転載元:http://hobby10.2ch.net/test/read.cgi/occult/1202223948/
この世で触れてはイケない謎ってなんかある?
http://blog.livedoor.jp/nwknews/archives/4751049.html
幻想


29: 本当にあった怖い名無し 投稿日:2008/02/09(土) 22:58:48 ID:hSPwJ3V70
1/2

遂、最近、体験したばかりなんだけど(というか今も継続中)

うちのパソコンのモニターの横に、瞑想しているような感じの高さ20cm位の
置物がある。
今から2年ほど前に、京都市内北部のある雑貨屋で買った物で、全体的にベージ
ュっぽい色合いでつるんとしたデザインの犬。…だったはずなんだが。

「あれ?」
今年に入ったある日の事、部屋を掃除していて、ふと、その犬の置物の背中に斑
点模様があるのに気づいた。
それも悪戯書きなんかじゃなく、顔や尻尾なんかをペイントしてあるのと同じ塗
料で描かれている、まちがいなく職人の手仕事。
「え?こいつには、こんな斑点なかったはずやん?」
と不思議に思ったものの、たぶんずっと勘違いをしていたんだろうと、その時は
そう自分に言い聞かせて、何事もなく掃除を終えた。



30: 本当にあった怖い名無し 投稿日:2008/02/09(土) 22:59:12 ID:hSPwJ3V70
2/2

先週になって、久しぶりに彼女が遊びに来た。
で、冷凍餃子の事件についてとか、とりとめもない雑談なんかをしていたんだけ
ど、そのうちに、ふと例の犬の置物のことを思い出した。
で、自分の記憶力の曖昧さをネタに笑い話にしようとしてこの事を話したんだ。、
「いやになるわ。俺、どこでどう勘違いしていたんか、こいつのこと無地やとばっ
かり思いこんでたわ…斑点つきやったとは」
「……」
話を聞いても彼女は笑はなかった。
というより、普段以上にマジな顔になっている。
「嘘やろ…」
ぽつりとそう言うと、彼女はその犬の置物に近づきじっと見た。
「これ、私と一緒に買うたやん?それでよう憶えてるけど…この犬、模様なんかな
かったはずや!」
「え?」
どうやら自分の記憶違いではなかったらしい。彼女も確かに無地だったと保障してく
れる。いったい何が起こったのか?

私は自由業なので、仕事もほとんど家でしている。
だから留守にすることも少なく、自分が目を離している間に誰かが勝手に入って来る
なんてまず考えられないし、そもそもがそんな他人の家の物に落書きをするような不
届き者は知り合いにはいない。
それに上にも書いたけど、明らかに最初からペイントされた感じで塗られていて、誰
かが悪戯で描いたというレベルじゃない。

ちなみに、犬の置物は、今も斑点つきの姿で、幸せそうな表情でモニターの隣に置か
れている。



33: 本当にあった怖い名無し 投稿日:2008/02/10(日) 07:51:41 ID:xfFeBX/d0
二重に塗装していたうちの外側が薄くなったんだろ。



34: 本当にあった怖い名無し 投稿日:2008/02/10(日) 10:50:48 ID:Rsm1n/+p0
くすんでいた釉薬が室温と湿度で適度に透明化した?
ありそうですがどうかなー。



41: 本当にあった怖い名無し 投稿日:2008/02/10(日) 21:41:05 ID:TZpn3CqHO
流れぶったぎって


自分子供の頃からプチピざ・・ぽっちゃり系だったんだけたど、ある日朝起きたらビックリ!痩せていた
体重を量ったら十キロ以上減ってた
1日でさすがに此はありえんと、日を見て病院に行くも異常なし
更におかしいのは、見た目にも明らかに変わったのにそれについての周囲の反応がないこと
減ってた日の朝病気だと思って家族にも訴えたけど、ハイハイてな感じで流された
過去にも変化があるかと思ってアルバム見るも、最新の自分の写真(写メ)を見るもプチピザのまま
ちょうど今日で一週間目だけどリバウンドもなく痩せたままです



45: 本当にあった怖い名無し 投稿日:2008/02/10(日) 21:58:18 ID:EhC00YWj0
>>41
体重計が壊れ…



46: 本当にあった怖い名無し 投稿日:2008/02/11(月) 01:00:54 ID:G+EhK7w+0
>>41
服のサイズとかはどうなの?
ブカブカで着れなくなったとかないの?



47: 41 投稿日:2008/02/11(月) 01:35:23 ID:SpgO3lF4O
>>46
もとのサイズが大抵Mだから着れなくなったとかはないんだけど・・・ジーンズはベルト必須になったかな
前着れなかったSサイズが余裕で着れる



49: 本当にあった怖い名無し 投稿日:2008/02/11(月) 02:19:54 ID:7IdHQppPQ
>>41原因不明じゃダイエット本も出せないよなw



44: 41蛇足 投稿日:2008/02/10(日) 21:57:59 ID:TZpn3CqHO
家族に何度も変わった事を訴えていたら、姉が「そういえばあたしも子供の頃朝起きたら髪が10センチ伸びてたわ」って行ってたからそういう家系なのかな



48: 本当にあった怖い名無し 投稿日:2008/02/11(月) 01:57:01 ID:LheaCPqz0
考えられるのは自分は太っていたとなんらかの形で思い込んでいるだけ。
今の写真と最近の太っていた時の写真を出して家族や医者に見せてみたら?



50: 41 投稿日:2008/02/11(月) 03:41:29 ID:SpgO3lF4O
さらっと書いて終わるつもりだったけど・・・
祖父に子供の頃、家族の様子が急に変わった様に感じても気にするなって言い聞かされてた
今思えば弟も1日でいきなり背が伸びてたような気が
その時は「成長期自重www」位にしか思わなかったけど1日は無いよな・・・?ちなみに3兄弟
自分もくせ毛が急に直毛になった事もあったかも
祖父は性別も云々ってた言ってた事もあったけどそれも変わる事が有るのか(゚д゚;)))



51: 本当にあった怖い名無し 投稿日:2008/02/11(月) 07:57:04 ID:uVKgjdfD0
>>50
> 祖父に子供の頃、家族の様子が急に変わった様に感じても気にするなって言い聞かされてた
なんじゃそりゃあ!?
じいちゃんにkwsk訊いてみてくれよう。
あと、家族にインタビューしる。



54: 本当にあった怖い名無し 投稿日:2008/02/11(月) 12:16:34 ID:XVAjZuXG0
>>50
なんかすげえ。オモシロすぎ。
お祖父さんは何をご存じなんだwww



61: 本当にあった怖い名無し 投稿日:2008/02/11(月) 16:33:32 ID:D+XO0MuI0
>>50
…不思議な血統をお持ちのようで。何だろう、中味(魂魄)に器(身体)が
引きずられやすいタイプの家系なのかな?
ところで、家族ならいきなり変化しても「ま、ウチはそういう家系だから」で
済ませることができるけど、他の人たちはどう? 友人とかご近所さんとか。
あなたのことは、ちゃんと以前は「太っていた」って認識してる?



92: 本当にあった怖い名無し 投稿日:2008/02/13(水) 09:05:41 ID:X7us0zy5O
>>61
超亀レスゴメン
友達にそれとなく訴えたら「そう言われれば痩せた様にも見えるけど・・・?」と微妙な反応
写メとか見せたら「ホントだーよかったじゃん」とあくまでも軽い
唯一イトコは痩せたと言ってきた



55: 本当にあった怖い名無し 投稿日:2008/02/11(月) 13:53:50 ID:I2jWrn70O
友達とカラオケ行って会計してるとき、ガラス越しの外の通路にシルクハット被って黒いマントを羽織った紳士が早歩きで歩いていた。
その格好だけでも相当おかしいのに、薄ら笑いを浮かべながら歩いている。
バッとマントを翻したら、大きな皮張りのトランクを持っているのが見えた。

そのカラオケは広いビルの2階のテナントで、その紳士が歩いていった方向には居酒屋しかない。
でも友達に「何あれw」って言っても皆「?」って顔してる。
「え?今怪盗なんとかみたいな人いたじゃん」って言っても皆そんなのいなかったって言うし、挙げ句の果てには「疲れてるんだよ」とか言われる始末。

何だったんだろう。



60: 本当にあった怖い名無し 投稿日:2008/02/11(月) 16:25:46 ID:Wo8oBsAL0
>>55
もしそれが代々木近辺なら、自分も見たことがある。
朝六時位だった。



64: 本当にあった怖い名無し 投稿日:2008/02/11(月) 18:30:38 ID:dCWGD736O
小学校2年くらいの時の話

自転車に乗って遊びに行って、夕方頃帰ってきて自転車を停めて鍵を抜こうとした時
右腕の内側から大量に出血してる事に気がついた。びっくりしてよく見ると、肘関節の内側から脇に向かって15cmくらいの切り傷が。
気付いた時にはもう右腕が血まみれだったが、血に気が付くまで全く痛みは無かったし、
そもそも自転車乗ってる時にそんな場所に傷が付くわけない。

かまいたち…ではないかと…



65: 本当にあった怖い名無し 投稿日:2008/02/12(火) 03:27:41 ID:iDhOGCe/0
自転車が思いの外速かったせいで、
三匹目が間に合わなかったんだな



66: 本当にあった怖い名無し 投稿日:2008/02/12(火) 04:07:22 ID:I+5VuAXYO
>>65は、また
「判る人だけ判ってね、乙レスくれたら嬉しいな」系?



70: 本当にあった怖い名無し 投稿日:2008/02/12(火) 08:29:37 ID:dPQRC7b2O
>>66
かまいたちは一匹目が転ばして、二匹目が切り裂き、三匹目が薬を塗る。



87: 本当にあった怖い名無し 投稿日:2008/02/13(水) 07:42:18 ID:9e4ljmkq0
かまいたち、自分も三匹は知らなかったけど
>>70を読んで三匹目に萌えたw



93: 本当にあった怖い名無し 投稿日:2008/02/13(水) 09:36:34 ID:58huXt8p0
流れ読まずに投下

私の彼なんだけど変
出かける前にどこどこ(繁華街)には絶対近づくな!って言われたらその繁華街で火事おこったりしてた
最近怖かったのは朝早く会社行かなきゃいけない時に無理に引き止められた。
寂しいのかなっと思ってたけど行かなきゃいけないって言ったら
会社には正面玄関から入れって言われた
んで言うとおりにした、そしたら会社の裏口の前で女の人が死んでたニュースにもなってた

なんで?って聞いたけど左目がちょっとって言ってた
後関係ないかもしれないけどもとはK府で知り合った。
で私と彼の実家のA県に帰ろうってことになる時すごい嫌がってた
別れそうになるぐらい喧嘩したけど結局彼の友人がA県で亡くなって
その流れで帰ることにした。
A県でなにかあったのか聞いたら言わない、なんなんだろすごい不可解



103: 本当にあった怖い名無し 投稿日:2008/02/13(水) 14:35:21 ID:+74VbuLU0
俺の知り合いの女性から聞いた体験談。
今から10年以上前の話。場所はY県内でも有名な心霊スポット、佐○川ダム
付近のトンネル内。
彼女はその日、所用で遠出をし、行きとは違うルートを通って、家路に向かっ
ていたそうだ。帰る前に実家に子供をあずけて出かけていたので「今から帰る
」っていう電話を公衆電話からした後、出発した。
連れはおらず一人で運転していたのだが、車が佐○川ダムそばのトンネルに
入ったところで異変に気づいた。
通常なら数分で抜けるはずのトンネルの出口が行けども行けども見えてこな
かったらしいのだ。彼女は異変を感じつつもひたすら車を走らせたのだが、
やはり出口は見えてこない。その間、後続車や対向車は全く走ってこなかっ
たそうだ。ただ、周りの風景は単なるトンネルの風景だったらしい。



105: 103 投稿日:2008/02/13(水) 14:44:15 ID:+74VbuLU0
元々、彼女は小さい頃から霊感が強く、本人の意志とは無関係に霊が見えたり
時として、とり憑かれて大変な目にあったりした経験ももっているのだが、
この日の出口の見えないトンネルはそういった心霊体験とはまた、一味違った
恐怖だったらしいが、とにかく異変に気づいてからは、早く出口にたどりつけ
るよう、心の中でひたすら祈りながら運転を続けたそうだ。
その後、やっと出口にたどりついたのは、トンネルに入って1時間半も経って
からだったという。
数分で通過できるトンネルを普通に運転して1時間半。彼女もひたすら首を
かしげるしかなかったそうだが、時計も車のトリップメーターも間違いな
く進んでおり、物理的にそれだけの距離を走ったことは間違いなかったらしい。



106: 103 投稿日:2008/02/13(水) 14:55:34 ID:+74VbuLU0
そして、予定の到着時間を大幅に遅れて帰宅。実家にあずけていた子供を
迎えに行くと、彼女のお父さんが「今から帰るって電話してから何時間経った
と思ってるんだ!子供をほったらかしにして何を考えてるんだ!」とひどく
彼女を叱ったそうなのだ。
彼女は佐○川ダム付近のトンネルで起こった不思議な現象を、お父さんに
話したのだが、「遅くなったからって、そんな嘘をついて何を考えてるんだ!
」とまた彼女を叱った。彼女自身、嘘はついてないのだが、実際に経験して
いない父親にこれ以上、説明しても仕方がないと思い、お父さんにわびをいれ
自分の家に子供と一緒に帰宅した。

翌朝、彼女の実家で事件が起こった。
寝ていたお父さんが、朝目覚めて起きようとしたところ、足に激痛が走り
起き上がれない。救急車を呼んで病院で検査をしてもらったところ、なんと
左足の大腿骨が複雑骨折していたというのだ。
骨粗鬆症の老人でもないお父さんが、単に寝ている間に骨折していたことに
対して医者は骨折しているとしか説明ができなかったらしい。
結局、彼女のお父さんは3ヶ月もの入院をするハメになったそうだ。



107: 103 投稿日:2008/02/13(水) 15:00:24 ID:+74VbuLU0
10年以上経った今でも、あの時のトンネルの不思議な体験が何だったのか、
彼女にもわからないそうだが、少なくとも彼女のお父さんが骨折したことは
トンネルの事件と何か因果があるんだろうね、と彼女は言っていた。
彼女の体験は事実なので、世に言う神隠しっていうのは、稀に起こりうること
なんだろうな、と思った。



110: 偶然の一致 その1 投稿日:2008/02/13(水) 17:52:43 ID:Wumg/I8+0
自分の体験談ではないのだが、実際におきた不思議な事件の話なら
たくさんあるので試しに書いてみる。

『その確率は10億分の1』

それは、1950年3月1日の夕方に起こった。
アメリカ・ネブラスカ州にあるベアトリスという小さな町の
教会での出来事である。

いつものなら、午後7時半から始まる合唱の練習に十五人の聖歌隊員は、
その日に限って誰ひとりとして教会に現れなかった。
といっても、彼らがこのとき、とりたてて特定の事件や事故に巻き込まれた
わけではない。隊員それぞれに、どうしても避けられなかったちょっとした
十五の出来事があり、いけないと思いつつ遅刻してしまっただけなのである。



111: 偶然の一致 その1 投稿日:2008/02/13(水) 17:53:43 ID:Wumg/I8+0
例えば、
・ピアノを演奏する隊員は、いつものように練習の三十分前には教会へ行って
準備をしようとしていた、だからベッドでひと眠りしたいという母親を、
練習の時間に間に合うように起こしてあげるつもりだった。
ところが、自分もついついうたた寝をしてしまい、目覚めた時は時刻は7時十五分
をさしていたのだ。急いで身支度を整えながら、完全に遅刻だわと、彼女は思った。

・また、教会の牧師の家では、7時十分には家を出て教会に戻る予定だった。
ところが、出かける間際になって、妻が娘の服が汚れているのに気づき、
別の服を着せようとアイロンかけ始めた。かけ終える頃には7時二十分をまわっていた。

・他の隊員達も、車の故障や、宿題の片づけ、ラジオなど。

その晩、聖歌隊の十五人全員の身に起こったそれぞれの遅刻の理由は、あまりにありふれた
平凡なものだった。うっかり寝過ごす、子供に手がかかって予定が狂う、出かける間際に
車が故障する、ついつい時間を忘れる。それは誰の日常にもよくある出来事ばかりだった。
そして、誰ひとりとして、まさかほかの聖歌隊員も全員遅刻しているなど、思いもよらなかった
はずである。



112: 偶然の一致 その1 投稿日:2008/02/13(水) 17:54:10 ID:Wumg/I8+0
ところが、その日の7時二十五分、普段なら全員が集まっているはずのまさにその時間、
突如教会で大爆発が起こり、教会の壁は砕けちり、重い天井は一直線に落下。建物は全壊した。
もし聖歌隊員全員、あるいは誰ひとりでも時間どおり教会に集まっていたなら誰一人助かっていなかったであろう。
その後インタビューで、
これまでご先輩方や、他のメンバーが遅れたことありましたか?の質問に対し、
いいえ、一度も、あの時がはじめて。と答えた。
十五人の聖歌隊員全員が遅刻する確率は、計算上十億分の一だという。
むしろ、十五人全員が爆発の犠牲になることこそ、もっとも起こりうる事態だったはずである。

END


偶然の一致とはいえ、教会だけに神がかりな何かを感じてしまう。



114: 本当にあった怖い名無し 投稿日:2008/02/13(水) 21:16:49 ID:b++cD6pS0
>>112
教会の爆発の原因を知りたい。
工場や薬品倉庫でもない建物が爆発するってのは事故ではなくて、犯罪事件の疑いがある。
夢のない話で恐縮だが、保険金詐欺のような感じがする。



115: 本当にあった怖い名無し 投稿日:2008/02/13(水) 21:50:18 ID:v31/RkYW0
>>114
112ではないけど、確かガス漏れ事故で、犯罪性はなかった。
この事件はかなり有名で、今までに書籍・雑誌やテレビ番組でも何度か見かけた。



133: 本当にあった怖い名無し 投稿日:2008/02/15(金) 15:30:32 ID:b+WGm5vp0
不可解というか、初めてというか・・

先日、酒の肴で「炙り蛎(カキ)」みたいな名前の剥き身の
カキを燻製にしたような物を食っていた。
何個か食っていると「ガリッ」歯が折れたのか?とも思ったが
吐き出してみてびっくり、それは米粒より少し小さめの真珠だ
った。
形は球形ではなく「0」みたいな楕円。

カキから出てきた物なので「真珠」と呼ぶかどうか分からないが。



135: 本当にあった怖い名無し 投稿日:2008/02/15(金) 16:41:27 ID:X3dHClQj0
>>133
マジレスすると、牡蠣に真珠が入ってることはあるよ。
以前、友人の弟が漁師やっててでっかい牡蠣くれたんだけど、その中に黒真珠入ってた。
牡蠣から出てきたものに限らず、あこやからも楕円ぽい形の真珠も普通に取れる。
もちろん球状のものほどの価値はないけどね。



137: 本当にあった怖い名無し 投稿日:2008/02/15(金) 18:35:20 ID:b+WGm5vp0

>>135
マジレスありがとうございます。
あるんですねぇ、そういうことが。



138: 本当にあった怖い名無し 投稿日:2008/02/15(金) 19:04:57 ID:G64UM1u50
>>137
うちはホタテに入ってたことあるよ、米粒くらいの真珠。
なんとなく記念にとってある。



140: 本当にあった怖い名無し 投稿日:2008/02/15(金) 23:25:48 ID:kAfvPr0p0
>>133
前に英語の先生に聞いたんだけど、英語の表現に「world is my oyster」っていうのがあって、
それはカキに時々入ってる真珠のことなんだって
意味は、たしかめったに入っていないカキの真珠を探すのは大変だけど見つけたときの
喜びは大きい、世界にも目を凝らすとそんな楽しいことが転がってる、世の中って
面白いなぁ、って感じだったと思う



142: 本当にあった怖い名無し 投稿日:2008/02/17(日) 00:07:54 ID:/oS4N6EwO
バレンタインの日にあった事なんだけど、寂しく男友達と遊んだ後、家に帰ってきて、部屋の換気にベランダの窓を開けたらレールの部分にチョコレートが挟まってた。
市販の明○チョコレートで、一口サイズのチョコレートが細長い箱に入ってるアレ。

その時は古いチョコレートかなと思って食べずにいたんだけど、おかしいのだ。
ここに引っ越してきて一週間、その間に家でチョコレートを食べた記憶がない。

ちなみに彼女なんていないし、1人暮らし、更に四回に住んでる。合い鍵もない。



144: 本当にあった怖い名無し 投稿日:2008/02/17(日) 01:09:47 ID:sx00usbmO
>>142
大家さん美人だといいなw



143: 本当にあった怖い名無し 投稿日:2008/02/17(日) 01:09:06 ID:p2vpCFK30
隣の部屋の奴からだなw



150: 本当にあった怖い名無し 投稿日:2008/02/17(日) 03:26:04 ID:SlZn4R4L0
小さいときに、朝目が覚めたら、
拾った覚えの無いどんぐりを二、三個握っていたことがあったのを思い出した。
幼いながらに不思議に思って、妖精の贈り物だ!とか色々想像したよ。
そして自分の机の引き出しに大切にしまったんだ。

話はこれだけ。特にオチは無いけど自分の不思議体験はこんなもん。
面白くなくてゴメンな。



153: 本当にあった怖い名無し 投稿日:2008/02/17(日) 04:39:40 ID:KJLv2RXSO
不思議と言えないかもしれないけれどお邪魔します

自分が小学校低学年のときに両親が離婚した
母親が父方の祖母と折り合いが悪かったせいもあり父親とは数年会ってなかった
だけど中学生のとき何年かぶりに祖母の家に遊びに行くことになり、父も自分に会いに来てくれた(父は一人暮らし)
その夜、久しぶりに会ったんだからと父と布団を並べて二人同じ部屋に寝ることになった
正直一緒に寝るのは恥ずかしかったんだけど、せっかくだしそのまま寝ることにした
布団に入ってからどのくらい経ったのかわからないが、夜中にふと目が覚めた
すると右腕が布団から出てて、何か違和感を感じた
布団の間は2、30センチ開いてたんだが、その布団と布団の間で父と自分が手を繋いでたんだ
ちょっとびっくりしたけど、父は気持ちよさそうに寝てたから、起こしたら悪いと思ってそのまま寝た
次の日、自分からは恥ずかしくて、なんで手を繋いでたのか聞けなかった
だけど隣の部屋で父が祖母に「手を繋いでて驚いた」と話しているのが聞こえた
父がこっそりと手を繋いだわけではないらしい
きっと二人とも無意識のうちに繋いでいたんだと思う
あのときのことを思い出すと、嬉しいような恥ずかしいような気持ちになる



154: 本当にあった怖い名無し 投稿日:2008/02/17(日) 04:44:19 ID:KJLv2RXSO
うわっ長くなっちゃった
分けて書き込むべきだったorz
読みにくくて申し訳ないです



156: 本当にあった怖い名無し 投稿日:2008/02/17(日) 05:07:46 ID:GfzgUMESO
>>154
久しぶりに顔がほころぶ話がみれたぜ



155: 本当にあった怖い名無し 投稿日:2008/02/17(日) 05:01:27 ID:P4+R6bkd0
いや、分ける程の長さではないよ
いい話だね



172: 本当にあった怖い名無し 投稿日:2008/02/18(月) 10:22:21 ID:7PR84OQyO
嫌いな人の名前買いた紙を持って燃やしたら 急にもえあがって手がもえて火傷した
その人から手に果物ナイフが落ちてきたり 急に切れたり いろんなとこに挟んだり やたら火傷した手だけ災難続きだった

数日後 その紙に書いた名前の人にあったら 私が火傷したほうと同じ手があざだらけだった



176: 本当にあった怖い名無し 投稿日:2008/02/18(月) 16:10:17 ID:vUPtCh7WO
>>172
人を呪わば穴二つ、か
刺し違える覚悟があれば人を傷つけることは容易いな



181: 偶然の一致 その2 投稿日:2008/02/19(火) 12:35:13 ID:bD7+iJG50
怖い話ではないのだけど実際に起きた事件の中から
死んで分かる、意外な偶然を集めてみました。

『死んだ意外な偶然』

★イギリスのハンプシャー州の農場で、エドワード・ラッセルさんが、
トラクターのすぐそばに、真っ裸で倒れているのが発見された。
発見されたときは、意識不明の重体。
すぐに病院に運ばれたが、1975年2月に死亡した。
彼はなぜ裸で倒れていたのか?
警察によると、運悪くトラクターに接触し、
そのまま巻き込まれるようにして、着ていたものがはぎ取られた結果だという。
そのトラクターの愛称は「テイクオフ・ギア(服を脱げ)」であった。

★ドイツからやって来てクレタ島で休暇を過ごしていた
ウーヴェ・グルンヴァルトさんは、奥さんと散歩をしてたとき、
突然パッタリと倒れて死亡した。
死因は、頭上からやって来た弾丸。
誰かが空に向けて撃った弾が落ちてきて、命中したのではないかという。

★イギリスに住むジョン・スネル氏。彼が若い頃、一人の手相占い師に
見てもらったところ、「45歳の誕生日に死ぬ」と言われた。
月日がたち、そのことは忘れていたが、44歳になったとき、
ふと占い師の言葉を思い出し、酒をやめた。
そして、ついに45歳の誕生日。
彼はその日、いっさい外出はせずじっとしていた。
誕生日を無事に過ごすことができてほっとした2日後の新聞に、
「ジョン・スネルという人が45歳で死んだ」ことが報じられていた。
わずか900メートル先に住む人物であった。
その人にとっては、占い師の予言は当たっていたのだ。

END 偶然というより、もはや運命なのか。。。



183: 本当にあった怖い名無し 投稿日:2008/02/19(火) 17:34:44 ID:OBM3TdOM0
>>181
最後の、占い師が殺したんじゃねーのw
自分の占いを当てるために



182: 本当にあった怖い名無し 投稿日:2008/02/19(火) 15:55:58 ID:cy67L/c5O
最後のヤツ、手相だから死んだ人と死んでない人関係ないような。



184: 本当にあった怖い名無し 投稿日:2008/02/19(火) 19:50:44 ID:4s20jV+UQ
名前が同じだから、死に神が間違えたんかも。



186: 本当にあった怖い名無し 投稿日:2008/02/20(水) 01:31:51 ID:fVabXnwk0
>>184を支持しようw



233: 本当にあった怖い名無し 投稿日:2008/02/23(土) 18:10:38 ID:ZKwt8tnNO
うわー今投稿しようとしたのに文章消えた・・・。

悔しいんで簡潔に書くよ(´Д`)
小さい頃、居間の窓からよく外を見ていたんだが、いつしか白い発光しているような影が見えるようになった。
その影は家の周りを走っているようで、気になって窓から窓へ追い掛けると、一周する前に消えてしまった。

それから度々見るようになったが、小学校高学年になるとぱったり見えなくなった。

中3になったある日、ふと居間の窓を見ると白い影がまるで私に見せつけるようにゆっくりと歩いていた。
あっというまに消えた。

今現在また見えなくなってしまったけど、発光した人影は今も走っているのかな。



234: 本当にあった怖い名無し 投稿日:2008/02/23(土) 18:32:14 ID:Ayp1eL4TO
>>233
気にしてくれてるのかなw
充電終わったらまた現れるんじゃない?



242: 本当にあった怖い名無し 投稿日:2008/02/25(月) 11:55:20 ID:woggqyeD0
先週の話。遅く帰ってきて嫁は寝てたので用意されてた飯食って皿とか洗った。
ウチは瞬間湯沸かし器とか無く団地の給水塔の水なので夜の冷気に当たって水が冷たい。
ついでに鍋なんかも洗ったので、手もすっかり冷たくなってしまった。

かじかむ手でタバコを吸い、開いてた食器棚を眺めていると最近使ってないような食器が、
取り出しやすい位置にあるのでちょっと上の方に片付けるかと、食器棚の整頓をはじめる。
ついでに今食った皿も片付けようかと思った時、指に違和感を覚えた。
左手の人差し指が熱い。まるで消してすぐのマッチを指に押し当てたような熱さと痛み。
ん?さっきのタバコで火傷したか?それとも静電気でパチッといったか?

でも、タバコ吸う時は左手は冷たかったんでポケットに入れ、右手だけで吸ってたし、
タバコ吸ってもう10分は経ってる。手があまりに冷たくて感覚異常でも起こったのか?と思い
指先を口唇に当ててみる。熱いお茶の湯のみくらい熱くなってる。
感覚的に指の皮一枚下にBB弾くらいの熱源がある感じ。

その時はあまり気にせず、洗った茶碗を拭きながら茶碗のそこに溜まった水滴を
指先に付けてみると、モウモウと湯気が出る。
そして熱源が段々広がり指の第二間接より上全体が触れないくらい熱くなってきたので、
どう対処してよいか分からず、とりあえず水道を出し、流水で指を冷やしてみた。

ジュッ。まるで火のついたタバコを水で消したような音がして少し湯気が出た。
しばらく流水で冷やした後、指を観察してみても、あんなに熱かったのに火傷した風でもない。
間接を曲げると多少違和感があったものの、翌日には通常通りだった。

いや、もうMAX熱いときは火が出そうな勢いだったんだけど、ひょっとして
あの人体発火ってこうやって起きるんじゃないかと思った。
ちなみに俺にこんな現象が起きた前日、隣の熊本市ではこんなことが起きてた。
/r/2ch.net/news/1203228659/



247: 本当にあった怖い名無し 投稿日:2008/02/25(月) 20:56:01 ID:qpALrfyMO
>>242
リンク読めなかった!気になる!



243: 本当にあった怖い名無し 投稿日:2008/02/25(月) 11:59:13 ID:8gi9JIkLO
見れん



244: 本当にあった怖い名無し 投稿日:2008/02/25(月) 12:24:40 ID:woggqyeD0
ソース元消えてたんで、ν速のスレッド記事で。



245: 本当にあった怖い名無し 投稿日:2008/02/25(月) 12:47:03 ID:Ff80+v8m0
それが見れん



246: 本当にあった怖い名無し 投稿日:2008/02/25(月) 12:49:58 ID:woggqyeD0
専ブラか?

熊本の住宅街で人体発火現象
1 : くじら(愛知県):2008/02/17(日) 15:10:59.95 ID:9/8Xx8FQ0 ?PLT(12001) ポイント特典

住宅街の路上で女性が炎に包まれ死亡 (2008年2月17日 11:49 現在)

きょう未明、熊本市の住宅街の路上で、女性が炎に包まれ死亡しました。
警察は、死亡した女性の身元の確認を急ぐとともに死亡原因を調べています。
きょう午前1時半ごろ「熊本市国府3丁目の路上で何かが燃えている」と近くの人から119番通報がありました。
消防が駆け付けたところ、炎に包まれた女性が路上に横たわっていました。
火は間もなく消し止められましたが、女性は死亡していました。
現場は、住宅街の路上で、警察が女性の身元の確認を急ぐと共に司法解剖して死因を調べ、事件や自殺などの面から捜査しています。

http://www.rkk.co.jp/cgi-bin/newscgi/localnews.cgi?id=NS003200802171149460111

総レス数 89



248: 本当にあった怖い名無し 投稿日:2008/02/25(月) 20:57:39 ID:qpALrfyMO
>>246
ゴメソ。ありがと。



249: 本当にあった怖い名無し 投稿日:2008/02/25(月) 22:30:51 ID:A+D8/SL30
焼身自殺として処理されている中にはこういった人体発火も
含まれているのかな?
しかし、何が原因なんだろうね?



250: 本当にあった怖い名無し 投稿日:2008/02/26(火) 00:16:28 ID:3qwjWIMmQ
携帯の電池が発火原因って可能性ないのかな。



261: 本当にあった怖い名無し 投稿日:2008/02/26(火) 14:35:12 ID:0sSta7zv0
数年前にその頃の仲間のうちの1人、A君が自殺したときの不思議話。

俺とA君と、もう1人O君ってのが特に仲良かった。俺だけ大学から県外へ出ました。
数年前の春、ひさびさO君にメールしました。何か要件があったような記憶がある。
メール内容は、要件と「今年は夏に帰省するから、いろいろ集めて飲もうな」みたいな感じ。
O君からは「了解。A君にも連絡しとく。来るの決まったら教えて」と返信が。
俺も滅多に連絡取らない人なんで、まあO君に任せとこうかと思い放置しておいた。
そして7月末。盆休みの帰省スケジュールが決まったので、O君にそれを教えた。

数日後O君から電話。「昨日電話したけど、A君が連絡取れなかった。またかけるけど」と。
実家暮らしだけど、よく彼女の家に泊まり込む人らしいので気にしなかったらしい。
そして翌日に俺が見た夢なんだけど。どこか知らない山か森みたいな所を歩いてた。
そこでA君O君の2人組に遭遇し、「おー!どうしたんだよ!」みたいな感じ。
なんかそこで「飲みに行こうよ」みたいな話だったが、俺だけ「帰らなきゃ」
とか言い出してた覚えが会った。夢らしいといえばそれまでか。

その次の日、仕事中にO君から電話がかかってきた。「A君が行方不明だ」と。
どうやらO君が電話した日、退社してからだとかで、会社も実家も彼女も行方を知らない。
O君は「最近欝だったらしい。明日から有給とってA君の兄さんと一緒に探しに行ってくる」と。
俺はもちろん心配したんだけど、正直、どうやって捜索するのかと疑問だった。
一応、「変な話だけど、夢でどっかの森か山で俺ら3人が遭遇したのを見た」とは伝えた。
何もなく無事に何処かからヒョッコリ出てきますように、と願っていた。



262: 261 投稿日:2008/02/26(火) 14:35:44 ID:0sSta7zv0
2日後(たしか)にO君から夜中に電話があった。
「見つかった。やっぱ自殺。お兄さんは欝具合知ってたから驚きもせず納得してた」と。
詳しく話を聞いたら、いざ探すと言っても何処を探せばいいかわからなかったらしい。
それで何の気無しに車を流して場所を決めようとしてた時、俺の夢の話を思い出したとか。
それがきっかけで、以前A君とO君が遊びに行った森を思い出して、向かったそうだ。
向かう途中、乗っていた新しめの車が初めておかしくなって、とりあえず道路脇に停車。
一旦降りて「なんでこうなるんだよ!電波も通じねえだろ!」みたくイラついていた。
直らなきゃどうしよう、みたいな話をして焦り始めてた時に、
O君が尿意を催して、ちょっと森の中に入って用を足そうかと、降りて行った。
すると、だいぶ遠くになんだか大木に物体がぶら下がっているのが見えたと。

お兄さんと2人でそこへ歩いて向かうと、A君だった。首つり。
とりあえず車に戻り、再度エンジンかけたらすんなり直ったらしい。
そして電波が通じる所まで行くことができ、その後はちゃんと処理されたそうです。

話はこれだけじゃなくて、続きがあります。
A君の一周忌を友達数名だけで、墓前でワイワイやってあげたそうです。
俺は遠くにいるので不参加。墓前で酒飲んだり音楽かけてあげたりとか。

その後、それに参加したO君が原因不明のムチウチ。慢性的なだるさ。
2カ所の病院で精密検査までしても全く悪い所はなし。
他の1人は、追突事故でこれまたムチウチ。普段ドライバーしてる彼には
ちょっとありえない事故だったとか。
両者、しばらくつらい状態が続いたそうなんだけど、
O君は彼女ができたらそれがなくなり、他の1人は転勤して県外へ出たらなくなったとか。



267: 本当にあった怖い名無し 投稿日:2008/02/27(水) 00:01:41 ID:ueKWyalv0
10年くらい前の話。
友人の田舎で花火大会があるとのことで、仲間5人でバイクで遊びに行った。
地方のさらにド田舎にあるその目的地は夜9時も回れば誰もいなくなるような寂しいところだった。
花火大会も終わり夜10時頃にそこを出発した。ほとんど車も通らないような国道をしばらく走ると
道路わきにぽつんと電話ボックスがあった。先頭を走る友人Aがその電話ボックスを指差して何か
言いたげなジェスチャーをしていた。その時は「気味が悪いなー」ってなことを言いたいんだろうって
くらいしか思わなかった。実際気味悪かったし。



268: 本当にあった怖い名無し 投稿日:2008/02/27(水) 00:02:00 ID:ueKWyalv0
それから少し走って自動販売機で休憩したときにAが「あんなところの電話ボックスで女がいるなんてきもちわるかったなー」
って。自分を含め4人が「誰もいなかったぜ、つーか気味悪いからむやみに怖がらせるな」
と反論したんだがAは「頼むからいたと言ってくれ、じゃないと俺が見たものはなんだったんだ」
Aは益々必死になって最後は半泣きになってた。幽霊なんてまったく信じない俺がこれは本気かもしれないと思った。

まったくの偶然だと思うけどそれから半年くらい経ってAは死んだ。
アパートの2階の通路から転落して。事故ということだったが皆は釈然としなかった。
そもそも大の大人が手すりを越えて落ちるか?そのアパートの手すりは大人の肩くらいの高さがあるのに・・・



270: 本当にあった怖い名無し 投稿日:2008/02/27(水) 10:40:47 ID:tpEJbAIc0
>>269
いつもサンクス!ってことじゃね?
なにか危ない知らせだと別の形で教えそうな気がするよ



271: 本当にあった怖い名無し 投稿日:2008/02/28(木) 15:35:22 ID:upihu48Q0
夜中1時くらいだったと思う、山の頂にある神社に肝試しに行ったとき参道からはずれた林の中で
ワラ人形を打ちつけてる人とバッタリ遭遇。
あまりの衝撃になかまも散り散りになって逃げ出した。おれは反射的にそいつの反対方向の段々畑
の方向へ。そのときルパン三世カリオストロの城よろしく猛スピードでピョーン、ピョーンと畑を飛び下りながら下った。
後日改めて畑を見ると落差1.5mから2.0mくらいあって、とても走りながら飛び降りれるような代物じゃなかった。

恐怖からくる火事場のくそ力なんだろうか、未だに信じられん。



272: 本当にあった怖い名無し 投稿日:2008/02/28(木) 15:47:30 ID:ge9u3vVL0
>>271
ワラタ
でも丑の刻参りってホントにやる人いるんだなあ



274: 本当にあった怖い名無し 投稿日:2008/02/28(木) 22:46:40 ID:y06vDXpo0
>>271
丑の刻参りをしているところを見られると、
呪いが全部自分(術者)に、返ってくると言われているが…

後日、変死事件は無かった?


>>272
結構あるって、神主さんが言っていたよ。



280: 本当にあった怖い名無し 投稿日:2008/03/01(土) 14:24:13 ID:pGO/7IS90
去年の暮れに見覚えの無いアドレスから「もう逢えないのですか?」ってメールが来た。
その後のやり取りで5年くらい前に別れた元カノっだってことがわかったんだが、その内容がすごく
不思議で、数日前に隣県のとある田舎町で俺(?)に偶然再会したらしい。で、地元で再会の約束をして
アドレス(当時のアドレスとは違う)の交換までしたのに約束の日時に現れなかったと言う。ちなみに
隣県にはここ数年行ってない。

10年くらい前にも似たようなことがあって、当時の彼女が母親と地元のショッピングセンターで買い物をしていると
俺(???)が別の女の子とショッピングセンター内にある喫茶店で楽しそうにお茶してたらしい。彼女と母親に問い詰められたが
まったく身に覚えが無いし・・ でも二人とも真近でみたから間違いないと。

不思議というか俺的には面白いんだけどこんな経験ってあるの?



281: 本当にあった怖い名無し 投稿日:2008/03/01(土) 15:10:12 ID:TNhO88gdO
>>280そこまで凄くないが似たようなことならある。
おれのはただ単にそっくりな人だったんじゃね?と思えるが、おまえの場合生霊だね。
もちろんおまえの。



282: 本当にあった怖い名無し 投稿日:2008/03/01(土) 15:16:12 ID:ckZyWPxWO
>>280
似てるか分からないけど。

後輩が彼氏とケンカした。
後輩は彼氏と会って話し合いたいが、
ご立腹の彼氏は聞く耳持たない。
でも急に態度を軟化して会う事になった。
で、仲直り。
後から話しを聞いたら、彼氏が地元で
後輩を見かけたそうな。
で、彼氏は会えないと分かっていても
地元に来た後輩の行動に胸を打たれて、
態度を軟化。
でも、彼氏が後輩を見かけた時間は、
後輩は私と家にいたんだよ。
服装とか聞いたら、私といた時の格好だったし、
地元で後輩を見かけたのは彼氏本人だけでなく、
他の友達何人かも見かけたそう。

あれは一体なんだったんだろう。



284: 本当にあった怖い名無し 投稿日:2008/03/01(土) 15:36:45 ID:KzQW0dzx0
>>280
ドッペルゲンガー or 二重人格 好きな方選べ。



288: 本当にあった怖い名無し 投稿日:2008/03/01(土) 16:55:32 ID:kOLBBu5rO
>>280
そいつに会ったらおまいさん死ぬかも。
角川ホラーの「家」思い出した。



290: 本当にあった怖い名無し 投稿日:2008/03/01(土) 17:11:31 ID:sSzz0qC4O
>>280
単にこっそりお前を調べあげてただけだろ
ストーキングには気を付けろよ



292: 本当にあった怖い名無し 投稿日:2008/03/01(土) 18:02:27 ID:qbcptSz/0
昔、おじいちゃんとおばあちゃんが、食堂をやっていた。
ある日、湯沸かし器の上の壁紙が、点状に剥がれてきて、その点は正座をした女の人のような形を描いていた。(おじいちゃんがみつけた)
誰が見たって優しそうな女の人にしか見えなかった。
そのうち、また剥がれた部分が増えて、その女の人の両側に、横顔ができた。
阿修羅像のように。
それからまた増えて、その上に少し小さく、四つの顔ができた。
七つの顔はみんな優しい顔をしていたので、何となく心が安らぐので、よく眺めていた。
それ以来、特に商売が繁盛したかは知らないけど、おじいちゃんが亡くなって店をたたむまで、常連さんをはじめお客さんがいつも来てくれていた。



295: 本当にあった怖い名無し 投稿日:2008/03/01(土) 22:47:28 ID:ag/0rBNU0
寝ていたら足が痛い。
噛まれている感じ。
目を覚まし、足を見るとコオロギがいた。
殺すのも可哀相だと思って外に逃がそうとしたがピョンと飛び跳ねて
行方不明。
そのまま放置。
数ヵ月後、なぜかケロロ軍曹単行本にしおりなっていた。
コオロギはどうやって本の中に入ったのだろうか?



297: 本当にあった怖い名無し 投稿日:2008/03/02(日) 01:27:15 ID:9/G5BYfk0
>>295
コオロギって、いがいと神出鬼没だよ。
自分は都内の14階建てマンションの最上階に住んでるんだが、
初夏のある日、たった一度だけ自宅ベランダでコオロギを見つけた事がある。

その当時まだマンションは新築で、うちの両隣もその隣も未入居で空いており
隣部屋の住人の飼っていたのが逃げ出したとかの可能性はゼロだったんだ。
いったいどこから現れたのか、丸一日はベランダのプランターの草花のカゲで
ウロチョロしていたが、翌日にはいなくなっていた。

いなくなる分には、ベランダから外に飛び立ったか、カラスやハトにでも
食われたんかと思うが、いったいどっからやってきのか、いまだに不思議。
14階の高さになると蚊すら滅多に飛んではこない環境なんだよね。

あとにも先にも、コオロギがうちのベランダに現れたのは、その1度きり。



296: 本当にあった怖い名無し 投稿日:2008/03/02(日) 01:19:43 ID:sdC8M4DK0
去年の春にたぶんここのスレに書き込みをした者です
くすんだ色のケサランの話で

友人の家がを放火が原因らしく火事になり、
その火災で友人の祖父と両親、犬、猫が亡くなりました

友人は春に事故で入院していましたが
その後また事故に合い再び入院していたおかげで無事、
友人姉は精神的病で入院中で無事、
友人祖母はアルツハイマーで施設で生活していて難を逃れました

冬に友人の姉が一時退院で実家(火事のせいでアパートでしたが)で自殺しました

今年のはじめ、友人が乗用車同士の事故で亡くなりました
友人の49日が過ぎ、落ち着いたので書き込みをさせてもらいました



299: 本当にあった怖い名無し 投稿日:2008/03/02(日) 08:41:16 ID:YmDnB+xJ0
>>296
((((((;TДT))))))ガクガクブルブル



303: 本当にあった怖い名無し 投稿日:2008/03/02(日) 11:46:57 ID:M4en3Z7s0
>>296
覚えてるよ。これだよね?
友人は何で最期まで手放そうとしなかったのかな…

http://enigma.ahoseek.com/story2.php?no=961



311: 本当にあった怖い名無し 投稿日:2008/03/02(日) 13:33:51 ID:NHpVmNJgO
>>296
覚えてますよ
本当に暗い色のケサパは不幸を呼ぶのですね
ご友人さまのご冥福をお祈りいたします



302: 本当にあった怖い名無し 投稿日:2008/03/02(日) 10:57:08 ID:O2Z8GmiL0
20代の頃、バイクツーリングに夢中だった俺は、
8月の夏休み2~3ヶ月前になると、北海道行きの長距離フェリーの予約を
旅行代理店で入れていた。

旅行代理店は郊外と市街地にあり、郊外の代理店が出来て利用するまでは
市街地の代理店を利用していた。

予約以来し、安心していたある日、代理店から電話がかかって来た。
電話の内容は・・フェリーの予約が二重に取ってありこのままだと予約出来ませんとの事。

なんと、郊外と市街地の代理店2店でフェリーの予約を入れてあったらしい。
おれ自身全く覚えなく、二重予約もいけないと理解していたから、
わざわざ2店へ足を運び、フェリーの予約したのが信じられないし、覚えない。

気持ちが先走って無意識に行動していたのか未だ謎?
怖い話はあるが自分が怖くなるので軽い話で失礼w



308: 本当にあった怖い名無し 投稿日:2008/03/02(日) 13:25:46 ID:BZ2jQ2aEO
店の黒い光沢のある壁に男性・サラリーマン風が映っていた。
怖い感じじゃなかったけど盛塩とけちゃってるから、かなり強い霊だぞ



310: 本当にあった怖い名無し 投稿日:2008/03/02(日) 13:33:50 ID:BZ2jQ2aEO
一応、信じる信じないは自由だけど、報告しておくな



312: 本当にあった怖い名無し 投稿日:2008/03/02(日) 13:34:18 ID:Q9824dptO
記憶を過信しちゃ駄目



313: 本当にあった怖い名無し 投稿日:2008/03/02(日) 13:41:53 ID:BZ2jQ2aEO
過信したいわ
しかし、いるんだから
あんたの知人かもしれんし。メガネかけたタテジマ白シャツで、髪型スッキリした感じでトップが立ち上げてる人。ガッチリ型の体型。

知り合いいるか



315: 本当にあった怖い名無し 投稿日:2008/03/02(日) 14:39:58 ID:+eiGaQR20
>>313
生島ヒロシがそんな感じだ。



316: 本当にあった怖い名無し 投稿日:2008/03/02(日) 14:54:42 ID:qjUV1gRb0
>>315
生島ヒロシwww



321: 本当にあった怖い名無し 投稿日:2008/03/03(月) 02:33:52 ID:B9v/nX7KO
母方の先祖が、平 将門公だと子供の頃に母親から聞かされていた。
家系図に名前が書いてあるとか言われても私は、ホントかよ!
って思っていたんだけど、ホステスをしていた時に私目当てで通い続け、
帰りぎわによくチップに一万をくれ、引っ越した時は10万を御祝いにくれたお客様が、
ある時、自分の先祖は将門公の家来だった。戦で負けた時に福島へ逃げたんだぁ…って言った。
お店が暇な時に来てもらったり、色々と良くしてくれたのは先祖の行為の償いを子孫がしているみたいで可笑しかった。



358: 本当にあった怖い名無し 投稿日:2008/03/06(木) 15:07:55 ID:9pQitVO50
>>321読んで思い出した。

高校3年の頃、古典担当でじいさんの先生がいた。
学校の授業なんかちゃんと聞かなかったし古典も嫌いなんだが、
そのじいさん先生の授業だけはなぜかちゃんと聞いてた。妙な親近感あり。
自分でも「なんかよくわからんけど話聞いてるな~俺」と不思議で。
成績はおぼつかないけど、ちゃんと聞かないといかんな、的な。

ある日、授業中にじいさん先生が突然座って押し黙った。
う~ん、みたいな感じでうなってたらしくそれで女子が気づいて
「○○先生、体調悪そうだよ!どうしよう」って言い出してざわめいた。
俺、なんでかわからんけど一番後ろの席から教卓に急いで行って、
じいさん先生をおんぶして保健室まで連れて行った。
4階の教室から1階の保健室までの距離を具合悪い人間を背負うのは
かなりつらかったはずなんだけど、必死になってたのだけは覚えてる。
その後はすぐ救急車が来て事なきを得たので、俺はちょっとしたヒーローになった。

結局じいさん先生は心臓の調子が悪かったようで、しばらく休んだ。
後日、卒業前の最後の授業だけ出て来て、俺に、
「こないだはありがとう、なんだか初めて会った気がしないね、君は」と。
俺もなんかそんな気がしていたけど、たしかヘラヘラ笑ってたと思う。

話は少し逸れるけど。
俺の家は代々、とある藩主のNo1側近。家臣を300年やっていた家系。
俺はそこの長男系譜の直系なので、世が世であれば側近をしていたらしい。
まあそんな昔の話は気にする事無く生活していたわけだけど。

それで、後からわかった話なんだが。
そのじいさん先生は藩主の直系で、世が世であれば藩主だったと。
つうことは、世が世であれば俺はじいさん先生の世話をしているはずってことだ。



363: 本当にあった怖い名無し 投稿日:2008/03/06(木) 20:57:43 ID:xkvdu7lLO
>>358
西田局長号泣



400: 本当にあった怖い名無し 投稿日:2008/03/09(日) 08:58:47 ID:5/cBLJEM0
>>358
なんかいいな



357: 本当にあった怖い名無し 投稿日:2008/03/06(木) 14:23:14 ID:P2FLX0ou0
怖くないが、不思議な?体験

先日、駅で中学の時の同級生に偶然会った
俺「あれ?〇〇ちゃん?」
相手「あれ?××くん?」
この時のタイミングは完全に一致

俺&〇〇「確か中2の時に隣の席だったよね?」完全に(略)
数秒眼を合わせて沈黙

俺&〇〇「なんで同時に・・・」
俺&〇〇「付き合っ(ていたわけでもないのにね)」
俺&〇〇「んじゃ、また」

そのまま振り返るのも怖くて解れた
( )はこう言うつもりだった言葉でたぶん相手も
そう言うセリフを考えていたと思う
何が怖いって最後に交わした「また」ってのがね。思い出すと寒気がする

文章にするとイマイチ伝わらないかもしれんが
不気味な出会いだった



378: 本当にあった怖い名無し 投稿日:2008/03/07(金) 23:43:42 ID:3bFPcyfq0
ノラぬこに餌をやってたんすよ。毎日、毎日。
そしたらぬこは玄関の前に虫とか鳥の屍骸を置くようになったんす。
食べろって言う感謝の意味みたいすね。
で、そのぬこ死んだんすよ。寂しかった。
しかし
玄関の前には相変わらず屍骸が届けられているんす。
不思議に思って観察していたら別のぬこがやっていた。
今度は俺に餌をくれってか。
今現在はそのぬこに餌やってます。



379: 本当にあった怖い名無し 投稿日:2008/03/08(土) 00:05:40 ID:7cKt+Bxm0
いい話だなぁ(・∀・) 
死骸持ってこられるのは困るけど



380: 本当にあった怖い名無し 投稿日:2008/03/08(土) 00:34:42 ID:Qk54LnphQ
散歩中、公園を通りがかったら、ニャ~ンと猫に呼び止められた事がある。
近寄っても逃げないので撫でた。
野良だと思うが、あれほど人なつっこい猫も珍しかった。

ただそれだけ…スマソ



381: 本当にあった怖い名無し 投稿日:2008/03/08(土) 00:50:54 ID:+hgAI7DA0
>>380
あ、それ俺もある。
いきなりやってきて足の周りを体こすりつけながらぐるぐるされた。
お菓子持ってたのであげようとしたけど興味なかったみたい。
ひたすら足の周りを回って、しばらくしたらどっかいっちゃった。

あとで見たらジーンズ毛だらけだったけど・・・
痒かったのかね?



382: 本当にあった怖い名無し 投稿日:2008/03/08(土) 06:06:34 ID:/toNApT20
>>381
最後読んで・・・爆笑



384: 本当にあった怖い名無し 投稿日:2008/03/08(土) 15:07:33 ID:d4T9OhYU0
>>382
それならまだいいよねー私、猫にかつあげされたよ。

家の近くのバス停を降りたら白い猫がいたから、
「かわいいねーなんかあげようか~ついておいで~」とか言ってたら
本当についてきた。そんな猫はじめてだったので珍しいなーと思って
たら家に着いた。うちマンションだから中入って行ったら。。。

猫がもの凄い勢いで「ニヤぁあああああああああああー!!!」って
叫ぶ。私には「信じてたのにぃいいいいいいいいいいいいいい!!!」
と聞こえた。
マンションの廊下とかって響くから住人も不思議がって覗くし、声も
終わらないので、急いで自分の夕飯の一部を母からもぎ取り、白猫の所
に行って「こっちであげますからーーーーーーー」と誘導。
近くの会社の駐車場でご飯あげたら「ふぎゃーーーーーーーー!」と
叫びながら食べてました。。。。。すぐ帰ったよ。。。。。。

動物は人間の話を理解してますぞ。そんな私も犬飼ってます。



386: 本当にあった怖い名無し 投稿日:2008/03/08(土) 18:54:37 ID:dFynywZ60
>>384
あぁ、ウチのネコもそんなのあったなぁ。
母親がたまに帰ってこなくなる飼い猫に
「あんた、彼女いるんじゃないの?つれておいで」と言ったら翌日に5匹の子どもと嫁をつれてきた。

で、別の日に、その子どもたちが他人の家の畑で遊んでたから、
「ほら、あんなところで遊んでるからダメだって言って!」と冗談半分で言ったら、本当に畑のそばに行って
「ニャーオ!ニャーオ!」と鳴くと、子どもたちがいっせいに畑からわーっと出てきた。
ネコも人間の言葉をあらかた理解できるだろう。

なーんてのを野生動物板で書いたら「はぁ?精神病院いったら?」とか「そんなのをリアル生活で人に話すんじゃねーぞwwww」とか煽られまくったっけ…。



406: 本当にあった怖い名無し 投稿日:2008/03/10(月) 14:06:07 ID:QPuxwYBuO
兄から聞いた話。
近所の家が新築されて、住人が移る前にそれを家族で見学?したらしい。
どういった経緯か分からないが、私(当時赤ちゃん)がその家の二階から落ちた。
普通なら命を落としてもおかしくないのに、兄が言うには
私は平気そうに笑っていたらしい。



407: 本当にあった怖い名無し 投稿日:2008/03/10(月) 16:26:59 ID:ornC6wO3O
>>406
幼児が高い所から落ちて無事ってのは時々聞く。
赤ちゃんの骨はやわらかいので落下にはわりと強いらしい。
最近ではインドで走行中の列車のトイレから落ちて無事だった赤ちゃんとか。
2階から落ちて笑ってたのは凄いな。



408: 本当にあった怖い名無し 投稿日:2008/03/10(月) 19:37:40 ID:PEmARMGg0
俺もベランダで「ライダー変身!とー!」やって
頭から道路に落下したことあるけど、生きているぜ。



409: 本当にあった怖い名無し 投稿日:2008/03/11(火) 01:22:01 ID:6GDkbnfa0
>>408
さて、生きているのは本当にお前なのか?
それとも、お前の姿を借りて生きている「何か」なのか?

それを証明するにゃ、お釈迦様でも力不足だわね。



412: 本当にあった怖い名無し 投稿日:2008/03/12(水) 00:50:01 ID:oexbdSqn0
いいでしょうか?長いので二つに分けます。
数年前の話です。

その頃私は一人暮らし3年目で、当時通ってた学校に通いやすいワンルームに
引っ越したばかり。
引っ越しから2ヶ月くらい経ったころ、友人AがBちゃんという子を連れて
遊びにきてくれました。(私とBちゃんとはその時初対面)
すぐに意気投合してそのままお泊まり会をしたんだけど、気づくと
Bちゃんがベランダに続くはきだし窓の方を睨んでる。
「どうかした?」って聞いても「ううん、なにも」と返ってくるので
特に気にせず、何事もなく過ごしました。

数日後、私はたまたま起こった腹痛から居合わせた友人に救急車を呼ばれ、
その腹痛とは別にかなりやばい腫瘍が見つかって即入院。即手術。
お見舞いにAとBちゃんが来てくれたけど、そこでBちゃんから妙な話を聞く事に。

「実は(私)ちゃんの部屋の窓際にやっかいなモノがいる。
(ここで初めて聞かされたがBちゃんは視える人とのこと)
遊びに行った時に釘はさしておいたんだけど、2、3ヶ月後くらいに
「何か」するかもしれないと思ってたんだ」と。
聞けばそのやっかいなモノは妊婦だったと。
そして私の腫瘍が出来たのも下腹部。(内蔵は切り取らずには済みました)



413: 本当にあった怖い名無し 投稿日:2008/03/12(水) 00:50:57 ID:oexbdSqn0
かなりゾッとして、「その時に教えてくれればよかったのに」と言ったら
「でも引っ越したばっかりだって言ってたし、すぐまた引っ越すわけにも
いかないだろうなと思ったから…」
…確かに、私は全く感じない体質なのでいざ引っ越せと言われても「金がない」と
返してたかもしれないけども…。

あと更に、真上の部屋に霊道が開いてるとの事も教えてくれました。
そしてここからが一番ショックだったことですが、二ヶ月前に会った時の私の守護には、
Bちゃんでも滅多にお目にかかれないくらいに強い霊がいて下さってたそうで。
それが、上から来る霊と戦い続けたあげくに霧散してしまったとのことで…。
白い蛇だったそうですが、私が何かしたというより、私の先祖が何かいい事をしたお礼に
私を護って下さってたとの事。ものすごく申し訳ない気持ちになって、退院後に
すぐその部屋を出ました。

この話を母にしてみたら、母の実家の近くにある神社の事を話し出しました。
私も幼少のころよく遊んでいた神社だったんだけど、そこに祀られてたのが白蛇だったそうです。

長くなってすみませんでした。



416: 本当にあった怖い名無し 投稿日:2008/03/12(水) 07:18:51 ID:Vg6sPUeWO
412-413
BちゃんSUGEEEEEE



418: 本当にあった怖い名無し 投稿日:2008/03/12(水) 12:13:57 ID:jV+F3XdoO
Bちゃんはいつからそんなに霊感が強くなったのだろうか。家系か?
機会があったら聞いてみてくれ。



419: 412 投稿日:2008/03/12(水) 12:29:13 ID:oexbdSqn0
>>418
家系だそうですがBちゃんは中でも強いらしく、いろいろ苦労したようです。
除霊もできるけれどもそういった事でお金を取るようなことはしたくないので
自分の回りの人だけ助けてるとか。
自分の守護霊さんに「あの人に憑いてあげて」とか頼めたりもできるらしいです。
(もちろん2~3日だけとかですけど)



420: 本当にあった怖い名無し 投稿日:2008/03/12(水) 13:27:33 ID:ISR8m7Uo0
>>419
スタンドは遠距離型か



423: 本当にあった怖い名無し 投稿日:2008/03/14(金) 00:53:55 ID:irai8HRs0
しばらく前に、どこかのスレに書いたんだが
俺の彼女が、26という数字に縁がある

誕生日が26日
姉の誕生日も26日
両親の結婚記念日も26日
そして彼氏の俺の誕生日も26日
住所やら以前の電話番号やら、他にもいたるところで
26日という数字がつきまとう
でも、それはめでたいこと等なので、良いように捉えてる

逆に、その1/2である13という数字が少し怖い
実家の現住所に13が含まれる
その家で彼女の母は、時折心霊現象に悩まされている様子
金縛りや、子供が走り回る足音など
たしか近い親戚の住所や命日などにも、13があったと思う

そして昨日13日、彼女の父が倒れた
23時ごろに手術がはじまり、日をまたいで14日になってから、
とりあえず手術は成功してICUに移ったと連絡があった

数字が示す運勢・・というか、運命みたいなものってあるのだろうか
俺は26日だから引き込まれた?とか考えすぎて、13という数字が怖くなってくる



599: 423 投稿日:2008/03/25(火) 23:50:27 ID:gb99rVmL0
>>423だけど、再度失礼
ベタだけどネタじゃない話
ちょっと驚いたから書かせてほしい

13日に彼女の父親が家で倒れたときのことなんだが、
ちょうどそのくらいの時刻に彼女と彼女の母親の髪留めが弾けたらしい
彼女は仕事中、母親も出掛けている最中のこと

彼女のは普通の髪ゴム、結び目が解けたのではなく、まさにぷっつりと切れてた
母親のは板状の髪飾り、クリップみたいなので留めるやつで、
クリップが外れたのではなく、飾りの板の部分が壊れ落ちたとか

こういうのを虫の知らせ、っていうんだろうか
そのときは、2人とも父親に何かあったとは微塵も思わなかったらしいケド

彼女には、後から考えれば「ああ、そういえば」というような
感じのことが、昔からちょくちょくあったらしい



441: 本当にあった怖い名無し 投稿日:2008/03/15(土) 19:18:01 ID:mTPuEhD8O
1/2

神隠しっぽいものにあったことがある。
小学校1年の夏休みのことだ。

実家はいわゆる過疎地にあって、地域には同い年の子が数人しかいなかった。
その日は遊べる友達がいなかったので、私は一人で外をフラフラしていた。
「大人の目のない場所には行くな」とか「一人で山に入るな」とか言われていたが、
どうせ平気だろうと高をくくり、忠告を無視して林道に入った。
そうしたら見たこともない「可愛いお姉ちゃん」に会った。

7歳の子の認識する「お姉ちゃん」だから、たぶん小学校高学年か中学生くらいだと思う。
「お姉ちゃん」は私と遊んでくれることになり、「年上の私が一緒だから大丈夫」と言って、
私を山に誘った。ささやかな冒険心からか、私はホイホイついていってしまった。
山で私と「お姉ちゃん」は鬼ごっこを始めた。「お姉ちゃん」が鬼だった。
、最初は楽しく追いかけっこしていたのだが、たまたま廃屋を見つけたので
「お姉ちゃん」をまいて隠れることにした。すると「お姉ちゃん」の様子が変わった。
「お姉ちゃん」は優しげだがどことなくヒステリックな声で私を呼びはじめた。

まいた場所から廃屋まではそれなりに離れていたはずだが、それでも聞こえるほどの大声だった。
やがてガラスが割られる音などがして、「お姉ちゃん」が廃屋の中を探し始めたことが分かった。
ふすまを蹴るような音もした。どう考えても尋常ではない怒りかただった。
ちなみに私は簡単にカラの押し入れに隠れていただけなのだが、どういうわけか
「お姉ちゃん」は私を見つけられないようだった。



442: 本当にあった怖い名無し 投稿日:2008/03/15(土) 19:18:51 ID:mTPuEhD8O
2/2

「お姉ちゃん」は廃屋の中を歩き回りながら「出てきて、ここでおままごとしよう」とか
「それともこのお家にお姉ちゃんとお泊まりする?」などと言っていた。
そのうち「お姉ちゃん」は狂ったように、出てこいとか出せとか助けてとかわめきはじめた。
私は怖くて、押し入れの中で小さくなっていた。

その後どうなったのか覚えていないが、いつのまにか私は男の人と明け方の竹林を歩いていて、
いろいろと説教を聞かされていた。
大人が物事を禁止するのには理由があるとか、子供が一人で出歩くのはよくないとか。
その人は私を舗装された道路まで送ると、あとは自分で帰れと言ってどこかに行ってしまった。
そこは地元から峠ひとつ越えたところにある、母の実家のすぐ側だった。
玄関の戸を叩くと祖母が現れ、その場で私を抱きしめて大泣きしだした。
とりあえず私は風呂に入れられ、その間に両親と父方の祖父母が呼ばれていた。
失踪中のことを話しても両親にはあまり信じてもらえなかった。
ただ、祖父母たちは「お姉ちゃん」と遊ぶことになったいきさつを聞いて顔色を変えた。
きっと何か知っていたのだろうが、詳しいことは未だに聞けないままだ。
後日、私が失踪した日に、近所の山で山火事が起こっていたことを知らされた。
焼けた範囲内に、全焼はしなかったが廃屋が一軒あったらしいことも。
消防のおじさんたちも私の失踪を知っていたので、消火後真っ先に廃屋を調べたが、
中には「誰も」いなかったそうだ。

祖父母たちの強いすすめで父実家(林道の近く)から母実家に引っ越して今に至る。
あの朝男の人と歩いていたのはどうやら母実家の近所の竹林だったようだ。
そこには小さな古いお社があり、火の神様が祭られているらしい。




448: 本当にあった怖い名無し 投稿日:2008/03/16(日) 06:17:01 ID:2XPGSpPI0
>>441
なんか無気味な話だな。
もしかしたらその近所に有名な池沼のお姉ちゃんが住んでたのかもしれない。
だからその「お姉ちゃん」の存在を知っていた大人はその話を聞いて
顔色を変えたとか。
山火事も池沼の火遊びか放火が原因と考えればなんとなく辻褄が合う。
一番謎なのはその男の人だよな。



454: 本当にあった怖い名無し 投稿日:2008/03/16(日) 17:39:38 ID:iNmTjLsZ0
押入の中にいた>>441少年を、
>>441が母実家まで送っていくんだよ
いろいろと説教をしながらね



456: 本当にあった怖い名無し 投稿日:2008/03/16(日) 18:22:35 ID:wHUlB3Wv0
>>454
それはいいな



457: 441 投稿日:2008/03/16(日) 19:12:31 ID:4erSfLEpO
たびたび失礼する。
>>454
私、女なんだ。ごめん、一人称で分かると思って書いてなかった。
補足が多くて申し訳ない。



452: 本当にあった怖い名無し 投稿日:2008/03/16(日) 13:38:19 ID:84R33f5m0
その開かない押入れの中にはまだ君が隠れてるんじゃないのか



453: 本当にあった怖い名無し 投稿日:2008/03/16(日) 13:41:42 ID:Xnp2Ossw0
可能性はあるな。
開けた瞬間あなたが存在した世界は崩壊し、その山火事で死んだ歴史に修正されるw
小説書けるな。



455: 本当にあった怖い名無し 投稿日:2008/03/16(日) 17:56:23 ID:IJU7qHfj0
なんかおもしろいな



516: 本当にあった怖い名無し 投稿日:2008/03/19(水) 18:06:10 ID:qfp4G9GJ0
うちのばあちゃん、もう死んでから十二年経つんだが、
死ぬチョット前、俺に「あんまり猫ばっかりカワイがってっと、子供できねーぞ」と
言ったんだ。
当時俺は実家住まいで、実家では犬しか飼ってなかったから
どっちかっつーと俺は猫より犬好きだったんだが。
で、不思議だったから「何?どういうこと?」と聞いても
ばあちゃん、ただ笑ってるだけだった。

そしたら去年の秋、うちの嫁がノラの子猫を拾ってきた。
これがもう可愛くて、可愛くてな。
あぁ、ばあちゃん、この事だったんだな、って思ったよ。



517: 本当にあった怖い名無し 投稿日:2008/03/19(水) 18:53:23 ID:XGDflVSf0
どっちかというと、ちょっといい話スレ向きかな。



518: 本当にあった怖い名無し 投稿日:2008/03/19(水) 23:46:07 ID:n2zPvkFc0
動物可愛がってると子供出来にくいってあるよな



572: 本当にあった怖い名無し 投稿日:2008/03/22(土) 09:47:38 ID:VTE6Q8nf0
今日、夜中の四時半頃バイトに行こうとずっと真っ直ぐ歩いてたら
まっ黄色の大きな満月が左に見えて、「綺麗だなぁ」って思ってたら
マンションの陰に隠れちゃって、星探しながら歩いてた。
そしたら、右にある病院の後ろが薄明るくて(あれ・・・?)って思って
少し早足で歩いて、見たら何故か其処に月があった。
さっきまで左にあったのに・・・、さっきより少し距離は遠いみたいで少しだけ小さくなってた。
ニュース見たりしたけど、月が二つ見えたとか、見える日とかそういったのもないし・・・。
不思議だけど、なんか良い体験だった。



573: 本当にあった怖い名無し 投稿日:2008/03/22(土) 10:29:03 ID:bich9Huw0
いつのまにかUターンした



574: 本当にあった怖い名無し 投稿日:2008/03/22(土) 13:00:22 ID:UW/ILkzz0
それ不思議だな。Uターンしたでも説明できない。
大きな月ってことは地平線の近くに月があったってこと。
小さくなるってことは上に移動したってことだけどそんなわずかな間で目に見えて月の位置が上にいくとは思えないし。



575: 本当にあった怖い名無し 投稿日:2008/03/22(土) 23:00:18 ID:tJM4plFv0
タヌキの仕業だな



577: 本当にあった怖い名無し 投稿日:2008/03/23(日) 16:02:24 ID:v4eYhrsg0
私、アンティークジュエリーが好きなんだけど、どういうわけかこれ!と思ったものだけを
使い続けていると、他のものが一時的に消えてしまうことがよくある。

つけていたものをそこら辺に置きっぱなしにしているから、というわけではなく、
全部入れているジュエリーケースの中から消える。
持っているものを「平等に」つけていると戻っている。
アンティークジュエリーって、自己主張が激しいのかな?



578: 本当にあった怖い名無し 投稿日:2008/03/24(月) 04:57:57 ID:OSZnKuREO
>>577
よくアンティークジュエリー買えるね。祖母の形見とか代々受け継ぐとかなら
話もわかるけど、誰が持っていたかわからない物でしょ。
アンティーク物は綺麗だったりするけど、特に宝石類は前持ち主の念が籠もってたりするし。
まぁ、嫌な目にあったりしてなければいいんだけど。
あなたが大事にしてくれてるから、ジュエリー達もいまの居場所を気に入ってるのかもしれないしね。
グレたりしてるみたいだから、不公平なくつけてあげるといいんじゃない?



586: 本当にあった怖い名無し 投稿日:2008/03/24(月) 23:17:55 ID:thFZbj6a0
>>578
少しうえでアンティークジュエリーのことが出てきたので私も。

旅行先で約150年前のリングを買った。
メインの石がガーネットで、両脇にローズカットのダイヤが1つずつついているもの。
古いものだし、リング部分が薄い(K15らしいが、当時は金は高価だったからものすごく
うす~く伸ばしているらしい)から、つけるのは毎日ではなく多くても一日おきくらいにしている。

自分よりもうんと年上のものだから大事にしようと思ったある日夢(?)の中で
イタリアあたりの女性からこのリングを譲り受けた。元の持ち主から正式に認められた
みたいでうれしかった。

私はこのリングを買っても何もなかったけど、これってレアケースなのかな?



595: 本当にあった怖い名無し 投稿日:2008/03/25(火) 11:51:10 ID:P3uoSTOW0
微妙ですが予知話です。

私はよくデジャヴュを感じるのですが。
(他の人の頻度は知らないですが。1日1回くらい。)

半年ほど前、派遣で有明に行った途端にデジャヴの回数が多くなって(2~3回くらい)
デジャヴのデジャヴみたいなのも感じるように。
(↑あれ?こんなデジャヴ前にあったな、っていうデジャヴ)
で数ヵ月後のある日、トイレに立つとデジャヴの感覚ピコ-ン。内容は

「トイレに入るドアの1つ奥のドアから他社の人が出てきてトイレの前で
 鉢合わせして『お先にどうぞ』みたいに気まずくなる」

というデジャヴのデジャヴの予知?みたいなモノでした。
(どうでもいいですがオフィスビルでトイレは共同)
変な感じがしたので、そのトイレをスルーするルート(廊下の逆側通行)で歩いてたら
案の定、他社の人が出てきてすれ違ってトイレに入って行きました。

おかげで気まずくなることは回避できましたが以来、予知はおろかデジャヴも殆ど感じくなりました。
予知だとしたらもっと有用なことに使って欲しかった…。



596: 本当にあった怖い名無し 投稿日:2008/03/25(火) 13:11:28 ID:LdWCdJOC0
>>595
こういう微妙な話好きだww



598: 本当にあった怖い名無し 投稿日:2008/03/25(火) 22:28:59 ID:Y2YKtRPb0
自分は霊的なものを感じたことがなかったし信じているわけでもない

先々週百歳近い隣のおばあさんが亡くなった
亡くなった次の次の日、ふとお線香の香りがした
窓は閉まっていた
ああ、おばあさんが来たんだなとごく自然に思えて怖くはなかった

数時間後母が「あ、こっちにも来た」と言った
同じようにお線香の香りがしたんだそうだ



619: 本当にあった怖い名無し 投稿日:2008/03/27(木) 19:20:30 ID:O1p/hExn0
全然違う話なんだが。
中学のときに自分と瓜二つと言われていた奴がいたらしい。
「らしい」っていうのは、自分は一度もそいつに会ったことがないから。

でも、とにかく双子か?というくらい似ていたらしく、そいつのクラスの奴が
自分を見学wに来たくらいだから、あながちウソではないと思う。

だが、自分がそいつを見てやろうとそのクラスに行ったときに限って
そいつは休んでいたり、早退していたりで一度も会えずじまい。
結局、そいつは卒業前に転校していったらしいので、単なるうわさなのか
本当の話なのか確認がとれないままなのが未だにイラッとくるw



620: 本当にあった怖い名無し 投稿日:2008/03/27(木) 19:33:05 ID:+9Lb78LiO
>>619
まさしくドッペルゲンガーだな



630: 本当にあった怖い名無し 投稿日:2008/03/28(金) 10:36:08 ID:6DJBGH9u0
>>619
似たような話を学生のときに、知り合いから聞いた。

E子が外を歩いていると、「Eちゃんじゃない!」
知らないおばさんから声をかけられた。
誰だろうと思いつつ話を聞いていると、どうも同名の人違いらしい。
「人違いです」と答えてその場を去ろうとしたが
「本当にEちゃんじゃないの?」としつこく確認された。

その後も何度か別の人から「Eちゃん!」と親しげに話しかけられた。

判ったのは
1、実家が同じ町内
2、同姓同名
3、年齢も同じ
4、どちらも親の転勤で越してきた
5、顔も体型も(小太り)髪型(ストレートロング)もそっくり
6、どちらも趣味が読書
7、性格もにているらしく、服の好みも似ている

「会ってみたらいいじゃん?」
「怖くてできない」
その後どうなったかは知らないが、私は会ってみたかったな。



631: 本当にあった怖い名無し 投稿日:2008/03/28(金) 10:41:06 ID:7QxYmOCv0
>>630
ひょっとしたら君は既に会っているのかもしれないよ
あのときのEちゃんは、本当に前に会ったEちゃんなのかな?



621: 本当にあった怖い名無し 投稿日:2008/03/27(木) 20:25:04 ID:v74VZDV+0
会えなくて良かったと思おう



628: 本当にあった怖い名無し 投稿日:2008/03/28(金) 07:31:19 ID:KSd7AAZT0
携帯電話を触ったりポケットに入れていたりすると、なぜか高確率でアンテナが減り圏外になってしまう。
普段そんなに電波が悪くない(むしろ良いぐらい)の場所でも関係なく、触るとアンテナの数が減りだす。
気になって色々な触り方をしてみたのだが、包み込むように持つと減りやすいことがわかった。
今の携帯は2代目なのだが、前の携帯でも同じことが起こった。
また、他人の携帯を触らせてもらっても高確率でアンテナが減ってしまう。
使いたいときに使えないことがあるので不便。



633: 本当にあった怖い名無し 投稿日:2008/03/28(金) 14:17:14 ID:TKoCS0GVO
>>628
私もだ
ラジオに触ると電波が入らなくなったり、
トランシーバーが何の役にも立たなかったり、
電話のコードレスや子機を使うとノイズが入りまくって会話どころじゃなかったりしないか?



634: 本当にあった怖い名無し 投稿日:2008/03/28(金) 15:09:38 ID:tT0LJYdFO
電池切れの携帯で電話出来そうな体質だな



635: 本当にあった怖い名無し 投稿日:2008/03/28(金) 21:47:56 ID:fvr8Os/M0
一回だけ瞬間移動したことがある。つーかさせられた。

高校生のころ、友達と遊ぶ約束をしてM駅で待ち合わせをした。
電車の都合で速く付きすぎたのでビルの七階にある本屋に入って、
立ち読みをしたりして時間をつぶし、待ち合わせの時間が迫ってきたので
本を一冊買って、近くのエレベーターに乗り込んだんだ。

エレベーターで一階で降りたら、何か違う。
一階の店内に着くはずなのに、目の前にあるのは何故か通路。
外に出て、びっくり。M駅にいたはずなのに、そこはK駅だったのだ。
もう、ポカーンとするしかない。

勘違いしてたのかと買った本を見てみたら、入っている袋もレシートも
間違いなくM駅の本屋さんのモノ。
そのとき使っていたイオカードだっけ、裏に入った駅と出た駅がでるやつ、
それも今日の日付で地元駅からM駅の履歴がしっかり残っていた。

待ち合わせはもちろん、遅刻しましたとも。
そのあとも何回かM駅の本屋のエレベーターを使ったりしたが、
二度と別なトコロに飛ばされることはなかった。
いまでも不思議でしょうがない。



636: 本当にあった怖い名無し 投稿日:2008/03/28(金) 22:10:49 ID:Q/oFgZ8H0
>>635
そのM駅とK駅は近いの?両方とも知ってる駅?



637: 本当にあった怖い名無し 投稿日:2008/03/28(金) 23:29:07 ID:fvr8Os/M0
>>636
ああ、説明たりなかったね。

地元駅>二駅ほど>K駅>一駅>M駅てな感じ。
両方ともよく知ってる駅。



638: 本当にあった怖い名無し 投稿日:2008/03/29(土) 00:44:25 ID:VtqP2ogOO
小4の時、集団登校中のY君のしょってたランドセルが背中からいきなり消えた。
わけ分からないけどとりあえず皆で校内捜索して、でも出てこなくて、仕方なくY君の家に先生が電話したら、家にあった。

消える瞬間は誰も見てないんだけど。
・ランドセルをしょったY君と集団登校してきた子たち
・玄関付近からなぜか手ぶらで登校してきたY君に会って違和感を覚えた子たち
…がいて…。
一緒に来た子は、当然背負ってるとこ見てる。
Y君は「突然背中がふっと軽くなった瞬間があった」と話してた。

でもその時は気にならなくて、自分のランドセルが消えてることは、玄関で指摘されるまで気付かなかったらしい。


当然教室は騒然だったんだけど…お化けの話や学校の怪談が十八番のオカルト大好きな担任の先生が、
「Y君はランドセルを忘れて登校したんだよね。みんなは忘れ物しちゃダメだよ」
と定型文のように一点張りだったのが、怖かった。



642: 本当にあった怖い名無し 投稿日:2008/03/29(土) 08:57:50 ID:vQxvKh10O
1年前のことなんだけど。
昼飯にカップヤキソバ食おうと思ったんだ。
まあ普通に麺のうえにかやくのせてそこにお湯かけて3分待ってお湯捨てたんだ

なんかやけにお湯多いなー
こんなに入れたかなー?
なんて思いながらお湯捨てたんだけど
フタ開けたら空っぽなんだ

メンもかやくも入ってないの。

俺は一人暮しでもちろんその時は俺一人だったし

当時付き合ってる彼女に話したら

お湯に溶けたんでしょ?
とか、あたりまえじゃんみたいな感じで言われたんだけど

これってよくあることなの?



643: 本当にあった怖い名無し 投稿日:2008/03/29(土) 09:29:12 ID:4BZRyT3UO
>>642
うん。よくある事だよ。
注意書きにも書いてる。



645: 本当にあった怖い名無し 投稿日:2008/03/29(土) 11:38:21 ID:BNGZcBza0
>>642
3分で溶けるカップ麺とか、よくあるならメーカー祭られてるだろw



647: 本当にあった怖い名無し 投稿日:2008/03/29(土) 14:04:20 ID:lQYCsoEx0
>>642
普通に考えて、もともと麺が入ってなかったんじゃね?
欠陥商品っつうことで。それに気付かずに麺があるものだと思い込んだとしか。



648: 本当にあった怖い名無し 投稿日:2008/03/29(土) 14:13:31 ID:BNGZcBza0
>>647
それじゃあかやくも消えてしまったことの説明ががが



644: 本当にあった怖い名無し 投稿日:2008/03/29(土) 11:29:28 ID:owXH43Fj0
水神の仕業だな



646: 642 投稿日:2008/03/29(土) 12:09:00 ID:vQxvKh10O
なに?
みんなマジレスなのか?
わかんねー

とりあえずあの時は残ったソースとからし入りマヨネーズの処分に困った。



649: 本当にあった怖い名無し 投稿日:2008/03/29(土) 14:16:17 ID:E+NTryyO0
いや、麺の有無はカヤク載せてる時に気づくじゃないか?
面妖な話だ。



650: 本当にあった怖い名無し 投稿日:2008/03/29(土) 16:16:34 ID:wFHKNeBJO
子供の頃、雲の上で寝てる鬼を見たことある。ちゃんと角はえてた。しかも、足元に子供の鬼もいた。



656: 本当にあった怖い名無し 投稿日:2008/03/30(日) 00:11:21 ID:+LughSaHO
>>650
俺もある!



668: 本当にあった怖い名無し 投稿日:2008/03/30(日) 01:27:22 ID:AYCqgweI0
>>650
俺が見たのは小さい弦楽器を持ってた



663: 本当にあった怖い名無し 投稿日:2008/03/30(日) 00:55:50 ID:4dbfF7sX0
昨日の夕方ごろの話
携帯電話に番号通知ありの固定電話回線から電話がかかってきた。
知らない番号だったので、出ようかどうしようか迷いながら携帯の画面を見ていた。
着信音が途中で流れなくなり、でも、まだ着信は続いていて、バイブもなっている。
携帯を持ち上げた時にどこかのボタンを押してマナーモードに切り替わってしまったのかと思ったが、
マナーモードのマークは表示されておらず。
着信が切れて、着信履歴を見ていると、留守番電話にメッセージが残されたようで、通知が来た。
留守電を聞くとすごく小さな声で、お坊さんがお経を唱えているような声がする。
しかし、聞いたことのないお経。(般若心経ではない感じの)
その留守電のメッセージは1分ほど続いて、気味が悪いので消した。
帰宅した旦那に報告すると、
いつもは水道管工事の現場仕事なのに、その日に限って他の会社の解体の仕事に回され
古いお寺の解体に行っていたらしい。
怖かった…。



685: 本当にあった怖い名無し 投稿日:2008/03/31(月) 08:28:25 ID:amQ17c5UO
知り合いの人の話なんだけど。
ある日ドライブでもしようと10㌔ぐらい先の田舎道を走っていました。
そしたら迷ってしまってナビもないし、
地元の人しか知らないような細い道をずいぶん走っていたそうです。
もちろん運転してる本人もその友達も全く知らない道。
そうしているうち、ある細い道を抜けたとたんびっくり!
運転してる人の亡くなられたお母さんのお墓の前だったそうです。
ドライブ先とお墓は方向は同じでも近くはないし、
迷っている時、お母さんのお墓はこの辺だなぁとか全く考えていなく、
本当に唐突で驚いたそうです。
お墓参りにはずいぶん行ってなかったらしく荒れていたので、
きれいにしてお参りして帰ったそうです。



688: 本当にあった怖い名無し 投稿日:2008/04/03(木) 03:28:00 ID:3AxoGzeCO
俺の実家がある田舎に不思議な習慣がある。

実家がある地方はホントに田舎で、沢山の集落が集まってる。

その中の一つなんだけど、もう全部のご近所さんが知り合いだったり親戚みたいな感じ。

そこでさ、5年(?)に一度各家に回ってくる『つづら』があるんだよね。



689: 本当にあった怖い名無し 投稿日:2008/04/03(木) 03:36:17 ID:3AxoGzeCO
それは一つの家に留まらず、必ず移動する。

そいつが回ってきた家は集会?みたいなのを開いて酒とか飯を振る舞う。

そのつづらは決して開けてはいけない。

俺も昔、友達の家に回ってきたつづらを一回だけ見た事あるんだけどめちゃくちゃ古くて、紐みたいなのでぐるぐるまきにしてあった。

さすがに怖くなったよ。



709: 本当にあった怖い名無し 投稿日:2008/04/03(木) 19:01:46 ID:M7Kup7T80
>>689
オシラサマでググるといいかも知れない。



690: 本当にあった怖い名無し 投稿日:2008/04/03(木) 03:43:33 ID:bBT9BRupO
仏像リレーしてる地域もあるよな。テレビで見た。



691: 本当にあった怖い名無し 投稿日:2008/04/03(木) 03:50:14 ID:3AxoGzeCO
何が入っているの?って子供の頃オヤジに聞いた事あるんだけど、何が入っているのかはわからないらしい。

ただ…


け し て あ け て は い け な い


あの尋常じゃない紐の巻き方は普通じゃない。

とてつもなくヤバイものが入っているのは確かだ。



697: 本当にあった怖い名無し 投稿日:2008/04/03(木) 08:55:37 ID:40xMLURD0
夢がいっぱいつまってる箱なんだよ。
たぶん村のどこかの家の先祖が地下から取って来たに間違いない。



698: 本当にあった怖い名無し 投稿日:2008/04/03(木) 09:07:34 ID:p4gpit020
ちょっとした理由で誰かが引き継いだもんに尾ひれがついてなんかヤバそうな存在になって
だったら変なモンを怒らせないようにみんなで酒飲んで祀ろうってなって
田舎の狭いコミュニティだからいつの間にか持ちまわり制になった。
みたいな感じだろう。



699: 本当にあった怖い名無し 投稿日:2008/04/03(木) 09:28:27 ID:ZSK6gk7U0
神社の御神体みたいなもんだろうね。
中を見たり、人に話したりしてはいけないなんてのはたまにあるし。
それ自体がヤバい物ってわけじゃないんじゃないかな。



700: 本当にあった怖い名無し 投稿日:2008/04/03(木) 10:00:16 ID:0ZoiCj1bO
中身は河童のミイラだなきっと。



718: 本当にあった怖い名無し 投稿日:2008/04/04(金) 01:35:28 ID:Ih6qokyS0
墓参りをすると必ずある場所で貧血を起こす。
その墓は辺り一帯が土葬地域で、30数年前までずっと土葬だった(自分の祖父もそう)。
祖父や曽祖父・曾祖母の墓の辺りは平気で移動できる。ゴミ捨て場を横切る時も変化なし。
けれども曽祖父の兄弟たち(幼くしてなくなった・墓石はない)の墓の辺りに行くと必ず貧血を起こして気分が悪くなる。
墓は花筒と水飲み用の小さなコップ、線香立てしかない。田舎の家で新家分家とややこしいため、曽祖父たちの墓と兄弟たちの墓は結構離れている。
墓は父方の親戚のものだが、母は「嫌な気がするから」とその墓には絶対近寄らない。父方の伯母もそこに行くと調子が悪くなるらしい。何故か父や他の家族は平気そうなのが少しばかり腹が立つ。

その墓地の横を通り過ぎたところに保育園があるのだが、自分はそこに通っていた。
で、そこを通り過ぎる度に自分は満面の笑みを浮かべ墓に向かい手を振っていたらしい。覚えてないが。



726: 本当にあった怖い名無し 投稿日:2008/04/04(金) 19:58:48 ID:Cg2FPk2U0
うちの母親が若い頃に母親の家の墓を移転することになったんだ
それで中に有る骨壺(もう亡くなった祖母)を出そうとして納骨室?を開けたら
その骨壺に真っ白い蛇が絡みついていたらしい



758: 本当にあった怖い名無し 投稿日:2008/04/07(月) 09:27:05 ID:pVmI8p72O
私が小学生~高校生のとき 使ってた部屋に作り付けの棚があった。その一番上に物を置くと時々 失くなってしまうので中学の頃から神隠しの棚と呼んでいた。写真やお土産でもらった水晶、流行っていたタロットなど。

忘れたころにまた同じ場所に戻ってくるのでまぁいいかっと思っていた。その棚の前で 手の平大くらいの紺碧のもやもやをみたことがあったりしたが 面白いほど気にしていなかった。
その部屋のある家を改築のため壊すことになったのだが 一つだけペンダントトップがかえってきてなかった。

その後。家は壊され 新しい家は前の場所からややズレた場所に建った。
友人となにげなく新しい家でお茶をしていると グラスの中でコロンと音がする 何かと思い見てみると あのペンダントトップがでてきた。



772: 本当にあった怖い名無し 投稿日:2008/04/07(月) 21:43:23 ID:FIhrmaSD0
>>758
う~ん。。不思議だな



784: 本当にあった怖い名無し 投稿日:2008/04/08(火) 23:47:44 ID:n/GHZcxx0
>>758
いたずら好きの神様か
時空の歪みか



787: 本当にあった怖い名無し 投稿日:2008/04/11(金) 00:05:37 ID:gkuljXqP0
今から10年ほど前に俺が1人暮らししてた頃・・・

友達Aが俺の家の固定電話に電話したが不在で留守電になった為
メッセージを残さずに電話を切った。
俺がいなかった為、他の友達に電話をして話などしてたが、
しばらくして無言電話がかかってきた。
”はい○○です・・・もしもし??無言電話ですか?切りますよ”
ガチャンってな具合に対応して電話を切ったらしい。

俺がその日の晩に自宅に帰って来て留守電が一件入っていた。
再生すると”はい○○です・・・もしもし??無言電話ですか?切りますよ”
が俺の家の留守電に入ってた。
もちろん俺は友達Aが電話掛けた事など知らないからチンプンカンプンだったが
友達Aに留守電の内容を確認したら無言電話の事を言われ対応内容と一致した。

気持ち悪かったんですが、こんな事ってあるんですかね?



789: 本当にあった怖い名無し 投稿日:2008/04/11(金) 10:20:22 ID:IUH+3EiGO
>>787
俺それ似た事昔あったわ。

自分PHSで相手固定電話だったんだが、友人の方に無言電話がかかってきたらしいんだ。
そんで「もしもし!もしもし!」とか言った後に友人が切る。
すると何故か俺のPHSの(センター預かりの)留守電に、その友人のやりとりが残ってるんだ。
最初はお互いそんな意味不明の事態になってると知りもしなかったから、
留守電になったのを俺が出たと勘違いした友人が「もしもし!」と叫んでて、それが留守電に残ったのかと思ってたんだ。

んで後日、また留守電が入ってたので聞いてみたら、「もしもし!」と友人が言った後舌打ちが聞こえ、爆音の音楽が入ってた。
流石に意味が解らないので友人に聞いてみると、最初に上で言ってた事態が発覚したと。
友人は
「最近妙に無言電話が掛かってくるから、受話器に爆音のヘッドフォン当てて放置してやったら、
何時の間にか切れてたんだけど、まさかそれがお前の留守電に入ってるなんて思わなかった」
との事。
まあ逆の立場でもそんな事は予想しないだろう。
その後、同じ現象が2回くらいあったが、気付くとパッタリ発生しなくなっていた。
ちなみにPメールで有名だった某社のPHSを使用していたんだが、他にも同じ現象が起きた人はいるんだろうか?



792: 本当にあった怖い名無し 投稿日:2008/04/11(金) 14:11:27 ID:N2YDAKyi0
>>789
店の固定電話での話だけど、にたようなことがあったな。
決まった時間に決まった電番に勝手に電話をかけるんだよ。
短縮の設定をするときに、まちがって転送設定をしていたようなんだよね。
一ヶ月くらいそんな状態だったらしい。気持ち悪かっただろうな。
パン屋さんごめんなさい。



790: 本当にあった怖い名無し 投稿日:2008/04/11(金) 12:23:19 ID:iJBkP/HuO
>>787
固定電話だとよくあることだと思う
何回か経験あるよ



788: 本当にあった怖い名無し 投稿日:2008/04/11(金) 05:37:49 ID:r9l04Qxc0
所詮、機械だよ・・・・ガクガクブルブル



791: 本当にあった怖い名無し 投稿日:2008/04/11(金) 12:25:19 ID:yyVXPNRp0
電話話ついで。

昔、黒電話で友人と話していたときの事。
会話の途中でノイズが聞こえ、直後、二人の女性の会話が
聞こえてきた。
びっくりして黙っていると、その会話は2~3分ほど丸聞こえに
なっていた(内容は覚えていない)。

その後、女性同士の会話が終わり、電話を切る音が聞こえ、
まだ友人と繋がっているか確かめるため
「もしもし・・」と問いかけると、友人も黙ってその会話を聞いて
いたらしく、「びっくりした」返答してきた。

ただの混線なんだと思うけど、一時的に4人同時
通話状態になってたのかな。

こっちの声が聞こえるのか確かめて見れば良かったなぁ
と今になって思う。



808: 本当にあった怖い名無し 投稿日:2008/04/13(日) 18:51:35 ID:NrDSNcWQ0
車飛ばして10分ぐらいの所に「安い、だからあまり文句言うな」な感じの蕎麦屋があったんだが
そこがある日「今日は本気で蕎麦を打ちます」という貼り紙を玄関に貼っていた
それを人伝にメールで聞きつけた俺は、そのメール送ってきた奴ともう一人の計3人でその本気の蕎麦を食いに行く事にした

そして店に入り注文、出てきた蕎麦を食ったんだがそれがどういうわけか冗談抜きで本当に旨い
今まで地味に色んな蕎麦の名店とやらに出入りしたりしたけど、そこの蕎麦すらも凌駕するほどに旨い
「ぼくのかんがえたさいこうのおそば」をそのままリアルに抜き出したような、そんな人知を超えた旨さだった

あまりの旨さに蕎麦湯を持ってきた店の人を捉まえて「こりゃ一体どういうことなんだ?」と聞いたら店長登場
言うには「上手く言えないけど今日はなんかいつもと違う感じがした、今日は旨い蕎麦が作れると思った」との事
これからは食いたいときに最高の蕎麦が食えるな、との喜びと満足感を胸にその日は帰途についた

が、その日の夜のうちにその店主は脳内出血で入院、そのまま退院する事無く死亡してしまい
結局その店もその日を最後に閉店、今では月極駐車場に
その破壊的な旨さのお蕎麦は、「○○○(店名)の奇跡」という一部ローカルな伝説で終わってしまった



815: 本当にあった怖い名無し 投稿日:2008/04/14(月) 22:18:44 ID:hXIgS55S0
>>808
すごいな
死ぬ前に何かが降りたんだなー



931: 本当にあった怖い名無し 投稿日:2008/04/27(日) 09:34:26 ID:o7cd86PX0
俺が大学二年から三年になる時に転部というか同じ大学の別学部に編入した。
そこは元居た学部から数百キロ離れた場所にある学部で
俺はそこに来たばかりだったから知り合いとかは当然誰もいない。

そんな4月にキャンパスの中を歩いていると4年生らしき男二人に呼び止められた。
そいつらは「よう!○○!久しぶり!」とか「進級できたのかよ!w」とか
やけに馴れ馴れしく話し掛けてくるので俺がポカーンと黙っていると
「何とか言えよw」というので俺が「人違いじゃないですか?」と言うと
「ふざけんなよw」と返してくる。

そんなやりとりが数分続いたあとで、そいつらは俺がふざけていると
思ったらしく今度は怒り出した。
そこで俺が仕方なく新しい学生証を見せるとそいつらは真っ青になって
必死で謝り、首をかしげながら去って行った。

あれが何だったのか卒業した今でもさっぱり分からない。
どうやら俺と顔も体型も服も同じ○○という学生が、俺が来る前に
その学部に居て、そいつが居なくなってから俺が来たらしいのだが。

ちなみにそれからしばらくはキャンパス内で俺を見ると、ヒソヒソ話したり
びっくりする学生が数人いた事は確かだ。



932: 本当にあった怖い名無し 投稿日:2008/04/28(月) 01:29:03 ID:mdUhKp+d0
>>931 要約
数百キロ離れた同大学の別学部に転部したら、そこにはかつて
自分ソックリなやつがいたらしく何度もそいつとまちがわれた。

で、不可解なこととは?



934: 本当にあった怖い名無し 投稿日:2008/04/28(月) 06:11:47 ID:1H6XSAURO
>>932
931じゃないけど言いたいことわかる。
そこまで自分とそっくり(知り合いが話しても間違えるほど)
の人間が、同じ学部に入れ違いで在籍してたって
気持ち悪くて不可解な気分にもなるんじゃない?

この手の話、このスレで何回か出てるけど不思議と必ず、
そのそっくりさんとは会えてないんだよね。

作家の色川なんとかって人も、自分にとんでもなく
そっくりな人の存在を、そのそっくりさんに遭遇した人達に
よく聞かされたけど、行動範囲もよく似ているのに
会ったことはないって書いてた。
そういう法則でもあるのかな。



948: 本当にあった怖い名無し 投稿日:2008/04/28(月) 22:49:24 ID:bHZrVWcy0
>>934
会ってみると案外不可解でもなんでもない結論が出てしまうからじゃね?
俺がそう。
大学生のとき、違う学部に俺にそっくりのやつが居ると聞いて、
そいつが取ってるらしいという授業に潜り込んで会ってみた。
色々話して最終的に、記憶にも残らない幼少の頃に養子に行った双子の弟だとわかった。
な? 全然不思議体験じゃないだろ。

まあ、東京と九州に住んでた二人が近畿の同じ大学を選んで出会ったこと、
それぞれが一人暮らししてたアパートが大きな国道を挟んで隣接してたこと、
が不思議というか縁みたいなのを感じるかもしれない。



952: 本当にあった怖い名無し 投稿日:2008/04/29(火) 01:42:04 ID:v2BV+oQo0
>>948
会えて良かったな



942: 本当にあった怖い名無し 投稿日:2008/04/28(月) 19:54:33 ID:0vl48/PwO
ある日、帰ると家には誰もいなかった。
ワケあって姉夫婦の家に居候していた私。すると家に電話がかかってきて出ると、
姉からで『家に幽霊が出た』と言う。
近くの居酒屋に非難しているというので
私も一目散に居酒屋に向かった。
散々幽霊の話をされ(時間にして4~5時間)とにかく恐怖で、
ずっと居酒屋にいるわけにもいかない、という事になり
泣きそうになりながら帰宅。
家に入り3人でテーブルをかこんでいたら、姉ダンナが一言、『嘘だよww』と。

『えぇー!?』と気が抜けたのもつかの間、
いきなり姉ダンナの頭上からビールジョッキがゴトンッ!
と姉ダンナの足元に落ちてきた。

一同静まり返り、ポカーン。

なんで?ビールジョッキがそんな所から?

姉のダンナの頭上辺りには神棚があり、
姉ダンナは足が悪い。あと数cmで足に直撃だった。

なんでビールジョッキが落ちてきたのかわからないけど、
何となく私を恐怖で騙しまくったから神様か何かがしてくれた、
姉ダンナに対する『コラッ』って意味なんじゃないかと思った…。



945: 本当にあった怖い名無し 投稿日:2008/04/28(月) 20:04:51 ID:6oUJdz1k0
子供のころ
車のドアでおもいっきり指挟んだんだよね
普通なら大変なことになりそうな勢いだったけど
痛みは全くなくて挟まれた実感もなかった
でも指見たらやっぱり挟まっとる
ドアもピッタリ閉まってる
慌てて外したけど無傷だし何ともなかった

指ちょんぱならんでよかったです



950: 本当にあった怖い名無し 投稿日:2008/04/28(月) 23:58:14 ID:OC0VHCqx0
高校生の頃、バイト先のスポーツ用品店に、一卵性双生児が2時間違いくらいでやってきて
全く同じウェアを買っていったことがあった。
とちゅうまでさっき来た人が引き返してきたのだと思って接客してたオレ。



951: 本当にあった怖い名無し 投稿日:2008/04/29(火) 00:16:16 ID:0BYAWQmD0
リアル「ばかもーんそいつがルパンだ!」ができそうだ



957: 本当にあった怖い名無し 投稿日:2008/04/29(火) 09:13:35 ID:GqiriG7cP
ドッペルゲンガーを紹介されて、友達になった自分ww
不思議でもなんでもない話ですが、おつまみ程度にどうぞ。

私=A、ドッペル=Bとします。
高1の今くらいの時期、友人XにZという友人を紹介してもらった。
A・X・Zは別々の中学出身で、高校で出会い仲良くなった。
ある日Zに「Bという親戚はいるか?」と聞かれたが、そんな親戚はいない。
「勘違いではないか?親に確認してくれ。」とまで言うので、理由を聞いたらZの後輩B(当時中3)が私にそっくりなのだという。
Xに私を紹介された時、中学校にいる筈のBが高校の制服を着て教室に現れたので、かなり驚いたそうだ。
私は家に帰って親に確認したが、やはりそんな親戚はいないし里子に出された姉妹もいない。
Zが中学が同じだった友人達を連れて見学に来たが、皆「そっくり」と口を揃えた。
そんなに似てると言われたら、どんな顔なのか見てみたいと思うのが人情。
私とXは写真でいいから見たい!会ってみたい!と訴えたのだが、何故か誰もBの写った写真を持っていなかった。
どこかで待ち合わせさせて会わせよう、という話も出たがやっぱりなんだかんだで流れてしまう。
ここまでならよくある話。



958: 本当にあった怖い名無し 投稿日:2008/04/29(火) 09:18:50 ID:GqiriG7cP
数ヶ月後、Bは私と同じ高校に進学した。
B(高1)と私(高2)を間違える人続出。
この2年間、特にBが入学してからの数ヶ月は、間違えられネタには事欠かなかった。
教師から「1年のBは親戚(ry」、部活の後輩には「A先輩がなんで1年の校舎にいたのか?」「挨拶したのに何故無視するのか?」などなど。(それぞれ複数から言われた)
おかげで知らない間に「A先輩は感じが悪い」と噂が立ってたよ…。
Bに確認すると「2年のAは親(ry」と聞かれたり、知らない同級生に会釈されたり話しかけられて怖かったりしたそうだ。
高校という狭いコミュニティで更に学年が違ってたから、「BというAのそっくりさんが存在する」「AとBは似てるけど赤の他人」という説明も楽だったし、一度周知させれば同一人物と思われる故のトラブルを避けられたのは助かった。
Zにより、お互いそれぞれの存在を知っていたから良かったものの、そうでなかったらこのスレにあるような不思議で不気味な思いをしたと思うし、周りの人にもさせてたと思う。

個人的に不思議なこと。
Bの入学直後、Zの計らいにより私とBは会うことが出来た。
あの~全然似てないんですけど。
髪型は一緒(校則で決められている)だが髪質は違うし、何故間違えられるのかわからない。
ただ、雰囲気は似てると思った。
同じくBと初対面だったXによると「並べれば違いがわかるが、単独だと間違えてもしょうがない(くらい似ている)」とのこと。
もう10年以上前の話です。
その後色々話をしたが、Bは私と趣味が同じでとても気の合う子だった。
今ではなかなか会う事も無いけど、私達は元気です。
この間数年ぶりに偶然会って、趣味の話で盛り上がってきたよww
だから、ドッペルゲンガーがいるみたいだけど会った事が無いって人は、会ってるけど自分では気付いてないだけかもしれません。
実際出会っちゃうと、私みたいに全然不思議な話じゃなくなっちゃうしね。



959: 本当にあった怖い名無し 投稿日:2008/04/29(火) 09:46:08 ID:dp7MJfpBO
>>958
凄いねw
でもそれはドッペルとは言わないのではないかなー
私もよく間違われるヤツいる。
髪型なんてショートとオカッパで全然違うのに
「この前会ったよね」って。
そいつとはお互い、似てないぞと言い合ってる



964: 本当にあった怖い名無し 投稿日:2008/04/29(火) 13:17:05 ID:9CciTmLW0
職場の同僚(男、Aとする)にものすごくよく似た男(Bとする)が
職場の近くにいて、俺も含めて多数が何度もまちがえてた。
どうやら相手の男Bは職場が近所らしく、本当によく出会う。

こちらがまちがえるくらいだから、Bの同僚さんらしき方々も
こっちのAをまちがえて声をかけてきたりしていて、
「どっちの会社でも、近所にソックリなヤツがいる!」って
話題になってるんだろうなとみなが思っていた。

なぜか周りの人間はこれだけ遭遇してるのに、本人同士は
数年もの間一度も会ったことがなかった。
それが、ある昼休みに、とうとう本人同士が遭遇した。
お互いに複数の同僚と一緒に昼飯を食いに外に出ていたときで
両方の本人も回りも、「うおおおおお~!!!」と指さしてどよめいた。

で、両方の同僚から促されて、二人を並べて比べて見る事になった。
髪型・服装、ソックリ。持ってるセカンドバッグまで同じ銘柄。
身長は向こうの方がわずかに高かったが、並べてみてもソックリだった。
もしかして、生き別れの双子かなんかなんじゃね? とその場の全員が笑った。

今でもBには時々出会う。
俺はいまだに時々まちがえて声をかえてしまってBに笑われている。



966: 本当にあった怖い名無し 投稿日:2008/04/30(水) 02:08:46 ID:CrlTQHdm0
>>964
遭遇した所笑ったw


ここか他のスレでそっくりな男女(ドッペルじゃないんだけど)の話もあったな。
書いた人は高校生ぐらいで進行形で書いてた気がする。
紹介されて付き合ったそうだ。



965: 本当にあった怖い名無し 投稿日:2008/04/29(火) 21:44:44 ID:uHl7X4+50
双子の友人と親しくしているとその話よくあるな
友人は兄で弟は学部違いで同じ大学に通っていて
友人の弟と立場話していると兄だと思い話かけてくる
俺が友人弟にコイツ知ってると聞くと
もちろ返事は知らねーよw

まーどうでもいい話がだw



982: 本当にあった怖い名無し 投稿日:2008/05/02(金) 09:32:32 ID:3NVZN0xp0
去年、取引先の会社に初めて行ったら寒気やら悪寒で気分悪くなった
断っておくが霊感のたぐいは無い。一般の人並みだと思う

んで先日、小さい頃から世話になってる叔父さんに会う機会あって
その体験を話してみた。よく知らんが宗教学とか教えてる人
以下叔父さんの話(要約)
「宗教というのは人生の教科書?みたいな事を書いてるっぽいが、それは表面的な事。
実際は災いや恨みなどをどう考えて誤魔化すか、に尽きる
幸せを享受してる人がわざわざ入信しないだろ?
「納得できる救い」が書いてあればそれでいいのさ
で、宗教の本尊や中枢はそういう災いや恨みを持ち込むので
人によってはその負の感情や雰囲気を感じて気分悪くなる
その宗教がヘタレなら霊的なものにも恨み買ってるから当然だな
それで今回のおまえの体験なんだが、宗教じゃなくても擬似的に同じことしてるとこだよな
災いとかをお金で解決。おまえはそれを感じたんじゃないか?」

なんか納得いかなかったが
その損保会社に近づかないようにした



983: 本当にあった怖い名無し 投稿日:2008/05/02(金) 10:40:44 ID:SMkphR2G0
謎というよりほんのりだなw
保険系が業多そうなのは同意



1000: 本当にあった怖い名無し 投稿日:2008/05/04(日) 12:25:25 ID:OsJr+AU80
有意義にスレ消費しました またね (ToT)/~~~



【閲覧注意】最凶に怖い話

ジョンレノンってたかが4,5人のグループで仲違いしてたくせに戦争反対とかよく言えるな

【閲覧注意】不思議な集落~閉ざされた村~

【孫子】お前ら、兵法は勉強してるよな?【六韜】

吹いた画像を貼るのだ『堺雅人のそっくりさん」

怒らないでマジレスして欲しいんだけど、電車で化粧して何が悪いの?

2chで見つけた叙述トリック『恋人』