転載元:http://anchorage.2ch.net/test/read.cgi/occult/1260943566/
重症なネトゲ廃人の俺の昔話(つい最近も含む)
http://blog.livedoor.jp/nwknews/archives/4815116.html
Black-dog-wallpaper-6


5: 本当にあった怖い名無し 投稿日:2009/12/16(水) 16:48:40 ID:opcWokdG0
よく霊感番組で首の裏のくぼみから
悪いものが出入りするって言いますが

沖縄に引越していた間、首がすごく荒れました
掻き毟り、角質がボロボロ落ち、頭皮まで血がにじみ
貨幣状湿疹というのまで出来て浸出液でぐじゅぐじゅに
なるほど(治療後よくみたら部分はげになっていた)

その当時は嫌な奴で周囲に馴染めなかったからか
馴染めないから嫌な奴になっていたのか順番は分からない
ご当地の地場宗教はトートーメーと言って先祖崇拝と自然崇拝のミックス
観光がてら聖地回っていたときに、自然相手を意識して
口語で「引越して何も分からないのでどうぞ宜しく」と念じていた

しばらくして状況好転、首の湿疹が治りまた職も決まった
性格のきつさもササクレが収まりどうにかなった
今でも首の荒れは怖い本当は霊的なものなんて絶対信じたくないが
霊と言わず悪い感情の塊みたいなのは有って
首を荒らすのかもしれない 次があるってなら悪いものから首絶対守る
近づけず跳ね除けるほどの精神の強さを持っていたいと思っている



15: 本当にあった怖い名無し 投稿日:2009/12/17(木) 03:27:29 ID:uy/sk4Re0
最近、毎日毎晩バイトバイトで帰ると爆睡
チャリで行ってるけど帰り道はもう半分寝かけてて、無我の状態でペダル漕いでる
3年通ってるいつもの道だから、ぼーっとしててもいつのまにか家ついてるみたいな
この感じわかる人いると信じてる

俺の住んでるとこ田舎ってほどではないのだが、のどかな感じなんだ
小川が流れてて土手沿いの道をいつも走ってる
つい数時間前のことなのだが、あまりに疲れていた俺はついに道を脱線して土手から自転車ごと落ちそうになった
はずなのだが、何故か落ちなかった

なんか無我の状態から我に還った瞬間、宙に浮いて自転車漕いでた
なんだこれ?と気づいた時には空中を迂回した自転車が既に元の道に戻っていた
ほんの数秒の間、俺は空中で自転車に乗っていたわけだが
なんか感触としてはでかくてわりとゴムが厚めの風船の上を走っている感じだった

俺としては無我の状態が良かったのかなと
多分修行をつめば俺は空飛べるはず



17: 本当にあった怖い名無し 投稿日:2009/12/17(木) 03:58:05 ID:mD5+GCoLO
>>15 空飛ぶ自転車か、ETみたいで幻想的だな
今の糞寒い時期に居眠り運転てすげーな、過労気味か?
身体に気をつけて修業しろよw



18: 本当にあった怖い名無し 投稿日:2009/12/17(木) 04:29:56 ID:MYIyauWRP
自分は高校生から家元を離れて暮らしてた。
ある時帰省して、何の気なしに「疳の虫って出せる?」って婆ちゃんに聞いてみた。
そしたら間髪入れず「出せるよ」と言われた。意外な返事に驚いた。
ぬるま湯をはった洗面器に、婆ちゃんが何だか分からない粉末を入れて、手を浸けるように言われた。

そしたら、指先の爪の間からすごい勢いでニュルニュル白いのが出てきた。
正直ちょっと恐ろしかった。こんなにも大量に何が出てきてるんだ?って。
テレビで疳の虫はタオルとかの繊維だって言ってたが、それは違うと思う。
数年後ただのお湯でやってみても別に何も出てこなかったし、
タオルや服の繊維なら染色されているものが多くて、その白さに説明がつかない。未だに謎。

高校生から今までずっと都会暮らしで、しばらく田舎の実家には住めてないけど、
田舎で年寄りとかと過ごしていると、不可解なことが沢山あって楽しくもあると最近思う。



20: 本当にあった怖い名無し 投稿日:2009/12/17(木) 05:50:33 ID:Hm2Dx0yh0
>>18
年寄りって疳の虫出す方法知ってる人多いよな
なんか掌に「井」に似た字を書いてツーッと引っ張り出すと聞いたことある



34: 本当にあった怖い名無し 投稿日:2009/12/17(木) 16:42:56 ID:xoNte3AA0
に、しても>>18の疳の虫って面白いな
子供が泣く原因って伝承だっけ



41: 18 投稿日:2009/12/17(木) 22:44:21 ID:MYIyauWRP
>>34
小さい頃の俺は夜泣きが酷くて手をやいたらしくって。疳の虫が大量に出たのはそのせいなのかも。
ただ、本当に疳の虫を出せば夜泣きが治るなら、小さい頃の俺ににやってくれたら良かったのにとも思う。



36: 本当にあった怖い名無し 投稿日:2009/12/17(木) 21:10:38 ID:SLWrsLZ70
今さっきの話し

兄「お前昨日の夜何してた?」
俺「夜中っていつの話し?」
兄「3時くらい」
俺「普通に寝てた」
兄「ホントか?なんかすげーガタガタしててうるさかったぞ」
俺「知らん。ていうか昨日は中の部屋(物置にしてる部屋)で寝てたし」
兄「そうか…」

実家暮らしで兄貴の部屋は俺の部屋の上にある(3階構造)
押入れが30分くらいガタガタ鳴ってたらしい
こういうの初めてだからちょっと不気味



37: 本当にあった怖い名無し 投稿日:2009/12/17(木) 21:17:27 ID:mD5+GCoLO
>>36 何が怖いって、兄貴は「夜」としか言ってないのに
「夜中」と受け止めてるお前が怖いんだが…



39: 本当にあった怖い名無し 投稿日:2009/12/17(木) 21:47:16 ID:Y2bSq9dw0
>>36
すきま風だな
屋根とか痛んでるんじゃねーの?



67: 本当にあった怖い名無し 投稿日:2009/12/18(金) 16:54:19 ID:i2iRrePX0
自転車に乗って帰宅していた時、向かいから走ってきた自転車に『はみ出てるよっ!』って声をかけられたんだ。
回りを見渡しても人は俺しかいなかったから、背負ってたリュックを確認したがどこも開いていなかった。
かといって車道にはみ出していたわけでもないし、無論社会の窓からはみ出ている訳でもなかった。
顔は見えなかったが、それなりに若い男の声。
いったい彼は俺の何を見て、はみ出ていると言ったのだろう?



69: 本当にあった怖い名無し 投稿日:2009/12/18(金) 17:11:31 ID:7OnoohtXP
>>67
魂がはみでてたんだよ



76: 本当にあった怖い名無し 投稿日:2009/12/18(金) 22:50:23 ID:efI+B6RI0
疳の虫の薬って「ひやきおうがん」(?)だっけ?
昔良くCMしてたよなー。

かんむし♪よなきひやーきおうがん♪

そういやあの金色の粒粒を子供の頃飲んだ記憶がある



77: 本当にあった怖い名無し 投稿日:2009/12/19(土) 03:08:20 ID:jT0+7/0F0

83: 本当にあった怖い名無し 投稿日:2009/12/19(土) 18:29:49 ID:s4MytNfc0
『疳の虫』でググるとなかなか面白いな
画像もあるしw
疳の虫1
疳の虫2
乳児の異常行動を指していう俗称。特に夜泣き、かんしゃく、ひきつけなどを指す。「癇の虫」「勘の虫」などの表記もあるが正しくない。疳とは漢方医学で脾疳(ひかん)のことで乳児の腹部膨満や異常食欲などをいったが、本邦では乳児の異常行動は疳の虫によって起きていると信じられ、民間の呪医(まじない師)によって虫切り、虫封じ、疳封じなどの施術が行われた。施術の概要は乳児の手のひらに真言、梵字などを書き、粗塩で手のひらをもみ洗いして、しばらく置いてみると指先から細かい糸状のものが出ているのが見えるといい、これが虫であるとされた(実際は手を洗う水の中に真綿が少量混ぜてあり、乾いてくるとそれまで見えなかった真綿が見えるようになるのである)。
http://ja.wikipedia.org/wiki/疳の虫



84: 本当にあった怖い名無し 投稿日:2009/12/19(土) 21:07:03 ID:E5FeJMmD0
高校の頃、好きな絵を描いて提出する宿題が出た。
今思えば幼稚な宿題だけど、学園祭で展示品目の一つだったから提出必須だった。
絵は好きでも嫌いでもなかったけど、成績の底上げできると思って
結構気合入れて描いたものを提出した。
学園祭でも目立つところに展示されて嬉しかった。

その後卒業した時に、アルバムが配られて
あるページの写真(自分は写ってない)の背景に
学園祭で展示されてる自分の絵が写ってて、おっ!と思った。
一緒に眺めた友達とも写ってた!って話した。
展示した部屋で撮った写真だから、写ってるのは別に不思議じゃない。
その後すっかりそのことを忘れて、アルバムも段ボールの中にしまって放置。

先日掃除中に段ボール発見して、数年ぶりにアルバムを見た。
記憶の中では写ってる写真を覚えてるのに、いざその写真を見ても絵がない。
一つ一つじっくり見てもう一度探したけどない。
勘違いにしては記憶が鮮明すぎるうえに、友達とも話したことも覚えてる。
個人のアルバムじゃないから写真は印刷されてるし、背景の絵だけ消したりできるはずない。
背景に写ってた絵はどこいっちゃったんだろう。



87: 本当にあった怖い名無し 投稿日:2009/12/19(土) 21:40:29 ID:onB0EG230
>>84
友達と話した事を覚えてる、それ自体が記憶違いなんじゃ



88: 本当にあった怖い名無し 投稿日:2009/12/19(土) 22:19:58 ID:KGGrKp+z0
>>84
おお、時空系なのかな。
君の体だけ絵を描かなかった(?)並行世界にスライドしてきちゃったのか。
友達に同じ記憶があるか確認して欲しいわ。



86: 本当にあった怖い名無し 投稿日:2009/12/19(土) 21:25:11 ID:6XLgyeD+0
実は中学校のアルバムを見てる



97: 本当にあった怖い名無し 投稿日:2009/12/20(日) 17:57:47 ID:4lo/JLGL0
「昔」板から転載。

日本昔名無し:2008/04/23(水) 23:01:12
昔、小学校の給食の時間に校内放送で担任が朗読を披露してた。
だが教室で担任が一緒に給食を食べている。
それを見て、皆は録音だと思ってた。

昼休みに担任がどこからか現われて
「私の朗読どうだった?ちゃんと聞いてた?」
と、皆に聞いていた。当然、皆はポカーン。

「あれ?教室で一緒に給食食べてたじゃないですか。」
「え?放送室にいたよ?あれ、録音じゃないし…。」

じゃあ、あの担任の先生は何だったのか。
俺と友人が梅干しの種を投げ合ってて、注意したあの担任は…誰だ!



101: 本当にあった怖い名無し 投稿日:2009/12/20(日) 21:12:33 ID:xgNQFxdV0
小さなワンルームに住んでいます
がたーんとすごい音がしてベランダが開いたみたいで、
めちゃめちゃ驚いて振り返ったら、
ベランダの柵の、あの縦の隙間に、
直径20センチくらいの顔が1つの隙間につき縦に1~3個ずつくらい詰まってる
全部で15個、20個くらい?

あまりの光景に全身鳥肌たって硬直してたら、
顔がごほっごほって咳をし始めて、
全部の顔がごほっごほっごほって苦しそうに咳の大合唱始めて、
どれかの顔がくっちゅん!ってくしゃみした瞬間に、
全部の顔がぱちーんってはじけて消えた

消えた後こしょうみたいな粉末が風にまっていくのが見えた
何秒か何分か固まってた私は、あわててベランダ閉めて、友達の家にダッシュで行った
いちおう友達にもこの話を積極的に話したんだけど、寝ぼけてたのかとか酔っ払ってたのか、
とかお約束の反応されただけだった

あんまり一生懸命はなしたら、頭おかしいとかクスリとか疑われそうなのが嫌で、
それ以上力説するのはやめた
その翌日からものすごい風邪を引いて咳と鼻水がすごかった
迷惑だろうとは承知していたが、友達の家で数日お世話になった
風邪治ってからは、あれは体調の悪さゆえの幻覚だったのかなと思ってあまり怖くなくなった
でもベランダにはあまり近づかないようにしてる

洗濯物干さなきゃいけないから、結構な頻度でベランダでてるんだけどね
家かえってしばらくはベランダ閉めてたけど、あのこしょうみたいな粉末の残りが、
柵に少しだけ残ってたように見えた
あれが完全に風で飛ばされるまではさすがにベランダ締め切ってたな
本当に気持ち悪かったなあ



150: 本当にあった怖い名無し 投稿日:2009/12/23(水) 15:00:18 ID:nd9KaoqlO
1年前の今日12月23日
東京の本社から部長・課長・パシリの俺
3人で九州の支社に叱咤激励をするために向かった
羽田から飛行機に乗ったのが確か
午前10時ちょい過ぎ
博多空港に着いたのが11時30分位

空港から地下鉄に乗り博多駅に着いたのが
11時45分位で博多駅から会社まで歩いて3分位
会社に着いてスタッフに迎えられ
一連の挨拶を終えるとトイレに行きたくなり
早々とウンチョスを済ましトイレを出ると
なぜか本社にいる

ん?は?なんで?白昼夢?時計を見ると0時15分
意味が分からなくぼけ~っと見回していたら
同じ課の女の子が,あれ?○○さん今日九州じゃないんですか?
あ!やっぱりここ東京だよね~?
夢じゃない!
急いで携帯で部長に連絡
部長今ですね私トイレに行きましたよね?
トイレを出ましたらなぜか本社にいるんです!!!!!!
部長爆笑~

課長が電話口に出て何言ってるんだ紙が無いのか?(笑
いやなんと申したらいいのか分からないんですが
東京にいるんですよ!!!!!
声のトーンで洒落じゃない事を分かってくれた課長がすぐさまトイレを見に行き
俺がいないのを確認して一度電話を切る
本社の社長室に急いで行くようにと言われた



151: 本当にあった怖い名無し 投稿日:2009/12/23(水) 15:12:43 ID:nd9KaoqlO
社長室に震えながら行くと
社長も目を丸くして、何が有ったか教えてくれと言われ
俺は震えながら説明した
何時の飛行機に乗り支社に着いたのが何時でしたと
トイレから出るとなぜか本社にと説明すると
社長爆笑・俺震え止まらず

社長曰わく人間生きてると不思議な事が有るんだな~
荷物は送って貰えばいいから
今日の夜予定無いだろう、一緒に飲みに行こうと言われ
また震えた
その晩生まれて初めて銀座に連れて行かれて
格好のネタにされた
ちなみに今年の新年会の挨拶やらなんやらを一手に引き受けさせられ
社内ではワーップさんとあだ名が付いた



152: 本当にあった怖い名無し 投稿日:2009/12/23(水) 15:30:03 ID:/8J8c0pm0
社内にそんな人がいたら私ならジャンパーさんとか
ヘイデンさんと呼んであげたい



153: 本当にあった怖い名無し 投稿日:2009/12/23(水) 15:33:07 ID:9FhOlxU00
パシリ△!!!



159: 本当にあった怖い名無し 投稿日:2009/12/23(水) 17:57:20 ID:lmWLHLer0
本当なら飛んでもない話だなwww
飛行機なだけにw



255: 本当にあった怖い名無し 投稿日:2009/12/26(土) 03:44:24 ID:sYb3hMRK0
つい数週間前の話。

次の日は大学の講義が朝から入ってて、その講義(8時30分~)に出るために7時30分に目覚ましをセットして寝た。
次の日、むくっと起きると時計は10時を回っていた。講義はもう終わってることだし、今さら焦ってもどうしようもないから
仕方なく洗濯機を回し、パンを焼いて食べた。昼からの講義に出ようと思い、カバンにノートを詰めていると

目覚まし時計のアラーム音が聞こえた。今朝起きれなかったのは、昨日、アラームの設定を間違えてたからかと思いながら
目覚まし時計のアラームを止め、時間を見ると7時30分。おかしいと思ってテレビをつけてみると
画面左上には7時30分の表示が出て、朝のニュースを放送してるとこだった。
なんか得したわ、ラッキー♪くらいにしか思わず、朝の講義に出た訳だけど
よくかんがえたら不思議な体験だった。



259: 本当にあった怖い名無し 投稿日:2009/12/26(土) 05:14:35 ID:PeuA2nne0
時計を90度横にすると、7:00がおや、10:15に見えるぞ!不思議!



260: 本当にあった怖い名無し 投稿日:2009/12/26(土) 05:16:51 ID:sYb3hMRK0
やっぱ寝ぼけてただけなのかなw
結構意識はハッキリしてたと思うんだけど

俺も時空の歪みだとか瞬間移動とかの、空間が狂う系の話は好きだ
アメリカかどこかの国で、ドライブしてたら海を隔てた全く別の遠い国に来てたって話を、昔どっかのサイトで読んだなぁ



304: 本当にあった怖い名無し 投稿日:2009/12/27(日) 01:37:24 ID:K620EdQU0
今日部屋の大掃除した

部屋の隅のゴミ溜めほじくり返してたら、A4サイズのコピー用紙に
縦書きで3行くらい「あああああああああああああああああああああああああああああ(ry」
と印刷されたのが出てきた。
勿論俺はそんなもん印刷してないし今までそれを見た覚えもない



306: 本当にあった怖い名無し 投稿日:2009/12/27(日) 02:55:45 ID:ARluj+N30
あんまり誰も信じてくれなかった、自分自身の体験。


その日は特に理由もないのに、一日中、なんだか体がソワソワするような変な感じだった。なんていうんだろう……とにかく、じっとして居られないんだ。

意識して体の動きを止めようとすると、腕やら足やらがムズムズして気持ち悪くなってきて、耐えられなくなる感じ。

その不快なソワソワ感覚は、夜、布団に入っても続いていて、深夜を過ぎ、明け方になっても、全然、眠気なんてやってこなかった

それでも、なんとか少しでも眠ろうと思って目を閉じると、まぶたの裏に、変な光景が見える。

白っぽい空を見上げているような風景の中心に、ぽわっと明るい光の球体が浮いていて、そのまわりを取り囲むように、人の形をしたいくつかの影がゆっくりと回ってるんだな。

馬鹿みたいな例えだけど、その影は、まるで天使のように見えなくもなかった。

「なんだコレ?」と不思議に思っていると、ゴゴゴゴゴ……っていう、聞いたこともないような凄まじい地響きが猛スピードで近づいてくるのが聞こえた。

それが一体、何の音なのか思考するヒマもなく、次の瞬間には、ものすごい力で俺の体は下から突き上げられてたんだな。

その時は、本当に何が起こったかワケわかんなかった。
ポルターガイストかと思った。

ただ、不思議と、昼間から続く不快なソワソワと、さっき見えた変な風景が「このコトだったか!」って直感的に理解できた。


この体験をしたのは、ちょうど1995年1月16~17日。
阪神淡路大震災が起こる寸前までのことだったから、日付までよく覚えてる。



308: 本当にあった怖い名無し 投稿日:2009/12/27(日) 03:12:17 ID:WmWDBn6UP
>>306
> 意識して体の動きを止めようとすると、腕やら足やらがムズムズして気持ち悪くなってきて、耐えられなくなる感じ。
レストレス レッグス症候群というやつです。



315: 本当にあった怖い名無し 投稿日:2009/12/27(日) 14:41:57 ID:1l9Mm/K3O
大したネタじゃないんだけど
自分が中学生くらいの頃なので
8年くらい前かな。

21時前に5分ほどやるニュースで
ムツ●ロウさんの訃報を伝えてた。
ファンとかじゃないんだけど悲しくて少しだけ泣いた。
一緒に見ていた母も、あらまぁ…程度だったんだけど。

その後、テレビで普通に
出演されているのを見てびっくりした。
母に「あれ?昔ニュースで亡くなったって言ってなかったっけ…?」
と聞いたら「ほんとだ。確か一緒に見たよね。」

たまにテレビで見かけると、もやもやした気分になります。
ご健在なのが何よりなんですけど。。

誰か知りませんかね?
現実と違う自分の記憶『宮尾すすむの記憶スレ後継』
http://blog.livedoor.jp/nwknews/archives/4420192.html



322: 本当にあった怖い名無し 投稿日:2009/12/27(日) 20:11:36 ID:lCq17INb0
死亡説っつうか>>315は実際訃報見たわけだよな、記憶では
なんなんだろうね



328: 本当にあった怖い名無し 投稿日:2009/12/27(日) 22:16:11 ID:ZsiBSUf9O
>>322
え?
俺もムツゴロウさんの訃報見たんだけど。もちろんライオン事件より大分あと。
その時俺は不謹慎にも笑ってしまった事を覚えてる。
てかまだ存命だったの!?マジ?



316: 本当にあった怖い名無し 投稿日:2009/12/27(日) 15:21:38 ID:KoBDBSx60
俺もそれ記憶にあるんだよね
テレビだか新聞だか、とにかく亡くなったっていう事を知って
数年後、テレビでたまたま健在なのを見てびっくりしたわw



320: 315 投稿日:2009/12/27(日) 19:33:59 ID:1l9Mm/K3O
噂があったなんて全く知りませんでした。
記憶違いなんですかね…
そのニュース見て彼の本名を知ったんです。
当時そんなにテレビや新聞を見る方ではなかったし。
でも知っている方がいらっしゃるってことは
何か放送事故とかだったとか?
ううむ



335: 本当にあった怖い名無し 投稿日:2009/12/28(月) 20:10:49 ID:BP/eDeFK0
知り合いのカメラ好きの爺様の話

ある日いつも通り愛用のライカを首から下げて外出
ところが地下鉄に乗り込む直前に、ライカのストラップ金具が突然もげて
ライカが地面に落下してしまいファインダーが木っ端微塵に

三十年来の愛用機だけに外出を中止、半泣きで帰宅したところ、地下鉄サリン事件発生の第一報が入っていた
あの時ライカが壊れなければ事件の当該電車に乗り込んでたとのこと

突然金具が外れた理由は、永年の使用による金具の止めネジの金属疲労→断裂だったそうで
偶然にしても凄まじいタイミングの良さだと思う



336: 本当にあった怖い名無し 投稿日:2009/12/28(月) 20:55:15 ID:e2Tg3qzEP
まあ偶然なんだろうけど、そんな事があったら、まるでライカが
我が身と引き換えに主人を救ったように思えてしまうだろうな。



337: 本当にあった怖い名無し 投稿日:2009/12/28(月) 22:23:49 ID:oH7G5lZd0
俺のオタ友が霞ヶ関勤務だったが、サリン事件当日は前日までの
泊まりがけオタイベント参加の疲れで休みだったので偶然助かってた。

もっともそいつはオタ趣味に感謝なんぞしてなかったがw



361: 本当にあった怖い名無し 投稿日:2009/12/29(火) 18:02:32 ID:aRLGrqY10
子供の頃、風邪をひいて寝てるときに夢のようで夢でない感覚的なモノをよく見た(感じた)んです。
言葉では非常に説明しにくいんですが、ビジュアルではなく全てが感覚だけで
例えば自分がめちゃくちゃ巨大な物体(存在)になっていて、周りから細菌か細胞のようなものが
増殖してくるとか、とある道を歩いていて雷のようなものに打たれるとか…。

無理やり文章にするとこんな感じですが全て曖昧な感覚だけです。何も見えません。
その夢のようなものが、なぜか最近起きているときに襲ってくるときがあるんです。
今私は三十代ですが、小学生のとき以来あれを再び覚醒時に経験しています。
不思議で怖くて気持ちよくて懐かしい感じです。
ちょっとわかりにくいかも知れませんが同じような経験ある人いてますか?
これが一体なんなのか、誰にでもあることなのか知りたいのです。



364: 本当にあった怖い名無し 投稿日:2009/12/29(火) 19:57:37 ID:DMAtUBtJP
>>361
自分にもそれあります。言葉にするのは難しいですね...。
細胞の大きさに自分がフワーッと入り込んで行くような、
回路基板の細かな部品の隙間にだんだん入り込んで行くような、変な感覚でしょう?
不思議と不快じゃなくて、自分にとっては、体が進化して行っている感じがするんです。

私は30歳ですが、未だに風邪を引くとこの感覚におそわれます。
覚醒時?というか風邪を引いている時以外には感じないですが。

アリス症候群ではないなぁ。実際に細胞や部品が見えるわけじゃないし。



367: 本当にあった怖い名無し 投稿日:2009/12/29(火) 23:45:06 ID:XbcTRbYX0
>>364
あるある!
でも大人になり発熱なくなり、このような経験ないんだよな。
瞑想の一種だと思う。



400: 本当にあった怖い名無し 投稿日:2010/01/03(日) 06:52:40 ID:HCCd9NST0
ぜんぜん怖い話じゃないけど、小学生の頃に変なもの見たね
夏休みに町内会の行事で山のキャンプ場に行った時の話
夕食時に枯れ木を集めるとか言って弟と森の中に入ってサボっていた
森といってもまだ明るく、まったく怖い雰囲気ではない

弟が「ラジコン走っとる!」と声をあげたので近寄ってみると、木の生えていない広場のような場所があった
木々の間から広場を覗くと、30cmくらいの物が二つブンブン走り回っていた
バスとタクシーのラジコンが大きく円を描いて追いかけっこしていて、操縦者の姿は見えなかった
確かにバスとタクシーだった。ずいぶん珍しいラジコンだなと思ったのを覚えている
もっと近くで見ようと二人で広場に入っていくと、ラジコンはピタリと動きを止め、
広場から飛び出るように真っ直ぐ藪の中に突っ込んで行き、二度と現れなかった

広場の外は下草が生い茂り、とてもラジコンが走れるようには思えなかったが
辺りを探してもラジコンは見つからなかった。操縦者もどこにもいなかった
その後はみんなの所へ戻って夕飯を食べ何事も無くキャンプ終了
両親に話してみたが「ラジコンのお化けでも見たか」と笑われた。なんだかなー



416: 本当にあった怖い名無し 投稿日:2010/01/04(月) 23:55:42 ID:IXEaiiWrP
自分は小学生の頃のある夏、俗に言う走馬灯現象を体験したことがある。
裏山で遊んでた時だった。つるっと滑って、崖から落ちた。
まぁ2~3メートル位の高さしかない崖だったのだけど、
顔が上を向いた状態で空中に放り出されたので落下中に高さは分からず、
うわ、死ぬか?と思った瞬間、時間の流れがスローになった。

そして、iPodのカバーフローを高速でめくったときみたいな感じに、
たくさんの思い出がパラパラパラっと浮かんできた。
その後やわらかな落ち葉の上に着地して、事なきを得た。
落ちた先に、岩があったり折れた枝が突き出したりしてなくて、本当に良かった。
暑い夏だったな。今もiPodを使うとあの暑い夏のことを無駄に思い出す。



417: 本当にあった怖い名無し 投稿日:2010/01/05(火) 00:15:40 ID:VHaor/Vz0
窮地の瞬間ってスローモーションになるって聞くよな。
高校の時の先生も同じような話をしてた。
交通事故を起こした時、ヤバいと思ってからぶつかるまでのホンの一瞬が、物凄く
長かったとか。
もし、この精神状態を意図的に作り出せれば、勉強とかはかどるんだろうな。



418: 本当にあった怖い名無し 投稿日:2010/01/05(火) 00:24:46 ID:n1swYn0F0
仮にそういう状態を作り出せたとしても、脳がオーバークロックで動作してるのだからそんなに長い時間持たないんじゃない



419: 本当にあった怖い名無し 投稿日:2010/01/05(火) 00:27:47 ID:iqQmmmI30
勉強ははかどったが、脳に障害が残ったでは本末転倒だなw



421: 本当にあった怖い名無し 投稿日:2010/01/05(火) 02:44:41 ID:YtdjyvVH0
うちの猫。かまってあげないと、電話機の上に乗って、受話器を落とす。
今回も、受話器を落とした。で、しばらくほっといて、トイレにいくときに
受話器を戻したら、ツーツーっと音が。。。。どうも、番号のボタンを押して
しまっていて、どこかにつながっていたらしい。
で、どこにつながってたのか番号を調べてみたら。その猫と出会うきっかけ
になった場所の電話番号だった。



422: 本当にあった怖い名無し 投稿日:2010/01/05(火) 04:17:53 ID:CZev5RBuP
ウソ~!?



439: ハリーのしっぽ 投稿日:2010/01/06(水) 00:58:12 ID:csV4QpGx0
急に思い出した昔の体験を
投稿してみようと思ったので、投稿してみる。
多分、同じのを経験をした人も多いかもしれないけど。

自分が中学生の頃だから、多分、12年前くらいの時、
今でもやってるけどお昼番組の「ごきげんよう」って番組を
友達の家で友達と見ていた時のこと。
確か、その日は夏の真っ只中で怖い話をしてる回だった。

話をしていたのは、歌手の森久美子が海外だか地方のホテルで、
窓の外を通った人がいたから、挨拶したら、実は窓の外が崖で人が通れない場所だった。
っていう話をしたんだ。

続く↓



440: ハリーのしっぽ 投稿日:2010/01/06(水) 00:59:48 ID:csV4QpGx0
それで、その後に森久美子が、そのホテルの名前と場所を言おうした瞬間に
テレビ画面が砂嵐状態になって、数秒後に元に戻った。
戻った時には、そのホテルの話が終わってて、CM入った。
俺も友達も、状況がすぐには把握できなかったんだけど、CM入ってから
怖くなって、即テレビをゲームに切り替えた。

自分と友達だけなら、家のテレビのせいも考えられるけど、
確かその時に、同級生から電話かかってきて、超怖かったんだけど…って報告があった。
そして、家に帰宅してから、兄にその話をしたら、兄の方では砂嵐ではなく真っ黒な画面であったそうな。
子供の顔が映ったとか言ってたけど、それは信憑性が無いから分からないけど、
翌日、同じ様な経験をした人が学校内でいたのをちょっと思い出した。

確か局に問い合わせた人もいたとか、放送規制だったわけじゃない。とかなんとか。
そんな噂もあった様な。
そんな昔の話でした。



453: 本当にあった怖い名無し 投稿日:2010/01/06(水) 20:22:05 ID:jB4tCLoL0
30分前に起こった話。

コーヒーにスティックシュガーを入れようとしたらちょうど切れてたから
ジップロックコンテナに入れておいたグラニュー糖を取り出して使った。
んでスプーンで2杯ぐらい入れてテーブルに置いたんだよ。何回かかき混ぜて
椅子に座ると、今さっき置いたはずのジップロックコンテナが消えてた。
狭いキッチンだし、そんなに物もない。テーブルの上から下まで見た。
念のためキッチンのすべての棚やら引き出しやらをあけてもない。
キッチンから出てないから他の部屋にあるってことはないんだけど、
一応探してみたが当然どこにもない。コンテナをテーブルに置いて再び目を
やるまでほんの20秒ぐらい。一体どこに行ったんだ…。

そんなに大した話じゃないけど、実際我が身に起こるとびっくりするもんだね。



476: 本当にあった怖い名無し 投稿日:2010/01/07(木) 22:15:08 ID:TiDZrQQv0
大学生の時。
ちょっといいなと思っていた部活の先輩(男だよん)が
「新築のマンションに入れたんだ。来ない?」と誘ってくれた。
ムフフな展開を予想してオッケーしたのよ。
エントランスのインターホン鳴らして玄関開けて貰って、エレベーターで上がって、
先輩の住んでる階でドアが開いたら、先輩が立ってた。
「氷ないからコンビニで買ってくる。部屋で待ってて」と鍵を渡してくれた。

エレベーターが先輩を乗せて扉が閉まったのを見てから部屋に行ったのよ。
ドアを開けたら部屋の中暗くて、赤い電灯が付いてた。
ちょっと驚いたんだけど、部屋の中は綺麗に人形が並んでた。
フランス人形の高いやつみたいのがずらっと。
先輩、こういう趣味があるのかぁと知らなかったんだけど、
手前側にいる人形たちはただ高そうだなぁとしか見えなかったのが
だんだん奥に行くにしたがって服が破られているのとか怪我しているのとか、
そのうち頭から血を流しているのとかナイフが刺さっているのとかがあってだんだん怖くなってきた。

さらに腕がないのとか頭がないのとか頭に斧が刺さっているのとか焼けているのとかになって
限界になったから部屋の外に出ようとUターンしたら、三歩も歩かないうちに誰かに腕を掴まれた。
悲鳴を上げて腕を振り払って、そっち向いたんだけど、そっから記憶が途切れた。
先輩に揺り起こされたんだけど、部屋の中は普通のこざっぱりした状態で、灯りも白だし人形なんて一つも無かった。

時計を見たらマンションに着いてから十分くらいしか経ってなかった。
まさか「このマンション、何かありました?」と聞けるわけもなく、ちょっと話してからすぐ帰っちゃいました。
その後いい関係になることもなく、それっきり。先輩のその後にも特に異常はありませんでした。



480: 1/2 投稿日:2010/01/08(金) 16:08:21 ID:VNbiccKs0
高3の時の話。高校時代、チャリで家から高校までの道のり(約8キロ)を、地元の友人と2人で
30分くらいかけながら、8時40分のHRが始まる時間ギリギリで登校してた。
家から高校まで自転車をめいっぱい飛ばして20分~25分。勿論、信号はオール無視で。
平坦ならもっと速かったんだろうけど、なんせ地元は上り下りがいくつもあるもんでかなり大変だったんだ。

家を出るのがポンキッキーズが始まってピーキーズウィンドウを開く辺り。
だいたい8時5分くらいだったかな。高校3年間のチャリ生活の経験から、
8時10分だと遅刻するので、8時5分には家を出るようにしてた。

その日、いつも通り8時5分に家を出て友人と合流。
すると友人が、

「朝食買いたいからコンビニ行こう。」

と言いだした。

"ま、遅刻したっていっか"って思った俺は、それを了承し、
一番近くのコンビニ(自宅からチャリで5分)まで付き合うことに。

コンビニに要した時間はだいたい5分くらいだったと思う。
2人してコンビニを出た後、

「これじゃ遅刻確定だし、のんびり行くかw」

って話をして、焦って飛ばすわけでも、信号を無視するわけでもなく、
ホントにのんびりしたいつもより緩いペースで学校に登校した。

で、8キロ走ってきて、本通りからカーブを曲がって目の前は学校!って所で2人してビビった。



481: 2/2 投稿日:2010/01/08(金) 16:09:29 ID:VNbiccKs0
学校の正門前に大きな時計は、なんと8時半を指していた。正確には、8時半ちょい前だった。
駐輪場にチャリを止めて2人で、

「え?え?おかしくない?いつも通り出たよね?チンタラきたよね?コンビニ寄ったよね?」

って確認しあった。

通常なら、8時5分→30分→8時35分
緊急時は、8時5分→飛ばして25分→8時30分

でもこのときは、8時5分→寄り道+のらりくらり→8時30分

教室に行って時計を確認したり、別のクラスに入って時計を確認したけど、
時計はやはり8時30分を指していて、40分にHRを予告するチャイムがなった。
未だに付き合いのある友人だけど、この話だけはお互い覚えてて、
この謎だけはいまだに解明できないでいる。出た時間は間違いなくポンキッキーズの後だったし、
コンビニも朝なので混んでて少し時間がかかったんだよ。

まぁでも、実際時空が歪んだのは10分そこらだから
瞬間移動に比べたらたいしたことないんだけどね。
ただ、高校3年間のチャリ生活&片道8キロだったこともあって、
ペースと時間配分は完璧だっただけに、これだけが唯一謎だったわ。

ちなみに、もう一度同じことができるかもって話あって、友人と2人で一週間後に
同じ時間、同じコンビニで飯を買って同じようにチンタラ走って学校に行ったら余裕で遅刻したorz



500: 本当にあった怖い名無し 投稿日:2010/01/10(日) 07:29:10 ID:utu/pMEq0
たいしたことじゃないんだけど、90年代後半の話。

知人のまた知り合いが芝居に出るってんで下北沢で待ち合わせ。
その日は小雨が降っていて、傘を差している人と
差していない人と半々くらいが狭い通りを歩いていた。

花束を買って待ち合わせに急いでいると通りすがりに対面から歩いてきたと思われる
ジプシーみたいな濃いめの顔の日本人女性に声をかけられた。

「何時ですか?」
「は? えーと○時○分ですね」
確かすぐそこの建物に大きな時計が付いていたんだけど、と思いながら
相手の顔を見るとなんだか哀れむような表情というか眉間に軽い縦ジワ。

「気をつけてくださいね。」

何を? と思って振り返ると、人ごみに交じってしまったのかもういない。
結構目立つ格好のおばさんだったのに。
彼女は柄もののストールを頭からかぶった格好で多国籍な感じだったけど、
下北沢にはそんな人結構いるものね。

待ち合わせた友人にこんなことがあってーなんて話しながらロビーを通り、観劇。
芝居が終わってさて、時間をみようと腕に目をやったらないんだよね。時計。

自分は古びたグリーンのGショックをはめてたんだけど、いくら流行ってたとはいえ、
古すぎて価値がないようなもの。開演時間を気にしてたんで、ちょくちょく腕に目をやり、
ロビーに居た時は確かに時計をしていた。
劇中も暗かったとはいえ、寒かったんで腕を組んでいた。

気にいってたのと時間を聞いてきたおばさんの件で
今もって不可解。



501: 本当にあった怖い名無し 投稿日:2010/01/10(日) 10:03:14 ID:I0LvB/2J0
>>500
最高の掏摸は腕時計を掏る者か眼鏡を掏る者かで話題になったことがある。



502: 本当にあった怖い名無し 投稿日:2010/01/10(日) 12:46:45 ID:vZH20KD80
腕時計を盗む時は手首ごとバッサリと、と聞いた事がある。



504: 本当にあった怖い名無し 投稿日:2010/01/10(日) 15:52:33 ID:eYoK2ZY0O
>>502
しかも腕切られたヤツが痛みで叫んでいる時、口の中の詰め物もチェックするんだろ。
詰め物に金か銀が使われてたら口に棒を突っ込み、ペンチで詰め物の入った歯ごと戴く。



508: 本当にあった怖い名無し 投稿日:2010/01/11(月) 00:21:59 ID:++9qxqm80
小学5年か6年の頃、犬を散歩に連れてった時の話
コースは特に決まってなくてその時の気分で変えてて、その日は村はずれの墓地を回ることにした。
小高い場所で見晴らしが良くて全然怖い感じはない所だったからちょくちょく散歩コースにしてた。
いつもは何事もなく通り過ぎるのに突然犬が立ち止まって一つの墓石に向かって猛烈に吠え出した。
最近設置したばかりの真新しい感じの墓石で特に変わった様子はない。
吠え方が尋常じゃなかったので怖くなって、動こうとしない犬を必死に引っ張って涙目で帰った。
あれは何だったんだろう…



509: 本当にあった怖い名無し 投稿日:2010/01/11(月) 01:09:01 ID:g0al59jn0
>>508
自分も似たような経験が。

コドモの頃、いやだいやだいうのに同級生に怖い話を聞かされた。
れいこさんって女のヒトの話。これを聞いてしまったら彼女が夜中に来るという。
質問をされたらこうこう答えろといわれつつ、帰宅。

当時家は4階建てアパート3Fの角、2LDK。
自分はどちらかというと夜強くて朝起きられないタイプ。
親も仕事から帰ってくるのが夜中でこの日も自分はびびりつつ
ラジオを聴きながら起きていた。

その晩、2時。いつも親と一緒に寝てる犬が急に騒ぎ出した。
玄関と私の部屋を行ったり来たり。
私が居るベッドの周りをうなりをあげてぐるぐる駆け回って吼える。
親は隣の部屋なのにうんともすんとも言わない。
怖くなっておかーさーんおとーさーんおきてーと叫ぶも応答なし。
犬は泡のようなよだれを吹きながら回って吼えるを朝焼けまで繰り返し、
すずめが鳴き始めてようやく朝、両親の寝床へ戻っていった。

4時すぎ、父親が起きてきて、まったく気がつかなかったと。
ふすま一枚しか隔ててないのに!
ネットで調べたらどうも私が友人から聞いた話はカシマレイコさんという話でした。

犬って尻尾巻いて逃げずに向かっていっちゃうのかねぇ。



510: 本当にあった怖い名無し 投稿日:2010/01/11(月) 10:37:39 ID:w9y9s3Ms0
>>509
犬にもよるんじゃね?うちの犬は怖い事があると隠れたりいないふりして逃げる。



521: 本当にあった怖い名無し 投稿日:2010/01/12(火) 08:58:45 ID:te/70Flr0
>>510
その犬に萌えたw



519: 本当にあった怖い名無し 投稿日:2010/01/12(火) 06:30:32 ID:OUmMjvLE0
学生の頃、地方から友人カップルが遊びに来て、四谷で飲むことになった。

通りの向かいから四谷 丸正の入り口あたりにある
水掛け観音さまを指差して「あれが有名な怪談の…」
と言った翌日、片目にものもらい。

それが後にも先にもこんなに腫れたことがないという状態で、熱を持つ始末。
1週間ほどで腫れが退いたので友人に付き添いを頼み、再度
お詫びと治ったことの感謝で近くの稲荷田宮神社ともどもお参りしてきた。

びしーっと直接指差すなんて本当失礼なことをしてしまったと猛省。
また友人カップルも若気の至り、いちゃいちゃきゃっきゃとやっていたので
「怒らせてしまったかも知らんな。ほんまもんやな…」と反省していた。
ちなみに友人たちは後に怪我するような大喧嘩をして別れてしまったけど当時は何もなかった。

数年後、飲み屋で「あの時はねー」という話になった際、
ご本人自体は気立ての良い、いい奥方様で家内安全幸せに暮らしたそうだけれど
史実的に平和でない話が残っていたり、
もとより鶴屋南北作品でいろいろな曰く付きエピソードが付加されたことや
長年の年月でいろんな人の思いや縁が積み重なって、一筋縄では語れない、
人智の及ばない存在、霊験あらたかな存在として今に至るのでしょうとは
近所の人の弁。

ホント怖かったんで今まで書かなかったんだけど、反省してます、ということで
投稿します。



520: 本当にあった怖い名無し 投稿日:2010/01/12(火) 08:49:35 ID:fBsWHkxq0
嫁の体験談です。嫁が大学生のときのことです。
嫁はじゃがもちが好きでよく作ってました。
じゃがもちっていうのは、じゃがいもと
片栗粉をこねて焼いたやつのこと。
焼けたやつの中にシャーペンの芯が
あったそうです。

折れてなくてまるまる一本だそうです。
嫁はシャーペンを使わない人だったけど、
もし何かの原因があって混入しても、
こねたり丸めるときに折れるだろうから
なんで折れてないまま入ってるのか
不思議だと言ってました。



522: 本当にあった怖い名無し 投稿日:2010/01/12(火) 09:28:37 ID:Sy0LMPPP0
>>520
それ、シャーペンの芯じゃなくて、ジャガイモに入っていた線虫の一種
じゃないかなあ。
そんな大きいのってなるとハリガネムシとかの可能性もあるけど。



532: 本当にあった怖い名無し 投稿日:2010/01/12(火) 14:18:32 ID:AOK7lltKO
まとめ読んでたら思い出した話

小学生の頃、家族で山に遊びに行った。〇〇森林公園、みたいな感じの所だったと思う。
ちょっとした遊歩道があるくらいで、小学生には超つまんない場所だった。
親もあんまり楽しくなかったらしく、早めに弁当食べることになった。
親が妹(幼稚園児)に弁当食べさせてるのを尻目に、弁当食べ終わった自分は親に一言言って遊びに行くことにした。

目当てはその森林公園に向かう途中に見た公園。つーか森林公園の向かいの公園。
自分の家の近くにあるのとは比べものにならないくらいきれいで、遊具もぴかぴかで、正直そこが目的地だと思ってワクテカしてた。
「来るときに見た公園行ってくるー」「気をつけなさいよー後から母さん達も行くからー」
そんな会話をしてから公園に向かった自分。

森林公園から道路を挟んだ向かい側にそのぴかぴかの公園はあって、一通りの遊具を使った。
足がばねになってて前後に動く馬?とか滑り台つきジャングルジムとか。
遊んでれば親が来るかなと思ったんだが誰も来ない。とにかく来ない。
変だなーと思って森林公園に戻った自分を待っていたのは親のげんこつと抱擁だった。
なんと二時間程行方知れずだったらしい。携帯も無かった当時自分を見つける手だては無く、警察を呼ぶ一歩手前だったとか。

どこに行ってた!!と泣きながら叱られて、向かいの公園だとこっちも泣きながら答えたら、そこは散々探したわ!!と返された。
とにかく見つかってよかった、と帰る時に、そのぴかぴかの公園だったはずの場所の前を通ったんだが、なんかだだっ広いだけの公園になってた。ジャングルジムに滑り台ついてなかった。
びっくりして「ぴかぴかの馬と滑り台無いよ!!」と親に訴えたが、何言ってんのこの子と怒られて終わった。

謎なのは、休日に遊びに行った覚えがあるんだが、道路を渡るときに車を見た記憶がないんだよな。
森林公園に向かう時にはすっげー渋滞だった記憶があるのに。帰りも渋滞だった覚えがあるのに。
ぴかぴかの公園にも人はいなかったし、子供の体内時計だがあの公園にいた時間は30分未満なはずなんだよ。
あれは何だったんだろうと今になって不思議になって来た。



553: 本当にあった怖い名無し 投稿日:2010/01/13(水) 15:00:36 ID:7X3cDHkOO
ここか。誘導されてきました。怖い話じゃなく不思議な話です。
特にこれといったオチもありません。あしからず。

3年程前になります。当時学生だった私は運送のバイトをしてました。
社員の方と二人で配達に回るんですが、その時に起きた出来事です。
大きな荷物を運び終え、ついでと渡された小包の配達に向かいました。
場所は都内にあるマンションです。かなりデカイとこです。

現地に着いて、私は小包を抱えて小走りでマンションのエレベーターに乗りました。
配達先は12階です。ボタンを押し、エレベーターが上昇するのを感じました。
途中、4階と5階の間くらいで突然エレベーターが止まってしまいました。
しかもグラグラ揺れているようなのです。すぐに地震だと思いました。
揺れ自体はすぐ収まったのですが、エレベーター内で地震というのは初めての経験です。
正直かなり怖くて、小包を持つ手がかなり汗ばんでいたのを覚えてます。
2~3分程でエレベーターが動き始めました。何事もなかったかのように上へ行きます。

後から知ったのですが、エレベーターは地震を関知すると最寄りの階で自動的に止まるそうです。
この時はなにせ初めてのことだったので、特に不審だとは考えませんでした。

ポーンと音が鳴り、12階に到着しました。扉が開いた時はやはりホッとしましたね。
ただ、本当に問題なのはこのあとに起こったことでした。



554: 本当にあった怖い名無し 投稿日:2010/01/13(水) 15:19:12 ID:7X3cDHkOO
扉が開いて外に出た瞬間に、凄まじい違和感が私を襲いました。
違和感の正体は、世界そのものだったんです。

まず、マンションに到着したのは午後3時過ぎくらいでした。
エレベーターから下りて外を見ると、夏の夕方のように真っ赤なんです。
空が真っ赤な夕焼け空のようになっていました。
そして、街の様子が明らかにおかしいのです。何も動かず、何も音がしないのです。
影が濃く街を覆っていました。本当に不気味な世界で、私は悲鳴をあげてしまいました。

何が起こったのか分からず、頭が混乱したままでした。
私はすぐさまエレベーターに取って返し、1階へのボタンを連打しました。
特に問題もなく、滑るように降下を始めるエレベーターで私はうずくまってました。
ポーン、と音が鳴りエレベーターが到着しました。階を見ると5階です。
扉が開くと、サラリーマン風の方が乗り込んできました。
私がうずくまってるのを見てびっくりしたのか、大丈夫ですかと声をかけて頂きました。
私は必死に今見たものを伝えようとしましたが上手く言葉に出来ません。
すぐに1階に着き、付き添われるように表に出ました。
外は、先ほどの真っ赤な光景など嘘のように、午後の明かりが照っていました。

以上で私の話は終わりです。
私が見たもの、あの世界は何だったのでしょうか?
あれが白昼夢であれば、それはすごく安心出来るのです。
でも、どうしてもあれが白昼夢とは思えない。あれは異世界かもしれない。
パラレルワールドとか、私はあまり詳しくないのですが、きっとそういった類のものです。
あのままあそこに留まっていたら、一体どうなったのでしょうか…



557: 本当にあった怖い名無し 投稿日:2010/01/13(水) 16:45:48 ID:5kPAoGLB0
>>554
友人がデパート内倉庫でバイトしていた時
周りが真っ白に見えたそうだ
その後気を失いベッドの上で目が覚めたそうだ
原因は朝飯抜きでバイトに行き、蒸し暑い倉庫での作業によるものだったが



561: 本当にあった怖い名無し 投稿日:2010/01/13(水) 17:33:27 ID:VPfSzyDk0
去年の話なんだけども、混線、なのかなあ…

その日は、夜に家族で外食しようってことになってた
でも自分はバイトがちょいとばかり長引いたから、一人だけ現地集合だったのね
一応場所は調べてあったんだけど、途中道が解らなくなって母親に電話かけることにした
数コールの後、向こうに繋がった気配

でも、やけに静かなんだよ。向こうが。
電話ってどうしても周りの音が入るじゃない。雑踏とか話声とか。そういうの全然なし
焼き肉屋に居る筈だからもっとガヤガヤしててもいいのになーなんて思った
それでもとりあえず店の場所聞こうと思ったときに、違和感を感じた
普通、知り合いの、っつーか携帯に登録してある親しい奴から電話きたらだよ
繋がった瞬間何か一言言わない?「どうしたの」とか「はーい」とか
完全に沈黙なんだよね。静けさに躊躇った時間もあるから、その間に一言くらい入ってもいいのに
で、ここでやっとおかしいなと思った
こっちは登録した番号にかけてるんだよ。今まで何回もかけてきた番号に。
母親の悪戯かなとも思ったんだけど、こんな訳解らんからかい方する人じゃないし
困ったやら好奇心が湧いてくるやら、いっそ相手が何か言うまで待ってやろうって気分になった

実際沈黙が続いたのはほんの2、3分だと思う
フェードインするように雑音が聞こえてきた
耳を澄ませてみると息遣いなんだよね。「ハア、ハア」って感じの
うわやばい変態さんか?なんて身がまえた。しかも段々音が大きくなってくる
流石に怖気づいて切ろうとした瞬間、

「…にじゅうさん、にじゅうよん、にじゅうご」

それだけ言って電話が切られた。押し殺したような女性の声だった。

直後、履歴から同じ番号にかけ直してみると、あっさり母親につながった
未だに何だったのか分からないし、なんのカウントなのかも分からない
ただ当時22歳だった自分としては、残りの寿命を宣言された気がしてgkbrしてる



566: 本当にあった怖い名無し 投稿日:2010/01/13(水) 23:09:55 ID:E1Y++d140
過去に2,3回あったこと


なんか手の平がいてーな・・・と思って見てみると
しっかりした毛が刺さってた。多分人の毛。
深々と刺さっててちょっぴり血も出てる
生えてるって感じでは無かった。
生えてたら絶対気付くレベル
抜くときにクソ痛くて泣きそうになる,てかちょっと泣いた。

何だったんだろうかあれは・・・髪って刺さるもんなの?



567: 本当にあった怖い名無し 投稿日:2010/01/13(水) 23:28:20 ID:a0tqN9Ao0
まつ毛、眉毛、髪の毛の先は刺さる
普通に生活してる分にはしょっちゅうあるような事ではないだろうが、手が荒れてたり(じっくり見てもちと分からんくらい)するとその隙間からぶしっと



569: 本当にあった怖い名無し 投稿日:2010/01/13(水) 23:44:20 ID:1GaOLSbV0
縦方向で、上手く芯を捕らえると髪の毛って意外と丈夫で皮膚に刺さる。
1mm位までなら何度も経験があるけど、抜く時に痛くて血が滲むって3mm
位は刺さってるんじゃぁ…そこまで深くは経験無いので、チョット羨ましいかな。



582: 本当にあった怖い名無し 投稿日:2010/01/15(金) 00:04:34 ID:+4cUCeOr0
いくつかあるんだけどまずは修学旅行の話

大したことない上に文下手です。すんません・・・。


行き先は沖縄で三泊四日。
最初の二日間は平和何やらでガマとか平和祈念公園とか色々行った。
一日目の夜、とある大きなホテルに泊まった。
そこはキレイなんだけど薄暗いっていうかなんていうか・・・
少し不気味に感じるところだった。

その夜、大浴場に行こうとしたら
同じクラスの女子達がある部屋の前に集まっていた。
何してるんだろ?と思って近寄ってみたら三人の子が泣いていて、
他の子達もおびえている様子で、添乗員の人も先生もいた。
気になったけど聞ける雰囲気じゃなかったし、
風呂の時間もあったからからその時はそのまま通り過ぎた。
後で部屋で知っている奴に聞いた話では、

女子二人が自分達のその部屋に入ったら赤い服を着た女の子がいた。
え、っと思って二人とも驚いてたら部屋の隅にもう1人女の子。
四人部屋の部屋なので女子がもう二人入ってきて先に入ってきた方も
その二人の女の子を見た。そしたらその二人の女の子はスッと消えた。
先にいた女子二人は大泣き。他の二人はびびりながらも先生と添乗員を呼んだら、
添乗員が塩を持って走ってきて四人の女子の背中に塩をかけた。
その部屋は今塩だらけ。

ということだったらしい。

その次の日のバスはチーンとして幽霊の話は禁句だった。



583: 本当にあった怖い名無し 投稿日:2010/01/15(金) 00:20:38 ID:+4cUCeOr0
つけたし


そのホテルで元しらゆりの方のお話を聞いたんだけど
そのホテルの跡地も戦場だった。

そのしらゆりの方のお話の時、
真っ青になって具合い悪くなった子がいて部屋にいかされてた。
確かに凄い惨劇の話だけど普段はそういうの平気な子だからびびった。

それと、違う話だけどガマに入る時って霊感ある子とか、
直前に調子悪くなった子とか入らせずに待機させられるよね。
怖くなったっていう感じじゃないけどって子が何人かいた。


あと、帰ってきた後に霊感があるって知られてる子が夜中に幽霊に首を絞められたらしい。

その子もガマには入らされなかった。



偶然こんな事がいろいろあっただけで沖縄は凄くいいところです。
それに戦争の話はぜひ聞いてください。
しらゆりの方の話、集団自決の話はとくに。悲しすぎます。



598: 本当にあった怖い名無し 投稿日:2010/01/15(金) 12:37:46 ID:X+tCKYqBO
たまに行く飲み屋でマスター相手にカウンターで呑んでたら、後ろの席から声を掛けられた。
見ると懐かしい友人が二人テーブルで呑んでた。二人は小学生の頃、同じボーイスカウトにいた。
学校は三人共別の学校だったが、その二人は仕事で再開して、ここで呑んでたらしい。
おー懐かしいなー。この店よく来るの?なんて話し出し、すぐに意気投合。
しばらく一緒に呑んで、俺が「そう言えばジャンボリーのときスコットランドの子達が歌った
蛍の光がこんな感じの歌詞だったねー」なんて言うと二人の表情が変わった。
「あの時盛り上がってたのはお前だけだよ」ってツッコミが入った。

ジャンボリーといって全国のボーイスカウトのお祭りのようなイベントがあって、
世界各国からも代表の人達がやって来る。で、その内の数団体と交流があって、
俺達のサイトに来たのが、スコットランドの女の子達。俺は金髪美少女達に舞い上がって
仲良くしなきゃと必死になってた記憶がある。しかし二人に聞いてみると、盛り上がってたのは
俺だけらしい。ん?あれ?俺、スコットランド語どころか英語も喋れないよ?
彼女達が日本語喋ってなかった?「んなワケねーだろ」すぐ二人からツッコミが入る。
なんか俺は流暢に彼女達とコミュニケーションを取り、通訳までしてたらしい。
そう言えば彼女達が別れ際歌ってくれた蛍の光の歌詞が、古い友人と酒を酌み交わすなんて内容
で、蛍の光は日本の歌だと思っていた俺はカルチャーショックを受けた記憶がある。
でも俺は普通に日本語で彼女達と会話してた気がするんだよな。

また彼女達だけでなく、その後に来たタイ人達やメキシコ人達とも、俺だけ通訳なしで
コミュニケーションを取ってたらしい。俺は折角遥々日本まで来てくれたんだから、
なんか喋らなきゃと必死だった記憶しかないんだけどな・・・



603: 本当にあった怖い名無し 投稿日:2010/01/16(土) 07:15:55 ID:NDg23mq50
>>598
面白いな
ナイトスクープで「父の寝言が酷いので止めてくれ」って依頼思い出したよ
酷い寝言で何言ってるのかまったくわからなくてだんだんと
寝言の内容の方に話がシフトして行ったの
色んな国の人集めて調べたらモンゴルだかの言語で「酒もってこい!」とか喋ってた
本人は生粋の日本人でモンゴルとか行ったこともない人だってさ



606: 本当にあった怖い名無し 投稿日:2010/01/16(土) 16:34:10 ID:pe/i5IuD0
>>603
前世の記憶かもしれないけど、もしかしたらどこかで一度聞いたことがあって、丸暗記していたのかもしれない・・って
何で丸暗記w 説明付かないw やっぱ不可解w



599: 本当にあった怖い名無し 投稿日:2010/01/15(金) 14:06:12 ID:8DElneQM0
おじいちゃんの話

お祖父ちゃんは癌になって入退院を繰り返していたけど、余命宣告ぶっちぎって
家に居るときは結構普通に暮らしていたけど、それでもちょっとずつ弱っていった。
何度目かの入院の時、ある朝父が母に「来週だ、用意をはじめないとな・・・」
と話しているのを聞いて私はてっきりまた病院から帰ってくるのだなと思っていた。
しかしその次の週、おじいちゃんは亡くなった。

父と母は悲しんでいたけど動揺はなくて淡々と葬儀の準備を進めていて母が
「言ったとおりになったんだよ」と訳を話してくれた
父が「来週だ・・・」と言っていた朝、お祖父ちゃんが夢に出て来たんだそうだ、
すごく元気な姿で病院のベッドの上に座って「オレ治ったから!来週帰るからな!」って。
それからきっかり一週間後に御祖父ちゃんは亡くなった。夢に出てきたみたいに元気な姿で
痛いとか苦しい体から開放されてると信じたい。天国でお祖母ちゃんと仲良くしていてほしい思う。



616: 本当にあった怖い名無し 投稿日:2010/01/17(日) 20:00:10 ID:6GPZbK0c0
おとんを見た話。

無駄遣いと言われても喫茶店で一人でお茶するのが好き
今時の「カフェ」といった洒落た店ではなく、いわゆる喫茶店が好き
たいてい流行ってなくて、客が少ないのも好き

古本屋で買ってきたばかりの短編集なんかを持ち込んで、
誰にも邪魔されずゆっくりとコーヒーをすする至福の時間
その日はウインナーコーヒーを飲んでた
カプチーノとかラテとかじゃなくて、
生クリームがどーんと乗っかってて、シナモンの香りのする甘いコーヒー
自分はこれが大好き。おとんも好きだった。
それをすすりながら、本の世界に没頭してた

突然、キインと耳鳴りがして、その後、周りの音がスーっと引いていった
貧血になったときと似てた、でも頭はぼんやりしなくて、むしろ冴えわたってる感じ。
そして、店の一角が光り輝きだした
向かい側のボックス席の隅っこに、おとんが座ってこっち見てた

にこにこと笑ってて、しかも金色の後光まで差してた
自分と同じようにコーヒーカップと文庫本を目の前のテーブルにのせて、
こちらにむかって微笑んでいた
賛美歌でも聞こえてきていいくらい、天使のようなおとんだった
生きているときは、ろくに風呂も入らない、酒飲みの汚いジジイだったのに
光の効果なのか、なんか肌もツルツルで、この世のものじゃないキレイなおとん



617: 本当にあった怖い名無し 投稿日:2010/01/17(日) 20:00:42 ID:6GPZbK0c0
もうびっくりして声を上げたいのに声を上げるどころか体も動かせない、完全な静寂
けど不思議とまったく恐怖感は無かったな、出てきてるのおとんだし
なんか必死で心の中でおとんに呼びかけたよ
なんで突然死んでしまったんだとか、仏壇に見向きもせずごめんとか。
お供え物のタバコ吸いまくってごめんとか、今何読んでるんだとか。
死んでも大好きな読書ができてるんだな、少し天使っぽくなっちゃったけど、
変わりなくて俺は嬉しいよ、とか。

もう最後には言うことなくなって、心の中で「おとん!おとーん!」って名前呼び始めたら、
おとんは満足したのか、ふんっと笑って視線を文庫本に落として、
それで消えてしまった
ぷわっと消える前の電球みたいに一瞬光って消えちゃったよ

じわ~っと周りの喧騒が耳に戻ってきて、後はもう何事も無かったかのように、
周囲は平凡な喫茶店
心拍も落ち着いてて、汗なんかもかかなかった
ああ、おとんに会えたな~。としか思わなかった
邂逅の場としちゃ、墓前なんかよりよほどしっくりくる場面だったし
おとんが現れたってことに違和感を感じることができなかった

いつかまた、おとんが好きそうなところで、おとんが好きだったことに没頭してたら、
思いがけず再会できたりするんじゃないかと期待してるのだけど
まだ、おとんには1回しか会えてないです



625: 本当にあった怖い名無し 投稿日:2010/01/18(月) 00:14:40 ID:fGUUMMwv0
オチはなくてつまらないけど。中学生頃の話。

休日の昼下がり、そこいらのゲーム店を適当に自転車で回り、
大した収穫もなく帰宅途中のこと。道で突然
「○○君じゃないか~。久しぶり~」
と、ニコニコと優しそうな、20代のお巡りさんみたいな風貌の人に止められた。
(ちなみに○○なんて名字は近辺に無い、特徴的な名字)

俺 「? お久しぶりですー」
人見知りで物覚えが悪い自分は「親戚の人か、母親の知り合いかな?」と思い、言われるがまま停車。

巡 「ちょっと調べさせてね~」
と、屈んで自転車を目視確認するお巡り?さん。
誰だろ?というか何で何を調べてるんだろ?ともやもやしてるうちに確認作業?終了。

巡 「うん、大丈夫だね。行っていいよ~
   最近変な人がいるから○○君も気をつけてね~」
と俺を見送るお巡り?さん。
誰だったんだろ?と思いつつも会釈し、そのまま帰宅。

帰宅後、親に聞いてみたが、そんな人は親戚にも友達にもいないとのこと。



626: 本当にあった怖い名無し 投稿日:2010/01/18(月) 00:17:28 ID:0ic6DaOm0
盗難自転車の確認じゃないの?
○○君って親しげに接近すれば逃げられないだろうし



628: 本当にあった怖い名無し 投稿日:2010/01/18(月) 00:32:16 ID:Lf65fdYu0
>>626
防犯登録の確認って自分も知り合いも経験しているが
あれって警官の点数稼ぎみたいなものになってんのかな。



657: 本当にあった怖い名無し 投稿日:2010/01/19(火) 13:58:02 ID:avWqzVdI0
幼少の頃の不思議な話

幼稚園児の時、近所に住む従姉とかたつむりをたくさん採って遊んでいた。
そのかたつむり達は手のひらに収まりきらないので、
透明のプラスチック虫籠に入れた。
上の蓋が色つきの格子みたいな普通のやつ。中には何も入ってない。

そこに10匹以上のかたつむりを入れて、従姉の部屋に向かった。
従姉の部屋の床にかたつむり入り籠を置いて、人形遊びを始めた。
そうするともうかたつむりのことなんか覚えてない。
さて帰ろうとした時、かたつむりのことを思い出した。

かたつむり達は、1匹残らず殻がなくなってた。
なめくじみたいなぬめっとした本体のみ。
すごく困惑したけど、きっとかたつむりは時間が経つとなめくじになるんだろうと納得した。
従姉の部屋はそんな広くないし、ドアとか窓とか、
人が出入りする近くに籠は置いていない。
だから誰かが来たら絶対わかるはずだし、
誰かがたくさんのかたつむりをなめくじと入れ替えるなんて芸当は難しいと思う。

小規模すぎるけど、いまだにちょっと不思議に思っている。



658: 本当にあった怖い名無し 投稿日:2010/01/19(火) 19:38:50 ID:R0DQ3ULfO
私も投下。

4歳ぐらいの頃、八王子の古いマンション(5階建て)に住んでいた。
皆仲良しで、小学生のお兄さんお姉さんが
ちびっこ達の面倒をみてくれた。

事件が起きた日は3階のエレベーターホールで、ボールを弾ませていた。
メンバーは小学生が2人とちびが3人。
そのうち、近所の人から「外でやりなさい」と注意されたので、公園に行くことにした。

で、小学生のお兄さんがエレベーターを呼んでくれて、5人で乗ろうとした。
でも、なぜか私は階段で行きたいとだだをこねた。
お兄さんは「じゃあ下で待ってるね」と扉を閉めた。
んで、小学生のお姉さんと2人で、エレベーター脇の階段をゆっくり降りた。

1階に着いたが、先に降りたはずの3人がいない。
エレベーターが3階に止まってたので、下に呼んでみるがエレベーターには誰も乗っていない。
(エレベーターは1機しかない)
何か忘れ物でもして、一度家に帰ったのかな、と思い待ってたが、5分経っても誰も降りてこない。
お姉さんが「他の階のエレベーターホールとみんなの家を見てくるから、ここで待ってて」と行ってしまい、私は一人になった。

私はエレベーターの階数表示を眺めながらボケっと突っ立っていた。
しばらくすると突然「チン」となり扉が開いた。(階数は1階のまま)
中から出てきたのはお兄さん達3人。
兄「はやかったね~あれ?一人?」
私「いま…まで…どこに…」(びっくりしすぎて喋れない)

やがてお姉さんも帰ってきて、お兄さんに今あったことを説明した。
けれどお兄さん達は「普通に降りてきた」と言う。
結局説明がつけられないまま終わってしまった。

なんなんだろね。



663: 本当にあった怖い名無し 投稿日:2010/01/19(火) 23:45:51 ID:IqeXZHrP0
>>658
不思議だねぇ



669: 本当にあった怖い名無し 投稿日:2010/01/20(水) 03:10:10 ID:/3tU1AlA0
>>658
不思議だぁ

でも小学生ぐらいの時ってそういう不思議なことが
よくあるし、それをあまり深く追求もしないよね
時間が経つと自然と受け入れたり



688: 本当にあった怖い名無し 投稿日:2010/01/23(土) 00:58:24 ID:uNPbLu/E0
普段ROM専なので、何か不備があったら失礼します。
自分にあった、不思議な出来事(壮大な出来事ではないです)

4~5歳(多分)の頃、父方の祖父の家に住んでいた。四方が山に囲まれまくった
けっこうな田舎で、電気、プロパンガスはあったが水道がなく、山水をパイプつなげて
自宅に引き込み生活用水に使う、そんな環境。ひまわり号って移動スーパーが来てたな。
ぽつ、ぽつと周囲に家はあったけど、決して隣接はしていない。むしろ近所がちょっと遠い。
家の前には自宅で食べる分くらいは育てられる広さの畑があった。(実際半分くらい自給自足)
家の裏には生ゴミを捨てるスペースがあり、堆肥のような土になっていてミミズがたくさんいた。

時々そのミミズを掘り出し、手ごろな木の枝を拾って、祖父にテグスやら釣り針をつけてもらって
近くに流れる川で釣りをすることがあった。全然つれないけど気分だけ。

ある日もフッと釣りをしようと思い立って、家の裏にミミズ取りに向かった。
裏に行くには家とトイレ(外にある)の間の通路を通っていくのだけど、そこで思わぬものを見た。

オトナでひとかかえはあろうかと思われる胴回りで、白地に黒で模様が入った
とってもでっかいヘビがうねうねと移動するさまを。

しかも、普通のヘビならば地面で左右にうねうねするのだろうけど
そのでっかいヘビは上下?にうねうね。
そして、なんかうっすら半透明だったような気もする。

家とトイレの間にある通路から裏へ出る部分の幅は大きめの玄関ドアくらいで
そのヘビの全部は見れなかったのだけど、かなり長さはある感じだった。

なんとなく 「山の主か?」 と思い、すごいものをみた!と瞬時に興奮して
家にいた母に報告し、母とそこに戻るともう姿はなかった。


その後、特に何も変わったことはなかったけど、忘れられない不思議な出来事。
たいした内容ではないのに長文すみません。



691: 本当にあった怖い名無し 投稿日:2010/01/23(土) 22:14:27 ID:uNPbLu/E0
連投ぽくてすみません。最近まとめサイトをまとめて読んだら小ネタがほろほろと思い出されたので。

今、娘が2人いるのですが、長女(現在中1)が2歳すぎの話。
言葉の発達が少し遅めで、それこそ片言な状態の頃。あんぱんちを「あぱち」としか言えないくらい。
(かなり大きくなってから判明したことなのですが、どうやら長女は少し聴力に問題がある
 補聴器がいるほどではないが、言葉の発達が遅かったのはそのせいもあると予測)

一人遊びをしている長女の近くで、自分は何かをしていた。ゲームかもしれないw
フッとこちらにむいた長女。たまたま自分もそちらに意識が行き目があったその時。

「あの~…ちょっとお聞きしたいんですけど」

と、はっきり流暢に&上目遣いにて↑のセリフを言われた。

('ё';)ゑッ…(気分はまさしくこんな顔文字
今までこんな明瞭に話をしたのを見聞きした事がなかったため、とまどっていたら
長女はふいと横を向き、何もなかったかのようにまた一人遊びに戻った。

「ちょ!今なんつったん?てか何が聞きたいん?」
とあわてて聞き返してみたけれど、長女は不思議そうな顔をするばかり。

何かの意識とシンクロでもしたんでしょうかね?
コンビニで機嫌よくお菓子コーナーにかけていったと思ったら急に大泣きしたりとかもあったので…
(そのお菓子コーナーには誰もいなかった)違う次元のものが見えたりしていたのではないかと。
今でも時々見えるようだが。



693: 本当にあった怖い名無し 投稿日:2010/01/23(土) 22:35:12 ID:5Bod8Ijo0
>>691
否定するわけじゃないけど、人間の耳(というか脳)は無意識に補完してしまうもので、
聞いた音に近い言葉や意味を当てはめて認識することも多いからなぁ。
昔、探偵ナイトスクープっちゅう番組でケータイカメラのシャッター音を
「撮ったのかよ!」と「ディー・アイ・アイ(DII)」系アルファベットの並びの2種に聴き取れると言うネタがあったの思い出した。




694: 本当にあった怖い名無し 投稿日:2010/01/24(日) 02:59:14 ID:EmEuKXzv0
>>693
見た見たw不思議だよねぇ
聞き方を少し変えるとどっちにも聴こえるんだよね



708: 本当にあった怖い名無し 投稿日:2010/01/27(水) 00:32:12 ID:ooAV3IXq0
 ふと、思い出したので。
 会社では携帯電話持ち込み禁止なので、ロッカールームにおいてありました。
帰り際とかに確認するんですが、珍しく留守電が入ってました。
 その時は留守番電話センターに保存するものではなくて、本体に録音として残す留守電だったんです。
 ただ、これは「携帯電話の電源が入っていて、通常どおり着信し、30秒以上放置したとき」にのみ機能します。
「もしもし? どちらさまですか?」で始まってました。
思わず「留守電に入っていたので聞いているんですが」と答えるものの、反応なし(当たり前ながら。)
 聞こえる音からすると、どこかのお店らしいんです。
「どうしたの?」「何かかかってきたんだけど、何も言わないの」「悪戯かな」
 1件60秒なので、そこで切れていました。後でその番号を調べてみたんですが、
同じ市内のお店だけど行ったこともなく、品揃えからも特に興味のない店でした。

 一度きりの経験ですが、謎です。



710: 本当にあった怖い名無し 投稿日:2010/01/27(水) 10:00:31 ID:0VwDJQZv0
>>708
留守電の音声:「もしもし? どちらさまですか?」
聞いてた自分:「留守電に入っていたので聞いているんですが」(思わず留守電に返事をした)
留守電の音声:「どうしたの?」
留守電の音声:「何かかかってきたんだけど、何も言わないの」
留守電の音声:「悪戯かな」

てことで合ってる?



718: 本当にあった怖い名無し 投稿日:2010/01/27(水) 16:10:22 ID:ooAV3IXq0
>>710
はい、そんなタイミングです。
店員さん同士がやりとりしてる感じでした。



713: 本当にあった怖い名無し 投稿日:2010/01/27(水) 12:11:56 ID:hm/A1+zh0
今から20年ほど前の高校1年の頃、ある日学校から帰る途中にあった出来事です。
当時僕には同級生の彼女がいました。
いつもは彼女と一緒に電車で帰るんですが、その日は彼女が風邪で学校を休んでいて
僕はひとりで電車に乗っていました。僕がドアの近くに立っていると、そばに小学3年ぐらいの
女の子1人と男の子3人がいました。その女の子が僕の彼女に瓜二つだったんです。

彼女は全体的に体の色素が薄い感じで、色白で髪も少し茶色、瞳も深緑だったんですが
その女の子はそこも同じで、まるで彼女をそのまま数年若返らせたような感じでした。
彼女には妹もいてないので、ひょっとしたら親戚かなとも思いました。
その女の子は男の子たちに軽くいじめられてるというかイジられてる感じで
何も言い返さずにじっと耐えてる姿が、また彼女の雰囲気にすごく似ていました。

僕は不思議な気持ちでずっとその子に見とれていました。
それを不審に思ったのか、その子もちらちらとこちらを気にしてるようでした。
僕は地元の駅に着いたので、仕方なく電車を降りました。
その子たちはそのまま降りずに行ってしまいました。
もちろんどこで降りたかわかりませんが、彼女の家と同じ方向でした。

つづきます



714: 本当にあった怖い名無し 投稿日:2010/01/27(水) 12:13:26 ID:hm/A1+zh0
数日後、元気になった彼女が学校に来たので、そのことを話しました。
そんな年頃の親戚はいないということでした。
やっぱり他人の空似なんだなと思っていると、彼女があっと言いました。
そういえば昔、電車で同級生の男の子3人に何かイヤなことを言われたことがあったと。
そしてその時近くに学生服のお兄さんが立っていて、じっとこっちを見つめていたので
男の子たちをやっつけてくれないかなぁと期待していたと。

お兄さんの顔は覚えてないけど、何回か目が合ったことと
片手に白い筒のようなものを持っていたのを覚えていると言うのです。
彼女に似た女の子に会った日、僕はたまたま画用紙を丸めて手に持っていました。
カバンに入らなかったので、手で持っていたんです。
僕も彼女もわけがわからなくて、偶然にしては出来すぎてるねと話をしていました。
ひょっとしたらもう一度出会う運命だったのかもねなんて言ってました。

その彼女は今では僕の嫁です。子供は今、小学3年です。女の子です。
僕にはまったく似ずに色素の薄さまで嫁にそっくりです。
あのとき会った女の子にもそっくりです。

おわります



723: 本当にあった怖い名無し 投稿日:2010/01/28(木) 02:04:33 ID:lclqgQeY0
>>714
過去と未来が出遭ったって話だね。それにしても彼女俺のタイプだな。



726: 本当にあった怖い名無し 投稿日:2010/01/28(木) 03:14:42 ID:1qNet3nLO
読みにくかったらすまん

高校の時のすごい不思議体験
俺と友達(T)はすごいオカルト好きで、学校を抜け出してはよく心霊スポットに行ったりしていた。
ある日いつものように学校を抜け出して心霊スポット行こうって事になった。その日行った所は神社が密集してる地域みたいで下町情緒溢れるレトロな商店街みたいなところだった。
そこにもう営業してない銭湯があって、でっかい煙突が立っていた。俺はテンションがあがり「でけぇ!!!」などと叫んでいた。



728: 本当にあった怖い名無し 投稿日:2010/01/28(木) 03:34:32 ID:1qNet3nLO
続き

でも友達は煙突を眺めたままボーっと立ってた。具合でも悪いのかな?と思って顔を覗き込んだら、なんか知らないけどポロポロ泣いてた。
びっくりして「どうした?具合悪いのか!?」と聞くと、「いやなんかすごい懐かしい気がする・・・」と一言。もちろん二人とも来た時もない場所。
不思議だったがまあ神社探すかーって歩いてたら、また友達が「多分ここ右曲がると土俵があるよ。」と言ってきた。俺は「あるわけないよ土俵なんてw」とか言って曲がったら小屋みたいのが立ってた。
えっ?と思って小屋に近づいて中を見てみると友達の言ったとおりかなり古びた土俵があった。その日はなんだか怖くなってすぐ返った。今思い出してもすごく不思議な話

長文&乱文すまん



729: 本当にあった怖い名無し 投稿日:2010/01/28(木) 10:48:16 ID:mHBgEuyWO
小学生の頃の話
私の通っていた学校の校庭には2本のガジュマルの樹がありました
ガジュマルで気付いたと思いますが、私の実家は沖縄の某離島にあります
運動が苦手だった私は、放課後や昼休みはあまり外で遊ぶなんて事をしないタイプでした
でもある日の放課後に、校庭のガジュマルの樹に登って遊んでいました

一人で。正確に言うと?もう一人?いたんですが
赤っぽい髪の男の子でした。一緒にトカゲを捕まえたり、秘密基地作ったりしました
しばらく遊んでいて、陽が暮れてきたのに気付いた私は「もう帰るね」と彼に告げ
早く帰らないと母親に怒られる、と思いながら走って家路につきました
その時ふと気付いたのは、その男の子の名前も学年も顔も知らない…
私は人見知りするタイプだったのに、なんで時間を忘れるほど彼と遊んでいられたのか…
もしかしてあれはガジュマルの樹に住むキジムナーだったのかな。と



730: 本当にあった怖い名無し 投稿日:2010/01/28(木) 14:52:53 ID:MXyfEE7u0
いい話だな。魚の目だっけか、キジムナーが好きなのは。
カニだっけ?



731: 本当にあった怖い名無し 投稿日:2010/01/28(木) 19:34:07 ID:Wq0X92YL0
小学の話も所変われば外国の話みたいになるのね・・



739: 729 投稿日:2010/01/29(金) 05:42:42 ID:aCl1vbc1O
子供の頃?の話また書きます
私が通っていた小学生の図書館の入り口の脇には妙な石像がありました
四本足なので、なにかの動物だとは思いますが、肝心の顔が崩れてしまっていて、それが何なのかわかりません
そしてよくある話ですが、その石像が夜に校庭を走り回っている。とか、その姿を見たら石にされてしまう
と言った怪談がありました

中学から県外の学校に通っていた私は、中3?くらいの夏休みに島に帰省していました
ふと、我が母校は今どんな感じかな~、と軽い気持ちで学校を見に行きました
そして図書館の前にきた瞬間に強烈な違和感。例の石像のある位置がおかしい
不思議に思った私は職員室を訪ねると、ちょうど5年生の時に担任だった先生がいました
懐かしい顔にしばし談笑した後、先生に石像の話をすると「気付いたか?アレ動いてるよな…」と気味が悪そうに言っていました

それから長期休みで帰省するたびに、石像を見に行きました。やっぱり石像は少しずつ移動していました
そんな事があって、この間久し振りに島へ帰った際に、あの石像はまた動いているのか確かめにいきました
期待に反して例の石像は無くなっていました。なんでも「本当に動いてる」という噂が広まって気味が悪い
かなり古くなっていたので、子供が乗って遊んでいるうちに崩れて怪我でもしたら危険だ、という事で取り壊されたそうです

取り壊された理由は島で長年教師をしている母親から聞きました
気になるのはアレは何の石像だったのか、いつからあるのか、勤続30年以上のベテラン教師の母親も知らないって事です
長文失礼しました



740: 本当にあった怖い名無し 投稿日:2010/01/29(金) 07:40:30 ID:2Vixmacd0
もしかしたらその石像一部の考古学者、民俗学者にとっては涎モノとは言わなくても面白いものだったかもしれないな
どんな来歴があったんだろうか



744: 本当にあった怖い名無し 投稿日:2010/01/29(金) 10:49:04 ID:aCl1vbc1O
>>740
その石像には鉄筋が入っていたような気がします
よって、学者さんが気になるほど古いモノとは思えないんですよね
なぜ顔にあたる部分だけ崩れていたのか?なぜ一見して不気味なソレが修理もされずに放置されていたのか
このあたりも何かオカルトだなぁと
マレーバクの顔の部分が欠落してる感じの石像でした



745: 本当にあった怖い名無し 投稿日:2010/01/29(金) 10:56:41 ID:2Vixmacd0
>>744
考古学者や民俗学者の研究対象は古いものだけにはとどまらないんだよん
現代とのつながりをテーマにする人もいるし、考古とは言っても戦後も考古学の対象になるのさ
その石像に研究対象としての価値を見出す人がいるかは知らないけどね



748: 本当にあった怖い名無し 投稿日:2010/01/29(金) 12:08:30 ID:aCl1vbc1O
>>745
なるほど勉強になります
学者さんたちは私の故郷だと八重干瀬とか人頭税石の方が興味あるだろうなぁ
学者で思い出したけど、私が生まれる前に父方の祖父の家に立命館だかの教授が来て
家系図や一族の事について色々と聞いていったらしい。それらをまとめた小難しい民俗学の学術書が家にあった
なんでも私の生まれた島では家系図がある家は珍しかったとか



821: 本当にあった怖い名無し 投稿日:2010/02/05(金) 00:17:24 ID:Wy7zrPht0
昨年、友人宅に遊びに行ったときの話。
その友人は猫飼ってるんだが、なかなか人懐こい10歳くらいの茶虎。
玄関脇まで行ったら、その猫がその家の庭にいるのに気がついた。
姿勢を低くしてなにか狙ってる風だったんで見たら、猫の視線の先に雀が。

猫がぱっと飛びかかったら、雀も飛び上がって逃げたんで「失敗か」と思ったら
その猫がなにもない空間を三段ジャンプ。
雀に追いつき、そのまま庭の木へ着地。

なにいまの?って固まってたら、木の上の猫と目が合った。
そのまま猫逃走。
その話を飼い主の友人にしたけれど、見間違いだろの一言で済まされた。

その後、なぜかその猫に避けられてるような気がする。
猫、好きなのに(´;ω;`)



822: 本当にあった怖い名無し 投稿日:2010/02/05(金) 10:27:34 ID:5KVHx1e40
9年前の話。仕事やめたとこだったから、暇で昼寝ばっかりしてた。
なぜか金縛りによくなって、昼間だからこわいって感覚はなかった。いつも
ビニール袋をガサガサさせる音がして、なんか人の気配がしてその後金縛り。
しょっちゅうなるからガサガサ音がしたら、また金縛りかって思ってた。
ある時、けっこうはっきりと「この子また寝てるよ」「またか」って聞こえて、
ちょっとこわかったけどなんか笑っちゃいました。



825: 本当にあった怖い名無し 投稿日:2010/02/05(金) 15:39:18 ID:8quPlEA70
我が家のPC、何度省電力モードにしても部屋の灯りを落とした途端画面が点く。
どうやらこれ、家族でも自分だけらしい。不可解。
友達に機械と相性悪いやついるけどそういうこと?
……これ、スレチかな?ただの電気系統のトラブル?



826: 本当にあった怖い名無し 投稿日:2010/02/05(金) 19:09:32 ID:25ggFjhM0
>>825
それ電気消したときのノイズの関係じゃね?



827: 本当にあった怖い名無し 投稿日:2010/02/05(金) 20:56:34 ID:odgDj8sz0
>>826
便乗だけど、そういうのあるのかねぇ。
玄関の人感センサーの明かりがときどき勝手に点いてるのが気になってたんだけど、
電子レンジを使うと点くらしいことに数日前に気がついた。
一度だけトイレが点いていたのはまだ不明。



829: 本当にあった怖い名無し 投稿日:2010/02/05(金) 22:05:34 ID:nyCUcv060
>>825
俺のデスクトップもよくあるよ。
部屋の電気消したり、テレビをつけたりすると連動して勝手にpcが立ち上がるときがある。
月に何度かあるのでそれほど驚かなくなった。
家の電気関連の話では、先日真夜中に大して電気を使ってないのに
いきなりブレーカー落ちたのはちょっと怖かった。




836: 本当にあった怖い名無し 投稿日:2010/02/06(土) 06:48:34 ID:7MXCc63H0
パソコン関係ではいろいろあるんだね。

先日仕事場で使っている私物ノーパソがいきなり真っ暗になった。
斜めから見ると何となくアイコンの存在がわかるから、ハードが逝ったわけではなかったけれど、
とにかくなければ今日の仕事ができないもので、あわててモニタを買いに行った。

「これはバックライトがだめになっていますね。修理したらこれくらい費用が…」
と言われたもので、不細工だがそこで一番小さいモニタ(といっても19型だがorz)を購入。
あわてて仕事場に帰ってパソを起動させたら…普通についたorz
あれだけ何度再起動させてもだめだったのに。

パソから遊ばれているような気分だ。



840: 本当にあった怖い名無し 投稿日:2010/02/06(土) 14:15:37 ID:RvSJ97hA0
中学生の頃今いる自分の部屋を増築したんだが、その頃の話

自分の部屋のベッドで寝てると呼吸音が聞こえる。自分の息か?と思って息を止めてもまだ聞こえる
その呼吸はテンポは普通だが落ち着いているので寝息のようだが、すぐ近くで聞こえる
怖いのでベッドから出ず、動かずに目線だけで部屋の中を探すが当然誰もいない
見れなかったクローゼットの中はごちゃごちゃで人は入れないし
ベッドの下も着替えをしまうスペースになっているので入れない
どこから呼吸が聞こえているのか謎だったが、眠かったのでそのうち寝てしまった

翌朝「部屋が近い妹の息が壁を通して聞こえたんだろう」と思い妹に確認したが、
昨日は別の部屋で寝ていたという。他の家族に確認しても皆俺の部屋から遠い部屋で寝ていたそうだ
「自分の息だろ」と馬鹿にされたので「真っ先に確認した」と反論したが、信じてくれなかった


あと、関係あるか分からないけど俺の部屋ではたまに物が消える
無くしようのないようなデカい箱でも普通に消えるから、俺の不注意では無いと思う
最近ではそのデカい箱と爪切りが消えた
心当たりのある場所(最後に置いた場所とか)を探しても全く見つからない



852: 本当にあった怖い名無し 投稿日:2010/02/07(日) 16:42:40 ID:st/7LHtc0
12年前までに住んでた家の、特に自分の部屋は、ラップ音ていうの?それがすごかった。
気にすると、怖くてその部屋で寝れなくなるので、なるべく気にしないようにしていた。
湿気とかで、音がするのだろう。と、思う様にしていた。
ある日、その日はあんまり音がすごいので、「うるさいなあ。今、本をよんでるのに、気になって読まないじゃないか。」と、
腹がたったので、「2回続けて、なってみろ!ばーか」て、こころで、思ったとたん
バシッ!バシッ!って、2回立て続けて、それも今までの中で一番大きい音がしたので、
怖くて、本を放り投げて部屋から飛び出しました。

あと、CDコンポのCD受け皿(みたいな部分)が、勝手にガーッて前に出てきて、
再びガーッて、ひっこんだ事がある。



854: 本当にあった怖い名無し 投稿日:2010/02/07(日) 19:03:41 ID:7SI/iZ1s0
>>852
気温の変化で建築資材やら家具やらが膨張/収縮する時の音なんじゃねえ?



855: 本当にあった怖い名無し 投稿日:2010/02/07(日) 20:18:20 ID:dV3zeJN/0
>>854
木製の建物だと鳴るよね
でも「2回続けて~」はマグレにしてもコンポは不可解だなw



857: 本当にあった怖い名無し 投稿日:2010/02/07(日) 23:29:21 ID:xqgvuZZ10
場所 都内某所、青山公園付近、青山霊場がある
内容 サイレンの音が聞こえる
体験 なぜか夜中にその公衆トイレの中からサイレンの音が聞こえる友人とも行ったがその友人も聞こえた。周りにはなるものがないしおまけに叫び声が混じった声
昼間は異常なし
しかも足がなぜか痛くなる



861: 本当にあった怖い名無し 投稿日:2010/02/07(日) 23:34:07 ID:jWd2tb2WO
>>857
それ知ってるかも 段々サイレンの音大きくなっていかない?



881: 本当にあった怖い名無し 投稿日:2010/02/09(火) 16:59:36 ID:VGvB4hT20
高校卒業時、友達5.6名で集まり、飲み会をやった。
高校だけの友達ではなく、小中からの友達でした。
飲み会をするにあたり、仲の良いAという寺の息子(代々の住職家)のオヤジさんが、
「どうせ騒ぐんだから、うちの離れの部屋でやりなさい」と言ってくれた。
自分の息子が他の家に訪れて騒ぐのを懸念したのかもしれない。

酒盛りしてて(ビール少しだけ)、俺はいつの間にか寝てしまった。
なので以下、友達たちから聞いた話ですが。

ぐーぐー寝ていた俺がいきなりむっくり起きた。でも顔は寝てる。
そんでいきなり「この寺は~」と言い出して、「文政●年に」とか、
なにやらグダグダとしゃべり出したと。
そんで友達が「え?何言ってるんだ?」驚いて凝視してたら、
「この寺には昔、秘蔵の品を隠す場所があってなあ」とか言い出したらしい。

そんで友達が「ええ、なんかこええ」とか言い出したら、
Aのおじいさん(当時もう90歳前後)がたまたまトイレに行き、
うちらがいる部屋をのぞいたんだと。
そしたら俺、おじいさんに向かって笑みをうかべて、「似ているもんだなあ」って。
おじいさん、「あぁ?」と言って、「あまり飲むなよ」と言って去ったそうだけど…。

そしてひとしきりしゃべると、また突然、俺は横になってぐーぐー寝だした。
それからしばらく目が覚めなかったらしい。小1時間くらい。

そして起きたら当然、みんなにその話をされた。
俺はさっぱりわからんのだが、「おまえなんかやべえんじゃねえのか?」とかさんざん言われた。
医学部志望していた友達には完全に病気扱いをされてしまった。「脳がやばい」みたいな。
はたまた、俺が演技をしていると疑っている奴もいた。



882: 本当にあった怖い名無し 投稿日:2010/02/09(火) 17:01:51 ID:VGvB4hT20
それから大学へ行き地元を離れたんだが、共通の知人を介して
Aのメルアドは知っていたんで、連絡をとり、昨年、10年ぶりにAと地元で会った。
飲んでてその話をされたとき、Aが「そうそう、そういえば」と。
聞いたら、Aの寺にはたしかに「秘蔵の品、諸諸を隠す部屋?」があったとか。
開かずの間の中にお堂みたいなのがあり、そこへ隠していたらしい。
大正時代だかに、建物ごと壊してしまったそうですが。

うちは代々の武家でして。幕末まで、家老とかやっていたそうです。
だからその関係で何か???なんて思ったんですが、
家老って寺に関係あるのか?とか、無知な俺にはよくわからなかった。
よって、その話はもうそれで終わってしまった。他にも話すことあったし。

しかし、ある一冊の本を入手して最近わかったことなんですが。
俺の7代くらい前の御先祖が、「寺社奉行」なる職に就いていた。文政、天保の時代です。
しかも筆頭寺社奉行という役職で、かなり偉かったと。

それをAに教えて、Aがオヤジさんにその話をしたところ、
「うちは当時、宗派関係なく、寺の組織のまとめ役とかしていたから、
筆頭寺社奉行であれば間違いなくうちに来てるだろうね。
寺社奉行は寺社の取り締まりをするから、
密談やらなにやら、いろいろあったんじゃないかなw」と。

それ聞いて、Aが俺に電話くれたんだけどさ。驚いた。
ただまあ、俺自身に記憶がなかったので言明はできないけど。

長文駄文おつきあいすまない
おわり



893: 1/2 投稿日:2010/02/10(水) 22:27:49 ID:sr/z7FrZ0
ずっともやもやしてることがあって、今日このスレを見つけたので
書き込みします。

1994年の、たしか9月頃だったと思うのですが、広島県東広島市で
車の免許を取るため教習者に乗って路上講習をしていました。

信号が赤になり、車を停めたのですが、でかい交差点なので
赤の時間が長く、ふと空を見上げました。

その日は薄曇といった天気だったのですが、何かが空に
浮かんでいるのが見えました。
はっきりとはわからないのですが、透明な固まり、例えるなら
水が空中を漂っているような感じでした。

距離感がわからないのでどれぐらいの大きさなのか判別
できなかったのですが、ゆっくりと移動していました。
そのまま見ていると、電線と交差しました。
その時初めて、意外と近いところにあるのがわかりました。



894: 2/2 投稿日:2010/02/10(水) 22:28:29 ID:sr/z7FrZ0
距離から見て、大きさは4トントラックを二つ積んだぐらいだったと思います。
透明なのに何故電線と交わったのがわかったかと言うと、
固まりと電線が触れたところで放電がおきていたからです。

一瞬でかいビニールでも飛んでいるのかと思いましたが、
その固まりは電線に引っかかることなく、本当に水のように
電線をすり抜けていきました。

呆然と見ていたのですが、教習官に「おい、青になったぞ」と言われて
そのまま車を発信させたので、あれが何だったのかわからず終いです。

教習官からは見えていなかったと思うのですが、後から思い返すと
伝えればよかったと思いました。
ただ仮免だったのでそんな余裕もなく、余所見していたことで
ハンコを押してもらえなかったら…とか思ってその時は言えませんでした。

誰か同じような物を見た人はいますか?



897: 本当にあった怖い名無し 投稿日:2010/02/10(水) 23:05:55 ID:Nv+E0b61O
>>893
ウチは広島市内だけど、プレデターの光学迷彩みたいな
透明な球体(直径30cmぐらい)がたまに自宅の部屋に
プカプカ浮いてるけど
いつの間にか浮いてて、ナゼかいつも南から北に
ゆっくり移動してて
知らない間に消えてる。
アレが何かは分からない。



899: 本当にあった怖い名無し 投稿日:2010/02/11(木) 00:02:04 ID:olgV1Pyz0
>>897
自宅の部屋!?
それはまたすごいですね…
同じものなんですかねぇ。



928: 本当にあった怖い名無し 投稿日:2010/02/11(木) 22:21:17 ID:d7Cj/ycn0
昨日出張から帰ってきたら母から、
「今日2時くらいに電話した?変なのが留守電に入ってたんだけど」って言ってきた。
でも、俺はその時間お偉いさんと会議してたから携帯の電源すらいれてなかったんで、
まぁ、機械音痴の母のことだから何かの勘違いだろと思ってた。
でも、母の携帯を見ると確かに2時半に俺の携帯からの電話になってたから、
変だと思いながら家に帰って姉とその留守電のメッセージを聴いてみると、
着信アリの着メロみたいな音楽みたいなのが40秒間流れてた。
なんだったんだろな、あれ



929: 本当にあった怖い名無し 投稿日:2010/02/11(木) 23:47:43 ID:m+cxf2J9P
>>928
あなたの発信履歴はどうなってるの?
オートパワーオンとかになってたりしない?



930: 本当にあった怖い名無し 投稿日:2010/02/12(金) 00:08:20 ID:ojg/77yg0
>>928だけど、
今履歴見てみたけど、やっぱり2時半にこっちから電話はしてない
てか、昨日の電話かけたのは会社に「今から帰ります」って電話しただけで、
母にはかけてないからなぁ
なんか、今更ながら怖くなってきた



933: 本当にあった怖い名無し 投稿日:2010/02/12(金) 12:53:05 ID:tpKvcPafO
>>928だけど、仕事中だから携帯から

もし誤動作だとしたら、自分の携帯の誤動作になるのか
母の携帯の誤動作になるのかどうなんだろう?



935: 本当にあった怖い名無し 投稿日:2010/02/12(金) 13:30:31 ID:wiFNGBjI0
>>933
投下した話が全て真実で人為的な操作ミス等の可能性が全くないのなら、どちらの携帯もおかしい可能性あるだろw

何かしらの理由で発信したはずの発信が履歴が残らない貴方の携帯
発信されたはずのないものを着信した母親の携帯



937: 本当にあった怖い名無し 投稿日:2010/02/12(金) 13:59:34 ID:tpKvcPafO
>>935
そうだよな…
てか、その留守電取っとけばよかったな、
気持ち悪いから消しちゃったんだが、内容だけでも録音しとけばよかった
まだ、2日しかたってないし、消した留守電って復活できないか仕事終わって帰ったら試してみる



934: 本当にあった怖い名無し 投稿日:2010/02/12(金) 13:14:03 ID:Bp2FSVZq0
小学1年生の時の記憶。
いつもは友達と帰るんだが、その日はたまたま一人で帰るコトになり、
小学6年生の吹いているトランペットの音を聞きながら帰路に着いた。
田んぼの中の一本道、よく晴れた日の午後。トランペットの音はよく覚えている。
学校から少し歩くと、道の上を毛虫が横断している。
無視嫌いの私は、そこで止まって、出来るだけ遠くを通って未知を通ろうとした。
が・・・!

気がつくと毛虫は一匹ではなく、道幅一杯に毛虫・青虫が数百匹といて、
後ろにもウジャウジャ。
行くも帰るも出来ず、私は立ち尽くしたが、「目をつぶれば、通れるかも・・・」と考え、
(ここのところがいかにも小学1年生の思考)
目をつぶって、一歩を踏み出す。

ブシュウ・・・
案の定、一歩目で毛虫を潰し、その途端、自分はパニックに!
ぎゃあ!と叫びながら立ち尽くして目をつぶる。
そこへ、楽しそうな声が。友達が帰り道にいた。
目を開けると、毛虫なんて消えていて、その後、友達と一緒に帰った。



941: 本当にあった怖い名無し 投稿日:2010/02/12(金) 14:42:00 ID:Nw7IsTXLO
中学生のあたりに
みんな寝静まった真夜中、いきなりドアがコンコンされて、出てみたが当然何もいなかった。なんだったんやろ



948: 本当にあった怖い名無し 投稿日:2010/02/12(金) 16:59:29 ID:Gfjq/M94O
昨日、他人の家の花壇から、小石を五個持って来た。
水槽に入れる予定で洗って、干してたら昨晩いやな夢を見た。
前歯か五本抜ける夢だ・・朝一で帰しました。石やばい?



963: 本当にあった怖い名無し 投稿日:2010/02/13(土) 02:34:33 ID:kJkoTM3Y0
>>948
自分は、地元にある山から石を拾ってきた日に
平安時代の衣装を着た女に腕の肉を切り取られる夢をみましたよ
返しには行きませんでしたがw

山は、石を取られるのが嫌なんだって。背が低くなるから。
反対に石を置いていくと喜ぶらしい



957: 本当にあった怖い名無し 投稿日:2010/02/12(金) 19:49:48 ID:vazjFJ3w0
じわ怖だな



965: 本当にあった怖い名無し 投稿日:2010/02/13(土) 03:05:46 ID:K+EflrVZ0
もしかしたらよくあることで不可解というほどでもないかもしれないけど…
うちにはずーっと白猫がいる
いつから、ということもなく白猫が切れない家でしかもいつも雄の片目が青で耳が不自由な猫
つねに1匹で、ふと居なくなったり(昔は外へ出していたので)
室内外になってからは病気や老衰で死んでしまったり、色々だけど
とにかく白猫一匹が居なくなってしばらくすると次の白猫が来る
来る、というのは文字通り縁が来るわけで白い猫がベランダから入ってきたり拾ったり貰ったり

一番酷いのはゴミ出しに行ったらコンビニ袋の中に生れたての仔猫一腹が捨ててあったり
生れたてなので模様なんかないピンクのにごにご集団で掛かり付けの獣医に持ち込んで助かったのはたった1匹、
それが目が開いて毛が生えたら白猫の片方青い目の片耳不自由な仔猫になった
獣医さんは「またか」とびっくりしていたよ
体が弱い猫だったので先週死んでしまいお骨にしたけどまた来るのかな?



967: 本当にあった怖い名無し 投稿日:2010/02/13(土) 03:20:24 ID:lIXZFpor0
>>965
その白猫は、かなえなきゃいけない目的があるのかもしれないね。
伝えたいことか、例えば恩返しとか、あなたの家族を何かの災いから守る役目とか。
寿命が短くなってるなら、目的を達成しつつあるのか、逆に何かと戦う力が落ちているか。
次にであったときも精一杯大事にしてあげてね。
いや、私が書くことでもないねw



969: 本当にあった怖い名無し 投稿日:2010/02/13(土) 04:31:32 ID:n+fO6qm/P
>>968
白猫さんいま何代目?

ずっとヨチヨチした歩き方の白猫さんいましたか?



972: 本当にあった怖い名無し 投稿日:2010/02/13(土) 09:57:27 ID:K+EflrVZ0
おはようございます。
猫かいの独り言のようなカキコミに反応して頂いて嬉しいです。

>>969
初代は私が1才前にいなくなった白だそうなのでたぶんだけど先週死んでしまった白が6代目
歩き方がよちよちって足が腰に不自由あったとかそういう意味でしょうか?
だとしたら該当猫はいないとおもう




970: 本当にあった怖い名無し 投稿日:2010/02/13(土) 05:05:33 ID:AYJrI2AL0
>>素敵な縁だね
自分猫大好きだけど、あんまり縁が無いような気がしてきた…
羨ましいな



983: 本当にあった怖い名無し 投稿日:2010/02/14(日) 18:51:37 ID:HvwUA4WZ0
ぼくが幼稚園か小学校1年ごろの時の話。

夜8時ごろに、毎日夜8時ごろ母の自転車の後ろに乗せられて地元の駅まで仕事帰りの父を迎えに行ってたんだけど、
ある日夜空に星形の白い物体(それも完全な「☆」という形、多分直径2~3cmぐらい)を見た記憶がある。

その時は星だな、としか思わなかったんだけど後から考えて不思議になってきた。もう20年ぐらい前の話だけど今でも
鮮明に覚えてます。何だったんだろう?



985: 本当にあった怖い名無し 投稿日:2010/02/14(日) 19:24:21 ID:nPJu0R850
>>983
なんかかわいいなw
ほのぼのした



986: 本当にあった怖い名無し 投稿日:2010/02/14(日) 19:33:12 ID:U9GyPU6y0
>>983
そういうのなら俺もある。
まだ俺が小学校に上がるか上がらないかの事。
親父は自営業で、接待で遅くなる事なんかざらだった。それでも12時前後には必ず帰って来てたんだけど、一度だけ多分4時半とか五時くらいに帰って来た事があって、
母親と一緒にたたき起こされた。
それで外に出ろと。
何かと思ったら、東の空に明けの明星が輝いてたんだが、それがおかしい。
デカ過ぎる。
周りの星の、優に100倍以上あろうかと言う大きさ。
そして、完璧な十字の形をしていた。
三人で大きいねーって話してたんだけど、あの形はおかしい。大きさもデカ過ぎた。
後で十字だったよねって親に話したら、普通だったと言うのだけど、歩いて布団から出ていったし寝惚けてたとは思えない。
それからも事あるごとに明けの明星を見るのだけど、あんなだったのはそれ切り。



990: 本当にあった怖い名無し 投稿日:2010/02/14(日) 22:10:39 ID:MPLFfjqT0
南十字星に、さそり座か・・




【ヘルプ】俺の町がおかしい。『日本の町が乗っ取られようとしている』

淡々と1999年~のジャンプ短命・糞漫画を年代順に貼ってく

おまえらの夢をわりとマジに教えろください。

同じ作者で世界観がつながっている作品挙げてけろ

吹いた画像を貼るのだ『熱いなっしー!』

2chで見つけた叙述トリックコピペ

【失笑!】思わず吹いた秀逸なレス集合『スズメハチ』

【閲覧注意】人知れない不思議な場所

思わず吹いたレス集『恐竜だせぇwwwwwwwwww』

論理的思考って、どうやって身に着けるの?

【画像】どんな女の子も一瞬でダサくなる方法見つけたwwww

外国で一番やばい心霊スポットってどこ?

嫌われる勇気―――自己啓発の源流「アドラー」の教え
岸見 一郎 古賀 史健
ダイヤモンド社
売り上げランキング: 2