転載元:http://toro.2ch.sc/test/read.cgi/occult/1421704408/
【閲覧注意】三大よく出来た怖い話
http://blog.livedoor.jp/nwknews/archives/4843979.html
後味


33:本当にあった怖い名無し@\(^o^)/:2015/01/24(土) 11:40:47.06 ID:vPC19igl0.net
映画マトリックスの番外編短編集的な作品『アニマトリックス』の中の話の一つ

一応説明しとくと、映画『マトリックス』の世界で人類の過半数は機械によって支配されてて、脳をコンピューターに繋がれて、電脳世界の仮想現実を本物の現実だと信じながら生活している

時折、高い感受性と猜疑心から仮想現実の正体に気が付いて現実世界へと目覚める者もいた

これは特異なケースの話
この話の主人公は、仮想現実世界で生きている短距離走の選手。「不穏な信号を発している」として密かに人工知能のエージェントから監視されていた
主人公はオリンピックで世界新記録を出すが、身に覚えの無いドーピング疑惑をかけられ、記録もメダルも剥奪されてしまう
失意にくれていた主人公は、父から「もう一度挑戦し、潔白を証明してやれ」と激励される
それから主人公は身を壊しそうな程にトレーニングに明け暮れた
主人公はいざオリンピックに出場し、全力で走り出す。脚から血が吹き出て、筋肉が弾けても、走るのを止めなかった

主人公の発する信号は危険値に達したらしく、エージェント達が主人公に襲いかかろうとする
しかし主人公は超人であるエージェント達の追走を振り切り、ゴールへと向かう
ゴールする直前、主人公の目の前の仮想現実は崩壊していく(主人公の精神が仮想現実の処理能力を越えてしまったってこと?)

主人公は仮想現実から現実世界へと目覚めるが、既に張り込んでいた機械によって取り押さえられ、拷問を受ける

主人公は再び仮想現実へと戻された

虚ろな表情で車椅子に乗せられている主人公
主人公は世界新記録を出して晴れて汚名を返上したものの、エージェントによって記憶を消されしまった
エージェント「記憶は消えても、人々の記憶に永遠に残る大業を成し遂げたんだ。それで満足だろう?」

しかし主人公は全てを忘れたわけではないらしく、「自由を……」と呟き車椅子から立ち上がるが、もう走ることはおろか歩くことすら出来ない体になっていた



34:本当にあった怖い名無し@\(^o^)/:2015/01/24(土) 15:42:47.84 ID:pxwRZPjZ0.net
【冷たい熱帯魚】

社本信行は、小さな熱帯魚屋を営んでいた。
死別した前妻の娘・美津子と、現在の妻・妙子の折り合いの悪い二人に
挟まれながらも、社本は、波風の立たないよう静かに暮らしていた。
食事中に漫画を読み、携帯電話で話して彼氏のもとへ行ってしまうような行動にも、
社本は何も言えなかった。

だが、家族の確執に向き合わない彼の態度は、
ついに娘の美津子の万引きを招く。

スーパーでの万引き発覚で窮地に陥る社本だったが、
そんな彼を救ったのはスーパー店長の友人である村田幸雄だった。
村田の懇願により店長は、万引きを許す。

さらに大型熱帯魚店を経営する村田は、美津子をバイトとして雇い入れる。
その親切さと人の良さそうな男に誘われて、社本と村田夫婦との交流が始まる。

しばらくして、利益の大きい高級魚の取引を持ちかけられる社本。
それが、村田の悪逆非道な「ビジネス」を知り、同時に
引き返せなくなる顛末への引き金となった。

ある日、村田は吉田アキオ(闇金ヤクザ)に出資を求める、
吉田は高級魚養殖に対して、1千万円の出資を行った。
契約を交わし、村田に栄養ドリンクを勧められた
吉田は飲むと、苦しみながら死んでいった。



35:本当にあった怖い名無し@\(^o^)/:2015/01/24(土) 15:43:47.95 ID:pxwRZPjZ0.net
>>34 の続き

一緒にいた社本は吉田の死ぬ様を見て、激しく動揺した。

だが、村田や村田の妻・愛子はお構いなしに、淡々と死体の運搬を始める。
社本も運搬を手伝わされ、山小屋まで運転させられた。

山小屋で、村田と愛子は、遺体を解体し、処理を始めた。
内臓を細かく切断し、骨と筋肉を分けていった。

処理が一通り終わると、村田は「親父はおかしくなってしまって、この山小屋に
閉じこもるようになった。俺も子供の頃に親父にここへ閉じ込められて…
辛い思いをしたんだ」と独白し始めた。

小休憩の後、最終的に、骨を焼き、内臓や筋組織を川へ捨てた。
このようにして、『死体を透明にする』ことを村田は繰り返していたのだった。

店に戻ると、「警察に密告でもしたら、娘や妻がどうなるか分かっているのか?」
と脅され、共犯者に仕立て上げられていく社本。
吉田の舎弟が「兄貴が最後に会ったのは村田だろ!どこに行ったんだ!?」と
店に怒鳴りこんでくる際にも、村田のアリバイを証言するのだった。

だが、警察も既に村田の周辺で失踪者が続発していたことに疑問を持ち始めていた。

社本にもその旨を伝え、
「以前に村田の下で働いていた男も失踪し、家族も行方不明になっている」と知らされる。
真実を伝えるべきか迷う社本だったが、家族のことを思うと伝えることができなかった。



36:本当にあった怖い名無し@\(^o^)/:2015/01/24(土) 15:44:51.91 ID:pxwRZPjZ0.net
>>35 の続き

村田からの電話で呼び出された社本は、顧問弁護士の筒井高康の家へ向かわされる。
そこでは、村田の妻・愛子と情事を行なっていた筒井高康が、
毒入の栄養ドリンクを飲まされ、死亡していた。

慌てふためき、救急車を呼ぼうとする運転手も絞殺し、
2人の死体を『透明にする』ため、再び山小屋へと運搬することになった。
社本も再び、運搬を手伝わされる。

鼻歌交じり、冗談交じりに解体を行なっている横で、
社本は大人しくしているしかできなかった。
再び川へ内臓、筋組織を捨てる際、それを社本にやらせる村田。

さらに、「お前の妻(妙子)を抱いたぞ」と告げる。

そのことで怒り心頭に達した社本は、村田を殴りつけるが、逆に殴り倒されてしまう。
泣きだした社本)に、妻・愛子を抱くように強制する。

村田の妻・愛子を抱きながら、社本は手元にあったペンで愛子の頸動脈を突いた。
出血する愛子に見惚れた村田の頸動脈を社本は刺し、
さらに近くにあった刃物でメッタ刺しにする。

瀕死になった村田を山小屋に運び、社本は、出血したままの愛子に
トドメをささせ、解体させた。

その後、社本は遊んでいる娘を強引に家へ連れ帰り、
家族で食事をとる。社本は、再び携帯電話に出て、彼氏のもとへ行こうとする
娘を殴りつけ、失神させる。

そして怯える妻の妙子を強引に犯し、社本は、山小屋へ向かい、警察へ電話する。



37:本当にあった怖い名無し@\(^o^)/:2015/01/24(土) 15:45:36.89 ID:pxwRZPjZ0.net
>>36 の続き

山小屋の中に入ると愛子が死体を解体をしていた。

殴りつけ、揉み合いとなった後に、社本は、ナイフで刺殺する。

血塗れとなり、山小屋の玄関口で1人椅子に座っていた社本は、
駆けつけた警察官に浴室を示した。

放心状態で何も喋らない社本に警察は妻・妙子と娘・美津子を一緒に
山小屋へと連れてきていた。

妙子が駆け寄ったところ、社本は隠し持っていたナイフで刺殺した。

さらに、美津子ににじり寄ると、「お前は1人で生きていけるか?」と問いただす。
さらに、腕を刺して「生きるっていうことはなぁ…痛いンだよ!」と言い放ち、
自ら頸部を切り裂いた。

出血し、死亡した父親の遺体に向かって、娘・美津子は笑いながら蹴りつけ、
「やっと死にやがったなクソジジイ!起きてみろよ!!」と言い放ち映画が終わる



38:本当にあった怖い名無し@\(^o^)/:2015/01/24(土) 16:13:40.27 ID:H9mUFoS00.net
後味悪いっていうか最初から最後まで酷いな



40:本当にあった怖い名無し@\(^o^)/:2015/01/24(土) 16:36:01.21 ID:yvetnKzm0.net
その勢いで愛犬家殺人事件を調べよう
http://ja.wikipedia.org/wiki/埼玉愛犬家連続殺人事件



44:本当にあった怖い名無し@\(^o^)/:2015/01/25(日) 09:48:25.44 ID:D3GR8Bja0.net
山岸涼子の実録猫漫画

あたらしく猫を飼うのに被災地の猫を保護する団体から2匹引き取った。
片方はすぐ慣れて漫画家の膝にも乗ったりするんだけど
片方が大人しくて人間が怖いのかあんまり寄ってこない
でも、ちょっと慣れてきてちょこっと触ってくれた、うれしいなって所まではよかったんだけど
二匹の猫が相性悪いのか、すぐ喧嘩する。
いろいろあって、結局大人しい方を保護団体に帰すことになった。
大人しい方は家を離れるのを嫌がってすごく抵抗してたって。
漫画家は返した猫への悔恨を背負って生きていきます。で終了。

というか、この人住んでる家は自前なんだし
金も持ってないわけじゃないんだから、2匹の猫が共存できるように改装とか
いくらでもできたんじゃないかなと。
2階と1階を仕切るドアがありません、じゃなくてつけろよと思った。
ジャクソン呼べとは言わないけど、仲の悪い猫共存なんて幾らでもやり方あるのに。
なつかない猫がめんどくさくなって返品したんじゃないのかな、と思うとなんか後味悪い。
お得意の霊感系キャラに「返す運命だったんですよ」みたいな後付の言い訳させてたし。



45:本当にあった怖い名無し@\(^o^)/:2015/01/25(日) 10:06:15.17 ID:M9+nodzU0.net
ネコの為にそこまで金かけるのは当たり前だと思う奴は阿呆



46:本当にあった怖い名無し@\(^o^)/:2015/01/25(日) 10:11:12.08 ID:IM16/Wo50.net
せめて慣れやすい方返せばいいのに
そういう個体の方が次が見つかりやすいから



47:本当にあった怖い名無し@\(^o^)/:2015/01/25(日) 11:54:56.19 ID:MGmVmSjC0.net
誰もが猫に金かけて当たり前の訳はないが、有名な漫画家で金持ってる人だからなあ
最後まで行くのを嫌がってたってことは
人になつくよりも前に家になついただけで時間かければ人にもなついたかもしれんのに

もっとも、人間に抱っこされるのが嫌いで
足元に立って撫ででもらうのが好きなタイプの猫もいるから
もし人間側に「抱っこが好きでなきゃ『いい猫』じゃない」みたいな偏見があったとしたら
(どこにもそんなこと書いてないのはわかってるけど仮定の話だよ、自分の知り合いにはいるし)
そうでない人間のところに行く方が幸せかもしれないとも思う
…行ければの話をだけどな
理由が何であれ「戻された奴」って先入観で施設の人も次の引き取り手も厄介がっちゃうし



51:1/2@\(^o^)/:2015/01/25(日) 16:30:52.78 ID:8NCMkme5O.net
魔夜峰央「パタリロ!」から

パタリロ…マリネラ王国の王。10歳の天才少年。つぶれ饅頭。
バンコラン…MI6の敏腕少佐。美少年キラー。念のために書いておくが、男。
マライヒ…バンコランの愛人の美少年。元殺し屋。

バンコランの元に、恩人からパーティーの招待状が届いた。
仕事がたてこんでいるからと渋るバンコランだが、マライヒが貴方は働きすぎだからたまには休暇をとってもいいと思う、と気遣い、冬の○○地方は素敵でしょうね、行ってみたいなあ…と可愛く甘えるので、招待を受ける。

恩人は元将軍で、引退後は気候の穏やかな○○地方に隠遁生活を送っていた。
「閣下、ご無沙汰しております。これは私の助手のマライヒです」
「私の前で取り繕ろわんでいい、ミストレスじゃろう。噂は聞こえておるよ」

パーティーにはなぜかパタリロがいた。
ダイヤモンド産出国マリネラの若き国王、というバンコランからの紹介で、性根を知らない客はパタリロをちやほやする。またパタリロも、10歳とは思えないウイットに富んだ会話で客を虜にする。
(バンコランは、パタリロが「初めましてボンレス王国のハム王子です」とふざけるのでしょうがなく正式に紹介した)

客の中には低身長症の紳士がいた。
表向きにはちゃんとした仕事を持っているが某国の大物スパイなのは間違いない人物で、用心深くなかなか尻尾をつかませないので取り調べができずにいる。

将軍は、新鮮な空気を吸ってくると断って庭に出た。
しばらくして、さっき将軍が庭に出たけど戻るのが遅い、と心配して庭に出たマライヒが、東屋で将軍の死体を発見した。
うつ伏せに倒れ、背中に刺し傷があるが凶器はない。
積もった雪には、将軍とマライヒ二人ぶんの足跡しかない。密室殺人。

客の勝手な推理と、マライヒの
「何かトリックがあるはず…何かを見落とした気がするんだ」
という言葉を聞いたパタリロは、低身長症の紳士に飛びかかる。
「バンコラン!こいつが一番小さくて軽い!将軍の足跡を踏んでこっそり東屋に行って、将軍を刺してからまた足跡を踏んで戻ったんだ!」
よろけた紳士のポケットから、血のついたナイフが落ちた。



52:2/2@\(^o^)/:2015/01/25(日) 16:32:31.25 ID:8NCMkme5O.net
よかったね犯人がわかって。ついでにスパイ容疑で取り調べができるね。と慰めるマライヒを、バンコランは問い詰める。
「あいつが落としたナイフはお前がいつも持っていたナイフによく似ている。お前のナイフを出せ」
「ないよ。僕が将軍を刺したから。おっと、拳銃を抜くのは待って」

「僕が様子を見に行ったとき、将軍はもう冷たくなっていたんだ。きっと心臓発作だね、お年だったもの。だから僕は将軍を刺してナイフを隠し、みんなが騒いでいる隙にあの男のポケットにナイフを忍ばせたんだ」
「パタリロが勝手に推理してくれて助かったよ、僕が貴方の推理を手助けするはずだったけど。別件逮捕できてよかったじゃない」
マライヒが可愛く甘えるので、バンコランは何もできなかった。

死体損壊だし、国家のためとはいえ別件逮捕だし。やっぱり元アウトローなんだな、と。



69:本当にあった怖い名無し@\(^o^)/:2015/01/27(火) 06:48:24.50 ID:3EXA0p0f0.net
「REC」というゾンビ映画の1と2が双方後味悪い。特に2が

「1」
主人公は女性リポーターで、相棒の男性カメラマンと共に消防署の取材をしていた
そこへ火災発生(?)の通報が入り、主人公とカメラマンは消防隊に同行して現場のマンションへ急行

するとマンションは政府の特殊部隊によって包囲され、外側から封鎖されてしまい、主人公たちはマンション内に閉じ込められてしまった
マンション内から外に出ようと窓に近付いたり、外からマンションに入ろうとした者は、特殊部隊によって容赦なく射殺された

一人の科学者が政府から派遣されてマンションへと入ってくる
科学者曰く、マンション内には感染力の強い未知のウイルス(ゾンビウイルス)が蔓延してしまっており、主人公たちが解放されるにはウイルスの血清が必要らしい

主人公たちは血清を手に入れるべく、第一感染者が居るらしい最上階の一室を目指す
道中、主人公の仲間たちは感染者たちに次々と襲われ、ある者は命を落とし、ある者は感染した

最上階の一室にたどり着けたのは主人公とカメラマンの二人だけ

最上階の一室は異様な空間だった
様々な科学実験の道具が置かれ、壁一面に異国の新聞記事の切り抜きが貼られている

主人公「第一感染者はどこに居るの!!??」

その時、マンションは停電に陥り、辺り一面真っ暗になる
闇の中、「コンコン コンコン」という何か不穏な音が主人公たちの方へと近付いてくる
カメラマンはカメラの暗視機能を使って自分の視界を確保し、暗闇で目が見えない主人公を連れて逃げようとする
そして暗視カメラに「第一感染者の少女」の姿が映し出された。少女も暗闇では目が見えないらしく、ハンマーで周囲を叩きながら手探りでこちらを探している様子だった

とうとうこちらの存在がバレてしまい、カメラマンは少女に襲われて倒れる
主人公は暗闇の中で必死にカメラを探すが、少女に足を捕まれ、暗闇の中へと引きずり込まれて行った



70:本当にあった怖い名無し@\(^o^)/:2015/01/27(火) 06:57:58.59 ID:3EXA0p0f0.net
「2」
送り込んだ科学者の死亡の知らせを受け、政府は特殊部隊をマンションへと突入させる
特殊部隊には政府から派遣された科学者が同行していた(1の科学者とは別人)
特殊部隊は感染者たちをバンバン殺しながら突き進んでいくものの、状況は劣勢へと追い込まれていく

特殊部隊は「これはただのバイオハザードではない」と感付き、科学者を尋問する
隊員が科学者の胸ぐらを掴むと、科学者の上着の下から黒衣と十字架のネックレスが見えた
隊員「こいつ、科学者じゃねぇ!神父だぜ!神父が何故こんな作戦に!?」

正体を暴かれた神父は観念し、真実を明かす
実はこの一連の騒動は未知のウイルスではなく「本物の悪魔」によるものであり、神父はバカチンから派遣された「本物のエクソシスト」だった(1のエ糞シストとは別人)
第一感染者とは「悪魔憑き」のことであり、悪魔憑き本体を殺すか血清を手に入れなければ事態は解決出来ない
実はこの作戦の実権は神父に一任されており、神父が無線で外部に連絡しなければ、特殊部隊ですらこのマンションから出ることを許されない
さらに、作戦が失敗すればこのマンションは空爆で一掃されるのだ

神父と哀れな下僕たちは最上階の一室目指し、悪魔憑きの感染者が蔓延るマンション内を突き進む

最終的に隊長、隊員、神父の計三名が生き延びて最上階の一室へと到達

なんとそこには1の主人公である女性リポーターの姿があった(!!)。どうにか生き延びていたらしい

神父たちは悪魔憑きの少女を捜すが、いくら捜しても見当たらない
神父たちは言い伝えや主人公の記憶をもとに謎を解いて悪魔の隠れ家を突き止め、とうとう少女と対決し、殺害することに成功した
(どのタイミングでかは忘れたけど、隊長と隊員は死亡)

その直後、神父は後頭部を鈍器で殴られて倒れる
神父を殴ったのは主人公
なんと、「悪魔」はとり憑く対象を少女から主人公へと変更していたのだ

悪魔は、動けない神父の目の前で神父の声を完璧に模写し、無線で外部と連絡をとる
「私だ、神父だ。私は感染した。生存者の女性一名を救出した後、ここを爆発せよ」



79:本当にあった怖い名無し@\(^o^)/:2015/01/28(水) 02:26:03.89 ID:fWc1JQue0.net
>>70
バカチンでフイタ



75:本当にあった怖い名無し@\(^o^)/:2015/01/27(火) 19:19:50.81 ID:nnyLqQWs0.net
悪魔憑きを血清で直せるってのは随分斬新だな



80:本当にあった怖い名無し@\(^o^)/:2015/01/28(水) 18:42:52.49 ID:xADhoLcZ0.net
小学三~四年生くらいのときの話

当時習い事の教室に通ってたんだが、行きは徒歩、帰りはその教室のバスで帰ってきてた。
ある日、いつも通り歩いて教室に行ってるとき、ふと振り返ったら幼稚園児の妹がそこにいた。
もうだいぶ歩いてたし、車どおりが多い+歩道もない狭い道だったから、もう教室に
行ってしまったほうが安全と思って、妹の手を引いてそのまま教室まで行った。
そんで教室の先生に頼んで母親に連絡を取ってもらったら、速攻自転車で母親が
来たんだがもう激怒。「なんで妹ちゃんを連れ回したりしたの!!!」
ポカンとしているあいだに一発殴られ、妹を自転車の後ろに乗せて母親は去って行った。
いまでも自転車の後ろに乗って「えっ?」みたいな顔してる妹を思い出せる。

そしてそもそも妹がついてきたのは、母親が遊んでとぐずる妹を「おねーちゃんに遊んで
もらいなさい」と放りだしたせいだったという。



81:本当にあった怖い名無し@\(^o^)/:2015/01/28(水) 20:52:25.90 ID:VgyWEmxT0.net
>>80
おおテンプレ通りの屑親



82:本当にあった怖い名無し@\(^o^)/:2015/01/28(水) 20:54:51.47 ID:szvcPADL0.net
毒じゃなくてもたまに子供も驚くほどの屁理屈こねる大人はいるよな



133:本当にあった怖い名無し@\(^o^)/:2015/01/31(土) 23:12:54.20 ID:u/H9K0c/O.net
星新一の短編、タイトルは忘れたが挿絵が和田誠の文庫に入ってのは覚えてる

平凡な青年、ある事件の容疑者として取り調べを受ける。
会社からいつもと同じルートで帰宅しただけで特に知り合いにも会わなかったし第一友達もいない、と言う青年には刑事も同情した。

青年のアリバイは簡単に証明され、釈放された。
首をかしげながら帰宅ルートの商店街で聞いてみると…
「ああ、いつもうちの前を通るわよね」
「あなたって、なんて言うのかなあ。とっても普通で、かえって目立つのよ」
「そうそう、普通の人って今時あまりいないもの」

…みんな僕を覚えてるんだ。飲みすぎて駅前で吐いた時も、落ちてた10円玉を拾った時も…
「おい、あの時吐いてた奴だぜww」
「あっ、あいつ10円拾いやがったww」
「間抜け面で歩いてるww」
とかって思ってるんだ…



139:本当にあった怖い名無し@\(^o^)/:2015/02/01(日) 08:31:27.48 ID:v0D/7REK0.net
>>133
友人いなくてぼっちの奴はクラスでかえって目立つみたいなもんか



142:本当にあった怖い名無し@\(^o^)/:2015/02/01(日) 09:06:44.28 ID:CvjR5bOO0.net
プロポーズに感極まって飛び跳ねた女性、崖から転落死! 憧れのイビザ島で。

美しい地中海が目の前に広がる岬で愛する男性にプロポーズされ、興奮と感動のあまり飛び跳ねてしまったある女性。しかしその直後、彼女は崖から転落して帰らぬ人となった。
なんとも悲運なカップルの話題がヨーロッパから飛び込んで来た。

誰もが憧れる人気リゾート地、地中海バレアレス諸島のイビザ島(スペイン領)で27日、 愛する女性に指輪を差し出しながらプロポーズをしたブルガリア人の男性。
だがその直後、 彼女の体は突如消えた。
高さ19.8メートルの崖から海に転落したのであった。
英メディア
『dailymail.co.uk』が伝えているところによれば、事故が起きたのは島の南西部に位置する “カラ・タリダ”という岬。
そこからブルガリア人のディミトリーナ・ディミトロワさん(29)という 女性が転落し、すぐに救急車で病院に搬送されたが間もなく死亡した。

プロポーズを受けたディミトリーナさんは飛び跳ねて喜んでくれたとし、男性は彼女が バランスを崩して足を滑らせたと信じていた。
だが警察は司法解剖を経て、彼女の転落
および死亡の原因が心臓発作によるものであったことを明らかにしている。(※以下ソース)
http://www.excite.co.jp/News/world_clm/20150131/Techinsight_20150131_102956.html



146:本当にあった怖い名無し@\(^o^)/:2015/02/01(日) 18:13:02.20 ID:7pfBDeAJ0.net
パタリロのクズエピソード筆頭「パタ迷惑」

独裁者の圧政で民衆が苦しんでいる国に、国交目的で訪問するパタリロ。
だが訪問した直後に独裁者が、普通だったらありえない不可解な殺され方をする。
しかし、お得意の推理で犯人を突き止めるパタリロ。
犯人は独裁者補佐(独裁者の弟。兄より良識ある性格)で、苦しむ民衆を解放するために犯行を行ったのだった。
衛兵達が「反逆罪だ、大統領補佐を拘束せよ!」と、独裁者の弟を捕らえようとするが、
弟の部下達が「ふざけるな、我々はもう圧政には屈しないぞ!」とワラワラ現れ、
ハデな銃撃戦を始める。
パタリロは身に危険が及ぶ前にさっさと逃げてしまう。

黙っていれば独裁者は倒され、良識的な弟が国をついで、
丸く収まったかもしれないのに、パタリロのせいで大騒ぎに。

ちなみにテレビのニュースで、その国の内乱は国全体に広がって、
民衆含めて数百人の死者が出て更に泥沼化していると報道された。
その事に関してパタリロは「こうなったのは、元々この国がそういう状態だったからだ。
ボクの責任じゃあない!」キッパリ。

周囲の「キミって本当にハタ迷惑な奴だな」と突っ込みをいれられると
「おっとそれを言うなら、『パタ迷惑』と呼んでいただこうw」
というギャグでオチ。

『この国は元々、そういう状態だった』云々はそうかもしれないが、
内乱のきっかけを起こしておきながら砂粒程度の良心の呵責も存在しないってどうなのよ。



147:本当にあった怖い名無し@\(^o^)/:2015/02/01(日) 18:47:05.12 ID:MwT/LXHn0.net
仮に真犯人突き止めなかったら
別の誰かが身代わりで裁かれてたかもしれない
それは正義なのか?



149:本当にあった怖い名無し@\(^o^)/:2015/02/01(日) 19:53:21.73 ID:7pfBDeAJ0.net
>>147
長くなるんで省いたけど

殺害の瞬間だが、
その場にいる人間全員がとある芸術品に目を奪われ、
独裁者の悲鳴に振り向くと、中身空っぽの甲冑が独裁者を刺している瞬間だった
刺された瞬間に独裁者の弟を含めた容疑者は全員、甲冑からも独裁者からも10メートルは離れていた。
甲冑には、操る糸も装置も何もついていない。
よって、その場にいる容疑者全員が、お互いの無罪を証明できる状況にある。

独裁者を刺していた甲冑は、熱心なキリスト教徒で人々に善政を敷いていた英国の王が愛用したものだった。
それを踏まえた上で独裁者の弟は「きっと、この甲冑の持ち主であった英国の王が、兄の暴君ぶりに怒り、
天罰を与えたのだ! 神の意思だ!! よって、この国は私が継ぐ」と説明するシーンがある。

独裁者の部下も全員、「この中の誰も犯行が不可能だ……」「やはり天罰だったのか……」
反論を思い浮かばずに納得しかけている。
少なくとも、無実の人間が犯人にされてしまう可能性は0に等しい。

正義が何かなんてのは俺は知らん。
弟が後を継いでいても、結局同じ内乱が起こっていたかもしれない。
だがパタリロがシャシャリ出て、大参事のきっかけを作り、それを反省するどころか開き直る。
この点がどうしても後味が悪すぎる。



166:本当にあった怖い名無し@\(^o^)/:2015/02/02(月) 18:19:54.15 ID:wJIycRuk0.net
>>149 どんなトリックで甲冑を動かしたのか気になる



171:本当にあった怖い名無し@\(^o^)/:2015/02/02(月) 23:01:24.41 ID:NEL0lLB10.net
>>166
あらかじめ弟派の衛兵が熊の剥製の中に入って待機。
パーティの参加者が珍しい美術品に見とれている隙を狙って衛兵が独裁者の口を塞いで羽交い締めにする
弟が甲冑の剣を持って独裁者を刺す。
衛兵と弟が独裁者から離れる。
弟がわざと悲鳴を上げる。独裁者と弟は兄弟で声が似ているので独裁者が悲鳴を上げたと勘違いされる。
悲鳴を聞いて参加者たちが振り向くと甲冑が独裁者を刺したように見える



178:1/2@\(^o^)/:2015/02/03(火) 03:21:02.40 ID:PfiGEmhkO.net
星新一「かぼちゃの馬車」

田舎出のブスOL。
どうせあたしなんか、とムスッした態度で、それでも都会にしがみついていた。

電話も引いていない安アパートに一人暮らしで、休日にはテレビを見るばかり。
電話を引いていないのは、かける先もかけてくれるあてもないから。郵便物はDMばかり。

『あなたはお美しいかたでしょうが、ある一定期間だけ、さらに美しくなってみたいとお思いになりませんか。ご満足いただけなかった場合、代金はお返しします』
このDMを受け取った女は長いこと悩み、ついにその「美的変化サービス」に出かけた。

整形でもエステでもない。
注射だけで、一定期間変化が表れるそうだ。
「あなたは今、ご自分の醜さに耐えられないとお思いですか」
「…いいえ、そういえばそんな気はしませんわ」
「ご不満なら代金はお返しします、どうか一晩お考えください」



179:2/2@\(^o^)/:2015/02/03(火) 03:22:30.23 ID:PfiGEmhkO.net
エレベーターで乗り合わせた、育ちの良さそうな青年が女をちらちら見ていた。
「…ごめんなさい、つい見とれてしまいました。もっと一緒にいたいけど、それじゃあんまりあつかましい。いつかまたお会いできたら…」
青年は名残惜しそうに歩き去った。

注射には、これまでの人生観を忘れさせる作用があった。
青年は「美的変化サービス」のサクラで、いわば雑草を刈り取った空き地に花を植えるのが仕事だった。自己暗示。

女は美しい女のように自信たっぷりに歩き、それがよかったのか背筋がのび、あるべき所にやわらかい曲線を残したまま痩せた。
顔色は冴え、表情も声もやわらかく澄んだものになった。自己暗示。
女は美しくなり、受付嬢に抜擢された。

ひとつ気がかりな事があった。DMには「ある一定期間」とあったし、美的変化サービスの医者は注射の効果は一時的なものだと言っていた。
あたしは本当に美しいのかしら、みんなからかっているのではないかしら。と疑心暗鬼になる。
イケメンから飲みに誘われても断り、美人なのに自意識過剰じゃないのは珍しい、変わった女だと言われればどうせあたしなんかとむくれる。
アパートで鏡を覗きこみ、あたしは本当に美しいのかしらと涙を流す。
…女の目は少し濁り、まぶたは少し腫れぼったくなった。



180:本当にあった怖い名無し@\(^o^)/:2015/02/03(火) 03:43:22.74 ID:VdfGsg1J0.net
>>179
こういう話大好き



200:トリガー 1@\(^o^)/:2015/02/06(金) 05:39:30.40 ID:w8xsomBP0.net
『トリガー』って小説原作の漫画の最後の話

この話の日本は国王制で、「射殺許可法」という架空の法律が存在する
射殺許可法というのは、様々な検査によって「国王に近い思考、脳波を持つ者」「トリガー」を厳選し、そのトリガーに拳銃と「誰を射殺しても良い」という特権を与える法律
この法律を立案した国王は、かつては反政府派の反乱軍のリーダーで、独裁政治を行っていた前国王を処刑したことにより国民からの絶大な支持を得て、現在の国王の座に就いた
国王は確固たる信念の元、射殺許可法が犯罪撲滅に繋がると信じている

作風はトリガー達の連作短編って感じで、各話ごとに主人公が違う

最初の話の主人公Aは、「国王に最も近い脳波を持つ」として注目されているトリガー(Aだけは他のトリガーの話にも出てきてカッコいい)
幼い頃に母を失っているAは、中年女性が一人で経営している定食屋の料理に「お袋の味」を感じ、常連になっていた
Aは店主が暴力団の借金取りに苦しめられていると知り、暴力団事務所に乗り込んで組員を皆殺しにする
後日、Aが定食屋に向かうと、定食屋は閉店していた
そこにはA宛の店主の置き手紙が残されていた
手紙によると、Aがトリガーであることを知った店主は、Aが借金取りを皆殺しにしてくれることを内心密かに期待してしまっていた。店主はそんな自分を悪人とみなし、Aに顔向けできないから行方を眩ましたのだ
手紙の最後には、Aがよく注文していた料理のレシピと、「もう人を殺さないでほしい」という切実なメッセージが書かれていた
Aはトリガーを辞めようか考えるが、同級生を恐喝していた不良少年を見かけ、射殺する



201:トリガー 2@\(^o^)/:2015/02/06(金) 05:40:12.28 ID:w8xsomBP0.net
最後の話の主人公は、なんとAに射殺された不良少年の父親B
楽観主義のBは、グレて不良化した息子に何一つ文句を言わず、「いつかは大人になってくれる」と信じて成長を見守っていた
だが、息子はトリガーであるAによって射殺されてしまった
それを期にBの家庭は崩壊する。妻は「Bの放任主義が息子を殺した」とBを責め、離婚した
「たしかに息子は悪事を働いた。それでも、死ななければならないほどか?」
Bは髪も切らず髭も剃らず、部屋の掃除もせず、 グレる前の息子との思い出を追想して泣きながら過ごし、廃人の様になっていく
息子が幼なかった頃、Bは幼い息子から「運動会のマラソンで一位に成れたらラジコンを買って欲しい」とねだられた
運動会当日、Bは仕事を優先して運動会を見に行かず、ラジコンを買って帰った
しかし息子はラジコンに見向きもせず、Bに背を向けた
「あの時、息子は本当はラジコンが欲しがったんじゃない。俺に自分の勇姿を見て欲しかっただけなんだ」
Bは今まで自分が息子に何もしてやれなかった臆病者だという事実に向き合い、今何が出来るかと考える
Bはトリガーに志願し、審査に合格した
「息子を殺した男と思考が似ているなんて、皮肉だな」
そして拳銃を持って「あの男」に会いに行く

Aはテレビで国王の演説の生中継を観ていた
そこへ何者かが訪れる
Aが訪問者の方を振り向くと同時に、銃声が響いた

テレビには国王がBによって射殺される光景が映し出されていた
(Aが殺されるというのはミスリードで、国王が殺された)

帰宅したBは、偶然にも息子の部屋からあの時のラジコンを発見して号泣
「ちゃんと遊んでくれていたんだ」
そして、まるで息子と一緒に遊んでいるかのように独り言を言い、泣きながらラジコンで遊び続けて終わり

ちなみにエピローグでは、国王は演説前にBの存在に気付いていて、「トリガー(自分と近い脳波を持つ者)が私を悪と見なすのなら」と殺される事を覚悟した上で何の対策もとらずに演説台に立っていたってことが書かれている
Aは実は国王の実の弟で、「自分の撃った弾丸が巡りに巡って兄を殺した」という事実に愕然する



203:本当にあった怖い名無し@\(^o^)/:2015/02/06(金) 14:37:41.58 ID:/MQmYklx0.net
>>201
後味悪くないけど面白い



218:本当にあった怖い名無し@\(^o^)/:2015/02/07(土) 21:27:09.41 ID:eG434RXi0.net
>>201
エピローグの話も、人によっては評価が分かれそうだよな

国王死後の、新国王は就任早々
「前国王は間違っていた! 各都道府県に拳銃で武装した市民を1名配置、
そんな事で犯罪を無くせるはずが無い!」と熱弁する。
射殺許可法を全否定かと思わせて
「これからは各市町村区にサブマシンガンを持たせたトリガーを1名配置する!」
と法律を修正する。

※新国王は、前国王の熱心な支持者。中盤のストーリーの主人公。本業は凄腕弁護士だが、
どうしようもない外道犯罪者(例:連続幼女強姦殺人犯。反省の色無し)に関しては、無罪を勝ち取って希望を持たせた後で
遺族の前でいたぶって射殺したりする。(本人いわく「こんなゴミは、被害者遺族の前で死ぬべきだ」)

最後は、前国王の弟(A)が大量のヤクザに報復されそうになるも、再びトリガーに認定されてたため
サブマシンガンで撃退して「夏は隠し持つのに苦労しそうだ」と恍けた台詞を言って物語は終わる。

読者によっては「おお、前国王の意思は新世代に受け継がれたハッピーエンド」と思うかもしれない、
反対に「滅茶苦茶な法律が撤廃どろこか、更に悪化した後味悪いバッドエンド」になるかもしれない。

個人的にはエピローグより、静岡県のトリガー(山崎)や、群馬県のトリガー(永井)の話が後味悪い。



221:本当にあった怖い名無し@\(^o^)/:2015/02/07(土) 23:55:43.00 ID:RlhsD8P30.net
>>218
国王とかトリガーとかいうから外国の話かと思いきや日本か
静岡のトリガーとかシュールだな



204:本当にあった怖い名無し@\(^o^)/:2015/02/06(金) 16:23:50.78 ID:cKz0LWwU0.net
面白いね
でも知り合いをい恐喝してたからって不良を射殺ってちょっと衝動的すぎるし
親族の恨みを買っても仕方ない気がするな



205:本当にあった怖い名無し@\(^o^)/:2015/02/06(金) 18:43:38.41 ID:iudqg/gY0.net
一般常識がその法律を前提としたものなら衝撃的ってほどでもないんじゃね
似たような事件はそこら中で起きてるんだろうし



215:1/2@\(^o^)/:2015/02/07(土) 17:19:27.53 ID:mHxoE2rCO.net
星新一「暑い日の客」

真夏の昼さがり、精神分析療法が専門のM博士の診療所に来客があった。
助手は今、昼休憩。しかたなくM博士自身が客を迎える。
この暑いのにダークスーツでネクタイをきっちり締め、帽子に濃いサングラスのなよなよした若い男だ。
帽子とサングラスを取って楽になさい、と勧めると客はそのとおりにし、男装した美女の正体を現した。
なるほど異常だ、と思いながら話を聞き出す。

女は、先ほど受付の方に電話でお話ししたらすぐに来るようおっしゃいましたわ、こういう所にうかがうのは初めてですけど思いきってお訪ねしてよかった、とリラックスしたようだ。
助手の奴め引き継ぎもせず昼飯に、あとで厳しく言ってやらねばと思いながら話を聞き出すと…

女は豚を殺して以来、犬にしつこく付きまとわれて難儀しているそうだ。
男装してホテルを転々としているが、犬はどういうわけか嗅ぎ付けて追ってくる。
豚が死んだ時、少しかわいそうになったがすっきりした。

なるほど、田舎道をドライブ中豚をはねた、と。ショックだろうが、はたしてその犬とやらは実在しているのかな。
豚が死んですっきりしたとは、確かに異常だ。

M博士は、あなたはたいへん魅力的だから犬を手懐けてみてはいかが、それで駄目なら勇気を出して立ち向かうことです、豚と同じようにやっておしまいなさい、と助言した。



216:2/2@\(^o^)/:2015/02/07(土) 17:21:55.80 ID:mHxoE2rCO.net
M博士は翌日の予約を取りつけ、女は代金だと言って金の入った封筒を押しつけて帰った。明日清算すればいいと思い、M博士は封筒をしまった。

女が帰ってまもなく、隣に事務所を構えるF弁護士がやって来て週末のゴルフに誘った。
ついでに雑談するうちに…

豚のようにいやらしい夫を殺して逃げている女性から、犬のように忠実な夫の部下に追われているので自首を考えているという電話がF弁護士の事務所にあったそうだ。
すぐ来るような事を言っていたが一向に来ない、いたずら電話だろうが迷惑。
もし来たらあなたに精神鑑定をお願いするかもしれません。
(その女ならもう来ましたよ)

F弁護士と入れ替わりに助手が戻った。
「先生、遅くなりました。実は、看板が汚れているので業者に持っていって直してもらってたんです。この商売、患者に信頼感を与えなければいけませんからね」



223:本当にあった怖い名無し@\(^o^)/:2015/02/08(日) 08:05:29.71 ID:rhTQTNYl0.net
先日放送された『夜ノヤッターマン』より。
知らない人のために説明すると、このアニメはドロンボーの子孫三人がヤッターマンの子孫(先祖とは違い世界を圧政で支配している)にお仕置きをするため旅をしている。
そこんとこ踏まえて、ストーリー。

ドロンジョ達一味はとある夫婦に匿ってもらう事になる。旦那さんは気が弱そうだが優しそうで、奥さんは妊娠しており子供が産まれてくるのを楽しみにしていた。
そんな二人の元にヤッター兵(ヤッターマン側の戦闘員みたいな奴。)がやってきて、旦那さんに「赤紙が来た。35年ヤッターマンの為に働いてもらうぞ」との通達が来る。
うろたえる二人をよそに、周囲の人達は引きつった笑顔で万歳三唱をする。
妻もその雰囲気に合わせるかのようにその場で万歳をする。

「こんなのはおかしい、間違ってる!」夫婦に世話になっていたドロンジョは夫をさらい妻に引き合わせ、ヤッターマンの支配が及ばない場所へ逃がそうとする。

しかし、旦那は身重な妻を気遣うあまり、「強制労働を免除してもらう」事を条件にヤッターマン側にドロンジョ達の居場所を密告してしまう。
たちまちメカでやって来て、ドロンボー達をコテンパンにするヤッターマン。

「これで妻と一緒にいられる…」そう安堵する夫だが、ヤッターマン側は約束を破り「ヤッターマンの為に働けるのだ。嬉しいだろう?」と夫を連れて行く。

後に残された妻の元に、ボロボロになったドロンジョ達がやってくるが、妻は「近寄らないで!ドロンボーと関わってるなんて知られたら、何をされるか分からない!」と彼女達を突き放し、一人ヤケクソ気味に万歳三唱をしながら去っていったのだった…



224:本当にあった怖い名無し@\(^o^)/:2015/02/08(日) 10:29:42.99 ID:qnmIJXz2O.net
短編なんだけどおぞけ話。
何人かの親父が一年に一度集まってうどんを作って食べる。
その時に混ぜるものが自分の娘の生き血。
地下室に毎年生け贄の娘が磔にされて親父全員に槍?かなんかで刺され血を流させその血を混ぜたうどんを食べたら事業がうまくいって大金を得る。
耐えられなくなって娘を刺せない親父はたちまち貧乏になる。



230:本当にあった怖い名無し@\(^o^)/:2015/02/08(日) 19:14:03.72 ID:KfyclIYQO.net
>>224
後味が悪いより、どちらかと言ったら胸糞が悪いかなあ
娘が悲惨すぎる



235:本当にあった怖い名無し@\(^o^)/:2015/02/08(日) 22:33:16.66 ID:v0xZVQ1e0.net
ドロンボーを突き放した妊婦が頭に触角みたいのがある髪型の
「ミッちゃん」っていうキャラなもんだから
将来生まれてくる子供がみなしごになりそうで一足先に後味悪い



322:1/3@\(^o^)/:2015/02/14(土) 10:22:12.52 ID:aoRhE3FIO.net
グレアム・グリーン「森で見つけたもの」

ピートの村は海抜千フィートにあり、浜から5マイル離れている。村人は誰も山の稜線を越えた事はない。
20マイル先に岬があり、その先に小さな村があるらしいが誰も行った事はない。
数百フィート登ると茂みが終わって森が始まる。ここの黒イチゴは旨い。

ピートの母は背丈が5フィート足らず、やぶにらみでよちよち歩きで吃音症だが、ピートの目には誰より優雅に見える。
ピートは自分の年齢を知らない。母は七歳だと言い、父は九歳だと言う。
男の子は10歳になれば村の男衆と漁に出る。
母は一人息子のピートが危険な海に出るのを遅らせたいのだろう。
二人以上の子供がいる家は村に二軒だけだ。
村の人口はなかなか増えない。

村の男衆は晴れた日もどんより曇った日も新月の夜も漁に出るが、雲の形がはっきり見える天気には決して船を出さない。
漁の最中にもくもくと雲がわけば、慌てて浜に戻る。岬の向こうの村も同じだ。昔の大災厄の記憶と結びついているらしいが、物知りのピートの母もくわしい事は知らない。

「ピート団」はこの日、黒イチゴを求めて山の稜線を越える冒険に出た。
村近くの黒イチゴは食べ尽くしてしまったのだ。
ヤギのミルクをかけた黒イチゴはピートの母の好物だ。
ピート団はピートの他四人の子供たちで、一人はまだ七歳の女の子。

山の上には大きな黒イチゴがあった。
稜線を越えると、眼下に大きな四角い廃墟が見えた。
真っ二つに裂け、苔むし蔦が絡まり木々に囲まれている。



323:2/3@\(^o^)/:2015/02/14(土) 10:23:52.26 ID:aoRhE3FIO.net
廃墟は1つの大きな家ではなく、幾つもの家が何層にも積み重なった大きな建物だとわかった。
巨人伝説は本当だった、もしかしたらこれはノウじいさんの船かも、と喋りながら探検するうち、ピート団は彼らそっくりな子供たちに遭った。
顔の半分がえぐれた子、小さな目が落ち窪み髪の毛が一本もないので老人のように見える子、頭が二つに割れた子、顔中が緑色の吹き出物でおおわれたがに股の女の子、膝から下がない子。
彼らはつるつるした冷たい壁の向こう側から出てこようとしなかったし、声も立てなかった。

ノウじいさんという昔の人は、大きな船に獣を1つがいづつ乗せて大災厄から逃げたそうだ。
大災厄が具体的に何だったのか、物知りのピートの母でも知らない。
大きな雷が落ちたとか、大津波とか、色々言われている。

ピート団はある部屋で巨人の白骨を見つけた。
背丈はゆうに6フィート。
がに股の女の子が泣き出した。
「この人、とってもきれいね。足が長くてまっすぐで。歯もこんなに白くて、ちゃんと生え揃ってる」
「巨人ってきれいだったのね。どうしてみんないなくなっちゃったのかしら」
おまえだってきれいだよ、と言おうとしたピートは、なぜか喉がつまって何も言えなかった。

ピートはその部屋から、冒険の証拠である戦利品を持ち出さなかった。
その部屋にある物は、全部巨人のものだと思ったので。
泣いた女の子をなだめたピートは、団員たちに遅れて山肌を登った。
少し先を行く団員たちの不揃いな短い手足は、蟹のように見えた。



324:3/3@\(^o^)/:2015/02/14(土) 10:25:06.68 ID:aoRhE3FIO.net
ピートが「頑張れば」四年前の冬をぼんやり思い出せるとか、母との会話でやっぱりママは頭いい!って感心する所、
「樹木ってなあに?オーク?樺?オークと樺は全然違うよ、犬と猫ぐらい違う」
「オークも樺も樹木よ。犬も猫も動物でしょ?」

ピートたちが鏡を知らない事、だから自分の顔も知らない事、自分らと同じ姿で同じポーズの鏡像を見て、
「あの四人は団員とおんなじだな、じゃあ僕が残りの一人、僕ってあんな顔なんだ…」って思わない知能だと察せられる事、子供の遊びの名前で「あの雲に気をつけろ」ってのが出てくるからきっと大災厄は核戦争なんだな、と察せられる事、
黒イチゴを持って帰るのに女の子のスカートの後ろ半分をお尻の上で結んで前半分をカゴがわりにするシーンがあって、お尻もあそこも丸出しって表現が出てくるので、じゃあパンツのない世界なのか、って所、
巨人の身長が6フィートで足がまっすぐで歯が白く「ちゃんと」生え揃ってる、って表現で、じゃあ村人は誰も…って思えるのが、なんかウワアア!ってなった。

日常と思わせて実は、ってので筒井康隆「定年食」「家」を思い出した。



325:本当にあった怖い名無し@\(^o^)/:2015/02/14(土) 19:17:15.21 ID:dKfLFBMx0.net
ピーターパンの語られなかった結末

ディズニー映画のピーターパンは最後に「一年後に会おう」と言って終わった(記憶違いだったらすまん)
実はこれには続きがあるただ余りにも夢がないせいかディズニーではカットしたようだ
それがこれ

ウェンディはピーターパンとの逢瀬を毎年楽しみにしていたしかし永久をネバーランドで生きるピーターパンからしてみれば人間界の1年など1ヶ月程度にしか値しない
ネバーランドで遊んでいる内にピーターパンはすっかり人間界との時間の感覚の違いを忘れてしまっていた
一方のウェンディは来ると言っていたピーターパンが何時まで経っても来ないのに落胆し歳を重ねていったそして結婚して娘を産んだ
その頃にようやくピーターパンはウェンディとの約束を思い出し人間界に向かったのだ
ウェンディはピーターパンを見るなり「約束を果たしに来たのね!」と歓喜した
反対にピーターパンは落ち込んだウェンディが大人になってしまったからだネバーランドは子供の世界
大人になったウェンディはもうネバーランドに行く事はできないのだ
途方に暮れたピーターパンは仕方なく娘を攫っていった
泣き崩れるウェンディ、娘を攫いネバーランドに連れていくピーターパン

これが本当の終り



331:本当にあった怖い名無し@\(^o^)/:2015/02/15(日) 08:37:31.85 ID:QMhwfN7x0.net
>>325

ファンタジー世界の住民と、人間の子供の「その後・・・」の話はだいたいこのパターンだよね
このスレでも紹介されたオバQと大人になった正ちゃんのエピソードもまた同じ
永遠に年をとらない存在と、大人にならざるをえない生身の人間では
いずれ別れなくてはならない時が来るんだよね



326:本当にあった怖い名無し@\(^o^)/:2015/02/14(土) 23:57:26.69 ID:I3xDIX0G0.net
昔読んだドラえもんのパロディ的なweb漫画の話
ある日、のび太(的なキャラ)がドラえもん(的なキャラ)に食って掛かる
のび太「僕、何年たっても年をとらなくて小学生のままよね」「これってドラえもんの仕業なんでしょ?」
ドラえもん「ギクギクッ!」
のび太「初めは悪い気はしなかったけど、いい加減そろそろ成長しくなってきたんだよね」
ドラえもん「はい、『眼でピーナッツ噛み器~~』前にこれ欲しがってたでしょ?」
のび太「誤魔化すなよ」
ドラえもん「……(;´・ω・)」

その日の夜。ドラえもんは眠るのび太の枕元に立ち、眼に涙を浮かべなから「独り言」として何かを語ろうとする
しかしそこへタイムパトロールが現れ、「余計なことをするな」とドラえもんに釘を指す

~真相~
本来ならのび太は不幸な人生をおくるはずだったが、それにドラえもんが介入し、のび太の未来を幸福な人生へと改変した
ここである問題が発生する
ドラえもんの行ったタイムパラドックスにより、のび太が不幸になる未来の世界Aとは別に、のび太が幸福になる未来の世界Bが誕生してしまった
だが、存続できるのは世界Aか世界Bどちらか片方だけなのである
消滅の危機に瀕した世界Aはドラえもんを捕らえる
世界Aと世界Bの住人は話し合い、ある取り決めを結んだ
それは「のび太が存在する過去を世界Cとし、のび太に永久に同じ時を繰り返させ続けて人柱とし、世界Aと世界Bどちらにも発展する可能性をもつシュレティンガーの猫にする」というもの
そして罰としてそれを管理する役割を担わされたのがドラえもんだった

翌日 。のび太はドラえもんにこんな話をする
のび太「昨夜、不思議な夢を見た。ドラえもんが僕の枕元に立ち、僕に涙ながらに何かを語ろうとしている、という夢だった」
ドラえもん「ギクッ!!」
のび太「でも僕は、それを語ることで親友が涙を流すのなら、無理に知らなくてもいいと思ったんだ」
ドラえもん「のび太くん……(´;ω;`)」
そしてのび太はいつものようにコメディな日常に戻っていく。っていうちょっと感動的なオチ



327:本当にあった怖い名無し@\(^o^)/:2015/02/15(日) 00:36:03.37 ID:f1AShw6a0.net
>>326
面白いな



387:本当にあった怖い名無し@\(^o^)/:2015/02/18(水) 19:33:34.68 ID:/kVYlAZ/0.net
どこに書き込めばいいか分かんないからここで書かせてもらう

親父が務めてた会社の後輩の話
後輩は家に父がいなかった幼い頃に癌で亡くなった母子で生活する事になったが貯金は多くなかったうえ頼れる親戚もいなかった
当時の日本といえば女性は専業主婦として生きることになっていたので母は表立った仕事が出来ず内職に勤しんでいた安月給での内職のため時には借金も抱えた
そんな中で育った後輩には志があった
「金の掛からない国立に行き、女手一つで育ててくれた母に親孝行したい」
それから毎日夜間学校とバイトを往復した

そして名のある国立に合格し両家のお嬢様と付き合い会社に務める頃には籍を入れた
貧乏であったもののイケメンで明るくいつも向上心をもって行動していた彼を上司である親父は可愛がっていた
「これからですよ。忙しくなるのは。子供も後半年で生まれてくるし、母にも全然親孝行してません」

その丁度1ヶ月後、彼は癌を患った
まだ25歳にして父と同じ癌を持ったらしい
それから半年を待たずに死んだ
赤ん坊を見る事も出来ず母に親孝行もしなかった事を悔いながら死んだ

これがドラマではなく実話なんだ



389:本当にあった怖い名無し@\(^o^)/:2015/02/18(水) 19:57:48.64 ID:sX3zsvRc0.net
癌は早期発見で治せるしこまめに診察するしかないね



391:本当にあった怖い名無し@\(^o^)/:2015/02/18(水) 20:13:01.52 ID:/kVYlAZ/0.net
>>389
20年も前の話なんだ…
彼は若かったから悪化も早かったらしい



390:本当にあった怖い名無し@\(^o^)/:2015/02/18(水) 20:04:47.70 ID:wdeMlZnj0.net
20代じゃがん検診なんて頭にないだろう
会社の健診でも腫瘍マーカーまでは取らないから見つからないし



414:本当にあった怖い名無し@\(^o^)/:2015/02/19(木) 18:42:13.76 ID:l1nwpiP30.net
1985年9月にレバノン起きたヒズボラによるソ連外交官4名の誘拐事件をソ連のKGBが驚くべき方法で解決したことを伝えた記事が話題に上っていた。

この記事は既に30年近い昔の記事のため、当時、そういう事件が起きていたということを知る人はほとんどいないかもしれない。しかし、記事によると1985年9月にレバノンでヒズボラによって
ソ連外交官4名が誘拐されるという事件が起きたのだという。

ヒズボラはソ連外交官4名と引き換えにソ連に拘束されている捕虜の釈放を要求してきたが事件はその後、膠着状態に陥ったことで、進展を求めたヒズボラは人質の一人を殺害した。

ところが、ソ連は同胞が殺害されたことを知ると、却って態度を硬化し、改めて強硬な手段で事件の解決を目指すこととなったのである。そして、それを任されたのがKGBとなる。

事件の解決を任されたKGBは、ヒズボラと交渉などはせず、ソ連外交官の誘拐を行った犯人グループのリーダーを特定し、そのリーダーの甥を誘拐した。

そう説明するとKGBは、その甥と引き換えに外交官の解放を求めたと考えるかもしれないが、そうではない。

KGBはヒズボラのリーダーの甥を誘拐すると、その甥の体の器官の一部を切断し、その切断した体の一部をヒズボラの送ることで、外交官の即時解放を要求したのだという。

そして、親戚の体の一部を送り付けられたヒズボラは、KGBの手口に恐怖し、直ぐに、外交官を解放したと、その記事では説明されていた。

しかし、これで終わったわけではないのである。

その記事には書かれていないが、Redditの書き込みによると、KGBは外交官が解放されたことを確認すると、誘拐したヒズボラの幹部の甥は解放せずに殺害したのだという(それも
ヒズボラが殺害した外交官の殺害方法と同じ手口で)。ヒズボラは誘拐したソ連外交官の内、一名を殺害しており、ソ連も一名も殺害しなければバランスが取れないというのがKGBの論理なのだという。
http://www.businessnewsline.com/news/201405192115470000.html



418:本当にあった怖い名無し@\(^o^)/:2015/02/19(木) 21:36:20.85 ID:VHM/K5SH0.net
KGBこえーとは思うけど
後味悪いかっていうとそうでもない



420:本当にあった怖い名無し@\(^o^)/:2015/02/20(金) 00:29:36.54 ID:qxQ/ogfv0.net
甥被害者すぎる



421:本当にあった怖い名無し@\(^o^)/:2015/02/20(金) 01:20:19.28 ID:1G9P35kT0.net
子供が犯した犯罪に対して親ならまだわかるけど
子供とか、ましてやそれより遠い親戚まで巻き込むのはおかしいだろ



423:本当にあった怖い名無し@\(^o^)/:2015/02/20(金) 08:48:30.16 ID:DzdtsIon0.net
>>421
テロってのは元来そんなもんじゃね?不条理だし、正義楯にとって無慈悲な
事するもんじゃね?だからテロと向かい合うのも不条理に無慈悲にならなきゃ
いけないんじゃないか。



424:本当にあった怖い名無し@\(^o^)/:2015/02/20(金) 11:17:56.30 ID:QkD7Gckw0.net
>>423
個人の罪はその個人にのみ負わせるべきだろ
一族郎党にまで負わせるってあまりに前時代的だわ



422:本当にあった怖い名無し@\(^o^)/:2015/02/20(金) 07:33:23.43 ID:8bA/gCBd0.net
手塚治虫の漫画ブッダから
苦行で瀕死状態のシッダルタに乳粥を与えて救い悟りのきっかけとなった女性、
コーヒー用ミルク製品の名称の元ネタでもあるスジャータの話。
ある日スジャータは毒蛇に噛まれ治療も効果がなく死の淵に立たされる
シッダルタは以前の恩義もあり何としてでも彼女を助けようと試みる
治療の甲斐あって肉体は回復したが時既に遅く霊魂が冥界へ旅立ち意識は戻らなかった。
シッダルタは悟りで得た力でスジャータの魂を戻すため冥界?へダイブする
そこには幾千幾万もの死んだ生き物の魂が集い、漂っていた
万物のカルマを理解し感動しつつシッダルタはスジャータの元の魂を区別する術もないので
適当にカッコイイと思った魂を持ってきて彼女の身体に入れた。

スジャータは回復し一件落着みたいに描かれてたけど
元の彼女は死んだも同然だしシッダルタは親族にそれを伝えていないみたいなのが後味悪い



435:本当にあった怖い名無し@\(^o^)/:2015/02/22(日) 08:32:33.56 ID:hI9CatbM0.net
ブッダは聖者らしく色々と常人離れした考えの持ち主だから仕方ない
妻子や国を捨てて放浪の旅に出る鬼畜だし



436:本当にあった怖い名無し@\(^o^)/:2015/02/22(日) 09:00:00.82 ID:XH/ddOvp0.net
放浪の旅に出たくらいで鬼畜米英呼ばわりされたら、たまっちゃもんじゃござんせん(>_<)



437:本当にあった怖い名無し@\(^o^)/:2015/02/22(日) 09:24:34.03 ID:L7qWslq00.net
放浪するのはいいけど、出て行こうとするブッダ(このときはまだシッダルタか)に
妻が「もうおなかに子どもがいるんです」みたいなことを示したら
「その子にはラーフラ(障害)と名付けるがいい! 私は行くぞ!」とか
苦悩の表情で言ったのがちょっと…って思った
おまえがやることやったからできたのに何おまえって感じで
そして妻もラーフラってほんとに名付けるし子どもがかわいそう



439:本当にあった怖い名無し@\(^o^)/:2015/02/22(日) 09:45:43.18 ID:jfQCw3A50.net
その場合のラーフラって父なし子で育って苦労するってニュアンスじゃなかろうか
障害が常に身体の障害ってわけじゃないし
どっちにしろそんな名前つけられる子供はたまったもんじゃないが



440:本当にあった怖い名無し@\(^o^)/:2015/02/22(日) 09:50:00.37 ID:L7qWslq00.net
>>439
いや、自分(ブッダ)が出家するときの障害みたいな意味よ
体の障害ではないし苦労するって言う意味でもない



441:本当にあった怖い名無し@\(^o^)/:2015/02/22(日) 09:53:23.67 ID:Eb7uvNVL0.net
ラーフラ(障害)っていうのは
子どもへの愛情は執着の一種でしかない、悟りの道への障害になるって意味
そうと分かっていても仏陀にとってわが子はやっぱり愛しくてたまらない
子どもを見れば決心が鈍ってしまう
けれど、自分が悟り、救いへの道を見出さなければ
愛しいその子も不幸にしてしまう
その子のためにも執着を捨てなければってことで
だからその子の名前をラーフラってつけたの

愛情が無いわけじゃない



446:本当にあった怖い名無し@\(^o^)/:2015/02/22(日) 12:42:08.35 ID:FxRWyiTK0.net
聖おにいさんのせいで、トイレで寝るのが趣味な卑屈な人ってイメージしかないなw



483:本当にあった怖い名無し@\(^o^)/:2015/02/24(火) 11:27:47.13 ID:L3F7e0GJO.net
阿刀田高の短編

高圧的なヒステリー妻にはうんざりだが、離婚の手間が面倒だと鬱屈している夫。
ある夜、妻の旧友だという女が助けを求めて来る。
愛人に夢中になった夫との離婚を拒んだら、精神病院に閉じ込められたという。
電気ショック療法とか睡眠療法とかひどいのよ、あなたが結婚してこの町に住んでるのを思い出して脱走したの、と泣く女を妻は慰め、早く警察を呼ぶよう夫に命じる。
客の前でも威張りくさった態度なのでカチンときた夫、客間の女二人を刺激しないようひそひそ声で電話。
「もしもし、○○精神病院ですか。患者が一人脱走しましたね。隠さなくていいんですよ、気違い女はうちに逃げてきましたから。ところでものは相談ですがね。ついでにうちの女房も引き取ってくれたら、警察には一切…」



486:本当にあった怖い名無し@\(^o^)/:2015/02/24(火) 15:20:19.31 ID:J0U/a6z20.net
>>483
ここまでいかずとも「目障りな人間を精神病だとレッテル貼って厄介払い」ってケースが多発して
入院に関してのハードルが上がり、本当にいれなきゃどうしようもない患者まで
なかなか入院措置が取れなくなったのが現在なんだよなあ



487:本当にあった怖い名無し@\(^o^)/:2015/02/24(火) 15:32:51.11 ID:47yjHdXQ0.net
>>486
いやそんなことはないよ
自傷他害の恐れありと認められれば、家族や本人の意思で入院できる



542:1/2@\(^o^)/:2015/02/26(木) 11:12:50.63 ID:H2CTi6w8O.net
P・K・ディック「フォスター、お前死んでるとこだぞ!」

マイク・フォスターは、午後のノルマである防水カゴを二つ編み上げた。
小動物用の罠も作ったし、廃材でナイフも作った。
だから早退していいですか、と女教師に訊ねるが、ナイフの強度が足りないからとやり直しを命じられる。
明日やりますから、と頼み込むが、明日は穴掘りの実習よ、あなた穴掘って食用になる根っこやら小動物やらを見つけるのは苦手でしょやり直す暇なんかないわよ、とダメ出し。
どうしても家に帰らなくちゃいけないんです、と頼み込むマイクを、級友があざ笑う。
「先生!こいつの親父、反軍拡主義者なんです!哨戒機の分担金、払ってないんです!だからこいつ、学校のシェルター使えないんです!」

「だからこいつ、学校にいる時に空襲があったら死んじまうんです!」
「こいつの親父の家具屋、潰れかけなんです!だからこいつ、公共シェルターもに入れないんです!」

マイクは早退を許された。
空には哨戒機が飛び交い、通学路には【公共シェルター、使用料50セント】の看板がある。

マイクは今日も、ゼネラル・エレクトリック社(GEC)のショールームを覗きこむ。
【最新モデル核シェルター、ついに入荷!】
【72年型…自動シャフト、核動力(安全!)空気再生装置、完全自給自足!】
【分割払応相談】

シェルターに入れてよ、と頼んでみるが、ガキはダメだ必ず万引きするんだからな、と追い出される。

夕食の席で、シェルター買ってよ僕死にたくないよ、と頼んでみるが、父はにべもなく却下。
「72年型だと?今はまだ71年だ!うまい商売だよな。核シェルターは贅沢品ではない、今や必需品。買わなきゃ皆殺しってわけだ」

…財政縮小、経費削減が叫ばれ、防衛を国民ひとりひとりに委ねる案が出された。
国民は他人のもの、国家が用意したものは粗末にするが、自腹を切って手に入れたものは大事にする。
だから大統領は、哨戒機を飛ばすために賛同者から収入の30%を徴収する事にした。
公共シェルターを有料にした。



543:2/2@\(^o^)/:2015/02/26(木) 11:15:16.39 ID:H2CTi6w8O.net
父はマイクの様子を見て、また夕食の席で母が初めて反抗したので、(もうあなたに従うのは疲れたわ、あなたはすぐ逃げるのね)何かを考えたようだ。

翌日の授業はマイクが苦手な、空襲の際に有害物質を吸い込まずにシェルターまで走れるよう、息を止めて全力疾走する訓練だ。
「フォスター、真面目にやれ!本当ならお前、死んでるとこだぞ!」
と体育教師がどなる。
それから、穴掘り。それから、食用植物を見分ける訓練。

帰宅すると、GEC社員が庭にシェルターを設置していた。
「マイク、お前のために買ったんだ。分割払いがあって助かった」
「奥さん、これは最新型ですな。うちのは69年型なんです。中を見せてもらってもいいですかな」
「ごめん遊ばせ、マイクに一番乗りさせてやりたいんですの。マイクのために買ったので」

父は哨戒機の分担金を払った。マイクは学校のシェルターを使えるようになった。
マイクは寝る前の数時間を庭のシェルターで過ごすようになった。

クリスマス前、ソ連が新型爆弾を装備した。
マイクの父が買った最新型でも防げないもので、GECは新型アダプターを足せば防御はバッチリ!と宣伝した。
ある日マイクが帰宅すると、シェルターは消えていた。
父の店がいよいよ赤字になり、アダプターを買うどころか月賦も払えなくなり、GECに返品したのだった。
「心配するな、哨戒機の分担金ぐらい払えるからな。お前は学校のシェルターを使えるんだ」

町のGEC支店はクリスマスセールで大賑わい。
マイクは店員の目を盗んでシェルターに入った。
当然店員につまみ出されたが、マイクはひどく暴れた。
「まったく、何てガキだ!公共シェルターがあるだろうが!月賦も払えんくせに!」

マイクはクリスマスで賑わう町をさまよった。
【公共シェルター、使用料50セント】のネオンサインがむなしく輝いていた。



551:1/2@\(^o^)/:2015/02/27(金) 04:36:55.03 ID:1ZTjX/u00.net
手塚治虫『緑の果て』

最終戦争で地球が滅亡
たった数人の男達だけが宇宙船で地球を脱出し、人類最後の生き残りになる
しばらく宇宙を放浪して、植物に覆われた緑の惑星を発見し、着陸する
しかし、その惑星には何故か動物が生息していなかった
船員達は食料に出来る動物を探し、魚や蝶々の姿を発見して捕まえて見るが、それは魚や蝶々の形を模した植物だった

船員の一人である青年は、地球に残してきた女性のことを想って感傷に浸っていた
すると、その女性に瓜二つな植物の女が姿を現す
青年は植物の女に引かれ、宇宙船を離れて植物の女と共に暮らすようになった

その後も船員達が地球の何かを想像すると、それに合わせて電柱や日用品を模した様々な植物が現れた
船長と学者は研究し話し合い、この惑星の植物が地球人の脳波を感知して姿形を変えている、という結論を出した
「この惑星の植物は我々を慰めてくれているのか?
 それとも、何か別の目的があるのか?」



552:2/2@\(^o^)/:2015/02/27(金) 04:37:19.01 ID:1ZTjX/u00.net
船長と学者は、体調を崩して寝込んでいる船員の一人を手術し、結論にたどり着いた

船長と学者はこの惑星を立ち去る決意をし、青年に事情を説明する
植物が繁栄するためには、種子を媒介してくれる動物の存在が必要不可欠であるが、この惑星の動物は何らかの理由で絶滅してしまった
この惑星の植物はずっと動物がやって来るのを待ち続け、そこへ地球人が訪れた
この惑星の植物は地球人の肉体に種子を埋め込み、他の惑星へと運ばせる気でいたのだ
現に、寝込んでいた船員の体内からは植物の種子が摘出されており、放っておけば種子に栄養を吸い付くされて死んでいたのだ

青年が植物の女に別れを告げて立ち去ろうとすると、植物の女は必死に青年に追いすがった
青年は自分自身を想像して植物の自分を作り出すと、「これを僕だと思え」と植物の女に言い残し、宇宙船に乗って飛び去っていった
植物のアダムと植物のイブはいつまでも宇宙船を見送り続けた

“それから暫くして、蛇に手足を生やした様な姿の宇宙人がこの惑星へと降り立った”
“蛇型の宇宙人は、リンゴの木の下で戯れていた植物のアダムと植物のイブの足元へと近付いていった”
 ↑
“蛇足”



554:本当にあった怖い名無し@\(^o^)/:2015/02/28(土) 00:49:45.01 ID:8cMRNj4j0.net
岡本綺堂「半七先生」(半七捕物帳)

甲州屋の娘お直が行方不明になった
岡っ引きの半七親分が捜査に乗り出し、事件を解き明かしていく

甲州屋お直には、藤太郎という兄がいる
藤太郎は縁談が進んでいて、近いうちに結納が決まっている
ところがそれとは別に、お紋という娘とひそかに恋仲になっていた
気の弱い藤太郎は、縁談を断る事もお紋と別れる事も出来ずにいた
お紋との恋文のやり取りを仲介していたのが、彼の妹お直だった

その秘密の恋文を、お直はうっかり落とし、あわてて隠すのを人に見られてしまった
それを知ったお紋が怒り、お直を責めて激しい言い争いになった
お紋は、恋人藤太郎の結納の件で気が立っていた
また以前から、縁談を断らない彼の不誠実な態度を恨んでいた
さらに、お直が自分と藤太郎との仲を裂こうとしていると決めつけた
散々に責め立てられたお直も黙ってはおれず、色々と言い返した
小娘に口答えされてカッとなったお紋は、お直の首を絞めてしまった
ぐったりしたお直を見て、正気に戻ったお紋は震え上がった
事を知らされたお紋の母は、娘の人殺しの罪を隠そうと考え、悪党を雇った
悪党はお直の死体を始末しようとするが、お直は気絶していただけで息を吹き返した
驚いた悪党だが、お直を売り飛ばそうと企んで自宅に監禁していた

そこに調べを付けた半七親分が駆けつけたので、お直は無事救い出された

甲州屋も、お紋の両親も、事件を表沙汰にしないでくれと半七に泣きつく
半七はせめて悪党だけでもしょっぴくつもりだったが、渋々ながら全てを見逃す事にする

「それが動機となって甲州屋にはお紋という嫁が出来た。」
めでたしめでたし一件落着…みたいな話なんだが、こんな嫁嫌すぎるだろ
首絞め女が義理の姉になったお直が気の毒だ
元はといえば、だらしない藤太郎が一番悪い!



555:本当にあった怖い名無し@\(^o^)/:2015/02/28(土) 01:48:54.87 ID:GAaES9ET0.net
>>554
……ひでえ。
せめてお直が早いうちにすごくいい嫁ぎ先に恵まれて
こんなろくでなしの実家とは縁が切れるよう祈ろう。



571:本当にあった怖い名無し@\(^o^)/:2015/02/28(土) 23:10:32.94 ID:x2hRnvlu0.net
ルパン三世の原作「新ルパン三世」から「だんまり」
(この回はセリフが一切ないので描写から推測した所もあります)

ある日ルパンの元に敵対するネズミ一族という組織の幹部・吉三から決闘状が届く
約束の場所で待っていると背後から静かに吉三が姿を現した
だが二人は合図を待っているかのように動かない

ここで回想になり、二人の過去が明らかに
実はルパンと吉三は幼なじみで、子供の頃は一緒に野山を駆け回って遊んだ仲だった
やがて二人は同じ女の子に恋をする
相手は近くに住んでいる、足が不自由でいつも車椅子に乗っているお嬢様だった

月日は流れ、青年になった二人。お嬢様のハートを射止めたのはルパンの方だった
すっかり初々しいカップルとなった二人を見て、吉三は悔し涙を流す
そんなある日、デート中に吉三とばったり会ったルパンはつい子供の頃と同じノリで「お前も来いよ」的な感じで声をかける
が、その言葉は吉三のプライドを深く傷つけ、ルパンに対する殺意を抱かせるのに十分だった
感情にまかせて、履いていた暗器でもある下駄をルパンに向かって投げつける吉三。ルパンはとっさにかわすが、その後ろにはお嬢様がいた
避けることが出来なかったお嬢様はまともに下駄をくらってしまい、バランスを崩して崖から転落
ルパンが慌てて助けに向かうが、もう後の祭り。我に返った吉三は、自分のしたことの恐ろしさに青ざめ、逃げていった

そして現在に戻る
相変わらず動かない二人。その時カラスがギャアーと一声鳴いた。それが合図だった

勝負は一瞬で決まった
吉三が銃の引き金を引くより早く、ルパンが投げた靴の中に仕込まれていたナイフが、吉三の喉を貫いていた
倒れ、崖下へと消える吉三。後には彼の銃だけが残った
弔いのつもりか、ルパンは銃を手に取り引き金を引く。が、鳴ったのは「カチッ」という音だけ
吉三の銃には初めから弾は入っていなかったのだ
彼がどういうつもりで来たかを悟り、ハッとするルパン…で終わり



582:本当にあった怖い名無し@\(^o^)/:2015/03/01(日) 21:25:52.85 ID:OhlJuWdt0.net
>>571
男気のある吉幾三さんですね(>_<)



594:本当にあった怖い名無し@\(^o^)/:2015/03/02(月) 21:28:43.32 ID:FcV8msZw0.net
おっちょこちょいの看護婦『似鳥』と同僚の、
看護婦業の日々を描くコメディ漫画「おたんこナース」の1エピソード「病院という舞台」。

似鳥の勤務する病院に、末期の癌患者『小田』が入院する。
病院側は小田の家族に「告知を検討してはいかがですか?残りの人生を計画的に過ごすべきです」と進めるも、
家族側は「父は精神的にすごく脆い所がありますから…癌だと告げられたらこわれてしまう」と拒否。
告知は行わず、小田本人には慢性膵炎だと告げる。

小田は「何だ、慢性膵炎か。癌なんじゃないかと心配して損したよ」と、当初は豪快に笑っていたものの、
入院して一カ月。一向に症状が改善しない事から徐々に疑問を抱き始める。
それからは、似鳥を含む看護婦たちに「本当は癌なのでは?」「本当は癌なんですよね?」と尋ね始める。
もちろん看護婦もしっかりと否定する。

最初は何人もの看護婦に聞いていた小田だが、
そのうち似鳥が看護婦の中では一番間が抜けている事を見抜いて、似鳥にだけ執拗に尋ね始める。
終いにはさり気ない世間話に交えて「癌ですか?」といきなり質問を突きつける、
「せめて自分の本当の病気を知ってから死にたい……ヨヨヨ」とウソ泣き、
医療本を読みながら「いやー、本当は癌なんて怖くないんだってねーw 大した事ないみたいだからさ、教えてよw」
とフランクに問い詰めたり、様々な手段をこうずるようになった。

そのうち似鳥は「本当に隠す事が正しいのだろうか」と疑問を持ち始め、
やはり告知をするべきではないかと、先輩同僚と相談するが
小田家族の『母が亡くなった時、父は半狂乱で後追い自殺未遂をした』と
いう話を思い出し、やはり告げるべきではないと思い直す。



595:本当にあった怖い名無し@\(^o^)/:2015/03/02(月) 21:40:44.34 ID:FcV8msZw0.net
その後の深夜、小田からのナースコールが入る。
(※小田は似鳥が深夜勤だと知っていた)

似鳥はまた、小田から追及されるかもしれないと気合を入れるものの、
意外な事に小田はこれまでと違って穏やかな顔をしていた。
「尿が出てしまった」というので、それの処置がてら世間話を二人は始める。
小田は若い頃は劇団だった、主役だった事もある。
そんな話を聞きながら似鳥は「小田さんはもう疑っていない、もう大丈夫だ」と油断してしまう。

しかし、話の終わりに今度は「私の病気、治りますよね?」「治るって、言ってください」とこれまでとは違う形の追及が来る。
すぐに「ええ、必ず治りますよ」と言うべきが、何も言えなくなり、震える似鳥。

その瞬間、ナースステーションへの呼び出しがかかり、
「すいません、呼び出しが入ったので失礼します」と病室から出て行こうとする。
しかし、扉の前で小田に呼び止められ振り返ってしまう。

その瞬間、似鳥は自分が泣いている事に気づく。
全てを察した小田は申し訳なさそうに「もういいんだ……ごめんな、ありがとう」とだけ言って話は終わり。

基本、病院が舞台だから死ネタもあるんだけど、
コミカル路線の漫画でこれだけガチで暗い終わり方をしてるから後味悪くなる。



598:本当にあった怖い名無し@\(^o^)/:2015/03/03(火) 13:48:57.81 ID:fbMK6ctw0.net
ガン告知って難しい問題だよなあ



600:本当にあった怖い名無し@\(^o^)/:2015/03/03(火) 16:41:55.14 ID:OIGb8n6R0.net
巨人の星で告知した失敗話が二つ描かれてた
一人は絶望で何もできなくなり、そのまま死亡
一人は酒と女に溺れて、自分で死期を早めて死亡

実際そこまで極端にダメになっちゃう人っているんだろうか
自分が告知されたら冷静でいられるか分かんないけど



601:本当にあった怖い名無し@\(^o^)/:2015/03/03(火) 17:23:03.30 ID:ZISpFa+60.net
赤塚不二夫とか立川談志みたいに笑い飛ばせる人なんて少数だろうな



602:本当にあった怖い名無し@\(^o^)/:2015/03/03(火) 18:08:20.42 ID:Ii9FYrb50.net
別に笑い飛ばす必要はありません.
誰しも,「あなたはガンです」と聞けば,ショックを受けるのは当然です.

ただ,ショック→怒り→受容というプロセスを経て,病気への理解が深まるので,後の治療がきちっとやれます.
実際,告知しないより,告知した人の方が,後の予後が長い,という報告もあります.



603:本当にあった怖い名無し@\(^o^)/:2015/03/03(火) 19:48:59.93 ID:DyHmfCh/0.net
ブラックジャックでも余命が短い患者に本当のことを言うべきか否かという話があったな
あの話でブラックジャックは医師から「もし患者が本当のことを知って自殺したらどうするんだ」と訊かれた際に
「自殺なんかするような患者は病気が治っても気弱で生きがいなんて持たないダメ人間だ」と、かなり冷たいこと言ってたけど……



657:星新一「宿命」1/3@\(^o^)/:2015/03/06(金) 16:32:52.01 ID:KNZl4Ekl0.net
星新一の短編小説「宿命」

とある星にはたくさんのロボットがいて、
そのロボット達は鉱石を掘って、自分たちと全く同じロボットを作っていた
体の表面のナンバーまで、まったく同じに刻んでいた。
一日も休むことなくその作業は続けられ、数は増えていった。
あるロボットは「俺たちはどうしてここにいるんだろう?」と思うが、
「最初の一人がこの星に現れて、そいつが仲間を増やしていった。それ以外は知らない」と別のロボットが答えた。

やがてロボットの数がある数に達した時、ロボット達は自分達と同じロボットの生産を止め、
今度は宇宙船を作ることに専念するようになった。
何故そんなことに専念するのかは分からない。ただ、情熱の赴くままにロボット達は行動していた。
ロボット達は「宇宙船を完成させて星々の海に飛び出せば、何かいいことがあるような気がする」と思いながら、宇宙船の制作を続けた。



658:星新一「宿命」2/3@\(^o^)/:2015/03/06(金) 16:35:41.05 ID:KNZl4Ekl0.net
そしてついに宇宙船が完成した。
ロボット達の大半は長年の宇宙船製作でガタが来ていたが、一体だけガタがきていないものがあったため、
そのロボットが代表として宇宙船に乗り、皆に見送られながら宇宙へ出発した。

宇宙船で無重力空間に出ると、ロボットに新しい思考がよみがえってきた。
向かうべき場所がはっきりとわかったのだ。
「自分が向かうべき場所は地球だ。急がねばならない」
ロボットは宇宙船のスピードを上げ、地球へ向かった。

そして、なんとか地球へたどりつくことができたが、 速力は緩まず、着陸装置はうまく作動せず、
宇宙船は大地に激突し、ロボットもろとも爆発四散した。



659:星新一「宿命」3/3@\(^o^)/:2015/03/06(金) 16:43:12.29 ID:KNZl4Ekl0.net
大破した宇宙船とロボットの周りに民衆が集まり始める。
その中にマイクを持った男がいた。

「みなさま、やっと一体が帰ってきました! 各星にばら撒いたロボットのうち、
どれが一番早く地球へ帰ってくるかを競うという賭けであります!
ただ今破片の調査がされていますので、まもなくナンバーが分かるでしょう!
あなたがお買いになったナンバーと一致していれば、高額の配当を手にする権利に恵まれるというわけです!」

結局、ロボット達は地球の人間の賭けごとのために星々へ放逐され、
地球へ帰ってくることを宿命づけられていたという、物悲しいオチ。

ちなみに、この話は昔NHKで短編アニメ化されていて、
地球に帰ってきたロボットが自分達に課せられた宿命の正体を知り、
目からオイルを流すというシーンがあり、未だにそのシーンが記憶に残っている。



660:本当にあった怖い名無し@\(^o^)/:2015/03/06(金) 17:28:51.22 ID:S6vzftdZ0.net
>>659
これ漫画にもなってる
そっちではロボットの残骸に雨が当たってちょうど涙に見えてた



671:本当にあった怖い名無し@\(^o^)/:2015/03/06(金) 22:58:00.36 ID:s4c3wtfr0.net
>>660
しかも、漫画版の作者は「やさしい悪魔の物語」っていう、
後味のいい漫画が代表作なんだよな……

途中の
「このロケットが完成して、星々の海に乗り出せるようになれば……
きっと何か良い事がある。 みんな、そんな気がしないか?」(微笑み)
「ああ、するともっ!」「理由は分からないが……」「みんなで宇宙を目指すんだっ!」(沸き立つロボット達)
「『宿命』と呼ばれる、ものなのだろうなっ」(決意を固めた表情で、星空を見上げながら)
ってロボット達のやりとりが、結末を知った後にまたキツイんだよな



732:本当にあった怖い名無し@\(^o^)/:2015/03/12(木) 14:50:23.58 ID:Qx9keIkUO.net
星新一「開業」

八郎、片想いの花子に恋人ができたのが面白くない。
小料理屋の個室に熊三を誘い、くだをまく。
いっそ男を殺してやれば花子は振り向いてくれるかな、と言う八郎をなだめる熊三。
奴はお前より若くイケメンで金持ちで頭がいい、刺殺でも絞殺でも奴は身が軽いし力もある、酒に毒を盛ろうにも奴は酒なんか飲まない、というわけ。

翌日、八郎に殺し屋から電話があった。
小料理屋の隣の個室で話を漏れ聞いたそうだ。
喜んで熊三に電話で話すと、お前はそそっかしいからかわりに俺が交渉してやろう、アパートの裏庭に隠れてろ、とありがたい申し出。

熊三が八郎と入れ替わり、待つうちに殺し屋が来た。平凡な中年男だ。
本当にできるんですか、と訊くと、小説だとずいぶん儲かる商売のようだから開業した、とニコニコしている。
やりそこなったらどうするんです、と続けると、「ちょっと失礼」と部屋を出た。
アパートの共同便所にでも行ったのか、と思うとさっぱりした顔で戻ってきた。
「大丈夫、おまかせください」
「その根拠は」
「お話しするうち不安になってきたんですが、試しにアパートの裏庭にしゃがんでいた間抜け面の男をですね…」



734:サードバースデイ@\(^o^)/:2015/03/12(木) 17:18:15.94 ID:TLAOSBU90.net
昔やった「サード・バースデイ」ってゲームの教官の話

実体を持つ精神生命体みたいな謎の怪物が異次元から現れて現実世界の人類を襲い始める

Aは記憶喪失で、Bという妹がいたような気がしたけどそんなことなかった
Aには何故か幽体離脱みたいな特殊能力があって、他人の肉体に憑依して操ることができる
それだけじゃなく、自分の精神を弾丸のように怪物に撃ち込むことで、北斗真拳のように怪物を内部から木っ端微塵に破壊する必殺技を持っている

Aは怪物退治専門の特殊部隊みたいなのに所属することになって、精神だけを過去に転送して、
現地の一般人や特殊部隊の肉体に憑依して、人命救助や怪物討伐をしたりして過去の惨事を改善し、現在の状況を少しでも良いものに塗り替えていく

ある時、Aに武器の扱いを教えてくれた教官の友人が指揮する特殊部隊が、怪物との戦闘で全滅した
Aは、全滅した部隊を救助する任務を与えられ、過去へ飛ぶ
Aは特殊部隊の隊員に憑依して怪物の巣の中へと突き進んでいく
特殊部隊の隊員たちは「この作戦は何かおかしいンゴ」「まるで俺たちを巣の中に誘い込んでるみたいンゴ…」と噂し始める

巣の最深部でAが目にしたのは、巨大な怪物と、怪物を愛でる教官の姿
過去に怪物の襲撃で娘を失っていた教官は、
巨大な怪物を自分の娘だと思い込んで気が狂い、友人を殺して成り代わり、特殊部隊の隊員たちを巣に誘い込んで怪物の餌にしていた

Aは怪物を倒す
狂ってる教官は怪物と心中

一方、過去ではなく現在の教官は、「もうそろそろ過去の世界で主人公が怪物倒しちゃうンゴ。そうなると、きっと俺もそこで死ぬンゴ」って感じで達観して屋上で黄昏てた
仲間の一人がそれに気付いて大急ぎで屋上へ向かうんだけど(仲間が何をしたかったのかは分からん)、時すでに遅く、教官の姿は跡形も無くなっておた
教官の存在そのものが消滅したことにより、仲間は自分が屋上へ上がった理由を忘れてしまい首を傾げた



735:本当にあった怖い名無し@\(^o^)/:2015/03/12(木) 17:18:47.82 ID:TLAOSBU90.net
ちなみにこのゲームの結末は、Aはラスボスを倒して、サイクルの彼岸、過去の始まりの時と場所に飛ばされる
そこで真相が明らかになる
Aには、特殊能力を持った妹のBがいた
ある事情からAが死に瀕してしまった瞬間、BはAを助けたい一心で特殊能力を発動させ、咄嗟にAの肉体に自分の精神を撃ち込んだ
しかし、Bの精神はAの精神を粉々に打ち砕いて異次元にばら蒔いてしまった(つまりBはAに対して必殺技をやってしまった)
粉々になったAの精神は異次元へと飛び散り、そこで永い時を経て怪物へと進化していき、現実世界へ舞い戻って人類に牙を向いた
Aの肉体に憑依したBは記憶喪失になり、自分をAだと思い込んでいた。つまりこのゲームの主人公は、Aの肉体に入ってるBだった

ここでAは「このサイクルを終わらせよう」って言って、Bの手で物理的に自分を殺させる
Aが過去の世界で普通に死んだことで、その後怪物が出現するっていう未来は無くなって、教官とか仲間たちが皆普通に幸せに生きてる世界が誕生した
「彼女が望んだ平和な世界は、彼女が存在しない世界でした」
という結末

で、クリア後の人物ファイルにAのことが「その存在は誰も知らない。ただ一人を除いて…」とだけ書いてあるのがなんとも



736:本当にあった怖い名無し@\(^o^)/:2015/03/12(木) 18:50:34.92 ID:GP/AA6o+0.net
あの話をよくここまで簡潔にまとめたなあ
既プレイヤーだけど、すごくわかりやすかった



737:本当にあった怖い名無し@\(^o^)/:2015/03/12(木) 18:57:33.75 ID:WzLOdhRM0.net
いい感じに後味悪いな



772:本当にあった怖い名無し@\(^o^)/:2015/03/16(月) 11:26:10.63 ID:ZRyoFqXCO.net
犬木加奈子のうろ覚えな短編

ミーヤ(仮)はちぢれっ毛で泣き虫の女の子。
ハロウィンの日、迷子になって(経緯は忘れた)泣きながら山の中を歩いていると、お城のような洋館があった。
住人はミーヤを優しく招き入れ、晩餐の席に加えた。
何かしてほしい事はないかい、と訊ねられても、人見知りのミーヤはイヤイヤをするだけ。
謙虚な子だね、と住人たちは褒めた。
(経緯は忘れたが、ミーヤは無事帰った)

10年後、ミーヤのちぢれっ毛はふわふわの天パになり、ミーヤ自身もなかなかの美少女になり、ニヒルくん(仮)という素敵な彼氏ができた。
クラスメートとのハロウィンパーティーのため待ち合わせ場所に行くと、ニヒルくんとクラスの美少女が親しげに話していたのでミーヤは思わず逃げ出す。
そして「何かしてほしい事はないかい」という、10年前のあの言葉を思い出し洋館に行く。

おやおやあの時の迷子ちゃんがこんなにきれいになって、と微笑む住人に、お願い入れて!と頼み、ミーヤはなかば強引に上がり込む。
彼氏が他の女子とイチャイチャしてたの、悔しい!なんとかして!と叫ぶミーヤに、住人たちは豹変する。
「お嬢ちゃん、今夜はハロウィンだよ」
「悪魔におねだりしてはいけないって、神父さまに教わらなかったのかい」
住人は本来の姿に戻り、ミーヤを食い殺した。

「あ、ニヒルくん。なんでこんな所に…って、ミーヤと待ち合わせに決まってるわよね。あたしも彼氏と待ち合わせなの。じゃ、パーティーでね♪」
ニヒルくんと女子は、クラスメートの普通の会話をしていただけでした。

悪魔だから当たり前っちゃ当たり前だけど、ルールを明かさないのはアンフェアな気がする。



774:本当にあった怖い名無し@\(^o^)/:2015/03/16(月) 21:07:34.17 ID:vbSgZSjhO.net
>>772
ルールも何も
命と引き換えに願い事を叶える取引じゃなく
願い事を言ったら喰われるという罠だろ?

取引相手に条件を説明しないのはアンフェアだが
獲物に罠の説明をしないのは当たり前



814:本当にあった怖い名無し@\(^o^)/:2015/03/20(金) 18:01:22.09 ID:l60i1BpV0.net
この前の相棒最終回の後味が悪かった
ご存知杉下右京の相棒として3年前から特命係にやってきた甲斐亨が相棒を卒業するとアナウンスされ、仲間由紀恵演じる重要そうな人物が出てきたり、甲斐の彼女に子供が出来たは良いが重い病気を患っていると発覚したところで最終回がスタート
2年前からダークナイトと呼ばれる法律で裁けない悪人ばかりを狙った連続暴行魔が現れ、特命係も捜査に加わり紆余曲折有った末捕まった犯人は...なんと甲斐亨だった
動機は右京への嫉妬、ネットで賞賛されるのが気持ち良かったなどとてもこれまで人としての基本ができていると言われていた男の発言とは思えない糞動機
亨の彼女はこれから犯罪者の息子のレッテルを貼られる子供を養いながら病気と闘っていかなければならず、右京も特命係に来てから事件を起こしていた事から亨の父に言い掛かりをつけられ、上司の責任として停職処分、特命係も廃止



816:本当にあった怖い名無し@\(^o^)/:2015/03/20(金) 18:08:16.56 ID:l60i1BpV0.net
前回までの彼女の話はただ後味を悪くするためだけにだしただけで 仲間由紀恵はそもそも登場しない、事件の謎解きも雑な所が多かった
ダークナイトは今回急に出てきた設定でそれまでカイト=ダークナイトを思わせる描写は一切なかった
相棒が犯人だったという展開をやりたいがために喧嘩っぱやいが正義感がつよい男というキャラをアリバイ工作のために親友を利用し事件に巻き込んだ屑ということになってしまい、右京は3年も一緒に居たのに気づけなかった無能ということになってしまった
視聴者を失望させ、俳優の努力も無にして、過去作にも泥を塗った最終回だった



817:本当にあった怖い名無し@\(^o^)/:2015/03/20(金) 18:35:15.09 ID:UfdGTosR0.net
相棒、ちゃんと見たことなかったけど、本当にそんなの放送しちゃったの?
古畑で今泉や向島が犯人になるようなひどい話じゃないか



819:本当にあった怖い名無し@\(^o^)/:2015/03/20(金) 18:56:52.25 ID:m9OKzNotO.net
犯人はヤス



895:1/2@\(^o^)/:2015/03/24(火) 16:13:10.03 ID:TQ5zQngUO.net
小松左京「お召し」

厳重に封印された古文書が発見され、
(「古代人類にそんな知恵があったとは!」)
古代文明の謎が解明されるかと思われた。

…書いたのは小学六年生の少年。
「異変」が起きて半年、時が経てばそれを覚えている者もいなくなるからと、記憶が鮮明なうちにこの文書を書き残した。
「異変」前夜、「空とぶ円ばん」がたくさん現れたが、少年は眠かったので寝ぼけまなこで見ていただけ。

翌日、一時間目のチャイムが鳴っても教師が現れない。
各クラスの学級委員が教師や小使いを探したが、登校時にはちゃんといた大人たちが一人もいない。
学校のまわりを調べてみても、大人たちは一人もいない。
台所のお鍋は吹きこぼれているし、ベビーベッドの赤ん坊は泣いているし、ほったらかしのアイロンでアイロン台が焦げている。
12歳未満の子供しかいないと知った少年たちは、大人たちが戻るまで僕ら子供たちだけでちゃんと暮らしていこう、と決める。

市内の他の小学校とも連絡を取り、空いている家になるべくまとまって暮らし、四年生以上の者が小さい子の面倒を見て、(子供に消防車は動かせないので)火事に気をつけようと決まった。
発電所や水源地は自動化されているからしばらくもつし、人口が減ったのだから食料や電気や石油は少なくてすむ。

隣の小学校の、七歳で微分積分をマスターし兄名義でアマチュア無線の免許を取り来年はアメリカの大学に飛び級で留学するはずだった天才児が、自分たちか大人たちのどちらかがパラレルワールドに飛ばされたのかもしれないと仮説を述べた。



896:2/3@\(^o^)/:2015/03/24(火) 16:22:41.01 ID:TQ5zQngUO.net
病院では何もない所から赤ん坊が出てくる。
四年生以上の女子は、本で育児法を学んだ。
病気で休学していた一歳上のクラスメートが12歳の誕生日にみんなの目の前で消えた。
チビたちは集団生活に慣れた。
高学年は大人たちの事をはっきり覚えているので寂しかったが、それを隠して働いた。
高学年は寂しさに耐えられなくなると、学校の屋上や無人の街で
「お母さーん!」
と叫んだ。

四歳のタミコが熱を出して死んだ。
千代紙をきれいに貼ったミカン箱の棺桶にタミコを納め、死ぬって事がどういう事なのかチビにも見せておいた方がいいだろうとお葬式の真似事をした。
棺桶にはみんなが宝物を入れた。ビー玉、キャラメル、長島選手のブロマイド。
棺桶を埋めた上には大きな石を乗せ、野犬に掘り返されないようにした。



897:3/3@\(^o^)/:2015/03/24(火) 16:31:08.82 ID:TQ5zQngUO.net
…ぼくは明日12才になる。あちらの世界でお父さんやお母さんに会えるかわからないけど、みんな元気だと会えたら伝えます。
五年生へ、春になったら君たちが六年生です。チビたちをよろしく。
チビたちへ、お兄さんお姉さんの言うことをよく聞いてください。
追伸。ぼくのプラモデルはタミコちゃんのおはかにおそなえしてください。

…未来の人類は古代人巨人説と古代人長命説について、神がなぜ人類の寿命を12年に定めたもうたのか、なぜ人類だけが醜い死体をさらさず「お召し」により消滅するのか、なぜ人類だけが「清らかに誕生」するのか、なぜ「成年男女」の性愛が虚無感をともなうのかを語り合った。
長官は喉の薬を飲んだ。
「お召し」の前には喉が重くなり、声が変わる者が多いのだ。



921:1/2@\(^o^)/:2015/03/25(水) 22:38:21.28 ID:OXzQUjXO0.net
正直文才がないのであちこち端折って話させてもらうと、
最近公開した仮面ライダー3号が後味悪い。

仮面ライダー1号2号はショッカー首領を倒し、ショッカーを壊滅させる。
本来は甦った首領が新たな組織を作っていくんだけど、
ここで仮面ライダー3号が襲来し、1号と2号は戦死してしまう。
それによりV3~ドライブまでの殆どのライダーがショッカーのライダーとなってしまう。

主人公のドライブも最初は正常なライダーを捕らえる側だったが、
正常なライダーだったBLACKの説得や上司の遺言を受けて正義に目覚める。
仮面ライダーゼロノス、仮面ライダーマッハ、そして仮面ライダー3号と共に
目覚めたライダーと合流しようとする。(ソースは3号)
途中仮面ライダー剣のライダー4人や仮面ライダーファイズ、その他大勢の襲撃を受けるも、なんとか集合場所にたどり着く。
しかしそこにはライダーなど一人もおらず、それはショッカーに反抗するライダーを殲滅するための3号の罠だった。
絶対絶命の状況にドライブはライダーグランプリを速い者が強いとか言ってる首領に提案。首領は了承する。
グランプリではショッカー方のライダーの妨害を受けるも、改心したファイズ、BLACKが進化したRXらの援護もあり優勝。
毒されていた子供たちも決して諦めないドライブの姿を見て元に戻り、それに影響され3号も改心するが、
改心した剣ライダーも加勢し、正常ライダーVSショッカーライダーの戦闘になる。
そこに首領は怪人とライダーロボを投入し襲い掛かるが、
仮面ライダー1号2号が復活。同時に不思議な事が起こり、ショッカーライダーの洗脳が解ける。
ライダーロボは3号を吸収し、受けたライダーを元々いなかったことにするビームなどで応戦するも、
肝心の3号にあっさり脱出されてしまう。
さらに手裏剣戦隊ニンニンジャーもロボで加勢。大逆転する。
最後は戦隊のロボとドライブの車が合体したロボでライダーロボを倒した。
V3らの言葉を受け、歴史が元に戻ると同時に3号も消えていった。

正常な世界に戻るも、3号が忘れられないドライブに、ゼロノスは新聞記事を渡す。
それは、3号(の変身前でこちらでは普通の人間)がカートレースで優勝した、という物だった。



922:2/2@\(^o^)/:2015/03/25(水) 22:43:55.50 ID:OXzQUjXO0.net
物語では何も後味が悪い所はないけど、エンドロールでこんなセリフが入る。

「ショッカーにより破壊された街や殺された人々は元に戻りました。
 ある一部分だけを除いて・・・」

実は最終決戦の最中、ドライブの相棒であるマッハが怪人にリンチされ殺されてしまう。
しかも歴史が元に戻っても復活しない。
一応、スピンオフの「仮面ライダー4号」でそれについて語られるらしいけど、
少なくとも本編内ではマッハが死ぬ必要はないわけで。
「全部元に戻ったけど最初から奮闘していたマッハは死にました」じゃ
とても納得できない。

長文失礼しました



926:本当にあった怖い名無し@\(^o^)/:2015/03/26(木) 12:16:30.39 ID:TX3Vj7HU0.net
普段のマッハが明るく人懐っこいキャラだから尚更ショックだよね



950:本当にあった怖い名無し@\(^o^)/:2015/03/28(土) 16:38:03.88 ID:GQmdst3GO.net
レイ・ブラッドベリ「趣味の問題」1952年

地球が限界だから植民アーンド資源搾り取り惑星を探そうぜ、いい惑星があったぜ、と宇宙船が降りてみたらそこは知性ある巨大蜘蛛の支配する美しい楽園。
巨大蜘蛛は高い知性と気高い精神とテレパシー能力を持っている。
地球人の姿は自分らと全然違うけど、それがどうしたとばかりに親切にしてくれる。
が、船長は錯乱して倒れて寝たきり。
精神科医でもある副船長がアスピリンをかじりながら巨大蜘蛛と接する。
そして、蜘蛛どもは確かに親切で頭がいいが所詮蜘蛛、俺たち地球人の生活と未来が大事に決まってんだろ!?と掃討作戦を実行するだろう、って所でおしまい。

語り手の巨大蜘蛛が最後まで善意と好意を示してるのが後味悪かった。



952:本当にあった怖い名無し@\(^o^)/:2015/03/28(土) 23:47:20.88 ID:wZyTRndG0.net
>>950
それ読んだ時、描いている人間の概念は『フェイズⅣ』って映画と同じなんだな、って思ったよ。

一応フェイズⅣのざっくり粗筋を。

とある惑星が発見され、分析の結果人類の植民星として機能しうる事が判る。
とは言え未開の星の事。どんな未知の事態が待ち受けているか分からない。
そんな訳で数名の科学者一行が居住ユニットと共に降下した。
調査の結果、惑星には見目、大きさ共に地球の蟻そっくりの生物がいた。
この出会いがフェイズ(局面)Ⅰ。
彼らはやはり蟻そっくりの生態を示す群集生物だったが、優れた知性と適応力を持っている事が判明する。
コンタクトを試みる一行(フェイズⅡ)。

しかし相手は共生に難を示す。
人類の科学が自分たちの存在、ないしは惑星そのものにすら悪影響を与える事を危惧していたのだ。
数が多かろうが、知性が高かろうが所詮は蟻。人間に敵う訳がないと科学者一行は結論づけ、殲滅を謀る。
ついに蟻と科学者は交戦状態になる(フェイズⅢ)。

彼らの自己犠牲を厭わぬ行動、小さな身体と群体による翻弄を活かした作戦により、人間は敗れた。
ただ一組のカップルを残して。科学者たちは半ば自滅の様に死んでいった。
遺されたカップルはマインドコントロールによって価値観を蟻と同一化されており、蟻たちと共に昇る太陽を
微笑みながら眺めるのだった。
そして新たなる局面(フェイズⅣ)が始まる…。

※この先の解釈は様々で、彼らは蟻の先兵として地球を自然に戻すために彼らを連れ戻る、この星で新た
な命を育む、蟻と理解し合いこの惑星から立ち去る、等々。



951:本当にあった怖い名無し@\(^o^)/:2015/03/28(土) 22:31:20.58 ID:H25VzCdz0.net
ネイティブアメリカンやアボリジニを髣髴とさせる話だな


洒落怖おすすめ
【洒落怖】洒落にならない怖い話『裏S区』
http://blog.livedoor.jp/nwknews/archives/4632596.html

【洒落怖】洒落にならない怖い話『パンドラ・禁后』
http://blog.livedoor.jp/nwknews/archives/4589617.html

【洒落怖】洒落にならない怖い話『地下の丸穴』
http://blog.livedoor.jp/nwknews/archives/4589017.html

【洒落怖】洒落にならない怖い話『リゾートバイト』
http://blog.livedoor.jp/nwknews/archives/4589657.html

【洒落怖】洒落にならない怖い話『危険な好奇心・ハッピータッチ』
http://blog.livedoor.jp/nwknews/archives/4589674.html

【洒落怖】洒落にならない怖い話『リアル』
http://blog.livedoor.jp/nwknews/archives/4589627.html

【洒落怖】洒落にならない怖い話『八尺様』
http://blog.livedoor.jp/nwknews/archives/4586568.html


森脇健児、ヒロミ、清水圭ってなんで干されたんだろう

人類史上最大のミステリーって何?

すげー葉っぱに似てる虫とかいるじゃん?あんなの進化論じゃ説明できない、絶対神様いる

教養のない人って何話しても面白くないよね

江戸時代の人はどうしてたんだよってこと上げてこうぜ

映画を見ようと思う これだけは見とけ!って映画を教えてくれ

車の運転ってどうやったら上手くなるの?

俺「F1ってコーナーで速度落としすぎじゃね」「80キロ出てるよ」

嫌われる勇気―――自己啓発の源流「アドラー」の教え
岸見 一郎 古賀 史健
ダイヤモンド社
売り上げランキング: 2