転載元:http://toro.2ch.sc/test/read.cgi/occult/1408204432/
俺が異世界に行った話をする
http://blog.livedoor.jp/nwknews/archives/4226604.html

【閲覧注意】何かよくわからない世界を見てきた
http://blog.livedoor.jp/nwknews/archives/4710427.html
秘境


4: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2014/08/17(日) 00:56:44.77 ID:YXGUnccV0.net
あれは10年前のこと、俺がまだ中学生の時の話。

家庭が荒れてて両親が遂に離婚してしまった。

母親の頭がもうおかしくなっていたので、母親から離れられるという安堵感と、でもやはり母親と別れなければならないという悲しい想いとで心が揺れていた。

学校では意地の悪い奴らが両親や家庭のことについて執拗に嫌味を言って来たりしてきてとても辛かった。

引っ込み思案だった俺は誰にも相談できず、心の病みをどんどん増大させていた。

その内人生に疲れてきて、いつからか異世界に行きたいと思うようになっていた。

その頃から現実から逃避するようにオカルトな事象に興味を持つようになっていた。



7: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2014/08/17(日) 00:58:12.10 ID:YXGUnccV0.net
学校から帰ってきてはすぐに携帯で異世界に行けるというような情報があるサイトを探していた。

当時俺は奈良に住んでいたんだけど、奈良にはそういうスポットが沢山あった。

その中で俺が目をつけたのはある山の中にある廃神社。

家からさほど遠く無かったのもあるけど、何よりも廃神社なのに怖い感じがしなくって寧ろ穏やかで懐かしい感じがしたというのが一番の理由だった。

オカルト好きではあったけど怖いのが大の苦手な俺にはとても有難かった。

まぁ携帯の小さい画面の中の小さな写真でそう判断してしまった辺り流石中学生だなと今は思うw

俺は疲れたり、悲しい時にはいつもその優しい感じがする廃神社の写真を眺めたり、情報を読み込んだりしていた。

いつか行きたいとは思っていたものの行動力がない俺は中々踏み出せずにいた。

そんで中3の夏休みまでそんな状態が続く。



8: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2014/08/17(日) 00:58:48.17 ID:YXGUnccV0.net
元々家は勉強にうるさかった。親に反抗できない俺は渋々勉強して成績もかなり良かったんだけど、中3の夏休みとなると親のプレッシャーもかなり強いものとなっていた。

毎日塾に行かされ、家に帰っては勉強しろ。家族は俺の心の苦しみなどには全く興味を向けなかった。

もう心が限界だった。

ある日塾を行く振りをして家を出た俺は塾では無く、件の神社の方に足を運んだ。

住んでた場所からさほど遠くはないと言っても、割と開けた町からド田舎の方まで電車で行ったので、朝家を出て、神社がある山に着いたのは昼すぎだった。

方向音痴の俺は携帯のGPSに頼りながら漸く山に着いた訳だけど、山から廃神社までの道のりにはGPSは使えないし、神社の場所もイマイチ分かっていなかったので、取り敢えず山に入る前に塾で食うはずだった弁当を食った。

弁当食いながら、塾から家に電話行ってんだろうなとかそんなことを考えてた。

家に帰りたくない、何としても異世界に逃げなければと決意を固めていたw



9: 暇語り ◆OkvzCxnsU. @\(^o^)/ 2014/08/17(日) 01:03:47.35 ID:YXGUnccV0.net
異世界に行きたいとか言ってるのに山で迷子になりはしないかと今思えば変な不安を抱えていたので、飯を食い終わっても直ぐには山に入れずにいた。

GPS使いまくってたから携帯の電池も残り半分以下だったので、神社までの道のりを書いてるサイトを何度も読み直していた。

道のりといっても全然詳しく書いて無かったんだけどw

そんで結局大した情報も掴めないまま、写真で見ただけの神社を目指して山に入ってった。

山に入るとさっき迄の不安が消し飛んだ。普通の山なんだけど、とても懐かしい、優しい雰囲気が伝わってきた。

俺はここに神社があると確信して歩みを進めていった。



10: 暇語り ◆OkvzCxnsU. @\(^o^)/ 2014/08/17(日) 01:05:02.86 ID:YXGUnccV0.net
そんな秘境みたいな山でも無く、ある程度登山道は整備されていたし、大きな山でも無かったので、歩きやすかった記憶がある。

何よりも雰囲気にとても癒されていたので疲れなんか全く感じなかった。

久しぶりにとても良い気分だった。そのせいで神社に行くなんて目的を半分忘れかけて山を堪能していた。

木々は本当に優しい感じだった。周りに誰もいなかったので木々に話しかけたりしてたw

言葉が聞こえたりは勿論しなかったけど、言葉がなくとも会話できてる、そんな気分だった。

そんなことばかりしてたら当たり前かもだけど迷ってしまったw

携帯は圏外だったけど時間確認したら4時位だったのを覚えてる。夏の4時なんて全然明るかったし、不安な気持ちは全然無くて、寧ろ帰りたくないくらい山に浸っていたので、迷ってるのにどんどん歩いてしまったw

めっさ危険な行為してたと思う。

歩いてるうちに幾つか小さい社?みたいなのを見かけたんだけど、お目当ての神社は見つからなかった。

携帯は圏外だったけど神社の画像を待ち受けにしてたから何回も確認した。

石畳の上に寂れた鳥居が立っている画像。見つけたら直ぐに分かるはずだけど、念入りに確認してた。

そんで見つからないまま太陽は落ちてしまった。携帯の電池も切れてしまっていて時間も分からなくなった。

それなのに全然不安感は無かった。一晩ここで泊まって行こうか位の軽い感じだった。

今なら怖くて絶対出来ないw



11: 暇語り ◆OkvzCxnsU. @\(^o^)/ 2014/08/17(日) 01:06:09.74 ID:YXGUnccV0.net
時間はわからなかったけど、体感で8時、9時位かな。

もう流石に暗くて何も見えなくなってきてたから休めそうなとこで腰を下ろしてた。

月が凄い明るく感じたなぁ。木にもたれかかって、でっかい水筒に入ってるお茶をちびちび飲みながらお月見してた。

流石に疲れてたのか寝てしまっていた。目が覚めた時は朝日が登る前くらいの明るさだった。

特に不思議な出来事も起こって無かったけど、寒いのとションベンしたいとで、ちょっとその場から移動した。

人はいなかったけど、何か立ちションするのが恥ずかしくて、獣道みたいなの歩きながら茂みの方に入ってったんだよね。

そんで見つけた。お目当ての神社を。多少暗かったけど間違いなく写真の通りだった。

でも思ったより地味で、神秘的な感じもしなかったのでなんか嬉しくなかった記憶がある。

長い石の階段の上に石畳と鳥居があるもんだとばかり思っていたので、神社を調べるよりも先にションベンを優先しちゃったレベル。



12: 暇語り ◆OkvzCxnsU. @\(^o^)/ 2014/08/17(日) 01:07:03.70 ID:YXGUnccV0.net
んでションベン済ませて、一応記念に神社の方に行った。

寝ぼけてたのと冷めていたのとで本当に適当な感じだった。寂れた鳥居を潜って一応石畳?みたいな石の上を歩いて、思ってたよりも小さな社の前で手を合わせた。

もう異世界に行けるとは思って無かった。

目つぶって手を合わせてると、寝覚めの悪い俺はまたうとうとうとしてた。

一応起きてるんだけど、なんか訳のわからないことを考えてるそんな感じw

そんで頭ん中で急にデカい声がしたので目が覚めた。

何て言われたのかはわかんなかった。



13: 暇語り ◆OkvzCxnsU. @\(^o^)/ 2014/08/17(日) 01:10:26.22 ID:YXGUnccV0.net
もう完全に朝。油ゼミとかめっさ鳴いてた

まさか拝みながら寝るとはと自嘲しながら荷物のある場所に帰ろうとした。

何か凄い違和感がある。

言葉でうまく伝えられんのだけど、現実よりも現実味があるというか、とてもリアルな夢を見ているというか、何かそんな感じw

別に景色は普通だし、変なもんが見える訳でも無い。でも変な感覚だった。

朝になったせいか、神社がちょっとだけ綺麗に見えた気はしたけど、そこまでの変化も感じられない。

まぁ寝ぼけてるだけかと思いながら取り敢えず荷物のある場所に戻ったんだけど荷物が無い。

服は着てる。ポケットに入れてた携帯も財布もあった。

異世界に来ちまった?夢を見てるだけ?そんな思いも頭ん中をよぎったけど、やはり現実的に考えて、荷物の置き場所間違えて確認しただけだろうと思った。

でも辺りをどれだけ探しても見つからないし、流石に眠気も冷めちまってた。

何かおかしい。流石に不安を覚えた。荷物に入ってたのは塾のテキスト、水筒、空の弁当箱位だったので下山しようと思った。

親に怒られるとかはもういいやってレベル。相変わらず道はわかんなかったけど取り敢えず山を下りまくった。

山さえ抜ければ、財布もあるし幾らでも家に帰れるとおもったから。



14: 暇語り ◆OkvzCxnsU. @\(^o^)/ 2014/08/17(日) 01:11:48.19 ID:YXGUnccV0.net
山は相変わらず優しい雰囲気だったけど、心の中は不安と焦りがあった。

ここまで行動しといて何だけど、俺は非科学的なものを深く信仰する人間ではなかった。

異世界に行きたいって気持ちはあったけど、やっぱり半信半疑だったし、半信半疑だったからこそ行動できてたんだと思う。

だから山を下りてる時も不安はあったけど、ただの思い過ごしだろうて考えがやはりあった。

どれ位時間が経ったのか分からんけど、山の出口には来れた。

それは登った時とは全然違う場所だったけど、取り敢えず安心できた。

目の前はものっそい田んぼとか自然ばっかりだったけど、奈良の田舎なら特段驚く風景でもない。

人を探して帰り道を聞こうと思った。

携帯に着信履歴一杯入ってんだろうなとか、帰ったら怒られるんだろうなとか、
でも今日は塾を休めそうだとか、そんな現実的なことを考えられる位落ち着いていた。

田んぼで作業してる人がいたから話しかけた。

何でか分からんのだけど、そこで見た人の顔やら服装なんかがあまり鮮明に思い出せない。

お年寄りの男性だったのは覚えてる。帽子?みたいなのも被ってた。



15: 暇語り ◆OkvzCxnsU. @\(^o^)/ 2014/08/17(日) 01:14:49.60 ID:YXGUnccV0.net
俺「すいません、A駅まで行きたいんですけど、道がわからなくて。道を教えて頂けませんか?」

農夫「Aえき? なんじゃいそれは? 聞いたこともない。」

正確じゃないけどこんなやり取りをした。奈良って関西弁話すんだけど、全然関西弁じゃなかった。

奈良でも田舎の方だからかなと思ったし、電車とか利用したことない人なのかなとか失礼なことを考えてた。

でも周辺の町名やら言っても全然伝わらない。何か言葉以外全然通じなかった。

でお互い会話のドッジボールをした後に、I村というのが近くにあるらしいことはわかって道を教えてもらった。

ものっそい適当な教え方だったけどw

何か狐につままれたような感じで村を目指して見た。

人が全然いなかった。歩きながら農夫ってこんな常識無いのか?とか考えてた。

やっぱり現実とは何か違うんだけど、無意識的にそっち方面の思考はしなかったな。認めたくなかったというか。



16: 暇語り ◆OkvzCxnsU. @\(^o^)/ 2014/08/17(日) 01:15:28.64 ID:YXGUnccV0.net
真っ直ぐ道を歩いてると、村があった。

村があったつっても、多分この建物の集まりは村なんだろうみたいな認識で、本当に村と呼んでいいのかわかんなかったけど。

で近くの民家?みたいな建物の側にいた若い女の人に話しかけた。10代後半位だろうか。

若い人なら流石に分かるだろうと思って聞いてみたんだけど、農夫と同じような反応。

薄々感じてたものを抑えきれなくなっていた。

コンクリートの道が無かったし、車も見ないし、電車や線路も見えない。

変な雰囲気、違和感、通じない会話。恐らくここは現実世界ではないんだろうってことは分かった。

で、そうだとしたら夢なのか、それとも異世界なのかという話だ。

俺は以前から明晰夢という存在を知っていた。現実のように明晰な世界で、これが夢だと自覚できる夢。

これがそうなんじゃないかと思った。



17: 暇語り ◆OkvzCxnsU. @\(^o^)/ 2014/08/17(日) 01:17:39.36 ID:YXGUnccV0.net
ぼーと考え込んでいる俺を心配そうに女の人が心配そうに見ていたので、

「ここは俺の夢なんですか?それとも異世界?」っておもむろに聞いてみた。

案の定女の人は呆然としていたので、国、時代、地名などを詳しく聞き直した。

農夫が言ってたようにI村(イガラシ?イザナミ?なんかそんな感じ)であることには間違いなく、~の国とか言ってた気がする。時代は最早覚えてない。

とり合えず俺の知ってる世界ではなかったし、女の人が騙している風にも見えなかった。

夢なのか異世界なのかは依然としてわからないままだったけど。

女の人はかなり心配してくれていた。色白で優しい人だった記憶がある。

その人は俺が記憶喪失かなんかと思っていたようだ。

村娘は建物に入ってって、ちょっと時間が経ってから親だか家族を呼んできた。

兄だか親父っぽい人が疑り深く俺を見てから、我々では何とも言えないから村長に相談するように言われた。

そんで親父っぽい人に連れられて、けっこう歩いたあと、村の中では立派な建物に着いた。



18: 暇語り ◆OkvzCxnsU. @\(^o^)/ 2014/08/17(日) 01:19:10.74 ID:YXGUnccV0.net
あの神社よりもよっぽど神秘的な雰囲気のある建物だった。

何か儀式とか祭りで使われそうな建物。

建物の入り口で使用人みたいな人に親父さんが軽く事情を伝えると、使用人は屋内へと消えてった。

親父さんは愛想があんまりなくって出会ってからも、ここで待ってる間も全然話してくれなかった。

ちょっとしてから使用人と一緒に村長さんが出てきた。

村長って言うから爺さんが出てくるのかと思ったらすごい若い人?だった。

見た目は若いんだけど、なんか人間っぽい感じがしなくって、あと男か女か分からなかった。

中性的っていうのかな、美男子とも美女ともとれるような感じ。例の様に詳しい顔立ちまでは覚えてないんだけど、
凛々しい、そんな印象を受けた。



19: 暇語り ◆OkvzCxnsU. @\(^o^)/ 2014/08/17(日) 01:19:51.73 ID:YXGUnccV0.net
親父さんが村長さんに軽く説明すると、村長さんがすぐ俺に近づいて話しかけてきた。

綺麗な声だった気がする。

村長「君はどこから来たの?」

俺「ええっと・・・近くの山の神社からです。」

農夫にも村娘にも親父さんにもどこから来たかとは聞かれなかったので、このとき初めてどこから来たか告げた。

神社から飛ばされて着ましたなんて堂々と言うのは流石に気が引けた。

村長は驚いた様子も無く、そうか、とだけ言った。

「ここはどこなんですか」と俺はもう一度聞いた。

先ほど村娘に教えてもらったけれども、この人なら何か知ってるような気がしたから。

村長「君のしっている場所ではないよ」とだけ答えてくれた。

そんなの分かってるし、どんな場所なのかを聞きたかったけど、これ以上は聞けないような雰囲気だった。

しばらく沈黙してから「帰りたいかい?」と聞いてきた。

殆ど無意識の内に俺は首を縦に振っていた。

「じゃあ数日待ってくれ」それだけ言って、使用人に何か言付けして建物の奥へと消えてった。

そんなこんなでもう日が暮れかけていたので、使用人は数日暮らす部屋へ案内してくれた。

村長の家からすぐ近くだった。



20: 暇語り ◆OkvzCxnsU. @\(^o^)/ 2014/08/17(日) 01:20:49.65 ID:YXGUnccV0.net
>>132普通に日本語だったけども、固有名詞が聞きなれないものが多かったな。
あと関西地方なのに関西弁の人がいなかった。
そんなに沢山話した訳では無いから分からないことだらけ。

部屋に案内されて落ち着いていると、色々おかしなことに気付いてきた。

昨日の晩から何も食べていないのに全然腹が減ってないし、喉も渇いてない。

あれだけ歩いたのに、あまり疲れてもいない。

でも使用人が食べ物や飲み物やら持ってきてくれたので、一応飲み食いしておいた。

食べても腹は減りも膨れもしないし、変な感じだった。

それと村長からの伝言で、この世界に深く干渉しないようにと、使用人に言われた。

人となるだけ関わらず、使用人の給仕以外では飲み食いをせず、事件などを起こさない、そんな内容だったと思う。

そのちょっと前に千と千尋の神隠しって映画見てたからこれは守らねば!って思ってたw



21: 暇語り ◆OkvzCxnsU. @\(^o^)/ 2014/08/17(日) 01:21:52.60 ID:YXGUnccV0.net
元々臆病で真面目な性格だったから、言いつけを守るように、その晩は部屋で大人しくしていた。

ゲームやらテレビやらがあるわけでも無かったので、眠くないけど布団で横になってたらいつの間にか朝になってた。

朝はまた前日とは違う人がご飯を持ってきてくれた。

若くて綺麗な女の人だったと思う。何故か村長に近い雰囲気を感じたけども。

綺麗な女の人と話したかったのもあって、ちょこちょこそこで質問してみた。

体力や腹が減らないこと、日中外出してもいいかとか、給仕されたご飯は食べても大丈夫なの、とか。

なんか曖昧な返答ばかりだった気がするw

ただ日中は付き人が一緒なら外出してもいいとのこと。

ちょっと不安な気持ちもあったけど、部屋に篭ってるのも何だったので、外出することにした。

付き人がこの綺麗なお姉さんかもしれないとも思ったし。



22: 暇語り ◆OkvzCxnsU. @\(^o^)/ 2014/08/17(日) 01:23:51.88 ID:YXGUnccV0.net
朝飯を済ませたら、付き人が迎えに来るとのことで部屋でwktkしてたら、前日の使用人の爺さんが迎えに来た。

うぶだった俺はチェンジとも言えずに、渋々じいさんと村を観光して回った。

観光っても本当に何も無いド田舎だったけれども。

まぁ自然の中を歩いてるだけでかなり良い気分ではあった。

使用人の爺さんはお喋りではなかったけども、一緒にいてとても居心地の良い人だったし。

村長の使用人をかなり長くやっているそうだ。

散歩中に村の人にも何人か会ったけど、よく言えば落ち着いている、悪く言えば元気が無い人が多かった印象。

元気ではしゃぎ回ってる人はいなかったんじゃないかなって思うほど。

畑やら田んぼはあるんだけど、店が全然無かった。必要ないからだろうか?

だから、この世界の人も多分腹が減ったり、疲れたりしないんじゃないかなと思った。



23: 暇語り ◆OkvzCxnsU. @\(^o^)/ 2014/08/17(日) 01:24:46.90 ID:YXGUnccV0.net
聞いていいのか戸惑ったけど、ここの人はお腹が減ったりしないんですか?って使用人に聞いてみた。

生きていくのに必ずしも必要ではない。ただ、習慣としてやっている、という返答だった。

店が無いことについては、営んでいる人もいるけど、それも必要に迫られてではなく、やはり習慣でやっているそうだ。

何の習慣だろう?生前の習慣とか?と思ったけど、そうだとしたらここはあの世で、俺は死にかけている訳であって、と嫌な想像が膨らむのでそれ以上は聞かなかった。

昼飯時に、爺さんが飲食屋に連れてってくれた。木造で風鈴の音が印象的な店だった。

人の風貌やらはあまり具体的に覚えてないのに、風景やらは今でも割と鮮明に思い出せる。

そこでざるそばとデザートにアイスを食べた。美味しかった!

風鈴の音を聞きながら外で一服してると使用人がふと質問してきた。

あなたはなぜここに来たのですか?っと

使用人に質問されたのはこれが最初で最後だったと思う。

びっくりしたけど、素直に答えた。

生きていた世界で少し辛い思いをしていて、逃げたいと思っていたこと。

それで神社の情報を見てここまで来てしまったということ。

それが使用人が聞いてきたところのなぜこの世界に来たのかという答えになったかは分からないけど、

そうとしか返答のしようがなかった。



24: 暇語り ◆OkvzCxnsU. @\(^o^)/ 2014/08/17(日) 01:25:46.54 ID:YXGUnccV0.net
使用人はそうですか、としか答えなかった。何かを考えてる風ではあったけれども、何を考えているのかは俺には全く分からなかった。

その後も自然散策は続いた。やはり特に大したものは無かった。

山、森、川、などの自然と少々の建物、人。でも疲れることも飽きることもなかった。

ただ淡々と歩いて見て回ってた。

日が落ちかけて来たので部屋まで帰ってきて、お礼などのいくつかの言葉を交わすと使用人は帰ってった。

晩御飯は朝の綺麗なお姉さんが持って来てくれた。

お姉さんは朝会った時よりも幾分か気さくに話しかけてくれたので、こっちも話しやすかった。

お姉さんも爺さんほどではなくとも使用人を長くやっている人だそう。

正確に言えば私は使用人じゃないとか言ってたけど俺には良く分からなかった。

後は本当に他愛の無い会話をしていた。やっぱり村長と同じく普通の人間ではない感じはした。

優しいんだけど人間味が無いというか。とても魅力的ではあったけど。なんなんだろう?



25: 暇語り ◆OkvzCxnsU. @\(^o^)/ 2014/08/17(日) 01:26:57.26 ID:YXGUnccV0.net
その女の人は穏やかでとても話しやすかった。自分のことはあまり話さないけど聞き上手というか。

当時俺は人に心を閉ざしがちだったので、あんなに自然に人と楽しく話したのは久しぶりだった。

本当に時間を忘れて話してた気がする。

気がつくともう真っ暗だった。使用人の仕事もあるだろうに申し訳無いと言うと、

仕事はあって無いようなものだから大丈夫だと言っていた。所謂習慣としての仕事というやつだろうか?

その後食器を持ってお姉さんは帰ってしまった。

どうせ仕事ないなら朝まで一緒にいてくれたらよかったのにと思ったのは内緒である。



35: 暇語り ◆OkvzCxnsU. @\(^o^)/ 2014/08/17(日) 01:48:19.11 ID:YXGUnccV0.net
そしてまた一人の夜が来た。

今まで一人でいるのことが苦痛だと感じたことはなかったし、一人の方が楽くらいの認識だったけど、
お姉さんと楽しく会話できたのもあって凄い寂しいと感じた。

村長のことも気になってたし、村長の家に行ってみようかなとも思ったけど、干渉するなと言われたことを思い出して我慢して布団に横になった。

布団は窓際に敷いてあって、窓から外が見えるんだけど、田舎だからか、月や星がとても綺麗だった。

腹が減らないとか疲れない以外はとても普通の世界。夢なのか違う世界も分からない。

もし夢だったら、脳の作り出した世界だったとしたら、俺が念じたりしたら何か変わるのかなと思って、その夜色々試してみた。

ほっぺた抓ってみたり、可愛い女の子召喚しようとしたり、カメハメ波撃とうとしてみたり

なんも起こらなかったけどw

流石に諦めてまた布団に横になった。

やはりいつの間にか朝になっていた。熟睡してたのかな?夢は見なかった。



36: 暇語り ◆OkvzCxnsU. @\(^o^)/ 2014/08/17(日) 01:57:32.96 ID:YXGUnccV0.net
まだ朝ごはん持ってくるには時間あったし、爽やかなな朝だったので少し外に出てみた。

ちょっと歩くだけで村長の家なのでそこまで行ってみた。相変わらず立派な佇まいだった。

無意識の内に立派な家の門をくぐっていた。流石に家に入るのは不味いと思ったので、
庭に周りこんで家だけでも観察しようと思った。

門の反対側に周りこんでみると縁側があったんだけど、そこに村長が座っていて一瞬で気付かれてしまったw

すいません!反射的に声が出てたw

村長は全く表情を変えず、こっちにきなさいとだけ言った。

めっさビクビクしながら下を向いて歩いてったのを今でも覚えてるw



41: 暇語り ◆OkvzCxnsU. @\(^o^)/ 2014/08/17(日) 02:27:41.83 ID:YXGUnccV0.net
縁側に座るように言われて、村長と距離を置いて腰をかけた。

顔を上げてこっちを見るように言われたけど、怖くて顔は見れなかったので服あたりを見ていた。

厚手の着物?みたいなのを着ていたので体型がよくわからなかった。やはり男性か女性かは分からない。

咎められると思っていたけど、この村はどうですか?と穏やかに聞いてきた。

恐る恐る顔を上げて、自然がとても綺麗で、何故だか懐かしい感じがします、とだけ答えた。

村長はその返答には何も反応を示さず、何故あなたがここに来たかわかりますか?と聞いてきた。

前日使用人の爺さんにも同じようなことを聞かれたのを思い出したけど、やっぱり分からないので分かりませんとだけ答えた。

その返答にもやはり何の反応も無く、明日の夕方、元の場所に帰れますよとだけ答えてくれた。

明日あの神社に向かうのですか?と聞いた。神社から来たのだから神社から帰るのだろうと思っていたから。

しかし返答は予想外で、どこでもいいけれど、あなたがそうしたいならそこから帰りなさい、と仰った。

何が何やら分からんかったけど、明日帰れるんだなとは思った。

そのチグハグな会話が終わると村長さんは何も告げず屋内へと戻っていった。

流石にばつが悪かったので、部屋に戻って大人しく朝飯を待った。



45: 暇語り ◆OkvzCxnsU. @\(^o^)/ 2014/08/17(日) 02:37:49.48 ID:YXGUnccV0.net
眠くて書くの遅くなってきたw
もうすぐ終わりだから書き終えたいなぁ


朝飯は爺ちゃんが持ってきてくれた。

昨日の晩はシキと盛り上がっていたようですねと言った。

多分シキというのは綺麗なお姉ちゃんのことだろう。

あの世界の固有名詞なんて殆ど覚えていないけど、シキって名前だけは今も覚えてるw

本当に綺麗な人だった。顔はほとんど覚えてないんだけどもw

爺ちゃんとも最初会った時よりは多少打ち解けていて、少し話した。

今日はどうされますかと聞かれたけど、特にやりたいこともなかったし、またブラブラしようかなと思いますと答えた。

では今日はシキを付けましょうと言ってくれた。顔には出さず、そうですかとだけ答えたけど、内心めっさ嬉しかったw

今思えばほとんど惚れてたんだろうなw可愛いなぁ俺w



46: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2014/08/17(日) 02:42:27.78 ID:HO/cVUonO.net
>>45
頑張って!!!



48: 暇語り ◆OkvzCxnsU. @\(^o^)/ 2014/08/17(日) 02:52:21.15 ID:YXGUnccV0.net
朝飯食ってからソワソワしながら待ってた。

鏡を見たりして身だしなみ整えようと思ったけど、数日間ずっと同じ服だし、髪も何も変わってなかったからやることがなかったw

今思えば俺の初デートだなぁ。

そんなことをしてるとシキさんが迎えに来た。何故か変に意識してて昨日みたいな調子には、最初は行かなかったけど、

シキさんは相変わらずでとても話しやすかったのでいつの間にか自然と話せた。

爺ちゃんと違ってシキさんは割りと色んなことを話してくれた。自分のことは殆ど話さなかったけど。

結局何もない田舎だから見るものなんて昨日も今日も大して変わらないんだけど、昨日とは違う楽しさがあった。

山の名前やら川の名前やら由来やら教えてくれたんだけど、もう全く覚えてないw

ただただ楽しかったことくらいしか覚えてない。昼ごはんとかなに食べたっけなぁ、それすら覚えてない。

あっという間に日が落ちて、シキさんとさよならすることになった。

夜飯食うときにまた会えるかなと思ったけど、シキに来て欲しいなんて言えなかったし、大人しく部屋で待つことにした。



52: 暇語り ◆OkvzCxnsU. @\(^o^)/ 2014/08/17(日) 03:10:55.43 ID:YXGUnccV0.net
来たのは爺さんだった。ちょっと悔しかったけど、爺ちゃんも好きだったのでなんだかんだ楽しかった。

明日帰ることについて少し話した。帰りたいなら神社から帰りなさいって言われたけど、神社の場所が正直不明瞭だった。

廃神社の名前も忘れていて、山の名前くらいしか分からなかったけど、山の名前を告げても爺ちゃんは知らないみたいだった。

元々方向音痴なので、一回来た道とは言え、似たような田舎道を覚えてはいなかったし。

爺ちゃんも別に元の場所から帰る必要はないと言っていた。

でも俺としてはちゃんと元の世界に帰れるか不安だったので、出来れば元の神社から帰りたかった。

晩飯が終わって一人になると、色々考え出した。

一番気になったのはやっぱりちゃんと帰れるだろうかということ。

ここは嫌いじゃないし、爺ちゃんやシキとも仲良くなれたし、ここにいればもっと仲良くなれるだろうけど、

ここにずっといてはいけない気がした。現実は辛いし、家族とも周りの人間とも上手くいってなかったけど、それでも生きるべきなんだろうって中学生ながら思った。

布団で横になりながらそんなことを考えてた。現実のしんどさの感覚を思い出してきていた。



53: 暇語り ◆OkvzCxnsU. @\(^o^)/ 2014/08/17(日) 03:23:18.82 ID:YXGUnccV0.net
目が覚めると朝だった。

でも布団の上じゃなくて、木にもたれかかっていた。背中が痛かった。

荷物もあった。

村長の話とは少し違ったけど、俺は戻ってきた。

神社の場所を確認するとやっぱり寂れた神社があったけど、中には入らず、分からないなりに元の道を下っていった。

ちゃんと山は下りれたし、家にも帰れた。

現実世界ではやはり1日しか経っていなかった。家に帰るのがなんか久しぶりな感じがした。

思ってた通り親父には怒られたけどそんなことは正直どうでも良かった。

また塾に通いだしながら不思議な数日間のことを授業中何度も思い出していた。

単なる夢だったのかなぁ、いやそうではないはず!と思ってたけど、年をとるにつれて段々夢じゃないかと思うようになってきた。

でもやっぱり印象的で10年経った今も覚えてる。

ここ数年は忙しくて忘れてたようなもんだけど、ふとオカ板見てると思い出して書いてみたw

俺も正直夢だったんじゃないかなと思ってるだけど、あんな夢はあれしか見たこと無いw

わざわざスレ立ててくれてありがとう。読んでくれた人もありがとうw

正直そんな大した話でもないからスレ立てなくてもいいかなとも思ってたんだけどねww



55: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2014/08/17(日) 03:28:41.10 ID:2lv94Skv0.net
>>53
凄まじく乙でした
面白い



54: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2014/08/17(日) 03:25:00.42 ID:1gcSNxxa0.net
面白かった!ありがとう



57: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2014/08/17(日) 03:31:18.55 ID:2lv94Skv0.net
俺、実は奈良が結構近いんよね
凸したいなぁ
奈良のどこ山なんだろうか



58: 暇語り ◆OkvzCxnsU. @\(^o^)/ 2014/08/17(日) 03:46:45.70 ID:YXGUnccV0.net
>>57奈良の南部だね。
あの時は危険とか考えずに突っ込んでったけど、今の俺としてはオカルト的な意味だけでなく危険だと思うし、勧めたくはないな


昔見てたサイト探したけど流石にもう無いしw



59: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2014/08/17(日) 03:48:13.73 ID:aTuzuxz70.net
10年前ってまだ携帯のGPS機能って無かった気がする
PHSの位置情報くらいだったよね
それもダイレクトに地図との連携あったかな
当時PHSのみだったコロプラってゲームで、位置登録して現在地の地図を見る、
の手順なら確かギリギリ10年前にあったかもしれないけど



60: 暇語り ◆OkvzCxnsU. @\(^o^)/ 2014/08/17(日) 03:52:29.66 ID:YXGUnccV0.net
まじで?地図見ながら現在地確認して行ったんだけど。
あれってGPSって言わないのかなw

ごめんそこらへん詳しくないんだ



61: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2014/08/17(日) 04:02:33.06 ID:aTuzuxz70.net
あーいやごめん
自分がちょっと4~5年くらい時代を勘違いしてたかも
山に登ってくる



63: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2014/08/17(日) 06:14:19.10 ID:ac119Y+c0.net
暇語り氏面白かったよ、お疲れ様です。
詳細は覚えてないとの事だけど、村の人達がどんな格好、衣服だったのか気になるな。あと食べ物。
最初、電車や車が無いとか、~の国という呼び名から雰囲気的に過去にタイムスリップ的な話かと思ったがどうなんだろう、俺の頭の中では村人は着物のイメージだったが



69: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2014/08/17(日) 11:21:49.28 ID:ewtviqhc0.net
勝手に、村長は卑弥呼だと思いながら読んでたw



72: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2014/08/17(日) 14:24:47.87 ID:YXGUnccV0.net
>>63顔も服装もぼんやりとしか覚えてない。
村長が分厚い着物みたいなの着てたのが一番確かな記憶かな。
今思うと昔の日本っぽい服装だったかも?とか思うけど、曖昧な記憶を想像で補完してるだけなのかもしれない。

>>69村長はなんかよく分からない人だったよ。
会話してても会話してないような感触だったし。穏やかだったけど怖かった。
俺が一方的にビビってただけかもだけど



79: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2014/08/17(日) 14:59:00.79 ID:YXGUnccV0.net
まぁ普通に考えたら数時間夢を見てたんでしょってなるんじゃないかな。
でも寝る前は見つけられてないはずの神社がちゃんとあったんだよなぁ。
今となっては俺の記憶違いだったかもとか疑うことはいくらでも出来るんだけど。



80: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2014/08/17(日) 20:24:23.07 ID:dD+3JjRTi.net
まさしく迷い家ですね!山中他界…いい雰囲気だったぜ。



【厳選爆笑】久しぶりに一行で笑わせるスレで勝負

【閲覧注意】見世物小屋に入った事ある奴いる?

2000年以降で見る価値のある面白いドラマ

歌にまつわるうすら怖い逸話

【閲覧注意】トラウマになるほど海が怖くなる画像ください

アニソン史上最強の神曲ってなんだ?

飯が美味い都道府県ランキングでけたった

面白いと思って保存した画像を貼って行くスレ

夢をかなえるゾウ 文庫版
水野敬也
飛鳥新社
売り上げランキング: 313