1:世界@名無史さん:2011/12/05(月) 21:00:37.35 ID:0.net
軍事的だけでなく、政治的にも文化的にも多大な影響を後世に及ぼした
名君は誰なのか? 

候補・・・
ギリシア・ローマ ローマ皇帝・トラヤヌス
イスラム 正統カリフ・ウマル
東アジア 趙匡胤
西欧 ヴィクトリア女王
転載元:http://awabi.2ch.sc/test/read.cgi/whis/1323086437/
「なぜイケメン扱いなの?」と疑問に思う芸能人ランキング
http://blog.livedoor.jp/nwknews/archives/4800159.html
Traianus_Glyptothek_Munich_72


2:世界@名無史さん:2011/12/05(月) 21:01:24.00 ID:0.net
ちなみにチンギス・ハーンやティムールのような
文化的に後世に悪影響を与えたような人物は除外した



52:世界@名無史さん:2011/12/06(火) 20:38:49.20 ID:0.net
>>2
チンギスハーンが後世に残した遺産→ソ連(ロシア)中国、朝鮮



219:世界@名無史さん:2013/09/07(土) 11:39:05.75 ID:0.net
>>52
ロシアはバシレイオス2世やリューリク等の影響の方がでかかろー



3:世界@名無史さん:2011/12/05(月) 21:05:22.24 ID:0.net
趙匡胤・・・(笑)

ヴィクトリア女王(爆笑)



4:世界@名無史さん:2011/12/05(月) 21:06:41.94 ID:0.net
各文化圏毎に選出したんだが
トラヤヌスとウマルは否定しようがないと思うが・・・



5:オツガイ ◆EAbyJft1LY :2011/12/05(月) 21:18:55.64 ID:0.net
>>1
インドや東南アジアや中央ユーラシアやアフリカや、
南北アメリカやオセアニアの名君は選出しないの?
僕は東南アジアやアフリカやオセアニアについては、
詳しくないんで何ともいえないけどインドとアメリカと、
中央ユーラシアでそれぞれ1人ずつ選出するとしたら、
インド:アクバル
中央ユーラシア:チンギス
南北アメリカ:ペドロ2世
あたりになるかな。まぁ僕の主観がかなり入ってるけど。



6:世界@名無史さん:2011/12/05(月) 21:21:44.88 ID:0.net
>>5
チンギス・ハーンはダメですよ とてもじゃないけど名君じゃない
ティムールやチンギス・ハーンはダメですよ 



7:オツガイ ◆EAbyJft1LY :2011/12/05(月) 21:25:01.90 ID:0.net
>>6
まぁ、そこら辺は何を持って名君とすべきかという定義によるから、
人によって意見が別れると思うけど。一国家の君主という観点で、
見ればモンゴル帝国繁栄の礎を築いたチンギスは普通に名君と、
言えると思うよ。まぁ、文化面を考慮するならティムールのほうが、
チンギスより上回ってるとは良く言われるけどチンギスもアリかな。



9:世界@名無史さん:2011/12/05(月) 21:27:11.65 ID:0.net
>>7
軍事 文化 政治 人格
すべてを考慮するとチンギス・ハーンはただの蛮族の親分だから除外されます
ティムールもダマスカス市民を虐殺しているので除外されます



14:オツガイ ◆EAbyJft1LY :2011/12/05(月) 21:36:48.67 ID:0.net
>>9
その項目で考えるなら軍事と政治は普通に名君と言って差し支えない気がする。
まぁ文化面でのチンギスの功績は確かに少ない気がするけど。人格に関しては、
正直何とも言えないけどチンギスが特別ひどい人格だったという印象はないなぁ。
彼が蛮族の親分だから云々というのは単なる遊牧文化圏への偏見に聞こえるし。
まぁ、都市を虐殺したかどうかが名君の基準となると両方とも外れるだろうけどね。



8:世界@名無史さん:2011/12/05(月) 21:27:09.72 ID:0.net
ヘレニズム文化で大乗仏教や、ミトラ教を地中海世界に広めてクリスマスなど
後のキリスト教文化にも影響を与え、アジア、エジプト、ローマに多大な影響を
与えたアレクサンドロスが余裕でトップだろ。



10:世界@名無史さん:2011/12/05(月) 21:28:53.22 ID:0.net
ギリシア アレクサンドロス大王
ローマ トラヤヌス
イスラム ウマル
中国 趙匡胤
東南アジア 該当なし
インド アクバル大帝
ブラックアフリカ 該当なし

以上



14:オツガイ ◆EAbyJft1LY :2011/12/05(月) 21:36:48.67 ID:0.net
>>10
中央ユーラシアと南北アメリカも一応入れて欲しいです。
それと東南アジアやブラックアフリカも名君はいたでしょ。
まぁ僕は詳しくないんで実際に誰かは挙げられないけど。



12:山野野衾 ◆m6VSXsNcBYte :2011/12/05(月) 21:31:38.18 ID:0.net
西欧なら、神聖ローマ皇帝のフリードリヒ2世とか。
どういう行動を名君のものとするかも、時代により変わってまいりますが。
中世の模範的キリスト教徒からすれば、当然名君にはなりませんし。



19:オツガイ ◆EAbyJft1LY :2011/12/05(月) 21:50:04.72 ID:0.net
>>12
フリードリヒ2世は現代の視点で見ても名君かどうか微妙な気がするなぁ。
あくまで単なる変人だったというだけで、アイユーブ朝との和平にしたって、
恒久的なものではなかったし、教皇との諍いとか見ててもそんなに政治が、
上手いタイプとは思えない。単に親イスラムの変わり者だっただけだと思う。



13:世界@名無史さん:2011/12/05(月) 21:36:40.20 ID:0.net
北アメリカ リンカーン

南アメリカ シモン・ボリバル

ヨーロッパ社会形成のプロセスで言うと古代はアッテッラ、グローバルでレーニン



17:オツガイ ◆EAbyJft1LY :2011/12/05(月) 21:43:23.84 ID:0.net
>>13
リンカーンもボリバルも「君主」ではないから該当しないと思うよ。
僕は南北アメリカの名君ならブラジルのペドロ2世を推したいね。
他にも古代だったらインカ帝国のワイナ・カパックとかを挙げる。
後、僕は詳しくないんだけど古代オリエントやオセアニア方面の、
名君も誰か挙げられないかな。そこら辺も多分名君いるだろうし。



15:世界@名無史さん:2011/12/05(月) 21:37:18.41 ID:0.net
ウマルがいなかったら後のイスラム文化は誕生していなかったし
アレクサンドロスがいなかったらヘレニズム文化は誕生していなかった

チンギス・ハーンがいなかったら中央アジアやイスラムや中国の文化が破壊されることはなかった



42:世界@名無史さん:2011/12/06(火) 02:59:53.55 ID:0.net
>>15
真の意味でイスラムを定着させ文化爛熟の起点になったのはアブド・アルマリクだと思う。



46:世界@名無史さん:2011/12/06(火) 12:03:26.01 ID:0.net
アレクサンドロスは、「軍事的だけでなく、政治的にも文化的にも多大な影響を与えた」
まではその通りなんだけど、名君だったかどうかは疑問。「文化的」というのも
結果的にそうなっただけだし。アジアとギリシアの民族融合は成果が
でなかったし。結局ギリシア人は元ペルシア領土に建設した都市に篭り、
現地人との融合はなかった。

アレキサンドリアの文化的影響は多大なものがあるが、これもムーセイオンを
建設したプトレマイオス朝君主の業績であって、アレクサンドロスの功績といえる
かどうか。

「軍事的だけでなく、政治的にも文化的にも多大な影響」というのなら、
ナポレオンも外せないのではないだろうか。名君では全くなかったと
思うが、フランス革命の成果を欧州全体に広めた業績は大きい。



162:世界@名無史さん:2012/01/16(月) 20:31:24.86 ID:0.net
ナポレオンだろ

>>46でも出てるが、フランス革命による自由主義の波を世界中に広げたんだからな


じゃなきゃラテンアメリカの独立運動なんかもないし、全く違ってたんじゃないか?



49:世界@名無史さん:2011/12/06(火) 20:32:56.05 ID:0.net
中国は光武帝だろ
趙匡胤は善人だけど弱腰すぎる



55:世界@名無史さん:2011/12/06(火) 21:58:03.53 ID:0.net
1だがまとめる
単に戦争に強いだけの野蛮人は理想的な統治者とは認めません
チンギス・ハーンとかティムールとかヴァンダル族みたいなの

ローマ ハドリアヌス 属州からの戦略的撤退を実施しローマの繁栄に貢献
ギリシア アレクサンドロス大王 ヘレニズム文化を創出
イスラーム 正統カリフ・ウマル イスラム教の基礎をつくる
インド アクバル 宗教の融和による政治力を評価
中央アジア 該当無し 
東アジア 趙匡胤 中国歴代史上最も文化的に繁栄した宋の理念をつくる
東南アジア 該当無し
西欧 ヴィクトリア女王 大英帝国の全盛期の女帝
アメリカ トーマス・ジェファーソン 共和国としてのアメリカの理念をつくる
ブラックアフリカ 該当無し
新大陸 該当無し



73:オツガイ ◆EAbyJft1LY :2011/12/07(水) 03:52:15.22 ID:0.net
>>55
チンギスやティムールだってちゃんと政治面でもそれなりに有能なところがあるよ。
決して戦争が強いだけではないでしょ。ティムールは文化面もわりと保護してたし。
それと、アメリカと新大陸を分けてるのが意味分からない。せめてラテンアメリカと、
アングロアメリカみたいな感じで分けるか一緒のカテゴリーにすべきでしょ。しかも、
アメリカで挙がってるジェファーソンは君主ではないし。東南アジアと中央アジアと、
ブラックアフリカと新大陸に該当者なしっていうのもひどいし。オセアニアや東欧や、
北欧辺りは書かれてすらいないし。何かかなり偏りを感じるまとめになってると思う。



91:世界@名無史さん:2011/12/08(木) 03:01:30.70 ID:0.net
>>55
チンギス・ハンはモンゴル族の制度を劇的に改変して統治体制を構築した統治の功績、
ユーラシア諸国の経済を繋げて一大経済圏を築いた経済的な功績があって
文化的には立ち遅れていたけど偉大な統治者だぞ

ティムールはそのチンギス・ハンの制度をさらに発展させ制度を整え
文化的にはサマルカンドを発展させたりと軍事一辺倒ではないよ

モンゴル帝国の繁栄は伊達じゃない

あとフビライ入れろ



93:世界@名無史さん:2011/12/08(木) 09:21:05.05 ID:0.net
>>91
モンゴル帝国歴代ハーン中だとフビライは内政はトップクラス、戦争も上位だな



67:世界@名無史さん:2011/12/06(火) 22:43:58.89 ID:0.net
まとめということはもう終了なのだろうか。

ヴィクトリア女王は伝記を読んでる限りでは名君とは程遠いイメージなんだが。
有能な人物を登用するのは名君の資質とはいえ、英国は当時既に議会制が
根付いていたので、彼女が大嫌いなグラッドストーンとか任命しなかったら、
どんな騒ぎになっていたか。そもそもロンドンにあまりおらず、国民からも
「もう王家はいらない」とか世論が出たりしたこともあったそうだし、
女王が齎した政治的文化的影響って何かあるのだろうか。しかも治世末期には
産業経済力では米国に抜かれており、経常収支の大半が海外投資収益という、
金融経済に移行していた。まあ、金融経済という現在の状況を先取りしていると
言えるし、なんだかんだで結果的に立憲君主制を根付かせたと言えなくも無いが。

ところで、ジェファーソンとワシントンの関係は、趙匡胤と匡義との関係に似ている気がする。



118:世界@名無史さん:2011/12/29(木) 08:46:21.82 ID:0.net
名宰相といえば誰になるんでしょう?



121:世界@名無史さん:2011/12/30(金) 01:36:56.08 ID:0.net
サー・ウィンストン・レナード・スペンサー-チャーチル

稀代の名宰相。
彼の膂力がファシズムからヨーロッパを救った。
もし彼がいなければ、アメリカ合衆国は共産主義の拡張を怖れるあまり
ナチスドイツと和睦することも躊躇せず、
世界の歴史は実際よりも悪い方へ変わっていたであろう。
ちなみに、若き女王は彼にロンドン公爵を授けるつもりであった。



122:世界@名無史さん:2011/12/30(金) 03:07:48.24 ID:0.net
ぶっちゃけ人格項目は時代によって基準が異なるし除外でいいんじゃね?
明らかな悪政(国を傾けたとかそういうのね)ってのだけアウトにして

名宰相だとビスマルク、カヴール、ケマルあたりが浮かぶな



123:世界@名無史さん:2011/12/30(金) 03:29:59.49 ID:0.net
アクセル・オクセルシェンナ一押し
17世紀スウェーデンの覇権を支えた名臣



148:世界@名無史さん:2012/01/09(月) 22:54:16.81 ID:0.net
日本史上最高なら北条氏康か
戦も強く民政家、欧州の啓蒙専制君主に近い



149:世界@名無史さん:2012/01/09(月) 23:06:37.38 ID:0.net
北条氏康なんて所詮関東の雄程度だろ
日本史上最高の君主は秀吉以外の選択肢0



151:世界@名無史さん:2012/01/10(火) 13:41:02.28 ID:O.net
氏康の民政は早雲由来だと思ってた



152:世界@名無史さん:2012/01/10(火) 18:31:55.34 ID:0.net
昭和天皇だろ
日本帝国はなんだかんだ言っても
東アジア東南アジアの近代化に貢献した



153:世界@名無史さん:2012/01/10(火) 19:24:17.46 ID:0.net
あそこまでの大敗北を喫して尚、近代国家の君主がその地位から放逐されなかったという点では
昭和帝は空前絶後の君主であると言えるが、最高の君主ってわけじゃない
負けたからな



157:世界@名無史さん:2012/01/14(土) 22:44:18.08 ID:0.net
徳川家康

軍事的功績と政治的功績ではトップクラスだろう
徳川幕府の統治能力の高さは江戸時代の繁栄が証明している

明治以後の日本の飛躍は江戸時代の蓄積があってこそ
徳川幕府を開いた家康は後世に好ましい影響を与えた名君だよ



160:世界@名無史さん:2012/01/16(月) 02:30:46.83 ID:0.net
ゴルバチョフ。



161:世界@名無史さん:2012/01/16(月) 04:40:13.67 ID:0.net
まあゴルビーが往生際の悪い男だったらソ連崩壊前に
核戦争を起こしたかもしれんからな。
話の分かる人間で本当によかった。



164:世界@名無史さん:2012/01/17(火) 22:40:41.74 ID:O.net
やはり金正男だな。定説である



170:世界@名無史さん:2012/01/26(木) 06:49:54.43 ID:O.net
金正男は確かに我々が思ってる以上にまとも。冗談抜きに彼が指導者になれば、北の改革開放が進んで極東アジアの平和もぐっと高まってたかもしれないね。



171:世界@名無史さん:2012/01/26(木) 13:01:56.29 ID:0.net
無理無理

あの国は軍部が権力も経済も強烈に支配してるから
その軍部からの支持を受けられないまさおでは権力構造的に神輿以外になれない
今の三男坊と大差ない
もしそれを無視して動けば暗殺かクーデターが起こるよ



180:世界@名無史さん:2012/02/09(木) 01:34:31.93 ID:0.net
イランの高祖ことキュロス二世がおそらく世界で最も偉大だろうね。
欧米白人が念仏みたいに常時唱えてる「自由」だとか「平等」だとか、
この人が由来だからね。次点で支那の光武帝。キュロス二世に
治世の仕方がそっくり。次に武張った活躍ばかり目立つチンギスハン。
彼は牧畜民に農耕世界の生き方を選択させた。これはすごい大転換で、
今で言えばアメリカの大統領が角刈りで来日し日本語を話して
日本に帰化し、仏教徒に改宗するくらいにありえない民族転換であった。
次にビザンツの名前を忘れたが某老獪皇帝。巧みな外交でビザンツを
周囲の蛮族から守り通し1000年帝国を築いた。この帝国の
寿命は史上最長じゃ
ないか?



183:世界@名無史さん:2012/02/09(木) 13:50:52.63 ID:0.net
>>180
ビザンツが崩壊しかけた7世紀中盤を起点とすると、実質「帝国」と呼べる
領域を持ったのは1350年頃まで。700年程度。
ローマがイタリア半島の1/3くらいの領土になったのが前350年くらいで、
7世紀初くらいまではローマ帝国といえるからローマ帝国の方が200年程
長いと言えると思う。

現スペイン王国も起源はアストゥリアス王国にあるから1300年くらい続いていると言える。



201:世界@名無史さん:2012/02/11(土) 21:07:53.55 ID:0.net
名君としてフリードリヒ大王を挙げる人は多いが
親父のフリードリヒ・ヴィルヘルム1世の方が名君だと思うわ



204:世界@名無史さん:2012/02/18(土) 19:11:21.68 ID:0.net
>>201
同意、兵隊王はもっと評価されるべきだな
内財政、外交においては大王以上
大王が兵隊王より明らかに優れてるのは文化的素養ぐらい



205:世界@名無史さん:2012/02/20(月) 04:18:14.00 ID:0.net
>>204
軍事面は圧倒的に大王
兵隊王は内政の鬼



206:世界@名無史さん:2012/02/20(月) 22:47:03.56 ID:0.net
確かに結果から見れば大王の軍事面での業績は見事だがね

オーストリア継承戦争は良いとしても
七年戦争は誰が見てもプロイセンが勝てる戦争ではない
エリザヴェータがあと数年存命するか後継のピョートル3世が
お人好しの大王信奉者じゃなかったら
プロイセンはポーランドの二の舞になってた。
大王がいくら戦術レベルで卓越していても
七年戦争を戦わざるを得ない状況に追い込まれた時点で
戦略家としてアウトだ

兵隊王は戦術家としては未知数だが、軍政家としては一流
小国プロイセンが強大な常備軍を維持する基礎を作ったし
大王得意の機動戦も兵隊王時代からの訓練の行き届いた
精強なプロイセン軍だから可能だった
どれもこれも兵隊王の遺産だよ

戦略面でも堅実派の兵隊王なら、少なくとも大王のような
冒険主義的戦略はとらない
堅実というか、まぁ単に可愛い兵士を失うのが嫌だったのかもしれんが
七年戦争でのプロイセン軍の損耗を見たら卒倒しただろう



207:世界@名無史さん:2012/02/22(水) 04:13:17.64 ID:0.net
>>206
ただ歩兵の整備はしたものの、王個人の趣味で作った巨人兵、騎兵はオーストリア継承戦争初期で役立たず
前者は解散以外の選択肢はなかったし、後者は大王による再編成が必要で
兵隊王は「軍の構築者」としては褒められたもんじゃない

やはり人には得手不得手ってもんがあるよ



261:世界@名無史さん:2013/09/23(月) 23:23:50.81 ID:0.net
バイエルン王ルートヴィヒ2世
普仏戦争のさなかにあって、国民の軍事面の負担を避けたのは評価していい。



262:世界@名無史さん:2013/09/24(火) 17:02:34.15 ID:0.net
ご冗談でしょw
ルードヴィヒIIの功績は、ワーグナーの作品群を作らせたことと
観光名所になってる建造物を残したことぐらいでしょ



278:世界@名無史さん:2013/10/03(木) 12:39:05.55 ID:0.net
>>262
この人も文化系の君主だね。かなり好き。
城とワーグナーが有名すぎてそればかり言われがちだけど
戦争を回避したりしてるしね~。まぁ消極的回避か逃避かも知れないけど。

でも城は稼ぎ続けているし音楽も残ったし文化的に好しだと思う。
城はZDFが選ぶドイツの世界遺産2位だったしドイツ人も自慢に思ってるのかもね。
ちなみに1位はケルン大聖堂。歴史ある宗教施設には勝てないよね~。





【閲覧注意】三大見飽きた心霊動画は?「オーシャーマッ!」「ベティの誕生日」あとは?

かわいい女の子がやったら反則なもの教えて

【閲覧注意】爺ちゃんの遺品が怖い

【画像あり】3.11の津波動画に不思議なものが映ってるんだが

吹いた画像を貼るのだ『羊毛フェルトで猫作ったよー』

映画の中の名言をあげるスレ

【閲覧注意】絶対にやってはいけない事上げて行こうぜ

アメリカの歴代インディアン政策について書いてく

小さい頃、親に怒られてばかりだった奴は「何をするのも面倒だ」と感じる大人になる

これホントに実在するの?ってなるような造形の生物画像ください

ゲーセンで出会った不思議な子の話

嫌われる勇気―――自己啓発の源流「アドラー」の教え
岸見 一郎 古賀 史健
ダイヤモンド社
売り上げランキング: 2