細胞説はほぼ否定されて下火だけどなあ。どうなんだろね



121: 名無しさん@おーぷん 2014/07/04(金)05:14:27 ID:9cw6zNqkU
プラナリアは分裂した個体が同じ記憶を持つし、脳以外の記憶の存在は人間でもあり得ると俺は思うわ。ここまでくると無が関係なくなってただの科学的な有無の話だから話し合う事じゃないけど



122: 名無しさん@おーぷん 2014/07/04(金)10:17:05 ID:4wpb588CP
無もまたなしってインドだっけ?

仏教って中庸を目指すんだよね



123: 名無しさん@おーぷん 2014/07/04(金)12:34:27 ID:3G0ARLeJc
>>122
有でも無でもなく空ってやつだね


お前らがグッっと来た画像を貼るスレ『都道府県のワーストを描いた地図 』

これ伏線だったの?!っての教えて

ケロケロケロッピって何で消えたの?

【閲覧注意】洒落怖でkoeeeeと思った話貼ろうぜ『半分よこせ』

よく話題になる確率の問題を集めてみる

世界史系・民族・文化に関するジョーク集

デパートの最上階にあった食堂の思い出

嫌われる勇気―――自己啓発の源流「アドラー」の教え
岸見 一郎 古賀 史健
ダイヤモンド社
売り上げランキング: 2