1: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/01/17(土) 15:11:56.13 ID:8R3cZnAS0.net
古代は頭と胴体守って、顔は空いてるし
小手とスネ当てはつけたりつけなかったりしてるけど
中世になると全身を覆い始めて、近世になると古代ローマと同じようになる
転載元:http://viper.2ch.sc/test/read.cgi/news4vip/1421475116/
心理学を利用したテクニックとか教えてよ
http://blog.livedoor.jp/nwknews/archives/4805902.html
よろい


2: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/01/17(土) 15:12:56.48 ID:Upe0ERPj0.net
動きやすさか防御力かどちらかしか取れなかったユーロ土人



5: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/01/17(土) 15:14:22.58 ID:8R3cZnAS0.net
>>2
日本だって足軽はヨーロッパの古代や近世と同じ感じじゃん
足軽



3: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/01/17(土) 15:14:08.43 ID:/gU63v8m0.net
no title




4: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/01/17(土) 15:14:18.91 ID:M3ZUJA+C0.net
初期の頃の剣は剣の形した鈍器だから切れない
つまり胴体よりも四肢ぶっ叩かれて潰されないようにそこだけ守って後は経費削減と軽量化



6: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/01/17(土) 15:14:47.92 ID:8R3cZnAS0.net
>>4
たぶんあんまりそれは関係ないかと



13: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/01/17(土) 15:17:51.48 ID:M3ZUJA+C0.net
>>6
確かに適当に考えた設定だけど知ってんならスレ立てんなよwww



8: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/01/17(土) 15:15:54.24 ID:sJAhUjlL0.net
セグメンタタなんて時代先取りした高級板金鎧を兵卒に大量支給するくせに、
腕や太ももは基本ハダカでまる出しなままのローマ
Roman_soldier_in_lorica_segmentata_1-cropped
主に帝政ローマのティベリウスの治世から使われ始めた。曲げた鉄の板金を重ねて作られた甲冑で、映画などでいわゆる「ローマ軍団兵の鎧」としてのイメージが定着しているが、実際に使われたのは1世紀から2世紀までの間と、長いローマの歴史の中では比較的短い期間であった。

ラテン語名が定義として用いられたのは16世紀のヨーロッパからであり、必ずしも古代ローマ時代に「ロリカ・セグメンタタ」の名で呼ばれていたわけではない。
http://ja.wikipedia.org/wiki/ロリカ・セグメンタタ



12: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/01/17(土) 15:17:25.62 ID:8R3cZnAS0.net
>>8
太腿覆ったら歩きにくいし、腕を覆ったら作業できないからじゃないかな



9: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/01/17(土) 15:17:07.98 ID:xjqwHqpta.net
防具は武器に対応するためのものだからな
武器運用に合わせてコロコロ変えていくから意味がある



11: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/01/17(土) 15:17:18.98 ID:O0rxDx780.net
古代と中世を同じに考えちゃダメだぞ
つーか中世でも東ローマ帝国は古代とそんな変わらん装備
そして中世から活躍し始めるゲルマン系は昔から全身を防御する趣向があった



16: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/01/17(土) 15:21:28.06 ID:/MjUfU/pa.net
板金は可動よく考えないと動き辛いからな
その点チェインメイルは自由自在
もうこれで完成系でいいんじゃね
ん?何その細いの



19: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/01/17(土) 15:28:09.84 ID:O0rxDx780.net
>>16
普通に動けるんだよなぁ
http://m.youtube.com/watch?v=gcJiB6lvkEg




17: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/01/17(土) 15:24:34.73 ID:O0rxDx780.net
ローマやギリシャを除いたヨーロッパの鎧の進化を辿ると
厚皮などを使った防具(有史以前)
→鎖帷子&鉄札鎧(古代~中世前期)
→従来の防具+鉄兜(~十字軍時代末期)
→クソ格好悪い板金鎧(~百年戦争初期)
→デザインが洗練された板金鎧(百年戦争後期~ルネサンス)
→胴体だけ板金鎧(近代頃)



18: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/01/17(土) 15:27:06.09 ID:Oiq7fnhN0.net
最終的には銃が発展して、銃弾を防御しようと鎧を分厚くするんだけども、
そうなるとクッソ重くなって全身を覆えなくなる

その結果胴体の重要部分に分厚い鉄板を集中させたのがキュイラッサ
キュイラッサを装備してたのが胸甲騎兵とか
今は式典とかで見られる
no title




20: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/01/17(土) 15:28:36.55 ID:8R3cZnAS0.net
>>18
それは騎兵のはなしだし、そもそもモンゴル騎兵は鎧はあまり着なかったから
銃の有無は関係ないんじゃないかな、あるとしたら銃の登場でヨーロッパの蛮族どもが
ようやく集団戦の重要性を思い出したてくらいじゃね?



30: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/01/17(土) 15:32:43.66 ID:Oiq7fnhN0.net
>>20
軽騎兵と重騎兵とあるからなぁ騎兵は
ヨーロッパ圏でも銃を装備した騎兵である竜騎兵とかあるから、ややこしくなるわな
竜騎兵でも鎧を装備した重竜騎兵と鎧を着ない軽竜騎兵がいるし

歩兵についてはナポレオン戦争の時にはもう、歩兵は鎧を装備して無いけど、
胸甲騎兵は鎧を装備してたりするわな



21: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/01/17(土) 15:28:48.77 ID:opFTI2z00.net
むしろ手足のみに鎧をつけたほうがかっこよくね?



26: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/01/17(土) 15:30:02.27 ID:sJAhUjlL0.net

23: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/01/17(土) 15:29:21.66 ID:sJAhUjlL0.net
まあ一時期のローマが頭おかしかっただけで、古代は基本的に鎖帷子・小札鎧の時代だよね
ローマだって板金鎧使ってたのは1世紀~3世紀間とローマの歴史からすれば短期間で、
全体的には鎖帷子がメインだったし



24: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/01/17(土) 15:29:24.84 ID:FCc78Yi/M.net
え、モンゴル野郎って鎧着てないの?



29: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/01/17(土) 15:32:16.39 ID:8R3cZnAS0.net
>>24
精鋭ほど軽量化するためにシルクとかの服をきてたらしい
シルクって頑丈だけどな
Legnica



38: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/01/17(土) 15:36:02.72 ID:O0rxDx780.net
>>24
基本的に馬の上から弓撃ちまくるだけだからな
そしてヨーロッパ人はそれが得意じゃない



42: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/01/17(土) 15:38:03.49 ID:FCc78Yi/M.net
>>38
遊牧民族は鉄とかも少なそうだから軽装にはなるわなー
日本だけだよな重装弓騎兵とかいうわけわからんジャンル



44: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/01/17(土) 15:39:11.39 ID:8R3cZnAS0.net
>>42
でも馬鎧は着せないし、着せたとしても革だから他国の重装騎兵と同じかというと微妙だしな



47: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/01/17(土) 15:40:46.55 ID:FCc78Yi/M.net
>>44
なんで着せなかったんだろ
古墳時代は着せてたんだろ?たしか



53: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/01/17(土) 15:42:19.86 ID:8R3cZnAS0.net
>>47
騎兵の数が増えたからじゃね?
あと当時は馬の生産体制が整ってたのと、騎馬弓兵だから
機動力が重要だったってのもあるんじゃね?



46: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/01/17(土) 15:40:34.43 ID:sJAhUjlL0.net
>>42
パルティアやササンにも重装弓騎兵おったで



50: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/01/17(土) 15:41:11.77 ID:FCc78Yi/M.net
>>46
いたのか 無知でごめんなさい



28: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/01/17(土) 15:31:04.63 ID:lExoe62g0.net
今弓剣槍で戦争するとしたら強化樹脂製にするのかな



35: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/01/17(土) 15:35:41.29 ID:sJAhUjlL0.net
>>28
拳銃弾もとめられるポリカーボネート製の鎧と盾で防御力がヤバイ
警官隊の盾ゴリ押し戦術が戦場を席巻する



31: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/01/17(土) 15:32:54.80 ID:O0rxDx780.net
ちなみに日本でも古墳時代に鉄札を寄り合わせて全身を覆う鎧が作られていたが
運動性的にもコスト的にも非効率だとして奈良時代に禁止された
よろ



34: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/01/17(土) 15:34:37.45 ID:lExoe62g0.net
日本の鎧は独特過ぎだろ
なんだあれ



37: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/01/17(土) 15:35:53.60 ID:8R3cZnAS0.net
>>34
ぱっとみそう思うだけで構造をみたらそこまで珍しくもない



43: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/01/17(土) 15:38:27.90 ID:Oiq7fnhN0.net
>>34
時期によるけど、鎌倉期の日本の武士は「重装弓騎兵」なんで、
馬上での弓射と、敵の矢を防ぐのに最適化された構造になってる



39: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/01/17(土) 15:36:40.83 ID:FCc78Yi/M.net
日本がもし江戸時代がなくてしょっちゅう戦ばっかりやってたらヨーロッパと同じような鎧の進化を辿ってたのだろうか



40: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/01/17(土) 15:37:39.31 ID:CQcVoSdd0.net
>>39
それはないだろう
兵の構成員とか戦術とかまるで違うし



41: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/01/17(土) 15:37:43.02 ID:8R3cZnAS0.net
>>39
大阪の陣の時に鎧着なくなったりしてたみたいだからそうかもね



61: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/01/17(土) 15:47:47.69 ID:kRyb3YAY0.net
盾のこと調べてた時に日本の鎧のが強かったとなんかで読んだな
あっちの鎖とかとは比較にならないとか



63: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/01/17(土) 15:50:23.33 ID:Oiq7fnhN0.net
>>61
日本の甲冑は肩の部分のでかいパーツとかが丁度、対矢用の盾になるようになってたりするよな



65: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/01/17(土) 15:53:02.04 ID:Oiq7fnhN0.net
元寇についても、教科書だと日本側フルボッコにされたように言ってるけど、実際は博多防衛に成功してるんだよな
あんな海沿いの街を突破されずに阻止に成功してたとか地味に強かった鎌倉武士



70: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/01/17(土) 15:59:59.86 ID:O0rxDx780.net
>>65
その時点でも日本の戦闘経験は割りと豊富だからな
その500年以上前でも朝鮮の一国と同盟組んで海の向こうで戦ったりしてるレベル



71: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/01/17(土) 16:01:37.32 ID:FCc78Yi/M.net
>>70
戦法、戦術はイマイチだったみたいね
脳筋



73: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/01/17(土) 16:08:54.24 ID:Oiq7fnhN0.net
>>71
当時の和弓の射程てどんくらいなんだろ
10m程度しか届かないって話も聞くが

一応、カリフォルニア大学のサクストン・ホープ(Saxton Pope)教授による
世界各国の弓の性能テストによると、和弓は射程175ヤードあったそうだが



78: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/01/17(土) 16:15:12.43 ID:O0rxDx780.net
>>73
古代日本の弓はロングボウのショボいバージョンみたいな感じ
中世から竹と木の合板で作ってるけどそれ以前はただの丸木弓



79: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/01/17(土) 16:15:53.59 ID:Oiq7fnhN0.net
>>78
だいたいどこら辺で移行してったんだろ?



85: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/01/17(土) 16:24:13.12 ID:O0rxDx780.net
>>79
確か平安時代から木と竹を貼り合わせてたような気がする
竹は生産性がいいけどあまり靭性がないからそれだけ長くなった
そして弓に合わせるように矢も長くなって
すると世界一長い、つまり重くて威力のある弓矢になった

飛距離で言えばトルコ系、モンゴル系民族が使っているような複合弓が最長
木を動物の腱や骨で補強した粘り強くコンパクトな弓



86: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/01/17(土) 16:26:04.37 ID:Oiq7fnhN0.net
>>85
モンゴル騎兵って複合の短弓だっけ?
上のイギリスの学者がテストしたヤツだけど

Paraguay...................... 60 pounds 170 yards
Polynesian.................... 49 " 172 "
Nigrito....................... 56 " 176 "
Andaman Islands................45 " 142 "
Japanese.......................48 " 175 "
Africa.........................54 " 107 "
Tartar.........................98 " 175 "
South American.................50 " 98 "
Igorrote.......................26 " 100 "
Solomon Islands................56 " 148 "
English target bow (imported)..48 " 220 "
English yew flight bow.........65 " 300 "
Old English hunting bow........75 " 250 "

これの中にモンゴル兵が使ったやつに該当するのあるやろか



111: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/01/17(土) 16:46:22.12 ID:O0rxDx780.net
>>86
おそらくないな



113: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/01/17(土) 16:48:17.40 ID:Oiq7fnhN0.net
>>111
無いかー
ありがとう



68: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/01/17(土) 15:55:59.10 ID:Oiq7fnhN0.net
逆に古代に飛んでみるとでっけー盾装備したローマ歩兵が
実際は「鎖帷子装備して、茶色い楕円形の木の盾」って構図だったそうだが



69: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/01/17(土) 15:58:44.59 ID:8R3cZnAS0.net
>>68
ローマは歴史が長いから時代によって違うからな



80: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/01/17(土) 16:19:00.41 ID:sJAhUjlL0.net
>>68
青銅の胸当てと丸盾と槍(王政~共和制初期)

鎖帷子と楕円盾と剣(共和制中期~帝政開始時)

板金鎧と四角い大盾と剣(帝政初期~軍人皇帝時代中期)

鎖帷子・小札鎧と楕円盾と剣(軍人皇帝時代後期~テトラルキア)

鎖帷子と楕円盾・丸盾と槍(東西分裂後)

だいたいこんな感じで装備は年代によって色々、軍そのものの練度や戦術も様々
書籍によっては「ローマ軍の装備や戦い方は全時代通してほとんど変わらなかった」と言っちゃってるのもあるけど、
これはヘルメットや銃、戦車を使ってるからと「第一時大戦と現代の戦争はほとんど変わらない」と言うくらいに乱暴なまとめかた



82: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/01/17(土) 16:22:13.18 ID:z6XmzsVX0.net
アーサー王と円卓の騎士ってバスタードソードにフルプレートって格好で描かれること多いけど
時代的な事考えるとスクラマサクスに鎖帷子かラメラーが妥当なんだっけ



84: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/01/17(土) 16:23:50.69 ID:Oiq7fnhN0.net
>>82
「エクスカリバーって片刃じゃね?」とかいう浪漫の欠片もない考察



87: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/01/17(土) 16:26:34.25 ID:8R3cZnAS0.net
>>84
エクスカリバーはローマのグラディウスかもしれない



91: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/01/17(土) 16:29:01.72 ID:O0rxDx780.net
>>82
当時のイングランドのレベルから考えれば
防具は鉄片を連ねた鎧か鎖帷子
そして剣は先細りのナタみたいなやつだな

まぁ蛮族として名高いヴァイキングにボコられた蛮々族のアングロサクソンに苦戦してるレベルだからな



89: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/01/17(土) 16:27:46.34 ID:CQcVoSdd0.net
no title

アーサー王って一番有名な銅像がこれだしな・・・



95: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/01/17(土) 16:32:18.75 ID:m8PHNi0o0.net
>>89
これマジ?上半身に比べて下半身が貧弱すぎるだろ



100: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/01/17(土) 16:35:07.31 ID:O0rxDx780.net
>>89
その装備は絶対に有り得ない
こんな板金鎧+鎖帷子の下着なんて組み合わせは百年戦争以後じゃなきゃ存在しない
アーサー王伝説の時代はローマが撤退してからのイングランドだ
その時のイングランド自体の文明レベルなんて日本といい勝負



90: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/01/17(土) 16:28:06.76 ID:ou27uDJ70.net
バイキングが持ってた糞硬い純鉄製の剣何て言ったっけ?



107: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/01/17(土) 16:40:41.71 ID:O0rxDx780.net
>>90
普通にヴァイキングソードじゃね?
ヴァイキング達はおそらく普通に剣って呼んでたと思うけどな
ちなみにヴァイキングの剣は日本刀に及ぶくらいの硬度を持ってるみたいだぞ
と言うのもヴァイキングの生まれたスカンディナビアは泥炭地だらけで
そしてその泥炭を燃やして純化すればかなり質のいい鉄が得られたかららしい



108: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/01/17(土) 16:42:11.78 ID:Oiq7fnhN0.net
>>107
表層は硬いが、硬化した部分が削れたりしたらぐにゃんと曲がるんだっけか?



115: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/01/17(土) 16:51:23.79 ID:O0rxDx780.net
>>108
硬化した部分が剥がれるってどんな製鉄してんだよ
ヨーロッパの剣は基本的に日本刀より薄くてある程度曲がるようにできてる



120: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/01/17(土) 16:59:15.54 ID:8R3cZnAS0.net
>>115
鉄剣の表面に鋼を塗して鍛えてたから



121: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/01/17(土) 17:01:50.41 ID:O0rxDx780.net
>>120
初耳だ
そんな鍛え方をしてるとは



122: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/01/17(土) 17:02:29.47 ID:lExoe62g0.net
>>120
なんで真ん中に入れるという発想がなかったのか



128: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/01/17(土) 17:11:02.75 ID:8R3cZnAS0.net
>>122
ヨーロッパでは近世まで鋼の存在に気づけなかったから
そういう発想もなにもどうして硬くなるのか理解してなかったからだろ 



94: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/01/17(土) 16:31:21.46 ID:CQcVoSdd0.net
ウルフバートのことか?
300px-Ufberht_gerade
ウルフバートの製造工程についての多くは解っていないが、現代の様々な試験からインド産の鉄が用いられた事が解っている。「るつぼ鋼(Crucible steel)」は最も純度の高い鉄であり、ダマスカス鋼は「ウーツ鋼」と呼ばれる「るつぼ鋼」の二次加工様態である[3]。中世の武器の殆どは炭素含有量の低い柔らかい鉄で造られているが、ウルフバートに用いられた鋼鉄は比較して炭素含有量が非常に高く、鋼滓も少ない。

これによりこの武器はより強く、より柔軟となり、従って折れる事も少なく、敵の盾から引き抜くことも容易であった。これらの技術は中央アジアへと旅したヴァイキングによってもたらされたと推定されている。ヴォルガ河交易ルート(Volga trade route)を用いた可能性が指摘されている[1]。

近年、TV番組の企画でRichard Furrer氏が当時の製法の類推に従ってレプリカを製作した。
http://ja.wikipedia.org/wiki/ウルフバート



99: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/01/17(土) 16:34:29.42 ID:Oiq7fnhN0.net
>>94
あれは「ヴァイキングの使う剣の中でも特に特殊な製法で作られた強靭な剣」であって、
ヴァイキングが使う一般的な剣はまた別じゃないかなぁ

形状はウルフバートも他のヴァイキングソードも同じみたいだし



114: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/01/17(土) 16:49:37.29 ID:bU173zfL0.net
ヴァイキングの時代だと全鉄製の剣は高級品だから鉄をそれほど多く使わなくていい斧を好んだとか
人を斬ったらその度にグニャリと曲がるから足で踏んで形を整えたなんて話もある



117: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/01/17(土) 16:56:10.08 ID:O0rxDx780.net
>>114
その時代の斧はかなり使える武器
鉄の量が少なくて経済的
同じ長さの剣より軽くて扱い易い
盾がまだまだ現役で斧は盾を引っかけてどけたりできる
鎧は鎖帷子が主流で叩き込んだ分だけダメージが入る



145: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2015/01/17(土) 17:30:37.40 ID:CQcVoSdd0.net
海外ドキュメンタリーの中世ヨーロッパの武器製造の再現映像とか見るのホント好き




すげー葉っぱに似てる虫とかいるじゃん?あんなの進化論じゃ説明できない、絶対神様いる

教養のない人って何話しても面白くないよね

江戸時代の人はどうしてたんだよってこと上げてこうぜ

映画を見ようと思う これだけは見とけ!って映画を教えてくれ

車の運転ってどうやったら上手くなるの?

俺「F1ってコーナーで速度落としすぎじゃね」「80キロ出てるよ」

吹いた画像を貼るのだ『太宰治の落書きwwwwwwww』

猫大好き可愛い猫画像スレノソ*^ o゚)

ダラ奥が楽な料理を考える『ポン酢漬け焼き』

嫌われる勇気―――自己啓発の源流「アドラー」の教え
岸見 一郎 古賀 史健
ダイヤモンド社
売り上げランキング: 2