転載元:http://toki.2ch.net/test/read.cgi/occult/1319051007/
オーパーツ・古代文明『世界各地に伝わる洪水伝説』
http://blog.livedoor.jp/nwknews/archives/4721317.html
暗い


10: 本当にあった怖い名無し 投稿日:2011/10/20(木) 18:37:50.16 ID:Z5wd6m+CO
うちの実家になにかいるっぽいんだよ。
10年ぐらい前に建てた家で両親と妹が住んでて私は四年前に家出てるんだが、なんか声がすることがあるんだよね。
私だけだし空耳かな、と思ってたんだけどこの前帰ったときにその話したら母と妹もその声聞いたことあるって言い出した。

妹は、家に帰ってきて「ただいま」って言ったら「おかえり」って返ってきたんだと。でも家には誰もいなかったんだと。それが月数回。
母は、二階の部屋で洗濯物たたんでたら一階から「すみませーん」って呼ばれたんだと。お客さんかと玄関に行ってみるも誰もいない、外に出てみても誰もいないってことが二回。
あと夕飯作ってたら真後ろで「もしもし」って。振り向いても誰もいない。これは何回かあるらしい。
共通してるのは、自分以外誰もいない家で聞いたってことと、野太いおっさんの声だったってこと。
私も聞いた。

休みの日に昼過ぎまで寝ててそろそろ起きるかって思ってたら名前呼ばれた。父が昼飯でも作ってくれたのかと思ったけど誰もいなかった。
誰もいないのをいいことに妹の部屋勝手にあさってたら名前呼ばれた。ビクッとした。けど別に怖いとかなかった。

受験生で夜中まで自室で勉強して(るふりして漫画読んで)たらまた名前呼ばれた。部屋から出てみるも真っ暗で両親の部屋も妹の部屋も覗いてみたけど寝てた。さすがに怖くなって寝た。
ひとりでパスタ茹でてたら名前呼ばれた。今回は悪いことしてませんよ!と誰もいない空間に言い訳してみた。

そんな感じで野太い声のおっさんがうちの実家にいるっぽいんだ。父は聞いたことないらしいけど。害があるわけでもないし、母と妹なんかは先祖の守護霊的なものじゃないかと言ってる。
私はそうは思えんのですよ。なんか唸るみたいな怒鳴るのを抑えてるみたいな声なんだもんよ。
よくあるような話ですまんね。
ただ、私だけ名前われてるのが気になるというか、いい気しない。
コレお祓いとかした方がいいのかね?



12: 本当にあった怖い名無し 投稿日:2011/10/20(木) 20:45:53.69 ID:p/Z5C9fV0
「オバケの類は同じ言葉を2度繰り返せない」(「もしもし」は「もし」としか言えない)
なんて話があった気がするけど、この俗説がひっくり返るね



13: 1/5 投稿日:2011/10/20(木) 20:53:24.32 ID:K1NRBSjWP
体験した時は怖かったけど後から考えるとそんなに怖くなかったので、ここに投下させてもらいます。
無駄に長くてすいません。文章って難しいですね。


今年の5月の末だったか、季節はずれの台風が関東の近くまで来てた日のことです。
両親がたまたま一泊二日の旅行に行っており、私と兄の二人きりでした。
その日は日曜日。
兄は休みの日はほとんど外でぶらぶらしている人間であまり家にいない性質だったので、この日も夕飯はどうするんだろうとかそんなことを考えていたのを覚えています。
しかし珍しく兄は夕方に帰宅(台風がきていたのもあったと思う)。夕飯は近くのラーメン屋で食べることに。
そのラーメン屋は歩いて3分程度のところにあり、少し雨は降っていましたが本降りではなかったので傘もささずにラーメン屋へ行きました。

そしてその帰りのこと。
早めに家を出たせいかまだまだ明るい時間でした。
ラーメン屋から家まで途中に公園…というか広場があるのですが(物置と駐車場くらいしかない)、そこに誰かいる。
幼稚園から小学校低学年くらいでしょうか。黄色い雨合羽をきた子供のようでした。
私は目が悪いのでなんともはっきりしませんでしたが、なんとなく女の子だなと思いました。
物置に向かい合う形でじっとしているので、何だか様子がおかしい。
でももしかしたら親にゴミを物置に置いてきてと頼まれたのかもしれない。
よく考えてみればこんな台風の日に女の子が一人で外にいるのもおかしな話なのですが…



14: 2/5 投稿日:2011/10/20(木) 20:54:11.59 ID:K1NRBSjWP
その時はあまり気にせず、広場の横を通り抜けました。
そして自分の家に向かう角を曲がる時、ふと思い立ってふり向いたら

女の子がついてきてる

ついてきている、というよりも…私の後ろ10メートルくらいに立っていました。
…足音とかしたっけ?
いやそもそも考えてみたらうちの近くにこんな小さい子はいない
とか気づいてしまい、
急にぞっとして慌てて角を曲がり先をいく兄を追いかけ、
「広場にいた女の子ついてきてる!」
と言うと、兄も少し不審に思ったのか、角まで戻って様子を伺いにいってくれました。
すぐに兄は戻ってきましたが、どうも私がみた時よりちょっと広場に戻ったところに立っていたようで、
「でもなんかずっとこっちみてた。気持ち悪いな」
と、なんだかすっきりしない顔をしていました。
しばらく家の前から角の辺りをみていましたが、特についてきている様子はなかったので家に帰宅。



15: 3/5 投稿日:2011/10/20(木) 20:54:53.94 ID:K1NRBSjWP
その後夜になって特に面白いテレビをやってるでもなく、何かしようとするでもなかったので、
兄が先に風呂に入り、私が次に入りました。
さっきの女の子のことが気にかかって仕方なかったのですが、普通にお風呂ではなにもなく、
これから2ちゃんでもみるかなと思いながら風呂から上がった時です。
バタンッ!!
と、扉が閉まる音がしました。
元々割りと大きな音がなる扉だということと、家の構造上結構響くので、間違いなく車庫だとわかりました。
でも誰が外の車庫の扉を?
もしかして兄がコンビニにでもいったのか、それともコンビニから帰って来たのか。
風呂上りなのに台風の中よくいくなーアホだなーと思い、さっさと服をきて玄関へ確認しに。

…そこで居間の扉からでてきた兄(+犬)と鉢合わせました…

「え?今のお兄ちゃんじゃないの?」
「あれ?」
お互いに相手の方が扉を開けたんだか閉めたんだかしたと思っていたようです。
と、なると一体誰が扉を…
さっきのこともあったので気持ち悪く、兄に確認してくれと頼んだのですが兄もチキン。
玄関の扉にチェーンをした状態で開いて周りをちらちら確認する程度w
とりあえず台風もあったので風で閉まったんだろう、ということに。
…ラーメン屋いって帰って来た時にしめたと思うのですが…



16: 4/5 投稿日:2011/10/20(木) 20:55:51.81 ID:K1NRBSjWP
その後兄は先に寝てしまい、私は一人でだらだらテレビタイム。
しかし次の日仕事ということもあるので11時くらいに自室にあがろうと階段へ。
そこでふと階段前から玄関の方をみたのですが(玄関はいって曲がるとすぐ階段って構造)、
出窓に何か動くものがある。
目が悪(ryので目を凝らしてよくよくみると、


それは、真っ白な人の手のひらでした。
それがいくつも。うねうね間接を動かしていました。


びっくりして抱えていた犬をぎゅっと抱えなおし、自室に逃げて布団に包まって寝ました。
朝、恐る恐る出窓を確認しましたが、置物がおいてあるだけで何もない…。


その後、我が家では何も起きてはいません。
大体こんなことも初めてでしたw怖い話は好きだけど、こんな体験をするなんて…
なんだったんでしょう?


ただひとつ、最近になってもしかしたらこれが原因?という話がでてきました。



17: 5/5 投稿日:2011/10/20(木) 20:56:40.11 ID:K1NRBSjWP
兄がいい雰囲気になった女の子に付き合わないかといったら、
「○○くんと付き合いたいけど女の人の霊(?)(生霊?)がついてるからちょっと怖い…」
「友達づきあいなら大丈夫そうだけど、彼女になったら自分に害がきそう」
「お払いとかしたほうがいいとおもう」
と言われたそうです。
どうもその女の子は霊感があるらしく、今までそんな話をしたことはなかったのに、急にそんなことを言われたとか。


…まさかとは思うけど兄と二人だったから変な現象が起きたのでは…
女の人の霊じゃなく見かけたのは子供だったけれど、もしかしたら…
いや、そもそも自分妹なんですけど…ね…



長々と失礼しました。これで終わりです



18: 本当にあった怖い名無し 投稿日:2011/10/20(木) 21:01:36.16 ID:8Z4kY0O90
幽霊が書き込んだってことなのか?
あんたがお兄ちゃんについてるのか?



21: 本当にあった怖い名無し 投稿日:2011/10/20(木) 21:43:40.24 ID:fVjVhstB0
>>18
>>兄に憑いてる(?)女の霊が妹を気に入らないのかも、ということでしょ



20: 本当にあった怖い名無し 投稿日:2011/10/20(木) 21:39:31.17 ID:qezwM8qo0
妹とその霊感のある女の子とで兄の取り合いになるわけですね



22: 本当にあった怖い名無し 投稿日:2011/10/20(木) 21:45:58.39 ID:fVjVhstB0
ホラーの実態は実は人間のドジが原因というのが結構あるかも、と思わせる体験談

■恐怖のスイカ蹴り■

終戦直後の俺の爺ちゃんの体験談(婆ちゃんから聞いた)
終戦直後のある夏の夜の出来事、仕事で遅くなった爺ちゃんは帰宅途中の踏切にさしかかる
当時は大都市と言っても終戦直後のため、夜になれば街灯もなく、街は真っ暗だったらしい。
しかも爺さんは近視だったので周囲の状況を確認しづらかった。

踏み切りを越えたあたりで足元にゴツンと球形のものが当たる。
終戦直後の食糧難の時代、当時の日本人は家庭菜園をやって少しでも食料事情を改善するのが当たり前だった。
夏だったのでスイカの季節、爺ちゃんはスイカにつまづいたと気づいた。

「このスイカを家に持ち帰れば子供達も喜ぶな!(゚∀゚)」と思い、足元のスイカを拾い上げようとした。
「でも、踏切に捨ててあるようなスイカだし、汚いわな(´・ω・`)」と思いとどまる
「拾おうか、そのまま放っておこうか・・・」グダグダ悩みながら、スイカをチョンチョンと蹴って歩く

悩んでるうちにスイカを蹴ったまま100m程度(当時は旧単位1町?)歩き、食欲も失せたので放置して帰宅した。
翌日出勤しようと昨晩の踏切あたりを通ると、たくさんの人が集まってる。



23: 本当にあった怖い名無し 投稿日:2011/10/20(木) 21:46:35.55 ID:fVjVhstB0
>>22(続き)

爺ちゃん「なにかあったんですか?( ゚д゚)ノ」
近所の人「昨日の夜、踏切で人身事故があったみたいなんだけど・・・」
爺ちゃん「ほう・・・」(終戦直後は混乱の時代で、犯罪やら事故やら珍しくなかった)
近所の人「でもねえ踏切には首のない遺体だけで、首が近くになかったのよ。首だけ100m(1町)以上離れたところに転がってたって!」
爺ちゃん「( ゚д゚ )」
近所の人「首だけが移動するってあり得ないし、事故に見せかけた人殺しかね?なんにしても気持ち悪いわ」
爺ちゃん「うえっ・・・('A`)」
近所の人「どうしたの?」
爺ちゃん「なんでもありません。じゃあ(つД`)」

昨日の夜蹴ってたのはスイカなんかじゃなかった。生首だった。足元の物体も判別できないのかよ、爺ちゃん・・・
気分が悪くなった爺ちゃんは自宅に戻り、1~2日寝込んだ。戦争や空襲を体験してた当時の日本人としては軟弱な人だった。
まあ、それには理由があったけど。この「生首だけが移動した」事件、現場検証の結果で事故扱いにはなったものの、
近所では噂のホラー事件になったとか。誰にも話せなくなった爺ちゃんだが、妻(婆ちゃん)にだけ事実を伝えた。

数日後職場復帰した爺ちゃんだが、教師だった爺ちゃんの職場は学校。子供達は「生首だけが移動したホラー事件」で騒いでた。
爺ちゃん「おまえらバカなことで騒いでないで、さっさと教科書を開け!(`・ω・´)」と威厳を保つのに精一杯だったw



25: 本当にあった怖い名無し 投稿日:2011/10/20(木) 23:16:50.91 ID:yWHKG8ZH0
>>23
ほんのりした~



28: 本当にあった怖い名無し 投稿日:2011/10/21(金) 01:58:14.05 ID:tOmj/2xZO
>>23 嘘臭い、首を蹴ってりゃ血や髪に触れる
街灯もない暗闇だとして、血はスイカの汁と勘違いしても 髪は気づくわ
被害者が丸ハゲだったならともかくな



37: 本当にあった怖い名無し 投稿日:2011/10/21(金) 19:52:11.55 ID:1EgvS1F80
>>28
書き込んだ孫だけど、終戦当時は長髪なんていないから、ほとんどの男性は髪は短かったはず。
血については事故後何時間か分からないけれど、誰にも見つからず踏切近辺に放置されてたっぽい。
当時、道路は舗装なんてされてないし、首から上だけの部分での出血はほとんど止まってたと思われる。




34: 本当にあった怖い名無し 投稿日:2011/10/21(金) 17:46:40.81 ID:tzwVr3ODI
自分が幼児の頃、透明なおじさんが友達だったよ。
透明なんだけど、中肉中背。
服装はよく思い出せない。何か白っぽい服?
それから、何故かたまに包帯をしていた。

「何でしてるの?怪我したの?」と聞いても
「おじさん、透明だから時々包帯するんだよ」と言われ、
そうなんだ、ふーん…と思った記憶がある。
女の子が誘拐されたり何だのニュースがTVで放送された時、
親に知らない人について行くなと言われ、
「透明なおじさんは知らない人になるんだろうか?」と悩んだ事も。

透明なおじさんに聞いたら、「○○ちゃんはおじさんがついてるから
危険な目には合わないよ、絶対に。」
因みに親や他の大人には
「おじさんの事は秘密だよ。」と言われ口止めされていた。
色々遊んで貰って、お話もした。
だけど小学生になった頃に、
急におじさんの「気配」が分からなくなった。

多分近くにいるのに、姿が見えない。声も聞こえない。
何となく寂しかった。
そして○○おじさんと読んでいたはずなのに
呼び名がどうしても思い出せない。

あのおじさんは何だったのだろう。
今もそばにいるんだろうか?

会社をずる休みしたり、
ロクでもない事に現を抜かしていると必ず、
しっかりかけてあるはずの上着やカバンが落っこちたり、
ナベがピシッと鳴る。
せっかく見守ってくれてるのに、未熟者で申し訳ないやら何やら。
でもお風呂は見守らなくてイイからね、おじさん。



62: 本当にあった怖い名無し 投稿日:2011/10/22(土) 17:11:56.44 ID:DCq8jYd+O
うちの爺ちゃんが生きてた時の話
車で山道を走ってて、親父が運転してて俺が助手席、爺ちゃんが後部座席に座ってたんだけど
ある一帯で変な匂いがし始めた
ゴムタイヤを燃やした臭い+甘ったるい臭いが混ざったような感じの臭い
親父と俺は、何だくせえな何だこりゃと思って外の様子を穿っても
夜の山道だし暗くてよく分からないし、それにしばらく走っても臭いからかなり広範囲に臭気が漂ってるようだった

そしたら、爺ちゃんが多分これは人が死んで腐敗した臭いだよって言うから
俺と親父は本当かいなって思ったけどね
でも、戦争にも行った人だし、小さい頃はまだ土葬の風習があったらしいから
多分本当だろうって事で、山降りてから親父が公衆電話で匿名で通報してた

特にその後新聞なんかで報道は無かったから、実際何だったのかは分からないんだけど…

あれは本当に人が腐敗した臭いだったのかな…
腐乱死体の臭い実際嗅いだ事のある人居ます?



63: 本当にあった怖い名無し 投稿日:2011/10/22(土) 18:02:15.21 ID:hHVgIoa60
>>62
昔は犬猫がそこらでよく死んでてウジが湧いたりしてたからそれなら嗅いだけど、人のは流石にないね
食用肉が腐ったのはただ生臭いだけだけど、死体はそれに加えて汗臭い感じで区別できたのは覚えてる
けど、忘れられない臭いってほど特別なもんではなかった気がする

特に報道や騒ぎが無かったのなら動物のだったんじゃないかな



65: 本当にあった怖い名無し 投稿日:2011/10/22(土) 20:56:12.61 ID:DCq8jYd+O
>>63
確かに山の中に死体が放置されてたら流石に少しは報道されそうですし
イノシシか何かだったのかも知れませんね
当方九州ですけど、イノシシは結構居るんですよね
こないだも運転してたらウリ坊が道路横断してて…って関係無いですね笑失敬

って、ふと思い出したんですが
後出しで申し訳ないのですが、そういえば昔地元で○○スっていう紳士服の縫製メーカーだかの女性工員が殺害されて山の中だかに遺棄された事件があったんですよね

なんか気になってきました
事件の場所は調べれば解るでしょうから、今度親父に会った時にでも親父の記憶と照会してみます
…けど、忘れてるだろうなぁー
20年以上前だしなぁ


ともあれ、あんまり怖くなくてゴメンナサイ!m(_ _)m



66: 本当にあった怖い名無し 投稿日:2011/10/22(土) 20:56:33.21 ID:8WcGGlHT0
>>62
秋なら銀杏の匂いってこともある
烏の腐乱死体がそんな匂いだった記憶が
銀杏うまいのにな…あんな臭いなんて



72: 本当にあった怖い名無し 投稿日:2011/10/23(日) 08:17:45.46 ID:JFaRpuOU0
先日、大学の同期の友人と久々に食事した時の話。
友人は大阪に出て技術職、私は地元で病院に就職しましたが
勤めている病院は古く、度重なる増改築で構造はぐちゃぐちゃ、
たまに立ち入る旧館の方は零感の自分でもちょっと薄気味悪い感じすらします。
そして定番の、誰もいない部屋からナースコール、
外に誰もいないドアをノックされる、勝手に開く自動ドアなど
妙なことも数回経験しました。
食事の途中で、「病院って本当にそんなことあるんだねー」と
何気なく話題に出したんです。そしたらその友人も、
「自分の会社にもそういう事がある」と聞かせてくれたのが以下の話です。

「あのね、窓の外をおじさんが落ちるの」
私は「…え?」と聞き返しました。
友「会社が入ってるフロアがビルの14階なんだけど、
 その窓からまっさかさまに落ちていくおじさんが見えるんだよ。しかも定期的に。
 私就職して半年ぐらいだけど、その間に3回あったかな」
私「ええぇ……。それって、自殺した人が死んでると気づかずに
 何回も飛び降りてるとか、そういう……?」
友「ううん。何年か前に、窓拭きのおじさんが事故で落ちて亡くなったらしいの。
 落ちるときいつも同じ青い作業服姿で、落ちる窓も同じだし。
 私は直接見えない側のフロアだからいいけど、隣の会社の人がちょくちょく見ちゃうらしくて。
 新人さんとかはかなりびっくりするみたい。
 落ちるのが見えたら、一応下とか確認して管理会社に連絡するんだけど
 まぁ何もないよね。ほんとに誰か落ちてたらそれはそれでやだし」
私「絶対嫌だ……私そんな会社なら間違いなく辞める」
友「うん、結構辞める人多いみたい。仕事もハードだから40代とか50代の人が
 いきなり亡くなったりするしねー。心臓とか癌とかで」

それって本当に病気のせいだけなのか、と聞きたかったんですがやめておきました。
友人は「勝手に開く自動ドアとか、そっちの方が怖いし!」と言っていましたが
個人的には絶対に「落ちるおじさん」の方が怖いと思います……。



74: 本当にあった怖い名無し 投稿日:2011/10/23(日) 13:16:52.60 ID:zy5DwPNA0
>>72
落ちるおじさんはほんのりじゃないよ((((;゚Д゚)))))))



78: 本当にあった怖い名無し 投稿日:2011/10/23(日) 19:05:08.87 ID:JFaRpuOU0
>>74
正直自分も聞いたときは洒落怖!と思ったんですが
自分が体験したわけでもなく又聞きなのでこっちにしてみました

残業中の無人ナースコールは、それがあると上司もさすがに
「もう切り上げて全員帰るぞ」と言い出すので逆に嬉しいという



87: 本当にあった怖い名無し 投稿日:2011/10/24(月) 19:18:18.87 ID:7NgQ0InUO
多分心霊とかは関係ないけど、もやもやした話

夜中コンビニからの帰り道、凄い早歩きで俺のことを追い抜いて行った女が急に振り返って
「なんで私の跡追いかけてくるんですか!」
って叫んで走り去っていった。

周り俺と女の二人しか居なかったのに



88: 本当にあった怖い名無し 投稿日:2011/10/24(月) 20:35:24.42 ID:mO4/CEHF0
>>87
きっとその人疲れてたんだよ



91: 本当にあった怖い名無し 投稿日:2011/10/24(月) 21:10:29.39 ID:DqEicBKaO
>>87
きっとその人憑かれてたんだよ



89: 本当にあった怖い名無し 投稿日:2011/10/24(月) 21:02:11.05 ID:geNHXYiN0
去年入院した時に遭遇したほんのり体験。

3日間意識がなく、目覚めて初日の深夜に人生初の金縛りを体験。
体が急に強張ったような感覚と共に硬直し、
若干パニくりつつも「これが金縛りか……!」などと暢気に構えてたのだが……。

白いモヤが足元からゆっくりと覆いかぶさって来ていた。

「あら幽霊さん初めまして。私は○○です」なんてフレンドリーに頭の中で呟きつつも
視界がどんどん白く塗り潰されていき、これはそろそろ気絶するという直前…
見回りの看護士がドアを開け、その瞬間に白んだ視界や金縛りが嘘のように消えた。

それからは興奮冷めやらぬで寝れずにいたのだけれど、昼前から強い睡魔に襲われた。
昼寝にはうってつけの日和だったので、横になるとすぐに眠りに落ち

夢を見た。
それは明晰夢ってやつで、昔の古き良き日本家庭の夢だった。
自分は小さな女の子になっており、なんとなく……この子の記憶を見ている気がした。
数十分で起きるのだけど、すぐにまたまどろみ夢を見る。
その都度違う場面なのだが、自分の視点はいつも着物を着た女の子だった。
木造の家の中で男の子と遊んで笑っていたり
何か華やかな式の横、縁側で足をぶらぶらさせていたり
兄と思われる青年におんぶされながら綺麗な林道を眺めていたり
この夢に不思議に思いつつも、とても穏やかで心地よい日常の景色に夢中だった。

*続く*



90: 本当にあった怖い名無し 投稿日:2011/10/24(月) 21:05:46.21 ID:geNHXYiN0
*続き*
そのまま夜が更け、目覚めて二度目の夜。
昼に寝続けたせいか中々寝付けなく、横になりながら天井をボーっと眺めていると
小さく、何かの声がした。
耳を済ませてみると上の階かららしく、自分から左斜め上から聞こえる。
更に耳に意識を向けると

女の子の泣き叫ぶ声がした。

その瞬間だった。
目の前、頭の中に真っ赤なイメージが次々と沸き上がってきた。
あえて表現するなら、血みどろの内臓の中をどろどろになったヒトの群れと一緒にもがいている感じ。
とにかくグロテスクで、不気味で、気持ち悪く、泣き叫ぶ声が大きくこだましていた。
もう訳が分からなくて、頭が焼き切れそうに熱くなり……気付いたら朝だった。

あの夜は一体なんだったのか不気味に思いつつも、あの泣き叫ぶ声が気になった。
看護士に上の階に女の子の入院患者がいるのかと聞いてみたところ、
ちょっと不思議そうな顔をながら「うん、居るよ?」と軽く答えてくれた。
なんだ、夜泣きしたところを自分で変なイメージにしちゃって混乱したのかと納得し
その夜からは何事もなく眠れるようになった。

2週間が経過して無事退院することになり、看護士たちにお礼を言って病棟から出た。
目が覚めて初日の夜、あの夢のことなどを考えながらエレベーターで1Fに降りたところで、はたと気付いた。

自分がいた病棟は最上階だった。
自分が聞いたあの泣き叫ぶ声はどこから聞こえてきた?
あのとき、看護士は上の階に女の子の患者がいると言ってなかったか?
鳥肌が一気に総立ち、あの看護士に詳しく聞きたかったが、迎えの家族に手を引かれながら帰宅した。

あれからは特に何事もなく過ごしている。

産まれて初めての不思議な体験でした。



125: 本当にあった怖い名無し 投稿日:2011/10/26(水) 10:11:09.66 ID:qd79zWyiO
小学生のころ家の中を1人で探検してて二階の押し入れを漁ってたら、天井近くの奥に古い木の箱を見つけたんだ
その中に色々入ってたんだけど自分の興味を誘ったのが小判の形をした御守り?だった
見た目は小判の表側は仏みたいな絵が彫った後、墨入れした感じで描かれてて、裏側は変な墨の文字でぎっしりで気味悪かった。多分親が神社で買ったものだと思うけど
透明なビニールケース?みたいなのに入ってたから、取り出して触った瞬間、大きな地震が来てびっくりした(体感で震度4くらいだった気がする

すぐおさまったものの、あまりにもタイミングがよかったから怖くなってケースにしまった
一階に居る母親の所に行って、今地震があったよね?と聞いてみたんだが、なかったと言われゾッとした
すぐにテレビで速報を確認しても、何もなかった
その後、小判を触ってみても何もなかったんだけど怖くて押し入れの奥にすぐ戻しました
怖い話ってより不思議だった話かも



140: 本当にあった怖い名無し 投稿日:2011/10/26(水) 23:22:15.87 ID:iqXQKR9t0
>>125
タイのお寺でそんな感じのお守りをくれるよ
お坊さんがお経を唱えてる中、貰うので凄く強い気がする



127: 本当にあった怖い名無し 投稿日:2011/10/26(水) 17:49:23.47 ID:dpNkxRsO0
霊体験とかではないと思いますがほんのり怖かったので。

2年ぐらい前に彼氏と遊んでいたときの事なのですが、わたしだけ終電を逃してしまい、彼氏を帰らせて徒歩で横浜駅から帰ろうとしていました。
その途中、飲み屋通りを通りがかったとき横の道からヨロヨロとおじさんが歩いてきて、わたしに「人間やめませんか?」と聞いてきました。
意味がわからなかったので足早にその場を去ったんですが、そのおじさんが「人間やめませんかあああ?!」と叫びながら追ってくるんです。
わたしの帰る道は人通りが少ないので、このまま追われたらやばい!と思ったんですが、おじさんはあまり長距離を追っかけてくることはありませんでした。

ただそのおじさんと遭遇した場所はまだ人通りもたくさんで、何人ものサラリーマンがいたんですが、誰一人そのおじさんに反応しなかったんです。
まぁ、関わりたくなくて素通りしたんでしょうが、わたしにはそれが余計に怖かったです。都会の風つめたい!



128: 本当にあった怖い名無し 投稿日:2011/10/26(水) 18:28:57.37 ID:PVEwxIOh0
>>127
よくある光景



129: 本当にあった怖い名無し 投稿日:2011/10/26(水) 18:52:42.09 ID:JY9KiRU80
昨日のこと
夜中目が覚めて金縛りになりそうって気がして、すぐ金縛りきた
私が寝てる周りを黒い人がぐるぐるぐるぐるまわってる
とりあえず金縛り解こうともがいて解けたと同時に黒い人も消えた
あーもうめんどくせ



130: 本当にあった怖い名無し 投稿日:2011/10/26(水) 18:56:52.71 ID:fNpog3cL0
>>129
ぐるぐる回られるの阻止するために狭い場所で寝たら?押し入れとか



132: 本当にあった怖い名無し 投稿日:2011/10/26(水) 19:42:00.38 ID:JY9KiRU80
>>130
壁がわにベッド置いてるんだけどねー
壁あんのに歩いてんの
押し入れはやだよ
ドラえもんくらいだよ
一年前は白い男の子とかおっちゃんとかいたなぁ
たまにしか出ないから放置する



142: 本当にあった怖い名無し 投稿日:2011/10/27(木) 00:06:15.46 ID:8oz1eGjD0
昔、大学生だった頃に新聞配達のバイトをしてたんだけど
朝刊の配達途中で、時々すごく気味の悪い女の人を見かけることがあった。
いつも団地の同じ部屋の同じ窓から、ニヤニヤしながら
こちらの方を見てるのだ。
それを見た最初のほうは気になって、自分もその人のことを見てたんだけど
そのうち、ちょっと危ない人かもって気がして、視線の端で姿を捉えるくらいで
目を合わせないようにしていた。

ある日、その団地の配達を終えて、今日はあの女いなかったなー、なんて
ほっとしながら、バイクに乗って、配達を続けようとしたら
バイクのブレーキの効きが妙に悪くなっていることに気付いた。
さっきまで、普通に効いていたのに、急にここまで効きが悪くなるなんて
あり得るのか?
そう疑問に思ったが、ともかくこのまま配達を続けるのも危ないので、一度新聞販売所に戻って
別のバイクを使おうと思い、結構長い坂道をそのバイクで降り始めた。

販売所まで近いし、時間帯的に(午前4時くらい)滅多に車なんて通らないし、傾斜も
緩やかだしという油断があった。
坂道をくだりおりた所が信号機なしのT字路になってるんだけど
自分が曲がろうとしている方向から、車のヘッドライトの光が見えて
「うわ、マズイ!」と思ったが、時すでに遅くブレーキもほとんど効かず
反射的に車の来てる方向とは逆方向にハンドルを切るのが精一杯だった。
だけど、やっぱり間に合わず、車と衝突。俺は思いっきり吹っ飛ばされた。
こういう事故のときって、スローモーションになるってよく言うけど
本当にそうだった。
はね飛ばされながら、「俺、死ぬのかな」なんて考えていた。
事実、頭を地面に打ち付けたので、ヘルメットかぶってなかったら
下手すれば即死、または脳死を免れなかったと思う。

続く



143: 本当にあった怖い名無し 投稿日:2011/10/27(木) 00:07:49.33 ID:bCsGlNBI0
すぐに、慌てて車のドライバーが降りて来て、俺に声をかけたりしてくれたけど
そのドライバーの肩越しに、地面に横たわる俺を覗き込む女がいた。
相変わらずのニヤニヤ笑いをしながら、俺の姿をみてやがる。
どれくらい時間がたったか、救急車のサイレンの音が聞こえてきたかと思ったら
その女の姿はふっと見えなくなった。
その時、はじめてその女がいわゆる幽霊って奴だと気付いた。
結局、幸いなことに、頭のほうは異常なし。右足の骨折だけで済んだ。
とはいえ、まともに歩けるようになるまで、2ヶ月近くかかったけどな。
その事故の後、すぐに配達のバイトもやめて、その後は平穏な日々を送ってる。

基本、俺って怖がりなんだけど、そのときは事故のショックのほうが強くて
霊体験を怖がる余裕が無かったのも、不幸中の幸いだった。


オチというか、女の正体とか分からずじまい。
俺の唯一の霊体験っす



152: 本当にあった怖い名無し 投稿日:2011/10/27(木) 18:58:16.12 ID:SWUp983HO
2ヶ月になる姪っ子がぐずるので抱きながら歩き回り、偶然、仏間に寝かせたらぴたっと泣き止んだ
しかも手足ばたばた動かしてご機嫌で「あーうー」言いながら笑っている
しかも見ているのは色々掲げてある遺影の中でも、一族で一番のお祭り男だった祖父のもの

じいちゃん!
一体何をどうしているんだ!!
それ以来、ぐずっても仏間に行くと泣き止む
そしてまっすぐ祖父の遺影を見上げながら手足ばたつかせて大喜びしている



153: 本当にあった怖い名無し 投稿日:2011/10/27(木) 19:31:43.39 ID:rjEh0S4Q0
>>152
微笑ましい話じゃないかw
きっとお祭り好きのじーちゃんがハイテンションにあやしてくれてるんだろう。
これからも時々じーちゃんにひ孫見せてあげてね。



154: 本当にあった怖い名無し 投稿日:2011/10/27(木) 20:00:43.76 ID:kFPGNMls0
じーちゃんが乗り移って遊んでるんだよ



184: 本当にあった怖い名無し 投稿日:2011/10/30(日) 04:30:58.01 ID:E8ESnDIU0
じゃあ、私もトイレ話。怖くなかったらごめん。

高校時代、毎年夏になると、敷地内にあるセミナーハウスで合宿していた。(ちなみに剣道部)
古い高校で(当時で創立120周年)幽霊話には事欠かず、怖がる子はかなりいた。
二年の合宿のとき、夜中に後輩の子に、トイレに行きたいからついてきてほしいと頼まれ了承。
トイレは、部屋を出て外階段を降りたところにある。

セミナーハウスを利用するときしか使われないような、さびれた小さいトイレ。
個室は3つあって、全部和式。中に人がいなくてもドアが締まるタイプ。
かなりムードはあったけど、当然何事も起きず、無事に用を足した。
洗面台の前に並んで手を洗っていたんだけど、後輩の子がなんだか怖いと言いだした。
んじゃ歌でも歌おう!と、「はーるのーうらーらーのー」と思いついた歌を歌いだした…ものの、
実は、歌詞をよく知らなかった。
「すーみーだーがーわー」まで歌ったところで止まったんだけど、その時背後の個室からすごくか細い女の声で
「のーぼりーくだーりーのーふーなーびーとーやー…」と消え入るような歌声が。

ふたりでギャーと叫んだ。後輩は逃げだしたけど、私は仲間の誰かだと思ったんで、こんな夜中に人を怖がらせる
なんて悪質だろ!と思い、ゴラァァァァ!!とドアを蹴り開けたのだけど、誰もいない。
あとの2つは、私と後輩が入っていたので、もちろん誰もいないはず。
一応、調べたけどどこにも誰もいなかった。
そこでようやく怖くなり、私も走って部屋に戻った。
それ以来、怖くて歌を歌うときは、童謡とか古い雰囲気のある歌ではなくて、
チャーラーヘッチャラースパーキン!を歌うようになりました。



188: 本当にあった怖い名無し 投稿日:2011/10/30(日) 13:13:17.28 ID:EVtnyiwf0
>>184
やっぱり古い時代の学生さんの幽霊で
童謡を聴いたら自分も歌いたくなったのかな?



218: 本当にあった怖い名無し 投稿日:2011/11/01(火) 00:42:04.42 ID:MmDoI5mI0
>>184
たしかにチャラヘッチャラなら続き歌われても怖くなさそう!! 怖いときに歌う歌として使わせて貰おうwww



197: 本当にあった怖い名無し 投稿日:2011/10/30(日) 20:32:01.79 ID:1RWEtIQH0
深夜にひとりで残業をしていた時の話。

数年前の12月の週末、翌週までに納品しなければいけない仕事をこなす為にひとり事務所に残って残業していた。
気付けば、夜の12時近く。連日の残業で体力的にも精神的もピークだったと思う。
資料集めの為に隣接している資料部屋で製品カタログを漁っていた時だった。

カタログに目を落としていると、視界の隅に人の背丈程ある『黒い何か』が映っている。
距離は3M程離れてはいるが、すぐそこにいて、それはうごめいている。
『黒いものはヤバイ』と聞いていた私は即座に恐怖した。
「どうすればいい?」と焦る反面、冷静に必要な資料項目を記憶していた。
カタログを閉じて棚に戻す際の振り返り様にそれの全貌を確認した。
振り返る間の一瞬なのに目も合ってたと思う。
それは、真っ黒な毛むくじゃらで、目とむき出しの大きな歯が印象的だった。
雰囲気をぶち壊す例えをすると、ウルトラマンの怪獣ピグモンを猫背にして凶悪にした感じだ。
カタログを棚に戻してしまえば、奴がいる部屋を通って外に逃げるか、席に戻って仕事の続きをするかの二者択一。

一瞬の内に脳内フル回転で考えた。
逃げる場合、席を通って鞄(車の鍵)を取らなければ家まで帰る手段がない。終電は過ぎているし、車で片道40分の道のりを走って逃げ切る体力も脚力もない。
その前に、奴が佇んでいる横を通過しなければ席にも戻れなかった。



198: 本当にあった怖い名無し 投稿日:2011/10/30(日) 20:34:50.04 ID:1RWEtIQH0
それから約2時間後、私は仕事を全て終えて帰路に着いた。
私は逃げなかった。むしろ、仕事を投げ出して逃げられなかった。
その間、部屋中を徘徊する奴をガン無視して仕事をこなした。
『黒いモノはヤバイ』=『手遅れ』とも思ったので、腹をくくった。
正直、目の前の黒ピグモンも怖かったが、漠然とした呪いよりも、納期を遅らせた事態の方が明確に想像出来て怖かったからだ。
とはいえ恐怖心と生存本能はあったので、心の中で「なんでこのクソ忙しい時に出るんだ?!空気読めよ!なんかしたら承知しねぇぞゴルァ!」っぽい事をひたすら叫んで心を強く持っていた。

あれから数年経つが、祟られた様な現象はない。
今もそこで働いているが、あれを見たのはその時だけだ。
別件で怪奇・不可思議体験はいくつかあるが、今も健在だ。
気を強く持った者勝ちなのか、過労故の幻覚だったのか、誰かの守護を得たのか…。
あれは一体なんだったのか、いまだ首を傾げている。
連投失礼しました。



199: 本当にあった怖い名無し 投稿日:2011/10/30(日) 20:46:55.29 ID:seZeyCTr0
>>198
そーゆー時ってさ、恐怖心に負けて
ビクビクブルブルしちゃうと一気に
ヤられる…貴方の精神状態が良かったんだ



214: 本当にあった怖い名無し 投稿日:2011/10/31(月) 14:54:40.94 ID:hUs4A8+A0
大学時代の話
大学正門から出て直ぐのところに廃墟があった。ちょうど戦後建てられた木造の校舎のような二階建ての建物。
肝試しに突入する輩が絶えないのかいつも入口の扉は開いていた。毎日通るので特に気にもしてなかったが、ちょうど今の時期、学祭があって夜遅くまで学内で飲むのが慣例になっている。
学祭中は毎日救急車がやってくる。理由は急性アルコール中毒。それぐらい派手に飲みまくる(今の現役はそこまでやるかは不明?)。そんな酔っ払い集団が例の廃墟に肝試しかなんかは知らんが突入するのは当然の成り行きであった。

当然ペロンペロンである。
確か5~6人くらいだったと記憶しているが先輩後輩入り交じって突入した。
一階を壁に沿って隅々回った。廃材だらけで足場が悪いが特に危険な感じはなくサクサク進む

二階への階段は少し穴があいていたが、難なく上がれた。一階と同じ要領で隅々探索、、、、

結局ナニもなく諦めて出口に向かうが、その時奥の方で「グチャ」っと鈍い音がした。全員振り返る。
そして同時に入口から誰か入って来るのに気が付いた。近くにある別の大学の学生達であった。目的は当然肝試しだろう。私たちは彼らに「なにもいませんでしたよ」と告げてその場を去った。

大学に戻って飲み直す。肝試ししたことすら忘れて飲んでいるとサイレンの音が聞こえる。
見に行くと、先程の廃墟の前にパトカーと救急車が停まっている。お巡りさんがさっきの他大学の学生から事情を聞いている。
「誰か間抜けが怪我でもしたのか?」

近くに行ってお巡りさんに聞いてみる

お巡りさん「・・・・」

学生達に聞いてみると答えは

「知らないオッサンが首吊り自殺してました。」

私達一同「えーーー!」

死体をスルーしたのか自殺志願者が息を潜めていたのか?

未だに謎



215: 本当にあった怖い名無し 投稿日:2011/10/31(月) 15:10:38.73 ID:Ggcdon9y0
>>214
「ぐちゃ」って首吊った音!?
イヤァァ(llllll゚Д゚)



216: 本当にあった怖い名無し 投稿日:2011/10/31(月) 18:37:37.69 ID:u9EmCD7z0
>>214
ん~~~怖っ!



219: 本当にあった怖い名無し 投稿日:2011/11/01(火) 01:25:01.57 ID:1kTLjuoPO
>>214 ぺロンペロンってなんだか可愛いなw
ベロベロに酔ったとか、ベロンベロンとかよく言うけど。



229: 本当にあった怖い名無し 投稿日:2011/11/01(火) 19:41:16.91 ID:J37tINzjO
ありがちな話だけど…

母の体験談。
学生時代、母の通学路で飛び降り自殺があった。
ビルとビルの隙間に飛び降りて、地上には植え込みなんかがあったこともあって、死後数日は誰にも気付かれなかった。
たまたま屋上から下を覗き込んだ清掃員に発見されたそうだ。
発見された時、遺体は毎日母が行き来していた歩道の方に顔を向けていたらしい。
「もしかしたら見られてたかもとか、もしあの時一度でもその隙間を覗いてたら?とか、今でも時々考えちゃうのよねえ」
と母は言っていた。



232: 本当にあった怖い名無し 投稿日:2011/11/02(水) 00:43:11.62 ID:rnVukCcq0
本当に怖いってこと。
俺の昔からの友人がよく死体に遭遇すること

中学時代、一緒に海に遊びにいったら水死体を見つけた
その時すでに5回も人の死体を見たことがあったそうだ

まあ、中学生男子は誇張してなんぼの世界だからすげーなんて言いながら半信半疑だった

でも、それから
俺が知ってるだけでやつは7、8回は不慮の死に遭遇してる

普通、人の死に立ち会うなんて早々ないだろ?
やつは死神の生まれ代わりなんじゃないかと思えるほどだ

そうと思える事件に奴と二人で遭遇したことがある



233: 本当にあった怖い名無し 投稿日:2011/11/02(水) 00:51:33.12 ID:rnVukCcq0
塾の帰り、奴と二人で三鷹駅の2番線ホームで電車待ちしてたとき
忘れもしない1997年5月の水曜

前に、中肉中背のサラリーマンが立っていた
確か、雑誌でも読んでたんだと思う
電車が入線するアナウンスが流れてもサラリーマンに異変はなかった

でも、電車がホームに入ると思われたその時、突然サラリーマンが後ろを勢いよく振り向き、友人を凝視したかと思うとまるでそのままの体勢で誰かに押されたかのように横に硬直した姿勢で倒れた

その先はよく覚えてないが
ガーンという音と、ブレーキ音
それだけだった

なぜ、サラリーマンは背後に目をやったのか
どうしてあんな不思議な態勢で飛び込んだのか
不思議だが、友人が関係してるのではないかと思わざる得なかった

やつとは今でも交流はある
結婚して、子供も生まれて幸せに生活してるらしい
しかし、いまだ2年に1、2回のペースで死体に遭遇してるらしい



234: 本当にあった怖い名無し 投稿日:2011/11/02(水) 02:36:28.85 ID:ZULzcrGx0
>>233
ほんのりじゃない存在だな、その友達。
友達が居合わせた場所で人が死ぬってことなんだよね?
なんかすっごいの憑いてそうだな…



235: 本当にあった怖い名無し 投稿日:2011/11/02(水) 02:39:52.46 ID:LT4t10N80
怖いそれ怖いw
ほんのりじゃないよー!
お寺とか教会に連れてってみたらどうなるんだろ…



236: 本当にあった怖い名無し 投稿日:2011/11/02(水) 04:13:36.13 ID:TE7cTggI0
たった今あったこと。

近所のツタヤに行って11月2日レンタル開始のDVDが借りられるか聞いてきたんだけど、
今日の朝10時からですよって言われてがっかりして帰ろうとしたのね。
そしたら、ツタヤの自動ドアで入ってきた人とぶつかっちゃったんだけど。
ぶつかった人と私がソックリだった。

顔は一卵性とまではいかないけど、二卵性双生児とか姉妹ですで通るくらいに似てて
髪はこげ茶くらいで後ろでしばってて背中まであるくらいの長さ。
6、7年くらい前に発売したヒステリックグラマーってブランドのジャケット。
斜めがけにしたシャネルのスポーツラインのバッグ。
フジロックのTシャツ。2年前くらいのヴィトンのハートのヒモペンダント。
下のジーパンと靴はちゃんとみてないからわからないけど、
ジャケット・バック・Tシャツ・ペンダントが色も形もプリントもまったく一緒。
自動ドアでぶつかったのも、自動ドアに自分が映ってる(鏡みたいに)と思い込んでて
そのままの勢いでぶつかっちゃったんだ。相手もそう言ってた。

ぶつかった後謝ってちょっと会話して、
あきらかに相手の女性も「うわなにこの人ソックリじゃん」って思ってそうな感じで、
なんか怖いような気持ち悪いような変な気持ちになってた。
私はなんとなく、離れがたくて店出るのやめて入り口近くのレンタル在庫検索できるパネルのとこで
探すふりしつつ様子を伺ってたら
ソックリさんが店員さんに私と同じ今日レンタル開始のDVDがないか質問してて
「えっちょwwwマジでwwwwwwwwww」とか思ってなぜか心臓がバクバクしてた。

その時にソックリさんの後ろ姿を見たら
髪の毛縛ってるシュシュがまったく一緒だったんだ・・・
このシュシュ、モバオクで手作りしてる人が出品してたやつで
そう世の中に何個もないようなはずのやつなのね。
それみたら何かゾッとしちゃって走って帰宅したけど
落ち着かなくて誰かに聞いてほしくてここに来ました。
興奮しててごめんよw



238: 本当にあった怖い名無し 投稿日:2011/11/02(水) 06:32:16.99 ID:SeflmN2E0
>>236
私もそんな経験してみたい…
とは思えない絶対に



237: 本当にあった怖い名無し 投稿日:2011/11/02(水) 06:06:58.23 ID:ZkMo8nb70
これまた興味深い話だ



240: 本当にあった怖い名無し 投稿日:2011/11/02(水) 11:49:18.21 ID:FT0QIa+K0
両親にその話をしたら、実は、、、里子に出された自分の知らない双子の妹がいたりして。



245: 236 投稿日:2011/11/02(水) 15:55:31.66 ID:TE7cTggI0
(;・∀・)双子だったらどうしようと思って実家に電話しちゃったよ…
お母さんに「何言ってんのバカじゃないの」って言われた。
よく考えたら、何年か前に自分の戸籍見たことあったけど養子とか書いてなかったわ。

そんで朝10:15くらいに目当てのDVD借りに行ってきたよ。
フリンジの3シーズンなんだけど、10本くらいずつ入ってて
私が見た時点で各巻3個ずつくらい借りられてたのね。
カウンターに行ってDVD出したら、店員のお兄さんが
「え、あ、え?」みたいに変な顔したwwwので、思い切って
「私に似てる人が同じの借りませんでしたか?」
って聞いちゃったよwwwww
変な人だと思われたらどうしようってドキドキしつつwww
「あー!家族の方ですか?レンタルやめておきますか?」だってお・・・
予想はしてたけどやっぱりちょっとまたゾッとしてしまったわ。
うまく説明する自信がなかったから
「違うんですけど、他人なんですけど、なんか似てる人見たので・・・」
みたいにゴニョゴニョ言いつつ借りてきたよ。
ほんとはそのまま本屋ゾーン行っておやすみプンプンの新刊を買いたかったんだけど
なんか絶対あのソックリさんがいる気がして
怖くなってそのまま帰ってきたよ。

今ここまで書いて気がついたんだけど
「家族ですか」って言われる前にTポイントカードをピッてやってたのね。
あれってレジのモニターには氏名とか出てるのかな?
それ見ても家族ですかって事は、苗字一緒なのかな?まさかね。



298: 本当にあった怖い名無し 投稿日:2011/11/04(金) 10:00:18.32 ID:F1ZII75i0
>>245
以前バイトしてた者だけど、名前出るよ。
ただまあ、いちいち名前見ないし覚えてなかっただけかと。
あと、プンプン面白いよねw



270: 本当にあった怖い名無し 投稿日:2011/11/03(木) 03:23:42.05 ID:wJSVYMSB0
今日二度寝してたら昼前くらいに玄関がガチャガチャって開いた音がしたんよ。
閉めて寝たはずだし実際誰かが入ってきたらスゲー危ない状況なのに体が動かなくて
そんで誰かが入ってきた。
「おはよー(私)ー、来ちゃったよー」
よくうちに泊まりに来る友達の声。
『部屋が汚いから入らないで』って言おうと思ったんだけど体は動かず。
そうこうしてるうちに彼女は私の布団の中に潜り込んできた。
その感触とかはすごいリアルで、夢なのか現実なのかわかんないくらい。

そのまま寝ちゃって起きたらもちろん誰もいなかった。鍵も閉まってたし。
昼間じゃなかったら怖かったかも。



286: 本当にあった怖い名無し 投稿日:2011/11/03(木) 16:14:56.23 ID:8CpmZ1uhO
そういえば去年ばあちゃんが死んで、一年ぶりくらいに家に行ったら
庭に彼岸花がばあぁって咲いててビビったな
一昨年までは結構頻繁に行ってたけど一度も彼岸花なんてみたことなかったんだ
ていうかばあちゃんがボケてから庭とか荒れ放題だったのに
なんでいきなりあんなにいっぱい咲いたんだろう



288: 本当にあった怖い名無し 投稿日:2011/11/03(木) 18:29:51.75 ID:OLVldmG6O
彼岸花は球根じゃなかったかね?



289: 本当にあった怖い名無し 投稿日:2011/11/03(木) 18:50:31.93 ID:DNBFmC/Z0
>>288
そう。だから群生してる。
地続きに広がるはず。



290: 本当にあった怖い名無し 投稿日:2011/11/03(木) 19:57:49.11 ID:MgaFbgSV0
>>288->>289
あ、そうなんだorz
おばあちゃんが一回だけ正気に戻って植えたとか?
彼岸花っていうのが、ほんのり…



292: 本当にあった怖い名無し 投稿日:2011/11/03(木) 20:35:16.01 ID:DNBFmC/Z0
彼岸花
開花期間が一週間程?でその後は葉だけになるから
たまたま開花期に行ってなかったんだろな

でも、亡くなったあと訪れた時に咲いてたのは、おばあちゃんが見せてくれたのかも
怖い話じゃないな



293: 本当にあった怖い名無し 投稿日:2011/11/03(木) 21:25:44.14 ID:bnButKTd0
あれ日本じゃ不吉な花って言われてるからなぁ。綺麗なのに
別名幽霊花とか死人花とか



323: 本当にあった怖い名無し 投稿日:2011/11/05(土) 05:36:15.16 ID:fMU2HJ3y0
静岡県の某温泉地に行ったときの話。
法事がてら彼女つれて実家に近い静岡の某温泉地へ行った。ほぼ飛び込みで
宿を決め夕飯朝食ついて26000円。ネットも通してないし飛び込みだと
こんなもんかね?って部屋へ通してもらったら大きな部屋で驚いた。

リビングエリアで12畳、襖で区切って寝室が別に8畳はある。
部屋風呂も檜造りの立派な奴。これは安いね~。部屋は古めかしいけど
何か威厳あるってか立派な部屋だねっつって早速大浴場でのんびり。
夜になって晩飯。部屋食頼むとすっげー豪華。新鮮な魚介に何とか牛の
鉄板焼きにお酒も何本かついてここいいんじゃない?絶対穴場だよ、大成功だね
って2人で宴会。酔っ払ってから部屋風呂2人できゃっきゃうふふ。
襖の奥の寝室に移って並んだ布団に2人並んで電気消して静岡の深夜テレビを見ていた。
そのうちに彼女が寝息を立てだし、俺もまどろみながらテレビを見て、
いつの間にか寝入ってた。



324: 本当にあった怖い名無し 投稿日:2011/11/05(土) 05:36:56.60 ID:fMU2HJ3y0
暫く、ふっと目が覚めた。多分真夜中。障子を通した月の薄明かりだけで辺りは
ほぼ闇。あれ?テレビはスリープにしてたわけでもないのにいつの間にか消えてる。
彼女が消したのかな?今何時?って携帯で時間見ようと手探りで枕元を探した。

すると何か音がする。ふーっふーっって荒い息遣いのような音。彼女変ないびきして
るななんて思いながら携帯発見。時間を確認すると2時少し過ぎ。まだ寝れるななんて
思いながら画面のあかりで彼女の顔を見ると彼女は起きていた。携帯の明かりで
かすかに見える彼女の顔。目を見開いて歯をむいて笑っている。さっきの荒い息遣いは
剥いた歯の間から漏れる彼女の息の音だった。え?え?って俺パニックになりながら
彼女に大丈夫?どうしたの?って起こそうとすると彼女が顔をこちらに向けたまま
何かを指差した。首だけゆっくりそっちへ向けて見るといつの間にか襖が開け放ってある。
 
奥のリビング側はさらに真っ暗。そして彼女の指差した先に携帯を向けると鴨居から
首吊りの輪っかを作った浴衣の帯らしきものががぶら下がっていた。え?え?何これ?
どういうこと?もう俺は頭の中で今起こってることを処理できずにパニック。
身動きも出来ない。彼女は相変わらず目をぎらぎらさせて満面の笑み。そして口だけ
動かして何か言い出した。小さな声で。使え使え使え使え使え使え使え使え使えって。
オカルトは好きだけど怖がりな俺はもう脳が状況を処理できませんとばかりに昏倒。
そこから先の記憶はない。



325: 本当にあった怖い名無し 投稿日:2011/11/05(土) 05:37:51.52 ID:fMU2HJ3y0
それから暫くたってかすかに聞こえる目覚ましテレビ大塚さんの声で目がさめた。
飛び起きた。うわああああ・・・・夢だった、って。ちょー怖かった。リアルだし
何だよこれみたいな。でも襖は閉じきってあるし変な帯も下がってないしテレビも
点けっぱなしだったしやっぱ夢か良かった、と。彼女は・・・寝入ってる。

でも何か顔グチャグチャ。取り合えず起こそうと彼女を揺すった。するとビクっと
体揺らせて起きた彼女、恐れと不信の入り混じったような顔で俺を伺っている。
どうしたの?大丈夫?って言うと恐る恐る話し出した。昨日の夜とても怖くて不思議な
夢を見た、と。夜中にふと目が覚めると俺が布団にいない。枕もとのデスクランプを
点けると暗い部屋の中で鴨居に帯をかけていて、まるで首をような吊る準備をしてたと。

彼女驚いて何してるの?って声をかけたら振り向いた俺が満面の笑みでほら、準備
出来たよ、これを使いなって言ったんだと。彼女の夢はここまで。その話を聞いて
飛び上がるほど驚いた。でもあえて俺の夢の話は彼女へは伝えなかった。



326: 本当にあった怖い名無し 投稿日:2011/11/05(土) 05:42:41.83 ID:fMU2HJ3y0
二人で同じような夢を見たということが分かると何らかの呪い的なものを受けたような気が確実
になると思って。怖い夢見たんだね、よしよし、大丈夫大丈夫っつって慰めて取り合えず
朝食行こうか、って部屋を後にした。二人ともあまり朝飯に手をつけないまま食堂を
後に、途中レセプションカウンターで、すみません、僕らが泊まってる部屋って首吊り
とかあった部屋ですか?って仲居さんの一人に確認した。勿論言葉を濁されたけど、
チェックアウトの時何故か宿泊代が6000円引かれて安くなっていた。

以上です。長文規制で細かい部分を端折ってしまいましたが概ね実話です。
某温泉地○○○の○○の間にお泊りの際は皆様ご注意を。。。
部屋は素敵だし料理も豪華で美味ですが、無理心中する可能性もございます。。。



346: その1です 投稿日:2011/11/06(日) 03:00:32.19 ID:6FOfpJV+0
オカルトではないかもしれませんが実体験話を一つ。
数年前大学卒業して某証券会社に就職しまして福岡に赴任していた時の話です。
ちなみに女です。まだ何とか20代です。

会社の借り上げのマンションが市の中心部にあってそこを寮扱いで借りて、
毎日会社までは歩いて通勤していました。殆ど新築に近い13か15階建ての10階に
住んでいました。仕事は毎日忙しく帰宅は夜の8-9時頃になってました。
各フロアに8部屋あって、私が住んでいたのはその10階の108号、一番奥の部屋で
エレベーターを降りたら薄暗い照明を頼りに暗い渡り廊下を渡って帰る毎日でした。

福岡の地元の方と言うのはなかなか地元意識が強く結束も固く、言い換えればよそ者
には馴染みにくい土地だったように思います。だから私も友達は福岡の方よりも
同じ東京からや、別の地方から来てる友達が多かったことを覚えてます。
ある日、同郷である東京出身の友達から、矢張り東京から転勤で来ている友達Aさんを
紹介されました。彼女は当時32歳だったでしょうか。某有名化粧品店の新規店舗立上げ
の責任者として短期赴任されていた儚い感じのロングヘアーで長身の美人でした。
私は彼女に気に入って貰えたのか私たち酒豪の2人でよく飲み歩いていました。



347: その2です 投稿日:2011/11/06(日) 03:01:21.07 ID:6FOfpJV+0
そんなAさんとの飲み会で帰りが遅くなったある日、彼女と別れマンションへ。
夜の12時頃エレベーターで10階につくと、薄暗い通路の先、丁度真ん中の104号室のドア
の前でドアを背にし手すりに肘を付いてタバコを吸ってる中年男性がいらっしゃいました。
ほろ酔いの私は怪しむこともせず、「こんばんわ~」と言って会釈しました。
ベランダには洗濯物を干す方も多いため、通路でタバコを吸う人は珍しくなく、その方
もそんな一人だと思ったからでしょう。いきなり酔っ払い娘に挨拶された男性は
面食らったようで、それでも薄くなってそうな頭を丁寧に下げ、「こんばんは」と
挨拶を返されました。

その日からその男性を何度も見るようになりました。と言っても矢張り夜間に通路で
タバコを吸っている男性と挨拶をするだけの仲でしたが。次第に打ち解け、
「こんばんわ~」と挨拶すると「こんばんは。今日も遅かったね」などと言い合う軽い
交流が始まりました。他所のもであり、多忙で家に居ないことも多いせいか近所付合いも
殆どない私は挨拶出来るご近所さんが出来たことを少なからず喜んだことを覚えています。
それから暫くして、矢張りAさんと飲みに行ったとある土曜日、Aさんが家に遊びに来る
ことになりました。「Nちゃん(私です)ちって近いのね。私これからちょくちょく
遊びに来るわ。酒持って」なんて話しながらエレベーターを降りると、矢張りいつもの
男性がタバコを吸ってました。



348: その3です 投稿日:2011/11/06(日) 03:02:12.96 ID:6FOfpJV+0
酔っ払っていた私はいつもの調子で「こんばんわ~。吸いすぎは体に毒ですよ~」と
挨拶、男性も「何いいようとって。飲みすぎだってよくないよ」なんて軽口を言い合い
部屋へ戻りました。その間Aさんは終始無言でした。部屋へ入るとAさんは、「Nちゃん、
1週間くらいうちを空ける準備出来る?今すぐ。私んちに少しの間引越ししよう!」と
言い出しました。理由を聞いても教えてくれませんし、突然の理不尽な要求に???
状態の私でしたが、彼女の気迫に根負けし1週間分の下着と化粧品、その他身の回りの
物とスーツ2着とパソコンをつかんでバッグに詰め込みAさんのお宅へやっかいになる
ことにしました。バッグはAさんの持ち物であるかのようにAさんが持ち、私はちょっと
タクシー捕まるまで送るよ的な体で彼女の後に続きました。ドアを開けると男性は
おらず、Aさんと二人でタクシーに乗り込みAさんちへ向かいました。翌日曜日の昼に
追加で仕事着を取りに戻り、それからAさんちの家で共同生活が始まりました。

それから暫くAさん家の広い1LDKへ行き帰り。そしてその週の水曜日、会社へ行くと
課長が青い顔で「N君!君大丈夫だったか!!!今不動産屋から連絡があったんだ
けど!!!」と凄い剣幕で詰め寄られました。鷲づかみにされていた新聞を見せられる
と、私のマンションで起こったストーカー殺人がトップ記事になっていました。
後から聞いた事も含めますと、とある離婚された夫婦がおりまして、分かれた旦那が
捨てた奥さんをストーキングしていたと。そして水商売の元奥さんを毎晩待ちわびて、
とある日に遭遇、口論の末に持っていた包丁で数十箇所メッタ刺しにして殺したのだと。
新聞に犯人として乗っていた顔写真は、私が毎日暗い通路で挨拶するあの男性のものでした。



349: その4です 投稿日:2011/11/06(日) 03:03:28.49 ID:6FOfpJV+0
その男性は毎晩奥さんを待っていたそうです。最終的には殺す目的で包丁まで準備して。
私はそんな男性に近所のよしみを抱き毎晩のように挨拶していたことに気付きました。
私はそこで腰が抜け、へたり込んでAさんに電話。Aさんは電話越しに優しい口調で
「もう大丈夫だから。これで大丈夫だから」と言われました。

男性は元奥さんをメッタ刺しにした後、通報を受けて追ってきた警官隊を前に私の家の
108号室の前まで逃げドアをガチャガチャやっていたそうです。
その日のうちに総務のケチ親父に掛け合いマンションを変えてもらうように頼みました。
警察での事情聴取を受けAさんの家に帰宅。Aさんと缶ビールを傾けながらいろいろな
話を聞きました。曰く、所謂見える体質ではないそうですが、直感に近い感じで人の
運命や未来がたまに見えたりするそうで。そしてAさんは無事新規店舗も軌道にのり、
Aさんの帰京が決まったことも聞きました。えーん寂しーってなってるとAさん、私の
肩を抱き寄せ口付け。「忘れられなくなりそうだからプラトニックのままの方が
いいよね」と一言。そう、Aさんはビアンだったのです・・・。

そんなAさんが1週間も私を凄い勢いで説得して監禁して、ナニするつもりだったの!と
考えると今でもほんのり怖いお話でした・・・。



359: 本当にあった怖い名無し 投稿日:2011/11/06(日) 10:52:26.26 ID:xn39B2Fj0
>>349
Aさんが見た変えたかったであろう未来を想像する方が怖いよ



362: 本当にあった怖い名無し 投稿日:2011/11/06(日) 13:46:01.89 ID:J4D/1mEA0
>>349
一話完結ドラマ化決定!
いい感じのオチもあるし、シナリオライター志望ですか?

映像として見てみたいわ 最近のテレビはあまりにもひどすぎる。



352: 本当にあった怖い名無し 投稿日:2011/11/06(日) 03:13:12.80 ID:G1UmWsUC0
そんな怖い現場に遭遇するところから助けてくれたのに、最後のその言いようは…
監禁って、自由意思で移動できないことだから、このケースには当てはまらないよ。
後で新聞で読んだだけで腰が抜けるような人なら、外で騒ぎが起こっただけでもトラウマになっちゃっただろうし。
Aさんはしっかり理性的でいたにも関わらず、そんな相手に対してそんな風に言えるなんて。
私はそれがほんのりだよ。



354: その4です 投稿日:2011/11/06(日) 03:17:15.19 ID:6FOfpJV+0
>>352
すいません。そこは冗談ですよ~。
Aさんとは今でもSNS経由で連絡取り合ったりしてます。



358: 本当にあった怖い名無し 投稿日:2011/11/06(日) 09:49:52.27 ID:1MK0E9l80
一昨日、自転車で走行中「よう」って前方からの自転車乗りに挨拶され誰かも分からないまま「うっす」と答えて擦れ違った。
10分ほど走行後「あれ? 今の俺じゃね?」と気付いた。
そして昨日、同じく自転車で走ってたら前から俺が来た。
「よう」って声かけたら「うっす」て返された。
あいつは今日、俺に会ってるんだろか。

今あそこに見に行きたいんだが、何故だか遅々として進まなかった卒論のやる気が急に湧いてきた。
醒めるの早い俺だから今のうちにやっとかんと。
むっちゃ気になる。



365: 本当にあった怖い名無し 投稿日:2011/11/06(日) 19:59:42.19 ID:K9q4iX8z0
>>358
ほんのりした



366: 本当にあった怖い名無し 投稿日:2011/11/06(日) 20:39:19.73 ID:qfrLlH1P0
ちょっと怖かった話を投下します。

ある日の深夜、急にコンビニに行きたくなり俺はコンビニに行った。
その日は少し歩きたかったので、歩いて1km弱のコンビニまで行くことにした。
通り道に少し廃れた商店街みたいなところがあり、そこは昼間ならそこそこ人通りもあって活気があるが、
深夜だったので暗くて少し不気味だなぁ、くらいに思っていた。

買い物を終え、その商店街を歩いていると、前からおばさんが一人歩いてきた。
俺は、なんでこんな時間におばさんが歩いてるんだ?と思ったが、
ipodで音楽を聞いていたこともあり、あまり気にせず歩いていたんだ。

だがまてよ・・・なんかおかしくないか・・・?
おばさんをよく見ると、ラジオ体操で深呼吸をする動作を繰り返しながら歩いていた。
しかも、1点だけを見つめながら。

だんだんおばさんと俺の距離が縮まってくる。
おばさんとの距離が5mくらいになった時、何か聞こえてきた。
なんだ?と思ったら、おばさんが歌っていたんだ。
何かわからんが「あぁァァァあああああああぁァァああああああ」みたいに抑揚をつけて歌っていたように思う。

そして、おばさんとすれ違うかというところで、俺は気づいた。
ipodでしかも結構な音量で音楽を聞いているにもかかわらず、おばさんの声が嫌にはっきりと聞こえていたことに・・・
その瞬間、全身に悪寒がはしり心臓はバクバク、走りだしたい気持ちでいっぱいだったが、
おばさんに気づかれてはいけないと思い(俺に注意がむかないように)平静を装い歩いた。

それから10mくらい歩き、商店街を抜けたところでやっとおばさんの声が聞こえなくなった。
そこからは普通に家に帰って終わりなんだけど、あのおばさんが何者だったのかわからない。
もうあの道を深夜に歩こうなんてことはやめにした。



377: sage 投稿日:2011/11/07(月) 20:19:07.72 ID:4PeSZ+hM0
もう十年前になるけど体験談を
長いので分けます

当時私は書店の店員で働いてました
閉店十分前になると客の有無を一階に知らせ、一階は客の入店を各階に知らせるのですが
ある日、閉店五分前ぐらいに客が入店した。と連絡が。
私はその時三階の専門書の売場に居たので、まぁ関係ないかな?と思ってました
でも閉店しても客が降りて来る気配が無く、店員全員で探す事に
十分、二十分探しても見つからず見間違いかもしくは出て行ったのに気付かなかったのでは?
という事になり、入口と階段の防犯カメラを観る事に
すると女性の客が確かに入店して階段を上って行くのが映っている。
なのに閉店してから探し回る店員の姿以外はその後映っていない。



378: 本当にあった怖い名無し 投稿日:2011/11/07(月) 20:22:20.58 ID:4PeSZ+hM0
泥棒?何所かに潜んでいるのでは?そんな話をしながら捜索を再開すると
四階の文学書の売場から悲鳴が。慌てて行くと、先輩店員が腰を抜かしていました
話を聞くと本棚の隙間から女性がこちらを見ていた。と泣きながら言うのです
しかし本棚の隙間と言っても壁に棚は密着しているので人が一人隠れれるスペースなんて
あるはずが無いわけです。

何か幻でも観たのだろうと思って、とりあえず一階の店長に事情を説明しようと
カウンターの中から電話の受話器を上げた時、ふと気になってその棚の方を観ると
青白い何かが丁度私の身長(160㎝)辺りからスルスルスルと下に降りて行くのが見えました
何だろう?と見ていると、その青白いのと目が遭いました
青白い、というよりは青黒い女性の顔が棚から三分の二ほど出てこちらを観ていました
あるはずの首も肩も体もないものが、地面から一㍍ほどの高さから私の方をじっと見ていました

その書店では昔から色々曰くがあって、私も先輩から色々聞いていましたが
実際に霊を見たのはそれが最初で最後です



382: 本当にあった怖い名無し 投稿日:2011/11/08(火) 00:59:11.65 ID:Xu3bVdcOO
夜中にタバコがなくなり近所のセブンに行くことに、財布をポケットに入れ携帯を持った瞬間に着信があった、公衆電話からの着信でとりあえず出てみると、低くて無機質で単調なリズムの気味の悪い声で

(もしもしもしもしもしもしもしもしもしもしもしもしもしもしもしもしもしもし・・・・)

バカな友人のイタズラだと思い(誰だよ?)と何度聞いても電話の相手に変化は無い(もしもしもしもしもしもしもしもしもし・・・・)を繰り越してる

ムカついて電話を切りセブンへ向かった

セブンまで約50メートルぐらい?、の位置でまた公衆電話からの着信があり一応電話に出ると

(もしもしもしもしもしもし・・・・)

誰の声なのか耳を澄まして聞きながら、ふっとセブンの脇の公衆電話を見ると人がいた・・・・すぐわかった
(もしもしもしもしもしもし・・・)
直感で生きて無い人間なのも理解して、すぐに逃げようと振り返って走り

(何なんだよ?死ね)

と叫ぶとすぐ頭の後ろで

(もぉ死んでるよ)

ビックリして振り返ったが誰もいない・・・

それ以上何の被害も無いが一つだけ疑問が・・・・

あいつ・・・・俺だよな?



383: 本当にあった怖い名無し 投稿日:2011/11/08(火) 01:26:59.75 ID:BT6dWuyC0
五年前くらいの話だけど聞いてくれ

当時の彼女とレオ◯レス21のアパートに住んでたんだ
横に長くて10部屋くらいの二階建て
俺の部屋は一階にだった

んで、土曜日の夜酒飲んで帰宅したら
俺の部屋以外全部に盛り塩がしてあったw
朝は何もなかったのに

まじで怖かった

そんだけ



384: 本当にあった怖い名無し 投稿日:2011/11/08(火) 07:38:32.08 ID:TbgdZkJC0
自分ちだけ無いって尚更怖いな
全部の家にある方がまだマシだ。


419: 本当にあった怖い名無し 投稿日:2011/11/09(水) 23:28:41.98 ID:IEaKOuNF0
洒落怖で千葉の海の話を読んで高校の時の事を思い出した
友達と泳ぎに千葉の海に行った時、人気の無い砂浜を発見
周りを木に囲まれていて200m位がプライベートビーチのようになっていた
いい場所見つけそこで遊んでいたら、友達が
「あれ、何?」
と少し離れた砂浜を指した
そこには何本もの木が砂に刺さっていたんだけど、何だか人工的な物のようで
よく見ると何本もの卒塔婆
ダツシュで逃げました
あんなものあるなら立ち入り禁止にしてくれてれば行かなかったのに



442: 本当にあった怖い名無し 投稿日:2011/11/10(木) 21:56:00.22 ID:TcrrFl0YO
>>419 沖縄には地元民が絶対に立ち入らない砂浜に
観光客が「穴場みっけ!ラッキー!」って突撃することがあるらしい



461: 本当にあった怖い名無し 投稿日:2011/11/11(金) 01:46:23.30 ID:wPXtinCN0
>>442
そこってさ、殺された女の人が埋められてた所?
手首から先だけが砂から出てたから発見されたとか、ずいぶん前にテレビで見た事ある。
入りくんだ岩場の影になってる、静かな所だったけど。



465: ◆OZbjG1JuJM 投稿日:2011/11/11(金) 02:14:16.33 ID:e8F1u1L50
8月に実際に体験した出来事です。
遅いですがすいません。
半年ほど前から一人暮らしをしている古いマンションの隣人の話。
僕は夜から朝までの時間帯の勤務で昼夜逆転の生活をしています。
その日も朝帰って昼頃に寝て夜中の0時辺りに目が覚めました。
それから暫くテレビを見ていたら隣の部屋から声が聞こえてきました。
年を召された感じの女性の喋る声。

ちなみにこのマンションは1つのフロアに3部屋ずつしかなくて僕は真ん中に住んでいます。
反対の隣人はたまに見かけるのですが声がした方の隣人は見かけた事はおろか声どころか物音もした事ないのでそこで初めて人が住んでる事を知りました。
それでも気にせずにいるとその部屋の方の壁が
コンコン
となりました。
夜中の2時過ぎという事もありテレビがうるさいのかと思い電源を切りました。
するとまた
コンコン
気味が悪くなりました。



466: ◆OZbjG1JuJM 投稿日:2011/11/11(金) 02:30:46.00 ID:e8F1u1L50
するとまた声が聞こえだしたので壁に耳を付けて聞いてみました。
内容としては
・こんな体なので外に出れない
・母が寝たきりになっている
・今壁側のとこに立っています
・もう一度壁を叩いてもらえませんか
みたいな内容を喋っては一分程黙り、また喋っては一分程黙りの感じで誰かと電話しているみたいでした。
にしても間隔がやたらと長いのと、明らかにこっちの壁に喋っているのと、内容にこの部屋の事が含まれてるのとで気になってしょうがなくなりました。
するとまた
コンコン
それに対しちょっとした出来心でこちらからも壁を叩いてみました、すると
「はぁい」
返事がきました。
いやいや、たぶん電話の返事のタイミングと重なっただけだろうと思いもう一度
コンコン
「はぁい」
明らかに返事でした。
その後更に「もう一度叩いてもらえますかぁ?」とか何度も言ってきたので恐怖と怒りで壁を殴りました。
ドゴン
すると隣もシーンと静まり返りました。



467: ◆OZbjG1JuJM 投稿日:2011/11/11(金) 02:53:33.69 ID:e8F1u1L50
そのまま朝になりウトウトしていると玄関の方から声が聞こえてきました。
物音を立てないように玄関までいきドアの覗き穴から外を見ると赤チェックのパジャマを着たガリガリの5、60代の女性が両手で水をすくうような動作をしながら立っていました。
髪の毛は真っ黒でボサボサでお腹の辺りまで伸びっぱなしでいわゆる幽霊のような見た目でした。
すぐにドアから離れて声を聞いていると
おうむがきたぞ
おうむがきたぞ
おうむがきたぞ
とずっと呪文のように繰り返していました。

とりあえず様子をみようと10分くらいそれを聞いていると、急にその女が歩きだして隣の部屋のドアが開いて閉まる音がしました。
ここで初めて隣人があの女なのだと知りました。
とりあえずもう帰ったみたいなのでまた睡眠。
そして夕方頃に物音で目が覚めました。
玄関のドアノブがガチャガチャ回されてました。
ちょっとガチャガチャやって少しあけてまたガチャガチャを繰り返していました。
玄関まで行って覗き穴を見ると隣の女がうちの前でくるくる回っていました。

すると立ち止まってまたガチャガチャ。
気味が悪いので無視しました。
一時間くらいやられてましたが結局隣の部屋に帰っていきました。



470: ◆OZbjG1JuJM 投稿日:2011/11/11(金) 03:12:59.62 ID:e8F1u1L50
するとその10分後くらいにまた外から声が。
玄関に近づくと
てんじんさまのいうとおり
てんじんさまのいうとおり
てんじんさまのいうとおり
とずっと言ってました。
そのまま30分ほど放置しましたがあまりにしつこいのでドアを内側から蹴りました。

すると驚いたようですぐ部屋に帰りました。
それから夜の8時頃。
またガチャガチャなり始めました。
ドアノブを回しては部屋に戻り、
またすぐ出てきてはドアノブ回す
をずっと繰り返していました。
文句言いたいのは山々なんですが怖くて動けませんでした。
それでもコンビニには行きたくなってきたんです。

ドアノブをガチャガチャした後部屋に一旦戻るみたいなのでその間に急いで出ればいいやと思いタイミングを見計らって出る事にしました。
女性が部屋に戻ったのを確認し部屋を出て鍵閉めて走ってエレベーターへ。
ちなみにエレベーターは隣の女の部屋の正面です。
こういう時に限って遠い階にいってるエレベーターをボタン連打で呼びました。
すると後ろから
ギィィィィィィィ
とゆっくりドアが開く音がしました。
恐怖で後ろを振り向けなかったのですがエレベーターの扉に反射してドアが開くのが見えました。
更にその開いたドアからぬーっと黒い塊が出てきました。
ボサボサの長い黒髪。
全身鳥肌が立った所でエレベーターが着きました。



472: ◆OZbjG1JuJM 投稿日:2011/11/11(金) 03:26:10.01 ID:e8F1u1L50
エレベーターに乗ろうとした所で
「この部屋に住んでるんですか?」
と枯れた声が後ろからしました。
恐る恐る振り向くと覗き穴越しに見るよりもさらにおぞましく見えた女性が僕の部屋を指差して立っていました。
自:そうですけど
女:マルタさんですか?
自:はい?違います、ていうかうちに何か用なんですか?
女:・・・
自:僕は半年前に引っ越してきてあなたなんか知らないんですけど
女:私と話した事ありますか?
自:いやだから話した事ないし知らないですから
女:・・・
自:前住んでた人と間違ってるんですか?
女:・・・
自:あとドアガチャガチャするのやめて下さいね

言うと女は無言で部屋に入っていきました。
ドア開いた時にチラッと中見たら電気ついてなく真っ暗でダンボールが散らばってました。
そのままコンビニへ。
しかしここで不安が1つ。
部屋に戻る時に、いや、エレベーター開いて目の前にいたらどうしよう。



473: ◆OZbjG1JuJM 投稿日:2011/11/11(金) 03:34:10.06 ID:e8F1u1L50
とりあえずコンビニで買い物済ませマンションへ。
エレベーターに乗り出来るだけ後ろに下がり自分の階へ。
エレベーターのドアが開く瞬間は冷や汗だらけでした。
が、そこにはいませんでした。
一応人違いも伝えたしもうガチャガチャするなって言ったから大丈夫かなと安心しながらエレベーターを降りて通路を曲がると、
うちのドアの前で女がまた両手をゆらゆらと揺らしてました
恐怖と怒りが込み上げてきてどうしていいかわからず急いで部屋に入ってまた内側からドアを蹴りました。
するとおとなしく部屋に帰っていきました。



476: ◆OZbjG1JuJM 投稿日:2011/11/11(金) 03:48:58.70 ID:e8F1u1L50
そして翌朝。
またドアノブがガチャガチャ。
更に
「聞きたい事があるんですぅ」
の声。
明らかにあの女。
チェーンロックかけたままドアを開けました。
自:何?うるさい
女:ミヤザキさんですか?
自:誰それ?違うから
女:(僕の部屋の中に向かって)みやざきさーん
自:誰もいないから、一人暮らしだから
女:誰かと住んでるんじゃないんですか?
自:だから一人暮らしっつってるでしょ、てか警察呼びますよ?
女:・・・
自:もう来ないで下さい

おとなしく部屋に帰っていきました。



477: ◆OZbjG1JuJM 投稿日:2011/11/11(金) 03:50:58.28 ID:e8F1u1L50
が、そのあとすぐまたガチャガチャ、
ドアを勢いよく開けて
自:うるせーよ
女:怒らないで聞いて下さい
自:何
女:アレを作ったのはミヤザキさんじゃないですよ?
自:はぁ?!アレって何?
女:・・・
自:本当に迷惑なんだけど
女:・・・
自:おい
女:・・・はい
自:もう来るなよ?
女:・・・
自:おい!
女:は、はい
自:わかった?
女:はい
自:よし、じゃあ帰れ

またおとなしく部屋に帰っていきました。



480: ◆OZbjG1JuJM 投稿日:2011/11/11(金) 04:03:27.84 ID:e8F1u1L50
そしてまた数分後外から声が
覗いて見るとまたあの女
しかし色々いつもと違っていました
いつもは暗くてモゴモゴ喋るんですが
見えない誰かと喋ってる彼女は満面の笑みで声のトーンも高く

えーいいじゃーんwww
ねぇ貢献してよーw貢献してーww
うんwえーいいじゃーんwww
ねぇ入れて?入れてよーwwwww
ちょっとだけ!
ねぇいいじゃーんwww
ねぇ見せてーw携帯見せてよーwww

とうちのドアに向かって喋ってました。
まぁでもドアノブ触ってるわけではないので大目に見てあげてたんです。
ですが、どうやらテンションが上がってきたみたいで、
ドアノブ、
ガチャガチャ。
完全に頭にきた僕は内側から鍵だけをそっと開けました。
そしてまたガチャガチャ、
しかし鍵をあけていたので急に開くドア
そこに待ち構える僕
いきなり
ドアが開いてビックリした女に向かって

うるせぇぇぇえええぞごるぅああああ!!
と叫びました。
それ以来女の被害には遭っていません。
というか見かけてません(物音はしますが)
ちなみにまだそのマンションに住んでます。
長々とすいません、ありがとうございました。



481: 本当にあった怖い名無し 投稿日:2011/11/11(金) 04:08:10.12 ID:/mCKbH210
面白かったw
乙です



482: ◆OZbjG1JuJM 投稿日:2011/11/11(金) 04:13:39.66 ID:e8F1u1L50
>>481ありがとうございます
友人には大家さんに言うべきと言われたんですが
大家も大家でとある有名宗教の信者でことあるごとに勧誘してくるので関わりたくないのです
最愛のマンションです。笑



485: 本当にあった怖い名無し 投稿日:2011/11/11(金) 05:02:17.07 ID:1eJwesVS0
>>482
間違え方が良い!(笑)



566: 本当にあった怖い名無し 投稿日:2011/11/13(日) 13:15:16.27 ID:upQ5ztn9O
車で帰宅途中にT字路があって、そこを右折するんだけど、
いつも通り会社帰りの夜に通って曲がった瞬間T字の角(自分からは見えなくて曲がったら見える場所)に
子供二人が壁に張り付いて立ってた。
側溝に入って遊んでたのか上半身しか見えなかったけど
手を繋いで真顔でこっち見てて、
車だからびっくりしちゃったかな…と思って帰宅した
翌朝通って気付いたけど、側溝なんてなかった



567: 本当にあった怖い名無し 投稿日:2011/11/13(日) 13:52:58.38 ID:O6rdAyQF0
>>566
うはwほんのりww



584: 本当にあった怖い名無し 投稿日:2011/11/13(日) 18:42:06.28 ID:TqOx/FtzO
>>566
ご姉弟だな



644: 本当にあった怖い名無し 投稿日:2011/11/15(火) 19:25:19.61 ID:bHgMggW40
誰も居ないのにチョイチョイと服の裾を引っ張られる事があった
場所は関係なく絶対に一人きりの時だった

問題なのはこれがあった後不幸が起きる、ということ

・祖父が亡くなる
・母が事故に遭って大怪我
・兄がトラックにはねられて全身打撲

どれも全て前日に服の裾を引っ張られている
特に祖父の時は裾を掴まれた後子供の声で遠くから「おーい」と自分を呼ぶ様な声がした覚えがある

自分に霊感は全く無いし、もしかしたら勘違いかもしれない
最後に引っ張られてから10年以上も経っているけど、
服の裾を引っ張られているくすぐったいような妙な感覚は今でも思い出せる



645: 本当にあった怖い名無し 投稿日:2011/11/15(火) 23:11:57.30 ID:/mmIdvg+0
あー、俺も昔々服引っ張られたことあるな。
中学の時、朝っぱらからこっくりさんやってる女子の横を通ったら
背中のところをつままれてクイッと引っ張られたことある。
もちろん後ろには誰もいない。



660: 本当にあった怖い名無し 投稿日:2011/11/16(水) 13:33:07.88 ID:zqoAgUE90
うちの近所にいるおばちゃんなんだけどさ
身なりはすげーキレイなんだけどおかしな点が一つあって、常に犬のぬいぐるみを持ってるんだ
野球ボールくらいの小さい奴なんだけど、手にハンカチを持って、その上にぬいぐるみを乗っけて、胸の高さぐらいまで上げて、その姿勢をずーっとキープして外を歩いてるの
おまけに時折そのぬいぐるみに話しかけたりもしてさ
怖いというか不気味な人だ



661: 本当にあった怖い名無し 投稿日:2011/11/16(水) 13:41:26.54 ID:nU4N9cZ80
>>660
ご当地おばさんって結構居るよね
俺の近所じゃ黒づくめおばさんが有名
色々苦労してちょっと疲れちゃったんだよ



677: 本当にあった怖い名無し 投稿日:2011/11/17(木) 03:37:27.17 ID:8MxEggpi0
>>661
黒ずくめといえば。
福岡行ったとき、バスのなかで黒ずくめのおばさんが何かのリズムに合わせて激しく動いててほんのりした。



662: 本当にあった怖い名無し 投稿日:2011/11/16(水) 15:15:17.01 ID:GVKQmzMWO
先日、娘と久々に電話をした際、ふと思い出した事がありましたので此方に失礼させていただきます。

まだ娘が幼稚園に通っていた頃、妻が50音の音声キーボードを買い与えました。
電源のオンオフで挨拶もする優れ物で、娘も大層喜び、
仕事疲れの私の前にわざわざ持ってきて遊び出すほどでした。
しかしやがては飽きるもの。数ヶ月もすれば娘にとっては無用の長物になってしまいました。
それは私が押し入れへ収納しましたが、あくる日妻より相談を受けました。

「あれ壊れてるみたい。電源も入れてないのにたまに『バイバイ』『バイバイ』って聞こえるのよ」

押し込んだ際に故障したのか、電源OFFで聞ける『バイバイ』が不規則に発信されてしまうように。
娘もすっかり怖がっている様子で、押し入れには近寄っていないようです。
そして休日、家族揃って晩餐を楽しんでいた時、私の耳にもはっきりと『バイバイ』と聞こえてきました。

不意打ちだったようで娘はとうとう泣き出す始末。妻に叱られ、私は工具を引っ張り出しました。
押し入れより音声ボードを取り出すと、スピーカー部分をハンマーで叩き壊し、機能という機能を破壊しました。
その後、燃えないゴミとして袋に詰め、私の部屋隅に一時隔離。数日後、ゴミ収集日に捨てました。

バラバラにして「もう安心だよ」と娘を慰め、父親としての面目を保ちましたが、
私がバラバラにしたのは理由があります。
最初、ドライバーでカバーを外して電池を抜いたのですが。
『バイバイ』と、確かに聞こえてきたのですよ。
今にして思えば、幻聴としか思えませんが。
娘が成人した今でも、話すことはできません。私が恐怖にかられて玩具を破壊したなど。



667: 本当にあった怖い名無し 投稿日:2011/11/16(水) 20:32:56.93 ID:tyaIONxGO
>>662
ほんのりだなぁ



669: 本当にあった怖い名無し 投稿日:2011/11/16(水) 22:03:25.51 ID:5itejytr0
>>662
ほんのり怖いけど、ほんのり悲しくなった



681: 本当にあった怖い名無し 投稿日:2011/11/17(木) 06:41:35.91 ID:MK9aFHMcO
>>662
うちの娘にも同じ様な玩具買った事あるんだが、夜中とかにブッブブっとかザザザザザみたいなノイズ音聞こえて気持ち悪かった。



705: 1/2 投稿日:2011/11/17(木) 18:15:02.79 ID:y6DI+dPc0
もう十年以上もたっているので、思い出話に。
体験者が自分なので、ほんのり怖くもなんともないと思う。スマン。


当時の私は看護学校の寮に入っていた。
歴史のある医療機関の付属看護学校なものだから、結構寮も古い。
和室に2段ベット二つの4人部屋で、狭いがそれ故に仲が良かった。
寮生は1学年で30人くらい、中には「見える」子もいた。

Oさんという子だったが、その子が「怖いので話を聞いて」という。
何が怖いか聞いてみると、夜中に窓から女の人が見えるのが怖いとのこと。
それを聞いてピンときた私は、
「長い髪の白い着物を着た女の人?」と尋ねると、その通りだという。
「害はないので相手しなければいいよ」とだけ注意しておいた。

まあ夜中に2,3階の窓から女性に覗かれていたら怖いのかもしれない。
着物も死装束っぽかったし。ただ悪いものは感じなかった。

が、もうちょっと真面目に注意しておけばよかったと後悔した。
その数か月後の7月下旬、Oさんが病院実習中に倒れた。
病院なので処置は早い。すぐにICUに運ばれた。
両親は県外在住で到着も遅くなるため、実習中だったんだが寮長だった私が詰所に呼ばれた。
T医師の説明では、血糖やら脳波、CT等調べたが原因が分からないとのこと。
心当たりはないかと聞かれたが、こっちも分かりませんとしか答えられない。
が、ICUに入って気づいた。



706: 2/2 投稿日:2011/11/17(木) 18:15:36.09 ID:y6DI+dPc0
彼女がOさんを覗き込んでいる。
黒髪がバサバサとOさんの酸素マスクにまでかかっていた。
白いと思っていた着物は多少黄ばんでいたが、顔は無表情。
が、なにか怒っているらしいことは分かる。
普段は寮周辺にしか居ないくせに、よくここまで来たなーと感心したが、
機器類に囲まれた真昼間の明るい部屋で、古めかしい恰好の彼女の姿は結構シュールだった。

彼女はすぐに私に気付いた。まっすぐ立って、今度はじっと私を見ている。
Oさんが彼女を怒らせたんだろう。仕方ないので、勘弁してやってくれないかとお願いした。
顔色も悪く、目も真っ暗、相変わらず無表情だったが、すぐに消えた。

昏睡状態のOさんには「そのうち目が覚めるからねー」と頭を撫でておいた。
看護師には礼を言って、すぐにICUを出た。
夕方には彼女は目覚めた。両親にも面会できたらしい。
両親には「お世話になりました」と礼を言われたが、原因はやっぱり分からなかったらしい。
首を捻っていた両親には、「暑いし、実習疲れもあったのかも」と言っておいた。

Oさんはその後も検査していたが、結局異常なし。
翌月、扇風機とコタツはあった寮に、クーラーが新しく設置された。


昏睡していたOさんからは、「声が聞こえたありがとう」と言われたので、
むやみやたらに悪口は言わないよう厳重注意した。
その後も窓の外から彼女は覗いていたが、じっと見るのではなく、すうっと飛び去るようになった。
Oさんはその後も彼女を見ていたのかどうか、どんな言葉を掛けたのかは知らない。

ただ両親が持ってこられた大分名物ウイロウは旨かった。
クーラーも設置されてラッキーだった。めでたしめでたし。

寮に心当たりのある学生がいて、窓から覗き込む女性がいたら、注意するように。



709: 本当にあった怖い名無し 投稿日:2011/11/17(木) 21:39:42.00 ID:kwiNfiBO0
私はよく寝言を言うらしい。
それでも今までは
「このコンパス、四角しか書けない」
と困っていたり、
「お弁当箱から毛が生えてる」
と驚いていたりと大したことはなかったそう。
今朝、夫が
「昨日の寝言は怖かった」
と言っていた。
しばらくぶつぶつと罵っていて、聞き取れた言葉は
「めぐぞ、こら」
「このダボが」
の2つだったと。
夫曰く神戸より西の言葉らしいが、私は生まれも育ちも東京。
夫は関西だが、こういう言葉は使わない。
なぜゆかりもない地域の言葉を使っていたのかほんのり。



711: 本当にあった怖い名無し 投稿日:2011/11/17(木) 22:03:20.90 ID:mip7aG8Z0
>>709
ドラマとかで覚えてたってことなんじゃないの



715: 本当にあった怖い名無し 投稿日:2011/11/17(木) 23:24:36.08 ID:qDzJ6Dz90
>>709
>「このコンパス、四角しか書けない」
>「お弁当箱から毛が生えてる」
のほうが怖いです><



744: 本当にあった怖い名無し 投稿日:2011/11/18(金) 17:37:30.46 ID:+7dMJoLe0
小学生の時、兄とスイミングスクールに通っていた時の事

月に一度の進級テストがあり兄は平泳ぎに出場

25mを折り返してすぐに兄の横を泳いでいた子が突然停止、そのままプカッとプールに浮かんだ

側にいたコーチが慌てて飛び込み、
その子は連れていかれたのだが、テストは再開され私もそのまま泳いだ

溺れた子はプールですでに心臓麻痺で亡くなっていたそうだ

そこでいつものように泳いでいた私達…



749: 本当にあった怖い名無し 投稿日:2011/11/18(金) 22:06:09.31 ID:PJmZ+iauO
今現在進行形の話。
電気を消した部屋に1人で布団に包まって
携帯で怖い話を読んでいたら後ろから線香の匂いがしてきた。
我が家に線香なんてないのに。
トイレ行きたいのに怖くて振り向けない。



752: 本当にあった怖い名無し 投稿日:2011/11/18(金) 22:51:13.57 ID:5LLl8hco0
>>749
線香の臭いはかなりやばいらしいよ
これで生ゴミの臭いがしてくればビンゴ!



753: 本当にあった怖い名無し 投稿日:2011/11/18(金) 22:58:43.18 ID:JhKgWRn30
>>752
たまに線香の臭いするんだけど、やばいのか。



754: 本当にあった怖い名無し 投稿日:2011/11/18(金) 22:59:41.97 ID:dMXYddQb0
高校の時同じ部活の友達から聞いたんだけど
その子部活中に盛大に転んで、片膝が大きく擦り剥けて血が出てた。
傷口に貼りつくのを嫌がって家では絆創膏付けなかったらしいんだ。

その夜真夏だったし布団も被らずに仰向けで寝てたら、傷口の辺りがやけにムズムズする。
なんだろうと頭を上げて見てみると…





ゴキブリが傷口の肉を食べてたそうな。



755: 本当にあった怖い名無し 投稿日:2011/11/18(金) 23:07:15.44 ID:rSkaQ8UC0
>>754
ほんのりじゃねぇ~。
これは断じてほんのりじゃねぇ!



760: 本当にあった怖い名無し 投稿日:2011/11/18(金) 23:24:39.76 ID:xGRUqz3W0
>>754
戦争で負傷した兵士の傷口にウジがわくと、腐った部分を取り除いてくれるので
足とか腕を切り落とすのを防いでくれる

最新医療で腐った部分にウジを植えつける治療法があるらしい



804: 本当にあった怖い名無し 投稿日:2011/11/19(土) 17:34:38.31 ID:Wzijvcw40
人によっては笑える話かも
多分先週の土日あたりだったと思う

昼ふと目を覚ました。
のどが渇いたので何か飲もうと台所に行こうとしたら

声「世界で1番えらいのは人間じゃない」
俺「!?」

妙な声が頭に響いた。
そしたら急に息ができなくなった。
急いでカーチャンにこのこと伝えようかと思ったが・・・
手が動かない。
完全にパニックになりもうだめだと思い、遠のく意識に身を任せた。
しかし、徐々に意識がなくなりかけてるなか、少しずつだが息を吸えるのが楽になり、
体の自由が利き始めた。
調子も完全に戻り、ドアを開けカーチャンにさっきまでのことを言ったら

カー「はぁ?あんたなにいっとーと?www」
っていわれた(´・ω・`)

以上です。駄文スマソ



805: 本当にあった怖い名無し 投稿日:2011/11/19(土) 17:38:31.85 ID:RsTJgo9Z0
>>804
車が喋った!?



806: 本当にあった怖い名無し 投稿日:2011/11/19(土) 17:41:29.05 ID:7ifjiyXE0
>>805
ほんのり怖いな。しかも博多弁、ナイトライダーも真っ青



881: 本当にあった怖い名無し 投稿日:2011/11/21(月) 01:35:49.49 ID:48ALhDRc0
寝付けないときに、暗闇に目を凝らすと
たまに白い靄のようなものが見えるときがある

シャワーを浴びているときの湯気のような
一つひとつの粒子が見えるような感じ

仕事中にパソコンの液晶モニタの黒い背景をじっと見ていると
液晶の液(そんなものがあるのかは分からないが)が流動しているような模様が見えることは多々あるので
同じようなものかと気にしないようにしているが
たまに意味のある形が見えてしまうと少し怖い

換気扇の音やエアコンの音などの雑音から
音楽や話し声を拾ってしまうこともある

昔はテレビの砂嵐をみていて知らないおじさんの映像と音声をセットで認識することもあったが
役に立つようなことは何一つ言ってもらえなかった

霊感などは持ち合わせていないので(友達と心霊スポットとか行っても何も感じなかった)
頭か感覚がおかしいのかな
それともみんなよくあることなのか

スレ違いかもしれないけれど靄が人面の形をとると案外怖い



882: 本当にあった怖い名無し 投稿日:2011/11/21(月) 02:49:39.18 ID:GiaGNFGc0
>>881はとりあえずアイボンで解決
眼球表面には微少の埃などが付いているから
例えば真っ黒の背景なんかを視てると手前の眼球表面に焦点が合って
気にするともやもやっとしてみえる(ピンボケだが)
眼を瞑っていると言っても瞼の裏を"視ている"訳であって
そのまぶたには血管が通っているのであって何か動いてるョーブルブル

換気扇やエアコンは単調音の繰り返しなので
そこからビートを拾って過去に聞いた音楽と脳内照合してるだけ
ちなみに私はファミコンのテクノ音

砂嵐のおじさんはガチの霊ですよ



885: 本当にあった怖い名無し 投稿日:2011/11/21(月) 03:15:35.46 ID:VQmTkah+0
なんで砂嵐のおじさんには、ガチな科学的説明がなされないのかが、ほんのり。



904: 本当にあった怖い名無し 投稿日:2011/11/21(月) 21:01:03.70 ID:0JlFn9Qu0
知り合いの体験談。
そいつはある日会社の同僚と深酒をした。それで上野駅から出る終電の一本前の常磐線になんとか間に合ったが
なぜかは知らんが先頭車両まで車内を移動したそうだ。で、先頭車両に到着と同時に電車が発車。

その時間の先頭車両ってあまり人がいないのだが、その日はそいつ以外誰もいなかった。
これって貸し切り状態じゃね?ってお気楽に考えながら酒の酔いが手伝って眠気が襲ってきた。
このまま寝たら終点まで連れて行かれるからやばいな、って思ってたら突然眠気がなくなって意識がハッキリしたそうだ。

あれ?なんで急にって思ってたら電車が三河島に到着。ドアが開くとそんな時間に不釣り合いなほどの
乗客が乗り込んできた。でもよく見ると何かがおかしい。乗客がみな俯いていて向こう側が透けて見えてるのと、妙に古臭く
ボロボロになった服を着ていたんだそうだ。

流石にこれはやばい、と思いゆっくりと立ち上がって隣の車両に移動を始めたそうだが、背後から明らかに視線を感じ絶対に
振り向いちゃいけないと強く感じた。焦らずゆっくりと自然に、と心で呟きながら隣の車両に移動、そのまま車両の後ろまで
着いたところで電車が発車した。これでもう安心だろうと思い先頭車両のほうを振り向いたら・・・・
ドアのガラスや窓に貼り付いて半透明のボロボロの服を着た無数の骸骨がこっちを見ていたそうだ。
それ以来そいつは終電の一本前にだけは絶対乗らなくなり、先頭車両に乗るのも嫌がるようになった。



908: 本当にあった怖い名無し 投稿日:2011/11/21(月) 22:47:03.19 ID:Q8kA09Rl0
>>904
三河島って、昔、有名な電車の事故無かったっけ。



954: 本当にあった怖い名無し 投稿日:2011/11/23(水) 02:31:37.18 ID:/20mMy0L0
高校生の時から今に至るまで、十年以上年賀状をくれる人がいる。
ありきたりな感じの干支の印刷に差出人の名前(住所は書いてない)と、手書きで一言
「彼氏と仲良くね!」とか「合格おめでとう!私も頑張るよ!」とか添えてある。

ただ、私はその相手の事を全くと言っていいくらい知らない。
中学の時に同じクラスだった事はあったが高校は別だし、多分中学でも話した事無かったと思う。
不思議なのが、「彼氏と仲良くね!」の時に私に彼氏がいた、
「合格おめでとう!」の時、私がある資格試験に受かっていた、という点。
適当に書いたにしては、私の私生活と妙に合致する。

更に不思議な点、というか不思議通り越して怖いのが、
私は大学入学時に実家を出て他県で一人暮らしだったのに、
大学生の間はその年賀状が、実家ではなく一人暮らしのアパートの部屋に届いていた点。

これが異性からなら警察にも行っただろうけど、
女が女に年賀状送りつけるくらいの事で警察はなあ……と今まで放っている。返事も出してない。
他に何か実害があるわけでもなく。

ちなみに中学の同窓会に行った時、本人が見当たらないので周りに聞いたら、
本人と同じ高校に行った中の数名が辛うじて名前と顔を覚えていたくらいで、
高校の後の動向は誰も知らなかった。



957: 本当にあった怖い名無し 投稿日:2011/11/23(水) 03:09:07.01 ID:XlYlPZpy0
>>954
なにそれ気持ち悪い
俺なら耐えれないから追及する



958: 本当にあった怖い名無し 投稿日:2011/11/23(水) 03:14:33.12 ID:wq2yEdiA0
年賀状って受け取り拒否できないのかな?



989: 本当にあった怖い名無し 投稿日:2011/11/24(木) 13:17:12.26 ID:Pa0AnlMY0
>>958
できるよ



959: 本当にあった怖い名無し 投稿日:2011/11/23(水) 03:21:00.94 ID:9TaEPVQd0
近くで見てるんじゃね



962: 本当にあった怖い名無し 投稿日:2011/11/23(水) 09:23:07.50 ID:OkZQqrmV0
見てるとか嫌

私はまだ見たことないが、お父さんが霊感つよいらしい

私がまだ生まれてなかった頃、お父さんが森で車運転してて
それまで人や車の気配は無かったんだって。
そしたら突然、[ブブー!]と、どっからか車のクラクションが
聞こえたらしい。驚いて、車を止めたら目の前で木が倒れてきたんだって。
お父さんが呆然として、周りを見てみても車なんて何処にもない。
てゆーかあるはずない。
警察を呼んで木は片付けてもらったんだけど
今だに不思議だなあと思う。



986: 本当にあった怖い名無し 投稿日:2011/11/24(木) 08:16:50.35 ID:/1lNmZyvi
今駅でしゃがみ込んでる人いたから、体調悪いのかなと思い声をかけた
そしたらとても若い女とは思えない力で胸ぐら掴まれて
「お前はいつもそうだな」
ってめちゃくちゃ低い声で言われた
顔が髪に隠れて見えなかったのが怖かった



987: 本当にあった怖い名無し 投稿日:2011/11/24(木) 08:22:59.01 ID:dpwWL6dP0
なにそれこわい




【厳選爆笑】久しぶりに一行で笑わせるスレで勝負

【閲覧注意】お前らの街にある 怖い噂

【閲覧注意】報道規制されたと思われるオカルトな事件・事故

昨日ゲーセン行ってゲーセンが廃れた理由分かった気がする

【閲覧注意】歴史上の妙な死に方を集めるスレ

【幻想風景】FFDQ好きならこういう風景好きだろ?

【HSP】敏感すぎてすぐに動揺してしまう資質

脅威の笑える凄い画像スレ『幕末の若者』

尾崎ってマジで中学の授業ぐらいで支配されてるとか自由になりたいとか思ってたの?

「これ犯罪なのかよ」ってことを教えてくれ

嫌われる勇気―――自己啓発の源流「アドラー」の教え
岸見 一郎 古賀 史健
ダイヤモンド社
売り上げランキング: 2