1: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/03/29(日) 02:57:46.03 ID:8jRQoIQU.net
こいつらなにもんや・・・
転載元:http://tomcat.2ch.sc/test/read.cgi/livejupiter/1427565466/
日本の闇の深い地域
http://blog.livedoor.jp/nwknews/archives/4844715.html
C


3: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/03/29(日) 02:59:59.79 ID:3+h+44Cn0.net
海  の  民
海の民
海の民
東地中海沿岸を放浪し、古代エジプトの第19王朝後期
また特に第20王朝のラムセス3世5年にエジプト領内への侵犯を試みた諸集団に使われる総称的呼称である。
「海の民」という語はエジプトの記録では用いられていなかったが、後世一般化した。

http://ja.wikipedia.org/wiki/海の民

人類史上最大のミステリーって何?
http://blog.livedoor.jp/nwknews/archives/4203471.html



10: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/03/29(日) 03:02:16.49 ID:AFAJlN/A0.net
>>3
ヒッタイト「もう許せるぞオイ!」



6: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/03/29(日) 03:00:32.54 ID:8jRQoIQU.net
許さん!
でもなんで戦車まで持ってたシュメール人負けてしまったん?
Standard_of_Ur_chariots
城壁は、シュメールの都市を防御した。シュメール人は、彼らの都市間の包囲戦に従事した。日干しれんがの壁は、れんがを引きずり出す時間的余裕のある敵を防ぎきれなかった。

シュメール人の軍隊は、ほとんどが歩兵で構成されていた。そのうち軽装歩兵は、戦斧・短剣・槍を運搬した。正規の歩兵は、さらに銅製の兜・フェルト製の外套・革製のキルトなどを着用した。シュメールの軍隊は、古代ギリシャ同様の重装歩兵を主力とし、都市防衛に適したファランクスを編成していたことで知られる。シュメール軍は投石器や単純な弓を使用した(後世に、人類は合成の弓を発明する)。

シュメール人は戦車を発明し、オナガー(ロバの一種)を牽引に利用した。初期の戦車は後世の物に比べて、戦闘時においてあまり有効に機能せず、搭乗員は戦斧や槍を運び、戦車はおもに輸送手段として役だったとされる。戦車は、二人の搭乗員が乗り込んだ四輪の装置で、4頭のオナガーを牽引に利用していた。台車は、一つの織られた籠と頑丈な三片設計の車輪から構成されていた。
http://ja.wikipedia.org/wiki/シュメール



17: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/03/29(日) 03:04:10.83 ID:EmMc2iNl0.net
目がでかいんやろ?



19: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/03/29(日) 03:04:46.34 ID:8jRQoIQU.net
>>17
シュメール人「ワイらは宇宙人の遺伝子操作によって作られた」←???



18: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/03/29(日) 03:04:27.97 ID:nfzNdb4q0.net
シュメール語はなかなか面白い言語やで



20: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/03/29(日) 03:04:56.82 ID:mXeEdE9l0.net
シュメール人が文字を発明したんやったっけ



29: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/03/29(日) 03:07:57.27 ID:8jRQoIQU.net
>>20
政治、陪審員制度、芸術、60進法という時間の概念、青銅まで作る



24: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/03/29(日) 03:06:48.76 ID:OH3vMiXop.net
ヒッタイトとかいう謎民族
鉄の技術をどうやって獲得したんや
Hittite_Chariot
インド・ヨーロッパ語族のヒッタイト語を話し、紀元前15世紀頃アナトリア半島に王国を築いた民族、またはこの民族が建国したヒッタイト帝国(王国とも)を指す。なお、民族としてのヒッタイトは、ヒッタイト人と表記されることもある[1]。

高度な製鉄技術によりメソポタミアを征服した。最初の鉄器文化を築いたとされる。
http://ja.wikipedia.org/wiki/ヒッタイト



28: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/03/29(日) 03:07:53.84 ID:iLzBcCzT0.net
史料が少なすぎてホバーボード発明してたことにされる文明www



32: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/03/29(日) 03:09:27.19 ID:Mf+pa4+c0.net
古代のあの辺ヤバ過ぎやろ



33: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/03/29(日) 03:10:35.28 ID:AFAJlN/A0.net
オリエント世界ほんとすこ
Ancient_Orient
現在の中東地域に興った古代文明である。これには、古代エジプト、古代メソポタミア(現在のイラクやシリア)、古代ペルシア(現在のイランやアフガニスタン)などが含まれ、時期としてはシュメールが勃興した紀元前4千年紀から、アレクサンドロス3世(大王)が東方遠征を行った紀元前4世紀頃までが相当する。
http://ja.wikipedia.org/wiki/古代オリエント



34: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/03/29(日) 03:10:44.81 ID:rv2fhg1M0.net
ジッグラトとかいうからくりドーム
1
2
古代メソポタミアにおいて日乾煉瓦を用いて数階層に組み上げて建てられた聖塔である。「高い所」を意味する言葉である。シュメール起源と考えられており、一般に地上の神殿又は神殿群に付属しながらジッグラトの頂上にも神殿を備え、神の訪れる人工の山としてメソポタミアの諸都市に建造された。しかし、機能的には不明な点も多い。
http://ja.wikipedia.org/wiki/ジッグラト



35: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/03/29(日) 03:10:55.96 ID:WZ8KN8Zi0.net
大洪水が起こる前から都市が5つあったとされ
神話によれば初代エリドゥ王アルリムは人類最初の王であり
2万8800年の間在位(バビロニア史では36000年)したとされる

これは神話にせよ、現代の考古学でもエリドゥは少なくとも紀元前4900年には建設されていたとされ
最大では紀元前2500年頃のウルク第一王朝のギルガメッシュ王、最低でも紀元前2300年頃のアッカド王サルゴンは実在が確認されている



45: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/03/29(日) 03:13:42.45 ID:AFAJlN/A0.net
>>35
サルゴンが人類最古の著名人でええんか?



36: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/03/29(日) 03:11:10.80 ID:NWDEn0kIM.net
世界史で一番最初に出てくる民族で、
世界で最初に都市国家作って、太陰暦・六十進法・楔形文字・七曜日制も作ったのに、
なぜか周りにフルボッコにされた国



37: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/03/29(日) 03:11:33.01 ID:8jRQoIQU.net
シュメール人
no title




43: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/03/29(日) 03:13:34.49 ID:E55LJs590.net
>>37
彡(●)(●)



48: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/03/29(日) 03:15:47.16 ID:8jRQoIQU.net
>>43




50: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/03/29(日) 03:16:29.47 ID:4ediOYee0.net
>>43
お前だったのか



39: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/03/29(日) 03:12:27.85 ID:nfzNdb4q0.net
シュメール衰退の原因のひとつは塩害だといわれてるな
元々メソポタミアというのはものすごく肥沃な土地で単位面積あたりの収穫量は現代を遥かに上回っていた(ただ農耕技術が未熟なので単純に数百倍とかにはならない)
でも塩の強い水が流れ込んだりして来て農業が衰退してしまった
その原因のひとつには森林伐採もある



47: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/03/29(日) 03:15:00.48 ID:AFAJlN/A0.net
>>39
当時の人口なんてクッソ少ないだろうし
森林伐採程度でどうにかなるか?



55: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/03/29(日) 03:18:40.13 ID:nfzNdb4q0.net
>>47
もちろん森林伐採だけやないで
ただ森林伐採みたいな環境破壊は意外と昔から行われてたし上流で都市化が進んだことで森林伐採が加速しまくったのは事実
そんで土が下流に堆積し灌漑用水路を塞いだ上に塩も溜まりやすくなった
気候が乾燥化して塩の集積が進んだのとのダブルパンチよ
主な栽培品は小麦から大麦に切り替えられたが最終的には収穫量6割減とか



49: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/03/29(日) 03:16:03.51 ID:pGWk3CpZ0.net
>>39
やっぱり環境問題と資源問題が文明の急所なんやな
ローマ帝国の衰退の原因も森林伐採のしすぎやって言われとるしな



52: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/03/29(日) 03:17:50.67 ID:ncTOvkJpa.net
>>49
ローマの衰退は奴隷制度の維持に限界がきたからやなかった?



227: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/03/29(日) 04:11:12.62 ID:mqfpjkVp0.net
>>49
わいオーストラリア大陸の歴史で
現在のようなステップの広がる大地になったんは
人間が移住してきて森林燃やしまくったせいだと知ってはえーってなった



234: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/03/29(日) 04:12:28.61 ID:LuAE0Pqk0.net
>>227
アフリカ大陸も昔は森林多かったけど焼き畑で砂だらけになってもうたしなぁ



40: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/03/29(日) 03:13:23.18 ID:LuAE0Pqk0.net
古代ローマとかいうレジェンド
なに蒸気機関作ろうとしとんねん



56: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/03/29(日) 03:18:47.94 ID:mXeEdE9l0.net
>>40
当時既に蒸気の力で動く自動ドアが存在していた模様
no title




54: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/03/29(日) 03:18:33.53 ID:WZ8KN8Zi0.net
「人が動物の如くあった時、ペルシア湾から人の頭と魚の体を持ったオアンネスなる者が現れて民衆に文明と法律を与えた」

クトゥルフの元ネタはこれやろなあ
オアンネス



60: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/03/29(日) 03:20:22.79 ID:Mf+pa4+c0.net
>>54
人魚って発想は時代や国を超えて存在するんやね



57: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/03/29(日) 03:19:08.37 ID:LuAE0Pqk0.net
アンティキティラの機械→当時でも出来た
クリスタルスカル→職人のつくりもん
ミステリーサークル→業者の仕業
動く石→氷の膜と温度差
錆びない塔→錆びてる
カブレラストーン→職人のつくりもん
ほぼ真球の岩→人間の感覚で可能
純金の飛行機→プレコ
壁画にヘリコプター→修復跡
ヴォイニッチ手稿→でたら目文
ヴォイニッチ手稿が読めるかもしれません。
http://blog.livedoor.jp/nwknews/archives/4802613.html
Voynich_Manuscript_(141)



61: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/03/29(日) 03:20:28.66 ID:WZ8KN8Zi0.net
サルゴンは女性祭司の子として生まれたためその出生を隠され篭にいれられてユーフラテス川に流された。
そしてキシュの王に仕えた庭師ラーイブムに拾われて育った。その後キシュ王ウル・ザババの酌を務める役人としてキシュ王国に仕えることとなる。
ある時サルゴンが女神イナンナに愛され、ウル・ザババ王が溺死するという夢を見た。

ウル・ザババはその夢について側近に議論させ、その結果バリク・ティカルにサルゴンを殺させようとしたが女神イナンナによって阻止され失敗した。
ウル・ザババはおびえ、ウルクの王ルガルザゲシにサルゴンを殺す事に関して相談を持ちかける手紙を送った。
…これ以降の部分は欠損している…



64: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/03/29(日) 03:22:57.52 ID:tfO74XNp0.net
ザババってどっかの神様じゃないっけ



78: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/03/29(日) 03:29:56.95 ID:SGgfvDU9x.net
>>64
神様はみんな称号だから個人が特定できない



65: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/03/29(日) 03:23:26.90 ID:8jRQoIQU.net
古代シュメール人がどっから湧いてきたのか教えてや



68: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/03/29(日) 03:25:29.10 ID:PV6vv9Iw0.net
ギョベクリテペ見つかっちゃったから四大文明が最古とか言ってらんない
ギョ
ギョ2




74: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/03/29(日) 03:28:26.55 ID:8jRQoIQU.net
>>68
すごいンゴオオオオオオオオオオオ
これは朝まで眠れなくなるわ



73: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/03/29(日) 03:27:53.02 ID:WZ8KN8Zi0.net
ルガルザゲシは、古代メソポタミア時代のシュメールの王。
シュメール王名表によればウルク第三王朝のただ一人の王である。
元来はウンマの王であったが、隣接する都市国家ラガシュ王ウルイニムギナを倒してこれを征服し、
さらにウルクを含むシュメールの主要な都市国家の大半を征服して支配下に置いた。治世の後期には拠点をウルクに置いた。

碑文によれば、ルガルザゲシは「日の昇る所から日の没する所まで征服し、下の海(ペルシア湾)から上の海(地中海)まで道を切り開いた」とある。
もしこれが事実であれば、後に彼を破るアッカド王サルゴンはルガルザゲシに対する反乱を起こして成功したことになり、
サルゴンの元主君であったウル・ザババなどはルガルザゲシの属王であったことになる。

史実は不明であるが、どちらにせよ最終的に彼はアッカド王サルゴンとの戦いに敗れ、彼が支配した領域はアッカドの支配するところとなった。



81: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/03/29(日) 03:32:27.86 ID:Mf+pa4+c0.net
>>73
しかしコイツらの名前かっこよすぎるやろ
どんなセンスしとるんや



79: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/03/29(日) 03:30:58.75 ID:LuAE0Pqk0.net
3,700,000,000年前 生命の誕生
1,300,000,000年前 真核細胞、多細胞生物
550,000,000年前 カンブリア大爆発(身体設計の多様化)
330,000,000年前 爬虫類の誕生
200,000,000年前 哺乳類の誕生
80,000,000年前 霊長類の誕生
30,000,000年前 ヒト上科の誕生
7,000,000年前 ヒト科の誕生



80: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/03/29(日) 03:31:45.33 ID:LuAE0Pqk0.net
3,900,000年前 ヒトの先祖が二足歩行
1,000,000年前 話し言葉の発明
300,000年前 ホモ・サピエンスの誕生
25,000年前 絵画、初期の都市
10,000年前 農業の発明
5,000年前 文字・車輪の発明
2,510年前 都市国家の発生
550年前 印刷・実験的手法の発明
225年前 産業革命
130年前 電話・電気・ラジオの発明
65年前 コンピューターの発明
27年前 パーソナル・コンピュータの普及



93: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/03/29(日) 03:37:54.98 ID:muLXWMPX0.net
>>79
自己複製するアミノ酸ってのもよくわかんないけどここまで複雑化するってのもわかんねーな



105: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/03/29(日) 03:43:17.84 ID:OF66XeFX0.net
>>93
DNAの情報をRNAが読み取って岡崎フラグメントがなんたらかんたらってのは偶然出来上がったシステムだとは到底思えない
ほかにも酵素のタンパク質が微妙な水素結合の組み替えで働く機構とか存在していることが信じられん
やっぱり創造主って存在するわ



82: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/03/29(日) 03:32:37.57 ID:4YcoZWsl0.net
ギルガメッシュ叙事詩にノアの方舟のパクリ元みたいな話があるのは知ってる



89: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/03/29(日) 03:35:50.56 ID:dPoKQeYKK.net
>>82
くそ古い聖書にはギルガメシュの名前もあるんやで
ムシュフシュと一緒に。ただしよくわからない悪霊かなんかとしてやけど
受け継がれてはいたけど何か分からないものって認識だったんやろな、王も神話も



83: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/03/29(日) 03:33:00.85 ID:nfzNdb4q0.net
ギリシャ神話のアプロディーテーの起源も一説には遡ればイナンナ(イシュタル)だといわれてるな
まあ後々習合していくこと自体はそこまで珍しくはないが
ギリシャ神話は星座の話も含めて元々オリエントの影響が強かったし外来の神も結構いたりする



87: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/03/29(日) 03:35:17.59 ID:2H7KZDZE0.net
>>83
というか古代はオリエントのが先進地帯だしな
ペルシアのサトラップ制なんかはローマも模倣してる



94: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/03/29(日) 03:38:02.86 ID:8jRQoIQU.net
シリアやイスラエルが平和になって発掘調査進めばまだまだすごいもん出てきそうやね



95: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/03/29(日) 03:38:22.50 ID:lxF5wt//0.net
シュメール文明のレベルの高さを考えれば人類の文明何度かリセットされててもおかしくないと思うわ



98: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/03/29(日) 03:40:09.09 ID:8jRQoIQU.net
>>95
マヤの予言によるともう第六の時代に入ったんやっけ?



104: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/03/29(日) 03:42:55.99 ID:nfzNdb4q0.net
元々オリエントというのは四方に開けた土地だから移動が容易で戦争が起こりやすいんだよな
だからオリエントの政権の栄枯盛衰のサイクルはものすごく速い
現代ではいろいろと衰退しまくってるが戦争が起こりやすいのはそのころからの伝統という一面もあるかもしれん



112: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/03/29(日) 03:45:38.58 ID:2H7KZDZE0.net
>>104
文明を育てる最大の果実は戦争だしな
今は行き過ぎて見る影もないが



111: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/03/29(日) 03:44:38.95 ID:sdhJlmhV0.net
シュメール人は、尿・酸化カルシウム・灰・塩から硝石を生産した。
彼らは、ミルク・ヘビの皮・カメの甲羅・カシア桂皮・ギンバイカ・タイム・ヤナギ・イチジク・洋ナシ・モミ・ナツメヤシなどを組み合わせた。彼らは、これらとワインを混ぜ合わせて、その生成物を軟膏として塗った。あるいはビールと混ぜ合わせて、口から服用した。



ファッ!?



154: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/03/29(日) 03:56:27.29 ID:1y1jgsE+0.net
>>111
これマジなん?
発達してるとかいうレベルじゃないやろ



115: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/03/29(日) 03:47:37.67 ID:0AG7XOet0.net
ホンマ大陸って怖いとこだな
隣からいきなりわけわからん集団が攻めてくる可能性があるんだもの



116: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/03/29(日) 03:47:53.03 ID:Bbjjyj/E0.net
暗黒時代はワイが書物全部燃やしたからやで



118: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/03/29(日) 03:49:14.48 ID:8jRQoIQU.net
>>116
アレクサンドリア図書館が残ってたらどうなってたんやろなぁ・・・



119: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/03/29(日) 03:49:22.22 ID:LuAE0Pqk0.net
古代ローマ時代に蒸気機関が完成してたら今頃は惑星間航行ぐらい普通のことやったんやろなぁ



125: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/03/29(日) 03:51:03.05 ID:2H7KZDZE0.net
>>119
どうやろな
文明ってのは後退することもあるからな
事実西洋は中世という文明の後退を経験している



143: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/03/29(日) 03:54:15.63 ID:xE59M0tZ0.net
>>125
日本刀ってもうロストテクノロジーなんやっけ?
最近やともののけ姫みたいなアニメが最早ロストテクノロジー化しとるんやし
色々ロストテクノロジーあるんやろな



146: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/03/29(日) 03:55:18.74 ID:QZJU4A0W0.net
>>143
戦艦大和の砲塔もそうやったっけ



157: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/03/29(日) 03:57:08.05 ID:nfzNdb4q0.net
>>143>>146
まあ再現ができないというだけでもっと性能のいい別のものならできる可能性は高い
ロストテクノロジーの中には必要なくなって滅んだものも多いから
たとえば戦艦なんてもう流行らんし砲よりもミサイルのほうが効果的と



151: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/03/29(日) 03:56:04.57 ID:KxnfY8TK0.net
>>143
需要が無くなったら消えるのが定めやからなぁ…

ディズニーも昔に戻せと言う人多いけど
ノウハウもセル画技術も全部消えた



153: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/03/29(日) 03:56:21.64 ID:QjM43FST0.net
>>143
アポロ計画のロケットエンジンはもう作れないんやで



160: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/03/29(日) 03:57:28.69 ID:VJb3SvlIa.net
>>153
なんでや?



175: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/03/29(日) 04:00:15.83 ID:QjM43FST0.net
>>160
もう製造ノウハウ散逸してしもうた
あとソ連製NK-33つーエンジンも効率いいのに
冶金技術が散逸してつくれん



126: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/03/29(日) 03:51:24.43 ID:0kdRC5qP0.net
ギルガメッシュ
エンメルカル
メスキアッガシェル
イナンナ(イシュタル)

ここらのネーミング最高や



137: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/03/29(日) 03:53:11.90 ID:Mf+pa4+c0.net
>>126
ワイはウル・ザババとかも好きやな



139: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/03/29(日) 03:53:39.46 ID:WZ8KN8Zi0.net
人類って思った以上に大昔から文明築いてたのがだんだんわかってきとるんよな

比較的歴史の浅い日本もイザナギイザナミ神話とかいつからあるかわからんし
初期の天皇の実在云々なんかより、もっとさらにスケールでかい話はありそうや



145: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/03/29(日) 03:55:03.75 ID:2H7KZDZE0.net
>>139
アトランティスも案外実在してたかもな
ムー大陸
~ムー大陸~
今から約1万2000年前に太平洋にあったとされる失われた大陸とその文明をさす。
イースター島やポリネシアの島々を、滅亡を逃れたムー大陸の名残であるとする説もあった。
しかし、決定的な証拠となる遺跡遺物などは存在せず、

海底調査でも巨大大陸が海没したことを示唆するいかなる証拠も見つかっておらず伝説上の大陸であるとされる。
Athanasius_Kircher's_Atlantis
アトランティス
古代ギリシアの哲学者プラトンが著書『ティマイオス』(Тίμαιος, Timaios)
及び『クリティアス』(Κριτίας, Kritias)の中で記述した、大陸と呼べるほどの大きさを持った島と、
そこに繁栄した王国のことである。強大な軍事力を背景に世界の覇権を握ろうとしたものの、
ゼウスの怒りに触れて海中に沈められたとされている。

http://ja.wikipedia.org/wiki/アトランティス




167: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/03/29(日) 03:58:19.74 ID:YzNwOh2y0.net
中国古代王朝も胸熱
ずっと伝説だと思われてた夏も存在してたし、三皇五帝も全員いたかも



185: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/03/29(日) 04:01:31.56 ID:KxnfY8TK0.net
>>167
ただ中国は盗掘凄いからなぁ

曹操の墓も盗掘品からわかったし



189: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/03/29(日) 04:03:04.72 ID:QZJU4A0W0.net
>>185
中世って恐竜の化石が見つかるとこれは龍の骨やで!って喜んで砕いて薬にしてもうたんやろ
不老不死の薬だ!とか言って
日本やと鬼のツノ扱いだったらしいが
いずれにしてもほんま勿体無いわな



197: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/03/29(日) 04:05:11.52 ID:KxnfY8TK0.net
>>189
日本も結構最近までミイラを普通に漢方薬にしてたんだよなぁ…

盗掘されたら金細工は全部溶かして再加工
ミイラは適当にポイーか燃やされるから何も残らん



204: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/03/29(日) 04:06:37.10 ID:QZJU4A0W0.net
>>197
勿体無さすぎて草



210: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/03/29(日) 04:08:02.07 ID:Sf1l1vrp0.net
>>204
まあナポレオンなんてスフィンクスの顔を大砲の的にしてぶち壊したからね



220: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/03/29(日) 04:09:54.75 ID:KxnfY8TK0.net
>>210
それ嘘やで
もっと昔から鼻は取れてたで

ローマ軍は三大ピラミッドの近くにあった
デカいピラミッド完璧に破壊したんだよなぁ…
もう地下構造しか残ってないわ



211: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/03/29(日) 04:08:08.50 ID:jziCFq5W0.net
>>167
wiki見たらまだ疑問視されとるで
http://ja.wikipedia.org/wiki/夏

『「夏」と後世に呼ばれた政権が実在した事』を証明された事と、
文献史料のいう『「夏王朝」が実在した事』を混同してはならない



173: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/03/29(日) 03:59:57.70 ID:8jRQoIQU.net
シュメール人の謎の配合技術って誰が考えてたんやろなぁ・・・
アインシュタインみたいな天才がおったんやろか?



182: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/03/29(日) 04:01:02.87 ID:QZJU4A0W0.net
海の民の正体って結局何なんやろか



200: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/03/29(日) 04:05:46.92 ID:nfzNdb4q0.net
>>182
上でちょっと書いたけど海の民の一部はエトルーリア人だったといわれてる
ローマに影響を与えた文明の担い手やな
ギリシャ人同様航海が得意で地中海を駆け巡って交易を行っていた

アカイワシャ人 - アカイア人(ミュケーナイ文明の担い手となるギリシャ人)。アカイワシャというのはアカイオイ(アカイア人)の古形アカイウォイに由来すると思われる
トゥルシア人 - エトルーリア人
ルカ人 - 小アジア南西部のリュキア人
シェルデン人 - サルディニア人
シェクレシュ人 - シキリア人

ただもちろんどの民族でも混血が進んでるからここでいうサルディニア人とかシキリア人とかは現代のサルディニア人とかとは完全には一致しない



212: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/03/29(日) 04:08:13.21 ID:QZJU4A0W0.net
>>200
はぇ~すっごい....

当時の記録なんて基本ガバガバなのによく分析出来るもんやな
ほんま凄いで



222: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/03/29(日) 04:10:05.01 ID:nfzNdb4q0.net
>>212
文献記録だけじゃなくて考古学的な記録とかもあるからな
それでいろいろと推測が行われてる(ただ上の説も100%確定ってわけではない)
古代地中海ではいろんな民族が海に乗り出して交易を行ってたんや



217: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/03/29(日) 04:09:10.64 ID:LuAE0Pqk0.net
ピラミッド造ってる連中「スフィンクスって誰が造ったんやろ?」

こんなん草生えるんだよなぁ・・・



221: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/03/29(日) 04:09:55.74 ID:QZJU4A0W0.net
>>217


知らんかったんか



223: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/03/29(日) 04:10:41.91 ID:KxnfY8TK0.net
>>221
それは今も学会で揉めてるから正確には分からん



228: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/03/29(日) 04:11:29.18 ID:2H7KZDZE0.net
>>221
ローマ時代の時点でもうピラミッドがなんなのか誰も知らなかったらしいしな



226: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/03/29(日) 04:11:06.84 ID:YfjFbpXs0.net
これが現在残ってる一番古い限りなく純血のホモ・サピエンスなんやで
ワイら世界中の人間のご先祖様がこういう見た目やったんや
no title

no title



272: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/03/29(日) 04:19:59.20 ID:Sf1l1vrp0.net
なんでこの時代になっても一神教信じる人多いんだろ
聖書とか全く心に響かないやん
古代の哲学や近世の話は感心すること多いけど



287: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/03/29(日) 04:23:19.36 ID:AFAJlN/A0.net
>>272
むしろ一神教以外信仰してるやつのがおかしいやろ
多神教とかガバガバにもほどがあるわ



302: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/03/29(日) 04:26:34.11 ID:Sf1l1vrp0.net
>>287
まあ多神教を信じる気にもなれないけど
キリスト教とかイスラームとかの話聞いててよくこんなの信仰できるなと思ってしまう
日本で育ったからそう思うのかね



317: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/03/29(日) 04:28:22.89 ID:AFAJlN/A0.net
>>302
宗教は人間の基本やで
宗教無しに人間は成り立たんのや



337: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/03/29(日) 04:31:38.21 ID:NMgvYGTqp.net
>>302
オウムの洗脳されていく過程調べてたらなんとなく理解出来るようになったわ



293: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/03/29(日) 04:24:24.33 ID:nfzNdb4q0.net
ローマ皇帝カラカラの軌跡
・元老院で勢力を誇った名門セウェールス家に生を受ける
・有能で誉れ高い父、セプティミウス・セウェールス帝の遺言により弟ゲタと共に皇帝となる
・しかし1年もしないうちに仲の悪かった弟を殺害
・同時代人から評価の高かったマルクス・アウレーリウス帝の子孫を詐称
・貨幣を鋳造しすぎてインフレーションを引き起こすなど内政で失策を連発
・アレクサンドリア市の住民が自身の弟殺しを批判していることを知ると、弁明を行うと称して住民を広場に集め兵士に虐殺させる
・最期はうん項をしている最中に近衛兵マルティアーリスに暗殺される



331: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/03/29(日) 04:31:02.09 ID:VJb3SvlIa.net
>>293
オルフェウスの歌そのまんまなんやな



299: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/03/29(日) 04:26:06.87 ID:5nKJAFxr0.net
やっぱ色んな人種民族が絡まりぶつかり合う地域の進化って速いよなあ
現代?しらん



306: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/03/29(日) 04:27:20.88 ID:KxnfY8TK0.net
>>299
冷戦は技術革新進めたんだよなぁ…

なおそれが原因でどこも金がない模様



318: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/03/29(日) 04:28:40.95 ID:LuAE0Pqk0.net
>>306
冷戦でコンピュータとかネットワークとかどんだけ発達したんやろな



324: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/03/29(日) 04:29:56.62 ID:AFAJlN/A0.net
インターネットとかいう集合知の極み
人類やっとスタート地点に立ったわ



334: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/03/29(日) 04:31:20.17 ID:LuAE0Pqk0.net
>>324
昔は図書館がソレやったのにどっかのアホが燃やしよってからに・・・



364: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/03/29(日) 04:35:28.79 ID:mqfpjkVp0.net
>>334
大図書館作って歴史編纂させたがる王と焚書したがる王の違いはなんなんやろな



335: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/03/29(日) 04:31:21.30 ID:YfjFbpXs0.net
>>324
ネットワーク化の果てに頭脳が並列化して多様性が損なわれて脆弱な種になりそう



343: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/03/29(日) 04:32:30.84 ID:KxnfY8TK0.net
>>335
実際ネットの普及が原因で
若者の極端化が進んでいると言われてるからなぁ…



369: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/03/29(日) 04:36:19.56 ID:LuAE0Pqk0.net
オスマン帝国(1299年 - 1922年)←ファッ!?



396: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/03/29(日) 04:41:16.35 ID:rIzZ6mye0.net
>>369
ユダヤ人の流浪の時代(紀元前66年 - 1948年



394: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/03/29(日) 04:40:47.98 ID:jHaEQmjoK.net
古代史が一番謎に包まれてる国ってどこなんやろ



402: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/03/29(日) 04:42:05.14 ID:mkkciKNcK.net
>>394
アフリカと日本



415: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/03/29(日) 04:44:08.50 ID:2H7KZDZE0.net
>>402
日本はないだろ、記紀があるだけマシだわ、あと漢書地理誌とか
一番謎なのは南太平洋の島々とかじゃないのか
ほぼ伝承しかないやんけ



427: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/03/29(日) 04:47:07.42 ID:KxnfY8TK0.net
>>415
日本も日本側に資料が完璧に残ってないから分からんのや

卑弥呼も中国サイドの資料でようやくわかる程度やし



449: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/03/29(日) 04:49:56.08 ID:s/ifF2ti0.net
>>402
オーストラリアは違うんか?



457: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/03/29(日) 04:51:39.42 ID:Sf1l1vrp0.net
>>449
タスマニア人とか闇深すぎる



458: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/03/29(日) 04:52:01.29 ID:dPoKQeYKK.net
>>449
アボリジニが暮らし続けてただけで謎なんてないやんけ



481: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/03/29(日) 04:56:56.65 ID:xkSiX5Tnx.net
>>458
といっても文字として残ってないからあんだけ有名な原住民族なのに、
その壁画の意味とかは未だ解明されきっとらんのやで
数年前に行ってきたがウルルで丁度調査しとったわ、観光客も見られるものやけど
それを族長に聞き取りで調査しとった、あれもまだまだよくわからん世界やで



401: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/03/29(日) 04:41:48.37 ID:nfzNdb4q0.net
歴史的に明らかになってないことが多いだけで弥生時代とかめっちゃ戦争やってそう
卑弥呼よりずっと前の時代だが倭国大乱とかあったようだし



410: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/03/29(日) 04:43:14.86 ID:KxnfY8TK0.net
>>401
吉野ヶ里遺跡で首ない骨とか
石器が刺さってる骨が沢山見つかってたはず



421: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/03/29(日) 04:45:42.11 ID:jHaEQmjoK.net
アメリカも謎だよな
アメリカというかアメリカ大陸とインディアンか



429: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/03/29(日) 04:47:13.95 ID:Sf1l1vrp0.net
マヤ文明の2012年世界終末って何だったんですかね…
それなりに怖かったんですけど



445: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/03/29(日) 04:49:09.89 ID:bgHgihfA0.net
>>429
それ以後のこと書く前に滅んでもうただけちゃうの



450: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/03/29(日) 04:50:20.01 ID:Sf1l1vrp0.net
>>445
あれってカレンダーを延々と作るのが面倒臭くなっただけだよね



455: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/03/29(日) 04:51:11.83 ID:Jw5fQFum0.net
>>429
物凄いざっくりいえば、超長スパンの干支みたいなもんや
暦の区切りが2012年に来たって話



473: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/03/29(日) 04:55:37.94 ID:bJjDTSepp.net
>>429
ノストラダムス外れてからそういうのに興味持てなくなったわ



462: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/03/29(日) 04:53:03.62 ID:Sf1l1vrp0.net
古代インドの話ほとんどないな
結構面白いのに日本で本ほとんどないからなぁ



470: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/03/29(日) 04:54:43.63 ID:2H7KZDZE0.net
>>462
あいつら口伝で歴史伝えるからな
たまになんちゃら王の石碑とかあるけど



479: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/03/29(日) 04:56:37.69 ID:WZ8KN8Zi0.net
>>462
デーヴァ神族とアスラ神族の争いってあれどう見てもアーリア人とドラヴィダ人の争いやな



507: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/03/29(日) 05:04:01.66 ID:Sf1l1vrp0.net
>>479
桃太郎とかと同じで時代情勢現れてるよね結構
ラーマヤーナもスリランカのほうの異民族との争いやし



472: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/03/29(日) 04:54:59.22 ID:Sf1l1vrp0.net
もし核戦争起きて数万年後に新人類がHDD見つけたら仕組みに気づけるかな



483: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/03/29(日) 04:57:03.74 ID:YfjFbpXs0.net
>>472
ヴォイジャーに金のレコード積んで系外の生命体に情報伝えようってやっとったけど
あれ絶対受け取った側は意味分からんやろ
例え溝が音刻んでるって気づいても回転数知らんやろし
ヴォ1
ヴォ2
ヴォ3
ボイジャー探査機のレコード盤とは、1977年に打ち上げられた2機のボイジャー探査機に搭載されたレコードである。パイオニア探査機の金属板に続く、宇宙探査機によるMETI(Messaging to Extra-Terrestrial Intelligence)=Active SETI(能動的な地球外知的生命体探査)の例である。

地球の生命や文化の存在を伝える音や画像が収められており、地球外知的生命体や未来の人類が見つけて解読してくれることを期待している。ボイジャー探査機が太陽以外の恒星近傍(その恒星まで1.6光年離れた地点)へ到達するには4万年を要するため、もしボイジャーの方向に地球外知的生命体がいたとしてもそこに到達するまでには長い時間がかかる。
http://ja.wikipedia.org/wiki/ボイジャーのゴールデンレコード



504: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/03/29(日) 05:03:18.74 ID:Jw5fQFum0.net
>>483
一応、使い方とか回転数は図で説明はしてたような



510: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/03/29(日) 05:04:29.20 ID:YfjFbpXs0.net
>>504
だいたい系外生命体がレコードに刻まれてる周波数の音でコミュニケーション取っとる保証すら無いし
音ですら無い可能性もある



516: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/03/29(日) 05:05:35.48 ID:Jw5fQFum0.net
>>510
まぁ基本的のは浪漫やしなぁ
一応想定は、人類より進んでる存在想定やろうし、賢い宇宙生命体が考えればきっと分かるべ!って勢い



517: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/03/29(日) 05:05:57.39 ID:rIzZ6mye0.net
>>510
テレパスみたいなんで交信してる可能性もあるわけやからなぁ



525: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/03/29(日) 05:07:18.73 ID:YfjFbpXs0.net
>>517
発光器官でモールス信号状ってのもあり得るやろなあ



514: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/03/29(日) 05:05:21.70 ID:LuAE0Pqk0.net
>>483
なお最近ようやく太陽系を出た模様



485: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/03/29(日) 04:58:32.88 ID:KxnfY8TK0.net
>>484
千年も残らないと思うんですけど…

人類が滅びた後
最後まで残るのはラシュモア山の彫刻だけらしいな
ラシュモア



496: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/03/29(日) 05:01:23.13 ID:YfjFbpXs0.net
>>485
北朝鮮の将軍様称える文字も残りそう
no title




541: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/03/29(日) 05:10:38.06 ID:AUgIXeAA0.net
ギリシャだかローマだかに火炎放射機があったとかビビる



548: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/03/29(日) 05:12:03.61 ID:YzNwOh2y0.net
>>541
東ローマ帝国やな
ギリシア火っていう液体火薬を開発して船の舳先から火つけて吹き出させたんやで
当時は燃える水とか呼ばれてたらしい
今でもどんな物質だったかいまいち判然としない
800px-Greekfire-madridskylitzes1
ギリシア火薬
東ローマ帝国で使われた古代の兵器である。
ギリシアの火やギリシア火とも呼ばれ、後述の通り、水を吸って燃え上がるため、液火とも呼ばれる。


7世紀後半にキリスト教徒のシリア人カリニコスが発明したといわれている
(それ以前中東で発明され、カリニコスはそれを伝えただけという説もある)。
空気に触れると着火する燃える液体で、ホースなどから発射し火炎放射器のように使用したという。
言い伝えでは、この火は水中でも燃え続け、水をかけるとかえって燃え広がったとされている。

http://ja.wikipedia.org/wiki/ギリシア火薬



550: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/03/29(日) 05:13:03.21 ID:xxOtm/FDK.net
仏教の伝説の場所、須弥山(スメール)と何か関係あるの?
Shumisen
古代インドの世界観の中で中心にそびえる山。インド神話ではメル山、メルー山、スメール山ともいう。
http://ja.wikipedia.org/wiki/須弥山



565: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/03/29(日) 05:16:55.17 ID:bgHgihfA0.net
アレキサンドリアの大灯台とか笑うわ
外敵が来たらレーザービーム出して焼くんやぞ
どういう技術や
Pharos_of_Alexandria
アレクサンドリアの大灯台
紀元前3世紀頃にエジプトのアレクサンドリア湾岸のファロス島に建造された灯台。
アレクサンドリアのファロス、あるいはファロス島の大灯台とも呼ばれる。

http://ja.wikipedia.org/wiki/アレクサンドリアの大灯台



570: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/03/29(日) 05:17:57.64 ID:YzNwOh2y0.net
>>565
総大理石高さ100メートルとか間近で見たら絶対脱糞するわ



584: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/03/29(日) 05:20:53.80 ID:yLeZKV6o0.net
>>570
よっしゃロードスの巨像再建しよう
なおお金がない模様

Colossus_of_Rhodes
ロードス島の巨像
紀元前3世紀頃にリンドスのカレスによってロードス島に建造された、
太陽神ヘリオスをかたどった彫像(コロッソス)。世界の七不思議の一つ。


全長は34メートル。台座まで含めると約50メートルになり、
現代のニューヨークの自由の女神像に匹敵する大きさであった。
ヘリオスは同じ太陽神のソルやアポロン(ローマ名アポロ)と混同されたため、アポロの巨像とも呼ばれる。

http://ja.wikipedia.org/wiki/ロードス島の巨像



597: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/03/29(日) 05:23:04.48 ID:s/ifF2ti0.net
>>565
バビロンの空中庭園とかいう詐欺
Hanging_Gardens_of_Babylon
バビロンの空中庭園
セミラミスの架空庭園(懸垂庭園)とも呼ばれ、
古代ギリシアの数学者・フィロンが選んだ「世界の七不思議」の建造物の一つの屋上庭園。
 
http://ja.wikipedia.org/wiki/バビロンの空中庭園



649: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/03/29(日) 05:42:36.20 ID:rIzZ6mye0.net
ソドムとゴモラのwiki見てたらそこにもシュメール人が出てきて草
しかも伝説とかじゃなくて当時の隕石落下説とかいう科学路線の証拠として
当時のシュメールの天文学者の石板が引用されとる




【閲覧注意】お前らの街にある 怖い噂

【閲覧注意】報道規制されたと思われるオカルトな事件・事故

昨日ゲーセン行ってゲーセンが廃れた理由分かった気がする

【閲覧注意】歴史上の妙な死に方を集めるスレ

【幻想風景】FFDQ好きならこういう風景好きだろ?

【HSP】敏感すぎてすぐに動揺してしまう資質

脅威の笑える凄い画像スレ『幕末の若者』

尾崎ってマジで中学の授業ぐらいで支配されてるとか自由になりたいとか思ってたの?

「これ犯罪なのかよ」ってことを教えてくれ

なんか理系の面白い話あげてけ

嫌われる勇気―――自己啓発の源流「アドラー」の教え
岸見 一郎 古賀 史健
ダイヤモンド社
売り上げランキング: 2