転載元:http://toro.2ch.net/test/read.cgi/occult/1324916933/
【閲覧注意】何かよくわからない世界を見てきた
http://blog.livedoor.jp/nwknews/archives/4710427.html
伊勢神トンネル02


45: 本当にあった怖い名無し 2011/12/27(火) 22:27:00.25 ID:KLKBmafx0
10年位前の平日昼間
隣町を自転車で走行中、変な奴を見た
どぶ川に、女物の下着を捨てまくってる中学生っぽい男

ふと見ると、異常な数(50枚以上)の下着が捨てられてた
睨まれてあわてて離れたけど、ガチびびった
女児向けらしいのから、ばばあ向けまで、色々あったよ

ルーシー事件の報道の時、容疑者の写真を見て驚いた
あの時の中学生と目つきが一緒
性犯罪者の目つきって、こういうのを言うんだなと思った



48: 本当にあった怖い名無し 2011/12/28(水) 00:25:33.59 ID:duaLd7vjO
夜、職場に置いてある子供のオモチャが誰もいないのに「一緒に遊ぼうよ」て鳴ったのがほんのり怖かった
チャッキーかよ



55: 本当にあった怖い名無し 2011/12/28(水) 15:22:51.32 ID:OkfzdHsdO
その昔、リングや貞子が一世を風靡していた時の話
私は「リング」というホラー映画の「貞子」という登場人物が怖い、という認識しかなかった
が、ある夜、眠っていた私は誰かに首を締められた
その時、頭に見たことのない女性の写真が浮かんだ

初めに女性数人の集合写真、そしてアルバムのようにその中の一人が拡大されたような写真の形で女性が映っていた
「誰だろう・・この人」
と思っているうちに首はどんどん締められ、覆いかぶさるように髪がかかる感覚と共に耳元で
「わたしはさだこのあねよ」
と囁かれた
目を開けないように必死にこらえていると、笑いを含んだ声で
「いい子ね」
と言われて、ふっと体が軽くなった

今でもあの女性が誰かは分からない



56: 本当にあった怖い名無し 2011/12/28(水) 16:08:49.11 ID:cnovvMXG0
つーか貞子は実在の人物ではないのだが。モデルはいたが。



57: 本当にあった怖い名無し 2011/12/28(水) 16:35:24.02 ID:bcGeTMGr0
貞子なんて名前はいくらでもいる



79: 本当にあった怖い名無し 2011/12/31(土) 17:03:41.86 ID:G0Gh8ERQ0
>>57
定子と書いて「しょうこ」と読む知人がいるが
ある時期を境に、どこに行ってもあだ名が「さだこ」になるそうだ。大学でも、職場でも、転職しても

あの呪いは凄いw



58: 本当にあった怖い名無し 2011/12/28(水) 21:24:28.05 ID:O5rKi4ex0
実家が南三陸町なんだけど、色々と出るって話を聞いてきた
慰霊祭とかああいうのって効かないっぽいね…



59: 本当にあった怖い名無し 2011/12/28(水) 21:49:53.38 ID:Bt8PCsN+0
>>58
そりゃそうだろうな。
皆さん覚悟して亡くなった訳じゃ無く、
やり残しがあったりと色々だからね。



60: 本当にあった怖い名無し 2011/12/28(水) 22:33:05.50 ID:xb+OoFAJ0
>>58 聞いてきたその話をしてくれよ



65: 本当にあった怖い名無し 2011/12/29(木) 13:53:23.12 ID:OrhqZjma0
>>60
あんま怖くないかもよ?
大工のおっさんが、娘さんと母親の幽霊に出くわして
「おらだづ、すんだんだべか?」って聞かれたんだとさ。
死んだことがわかってないらしい

あと、海辺に行ったら車のドアをコンコン叩かれたりとか
海辺歩いてたら、ものすごい大勢の人の叫び声がわんさか聞こえるんだと。

例の最期まで防災無線で叫んでた人の庁舎前には、高校生の男の子の霊が出るって聞いた。
従姉妹の同級生の一人らしい
自衛隊とか消防だか警察だかの見回りの人も親子三人の霊を見たって

あと遺体はものすごい凄惨な状況になってるやつは、ダイバーが拒否ってるそうな
ダイバーが抱えて引き上げないといけないから、あまりにも凄惨だとダイバーも気が参って拒否るらしい
すっかり骨になるまで待ってるらしいよ、でもって今年来年の魚は食えないって言ってた
そりゃまぁ、腐ってて抱えて引き上げるときに頭がちぎれたりするらしいから、誰もダイバーを責められないね

ホント、一刻も早く供養されるのを祈るしかないわ。



70: 本当にあった怖い名無し 2011/12/29(木) 22:00:17.51 ID:S/A6YP5e0
>>65 ありが㌧ ほんのり怖いってか 切ない怖さですね (-人-)



61: 本当にあった怖い名無し 2011/12/28(水) 23:53:37.23 ID:kJZ6VEJaO
小学校の時の話
サッカークラブの後に皆で銭湯に行こうって話になって自転車で移動
銭湯に着いた途端、入口から上半身裸のひょろ長い男が飛び出してきて、やせ細った腕を突き出しながら
「もうこんな時間だから帰りなさいもうこんな時間だから帰りなさい」
と何も着けていない生っ白い二の腕を指差しながら喚き出した。
ガリガリの腕見せ付けられて時間の確認をさせられるというシュールさに圧倒された一同、
「はぁ分かりました」と言って自転車に跨がると、男は満足したのか小刻みに揺れながら銭湯に戻って行った。

その日以降男を見たことはないんだけど、アレは一体何だったんだろう。くねくねの一種?

あと、腕時計なら手首だよな普通





73: 本当にあった怖い名無し 2011/12/31(土) 09:15:43.84 ID:LWmLTReoO
昨日、庭にあるお稲荷さんをきれいにしようとしてふと気付くと、入口に何かが張り付いていた
よく見ると下半身がちぎれたヤモリようなもののミイラ
しかも異様に頭がでかい
つぶらな瞳はそのままでミイラ化していた

さて、ここで問題
この物体は扉をふさぐように張り付いていた
しかし朝晩、扉を開け閉めしていたが全く見なかった

このミイラはいつからここにあったのだろう
それを考えると怖かったので、ミイラは取らずにそのままにしておいた



74: 本当にあった怖い名無し 2011/12/31(土) 09:37:39.66 ID:prmqJ+b10
>>73
ものは百舌のはやにえなんじゃない?
何故貼りついてるかはほんのり



90: 本当にあった怖い名無し 2012/01/01(日) 14:19:07.40 ID:Fyjcc6ugO
年賀状が一枚も来ない奴集まれー\(^o^)//(^o^)\

142:名無しさん@涙目です。(林檎神社)[] 2012/01/01(日) 11:55:38.82 ID:F1utnsaZI
唯一来たのが
年末に知り合った女性から…
住所教えてないのに…
年賀状って消印押さないんだっけ?



92: 【大吉】 【227円】 2012/01/01(日) 19:11:08.41 ID:Hrt7J5s20
30日の夜中の1時半ぐらいに、ふとそういや今日郵便ポスト確認してなかったっけ、 と思い出し外に出ようとしたんだ。
だけど、ドアノブは回るのにどうしても玄関のドアが開かない。
まぁ明日でも良いか、と思って部屋に戻ったんだが、外に出るなという警告でドアが開かなかったのか、
それともドアを塞いでる何かが居たのか…?
朝は普通にドアが開いたのでいまだもって謎です。



93: 本当にあった怖い名無し 2012/01/01(日) 19:35:36.34 ID:Hv/NG6YE0
開けなくて良かったな。



94: 本当にあった怖い名無し 2012/01/01(日) 19:52:33.23 ID:JWkXEpSF0
俺も経験ある
忘年会でしこたま飲んで、最終電車に乗った
寒くて目を覚ましたら、見知らぬマンションの廊下で鞄を抱えて寝てた
とある部屋のドアに背中を押し付けるようにして寝てたから、
中の人は困っただろうな(当時10キロ近いダイエットに成功して90キロだった)




95: 本当にあった怖い名無し 2012/01/01(日) 21:01:15.41 ID:vZd2Icme0
>>94
迷惑すぎわロタw



114: 本当にあった怖い名無し 2012/01/03(火) 02:25:02.24 ID:MCzmLHr20
怖いっていうか気になるので投下

夜帰宅途中に歩道橋を渡るんだけど(曜日・時間はまちまち)
八割くらいの確率でその歩道橋にいつも同じ若い男がいる
自分が上るのと反対側の端で手すりに寄りかかって立って何かを見てる
上に首都高が走ってる幹線道路で周りに見えるのはビルやマンション、公園、線路くらい
何してるのか気になって仕方ないけど最近怖いからその歩道橋使わないようにしてる



117: 本当にあった怖い名無し 2012/01/03(火) 09:46:10.31 ID:NTACalvC0
大晦日、掃除も終わりまったり正月モードに入った我が家。
夕方、家族が買い物に出てしまい家には俺1人
暇だから、すげー久々に何の意図もなくピアノを弾いた
(幼稚園から習っていたが今は結婚式の余興に弾く程度)
ポロポロやっていたら冷たい風が来た。「窓が開けっ放しか?」と思ったら、
ピアノに白い物体が映りすぐ消えた。その後特に変わったことはない。
亡くなった父が音楽が好きだったので、久しぶりに弾いた俺を訪ねてきてくれたのかなあ…




118: 本当にあった怖い名無し 2012/01/03(火) 12:59:33.76 ID:+fE8aaof0
>>117
いいねぇ。
ほんのり。



119: 本当にあった怖い名無し 2012/01/03(火) 19:30:11.10 ID:j+XOMpvn0
>>117
ん。確かに。これぞほんのり。



139: 本当にあった怖い名無し 2012/01/05(木) 00:08:38.05 ID:nxlOhTu00
あれは10年くらい前の暑い夏の日でした。
俺は仕事で車を運転してて、それまで順調に流れていたのに、急に渋滞しはじめた。
くそー、なんだよ・・・
渋滞してるけど、ゆっくり進んでる、そんな状態。
どうも前のほうでトラックが事故したらしい。
ゆっくりゆっくり進んで、その事故ったトラックが見えてきた。

自転車が倒れてる、トラックと自転車がぶつかったんだな・・・
でも倒れてる人も見えなくて、もう病院に行ったのかな?それとも大した事なかったのかな
っておもったんだ。
そのトラックの横を通り過ぎるときに、ふと目に入ったんだ。
割れてるスイカがwww
また派手にぶちまけたなぁ・・・
道路が割れたスイカの中身で赤くなってるw
事故った衝撃で、運んでいたスイカがおちて割れたのかな?
もったいないなぁ っておもってて、トラックを行き過ぎたら渋滞も解消して目的地に無事についた。

次の日、新聞に、事故のことがのっていた。
自転車にのっていた人は即死だった。
俺は目が悪くて、遠くのものがよく見えないんだ。
でもそれがよかったんだな。
もし見えてたらと思ったら、ほんとゾっとした。

俺がスイカと思ってたのは、割れた頭だったんだ・・・
ほんとまともに見てたらトラウマになってやだろうな
なんて今でも思い出します。



140: 本当にあった怖い名無し 2012/01/05(木) 00:18:25.62 ID:xR2C1UhQ0
>>139
うはぁ、目が悪くて良かったね。
だけどその状態で運転して大丈夫なんだろうか?
それも含めてほんのり。



145: 本当にあった怖い名無し 2012/01/05(木) 01:48:43.90 ID:qlykro8K0
>>140の指摘が無視されている件について



147: 本当にあった怖い名無し 2012/01/05(木) 01:52:04.28 ID:nxlOhTu00
>>145
無事故無違反ゴ^ルド免許ですw
当時は裸眼だったんですが、今は手術してバリバリ見えるようになってますw



141: 本当にあった怖い名無し 2012/01/05(木) 01:05:34.60 ID:nxlOhTu00
もひとつ、ほんのりする話を・・・

俺が高校生のとき、じいちゃんが死んだ。
すごくかっこよくて、尊敬してた。
身なりもキチンとしてて、出かけるときにはポマードでバシっと決めて外出してた。

そんなじいちゃんが死んだ、まだ62歳だった。
葬式では強がって泣かなかった、でも一人になって泣きまくった。

どうにか落ち着きはじめた49日の法事の時の話。

法事が終わって、親族は解散して、俺と妹、お袋、ばあちゃんで夜話しをしてたんだ。
昔話から、世間話まで、まぁよくある家族団らんってやつ。

結構何かつまみながら話をするんだけど、そのときたまたま、じいちゃんの好物だった
ピーナッツを食べてたんだ。
そしたら、ふわっって、急にポマードの香りが・・・俺の大好きなじいちゃんの匂いだ。



142: 本当にあった怖い名無し 2012/01/05(木) 01:11:00.95 ID:nxlOhTu00
まさかね、と思ってたら妹が、「今ポマードの匂いしなかった?」
って。
お袋もばあちゃんも口々に「したした!」って。
ばあちゃんが「おじいちゃん、ピーナッツ好きだから、ワシも仲間に入れてくれって
帰ってきたのかねえw」って。
時間は深夜2時くらいだったかな?

オチもない話だけど、ずっと誰かに聞いてほしかったんだ。
当時高校生だった俺も今ではもう娘もできた。
じいちゃんに見せたかったなぁ。

あ、ばあちゃんは今でもマツタケ泥棒とか、山で走っておっかけてるくらい元気ですw



143: 本当にあった怖い名無し 2012/01/05(木) 01:35:19.83 ID:4YBZ8Sbq0
一個めは想像するとぞっとするねえ…
二つ目はほんのりあったかい話ですなあ仲良きことは素晴らしきかな



144: 本当にあった怖い名無し 2012/01/05(木) 01:45:45.32 ID:nxlOhTu00
すいません、眠れないので調子にのって3つめの話を・・・

コレも10年以上前の話。
ちょうどブラックバスブームで、釣りにハマってた頃
友達が新車を買ったから、それで釣りにいこうって、誘ってきたんだ。

確かインプレッサのWRX。
スポーツカーも流行ってたからw

おおー!すげー!なんて、いって、納車5日目くらいだったはず
某有名心霊スポットが、ブラックバスの絶好の釣り場になってたんだ。
いつもの釣り場とは違うけど、ビックサイズがあがるからそこに行こうってなったんだ。

細い道にはいって、ぐねぐね道を進んでいく。
「おー!やっぱ坂道でも全然関係ないくらいはしるねえw」
「あたりまえやろwWRXやぞw」
なんて会話しながら走っていると



146: 本当にあった怖い名無し 2012/01/05(木) 01:50:46.35 ID:nxlOhTu00
・・・あれ?今明らかにガードレールの外に人いなかった?って思ったんだ。
でも運転してる友達に言うのはアレかな、とおもっていると、友達が
「ねえ、今ガードレールの外に何かたっていなかった?」っていいだしたんだ。

「お前もみた?」なんて話になって、それでもぐねぐね道を進んでいったんだ。
道を進んで行くにつれて、「何か」がいる気配が強くなってきて、ほんと徐行しなけりゃ
曲がれないようなカーブを抜けた先に
いたんだ。それが。道の真ん中に。
「うわっ!うわうあわ」
「マジ!やばい!ひきかえせ!」
でも転回できるような広さはない。
離合も難しいような細い道だった、「バックでさがるしかない!」
って、すごいスピードでバックしはじめる友達
すごいスピ^ドでおっかけている何か。

二人とも後ろをみながらバックしてると



148: 本当にあった怖い名無し 2012/01/05(木) 02:00:02.53 ID:nxlOhTu00
道にいたもののナニかが、ボンネットの上に乗ってるんです。
二人共が。「絶対前見るなよ!絶対みるなよ!」ってお互いに言い聞かせながら
バックでそのまま下山。
もちろん、リアなんてぶつけまくり、新車なのに。。。。

どうにか麓まで降りて、転回して、無事家路についた。
クタクタになって、お互い何もいわず、俺の家に帰って寝た。


次の日、ボディがどうなったか二人で見ることに。
朝起きて、昨日のなんだったんだろうな、とか、新車なのに。。。とかいいながら駐車場に。

「うわー、めちゃくちゃやん」
「新車なのについてねえ。。。修理いくらくらいかかるんやろ」
みたいな会話しながらリア周りを見てた、ボッコボコだった。

「ほんとついてな・・・・」と、いいながらボンネットのほうに回り込む二人。
フロントの窓ガラスを見た瞬間二人とも凍りついた。


フロントガラスに無数の手の後が残っていたんだ。


今までで経験した一番怖い話です。




160: 本当にあった怖い名無し 2012/01/05(木) 18:48:00.07 ID:SzvNeit5O
霊的な怖さとは違うが

深夜の運転中かなりの気が襲ってくる
これは運転しないほうが良いと判断しコンビニへ

迷惑ではあるが、地方なので駐車場が広く
深夜で他に車も無かったので仮眠を取ることにした
約2時間後目が覚める
駐車場には未だに他の車は無い

エンジンをかけ、バックする
すると先程までボンネットの死角となり見えていなかった場所が見えてくる
何かが動いたと思うと同時に立ち上がりボンネットを叩いてくる
見ると白髪でボサボサの婆さん2人がギャーギャー喚いている
無意味に露出度が高いのが余計に生理的嫌悪感を与えてくる

即発進してコンビニを出た

自分が寝ている間に、
2人の老婆が車の前にずっと潜んでいたのかと思うと気持ち悪い

そのコンビニにはよらなくなったし、深夜の車内泊もしなくなった



167: 本当にあった怖い名無し 2012/01/05(木) 21:52:22.90 ID:+kYM8jzr0
>>160
逆ナンだったりしてね
どちらが声かけるか揉めてるうちに160が行ってしまったとか



168: 本当にあった怖い名無し 2012/01/05(木) 21:54:42.34 ID:qlykro8K0
>>167
洒落にならないほど怖いな、それ



175: 本当にあった怖い名無し 2012/01/06(金) 00:40:15.63 ID:m2GgNcyf0
家で飼っていた犬が老衰で死んだ。
ペット霊園で火葬してもらって家に戻ったが家族は意気消沈。
全員が食事もしないで凹んでいたんだが
突然 カラーンカランカランカラン と金属音がキッチンから響いて
音の原因は生前うちの犬が使っていたステンレス製の食器だって全員すぐに分かった。
どうやら棚の上から落ちたらしいが
エアコンの風も届かない場所だし地震もない。
しばらく家族も無言で、とにかく驚いてたよ。

それからも2週間くらいの間に何回かそんなことがあった。
もう2度目からは慣れたもので「○○がお供え欲しいってよ」とか
「元気出せって言ってるよ」なんて家族で話したりしてた。
心霊体験なんてしたことなかったが本当にこういうことってあるんだなって初めて知った出来事だった。



181: 本当にあった怖い名無し 2012/01/06(金) 09:11:10.60 ID:OHa5vtZd0
>>175
飼っていたペットだったら幽霊でも良いから出てきて欲しいよね
大好きだったゴハンを霊前に供えてあげてね



189: 本当にあった怖い名無し 2012/01/06(金) 14:23:06.63 ID:xlzG/AjD0
1週間くらい前の話。
私の趣味はネイチャーフォトで、よく山や海に写真を撮りに行く。
その日もこの時期産卵のカエルを撮影しに山に入った。
大抵20時から歩き出して0時とかには帰ってくるんだが飯食って寝落ちして
目が覚めたらすでに11時を回っていた。
雨も少し降ってるしやめようかとも思ったがあまりに暇なので準備して歩き出した。



190: 本当にあった怖い名無し 2012/01/06(金) 14:25:57.06 ID:xlzG/AjD0
ちなみに実はすごくビビりなので片耳にイヤホンつけて音楽聞いてテンションを上げて歩いている。
目的地に着いたのが0時10分ごろ。
いつものように被写体を探して歩いたけどなかなかいいものが目に付かなかったので
あまり行かない道の脇に入り奥に進んだ。
少し歩きながら地面とにらめっこしてたらやっと一匹カエルを見つけた。
ゆっくりしゃがんで撮影を開始。



191: 本当にあった怖い名無し 2012/01/06(金) 14:28:11.74 ID:xlzG/AjD0
何枚か撮った時に「おい」と声をかけられた気がして周りを見た。でも誰もいない。
聞いてる音楽かとも思ったがそれにしてははっきり聞こえた。
少し戻して聞いてみてもそんな音は入ってなかった。
この時点で私の小さい肝っ玉は悲鳴を上げだしていた。



192: 本当にあった怖い名無し 2012/01/06(金) 14:30:50.15 ID:xlzG/AjD0
しかし、いい感じでカエルが構えているので粘ってもう数枚撮った。
その時、首筋にぬれタオル当てられた感触がしてハッとなった。
その瞬間私は速攻撮影をやめて後ろを見ずに明かりがあるとこまで走った。
今までも少し不思議な体験したことはあったけど、ここまで露骨なのは初めてだった。



193: 本当にあった怖い名無し 2012/01/06(金) 14:32:53.01 ID:xlzG/AjD0
後日、昼間にその場所に行ったら夜は気づかなかったけど割れた骨壺(私が割ったわけじゃないよ)と骨が少し散らばって落ちていた。
これは申し訳ないことをしたと思い頭を下げて帰ってきた。

琉球列島のとある島の体験談でした。初書き込みで読みにくかったと思います。失礼しました。



194: 本当にあった怖い名無し 2012/01/06(金) 14:52:34.34 ID:isISLKG30
>>193
いや、ほんのり~しますた。



197: 本当にあった怖い名無し 2012/01/07(土) 01:01:12.10 ID:Azt5FVK50
ほんのり話。病院用の板がないようなのでここで。

数年前、田舎の診療所に住み込みで勤務していた。
処置室と検査室を兼ねた部屋(点滴やらエコーやらを行う)があったんだけど、
昼間でもその部屋がなんとなく怖かった。落ち着かないような嫌な感じがしていた。
夜とかの急患には自分一人で対応するんだけど、深夜にその部屋を使うのは本当に嫌だった。



198: 本当にあった怖い名無し 2012/01/07(土) 01:04:21.84 ID:Azt5FVK50
あるとき(昼間)、その部屋で点滴していた患者さんが、突然「今の誰?」と言った。
近くにいたナースが聞き返したら「そこの窓から知らない男が入ってきた」
ナース「いやいやいや、窓は鍵かかっとるし誰も入ってきとらんよ!」
患者「確かに入ってきた。部屋をまっすぐに横切ってそこの壁から出てった」



199: 本当にあった怖い名無し 2012/01/07(土) 01:07:22.60 ID:Azt5FVK50
その患者さんは癌の終末期であり、数週後に亡くなった。
あの部屋は通り道なんだと思う。その患者さんは死期が近かったから見えたのだろう。



235: 本当にあった怖い名無し 2012/01/07(土) 12:41:43.67 ID:5h8VLS4G0
生理痛の苦しみを男が味わう方法 ってあるのかと調べてみたら
「睾丸と陰茎を鷲掴み強く握る。その痛みが数日間持続するに同等」とか恐ろしい事が書いてあったからもう女性に逆らえないし怖い。



236: 本当にあった怖い名無し 2012/01/07(土) 13:52:38.45 ID:wxqo8O6E0
>>235
それは洒落にならないぐらい怖い



237: 1/4 2012/01/07(土) 14:02:28.10 ID:+FRXSEBV0
3年位前、絵がうまい友人とふたりで東京公演のライブを見に行った。
それで、せっかくだから会場近くのちょっと高めなホテルに部屋を取って
ついでに東京観光しようって予定を立てた。
遊園地で遊び倒してライブではしゃいで、ありきたりだけどその時泊まったホテルでのこと。



238: 2/4 2012/01/07(土) 14:03:52.01 ID:+FRXSEBV0
旅のしおりまで作っちゃうくらい楽しみにしてたからか
深夜を過ぎて寝るぞって電気消してもなかなか寝付けなくていた。
怖いもの嫌いの友人に右側壁寄りのベッド譲って窓側のベッドに寝てたせいもあったと思う。
目をつぶっても都会の夜は明るくてまぶしいね。
もう寝たかな、と思って友人の方を向こうとしたとき、
ちょうどそっちからカリカリていう感じの音が聞こえた。



239: 3/4 2012/01/07(土) 14:04:53.48 ID:+FRXSEBV0
あいつも寝れなくて絵描いて暇潰してるのかな。
そう思って友人の方を向くのはやめて、寝るのに集中することにした。
うまく寝つけたみたいで次目を開けたら朝だった。
その日の昼も遊びまくって東京観光を満喫。
痛々しい喫茶店に入って痛々しく盛り上がってたら気づいた。



240: 4/4 2012/01/07(土) 14:05:57.02 ID:+FRXSEBV0
左手の指の付け根から爪の先までまっすぐ針でひっかいたみたいな傷が何本もついてて
爪が割れてた。親指以外の四本全部。
後で聞いたらお決まりのごとく友人は昨夜ぐっすりお休みだったとか。
じゃアレは私が何かにひっかかれてた音かって思ったけどおかしい。
位置関係から私の左手は窓側、つまり友人のベッドとは反対側にあるわけで。
昼間お化け屋敷行ったのが悪かったのか。



249: 本当にあった怖い名無し 2012/01/07(土) 20:41:07.36 ID:oncPX9RuO
爪水虫だったりして



250: 本当にあった怖い名無し 2012/01/07(土) 21:55:04.83 ID:zATVzm8L0
>>249
それが一番怖いw



272: 6-1 2012/01/09(月) 03:45:50.09 ID:xc3QATb+0
母が里帰りした時に、実家から木でできた置物をもらって帰ってきた。
母方の祖母はすでに他界しており、祖父は痴呆が始まっていた。
置物は握り拳くらいの大きさのもので、何かを形取った彫り物ではなく、
自然にできた木の瘤を切り取って磨いただけのもののように見えた。欅っぽかった。
凹凸の加減と木肌の濃淡から、見ようによっては崩れた人の顔(ムンクの叫びみたいな)
に見えないこともなかった。



273: 272:6-2 2012/01/09(月) 03:46:35.93 ID:xc3QATb+0
変だったのは、田舎の誰もその置物が誰のものか知らなかったこと。
誰がどこで買ったのか、あるいはいただいたのか、伯母達も従兄夫婦も誰も知らなかった。
「誰のか分からないし持って帰っていいよ」と言われて母はもらって帰って来たのだが、
物に執着のない祖父が珍しく「それはだめだ。置いて行け。」と繰り返したらしい。
だが周囲は痴呆の症状だろうと思って、適当になだめて母にそれを持たした。



274: 272:6-3 2012/01/09(月) 03:47:04.22 ID:xc3QATb+0
帰ってから、毎晩母の夢枕に祖母が立つようになった。
祖母はとても温厚な人で、子供である伯父伯母、母の誰も「叱られた」という記憶がない。
叱られないのだが、「こんなことをしたら母さんが悲しむだろうな」と言う気持ちが沸いて来て、
自然と悪いことから遠ざかるようになったそうだ。
だが夢枕の祖母は般若のような恐ろしい形相で母を睨み付け見下ろしていたそうだ。



275: 272:6-4 2012/01/09(月) 03:47:29.91 ID:xc3QATb+0
祖父がその置物に執着していたことを思い出し、さすがに気持ち悪くなった母は、
伯母に電話してそれを宅急便で実家に返した。
その日から祖母が母の夢枕に立つことはなくなった。
気味悪がるといけないと思って母には話さなかったが、
母が実家から戻ってから、私は毎晩金縛りに遭っていた。



276: 272:6-5 2012/01/09(月) 03:48:05.89 ID:xc3QATb+0
当時私は部屋を借りて一人暮らししていた。
日中の仕事は極度の緊張状態が続き、夜になると体はヘトヘトだが脳が興奮していて
なかなか寝付けない。やっとうとうとし始めたと思ったら、不意に全身総毛立ち、
血流の「ゴーッ」という音がし始め、体が動かなくなる。
複数の子供がスリッパをはいて布団の周りを走り回るような音がし、
「○○ちゃん? ○○ちゃん?」と私を呼ぶ小さな子の声が聞こえる。



277: 272:6-6 2012/01/09(月) 03:48:36.46 ID:xc3QATb+0
布団の両端を何かが異常な力で引っ張って、体が掛け布団と敷布団に挟まれて苦しくなる。
そのうちに胸の上に何か(イメージとしては大型犬くらいの大きさのもの)が
ドスッと落ちて来る。記憶はいつもそこで途切れ、気が付くと朝になっていた。
同僚に話して「疲労が原因だろう」と言われ、自分もそうだと思っていた。
それがある日パタリと止んだ。次の日、母から電話があり、置物の話を聞かされた。
関連あるかどうか全く分からないが、時期を同じくして起きた話。



312: 本当にあった怖い名無し 2012/01/10(火) 17:13:23.35 ID:E0zXfUqq0
今朝体験したこと。
部屋のドアがゆっくりと開く音で起きたんだけど、
何故か「目は開けなくていいや」って思ってそのままじっとしてたんだ。
その時私は布団をお腹辺りまでしか掛けてなかったらしく急に布団が持ち上がって肩まで掛け直されて、
あぁ暖かいな、誰かが掛け直してくれたんだなって思って寝がえりうったところで、ふと考えた。
「誰が入ってきたんだ?」と。



313: 本当にあった怖い名無し 2012/01/10(火) 17:17:22.29 ID:E0zXfUqq0
疑問に思って時計を確認したら8時ちょっとすぎ。
一番私の部屋に出入りする弟はすでに学校に行った時間。
一番布団を掛け直してくれそうな父は昨日から出張に行ってる。
じゃあ残りは母だと思い、居間に行ったところ何故か玄関から家に入ってきた母が。



314: 本当にあった怖い名無し 2012/01/10(火) 17:20:00.73 ID:E0zXfUqq0
「え、母さんどこ行ってたの」
「ゴミ出しだけど」
「…さっき私の部屋来て、布団掛け直してくれた?」
「母さんがそんなことするわけないでしょ、アンタの部屋のゴミも持ってってないのに」
「だよね、ありえないよね」
「昨日だったら出張前だし父さんだったかもしれないけどね」



315: 本当にあった怖い名無し 2012/01/10(火) 17:22:19.92 ID:E0zXfUqq0
じゃあ部屋に入ってきたのは誰だよ、と。
一応確認で、さっき弟が学校から帰って来たから聞いてみたけど
「その時間に俺が家にいるはずないでしょ」と。



317: 本当にあった怖い名無し 2012/01/10(火) 17:25:56.51 ID:E0zXfUqq0
私はちょっと怖くて散々「夢じゃない!」ってさっきまで騒いだのだけど、
弟や母からしたら「例え夢じゃなくても、別に布団掛け直してもらっただけなんだから大丈夫だろ」とあまり相手にしてくれず。
まぁ…そう言われるとそうかと。

ほんのりですらないかもしれませんが、これで終わりです。
長くなって申し訳ないです。



318: 本当にあった怖い名無し 2012/01/10(火) 17:51:27.14 ID:XV4+WoV30
部外者が部屋に居たのかもってとこがほんのり怖いのかな



320: 本当にあった怖い名無し 2012/01/10(火) 18:36:23.29 ID:KJMqptypO
優しそうなのにキチ扱いワロタ



321: 本当にあった怖い名無し 2012/01/10(火) 18:38:59.01 ID:4a1BAlV60
逆にひどいなww



325: 本当にあった怖い名無し 2012/01/10(火) 22:20:40.51 ID:wxhZV8sW0
実体験の不思議な話しを書いてみる
これは、俺が小学三年生ぐらいの時にした体験です

それは当時 もののけ姫が公開された時で
学校の話題は、もののけ姫で持ち切りだった
そんなある日、家族でご飯を食べてたら姉が「ねぇお父さんお母さん、もののけ姫観に行きたい」と言った
なんだかんだで話しが進んで、その次の日曜日に家族全員(俺、姉、父、母)でもののけ姫を観に行くことになった
で、当日 映画館について驚いた、長蛇の列 公開されたばかり&日曜日ということで非常に混雑していた
「待つなんて嫌だ、帰ろうよ!」と駄々を言いだす俺、「嫌だ!観たいもん!」と折れない姉、困る両親

その時、学校の怪談が同時上映されていたのが父の目に止まった(しかも、待ち時間0分
父「学校の怪談が上映されてるみたいだからそっちにしないか?」姉「嫌だ!絶対にもののけ姫が見たい!」俺「学校の怪談がいい」
母「分かった、じゃんけんで勝った方の映画を見よう、それでいい?お姉ちゃんが負けたら、もののけ姫はまた今度ね」
で結果 俺が勝っちまったんだが、ここが分かれ道でした



326: 本当にあった怖い名無し 2012/01/10(火) 22:21:11.25 ID:wxhZV8sW0
いざ会場に入ると御盆って事もあって貸切だった、ド真ん中の最前列に座って映画を堪能してたんだが
しばらくして母親が「後ろに誰かいる?」と一度も振り返らずに言った(母親は霊感が強い)
俺と姉と父は振り返る、確かにおっさんが居た 座席に座ってじっとしてる
ただ気になったのは微動だにせず、スクリーンではなく俺を見てる…気がした

俺・姉「うん、おじさんがいるよー」父「え?誰もいないけどw」(父はこういうのにはめっぽう鈍感な方)
俺と姉が「ほら!居るじゃん!ちゃんと見なよ」父「どこに?居ないけどw」
映画そっちのけで、そんなやり取りが続いた
すると母が「七三分けの髪型で眼鏡をかけてて、服はカッターシャツ ストライプのネクタイでサラリーマンみたいな感じ?」と後ろを見ずに言い当てた、超能力者かよw
俺と姉「うん、そうだよ、何で分かるの?お母さんすごーい」父は馬鹿らしくなったのか映画に集中してる(内心怖がっていたのか?
そう言ってるうちにおっさんが動いた が、異様な動き
人間の動きではなかった、台車に乗って スー と滑るような宙に浮く感じで横に移動した



327: 本当にあった怖い名無し 2012/01/10(火) 22:21:38.22 ID:wxhZV8sW0
俺と姉は「キモチ悪っ」と思って目を逸らす意味でスクリーンを見たんだけど
すぐさま母が「消えた!?」と大きめの声で言った(何度も言うが、母はここまで一度も後ろを見てない)
その言葉に反射的に後ろを振り返ったが、そこにはおっさんの姿はなかった

俺と姉がおっさんを視認→スクリーンを見る→また振り返る この間わずか3秒ほどで
おっさんの距離から出入り口までには距離があったし、3秒で出入り口まで移動してドアを開け外に出るのは不可能です
しかもおっさんが移動した方向は出入り口とは逆の壁がある方でおっさんが消えたのはありえない が、実際に姿を消したんです
で、映画が終わって「あの人、この世の人じゃないのかもねーw」って笑い話しにしながら、久々の外食を家族で楽しんで帰った。



328: 本当にあった怖い名無し 2012/01/10(火) 22:22:20.33 ID:wxhZV8sW0
数日後、俺は車に撥ねられて意識不明の重体(後で聞いたが、生死を彷徨うかなりヤバい状態だったらしい
その意識不明の夢(?)で、映画館で見たおっさんが出てきた
真っ白で広い空間で、俺とそのおっさんの二人っきりだった
身体は自由に動くけど、その空間でする事は限られていた

怖かったが仕方なく「嫌だなぁ、それにここはどこなんだろう」とか思いつつおっさんの方へ行った
目の前に行くとおっさんが名簿っぽいのを見ながら「○○(苗字)○○(名前)(俺)さんの名前はありませんね、お引き取りを」
と言われた瞬間 俺は目を覚ました、俺「何だ…体が痛い…」っと思って周りを見たら母が「よかった」って言って泣いてた

車に轢かれてから、おっさんとの会話、そして目が醒めるまで体感では数十秒ぐらいだったけど、実際4日意識不明だったみたい
身体もある程度治って、一ヶ月後ぐらいにその夢の話を家族にしたんだが「怖いからヤメテ」って言われるだけ
それ以降はそのおっさんは見ていない

以上、これが俺の体験した不思議な話した
誤字・脱字があったら申し訳ない
駄文で失礼しました



330: 本当にあった怖い名無し 2012/01/10(火) 22:37:45.60 ID:/oczpOsFP
>>328
つい最近、親しい人を病気で亡くしました。
お迎えが来ている、と奥様におっしゃっていたそうです。
あなたが、その感覚を大事にするのなら将来、救われる事があるかも知れませんね。



335: 本当にあった怖い名無し 2012/01/11(水) 02:48:20.62 ID:OHppgp9/0
一緒に住んでいる私の彼は夜中必ずトイレに起きます
掃除が手間と言うだけで座っておしっこするのを厳命しています
23時頃寝たのでトイレの上の棚(予備のペーパーや掃除用具などが置いてある)に
用意していたサッカー澤選手の顔写真のプリントを奥に半分見えるように
配置して、ペーパーホルダーを空にしておきました

そのまま知らない振りして一緒に寝て、案の定1時頃起きてトイレに行った彼は
「-------!!」←聞き取れず
と行って戻って来て、布団被ってァワァワ言ってます。腹痛。
「何どーしたの?」と聞くと「トイレに変なの見たの居た!」私腹痛。
「何さ~」「----!」「トイレ見てくるよー」と言ってトイレに行き
顔写真を回収して、その辺に散ったおしっこを拭き取りました。腹痛掃除;;
何を見たのか言わないし家中の電気を付けておくようにとの命で、寝れません私



349: 本当にあった怖い名無し 2012/01/12(木) 09:54:54.13 ID:iBU7YWA1O
>>335 >電気を付けて
「点けて」な。ビビり彼氏ワロスw
楽しそうなカップルでうらやま。末長く仲良くなw



350: 本当にあった怖い名無し 2012/01/12(木) 10:49:26.47 ID:8k1Xa/id0
>>349
赤ペン先生乙www






336: 本当にあった怖い名無し 2012/01/11(水) 05:34:35.10 ID:YAS4Wv3c0
俺が子供のころ住んでた家に数年前から叔母夫婦が住み始めたんだが
俺の家族が家を出た後いろいろあって数年間無人状態だった時期がある家で
やたらと変なものと出くわすらしい。
俺が住んでた時は、古い家だけど霊的な怖い思いなんてしたことなかったんだが
今は立てかけた板と壁の隙間に白い手があったとか、玄関の下駄箱の下に黒い靄が滑り込んでいったとか
叔母が料理してたら知らない男が覗きこんできたとか、赤いマニキュアをした手に足を掴まれたとか…。
空き家って霊が住みついたりするんだろうか。
それとも俺が筋金入りの零感だから見えなかっただけなのか…どっちにしろ怖い。
ちなみに、般若心経は効かなかったとのこと。地味にショックだ…。



337: 本当にあった怖い名無し 2012/01/11(水) 05:45:28.89 ID:HdWjs6FR0
般若心経は喧嘩を売ってるのと同じだから唱えない方が良いって話も



338: 本当にあった怖い名無し 2012/01/11(水) 06:46:36.04 ID:YAS4Wv3c0
>>337
まじすか
ぎゃーてーぎゃーてーのところで霊追い払えるって何かで聞いて信じてた
怖い時に唱えるのは逆効果なのか…心折れるわー…



339: 本当にあった怖い名無し 2012/01/11(水) 10:19:21.36 ID:G5NEXzFY0
逆効果ではないよ
般若心経は本当に効くから、素人が生半可に唱えると危ない場合があるというだけ
救ってもらえる!?と期待した霊にべったりくっつかれたり、
悪意を持ってる霊に効かねぇよwwとバカにされて余計酷い事されることがある
普通の霊だと、「唱えてるけど、救う力ないや(´・ω・`)」と離れていく



344: 本当にあった怖い名無し 2012/01/12(木) 03:17:37.52 ID:mRek0meG0
>>339
俺は時々子守唄代わりに聴いてるが大丈夫なのかしらん



356: 本当にあった怖い名無し 2012/01/12(木) 20:19:53.12 ID:sHHgFYOO0
長文失礼します

駅の構内の喫煙スペースで私はタバコを吸っていました
喫煙スペースと言っても田舎の駅なので
ホームの端っこにぽつんと灰皿が設置してあるだけの簡易的なものでした

すると小奇麗な老紳士といった出で立ちの男性が後からやって来ました
軽く会釈をすると彼は懐からタバコの箱を取り出してタバコを口に咥えました
手を滑らせた男性の手から落ちた箱が蓋の開いたまま私の足元に落ちたので
私は拾い上げて蓋を閉めて返そうと思ったのですが奇妙なことに気付きました
確かに男性はその箱からタバコを取り出しました
しかし20本入りのその箱の中にはぎっしりタバコが詰まっており
一本も取り出した形跡が無いのです

妙だなと思いながら男性に箱を返そうと男性の顔を見ると
どこかで見覚えのあるような顔の気がします
不躾に彼の顔を見ながら「どこかでお会いしたでしょうか?」と尋ねました
男性は「私も歳なもので、最近は咄嗟に人の顔を思い出せないのです
でもこの狭い片田舎ですし、どこかでお会いしたのかもしれませんね。」
とにこやかに返してくれました。

それから妙に話しやすい雰囲気の彼に
私は世間話から普段誰にも言わないような仕事の愚痴まで
自分でも「私はこんなにお喋りだっただろうか」
と思うほどいろいろな話をしました
彼はそんな私の話を嫌な顔一つせずにこにこ笑いながら
時折うんうんと相槌を打ちながら聞いてくれました。



357: 本当にあった怖い名無し 2012/01/12(木) 20:20:45.96 ID:sHHgFYOO0
先に吸い終わってしまった私は彼に「またどこかで会えたらいいですね。」
とお決まりの文句を口にして彼に背を向け改札に向け歩き始めました
「不思議と懐かしい気持ちにさせてくれる人だな」
と思いながら2、3歩進んだ辺りでふとあることを思い出しました

幼い頃よくタバコをふかしながら遊んでくれた叔父のことです
彼は私が大学2年の時に既に他界していました
私が反射的に彼の方を振り返ると
まるで私が振り返ることが解っていたように目が合いました
そして頭に乗せた山高帽を軽く持ち上げ「お元気で」とにこやかに笑いました

人違いかもしれないということもあり、私はそのままホームを後にしました
駅のホームは小高い場所にあり

改札を出て喫煙スペースのある辺りに目をやると彼はもう居ませんでした
田舎のホームなので改札も出入り口も一つしか無く
電車もその間入ってきていなかったと思います
しばらく出口で彼が出てくるのを待ってみたのですが
やはり一向に出てくる気配もありません
きっとあれは叔父だったのだな、と自分の中で納得して駅を後にしました
後日、叔父の墓参りに行きました、彼の大好きなタバコをお供えして
不謹慎と解りつつも墓前で一本タバコに火を付け幼い頃の話をしました
私はなんだか満たされたような気持ちになりました
タバコの煙が懐かしい祖父の香りを思い出させます

あれからも毎日私はあの喫煙スペースで
彼にまた会えないだろうかと思いながら懐かしい話を仕込みタバコを吸っています



怖い話というよりも不思議な話です
ありがちな話ですみません



360: 本当にあった怖い名無し 2012/01/12(木) 22:11:51.93 ID:DSE7G80s0
>>357
>タバコの煙が懐かしい祖父の・・・
「祖父」ではなくて「叔父」だよね?



358: 本当にあった怖い名無し 2012/01/12(木) 21:01:12.62 ID:FLXFgA9n0
ほんのり怖いというよりほっこりする話ですね
私も小さいころよく遊んでもらった曾祖母とお話ししてみたいです



361: 本当にあった怖い名無し 2012/01/12(木) 22:13:52.27 ID:Qcoahu370
胸熱w



389: 本当にあった怖い名無し 2012/01/13(金) 15:36:51.86 ID:9cjatxd0O
まだ幼い頃。3つか4つの頃の話。体を冷やさない様にと用意されたオレンジ色の半纏(はんてん)を冬によく着ていました。自分ではまだ帯紐がうまく結べず親によく手伝って貰っていました。



390: 本当にあった怖い名無し 2012/01/13(金) 15:38:08.60 ID:9cjatxd0O
ある日、帯紐が取れ掛かってしまい、凄く気になってしまいました。しかし親を呼ぶ程ではないかと思い、自分で輪っかの部分を引っ張って直そうとしました。



391: 本当にあった怖い名無し 2012/01/13(金) 15:39:04.65 ID:9cjatxd0O
こんなもんかな、と納得して遊びに戻ろうとする私。
しばらくして気分が悪くなり、寒気を感じるようになります。おかしい、きつく締めてない筈なのに…
母親の元に行き「苦しいよぅ 吐き気がする」と訴える私。



392: 本当にあった怖い名無し 2012/01/13(金) 15:40:54.90 ID:9cjatxd0O
風邪にでも掛かったのかな、苦しくてしょうがないと思っていた私に母は言いました。
『あら、アンタ。たて結びになってるよ。死人にするのよね』と言い結び直してくれました。
当時の私は《死人と一緒の事してたのか》と内心驚いたのですが、更に驚いたのは直して貰った後は



393: 本当にあった怖い名無し 2012/01/13(金) 15:44:12.24 ID:9cjatxd0O
本当に体調悪かったのかと思う程妙に身体がスッキリした事。寒気も消えてました
和服にたて結びがタブーというのを初めて知った日。
初めての不思議体験の話です。
幼い弱い命だったから感じやすかったのかな?



419: 本当にあった怖い名無し 2012/01/14(土) 10:47:01.56 ID:spq+5EtY0
良く聞く話
呪詛を掛けられた当人は抵抗力で跳ね返し
その結果としてとばっちりが周囲に及ぶ



420: 本当にあった怖い名無し 2012/01/14(土) 15:48:48.64 ID:SJfhY4DuI
この前、自分の部屋で本読んでて、
ドアノックされたから下の階行ったんだ、
家族はしたにいてビビった。
そんでもって部屋戻って、本見たら、
ページ変わってた・・・。



422: 本当にあった怖い名無し 2012/01/14(土) 19:38:08.73 ID:Ek3VtPsp0
久々に来たら過疎ってんな。
せっかくだからほんのりを一つ。

suicaやicocaってわかるよな?
一応簡単に説明しておくと電車に乗るのも改札機にタッチするだけ、買い物するのも専用の機械にタッチするだけっていう便利なカード。
金もチャージ方式で入れることができるから、最近需要が高まってきているんだ。
まあ、地方の人でも知ってると思うけど、一応説明させてもらったわ。

それで、昨日の朝、会社の最寄駅でのこと。
改札機にタッチすると残額がモニターに表示されるんだけど、たまに前の人の残額が見えるのよ。
朝ラッシュなんていう改札が込み合ってる時はその可能性も高くなるの。
で、昨日も何気なく出場する時モニターに目を落としたら、前の人の残額が見えたんだ。
「残額 33333円」
俺は「うはっwwwゾロ目かよワロタwwww」って感じ。
でも、なんか悔しくなったから「俺もゾロ目にしてやる」って券売機に向かった。
残額は8800円くらいだった。
「せっかくだし44444円にしてやるw」と思って、夜遊び用に持ってた金を全て券売機にIN!
そしたら券売機が吐き出してきた。
何回やってもダメだったんで駅員に聞いてみたんだ。
そしたら「チャージの上限額は20000円ですよ」って。
俺( ゚Д゚)ポカーンて感じ。
「残額33333円を見たことあるけど・・・」って言ったら「?錯覚とかじゃないですかね」だって。

まあ、怖くかもね。スレチだったらごめん。



424: 本当にあった怖い名無し 2012/01/14(土) 20:58:28.59 ID:+Ei+LZvF0
>>422
無制限に使える裏技だよ。
33333じゃなくてEEEEEだったはず。
上手くやる奴はEEEEEの表示にならないらしいけど俺は何度やってもEEEEEになる。



429: 本当にあった怖い名無し 2012/01/14(土) 22:50:27.69 ID:QV+4g6hn0
昔、日本の大学生が夏休みにインド一人旅で片田舎の教会で祈ってる隙に荷物盗まれ、
一度母親に電話して助けを求めたが使えない母親で救助が来ず、行方不明になった。
敗因はパスポートも財布もガイドブックも全て、ひとつのリュックに入れてたこと。



430: 本当にあった怖い名無し 2012/01/14(土) 22:51:48.19 ID:QV+4g6hn0
一回の電話代しか手元になかったこと。コレクトコールの知識がなかったこと。日本人のいない片田舎すぎたこと…。
で、父親は死別しており、母親がバカだったこと。
どうしたらいいかわからず、旅行会社や外務省に相談する知恵さえなかった。



431: 本当にあった怖い名無し 2012/01/14(土) 22:58:24.73 ID:QV+4g6hn0
知人に相談→半年後に外務省に相談
(確か)三年後テレビ局に相談→探し出した。橋の下で物乞いしてたの保護された。
…発狂してた。
絶対に息子だったのに、その母親「自分の息子だと確信持てません」と置き去りにした。
忘れられない。脳裏にあの青年の映像が焼き付いている。DNA検査すべきだったんだ、とか今でもふと考えてしまう。



434: 本当にあった怖い名無し 2012/01/14(土) 23:37:11.45 ID:taTlh1/W0
>>431
怖いお(((( ;゚Д゚)))ガクガクブルブル



441: 本当にあった怖い名無し 2012/01/15(日) 00:07:15.67 ID:qRqyHxDo0
>>431
ほんのりというか、後味の悪すぎる話だな。
しかし発狂するほど精神的に弱いなら、なぜそんな地域に一人で行ってしまったんだろう?
なんとかして戻ってくれば伝説になっただろうに。



432: 本当にあった怖い名無し 2012/01/14(土) 23:05:51.87 ID:QV+4g6hn0
テレビ東京だった気が酢。二時間のスペシャル番組だった。
もしかしたら、母親は目の前の発狂した青年が、息子だってわかってたかもしれない。
ただ、ショックすぎて受け入れることができなかったのかもしれない。
けど。自分は、あの人は生きてるのかな?とか思っちゃう。今でもよぎって考えちゃうのがたまらないぉ~
終わり



433: 本当にあった怖い名無し 2012/01/14(土) 23:12:27.10 ID:sHdcKuCD0
>>432
母親は息子が嫌いで、電話がきた時わざとわからないフリして縁を切ろうとしてたとか…



448: 名無し草 2012/01/15(日) 02:39:21.44 ID:KvsnUatl0
霊的な要素皆無かつ不思議でも無いんだが

近所(駅近)に家の壁という壁に訳の分からないことの書かれた
看板がギッシリ貼ってある家があった
内容はよく読んでないからうろ覚えだけど聞いたこともない団体に対する立退き要請
何か電波系+中二病って感じで「たぶんこの家の住人は糖質なんだろうなー」って思ってた

でもよく見てみるとその家、歯医者なんだよね
歯医者だから糖質にならないなんてことはないって分かってるけど
精神を病んだ歯医者って何か怖いなー、って思っただけ



457: 本当にあった怖い名無し 2012/01/16(月) 07:44:37.34 ID:1iuX1yhUi
オチ無しのちょい怖話。
去年、第一子妊娠中に寝室に座敷童(?)がきた。
就寝中、近くで足音が聞こえる。
眠いので目を閉じたままにしていると、どったどったと子どもらしい2、3歳の走る足音(裸足でスキップしてるイメージ)で私の周りをぐるぐると回り出した。
「え?子ども?まだ赤ちゃん産まれてないよね?」なんて少し混乱していたら足音が頭の上辺りで止まった。

なんだかゾッとしてきて、怖くて目を開けられなかった。しかし、明らかにその子どもの顔が私の顔に近い感じがする。恐らくしゃがみこんで私の顔を覗いている。
怖くて無理矢理眠りにつき気付いたら朝。
その後、その子どもは寝室にくることはなく数週間後に無事息子が産まれました。



458: 本当にあった怖い名無し 2012/01/16(月) 08:56:32.62 ID:td0JjM3HO
座敷童って縁起がいいと思うんだが、怖いと考える人も居るのか。
無事に出産出来たし、さい先いいんじゃね?
その内に何かいい事あるかもな。



459: 本当にあった怖い名無し 2012/01/16(月) 09:00:40.19 ID:XRGIGGxY0
いやぁ、本当に座敷童だったとしら、ヤバイんじゃないかなぁ
寝室に来ないだけなら兎も角、出て行ったとしたら…



460: 本当にあった怖い名無し 2012/01/16(月) 09:16:04.10 ID:FDlB9eop0
生まれる予定の子がどんな親なのか見に来たんじゃねの。

数年後にその子が「こんなママとは思わなかった」とか口走ったら、ほんのりだけど。



461: 本当にあった怖い名無し 2012/01/16(月) 10:46:06.68 ID:urCRrHzb0
通勤で使っている駅で、ちょっと壊れたようなおじさんに遭遇することがよくあった
きちんとスーツを着て上等そうなカバンを持って、身なりだけみたら普通のサラリーマンっていうか
どこぞのえらい人みたいな貫禄すらある中年
でも、ずっと何かしゃべり続けている
すごい早口で、何を言っているのか聞き取れないんだけど、誰もいない空間に向かってずっとしゃべり続けている
ほかの人に何かするってわけでもないので、みんな遠巻きに見守るか無視するだけ
お仕事でつらいことがあって壊れちゃったのかなあ、と気の毒に思っていた

それが先日、帰宅途中にその駅で乗り換えを待っていたら、そのおじさんが降りてきた
同じようなスーツ姿のリーマン達数人と一緒だったんだが、驚くべきことに、その人たちと普通に会話している!
会話内容は穏やかなもので、「今日はありがとうございました」「いやいやこちらこそ」などと和やかに挨拶しあって
他のリーマン達は去っていき、おじさんだけ残ったんだが

そしたらおじさん、またいつもの訳の解らない早口を言い始めた・・・
怖かった



465: 本当にあった怖い名無し 2012/01/16(月) 13:12:19.65 ID:moWgoiHu0
>>461
オカルトじゃないけど怖いな



472: 本当にあった怖い名無し 2012/01/16(月) 21:25:13.29 ID:bGJvXcOT0
>>461
チックかトゥレット症候群



462: 本当にあった怖い名無し 2012/01/16(月) 11:36:40.19 ID:s3j+KZ3Ei
そういうの凄い怖いね…じわじわくる



463: 本当にあった怖い名無し 2012/01/16(月) 11:49:03.25 ID:a8W2wKlE0
実家に住んでいた頃、入ってはいけない部屋というのがありました
勿論子供だった私は大して気にもせず(一人っ子で寂しいのもあったのでしょうが)、
何度も入ってはおはじきやすごろく、あやとりで遊んでいたので、よく祖父にげんこつを貰っていました

最近気づいたんですけど、どの遊びも独りじゃ出来ないんですよね



467: 本当にあった怖い名無し 2012/01/16(月) 15:45:53.64 ID:vzY08HSX0
俺が小学校1年生ぐらいの時の話
その頃俺はおとなしくて気の弱い方で、
遊ぶのも大体おとなしい気の合う子達とばっかり遊んでいた。
でも何がきっかけだか忘れたけど、
ある時に番長と言うか気の強い子供ばっかりいるグループとも遊ぶようになった。

それである日、工事用の穴か農業用の穴かよく分からないけど
地面に直径10メートル深さも3メートルぐらいあるような円錐形の穴がある所があって、
子供だったらなんとか這いつくばって登れるような傾斜だったので、
そこを上がったり下りたりして泥だらけになりながら遊んでいた。
そしたら、どこから見つけてきたのか、グループの1人が小さい捨て犬を見つけてきて穴の中に投げ込んだ。

子犬はもちろん上がってこようとするんだけど、
悪ガキ共は笑いながら土の塊を投げたり、上がりきりそうになるとまた下まで落としたりして喜んでいた。
俺も最初は我慢して見てたけど、俺はそういうのが耐えられない性格なので、
気付いたら無我夢中で穴の中に下りて子犬を庇った。

そしたら分かると思うけど、俺に対して罵声と共に土の塊が大量に投げつけられた、
でも、俺も子犬を抱えたまま泣きながら耐え続けてたら、
いつの間にか悪ガキ共はどっか行っちゃってて、
泥だらけになりながら子犬と一緒に穴から這い上がったら、
目の前に足があって、そのまま視線を上に上げていくと
修道院のシスターみたいな格好をした女の人が佇んでいて、
自分に一言「その優しさを大切にして下さい」と言われたまでは覚えてるんだけど、その後の記憶が全くない。
もちろんだけど、その辺は殆ど畑とまばらに農家があるばかりで修道院のかけらもないようなところ



470: 本当にあった怖い名無し 2012/01/16(月) 18:22:30.97 ID:TgMwew8DO
>>467
昔の自分と重ねてしまって…、少し涙が出てしまいました…
僕からも、「その優しさを大切に…」…と言いたいです。
ほんのり?というより、切ない気持ちになりました、とても良い話でしたよ。



474: 本当にあった怖い名無し 2012/01/16(月) 22:31:39.59 ID:jH9czSTt0
病院の事務やってんだけど、今朝出勤して何の気なしに昨晩の急患のカルテめくってみたら

「午前1時、○○救急隊から患者搬入
 
 患者の主な容態…首から上無し。以上。」


…思わずカルテ閉じてしまったがな



480: 本当にあった怖い名無し 2012/01/16(月) 23:13:59.71 ID:+mBJXeuC0
>>474
うわっ、なぜそのような絶望的な容態に!?



475: 本当にあった怖い名無し 2012/01/16(月) 22:36:08.34 ID:qHNDaaBNi
一瞬ギャグのような雰囲気だけど普通に怖い話だな



481: 本当にあった怖い名無し 2012/01/16(月) 23:27:42.46 ID:jH9czSTt0
頭の行方は知らんが、その人は飛び降りだったらしい

助かりはしないが、死亡確認だけでいいからって事で救急隊に頼まれ
当直医もしぶしぶ引き受けたとか何とか

んで救急搬入されて、掛けられてたシートをオープンした瞬間に
当直医が悲鳴上げて隣の看護師長に飛びついたって、ナースが笑って話すのが更に怖かったわ



488: 488 2012/01/17(火) 03:44:28.57 ID:oEIUgkkN0
これは7年ぐらい前の話です。
高校卒業後、就職して初めての一人暮らし。
実家から徒歩30分程度の所で、まったく土地勘がない場所じゃなかった。
一人暮らしを始めて三ヶ月ぐらいした時
会社から家への帰り道、毎日夕方6時頃いつも通る公園の横を歩いてると
なにげにフッっと公園と道路の溝に目がいって
見てみると赤いサイフが落ちてたのよ。
ん?っと思ってサイフを拾ってみると重い!
カード類が5~6枚入っていて、千円札が2枚ぐらいと
後は小銭がギッシリだった。
直感で女性のサイフって分かった。

一瞬ネコババしようと思ったけど
当時、俺には女友達がまったくいなかったので
これをキッカケに女友達が出来るかも!?
って思って近くの交番に届けた。
警察官から色々聞かれて、紛失届書?みたいなもんに記入したりして
1時間ぐらいかかったかな?

警察「その書類はそちらで保管しててください」
  「落とし主が現れた場合に必要な書類なので」
  「でわ、落とし主が現れたらこちらから連絡しますので」
俺 「はい」

どんな人かなぁ~。なんて想像しながら家に付いた。
時計を見ると夜の9時。風呂でも入って寝るか・・・
っと思っていた時
ピンポーン・ピンポーン・ピンポーン
(おいおい3回も押すなよ・・・)
こんな時間に誰だと思って玄関を開けると
そこには冬場なのに赤い超ミニスカでキャミソールの美人が!



489: 488 2012/01/17(火) 03:45:45.44 ID:oEIUgkkN0
俺「・・・どちら様で?」
女「・・・すいません」←めっちゃ小声で
 「サイフを落とした者なんですけど・・・」
俺「あっ!はいはいはいはい♪」
おいおい・・・いきなりかよ!しかも美人!
女「あの・・・紛失届の書類を貰いに着ました」←超小声
俺「あっはいはい♪ちょっと待っててください!」
急いで紛失届書を取りに部屋に戻って玄関に行こうとしたら

真後ろに女が立ってた!
え!?まさか・・・ヤレル?
何て思ってたら、女が顔をツゥーーーっと近づけてきて
「やさしいんですね」←聞き取れなかったけど たぶんあってる。
と言ってニヤァ~って笑った。
笑った口には歯が一本もなく不気味だった。
一瞬、不気味さと恐怖で意識を失いそうになった・・・
俺「と・・・当然ですよ・・・」
女は顔を近づけたままニヤァ~っと笑っている。
震える声で
俺「あの・・・もう夜も遅いですし・・・」
なおも女は顔を近づけて
女「親切な人っているんですねぇ(ニヤァ~)」←ここはハッキリと
そう言って女は帰って行った・・・。



490: 488 2012/01/17(火) 03:46:29.55 ID:oEIUgkkN0
その日は怖くて実家に帰って寝た。
一人でいるのが怖かった。
それから三日後ぐらいにフッっと警察の人が言ってた言葉を思い出した。
「落とし主が現れたら連絡しますので」
そういえば警察から一度も連絡がなかった。
怖いけど気になったので会社の帰りに
サイフを届けた交番に行ってみた。
すると同じ警察官で俺の事を覚えていたらしく
警察「まだ落とし主現れてないんだよね」
・・・え?サイフを届けた日に家に来たんだけど?
なんて言えなかった。

おかしい・・・警察に行かないで何で俺の家が分かったんだ?
後をつけられた?それしか考えられない。
考えれば考えるほど怖いので忘れる事にした。
それからちょうど1年後、恐怖を忘れかけてた頃
いつものように帰り道の公園を歩いていると
電信柱に人影が。ん!?
赤いミニスカにキャミソール姿の女がいた。
紛れもなくあの女が・・・
サイフを拾った場所を電信柱の影からジーーーーっと見ていた。
それ以来その公園を通る事はなかった。
今でも赤いミニスカを見るとあの時の恐怖を思い出す。

終わり。



491: 本当にあった怖い名無し 2012/01/17(火) 04:30:42.36 ID:749cdqlLi
>>490

寝る前に読んだからゾクってしたわ



493: 本当にあった怖い名無し 2012/01/17(火) 09:25:09.17 ID:oFzngVqni
全然ほんのりじゃねええええええ



566: 本当にあった怖い名無し 2012/01/20(金) 20:22:46.19 ID:FhNoubUI0
座敷わらし?1
大学生の時の話、夏・冬休みになると48時間完徹麻雀大会を仲間うちで開催していた。
会場は俺が暮らしていた一軒家でここは屋根を子供が走り回って笑う声が昼夜問わず聞こえてきたり、天井から下がってるライトが地震のように揺れるほどの大音響と振動があったり…



567: 本当にあった怖い名無し 2012/01/20(金) 20:28:56.17 ID:FhNoubUI0
座敷わらし?2

ラップ現象が日常的に見られる家だった。俺は馴れて気にしなかったけど霊感強い友人は泊まればほとんどが金縛りになっていた。
試験前に「お兄ちゃんはお勉強中だから静かにしようね」って天井に声をかけて静かになった時は可哀想に思ったし



568: 本当にあった怖い名無し 2012/01/20(金) 20:31:11.14 ID:FhNoubUI0
座敷わらし3

話を戻して麻雀大会だが、毎回30時間を経過した頃になると半荘で全員が役満上がったり、ラップ現象が頻発して稗が倒れたり、それぞれの背中が順に熱くなったりの怪奇タイムが始まる。
皆も何かの気配は感じてるから、麻雀中断してソレが部屋の何処に居るのか?外見の特徴は?を紙に描いてセェーので開いたら…



569: 本当にあった怖い名無し 2012/01/20(金) 20:35:06.90 ID:FhNoubUI0
座敷わらし4

俺も含めて全員が朝食作りに来ていた友人の彼女におぶさっている絵を描いていた。

もちろん彼女は気付いてないのだが、その時俺たちを見てニコッと笑った顔が瞬間子供の顔だった

入力上手く出来なくて読みにくい投稿になってスマン



598: 本当にあった怖い名無し 2012/01/21(土) 13:24:10.40 ID:vNwRueA/O
ケータイから失礼。改行は大目にみて。
ずっとロム専だった自分が体験談を書き込む。

帰り道に逢魔が刻の薄暗い時間帯に行き付けのレンタルビデオ屋に寄ったんだが、目当ての映画がレンタル中だった。
仕方ないので、数十メートル先にあるもう一軒の店にいくことにした。

続く。



599: 本当にあった怖い名無し 2012/01/21(土) 13:27:20.58 ID:vNwRueA/O
ウチの地元は田舎だが、その場所は車や人の通りが多い高速バイパスやパチ屋、大型スーパーが立ち並ぶ賑やかな四車線道路脇だった。
そして二軒目のレンタル店に行く途中におしゃれな感じの民家がある。家の二階部分は楕円形の窓が並んでおり、。その窓はドラえもんやあのネズミやあのネズミの王国臣民の人形がびっしり敷き詰められていた。

続く。




600: 本当にあった怖い名無し 2012/01/21(土) 13:30:04.42 ID:vNwRueA/O
いつものように何気なくそのおしゃれな家の下を通ったのだが、ふと視線を感じて何の気なしに見上げるとドラえもんとあのネズミがこちらを見下ろしていた。こちらが顔を上げたせいか、人形は素早く正面を向いた。

続く。



601: 本当にあった怖い名無し 2012/01/21(土) 13:32:31.51 ID:vNwRueA/O
自分は呆けて数瞬足を止めていたが、そのまま歩き始めて目当てのDVDを借り、またその下を通って帰った。
その家を通る間にずっと二階の人形を見ていたが今度は動かなかった。車を運転して郊外の人気の無い自宅前に差し掛かったところで改めてゾワッと鳥肌が立った。

終わります。
拙い文章ですが、ありがとうございました。



615: 本当にあった怖い名無し 2012/01/22(日) 13:43:02.86 ID:fsQn71t50
どこに投下していいかわからないが、
自分的には怖かったが、
人に話すと大抵笑われるので、
両方合わせてほんのり怖いのかなぁ?

と思うのですが?
ココでいいのかな?



616: 本当にあった怖い名無し 2012/01/22(日) 13:44:48.24 ID:FMsP/QEs0
>>615
是非



618: 615 その1 2012/01/22(日) 13:55:04.56 ID:fsQn71t50
もう何年前の話だったか。
親の京都旅行に便乗した時の話。
当方オタの仮装をしていて、コミケの3日間、3日目の衣装の仕上げにコミケに行く→徹夜で仕上げる→コミケに行く・・・・
をやって3徹した挙句、コミケ3日目終了後に打ち上げで深夜まで飲んだ後帰宅。

続く



619: 615 その2 2012/01/22(日) 13:58:08.05 ID:fsQn71t50
京都行きの準備を済まして、2時間弱の仮眠の後始発で実家に帰り、車で(自分は免許持ってないので親父が運転)高速すっ飛ばして京都にGOというトンデモ日程。
当然、道中自分は後部座席でグースカ寝てた。

で、京都2日目の夜の出来事だった。
人生初の金縛りに合ったのは。

続く



620: 615 その3 2012/01/22(日) 14:00:51.23 ID:fsQn71t50
姉からよく「疲れてると金縛りに合う」と聞いていたので、
「あー、コミケの無理と今日の無理が祟ったかなぁ?」
と思っていた。
ちなみに、その日は天橋立に日帰りで行った。

まず、当たり前だが全身が動かない。
「おぉ、これが金縛りかー」
なんて思っていたら、いきなり体が左の方へ引っ張られた。
何か左腕を掴んで引っ張ってる感じ。

続く



621: 615 その4 2012/01/22(日) 14:03:51.49 ID:fsQn71t50
「へ!?金縛りって引っ張られるなんてあった??」
なんて少々パニっくっていたら、瞼が動けたので目を開けてみたら、
目の前に白い着物を着て、髪の毛はまげを結ってなく垂らしたまま、
顔は白塗りで口元は何故か袖で隠していた、顔には麿眉みたいの書いてあった。

続く



622: 615 その5 2012/01/22(日) 14:05:57.16 ID:fsQn71t50
今思えば袖が長かったので平安時代の男の人みたいな感じだった。
まぁ、そんな感じの多分男が立っていた。

「アンタ誰???」
と声に出したくても声も出ない。
その間もグイグイと引っ張られる。
部屋はシングルだったので、自分一人。
自分一人に、着物着た真っ白なオッサン。
当然少々のパニックから完全なパニックに移行

続く



623: 615 その6 2012/01/22(日) 14:09:12.25 ID:fsQn71t50
なんとか、体を引っ張ってる何かを振りほどこうと必死にもがく。
と、オッサンは口元から手を退けて、ニタァと笑ったのですよ。
歯は当然お歯黒べったりですよ。
「キモっ!!」
そう思った途端、オッサンは両腕を広げて襲い掛かってきた。
白い着物の袖をばっさーっと広げて、お歯黒の口をニタニタとキモイ笑いを浮かべながら麿眉のオッサンがですよ。

続く



625: 615 その7 2012/01/22(日) 14:11:28.30 ID:fsQn71t50
半分涙目でもがきもがき続けたら、それまで全然動かなかった左腕が動くのに気が付いた。
その左腕を思いっきり何かをなぎ払うように、全力で裏拳を放った。
見事にオッサンの顔にクリーンヒット。
オッサンは自分の司会から殴り飛ばされてログアウト。

続く



626: 615 その8 2012/01/22(日) 14:14:00.18 ID:fsQn71t50
すると、体がうそのように動くようになっていた。
あまりの出来事にぜーぜーと肩で息をして、暫く落ち着くまで待った。
「なんだったんだ?ありゃ?流石魔都京都。」
なんて考えてると、左手に何か握っていた。
それは、初日に買った某神社のお守りだった。
そんな物は寝る前には当然握ってなんていなかった。

続く



627: 615 終わり 2012/01/22(日) 14:16:06.98 ID:fsQn71t50
「なぜに?」
とは思ったが、このお守りのお陰であのキモイお歯黒オッサンを殴り飛ばせたのかと感謝。
その日は怖くて電機をつけっ放しで寝て。
次の日、お守りを買った神社にもう1回行って。
「お守りのお陰で助かりました、ありがとうございました。」
とお礼を言って、帰ってきました。


長文、駄文で失礼しました。



628: 本当にあった怖い名無し 2012/01/22(日) 14:27:13.93 ID:hpDzNz3Q0
お歯黒って既婚女性がするもんじゃなかったけ?
オッサンでお歯黒?

人肉食ってて、血糊で歯が黒ずんでいたとか…ヒヒヒ



631: 本当にあった怖い名無し 2012/01/22(日) 15:02:32.67 ID:insC8mAQ0
>オッサンは自分の司会から殴り飛ばされてログアウト。

なんか、色々とほんのりワロタw



660: 本当にあった怖い名無し 2012/01/23(月) 16:12:32.00 ID:3/S7kx7b0
実家いた頃の話。ピンポイントの情報で特定されそうだけど、何か周りにウケが良かったので初めてだけど、とりあえず書き込みます。

実家の部落(差別的な意味じゃないよ)では、毎月一回くらい集まって地区の道路の掃除とか酒飲んだりする日がある。
んでその日は昔から有りすぎてもう何を奉ってるかも分からない神社だかお寺を掃除する日だったんだ。
部落の爺ちゃん婆ちゃんは何故かそこには近づかないので、その息子たちの世代(俺の親父の世代)が半年に一回くらい掃除するんだ。
続きます



661: 本当にあった怖い名無し 2012/01/23(月) 16:23:12.21 ID:3/S7kx7b0
続き

でもそこの一ヶ所のU字溝の付近はいわくつきと言うか、近づいたら死人が出るって言われてた。けど親父達の世代はそんなの年寄りの迷信だと思って構わず掃除してたんだ。
そしたら昼間は元気だった近所のおじさんがその夜突然亡くなった。それ以降その家は幽霊屋敷になったんだけど、それはまた別の時に。

で、自宅の風呂場で亡くなってたから警察とかも来たんだけど、死因は脳梗塞かなんかだって言われてた。

ただ昼間凄い元気で健康そのものだった人が急に亡くなったし、その人がU字溝を掃除してた人だったから、暫くはその噂で持ちきりになった。
続きます



662: 本当にあった怖い名無し 2012/01/23(月) 16:33:40.60 ID:3/S7kx7b0
続き
それから色々有って掃除は無かったんだけど、数年後にまたそこの掃除が来た。

年よりたちは反対だったらしいけど一応神聖な場所では有るだろうから、U字溝を避けてやることに決まった。
けどやっぱり迷信だと気にしない人もいるわけで、U字溝を掃除しちゃった人がいるんだ。その時はヤバイって人達と笑い話になる人達といて、実際に気にする人もいなかった。

でも次の日の昼間、掃除した人が農機具に巻き込まれて亡くなっだ。吸い込まれるように刃に潜っていって亡くなったそうだ。
そんなこともあってさすがに何かあると思ったけど、知ってるかもしれない年より衆もみんなもう亡くなってたし、この科学の時代に、怖いとは思っても本気で信じる人はいなかったらしい。
続きます



663: 本当にあった怖い名無し 2012/01/23(月) 16:45:47.64 ID:3/S7kx7b0
続き

同世代が二人も亡くなって、流石にあそこは避けようってことになり、次の掃除の時は近づく人もいなかった。

掃除も順調に進み、伸びてきた木をうちの親父がチェーンソーでが切ってたら、足場にしてた太い木が急に倒れ、木から落ち、、、、、
てたら大惨事だったんだど、近くにいた親父の友達が下から支えてくれて、事なきを得た。

でも親父の友達が親父を支えた場所が問題で、その場所は掃除しないようにと、蓋をしたU字溝のちょうど蓋の上だったんだ。

続きます



664: 本当にあった怖い名無し 2012/01/23(月) 17:05:15.85 ID:3/S7kx7b0
続き

そこにいたみんながこれは不味いぞ…。って空気になったけど、蓋の上からだったし大丈夫だろうと思ったんだ。

でも次の瞬間、下から叩いてるような音と共にU字溝の蓋が二~三回が上下に動いた。
大人二人を乗せたままU字溝の蓋が上下に動いたもんだから、掃除はそこまでにしてもう解散ってことになった。

帰りはみんな無言だった。

親父の友達が亡くなったのは次の日の昼間だった。

釣りに行って海に落ちたそうだ。

一緒に行った人達は、普通に会話してたのに、急にフラつきながら海に落ちたからびっくりしたそうだ。

親父は一緒に行った人達に何ですぐに助けなかったと食ってかかったけど、海に落ちた時にはすでに亡くなっていたそうで助けようが無かったそうです。

親父曰く、今年は震災で掃除は無かったけど、今後掃除が有ってもあそこには行きたくないとのことです。

以上地元で実際に有った、心霊現象なんか信じない親父の体験した話でした。

長くなってすいません



670: 本当にあった怖い名無し 2012/01/23(月) 18:52:08.38 ID:WKqdavF20
>>664
もう少し検証してみようぜあと何回か実例を積み重ねて



665: 本当にあった怖い名無し 2012/01/23(月) 17:38:12.82 ID:vZOtILE80
これはほんのりではない
繰り返す、これはほんのりではないっ・・・!



666: 本当にあった怖い名無し 2012/01/23(月) 18:28:24.84 ID:wso70Gz5O
こ、こわ~
((((゜д゜;))))ガクガク読んでて本当に寒気が…、これは大賞もんですな。




669: 本当にあった怖い名無し 2012/01/23(月) 18:43:26.36 ID:eZCkQK0/0
なんか強烈だね
事情を知らない一見さんとかがフラッと行ってしまっても
やっぱり亡くなってしまうのだろうか?



673: 本当にあった怖い名無し 2012/01/23(月) 19:29:52.15 ID:3/S7kx7b0
660です。自分的には、高校のときそこでタバコ吸ったり、昼寝してサボってたのでほんのりなんですよね。
ただ、そこでサボってた理由が大人が来ない、山の中なのに何故か生き物(虫とか蛇とか)が全くいないだったので、今思うとなんか有ったんですかね。年よりたちはボケたり死んだりでもうほとんどいないです。



678: 本当にあった怖い名無し 2012/01/23(月) 22:50:13.78 ID:t8CQ/Oy90
>>673
てことは、そこを「掃除してはいけない」ってこと?
でもあなたのお父様とそのご友人は、上に倒れただけでダメだったんだよね。
なんであなたやご友人は生きてるんだろ。年齢とかかな?



680: 本当にあった怖い名無し 2012/01/23(月) 23:24:38.77 ID:sxqVvKnp0
>>678そこがよく分からないんですよ。自分は建物の所でタバコ吸って、昼寝したりしてたので、U字溝の場所は分かりますが近づいた時も無いです。
親父は木から落ちた時には蓋の上に乗ったかは分からないけど、支えてくれた友人に近づいた時には確かに乗ってたし、下から叩かれた感覚も覚えてるとのことでした。
掃除の程度とか年齢もあるのかは分かりません。
親父に聞いても親父は余所の土地から婿養子で来たので、地元の歴史とかは分からないそうです。
亡くなった親父の友人は、排他的な田舎で、婿養子で来た余所者ということで 冷たい扱いされてた親父に優しくしてくれた人だったので、親父もやりきれなかったみたいです。



674: 本当にあった怖い名無し 2012/01/23(月) 21:32:48.77 ID:RRcLyyiy0
U字溝に乗ってた二人のうち一人が海で亡くなったということかな?



676: 本当にあった怖い名無し 2012/01/23(月) 22:20:37.37 ID:sxqVvKnp0
>>674そうですね。父は無事なので。残念ながら今回の震災でその場所はもう行けなくなりました。



675: 本当にあった怖い名無し 2012/01/23(月) 21:58:56.22 ID:dC+y+zOq0
大槻教授に検証していただこう


いや、まじで。



685: 本当にあった怖い名無し 2012/01/24(火) 00:55:35.09 ID:7bN6YIRuO
流れを読まずに投下。

中古住宅をリフォームして家族(両親、当時オレ小学6年、妹小学3年)で引っ越した時の話。
金縛りがあったり、廊下でヒタヒタ素足で歩く男がしたり。
居間と廊下の戸のガラスに赤い影が張り付いてたり、怖い話にでてくるような怪現象がたくさんあった。
その当時はあまりの非現実感から「うはwww幽霊Ktkr!」とか怪現象を適度に楽しんでいたけど。



687: 本当にあった怖い名無し 2012/01/24(火) 00:59:16.05 ID:7bN6YIRuO
でも丈夫だった妹が体調を崩したり、母親までパートを休みがちになって、家に篭るようになってしまった。
俺と父親はなんともなかったんで、神社にお祓い頼んだり、お札貼ってみたりしたけど効果がなくて。
俺も学校とか近所で家の噂とか調べたんだけど、死人がでたりとか、特に謂れのある家じゃなかった。



688: 本当にあった怖い名無し 2012/01/24(火) 01:03:22.07 ID:7bN6YIRuO
そんな時にうちの父親の同僚の知り合いの知り合い、みたいな人が霊能者を紹介する、と若いにーちゃんを連れてきた。
だるだるのパーカーを着て変なテンションのにーちゃん。
俺ら家族をチラッと見て、家の中を一回りして、家の外をフラっと歩いて。



690: 本当にあった怖い名無し 2012/01/24(火) 01:05:28.32 ID:7bN6YIRuO
「赤い女がいて、それが女に祟ってる」
「本筋から別れた道ができてしまっていて、そこから入ってきてる」
「さっき道を元に戻したから、もう大丈夫だと思う」
とか言って、お茶だけ飲んでさっさと帰ってしまった。
お金とかも要求されなかったし、一応用意はしてたらしいんだけど、渡す前に帰っちゃった。
お祓いとか儀式とか呪文とかそういうモノもなくて、すごくあっさりしていた。



691: 本当にあった怖い名無し 2012/01/24(火) 01:09:13.99 ID:7bN6YIRuO
その晩、家鳴りどころじゃなくて、屋根から何か落ちるんじゃないか、ってくらいのすごい音が一晩中鳴っていた。
パチッ、キシッてレベルじゃなくて、ズドン!バキン!みたいに。
みんなで居間に固まってギャーギャー叫んで、もう夢だか本当だかわかんないくらい恐かった。
何かが家に入ろうとしてる、ってのが、見えないけど壁の向こうから伝わってきた。



692: 本当にあった怖い名無し 2012/01/24(火) 01:13:09.64 ID:7bN6YIRuO
これはお祓い失敗だろ、って父親が半泣きで電話をかけたら
「最後の抵抗をしてるんだよ」
「夜が明けるまでには全部連れていくから」
と言って、夜明けと共にピタっと音が止んだ。
次の日から霊現象もなくなったし、徐々に妹も母親も元気になっていった。

あの夜にみんなで固まってガクブルしたのは今でも忘れられない。



695: 本当にあった怖い名無し 2012/01/24(火) 07:07:29.16 ID:6DPiGC4l0
初投稿なので、乱文ご容赦を。
一昨年くらいの話です。

当時俺は、女の子をデリバリーする仕事をしていた。
女の子を車でお客のとこまで届けて、他の子が近くに居ない時や店が暇な時は、その子が出てくるまで車で待機。
マンションの前でエンジンを切って、街路灯の明かりで漫画を読んだりしてた。

ある日のこと。
深夜2時くらいに郊外のマンションに女の子を届けにいった。その地域は若干寂れていて、時間も時間だし人通りは無い。
いつものように女の子を届けた旨を事務所に電話し、待機指示が出て車の中で漫画を読んで暇を潰す。



696: 本当にあった怖い名無し 2012/01/24(火) 07:08:20.21 ID:6DPiGC4l0
煙草を吸うので窓をちょっとだけ開けてたのだけど、その隙間から、車が近づいてくる音がした。
漫画から目を離しバックミラーをチラ見したら、丁度俺の車の後ろにタクシーが停まっている所だった。

タクシーの助手席前にある機械が【割増】から【支払】に変わる。
「ああ、こんな時間だし客は飲み屋で働いてる姉ちゃんかもしれない。」
そんな無駄な期待を胸に、タクシーの後ろのドアが開く様子をwktkしながらバックミラーを見てた。

しかし、タクシーからは誰も出てくる事なく、数秒のちにドアがバタンと閉まってしまった。

「???」と軽く混乱していると、タクシーの機械は【空車】に変わり、ウインカーを出して発車しだした。
思わず「えっ?」と声を出し、自分の車の右を追い越していくタクシーの後部座席を凝視すると、誰も乗っていない。
耳を澄ましても、微かな風の音しかしない。周りをキョロキョロしても、誰もいない。

「あのタクシーは一体何を降ろしたんだ?」
そう思った瞬間に、一気に鳥肌が立った。



698: 本当にあった怖い名無し 2012/01/24(火) 07:13:59.80 ID:tgE/b/usO
でも実際夜にそんな光景みたら怖いよ
幽霊乗せてたのか…



699: 忍法帖【Lv=5,xxxP】 2012/01/24(火) 08:24:04.43 ID:14CNiRCY0
運転手が売上一部パクるのに架空の精算とか…ないか



701: 本当にあった怖い名無し 2012/01/24(火) 09:29:19.73 ID:Vm3OIKYF0
いいね
ほんのり怖い



747: 本当にあった怖い名無し 2012/01/26(木) 10:42:51.19 ID:xdV/wyiL0
二年前の話をします
当時は高校二年生で父と母が色々揉めて離婚に差し掛かってるところだった
父は酒癖が悪いけど一応仕事はちゃんとやっていたしどちらかというと頭がよく回転する人で寄ってない時は優しい人だった
酔っ払うと人が変わったように私たちに暴力振るったり
母の連れ子である私に卑猥な事を働こうとする
母もそれを知ってか父が酔っ払うと私と弟をおじいちゃんの家に泊まらせたりしていた



748: 本当にあった怖い名無し 2012/01/26(木) 10:47:03.98 ID:xdV/wyiL0
夏休みになり離婚して引っ越すのにも時期がいいと思い母がついに離婚届を父に渡した
父は納得いかないといって怒り狂っていた
正常な時にあれだけ怒っているのをみるのは初めてで怖かったのを覚えています
このままではラチがあかないというので、新居が見つかるまではおじいちゃんの家に母と私と弟をいさせてもらうことにした
これが七月後半の話



749: 本当にあった怖い名無し 2012/01/26(木) 10:50:02.30 ID:xdV/wyiL0
おじいちゃんは小さいけど自分の工場を持っていて色んな部品を作る仕事をしていた
おじいちゃんの家に引っ越してからしばらく経つと母と弟の体調が著しく悪くなり始めた
私はというと元々何かを感じ取る事ができたことはあったんですが
感じるだけでみたり聞いたりはできなかったです



750: 本当にあった怖い名無し 2012/01/26(木) 10:52:12.09 ID:xdV/wyiL0
母と弟は最初は風邪かなと思って病院に行って薬を貰ったりしたが一向に治らず
母の方は喉が赤く膿んで声が出なくなってしまった
病院行っても原因はわからず、咳止めか抗生物質を出されたりするだけで日に日に悪化していった



751: 本当にあった怖い名無し 2012/01/26(木) 10:54:00.23 ID:xdV/wyiL0
弟はというと毎日咳と片足に痛みを感じていたり、一週間に一度は必ず高熱が出て、前まであんなに元気で活発だった弟の姿はもうなく
遊びにも行けず部屋で頭を掻き毟るという癖がついてしまい
髪の毛が急激に抜けていった



753: 本当にあった怖い名無し 2012/01/26(木) 10:56:01.42 ID:xdV/wyiL0
こうもなったらさすがにおじいちゃんとお婆ちゃんや親戚の人が心配しはじめた
おじいちゃんや婆ちゃんは二人を連れて病院を駆け回っていたが特にこれといった診断はなかった
私はというと毎日金縛りらしきものに襲われ、君の悪い夢をみるようになった



755: 本当にあった怖い名無し 2012/01/26(木) 11:04:59.15 ID:xdV/wyiL0
夢の内容は登場する物は変わるがオチやその時の感覚は同じで同じタイミングで目覚めます
一番印象に残ってる夢を書きます
私は前父と住んでいた家のトイレで寝てることから夢が始まります
起きるとすごく寒くて鳥肌が立っており早くベッドに戻ろうとするんですがトイレの扉があかなくてしばらく苦戦します



758: 本当にあった怖い名無し 2012/01/26(木) 11:20:04.42 ID:xdV/wyiL0
しばらくドアを開けようとするが全くあかなくて諦めそうになるが
今出なきゃダメという強い思いがあって
トイレのドアの小さいガラス窓を割って脱出します
そこから出る時には体が血まみれですごく痛くて、痛みがとてもリアルです



759: 本当にあった怖い名無し 2012/01/26(木) 11:20:23.24 ID:xdV/wyiL0
出るとその風景はなぜか私が通ってる学校の屋根の上です
その時の私は私ではなく、私が母で私は弟を抱えて屋根の上から少しずつ歩き出します
学校に屋上はなく図書館から梯子を登って屋根に上がるのですが普段は鍵がかかっていて入れないのになぜか屋根の上にいます



760: 本当にあった怖い名無し 2012/01/26(木) 11:20:35.87 ID:xdV/wyiL0
私は母になっていて母の思ってることもその時は感じていました
弟を抱えて飛び降りようとしているのです
私は母になってるのですが、私の感覚は私と母の気持ちがいれ混ざって負風になっています
弟は寝ているのだが色々な場所を掻きむしっていました



761: 本当にあった怖い名無し 2012/01/26(木) 11:20:48.50 ID:xdV/wyiL0
このままでは二人が死んでしまうと思い何か行動を起こそうとするのですが体が動かず
前に進むばかりです
ついには端にきてしまいあと一歩というところで
目覚めるか、誰かに呼び止められて起きるという形で目を覚まします
夏なのもあるがビッショリ汗をかいています



764: 本当にあった怖い名無し 2012/01/26(木) 11:23:57.20 ID:xdV/wyiL0
夢はこういう形なんですが
毎回人物が違います
おじいちゃんが私を抱きかかえていたり、弟を抱きかかえてたり
母がお婆ちゃんに抱きかかえられてたりと様々なパターンがありますが
トイレで起きて私が脱出したらそこはビルの上だったりおじいちゃんの工場だったりで
誰かが誰かを抱えて一緒に死のうとしてるシーンです
これが決まったパターンでこれ以外はないです
しかし必ず起こす人がおじいちゃんかおばあちゃんでした



765: 本当にあった怖い名無し 2012/01/26(木) 11:33:00.91 ID:xdV/wyiL0
この夢を見てる間も二人の状態は悪化するばかりで日に日にやつれていきます
この辺りから私は二人から妙な陰気を感じるようになり何か取り憑いてるようにも思えました
それをじいちゃんに相談したところ、
じいちゃんのお姉さんが知り合いの霊媒師を紹介してくれるといい
そこにいくことにしました



766: 本当にあった怖い名無し 2012/01/26(木) 11:33:43.36 ID:xdV/wyiL0
弟は杖を使ってないと歩けないくらい足がひどくなっていたし母は声もでないけど
二人をなんとかしてその人の所に連れて行ったところ
その人は酷く真っ青な顔になりしばらく黙った後に
呪いや酷い怨みなどすごいドロドロしたものがついているといい
このまま放っておくとそのうち身を滅ぼす羽目になるから早いうつに今からいう事をしなさいと言われました



767: 本当にあった怖い名無し 2012/01/26(木) 11:38:40.41 ID:xdV/wyiL0
まずうちに帰ると家の周り半径100m以内に小さくて丸い黒い物体がないか探してください
それがもしあった場合はできる限り広い集めて燃やし
その灰を今から渡す袋にいれて私のところに持ってくるか神社に納めること
もしない場合は近いうちにそれが撒かれるかもしれないから三日間は家の周りを監視していること
その行為を行っている時は二人はできるだけ西側にある所に娘さんと一緒に閉じ込めて部屋から出ないようにすること



768: 本当にあった怖い名無し 2012/01/26(木) 11:47:16.53 ID:xdV/wyiL0
ずいぶんと胡散臭いと思っていたけどもうこれしかないと思い
みんなで実施することにしました
帰ってから私たち三人は西側にあるというおじいちゃんの工場の休憩室に用を足す容器と水、毛布やとりあえず数日の食料を持って中と外から鍵をかけました



769: 本当にあった怖い名無し 2012/01/26(木) 11:47:34.71 ID:xdV/wyiL0
しばらくすると外からおじいちゃんが
黒い物体は見つかってないから
これからは親戚の人たちと一緒に監視するから安心しなとのことだった
感謝しながらも私たちはテレビを見ていた



770: 本当にあった怖い名無し 2012/01/26(木) 11:55:58.48 ID:xdV/wyiL0
その日はそのまま眠りについたけど
未明あたりに外がやけに騒がしい
何事かと思い耳をすませていたら誰かが部屋の近くに来て
今から開けるから出て来なさいと言われた
親戚の叔父ちゃんの声に似ていたので
お母さんはもう大丈夫なんだと思ったらしく喜んで開けようとしたが
何かが違うようで外からは強烈な物を感じて開けてはならないと直感で感じた
私を一緒に閉じ込めた意味もなにかあるのではないかと思い母をとめた



771: 本当にあった怖い名無し 2012/01/26(木) 11:56:19.02 ID:xdV/wyiL0
開けないまま静かにしていると
その声が女の人に変わっていったりした
どんどん怖くなって行き三人で毛布に包まってるともうそれはいなくなったようで
四時間くらい経ったあとにおじいちゃんが来てくれた
外からはもう何も感じなかったので開けたらもう大丈夫だからと言われて安心したのと同時に三人でグッタリして寝た



772: 本当にあった怖い名無し 2012/01/26(木) 11:59:57.57 ID:xdV/wyiL0
起きてからおじいちゃんに話をきくと
騒がしかった未明に家の裏にある部品置き場の近くから歩く声がしたのでそこへ行ってみると前のお父さんがいたということだった
オマケに荷物の中に黒い物体があるのではないかと探してみたところ
案の定袋に入ったそれが大量にあり、変な灰まで見つけたとのことで急いであの人のところへ行ったという



773: 本当にあった怖い名無し 2012/01/26(木) 12:10:08.52 ID:xdV/wyiL0
おじいちゃんも詳しいことは聞かされていないが
呪いの一種で強い怨みがありその人にどんどん負の物をよせつけて事故にあうか自分から死ぬかどっちかの結果になる場合が多いということだった
私がそういう風にならなかったのも、一緒に閉じ込めたのも守護霊が非常に多く全部力が強かったお陰で母と弟の状態がこの程度で済んでいるということでした



774: 本当にあった怖い名無し 2012/01/26(木) 12:14:30.51 ID:xdV/wyiL0
黒い物体は神社に納めて、呪いをすると必ず自分に帰ってくるというのは本当なのかというくらい
正式に離婚届をだしてから父は仕事が上手くいかなくなり精神を病んで
事故にあい片足を失ってしまいました
今は実家にいるらしくあれからは連絡はとっていません



775: 本当にあった怖い名無し 2012/01/26(木) 12:18:42.45 ID:xdV/wyiL0
今はおじいちゃんの家の近くに住んでおり
就職してなんとかやっていけています

長い話でしたがきいてくれてありがとうございました

黒い物体の正体が気になるので知っている方いませんか?



798: 本当にあった怖い名無し 2012/01/26(木) 17:58:39.27 ID:Yl8ZPYi60
>>775
有名どころだけど、蠱毒(こどく)に近いかな・・

蠱毒は毒蛇、ムカデ、クモ、ガマなどの多くの毒虫や昆虫を壺や皿に入れて、一切餌を与えずにしておくと、共食いし始め、やがてそのうちの一匹が残ることになる。
そうして最後に生き残った一匹を蠱(こ)と称するが、その蠱を用いて呪う相手を噛ませたり、黒焼きにして粉にしたものを怨敵に振りかけるか、食事に混ぜて呑ませ、
あるいは蠱を家の床下に埋めることによって、その怨敵は原因不明の病を得て急死するとされた。(『日本呪術全書』p.192,193)



799: 本当にあった怖い名無し 2012/01/26(木) 20:33:46.21 ID:cvLjeBQ80
>>798
>呪う相手を噛ませたり
そりゃ死ぬわ



776: 本当にあった怖い名無し 2012/01/26(木) 12:36:57.85 ID:U8GhyT5B0
まぁ呪いなんだが結局の所、
1番怖いのはやっぱり人間なんだよね



816: 本当にあった怖い名無し 2012/01/27(金) 03:30:58.45 ID:k4UTa+ev0
先日夜、飲み会の帰りでした。(確か終電で1:30は過ぎてたかと)。
久々に会社の新年会に出席したせいか飲みすぎて最寄駅ついて家までの道中で、
急に腹痛が・・・とても家までもちそうも無いし、仕方ないので途中の公園のトイレに。
幸い鼻炎なのでポケットティッシュは完備w

んで、個室に入って事なきを得てふと見ると、
個室のドアの下の隙間から左右揃った靴の足先が見えているじゃありませんか。
おいおいおいおいおいおいおいおいおいおい
誰だよこんな夜中になんの用だよ
ノックしろなどと思う余裕さえなく思わず「ウォッ!!!!」と叫んでしまったw
その瞬間かどうか酔ってておぼえてねーが足先は消えてました。
自分の靴だったのかと思ったがそんなもん履いてるに決まってるし。

ほんのり怖かったw



817: 本当にあった怖い名無し 2012/01/27(金) 03:36:46.28 ID:3EPRSZ+c0
>>816
シンプルで、とても読みやすい。
なおかつ怖い。



820: 本当にあった怖い名無し 2012/01/27(金) 11:49:23.52 ID:t94vON4f0
自分では覚えて無いんだけど、母から聞いた話

毎年盆正月は父の実家に帰って祖母や叔父一家と過ごすのが恒例だった。
当時2歳だか3歳だかの自分は家族で居間にいて、祖母と並んでテレビを見てた。
そのときテレビに当時の天皇陛下が崩御されたというニュースが流れたんだと言う。

そう言ったのが自分だけなら子供の言うことだし誰も相手にせず
滅多なことを言うなと怒られて終わりだと思う。
けれど自分と一緒にテレビを見てた祖母もそのニュースは確かに流れたという。
そもそも当時の自分はあまりに幼く、天皇陛下のことなんてわかるわけがなく
ただ偉い人が~としか言わなかったそうだ。天皇陛下崩御だと語ったのは祖母の方だったらしい。

祖母といっても当時まだ若く現役で働いており、全く呆けてなど無い人だったから家族皆驚いたそうだ。
だけどもちろんそんなニュースは流れていないし自分と祖母のほかには誰も見ても聞いてもいなくて
内容が内容だけにそのことにはもう触れないでおこうとなった。
昭和64年、正月のことだったそうだ。



824: 本当にあった怖い名無し 2012/01/27(金) 13:25:47.30 ID:uSGPMdEI0
>>820
崩御されたのは、1月7日だったっけ
それより先に観たってネタ?



870: 本当にあった怖い名無し 2012/01/29(日) 00:48:06.02 ID:s957u9em0
>>824
崩御されたのは、1月7日
前年の12月から何度か、意識のない危険な状態と報じられていた
正月頃に、危篤状態で数日中に崩御されるかも(いつ崩御されてもおかしくない)
と報じられていた
海外ニュースの番組(BBCやABCニュースを同時通訳で流す番組)でも
・日本の外務省から各国大使館に、大使や幹部職員の24時間の待機命令が出た
・日本の天皇の崩御は秒読みに入った
とやってたな



822: 本当にあった怖い名無し 2012/01/27(金) 13:07:14.84 ID:mpADJ4VF0
どっかの局が容体悪化を間違えて崩御と口走ってしまったのかもよ
当時はそのニュース一色だったしねえ



826: 本当にあった怖い名無し 2012/01/27(金) 13:30:35.89 ID:t94vON4f0
自分のこととはいえ、記憶に無い聞いた話なので正月の具体的にいつの日かは不明です
当時の報道のされ方がどのような形だったのかも自分にはわかりません。
つけてた局もN○Kだったとかそうじゃないとか(この話をした母は同じ部屋にいただけでテレビを見てなかったそうです)
田舎なのでそんなに局は多くないと思いますが、かなりあやふやです。
テロップではなく映像でお姿が一瞬うつったと言っていたそうですが、祖母は故人で確かめようがありません。
父の実家も親類も高貴な方々とは何の縁もない一般市民ですのでお知らせ?が来るとは考えにくいですし
大人達が不思議なことだと話すだけで実際は>>822のようなことなのかもしれません。
いろいろと中途半端ですみませんでした。



854: 本当にあった怖い名無し 2012/01/27(金) 21:13:13.88 ID:wS3U9m1M0
もう10年以上前の話だが、とある県の24時間サウナで意気投合した男の話


結婚を考えていた女性がいた
ある日の晩、一緒に繁華街で遅い晩飯を済ませ軽く呑んだ後彼女をタクシー乗り場まで送った
「次はいつデートしようか?」
と浮かれて聞く自分に、彼女は
「うーん…もう逢えないかもね…今日でお別れかな」
突然の別れ話に呆然として言葉が出なくなった自分を尻目にタクシーのドアが閉まり発車


目の前の交差点で猛スピードを出している車がタクシーの横っ腹に突っ込んだ


それまで呆然としていたが衝突音で我にかえり、慌ててタクシーまで走ったが
後部席は見るも無残な状態で、一面真っ赤になった車体を見て彼女を助ける事は不可能だと知った
《今日でお別れかな》
瞬時、その言葉が頭の中をぐるぐると駆け巡り、彼女はもしかしてこの事を予知していたのか?と
偶然だと片付けるには不自然な彼女の言葉に全身の毛が逆立つ様な寒さを覚えた
それ以来、タクシーに乗ろうとする度に彼女の言葉が頭の中を走り
次にいつ自分がその言葉を口にしてしまうのかと思うと怖くてタクシーには乗れなくなった


最近は、歩いて行ける距離であれば乗り物は使わずに徒歩で向かうよ、と彼は苦笑いを見せたが
彼のせいで俺もそれから暫くはタクシーが怖かったのは言うまでもない



859: 本当にあった怖い名無し 2012/01/28(土) 00:18:27.70 ID:oKMCxMkO0
>>854
これは自分的には久々にぞっとする話だ。しかし気の毒だな。その女性も男性も。



860: 本当にあった怖い名無し 2012/01/28(土) 09:00:01.21 ID:ffntvrtKO
>>854
タクシーの車内が、血で真っ赤に染まって…
((((゜д゜;))))ガクガクこ、こわ~…
車内を見た瞬間、あぁ…これはもうダメだな…
…て感じだったんだろうね…
ほんの2、3分前まで話してた人が突然変わり果てた姿になってしまうなんて…
タクシーどころか車に乗れなくなるよ…



866: 本当にあった怖い名無し 2012/01/28(土) 12:52:00.90 ID:JsllieK4O
大した話じゃないけど、家帰ってきて部屋に入ったらいきなりPCが起動してびっくりした



867: 本当にあった怖い名無し 2012/01/28(土) 14:31:03.52 ID:Xv52qSZy0
>>866
お帰りなさいアナタ!
ご飯にする?お風呂にする?それともア・タ・シ(PC)?

良い妻(電脳嫁)じゃないか…



878: 本当にあった怖い名無し 2012/01/29(日) 07:23:45.17 ID:iLHcYt86O
つい今、嫁と共有しているパソコンの履歴削除し忘れた事に気付いた
もう新幹線乗っちまったよ



879: 本当にあった怖い名無し 2012/01/29(日) 08:36:00.60 ID:l/wo5IUTO
それこわ



903: 本当にあった怖い名無し 2012/01/30(月) 18:08:44.93 ID:n+lymYAq0
ほんのり怖い話じゃなくて、ほのぼの怖い話でスマン

先月の話爺さんが亡くなったんだが
葬儀場の空きが無くて家で一週間くらい遺体安置するって話になった
で、夜に病院から爺さんが運ばれて来たんだけど、
玄関の外を照らす電気が着かなくなってビビッた
でも婆さんが「お爺ちゃんの幽霊が帰ってきてるって証拠だ~」
って嬉しそうにニコニコ笑ってたからあんまり怖くなかった
翌日電気着いた



919: 本当にあった怖い名無し 2012/01/31(火) 03:54:45.39 ID:GdwoLQ5n0
人が死ぬ間際になると電球が切れるのはよくある。
俺の爺ちゃんが数年前に死ぬときも風呂、廊下、トイレ、寝室の電球が切れたからな。



944: 本当にあった怖い名無し 2012/01/31(火) 19:28:22.02 ID:3QdqHfUT0
電球の破裂はいやだなあ…素で危ないし



965: 本当にあった怖い名無し 2012/02/02(木) 04:25:00.39 ID:JRdCFivy0
昔、姉夫婦と私と彼氏の4人で食事した帰りに『この悪魔!!!』って女性の叫び声が聞こえた。
声のする方向を見ると、路上で占いしてる女性が私に向かって指を刺して『悪魔!!悪魔ああああああ!!』って叫んだ。
びっくりしたけど、正直むかついた。
すると姉夫婦がおもしろがって『占ってもらってみなよーwwwwww』って
お酒も入ってたし、何しろ他人に悪魔とか言うなんて!って腹も立っていて
悪魔とか叫んで興味を引いて客とってるのかもねーって言いながら
『この似非占い師が!ちょっとお灸据えてやるか』なノリで占ってもらった。

手相と人相占いだった。
お金払って(5000円だったと記憶)両手を見せたら
ものすごい勢いで占い師が話し出した。

その占い師の言ってた内容なんだけど
::父方祖母が自殺している。
::父の妹(私の叔母)が生まれて間もなく祖母と一緒に死んでいる。
::死因は毒か何かを飲んでの中毒死。
::貴方のご先祖に馬に乗った兵隊さんがいる、その人が貴方(私)の後ろにいる。
::ご先祖の中に外国の人がいるはず、そのご先祖との縁は貴方(私)の身体に現れる。
::貴方(私)は結婚しちゃいけない。結婚したら不幸になる、相手に命も財産も奪われることになるかもしれない。
  それを防ぐには日々ご先祖様に感謝しなくてはならない。
::結婚してても、してなくても50歳まで生きられない。だから毎日を大事にしろ。
::悪魔に魅入られ易いから気をつけろ。それを防ぐにはごせんz(ry



966: 965 2012/02/02(木) 04:30:49.58 ID:JRdCFivy0
長いから分割しました。以下>>965の続き


私と姉は顔面蒼白。
『あ、そうですか。もういいです。』と言って逃げるように帰宅した。

私の祖母は親子心中をした。生まれたばかりの叔母と父に毛染めを飲ませ
父は生き残ったけど、祖母と生後一ヶ月の叔母は亡くなっている。
そして、私の曽祖父は日露戦争で馬に乗ってた、愛馬もろともその戦争で戦死しています。
私と姉、両親しか知らないはずの身内の死に様。
こうも言い当てられると本当に怖かった。っていうか、今も怖い。

近年、私に遺伝病が発覚。その病気は日本人には稀で、外国の民族病みたいな病気。←ご先祖の中の外国人、身体に現れる。
更に私は離婚歴ありになってしまっている。
離婚するくらいだから確かに不幸な結婚だった。←結婚したら不幸云々、命、財産云々。
やっぱり当たってしまってると思う。

今ほんのり怖いのが、50まで生きられないって言われたこと。

あれっきり、あの占い師に会えていない。会えたならもう一度見てもらいたい。
ほんのり怖い・・・怖くないか。私にはほんのり怖い。



967: 本当にあった怖い名無し 2012/02/02(木) 05:04:12.08 ID:vThHPJDGi
>>965
十分こわいです
お祓いしてもらってもだめなのかな



968: 965 2012/02/02(木) 07:14:33.70 ID:JRdCFivy0
>>967
どうなんでしょう?これに関して、お祓いとか考えた事もありませんでした。
毎年神社でいろいろやってもらっているので…あ。あれはご祈祷でお祓いとは違うのかな?わかりません。

実は他にもいろいろと将来の具体的なことや(当時からみての将来なので、ほぼ今現在)
先祖にまつわることを占い師から言われていて、『50歳まで生きられない。』ということを残して、
当たってしまっているんです。悪魔に魅入られ易いとかは、魅入られた実感がないので当たってるのかは分かりません。

また、前出以外に言われた先祖にまつわる事柄は、戸籍や過去帳等で明確に判別できない事柄ばかりなのですが
大叔母や大叔父の話、祖父、祖母、曽祖父、高祖父が残した日記や手紙、写真
先祖代々受け継いでいる品物等から推測すると、『当たっている』と言えるものばかりでした。

占い師に占ってもらってから、いつも占い師の言っていたことが頭の隅にあり
『どうせ当たらない、当たって堪るか』と思いながら生きてきましたが、残す所一つとなるとさすがに怖いです。
むしろ、そうやって頭の片隅に常にあることで、こういう結果を自ら招いてしまったのかな?
なんて思ったりもしましたが、先祖にまつわる事が当たりすぎてて…

元々オカルト染みたことは否定したい人間だったのですが、
ここまで来ると信じざるを得ないと言った気持ちでいます。今更なんですけどね。

長文乱文失礼しました。誰かに話してすっきりしたかったんです。



983: 本当にあった怖い名無し 2012/02/02(木) 12:37:17.11 ID:8p7pMk8H0
>>965
騙されるな
おまいの事など調べようと思えば…
ましてや金が絡めば



985: 本当にあった怖い名無し 2012/02/02(木) 13:05:42.50 ID:g5LRFXVG0
>>983
探偵とか興信所とかって予め調べておいて、待ち伏せしてたとか?
それはそれで、霊とか占いとは違う意味で非現実的だな



991: 本当にあった怖い名無し 2012/02/02(木) 17:36:51.55 ID:iJ+2nMU10
昔、高田馬場で「貴方の幸せをお祈りさせて下さい」ってのに話しかけられて
本当に俺の幸せを願うなら、500m以内に近づくな。とお答えして通り過ぎたら
背中越しに「この、悪魔ぁぁぁ!」と呼んで頂けた事がある


洒落怖おすすめ
【洒落怖】洒落にならない怖い話『裏S区』
http://blog.livedoor.jp/nwknews/archives/4632596.html

【洒落怖】洒落にならない怖い話『パンドラ・禁后』
http://blog.livedoor.jp/nwknews/archives/4589617.html

【洒落怖】洒落にならない怖い話『地下の丸穴』
http://blog.livedoor.jp/nwknews/archives/4589017.html

【洒落怖】洒落にならない怖い話『リゾートバイト』
http://blog.livedoor.jp/nwknews/archives/4589657.html

【洒落怖】洒落にならない怖い話『危険な好奇心・ハッピータッチ』
http://blog.livedoor.jp/nwknews/archives/4589674.html

【洒落怖】洒落にならない怖い話『リアル』
http://blog.livedoor.jp/nwknews/archives/4589627.html

【洒落怖】洒落にならない怖い話『八尺様』
http://blog.livedoor.jp/nwknews/archives/4586568.html


死刑に反対する奴って何が目的なの?

「途中で作者が狂った」←という作品

思わず保存した最高の画像スレ『鎖が腕に同化した少年』

お前らがグッっと来た画像を貼るスレ『都道府県のワーストを描いた地図 』

これ伏線だったの?!っての教えて

ケロケロケロッピって何で消えたの?


「正直ここは泣いてしまった」ってアニメのシーン

自衛隊の良い話

坂が多い街並みってワクワクするよね。長崎とか。住みたくはないけど

海外の都市伝説ってどんなのがあるの?

嫌われる勇気―――自己啓発の源流「アドラー」の教え
岸見 一郎 古賀 史健
ダイヤモンド社
売り上げランキング: 2