1:風吹けば名無し@\(^o^)/:2014/07/23(水) 09:24:06.29 ID:oJRkpv67.net
どうなんや?
死刑について暇だから議論しようぜ
http://blog.livedoor.jp/nwknews/archives/4716531.html
飛行機


3:風吹けば名無し@\(^o^)/:2014/07/23(水) 09:24:27.82 ID:7Ddm3Ue+.net
多数決(公認圧力)



4:風吹けば名無し@\(^o^)/:2014/07/23(水) 09:24:33.98 ID:7ocN1XKr.net
次善の策



5:風吹けば名無し@\(^o^)/:2014/07/23(水) 09:24:33.94 ID:sQmLpbMw.net
他にいい方法がないんじゃ



6:風吹けば名無し@\(^o^)/:2014/07/23(水) 09:25:07.28 ID:HXzWB4np.net
ホンマは皆で話し合って全員納得するんが1番なんやで



9:風吹けば名無し@\(^o^)/:2014/07/23(水) 09:25:30.47 ID:xMHSW6Hz.net
>>6
時間が足らへん



10:風吹けば名無し@\(^o^)/:2014/07/23(水) 09:25:36.43 ID:clYi3UL3.net
じゃんけんや少数派の意見に従うことに比べれば多少はマシやで



13:風吹けば名無し@\(^o^)/:2014/07/23(水) 09:26:03.93 ID:Iy+SYOtX.net
人狼やればわかる




14:風吹けば名無し@\(^o^)/:2014/07/23(水) 09:26:07.56 ID:Gkb87Vgl.net
あらかじめ多数決で決めるって全員がなとっくすればええんやで



168:風吹けば名無し@\(^o^)/:2014/07/23(水) 10:16:39.12 ID:NLfqD6lN.net
>>14
これ



15:風吹けば名無し@\(^o^)/:2014/07/23(水) 09:26:13.53 ID:vesI5CU/.net
正しくないってトンパさんが言ってた



16:風吹けば名無し@\(^o^)/:2014/07/23(水) 09:26:27.29 ID:it4BZPmh.net
正しいかどうかより後で責任を分散できるのが最大のメリットや



152:風吹けば名無し@\(^o^)/:2014/07/23(水) 10:08:54.56 ID:/tUP0n+H.net
>>16
こういう事情もありそうやね



18:風吹けば名無し@\(^o^)/:2014/07/23(水) 09:26:32.76 ID:yUsZYOob.net
多少は少数派にも配慮して妥協しないと独善的になりがち



22:風吹けば名無し@\(^o^)/:2014/07/23(水) 09:27:11.53 ID:9v8j3K7o.net
多数決(印象操作の結果)



25:風吹けば名無し@\(^o^)/:2014/07/23(水) 09:27:44.01 ID:oJRkpv67.net
多数決はその時点で正しい答えを出せない、しかし答えを出さないといけないという場合に
使うもんってことであってるやろか?



31:風吹けば名無し@\(^o^)/:2014/07/23(水) 09:28:53.42 ID:8Afgztb/.net
>>25
正しい答えってあるんか?



39:風吹けば名無し@\(^o^)/:2014/07/23(水) 09:30:49.06 ID:oJRkpv67.net
>>31
全員がその場では納得する答えがその時点で正しい答えだと思うやで
ただしその後問題出てくる可能性がある時点で正しいってのは若干語弊あるかもしれんけど
そこはまあ問題が出てきた時点でまた議論すればええと思う



32:風吹けば名無し@\(^o^)/:2014/07/23(水) 09:29:07.63 ID:sO/EMdzB.net
多数決が正しかったら今頃税金納めるシステムは崩壊しとるやろ



35:風吹けば名無し@\(^o^)/:2014/07/23(水) 09:29:59.85 ID:z/GidP4Z.net
社会主義(大嘘)



38:風吹けば名無し@\(^o^)/:2014/07/23(水) 09:30:18.42 ID:JNSE+rTT.net
多数決は正しさを決めるものやないで
納得率の高い結論を選ぶ過程で
とりあおず多くの人が納得すりゃ納得度は高いやろみたいな考えや。



42:風吹けば名無し@\(^o^)/:2014/07/23(水) 09:32:08.06 ID:PoxelxrF.net
短時間で決める多数決はダメだけど時間かけて少数派の意見を引き上げつつ議論した多数決は有効なんちゃう?



47:風吹けば名無し@\(^o^)/:2014/07/23(水) 09:33:46.93 ID:XoZJfson.net
>>42
でも大体の少数派はいちゃもんつけるだけの反対派なんだよね
だから時間をかけるだけ無駄な場合もある



77:風吹けば名無し@\(^o^)/:2014/07/23(水) 09:42:12.39 ID:/mt/hZlW.net
正しい答えなんてその時点で一番効率の良い手段でしかない
そしてそれを、その他の意見を含めて多角的に検証する事が不可能なだけで
正しい答えは存在する
それが何かわからないから特定の母体を主として多数決という「民主主義的な」方法を用いられる事になった



83:風吹けば名無し@\(^o^)/:2014/07/23(水) 09:43:35.54 ID:oJRkpv67.net
>>77
ワイもこれだと思うやで

多数決に何が問題があるかというと、その後に少数の意見を聞いて、その問題を
解決しないといけないところだと思うんや
それをしてない場合が多い気がするやで



85:風吹けば名無し@\(^o^)/:2014/07/23(水) 09:46:00.12 ID:oJRkpv67.net
>>83
若干違和感のある文章やった
多数決のどこに問題があるかというと、多数決というのがその時点で多数の意見を取り入れるだけで、
少数も納得できる意見を次回以降の議論で出すことを含めていないところにあるんだと思うやで



86:風吹けば名無し@\(^o^)/:2014/07/23(水) 09:46:00.34 ID:mz+93Ys6.net
バカのほうが多数なんだから多数決はあかん



111:風吹けば名無し@\(^o^)/:2014/07/23(水) 09:55:15.85 ID:XoZJfson.net
>>86
馬鹿は一部の人間にホイホイついてくだけだし



88:風吹けば名無し@\(^o^)/:2014/07/23(水) 09:47:02.07 ID:5zXipKqj.net
要は馬鹿が多すぎるが問題だろ?



92:風吹けば名無し@\(^o^)/:2014/07/23(水) 09:49:06.19 ID:oJRkpv67.net
>>88
一度多数決で決めた後に少数が提示する問題を解決しようとしない姿勢が問題だと思うやで



98:風吹けば名無し@\(^o^)/:2014/07/23(水) 09:52:27.77 ID:5zXipKqj.net
>>92
そんなん当たり前やろ。
世の中馬鹿ばっかりなんだから、そんなこと出来るわけがない。



103:風吹けば名無し@\(^o^)/:2014/07/23(水) 09:53:30.12 ID:oJRkpv67.net
>>98
バカばっかりで出来ないのが問題なんやったらバカを減らすためになにができるか
考えたらええんちゃうか?



91:風吹けば名無し@\(^o^)/:2014/07/23(水) 09:48:51.55 ID:PNudRuAi.net
多数決の前に判断できる能力があるかの試験は必要
さらに能力に応じた所持票数の加減もするといい



183:風吹けば名無し@\(^o^)/:2014/07/23(水) 10:24:15.18 ID:qvckLQpk.net
>>91
その「能力」にイデオロギーが混ざる可能性があるのがな



157:風吹けば名無し@\(^o^)/:2014/07/23(水) 10:11:05.07 ID:6Q9frRy0.net
例えば10人の村があって、ある一人の財産を他の9人で分ける事をその9人が賛成した場合
正しいと言えるんか



169:風吹けば名無し@\(^o^)/:2014/07/23(水) 10:16:51.85 ID:SSZLH9nx.net
>>157
多数決にも前提となるルールはあるからな
個人の尊厳から言うてそれはアウトや



166:風吹けば名無し@\(^o^)/:2014/07/23(水) 10:14:37.33 ID:T3Gsevng.net
ベストは正しい決定をすることやけど、それが出来るなら最初から採決自体必要無いしな
何が正しいか分からないから多数の人間が正しいと考えている事を採用する
多数決ってこういうシステムやろ



【閲覧注意】洒落怖でkoeeeeと思った話貼ろうぜ『半分よこせ』

よく話題になる確率の問題を集めてみる

世界史系・民族・文化に関するジョーク集

デパートの最上階にあった食堂の思い出

最強の画像で笑ったら寝るスレ

突然懐かしい匂いがして懐かしい感覚に襲われる

【笑えませんが】 哲学ジョーク集 【笑えます】

2ちゃんで最も有名なコピペってなんだろ

日本の城と世界の城の歴史考察

食中りすると一番恐ろしい食い物

嫌われる勇気―――自己啓発の源流「アドラー」の教え
岸見 一郎 古賀 史健
ダイヤモンド社
売り上げランキング: 2