1: 本当にあった怖い名無し 2013/12/08(日) 02:51:22.67 ID:ZS3NWz4W0.net
家系を覆う過去からの呪いや守護の因縁、親族内での不思議な伝承や風習、
不可解な遺伝などの話を募集します。
転載元:http://toro.2ch.sc/occult/1386438682.html
【閲覧注意】死ぬ程洒落にならない怖い話集めてみない?『西瓜・おい……』
http://blog.livedoor.jp/nwknews/archives/4764471.html
夜


39: 本当にあった怖い名無し 2014/01/08(水) 02:42:46.70 ID:YVdXlo9m0.net
教派神道(明治時代の新興宗教)で埋葬したがるい本家と
宗派なんか正直どうでもいい分家とのあいだで毎回モメる父方は
オカルト話を聞いたことないんだが、
一族全員、当たり前のように浄土真宗で葬られる母方のほうは
葬式の集合写真に葬られたはずの本人が登場したりして
なにげにオカルト話が多い不思議



49: 本当にあった怖い名無し 2014/01/15(水) 21:30:33.29 ID:5loeFPUj0.net
私の家では七五三の時期をずらして
八六四で必ずお祝いなり、写真を撮っていた。
なにか意味があったのかなと今になって思う



75: 本当にあった怖い名無し 2014/02/15(土) 20:56:24.65 ID:9nIAibgsI.net
中学らへんから就寝時、ほぼ毎日のように金縛りになる。
俺の父親も弟も同じ時期から金縛りをよく体験するようになったらしい。
金縛りは霊的なものじゃないって言うし音楽を聞いてれば回避できるのでなんとも思ってなかったが、最近金縛りの時の耳鳴りが赤ちゃんの鳴き声に変わった。
すげえ脳内にひびいてくる感じでちょっと気味悪い。
家族に言っても信じてもらえないと思ってなんも言わなかったが、高校生の弟が昨日「俺最近金縛りに赤ちゃんの鳴き声入ってくるんだけど。」って。
俺も昨日金縛りで鳴き声聞いたんだけどな…すまんあんま家系系じゃないかも。



78: 本当にあった怖い名無し 2014/02/16(日) 22:27:49.57 ID:G1w8+PBfP.net
中学の頃、とある女の子と友達になった。引越しに引越しを繰り返しているそうで
(親の仕事だろうなと、思っていた)いつまで、ここにいられるかわからなんだ、と
言っていた。妙に馴れ馴れしいのだが、そこがかわいくて憎めない。
そして、手作りクッキーだの、これ美味しいから、と振舞うから益々まわりは
憎めない。特に私には馴れ馴れしかった。いいんだけど。

私はある事に気付いた。彼女に対して悪い印象を持った人は成績が下がったり、登下校
中に、不良(古いなー・・・今は何て言うんだろう)にからまれてお金を取られたり。
逆に彼女に好かれた人は漫画雑誌の懸賞に連続して当たったり、財布を拾ったり
思いがけないお小遣いをもらったり。

私だけが気付いていた。人に話しても笑われた。そして、「それ」を話すたびに
何かの気配がある。しばらくして、霊感の強い叔母が九州から来て、私を見るなり
「あんた、イヌガミが憑いてるね」何のことかわからなかった。何しろ、今みたいに
ネットはないし、本だって本屋になければそれまで。
「だけどあんたは大丈夫だ。」そう言って帰っていった。

20年以上たった最近、ふとしたきっかけで「そういう事がわかる人」に出会った。
いきなり「あなた、イヌガミ憑いてますよ」イヌガミ?何か聞いたことあるな・・・と
今は亡き叔母のことを思い出した。「言われました!それ!20年も前ですけど!」
「あんた、イヌガミ憑きと関わったね。その人から色んなものをもらっただろう。
食べただろう?覚えとくといい。憑き物筋はやたらとモノを送るんだ。動物を乗せる
道を作るためにね。みんな、短命だったり、いきなり不幸になったり。だけど
あんたが平気だったのは、四国犬を大切にしてたね?四国のモノには四国のモノだ。」
誰にも懐かない四国犬が隣にいた。が、私にだけは懐いてくれていて本当の友達だった。
初めての友達だった。
イヌガミとは何か、そこで初めて知ってぞっとした。そして私だけが無事だった不思議の
謎も解けた。「私、生まれは四国なの」とサラッと言ったことも突如にして思い出した。



89: 本当にあった怖い名無し 2014/02/20(木) 02:24:35.60 ID:uWXGX8Mk0.net
>>86
四国はたしかに大師信仰が根強いけど、民間の拝み屋や呪詛の系列も同じくらい根深いよ
こういうやっかいな例の場合でお寺にいった程度で簡単に解決するなら
拝み屋あがったりだよ
今寺社板でまさしく呪詛家系の人がスレ立てて毎日賑わってるが、
四国は特に本場で敵わない、関わりたくないと言ってる

その人の書き込みから想像するに、お大師さんに頼むにしてもそれと強力に
通じている経験と力のある拝み屋が間に必要みたいだ
あと、こういうのは土地の因縁がかなり強いから三峯は離れすぎてて
おそらく系統も違うだろうし、試してみる価値はあるかもしれないけど
憑かれた人がただ神社に参拝したくらいではたぶんあまり意味がないかもね
たとえば偶然そこの狼眷属霊に>>78のように異常に気に入って貰えて
守りについてもらえるとかいうものすごい幸運があればなんとかなるかも
しれないけど、それだったら狐でも蛇でも、なんでもいいから
とにかくそのイヌガミより強いのが味方になればいいわけで、三峯じゃなくて
も縁のある方向で探せばいいのかもしれない



79: 本当にあった怖い名無し 2014/02/17(月) 01:44:58.87 ID:+t9PSd7tO.net
彼女から好かれても彼女に対して悪い印象を持ったら
どうなるんだ




82: 本当にあった怖い名無し 2014/02/17(月) 22:10:36.41 ID:d9h9nIlvP.net
>>79
そういうのバレてたと思う。「うちの親がね、○○さんは良くないって言うんだ。」
とイヌガミの親がその子に会ったこともないのに言ってたから。
で、そういわれた子はみんな共通して大きな痣が出来てた。原因不明の。
家でもお金に困るようになったり。給食費のことで呼び出されたりしてた。
今、思い出すと、あの頃の不思議が全部符合するんだよね。
裕福なのも不思議だった。ただの八百屋なんだよ。スーパーのが安いし便利
なのに。父親は飲食店を経営してたんだけど、まずいし高いし、いい加減だし。
卒業して、高校2年くらいまでは電話があったんだけど、今では全く音沙汰ない。

>>81
そこはわかんないんだけど、四国のモノには四国のモノじゃないと対抗できない
らしい。対抗できる力のある犬がついてるから無事なんだって言われた。
私は彼女と「道が繋がってる」らしく(もらったもの食べたりしたから)、
普通は運が良くて出世しまくるんだけど、そのぶん、何かを失う所なのに
(寿命とか)何もないってのは、対抗できる四国の犬がいるからだって。
秋田犬とか北海道犬とか柴では対抗できる力がないそうだ。同じ四国犬でも
対抗できる子とできない子といるんだが、私に懐いたあの子は「対抗できる子」
なんだって。



81: 本当にあった怖い名無し 2014/02/17(月) 02:24:34.55 ID:+t9PSd7tO.net
犬神を馴らしてしまったのか



95: 本当にあった怖い名無し 2014/02/25(火) 20:08:05.41 ID:ElCuEpRV0.net
元々国の催事に関する占いをしていたようで、明治の頃は士族だった家系。
家の敷地内から文化財が出たりして、この辺では知らない者の無い家柄だった模様。
だが私より二代前から突如没落しはじめ、たった数十年で私と姉、弟以外全員死亡。

弟は養子に出てしまい、私は遠方へ嫁ぎ、家には姉以外居ない状況に。
つまり姉が死んでしまえば家が絶えてしまうのだが、姉は子供を産めない体。
…とはいえ、姉は海外の方と結婚が決まって出国することになった、そんな折。

私は遠方へ嫁いだのでもう二度と故郷には戻らないはずだったのに
なぜか夫が急に実家から徒歩5分のところに転勤に。しかも以後の転勤無し。
なのでお墓の世話など苗字が違う私がすることになった。
その上、子供ができないはずだった私に子供が出来た。(妊娠中)
既に他家に嫁いでしまった私だけど、この子は将来実家を継ぎそうな気がする。
根拠は無いが。

ちなみに私の親は上記のとおり全員死亡しているので、
子供どうやって産んで育てていいのか困っていたら、
家に共済の営業に来たおばちゃんが偶然にも死んだ母の親友で、以後色々面倒みてもらってる不思議。



96: 本当にあった怖い名無し 2014/02/26(水) 00:04:15.14 ID:iK9f8hd80.net
>>95 それもひとつの縁なのかもしれない
何はともあれ妊娠おめでとう

ウチは家を出た兄(他家に婿養子)と妹(県外で結婚)が結婚して子供作ったから
血だけは残せたと思って家の存続は諦めてる
ヘタに俺が子供作ると、母方の厄介なものをその子供が受け継ぐことになる
実家の血筋が獣神信仰だと、もっと早く教えてほしかったよママン…



100: 本当にあった怖い名無し 2014/02/26(水) 08:42:43.37 ID:Ck6api1JO.net
>>96
獣関係は祭祀を放棄しても血統で相続されるぞ
憑き物筋というのがそれだ



128: 本当にあった怖い名無し 2014/02/28(金) 22:26:36.08 ID:3gNEKuj20.net
うちの頑固爺さんの話。
爺さんが生きてる間は全然そんな話しなかったんで、葬式後の親戚との話で聞いた。
親戚が集まって、いわゆる故人を偲ぶってやつ。
爺さんは婆さんを嫁にもらうとき、婆さんの実家に挨拶に行ったんだが、
当時は戦前でまだまだ変な風習のある田舎が多かったらしい。

婆さんの実家で正面から入れずに、裏から家の中に上がらされたりしたんだと。
爺さん激怒して「何でこんな馬鹿なことをやっとるんだ!」と、
義理の両親になる人に対して突然説教を始めたそうな。
婆さんの両親が「縁起が悪い」とか「バチが当たる」とか言いわけすると、
「本当にバチが当たるか、不幸になったもんを数えて統計をとってみろ!」と更に激怒。
変な風習を一切やめさせた、かなりの迷信嫌いだったそうな。
俺は爺さんが当時統計って言葉を知ってた事に驚いたが、まあ戦前も学校あったし普通に知ってるわな。
婆さん関係の親戚なんかは「あの時は馬鹿なことを信じてたな」と言ってた。



129: 本当にあった怖い名無し 2014/02/28(金) 22:29:22.35 ID:3gNEKuj20.net
爺さんは強引で一度決めると引かなくて、婆さんの名前を変えさせたり、
戦後は村で初めて農業に機械を導入したり、かなりのやり手だったとも。
俺はガキのころ暗い所が泣くほど怖くて嫌だったんだが、泣くと爺さんにメチャクチャ怒られた。
とにかく怖い爺さんだった。
ああいう人だったから変な風習をやめさせられたんだろう。
でも葬式はきちんとやるし、地元の神社の行事にも毎年参加していたから、
何の足しにもならない「バチ」とか「祟り」が嫌いだったんだと思う。
もし爺さんと婆さんが出会ってなかったら、婆さんの実家は今でも変な風習を続けていたのか、
それは分かんないけど、爺さんは良いことをしたと思うよ。



177: 本当にあった怖い名無し 2014/03/16(日) 23:44:52.03 ID:C5cAvF290.net
大したことはないんだけど、母方の系譜がちょっとおもしろい。
なぜか男子がなかなか繋がらない家系のようだ
家業を継ぐために、図らずとも女系になってる

ひいばあちゃん
娘と息子(早生)を産む
ひいじいちゃんは戦死

ばあちゃん
娘と息子(独身)を産む
じいちゃんはマスオさん

かあちゃん
娘と息子(特定の彼女を作らない)を産む
とうちゃんは長男だけど次男が跡継ぎなのでマスオさん


喪女



183: 本当にあった怖い名無し 2014/03/19(水) 10:49:35.82 ID:VD7pTU4m0.net
>>177今更だけど、全く同じで驚いた
母方が秋田の田舎の旧家なんだけど、一世代に男が二人以上生まれると跡取りを残して必ず途中で死ぬ
元々平家に使えてた武士の家系らしく今でも刀とか平家から頂いた金のお椀とかが家の中に置いてあるような古い家
家の系譜を辿ると必ず男一人を残して他の男が途中で死んでる。戦死とか病死とか理由は様々だけど。
で、何年も前に跡取りの叔父が離婚した
私の従兄弟である二人兄弟のうち弟の方が母親に引き取られて名字が変わった。つまり、直系の男が兄だけになった。二人はいまでもぴんぴんしてる。おかしな話だけどこんなの初めてだって祖母も喜んでる
ちなみに母と叔父の弟は祖母のお腹の中で死んでいる



185: 本当にあった怖い名無し 2014/03/19(水) 15:06:36.30 ID:jvrJ90VW0.net
>>183
平家(清盛の家)に仕えてた家が平家が滅んだ後に、秋田に移動・土着化したものなのか、
元々秋田や出羽地域に根を張っていた平氏の家に仕えていたのか、そのどちらなんでしょう?
後者なら例えば、出羽仙北三郡主の清原氏は本来は清原真人姓ですが、陸奥海道地方の繁盛流平氏から婿を取って、桓武平氏となっています。



210: 本当にあった怖い名無し 2014/04/07(月) 14:39:44.11 ID:fCSCRFPCO.net
血筋同士の相性ってあるのかなあ
姑が村上水軍
舅が平家の落人の末裔とかなんとか(うどん県)
私は父方が白浜城の殿に仕えてた武家
歴史に全く疎いから良くある家庭内不和なのか因縁なのか分からずカキコ



213: 本当にあった怖い名無し 2014/04/08(火) 21:05:15.63 ID:Gkn/aeMRO.net
俺ん家なんぞ先祖が元弘の変で、ド田舎から出て来て後醍醐天皇側につき矢襖にされて戦死したんだが
何故か現代では敵ともいえる北朝方の武将の分家の末裔と親類になっちまってる。
世の中そんな変な繋がりが生まれる事もあるわな。



398: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2014/04/27(日) 01:44:17.79 ID:h1ohxala0.net
霊障と祟りって別物?
どう違うのかわからない…
何となく「〇〇の祟りによる霊障」みたいな使い方だと思ってた。



400: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2014/04/27(日) 07:12:00.23 ID:Qd7+nbci0.net
>>398
別物ですよ
霊障ならば交渉する余地があるけれど、祟りというものは交渉のの余地なし
祟られている相手側が100%悪いんです
誰にもどうにもできません
現れる現象としてはどちらも大差ないんですけどねぇ
筋ジストロフィーが前世に神様に対してやらかした祟りだというのをこの間知りました
前世の祟りなんてたちが悪いですわ
多分だけど、原因不明の難病って前世の神様の祟りが来世ででたんじゃないかなと思います
調べる気もないけどねー
今やらかして何も起きないからって言って色々やってるバカが大勢いるけど全部来世ででるんだよねぇ



438: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2014/04/27(日) 17:34:39.00 ID:tdcgVIqn0.net
>>400
今世で清算するんじゃなくて、来世に繰り越されてしまうという事だよね?
「やった事がすぐに返ってくるのはまだ良い方」と聞いた事があるんだけど
来世で苦しむという事は、その方がジワジワもの凄く苦しむだろうって事かな…



404: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2014/04/27(日) 10:33:52.67 ID:Qd7+nbci0.net
役に立たないというか~
神様が祟りをやめてもいいと思える条件提示ができれば何とかなるかも
だけどすでに物理的な怪我や病気になってたらそれ以上何もしないって確約してもらうくらい

そもそも祟りと明確にわかるひと少ないでしょ
れいしょうだと思って御祓いとか除霊するのが普通の人の行動だしー
病気に例えると足が痛いって言って湿布で直そうとして骨折や癌の痛みだったという勘違いレベルです



422: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2014/04/27(日) 12:19:27.09 ID:7M51yts6O.net
すみません
祟りと因縁の違いについて、もう少し伺いたいです

>>404だと、強度は祟り>因縁みたいですが、それらの違いってどんな感じなのでしょう?

素人考えですが、たとえば成り立ちの違いとか?

どちらも元々には「相手を恨む気持ち」があると思うのですが、それを個人的に恨んでるだけで終わったのが因縁で、神様お願い!あいつを呪って!的なこと(→神社を建てた、祈祷した、丑の刻に参った等)をしたのが祟り、とか…

なんか区分けみたいなのがあれば、知りたいです

お時間があったらで良いので、お願いします



440: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2014/04/27(日) 18:28:08.75 ID:Qd7+nbci0.net
>>422
神様の祟りの基準はよくしらん
神様によって怒るポイントが違うからなー

水子の祟りはこの間見た
高校生で妊娠した生徒が、胎児に向かって死ねとか、妊娠したのは失敗だとか、男と遊べなくなるとか言いまくったそうだ
胎児はそれを腹の中で聞いてたんだと
子供は降ろされてしまって水子となったんだけど、母親よもの凄く怨んでた
水子を向こうに連れて行くのはじぞーだろ
水子は霊界に連れていきたいけど、母親に対して物凄く怨んでるもんだから
じぞーの計らいで、水子の正当な権利として水子は霊界にいながら母親に何かする権利をもらった
霊界にいる霊は成仏してるだろ
それなのに母親に何かできるわけだ

普通の霊障というものは、霊界に行かない霊たちか前世の因縁霊たちのおこすもので、原因となる霊はこっちにいるわけだ
だけど水子は現世にいないで何かできる
多分私が『祟り』と呼んでいるものは、なにかしている霊的存在は成仏してるか神なのだろうな
先祖の祟りというものも、祟っている先祖が霊界にいる場合があるんだよね
区別はあまり考えたことないな、考えなくってもどれなのかわかるからな

強度は祟り>因縁
これはその事例を対処できない比較、祟りは解決する糸口がない、霊を説得する方法も存在しないわけよ

霊障的なものが現れる場合は霊的存在がどこまでやるかによって違うから
祟り>因縁 因縁>祟り 因縁=祟り この強さの場合もあるので比較できません



407: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2014/04/27(日) 10:49:17.78 ID:Qd7+nbci0.net
私に見るのがヤバイ物件ってのは存在しないもーん
戦国時代だと400年経ってるから、普通の霊能者は見るのもヤバイ物件になると思うけど
私は数千年前の団体さんも対応できるからねー
でなきゃ400さんのより強い刀の人の因縁に食いつかないですわ
私にとって強い因縁の霊さんたちに対応するということは、霊的なデータの収集の意味合いもある
どんな因縁を持った人たちがどんな行動をするのかデータを蓄積して経験値にしてるだけ
昔の話しを色々と聞けたり、歴史の裏話を聞いたりして面白いもん

霊能者って霊を何とかするだけで、その霊と対話しないから霊的知識が深まらないのよねー
私の書きこみってさー
いつも脱線させてるんだけど、実は霊的な知識を織り込んで書いてるんわけよ
以前は術者の家系が外部に出さないで自分たちで秘匿してたと思しき知識を、もっと詳しくばらしたこともあったw
知っていてほしい霊的知識は今まで雑談のなかに入れてたんだけどね
何人かは気がついてたようだけどさ
知識をひけらかしていると思うか、情報として教えてると思うかはその人の受け取り方次第だけどね
私も知らない物はちゃんと知らない、わからないって言うからね
私ってさ、書いてることは嘘にしか思えなくっても嘘だけはつかないのよね~




403: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2014/04/27(日) 09:17:06.65 ID:iaBXgb3S0.net
祟りって鎮めたり「そこをなんとか」的に神主さんが祝詞あげたり、土地の人や縁の人が塚立てたりするけど
実際なんの役にも立ってないって事なのだろうか(´・ω・`)?

呪いや祟りに立ち向かう龍乗りファイターとしては神社や寺生まれが役立たないのは大変に心もとないのだが。



426: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2014/04/27(日) 12:44:52.77 ID:suc9VTGe0.net
>>403
祟り鎮めは普通にありますよ。
日本で一番偉い、且つ日本神道の総帥家が神話の時代から代々やってることはそれですから。
基本的にはお慰め、それでもゆうこと聞かない(効かない)場合は力ずくで封じ込め。
後者は時々、縄をほどいて出てきちゃうのがいるんです。
それが憑依体質の奴に懸かって色んな事言うんですわ。「我はかつて不当に虐げられた」とか。
そして懸かった奴に色んな事やってあげたりする。病気治しとか。
それも全て祀られたいため。
幕末以降にわさわさ立ち上がった新興宗教は基本的にこれ。



405: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2014/04/27(日) 10:39:35.55 ID:RrjeLERyO.net
霊的原因で発生する障害を霊障と言うだけだ
祟りも霊障の一形態に過ぎない
自分の世界観を披露するのは自由だか
独自の定義付けを主体にした説明は
混乱を招くだけだからやめろ



411: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2014/04/27(日) 11:12:41.66 ID:Qd7+nbci0.net
400ってそんなにあちこちに出没してるのか?
戦国大名ねぇ。。。
たぶんだけどさー
400って前世で言いがかりとか無実の罪で人を困らせまくってたと思う
先祖は因縁だけど、前世は「業」だと思う
「業」はやった事がやり返される霊的仕組みだからどうにもならんものだよ
ボールを上に投げると落ちるのが物理法則なら
人を苛めたりいいがいりをつけて苦しめたら、来世で苛められたり言いがかりをつけられる運命になる
それを「業」とよぶ
これってさー
自分が前世で来世の運命を作り上げた結果でしかないから神でもどうしようももないものです
業と霊障と祟りと神罰って区別つけにくいんだけどね
実際にあるんだよね
大体呪詛するための祭神祀ってるということは、呪詛を継続してますって宣言してるわけだから
戦国時代の呪詛されてる人が攻撃して当然だろ

祭神を引き継いで祀ってる時点で400も呪詛に関わってるんですよ
呪詛は先祖からあなたまで引き継がれて現在進行形で呪詛してます
無自覚って怖いねぇ



413: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2014/04/27(日) 11:13:46.69 ID:RrjeLERyO.net
うわ



418: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2014/04/27(日) 11:55:01.61 ID:iaBXgb3S0.net
人を呪わば穴2つと申します。

自分的には生きてる人間であろうとあの世のものであろうと総スルーにしています。
虐められようが呪われようが生霊とばされようがスルー。
一ヶ月くらいで生きてる人間はわたしにやったことが本人に戻る。その時に泣いてすり寄ってきても受け流して相手にしない。

霊界はもうちょっと時間がかかるだろうけど、私を愛してくれてる人たちが順繰りにあの世に増えてるので
これからどうなるのか様子見してるつもり。痛みも喜びも生きて肉体あってこそ、3次元を楽しみながらね。



427: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2014/04/27(日) 12:46:57.46 ID:suc9VTGe0.net
でもこれらの「神々」は正神ではありません。
正神とそうじゃないのを見分けるコツは、正神じゃないのは懸かった本人やその直近の人間にはご利益連発するが、その外周部の人間たちになると、犠牲者が例外なく頻発してるということ。お布施強制で家庭崩壊したり、精神病んで入院したりといった具合に。
まあ普通の神社とかに行ったりしてれば間違いありません。
地域の氏神さんとか一宮にね。



446: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2014/04/27(日) 19:18:23.39 ID:Qd7+nbci0.net
>>427
乗っ取られてる神社とか神に放棄された神社あるんだけどねぇ
去年超有名な神社が神様に放棄されたんだよな
当然誰もそんなこと知らないからありがたがっておまいりしてるけどね
あそこの神社は霊的に完全に破壊して放棄したからねぇ
人間の思い込みって凄いね
入れ物の見た目に騙されてるっていう例です



430: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2014/04/27(日) 13:22:01.66 ID:nNnrdS3xI.net
はじめまして
非常に興味深く拝見させていただいております
僕はとある方に、江戸時代の巫女さんの生まれ変わりと聞いた事がありまして

非常に早いスパンなんだ、と、なんだか嬉しくなったので、書き込みさせていただきました

そうか、オレ、いい奴だったんだ笑と
面白い事に、僕の性格が江戸と今と変わらないとの事で
当時は浮きまくって、生きにくい人生だったと聞きまして
ま、今もなかなか生きにくい人生ですが笑



432: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2014/04/27(日) 14:58:19.70 ID:Uk0hA7s/0.net
どっかのスレで
現代の凶悪犯罪者には、戦国時代の落武者の生まれ変わりが多い、とか見たようなW



433: ミノムシ ◆WIIEP92EG2 @\(^o^)/ 2014/04/27(日) 15:01:31.11 ID:zPFOp/0AO.net
>>432
なにそれこわい(^o^;)ヒィ



496: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2014/04/28(月) 09:20:19.18 ID:1nACB5nm0.net
即身仏は自殺にならないんかね?



499: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2014/04/28(月) 12:49:46.30 ID:QJ7x3nIMI.net
前世の業という、今世において目に見えないものに左右されるとう法則があるのであれば、
イジメによるら自殺も、理不尽な通り魔による死も、特攻隊等の死も、ほとんどこれで説明がついてしまうんですよね
ただ、悪いイメージでとらえるのでなく、そういう死を今回したことにより、何かがチャラになったり、次の生でのプラスアルファになるということではないでしょうか

そのプラスアルファ分を行使せずに、恨む方にプラスアルファのポイントを使った為に、まあその分の恨むのは仕方ない事って事になるのかなあと

この板を拝見してて思った事ですね
まあ、単なる私見ですけど



503: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2014/04/28(月) 14:24:24.82 ID:BmGeOpPo0.net
勘違いしてる連中がいるけどな
殺されたり自殺した連中が数百年数千年苦しんでるだろ
人の魂には長い時間に思えるだろう
何でそんなに長い間放置するのかって思うのは当然なんだけどな
どんな理由があったとしても、生まれてくるときの肉体は借り物なんだよ
肉体を殺した罪は罪だ

人を怨むような魂は腐ることが多い
腐った魂は他の魂も腐らせる
怨んで死んで怨み続けても腐る魂と腐らない魂がいる
魂の腐敗は伝染する病気で薬は存在しない

お前らも腐った物は捨てるだろ、それと同じことだ
長い時間怨んでいても腐っていない魂は、これからも腐ることは無いってことでその恨みを心のそこから捨てられたものだけを
神界と同じ位置に存在する一番上の霊界に住んでもらう
その作業を今の時代の数年で行っている

魂が腐りさえしなければ、その魂は数万・数億より長い永遠を存在することが出来る
神はあえてそれを人に教えていなかった
その結果を知らせては魂の見極めにならんだろ
だから今まで神々は人の魂に対して大きな働きかけをしなかった

神というものは人間の個人は見てないんだよ、人間の魂がいい魂と腐った魂で判断している
個人の死因なんてものは神々は考慮しない
神というものは人の良い魂を保護するだけだよ
今の時代の数年間が神々が人間の魂に大きく関わる時代なんだよ
人間と神は対等ではない、えらいとかそういう意味ではなく存在意味が違う

この星で生きている人間はこの星のことだけしか知らないけどな
神々は宇宙という物質界を含んだ、全ての界が問題なく存在できるように動いているんだよ
神という存在は数十億存在する界を存続させるためにいる
数十億ある界の1つである物質界宇宙の中の小さな地球の人間という個人の霊的存在はあまりにも小さすぎる
神々は界を存続させるために腐った魂は問答無用で消す、神は腐ったものには容赦ない存在だ
人間だけが情を持つんだよ
情によって公平さを忘れた神々は落ちて消されたからな



507: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2014/04/28(月) 14:58:11.93 ID:BmGeOpPo0.net
もひとつ誰も信じないネタ教えてやるよ
美空ひばりさんってなー
霊的な肩書きつーか、呼び名がなー
『黒のもり』
ってんだよw
3番目に存在したもりだ

あの人はもりの系統で物凄く古い存在で、ものすごく強い龍神なんだよ
人間やったときに因縁作ってしまって千数百年人間として霊界にいたらしい
今ちゃんと戻ったけどな
みそらさんってティターン神族の中に名前あるよ
ついでにムーサのトップ

女神踊り子部隊の監督さんですわ
あの人のあの雰囲気なぁ、向こうでも炸裂しててなー
美空さんのお願いには誰も逆らえないんだよな
ひるこが唯一苦手にしてる神様だよ
霊的な存在位置はひるこが上なんだけどなー
なぜか誰も逆らえないという不思議w

ほらな物凄く嘘っぽいだろw



508: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2014/04/28(月) 15:01:48.15 ID:BmGeOpPo0.net
古い龍神のサイズを例えるとだな
龍神が人間サイズだとすると任天堂3DSが宇宙と思ってください



512: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2014/04/28(月) 15:36:29.07 ID:CMX8bKfA0.net
手塚治虫さんはどんな存在ですか?



513: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2014/04/28(月) 15:42:58.24 ID:CMX8bKfA0.net
すいません、唐突に手塚さんのこと尋ねてしまって。
美空ひばりさんのことが書いてあったので、、
昭和が終ると共に亡くなる人々って、時代に選ばれた感が強いのですが
手塚さんもそのおひとりだったから、尋ねた次第です。

ひるこさんの実体が興味深かったです。
>手足がないののは、元気な赤ん坊でオクルミのまま転がって勝手に川に落ちてながれってったんだとさ
>だから手足がないから流されたって偽装してるが、勝手に転がって流れて誰かに保護されたらしい
おくるみのまま転がって勝手に川に墜ちて、、ってwなんか、たくましい。そんで可愛い(いや怖いんでしょうが)
真説/日本神話 4コマ漫画ってかんじで再生されてしまったw



517: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2014/04/28(月) 15:56:01.02 ID:BmGeOpPo0.net
手塚さんは上から3-4番目の霊界にいるってさ
呼んだことないからそれ以上の情報はしらん
藤子さんと三波春夫さんと馬場さんと島倉千代子さんは一番上の霊界にいるのは聞いてる
ダイアナさんとテレサ・テンさんとマイケルさんも一番上にいる
後た誰かいたかなー
意識して調べたことないなー



562: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2014/04/28(月) 22:51:01.49 ID:CMX8bKfA0.net
>>517さん 手塚さんの件、ありがとうございました!上から3、4番目というのがなんか
納得ですw とても人間的というか人間臭い方だったようなので。いえ、大ファンというか
ここんとこ昔の作品や自伝他読み返してたところで。他の方(島倉さん他)も興味深かったです。

自殺の件や、他にも沢山興味深いことを書いて下さってありがとう。
ゆっくり読み進め中です。手塚さんの件はスレ違いなのに、申し訳なかったです。。 ><



521: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2014/04/28(月) 16:18:27.19 ID:XtIAWDWT0.net
上から○番目の霊界っていう表現はどのへんの宗教にあるっけ?
幸福の科学のイメージが強いわ
伝統宗教だとなにある



523: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2014/04/28(月) 16:29:39.75 ID:BmGeOpPo0.net
宗教はしらんなー
霊界がいくつに分かれてるか霊界の責任者に聞いたことがあるのよ
20階層くらいだそうだ
転生の早くできる人ほど上の霊界にいける
霊界の位置って魂の質によって振り分けられるからねー

20あるって聞いてから、誰がどのくらいの魂なのかを調べるときに上からいくつの階層にいるかって聞いてるだけ
幸福の科学は看板しか見た事ないな
本出してる人が主催してるって認識です
家の地域って建物はあっても人がいたためしがないんだよね

言い方とか表現なんかどこかの宗教と被ってても不思議じゃないしなー
私は曹洞宗だけど先祖供養するときの知識くらいしか知らんよ
先祖供養するのに宗教があったほうがいいと思うけど、他人がどの宗教を信仰しても好き好きだしなー
せんべーさんだけは霊的にアウトだからやめたほうがいいと思うけどね
でも入るのもやめるのも自分で決めればいいよねー
何でも自己責任で行動すればいいとおもうもん



549: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2014/04/28(月) 20:57:07.57 ID:BmGeOpPo0.net
因縁の決まりについて書いてみると

殺された人は、殺した人の前世因縁なにるか子孫までたたる先祖因縁になるか選択できます
子孫にたたってやるーって決めた場合、殺した人が一代目ってことになります
因縁が強くなって変だなって思うのが孫の3代目からで
6代目7代目は子孫に死人が出るほど強くなります
この代になると、家は呪われた家系だって自覚が出ます
7代目で先祖因縁さんが目的を達成できないとまた1代目になってまた事件が起こります
人を殺したり、浮気したりとか因縁さんが殺された原因と同じ事件が起こります
それの繰り返しです
最高で5サイクル目の先祖因縁さんがいました

住んでる土地因縁さんは何代目なんて関係ないのでいつでもどこでも住んでる人にアピールできます

後前の因縁は一度やったら7回やるまで抜けられないという決まりが霊界にあるので
因縁をしている相手の転生サイクルが1000年だったりすると
人間やってるときも、その人が死んで霊界に戻ってもその人と同じ霊界で一緒にいることになります
前世因縁は5000年の人を見た事があります

豆知識でしたー



553: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2014/04/28(月) 21:20:19.82 ID:BmGeOpPo0.net
聖書って旧約聖書ってこの地球のことじゃないらしいよ
この地球の1つ前の地球らしい
イスラエルの始祖って言われてる人たちってこの星の人じゃないもん
スピリチュアルとかでシリウスだっけ?星の名前出るでしょ
あそこであったことが書かれてるってさ

新約聖書はこの星のことだって
きっちり分かれてるかどうか知らないけどさ
その星からこの星に来た連中がいるんだよね
それがイスラエル人の先祖なんだよね
イスラエル人の魂って純粋なこの星の人間の魂じゃないから異質なわけよ
だからユダヤ教には天国が存在していないわけ

何で知ってるかと言うとだな
旧約聖書に名前のってる人たち召喚しまくって話し聞いてたことがある
えっと、ソロモンさんとか、アブラハムさんとかカインさんとか軒並み呼んで喧嘩の仲裁しまくってたw
宇宙人が地球に来てるってのは肉体なしの霊体できたらしい
私が認識してるのは2種の他の星の魂持ったのがいる
霊界はこの地球産の魂だけいけるわけで他の星の人は死んでも生まれ変わることなくこの星に留まっていたよ
元々種族が駄目になったから見捨てられた星の人だからね、魂がアウトな人が多かったわけだ
ユダヤ人の魂の割合は6割この星のものらしいけど、不純物が混ざってるから霊界にいけません

私も担当が違うから他の星のことは知らんし興味ないのよねー

そりゃ、今まで情報を開示する権利を持ったものが人間やらなかったってのが1つ
真実をわざとごまかしておろしたのが1つ
今大丈夫になったけど、悪神と呼ばれてた存在が同じ勢力なもんで向こうで大喧嘩しててこっちは無視してたとw

ひふみだけど、前半が妙見・阿弥陀・ひるこ・すさのお・伏見・豊川とあともう1人誰だっけかな?
7人で考えて降ろしたそうだ、伏見と豊川は内容を考えるんじゃなくってかっこいい表現を考える要員だとさ
後半って昔は私が下ろしたと思ってたけど、悪神が邪魔して降ろしたらしい
記憶が戻ってなくって勘違いしてました



554: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2014/04/28(月) 21:29:48.16 ID:BmGeOpPo0.net
んでひふみって良くできててさー
前半って意識レベルの違いで書かれている内容が別々に読み取れるんだけどさ
人間意識で読むと、生き方とかありがたいことを書かれてるけど
意識を上げると、お笑い話のオンパレードって言う最高傑作です

あそこに書かれている「神がかかれるようになれよ」ってのがあるんだけどさ
アレの真の意味はだな
皆いい魂になってねー、ひるこがかかって胃袋使ってウマウマするからー
ってのが真の意味だそうだw

それが人間的解釈になると別になるとだな
本物の神の降ろしたありがたい文章だから、人間の生き方とか信心について書いてるだろうって言う無条件の思い込みで
ああいう訳になってるそうだ
ついでにひふみの原文の落書きだけど、本当に落書きw
翻訳する時に、翻訳してる人の耳元で囁いたそうですw
あんな落書きを翻訳できるはずもなく、降ろしたほうも遊んでたそうです
神の個人名に対応する記号はあるらしいけどねー
あの落書きって間違いなくひるこの落書きだw
神に幻想持ってるから起きた事故ですね
後もう1つは、プログラムって意味合いもある



555: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2014/04/28(月) 21:40:42.72 ID:BmGeOpPo0.net
古事記、日本書記は神の名前だけは正しい
途中からその名前を人間が使っている
こっちも前半の国生みのあたりは、ひるこがメインのエピソードを真実をごまかして降ろした
後半は人間が独自に考えたもの
後半の人物は人間だけになってるよね

イザナギとイザナミの喧嘩の真実は
夫婦喧嘩してイザナミが家出、理由は最近かまってくれないから
元々イザナミは黄泉の国の面倒見てたから、自分の担当する界に引きこもってでてこなかった
入り口が1つしかないと思ってるイザナギさんは
迎えにいったけど、イザナミちゃんは怒って大好物の桃の腐ったやつとかをイザナギに投げつけて撃退w
イザナミの戦闘力はイザナギより上で桃でもダメージがひどい
んで口げんかというか、喧嘩してぶつけるものがなかったから、速攻で人間の魂を作って投げつけたとw
イザナミ 100兆個 イザナギ 8000億個
の魂を作ったそうです
良く喧嘩してたから1度だけじゃないらしい
引きこもっていたはずのイザナミちゃんは、実は黄泉の国に裏口つけてて、そこから抜け出してあちこちで遊んでたそうです

wwww
またちくりきたー
それを知らないイザナギは黄泉の国の入り口でずっとまってたらしい
イザナギはまぬけだー

世界中の神話って神が降ろしたエピソード結構入ってるよ
神話を書いてる人の耳元で囁いてたらしい



577: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2014/04/29(火) 07:45:09.45 ID:jbgZd25g0.net
もしまだいらっしゃったらでよいです

父方の先祖の因縁があると言われました。
父の父は父が五歳ごろ電車に轢かれました。
父の兄弟の長男は詳細不明ですが若くして死亡
次男の息子は精神異常
三男は大腸ガンで死亡(その息子も引きこもりだったような
末っ子の父の娘(私です)は精神異常、自殺未遂などをしています。

私には娘もいます。中絶した子供もいます。
業でしょうか?こういうことには疎く、
何かアドバイスをいただけたらと思います。

まだざわざわしているご先祖様がいるのなら、安らかに、と思いました



578: 558@\(^o^)/ 2014/04/29(火) 07:55:58.99 ID:YR7je+MW0.net
家への固執はあります。私ではなく嫁ぎ先の家の事情の複雑さを女衆が語り継いでいるんですよ。
地元は宮崎県。名前を残さなきゃいけない家の親戚もやはり旧家の本家。士族華族歴史的有名人ありなど歴史は華やかですが
内情は実にどろどろとしたものでした。

家柄や都内の土地建物持ちのお金持ちな元実家ですが、息子に名を継がせると「アレ」を背負うのかと思うと躊躇いハンパないですね。



580: 558@\(^o^)/ 2014/04/29(火) 08:54:03.76 ID:YR7je+MW0.net
ん、家に固執してるのってどっちだろう。目に見えて固執してるのは元婚家一族だけど。
家がまさに絶えようとしてる時に、全く関係のない、士族でもないピンポイントな一族から女二人、
見合いしたわけでもなく恋愛結婚した因縁が知りたいんだよね。
次男家であるうちも8年子供ができなくてようやく授かったのが息子。元婚家最後の希望の一滴ですよ。
元婚家祖先がうちの一族に目を付けたのか、うちの祖先がねじ込んだのかがどうしてもわからない。




581: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2014/04/29(火) 09:57:53.26 ID:vp05SOcm0.net
先祖を敬うのは大切である
わかっては居るけれども、
先祖のルーツとか謎な感じで、
はっきりわからなかったりするのは
何故だろう?
今更知りたいと思っても父方祖父母は鬼籍
母方祖父も鬼籍、祖母は施設で多分私のことはわからない
単純に敬ってないから断絶しようとして居るのかな
代々受け継がれる家とか昔話がある人が羨ましい

因みに今は生まれの土地を離れて
母方ルーツの土地に近いところにいます
まわりには親戚なし
意識してここへ来たわけじゃない
先祖ルーツの土地に戻りたいとか思うのかなとふと思ったりするけど
新天地で落ち着いたわけだしなぁ。



599: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2014/04/30(水) 17:06:55.26 ID:IzzFgc3g0.net
とは言っても毎日神様や仏様を拝んでいれば人生バラ色てものでもないけどな
神仏祀りは当然として賢く精力的に生きなきゃ意味ないよね
なんでも神仏頼りにして自己に甘い人間は嫌気がさす

いやまあ自分の親族に対する愚痴なんですけどね。。



600: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2014/04/30(水) 18:01:48.04 ID:x7BaKGJ30.net
>>599
その通りです。
神仏には普段は感謝の気持ちで向き合うことが基本です。
ただ、切実な問題を抱えていて苦しんでいる時はお願いもありですよ。
神様は依怙ひいきはなさいません。
神様を信仰していてもいなくても、普段の生活にはあまり変わりありません。
でも本当に困難な目に遭遇した時、人生の道を決められないで迷っている時など、ここぞという時に信仰の有無の差が現れるのだそうです。



601: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2014/04/30(水) 20:02:28.46 ID:FbENCKvOO.net
家が順風満帆で普通に平穏に暮らせてきたなら
特に身内に拝めとか言われない限り
仏さんや神さんを拝むと言う行為にリンクしづらい
家で怖い思いや地獄を目の当たりにしたから
そう言ったのにすがるってなるのかと祖母を見て思った



639: 本当にあった怖い名無し 2014/05/01(木) 12:19:57.39 ID:xevmYO4jZ
暇なので実家のこと書いてみる。

十年ほど前、私が高校生のとき。
家の庭にある小屋の壁沿いに、冬に備えて薪を投げて積み上げていたところ、
突然、家から祖母がやってきて、こう怒鳴った。
「そこに死体が埋まっている。夢に白い蛇が出てきてそう言った。だから、薪を投げるな!」

このときは、祖母がボケたんだと思っていた。

その1,2年後、私が大学に入るとき。
どこからか有名な占い師の話を聞きつけた母が、その占い師のもとに相談しに行く。
娘(私)が玉の輿に乗るにはどうしたらよいか?と。
その時、占い師に、玉の輿()に乗るための方法と共に、我が家のことを言われたらしい。
占い師いわく、我が家の本家筋に当たる人が恨みを持って死んでいる。
おそらく、病気で倒れているのを誰も面倒をみずに放置して死なせたのでは。
本家は絶え、あなたの家はお金で苦しむだろうと。

母は、母方の祖父母にこっそりと我が家のことを聞きに言った。
母方の実家は、今は落ちぶれているが元はこの辺一体の地主でいろいろ詳しい。
そこでわかったことは、
・我が家がある場所は、もとは個人所有ではなく地域共通の場。
・戦時中とかは、そこに長い小屋を立てて、病気の人を隔離していた。
・私から見て父方の曾祖父が、本家から分家として出ているが、
 曾祖父の兄弟?の一人が、その小屋にいて亡くなっている。

確かに、本家はいろいろあり、跡取りがいないため今の代の人で終わりだ。
我が家は、親戚兄弟の借金の肩代わりで、常にお金に苦労している。

今、道路拡張工事で我が家も立ち退きのはなしが出てるんだけど、
工事中、祖母が言ったとおり遺体が出てくるんじゃないかと思っている。



714: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2014/05/02(金) 23:00:40.19 ID:NdaZ+icv0.net
ウチは母方が平家の落人
それだけならいくらでもいるけど、結構名を上げた武将で未だに毎年親族が集まり鎮魂祭がある
父の血筋は代々御典医、お宮参りやらはぜんぶ神田明神
神田明神て将門公を祀ってたよな?
ある霊能者に守護が強過ぎるって言われた
確かに何かと負け無しだw
関係あるのか?



715: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2014/05/02(金) 23:19:21.55 ID:W04CZ5cd0.net
>>714
へぇえ。おもしろい。
じゃあ成田山に行ってはいけないとかあるの??神田明神のあとに参拝に限らず。


>一般的に云われているのが、神田明神にて参拝した人が、その後、成田山新勝寺に御参りしてはいけない?!です。
将門の叛乱を治める前に、成田新勝寺で将門征伐の動護摩の儀式を行っています。
それゆえに、神田に祭られている将門が苦しみ、成田山に参拝した人に、将門の祟りにあい、その者に災いをおこすというものです。



716: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2014/05/03(土) 04:46:45.75 ID:Z9eDIg5L0.net
神田明神はとてもご守護の強い神様ですよ。
切実な問題、たとえば命の危険を感じるような壮絶なイジメなどを抱えている場合などは、その原因となる因縁を切ってくださるそうです。
お心当たりのある方は是非参拝してみて下さい。
ただ、平家と平将門公の関係ですが、平家のご先祖は平将門を討った平貞盛公ですので、平家は将門公の敵方の子孫に当たります。
また、神田明神は将門公よりもずっと古い時代の出雲神を元々お祀りした神社です。
のちの時代になって、将門公を合祀いたしました。



847: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2014/05/14(水) 11:29:47.69 ID:OSK/DB2D0.net
代々続いている風水の家とかおもしろそう
そっち方面の家系にまつわる話とか聞いてみたい
代々受け継がれてる何かとかそういうのはないのかな



848: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2014/05/14(水) 19:48:01.18 ID:foeC5ysfO.net
土御門家とか?



849: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2014/05/14(水) 19:57:03.72 ID:oo2DsOEw0.net
風水ってやっぱり土地を見るんですね~
住宅地内で20年以上の間更地になってた土地に買い手がついたみたいで現在新築の建築中なんですけど、しかし、長い期間売れなかったなー。

昔その場所には綺麗な家が建っていまして、その家のご主人は良い会社に勤めている方でしたがそこに引っ越してきてからおかしくなっちゃったんです。
ビシッとスーツを着て会社に通っているように見えたのですが、いつからか平日の昼間から飲酒してふらふらと道路を歩いているようになりまして
いつの間にかそのご家族は居なくなっていました。

バブル期でしたのに買い手が付かなかったのでしょうか、築浅の綺麗な家は数年空き家になった後に
解体されて更地となり今日に至ります。
一本の道路を挟んで両側で20軒くらいの宅地のある区画なのですけど私はキラーストリートと呼んでます。新築している家は地鎮祭してないけど平気かな?

私は、【因縁】家系にまつわるオカルト24代目【遺伝】の8なんですけど、暫らく他所に居たのですがキラーストリートに在る家に戻って来てからが酷いです。
3年で3回交通事故に遭い、胃潰瘍、十二指腸潰瘍、食中毒などでの入院が3回。癌ができてポリープの摘出手術も3回。今は交通事故の後遺症で下肢に障害が現れて
日常生活に支障を来しています。そう言えば、キラーストリートを歩いている人はみんな杖をついて歩いていますw

視える?人からは、ここは神仏や霊の通り道になっているので住んでは駄目だねって言われました。住んじゃ駄目だから殺すのか!って感じですが、引っ越す金も無いよ。
まあ、長生き出来そうも無いので死ぬまでは住みますが、悪い因縁があって住むと良くない土地じゃなくて、住む事自体を拒否される土地ってのもあるのでしょうかね?



852: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2014/05/15(木) 13:15:43.84 ID:qCJ3FZ1lO.net
>>849の土地は霊道に重なってるて事だろ



851: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2014/05/15(木) 13:09:15.62 ID:qCJ3FZ1lO.net
神社区画が縮小され宅地化された場合
過去の神域が影響を与える場合がある



945: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2014/06/07(土) 14:46:01.24 ID:h7DBkGv4I.net
微妙にスレ違いかもしれないけれどカキコ。
土地の因縁や、先祖の因縁の方々は、本当に自分の魂からその方々の為に祈ることができればその方々も納得して下さるよ。
自分はそのような経験をしました。
ただ、とある一件から自分は魂が無いと勘違いしてやめてしまったので、物凄く怒っている。
因縁の方々や神様との約束は破っちゃダメですよ。



946: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2014/06/07(土) 14:47:48.55 ID:LnQc3OW20.net
先祖ってつながってるもんだな



948: 本当にあった怖い名無し 2014/06/07(土) 17:55:59.05 ID:udYsd/Ipg

最も自分の魂は喰われたのか、自分で潰してしまったかで恐らく無くなりました。
腐っていたら書き込んだ時点できえているんだろうなぁ。
潰してしまった後は、母への思いと自分のしたことの後悔が一時的に強くなりました。
その後は虚無感だけが残っています。
自分の一番の味方は自分自身なので、自分で自分を否定して自分の魂を潰さないようにして下さい。
スレ汚し失礼しました。



953: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2014/06/09(月) 22:10:15.99 ID:9ROx18c20.net
オカルトかどうかわからんけど自分の名字の由来の話。

田舎の方に行くと地域に同じ苗字の家が密集してる集落なんてのは割とよくあると思う。
そんで俺の住んでた地域も2,3種類の名字が大半を占めていてました。

あ、申し遅れましたが俺の名字は「末吉」です。
よく「すえきち」と呼ばれますが「すえよし」です。
九州の方に割と多い苗字みたいですが、九州出身ではないです。

ほんで、周りの家は同じ苗字ばっかりなのに自分んちだけ末吉。
小さい頃は郵便物が間違えて配達されたりせんで便利だなー、とか
割と最近になって引っ越してきたんかなー?ぐらいにしか思っていなかった。

中学の頃、名字の由来に関するテレビ番組を見た俺はじぃちゃんに、
「うちの名字に由来とかあるん?」って何の気なしに聞いてみました。

するとじぃちゃんは何故か少し困った様な顔をしました。
そしてしばらく考えた後、「お前にも関係のある話だから・・・」と少しずつ話し始めました。



955: 944@\(^o^)/ 2014/06/09(月) 22:39:00.74 ID:9ROx18c20.net
昔々、まだ農民が苗字を持っていなかった頃

住んでいる集落は山間部のため農作物の育ちは悪いが自分たちが食っていく分ぐらいは何とかなっていたらしい
しかしある年から凶作が続き次第に飢餓で亡くなる者も出てくるようになった

そこで集落の人達は藁にもすがる思いで祈祷師(占い師?)に豊作の祈願をしてもらうことにした

その祈祷師は豊作を望むのなら「この集落で家で嫡子となる子が生まれたらその子の首をはね
体を集落にある一番高い木のできるだけ木の高いところへくくりつけ、頭は根元の土を掘り埋めなさい」
と集落の人々に告げた

そして祈祷師は続けて「一度始めるとその家系は代々嫡子を生贄にしなければ再び凶作になるので途中でやめてはならない」と警告をした

その後、間もなくして嫡子が生まれたのが我が家の先祖様、という訳らしい。



956: 944@\(^o^)/ 2014/06/09(月) 22:53:54.61 ID:9ROx18c20.net
ご先祖様は当然最初は渋っていたらしいが集落の人達からの説得もあって渋々承諾したようです。

そして翌年、今までになく豊作となった集落はその後、飢餓で亡くなる者もなかった。
またご先祖様夫婦にも新しく子供もでき、集落の人達から感謝されながら暮らしたそうだ。

しかし、その夫婦の嫡子(二人目の男子)も結婚し、嫁が妊娠した頃
祈祷師が再びやってきて集落の人達に「忘れてはいないだろうな、代々続けなければならん」と伝えた



958: 944@\(^o^)/ 2014/06/09(月) 23:09:51.21 ID:9ROx18c20.net
そして、そのご先祖様夫婦も集落の人達に説得され、生まれてきた嫡子の首をはね生贄として体を木に吊るし、頭を埋めた

その後、何代もこの生贄は続いたらしいが幸か不幸か家系は途絶えることはなかった。

そして何代か後のご先祖様の頃、この生贄を止めようと言う人があらわれた
集落の人々はなんとか説得して続けさせようとしたが、このご先祖様は承諾しなかった
集落の人々も何代にも渡って犠牲になってきた家系にこれ以上負担を負わせるのに引け目を感じたのか、
このご先祖様の言う通り、生贄は止めることになった。



959: 944@\(^o^)/ 2014/06/09(月) 23:23:04.32 ID:9ROx18c20.net
しかし、祈祷師の警告も無視できなかった集落の人々は生贄を止めるにあたって別の祈祷師を呼び助言を求めた

祈祷師が言うには「この儀式の呪は非常に強く簡単には解けない。
とけたとしても生贄のことを忘れることはこれまで生贄になってきた子の怨念で家系に不幸が起きる」とのことだった

祈祷師はひと通りの祈祷を行い、生贄を吊っていた木は切り倒された。

そしてその年、凶作とはならなかったがご先祖様夫婦の長男は死んだ



960: 944@\(^o^)/ 2014/06/09(月) 23:33:55.00 ID:9ROx18c20.net
その後、何代かにわたってうちの家系は本来嫡子となるべき長男は死産、もしくは若くして亡くなり次男が家を継いできた。

実はじいちゃんも父も次男で本当なら兄がいるはずだがどちらも若くして亡くなっている。

俺は長男でまだ生きているが結婚もせず、弟は結婚して子供もいることから呪はまだとけてないのか?

それはそれとして名字の由来の話に戻ります



961: 944@\(^o^)/ 2014/06/09(月) 23:39:11.04 ID:9ROx18c20.net
人々が名字を名乗るようになった頃

ご先祖様は生贄のことを忘れないように名字を「末吉」にしました

木の上に体を吊るして「末」

土の下に頭を埋めて「吉」

これが我が家に伝わる名字の由来です



962: 944@\(^o^)/ 2014/06/09(月) 23:42:51.41 ID:9ROx18c20.net
うろ覚えなとこもあるけど大体こんな感じだったはず。

小さい頃ちょっと過保護気味に育てられたのもこのせいかもしれんと今更になって思う

最近首が痛いのは気のせいだと思いたい。
「あなたの名字の由来は?」 全国の名字95パーセント以上を網羅する由来検索が話題に
http://blog.livedoor.jp/nwknews/archives/4126505.html



963: ミノムシ ◆WIIEP92EG2 @\(^o^)/ 2014/06/09(月) 23:52:54.27 ID:JbOJc1eqO.net
>>962
すごい話だった…(^o^;)コワイ



964: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2014/06/09(月) 23:58:48.83 ID:nlyawIxR0.net
・・・・凄く怖い話だ。
でも昔は豊作凶作は村全体の生き死にに関わる重大事項で
その前にはひとりのみどり児の命など今ほど重要視されなかったんだろうね。

特に >>木の上に体を吊るして「末」
>>土の下に頭を埋めて「吉」 のところでぞっとした。
そういう由来かぁ・・・・そうきたかぁ、って。
文章もうまいね。  



965: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2014/06/10(火) 03:09:13.59 ID:V9kT9DfA0.net
3代で100年とすると、下手したら江戸初期とかからやってたのかよ…
高い木にくくりつけられた首がない体が朽ちていく様子をリアルに思い浮かべると怖いwww

>>964
山間の村なんて食べ物に困ったら娘を遊郭に売り飛ばしたり間引きしちゃったりしてるのが当たり前になってるところもあったようだからね…軽いね。今じゃ国の宝まで言われてるというのに



966: ミノムシ ◆WIIEP92EG2 @\(^o^)/ 2014/06/10(火) 10:24:26.75 ID:rU9j1OUQO.net
娘を売らないといけないくらいな壮絶な飢饉があったの?(((´`;)))ブルブル



970: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2014/06/10(火) 22:08:13.51 ID:rrvgfbl/O.net
>>966
江戸時代には何度か飢饉があったよ
食べて行けなくなった農民は口減らしのために間引きをしたり(こけしの由来はこれに起因するはず)
女衒(ぜげん)という、遊廓に遊女を斡旋する商売人に娘を売ることもあった
吉原にいろんな地域から若い娘が集まった結果、お国言葉が目立たないように「廓言葉」が生まれた



971: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2014/06/10(火) 22:37:33.10 ID:V9kT9DfA0.net
娘を売るどころか、木の根草の根まで食べ尽くしてそれでも食べ物がなくて食人した話まで残ってる。



980: ミノムシ ◆WIIEP92EG2 @\(^o^)/ 2014/06/11(水) 09:41:08.69 ID:3yEmMD52O.net
海や山に行けばいくらでも食料あるような気がしてたけど、
飢饉って怖いんだなぁ(((^o^;)))ヒィ~



999: ミノムシ ◆WIIEP92EG2 @\(^o^)/ 2014/06/13(金) 19:52:21.49 ID:9YQQurseO.net
いろんな家系があるんだなぁ~




【閲覧注意】意味が解ると怖いコピペ『魔の交差点』

ガチで泣いた登場人物の死亡シーン

放送禁止・封印作品になったアニメ、映画、ドラマ、CMなど語ろうぜ

理系の奴、おもしろ科学豆知識語ってけよ

【閲覧注意】今考えるとやばい子供の頃の思い出『俺は田舎のアウトロー』

【議論】真面目な人間が損をする社会は幸せか?

バカ「教師は社会経験が無いからクソ(キリッ」←はあ?wwwww

アニメ・ゲームの都市伝説、怖い話を語るスレ