転載元:http://toki.2ch.net/test/read.cgi/occult/1280622406/
意味が分かると怖い画像やコピペくれ
http://blog.livedoor.jp/nwknews/archives/4831050.html
森


2: 本当にあった怖い名無し 投稿日:2010/08/01(日) 10:01:39 ID:hz1WV5gK0
3年前の話。当時、金融屋をやっていたんだけど<裏金>その年の夏。
いつものように追い込みかけに行ったら、親はとっくに消えていたんだけど 子供が2人置いてかれてた。
5歳と3歳。<上は男の子、下は女の子
俺はまだペーペーで、周りの兄さんらと違って顔も怖くなかったらしく
家に行ったときすぐに下の子になつかれた。

ボロボロの服で風呂にも入ってなくて、「いつから親はいないんだ?」って 聞いても答えない。
「何食ってたんだ?」って聞いたら、上の子は下をむいて泣いた。
下の子が「こっち」って手を引いて裏庭に俺をつれていった。破れた金網を通ってでたところは、小学校の裏庭だった。
「あのね、みーちゃんこれ食べたの」って池を指す。嫌な予感がした。

だってさ、その池って金魚がウヨウヨ泳いでるんだよ・・・。
2人を抱きかかえて家に戻ると、テーブルに小さいボウルと茶碗。
「お前ら・・・金魚食ってたのか・・・」って聞いたら「・・・うん」
すっげーやるせなくて涙がでて、俺もその場にいた兄さんらも泣いた。
すぐに兄さんがたくさん食べ物と洋服を買ってきた。近くの銭湯で体を洗ってやった。

その後、俺らじゃどうしようもないから施設に連絡をいれた。
連れていかれる時に「お兄ちゃんありがとう」っていってた。
・・・全然ありがとうじゃねーよ・・・俺たちがお前らの親を追いつめたのに。
俺を含めて何人かは、この後仕事を抜けた。ただ、救われたのは、こいつらの親がきちんと出てきた事だった。



3: 本当にあった怖い名無し 投稿日:2010/08/01(日) 10:48:55 ID:yXWUqO7p0
>>2
2とそのに兄さん達が良い人で良かったな……
そのまま拉致られて、中国辺りに売り飛ばされるかと思ったよ、まぢで



14: 本当にあった怖い名無し 投稿日:2010/08/02(月) 19:25:03 ID:Fq66c62X0
小学校の頃の先生から聞いた話
その先生は、リアル戦中派な人で高松大空襲で焼け出された人だった。その大空襲からまだ数日しか経っていない昼間、その人は高松市内をウロウロしていたらしい。
まあ、空襲の数日後だからそこら中に死体とか体のパーツとかがゴロゴロしてて、先生曰く「すぐに慣れる」ような状態だったそうだ。

んで、とある公園(跡地)にふらっと入ったところ、焼け焦げたベンチの上に黒い手袋をしたままの手首が転がっているのが目に入った
「ああ、またか……」
位の感じで行き過ぎようとしたところ、なんか、ほのかな違和感を感じたそうな。
「あれ?」
と思って、引き返してじーっと見てみてると、手首から先しかないのに、指先がもぞもぞ動いてる。
「ぎゃっ!」と、当然思ったらしいが、まだ真っ昼間、こんな時間に幽霊もクソもないだろうと思った先生は、意を決して蹴っ飛ばしたらしい。

んだら、なんて事はない。
中から大量の蛆と腐りかけた肉と骨が飛び出してきただけ。
「ああ、なんだ、ウジ虫が動いてただけかぁ~」
と思って、安心したそうだ。

と、笑って言い放つ先生が一番怖かった……



15: 本当にあった怖い名無し 投稿日:2010/08/02(月) 19:44:48 ID:Q1CYlWSLP
>>14
一番怖いのは人間なり…か。
慣れって怖いね。
美輪明宏も、長崎の原爆後、誰かが肩にもたれかかってきたと思って振り払ったら、
振り払った衝撃で、もたれかかってきた人の皮がずるっと剥けたとか言ってたし…。
蛆や骨も当たり前だったんだろうねえ。



21: 本当にあった怖い名無し 投稿日:2010/08/03(火) 02:41:02 ID:8qd5As0J0
自分の子供を監禁餓死させた女

「子供たちが出られないようにするため、テープを貼った」
「ご飯も水も与えなければ、生きていけないのは分かっていた」
「6月下旬から1カ月間、一度も部屋に戻らなかった」

ドアが封鎖されると、水一滴飲みに行くことができない
動機は身勝手な「愛人宅への通い」
死亡確認後「夏をたのしまなくっちゃ」みたいなことをブログで書いている

--
怖いよほんと



26: 本当にあった怖い名無し 投稿日:2010/08/03(火) 12:42:48 ID:4UutteKl0
>>21
こういう現実に起こった事件が一番怖いね。

昨日まだ捕まってない未解決事件の指名手配犯の特番やってたんだけどさ、ああいう実際に殺人が起こった現場とかって
不謹慎な話だがやっぱり霊障が起こったりするんだろうか?
ここでも「実は過去に殺人が…」とか「自殺が…」って話が多数書き込まれてるけど、
実際に起こった有名な事件現場でそういういわくつきの物件ってほんとにあるのかな。



27: 本当にあった怖い名無し 投稿日:2010/08/03(火) 13:06:41 ID:I/yeHjRk0
>>26
光市の例の事件あるじゃん?ガキがやった奴
アレの現場、団地らしいんだけど、未だに被害者遺族が借り続けてるのに、当人は住んでいない(=無人)って状況らしいよ
霊障があるのかどうかは知らないけど、近所に住んでる人はたまらん物があるだろうな……



28: 本当にあった怖い名無し 投稿日:2010/08/03(火) 13:24:37 ID:wkitgUqa0
長寿老人がミイラで発見とか行方不明とかの事件もほんのり怖い



29: 本当にあった怖い名無し 投稿日:2010/08/03(火) 13:30:22 ID:WjJI3kLH0
秩父のヘリに続いて報道人も2人死んだ事件は怖かった
水死って聞いたけれど2人揃って水死って



52: 本当にあった怖い名無し 投稿日:2010/08/03(火) 23:46:24 ID:Fwty0PIq0
自分は鋳造工場でバイトしてて溶解炉があって立ち入り禁止になってたが
中子と言われる鋳造物を届けに行って落ちそうになったことありますねw
1000度ですから、それだけは嫌ですよ

あとグラインダーで足をざっくり切って血が吹き出て作業服も血まみれになった
人いました。豪快にやぶれた作業服のズボンから切断した足の骨が出てました
自分は血を見ると倒れる人なんですが、真っ先にタオルで足を縛り自分の車で病院に
連れて行きましたけど
車が血だらけだったすぅ
幸い、足は手術で数カ月後には歩けるようになりました



53: 本当にあった怖い名無し 投稿日:2010/08/03(火) 23:48:30 ID:Fwty0PIq0
>作業服のズボンから切断した足の骨が出てました

ちょっと表現が下手であれですが
切断した足の肉から骨が見えていたということです



54: 本当にあった怖い名無し 投稿日:2010/08/04(水) 00:09:35 ID:WAkJ6XLY0
ものすごく痛そうな恐ろしい話が満載ですね



57: 本当にあった怖い名無し 投稿日:2010/08/04(水) 00:41:32 ID:himD+12j0
私、ミシンで親指まで縫っちゃった事あります。



58: 本当にあった怖い名無し 投稿日:2010/08/04(水) 00:42:11 ID:M7Xwb7Ay0
(;゙゚'ω゚')



59: 本当にあった怖い名無し 投稿日:2010/08/04(水) 01:03:47 ID:D0XJi5og0
以前、親戚の家の庭仕事に来たシルバー人材派遣センターの爺さんが
草刈り機で足をざっくりやっちゃって大変だったそうだ。



63: 本当にあった怖い名無し 投稿日:2010/08/04(水) 02:45:58 ID:CgzEGkpg0
かなり前の話なんだけど。
女友達と女二人だけでシンガポールへ行った。
その時の中国人のガイドが突然
「日本人はシンガポールを侵略して酷いことをした、謝罪しる!」
って言い出して「(゚Д゚)ハァ?」と思ってたら、「これから慰霊塔へ行くからそこで謝罪しろ!」
と言い出した。私はイヤだって言ったんだけど、友達がガイドの中国人に
一目惚れしてて「そうだよねー謝らないとね!」とノリノリ。←大バカ。

連れて行かれた慰霊塔には見るからにアレな中国人が数人がいて、
こっち見ながらガイドと中国語で何か言ってた。
一瞬ダルマの都市伝説が頭をよぎった時、ラッキーなことにインド人が数人通りかかり
喚いてる中国人を追い払ってくれた。
「危なかったね。中国人は信用したらダメ」
他のインド人がタクシーを捕まえてきてくれて、無事ホテルまで帰れた。

御礼を言う私達にインド人が笑顔でカレーパンをくれた。
日本人の女の子が誘拐されるのってこういうのもあるんじゃないのかな。
勿論私はあれから親インド派です。



66: 本当にあった怖い名無し 投稿日:2010/08/04(水) 08:04:43 ID:ql4g0Tzi0
>>63
マジで危なかったな・・・



68: 本当にあった怖い名無し 投稿日:2010/08/04(水) 10:37:43 ID:+YHTY1rb0
>>63
無事で良かったね。
インド人も危ないよ。
事務所らしきものまで作って、汽車のチケット取れない人から詐欺するし。
てか、海外で人を信用したらダメ。



73: 本当にあった怖い名無し 投稿日:2010/08/04(水) 16:58:01 ID:wRT4xZf40
ほんのり怖い思い出だった東京都X島で溺れた時の話~でもする

その島へはフェリーで数時間かけて行くんだが学生時代、合宿で来たことがあったので
泳ぎをかねて夏の思い出めぐりだな
夏も後半20日過ぎての晩夏とあって、宿泊客が俺たち以外いなく少し淋しかった

とこるが、夕方7時ころ女性客がひとりでやってきた
たまたまスレ違って挨拶をしるとクミ子と名乗る明るい女性だった
やはり学生時代、ここの旅館に合宿でお世話になって以来、毎年欠かさずに一人でも来る
という



74: 本当にあった怖い名無し 投稿日:2010/08/04(水) 17:06:30 ID:wRT4xZf40
助平な相棒は俺達の部屋に、クミちゃんをちょこっとだけ呼ぼうとウキウキしてる
当然、警戒されて無視されるだろうと思ったら
ひょっこり部屋に現われた。
いろいろ他愛ない話をして一緒に記念に写真を撮って助平な相棒は住所を聞き出していた

すごい長い時間のように思ったが、気がつくとクミちゃんは部屋にさっさと戻った
ようで部屋にはいなかった

翌朝、起きて朝食が出されてクミちゃんはすでに浜に行ったのかいないので
クミちゃんのことを、旅館の主人に尋ねた。
「珍しいですねえ、こんなとこに一人で来るなんてね!彼女もうこんな朝早くから
海に出てるんですか!」
「・・・ええ・・そうですね」
旅館の主人と何か話がかみ合わない。聞かれるのが迷惑そうなので個人のプライバシーの問題で
躊躇してるんだろうと主人がいなくなるとガツガツ朝食を食った



86: 本当にあった怖い名無し 投稿日:2010/08/04(水) 20:43:17 ID:Ee+Sw3nQ0
386 名前:やめられない名無しさん [sage] 投稿日:2010/08/04(水) 17:29:43 ID:25xaauQb  
そして、昼は海で泳いだんだが泳いでると自分だけ、どんどん流されている(笑)
泳ぎは得意なのに、相棒が遠くに見えたので「オーイ!!ここだ」と手を振ったが
どんどん遠くになっていく

すると水の色が、そこから深い青に変わって水温が急激に冷たくなっている事に気づいた
動転した俺は足が引きつり、身動きできなくなった。
それは誰かが、足を掴んでるかのように足が水中に動かないように固定された
(感触としては白い手がピタッとはりついたような感じ)
どの位の深さだろう・・と引きつった足を伸ばすと足が全く着かない・・
少し先に、大きい渦が見える。ここは太平洋だ。あの渦にだけは巻き込まれたくない

沖から離されすぎてるし何か、もうだめだとあきらめたら急に冷静になった・・
下半身が動かないなら、上半身だけで犬かきで岸まで行こう
そう思って必死で2本の手で波をかきわけた

午後2時過ぎころだったと思う
潮流の流れが変わって、2本の手だけで岸までたどり着いた
顔は顔面蒼白でガクガクしてるので、相棒が爆笑した。自分には何時間もさ迷っているように
感じたからだ
そんな事があったが、無事帰宅した(笑)

ところで、写真を現像したが、どこにもクミちゃんが映ってなかった
確かに一緒に撮ったんだが・相棒はクミちゃんの住所に手紙を送ったが住所不明で帰って来た
何年か経ってその時の自分の写真に、うしろすがたの女性が映ってるのを発見したが
あまりに怖かったので神社に持っていきました



88: 73 投稿日:2010/08/04(水) 21:44:36 ID:wRT4xZf40
以下>>86の通りです
何年か経って、写真が出て来たので懐かしく思い見てると
写真は、3人で撮ったのに自分か相棒どちらかひとりしか映っていない
3人いたなら二人の写真がある筈なのに無い

旅館の部屋は2階なのに、自分の映ってる窓側に女性の顔があるんです・・
有り得ないです・・映ってる顔の形相があまりに普通では無かったので供養して頂きました



87: 本当にあった怖い名無し 投稿日:2010/08/04(水) 21:01:12 ID:sWDUgjbY0
離岸流だね。下手すると死ぬよ、それ



89: 73 投稿日:2010/08/04(水) 21:51:29 ID:wRT4xZf40
写真には2枚映っていました
うしろ姿と自分の横顔の窓でこちらを見ている写真でした



104: 本当にあった怖い名無し 投稿日:2010/08/06(金) 19:08:17 ID:erJqxT2F0
今日の17:30ごろのおはなし

仕事が終わって近くのバス停に向かう途中、少し挙動不審な男の人がいた。
(坊主頭に黒い帽子、白いTシャツにジーパンでスマートな感じ)
その人が俺に気づくと「バッ!」ってこっち向いて、何か恥ずかしいところを見られたような素振りだった。
「何だこの人」と思って素通りしようとしたんだが、何か変なセミの鳴き声が聞こえる。
その時、「ああ、この変な鳴き声出してるセミ探してて、それを見られたと思ったのかな?」と思った。

と思ったら、その鳴き声の発生源はその人の手からだった。(捕まってるせいで変な鳴き声出してた)
その人がぽーいとセミを逃がしたので変な鳴き声は無くなったかと思ったが、まだ聞こえる。
どうも複数捕まえていたらしく、結局最初から数えて 1匹、1匹、3匹?、4匹? くらいの順で
投げるように逃がしてた。

その人虫を取る道具は何ももって無いのに、片手でセミを捕まえながらもう片方の手で
どうやってそんな量のセミを固定してたんだろうっていう ちょっと怖かった



107: 本当にあった怖い名無し 投稿日:2010/08/06(金) 23:50:14 ID:DqTVhbci0
>>104
指の間に1匹ずつ挟んでいたら片手で4匹は確保できますね。
というかその男の人にすごい親近感が。
もしその辺りの木にセミがいっぱい居て、簡単にとれそうで、
一人で暇だったら、アラフォー女だが多分自分も同じ行動しそうだ。
しかし周りの人には挙動不審と思われてしまうのか、そうか・・・orz



105: 本当にあった怖い名無し 投稿日:2010/08/06(金) 19:36:19 ID:E2plmv6e0
蝉は種類にもよるけど、普通に片手で取れますよ
特にクマゼミやアブラゼミは簡単



108: 本当にあった怖い名無し 投稿日:2010/08/07(土) 00:20:30 ID:6ZYLBQQZ0
俺もそういう人は好きだけどね
ただ大量に同時に保有するのは怖い^p^



112: 本当にあった怖い名無し 投稿日:2010/08/08(日) 00:41:04 ID:IQl1Mlih0
とくに怖い話じゃないのでここに書く

去年、家の裏でゴミを燃やした
その時、いろいろその辺のゴミも燃やそうといろいろゴミを物色してたら
バーベキューで使った着火剤の使い残りがあったので、ゴミにポンと放り投げた。
そうしたら、数秒後に火炎放射?!と思われる猛烈な炎が1mとか2m
突然、ビユーっと噴き出し自分の服とか頭に火がついたwww
たまたま、3m位離れてたけど、驚いて腰を抜かしたw
急いで叩いて払ったが髪の全部は焼け、服は焼けて穴があく
服はTシャツとGパンの木綿だったので鎮火は早かったが・・
腕に結構な火傷をしたが、髪はハサミで丁寧に切ってごまかし家族には内緒にした


もうゴミ焼くのは懲りた・・



126: 本当にあった怖い名無し 投稿日:2010/08/08(日) 20:07:50 ID:nZNszLt/0
>>112の存在が洒落怖なんだが

着火剤とかを火にくべたらどうなるかぐらい
小学生なみの知性があれば分かるだろ



118: 本当にあった怖い名無し 投稿日:2010/08/08(日) 02:51:28 ID:R52ysJey0
この前BBQでカセットコンロを使ってた家族がやけどしたってニュースがあったな。
並べて使ってて片方交換しようとしてガスが引火したとかなんとか。
カセットコンロ並べて事故ってのは文化祭でもあるし、皆火というかガスに対して鈍感なのかね。



122: 本当にあった怖い名無し 投稿日:2010/08/08(日) 11:03:25 ID:QTHHVMM10
着火剤って成分メタノールだから、それを袋ごと入れれば膨張して
爆発するのはあたりまえ。入れたところで火力自体は上がらんし。
せめて封を切ってからなら、ただちょっと燃え上がるだけで済んだんだろうね。



152: 本当にあった怖い名無し 投稿日:2010/08/09(月) 14:20:47 ID:JG1eNA4R0
何十年も前の話
あるタクシーの運転手が女性のお客を乗せた
ミラー越しに見えるその女性客はとても美人でタクシーの運転手は一目ぼれ
車内で簡単な会話を交わし、あるアパートの前に来て女性は車を降りた
「ここが私の家なんです。古くて恥ずかしいですが」

その日からタクシーの運転手は暇さえあればその女性のアパートへ行くように
しかし家に行くのは良いがドアベルを押す勇気も無く、まして自分の事など
覚えてるわけがない…と仕方無く諦めて帰ろうとした時ふと鍵穴に気付いた



158: 本当にあった怖い名無し 投稿日:2010/08/09(月) 14:37:33 ID:JG1eNA4R0
続き
毎日毎日いけないと思いつつも鍵穴を覗く
しかし中はいつも真っ赤

その日も鍵穴を覗き、さて帰ろうとした時にその部屋の隣人らしき人が帰ってきた
「その部屋の女性に何か用ですか?」隣人に聞かれたがまさか真実は言えまい
「タクシーの運転手をしているのですが、忘れ物を届けにきたんです。でもこの
女性とても綺麗な人ですよね」
「そうですね、でもその人一つ欠点があって…」
隣人は続けた


「目が赤いんです」



168: 本当にあった怖い名無し 投稿日:2010/08/09(月) 22:36:58 ID:YHRrHGm80
おととし、可愛がってた猫が逝った
病院にも行ったのに
連れてくのが遅かったのか
あの病院に連れてったからか

悲しくて悲しくて自分を責めて涙が止まらなかった
一緒に過ごした8年は何だったんだろう

半年経った頃、猫が夢に出て来た
いろいろ話もした・・
猫は「病院代でお金使わせてすまん。必ず返す」
「猫がどうやってお金返すんだ?んあ?」
金と言っても10万程度だ。
猫「必ず、返す。信じてくり」

そう言って消えた・・・

翌年の去年、知り合いの大金持ちのオッサンに勧められた株を買って
38万儲かった。そのこ会社から優待で美味しい贈答品も来た
猫の恩返しだろうか・・wと思ったり・・



169: 本当にあった怖い名無し 投稿日:2010/08/09(月) 22:48:42 ID:8OzGXq8o0
>>168
>猫「必ず、返す。信じてくり」
ワラタ



171: 本当にあった怖い名無し 投稿日:2010/08/09(月) 23:00:23 ID:9Tthx52/0
>>168
かわいいじゃないか!(`・ω・´)



172: 本当にあった怖い名無し 投稿日:2010/08/09(月) 23:00:29 ID:2tR1GwsTP
>>168
ええ話やなぁW



175: 本当にあった怖い名無し 投稿日:2010/08/10(火) 00:36:27 ID:YPCKm4R80
母親の話。
ある日、飲み会で遅くなった父親を迎えに行くため、深夜に車を走らせることになった。
寒い日のことだ。
いつものようにバックして道路まで出て、前進しようとした瞬間、バックミラーにうつったものが目に入った。

白い寝巻きのようなものを着た人物。
バックミラーをよくよく見たら、入院してるはずの隣の家のじいさん。

家をぐるっと見回してたらしい。
母親は青ざめて、一気に車を走らせた。
気がついたら父が居る場所に着いていた。無我夢中だったらしい。

そのじいさんは数日後に亡くなった。
家が心配で見に来たのではないか…。
生霊ってやつか。



176: 本当にあった怖い名無し 投稿日:2010/08/10(火) 10:13:31 ID:+ov7dM4J0
病院抜け出してきたんじゃないの?



177: 本当にあった怖い名無し 投稿日:2010/08/10(火) 10:34:37 ID:UcnLW0CmP
最期の思い出に一度実家に帰る許可が医師から出たとか。



178: 本当にあった怖い名無し 投稿日:2010/08/10(火) 10:44:28 ID:a4zXEmoH0
単なる徘徊だったが放置されたせいで消耗し死期がはやまった



179: 本当にあった怖い名無し 投稿日:2010/08/10(火) 14:16:01 ID:n6nzIQgu0
現実的だなぁw



180: 本当にあった怖い名無し 投稿日:2010/08/11(水) 00:12:15 ID:0JGQ+Pcn0
175だけど、そのじいさんは危篤状態が続いてたんだよ。
一時退院どころか、意識さえ戻らないような状態。



185: 1/3 投稿日:2010/08/12(木) 02:56:05 ID:WVtceZMbP
先日、大学時代の友人に呼び出され、スタバで会った時の話。

友人は学生の頃からカメラが好きで、フリーのカメラマンとなった今では自宅で現像なんかもしてるらしい。

フリーのカメラマンと言ったら聞こえは良いが、リーマンな俺からするとフリーターみたいなもんで、自分で撮影した景色や芸能人の写真なんかを雑誌社に買ってもらうような感じで、とても定職とは言えない。

そんな友人がスタバで俺に一枚の写真を見せた。



186: 2/3 投稿日:2010/08/12(木) 02:57:33 ID:WVtceZMbP
先日、その友人が自宅にいる時、何かが衝突するような物凄い轟音を聞いたそうだ。
「事故だ!」そう咄嗟に思った友人はカメラを片手に表へ出た。

現場は友人のアパートのすぐ近くの交差点で、電信柱に激突した車の単独事故らしい。
この交差点は事故が1年に1度くらいの頻度で起きるとの事だ。
運転席側のドアがひしゃげ、外からでも運転していた女性の上半身が見えていた。
女性は既に意識は無い模様でハンドルに突っ伏していて顔や表情は見えない。
友人はその事故の光景を数枚角度を変えてカメラに収めた。

誰かが呼んだらしい救急車と警察がやっと到着したが、女性は意識が無く、車内の血らしきものの量から、きっと助からないだろうな、と友人は思ったそうな。



187: 3/3 投稿日:2010/08/12(木) 02:59:35 ID:WVtceZMbP
こんな写真は安くしか売れないだろうと思ったそうだが、自宅に戻った友人は早速現像を開始した。
少しずつ鮮明になる写真を見た友人は、酷く驚いたそうだ。

スタバでそんな話をしながら、友人は1枚の写真を俺に見せた。
不気味な写真だった。車を運転席側の方(側面)から撮影した写真で、運転席の女性が写っていた。
両腕をハンドルにかぶせるような感じでハンドルにもたれかかっているが、その女性の表情だけは睨みつけるようなカメラ目線。

それだけでは無く、友人は他の写真も狭いテーブルの上にひろげた。
全て同じ写真だった。全てのその写真の女性がこちらを睨みつける写真。
気味悪くなり、友人に「何故同じ写真を何枚も現像したのか」と訊ねた。
友人が言うには、同じ写真を現像したつもりは無く、他に色々な写真が(景色とか)収められてたはずのフィルム、
しかし、そのフィルム全てがこの女性の写真にすり変わっていたという事だった。

気味が悪いのでお寺に持って行きたいという話で、一緒についてきて欲しいと言う相談だった。
…俺は変な事に巻き込まれたくなくて、友人の誘いを断った。

以上です。
ちょっと怖かったので投稿しました。



197: 本当にあった怖い名無し 投稿日:2010/08/12(木) 17:43:10 ID:hSpQZZN/0
>>187
現像、自分でやってるのにフィルムを確認しないアナログカメラマンにほんのり



189: 本当にあった怖い名無し 投稿日:2010/08/12(木) 10:58:58 ID:j4a2FZEs0
事故事件現場を携帯で写真とるやつと変わらないからなぁ



195: 本当にあった怖い名無し 投稿日:2010/08/12(木) 15:29:37 ID:PknwRCE30
死ぬところは、偶然でも撮っちゃだめなんだろうな。
おそらく法則発動してる。
多数の死者がいるの事故現場とかはニュース映像でさえ
おかしい雰囲気のときがあるしな。



211: 本当にあった怖い名無し 投稿日:2010/08/13(金) 11:20:57 ID:VgpnBAN/O
越してきたばかりで隣に挨拶に行ったら、隣人は初老の夫婦で犬を飼ってた。
フサフサの可愛い小型犬で名前は太郎(仮名)ちゃん。
「煩さかったら、ごめんなさいね?その時は遠慮なく言って下さい」と言われ、まともな人達だとホッとした。

太郎ちゃんはパワフルだけど、気になる程吠えないし賢いから不満はない。
時々、「コラ、太郎!」「ダメだ、太郎!」「わっ太郎!止めなさい!」とか聞こえてくるけど「太郎ちゃ~ん、可愛いなぁ~」なんても聞こえてくる。
うちも猫を飼ってるから、どこも一緒wって微笑ましく思った。

ある日、外から「止めなさいって言ってるだろ!早く車に乗れ、太郎!」と旦那さんの怒鳴り声が。
いつもよりキツめ。
それに車に乗せるだけなのに数分てこづっている。
「ママも手伝って!」と言ったところで(え、小さいのにそんなに!?)と気になって窓からちょっと外を見た。
夫婦が「太郎」と呼んで車に押し込もうとしていたのは犬の太郎ちゃんじゃなくて、若い男の人だった。

もう「太郎」が怒られたり誉められたりしても微笑ましくは思えない



213: 本当にあった怖い名無し 投稿日:2010/08/13(金) 13:49:27 ID:SQ6BvsyF0
ペットと息子が同じ名前だったんだな。



214: 本当にあった怖い名無し 投稿日:2010/08/13(金) 14:43:47 ID:WHQAszqo0
ペットが息子の太郎
犬は家族



215: 本当にあった怖い名無し 投稿日:2010/08/13(金) 16:02:03 ID:GfzlV7HX0
ほんのりじゃねえ…



235: 本当にあった怖い名無し 投稿日:2010/08/14(土) 12:43:31 ID:LmTc/VvuO
知り合いの女の体験談
愛媛の田舎で一昨年の冬の話
夜11時に仕事が終わり、友達(B)と2人でドライブに出掛けた
1時間くらい走った所にあった公園のベンチで座って喋ってたら、
俺の知り合い(A)がベンチの目の前10メートルくらいで小さな女の子を発見

こちらに向かって手を振ってたらしい
Bに「今の女の子みた?」と確認したらBは見てなくて
振り返るといなくなってたらしい
Bに女の子がいた場所を指さして説明しながらBの方を向くと
AとBの間にその女の子が座ってた
Aは危険を察知し、Bに「全力で車に走れ」と行った
Bには見えてないがとっさに立ち上がり、ベンチの裏手に止めてある車にダッシュ
Bを歩いて追う女の子
追う女の子に対してAが「お前はこっちに来い」と言ったら
物凄い形相で首だけ振り返る女の子
女の子を振り切り車に乗ってBが運転で発信
振り返ると女の子は付いてきているが、車のスピードには追い付かなかった

少し走って最初の信号でブレーキが効かなくなり壁に激突
まぁケガは全くなかったと笑いながら話してたよ
こんなベタな話ほんとにあるんだね



251: 本当にあった怖い名無し 投稿日:2010/08/14(土) 19:41:59 ID:/EciOzxpO
うちの実家周辺がオカルト
クソ田舎なんだけど
定期的に周辺の家の者が集まって、由来がわからずどうしてそこにあるのかもわからない地蔵群にお参りしてお経とか唱えてる
毎回参加してるうちの婆さんに「あの地蔵は何?」って尋ねたら「シラネ」とか言われた
わけもわからんものに念仏唱えてどーすんだ

周辺の家の近くにはそれぞれ一つずつ祠とご神体みたいなものがあるけど
これまた由来がわからん
婆さんが嫁いできた五十年前にはすでにあったらしいけど、十年くらい前に掃除がめんどいからって全部一カ所にまとめた
なんでそこにあるのかもわからないのに動かすなよw



252: 本当にあった怖い名無し 投稿日:2010/08/14(土) 21:21:07 ID:cMaJ1IX0O
>>251適当すぎるw



254: 本当にあった怖い名無し 投稿日:2010/08/14(土) 22:43:11 ID:/EciOzxpO
>>252
まあ祠のご神体に関してはさすがに動かす前に神主さんあたりを呼んでお祓いしてもらったらしい
が、神主さん自身はもちろんそのご神体の由来なんざシラネー
なんか意味のあるもんだったらどうすんの?って気持ちだ。怖いわ。

ガキの頃に見たことあるが、小さな祠だった。中身は丸い石らしい。
同じようなのが近所にいくつもある
五十年そこに住んでる婆さんですら由来を知らん
何なんだろねほんと



253: 本当にあった怖い名無し 投稿日:2010/08/14(土) 21:33:24 ID:twii14lg0
うちの村も青年団が「戸隠様」なんて言って
盆過ぎになると2箇所あるちっさい地蔵の前で
自分たちだけで音頭をとるけど由来はわからん



255: 本当にあった怖い名無し 投稿日:2010/08/14(土) 22:46:28 ID:/3U8bChL0
うちの村ではこんな風習があったな
村の中心に「ヤクシサマ」という建物があった。
入り口に鐘があって鳴らすためのひもがあるんだが
ものすごい大量にぶら下がっている。
色は赤と白で太さや長さがまちまちである。
古いのから新しい物もたくさんある。
よく新しいひもにぶら下がって遠くへ飛んで遊んでいた。

これがなんなのか知ったときはちょっと怖かった。
村の人が亡くなるとひもを増やすのだ。
男は白いひも、女は赤いひもだ。
太さや長さはよく分からなかった。
亡くなるたびに増やすからものすごい数になっていたんだ。
でも、ひもにぶら下がって飛ぶ遊びはやめなかったな。

ほかの場所でもやってるのかと思っていたけど、ないみたいなのね。



256: 本当にあった怖い名無し 投稿日:2010/08/14(土) 22:48:48 ID:CqJ9akkr0
うちの地元であった話。

犬好きのおばさんがガンで亡くなった。
家に帰りたいと言っていたのに、
入院してから一度も家に帰ることなく病院で息を引き取った。
葬儀を終えて火葬場に向かう時、遠回りになるけれど
もう一度だけ家に寄らせてあげようと霊柩車で家の前を通ることにした。
おばさんの家の前には火葬場に行かない人たちが集まって、その車を見送ったんだが
その時、人の列の後ろから号泣する声が聞こえてきた。
あまりの泣き声に、いったい誰が泣いているのかと振り返ったら
おばさんが飼っていた犬が地面に突っ伏して
涙を流しながら、おいおいと泣いていたんだって。

その犬はおばさんの初七日に死んでしまい、
今は一緒にお墓に入れてもらっているみたい。
犬が涙を流すのも、あんな声で泣くのも異常なことだったけど
地元ではおばさんが可愛がっていたからな―で納得しているようだ。



262: 本当にあった怖い名無し 投稿日:2010/08/15(日) 02:35:19 ID:yRzuO5hBO
>>256
犬は匂いで飼い主が死んだ事わかるみたいだね。
うちは、逆に父親死んだ時、家に寄らないで直接お寺さん持って行ったから、飼い犬は、かなり長い間、戸を開けたりすると、物凄い勢いで走ってきた。
それまで、割と飼い主に無関心な犬だったのに、父親が帰ってこないことがそれはそれでショックだったみたい。



267: 本当にあった怖い名無し 投稿日:2010/08/15(日) 08:58:20 ID:uDeLiW/h0
怖いというか、オチも何もない、不思議な話。

一昨年の11月の中頃だったと思う。
その時丁度受験で、夜中まで勉強していた。
で、深夜の1時を過ぎたくらいだったかな。

庭の方でチョキン、チョキンってハサミで何かを切るような音が聞こえた。
その音が十分近く続いて、お隣さんが庭の手入れしてるんだとか、
なんかそう言う鳴き声の虫がいるんだとか自分に言い聞かせてた。
でもやっぱなんか不気味で、確かめるのも怖いからさっさと寝た。
翌朝庭を見てみたら、自分の家の植え込みの葉が切り落とされてた。

その次の夜にもその音が聞こえて、
今度は花壇の花が首(?)から十本ぐらい切られてた。
で、二、三日ぐらいそう言ったことが続いて、
ある晩急にガリガリガリ!って何かを削るような音が聞こえた。
次の日見てみたら、庭に生えてる木に刃物で削られたような傷が
いくつもついてた。

これはおかしい、警察呼ぼうか、というところでそれはピタッと止んだ。
ご近所さんに聞いてみたら、
同じ様な被害にあったというお宅が他にも二件…。

悪戯だろうけど、なんかすごく怖かった。
板違いだったらごめん。



282: 本当にあった怖い名無し 投稿日:2010/08/16(月) 01:17:46 ID:7AOf57ScO
携帯から投下。初投稿なので読みにくかったらすみません
友人から聞いた話です
実際に大阪であった事件でニュースにもなったんだけど、知ってる人いるかな?

友人(以下M)は車やバイクが大好き。類友と言うのか、周りもそういう人が多いみたいだった。
ある日Mの友人のSが事故をおこし愛車のソーラが壊れてしまった。
修理に出したいものの金銭的に余裕のなかったSは、Mに
「どっかにいらんソーラないかな?」と聞いた
Mはそれを聞いて、とある場所にずっと放置されているソーラを思い出した。
「それやったら○○にあったで。ずっと放置されとるしあれやったら大丈夫やろ。」と教えた

Sは後日その場所に行って放置されたソーラから必要なパーツを拝借し、愛車の修理をした。

続きます



283: 本当にあった怖い名無し 投稿日:2010/08/16(月) 01:19:29 ID:7AOf57ScO
続き

それから暫くしてMが友人達と集まっているとき、変な話を聞いた
皆、口を揃えて
「Sの車の助手席に女が乗っていた」と言う
それだけ聞くと別に変な話ではない。彼女でも乗せていたんだろうと思う程度だ
Mが言い返していると、ちょうどSが近くを通った。車の助手席には女が乗っている

その時、友人の一人が言った
「追いかけてみればわかる。」

すぐさまMはバイクでSの車を追った。
Sがそれに気付き車を停車させ窓を開ける
「Mくん!どうかしたんすか?」
助手席を確認したが誰も乗っていない
「お前、さっき助手席に女の子乗せてへんかった?」

それを聞いたSは冗談だと思ったらしく、やめてくださいよ~と笑うだけだった。

続きます



284: 本当にあった怖い名無し 投稿日:2010/08/16(月) 01:23:40 ID:7AOf57ScO
続き

それからまた暫くたったある日、Sの車に乗っていた友人(以下A)が怪我をした。
幸い大怪我ではなかったらしいが、怪我の原因がおかしかった。

Aに聞いた話はこうだ。
その日SとAの二人は、遊びに行こうと他愛のない会話をしながら車を走らせていた
助手席に乗っていたAが前を見ていると、ふと異変に気が付いた
フロントガラスの上から何か長いものが垂れてきている
「え?何だこれ?」
そう思って固まっていると徐々に上から、それは姿を現した
女だった。女の顔が逆さに、頭から血を流し鼻から上の半分だけ出してこちらを見ている

女と目が合った瞬間、Aは凄まじい恐怖に襲われた。その場にいるのが耐えられなかった
叫びながら助手席のドアを開け、走行中の車から飛び降りたらしい

すみませんもう少し続きます



285: 本当にあった怖い名無し 投稿日:2010/08/16(月) 01:29:33 ID:7AOf57ScO
最後

事故から数日後、Mの携帯にAから一本の電話があった
「テレビ!テレビつけろ!ニュース!!」
電話をかけてきたAは酷く慌てていた。
電話をしながら何だろうとテレビをつけると、Aが言っているであろうニュースが流れている
その映像を見てMは固まった
あの放置されていたソーラがある場所が写っている
殺害された女性の死体が車のトランクから発見されたという
Sがパーツを盗んだ日、既に殺された女性はあそこにいたのだ

そしてその事件がニュースになった数日後、Sは大事故をおこした
だが不思議なことに破損していたのは、あのソーラから盗んでいたパーツ数個だけだった


おわり
長文乱文失礼しました



385: 本当にあった怖い名無し 投稿日:2010/08/20(金) 18:48:58 ID:xgijd7lkO
うちの実家はとある田舎の本家なんだけど、うちを一番南にして後ろを従えるようにして分家が点在してる。


で、その分家なんだけど、元々の分家自体の土地から本家に近づく形で家を建て直すと不幸になるって言われてる。


元の土地から後ろにするのは大丈夫らしい。


近年、言い伝えを破って本家に近づく形で家を建て直した2つの家族が一家離散と、1人精神を病んだ娘を残して両親が亡くなった。

ちょっとびびった。



397: 本当にあった怖い名無し 投稿日:2010/08/21(土) 06:22:57 ID:MnJ0I5Kq0
ゲーセンでバイトしてた時
終了後、メダルコーナーの椅子を上げてた
照明はほとんどない
ゲームの光の方が強いくらい

半分くらい椅子を上げたくらいで
奥の真っ暗なポーカーゲーム機のところからガガガって音がした
パイプ椅子を床に引きずる音
なんぞ?と思って見たら凄い勢いでパイプ椅子がコッチにやってくる
え?と思ってると2mくらい離れたところで止まった

僕は大きな声を出したかったが、そうしちゃ駄目なような気がして
ゆっくりとメダルコーナーから逃げて先輩のところへ行った

先輩が言うには黒い影がよく目撃される場所との事
でも椅子が動いたというのは初耳だったそうだ



398: 本当にあった怖い名無し 投稿日:2010/08/21(土) 06:33:19 ID:MnJ0I5Kq0
トレーニングジムでバイトしてた時
終わったあと、薄暗い証明の中、先輩とジムを歩いていた
色んなトレーニング器具が並んでいる

突然器具がガシャガシャ動き始めた
呆然と見つめる
座った状態で腕を上げて棒をつかんで下に引っ張る器具
当然オモリがあるので棒が下がるには結構力が要る
なのに結構な勢いでガシャガシャ
しばらく見てると止まった

「先輩見ました?」と聞いたら「見た」と
良かった見間違えじゃないんだ
器具に近づいて見るも、どう見ても勝手に動くようなシロモノじゃない
「幽霊がウェイトトレーニングすんの?」
と少し笑った

他の人に話したが別にここで幽霊を見たという話は聞かないそうだ
一人で見てたら間違いなく見間違いとして処理されただろうな



400: 本当にあった怖い名無し 投稿日:2010/08/21(土) 08:45:15 ID:YZfCDF+r0
397-398
あんたが超能力者ってことはないの



401: 本当にあった怖い名無し 投稿日:2010/08/21(土) 13:36:56 ID:LIlw5BKFO
父の友人で元銀行員の方、もう故人なんですが、名前はここでは藤木さんとしときます
この話は藤木さんがまだ銀行員になって三年目くらいのころの話なんですが
その年の前の年に、有名な大手証券会社が破綻しまして、それからというもの金融機関の破綻が相次いでいたんですよね
不況の波は、藤木さんの勤めていた銀行にも押し寄せました
経営の苦しくなった銀行がすることと言えば、貸し渋りや貸しはがしですよ
貸しはがしや資金の強制的な回収の様な気分の悪い仕事は、藤木さんの様な若手の行員にやらせてたそうです
その年の夏、藤木さんは地元のある自営業の魚屋からの貸しはがしを命ぜられました
その魚屋の主人、仮に玉井さんとしますが、彼は近所でもとても評判が良かったそうです
店先ではいつも威勢が良くて、「まいど、500万円のお釣りだよ!」なんて言ってね



402: 本当にあった怖い名無し 投稿日:2010/08/21(土) 13:38:15 ID:LIlw5BKFO
歳は40になるかならないかだ、まだ充分元気なものですよ
ただ流石に藤木さんが貸しはがしの話を持っていったときばかりは、顔も真っ青になって目も宙を泳いでたそうです
ただ最後に玉井さんは「若いのにそんな話、辛かったろうな」と声をかけてくれました
また「上司だからっておかしな命令された時には、肩引っ掴んで引き倒すぐらいの強さ持てよ」とも言ってくれました

それで藤木さんが貸しはがしの話をした3日後に、玉井さんは自室の窓や戸をガムテープで密閉して、練炭自殺をしました
藤木さんは銀行の代表ということで、玉井さんの葬儀に出向いたそうですが、遺族に追い返されました
「何しに来た、人殺し」と罵られ、突き飛ばされたといいます
藤木さんは雨の降る中、傘もささずに泣きながら歩いて銀行に戻りました



403: 本当にあった怖い名無し 投稿日:2010/08/21(土) 13:39:55 ID:LIlw5BKFO
銀行に戻りそのことを上司の田村さん(仮名)に報告すると、田村さんは一言「そう、わかった」とだけ言ったそうです
藤木さん田村さん共々頭を下げ、何とか焼香を許されたのは葬儀から20日以上が過ぎたころでした
遺族の方々の目は冷たかったそうですが、座敷に上がらせてもらい、仏壇の前で手を合わせました

その帰り道、藤木さんが運転する車の中で田村さんがおかしな事を言ったそうです
「手を合わせてる時にな、誰かに右肩を掴まれた気がしてな。何だか気味が悪くてほとんど集中できなかったよ」
田村さんというのは若いころには進んで貸しはがしをやってた人で、とても神経の太い人だったそうです

その田村さんが不安そうな顔をしたのを、初めて藤木さんは目にしたんです
その2週間以上後、田村さんが練炭自殺をしたそうですが、丁度その日は、玉井さんの四十九日でした
藤木さんは直感的に「玉井さんに連れていかれたのか」と思ったんですが、不思議と自分は心配ないだろうとも感じたそうです

そういうことがあったからではないんですが、やはり似たような嫌な仕事が続きましてね
とうとう藤木さんは体調を崩して、銀行を退職しました
それでしばらくは今で言うフリーターみたいなことをしてたんですが、結局新聞社に勤めることになりました

と、ここまでが藤木さんから聞いた話なんですが、藤木さん、昨年の冬に自殺したんです。練炭ではなかったですがね
遺書には「色んな会社や商店にとどめを刺すようなことをしてきた報いだ」、というようなことが書いてあったと遺族からききました
玉井さんに、詫びに行ったりしてるんでしょうかね



404: 本当にあった怖い名無し 投稿日:2010/08/21(土) 13:55:17 ID:fBXk8EX10
貸しはがしはイヤな仕事だろうなあ
知り合いが、大卒後、今はもうない銀行に勤めたのだが
しきりに「忙しい」を連発するので
「いいじゃないか。おまえがうまいこと融資の稟議書作って通れば、どっかの会社の
親父さんとその家族、従業員とその家族が、とりあえず助かるんだろ?」
というと
「当たり前じゃないですか!そうじゃなけりゃ、何日も職場に泊り込んだりしません!」
ああ、立派な仕事だな、燃えてるな、と思っていたのに、銀行なくなっちゃって
そいつも音信不通になっちゃって



405: 本当にあった怖い名無し 投稿日:2010/08/21(土) 15:37:53 ID:VOe9wQD5O
私の彼も銀行員で会社相手に融資している立場だから、上のレス読んで融資する方も胸が痛んだり神経使ったり大変なんだなと改めて思った。
スレチな感想でごめん。



428: 本当にあった怖い名無し 投稿日:2010/08/22(日) 02:43:08 ID:Y9syyOjUO
今寝る前に思い出した俺の体験を1つ。

交通事故で首の神経が切れかかり、救急に運ばれた時は右手右足が動かなかった。
直ぐに脳外科へ転院して、ほぼ毎日高酸素カプセルだっけ、そこに入れられる日々。
で、ある程度動ける様になってきたらタバコが吸いたくなって、昼間に一階の喫煙所を同部屋の方から教えてもらい行く事に。

行くと換気扇が回ってるだけなのにやたら寒い。そして入って右側の長椅子には誰も座っておらず、他の席にみんな窮屈そうに座ってタバコ吸って雑談してた。
(なんだこれ?)と思いながら、他の人に挨拶してその空いてる長椅子に座ろうとしたら、長く入院してると思わしきおじさんが
「そっちに座らない方がいいよ。みんなイタイ目にあってるから」と。

でも席は空いてなかったし、タバコを吸う時間立っているのもまだしんどい状態だった&意味を理解してなかったので
「少し吸ったら戻ります」と言って、その長椅子に座った。
と同時に背中から物凄い悪寒と鳥肌。

は?と思って、これはよくわからないけどまずいと感じ、急いでタバコ吸って立ち上がろうと腰をあげかけた瞬間、誰かに両足首を強く掴まれた。
その手が氷みたいに冷たい。

ビックリして他の人を見渡すと、みんな顔が強ばってる。
ヤバいと思って立ち上がった瞬間、物凄い勢いでその「手」に引っ張られ、前にあった縦長の灰皿に顔を強打。
そのままグイグイと長椅子の下の隙間へ引っ張られていく。
もう声も出ない。

その時他の椅子に座っていた人数人がかりで俺の腕を掴んで思いっきり引き上げてくれた。
長く入院してるらしきそのおじさんは「だから座んなっつったべ。君の座った壁の向こうは昔霊安室だったんだ。」

一階に普通霊安室はないだろうと思ったが、昔の事は分からないし喫煙所から出て隣を見ても壁だけだった。

そのあとガクブルで病室に戻ったらナースが丁度薬を持ってきたんだけど、顔に出来た傷と夏だったからタオルケットで足が隠れてなくて、足が出ていたのを見られて「喫煙所に行ったでしょ!だめですよ!」と怒られた。

何故分かったんだろうと思い、ふと足を見たら両足首に内出血した手形がついてた。

それから退院するまで二度と喫煙所には行かなかった。



430: 本当にあった怖い名無し 投稿日:2010/08/22(日) 13:21:06 ID:VEq7ieZvO
信じるか信じないかはあなた次第



432: 本当にあった怖い名無し 投稿日:2010/08/22(日) 13:54:30 ID:y+gONXpT0
緊急の場合は、科関係なく、空いてるベッドに寝かされるからね
骨折は多分事故だったんでしょう

おれも尿管結石が腸閉塞を併発して、救急車で運ばれた時は放射線科に寝かされた



439: 本当にあった怖い名無し 投稿日:2010/08/22(日) 23:02:46 ID:cJYVdpOY0
長くなるかもしれないけど、最近俺が体験した話を書いてみようと思います。

つい昨日の話です。バイトが終わって帰宅したんですが、友人から電話が来て、
夏だし納涼も兼ねてどっか行こうと誘われました。俺の自宅は田舎なもので、近くに山があって、車で10分も走れば山中のダムに行けるんです。
友人も車を持っていたので、現地で落ち合うことにして、俺はダムに向かいました

そのダムというのは鬱蒼とした針葉樹林の中の悪路を縫う様に通っている道の先に有る、地元民にも余り知られていない物で、人なんか立ち入らない「肝試し」にはうってつけの場所です。

時刻は00:00。俺は山中の林道を走らせていたんですが、いかんせん滅多に来ないと言うのと、夜と言うこともあって、道を間違えてしまったのです。

Uターンできる所まで進んで、引き返して下っていたんですが、いきなり車のハイビームの前に人影が映し出されたのです。(疲れていたし見間違いかも知れませんが)

慌てて避けようとハンドルを左の切ったら、道が右にカーブしていて、しかも左側は落差7mはあろうかという崖でした。(事故後の検証で正確には7.6m)



440: 本当にあった怖い名無し 投稿日:2010/08/22(日) 23:03:28 ID:cJYVdpOY0
落下した車のからライトと発煙筒、携帯を持ち出して電波を探して彷徨いました。本当は待つべきなんでしょうが、その時はとにかく連絡しなければ!
と思って、深夜の山中のを彷徨い、何とか一本立ったので、父に電話。
すると、「ァァァァァァァァァ」
聞いた瞬間固まってしまって、読経だと気付くのに暫くかかりました。
急いで切って、またあの声を聞くのが怖かった俺は、何をトチ狂ったか、モ◯ゲーの日記に「今置かれてる現状、住所、本名」を書いて連絡してもらえるようにと投稿してしまいました www
今思うと相当アフォですが。

何とか更に電波がもう一本入る所を見つけた俺は背に腹は変えられぬと110に通報。

ハンズフリーのマイクロフォン耳に付けてケータイ掲げながら、必死に現在地を説明。

5時間立ってやっと保護されました。
人間の慣れって怖いもんで、二時間もすると余裕が出て来て、バイト先の店長に「今遭難してるんで、明日のバイト休みます」なんて電話かけられる位でしたねwww

で、下山して詳しく事情説明。すると幾つか不審点が。
1.俺を誘った友人と連絡が取れない。
2.事故ってから直ぐに車を離れたのに(事故地点から2キロは離れてしまっていたらしい)、捜索隊が事故車を発見する直前までクラクションが聞こえていた。(俺には聞こえなかった)
3.あの時間に近隣を歩いていた人間は居ない

取り合えず単独の事故ってことで免停にはならないらしいです。担当の交通課の警察官がめっちゃ良い人でいろいろ良くしてもらいました。

今日病院いって来たので、明日警察で事情聴取受けて来ます。

気を落ち着ける意味も込めて投稿しましたが、長々と駄文を綴ってしまい、申し訳ありませんでした。



467: 本当にあった怖い名無し 投稿日:2010/08/25(水) 02:14:40 ID:G7+PfYin0
怖いテレビ番組を見た後、
少しの物音にもびくびくしながら風呂に入っていた。
頭を洗っている時だった。膝に「ポタッ」と何かが落ちた。血だ。
即座に、血だらけの女が天井からのぞいている映像が頭に浮かんだ。
私は、硬直したまま正面の鏡を見た。
鼻から血を垂らした女がこっちを見ていた。



468: 本当にあった怖い名無し 投稿日:2010/08/25(水) 03:04:15 ID:16Fq+JII0
自分だったと



475: 本当にあった怖い名無し 投稿日:2010/08/25(水) 23:34:28 ID:EDdoF8qRO
20世帯が住める独身向けワンルームマンションに住んでたが
自分以外に誰も住んでいなかった事を知った時は最高に怖かった。
水道の検針に来たおばちゃんが親切にも教えてくれたからわかったんだが。
確かに向かいの部屋と下の部屋は引っ越しの挨拶しに行った時は留守だったが。
何でも俺の部屋の上の上の部屋にあたる5階の部屋で
サラリーマンが自殺したか殺されたかしたみたいで、みんな気味悪がって出てった後に
ノコノコと引っ越してきたのが俺らしい。

たださ、夜寝てる時に誰かが階段を上る足音や部屋のドアを閉める音を何度も聞いてるんだよね。
だから自分以外誰も住んでないなんて思いも寄らなかった。
いつも帰宅は23時を過ぎてたから、あんまりに気にしてなかったけど、
言われてみるとどの部屋もいつも夜は真っ暗だったな。
試しに日曜の20時に外からマンション見たら俺の部屋しか電気ついてなかった。



480: 本当にあった怖い名無し 投稿日:2010/08/26(木) 06:23:06 ID:r39hum9c0
>>475
なにそれこわい



482: 本当にあった怖い名無し 投稿日:2010/08/26(木) 13:34:22 ID:OBm+J4cU0
>>475
住んでないだけで、物置として借りてる人はいるかもよ。
そんな状況なら格安だろうし。



483: 本当にあった怖い名無し 投稿日:2010/08/27(金) 07:22:50 ID:mWzm8JOt0
>>475
隣とかに気使わなくていいからラッキーじゃない?



478: 本当にあった怖い名無し 投稿日:2010/08/26(木) 01:44:35 ID:JgP1RfK00
まぁ実は既に沢山住んでたりするんだろがな。
もちろん家賃を払わなくていい人たちが・・・



488: 本当にあった怖い名無し 投稿日:2010/08/27(金) 19:06:11 ID:GCwu6s100
不動産管理の仕事をしています。
上司が独立し、同様に管理の仕事をしていますが、順調に管理戸数も増え一人では回らない業務量になってきたとのこと、私にお呼びがかかりました。
管理戸数激増の原因となったのが、都内某区にある、2LDK~3LDK間取りの居室が合計80戸もある物件が管理物件に加わったため。

このマンションは、合計2棟で成り立っていますが、いずれも2階建。
わかる人にはわかると思いますが、ものすごい広さの土地を利用して贅沢に造られたマンションです。
中庭とか、すごいつくりの。
駅から近いわけでもないですが、戸数分の駐車場も完備しており、需要も相当にあると予想できるマンション。
しかし、現況の稼働率を聞いてびっくり。
なんと、2割稼動とのこと。(15~6戸しか入居してない!)

この空室を安価に借り上げ、がっつり差額を取得できれば、私一人分の食い扶持など難なく稼げるであろう物件。
でも、なんでこんなに稼働率が低いのか・・・?
元上司に尋ねてみると、あっさり答えが返ってきました。

このマンションは、元々人間不信の塊のような地主さんが、平成の初めごろ贅を凝らしてたてたマンションだそうです。
新築、ハイグレード、バブル恩恵の直射を受けていた季節。
難なく満室となった2棟のマンションでしたが、その1年後、マンションの一室で新婚の奥さんが夫を刺し殺すという殺人事件が・・・

元々人間不信だったオーナー(地主)は、その事件でさらに深く自分の殻にこもってしまい、以降物件はなされるがままの状態になっていたとのこと。
磨けば光るこんな物件を見つけた元上司はさすがですが、採用条件をつぶさに確認するにつけ、「事務所がこのマンションの一室」であることがわかりました。

そう。
事件のおきた、あの部屋です。

私の転職後最初の仕事は
「約20年前の事件以来、警察の調査(捜査?)のあと、誰一人入った事がない部屋の原状回復工事」
になりそうです。

20年という月日は、部屋に何を住まわせてしまっているのか…
いまは、この転職を成功させることで頭がいっぱいです。



489: 本当にあった怖い名無し 投稿日:2010/08/27(金) 19:39:43 ID:+QOEpi32O
>>488
独立した上司があなたに声をかけてきた理由は
「80戸あるマンションが管理物件に加わり業務量が増えたため」
としているが、実際の稼働率は2割程度というなら、そこまで業務量は増えないのではないか。

また、殺人事件の起こった部屋を事務所としているのに
事件以後誰も入った事がなく、現状回復工事が必要という事は、
上司はそれまで一体どこで仕事をしていたのか。

そういう意味でほんのり怖いですね。



490: 本当にあった怖い名無し 投稿日:2010/08/27(金) 19:43:12 ID:GCwu6s100
>>489
空室の原状回復、新規募集も仕事です。
現在、元上司は自宅をSOHOとして利用中。

例の部屋は、ほぼ私一人の事務所になる予定w



493: 本当にあった怖い名無し 投稿日:2010/08/27(金) 21:56:32 ID:pcrTTbcK0
>>488
あんたが一人目ではない可能性も・・・



491: 本当にあった怖い名無し 投稿日:2010/08/27(金) 20:05:07 ID:8TnJKbHL0
つまりあれか
人身御供というやつか



498: 1/2 投稿日:2010/08/28(土) 18:03:49 ID:JafYwEdg0
近所に大きな古墳がある。
当然立ち入り禁止なんだけど、見張る人なんていないから
子供の頃は友達と内緒で入って遊んだり、まわりのお堀で魚釣りなんかしてた。

ある日、古墳で土器に破片を拾ったという同級生がいて、
クラスのちょっとしたヒーローになってた。
それを見た俺は自分も欲しいという思いと、俺もヒーローになりたいという考えから
軽い気持ちで古墳で土器を探しにいった。今思えば本当に馬鹿なガキだったと思う。

古墳につき、さっそく古墳に繋がる橋を渡り、古墳に入る。
といっても本当に中に入る訳でなく、
土が詰まれ、木がたくさん生えた古墳の上を歩くだけである。
いつもは友達と来ていたが、クラスのヒーローになりたいと考える俺は、
その時たった一人で来ていた。
友達と来た時と違い、一人でいる事の不安感も覚えたが、
まだ周りは明るい時間帯だったので構わず古墳を散策した。

しかし、まだまだ子供だった俺は散策始めて暫くたつとすぐに飽き始めた。
まわりは歩きにくいし、肝心の土器がまったく見つからないからだ。
そこで俺は罰当たりな事に、古墳の地面を近くにあった木の枝で堀り始めたのである。
地面の下には土器が沢山埋まっていると考えていたし、
そこが昔の人の墓なんて知らなかったかのだ。
だけど木の枝で掘れる地面なんてほんの少しであり、土器は見つからなかった。



499: 2/2 投稿日:2010/08/28(土) 18:06:47 ID:JafYwEdg0
ふと見上げると日が赤い、もう夕方になっていたのか、仕方ないもう帰ろうと思い
腰を上げると、木々の間に何かがいることに気付いた。
それは夕日の逆光で影になっており良く見えなかったが、人型である事がわかる
一瞬、同じ様に土器を探しにきた子供かと思ったが、
その影はあきらかに大人のものだった。
俺はヤバイ、古墳に入った俺を大人が捕まえに来たんだと思って、すぐに逃げ出した。

逃げ出すと言っても、まわりは木ばかりだし歩きにくい地面である。
このままだと捕まるんじゃないかと振り向くと、
影はこちらに向かって来ており、やはり自分を追ってきているようだった。
しかしおかしな事に気付く、影の動き方が非常にフラフラしており
子供の俺でも逃げ出せるくらいにゆっくりとした速さで、こちらに向かってきているのである
何してるんだあいつ、と俺は思ったが、そこでさらにおかしい事に気付いた。
逃げ出した結果、今は夕日が古墳で隠れている場所に立っている。
だというのに影が影の姿のままなのだ。

そこでやっと影が人間でない事がわかった。
なんだあれ!そう思うと同時に俺は古墳の堀を渡る橋へと走った。
アレに捕まりたくない、早く逃げないと、走りにくい、でも逃げないと
必死に走り、橋を見つけ、堀を渡たる。
影はどうなってる、そう思い振り向くと影は橋を渡れないようでそこでフラフラしている。
俺はそのまま家へと走って逃げだしたのだった。

今思い出してみると、罰当たりな事をしていた俺に
何かが罰を当てに来たんじゃないかなんて考えてる。
古墳は千年以上の歴史を持った墓であり、
そういった不思議な存在がいてもおかしくないんじゃないかと。



500: 本当にあった怖い名無し 投稿日:2010/08/28(土) 18:07:28 ID:JafYwEdg0
ただちょっと怖い事がある。
最近、窓から外を見ると古墳と俺の家の間にある家の屋根に
人影の様な物が見える時があるのだ。
雨や夜、よく周り風景が見えない時に見えるので気のせいじゃないかと思ってるのだが。
アイツ、俺を探してるのかな。



522: 本当にあった怖い名無し 投稿日:2010/08/29(日) 22:20:40 ID:9NJ6V+5H0
誰かに聞いてもらいたくて投下します。
文章下手なので、読み辛いかもしれません。すみません。

日雇いのバイトで、モデルルームの受付をした。
やることは、入口での受付・初めて来場したお客様にアンケートを書いてもらう・お茶出し・
子供がいたらビデオ見せたりする。そして最後に、お客様が帰ったらコロコロでモデルルームの
絨毯を均す。絨毯って少し歩いただけで足跡つくからね。

で、ある夫婦が見終わった後、コロコロ持ってモデルに入った。
そしたら、何でか大人の足跡に混ざって、明らかに小さい足跡がある。
しかも、大人の足跡は入口付近だけなのに、小さいのは部屋中に。
その時は『子連れだったかなー』とか思いながら(子供がいたらお茶じゃなくてジュース出すけど、
出した覚えなかった)コロコロで均して部屋を出た。

でも、次に入った年配のご夫婦の後にも、小さい足跡があった。
子供って足跡付けるの面白がるよね?そんなノリで、部屋中に執拗に。
ベッドルームだけで、もう一部屋絨毯を敷いてる書斎には何もなかった。
0感だし、別に金縛りも寒気もなかったんだけど、ベッドとベッドの狭い間にも、執拗についてる
足跡にほんのりした。
棟外モデルで、誰も住まずに取り壊す場所なのにこういうの出るんだな。



523: 本当にあった怖い名無し 投稿日:2010/08/29(日) 22:24:44 ID:ezdm9he40
いいほんのり



524: 本当にあった怖い名無し 投稿日:2010/08/30(月) 18:52:01 ID:Srg6y9EL0
座敷わらしだよ(なんてな)
そのモデルルームのマンション完売
してそう



525: 1/3 投稿日:2010/08/30(月) 20:22:53 ID:vyBb1ZWk0
俺は中学生の頃、くだらないことをやらかしては、よく先生から指導室に呼ばれて怒られていました。
その日も、友達数人と指導室に呼ばれていました。
この話は、その時に怒り終わった先生が俺たちにしてくれた昔話です。

先生がまだ大学生だった頃、友人たち数人と東北へ旅行に出かけたそうです。
旅の目的のひとつは、恐山のイタコは本当に霊を降ろせるのか試してみよう、
というものでした。
先生を含め、皆が幽霊や霊魂といった類のものを信じておらず、
「どうせ嘘に決まっている」
「せっかくだから、嘘を見破ってやろう」
などと考え、悪だくみをし始めたそうです。

それは先生の友人(以下A)が死んだ事にして、Aは別の場所で待機しておく。
イタコがAの霊を降ろしたところで、Aをその場に登場させ、
「実はAは死んでません!!」とバラす、というものだったらしいんです。
作戦通りにイタコの元を訪ね、先生の友人の一人がAの彼女役ということで、イタコに
「どうしても去年死んでしまった彼氏に合わせて欲しい」
とお願いをしたそうです。



526: 2/3 投稿日:2010/08/30(月) 20:23:34 ID:vyBb1ZWk0
すると、イタコは降霊の儀式を始め、ポツリ、ポツリと話し始めたそうです。
「苦しい、助けてくれ、息が出来ない……」
先生たちは笑いを堪えつつ、その様子を見ていたそうです。
それでもイタコはさらに続け、最後に、
「こんなことなら、本当に付き合いたかった」
と言って終わったそうです。

そこへ、生きているAが登場、となる筈だったのですが、いくら待ってもAがやってきません。
最初の予定では、時間を見計らって建物の中に入ってくる予定だったため、降霊が終わる頃には、
建物の近くで待機しているはずだったのです。
不思議に思った先生たちは、とりあえずその場を終わりにして、Aを探しに行ったそうです。
しかし、その後しばらく辺りを探したそうですが結局Aは見つからず、
警察へも届け出て捜索してもらうことになったそうです。
そして次の日、イタコに降霊の儀式をしてもらった場所から少し離れた川で、
水死体となって発見されたそうです。



527: 3/3 投稿日:2010/08/30(月) 20:24:15 ID:vyBb1ZWk0
これは後日わかった事だそうですが、Aの死亡時刻は、
ちょうど先生たちが降霊の儀式を受けていた時間だったらしいです。
どうしてAがわざわざ離れた川まで行ったのか、泳ぎの得意なAがそこまで深いわけでもなく、
流れも穏やかな川で溺れたのか、不明な点は多かったらしいのですが、結局は事故死として扱われたそうです。

先生たちは、誰もがあんなバカな事をしてしまった自分たちの行動を恥じたそうです。
Aの両親には、その事を話そうとも思ったらしいのですが、ひとり息子のAを亡くし悲しんでいる両親を前にして、
とても話すことはできなかったらしいです。
そして先生たちはこの話は、自分たちの中でもタブーとし、今まで誰にも話さなかったらしいです。
「もう、十年以上前の事だけど、今でも後悔しているよ」
そう先生は言い、最後に、
「神様とか幽霊をバカにするような遊びだけはやらないでくれよ」
そう、厳しくも悲しそうな目で俺たちを見ながら言いました。
俺たちは全員心の底から反省して、それ以降は勝手に神社の境内に忍び込むとか、
深夜に肝試しと称して近くの心霊スポット巡りをすることはなくなりました。


おわり



530: 本当にあった怖い名無し 投稿日:2010/08/30(月) 20:59:59 ID:HP5PLZFw0
ほんのり怖い話と言えば
出会い系でポイントが切れた後の
サクラの執拗なメールに恐怖を覚えた事はある



553: 本当にあった怖い名無し 投稿日:2010/08/31(火) 19:56:12 ID:xqJyEwVp0
俺も何処に書こうか悩んだ末、ここに書く事にした
彼女が某カフェで働いてんだけどその配属先が高級住宅地と云う事もあって
ティータイムには若奥様達がテラスを占領するらしい
子供の幼稚園の帰りにここに寄って茶しばくのが日課な彼女達(6人程)が
ある時を境に、ぱったり店に来なくなったそうだ

ティータイムの忙しい時間にテラスを占領されたり、彼女達の子供らが
店を走り回ったり、店側としては困ったお客様だったので彼女達が突如消えた事は
正直ホッとしたらしい(それ位常識の無い親子達だったそう)

そして数ヶ月後、彼女達はまたカフェにやって来た
全員妊娠をして…
上の子だけでなく下の子も同級生にする為に仕組んだんだろうか…

長文失礼しました。
しかし女ってトイレ行くのも子供作るのもツレと一緒が良いもんなのか?



554: [―{}@{}@{}-] 本当にあった怖い名無し 投稿日:2010/08/31(火) 20:02:04 ID:7w53HqHhP
>>553
ほんのり怖いというより、じんわりと気持ち悪い話だな。
ツレ○。○ならぬツレ妊娠とは。



556: 本当にあった怖い名無し 投稿日:2010/08/31(火) 21:56:17 ID:/wkC7KR10
ほんのりきぐる・・・



589: 本当にあった怖い名無し 投稿日:2010/09/01(水) 21:28:09 ID:W4kschmJ0
学生の頃の話なんだが
当時飲食店でバイトしてて普段は授業あったから夕方~閉店23時までっていう
シフトが多かったけど、夏休みとか冬休みは早朝6時~とかのシフトを組まれたりしてた
夏の早朝はまだ涼しくて良いんだけど冬は寒いし外は暗いし最悪

その日も寒くて暗い中、店の従業員出入り口から店に入った
いつもは何とも思わないのにその日は店に入りたくなくて仕方無かった
働きたくないからとかじゃなくなんか本能が入るなって言ってるみたいに
寒さとは違う悪寒?っての?そういうのさえ感じられた
まぁ入らない訳にもいかねえし結局ダッシュで中に入って電気を点けた

で、次の日は休みだったんだけどその次の日もまた早朝で…
やっぱ入りたくねえんだよ。もう一人の奴はよ来いと。(早朝は2人勤務)
何とか入ってもう一人の奴も来て、昼頃には人数も増えて朝のことも忘れかけてた時
従業員の一人が「なぁめっちゃしんどくない?」って聞いてきた



590: 本当にあった怖い名無し 投稿日:2010/09/01(水) 21:40:44 ID:W4kschmJ0
>>589続き
俺はそいつの言う「しんどい」が仕事についてだと思って
「今日そんな客来てないし別に」って応えたらそいつが
「そういう意味ちゃうって!お前分かってると思ってたわ」
そいつは俺の斜め後ろあたりに目をやって
「一昨日ぐらいから居るねん」

文章にしてみたらそんなに怖くないけど、それ言われた時はマジで鳥肌立った
そいつは所謂見える人で肩とかよく掴まれて、その度に近くの奴に
「ちょっと肩しばいてくれへん?」(こうすると霊が逃げる?らしい)って言ったり
強い霊にベランダまで引っ張られた事があったり、なもんで…
ちなみに俺は2回ほどそれらしいものを見た事があるくらい
霊感はそんなに無いと信じている。でないと怖い



592: 本当にあった怖い名無し 投稿日:2010/09/02(木) 02:22:33 ID:XhDfWsFP0
最近頭髪が薄くなったように思えて、シャンプーを専用のモノに替えたり
毛穴を洗えるブラシでこすったり、育毛ローションを塗って頭皮をマッサージしたりした。
そういった努力のせいか、すこし髪が濃くなったように見えてきた。







ただ、頭皮が日焼けしただけだった。



594: 本当にあった怖い名無し 投稿日:2010/09/02(木) 09:07:51 ID:o2/dEpSe0
>>592
昔聞いた話。

頭髪を気にしているお父さんの為に、頭皮をマッサージするブラシなどを購入、
家族みんなで念入りにマッサージ(要は満遍なく叩いていた?)したらしい。

数日後、頭皮に黒いものがびっしりと見える。
生えてきた!と喜んだ家族が見たものは、満遍なく出来た小さなカサブタだった。



612: 本当にあった怖い名無し 投稿日:2010/09/05(日) 00:42:01 ID:ZnGG7q1w0
>>594
びっしりはやめてくれ。
びっしりは。



624: 本当にあった怖い名無し 投稿日:2010/09/06(月) 04:09:32 ID:7Fm9VgdDO
4年くらい前の話。
当時の彼氏と深夜にドライブしてて、そろそろ帰ろうと片道二車線のそこそこ大きな通りを車で走ってた。
時間はたぶん1~3時頃。

左ハンドルの車で右車線を走っていたので、助手席の私は中央線を挟んで対向車線がすぐ隣。
で、向こうからハイエースみたいなバン?が向かってきたんだけど、何だかその車がヘンな事に気づいた。
右側の後部座席の窓から男の人らしき白いものが両手下げてだらっと垂れてる。
最初、えっ、と思ったけど何となく『危ないな~酔っ払いがふざけてんのかな~』くらいにしか思ってなかった。

どんどん近づいてきて、すれ違う直前にその人が仰向けに垂れてるのがわかった。
それに、車外に出ている体の部分もけっこう長くて、腿~膝あたりから。

その瞬間ハァッ!?ってなって思いっきり振り返って見たら、すぐに右折して見えなくなってしまった。
意味がわからなくて、運転してる彼氏に『何アレ!?見た?人が垂れ下がってたよね!?』って後ろを振り返りながら聞いたら
『見るな。あれたぶん死んでる。』
って言われて絶句した。

その後もしばらく心臓バクバクで
『中で人が支えてた?何で?イタズラ?本当に死んでたの?腕だらんってなってたけど・・・』
とか、アレが何だったのか色々考えてたんだけど、
私は『ヤ○ザが殺した人を埋めに行くとこなんだ・・・』とかよくわからない納得をした。
その後しばらく新聞とかで『山中で他殺体発見!』みたいな事件ないかとニュース見たりしてたけど、特に何もなく。
やっぱ若者がふざけてただけなんじゃないかと。
結局よくわからないままなので、あん時はビビったな~くらいの思い出になった。


で、さっき怖い話まとめ読んでてふとこの体験を思い出してたんだけど、ちょっと思ったこと。
あの時彼氏が言った『あれ死んでる』っていうのは、『死体』って言う意味と思ってたんだけど、もしかしたらこの世の者ではない的な意味だったのかな。
そういえば両手は垂れ下がってるのに着ていたダルめな白いTシャツみたいなのはめくれてなかったんだよね。

もう今となってはわからないことだけどね。



625: 本当にあった怖い名無し 投稿日:2010/09/06(月) 04:32:21 ID:7Fm9VgdDO
>>624
カキコしてからごめんなさい。ちょっと解りづらいですね。
垂れてた人は、バンザイの姿勢で仰向けで頭を下にしてました。
私の方に顔が来る感じ。
腿~膝あたりまでは車内に収まってたみたい。
一瞬だったので表情はわからなかったです。
そういう異様な光景でビビッてたんです。



626: 本当にあった怖い名無し 投稿日:2010/09/06(月) 05:06:56 ID:M4xHqVgDi
>>624
顔は見たの?



627: 本当にあった怖い名無し 投稿日:2010/09/06(月) 05:12:46 ID:7Fm9VgdDO
>>626
一瞬だったので顔はわからなかったです。
でも、男性だと感じました。
それが服装からか体格からかはわからないですが…。



628: 本当にあった怖い名無し 投稿日:2010/09/06(月) 07:13:13 ID:4g9HztbLO
怖・・・



629: 本当にあった怖い名無し 投稿日:2010/09/06(月) 10:33:56 ID:PbEMfORGO
あるよねそういうこと



630: 本当にあった怖い名無し 投稿日:2010/09/06(月) 12:43:22 ID:01TjNboa0
あるのかよw



631: [―{}@{}@{}-] 本当にあった怖い名無し 投稿日:2010/09/06(月) 12:46:58 ID:CUH+4G/TP
彼氏が冷静で良かった。



668: 本当にあった怖い名無し 投稿日:2010/09/08(水) 20:03:21 ID:LHtlA6OVO
叔父が警察官なんだが、
昔、公衆電話から「たすけて!ころされる」って110番が入ったけど
指定された公衆電話は既に撤去されてたんだと。

その後、資料を探してみたけど特にその付近で事件は起こってなかったとのこと。



682: 本当にあった怖い名無し 投稿日:2010/09/09(木) 16:49:21 ID:njknj+Dw0
今日出勤途中に、植木の上に大きな名犬ラッシーみたいな犬のぬいぐるみみたいなのが乗せられてた。
足が真横を向いてたので、絶対ぬいぐるみだろーと思ってたんだが、
会社についてからすごい眩暈と吐き気に襲われた。

関係ないかも知れんけど、若干気分が良くなって早退した帰りにはその犬はなかった



683: 本当にあった怖い名無し 投稿日:2010/09/09(木) 19:36:44 ID:rTFL1OQS0
>>682
呪のラッシー



685: 本当にあった怖い名無し 投稿日:2010/09/09(木) 23:42:12 ID:nPI8mL5M0
>>682
意味が良く分からない分色々考えると確かに怖い



686: 本当にあった怖い名無し 投稿日:2010/09/10(金) 00:12:12 ID:LSM7gvJI0
足が真横を向いてる状態ってキティちゃんみたいなことか?



695: 本当にあった怖い名無し 投稿日:2010/09/10(金) 20:18:12 ID:orr480lpP
夜中に一人で車運転してたんだけど、
バックミラーとかサイドミラーとかにときどきちらっと誰かの顔が映るのね。
じっと前見て運転してるからよくわからないけど、なんかこっち見てるっぽい。

で、ちょっと怖くなってミラー気にしながら走ってたらすぐにわかった。
ただ自分の顔が映り込んでるだけだった。
カーブで車体が大きく動いたときとかに映るんだろうな。
コンビニ行っただけなのに変にびびっちゃったよ。



721: 本当にあった怖い名無し 投稿日:2010/09/13(月) 11:14:42 ID:FeqKarrx0
2年前の話高校生の甥っ子がうちに遊びに来てたときだけど携帯が無いって探してるんだ
いつもはズボンのポケットに入れてるらしい じゃぁ俺がかけてみるからっておれの携帯からかけてみると甥っ子のポケットから呼び出し音が流れた
呼び出し音1,2回で甥っ子の声で「**兄ちゃん(普段は兄ちゃんって呼ばれてる)そこにいるのに何で電話すんの」俺はあわてて切った 発信記録もちゃんと残ってた
甥っ子はポケットから発信音がしたから驚いていたけど携帯は無い しばらくすると携帯はポケットにあった なんか狐につままれたような話
 


722: 本当にあった怖い名無し 投稿日:2010/09/13(月) 12:10:04 ID:swTZdqfiO
>>721 甥っ子の方の発見されたケイタイの着歴は?
『着信あり通話せず』だった?
それとも『着信あり通話済み』??



723: 本当にあった怖い名無し 投稿日:2010/09/13(月) 12:45:31 ID:FeqKarrx0
>>722
「着信あり通話済み」



724: 本当にあった怖い名無し 投稿日:2010/09/13(月) 12:45:51 ID:HY7ywLtjO
友人の話。

出産で地元に帰っていた時、近所を散歩してると、前から同級生がベビーカーを押しながら歩いてきた。

「久しぶり!」って色々話をして、当然のように子供の話になると、急にテンションが下がって、聞いてみると「不倫相手の子で、1人で育てている。」とのこと。

大変だなぁと、ベビーカーに目をやると、今まで赤ちゃんが寝てると思ったそれは「人形」だった。
深く突っ込むことも出来ずに友人は、挨拶もそこそこに立ち去ったらしい。



725: 本当にあった怖い名無し 投稿日:2010/09/13(月) 12:48:44 ID:lpyB4uoo0
彼女乗せてバイクでドライブに行った時のことなんだが、ドライブした場所は、
いわいる峠で結構カーブが多い場所だった。で、しばらく走って、急カーブを
曲がったすぐのところに風で飛ばされたのか、横に倒れた看板があったんだ。
しかも、だいたい

首の位置。

咄嗟のことだったから、俺は「伏せろ!!」って
叫んでそのまま突っ込んじゃったんだ。伏せて目をつぶって一秒位たったのか、
目を開けると、走ってくバイクと

彼女の背中

が見えた。だけど、何故か俺は、

後ろに彼女の気配を感じた。



737: 本当にあった怖い名無し 投稿日:2010/09/13(月) 17:06:30 ID:b8Jt5JAP0
>>725
ほんのりじゃない。コエエ



726: [―{}@{}@{}-] 本当にあった怖い名無し 投稿日:2010/09/13(月) 12:51:53 ID:jpeTByO2P
二人とも死んでんじゃん



733: 本当にあった怖い名無し 投稿日:2010/09/13(月) 15:40:30 ID:puyrE5hh0
ニケツで他に連れてなくてもツーリングなの?



751: 本当にあった怖い名無し 投稿日:2010/09/13(月) 22:00:23 ID:GISpFmsh0
>>733
一人でのツーリングはソロツーリング
バイク二台以上でマスツーリング
二人乗りはタンデムツーリング

マジレスしてみた



795: 本当にあった怖い名無し 投稿日:2010/09/14(火) 22:55:40 ID:gFBBhQAF0
名前:名無しの心子知らず[sage] 投稿日:2010/09/14(火) 12:56:28 ID:ZAnbDIJB
一昨日2歳の息子と夜就寝中の話。
グーグーと寝息を立ててグッスリ眠っていたのに
午前2時半頃むっくりと起き上がりぐずり始めた。
いつも1回寝たら朝まで起きない子なのに夜鳴きとは珍しいなと、
抱っこしてあげようかと思い手を差し出した。すると息子は
自分の両手を組みながら何やらゴニョゴニョつぶやいている。
「なんだ寝ぼけてるの?」と声をかけたら急にパタンと仰向けになって、
自分の足側にある窓の左上あたりを指差し始めた。
「ちょ、怖いことしてないで、何か見えるの?」
と言うもこちらを向かずに窓をずっと指差し・・・

当然窓にはカーテンがひいてあるし、私には何も見えない。
指差ししながら1分くらい経過しただろうか。
そのうち指差しをしている手を今度は「バイバイ」と言いながら振り始めた・・
顔を見ると表情が無く、ずっと窓の左隅を凝視している。
何だか異様な行動にgkbrしている私、
「ちょっと何してるの?○○(息子の名前)、何にバイバイしてるの?」
すると息子が一言、


「髪の毛」

ぞわわわわわーーーーーっと一気に体中鳥肌が立った。

息子には一体何が見えていたんだろう・・・



797: 本当にあった怖い名無し 投稿日:2010/09/14(火) 23:04:42 ID:HSuo9s3f0
髪の毛バイバイだと…



798: 本当にあった怖い名無し 投稿日:2010/09/14(火) 23:10:01 ID:OcSb06cK0
ほんのりどころじゃねええええええ



828: 本当にあった怖い名無し 投稿日:2010/09/16(木) 10:22:19 ID:MpGLIEcm0
茶店でバイトしてたとき3,4人組の若い奴らが来るとおしぼりと水をわざと一つ多く出して遊んでた



830: 本当にあった怖い名無し 投稿日:2010/09/16(木) 11:15:19 ID:ety5L7W30
>>828,829
何それ楽しいw



829: 本当にあった怖い名無し 投稿日:2010/09/16(木) 10:27:51 ID:iqnw6jxC0
俺も向かい合ってる奴の背後に注目したり、目礼したりしてた



831: 本当にあった怖い名無し 投稿日:2010/09/16(木) 11:24:52 ID:jgbVIkWYP
だいたい3人で行くと4つ出てきたんけど、追加の水頼む手間が省けたなw



832: 本当にあった怖い名無し 投稿日:2010/09/16(木) 21:30:40 ID:Tk3S1DGB0
だいたい誰かが遅れてくるからな・・・w



889: 本当にあった怖い名無し 投稿日:2010/09/20(月) 19:51:45 ID:ypcOx7HA0
別に怖い目には遭ってないんだけどさ。
学生の時、構内にお気に入りの休憩場所があった。
高台にある棟の裏手で崖っぷちのようになっていて。
見晴らしが良し&人気無しで、講義の合間に一服するのに良い場所だった。

ある日、いつもの様にそこへ行ったら、
崖すれすれのところで正座して、上半身をぐるんぐるんと回転させてる奴が居た。
同じ歳(当時自分は20歳)くらいの男で、小奇麗なシャツ着てて。
真昼間だったし、普通の奴に見えたから怖くは無かった。
自分の大学は変人が多かったので、パフォーマンスの練習でもしてるのかと思った。
「俺様のお気に入りスポットで、何キモいことしとるんじゃああああ」ってムカついたけど。
そんな奴の近くじゃ落ち着いて一服出来ないから、その場を離れた。

それからも何度かそいつには遭遇した。
毎回同じように、上半身ぐるんぐるん。シャツの色は、ちょくちょく変わってたけど。
「俺様のお気に入ry」ってことで、遭遇したら去るようにしてたから、誰なのかは把握出来なかった。

四年になってから、高台の棟の授業をあまり取らなかったので、
お気に入りスポットには殆ど行かなくなった。結局、そいつが何だったのかは分からぬまま卒業。

それから六年経って。学校の教授に、講義の補助というか手伝いみたいなので呼ばれたのね。
それが終わってから、教授とかと飲みに行くことになったんだけど。
飲み屋の予約まで時間が空いたから、久々にお気に入りスポットに行ったのよ。夕方に。
歩きながら煙草を箱から出して口に咥えて、さあライターで火を点けましょうかって所で到着したらさ。

例のそいつが居た。学生時代と同じように、正座でぐるんぐるんと回転しながら。
頭の中に重りを落とされたみたいに、ゾクッとした。漫画みたいに、口からポロっと煙草落とした。
でも勿体ないから煙草は拾って、それから無言で全力疾走して逃げて、教授たちのところに戻った。

同じ年頃だった奴が、何で六年後も居たのか。
いやまあ、もしかしたら卒業後に学校の職員になったのかもしれない。
でも、普通に生きてる人間だったとしても気味が悪い。



893: 本当にあった怖い名無し 投稿日:2010/09/20(月) 20:30:09 ID:YHgt61ssO
>>889
正座して上半身ぐるんぐるん が想像出来ない…

足は正座した状態で前転みたいな感じ?
それとも、腕を背伸びする時みたいに伸ばして
腰を円を描くように動かしてるの?



890: 本当にあった怖い名無し 投稿日:2010/09/20(月) 19:57:13 ID:3nqz9sdi0
ほんのりありがとう



891: 本当にあった怖い名無し 投稿日:2010/09/20(月) 20:00:15 ID:oSb1o3JO0
十分に怖いです・・・



903: 本当にあった怖い名無し 投稿日:2010/09/21(火) 00:41:15 ID:x2B0LJL+O
会社の同僚に午後8時ころ電話をかけた。色々話していると、女が何か話している。
女と一緒にいるのかと訊ねると、「ええ、六角堂辺りから憑いてきてます。」と、言った。
まさかと思ったが死んでる人と聞いたらそうだと言った。
そしたら、声も消えた。ちょっと怖かった。



905: 本当にあった怖い名無し 投稿日:2010/09/21(火) 01:46:25 ID:60jkgmwG0
>>903
声が消えた後、移動してこなかったのか?
電話越しで聞こえていた声が耳元で直に・・・・なんてならなかったのか?



906: 本当にあった怖い名無し 投稿日:2010/09/21(火) 02:10:49 ID:x2B0LJL+O
>>905
そのときはね。別の時は、姿が頭よぎった。



910: 本当にあった怖い名無し 投稿日:2010/09/21(火) 03:22:32 ID:bLYXAqTP0
上手だねー
でも逆にリアリティがまして、想像したらほんのりじゃなくなった・・・
こえーよw



947: 本当にあった怖い名無し 投稿日:2010/09/23(木) 14:38:12 ID:3ksKO0fOO
長くて下手くそな文章で申し訳ないです。

5年程前の話。
当時20歳の私はコンビニバイトをしていて、そこに月に1~2日だけ出勤していた(店長の知り合いか何か?)50代後半のおばさんAがいた。シフトが重なる事も無かったので特に接点が無く、たまに会っても軽く挨拶する程度でろくに話した事も無かった。

ある日の午後のシフトで私は在庫整理、もう一人はレジをしていた。すると、たまにしか鳴らない電話が鳴って当然私が出る事に。電話の相手はAだった。
A「あ、私さん?Aだけど。店長いるかしら?」
私「すみません、今店長は不在です。」
A「あらそう・・・私さん、今時間大丈夫かな?」

大丈夫も何もバイト中なんですけど・・・とりあえず用件を聞いてみた。

A「・・・私ね、子宮癌なの。それでね今日病院行ったらね今度摘出することになったの。子宮摘出って穴から棒突っ込んで掻き出すんだよ・・・そんなの怖くて出来ないよ耐えられないよ辛いよ」という内容の事を一気に話してきた。
そんな重い話だとは思ってもいなかったし、第一名前位しか知らないのに何を言えばいいんだよって正直思った。
それでもそんなことになってしまったなんて大変だと思って一生懸命励ました。Aはその間ずっと「でも・・・」「すごく痛いらしくて・・・」「死ぬのかな・・・」等ネガティブな発言。



948: 本当にあった怖い名無し 投稿日:2010/09/23(木) 14:39:18 ID:3ksKO0fOO
下げ忘れました

すると話の途中で急にAが
「私さん彼氏はいるの?」
と聞いてきたので、?と思いながらもいないと即答してしまった。

A「そっかー。ねね、私さん今度の木曜日はシフトはいってる?」
私「木曜日・・ですか?いえ・・・バイトは休みですけど・・何でですか?」
A「木曜日さぁ一緒に病院行ってさぁ一緒に子 宮 取 っ て も ら お う よ」
私「・・・・え?」
A「ね、そうしよう!彼氏いないなら必要ないよね!横に並んで一緒に取ってもらおう!!!一緒に掻き出してもらおう!私さんも大丈夫だって言ったじゃない!2人なら怖くないよ!」
私「・・・・は?・・・いや・・・それはちょっと・・・おかしくないですか・・?」
A「なんで?大丈夫って言ったの私さんだよ?自分は嫌なの?自分は取りたくないの?」
本気で言ってた。声がさっきと全然違った。そこからはよく覚えてないけど、必死で逆上させないようにいろいろ言い訳をして断った。



949: 本当にあった怖い名無し 投稿日:2010/09/23(木) 14:40:21 ID:3ksKO0fOO
A「そっか・・・私さんは取れないのね・・じゃあ、せめてお願いしたいんだけど」

そのお願いの内容が、今電話越しに、今日病院でAが先生とした会話を再現したいので先生のセリフを言えって事だった。
会話の内容↓
先生「あなた女なんでしょう!?」
A「はい・・・女です・・」
先生「子宮あるんでしょう!?」
A「はい・・子宮あります・・」
先生「だったらもっと力入れて!!頑張りなさい!!」
A「はい!女だから子宮あるから頑張ります!!」

いや…もうレジ並んでて…とか言っても1回だけ、1回やってくれればもう電話切るからと言われて、仕方なくバックヤードでボソボソとセリフを喋る。そしたら気持ちを込めてとか、声を張ってとかで結局6~7回はやらされた。やっと満足したのか最後は呆気なく電話を切った。

その後すぐバイト辞めたから、Aがどうなったのかはわからないです。
文章まとめられなくてすいません。



950: 本当にあった怖い名無し 投稿日:2010/09/23(木) 14:41:48 ID:JyNXIDvj0
ある意味人間が一番怖いよな



951: 本当にあった怖い名無し 投稿日:2010/09/23(木) 14:47:16 ID:3ksKO0fOO
>>950本当に心底そう思いました



952: 本当にあった怖い名無し 投稿日:2010/09/23(木) 14:47:51 ID:M99n/yPF0
心が壊れてしまった人って、とんでもない発想に行くんだな>一緒に子宮取ろう
その発想は無かった、としか言いようがない。



966: 本当にあった怖い名無し 投稿日:2010/09/25(土) 12:22:51 ID:DfpbsDNNO
先日実家に帰った時、母が私の小さい頃のアルバムを見せて来ました
久しぶりにアルバムを見たら記憶にない子供が写ってる、しかもこんな写真は取った覚えがないと言って

幼稚園の頃の写真でした
公園で遊ぶ私と、同じ年頃の女の子のが写った写真が14~15枚程あります

近所に住んでる子でも、町内の御老人のお孫さんでもなく、全く見覚えのない女の子だと母は気味悪がりました

私は覚えています
正確には思い出したんです
二日間だけ一緒に遊んだ、私をお母さんと呼ぶ少し変な女の子を

初夏の頃、見覚えのない女の子が私を「お母さん」と呼びながら抱き着いてきました
お母さんじゃないよと何度否定しても聞かず、そのうち否定すること自体が面倒になってやめてしまったのですが

その女の子は最初は普通に一緒に遊ぶのですが、時折私の下腹部に頭を押し当ててくるのです
何してるの?と尋ねると「早く産まれたいから」「〇〇(女の子の名前)が産まれる前にみんな死んでしまうから〇〇は産まれてこれない」としか言いません

次の日も公園に行くと彼女がいてまた下腹部に頭を押し当ててきます

私はそれがとても怖くなって彼女を突き飛ばして「〇〇ちゃん気持ち悪い、もう遊ばない」といいました
すると彼女はボロボロと泣き出して、私のポケットに紙を捩込んでどこかに走っていきました

母がアルバムといっしょにだしてきたのはその時の紙でした
黄色く色あせたノートの切れ端
ぐちゃぐちゃな字で「2017ねんくがつ6にち はやくうんでね」と書いてありました

今まで何も覚えていなかったのに突然思い出してとても具合がわるいです
いまもまだ



967: 本当にあった怖い名無し 投稿日:2010/09/25(土) 12:30:26 ID:SO31qNYL0
「みんな」の範囲がどのくらいって話だよなぁ
まあ最低でも「私」は死ぬ想定なんだろうけども



998: 本当にあった怖い名無し 投稿日:2010/09/27(月) 10:53:42 ID:wrCT/dpN0
>>967
2017年9月6日までに人類滅亡の予告じゃね?
それよりその子と遊んでいるところの写真をだれが撮ったのか



999: 本当にあった怖い名無し 投稿日:2010/09/27(月) 11:14:51 ID:hkvdjyim0
>>998
それも使うけど、文脈判断になる
たとえば俺が勝手に奴の牛乳を飲んだとする
「これは私の牛乳ではなくて?」
と言われる

文に起こすと気持ち悪いってかほんのり怖いんだが
理知的な雰囲気やら普段の行動やらが相俟って自然なんだよ
やはりイケメンだからか・・・



968: 本当にあった怖い名無し 投稿日:2010/09/25(土) 12:54:55 ID:qrUYgdHcQ
「はやくうんでね」と言われてもねー・・・



969: 本当にあった怖い名無し 投稿日:2010/09/25(土) 13:04:41 ID:p8mj+FWP0
何とも言えない感情が湧くなぁ…
なんで生まれて来ない子が実体として会いに来たのか?…
本人はgkbrかも知れんがとても興味深い。時空の歪み系の香りもほんのり…



洒落怖おすすめ
【洒落怖】洒落にならない怖い話『裏S区』
http://blog.livedoor.jp/nwknews/archives/4632596.html

【洒落怖】洒落にならない怖い話『パンドラ・禁后』
http://blog.livedoor.jp/nwknews/archives/4589617.html

【洒落怖】洒落にならない怖い話『地下の丸穴』
http://blog.livedoor.jp/nwknews/archives/4589017.html

【洒落怖】洒落にならない怖い話『リゾートバイト』
http://blog.livedoor.jp/nwknews/archives/4589657.html

【洒落怖】洒落にならない怖い話『危険な好奇心・ハッピータッチ』
http://blog.livedoor.jp/nwknews/archives/4589674.html

【洒落怖】洒落にならない怖い話『リアル』
http://blog.livedoor.jp/nwknews/archives/4589627.html

【洒落怖】洒落にならない怖い話『八尺様』
http://blog.livedoor.jp/nwknews/archives/4586568.html



【閲覧注意】それにしても八尺様って良くできた話だよな

軍事的珍事件・怪事件

笑いが止まらないボケて(bokete)画像貼っていく

クローンが倫理的に駄目な理由を説明せよ

幕末・明治・大正・昭和初期の貴重な歴史的古写真

【閲覧注意】後味の悪い話『人斬り以蔵・タオルケットをもう一度』

漫画で無かった事にされてる黒歴史

嫌われる勇気―――自己啓発の源流「アドラー」の教え
岸見 一郎 古賀 史健
ダイヤモンド社
売り上げランキング: 2