転載元:http://toro.2ch.sc/test/read.cgi/occult/1433425141/
東京の路線図やばすぎワロタwwwwwww
http://blog.livedoor.jp/nwknews/archives/4914865.html

トンンエル


33: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2015/06/08(月) 01:18:09.96 ID:WYqDOHJI0.net
小学生の頃の話

端的に言うと、とても綺麗な人魂のようなものを見ました。
当時5階建てのマンションの4階に家族で住んでいたけれど特にいわくつきというわけでもなく普通のマンションでした。
たしか夏に入る前の頃だったと思います。夜中に目がふっと覚めて起き、窓の外が月明かりで綺麗だな、とぼんやり思いながら眺めていたところ、丁度てすりの真上を青と赤、いずれも透明なガラス玉に光を灯したような人魂がツーっと通り過ぎて行きました。
当時の私はとても綺麗なものを見た、不思議なものを見たとはしゃぎ、恐怖心もなく隣で寝ていた姉をたたき起こしました。

今思い返せば車のライトの反射だったかもしれません。けれども4階ですしエンジンの音もしなかったので本当に人魂だったかもしれません。

駄文、お目汚し失礼致しました



34: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2015/06/08(月) 01:49:40.75 ID:b8twjp5J0.net
いいね!



39: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2015/06/08(月) 14:18:19.21 ID:R1rr1ye70.net
今日、昼休みに駐車場脇の道を歩いてたら
いきなり後ろから頭をバシッ!! と叩かれた
驚いて振り向いたが、人っ子ひとりおらず
上を見たがカラス1匹おらず(鳥が止まりそうな木も電柱もない)
下を見たがゴミひとつ落ちていない

何だったんだアレ



44: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2015/06/08(月) 17:06:07.10 ID:sS7IrCkmO.net
>>39
鏡使って叩かれた部分確認してみた
肌に文字にも絵にも見えるような痕があったら手遅れ



49: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2015/06/08(月) 20:11:27.51 ID:lV4zQgm+0.net
>>39を読んで昔バスの中で肩をトントンと叩かれたの思い出した
もちろん自分の座席の周りに人はいず
しばらく叩かれた肩に手の感触が残ったなぁ



60: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2015/06/09(火) 12:25:24.70 ID:IhQ67mJO0.net
>>49
そういう話、けっこうあるみたいだね
昔、父が山奥で渓流釣りをしていたら、右肩をトンと叩かれた
振り向いても誰もいない
気のせいかと思って釣りを続けてたら
今度は反対側の肩を強めにトン!と叩かれた
さすがに気味悪くなって帰って来たそうだが
「死んだお祖父ちゃんが熊が出るぞと教えてくれたのかもしれない」と
前向きな解釈をしてたよw



56: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2015/06/08(月) 22:51:15.57 ID:+AmMU3sv0.net
夕方のスーパーで

なぜか人が少なかった
パンコーナーで物色していると、耳元で「それ」と聞こえた
振り返っても誰もいない
人はいるが、近くにはいなかった
声は間違いなく真後ろからハッキリ聞こえた
男性の事だった

私は知らない人にパンを買ってあげられるような裕福な生活はしていないし、それと言われてもどれか分からなかったので無視した

帰宅して寝る前に主人に「小腹すいたけど、パンとかないよね?」と聞かれた


主人の心の声が聞こえたのかなと思ったが全く別人の声だったのでこのまま不思議な出来事として処理しようと思う



57: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2015/06/09(火) 06:08:00.26 ID:HeR8880o0.net
>>56
ほぼ同じ経験があったので驚いた
自分の時はドールの店で、近くに誰がいるわけでもない上に知らないオッサンの声で「それ…」だったんで本気でビビったよ
パンなら「それ…(美味しいよ)」と教えてくれた気のいいおっさんの幽霊だったのかもしれない、と脳内変換してほのぼの出来るんだが…人形だとちょっとな…



64: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2015/06/09(火) 14:34:53.19 ID:NgmldWB30.net
年長さんくらいの頃、婆ちゃん家に泊まった時に、怖い夢を見て夜中に起きた。
暗い客間に一人なのが怖くて婆ちゃんのとこに行こうとしたけど、真っ暗の廊下も怖くてわざとバッタバタ足音たてながら廊下を走り出したら居間が明るかった。
襖を開けて走り込んだら婆ちゃんがヤカンとか置けるでかいストーブを拭きながら「どないした?」ってきょとんとしてた。

なんかそれが凄く安心できて、べそかきながら「怖い夢みてな、その夢でな」と話し出そうとしたら「夢の話はそのまましたらあかん、外に出てきよる、怖い夢なら尚更や」という内容をくどくど説教されたあと「口に出す前にゆめゆめそらゆめ言うとき」と言われた。
で、「ゆめゆめそらゆめ」と唱えてさあ夢の話をと思ったら、内容がさっぱり思い出せない。
嘘ついたって怒られたくなくて、またべそかきながら本当に見たんだとぐずってると、婆ちゃんが抱き締めて背中をとんとん宥めてくれた。

生意気にそんなガキじゃねえし、とか思ったのを覚えてる。
でも婆ちゃんの手は魔法の手だから寝てしまった。
起きたら客間に一人で、ちゃんと布団で寝てた。
朝御飯中に婆ちゃんから「寝入り端にバタバタ走ってからに」と叱られた。
怖い夢見たから婆ちゃんとこ行こうと思って、って言ったら「深う息して頭から布団被るやろ、ほんで10数えたら寝て忘れるわ」とカラカラ笑って切り捨てられた。
夜に抱き締めてくれたあの婆ちゃんは?と疑問に思う反面、これが正しく家の婆ちゃんの対応だわ、となんか納得してしまった。



65: 本当にあった怖い名無し 2015/06/09(火) 17:00:50.13 ID:/NTqEZXK9
>>64
ほんのり怖いつうかほのぼのいい話だな。
自分はまた、朝起きたとこでバアちゃんが前年亡くなったのを思い出すのかと思った。



71: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2015/06/09(火) 23:19:21.45 ID:ivmgohxc0.net
 北関東の某県を走る国道6号線から少しわき道に行くと、
やたらと高低差が激しく、沿線には民家がぽつぽつと見えるくらいで
ほかに何もないような、高い木々に挟まれた林道に出る。
某市内の自宅に帰るため、この林道にて車を走らせていた日曜日の夜の出来事。

 時刻は夜11時ごろ。友人と会う用事を済ませ、眠い目をこすり、
明日の仕事のことなんかをぼんやりと考えながら、林道を運転していた。
前方には若者が二人乗っていると思われる、大きめの黒いワゴン車が
一台走っている。この林道は夜になると真っ暗になり、
車のライトが照らすより向こうに何も見えない道路の起伏が、
ようやく頭に入ってきた最近になるまで、とても不安に感じながら走っていた。



72: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2015/06/09(火) 23:20:13.07 ID:ivmgohxc0.net
 道の中で一番大きな起伏の下り坂に差し掛かったころ、
ふいに前方のワゴン車が何かを大きくよけるように右にハンドルを切り、
そして再び元の左車線に戻った。後続の私としては、
いったい何をよけたのかと急な出来事に驚き、
ライトに照らされる道路上に目を凝らした。前方のワゴン車のよけ方の、
あまりに急激さに、もしかしたら人でも立っていたのかと思ったが、
道路の上には、このあたりによく見かける猫の轢死体すらない。
私は、少しばかり不思議に思いながら、特に気にもせず、
そのまままっすぐ通行中の左車線を通過した。

 すると、前方のワゴン車の助手席に乗っている若者が窓から頭をだし、
こちらを振り返った。若者はこのあたりではよく見かけるような
ヤンチャな見た目らしく、茶色に染め上げた長髪が、
私の車のライトにはっきりと映し出されていた。
茶髪の若者は数秒の間、こちらの方へ振り返った後、首を傾げ、
頭を車内へとひっこめた。彼はなにやら、運転席の方の若者に
何かを話しかけている。しかし、少しだけ会話を交わすと、
再び何事もなかったかのように何の動きも見せなくなり、
二人の若者を乗せたワゴン車は、林道をそのまま走り続けていた。

 それから数十秒後、500m程度走り出すと、
再び助手席の若者が窓から顔をこちらを振り向けた。
助手席の若者は、運転手に若者に話かけ、そのあと何かを確かめるように、
後続の私のほうを見る、といった動きを大体5回程度繰り返した。



73: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2015/06/09(火) 23:21:05.46 ID:ivmgohxc0.net
 やがて林道を超え、人通りの多い、明るい道路に出た。
右手にはファミリーマートが見え、前方のワゴン車はその駐車場に入っていった。
私は彼らとどうしても話したくなり、同じ駐車場の隣の駐車ますに車を止めた。
ワゴン車の車内をのぞき込むと、運転席の若者が、
青ざめた顔でこちらを見ていた。右の耳にピアスを開け、
眉をそり、やはり少しヤンチャな風体の若者だったが、
普段は強面であるだろう彼の雰囲気を、その時は少しも感じないほどに、
その顔は青ざめていた。

「さっきは何度もじろじろみちゃってすいませんっした。」
車のドアを開けて出てきた茶髪の若者が言った。
「いや別にいいんですけど、さっき急に何かよけてましたよね?
あれどうしたんですか?」
私が聞くと、運転席の若者が、窓越しに答えた。
「....いや実は俺、霊感とか結構あるほうなんすよ。」
彼はこう切り出し、いったい先ほどから何を感じていたのか、
話してくれた。どうやら、あの道路には若い女性の霊がいたらしく、
女性の姿が急に見えた彼はそれに驚き、ハンドルを慌てて切ってしまったそうだ。

そのあとに彼は私にこう聞いてきた。
「車ん中でなんかおかしいこと、なかったっすか?」
私が特に何もなかったと答えると、
彼はこう答えた。「いつもなら幽霊見かけても、
あ、幽霊いたなーくらいですぐ終わるんすけど、あの時は、
どーもうしろにずーっとその気配がしてた。
気持ち悪い冷たい感じがずーっと続いてたんです。

今はなんも感じないんすけど、もしかしたら、
あんたの車についてたんじゃないかって思って。」
彼らはもう出発する所だったらしく、この話を私に伝えた後、
私に軽く会釈をし、コンビニを後にした。私も自宅に帰ろうと、
運転席に乗り、残り数kmの道のりを走っていた。



74: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2015/06/09(火) 23:22:17.11 ID:ivmgohxc0.net
 ふと気が付くと車内が先ほどより、だいぶ暖かいことに気付いた。
そして暖かいだけではなく、何とも言えない違和感があった。
誤って暖房でも入れてしまったのかと思い、確認したが、そんなことはない。
私は冷房のスイッチを入れ、少しばかりの冷気を体に浴びた。
その時、違和感がやっととけた。車内は先ほどより
暖かくなっていたわけではない。
そうではなくてさっきまでの車内が、まるで真冬のように、
異常に冷たかっただけだった。

 なぜ、走行中にそれに気づかなかったのか、
急にハンドルを切ったワゴン車に対しての驚きで、感覚がマヒしていたのか。
それとも何度も振り返る茶髪の若者に気を取られすぎていたのか、
その原因は分からないが、人通りの多い道路に出るまで、
車内はまるで冷蔵庫のように冷たかった。それに気づいてから、
また別の意味でぞっとし、震えながらもようやく自宅のアパートについた。 

 自分の部屋にて先ほどの林道についてインターネットで調べると、
数年前、その場所は交通事故で20代の女性が亡くなっていた場所だった。
 次の休みにはその場所へ行きお花でも添えてあげようかと思う。ちょっと怖いけど。



81: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2015/06/10(水) 01:40:54.17 ID:f6bnud/20.net
友達に、未亡人DNAを持った?女系一家がいる
友達は女3人姉妹の真ん中
幼稚園の時にお父さんがガンで亡くなり、
お母さんが苦労して娘3人を育てたそうだ
ところが、長女の夫は結婚翌年に心臓疾患で急死
次女である友達の夫も結婚数年目(詳しくは忘れた)に20代の若さで突然死
2人とも再婚したけど、
長女の再婚相手は結婚後まもなくバイク事故死
次女は私が紹介した男性と再婚し、翌々年に脳梗塞で死別
三女は30代半ばの今も独身で、自分は結婚しないと言っている

友達は最初の御主人との間に息子が1人いるので
「子供のために家庭が必要」と私に結婚相手の紹介をせがんでくるんだけど
正直キューピットをやっていいものかどうか…
お似合いかなと思う男性が1人いるんだけど
上の事情を説明したら会うことを渋られた



83: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2015/06/10(水) 02:00:52.61 ID:PKRFmXrd0.net
>>81
ウチもそれだはwww
親の代まで旦那連中は皆60代で他界
オレはそれを警戒するのもあり未婚



84: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2015/06/10(水) 02:08:39.25 ID:f6bnud/20.net
>>83
家系的なDNAってあるよね
うちの遠縁にも、代々長男が20代で病死する家がある



89: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2015/06/10(水) 11:30:03.94 ID:X0piBqOq0.net
>>84
家系DNA(?)なのかな?
家相が悪いとか御先祖供養に問題あるとかかもよ



187: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2015/06/13(土) 15:03:59.44 ID:SKt4LeYX0.net
言葉にするとたいしたことないが体験するとじわじわとくる話をひとつ。

うちのまわりはすごい静かな住宅街で、最近引っ越してきたんだよね。うちは線路沿いに建ってるから電車が通る音とかも聞こえるくらい静か。
昼間は道路で遊ぶ近所の子の声とか丸聞こえだけどね。

んで、俺両親と姉貴と弟と一緒に住んでるんだけど、家族で姉貴の買い物に付き合ったとき弟と俺はパスした。
姉貴買い物長い。弟も小さかったし。まぁ、それはおいといて、弟がいきなり「ねえ、なんかお祭りやってるの?」とか言い出して。
はぁ?とか思いながらも弟が言うように外のおとをよく聞くと祭り囃子って言うの?太鼓の音が聞こえててさ。

「マジか!」とか二人でテンション上がりながら外出ようとしたら家族帰ってきて。
「あんたらこんな時間からなにしにいくのよ」って母親に言われて、弟が「お祭りの音がする!」って言った。そしたら母と姉貴と父さん何て言ったと思う?
「はぁ?そんなの聞こえなかったわよ?」
家のなかにいて聞こえるのに外からきこえないわけない。
なのにみんな聞こえてないって言う

実際、その日やってる祭りなんてなかった。
その場は弟と俺の聞き間違いで納まったけど、それから一週間くらいして今度は俺一人で留守番してたとき。また、聞こえた。
ドンドンドンって聞こえてくる。
流石に気になって外に出てみることにした。

長くなったから一旦切る。かきためてないから遅くなるかも。


189: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2015/06/13(土) 15:13:41.13 ID:SKt4LeYX0.net
続き

サンダル突っ掛けて外に出た。なんか駅の方から音が聞こえてる気がして、とりあえず向かおうとした。

んだけど。

うちのお隣さんはお婆ちゃんとおじいちゃんのふたり暮らしで、古くから住宅街にすんでるからって、引っ越してきたばかりの俺ら一家にとても優しいご夫婦だった。

そのご夫婦の奥さんが、家の前を掃除していたのだが、いきなり箒をおいて俺の腕をつかんで
「お祭りの音が聞こえるの?」
って言った。怖かった。心読めるのかと思った。とりあえず「はい」って頷いたら奥さんは突然真顔になって「いってはいけないよ」と言って腕をなおさら強く掴んだ。いつも優しいおばあさんだからすごくびびった。
「ここら辺でお祭りは絶対にやらないの。だから…いっちゃダメよ」
理由は教えてくれなかったけど、そのかおがすごく真剣で逆らえなかったからその場は素直にうなずいた。
やっと解放されると思ったら今度はグッと顔をちかづけられた。「お祭りの音は、聞こえても無視しなさい。人に話しても構わないけれど、お祭りの方にいってはダメ」
すごくすごく真剣な顔だった。怖くて怖くてこくこくと頷いて、話してもらった手を押さえながら全力で家まで逃げ帰った。

お祭りについてったらどうなってたんだろうな

弟はあれ以来聞こえてないらしいけど俺にはいまだに聞こえ続けてる。ちな、これかいてるのはまた一人で留守番なうで音が聞こえてきて基本チキンな俺がどうすればいいかわからなかったから。おばあちゃん曰く相手が飽きれば離れるらしいね。早くしろ。

聞いてくれてありがとね。



205: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2015/06/14(日) 00:20:09.38 ID:3gkWWqjYO.net
>>187
注意を受けたお隣の奥さんに、何故お祭りの音が聞こえるのか理由を聞いてほしい。
そこまで引き止めるという事は何か事情を知っているのでは?
ほんのり理由が気になったよ。



192: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2015/06/13(土) 15:53:59.14 ID:sBeu3q4n0.net
所謂狸囃子というやつか



194: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2015/06/13(土) 19:04:40.83 ID:t5GqDmhaO.net
不可解かこのスレかで、けっこう昔に
祭りなんかやってない期間に、しかも夜中や早朝に何処からともなく祭り囃しが聞こえるって投下されて
俺も私もってレスがたくさん付いて、祭り囃しが聞こえるって専スレまで建ったよ
だけど結局は謎のまま終わったんだが、行っちゃいけないなんて訳知り顔の登場人物が現れたのは今回初だな
タヌキとか妖怪とか、人間じゃない者の祭りだとしたら見に行かない方が正解だとは思うが



198: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2015/06/13(土) 20:17:02.15 ID:NKvkd0sO0.net
狸囃子は古くからの日本の伝承でしょ
各地にそういう話が伝わっているということは
同じ経験をした人が少なからずいたということかもしれないけど

鈴の音に関しては、自分も中高時代に何度か家で聞いた
でも、どうなんだろう…
今となっては多感な年頃の幻聴だったのかもという気がするな



200: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2015/06/13(土) 22:50:45.23 ID:xt12oRt4O.net
>>198
鈴の音は音色によって意味が違うらしい
チリンチリンという可愛い音色なら浮遊霊とかタヌキ、キツネとかのいたずら
シャリンシャリンという神社の神楽舞に使うのとか坊さんの錫杖的なのは
死神的な近いうちに誰かの命ヤバいよ事故るよって予兆か生き霊が飛んできてますよってやつ
後者の鈴の音がすぐ近くで聞こえたら注意せよ、って警告でもある



202: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2015/06/13(土) 23:39:13.81 ID:jcFsKsy80.net
>>200
こういうの信じちゃう人もいるんだろうなぁ



213: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2015/06/14(日) 13:45:34.84 ID:iQhEOK31O.net
鈴の音というと昔鈴の音を辿っていったら山の中の神社に辿り着いた事があったな
神社に辿り着いたら鈴の音は聞こえなくなって辺りはしんと静まり返ってた
何度か来たことがある神社だしなんとなくお賽銭を入れて
そのまま帰ろうとしたら誰かに頭を撫でられた
ビックリして周囲を見渡してみたが誰も居なかったのでそのまま帰った
そのあとしばらくの間滅茶苦茶クジ運が良くなってた



215: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2015/06/14(日) 17:00:03.70 ID:rpOtBgZP0.net
>>213
いい&知ってる神様で良かったな
そうでなかったら…と思うとちょっと怖い(・_・;)



287: 1/1@\(^o^)/ 2015/06/17(水) 09:24:36.70 ID:tOJQaxNp0.net
昔祖母の実家が畜産業をやっていた
飼っていた乳牛に識別のため一頭一頭名前を付けており、適当なものだから孫の名前、つまり自分や兄弟従兄弟の名前が勝手に使われていた。

小学校にも通っていなかったくらいかな?とりあえず幼少時の夏休みにその家に泊まりに行っていたとき、夜中ふと祖母の寝室の扉が開くのが見えた。ああトイレかな?とか思いながらまたすぐに寝た。



288: 2/3@\(^o^)/ 2015/06/17(水) 09:26:15.97 ID:tOJQaxNp0.net
そして本題、祖母の夢枕に祖母の祖母(自分の曾曾祖母にあたる)が立ち、「A(俺の名前)が死ぬぞ、Aが死ぬぞ」と告げたらしい。物騒だなと思い目覚めたが俺はピンピンして遊びまわっているしま~夢かと流したらしい。



289: 3/3@\(^o^)/ 2015/06/17(水) 09:27:12.64 ID:tOJQaxNp0.net
オチとしては俺の名前が付いた牛が死んでたってところで、今では祖母の笑い話の鉄板ネタとなっています…

しかし考えてみたら全然笑えねー!普通に怖いよ。あと、俺たぶん見てるんだよね。曾曾祖母ちゃんが祖母ちゃんの寝室に入って行くところ。



291: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2015/06/17(水) 10:56:31.33 ID:BOnD9rqn0.net
うちの猫が病気でいつ死ぬかわからないくらいの状態だった時
当時は在宅の仕事をしていて、猫が一番安心する部屋(寝室)にずっといることができないので
中古商品取り扱ってる店で、赤ちゃんがないたら声が聞こえるナントカモニターっていうのを購入した。
それをオンにしていたら、猫がないたら声を自動的に拾って仕事部屋にある受信機から聞こえるという仕組み。
商品自体は新品に近く、注意書きとして「開封済みですが未使用です」と書いてあってラッキーと思って買った。

部屋について箱をあけて説明書を読もうと思ったら、説明書に
管がいっぱいつけられた信じられないくらい小さい赤い赤ちゃんの写真が挟まれていて
裏に○○(男の子の名前)・201×年×月×日誕生。201×年×月○日命日。と書かれていた
その間ほんの8日ほど。
書いてあることが本当なら、子供が生まれるから、と事前に準備しておいたけど
8日ということは恐らく自宅に一度も帰ることなく病院で死亡。
仕方なく赤ちゃんのために準備したものを全て売り払った・・・ということだと思う。
でも、何故そんな写真を入れたのか謎。
当然、誰かが冗談で入れた可能性も強い。
でもやっぱりちょっと怖かったよ。

ちなみに猫はそれから1週間ほどで亡くなったけど
その間ナントカモニターは大活躍してくれたんだけど
何故か猫が死ぬ時にはオフになっていた。
スイッチは長押ししないとオフにならないので、面倒なので電源の方でオンオフしてたんだけど
何故かその日だけオフになってた。こちらも謎。

書いたらあんまり怖くなったけど、写真の裏の文字見た時は背筋がゾクッとした。
そんだけ。スマソ。



293: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2015/06/17(水) 12:17:01.17 ID:p+U+mIA60.net
>>291
赤ちゃんネタこわい



294: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2015/06/17(水) 12:26:15.66 ID:JcRYpYnz0.net
>>291
友達の看護師が外国人女性の出産に立ち会った時
取り上げた赤ん坊がヒャヒャという声を出して笑ったので
ゾッとして取り落としそうになったと言ってたのを思い出した



295: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2015/06/17(水) 18:04:09.16 ID:8QEBSuio0.net
>>294
ああ、生まれた時に泣くのは日本だけらしいよ
やっぱり文化の違いかね



320: 本当にあった怖い名無し 2015/06/18(木) 19:58:20.80 ID:3T1C1nEbZ
数ヶ月前、自宅で一人の時友達と電話で話してて「そっち楽しそうだね~」って言われて「え?」って言ったら「大人数で集まり?」って聞かれて一気に血の気が引いた。



336: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2015/06/19(金) 12:13:13.07 ID:Lvh7HjEh0.net
昨夜聞いた話 リアリティをあまり感じられなかったので、ほんのりスレに投下

会社の部下の彼氏(Sさん)が、滋賀県のとある建設現場で働いている。一昨日、少しだけ高い場所
(せいぜい地上2mちょっと)まで梯子で登った所、頭から転落して脳挫傷になった
そうだ。命に別状は無かったが、意識が戻るまで時間がかかり、昨日昼に会話できるようになったそうだ。
部下は有休を取って見舞いに行っていたんだが、意識を取り戻したSさんからこんな話を聞いたそうだ。

「梯子の下の方に小太りのおっさんがいて声を掛けてきた。何か用かと聞いたら手が伸びてきて俺の手を
握って引っ張った。こらえられずに落ちた。」
暫くしてSさんの上司が神妙な顔をして病院に来て事故の話となったが、どうも歯切れが悪い。
理系のバリバリの上司なので自分でも半信半疑で話していたらしいが内容はこんなものらしい。
事故を近くで目撃した人の証言によると、Sさんがいきなり下の方に向かって叫んだと思うと、急に梯子に
乗せている足を支点に背中の方に半回転し頭から落ちていったそうだ。

前にも同じような事故があるから、念のためお祓いして貰う。治るまでじっくり休め・・・と。
昨夜20時頃、部下から以下の顛末と、部下のマンションの前になんか人影が見えるって電話がかかってきた。
自動車で10分ぐらいの場所だったので行ったが特に人影は無く、また俺は完全に霊感が無いので何も感じずに
帰ってきた。今日、部下は普通に出勤しているらしい。今後どうなるかは知らないが、例え2mちょっととは云え
建築現場で安全帯せずに登るなんて考えにくいので、適当に見守ろうと思っている。



337: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2015/06/19(金) 12:25:47.07 ID:M8MxpBKk0.net
えっと
部下の彼氏
部下
これらの区別がわかりづらい
ホントはズバリ自分の部下のこと、自分の職場で起こったことなんだけど(つまり事故に遭った人の上司が書き込み者)、その彼氏ってことにしてフェイク入れた、でも後半破綻しちゃったって感じてなのかなと思っちゃったわ



339: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2015/06/19(金) 12:39:34.42 ID:Lvh7HjEh0.net
>>337
分かりにくくて済まん。部下はM未と表記した方が良かったかな?

因みに、Sさんと俺は完全に第三者というか顔も知らない。
俺は今日明日と出張で(今はネット喫茶でサボっているがw)週末会えないので、
週明けにも続きを聞こうと思っている



351: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2015/06/20(土) 08:34:14.84 ID:EWfVkKEV0.net
>>339
続きを禿しく待つからヨロ



348: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2015/06/19(金) 22:27:52.94 ID:ksJrQPwb0.net
もうずっと触ってなくてホコリかぶってたギターを、思いついて手に取り思い切りジャーンとやったら3弦切れて跳ね返り、切れた先が目に入りそうになった話はほんのりでよろしいか?



349: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2015/06/19(金) 23:21:35.72 ID:1wuNvdKj0.net
>>348
ゾッとした…



365: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2015/06/20(土) 23:17:32.35 ID:IiDVKozY0.net
思い出した
霊感持ちで毎日があなたの不思議な世界な、友達の同郷のあんちゃんの話
仕事の都合でとあるやっすいアパートを借りて引っ越したら、それが幽霊物件だったらしく毎晩金縛り状態。
母子の幽霊らしく、お母さんは台所で何かを作ってて(食材が減っていたりとはなかったらしいので、エアークッキングなのか?)家事をしている音が聞こえるのと
幼稚園児くらいの男の子がわーわー騒いで布団の周りを走ってて、しかも時々布団にダイブかまされてたらしい。(NHKのどーもくんがウサじいにやってたみたいなの)
ダイブかまされてうっ…ってなったり、男の子の騒ぎ声があんまりやかましいと、お母さんから「静かにしなさい!!寝てる人の邪魔になっちゃうでしょ!」って怒られてたそうな。

ご飯ができたら、おかあさんが「ごはんできたわよー」って子供に呼びかけて、子供が走り去って行ったキッチンの方から「せーの、いただきまーす」の声が。
毎晩そんななのであんまり休めず、すぐに引っ越したという話だったが、私には「普通に生活してる幽霊がいる」っていうのが驚きだった。
しかも「寝てる人に迷惑」って事は、あんちゃんの事も認識した上で生活してたってことだから、なんだかそれにも驚いた。
あんまり怖くなくてごめん。



366: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2015/06/20(土) 23:32:36.32 ID:JeJzrlnr0.net
>>365
子供幽霊「わーい、新しいパパだ!」
母幽霊「ちょ…ご、ごめんなさい、この子ったら」



374: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2015/06/21(日) 01:53:24.74 ID:JvNCIv4V0.net
>>365
なんかせつないな
母子一緒に心中でもして亡くなっちゃったのかな?



393: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/@\(^o^)/ 2015/06/22(月) 02:20:35.91 ID:RdS6ublh0.net
最近、刀剣がブームですよね。
これは、実家の本宅さんにあった刀剣の話です。

本宅は寺の過去帳によると鎌倉時代から続く九州の地侍の家で
長船を含む、太刀含め数振の刀剣を保有していました。
鎌倉時代からの家ということで、
2度の元寇、戦国時代の九州動乱、朝鮮征伐、明治維新前のあれやこれやにも
私のご先祖が人を斬るために実際に使っていました。
(皆さん大好き南九州の鬼大名とも何度かやりあっています。)

大戦直後、本宅の当主はGHQから刀没収の命令が出るという噂を聞きつけ
青ざめました。刀は武士の魂。没収されて壊されるのは先祖に申し訳が立ちません。
刀剣を持っていても大丈夫な時代になるまでこっそり隠そうということになりました。
夜、近所の方が皆寝静まり、虫や蛙の声しか聞こえない中
本宅の上の兄弟3人が協力して、畑に深い穴を掘り
錆びないよう油紙でぐるぐるに巻いた刀剣をなかに埋めました。

数年が経ち国内情勢が落ち着きを取り戻したころ、刀剣を掘り返そうということになりました。
ところが、記憶していた場所をいくら掘っても刀剣は出てきませんでした。

ここまでだったら、九州地方ではよくあった話、ですむのですが・・・
埋めてから数年後、刀剣を埋めた場所からほど近い小作さんの一家で変事が。
まず、御祖父さんが心臓発作で急死しました。次に御祖母さんが台風の後、水路で水死体で発見されました。
その一か月後子供と孫が火事で亡くなりました。
一年で一家全滅です。
小作さんちの親戚曰く、お金に困っていたのが、いきなり羽振りがよくなった。
何か長い束のようなものを業者にこそこそ渡しているのを見かけたとのこと

埋めた刀剣は今も見つからず、盗んだのが本当にその小作さんなのかも今となっては分かりません。
ただ、これが刀剣の祟りだとしたら、今の持ち主は無事なのか。
刀剣とは人の命を吸ってきた業の深い道具、取扱いには注意していただきたいものです。



438: 1/4@\(^o^)/ 2015/06/23(火) 15:32:50.61 ID:PvjdivX10.net
私が高校生の頃、未来が見える?人に出会った話。
イタい女(私)の話が絡んでくるので苦手な方はスルーしてください。
あと、あれもこれも入れてたら目茶苦茶長くなっちゃいましたので、
長文苦手な人もスルーしてください。。


高校生になった私は出会い系を初めて、
そこで出会った年上の人とばかり付き合ってた。
女子高生ブランドもあってみんなチヤホヤしてくれてて、
中学まで超地味だったし、チヤホヤされるのが嬉しくて、本当に馬鹿だったと思う。
来るもの拒まずで、なんか違うなって感じてすぐ別れるっていうパターンばっかりだった。

ある日、普段あまり会話しない父から「今度の日曜空けておいて」と言われた。
父の知り合いに三輪明弘みたいな超能力の人がいて、なぜか私に会いたいと言ってきたらしい。
しかも父曰く「結婚して子供もいることは言ったけど、その年齢や性別は伝えてない。なのに
「17歳の娘さんいるでしょう?急いで会いたい」と言われたとのこと。

正直、怪しい宗教か何か?と思った。
友人が多いけど寡黙なタイプの父が、そういうのに引っかかっているのかと不安になった。
母に相談すると母もその人を知っていて、しかも本物だと言い張る。
近所のおばちゃんの娘さんの酷い皮膚炎が治ったと。

・おばちゃんの旦那さんはゴミ捨て場の作業員みたいな仕事をしてた
 (父も母も初耳だったから、超能力者も聞いてないはずなのになぜか知ってた)
・あちこちのゴミ捨て場から軽微だけど悪いもの?を家に憑けて帰ってきてる
・影響を受けやすい子供だけが被害を受けている

おばちゃんは元々そういうの信じない方だけど、無料でお祓いしてくれるって言うし、
あとは玄関の盛り塩だけで大丈夫ってことで、やったら嘘みたいに治ったんだって。
色んな病院行っても治らなかったのに治ったからお礼金を渡そうとしたけど、
「僕そういう本職の人間じゃないので、大丈夫ですよ」と断られたとか。
(普段は普通の会社員やってるらしい)



439: 2/4@\(^o^)/ 2015/06/23(火) 15:34:07.53 ID:PvjdivX10.net
でもやっぱり詐欺かもしれないしなー
でもタダで評判の占い受けられると思えばいいか、
見て明らかに怪しい人なら親に注意しよう、ぐらいの気持ちで会うことにした。
会う場所はうちのリビング。

その人は見た目普通の人だった。
細身のカーゴパンツにポロシャツみたいなカッコだけどこぎれいで、向井理みたいな薄い顔。
愛想がよすぎるわけでも悪いわけでもなく、ほんとに普通の人。
世間話を父と三人でしたあと、それじゃ・・・と父は退席した。
2人っきりで話すの?と思ってたら、第一声に
「急いで会わなきゃって思ってたけど、昨日大丈夫になったみたいだね」

何のことかすぐにピンと来た。
元彼のことで真剣に悩んでたけど、図らずとも昨日解決したから。

その元彼は15歳ぐらい上のフリーター。
猛アピールされて付き合ってはみたけど、話も弾まない。
断り切れず一度だけして、でもやっぱり合わないと思って、かなり一方的に別れ話をした。
メアドしか交換してなかったしいいかっていうのもあった。
そしたら、行為中にこっそり撮った写真がある、ネットにばらまくって言いだした。
しつこくメールが来て、内容が内容だけにだれにも言えなかった。
最近は「ヨリを戻せとは言わない、一度電話するだけでいい。だからこの番号に番号通知で電話しろ」と言われてて、
馬鹿の極みだった私は「電話で済むなら」と思い始めてた。

ところが昨日、たまたま携帯の受信画面を友達が見てしまい、
半ば強引にその番号に非通知で電話をかけて「姉です。これ以上するなら警察に届けます」と一言。
相手は「すみません、冗談だったんです」とだけ言って通話終了。
それからメールもパッタリ止んだし、友達が捨てアドで追撃メール送ろうとしたらアドレスも変わってた。

もちろん内容が内容だけに、その友達と私しか知らないこと。



440: 3/4@\(^o^)/ 2015/06/23(火) 15:36:23.54 ID:PvjdivX10.net
私がびっくりして黙りこむと、
「君のご両親には言わないよ。だけどそれは、そのことを肯定してるわけじゃない。
 言うと君は誰にも頼れなくなって、もっと酷いことになっちゃうし。
 でも、ひとまず一番ひどいところは去ったから大丈夫」
と、優しい声で言われた。

「未来のことがわかるってことですか?」と聞くと、
「確定してることってあまりないんだよ。分岐してるし、細かく変わったりするからね。
 ただ、その分岐が河の別れ目みたいに、太いのと細いのがあるんだよ。」
「あのままだとどうなってましたか」
「君がもし電話をしていたら、そこから河の終わりまで、分岐はなかった。危なかったよ」
そのとき初めて”電話”という確定的なワードが出てきて、改めてドキッとした。

「僕がお父さんに電話したときは、君が電話をするっていう選択肢の方が太い流れだったんだ。
 運がよかったんだよ。これ以降は気をつけてね。」
「そうですか・・・でもそれなら、用事は済んじゃってたってことですよね?」
「そうだねwでも内容言わずにお父さんに頼んでたから、断るのもって思ってね。
 折角来たし、君ちょっと憑いてるから払っておこうか」
「は?!」
「あははw中学生ぐらいかな?黒いジャンパースカート着てる女の子が憑いてるんだよね。
 身長は君と同じくらいで、耳の下で髪を二つ結びにしてる。
 基本的な波長が合うから、憑いちゃったんじゃないかな。
 悪気はないんだけど、ちょっと悪影響あるから、払っとくね」
そう言いながらかばんの中からハンカチと細長い木箱を出して、木箱から数珠を取り出した。
「目は閉じてた方がいいですか」
「別にどっちでもいいよ。ハイこれ、握ってて。使っていいよ」
渡されたハンカチを握って、目はあけたままジッとした。
その人は私の後に立って、サラサラーッとお経を唱えた。



441: 4/4@\(^o^)/ 2015/06/23(火) 15:37:46.76 ID:PvjdivX10.net
そしたら変な感覚があった。
説明が難しいんだけど…
ドラマや映画の泣けるシーン観ててもうすぐ泣きそう、みたいな気持ちと、
なぜか性欲みたいなゾワゾワ感、無性になにかにしがみつきたい感じ。
お経が終わったらそれがスーッと引いて、引いたらなんだか凄く恥ずかしかった。
テレビの除霊みたいに号泣はしないけど、ちょっと涙がジワッと出た。
肩が軽くなったとかは特に感じなかった。

「ありがとうございました。いつから憑いてたんでしょうか」
「わからないけど、この中学生がそんなに昔の人じゃなさそうなんだよね。
 生きてたらたぶん君と同じくらい。だから憑いたのかも。
 これで多分、異性に対しては、人並み程度に落ち着くと思うよ。
 ただまぁ…君は多分、これからも色々あるだろうね。かなり波乱万丈だと思うw」
「そうですか…」

そのあと、結婚するのは何歳なのかとか、子供を持つのは何歳ぐらいかとか、
普通の占い師さんへの相談みたいな話をして、そのままその人は帰って行った。

それが10年ぐらい前の話。
最近、近所に住んでる友達と久々に飲みに行ったんだけど、
親戚が亡くなった~って話の延長から、
「あたしたちが高校入ってすぐぐらいの時、
 2個下の学年の子が、踏切に飛び込んで自殺してるんだよ。
 私同じ部活だったから葬儀にも行ったもん。」
とか言うの。髪型と身長聞いたら、大体一致してた。
それで、思い出してここに書いてみた。

長文失礼しました。



443: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2015/06/23(火) 16:29:20.57 ID:2qG2/fea0.net
すごいな、ほんものだな



445: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2015/06/23(火) 17:03:46.69 ID:mBjmNwre0.net
祓うことで異性関係が落ち着くっていうのは
憑いてた子が自殺した原因が男関係で、あわよくば435に同じ道を辿らせようとしてたのかな
向井理もすごいけど電話した友達がいてほんとによかったね



449: 435@\(^o^)/ 2015/06/23(火) 17:14:53.52 ID:PvjdivX10.net
>>445
聞いたところ、その子は恋愛に憧れがあった・母親と不和があったとかで、
ものすごく寂しい・人恋しいって気持ちがあったそうなんです。
その感情に引きずられて影響が出るらしいです。

プラシーボかもしれませんが、それまでは就寝前に
「このまま寝るのなんかもったいない!遊びに行かなきゃ!」と
こっそり家を抜け出して夜遊びに行ってたんですが、
パッタリそういう気が起こらなくなりました。
眠いし友達とはまた明日…みたいな感じです。



460: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2015/06/23(火) 23:25:55.37 ID:HfTvTsha0.net
>>449
いい能力者に見てもらえてよかったね。
ほの怖というか裏山。
私もなんか憑いてそうな気がするんだけど、どうしたらいいかわからない。
とにかく一度お祓いでもしようかという気になったよ。



510: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2015/06/26(金) 11:35:51.07 ID:sVsHVqMU0.net
年代も地域もふせるけどアパート暮らしをしてた頃の話
そのアパートは別に事故物件とか曰く付きという訳ではなが2階の2部屋と1階の1部屋に少し問題があった
2階に住んでいた人が少々変わった人で問題というのはその人が原因のご近所トラブル的なもの。実害は無いが不気味
その人はアパートに10年以上住んでて恐らく住民の中でもかなりの古参なのだが、数ヵ月~1年に1回ほどのペースで何故か両隣の部屋に引っ越しの挨拶にくる
「今日隣に引っ越して来た○○です。よろしくお願いします。つまらないものですがお受け取りください」
ありふれた内容の挨拶だがこれを同じ相手に何度もやる。引っ越してきたどころか古参なのはわかりきってるのにやる

そしてこれと同じくらいの頻度で真下の階の住民に謝りに行く
「昨日はドタドタ騒いでうるさくして申し訳ありませんでした。お詫びがわりに受け取ってください。」
騒ぐどころか物音ひとつしないのだが謝ってくる

ちなみに贈り物は蕎麦やタオル、ハムなどそれなりに高価なギフトセット

該当の部屋に入居する時には大家さんから、贈り物をしてくる以外は普通のいい人なので受け取ってあげてください。前から住んでますよね?とかのツッコミはしない方がいいですよ…とアドバイスされる
断ったりツッコミを入れるとその場は帰っていくが翌日に何事もなかったかのように再び挨拶にくるらしい
受け取った方が早いし、拒絶して怒らせても怖いのでお奨めしませんとのこと
住んでいた約3年の間に4回引っ越しの挨拶を受けた。拒絶やツッコミをし続けたらどうなるか興味深かったが怖くて1度も出来なかった



512: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2015/06/26(金) 12:15:30.34 ID:SSZPB0A70.net
>>510
地味にこわい。
変なことするわけじゃないところがなおさら。



535: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2015/06/27(土) 00:44:10.25 ID:rDbuPkG80.net
>>510
記憶が一週間分しかもたない病気の映画思い出した
ひょっとしたら、その住人の方は一年くらいしか記憶できなくてループしてるとか



517: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2015/06/26(金) 13:21:58.71 ID:D41EkHzU0.net
婆ちゃんに聞いたんだけど
戦中戦後は女子供の間でこっくりさんが大流行したらしいな
招聘された家族の安否や、消息不明な家族の生死なんかを本気で聞くから
シャレにならん現象がよく起こったらしい
昼休み終わっちまったんで後で書くよ



522: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2015/06/26(金) 15:06:58.32 ID:jpZ+JE6F0.net
昼寝から起きた母ちゃんが冷蔵庫を開けて
「あら、シュークリームは?」と不思議そうに聞いたので
ナ~ニ寝ぼけてんだと家族で嗤ったら
その晩、客が手土産にシュークリームを持ってきてくれたことがあった
これも一種の予知夢かw



523: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2015/06/26(金) 17:43:03.55 ID:mzR4Zv0j0.net
>>522
似たような話だけど、私がお好み焼きを食べてきた日に限って、夕飯がお好み焼きだったり、
家族用にアイスを買って来たら、偶然母が全く同じアイスを買って来たことが何度も何度もあった。
どこでリンクしてるのかな?当然、私がお好み焼き屋さんに行ったり、スーパーに寄った事を知らないからお互い驚く。
あまりに頻繁に何年も続くので、嫌ではないけどちと不気味。



550: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2015/06/27(土) 08:17:23.35 ID:49mM+Kkc0.net
>>522
ばーちゃんがそうだった
おもむろにバタバタと片付けを始めたなーと思ったら客が来たりとか、親戚から連絡がある直前に「電話がかかってきそうだ」って言ったりと、たいしたことないんだけど予知っぽいことは結構あった
俺は小さいながらにばーちゃんは少し先のことがわかるんだなと、あまり特別なことと思ってなかった



542: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2015/06/27(土) 03:04:42.98 ID:MaAzHWcV0.net
父が急逝した当時外国にいた父の親友が、その国の宗教ですぐに簡単な葬式をしてくれた
その宗教の方が、父からメッセージを預かったと言った
一つは青い布を胸元に掛けて欲しい
二つは黒い箱を心配している
母とそのメッセージを聞いた時はっとした
青い布は父が生前大切にしてたものに掛かっていた布
黒い箱は文箱で、中から通帳やら年金手帳など重要書類がごっそり出てきた
もし本当に死者と話せるなら、自分ももう一度父と話したいなぁ



544: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2015/06/27(土) 04:01:26.92 ID:BmRARDXS0.net
長年ほんのりというか自分的にはゾクゾクする怖い話だったのでよかったら読んでください。

中学生の頃、いつも4人グループで仲良くしていたうちの1人がちょっと不良ぽく、ませてて大学生と付き合ってた。
ある日その子が、彼氏から友達も呼んでドライブ行こうって誘われた~と言うのでみんなで行くことに。
当日1人は来れなかったので私達は3人、大学生達も3人で海までドライブしたり、色々な所へ寄って遊んだ。
その帰り道、あるトンネルに近くなると大学生達が「ここ、幽霊出るらしいよ…」と有名な心霊スポットである事を明かし、みんなでギャーギャー騒ぎながら車で通った。



545: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2015/06/27(土) 04:02:35.90 ID:BmRARDXS0.net
するとトンネルには1人の小太りなおじさんが歩いてた。みんなで、あの人幽霊じゃね?!ハッキリ見えすぎ!とかフザけつつ、でもあまりに普通のおじさんだったし歩行者用のスペースもあるトンネルだったので全く怖くなく
そのまま通り過ぎようとした瞬間、おじさんが振り向いて「おい!お前ら!」と何か大声で叱りつけてきてみんなビックリ。
一瞬ギャー!!!となったけどとくに追いかけてくる事もなく、
車の窓閉めてたのに声がハッキリ聞こえたのが怖かったくらいで、なんだったんだろ?みたいにその日は終わった。



546: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2015/06/27(土) 04:11:11.34 ID:BmRARDXS0.net
そのまま何事もなくまた普通に過ごしてたんだけど、ドライブから1週間くらいたった頃。
私達が通ってた中学は、門を出て左沿いに歩くと帰宅ルートで右沿いに歩くと公園や駄菓子屋のある寄り道ルートだったんだけど、その日は寄り道ルートで帰る事に。
右沿いに歩くと学校の裏側というか、倉庫なんかが置いてあるヒッソリとした所が見えて、角を曲がると数メートル先に公衆電話ボックスがある。

いつもの四人グループでダラダラ帰っていると角を曲がった瞬間、大学生彼氏のいる子が「うわ、ヤバイヤバイ…見て、公衆電話見て」と言いだした。
え?と思って見ると、なんとそこにはトンネルで見たおじさんが。
ドライブ行った3人はヤバイ!ヤバイ!いや違う人じゃない?絶対そうだって!なんでここにいるの?!と騒いだけど、トンネルと中学校はすごく離れた地域で全くの無関係。本当になぜのここにいるのかわからなかった。

それでも、若かりし当時は正直おじさんの区別なんてついてなかったし似てるけど違う人だよね。いるわけないし。という気持ちでドキドキしながら電話ボックスの横を通り過ぎた…ら、その瞬間ボックスのドアがバン!と開き、
「おい!お前ら!!!」と全く同じように怒鳴られた。
もうめちゃくちゃ怖くておじさんの方は一切見ずに、そのまま公園まで4人で猛ダッシュ。
ようやく公園まで着いて、振り向いても誰もいなかったので4人で座り込んで、何?あのおじさん、なんでいた?なんで怒るの?と半泣きで騒いでると、ドライブに行かなかった1人が「え、何?なんだったの?」と言ってきた。

トンネルのおじさんの事は話してたけどその子は見てないし、さっきの人と同じ人だとわからなかったんだなって思って(道で知らない大人に怒鳴られる事はたまにあったらそんなに怖くない)みんなで必死に説明した。
そうしたらその子が、
「なんかみんなが急に騒ぐし走り出したから着いてきたけどさ、電話ボックスに人なんていなかったよ?」
と言ったのが本当に怖かった。

その後は何もなく無事卒業しました。長文駄文すみません。



639: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2015/07/02(木) 16:58:47.48 ID:mBx5cVWc0.net
バイク事故で亡くなった萩原流行が生前オカルト番組に出て
仕事先の旅館で寝ていたら、全身真っ黒な男に襲われ
絞め殺されそうになったという心霊体験を語ったことがある
その時、江原から「あなたは芸能界で這い上がるために人を蹴落としたり、
相当えげつないことをしたので複数の人から恨まれている
その人たちの生霊に襲われたのだ」と言われ、本人もああ…と頷いてたな
こう言っちゃ何だが、顔もブチャだし、芝居もベタだし
こんな人材がよくメジャーにのし上がれたものだと常々思ってたから
見ていた自分も何となく納得した

中年以降は夫婦で鬱病になったり、不幸なことが多かったみたいだね
亡くなる2,3年前から小さな交通事故を何度か起こしていたようだし
生霊の恨みが解けていなかったのかなあ



643: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2015/07/02(木) 18:46:35.02 ID:EWvAaiNy0.net
>>639
萩原流行というと、うつ病のせいなのか知らないが内山くんっていう太ったタレントを
「このデブ!」とすごい顔で色々罵っていたのを覚えている
嫌ってた人も多そうだね



665: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2015/07/03(金) 14:48:51.28 ID:ROG538WaO.net
中学の頃のクラスメイト(A)に聞いた話だから作り話だとは思うんだが

そいつと仲の良かったクラスメイト(B)が夜中に自動車事故をおこして入院した
この事故の事自体はまあ知ってたんだが俺はあんまり仲が良かった訳じゃないし
中学卒業以降は会ってなかったからお見舞いには行かなかった
Aはお見舞いに行ったらしいが、その時にこんな話を聞いたらしい

その日はBは仕事が夜(時間差だっかな)勤務で夜中の2時ぐらいに終わって車で帰路についていた
こんな時間だけどなんかラジオやってないかなと適当にカーラジオを合わせていたら
占いコーナーをやってる番組を見つけたらしい
こんな時間に占いコーナー?と疑問に思ったがまあいいかとそのまま聞き続けた
そのまま暫くは普通の占いコーナーで星座毎の運勢を読み上げてたんだけど、
自分の星座を読み上げる順番になって
「では今日のBさんの運勢は」
といきなり自分の名前を呼ばれたらしい
驚いたと同時に気味が悪くなってチャンネルを変えようとしたけど変わらない
その間にもラジオ番組は喋り続けている
「今日のBさんの運命は凶、特に交通事故には気をつけてね」
「シートベルトはしなくていいのかなー?」
「まあ気をつけても無駄なんだけどね」
「ほらほら、目の前に」
ソコまで聞いた所で強い衝撃と共に体が前に放り出された
ラジオのチャンネルを変えようと気をとられてたせいで
カーブに入ったのに気付かず、電信柱に衝突したらしい
大怪我はしたけど命に別状はなく、後遺症も残らずに無事に退院出来たけど
その時以来ラジオを見るだけで背筋が凍るよ、とBは苦笑した


Aの作り話かBの作り話かホントにあった話かは分からないけど
ラジオがほんのり怖くなった話



717: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2015/07/05(日) 04:19:23.03 ID:mSkkyoiX0.net
32歳の独身・一人暮らしの女友達が経験したほの怖。

彼女は、70代の元恩師に2年以上ストーカーされていた。
恩師は60代の時に奥さんと死別して一人暮らし。
身バレするといけないので詳細は省くが、
いろいろ手段を講じるうちに恩師の付きまといは無くなり、
ホッとしていたある日、友達は見知らぬ中年女性にピンポンされた。
聞けば、恩師と離れて暮らしていた一人娘さんとのこと。
娘さんは、恩師が突然亡くなったこと(死因はぼかして言わなかったそう)を告げ、
「生前お世話になったので、父の形見を受け取って欲しい」と小さな紙袋を差し出し、
戸惑う友達を尻目に家には上がらずさっさと帰って行った。
仕方なく紙袋を開けてみると、小さな茶筒。
蓋を開けると、赤いマジックで「永遠に一緒ダヨ」と書かれたメモ。
さらに茶筒の中蓋を開けると……なんと白い骨。
友達は、思わず悲鳴をあげてしまったそうだ。

「あれは先生の字じゃない。書いたのは娘さんだと思う」と、あとで友達は言っていた。
友達は恩師にかなりきつい拒絶のメールや手紙を何通も送っていたので、
恩師の死後にそれを見つけた娘さんが
納骨前の遺骨の一部を自分に渡して嫌がらせしたのではないか、と。
娘さんの連絡先も、恩師のお墓も分からないので、
友達は田舎の親に事情を話して上京してもらい、遺骨の供養を託したという。
「怖くて調べる気にならないけど、もし先生が自殺だったら、
娘さんは父親の復讐のつもりだったんじゃないかしら」
遺骨を部屋に置いていた間は物凄く怖かったと、友達は青い顔をしていた。



727: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2015/07/05(日) 19:51:45.71 ID:7B43Debo0.net
もしかしたらスレチかもしれないけど。
しばらく前に友達数人と山奥にある心霊スポットにいってきた。
結構雰囲気もあったし、期待してたんだけど、何も起こることなくほとんどの部屋を回りきってしまって。
それで最後にまた全部みて回ろうと最初の部屋に戻った。
部屋の中に入ったら真っ先に違和感があった。
部屋のど真ん中、結構大きめのソファが置いてあったのよ。最初来た時はなかったのに。
とうとう来たかとなんかテンション上がって。
そのソファに真っ先に俺が座ったのよ。

あったかい。
あったかいはずがないのよ。ここ山奥だし、今夏だけど夜遅いし。
あ、これはやばいやつだ。
そう思って曲がった鉄砲玉のように立ち上がって、ソファをよく見てみたら

ソファじゃなくて熊だった。
あの時ほどオワタ\(^o^)/と思った日はないよ。



730: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2015/07/05(日) 19:58:59.27 ID:lUrO7ZE40.net
>>727
怖すぎるよ…よく無事だったな
普通に逃げ切れたの?



734: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2015/07/05(日) 20:54:43.91 ID:7B43Debo0.net
>>727
なんかスレチぽいからお詫びとして俺が高校生の時の話を仕様。高校生の時は俺はサッカー部だったんだけど補欠だった。でも俺は、補欠だったけど実力がないから仕方が無いと割り切ってた。
しかし、レギュラーの中に一人だけとってもむかつく奴がいた。こいつをAとすると、Aは俺に実力が無いことをわかっていて、「お前弱いから俺にジュース買ってこい」だの「お前俺より弱いからそこで一発芸やれ」だの色々なことを言われた。
無視すりゃいいじゃんと思うだろうけど、無視するともっとめんどくさくなるから仕方なくゆうとうりにしてた。
ある大会の前に、そいつが交通事故で怪我して意識不明になった。

心の底からざまあみろと思ったね。日頃の行いが悪いからそうなったんだ。
しかも、そいつが出れなくなったから俺が代わりに出ることになった。それを聞いた帰り道は、一人で爆笑してた。本当に神様っているんだなって思ったわ。
その次の日の夕方、いつものように河川敷をランニングしてた。ちょっと疲れたからベンチに座ってたら目の前で二人組がサッカーし始めて。下手くそな奴らだなと思ってたら案の定、一人が取り損ねて俺の方にボールが転がってきた。
「すいませーん」
うるせぇな。自分で取りに来いよ。そう思いながら立ち上がる。
「すいませーん」
うるせぇな!そんなに早くやりたいなら自分で取りに来いや!

そう思いながら後ろを振り向くと誰もいない。
「すいませーん」
あれ?さっきの奴らは?どこいった?
「すいませーん」
声は変わらず聞こえてくる。全く変わらず。
「すいませーん」
おかしい。自分の周りには明らかに誰もいない。距離が遠くなれば聞こえ方も変わる。
周りには隠れられそうな場所はない。
しかも、よく聞いていると声の数が多くなっている。
「すいませーん」「すいませーん」「すいませーん」
その声の中に聞き覚えのある声が
「すいませーん」
Aだ。だかここにいるはずが無い。あいつは今も入院しているはず。やめてくれ!思わず叫んでしまった。その瞬間、耳元でAの声で
「お前、調子のんなよ」



736: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2015/07/05(日) 21:08:01.03 ID:7B43Debo0.net
>>734の後日談としたら、ご想像のとおりあの日Aは急性脳なんとかで死んでいた。
なぜ、あの時Aが出てきたかはわからないけど、AはAなりにプライドがあって、いつも馬鹿にしていた奴に自分のポジションを盗られるのが嫌で仕方なかったのではないか。と今は思う。
その後の大会は、こんなことがあったわけだし、自分で辞退した。部活も辞めてしまった。
あれ以来、Aは一度も俺の前には来たことはない。
最終的に俺が言いたいことは、人の死はどんなに嫌いなやつの死でも喜んでは行けないということだな。
あとは、帰り道に一人で爆笑してると変な目で見られるということだな。



741: 729@\(^o^)/ 2015/07/05(日) 21:15:07.25 ID:CFuuFQL8O.net
>>736
連投中にはさまってごめん
Aも亡くなって気の毒だが、あなたも辛い体験だったね



808: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2015/07/08(水) 13:01:21.25 ID:pl/Bqw3D0.net
大学の近くに古書店がある
ブック◯フみたいなチェーン店じゃなくて個人店ね
そこは手塚初期作品やらいろいろプレミアの本とか古い本が置かれていて、漫画好きの自分はたまに掘り出し物を探しに行ってた
店を見つけた頃の話ね
最初店を見つけた時は15分くらいしかいなかったんだけど、その次はかなりのオカルト・古本好きの友人を誘って行ったんだ

店に着いて30分を過ぎたあたりからなぜかありえないくらい汗をかきはじめたんだよ、暑くもないのに
そして最終的に足の震えで立てなくなりかけたからその日はそこで友人と一緒に店を出たんだ
自分では気付いていなかっただけで体調が良くなかったのかな~と思ってまた後日リベンジしに行った
そのときも30分を過ぎたあたりから足の震えが止まらなくなってしまってそれ以上は店に居られなかった

なんだったんだろうね?と話していたら、友人に「あなたとあの土地は合わないのかもしれないね」と言われた
土地に合う合わないとかあるのか?とかいろいろ思うところはあったんだけど、オカルト好きが言うだけあって説得力があった
まあ結局理由は分からなかったんだけど、古本がたくさんあるし何かしら本に込められた力とかもあったのかなと…最近はそんなこと思ってる

書いてみて思ったけど全然怖くないなww



836: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2015/07/09(木) 03:24:00.27 ID:CVaoqSC30.net
ママ友から聞いた話。ありがちな話でゴメン、先に謝っとく。

そのママ友のご主人は宮城県出身。311の震災時は大変だったそうだけど
ご主人の実家は内陸部にあり、高速道路の盛り土が津波を遮ってくれたおかげで
家屋も義両親もご無事だったとか。

2、3年前、ママ友一家がお盆で帰省したとき。
子どもも小学生になり震災についても理解できるだろう、風化させてはいけない、と
義父の運転で津波被害のあった地域を訪れたそう。
といっても車で15分くらい、高速道路の盛り土の向こう側へ行くだけだったらしいけど。
1階部分がやられた家がポツポツ残ってる以外は、基礎部分のコンクリだけだったり
捻じ曲がった公園遊具やフェンス?が残されたまま、一面平野で雑草が生えてる。

その後夕食に行く予定で、時刻は夕方。
車でゆっくり走りながら、津波について義父が説明していると、
子どもが「あそこは何?」と。完成間近で津波にやられてた大型施設跡だったらしい。
1階が抜けて廃墟になってて、3階あたりは綺麗に窓ガラスも嵌ってる建物。
それを説明してると、「なんで人がいっぱい来てるの?」と。

その日はすぐその場を離れたそうだけど、後で子どもに聞いてみたら
3階の窓の中に人がいっぱいいたそうな。
歩いてその建物に向かってる?人もいたそうで、何かイベントでもあるのかと思ったみたい。

帰省終えてすぐお祓いしてもらったって言ってた。ほんのり悲しい話。



837: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2015/07/09(木) 05:04:03.67 ID:lc4E36c90.net
やっぱ興味本意?で近づくようなもんじゃないな



838: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2015/07/09(木) 06:49:52.98 ID:CVaoqSC30.net
どうなんだろうね。人災・天災を後世に伝えることも必要だと思うけどね。

ちなみにその子、母方の祖父母宅に帰省中、おばあちゃんと散歩に行ったらしいのね。
今は車もほとんど通らない山沿いの旧道を歩きながら、しいの実拾ってたらしいんだけど、
急に山肌の方を向いて「違うよ、○○(その子の名前)だよ」って言う。
おばあちゃんが不思議に思ってどうしたのか聞いたら、
帽子被ったオバサンが立ってて「××ちゃんか?」って尋ねられたと。
もちろん、おばあちゃんにはそんなオバサン見えなかったし、誰もいなかった。
家に戻って色々聞くと、どうやら防空頭巾被った女性だったみたい。
今は旧道付近は家もまばらなんだけど、戦前は家がたくさんあって、防空壕もあったとか。
もちろん○○ちゃんは防空頭巾や防空壕についてはまだ幼すぎて知らないはずなんだけどね。

はぐれた子ども捜し続けてるのかも、ってお花供えに行ったらしい。
子どもがいる身としては、悲しいお話。

○○ちゃんは小学校中学年になってもうそういった類のものを見なくなったらしい。



867: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2015/07/11(土) 13:35:13.03 ID:6fTipaQe0.net
5年ぐらい前の話なんですけど...
友達数人で心霊スポットで有名なトンネルに行ったんです。
100メートルはある結構長いトンネルで、お先真っ暗。
友達とダベリながら奥へ進んでいくと、人影が見えたんですよ。
一瞬ビビったのですが、どうやら逆から侵入してきたお仲間だったようで。
すっかり仲良くなってしまって、一緒に見て回らないかと提案してきました。
大勢で言った方が楽しいと思ったので、私達はその提案にのることにしました。
ですが、私達の友達の一人が突然、入口に向かって走って行きました。

何かにとりつかれたのでは?と思い、友人のあとを追いました。
入口につくと、友人は車の中にいました。
「お前どうしたんだよwww急に走ったりしてwww」
「お前らには言ってないけどよ...俺一回ここ来たことあんのよ。あのな。このトンネルは途中で行きどまりになっていて、こっち側からしか入れねぇんだよ。」
その瞬間、全てを悟った私達は車に飛び乗りそのまま帰路につきました。
オチはありません。



869: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2015/07/11(土) 15:33:42.88 ID:dY+ItEJ+0.net
数年前、仕事帰りに入院してる父の見舞いに通っていた。
もう秋で6時頃でも薄暗くなっていたが、ど田舎の山越えルートで
交通量も多くない 通い慣れた道だ。

その日は雨でいつもより車間距離を開けていたが、対向車のライトも見えるのに
車の前を横切る人影に違和感を覚えた。
カーブ続きでスピードは出ていないがあまりにも理不尽に思え
人影を目で追った。
誰もいなかった。
道は山を切り開いたもので周りに人家はない。
人が歩いてることも殆どない山中だ。
男性が渡ったあたりには雨に濡れた祠が見えた。

同僚に聞いてみると、同僚の知り合いが事故死していた。
事故が多く祠がそこらじゅうにあり、私は端から2番目、と話したが
彼女に1番目じゃないか、と訂正され確かめたらその通りだった。

雨の中ヘッドライトに浮かんだ若い男性の姿はその後見ていない。



938: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2015/07/13(月) 17:48:33.13 ID:/UmHgKJ10.net
そういや、夜に墓場へ行くもんじゃないと言われるが、
一部地域では盆になると夜の墓場で花火をして先祖を迎えるそうな

その時に幽霊を見たって話は聞かないんだよな
盆・墓場・夜と揃ってるんだから、目撃談が多くても良さそうだが



958: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2015/07/14(火) 06:00:04.58 ID:2HVKF8h0O.net
怖いと言うかよくわからんくてモヤモヤしてる話なんだが


ウチの地域の子供達は必ずあることを親から言い聞かされている
「夢の中に箱が出てきても絶対に開けてはダメだよ
その箱を開けたらとても恐ろしい事が起こるから」
大学生の頃、丁度地域の伝承について調べる機会があり、俺はその「箱」について調べた
基本的に口伝で伝えられてきた話らしく、市営の図書館にもあまり資料は無かったが
ある程度詳しく書いてあるのを見つけた
地域の民話が集められた本でその内の一つに箱の話が書いてあった
まずはその本の内容を要約する

その箱の夢を最初に見た男は江戸時代中期のある宿屋の息子
その男は夢を見るたび妙な二つの箱が必ず出てくるのを不思議に思っていた
親に聞いてみても知らない、箱の中身を確かめてみようにも夢の中では自由に動けない
そんなある日男は夢の中でコレは夢だと認識できて自由に動ける夢、いわゆる明晰夢を見た

男は早速二つある箱の大きい方の箱を開けて中身を確かめてみようとした、
しかし中身を確かめる事は出来なかった
箱を開けた瞬間、叫び声を聞いて目を覚ましたからだ
叫び声をあげたのは隣に寝ていた父親だった、父親は息絶えていた
父親は特に病気などを持っている訳でもなく、至って健康な人だった
そんな父親が突然死んだ、男は夢の中の箱を開けたせいだと直感的に悟った

そしてもう一つの箱を開けた時、母親が死ぬのだろうということも
男はもう一つの箱は絶対に開けないと強く誓った
そうして何年か経って男も結婚し、子供が生まれた
父親が死んだ後に母親と二人でやってきた宿屋の仕事もどうにか軌道にのってくれた
それから更に数年、母親が病に倒れた
当時の医療技術では治る見込みもなく薬代もバカにならない
男の家族は厳しい生活を余儀なくされた
母親は何度も何度も息子夫婦に謝罪を繰返し時折死にたいとさえ呟いていた
そんな日々が暫く続き、男はとうとう決心した、箱を開けようと



959: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2015/07/14(火) 06:01:08.53 ID:2HVKF8h0O.net
そして次に明晰夢を見た時、男はもう一つの箱を開けた
今度は中身を確かめる事が出来た、箱には母親の名前が書かれた紙と髪の毛が入っていた
翌朝目を醒ますと、やはり母親は死んでいた

男は両親を自分が殺した罪悪感を感じながらも、あの箱から解放された事に少し安堵していた


「お父さん、いつも夢の中に変な箱が出てくるんだけど何か知ってる?」
娘がそんな事を聞いてくるまでは


この話を今年始めにやった中学の同窓会でふと思い出してしてみた
そしたら俺以外にも調べたのが何人かいた
殆どは俺が調べたのと同じ内容だったけど一人(A)だけもっと詳しく調べてた奴がいた
Aはその箱の呪い(?)が生まれた経緯まで調べる事が出来たらしい
気になって聞いてみたが断固として教えてくれなかった
そして俺達にこれ以上は絶対に調べるなと釘を指してきた
訳が分からなかったがあんまりにも真剣に言ってくるんでとりあえず頷いといた
そして俺はその後調べたりせずに忘れてかけてたんだが、
最近Aとは別の奴から箱の件に付いてメールが送られてきた

「Aが言った通りあの箱の由来については絶対に調べるなよ」と



977: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2015/07/14(火) 23:29:44.54 ID:GrG2AirF0.net
>>958-959
ここには二つのタブー、「夢の中で箱を開けてはいけない」「箱の由来を調べてはいけない」があるわけだが、表面上一つ目のタブーを経験した者は文献の中にしかいない。中学の同窓生も主も箱の夢を見たという情報はない。
となれば、二つ目のタブーは一つ目に繋がるものだろう。口伝によるもので、文献にも由来は記されていない。親に「箱を開けてはいけない」と言われてもその理由は知らされない。伏せているか、知らないかだ。

文献にない由来を調べるには、「知っている人」から聞くしかない。親や祖父母が知っている人なら、真実を伝え聞くことになるかもしれない。
箱の夢を見たとされるのは宿屋の男。そしてその娘。親から子へ。おそらくは子々孫々へ。因果。では宿屋の男の夢も親から受け継がれたのか?親も箱の夢を見たのか?否。男は夢を見た最初の人物と文献にある。

ではなぜ男は箱の夢を見るようになったのか?親から何の報いを受け継いだのか?箱の中身は名前を書いた紙と髪の毛。誠に呪術くさい。男の親は、自らの親に箱による呪いを実行したのではないのか。その報いが子に孫に、夢の中で受け継がれたのではないのか。
さて、もし自分の親や祖父母が「知っている人」だったなら。先祖代々その由来までも口伝で受け継いできたのなら。それは箱の呪いを受け継ぐ血族の末裔であると知ることなのかもしれない。そして、箱の夢を見続けることになってしまうのかもしれない。



なんで学校って社会に出てから必要な知識を教えないの?

【恐怖画像】スズメが近くに寄ってきたので、写真を撮ってみたら・・・

猫に関することをドラクエ風に表現するスレ

ゲーム史上、最も画期的なシステムってなんだ?

【閲覧注意】マジキチ画像ください!

巨大宗教施設の画像を貼るスレ