1: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/12/15(月) 16:07:53.37 ID:DyhQNszk0.net
十数人の少数部族の間で病気が流行っても
全員が抗体持ったらウィルスって一匹残らず絶滅するんだぜ
転載元:http://viper.2ch.sc/test/read.cgi/news4vip/1418627273/
西成のあいりん地区行ってきたから適当にうpするよー
http://blog.livedoor.jp/nwknews/archives/4785619.html
ウイルス


3: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/12/15(月) 16:09:22.46 ID:DyhQNszk0.net
すごくね?
ウィルス自体は自然界の食物連鎖に一切関係してないっていう



51: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/12/15(月) 16:47:52.29 ID:2RbtVJjJr.net
>>3
関係はしてるだろ十分に



61: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/12/15(月) 17:04:35.68 ID:DyhQNszk0.net
>>51
ウィルスの食物連鎖内の役割って
異常発生した特定の生き物の数を減らすことくらいしか活躍してなくない?
やっぱ多少は関係あるのかな



6: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/12/15(月) 16:10:08.52 ID:VaqV/3Z/p.net
自己増殖できないものは生物じゃない



8: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/12/15(月) 16:11:35.22 ID:1P2u2sHy0.net
人間の本能につけこんだHIVはなかなか



9: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/12/15(月) 16:11:53.98 ID:DyhQNszk0.net
自分自身の力で増殖することはできないし
特定の種をターゲットにした生命活動しかできない



16: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/12/15(月) 16:14:03.01 ID:GAnl99NU0.net
まずあいつらは生き物なのか?



19: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/12/15(月) 16:15:01.39 ID:XsH0XEYi+.net
寄生したものを殺すウイルスとかわけわからんよな
マジで宇宙人から攻撃受けてんじゃないかと思う



20: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/12/15(月) 16:15:04.54 ID:DyhQNszk0.net
生物というか、浮遊する細胞に近い
人間の細胞は自分の住処を持ってるけど
人間に感染するウィルスは自分の住処を持ってないから人から人へ感染することでしか生き長らえることはできない



24: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/12/15(月) 16:21:41.40 ID:DyhQNszk0.net
哺乳類とか植物とかバクテリアとか鳥とか魚とか、
一般に生物と言われる生き物の身体の細胞たちはああやって自分の住処を作って生活してるけど、
ウィルスは自分の住処を持たない生き方に発達した細胞だから
特定の種に対して色んな手段で使って感染することでしか生きていけないという
メチャクチャ脆弱な存在だけど時には人を殺すってなんかすごくね?
生物ではないけど生態系を無視してなんとか生きながらえてる



25: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/12/15(月) 16:23:25.54 ID:7NuG/H2e0.net
人間は地球に感染したウィルス



28: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/12/15(月) 16:26:55.41 ID:DyhQNszk0.net
人間の皮膚の細胞とか内臓の細胞とかと似たようなもんたけど
自分達で役割分担することも食物を消化してエネルギーを生み出すこともできないし
感染者のいるコミュニティの人数が多くなければ簡単に絶滅してしまうから
有史以前のヒトが狩猟民族だった頃はほとんど活躍することもなかった



29: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/12/15(月) 16:27:40.91 ID:DyhQNszk0.net
文明の歴史は感染症の歴史でもある



31: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/12/15(月) 16:29:40.77 ID:aRKDjhy80.net
感染者殺して自分も死ぬって生きてる理由謎すぎて怖い



35: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/12/15(月) 16:34:58.49 ID:DyhQNszk0.net
>>31
ウィルスも進化の過程で少しずつ「感染者を殺さずに仲間を増やす手段」に移行し始める



38: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/12/15(月) 16:39:44.96 ID:OOrKWZKO0.net
>>35
宿主を短期間で殺すようなウイルスは繁栄せずに絶滅するだけ。



45: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/12/15(月) 16:42:51.61 ID:DyhQNszk0.net
>>38
そう
初期の梅毒は一斉に流行って一斉に感染者が死んだから生き残れなかった
キャリア(感染者)を殺さないタイプの梅毒ウィルスはその中で絶滅することなく、
集団内の非感染者に次から次へ感染し現在まで生き長らえることができた



34: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/12/15(月) 16:33:04.62 ID:DyhQNszk0.net
もともとウィルスって生き物にとってほとんど関係のない存在だったのに
人間が地球上の生態系の中で「異常発生」したせいで一躍有名になった存在



36: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/12/15(月) 16:38:03.82 ID:4hHEu7JG0.net
マジか
ブルースウィルス最強だな



37: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/12/15(月) 16:38:20.50 ID:DyhQNszk0.net
ウィルスってバクテリアとか微生物とちがって
本当に生態系の中で異質な存在なのにあんまりネタにされないのがかなしい



39: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/12/15(月) 16:39:49.94 ID:itMd56Dca.net
ウィルスと昆虫は宇宙から飛来したと聞くが本当なのだろうか



40: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/12/15(月) 16:40:43.32 ID:DyhQNszk0.net
すごいのはここからなんだけど、

感染者のいる集団内の人口数がある一定を超え始めると
すべての人が抗体を持つ前に新しく生まれてきた人に感染できるようになるから
その集団内では事実上「絶滅しない」ようになる
すごくね?



42: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/12/15(月) 16:41:10.49 ID:SzsbkIz8K.net
そもそもエボラやエイズみたいに「そもそもの宿主の中では無害だけど、人間に対してはとんでもなく害を及ぼす」タイプもいるからな



44: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/12/15(月) 16:42:34.14 ID:C1Eo/jUEa.net
ウイロイド・プリオンとかいう病原体の無駄という無駄を削ぎ落とした完成系



48: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/12/15(月) 16:45:19.45 ID:b3R0eYc8a.net
致死率高くて感染者ぶっ殺すのは雑魚なのにそんな欠陥品どっから湧くんだよ
それが生物なら普通絶滅してるのに何で結構な頻度で湧いてくんの



49: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/12/15(月) 16:46:24.02 ID:MNqvpdLc0.net
>>48
ほんとこれ
どっから沸いて来るんだよ怖すぎだろ



52: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/12/15(月) 16:48:45.34 ID:pWTyqjVg0.net
>>48
突然変異の結果
あいつらめっちゃ変異するんやで



55: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/12/15(月) 16:52:24.79 ID:OOrKWZKO0.net
>>48
エボラは確か蝙蝠がキャリア。
蝙蝠から人が感染して、人から人に感染して、パンデミック。



56: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/12/15(月) 16:55:10.00 ID:iUXLg3Qy0.net
>>48
ある宿主にとっては無害だからといって別種の宿主にとっても有害性が低いとは限らないってだけ



59: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/12/15(月) 17:01:08.84 ID:DyhQNszk0.net
ウィルスは細胞一つ一つが独立した個体にあたるし
世代交代のサイクルがもの凄く早いから普通の生物より突然変異が頻繁に起こる
だからヒトの集団が抗体を持っても新種のウィルスがすぐに流行る

強力なウィルスも少しずつ致死率が少ない方向に進化する
その上ウィルス保有者に咳や嘔吐を多く促して空気感染や飛沫感染のタイミングを増やす方向にも進化する
また豚からヒト、ネズミからヒトみたいに
感染する対象の種が似ていれば感染ターゲットを変えることもできる

雑魚のくせにやってることがラスボスレベル



60: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/12/15(月) 17:03:53.71 ID:RdAAxFoD0.net
自然界のリバースエンジニアリングだしな

ウィルスによる垂直進化はもう否定されたのかな?



64: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/12/15(月) 17:10:28.38 ID:DyhQNszk0.net
天然痘はたしか大昔にヒトに感染経路拡大して
現在は人間しか感染しないウィルスだったから地球上から根絶できたけど
ネズミとかブタからやってきた病原菌っていくらでも突然変異でヒトに乗り換えてくるし
ぶっちゃけ絶滅不可能だと思うんだけど
>>60
なにそれ気になる



65: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/12/15(月) 17:13:23.40 ID:RdAAxFoD0.net
>>64
ウィルスがDNAを逆転写して、そのコピーした遺伝子が
ウィルス経由で、他の網や門に遺伝するという説



66: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/12/15(月) 17:14:17.29 ID:dmZkIWWGM.net
ナノマシンだよなー
しっかし良い方に使えないのかね、乳酸菌みたいなさ
ファージ
ファージの基本構造は、タンパク質の外殻と遺伝情報を担う核酸 (主に二本鎖DNA) からなる。ファージが感染した細菌は細胞膜を破壊される溶菌という現象を起こし、死細胞を残さない。細菌が食べ尽くされるかのように死滅するため、これにちなんで「細菌(bacteria)を食べるもの(ギリシア語:phagos)」を表す「バクテリオファージ(bacteriophage)」という名がつけられた。


20世紀初頭にアーネスト・ハンキンとフレデリック・トウォートによって独立に発見され、カナダの生物学者フェリックス・デレルによって溶菌作用が見出された。初期の分子生物学においてモデル生物として盛んに用いられた。またファージのゲノムは改変され、遺伝子導入やDNA断片のライブラリ作成などにも用いられている。もっとも有名なファージの一つはラムダファージ(λファージ)で、大腸菌に感染する。全ゲノムの解読はラムダファージで行われた(ゲノムプロジェクト)。また、ウイルス粒子が非常に複雑な形態のT4ファージもよく知られている。
http://ja.wikipedia.org/wiki/ファージ



70: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/12/15(月) 17:16:15.54 ID:fEdN7rcD0.net
>>66
人間の役に立ってるウイルスも結構いるよ
最終目標は共生することだろうからな



71: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/12/15(月) 17:16:47.75 ID:RdAAxFoD0.net
>>66
核酸とタンパク質がメインだから、有用物質は生産できない

確か今のインスリンも大腸菌や酵母菌のプラスミドに
人インスリンの遺伝子を組み込んで生産しているはず



72: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/12/15(月) 17:17:57.18 ID:2RbtVJjJr.net
>>66
まあウィルスにしろ細菌にしろ、分子生物学とかの観点からなのかナノマシンの研究とかに使われてるかと
分子モーターとか、細菌の鞭毛をモデルに研究されたりさ



73: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/12/15(月) 17:18:07.27 ID:DyhQNszk0.net
>>66
自分自身の遺伝子を持たないウィルスがあってだね
その「自然界のナノマシン」とも言われてるウィルスは遺伝子治療に今後利用できると期待されてる
自然界では蛇からネズミに遺伝子を送ったり全く関係ない種同士の遺伝子を橋渡しして突然変異に役立ったりしたらしい



75: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/12/15(月) 17:22:54.85 ID:DyhQNszk0.net
ウィルスとか人間が繁栄しなかったらほとんど日の目をみることもなかったよね



80: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/12/15(月) 17:32:02.97 ID:OOrKWZKO0.net
>>75
ウイルスは無秩序にウイルスの働きをするわけで、長い歴史の中で生物に対して何らかの変化を与え続けてた、

人間はそれを有用に扱ってはいるものの、日の目を見るというのはあくまで人間の視点と価値観においてだな



76: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/12/15(月) 17:23:44.78 ID:fEdN7rcD0.net
ウイルスがいたからこそ人間が日の目を見れたのかもな



78: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/12/15(月) 17:29:53.27 ID:DyhQNszk0.net
>>76
なにそれ深い
ヒトのFOXP2遺伝子がもしウィルスによって得られたものだったりしたら
最高に胸熱な展開なんだけどなあ



77: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/12/15(月) 17:27:15.78 ID:DyhQNszk0.net
ここまで書いておいてなんだけどいまだに>>1に書いたことが信じられない
ウィルスが自分自身で栄養賄えないのはわかるけど
少数部族の全員が抗体を持ったらその集団内では完全に絶滅するとか
ユーラシア大陸のウィルスは自分の力で海を超えることもなかったし
人間同士が接触することでしか生息域を広げられなかった
すごいのかすごくないのかわからん
生き方が極端すぎる



82: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/12/15(月) 17:43:09.73 ID:OOrKWZKO0.net
>>1は読んでいるかもしれんけど、昔読んだ生物と無生物のあいだって本が面白かったな
研究者のエッセイに近いものだったけど

一時期ちょっと流行ったから安い値段でブックオフにおいてあったりするんだよな



87: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/12/15(月) 17:56:11.53 ID:DyhQNszk0.net
>>82
読みたかったけど読まなかったなあ
先にドーキンスとジャレドとマットリドレーの方でウィルスを知った



83: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/12/15(月) 17:47:24.81 ID:WsFoiO3Ja.net
生物と完全に一緒になっちゃう事はあるんだろうか



86: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/12/15(月) 17:54:48.59 ID:pWTyqjVg0.net
>>83
生物のあるDNAの配列が染色体の別の場所に移るトランスポゾンってのがあるんだが
それが外来のウイルス由来だってのは言われてる



85: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/12/15(月) 17:53:36.61 ID:DyhQNszk0.net
人類の歴史の中の1部を切り取ってみてみれば無敵の存在で、
中世では西欧の人口の3人に1人を殺して
新大陸では入植者とともに先住民を死に追いやった
人間がどれだけウィルスの絶滅を願っても絶対になくならないし
人間社会がある限りウィルスは永遠に人間の営みに寄生し続ける
常に我々に明日死ぬかもしれないという死の恐怖を思い出させる
まるで恨みがあるかのように特定の種のみを狙って害を及ぼし続ける胸糞悪さ

でもフタを開けて見てみれば、
人間より力関係では上にいるはずなのに人間がいなければ生きていけない存在
なんか複雑な気分になる



88: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/12/15(月) 17:59:22.20 ID:DyhQNszk0.net
なんて言えばいいのか
草食った虫をネズミが食ってそれを鳥やヘビが食べてっていうループじゃなくて
人間のウィルスは人間だけを狙って人間だけを食べるって感じ



89: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/12/15(月) 18:03:09.93 ID:nomqnWmM0.net
生き物ですらないとしてその存在意義は何?
どうして増えようとするの?
生物は生きようとして増えるけどそうじゃないなら増える必要もないし
存在する必要はないんじゃねーの?



91: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/12/15(月) 18:04:33.99 ID:fr8MfFkQ0.net
>>89
生き物はどうして生きようとするの?
生きる必要ないし、存在する必要ないんじゃねーの?



90: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/12/15(月) 18:03:28.37 ID:MsTeHSAE0.net
人間食うってか、人間から必要な部品パクって仲間を作るって感じじゃね?



92: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/12/15(月) 18:09:54.86 ID:DyhQNszk0.net
>>90
うん
人間を狙うウィルスは人間だけを狙うし
植物のウィルスはその種類の植物だけを狙うっていうのが不思議
食物連鎖に関わってないけど特定の種に依存してちゃんと生きのびてる



93: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/12/15(月) 18:16:15.44 ID:fr8MfFkQ0.net
>>92
不思議も何も、単に細胞内への侵入用タンパク質が特定細胞にしか対応できてないだけだが



94: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/12/15(月) 18:18:07.87 ID:DyhQNszk0.net
>>93
そうはいっても食物連鎖と関係ないところで存在してる生物ってすごくね
生物というより細胞だけど



95: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/12/15(月) 18:22:25.56 ID:LP1w0IZM0.net
まぁただの簡単なタンパク質と核酸の塊だし



96: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/12/15(月) 18:23:06.78 ID:DyhQNszk0.net
ですよね



102: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/12/15(月) 18:28:54.54 ID:21S/Y4vv0.net
発症しないだけで、絶滅はしないだろ




吹いた画像を貼るのだ『羊毛フェルトで猫作ったよー』

映画の中の名言をあげるスレ

【閲覧注意】絶対にやってはいけない事上げて行こうぜ

アメリカの歴代インディアン政策について書いてく

小さい頃、親に怒られてばかりだった奴は「何をするのも面倒だ」と感じる大人になる

これホントに実在するの?ってなるような造形の生物画像ください

ゲーセンで出会った不思議な子の話

嫌われる勇気―――自己啓発の源流「アドラー」の教え
岸見 一郎 古賀 史健
ダイヤモンド社
売り上げランキング: 2