1: 本当にあった怖い名無し 04/09/24 20:49:09 ID:/jgpTL33
中古品をお店で買ったら、それがいわくつき商品で、
こんなに恐い目にあった!運が落ちた!
そんな話ありませんか?
この世で触れてはイケない謎ってなんかある?
http://blog.livedoor.jp/nwknews/archives/4751049.html
オカルト


6: 本当にあった怖い名無し 04/09/24 20:56:26 ID:gjW9pJfY
うちはね。じいちゃんが持ってるんだけど日本刀のつばに血の後が
べっとり付いてるやつがある。人間斬ったことがあるやつだそうです。
ちなみにじいちゃんは猫ぶったぎったことがある。
庭でたまたまふりかざしたところにぬこが来てあぼーん。
祟られたり呪われたとか別にないけどね。



8: 本当にあった怖い名無し 04/09/24 21:46:11 ID:7fTVlUNt
古本買ったらページの間に赤ちゃんの写真
心霊写真じゃないけれど処分に困った。。。



10: 本当にあった怖い名無し 04/09/25 00:08:22 ID:bUiNIvGh
あー、リアル古物商です。売れるものなら何でも引き上げます。
とても書けません。私の体験は。ただ、旧家の「一家離散」「夜逃げ」系には注意が必要とだけ言っておきます。

他の業者の話なら書けます。解体屋と付き合いがありますが、
死体出てくることは珍しくないそうです。大抵はひからびているそうです。
怖くないですね、そんな程度では。

同業者が裁判所経由で入札し、ブツを引き取るわけですが、官の方と同行して
値段を付けにいきますが、リアルで家族が生活している中、差し押さえシールをピタピタ貼ってゆきます。
ほんで、ピアノとかに貼ると子供がおお泣きするそうです。いたたまれません。

で、たまーにですが、やはり体の調子がおかしくなるそうです。
そいつ霊感あるらしくて、子供なんかのリアル生霊がくるそうです。
あんまり怖くなくてすみません。



13: 本当にあった怖い名無し 04/09/25 02:02:54 ID:1igS4pQd
>>10
むちゃむちゃおもしろそうです。
ぜひ色々きかせて欲しい。



11: sage 04/09/25 01:05:05 ID:yq9Ise03
>>11
すいません、旧家の引き上げ物の話
マジで詳しい話聞きたいです・・・



15: 10 04/09/25 03:58:51 ID:bUiNIvGh
>>11
旧家のへぇ~なら。

解体家と組んでなるべく、他の人がいない時に基礎を取り壊す。
昔は火災保険なんてものはないから、家を建てる時に柱の下に
小判を置いて、柱を立てる。盗難の心配もないし、家が焼けても小判が残る。
ほんで旧家に住んでる人は当然、3代、5代と続いてる家柄だったりするから
そんなことは知る由も無い。

でも最近は立ち会いたいなんて家主もちらほら。なんでも鑑定団とかの影響かも。
ただ、家主は総欅(ソウケヤキ)の蔵戸、仏間とかには興味ないみたい。そこまで目利きできんらしい。
実はその世界では結構な値段が付くんだけどね。当然、回収します。

オカ板なのに怖くなくてスマソ。俺ここの住人じゃないし。たまたまリンク先見て飛んで来ただけ。
俺が怖い思いしたのはちょっと書けません。
思い出したくないっす。今これ書いてますが、当時の臭いがしました・・・
もう寝ます。



17: 本当にあった怖い名無し 04/09/25 04:48:15 ID:bQCJrv03
私の親が所有する貸家に、むかし独り暮らしの小綺麗な
お婆さんがいたんですよ。その人は一杯飲み屋をやっていたんだけど、
ある晩に店のカウンターで、一人孤独に亡くなっていたんです。
そのお婆さんには息子さんが居るんだけど、海外在住だったんで
即日帰れるわけもなく、仕方なく葬儀を母が代行でとりおこなう事に
なりました。
何だかんだと終わったあと、その息子さんが
[お袋の家具は大家さんに差し上げます]と言ってきたんで
母もよせば良いのに、あら有難うと言ってちゃっかり貰った。
その後、別の物件にタンスや食器棚などを配置し
家具付き物件として不動産屋に載せちゃった。

すぐにある男性が借り手として入居したんだけど、
どうもトイレから女の人のすすり泣きが聴こえると
苦情を言ってきました。最初はまさかー?wと取り合わなかった
んだけど、その次に入居した人からもすすり泣きの苦情が。



18: 17 04/09/25 05:03:47 ID:bQCJrv03
続き
二人目に入居した人は、なんでも(御タヌキ様)だかを信仰している人で
けっこう長く住んでいました。その後、住人が引っ越して空き家
になったので、ある日母がそこの物件の掃除に入り込んだ。
そしていざ帰ろうとしたときに見てしまったそうなんです。
老婆がかつて愛用していた大きな洋タンスの扉が、バッターーンと突然開き
そしてまたバタンッと勢いよく閉まったそうです。

屋内の窓は開いていなかったそうです。そして廊下から
ミシミシと誰かが歩いてくる足音も聴いたそうです。
母は飛び上がるほどに驚きすぐに逃げた。後日、貰い受けた家具類
一式は、神奈川県Y市のリサイクル業者に売ってしまいました。
今はどこかの部屋で怪奇現象を起こしているかも。
家具がなくなった部屋では、その後変な現象は全くありません。



22: 本当にあった怖い名無し 04/09/25 23:00:52 ID:hBmUop9g
2~3年前、神戸のインテリアショップを冷やかしで覗いてたら、
同行した勘の良い後輩が、
どどどどどーーーーっと走ってきて、
「向こうに貼ってある古いポスターが怖いですぅ~」って言うんです。
行ってみると、中国の…戦前の美人画のポスターが何枚か並べて貼ってあったんですけどね。
確かに1枚だけ、なーんか無気味なのが(絵はきれいなんだけど)あって、
「…これでしょ?」
「そうです。これだけ、なんかヘンなんですぅ~」。
霊感皆無のあと1人の連れは、なーんも分からなかったんだけど、
その店は、去年くらいに行ったら、影も形も残っていませんでした。
結構以前から、覗いてた店だったんだけど、
あれが最後だったってのは… あのポスターのせいではないんだろーけど、
やっぱり無気味な感じはしますね。



26: 本当にあった怖い名無し 04/09/26 02:17:06 ID:NqEAl8D5
呪われたダイヤ・ホープダイヤモンド

もともとはインドの仏像の目に嵌められていたダイヤを
フランスの貿易商が盗んだのが悲劇の始まり。
盗んだ貿易商は破産しインドからの帰りに溺れかけ、
帰国と同時に野犬の群れに食い殺され変死体で発見された。
そのダイヤはフランス王ルイ14世に売却されハート型にカットし
マリー・アントワネットのものに。
しかしルイ王朝はフランス革命に巻き込まれて斬首。



27: 本当にあった怖い名無し 04/09/26 02:17:40 ID:NqEAl8D5
その後30年ほど姿を消し、正体不明の男の手により、オランダの
宝石商のもとに持ち込まれ再研磨され、67.5カラットあったダイヤは
45.5カラットまで研磨された。
ところがダイヤは正体不明の男の手に渡る事はなく、宝石商の息子が盗み出した。
そして宝石商親子は、罪を嘆き共に自殺を遂げてしまった。
その後1839年ロンドンのオークションに出展され実業家のヘンリー・
フィリップ・ホープが競り落とす。ホープダイヤモンドの由来はここから。
ところが、ダイヤを買った数年後に破産、ホープも死亡。



28: 本当にあった怖い名無し 04/09/26 02:18:35 ID:NqEAl8D5
手の離れたダイヤをカルティエが購入、1909年カルティエは、買ったばかりの
ホープ・ダイヤを新聞王、アメリカ人のエヴァリン・ウォルシュ・マクリーン婦人に売却。
ブルーダイヤはその呪いの威力を弱めることなく発揮、1918年、マックリーンの長男が交通事故死。

さらに夫の浮気が原因で、評判だった夫婦仲に亀裂が走り、娘までも睡眠薬の飲み過ぎで変死。
その数ヶ月後には、マックリーン夫人も肺炎で病死。
1949年マクリーン婦人の遺産の中からハリー・ウィンストンがホープ・ダイヤモンドを購入。
これを、飛行機で運ぶとき、ニュースとなる。ハリーの隣りに座っていた乗客が、ハリーとは知らずに、
”この飛行機にハリーウィンストンが、あの有名な呪われたダイヤモンドもって、搭乗してるらしい…。

飛行機が、墜落するかも…”と語った。
あの有名なマリリン・モンローも、主演映画の中で、本物のホープダイヤを身につけた。
彼女の変死も周知の事実。そして、死亡の原因は未だにわからない。
しかし、そのハリーは、10年間所有した後、スミソニアン博物館に寄贈。
その後何も起こらないところを見ると、魔性の石はようやく安住の地を得たのだろうか?。



33: 本当にあった怖い名無し 04/09/26 21:22:50 ID:D9UY1UGB
公の所有物として人々の欲望の対象からはずれると
呪いが消えちゃうっていうのが面白いね



34: 本当にあった怖い名無し 04/09/26 22:14:05 ID:W/TCD03v
漏れの家には、曾祖母ちゃんの花嫁衣裳をさらに帯に改造したって物が残ってる。
曾祖母ちゃんは明治の終わり頃に祖母ちゃんを生んですぐ、20代の若さで他界された人。
帯にもなんかその念が篭ってそうな感じだよ。
ちょっと前に亡くなった祖母ちゃんの形見分けで、強欲な伯母さん達が誰一人として手にしなかったのが
なんかなあ…。家の家宝としてとっときます。



41: 本当にあった怖い名無し 04/09/28 00:02:33 ID:wlMSQHDU
私が一人暮らしを始めた頃のこと。
私は昔から古家具を集めるのが好きで、
その時もある中古家具屋から古い鏡台を
格安の値段で購入したんです。
が、なぜかその時から私は家の中にいると
誰かに見られているような視線を感じるようになりました。

ある夜、私は何気なく窓越しに星を見ていました。
ふと、窓にあの鏡台が映っているのに気が付いたんです。
…その鏡には私が正面を向いて映っていました…
「あれ?」と思いました。普通なら鏡には私の後姿が
映っているはずなのです!恐怖で身が固まりました。
その後鏡台はすぐに売り払いました。



42: 本当にあった怖い名無し 04/09/28 02:18:11 ID:+GQbU5qC
>>41
学者とか研究室に売れば大金持ちになったのに
そいえば、左右正確に写る鏡もあったな
ttp://www.konna.jp/shop/goods/A018.htm



43: 本当にあった怖い名無し 04/09/28 23:20:11 ID:+X7JyTHM
>>42
こんな鏡あるんだ…欲しいなー
でも売り切れ(´・ω・`)



60: 本当にあった怖い名無し 04/10/06 23:39:06 ID:P8+X4SvY
うちの田舎の旧家に嫁いできたある女の人の話。

その女性は町から来て、少し潔癖なところがあったわけ。
嫁ぎ先の旧家の蔵を掃除していた、年の暮れも近いある日、
要らなそうな蔵の古物を勝手に捨ててしまおうと躍起になってたの。
そんで、どんどん庭の焚き火にくべてしまってたのよ、いろんなモノを。

それから数日後、その奥さんは言動や行動がおかしくなってしまったの。



61: 本当にあった怖い名無し 04/10/07 01:02:01 ID:uLBXc3tu
>>60
どんな言動なのか考えるとほんのり怖い



69: 本当にあった怖い名無し 04/10/07 23:15:16 ID:5BNEmLMw
軍装物の話がでたので漏れもちょっとだけ

漏れの所属してるサバイバルゲームチームの世話役的存在の人の話なんだけど
かなり以前に米陸軍の迷彩(多分ナム戦の頃の物)を着てゲームしてたんだけど
その迷彩服は中古で首の後ろ側の襟に周りが熱で溶けたようになった小さな穴が
開いてたらしいんだけど何故かそれを着た後は頭痛がして酷かったらしい、
オマケに何度洗濯しても彼は使った事も無いムスクの香りが取れなくて結局
手放したそうなんだけど、彼曰く

「あの穴ってマジ物の銃弾の痕だったのかも・・・だとしたら前の持ち主は即死だったろうな。」

そんな話を聞いてから迷彩服は中古でも現用で戦争してない国の物だけにしようと
思いますたw



70: 本当にあった怖い名無し 04/10/08 00:56:31 ID:8dee9fUI
私は沖縄のフリマで、湾岸戦争の時の米軍服を買ってしまった。
一度袖を通したけど、このスレ読むと心配になってきた‥。



71: 63 04/10/08 01:33:21 ID:QOmw2zyK
>>70
湾岸戦争時代のものといっても戦地に送られたものはごく一部なのでそんなに
神経質になる事もないと思う。
むしろ湾岸戦時代のもので実際に現地で使われたものは放射能が怖いかもね。
現実的に軍用品で怖いといえばコンパスかな。

最近のものは知らないが、夜間でも目視出来る様に放射性物質の蛍光塗料を使用
していて、コーションマークが付いているモデルがある。
これの古いやつは怖いね。と、言いつつ持ってるけどw
米軍の古い樹脂製水筒もちょっと怖い。
材質に微量ながら鉛が含まれているらしい。
環境ホルモンも出てるという話もある。
水を入れて暫く置くととんでもなく樹脂臭くなるし。
わたしはコレクションだけで使用はしない。
でもこの水筒を10年以上愛用している友人がいるけど、元気なんだよなあw



72: 本当にあった怖い名無し 04/10/08 06:15:58 ID:GvsYpaJn
不発弾を土産にして飛行機に乗り込もうとした香具師もいたな



87: 本当にあった怖い名無し 04/10/10 00:34:27 ID:UsVd2OrR
結構古物って怖いな。

俺の友人の親父が古い刀剣をさばいてるんだが、そこも、まぁ、何かあったんだよ。
俺も興味あったから、話をいくつか聞いてみた。

1つめ。
ガリガリに痩せた貧相なハゲ親父が持ってきた日本刀。
見せてもらったけど、すっごい綺麗で鏡になりそうなぐらいだった。曇り一つないの。
で、そのハゲ親父が押し付けるみたいにして帰ったんけど、その夜妙な音で目が覚めたんだと。
音の原因を探してると、昼に買い取った日本刀からだった。何となく抜刀して刀身を見ると、血みたいな赤いものでドクロが浮かんでたらすぃ。
親父さんがヤヴァいと思って納刀すると、奇怪な音が止んだ。そしてもう一度抜刀したら、赤いドクロが綺麗さっぱり消えてた。

で、後日近くの寺に持っていって、住職がその刀を見たとたんに顔をしかめて
「あんた、これ何処から手に入れたの?置いていきなさい。・・・・死ぬよ」と物凄い迫力で言われて、刀を預けた。
三日後に住職が家にきて、店内でお経を唱えてから帰った。


後は、ちょっと書けない。刀剣系はヤバすぎる。勇気が出たら、書いてみまふ。



113: 本当にあった怖い名無し 04/10/14 17:09:28 ID:yaTmV5Vz
10さんにいわれて書いてみる気になりました。
射撃・狩猟をやってます。先日、大先輩に強制されて、銃の生前贈与を
受けました。戦前の水平二連散弾銃です。物も古いし、あまりその気で
なかったのですが・・・。
許可が下りて、その銃が家に来たとき。犬がすごくはしゃぐんです。
箱の周りをピョンピョンはねてね。
今も銃をしまってある場所の前で、くつろいでるんですね・・・・。
先々オーナーが犬をとても大事にする人だって聞きましたが。
銃にその人の念が染み付いてるのかな?
怖くない話でゴメンナサイ



114: コピペです 04/10/14 21:49:34 ID:wqFqLvsW
この話は母から聞いた話で、母は祖母から聞いた話と言っておりました
この話は北海道のB町の近くの話、戦前か戦後、このあたりの話だそうです

このころは物資が少なく、布団を買うにも新品を手に入れるのは難しい時代でした
近くの中古屋に布団が入荷したとのことで、体験者(性別不明)が早速買いに行きました
その布団は中古の割に外側が随分きれいな物で、店の主人の話では布団の外側を付け替えた物らしかった
中古の割に随分安かったそうで、体験者は言い値で即買い求めたのでした

体験者は布団を背中に背負って自宅まで帰りました
端から見ると二人羽織でもしているかのような格好にも見え、また人を背負っているようにも見えたそうです
帰り道の道中で体験者に後ろから問いかける声が聞こえてきました
「寒いか?・・・暑いか?・・・」
主人公は立ち止まり後ろを振り向きました、しかし誰もいません
「おかしいな?確かに声が聞こえたんだがな



115: コピペです 04/10/14 21:51:59 ID:wqFqLvsW
再び歩き出すと「寒いか?・・・暑いか?・・・」
また聞こえる、それもとても近くで
体験者は気が付きました、それは背負っている布団から聞こえてくる声でした
「寒いか?・・・暑いか?・・・」
「寒いか?・・・暑いか?・・・」
帰り道、ずっとその声が布団から聞こえていたそうです
せっかく買った布団、捨てて行くわけにも行かず

体験者が自宅に着き、家の者に相談し、布団を裂いて中を確かめることになりました
そして、布団の外側をまくって綿を確認すると・・・
中から血染めの綿が出てきたのでした
体験者は恐ろしくなりすぐさま中古屋に布団を持って戻りました

中古屋の主人に事の顛末を話し布団の出所を聞いてみると
実は殺人事件がありそのとき仕入れた布団だからもしかすると・・とのことでした
中古品には十分気をつけましょう・・合掌



118: 本当にあった怖い名無し 04/10/14 23:07:41 ID:SZUuDCEy
私、質屋の丁稚をやっております。やはりそーゆー話はあるもので
うちの社長に聞いた話ですが・・・
むかしホステスさんと思しき女性がアクセサリーや衣類を質入されたのですが
いつまでたっても出しに来ない。
やがて期限が過ぎて流れてしまったので売りに出しました。
結構な数があったようですがきれいに全部売れてしまいました。が、
理由はわかりませんがその中にあったダイヤのネックレス(結構大きなダイヤだそうです)
がなぜか帰ってきたのです。別段ネックレスに問題はなくもう一度売りに出し、
別のお客さんが買っていきました。が、やはり帰ってくる。何度売っても帰ってくる。
何度も何度も帰ってくるんです。最後はダイヤが割れて帰ってきました。



138: 本当にあった怖い名無し 04/10/23 04:07:26 ID:SszoCujo
母から聞いた話です。
田舎から横浜に出て来て、洋風のシャレた物に凄く憧れを
持つようになったのですが、貧乏な母には買う事が出来ません。
ある日、横浜の町を散策していたら立派な家が引っ越し中でした。
ゴミの山とおぼしき中に、奇麗な鏡があったそうです。
銀メッキをした草花が回りを取り囲んで、黄色っぽい細い鏡が
回りをモザイクで楕円形の鏡を囲んでいたそうです。

恐らくは外国製の品物だろうと言ってました。
話を聞いた感じではアールデコとかアールヌーボーな感じなのでは
ないでしょうか?
その鏡に見とれていた母は「ゴミの山の中にあるんだから、きっと
必要ないのかも。」貰っても良い物かどうか聞こうと声を掛けたの
ですが誰もいないので、出来心で持って来てしまったそうです。
嬉しくて、嬉しくて、暇があると覗いていたそうです。
続く



139: 本当にあった怖い名無し 04/10/23 04:12:14 ID:SszoCujo
続きです。
仕事が忙しくて段々痩せて来て「やっぱり毎日奇麗な物を眺めている
と自分も奇麗になるのね。」と思っていたそうです。
しかし、高熱が出て頭が上がらない位しんどくて寝込んでしまったそう
です。
うなされたのか、現実なのかはわからないけれど同じような年頃の
女の人が母を見つめていたそうです。

ふっと目が冷めて鏡の方を見ると、雨戸がしまっているのに鏡が
ぼんやり光っていて、すごく気持ち悪かったそうです。
フラフラしながら鏡を元あった場所にもどしてくると、1週間ぐらい
で元の体調に戻ったといってました。




164: クワズイモ ◆mwvVwApsXE 04/10/28 23:31:28 ID:vsQO0qD9
この話にはオチも何にも無い。
現在進行形でもう何代もそういうものだったから因果だとか禍々しい話なんてない。

 俺の田舎には年代物の桐箪笥がある。
もう何代も前からそこにある。というかなりのレアもの。
戦災にも遭わずただひたすら家人の衣装を守ってきた普通の桐箪笥。
同時に本当に大事なもの、故人の形見などもそこには仕舞ってある。
その引き出しは普段は全く開かない。
鍵が付いてるわけでもない。
16ある引き出しのその引き出しだけが全く開かないのだ。

 親戚は「サクヤサマ」がその箪笥にいると言う。
その引き出しが開くのは1月15日の一日だけ。
家人はその日を待って本当に大事なものや形見をそこに入れる。
カビやくすみが付く事無く、いまもその中にはそういうものが入っている。
俺の赤ん坊のときの足形も、昨年亡くなった叔母の形見もそこに入っている。
1月15日は頑として開かない引き出しが音も無く開く貴重な日だ。
来年もそこに納めるものがあれば多分帰省するだろう。



165: 本当にあった怖い名無し 04/10/29 02:51:29 ID:zNri6zvM
>>164
守り神様なんだね…。



183: 本当にあった怖い名無し 04/11/02 01:21:37 ID:QmLvltor
あまり恐くないけど「般若の面」のはなしを

我が家の先祖は某藩の家来で、若殿がときどき遊びにきては
「では、さらばしゃ!」と言いながらパッパカパッパカ去っていったりしたそうな。
藩の持ち物(刀や大名行列の道具)を保管していたりもしたそうだが
刀は明治や昭和の戦争で出兵する人たちにあげたり、その他の品も時代と
ともに減っていった。しかし幾らかは残った。
その中に般若の面があって、その面は「あれ程恐ろしい面は後にも先にも
見たことがない」と言うくらい恐い顔をしていたそうだ。関東大震災で燃えて
しまったが、その面がある間は不思議と誰かが病気をしたり良くない事が
起きたという。



184: 本当にあった怖い名無し 04/11/02 01:48:44 ID:w6CiOi8/
般若って魔よけじゃなかったっけ?
それなのに良くない事が起きちゃうのか・・・。



186: 本当にあった怖い名無し 04/11/02 21:21:15 ID:qazpXdkj
>>184
鬼瓦もそうだけど、魔除けの力が強すぎると逆に災いを起こしたりするのさ。



185: 本当にあった怖い名無し 04/11/02 16:21:09 ID:ZpZAca4o
般若って般若面の他に、サンスクリット語だかで「知」を表す言葉なんだってね。



205: 本当にあった怖い名無し 04/11/14 22:42:31 ID:jdOkgaUV
中古のカメラを格安で購入。
旅先で写真を撮ろうとした途端、カメラがフイルムを完全に巻き上げて
しまったんで、故障したのかと思い、試しにもう一度新しいフイルムを
カメラに入れて撮影しようとしたら、また巻き上げ。
そこでカメラの電源も切れてしまいました。

結局一枚も写真を撮れずに旅行から帰ったんだけど、旅先から戻って
しばらくすると、カメラが正常に動くようになってました。
で、 帰ってから一枚も撮影してないはずの2本目のフィルムを現像
してみたら・・・。



小指と薬指が欠けた手が画面いっぱいに写ってたのと、女性が絶叫
してるような顔の右半分が写ってました。しかも、両方ともカラー
ではっきり写ってたので、見た瞬間全身に鳥肌が立ちました。もち
ろん、一枚も撮影してないフイルムなので、普通何も写らないはず
なのに・・・。

近くのお寺に持ってって、供養してもらいました。



223: 本当にあった怖い名無し 04/11/23 21:04:26 ID:vRGjaxi1
おばあちゃんちの押入れに古い日本式の鏡台がしまってある。
なんでも明治時代か大正時代に
宮大工の大工さんが、好きな女性のために
心を込めて誠心誠意作り上げたものだという。

その女性ってのは女郎さんで、
結局二人は悲しい最後を迎えた、とおばあちゃんは語ってくれた。
悲しい最後がどういう最後かはおばあちゃんも知らないらしい。
複数の人の手を経て、ここにある、ということだけ。
押入れの前を通るといつもゾクっと背中が寒くなる。



231: 本当にあった怖い名無し 04/11/30 12:34:11 ID:/kB8obPd
古物店で鏡台を買った。
見た目は西洋アンティーク風で傷もこれといってない。
サイズ的にも大き過ぎず小さ過ぎず、でちょうどよかった。

車で運んで帰って、部屋に置いて使う事数日。
夢見がやけに悪いが、起きると凄く嫌な夢を見たとしか覚えてない。
さらに数日経つと、起きた途端に原因不明の吐血。
病院に行くも、これと言って問題ないといわれた。
胃カメラも飲んだが、胃にも傷など無いらしい。

いつからだったろう、と考え思い付いたのは鏡台。
一番上以外使っていなかった引き出しなどを漁ってみる。特に何も入ってない。
いわくつきの一品だったのかな・・・?と思いつつ少し動かしてみようと持ち上げた。
ふと気づくと、一番下の引き出しの下に少しスペースがあるようだ。
全て引き出しを取り出して、懐中電灯の光を当てて見る・・・

そこには、鎖に血の付いた懐中時計が一つ落ちていた。
近所の寺に持っていって供養してもらうと、それ以来怖い夢は見ていません。



232: 本当にあった怖い名無し 04/11/30 19:33:45 ID:t+BXjsgj
>>231
なんてスレタイに合った話だ(((;゚Д゚))ガクガクブルブル
223にもあったけど、鏡台とか女性の持ち物はなんかこわいね。
古い飾り櫛とかかんざしなんかよく売ってるけど・・・。



233: 本当にあった怖い名無し 04/11/30 23:39:37 ID:JvOdV3dy
古い鏡は鏡面が微妙~にゆがんでいるしね。
あれ怖い。



234: 本当にあった怖い名無し 04/11/30 23:57:25 ID:s/wYge2s
着物なんかも怖くねえ?
八百屋お七の話だっけか?
古着で売られた着物が大火の原因になったの。



235: 本当にあった怖い名無し 04/12/01 13:15:48 ID:IJGYiXOR
>>234
振袖火事ですね。
商家の娘が恋愛がらみで死亡。
豪華な振り袖とともに葬られたが、寺男が密かに振袖を古着屋に売ってしまう。
それを買った娘が急死→振袖ごと埋葬→また古着屋で売られ→また買った娘急死。
振袖に関わった娘三人の家が合同で慰霊のため、振袖を燃やした。
振袖は燃えながら舞い上がり、江戸中を火の海に・・・。
とかいう話だっけ。



246: 本当にあった怖い名無し 04/12/10 15:04:50 ID:wsIlR+Wp
ウチに百年くらい経った仏壇があるんだけど
買い替えの話になると、私の気分が悪くなる。
14代目だから、相当な人数が入ってると思う。
ザワザワというかムカムカするような変な気分。
どうしたらいいだろう。



247: 本当にあった怖い名無し 04/12/10 16:17:35 ID:zlvxKT0i
>>246
お払い・・というと変かもしれないけど
鎮めるためのなんらかの行事でもしてもらうのはどうだろうか?



249: 246 04/12/10 16:49:11 ID:nW+Jd0P7
ミスった。ごめんなさい。
>>247
レスありがとう。
家族の中で自分だけが変な気分になって
「買い替えやめようよ」って親に言ったら
「何でだ」
「…うっ…どうしても…」って感じになって辛い。
買い換えると「魂入れ」とか「魂抜き」とかやって
お経も上げるらしいんだけどさ。
買い換えたら何か起きるのかな。



250: 本当にあった怖い名無し 04/12/10 17:30:42 ID:zlvxKT0i
>>249
どうなんだろう、、、
ご先祖にとっては家になってる物なわけだから、
嫌がることもあるのでしょうかね。。。
でも、護ってるのか警告なのかどちらとも取れるのでなんだか怖いですよね・・。
素人目では、14代も続いた名家だし護ってると思うのですけども。(^^;



258: 本当にあった怖い名無し 04/12/14 23:47:54 ID:MbsomaSQ
今出てる「ほん恐」のお便りコーナーに、
古着屋で買ったジャケット?の裏地に
びっっっっしりと髪の毛が生えて裏起毛になってた
という話が載ってて、想像してトリハダ。



261: 本当にあった怖い名無し 04/12/15 01:47:29 ID:BecM/X5G
あ、そういうことか。サンクス

石鹸工場も恐いけど、生首を飾り物にしてたってのもかなりキテルよね………>ナチ
インディアンの頭蓋骨の灰皿とかもかなり。



262: 本当にあった怖い名無し 04/12/15 05:55:43 ID:n+1IAoIf
干し首とか



263: 本当にあった怖い名無し 04/12/15 23:52:19 ID:W8Pw0svI
>>262
干し首はエグイけど、ナチスとは意味合いが違うよね。
ナチスは戦利品つーか記念品。トラの毛皮の敷物と変わらん。
干し首は死者の力を得るための行為で、そこには畏敬の念があると思う。



291: 本当にあった怖い名無し 04/12/29 21:46:50 ID:TAaeltgQ
私、アンティークものが好きで(特にジュエリー)、けっこう買っているけれど
二度ほどひどい目に遭ったことがある。
ひとつはペンダント。ちょっと中近東っぽいデザインのシップにチェーンが
ついたものだったんだけど、これをつけた日には熱が出たり(病院に行っても
原因不明)、熱のせいかわからないけど事故に遭いかけたりとロクなことが
なかった。

とある関係でお寺に行くことがあったんだけど、そのときに何気にその
ペンダントをつけていったら、住職から「それ、副葬品だよ」と言われて
あわてて収めたことがある。アンティークジュエリーはいろいろ買ったけど、
何度チャレンジしても玉砕するのは中近東がらみのもの。
どうやら、私にはあちらの風土があわない?らしいw



292: 本当にあった怖い名無し 04/12/29 21:54:49 ID:TAaeltgQ
291の続き
もうひとつはリング。とってもかわいいリングで、一目ぼれして買った
んだけど、こちらは買ったと相前後して会社は倒産するわ、次の
仕事を探してもないわ、派遣会社に登録してもなにひとつ声がかからないわ
…といわゆる「八方塞」状態だった。
しかも、どういうわけか自分自身が『家から出たくない』という気持ちが
日に日に強くなってきてて、自分でもこのままでいたらヤバい!と思ってた。

こちらのほうは友人の関係で霊能者というヒトに会えたんだけど、その
人いわく、「死体から毟り取った『いわくつきのリング』」だったらしい。
無実の罪で牢に入れられ、無実を訴えながら死んだ女性の、唯一の『財産』
がそのリング。もちろん、この霊能者の人がいうことだから、それが本当か
どうかははわかんないけどね。

ともかく、元の持ち主の女性からしたら、今リングを持っている私も『追いはぎ
の一員』と認識されていたそうで、当時の自分と同じ状態(牢に入って身動き
できない状態ってこと?)にしてやる、というつもりだったんだそう。

とにかく、お払いをしたほういい、というアドバイスで神社でお払い受けたら、
不思議なことに複数登録していた派遣会社から一気に声がかかったり、と
一気に道が開けたのも事実。偶然かもしれないけどね。



294: 本当にあった怖い名無し 04/12/29 22:09:57 ID:rASYcvtZ
母の友人のおばちゃんが、とあるツテ?から裁判所の競売物件の
アクセサリーを買ったことがあったらしい。ダイヤのリングといってたかなぁ。
アクセサリーのことはよくわからないけど、0.3カラットで20万円でとっても
安い買い物だった(おばちゃん談)そうだ。
ただ、それを買ってから、おばちゃんの家庭でよくないことが続いたらしい。
ご主人がガンの疑いで緊急入院、同居していたおばあちゃんが突然死亡、
子供が交通事故で骨折、しまいにおばちゃん自身も原因不明のめまいで
病院通い(母と自分の意見では更年期障害ではないかと思っているのだが)。

あんまりよくないことが続くのでお寺か神社でお払いしたほうが、ってことに
なってお寺に行ったら、原因が前述のリングだと言われたらしい。
すっごい形相の女性がおばちゃんにしがみついて、「これ(リングのこと?)
は私のだ!」と言っていると。

あまり古いものもよくないけど、『中古』のものっていうのも、出所によっては
元の持ち主の『想い』がこびり付いているからやめとけ、といわれたらしい。
確かに競売物件だったら、質流れ品のように「次のがほしいから売っちゃう」
ってものは万が一にもなさそうだしな。
しかし、不動産ではないものも競売物件になるとは知らなかった。



299: 本当にあった怖い名無し 05/01/03 02:51:06 ID:N9q71x9v
ウチの死んだじいさんはジャズメンだったのだが
遺品のギター(ヴィンテージのレスポール)は時々
勝手に夜中にポロンと鳴る・・・
どこも壊れて無いのに音が出なくなったりとかするし
オヤジは弾かんからセッションギタリストを商売としてる俺が
所有してるのだが正直怖い・・・

もっと練習しやがれと言いたいのだろうか?
爺さんの前の所有者はアメリカの有名な某ミュージシャンらしいのだが
死後ジイさんの手元に来たそうだ
色々調べるとそのミュージシャンはクラブのケンカで殺されていた事が
わかった別に不幸があるとかでは無いのだがお払いした方がよいかな?
こいつが無いと商売あがったりなのよ



304: 本当にあった怖い名無し 05/01/03 14:15:21 ID:+Nr1fmEp
>>299
303に禿同だ。
師匠が商売道具にくっついてくれてるんだ。
こんなにありがたいことはない!と技術を磨け。
それが一番の供養。



303: 本当にあった怖い名無し 05/01/03 06:07:12 ID:1M44M9Pf
名前が残る様なミュージシャンと、立派に子供を育て上げた先輩ミュージシャンが
バックに憑いてるんだから、逆に頼もしい事はあれ畏れるものなど無いだろう?
練習不足だと思うなら、見習って精進しろ。

ギターの精だと思えばいいウィリス。



305: 本当にあった怖い名無し 05/01/03 14:20:15 ID:4l9+g9Bf
亡くなった方達が見守ってくれているのは、心強いですね。



332: 本当にあった怖い名無し 05/02/02 10:45:31 ID:eU0vZaiI0
うちの、じいさんは刀収集してるんだけどチョットしたこだわりがあって・・・
それは「人を斬った経験ある刀」。
で、たまーに家族が原因不明の「痛み」になやまされるんだけど
大体は「腹部真一文字の直線的に」であったり「「肩から袈裟懸け」
そんとき、じいさんは病院から入手した「ある動物の皮」で刀を丁寧に
「拭く」んだけど不思議にそうすると「痛み」は消える

最近になって、じぃさんに訊いて見たら「刀が欲求不満になってるから
癒してやってる」と言っていた
じぃさんが刀を癒すために拭くのに使ってる皮は、「人間の皮」だと
その時初めて教えてくれた、さすがに数のあるものじゃないから減らない
ように拭いているそうだが、自分が死んだら自分の皮をつかってくれって
笑ってた。



416: 本当にあった怖い名無し 05/03/08 18:42:13 ID:4Z0oOstn0
7年前、私は、2人目を妊娠中でした。妊娠8ヶ月のとき、そろそろベビーダンスがほしい・・と、探していたとき、近所のリサイクルショップに
大型の新品同様のベビーダンスがあったんです。値段も、5千円と超格安。新品同様で5千円なんて今後巡り会わないと思い、即、購入いたしました。
その日の内に家に持ち帰り、赤ちゃん用品をそのベビーダンスに収めました。

・・・その夜、夜中の2時過ぎだったと思います。妊娠してから、トイレに近くなった私は、いつもそのくらいの時間に目がさめるのですが、その夜は、目を覚ましたとたん、
いきなりの金縛りにあいました。もう、苦しくて苦しくて・・ふと、暗闇に目を凝らす(目玉だけは、動いた)と、
5~6歳くらいの男の子が部屋の中をぐるぐる走り回っているんです。

始めは、長男かな・・と、思ったんですけど、当時長男は、3歳で、明らかに走り回っている男の子の方が大きいんです。
そのうち、廊下の方から、長い髪を一つに束ねた、紺地に白の花の模様がある浴衣を着た、30歳台くらいの女の人がいて、
その男の子を手招きしているんです。

そして、男の子は、「おかあさん!」と、言ったかと思うと、そのおかあさんらしき人は、男の子に「もうこのタンスは、あなたのでは、ないのよ。さあ、行きましょう」と
言いながら、廊下の突き当たりへ向っていき、壁の中にその親子は、吸い込まれるようにいなくなってしまったんです。

その途端、金縛りは、解け、身体が自由になりました。
・・・怖いというより、なぜか、とっても悲しくなりました。
それから、その親子の霊も出てきませんし、金縛りもありません。
そして、それからも2ヵ月後、無事、元気な男の子を出産しました。
その子も今年は、小学1年生になります。



421: 本当にあった怖い名無し 05/03/09 00:14:44 ID:Za264ouf0
>>416
その親子の分まで幸せに。



422: 本当にあった怖い名無し 05/03/09 03:49:19 ID:aA77F/yb0
>>416
なんか悪意のある幽霊じゃなくてよかったね。
なんでその親子は成仏してないんだろう



423: 本当にあった怖い名無し 05/03/09 05:06:07 ID:gwo8ghLz0
>>416
なんか悲しい話だね…お母さんが良い人(霊)でよかったねえ


それはそうと、結構あちこちで「うる覚え」って書く人見かけてて、
あれ?って思ってたんだけどやっぱ「うろ覚え」で正しいんだとわかって
少しホッ
日本の国語教育、少しやばいんじゃないだろうか…



484: 本当にあった怖い名無し 2005/04/04(月) 08:07:14 ID:3bosrNXf0
親父が一人で会の参加した際、古い着物(小袖?)を購入。
帰宅後、虫干しを兼て着物用ハンガーにかけて店に吊るしておきました。
最初、妹が異変に気がつきました。
着物がハンガーごとゆれていると言うのです。
お袋が見に行ったのですが、やはりゆれていると言います。

親父と私も見に行きましたが、ゆれていません。
次の日、親父とお袋が店に行くと店の中がドブ臭かったそうです。
親父は着物が気になったので、着物を買った業者さんに電話しました。
するとその業者さんの話では、その着物は事業に失敗し夜逃げした夫婦の持ち物だったそうで、
夫婦の行方と生死は不明だそうです。
その業者さんの家でも、お婆ちゃんと奥さんが着物の異変を感じてたそうです。



517: 本当にあった怖い名無し 2005/04/26(火) 13:06:38 ID:NaZ7KijaO
とあるお金持ちから、古い小さな手鏡をいただきました。
鏡の裏には東洋の美人画が描かれており、金属で縁取りされていて
柄がネフライト翡翠で、出来ています。
気に入ってよく覗き込んでいるんですが、見ていると目が変なんですよね。

時々自分の目じゃない目が見えるんですよ。
自分の目は吊り気味で大きめ、黒目が小さくて茶色っぽいんですが
鏡に映る目は、切れ長で黒目がち、瞳は真っ黒なんですよね。
別人の目なんですよ。
うまく説明できない。
しかも全然怖くない話でごめんなさい。



519: 本当にあった怖い名無し 2005/04/27(水) 02:15:51 ID:15E4PpMT0
>>517
かえって怖いよ・・・



518: 本当にあった怖い名無し 2005/04/26(火) 13:18:56 ID:vTCHw9bO0
顔は自分のもので目だけ別人ってこと?
十分恐いよ!!



564: 本当にあった怖い名無し 2005/05/16(月) 22:19:36 ID:RCQyYjpG0
ちょっと長い話ですがご容赦ください。

知り合いの霊能者さんから聞いた話なんですが
アンティークを取り扱ってる方に、頼むからもらってくれと言われ
少し古いけど綺麗な万華鏡をいただいたのだそうです。
理由を聞いたら、その万華鏡を引き取ってから夕方になると必ず
万華鏡の辺りから女の子の話声が聞こえるようになり、怖くなったとの事。

中年のご夫婦で、家には時々息子さんがご飯を食べに来る程度。
女の子なんていません。
万華鏡の出所は、一人暮らしのままご近所にも知られず亡くなった
女性の所持品の一つでした。

霊能者さん曰く、万華鏡は亡くなった女性が娘さんに作ってあげた
物だったようです。
少女の霊は、娘さんと暮らせない一人ぼっちの寂しさから、
女性が呼びよせてしまった浮遊霊だったとか。



574: 本当にあった怖い名無し 2005/05/24(火) 16:55:58 ID:G1IC9B6k0
母と一緒に、亡くなったお祖母ちゃんの着物を着て
遊んで(と言うか着物を合わせて談笑して)いたら
突然誰かに頭を撫でられました。
母は正面に座っていて後ろは誰もいない。
お祖母ちゃんだと思いたい、今日この頃。



575: 本当にあった怖い名無し 2005/05/25(水) 02:32:40 ID:qOOO3RUl0
>>574
なんかほのぼのとしてていいな



623: 本当にあった怖い名無し 2005/06/19(日) 03:29:35 ID:UpXagZUp0
実話
8年ほど前、京都のガソリンスタンドで働いてた時の話
目の前に有名中古車センターがあり
スタンドでカーステレオの販売取付もしてたので
そこで車買った人がその足でカーステを買いに来ることが
たまにあった、お客は中古でも納車したてで、うれしそう
車はシルビア(S13)当時は人気車だったと思う
カーステを取り替えるために純正デッキを外すと
その奥になんかお経の本みたいなのが貼り付けられてあった。

お守り車に乗せるんだったらグローブボックスとかでいいと思うし
明らかに隠してる(普通の人は、自分で交換しない)
気味が悪くなってお客さんに話そうか迷った。
水を差すのも悪い気がするし、中古車屋との付き合いもあるし
何も言わずにそのまま車を渡した、今は後悔してる。
皆さん相場より安い中古車は気をつけよう。



701: 本当にあった怖い名無し 2005/07/26(火) 16:50:49 ID:YzNAeLWs0
友達が引越し屋のバイトをしていた時の話

その日は結構な大きさの古い家の引越し作業
家も大きいし、蔵とか井戸とかもあって
物の数も相当なもので、大変だったとか

で、ほとんどの作業が終わって、何気なく蔵を見に行くと
(ちなみに友人は蔵ではなく家の方の担当だったそう)
ぽつんと鏡台が残っていたらしい

何だ、運び忘れか~と近づくと、なんとなく嫌な気がしたので
躊躇していたら、そばにいた先輩(この人も家担当)が
ヒョイと担いで外に持ち出した



702: 本当にあった怖い名無し 2005/07/26(火) 16:56:06 ID:YzNAeLWs0
続き

すると家人が「それはそのままにしておいて下さい」と言うので
先輩が再び蔵の中に戻していると、
家人の中でも一番お年寄りのおばあさんが飛んできて
「それに触ってはいけない!」と言った
友人と先輩は「古い家だしいわくつきだったのかな?」
なんて言って、そのまま作業は終了したらしいけど
先輩はその後1週間ほど高熱で寝込んでしまったとか

蔵担当だった人は、作業が始まったときに
「鏡台には障らないでください」「近寄らないでください」
と言われていたそうだ

どんないわくがあったのか気になるけど
友人は「あの時触らなくてよかったー勘って大事だなー」と笑っていた



709: 本当にあった怖い名無し 2005/07/27(水) 09:41:26 ID:kTVnwnkv0
鏡台ってのは色々篭りやすいらしいね。
自分、祖母が亡くなった時「嫁入り道具の鏡台」を形見分けで頂いたのだけど。
高熱で寝込んだときにふと鏡台見たら、枕元に祖母が正座しているのが一瞬だけ
見えたよ。「おばあちゃんっこ」だったから、うれしかった……



710: 本当にあった怖い名無し 2005/07/27(水) 10:16:02 ID:sLFLgeit0
>>709
自分を写すものだからかな。容姿をどうするって話以外に、自分と向き合う場になってる
可能性も高い。



747: 本当にあった怖い名無し 2005/08/01(月) 14:30:04 ID:jGeussJo0
近所のおじさんの話

近所のおじさんは、着物が大好きだそうで
いつ見かけても着物を粋に着こなしている

最近はリサイクルの着物を扱うお店が増えているので
おじさんも色々と見に行くらしい
リサイクルと言っても、最近はクリーニング後に販売する
お店も多いそうで、昔ほどボロいものばかりではないそうだ

ある日、おじさんは古いけれど、状態の良い羽織を見つけた
値段も割安と思えるものだったので
店の人に「羽織ってもいいか」尋ねたそうだ

店の人曰く、大正時代頃の羽織だそうで
殆ど着用していないのではないか、との事だった
少し虫食いがあるが、目立つ場所ではないし
渋い模様がおじさん位の年齢の人にはしっくりくる様に見えたと言う

姿見の前でさっと羽織ってみると
そのときに来ていた着物にも良くあい、
またサイズも小さすぎず、良い感じだったと言う
(昔の着物はサイズが小さいモノが多いそうで
なかなかちょうどのサイズはないらしい)

続くよ



748: 本当にあった怖い名無し 2005/08/01(月) 14:36:02 ID:jGeussJo0
>>747の続き

おじさんは早速、その羽織を購入する事にした
店の人に手入れの方法などを聞きながら会計を済ませた

家に戻る途中、どの着物に合わせようか
あの帯を締めると素敵だろうな、などと考えていると
ふっと、その羽織を着た、背の高い男性の姿が頭に浮かんだ

おじさんは「ああ、この人が前の持ち主かもしれない_
「大正時代のものだと言っていたな、持ち主はもうこの世にはいないのだろう」
と思い、「私が大切に着させて頂きます」と心の中で呟いたそうだ

その後、その羽織を羽織るたびに、その男性の姿が
頭に浮かぶのだと言う
そして、その羽織はおじさんの友人たちにも好評で
「いつもより男前に見える」と言われるらしい

おじさんは「だからこの羽織はとても大切にしてるんだ」
「粗末にすると罰が当たるかもしれないね」と笑った



790: 本当にあった怖い名無し 2005/08/08(月) 15:47:00 ID:4idh515J0
先日、怖いというか奇妙な体験をしたので忘れないうちにカキコ。

20年近く前に死んだオジイチャン子だった私は、両親の留守によくオジイチャンと
二人で家の中でかくれんぼをして遊びますた。田舎の広い家なので、なかなか見つ
からないのだけど、私が鬼の時は隠れたオジイチャンが時々、ほいほい、こっち!
と声を出すのだけど、声のする方に行くと今度は反対の方から、こっちだよ!と
声がして、いつになっても見つからず、そのうちひとりが怖くなって泣き出すと
すぐ出てきて、ごめんごめん、お菓子買いに行こうなあ、と町のお菓子も置いてる
薬局に連れて行ってくれたのですた。



792: 本当にあった怖い名無し 2005/08/08(月) 16:00:38 ID:4idh515J0
で、オジイチャンは16年前に亡くなり、私も嫁いで夫と娘と3人暮らしなのですが
連休の時などは娘を連れて両親に会いに里帰りしまつ。
今年も娘の小学校が夏休みになり、早速帰った時のことです。
広い家の半分は改装されてしまったのですが、オジイチャンとかくれんぼをした
奥の間は当時のままでした。

やはり夏休みで遊びに来ていた従姉妹の子と一緒に両親が娘を近くのプールに
連れて行ってくれることになり、私はひとりで留守番をしていた時のことです。
まだ正午過ぎたばかりなのに、庭が薄暗くなり、雷雨でも来たら傘を持って4人
を迎えに行かなきゃならないな~と思い、傘を探したところ、どこにしまって
あるのか見つからない。2本は傘たてに入っているけど足りないなあ。などと、
玄関近くの戸棚をごそごそとあさっていると、いかにも年代の古そうなコウモリ
傘が出てきました。



793: 本当にあった怖い名無し 2005/08/08(月) 16:12:46 ID:4idh515J0
その傘を広げてみると、握りのところに名前がマジックで書かれていて、それは
オジイチャンの名前でした。あ、オジイチャンのだ!
書かれているオジイチャンの名前を口に出したとき、こっちだよ、と家の中から
声がしたような気がしたのです。

ンナ訳ないでしょ!TVかな?と傘を広げたまま、靴脱ぎ場に置いて、廊下を歩
いていくと、こっち!とまた聞こえたような気がしたのです。
怖くはありませんでした。なんとなく昔の記憶が勝手に甦っているような不思議
な感じで、奥の間へ向かうと、今度は今通ってきた廊下の方からこっちだよ、と
聞こえたような気がして、やられた!昔と同じだ、どこを通っているんだろう?
と、思わず笑みが浮かびます。微かにオジイチャンも笑っているような気配が
しました。



794: 本当にあった怖い名無し 2005/08/08(月) 16:35:14 ID:4idh515J0
そのとき、そうだ!いつも声がした方にはいないので、いっぺん声がしたのと
反対の方向に行ってみよう。とひらめいたのです。
また奥の間の方から、ほいほい、こっち。と今度は、かなりはっきりと聞こえた
ように思えたとき、私は、よ~し、とそのまま廊下を玄関に向って進んで行きました。
すると、玄関の方で、バキッ!と何かが折れるような音が聞こえて、一瞬ギョッと
なって立ちどまり、耳をすませました。
しかしそれきり何も聞こえません。オジイチャン!どこ?
何度か声に出して呼んでみましたが、もう何も聞こえません。

そ~っと、玄関をのぞいて見ると、なんと広げてあったオジイチャンのコウモリ
傘が、強風にでも遭ったように裏返しになり骨も折れていたのです。

その時、漠然と私の頭に浮かんだのは、ああ、オジイチャンはこの傘のところに
いたんだ。私が反対の方向に向かったので、裏返しになっちゃったんだ・・・・
ごめんね。オジイチャン。

なんだかわからない話ですね。家族にもうまく言えないので話していませんが、
オジイチャンの眠っているお寺の住職の方に、この話をしたところ、理解して
くれたようで、壊れた傘を供養してくれるということで預けてきました。

何十年ぶりに、ほんの一時だけでも、オジイチャンと遊ぶことが出来た今年の
あの日の出来事は一生忘れられない想い出になりそうです。



795: 本当にあった怖い名無し 2005/08/08(月) 19:45:23 ID:lTe/pYY40
きっとおじいちゃんはあなたが思いがけないほうへ来たので
あわてて隠れようとして傘を踏んじゃったんだよw
ちょっといい話だね



799: 本当にあった怖い名無し 2005/08/11(木) 00:22:15 ID:RTleb0ey0
私は軍オタなのですが、旧海軍の制服を買ってから・・・よく旧海軍の爺さんと知り合うことが多くなったな



827: 本当にあった怖い名無し 2005/08/18(木) 17:54:40 ID:V2B37jQu0
以前、リサイクルショップで買った「布製バッグ」の事なんだけど。
結構硬い布で出来てて、中身が無くても形を保っていられたタイプ。買ったときから
前所有者の「香水」の残り香が気になってたんだけど……
ある晩、寝ていたら急に香水の匂いが気になりだして、限界まできてしまったから
窓でも開けようと部屋の電気をつけた。そしたら、テーブルの上に置いてあった空のバッグが
「ぼすんっ!!」
って音を立てて潰れた。びっくりして見ていると、そーっと、って感じでまるで「中にいる誰か」
が引っ張っているように、持ち手が内側に折れていった……

翌日、可燃ゴミとして捨てました。



842: 本当にあった怖い名無し 2005/08/26(金) 00:24:29 ID:u0N/K7s50
中古車を購入してまもなく、雨の日に窓を開けたまま駐車してしまって
中がびしょ濡れになってしまった。
シートをバスタオルでぎゅーっと押さえつけるように拭くと、
タオルが真っ赤に。

昔聞いた話です。



843: 本当にあった怖い名無し 2005/08/26(金) 00:42:33 ID:KQHuhll60
コエエエエエエ



849: 本当にあった怖い名無し 2005/08/27(土) 11:33:19 ID:gLQnsTh/0
うちの父方の実家は蔵があるような大きい家なんだが、
今じゃばあちゃん一人で住んでるボロ家になってしまってる。

蔵の中にもたいした物があるわけじゃないんだが、
白い蛇が住み着いてる箪笥があって、それには絶対触らせてもらえない。

実際見たけど、ボロボロの黒ずんだただの汚い箪笥だったけど、
親父が小さい頃中を見たら、蛇の抜け殻と抜き身の小太刀が置いてあったらしい。
そんな所に刀を置いてあったら普通は腐食してボロボロになりそうなものだが、顔が映るほど綺麗だったそうだ。



850: 本当にあった怖い名無し 2005/08/27(土) 14:45:44 ID:NXcoSOg90
なにげにスゴい話だなオイ


洒落怖おすすめ
【洒落怖】洒落にならない怖い話『裏S区』
http://blog.livedoor.jp/nwknews/archives/4632596.html

【洒落怖】洒落にならない怖い話『パンドラ・禁后』
http://blog.livedoor.jp/nwknews/archives/4589617.html

【洒落怖】洒落にならない怖い話『地下の丸穴』
http://blog.livedoor.jp/nwknews/archives/4589017.html

【洒落怖】洒落にならない怖い話『リゾートバイト』
http://blog.livedoor.jp/nwknews/archives/4589657.html

【洒落怖】洒落にならない怖い話『危険な好奇心・ハッピータッチ』
http://blog.livedoor.jp/nwknews/archives/4589674.html

【洒落怖】洒落にならない怖い話『リアル』
http://blog.livedoor.jp/nwknews/archives/4589627.html

【洒落怖】洒落にならない怖い話『八尺様』
http://blog.livedoor.jp/nwknews/archives/4586568.html



吹いた画像を貼るのだ『太宰治の落書きwwwwwwww』

猫大好き可愛い猫画像スレノソ*^ o゚)

ダラ奥が楽な料理を考える『ポン酢漬け焼き』

死刑に反対する奴って何が目的なの?

「途中で作者が狂った」←という作品

思わず保存した最高の画像スレ『鎖が腕に同化した少年』

お前らがグッっと来た画像を貼るスレ『都道府県のワーストを描いた地図 』

これ伏線だったの?!っての教えて

ケロケロケロッピって何で消えたの?


「正直ここは泣いてしまった」ってアニメのシーン

自衛隊の良い話

坂が多い街並みってワクワクするよね。長崎とか。住みたくはないけど