転載元:http://toro.2ch.sc/test/read.cgi/occult/1406480142/
宗教や神話の面白い話をわかりやすく書いてこうぜ
http://blog.livedoor.jp/nwknews/archives/4812921.html
暗い


8: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2014/07/30(水) 19:24:12.91 ID:rXOku7FY0.net
昔読んだギャグ四コマ漫画のネタ

子供が誘拐され、その家族のもとに切り落とされた子供の指が定期的に送りつけられてくるようになる
警察の捜査に進展の無いまま、とうとう10本目の指が送りつけられて来たてしまう
悔やむ警察達
そこへ新情報が
送りつけられてきた子供の指を調べた結果、
10本全て「右手の指」であり、さらに10本全て「小指」であることが判明した
警察達が「何か別の事件に発展してないか?」と顔を見合わせて終わり



13: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2014/07/31(木) 01:23:05.27 ID:QYuNXAlc0.net
>>8
これ良いね。映画化できるわ



9: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2014/07/30(水) 19:44:14.58 ID:rXOku7FY0.net
四コマの別のネタ
主人公(刑事?探偵?)が古い洋館を訪れる
それを出迎えたのは美女
そこへ半裸の美少年が現れ、姉である美女と険悪なムードに
美女の影に隠れながら主人公を見つめる幼い美少女

主人公は応接間に一人残され、「古い洋館であの人物達とくれば、ミステリー小説の様な事件が起きるのは間違いない」とワクワクしながらにやける

別の部屋で仲良く話し合う美女達
美女「私は耳を貰うわ」
美少年「僕はアレを貰うよ」
美少女「わたしは目玉ー」
『残念、ミステリーではなくホラーでした』



15: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2014/07/31(木) 02:05:29.06 ID:GFw+++VR0.net
子供じゃなくてヤのつく職業の方達のものなんじゃ



16: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2014/07/31(木) 02:36:58.59 ID:QYuNXAlc0.net
大人と子供の指の区別はつくだろ
まあ10本になるまで全て小指と気づかないのもあれだけど



22: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2014/08/01(金) 11:33:50.94 ID:uhVH95MN0.net
>>16
今思い返すと、たしかあの漫画の警察はこれくらいアホ

逮捕されたバラバラ殺人鬼が、自分の片手を切り落とすことで手錠を外して逃走
刑事「流石はバラバラ殺人鬼」
刑事が殺人鬼を追ってたら、道中に殺人鬼の物らしい手とか足がバラバラになって次々と落ちてる
刑事はそれらを一つ一つ回収してく
とうとう胴体、そして最後には頭部まで落ちてた
刑事は全ての人体パーツを袋に収めて「もう逃がさない。これで事件解決」と勝ち誇る
刑事の後ろで、片腕の無い殺人鬼が血塗れの刃物を持って怪しい笑みを浮かべてて終わり



43: 1@\(^o^)/ 2014/08/03(日) 10:27:27.07 ID:prca71FW0.net
世にも奇妙な物語の「おばあちゃん」がものすごく後味悪い
細かい所がうろ覚えだけど大筋はこれでいいはず

----------------
余命幾ばくもない老婆のお見舞いに、娘の少女と訪れた母親
(老婆と少女の母の関係は嫁と姑だったか親子だったかは忘れた)
母親は老婆を邪魔者扱いし早く死んでほしいと思っている
少女が個室である病室で祖母と二人きりになった時、祖母である老婆がテレパシー的なもので話しかけてきた
「どうしても成し遂げたい、やり残したことがある。ほんの少しの間だけ体を貸して。きっと戻ってくるから」
優しくおばあちゃん想いの少女はそれを承諾し、フィクションでよくあるそれぞれの魂が入れ替わった状態に

少女の体を借りた老婆が向かった先は、かつて事情で引き裂かれてしまった恋人のもと
家の縁側が空いていたので外から家の中を眺めてみると、
その彼は寝たきり状態で息子の嫁に介護されていたがとても酷い扱いを受けており、
やりきれなくなった老婆は嫁がいなくなった隙に庭から上がり込み、優しい言葉をかける
その時丁度彼の息子の嫁が帰って来て「人の家に勝手に上がり込んで、あんたどこの子!?」と警察に突き出される
自嘲聴取やら何やらで大分時間を取られてしまい、少女の母親まで呼び出されてしまう
本当の自分はもうすぐ亡くなる。今そうなったら孫が身代わりになってしまう。警察を飛び出す少女姿の老婆



44: 2@\(^o^)/ 2014/08/03(日) 10:28:10.38 ID:prca71FW0.net
タクシーを停めて病院まで行こうとするがお金が足りず、途中で降ろされてしまう
暗い中雑木林などを必死に潜り抜け傷だらけになりながら、ようやく老婆の姿で苦しむ孫のもとに辿り着く

場面は変わって30年後、少女の母親の葬式が行われている
喪服姿の人々のなかにいる、今度は自分が中年になった少女
すると祖母の声で「あの子(少女)には悪いことをした」のモノローグ
実は病室へ戻ってきたあの時、老婆は少女と入れ替わらず見殺しにしたのである
理由は自分(少女の祖母)に酷い仕打ちをしてきた少女の母親の介護をすることで復讐をするため
おどろおどろしいBGMとともにそのことが老婆の声で語られて終了
----------------

演出もいちいち胸糞悪くなるようにしてあって、
明るい未来があったであろう自分の孫を自分のためだけに犠牲にする老婆に本気で殺意が湧くわ
信頼していたであろうおばあちゃんに裏切られた少女が踏んだり蹴ったりで可愛そうすぎるわでもう二度と見たくない
大嫌いな話なのに全然あらすじを忘れられないので開き直って投下



69: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2014/08/03(日) 21:44:59.78 ID:RWUnZW1d0.net
2008放送、仮面ライダーキバの15・16話。
敵幹部の一人が永い眠りから復活、だが記憶喪失になっていた。
そのせいか純粋無垢な人格になっており、敵とは知らず主人公つまりキバと交流。
キバの敵は普段は人間の姿。

ひょんなことから知り合った定食屋の看板娘といい雰囲気になり、店で働き客にも気に入られる。
店主は娘と結婚させ継がせたいと言い出す始末。

だが、ひょんなことから記憶が戻った途端娘も店主も客も惨殺。



94: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2014/08/04(月) 13:34:56.25 ID:tq23fXqf0.net
>>69
平成以降の特撮モノは失格



70: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2014/08/03(日) 21:54:15.67 ID:RWUnZW1d0.net
同じ脚本家、1991放送の鳥人戦隊ジェットマン17・18話。
死んだと思っていた敵首領が復活。
だが幹部達は内心首領をよく思っていなかった。中でもラディゲという幹部は特に。
復活早々首領に刃向かい、罰として記憶を奪われ人間の姿にされ追放される。
ラディゲも元々俳優の演じる顔出し幹部。

ラディゲは病弱な女性に拾われ交流、そして自身の能力でか知らずのうちに病気を治す。
やがて、このまま記憶が戻らなくてもいいとまで思うように。

だが、ふとしたきっかけで記憶が戻ると女性を躊躇なく殺害。

因みに首領はラディゲがジェットマンに弱点を告げ口したこともあり僅か2話で倒されました。



72: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2014/08/03(日) 22:50:11.99 ID:id6Ft+bS0.net
作品を純粋に楽しみたいなら作者のことなんて知らないほうが幸せだ



73: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2014/08/03(日) 22:50:52.36 ID:i1vvyouI0.net
さくらももこといえば、まるこがあたかもクラスの人気者みたいに書かれているが
モデルにされている実在のクラスメートはさくらももこのことほとんど覚えてなかったというのが後味悪いというか悲しかった
優しい友蔵といい、和気あいあいとしたクラスといい、ほんと作者の理想の世界なんだなーと



74: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2014/08/03(日) 22:54:56.75 ID:a9bZhYWY0.net
そのまんまマンガにしててもそれはそれでなんか嫌だろ



76: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2014/08/03(日) 22:59:37.85 ID:i1vvyouI0.net
それもそうだな



99: (1/3)@\(^o^)/ 2014/08/04(月) 20:17:37.32 ID:7W3j2EqXO.net
5年程前の話です

倅が産まれた時、日本脳炎の予防接種で亡くなったり後遺症が残るケースが続発し接種が中止された

倅が年中になった頃、新ワクチンが出来たので接種を、と言う書面が届き掛かり付けの小児科へ
高齢のご夫婦のみでやっている医院の窓口で新ワクチンの接種票が届いたので来たと伝えると首を傾げられた
日本脳炎?と疑問ありげに接種する先生に違和感を覚えつつ帰宅
直ぐにそれも失念した

数ヵ月後、自宅に保健所の職員が訪れた
倅が受けた予防接種のことでと来た言う



100: (2/3)@\(^o^)/ 2014/08/04(月) 20:21:02.56 ID:7W3j2EqXO.net
そして倅が打たれたワクチンが旧型だったこと、しかも使用期限が3ヶ月過ぎていたこと、期限切れは普通即廃棄すること、新型を打つと後遺症が出る可能性があるので接種をしないこと、西日本に行かせない(蚊が危険な為)こと



101: (3)@\(^o^)/ 2014/08/04(月) 20:25:45.98 ID:7W3j2EqXO.net
今すぐどうこうは無いが今後何か障害が出るかもしれないこと等の説明を聞かされた
倅の観察をよくするようにとも
職員は平謝りし、医師に後日謝罪に訪問させると言って帰った

後日、先生が来て出勤前で時間が無い中応対したのだが先生は滔々と自身の状況を語った
保健所から厳重注意を受けたこと、高齢(70代後半)なので医師免許を返してはどうかと言われたこと、小児科が少ない中懸命に働いていること、職員は何も分かっていない等々
怒り混じりの語気に何で自分怒られてる感じ?と思いつつ相槌
一頻りぶちまけると最後に笑顔でごめんねと菓子を渡し帰って行った
何か釈然としなかったが暫くその医院には行かなかった

数ヵ月後の秋の日、娘が体調を崩し医院を訪れた
が、先生が体調不良で、と奥さんに言われ帰された
医師会と免許の件で揉めて以来具合が悪いと言う
数日後、玄関に暫く休業の貼り紙がされているのを見た
その年の冬、先生は亡くなった

新型が出て直ぐに行かなければ、違和感を感じた時止めていればと思うと心苦しいです
自分が先生を死なせた、自分が先生の寿命を削ってしまったかと思うと後味が悪い話



102: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2014/08/04(月) 20:30:06.69 ID:s/PCaqxc0.net
なぜ書き手が自責の念にとらわれてるのかわからん



104: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2014/08/04(月) 20:38:29.48 ID:7W3j2EqXO.net
>>102
その医院に件の受信票を持ち込んだのが自分だけだった(保健所職員談)からです
自分さえ行かなければもう暫く生き甲斐を手放さずお元気だったのではと



103: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2014/08/04(月) 20:34:14.64 ID:nOGlAc6/0.net
ジジイ医師の自業自得。



105: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2014/08/04(月) 21:53:51.96 ID:NXyc82Sc0.net
患者を生き甲斐にされても困るな



123: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2014/08/06(水) 22:53:13.12 ID:FXxcIUrL0.net
ネタに困る手塚治虫の家へ、ネタを提供しに地味な女性が現れた
……というシーンから始まる手塚治虫の短編

製薬会社の実験動物飼育場で、知的障害のある青年が住み込みで雇われていた
小学校低学年程度の知能しかないが動物の飼育方法はちゃんと身につけており
世話をしている犬やら馬やら兎やらさまざまな動物達にも懐かれていた
新しく運び込まれた狐ともすぐに打ち解けた(怪我を治療したとかあったかも)

ややあって、青年の元へ毎晩のように美女が訪れるようになった
美女はしけこむ気満々だが青年は母親がわりのように懐くばかり

製薬会社とつきあいのある米軍傘下の米企業が、ある新しい毒薬について
どうしても人間で実験したいというので、例の青年が犠牲にされ
毒の副作用で顔筋がひきつり奇妙な笑顔を浮かべながら死んでいった

社員達が青年の私物を処分するために実験動物飼育場へ行くと
狐の檻の扉があけっぱなしで中の狐が消えていた
報告を受けた社長が茶を飲むと顔の筋肉がひきつって笑顔で死ぬ

ビルの中をうろつく女の後ろ姿(多分前述の美女)の周囲で次々に
一人また一人と、米企業の社員達や製薬会社の社員達が
同じ奇妙な笑顔を浮かべながら死んでいき、そして誰もいなくなった

……という話を語り終えて手塚宅を出て行こうとする地味な女性に
手塚が「奇妙な笑顔って一体どんなのだったんでしょうね」と聞くと
「きっとこんな顔ですわ」と引きつった奇妙な笑顔を浮かべて去って行った

※地味な女性と美女は絵柄の違いからして別人…のはず



128: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2014/08/07(木) 01:35:17.98 ID:2fhFw0zf0.net
>>123
その笑った死顔が表情も引きつったっていう表現がぴったりの
不自然な顔で描かれたタッチも違って滅茶苦茶気持ち悪いタイプの怖さで
記憶の奥底に封印してたのに箱が開いてしまったわ
絶対に許さん!

なんて言うか精神的にクる表情描くよね
BJの脳の中に機械入れる封印話の笑い顔も駄目だわ……



126: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2014/08/07(木) 00:03:54.04 ID:1GloUma90.net
この前アナと雪の女王観て思い出した映画「フローズン」
ただ酷いだけの話だけど

幼馴染みの親友AとBが二人でスキーに行くことになったが、Aの彼女Cも付いてくる
スキー経験者のAとBは本当は上級者コースへ行きたかったが、素人のCのために初心者コースで練習に付き合うことになった
日が暮れ、スキー場の閉店時間が迫る
AとBはせめて最後に1回だけでも上級者コースで滑りたいと思い、スキー場のゴンドラ係に頼み込んで最後のゴンドラに乗る
しかし、スキー場職員の誤解によって電源が落とされてしまい、ゴンドラは上級者コースへ向かう道半ばで停止し、ABCの三人は地上数十メートルの空中に宙吊り状態になってしまう
極寒の闇の中、朝まで待とうとする三人
だが、Cの身を案じたAがパニクってゴンドラから飛び降り、見事に両足骨折(見てるだけで痛い)。そのまま狼の餌食になってしまう(見てるだけで痛い)

泣き叫ぶBとC
BとCは醜い口論を始めるも、やがて和解
Bはゴンドラを吊り下げているワイヤーを伝い、手の皮膚をズル剥けにしながらも(見てるだけで痛い)、中継地点である柱までたどり着き、地上へと降りる
Bは狼に追われながら山を下っていく
ゴンドラに一人残されたCは助けを待ち続けていたが、AとBが散々揺らしたりしたせいでゴンドラが崩壊し、地上へと落下する
Cは這いずって山を下っていく
すると狼の群と遭遇する
狼の群とはBの死体を貪っている最中で、満腹なのかCを襲いに来ない
なんとか下山したCは通りすがりの車に救助されて終わり

ひたすら虚しかった



141: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2014/08/08(金) 12:03:37.46 ID:FkrmDf2V0.net
以前ここでも出てた気のするwebコミックの、ムガル帝国の第三代皇帝アクバルの話

アクバルは幼少期に父から離され、叔父のもとで生活していた。
密かに父の王位を狙う叔父からは冷遇され
仮にも皇太子であるのに文字すら読めない有様であり8歳にして戦場に立たされたこともあった
13歳になるとようやく父が一番の政敵を倒し共に暮らすようになるものの
直後に父は酔っ払って階段から落ちるという世界史でも稀に見る間抜けな死に方で他界。アクバルは皇帝となる

幼い皇帝を狙って周辺国が戦争を仕掛けてきたが父の部下が奮戦しなんとか撃退
しかし18歳となったアクバルはその忠実な部下を追放し
さらに幼少期に自分を守ってくれた乳母も冷遇した
「あなたは変わってしまった」と嘆く乳母に対し
「変わっていない、実行できる年齢になっただけ」と返すアクバル

アクバルは政略結婚、強力な帝国軍、人頭税の廃止など様々な手段を駆使しインド覇権を確立していった
彼は確かな名君であり、領土は広がり内政は行き届き文化も栄えた
一日中職務を行い、公務として庶民に会い
酒や女にも逃げず、どんな中傷も寄せ付けない品行方正な生活を送りながら
どうすればインドという国を強くできるのか考え抜いた結果、彼は壊れた

36歳の時、アクバルは皇帝を神とする神聖宗教を作った
自分の名のもとに全ての民が平等であり、イスラムとヒンドゥーとの軋轢もこれによって解消されるはずだと彼は信じていた
この人為的な宗教を創設した後、彼は唯一心を許していたビールバルという男(日本でいうところの一休さん的存在)をも遠ざけるようになる
「君は自分を知り過ぎている、自分を信仰できないなら部下にはしておけない」と告げるアクバルに
それを承諾しながらも「たまには息抜きしてくれ、女に逃げて仕事をサボってくれ」と言うビールバル
「自分は神だからそれはできない」と返すアクバルのもとをビールバルは涙ながらに去った

アクバルは完璧な君主であったが後継者問題で苦しみ、晩年は薬を使用し体を壊した
また彼の作った宗教は彼の死後すぐに廃れてしまったという



143: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2014/08/08(金) 17:32:44.91 ID:b4QKVgiP0.net
>>141
漫画だからツッコミたくないが
アクバルの父親が足を滑らせて死んだのはイスラムの祈りの時間になって、モスクに行くかその場でお祈りしようとしたのが原因



142: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2014/08/08(金) 17:23:47.17 ID:67onLssQ0.net
後味悪いっつーより切ないな
優しさでも恐怖でもヒトの対立は解決できないのか



157: 本当にあった怖い名無し 2014/08/09(土) 01:13:19.41 ID:TIU2//nxe
既出かも知れんが2013年公開の映画『鑑定士と顔のない依頼人』

堅物で自宅の肖像画コレクションしか愛せない独身老練鑑定士ヴァ―ジルはある日クレアという若い女から大量の美術品鑑定を依頼される。両親が残した屋敷のガラクタをまるごと競りにかけて処分したい、というもの。
が、肝心のクレアがなかなか姿を現さず不躾なのでヴァ―ジルは度々依頼を断ろうとするが、なんだかんだで仕事を進める。

そのうちクレアが広場恐怖症なのだと知る。依然姿を現さない彼女に恋心を抱き始め、二人とも内面から変わり始める。
親友の青年機械修理士ロバートの助言もあって最終的にはみごとクレアと結婚。孫ほどの歳が離れた女との初婚に舞い上がるヴァ―ジル。これを機に仕事も辞め、幸せな余生を過ごそうとする。
しかし最後の仕事を終えて家に帰ってきた彼を待っていたのは、もぬけの殻となった肖像画コレクション(=二次元嫁たち)ルームだった。

妻にコレクションを持って行かれた(=結婚詐欺をかけられた)彼は急いでクレアの屋敷へ行くが、なぜか以前にはなかった太い鎖がかかっている。何度か来た事のある向かいの喫茶店で事情を聞くと、いつも窓際に座っている記憶力抜群の小人いわく、
あなたは70回近く屋敷を出入りし、向かいの屋敷の女は200回以上外に出た、と。屋敷はしょっちゅう貸していて荷物運搬用のリフトをロバートとかいう若い男が造った、そしてこの小人が本物のクレアだと知る。
完全に呆然自失のヴァ―ジルは入院、いつか偽クレアがまだ自室に引きこもっていた時分に唯一再び訪れてみたいと言っていたプラハのレストランへ外出する。入口からまっすぐ見える一番奥の席で二人分の食事の用意をさせるシーンでfin。



160: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2014/08/09(土) 07:07:19.30 ID:qOJVHQJY0.net
グランドジャンプに連載されている「不能犯」という漫画の最新話

この漫画の主人公はいわゆる暗殺者で、他人の「思い込み」を操る能力を持っている。
(玩具のナイフで刺しただけで本当に刺されたような怪我をするなど)
毎回、殺人を依頼され、大金を報酬に標的をその能力で殺す、という流れ。

あるギャンブル好きな男がおり、ある日会社の後輩と共同で購入した宝くじが当選する。
男には幼い息子がいるものの、現在難病にかかっており、手術しなければ助からないのだが、その費用があまりにも高額だった。
しかし、宝くじのお金があれば後輩と半分で分けても手術代には喜んで足りるという事で急いで当たりクジを持っている後輩のところへ向かう。

しかし、後輩は「あの宝くじ当たってませんでしたよ」と一方的に突っぱねる。
見間違えだったのかと思う男だったが、後輩が電話で「宝くじで大金当たったからパーッと使おうぜ」みたいな事を話しているのを聞いてしまう。
怒った男は主人公に後輩の殺人を依頼し、当たりクジを奪う事にする。
主人公は自らの能力を利用して後輩を殺害し、当たりクジを奪う。
男は喜んで当たりクジを換金するが、依頼料として主人公にほとんど持ってかれてしまい、結局手術費に足りなくなってしまった。

悩んだ男は競馬で増やそうと全額つぎ込むも、結局すってしまう。
「こんなはずじゃなかった…」と絶望しながら帰宅する男だったが、そんな男に妻は嬉しそうに話す。
「貴方が後輩さんと一緒に買った宝くじが当選したんだけど、後輩さん息子の手術費のために全額寄付してくれるんですって!」と。
更に後輩が男に嘘を付いたのは、男がギャンブル好きな事を知っており、大金を渡したらそれをギャンブルに使ってしまうのではないか、という危惧のためだったと。
それを聞いて、後輩が話していたのが自分の妻だった事に気付き、自分が余計な事をしたせいで息子が助からなくなった事に更に絶望する。

その後、「もうこれしか方法がない」と再び、主人公に依頼をする男。
後日、会社で後輩と男が全く同じ方法で殺害されているのが発見される。
男にかけられていた生命保険のお陰でなんとか息子は手術を受ける事ができたらしい。



161: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2014/08/09(土) 08:20:54.33 ID:9WUPvPy00.net
>>160
乙。面白かった。正統派の後味悪い話だな



162: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2014/08/09(土) 09:14:35.79 ID:Bv4hDahP0.net
>>160
堪能したわ



166: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2014/08/09(土) 15:55:59.18 ID:KZgvLDUY0.net
こういう話聞いていつも思うんだが
医療費とか手術代ってローンでは払えないんだろうか?



168: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2014/08/09(土) 16:59:03.22 ID:XgptfhbDi.net
>>166
カード使えますか?って聞いたら自費の分は使えますと言われた



169: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2014/08/09(土) 18:38:25.89 ID:KZgvLDUY0.net
>>168
そうなんだ
それじゃ保険効かなくても何とかなりそうだね



170: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2014/08/09(土) 19:11:12.04 ID:p0brsfRz0.net
>>169
カードのリボ払いを使うくらいなら借金したほうが普通は利息が安い。
それに高額医療なんてカードの利用限度額をすぐ超えちゃう。



178: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2014/08/10(日) 00:08:56.20 ID:n1TXSFaE0.net
『文学の中の猫の話』で紹介されてた『エヴァは猫の中に』

エヴァという超美女がいた
美女にはありがちな、プライド高くてえり好みして婚期を逃しそうなタイプ
しかし彼女はまだ若いうちに、自分の美貌が自分を翻弄している事に気づいた
自分の周りで男や嫉妬した女が騒いで周囲も自分も不幸になるのは
もうまっぴらだと、若く美しいうちに自殺してしまう

しかし死んで幽霊になってから、生や生にともなう美が恋しくなる
ぶっちゃけ幽霊の自分は誰にも見えないので誰も美しいと言ってくれない
結局自分本位なエヴァは人の社会を離れ霊的空間みたいなところで一人落ち込む

ほんで誰かに乗り移って第二の人生を生きようと思いつく
→でも自分以外の人間の女は大抵自分より美しさで劣るから面白くない
→じゃあ猫に乗り移って人間に可愛い可愛いされよう
→でも猫になったら生きてるネズミ捕まえて食べなきゃならないの?
 口の中でネズミがもがいたりするの? ヤダー気持ち悪ーい
→オレンジを食べる猫になればいいんじゃない?オシャレじゃない?
 おまけに可愛い上に神秘的な猫だと余計人間にちやほやしてもらえそう

エヴァが生前飼ってた猫は多分野良猫になるか近所に拾われるかしてるだろう
その愛猫を探し出して乗り移っちゃおう
そう決意したエヴァは霊的空間を出て近所を探すがどこにも元愛猫がいない
それどころかここ本当に生前住んでた地域なのか?ってくらい風景が変わってる

自分本位なエヴァがgdgd考えているうちに人の世では三千年が過ぎていたのだ



183: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2014/08/10(日) 17:27:32.22 ID:chFdEz+r0.net
「狼と七匹の子山羊」を題材にした峰倉かずやの漫画。

子供だけで留守番していた託児所のインターホンが鳴る。
子供たちは先生が来るまで開けちゃダメって言われた、と最初は警戒していたが
ドアの向こうの声が「先生に頼まれて来たんだよ」というので開けてしまう。
一人だけ、少年が「開けちゃダメだ!」と叫んだが
時既に遅し、近所に住む頭のおかしい浪人生が「お前らがギャアギャアうるせえから俺が大学に
受からないだろうが!!ヒャハハー死ねー!!」と押し入ってきて子供たちを包丁で次々と惨殺
血の海と化した託児所にさらに放火して逃走。

最初に叫んだ少年だけが、隠れていて助かった。
しかし病院で刑事らがいくら犯人のことを聞いても虚ろな目で「わからない」「おぼえてない」の一点張り。
男か女かもわからないかと聞かれると「……オオカミ」と答える。
直前まで読んでいた絵本の内容と混同しているらしい。
あれだけの事件のあとで、しかも火にまかれて一時は昏睡状態だったので無理もないだろうと医師も言うので
それ以上のことはわからずじまいで犯人は特定できなかった。

十年後、小さな子供がふざけているのをたしなめる母親の姿。
男にぶつかってしまったので謝ると「いえいえ、かわいいお子さんじゃないですか」と言いつつも
後から何やらブツブツ文句を言う男。
その男の背後から、顔半分が火傷でただれた少年が無表情に自転車で近付いていく。
少年は鞄の中から巨大なナタを取り出した。
わからない、覚えていないなんて言ったのは嘘で
あの時の子供は犯人の顔も特徴も全部鮮明に記憶していて、自分で復讐する機会をずっと待っていた。

ニュースの音声が絵本の絵をバックに流れている。
『……○○の河川敷で発見された遺体は、T県の会社員○○さんであることが判明しました。
後頭部に刃物による外傷が見られ……
また、切り裂かれた腹部からは臓器が見つからず、数個のこぶし大の石が……』

まぁ悪い奴は死にましたって話なんだけど、色々悲惨すぎてどうにもスッキリはしなかった。



187: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2014/08/10(日) 19:29:10.92 ID:vrD0Q6g80.net
>>183
俺はスッキリ



184: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2014/08/10(日) 17:43:19.31 ID:hRSZzI6C0.net
子どもだけ放置したり、近所迷惑を省みなかったり、やな託児所だな。



226: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2014/08/13(水) 03:04:47.37 ID:CyErzf+j0.net
世にも奇妙な物語より

ある主婦(榊原郁恵)がカレーを作ってる最中に
にんにくを買い忘れていた事に気付く。
近所の八百屋に買いにいくが、店主は留守。
台所で鍋を火にかけたままだとを思い出し、
焦る余り、にんにくを持ってきてしまう。
だが、罪悪感から結局にんにくは使わず
棚に隠しておく主婦。

次の日から、万引きという罪の意識により
人々の目が気になって仕方ない主人公。
証拠隠滅のためににんにくを捨てようと
必死になるが
他の人のゴミに混ぜようとすると
口うるさいので有名な主婦に見つかり、
トラックの荷台に放り込もうとすれば
配達員に注視され……
という具合にうまくいかず、
却って近所の注目を引くことになる。

思い余って、夜中の公園で穴を掘り
にんにくを埋めるが、
犬の散歩に来た人に見咎められる。
笑ってごまかす主婦。

翌日、警官が尋ねてくる。
「あなたが埋めたんですね?」
観念して認める主婦。
その瞬間、否応なしに
手錠をかけられ驚く主婦。




227: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2014/08/13(水) 03:05:20.54 ID:CyErzf+j0.net
昨夜の犬の飼い主が不審に思い
警察に連絡。
調べた所バラバラ死体の一部が
発見されたというのだ。
玄関先には取材陣が待ち構えていた。
濡れ衣を着せられ焦る主婦。
「違います。あたしが埋めたのは……
 八百屋さんから持ってきてしまった
 にんにくなんです!」

沈黙。主婦がほっとしたのも束の間、
次の瞬間には先ほど以上の騒動となる。
逮捕された主婦の写真が紙面を飾る
号外が刷られて配布され、
TV局は特別枠を組んで
にんにくとの再会を
涙を流して喜ぶ八百屋の店主を
生中継で放送した。

ものものしい警官隊の間を護送される主婦。
「なんで?なんでにんにくなのに!?」

小学生の頃に見てひどく印象的な話でした



245: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2014/08/14(木) 09:21:42.72 ID:Z7CS2A730.net
>>226
これ覚えてるわ
BGM?の「にんにく♪にんにく♪」がすごい記憶に残ってる



228: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2014/08/13(水) 11:29:04.75 ID:IL1B56/90.net
>>227
こういう自分一人がおかしいかのような扱い受ける話は理不尽で後味悪いわ



231: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2014/08/13(水) 12:34:17.14 ID:2Zi1aqzW0.net
昔読んだマンガ。

主人公は小学校高学年の女子。ある日の昼休み、クラスメイトとドッヂボールをしていたところ、男子が投げたボールが誤って頭に当たり、気絶してしまう。
保健室で目覚めた主人公は、養護教諭や集まってきたクラスメイト一人一人の傍らに自分にしか見えない怪物がいることに気づく。

ボールをぶつけた男子は謝っているが、怪物は「まったく鈍くさいヤツだ」と吐き捨てている。
いつも仲良くしている女子は「大丈夫?」などと気づかってくれているが、怪物は「どうせわざとぶつかって気を引こうとしてる(ボールをぶつけた男子は女子にかなりの人気がある)んでしょ?」と言っている。
養護教諭も「やっと目が覚めたのね!」と嬉しそうだが、怪物は「今日は怪我した子も具合が悪い子もいなくてほっとしてたのにとんだ災難」と迷惑そうだ。

どうやら、怪物は傍らにいる人の本音を言っているようだった。



232: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2014/08/13(水) 12:35:29.95 ID:2Zi1aqzW0.net
>>231の続き

嫌になった主人公は「頭が痛い」と早退を認めてもらい帰宅する。
家にいた母親には連絡がいったため、母親が心配そうに出迎えるが、またしても怪物が傍らにいて「全然体調悪そうには見えない。仮病なんじゃないの?」と言っている。
母親にさえ信用されていないと感じた主人公はすっかり人間不信になってしまい、部屋に引きこもる。

一週間学校を休み続けた主人公。その間、毎日クラスメイトが家に見舞いに来たが、窓から見える彼らの側には相変わらず怪物がいるため主人公は追い返してしまう。
だが一週間目、今までほとんど話したことのなかった大人しい女子Aがやって来る。彼女の傍らに怪物はいなかった。



233: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2014/08/13(水) 12:37:25.35 ID:2Zi1aqzW0.net
>>232の続き

安心した主人公はAを部屋に上げ、今までのことを全て打ち明ける。
「なぜかAの側には怪物が見えない」という主人公にAは「自分で言うのも何だけど、自分の気持ちに嘘をつかないようにしてる」と返すA。
すっかり打ち解けた二人。Aは見舞いの品として手作りのケーキを主人公に勧める。

だが、ケーキを食べた主人公は急に胸が苦しくなり倒れる。
聞こえてきたのは「ごめんね。私、大きい動物を殺してみたかったの・・・」と言うAの声だった。
以前、飼育小屋のウサギが立て続けにいなくなったことを思いだす主人公。
主人公に聞こえるのは「抑え込んでいてどこにも発散できていない本音」だったため、何らかの形で自分の欲望(=本音)を満たしてきたAの真意は見抜けなかったのだ。

佐世保の事件で思い出したので投下。
「自分の気持ちに正直な奴が善人とは限らない」という話なんだが、主人公が可哀想すぎて後味悪かった。



255: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2014/08/14(木) 22:24:38.50 ID:wYqw+vTR0.net
現在NHK朝ドラの主人公・村岡花子 赤毛のアンの翻訳家として有名な方
ドラマではいろいろ美化しているけど、病弱な妻と幼い子のいる村岡氏と不倫略奪で結婚
前妻の子は、かわいそうに親戚に預けられたまま、関東大震災で死亡
しかし因果応報というか、村岡氏と花子の間にできた息子も疫痢で死亡
死亡したのは関東大震災の3年後の9月1日
奇しくも最初の妻の間にできた子と、前妻を離縁して結婚した花子氏の産んだ子の命日が同じ日
異母兄が異母弟をあの世から呼んだのかもしれない



266: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2014/08/15(金) 21:24:15.86 ID:9uc/yCxYI.net
>>255
完全に蛇足だが、村岡家に2人目以降の子供は生まれなかった。
朝ドラの原案になった伝記を書いた「孫娘」も厳密には花子が養女にした姪・みどりの娘。

正直因果応報なんて信じていないが、何かなあ・・・



273: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2014/08/15(金) 22:36:11.07 ID:RhD1Cx2Hi.net
>>255
花子が妊娠した頃、村岡夫人(先妻)は結核を患ってサナトリウム暮らし。
抗生物質の無かった当時、結核は不治の病でサナトリウム暮らしは余命宣告も同様。
周囲は
「奥さんはそう長くはないから、待て」
と説得するも、花子は
「私生児は産みたくない」
と略奪、長男(先妻の子)も養子に出して追い出す鬼畜っぷり。
なので、花子の子供が亡くなった際には
「罰が当たった」
「親の因果が子に報い」
と囁かれ誰も悲しまなかった。



284: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2014/08/16(土) 14:14:29.66 ID:vIZDTFBd0.net
>>273
胸がすく話だな。



290: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2014/08/16(土) 17:05:06.78 ID:8h3ouFdU0.net
>>273
父親の同意なしに養子に出すって可能なの?
当時はまだ家父長制が強いし、
花子が法的な手続きを一人でやるのは無理があると思うんだが。



291: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2014/08/16(土) 18:03:17.37 ID:h1tTHxAii.net
>>290
夫となった村岡は花子の言いなり状態。
親戚・知人の猛反対を押し切って、花子に迫られるまま、長男(跡取り)を養子に出した。
なので、村岡の社会的信用は失墜。
興した会社の経営は苦しく、震災が無くても倒産してたと言われている。
(有る意味、震災によって体面が保たれた)

後味悪いのは、花子の子供は何の罪は無いのに、幼くして亡くなったのに、両親以外のほとんどの人々(特に村岡家サイド)が
「死んで当然」
な扱いだった事。
因果応報なら、花子や村岡に直接下ればいいのに。



267: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2014/08/15(金) 21:35:03.85 ID:z+nMuYWRI.net
流れに全く沿ってないけど思い出したので書きます。
ケロロ軍曹より「愛と悲しみのスキヤキ」
この話は、いつもとは違いケロロ達はスキヤキを通して日向家で一家団欒をしようということになった。
ギロロとタママはスキヤキの材料の買い出しにいくことになり、ギロロは今日は特別な日だからと、特別に高い肉を買って帰った。
そして待ちに待ったスキヤキパーティ。
ケロロ達はこのときばかりは侵略のことを忘れ、みんなで仲良くスキヤキを楽しんだ。
するとケロロはクルルがこの場にいないことに気づく。
冬樹にクルルはどうしたのかと聞くと、どうやらクルルは今は手を離せないとのこと。
ケロロはクルルだけこの場にいないのはちょっとさみしいと思ったのでタママに呼んでくるように頼んだ。



268: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2014/08/15(金) 21:44:12.69 ID:z+nMuYWRI.net
>>267
そして現れたクルル。
クルルは楽しそうにしているケロロ達を見て、面白くねえなあと思う。
するとクルルは特製クルルカレー(甘口)を取り出した。
そしてそれを鍋の中にぶち込み、肉(全部)と一緒にぐちゃぐちゃに混ぜ、口の中に頬張った。
そしてクルルは「あー面白え、あと俺スキヤキ嫌いなんだよね」と言っていなくなってしまった。



271: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2014/08/15(金) 21:56:26.97 ID:z+nMuYWRI.net
それを見た夏実は激怒。
やっぱり侵略者なんかとは一緒にスキヤキなんか食べれるわけなかったんだと涙ながらに叫んだ。
それを聞いてケロロ、侵略者としてのなにかを思い出す。
「そうだ、我々は侵略者だったのだ。そんな大事なことを忘れてなにをスキヤキなんか食べているのだ!」
あとはいつもの流れ。みんなで共鳴→侵略するぞー→夏実に怒られる→
すいませんでしたー→終わり。

なんかあんまりないほのぼのしたいい回だなあっておもったんだけど、最後のクルルのせいで全部台無しになっててなんか嫌だった。
そのあとも誰が原因でクルルを連れてきたのかで揉めてるしで夏実泣いてるしで面白いけど嫌な話だった。



281: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2014/08/16(土) 14:09:54.38 ID:wy4G5aBi0.net
女→女への執着と独占欲を描いた
92年アメリカ映画「ルームメイト」 1/4

主人公のアリーは都会的で美しい女性。仕事も順調でまだ若いがキャリアがある。
ニューヨークの高級マンションで恋人のサムと同棲していたが
前妻とまだ関係を持っていたサムに怒ってマンションから追い出す。
傷心と家賃の為に新しいルームメイトを募集し、応募のあった数名からヘディという女性を選んだ。

ヘディは少しやぼったい感じの地味で内気な女性。ふたりは少しづつ信頼と友情を築く。
一方、主人公に追い出されたサムはホテル暮らしを始め、アリーとの復縁を度々申し出ている。
アリー宛の手紙を書いて出したり留守電に何度もメッセージを残していたのだが
それらの全てはヘディが隠蔽していて当のアリーは何も知らずにいた。



282: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2014/08/16(土) 14:11:51.12 ID:wy4G5aBi0.net
「ルームメイト」 2/4

ある日、ヘディはアリーに無断でペットショップから子犬を買ってきてしまう。
アリーが動物好きなため「彼女に好かれようとして」の行動であった。
相談もなく購入してしまったヘディに多少思う部分があったが
子犬に名前をつけ2人で飼うことを決める。

そしてサムがいよいよ自宅へやってきて、アリー本人に直接復縁を申し出る。
手紙も留守電も無視された件をアリーに話すサム。
誤解やすれ違いを解消してサムとアリーは元鞘に納まった。

だがそれを知ったヘディは激情が込み上げる。
愛犬はペット好きのアリーに好かれたいが為に購入した道具であり、
「このバカ犬が!」と怒鳴りながら子犬を蹴飛ばし始める。

ヘディの激情をよそにアリーは恋も仕事も順調で、ついにサムにプロポーズされ結婚の日取りも決まった。
そんな時にヘディは子犬をマンションの窓から落として殺し、
幸せ気分のアリーの気をこちらへ向かせる行動に出た。



283: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2014/08/16(土) 14:14:26.73 ID:wy4G5aBi0.net
「ルームメイト」 3/4

愛犬の転落死にヘディへの疑惑と疑問が根付く。
さらにヘディのクローゼットの中に探していた自分の洋服を何着も見つける。
ヘディが美容室でアリーそっくりの髪型と髪の色に変え
洋服も無断でアリーのもの着て街を歩き
自分そっくりに物真似を始めだしたヘディに恐怖を覚える。

アリーはクローゼットの中から双子の姉妹の写真と、サムからアリー宛に送られて来ていた手紙を見つける。
ヘディは双子の片割れであり、片方は9歳の時に水死している事実を知ることとなる。
アリーそっくりに変身したのは恐らく双子姉妹のようになりたかった為だと思うが作中では語られていない。

不安にかられた主人公は友人のグラハムに相談を持ち掛けるがヘディに筒抜けであった。
すぐにヘディはグラハムを殺害する。
そして真夜中にアリーの姿をしてサムが寝泊りするホテルへ向かい、暗闇の中でサムに夜這いをかける。
「アリーと別れて前妻とヨリを戻せ」と言う言葉を拒否され
激高したヘディはピンヒールの尖った部分でサムの顔を殴り瀕死に追い込む。

その足で自宅へ戻った彼女はアリーをリビングの椅子に縛りつけ、自分はニューヨークを逃亡しようと準備を始める。
この時点ではアリーだけは殺したくない様子を見せるが、
友人グラハムと恋人サムがこのルームメイトによって殺害された事実を知ったアリーは平常心ではいられない。



285: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2014/08/16(土) 14:16:30.38 ID:wy4G5aBi0.net
「ルームメイト」 4/4

ヘディの居ない隙になんとか足先でTVのリモコンを音量最大にして苦情が来るように仕向け、警察に駆け込もうとしたが失敗。
ヘディに見つかって首筋にナイフを突きつけられこう言われる。
「あなたの為にサムを殺ったのに。なぜわからないの?」

アリーは次の作戦を考える。
「飛行機で一緒に遠くへ逃げましょう」とヘディに提案する主人公。
ネットで航空チケットの予約を取る振りをして救助メールを送ろうとしたのだが、再度ヘディに見破られ失敗に終わる。

アリーへの異常なまでの強い執着と
自分を出し抜き警察に駆け込もうとするアリー。
思い通りにならないアリーにヘディの感情は殺意へ傾き「もう殺すしかない」と決断する。

ここから女同士の命を懸けた死闘が始まる。
死に掛けたものの死んではいなかったサムの登場によりなんとかヘディを倒すことが出来て終わる。



286: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2014/08/16(土) 14:25:24.59 ID:wy4G5aBi0.net
「ルームメイト」で個人的に後味悪いと感じた箇所。長くて申し訳ない。

アリーが
恋人と仲直りできた途端、やはりというか当然なのか、
途端にヘディの存在を重荷に感じる描写が実にリアル。
(結婚もするしヘディにはどうやって出ていって貰おうか)と2人で悩むシーンもある。

彼氏もいないダサめなヘディに対し、自分は恋も仕事も順調な引け目なのか
思う部分があっても直接アリーはヘディに強く言えないでいる。
ニューヨークの都会的で男に混ざってしっかり外で働くアリーにしては
曖昧で腫れ物に触れるような言動を選ぶ。

ルームメイトの応募に訪れた女性達はみな白人女性であり、
中にはアリーと気が合いそうな都会的でモデルのような女性もいた。
わざわざ明らかにやぼったいヘディを選んだ理由もなんだかピンと来ない。

ちょっとしたハプニングからその日のうちに友情が芽生えた感じではあったが
女性特有の「対等になりそうな同性よりも、優越感を感じれる相手を選んだ」この無意識さが働いたようにも見えてしまう。
事実、サムはヘディに夜這いをかけられてもヘディには全く靡かなかった。

動物好きなアリーに気にいられたいが為の手段と道具であった子犬の末路も気の毒だ。
自分が勝手に買ったくせに、『サムほどはアリーの気を引けない子犬を価値ナシ』と冷酷に判断し、

最初はアリーだけは殺したくないような態度だったのだが
度重なる裏切り(当然アリーはヘディから逃げ出して警察に駆け込みたい一心である)に
『アリーでさえも、もはや価値が無くなった』と感じるヘディも恐ろしいし哀れだし後味悪い。

ヘディにとって「双子」がテーマでもあるようだが
容姿も性格も最初から何もかも似ていないアリーに勝手にシンパシーを感じ、ここまで執着する理由もハッキリしない。
恋人のサムが前妻とまだ関係を持っていたことがそもそもの原因であり
例え縁を切って仲直りしたにしても、最初に両天秤かけられていたのは事実で、そんな男でいいのか?とモヤモヤする。
だからと言って同性であるヘディが良いとも思わないし…。



370: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2014/08/21(木) 13:01:30.44 ID:hC2XfvOk0.net
うろ覚えだけど数年前やってた上川隆也の刑事ドラマで
復讐を果たすために凶行を行っていた犯人を復讐達成目前で追い詰める
脇役の刑事さんが珍しく活躍し長々と復讐を否定し感動的な説教
犯人が拘束されたと思いきや手にした銃が脇役の刑事さんに命中。
脇役の刑事さんは死亡、犯人は復讐も果たせず関係の無い人を殺してしまって逮捕

脇役殺してお涙頂戴したいのだろうがここまで酷い在庫処理をするとは…と思った
身勝手な正義を振りかざして復讐という罪を負おうとしてる者を止めにかかり、
結果自分が命を落とし犯人に殺人の罪を負わせた脇役警官の糞さに腹が立った



371: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2014/08/21(木) 13:09:36.95 ID:8KFKu+kzO.net
>>370
遺留捜査の田中哲司退場回かな。うろ覚えだが。

テレ朝の刑事物や2サスが好きで良く見ているが、
後味悪い話、結構あるよね。気絶させられてEDまで放置された女優とかw



397: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2014/08/22(金) 17:36:26.66 ID:gtZAbW9w0.net
「スイートライフ オンクルーズ」っていう海外のコメディードラマの1エピソードがモヤモヤした


豪華客船で日々面白おかしく暮らす双子の兄(馬鹿)と弟(秀才)
ある日、500年後の未来からロボットが現れ、兄を抹殺しようと襲いかかる
ロボットが言うには、500年後、兄の子孫(馬鹿)の愚行により星間戦争が勃発寸前で、それを回避するには兄を殺して歴史改変しなければならないらしい
兄弟はロボットと交渉し、自分達で問題を解決すべく500年後の未来へと向かう。同じく豪華客船で暮らす仲間たち(馬鹿揃い)も兄弟に同行する

未来では、兄の子孫のせいで宇宙船がコントロール不能になり、異星人(スイッチ一つで人類を滅亡させられる)の惑星へと進行している状況だった
弟は宇宙船を修理しようと奮闘するも、馬鹿な兄のせいでことごとく失敗。宇宙船は倍の速度で異星人の惑星へと急接近する
仲間たちが必死の交渉で異星人をなだめようとするも、馬鹿なのでむしろ逆に異星人の機嫌を損ねさせてしまう
さらに、右折しながら左のウインカーを点滅させてしまい、異星人を完全に怒らせる
異星人の軍隊が人類の宇宙船へと乗り込んでくる
だが、現れた異星人は蟻の様に小さな身体をしていた
兄弟と仲間たちは靴を手に持って異星人たちをバンバンと叩き殺しまくる
なんとその叩く衝撃で宇宙船が治る
兄弟と仲間たちは何事も無かったかのように元の時代に戻る


馬鹿どものせいで虐殺された異星人が可哀想だったし、誰も現在の自分達の馬鹿っぷりを改めようとしないところにモヤモヤした



449: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2014/08/25(月) 16:41:30.55 ID:C5VnzYNy0.net
小学生の時に見た教育的な意味で作られたらしいアニメ
かなり昔に見たので端的にしか覚えてないけど

主人公の男の子が横スクロールの単純なゲームをしている
プレイヤーがハンターで襲ってくる動物(恐竜だったかもしれない)を倒していく内容
しかし傍で見ていたマスコット的なキャラクターが
「罪のない動物を殺すのは良くない!」とゲームをする主人公を止める
マスコットに邪魔をされたせいでプレイヤーキャラは動物に襲われゲームオーバー

するとそのゲームから動物が出てきて
地球の環境問題や動物保護について語りだす
主人公はそれを聞いて反省をする、という内容


いやいや、ゲームと現実をごっちゃにするなよ
テレビドラマなんて動物どころか毎日人が殺されてんのにw



452: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2014/08/25(月) 19:52:06.13 ID:Hn/XqgL20.net
>>449
アメトーークで博多華丸がモンハン見て「なんで罪のないモンスターを殺すんだ?」って言ってた話思いだした



457: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2014/08/25(月) 22:42:01.74 ID:I/fPArYJ0.net
>>452
たしかに家族連れの草食モンスターはあんま殺したくないw
死んだ親モンスターに子供が駆け寄って鳴くのがちょっと切ないんだよね
でもゲームと現実ごっちゃにするなっていうのはその通りだ



489: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2014/08/26(火) 23:20:56.22 ID:09Sf7SGP0.net
ショートショートの広場が星新一審査だった頃のひとつ

不思議な箱を持っている、と漠然と噂されている金持ちのところへ
一体何がどう不思議な箱なのか、雑誌記者が取材に行った

記者を応接室に通した金持ちは語り始める
子供の頃小さな箱に出会った、バッタやトカゲ等を入れてやると喜んで食べた
どう消化しているのか不明だがとにかく生き物を入れるとそのうち消えて
それが「食べている」というのだと何故か理解できた
箱は言葉を話さないが彼とは気持ちが通じ合った
彼が箱に時々さまざまな生き物を食べさせてやるかわりに
箱は不思議な力で彼の学業や起業をサポートし彼はこのとおり金持ちになった
最近は箱もすっかりグルメになってしまったらしい

そして金持ちは記者に、箱を紹介すると言って部屋を出て行った
しかし記者がいくら待っても金持ちは戻ってこない
いつの間にか部屋の扉や窓が消滅して密室になってる
……記者はひとつ金持ちに聞き忘れた事があったのに気がついた
それは箱の成長についてだった



552: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2014/08/29(金) 00:07:36.71 ID:ePvpQccl0.net
>>489で思い出した短編漫画

いじめられっ子の男の子は奇妙な卵を拾う
好きな女の子の気を引きたくて、その卵を見せる。女の子は卵に興味深々
卵からは小さな怪物が生まれた
「可愛い! 見て、この子、わたしたちをパパとママだと思ってる!」
女の子はその怪物に夢中になった
二人でその怪物を育てた
大きく成長した怪物は町を破壊し大勢の人を殺した
男の子と女の子の両親もいじめっ子も皆死んだ
その町で生き残っているのは男の子と女の子の二人だけになった
女の子は泣いていたが、男の子は密かにドキドキと興奮していた

二人は引っ越すことになり、涙ながらに離ればなれになった

暫くして、男の子は女の子に会いに行った
女の子は他の男の子と親密そうだった

「あれからずっと、僕はあの卵を探した続けている。今もう一度あいつが必要なんだ」
男の子が暗い森の中をさ迷っているシーンで終わり



505: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2014/08/27(水) 08:01:25.25 ID:Jl8AcncmI.net
名探偵コナンの初期に連載、放映されたお話
ピアノソナタ『月光』殺人事件
幼い頃に、麻薬の密売をバラされたく無いために密売に関与してた連中に父親を口封じで殺され、更に母親と妹も巻き添えで殺された
当時入院していて被害を免れた犯人は性別を偽り、女医として地元に舞い戻って来る。そしてたまたま前村長に正体がバレ、錯乱した村長がベラベラと事件の事を話す
その時村長が心臓発作で死んだのを利用し、残りの犯人達にも復讐を決意する。
女医としての立場を上手く利用し、事件現場を遺体検査とかこつけて撹乱したり、死亡推定時刻を誤魔化したり、更に女性だと思われる事で男性にしか不可能だと思われる殺し方をすることで警察の捜査の目を掻い潜る

しかし、2枚の現場写真の違いから関与がバレ、その正体もコナンにバレてしまう
小五郎の声を使って推理していたコナンだったが、いつの間にかに犯人は逃走、公民館に立て篭もり火を付けてピアノを引き出す
追ってきたコナンに『お前はまともになれ』という父親の遺言を伝えられる。しかしもう自分は家族を殺した犯人達と同じく手を汚してしまった
説得するコナンを窓から放り投げ、ピアノを演奏し、『ありがとな、小さな探偵さん』とコナンにメッセージを送った。そして焼け落ちる公民館の中で月光を弾き続けるのだった



506: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2014/08/27(水) 08:06:45.29 ID:Jl8AcncmI.net
コナンが唯一自殺を許してしまった犯人。この事はコナンも後に引きずって行く事になります

この話は1時間、つまり今で言う二話構成な訳ですが、ハッキリ言って一時間半、3話くらいは使っても良いクオリティでした
当時のアニメも、ちょっと無理矢理詰め込んだ感がありましたね。
小学生の頃に原作を読んだ身としては、意外な犯人、重い動機で衝撃を受けました



507: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2014/08/27(水) 08:09:50.92 ID:I4L9jKUy0.net
それが(金田一への当て付けめいた)
「犯人を自殺させる探偵は人殺しと同じ」につながるのかと思うと深いな



508: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2014/08/27(水) 08:12:33.79 ID:JCKyAdOTi.net
金田一のやつ書こうと思ったら書かれてた
包帯男の事件の時だよね



509: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2014/08/27(水) 08:36:23.02 ID:1eAqNWN/0.net
浦安鉄銀家族で思い出した話

主人公のママが冷蔵庫の裏を掃除していると、年季がかって変色したり風化した謎のゴミが次々と出てくる
ママはそれらを一つ一つ観察し、正体が何なのかを突き止めていく

主人公が隠した赤点のテスト用紙
長女が食べ残してこっそり捨てていたパンの耳
夫が禁煙を破って隠れて吸っていた大量の煙草の吸殻
夫が葬式当日に無くした喪服用ネクタイ(仕方なくシャツに墨でネクタイを描いて葬式に出た)
夫が横着で放り込んだ赤子の汚れたオムツ
長男が飼っていたモルモットの白骨死体(夫が虐めたせいで行方不明になってた)
お爺ちゃんの入れ歯

ママは家族の駄目人間っぷりに飽きれ、「この家でまともなのは私一人だ」と悪態をつく

最後に出てきたのは、黒く変色した丸くて平たい謎の物体
「おぼん?フリスビー?」
衝撃をあたえると謎の物体はパカッとキレイに割れて複数の三角形の物体になる
「分かった、ピザだわ!」
ママは過去を回想する

主人公の友達が何人も家に遊びに来ていた時、ママは主人公達のために宅配ピザを注文した
しかし子供たちは届いたピザをフリスビーの様に投げて遊び始め、いつの間にか無くしてしまっていたのだ

「冷蔵庫の裏に入り込んでたのね」
そしてママはさらに続きを思い出す

あの日、ピザが消えたと知ったママは、その場に居た友達の一人(大食漢の肥満児)に「ピザを食べた」という容疑をかけて尋問し、「僕じゃないプー」と泣きじゃくる友達を、「こんなことするのは○○君以外にはいないのよ?」と決め付けたのだ

全てを思い出したママはその場で頭を抱えて「○○君ごめんなさーい!」と泣き叫ぶ



537: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2014/08/28(木) 14:14:27.93 ID:Blyti6goI.net
江戸川乱歩の『暗黒星』って話かな。

とある金持ち一家の一人息子が命を狙われてる気配を感じ、長男は明智小五郎に相談し、一旦家に帰る
しかしその後明智の元に息子から電話がかかってくる。電話の向こう側からは息子が誰かと争っている音が聞こえてくる
明智は急いで息子の家まで行くと息子が顔から血を流して倒れている。どうやら目を切られそうになったようだ

その場に居た謎の格好をした犯人を追いかけるも撒かれてしまう。明智は警護の為に家に泊まる事になった
そしてその晩、母親が浴室で刺殺される。その後も事件は続き、今度は中学生の妹が銃殺されてしまう。そして唐突に行方不明になる姉。犯人は姉か?息子は最早明智の助手ポジション
更に今度は姉の恋人も銃殺される。警察では姉が犯人という方向性で捜査をしていた
すると今度は父親と息子が同時に行方不明になる。これで一家全員消えた訳だが明智の捜索により、監禁されていた姉と父親が発見される。
息子も別の場所に監禁されていたが救出される。



538: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2014/08/28(木) 14:15:29.23 ID:Blyti6goI.net
救出された息子に明智は今回の事件を披露する事になる。そして犯人の名前は他ならぬ息子の名前だった。
何らかの証拠を突きつけて自白するけどその点は省略
そして動機の自白タイムに移る

実は息子は本当の子どもではなく、産まれた頃に、父親に恨みを持つ男(こっちが実父)によってすり替えられた子どもだったのだ。息子が小学校に上がった頃、実父がその前に現れ、今の父親への復讐をする様に教える。
つまり実父は父親の家庭を内側から崩壊させる事で復讐を果たそうとしたのだ。
結果、息子はその実父の思いに答えたのだった。そして警察に連行され物語は終わる



539: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2014/08/28(木) 14:18:16.22 ID:Blyti6goI.net
納得がいかないのは息子が見ず知らずの人間(実父)の話を簡単に信じ、今の家族を殺した事
DNA検査も出来ないご時世、どうやって実父の話を信じ込む事が出来たのか、それに今の家族とは普通に仲が良かったのだから、本当に家族じゃないって分かったとしても、手に掛ける必要性が分からなかった
もし実父の話が嘘だったら相当後味が悪くなるなぁ、と感じる作品



570: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2014/08/29(金) 23:09:20.91 ID:AqPR9jnq0.net
思い出した飛行機事故の実話。又聞きだから詳しくは知らん

飛行機の中で何らかの事故が発生して、機内の酸素が殆ど無くなる
乗客はおろか機長まで酸欠で意識不明になる
その間も飛行機は飛び続け、他国の都市へ近付く
他国の戦闘機が発進し、飛行機に警告を発する

ただ一人意識があったプロドロモさんは(ダイバーの資格持ちで酸欠に耐性があったらしい)、意識不明の恋人を必死に介抱した後、飛行機を無事着陸させるべく操縦室へ向かう
でも操縦室の扉には鍵がかかっていて、開くのに時間がかかる
プロドロモさんは扉を破壊して操縦室にたどり着くけど、既に燃料が殆ど無くなってて、着陸は不可能の状態
このままだと戦闘機に撃墜されるか、都市に墜落する
プロドロモさんは最後に操縦桿を傾けて飛行機の進行方向を都市から外す
飛行機は山に衝突。乗客、乗員の全員が死亡した


この話聞いて凄い壮絶な気分になったわ



571: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2014/08/29(金) 23:18:57.82 ID:UTOdMya30.net
>>570
ヘリオス航空522便の話だね。
確か原因は与圧スイッチの切り替えミスだったはず。
後味悪いというより切なくてやるせない話だった。

これに限らず、大きな事故の話は往々にして切ない。
冬のポトマック川に旅客機が墜落して、
氷の浮かぶ冷たい川の中、
なんとか生き残った数名の生存者がいた。
そのとき、他の人に救助ロープを譲り続けて亡くなった人がいたんだけど、
見ていてものすごくやるせない気持ちになった。



556: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/@\(^o^)/ 2014/08/29(金) 13:30:01.92 ID:tiajhK5R0.net
伊集院のラジオの空脳ってコーナーで気持ち悪いのがあった

七月三十日の放送のヤツなんだけど


僕=投稿者

幼少期、母が僕(投稿者)を自転車の後ろに乗せて保育園に送っていた頃の話。
 月に2・3回、母がピエロになっていた。
朝食時はいつもの母なのだが、僕が食べ終わって先に外で待っていると、ごくたまに母がピエロになって出てくる。
 髪型服装はいつもの母だが顔は白塗りで、星やダイヤのマークが描かれており、非常に恐ろしかった。

 僕は昔からピエロが大の苦手で、レストランのピエロのキャラクターや遊園地のピエロを見かけただけで泣き喚くほどだった。
ピエロ母はいかにもいつもの母のように振る舞う、なので僕は子供心に「ピエロメイクの事を尋ねたら、絶対に良いことが起きない」と思い、そのことに触れることは無かった。
通園中は母の顔を見るのが嫌で、ずっと下を向いて後ろを歩き、気がつくと保育園に着いているという流れだった。

一体何がきっかけで母がピエロになるのか分からず、子供ながらに憂鬱だったのを覚えている。
そんなこともあり母の事が凄く嫌いだった。
しかし、成長するにつれ母がピエロになる回数は減っていき、年長組になる頃にはピエロになる事はなくなった。

 先日21歳になり、その事をこっそり父に話すと「バカ言え、あの頃送り迎えをしていたのは無職だった俺だぞ?」と言われる。
 話によると僕が保育園生だった頃父は無職で毎日送り迎えをしていて、母は朝から晩まで派遣社員として働いており、一緒に朝食を食べる事など無かったという。
 しかし僕はあの頃の事を鮮明に覚えており、記憶違いでは無いと思っている。
 ちなみにこの事はまだ母には言っていない。



557: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2014/08/29(金) 14:29:56.74 ID:hHauL9xV0.net
後味悪いってか純粋に怖い



559: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2014/08/29(金) 17:35:38.60 ID:4JcXXYSa0.net
こどもの頃って勘違いや思い込みが真実になってしまうからな
俺も自動操縦で動く車に乗った夢を何度か見て、小五くらいまで車は行き先を指定すれば自動動くもんだと思ってた
思い返すと凄く馬鹿だ



560: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2014/08/29(金) 19:41:12.33 ID:7bfbnVKM0.net
自分も子供の頃に映画「IT」を見てしまったせいでピエロが怖かったな。
本物はもちろん、人形とかもダメだったし、何よりマクドナルドのドナルドが本気で怖かったw



607: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2014/08/31(日) 12:39:26.99 ID:QSrj4fF60.net
温水洋一が主演してた「カミ様、もう少しだけ」みたいな題名の、短いドラマ

凄い血相で自宅に帰ってきた温水。その手には何かが入った袋が握られている
温水は妻の遺影が飾られた仏壇の前に立ち、袋の中から七つのドラゴンボールを取り出す(七つ揃えると願いが叶う)
妻の遺影の前にドラゴンボールを並べ、瞳を閉じて一心不乱に呪文を唱え始める温水
やがてドラゴンボールがまばゆい光を放ち始める
光が消え、温水は目を開く
温水の頭髪はフサフサに成っていた
温水は大喜びし、喜びを分かち合うかのように妻の遺影を抱いて小躍りする

奥さん生き返らす話じゃなかったんかーい、って思った



609: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2014/08/31(日) 12:47:36.29 ID:GyyBIfJs0.net
>>607
普通に面白いw



633: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2014/09/01(月) 01:39:04.63 ID:kGBPdhyn0.net
原作のアメージングスパイダーマンの最終回

余命わずかと宣告され、対スパイダーマンの最後の策に出た天才科学者オクトパス
死ぬ前に宿敵だったスパイダーマンと面会したいと言いスパイダーマンをおびき寄せ
オクトパスは自身が開発した機械でスパイダーマンと自分の精神を入れ替えることに成功
スパイダーマンの体になったオクトパスは早々と刑務所から逃走する
オクトパスの体になったスパイダーマンはオクトパスの身体の記憶を呼び起こし入れ替わりの機械の仕組みを知る
入れ替わりたい対象の首筋に特殊な機械を刺せばいいのだ
そこでスパイダーマンは同じ刑務所で捕まっている奴らに、脱獄させてくれたら多額の金を払うと言い、協力してもらい脱獄に成功

ニューヨークの街を舞台に始まるスパイダーマンとオクトパスの最終決戦
長年の戦いでお互いの手の内を知り尽くしているうえ、今では記憶すら共有した二人は互いに裏をかきあうばかり
なんとかスパイダーマンはオクトパスのすきを突き機械を首筋に刺しいれる
しかし、スパイダーマンの予想に反して伝わる硬い感触
スパイダーマンの行動を読んでいたオクトパスは首筋にカーボンプロテクターを装備していたのだ

万策尽き、危篤状態の身体で戦っていたスパイダーマンも自分の敗北と最後の時が訪れを知るが
最後の力を振り絞り、自分がしたように、オクトパスにスパイダーマンの記憶を呼び起させる
オクトパスはそれで、スパイダーマンの記憶を追体験する
大切な人たちを守れなかった苦しみ、ヒーローとしての責任、正義への考え
今までスパイダーマンが戦った絶望的な戦いの記憶
「何故、どうしてここまでやれるんだ」オクトパスが苦しむ
スパイダーマンは言う
「大いなる力には大いなる責任が伴うから」
「これで君はスパイダーマンだ。最後のお願いだ、僕の友人たちを守ってくれ...それこそが僕の...」

スパイダーマンの亡骸の前で、オクトパスは決意を固める
「さらばスパイダーマン、君の意志は私が引き継いだ。私は誓う、この世界を悪人には渡さないと」
「私の才能と熱意の全てをつぎ込み、君以上に優れた(Superior)スパイダーマンになると!」

こうしてアメージングスパイダーマンは終わり
その次以降の話からは、Superior Spider-manの連載が始まるのであった



661: 1/2@\(^o^)/ 2014/09/02(火) 16:06:48.75 ID:owdgzS/W0.net
ジョナサン・キャロルの短編「卒業生」

32才で、妻も可愛い子もいて仕事も順調な男性が主人公。
ある日男性が朝目覚めると、高校時代の寮の部屋だった。
同室だったクラスメートが寝坊したと騒いでる。
ああ夢なんだと思う主人公。
この私立高校時代の思い出はあまりよくないらしい。

そのうち目が覚めるだろうと思って適当に合わせた。
着替えて授業に出る。
クラスは高校時代のそのまま、嫌な教師もそのまま。
自分だけが32才になっており、誰もそれを気にしないという夢独特の世界に思えた。

ところがいつまでたっても目が覚めない。
授業内容も今となってはほとんどついていけないし
高校生よりも遥かに体力が落ちた身体で体育の授業も受ける。
心臓が破裂しそうな苦しみ。でも目は覚めない。

その日一日を過ごし、寮のベッドに入る。
次に目が覚めたらさすがにいつも通りの世界だろうと思って寝る。



662: 2/2@\(^o^)/ 2014/09/02(火) 16:07:28.74 ID:owdgzS/W0.net
目が覚めてもまだ、寮の部屋。
それが続きさすがに気が狂いそうになる主人公。
自分の32才の容貌を指し示しながら教師やクラスメートに
自分はここの卒業生でもう32才になるのだと主張しても相手にされない。
おかしくなったのか?みたいな目で見られる。精神病を疑われる。
クラスメートが15年後にどうしているかも言えるのに。

テストで酷い点をとり、体育の授業でめちゃくちゃにされる主人公。
でも目は覚めない。
 
ある時ふっと気付く。
家に電話してみるとどうだ。妻が、幼い娘がいればそれが証明となる。
(結婚したのは高校を卒業し大学を出てからだったんだと思う)

電話口には「パパー」という幼い娘の声。
喜びと安心。幸せな気持ちで娘と話し妻と代わる。

「ひさしぶり、学校はどう?」

凍り付く主人公。
電話の向こうでは妻が心配そうに言っている。
「どうしたの?具合が悪いの? あなた・・・微積分のテスト赤点だったの?」

そっと受話器をおく主人公。
しばらく動かずにいたがやがてしっかりとした足取りで図書室に向かい
差し迫っている討論会の参考書を探すのだった。



以上です。
終わらない夢が一番の恐怖だー



668: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2014/09/02(火) 22:45:29.87 ID:IZO+CduB0.net
さっきまでナイナイアンサーでやってた旭道山と母親の話が後味最悪過ぎた
田舎でスナック勤めの母親と暮らしていたが母親が次々と子供を産んで面倒を旭道山に見させる
その為欲しい物は何も手に入らず友達とも遊べず服もいつもボロボロで辛くて影で泣いていた
中学でバレーを始めて推薦がもらえる程の選手になり高校推薦をもらうも母親が相撲部屋に旭道山を売って中卒で相撲を始めることに

初めての給料で母親に指輪をプレゼントしたり家を買ってあげたりするも浪費癖の強い母親はまだまだ金の無心を続けすっからかんに
母親に店を持たせるもある日突然失踪して心配した旭道山が電話すると「もうあんたに面倒見てもらうのやめるわ」と言い残しそれ以来音信不通

そして番組内で再会を果たす親子、母親は涙ながらに会いたかったとかお前にもらった指輪をまだしてるとか話すが旭道山は当然「そういうの良いから」と冷たく突き放す
何故店を持たせたのに失踪したのか?という問いに「弟から邪険にされたから出ていった、本当は出ていきたくなかったの」という言い訳をかます、一切の謝罪なし
嫌な雰囲気のまま終わったかと思われたが後日母親から手紙が来て「わだかまりが溶けた」みたいな安っぽい感動で締め

番組では「遅い反抗期が来たんだよ」とか「親子の絆を取り戻せるのか」とか好き放題言ってたのが心底腹が立ったわ
無責任な輩が囃し立てる「子供はどんな親でも許して仲良くしなくてはいけない」みたいな空気が本当に嫌だ
金目当てで一度捨てた息子にすり寄ってきてるのが婆なんか突き放していいだろ



669: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2014/09/02(火) 23:05:06.98 ID:X3owBw6E0.net
あの番組は後味というより胸糞が悪い



673: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2014/09/03(水) 13:31:39.69 ID:EjmOyY5D0.net
柴田昌弘「エイプマン」

新種の病原菌によって人口が減った未来。
底辺労働力を補うため、人とサルのハイブリッド生物「エイプマン」が生み出された。

ヒロインは上流階級の我儘なお嬢様。屋敷の執事やメイド、学校の掃除夫等、
身近で働くエイプマンを憂さ晴らしに虐待するが、
行動は絶対服従しながらも精神的には屈する様子を見せないエイプマン達に微かな不安を覚える。

退屈を持て余していたある日、ヒロインは下層階級が住む下町に興味を覚え、級友達と探検に出掛ける。
下町は彼女達の知らない珍しいものばかりで楽しく過ごすが、初めて見るタコ焼きを
「不潔」と口走ったため、激怒したタコ焼き屋に袋叩きにされる。
怒りの余りタコ焼き屋が自ら剥ぎ取ったマスクの下は、エイプマンの顔だった。
ヒロインは、遺伝子レベルで人間への服従を刻まれている筈のエイプマンが人間である自分達を殴り、
周囲の人間達が止めるどころか声援を送る姿を見て混乱する。

このままでは殴り殺されるというところで執事とメイドが駆け付け救出されるが、
執事は「あなた達が抜け出したので“全市民”にマスク着用の命令が出た」と告げる。
つまりあの場に居た全員がエイプマンだった。

実はエイプマン誕生後も人間の人口は減り続け、絶滅寸前の状態になっており、
エイプマンは人間達の社会を引き継ぎ、今では人間よりも発展した新しい文明を築きつつあった。
だが社会を運営するエリート層は、他人を使い命令するという本能に反する仕事をしているため、
ストレスが溜まる。そのため彼等は主人である人間に虐待される事で、ストレス解消を図る必要があった。
ヒロイン達人間はその為に生かされており、傲慢な性格に育つように条件付けをされているのだった。

自分達が支配者どころかサル(エイプマン)に飼われ躾けられていたのだと
知ったヒロインは絶望の余り自殺を図るがその場で捕まり、麻酔を注射される。

執事は言う。「これで記憶を操作すれば、二度と抜け出そうとは考えなくなる」
「君にはまだまだ、我儘で傲慢な“お姫様”で居てもらわなくてはね…」



675: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2014/09/03(水) 19:02:55.18 ID:6E7ut5iZ0.net
でも子供の頃甘えたくても甘えられなかった人って
大人になってから親が例え金目当てでもチヤホヤしてくれるのが
嬉しくて許しちゃう人って案外多い



694: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2014/09/04(木) 13:34:17.57 ID:LpUV5F0v0.net
二十歳で事故で植物人間になったベルギー人の男性。
正確には別の症状扱いだったらしいけどここでは植物~で統一。
誰もが諦めていたが23年後、彼は奇跡的に意識を取り戻した。
脳自体は正常に近かったため現在ではパソコンを使用して意思の疎通ができる。

恐ろしいのは彼は意思や記憶が明確でベッド周辺の状況をはっきりと記憶していたこと。
下手すると
医者「もうこの患者、戻らないっすよ。やっちゃったほうがいよ。このままだと本人も苦しいし」
親族「そうねえ・・・お金もかかるしねえ」

という会話がされていたのかもしれない。ベルギーは自殺幇助が認められている国。
ここで親族が「どうぞ」と首を縦に振っていたら・・・そう思うと後味が悪い。

ちなみにこれは実話。Rom Houbenでぐぐってね。



695: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2014/09/04(木) 13:46:43.40 ID:+QBvcdtW0.net
>>694
そうかなー。
23年も治療を維持出来た=大切にされてたんだろうし、
もし自分の死を願う言葉を聞いて過ごしていたら、きっとそのまま気力を無くして死んでたと思う。
逆に周りが希望を捨てないで話しかけたりしてくれてたからこそ、
本人の身体にも変化が起きたんじゃないかなぁ。



698: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2014/09/04(木) 14:28:38.05 ID:9lJ3CXWl0.net
>>695
あんたいいこと言うな。おれ感心したわ



710: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2014/09/05(金) 09:13:40.92 ID:4cRTIxH20.net
リーガル・ハイ第二期、5話

十数年前、倒産寸前にまで経営が追い込まれた「社員は家族」がモットーの
中小文具取扱会社アジサイ・カンパニー(AC)。うだつの上がらない万年中年平社員の
田向が適当に描いた「おやじいぬ」をヤケクソでキャラクター文具商品として売り出したら
これがまさかの大ヒット。ACは大企業に上り詰めた。
しかし田向はそれ以外はむしろ窓際レベルの仕事のできなさで相変わらず平扱い。
妻と娘にもATM扱いされ肩身の狭い日々を送っていた。

そこに目をつけた古美門は田向をけしかけACと会長を訴え
25億円もの巨額のライセンス料の支払いを求める裁判を起こした。
古美門はAC社内の田向以外の「おやじいぬ」開発に関わった関係者もたきつけ
彼らも金銭をよこせと要求し社内は分裂。古美門、田向側が優勢になる。続く。



711: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2014/09/05(金) 09:20:55.44 ID:4cRTIxH20.net
AC、会長側の弁護士で古美門のライバルでもある「誰もが損をしない理想の社会」を
目指す羽生はなんとか和解に持ち込もうと1億、2億、3億と示談金を申し込むが
ことごとく却下される。古美門が仕掛けたトラップにもまんまとひっかかり
田向が勝ち多額のライセンス料を得て古美門の大勝利!

しかしおやじいぬのブームはすでに過ぎていた。ACは多額のライセンス料の支払いと
この去ったブームをカバーできずにACは傾き社員は訴訟と分裂でバラバラになる。
大金を得た田向の妻と娘は大金を得て生活が狂ってしまい田向のATM扱いは変わらなかった。

会社と家族を失ったも同然の田向は、中小企業時代のAC跡地にフラッと立ち寄った。
跡地はすでに駐車場になっており何も残っていなかった。だが同じようになんとなく
立ち寄った会長と社員達と再開するのであった。

最後にちょっと前向きだから完全に後味が悪いとはいえないけどね。



718: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2014/09/05(金) 11:33:48.56 ID:/Lnohi2wO.net
うろ覚えな短編。子供の頃講談社文庫のアンソロで読んだまでは覚えてる。

二人の入院患者。どちらも退院できる見込みはない。
一人は中庭に面した窓際、一人は奥まった位置のベッド。
窓際の男、外の様子を嬉しそうに報告する。
「花が咲いたよ。去年よりきれいだ」
「誰の見舞いに来たんだろう、きれいな娘さんが通るよ。チェックのワンピースを着た、清純そうなひとだ」
「夜のうちに雪が積もったよ。子供が雪だるまを作ってる」

窓際の男が発作を起こした夜、奥の男は気づかないふりをした。
窓際の男はナースコールのボタンを手の届かない位置に落としてしまったようだ(うろ覚え)

窓際の男が死んだので、奥の男は窓際に移りたいと訴え、許可された。
窓の外はコンクリ張りの小さな中庭。
ただの採光スペースで、花も咲かなければ誰も入らない。



731: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2014/09/05(金) 20:11:52.30 ID:UaUgPsbW0.net
「魔女の心臓」第十話。
五百年生きている魔女と喋るランタンが魔女の心臓を探して旅をしているというストーリー。
魔女は心臓が無いため死ねない。

魔女は訪れたある街で、出入許可証を受け取る。
これを持たない人間=この街で生まれ育った人間は街の外に出ることはできない。
街の入り口の近くには絞首台があり、外に出ようとした者には厳罰が与えられるという。
魔女が街を歩いていると、薄汚れた格好でそこらに生えているような花を売る一人の少女と出会った。

転んだ少女を助けたことがきっかけで話すようになった二人と一つ。
家も家族も無いが、人間生まれだけは選べないから仕方ないと言う少女。
それに悪いことばかりじゃない。今日魔女に会えたような良いことだってあると少女は笑った。

魔女が少女に道案内してもらっていると人気のない裏路地の行き止まりに突き当たり、魔女はそこで少女に刺された。
そして少女は魔女の外套と出入許可証を奪った。
この先ずっと全部を諦めながら生きていくのは嫌だ。オレは外に行く。このまま何も出来ずに生きて死ぬなら今この可能性に全てを賭ける、と少女は言って去っていった。
次のページで魔女は外套と出入許可証を役人らしき人物から受け取っていた。
絞首台の傍にはシートが掛けられ、シートからは少女の髪と手がはみ出ていた。
そのそばには小さな花が落ちていた。

その街を出て次の街へ向かう魔女に、ランタンはなぜ彼女を止めなかったのかと聞いた。
魔女は「彼女が自分の意志で選択した命の使い方を他人が否定することは出来ない。そして命を持たない私には誰よりもそれを言う資格がない」と涙を流した。

少女が某魔法少女アニメの赤い子に似てたから無意識に根はいい子なんだろうとおもってたらこんな展開……
魔女も本当は少女を止めたかっただろうし、少女も自由に街を出ることができてたらきっともっとマシな生活出来てたと思う。
でもこの街の役人は「人は生まれた街で育つのが一番」という訳わからん理由でこの制度を止める気は無さそうだし、多分これからも少女みたいに処刑される人は後を絶たないんだろうな……と。



742: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2014/09/06(土) 13:35:57.02 ID:ifwParu00.net
以前読んだ西岸良平のマンガ。

あるところに子役の少年がいた。
笑顔がトレードマークの彼はCMやドラマに引っ張りだこの人気者だった。
だが、彼は家では笑顔の練習時以外は常にムスッとしていて全く笑わない。
彼の父親は「働き過ぎなんじゃないのか?」と気遣うが、母親は「どのチャンネルを回してもうちの子の笑顔が映ってる!」と上機嫌。
おまけに「息子より稼ぎが悪いんだから文句を言うな」と言いだす始末。肝心の彼本人も何も言わないのだった。

それから数年、さすがの彼も人気に陰りが見え始めた。
困った事務所は今まで引き受けてこなかったタレントアニマルとの共演の仕事を持ってくる。
彼は子猿と共にCMに出ることになった。しかしその子猿はやんちゃな性格で、撮影中彼の顔面に飛びかかってしまう。
幸い彼にケガはなかったが、「猿まで僕をバカにしやがって!」と吐き捨てて彼が撮影を拒否してしまった。

その後、彼は「子役には珍しいキレキャラ」として再ブレイクした。
家では相変わらず無表情の彼、「どのチャンネルを回してもうちの子の怒った顔が映ってる!」と上機嫌の母親。
父親はその様子を諦めたように眺めるのだった。


せっかく少年が本心をさらけ出したのに、それすらテコ入れに利用されてしまったのが後味悪かった。



852: 1/2@\(^o^)/ 2014/09/06(土) 18:16:36.28 ID:XJGMn9gm0.net
小学生の頃読んだ短編をまとめたシリーズ本(怪談レストランみたいなやつ)で見た話
結構記憶が曖昧なので名前とか細かいところは適当


主人公は小学生の女の子A。
Aは魚が苦手なのに、なぜだか最近の食事は魚料理ばかり。
ママに文句を言うと飼い猫である子猫のミーヤと比較されて怒られる。
「ミーヤは偉いわねえ」
そういってママは魚を食べるミーヤを撫でる。
しばらくそんな生活が続いたAはあるときミーヤに話しかける。
「ミーヤはお魚大好きでうらやましい。私も猫になりたい」
そう言うとAの視界がぐるぐると回り出した。
気が付くとAの姿をした女の子がAを覗き込んでいる。
驚いて立ち上がろうとするが身体がうまく動かせない。
自分の姿を確認してAは気付く。
ミーヤと身体が入れ替わってしまったのだ。
Aと入れ替わったミーヤはニヤリと笑うと、嬉しそうにママの元へ駆けていく。

「ママ、今日の夕飯はなぁに?」
「今日は焼き魚よ」
「わーい。私お魚大好き!」
「あらあら、Aがお魚を好きないい子になってくれてママ嬉しいわ」

ミーヤになってしまったAは叫ぶ。
『ママ!違う!それは私じゃない!!』
しかし出てくる声は「にゃー!」という猫の声。

「ミーヤはどうしたのかしら?」
「きっとお腹が空いてるのよ。餌をあげなくちゃ!」

Aは焦るがどうにもできず、しばらくの間ミーヤとして過ごす。
(続く)



853: 2/3@\(^o^)/ 2014/09/06(土) 18:29:06.32 ID:XJGMn9gm0.net
改行多いって怒られたので2/3になります

(続き)
そしてある日、窓の外からAを見つめる視線に気付く。
それはしばらく前に突然姿を消したミーヤの母猫だった。
近付き、会話をする2匹。
なんと、その母猫はAよりも先に猫と入れ替わってしまっていた本物のママだった。
ママも毎日の家事に疲れ、ある日ミーヤの母猫に
「猫は気ままでいいわね。私も猫になりたいわ」
と愚痴を溢したら入れ替わってしまったのだという。
再会を喜ぶ2人。それに気付きこちらを見るママ(母猫)とA(ミーヤ)。
「ママ、私猫なんていらないわ」
「そうね、明日引き取りにくるよう保健所に電話をしておくわ」
このままでは殺されてしまうと泣くA。
そんなAにママ(本物)は元に戻る方法を教える。
2匹が寝ている間に自分の毛(この場合は猫の毛)を食べさせるのだという。

その晩Aはこっそりと部屋に入り、寝ているミーヤの口に猫の毛を入れる。
翌朝、目を覚ますとAは元通り人間の姿に戻っていた。
家の中を探してもミーヤもその母猫も姿は見えない。
どうやらもう保健所に連れて行かれたようだ。
「A!早くしないと学校に遅れるわよ!」
「はーい!」
(続く)



854: 3/3@\(^o^)/ 2014/09/06(土) 18:31:25.39 ID:XJGMn9gm0.net
(続き)
『ママもうまく元に戻れたのね!』
喜びながら急いで学校へと向かうA。

そしてその晩の夕食。
「今日はAの大好きなハンバーグよ」
「わーい!いっただったきまーす!」

ハンバーグを口にしたAは思う。
『あれ?なんだかこのハンバーグ魚臭い・・・』
ママを見ると猫のような鋭い視線をこちらに向けニヤリと笑った。
(終わり)

Aだけ助かってママは…とか
これからもAはママのふりをした猫と過ごしていくのか…とか
っていうかパパは…とか
小学生心にいろいろ考えてしばらく寝れなかった思い出



857: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2014/09/06(土) 18:56:09.44 ID:qT1kwS000.net
>>854
母猫は自分の子供まで保健所送りにしたんかな



858: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2014/09/06(土) 19:23:47.46 ID:XJGMn9gm0.net
>>857
言われてみれば元に戻った後、猫の方はどうなったのか不思議です
ハンバーグが魚臭いっていうオチと、ニヤリと笑う猫の目をしたママのイラストが印象に残ってて
そこから記憶を頼りに思い出しながら書いたので細部は間違ってるかもしれません
詳しく知ってる方がいたら補足してくれないかなと期待して書きました



898: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2014/09/08(月) 00:14:58.61 ID:Dxkn67iY0.net
O・ヘンリー「運命の道」

フランスのとある村、羊飼いの青年は恋人と喧嘩別れした
青年はその勢いで村をおん出てパリに行き、
かねてからの夢である詩人を目指すことにした
パリに向かう道を進んで行くと、左右の分かれ道に出くわした
さて、どの道を選ぶ?

右に進んだ場合…
ナントカ侯爵とその姪に出会う
侯爵は悪いやつらしい
気の毒な姪を救うため侯爵と銃で決闘する
→撃たれて死ぬEND

左に進んだ場合…
パリで一目惚れした女に手紙を頼まれるが、
それが暗殺グループの手紙だったのでとっ捕まる
暗殺ターゲットの替え玉にされる
→撃たれて死ぬEND

元の道を戻った場合…
村に戻って恋人と仲直り
結婚して羊飼って幸せに暮らす



899: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2014/09/08(月) 00:15:39.99 ID:Dxkn67iY0.net
が、詩人の夢を捨て切れず詩を書くのに没頭
羊番がおろそかになり、狼に羊とられる
貧乏になり女房ブチ切れる
書き溜めた詩を文学者に読んでもらうが、
才能がないと言われて絶望
羊番に使うと言って古道具屋の銃を買う
→銃で自殺END

どう進んでも銃で死ぬEND、それが全てナントカ侯爵の銃



900: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2014/09/08(月) 00:23:20.98 ID:pYzONhua0.net
どんな人生を作ろうと、運命の行き着く先なんか一つってことなんだな



902: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2014/09/08(月) 01:02:47.28 ID:D2ecM0Ca0.net
ガラスの仮面に出てくる「エクンドラへの道」みたいな話だな

幼馴染の恋人を捨て村を出て都会エクンドラで一旗揚げようという青年
旅の途中で道が三つに分かれていて、そこに立っている老人が
「これらの道は全てエクンドラに通じてはいるが、またどれも通じてはいない」

青年はそれから三回「この道を選ぼう→夢だったのか」を繰り返す
最初の道からエクンドラに来た場合はギャングになって裏社会人生を送っていた
二番目の道からエクンドラ入りしたらセレブ人妻と不倫の果てに頃してしまう
三番目の道からエクンドラに来た場合の人生もろくなもんじゃなかった
毎回、選んでから数年~十数年後には「こんなはずじゃなかった
こんな人生嫌だやり直したいあの時別の道を選んでたら…」と思ったら
老人の立っている分岐点に地理的にも時間的にも戻ってて「夢だったのか」と

三回も失意の人生を送った青年はついに自分の選ぶ道を見つける
前方の三本の道はどれもエクンドラという土地に通じてはいたが
自分がエクンドラに対して持っている理想の人生への道ではなかった
ならば後ろの道を選んで引き返し、幼馴染と村で幸せな一生を終えるのだ
青年は満足し希望を胸に村へと引き返していった


………そんな都会の街自体が諸悪の根元みたいに言われても
街でまともな人生送ってる人もたくさんいるんだし
主人公にDQNの素質があっただけなんじゃねーのとモヤモヤする
それに老人の正体や目的が不明のままで、主人公に三度も夢を見させたのか
実は主人公は本当にエクンドラで何十年も過ごしてたが老人に時間を巻き戻す能力が
あるのか、そのへんも不明のままで終わった



912: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2014/09/08(月) 08:17:05.90 ID:HcEQwY7V0.net
>>902読んで思い出した。

中国の伝奇小説『枕中記』。

邯鄲の街の茶店に一人の老人客が居る。店では親爺が飯を炊いている。
そこへ鍬を担いだ若い男がやって来る。まだ日が高いのに畑仕事を放り出して来たらしい。
男は席につくと「大の男が、こんな風に生きていくのか」と不平を口にする。
それを聞いた老人は白磁の枕を取り出し「まあ横になりなさい」と男に勧め、
それに従って横になると、枕に開けられた穴が次第に大きくなり、人が通れる程になり、
男はその中に入って行った。

暫く後、男は大貴族の婿になり、その推薦で官職に就く。
昇進して得意になる事もあれば、政変で左遷され、失意の底に沈む事もあった。
だが最後は宰相まで上り詰め、病気になれば宮中から医者や見舞いの使者を派遣される程に
皇帝から信任され、大勢の子供や孫たちに囲まれながら大往生を遂げる。

男は伸びをして起き上がった。見回すと、そこは元の茶店。親爺が炊いていた飯はまだ炊き上がっていない。
呆然として、枕を勧めた老人に「夢だったのか?」と尋ねると、「人生とはこうしたものだ」という返事。
それを聞いた男は老人を拝し、鍬を担いで仕事に戻って行った。



913: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2014/09/08(月) 14:08:47.26 ID:KAFyE8xc0.net
>>912
一炊の夢か。でも>>902とはだいぶ違わないか?



933: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2014/09/10(水) 17:30:10.73 ID:6lMl6EKG0.net
アンデルセン童話集より「あの女はろくでなし」
(1/2)
「ろくでなし」と言われた女性の生涯
彼女は若い頃、町長の弟と真剣な仲となり、彼と結婚の約束をした
すると先代町長夫人が彼女を呼び、それはそれは優しく話した
「あの子は、お前の見た目に夢中になっているだけなのです
 わたくしは貧しい人を尊敬していますのよ
 けれども教養が違います、その違いがお前達2人を不幸にするでしょう
 ところで、お前に心を寄せる、お前にぴったりな職人がいるのだけど…」
彼も彼女も、夫人には逆らえなかった
彼女は悩み苦しんだ末に身を引いて、職人との結婚を選んだ
町長の弟は外国へと去った

職人の夫は誠実で裕福だったが、思わぬ事故から財産を失った
貧しい中で赤ん坊を授かったが、優しい夫は重い病に倒れてしまった
彼女の懸命な看病もむなしく、夫は亡くなり、つかの間の幸せは消えた
未亡人となった彼女は、息子を育てるため、身を粉にして様々な仕事で働いた
着るものもろくになかったが、せめて息子の服は清潔にし、丁寧に繕った
息子は、身なりは貧しくとも、礼儀正しく素直な子に育った

彼女は洗濯女となり、寒い季節にも冷たい川の水に浸かって働いていた
まだ小さい息子が届けてくれる、小瓶に半分ほどの酒で、ようよう体を温めた
それを世間は「あの女は酒飲みのろくでなしだ」と陰口を叩く
町長は彼女の息子を哀れみ、声をかけた
「坊やはいい子だが、いずれ母親のように、大酒飲みのろくでなしになるだろう
 お前はかわいそうなやつだ…下々の連中ときたら、なんと嘆かわしいことか」
町長の言葉を知って、彼女は震えを抑えられなかった
「私のことはいいけれど、子供に向かって、ろくでなしになると言うなんて…」



934: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2014/09/10(水) 17:31:53.99 ID:6lMl6EKG0.net
(2/2)
町長の弟が亡くなった
彼は亡くなるまで、独身を貫いていた
働き詰めで体を悪くしていた彼女は、訃報にショックを受け、川の中に倒れてしまう
近所の親切なおばさんが肩を貸し、自宅に連れて行く途中、町長の屋敷に助けを求めた
町長は窓から見下ろし「ろくでなしが飲み過ぎたんだ」と言うだけだった
弟が亡くなったというのに、町長は屋敷で豪華なパーティを続けていた
おばさんが彼女を看病し、食べ物を持って来たが、もう食べる力もなかった
それでも彼女は少しよくなった気がして、生活のため洗濯の仕事をしに出かけた
そして再び倒れ、帰らぬ人となった
町長はこう言った
「とうとう酒で死んだな!だがろくでなしが死んで、かえって良かった
 坊やはいい子だから、これからは私が面倒見て立派に育ててやろう」

息子は母の墓前で泣いた
「優しかったお母さん…僕のお母さんは本当にろくでなしだったの!?」
おばさんが慰めた
「神様はそうおっしゃらないよ、世間には勝手に言わしておきな!」



936: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2014/09/10(水) 18:21:29.72 ID:vp7dRJ/e0.net
ちなみに更に胸糞な要素としてその話、実際のアンデルセン自身と母親がモデルらしい

僅かな食べ物はほとんどアンデルセンに与えて、自分は酒で寒さを誤魔化して体調を崩しながら働き
アンデルセンが都会に出て成功しはじめた頃、酒毒が祟って亡くなったそうな



942: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2014/09/10(水) 19:22:05.68 ID:6lMl6EKG0.net
>>936
本人の実話ベースだったのか…
作中にも「暖かい食事よりもお金がかからない」という描写ががあったな
おばさんが温めたビールにバターと砂糖を溶かして持って行くと、それは飲むんだけど、
焼きじゃがとハムをもらって来ると、匂い嗅いだだけで、息子とおばさんにあげちゃうんだよね
食べる力もなかったんだろうけど、どんなに弱ってても息子に食べさせたかったんだな…

アンデルセンも苦労人だからか、救いのないような話は割とあるよね
童話集として刊行されてるが、子供向けだけでなく、大人向けのメルヘンも多い



951: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2014/09/11(木) 00:53:18.90 ID:kZciva7M0.net
今やってる仮面ライダー鎧武

第1話で主人公の友人が行方不明になる
そんな中現れ襲いかかる怪人
だが初変身で撃破

第2話では初変身初勝利に浮かれ気味
プライベートで無意味に変身したり
コミカルな描写が目立つ

その後
初回でノリノリで撃破した怪人の正体は
アクシデント的に変貌し自我も失った友人だったと
主人公も視聴者も後から知る

探していた友人は
実は既に自分が手にかけていました、と



973: 1/2@\(^o^)/ 2014/09/11(木) 21:48:54.75 ID:NGRUVKxY0.net
子供向けの短編ホラーが数話ずつ書かれているシリーズ本で読んだ話
記憶が曖昧な部分もありますがこんな感じ

病院で意識を取り戻した小学校高学年くらいの女の子(仮にAとする)
スキーツアーに参加した帰りのバスが事故に遭って重傷を負い、長い間眠っていたのだと説明を受ける。
ツアー客はAを除いて全滅したそうだ。
鏡を見ると長かった髪は短くなっており、なんだか顔にも違和感がある。
「私ってこんな顔だったかしら?」
そう呟くAに母親は「眠っている間に自分の顔も忘れちゃったの?」と冗談っぽく笑いかける。

眠っている間に家族は別の町に引っ越しており、退院すると新しい学校での生活が始まった。
担任の先生から入院していたことの説明があったこともあり、クラスメイトとはすぐに友達になれた。
季節は夏になり、水泳の授業があった。
以前水泳を習っていたため、泳ぎに自信のあったAはプールに飛び込む。
しかし、Aは泳げなかった。脳内に知らない声が響いた。
『嫌だ!怖い!泳げない!』
溺れ掛けたAはクラスメイトに助けられプールからあがる。
「長い間眠っていたんだから、まだ調子が戻らないだけよ。元気出して」
そう、クラスメイト達は慰めるがAはさっきの声が気になっていた。
その声はそのあとも度々Aの脳内で聞こえるようになる。

またあるときは音楽の授業でピアノを前にした瞬間、Aはすばらしい演奏を始めた。
ピアノなんて習ったこともないのに、と不思議に思いつつもクラスメイトに褒められて悪い気はしない。
家に帰り、母親にそのことを話すと「不思議なこともあるものね」と言われるがなんだかお母さんの態度に違和感を感じる。
(続く)



974: 2/2@\(^o^)/ 2014/09/11(木) 21:57:52.15 ID:NGRUVKxY0.net
(続き)
ある休日、Aはクラスの友達と買い物に出かけた。
アクセサリーを見ていると突然知らない女の子に肩を叩かれた。
「B!生きてたの?」
わけがわからず反応に困っていると
「あなた誰?この子はBじゃなくてAよ。人違いじゃないかしら」
と友達が代わりに言葉を返す。
「そうなの…?ごめんね。亡くなった友達にあまりにもそっくりだったから…」
と、女の子は悲しそうに俯く。
「世界には自分にそっくりな人間が3人はいるんですって」
と答える友達。

泳げなくなっていたこと、脳内に響く誰かの声、なぜかピアノが弾けるようになったこと、そして知らない女の子に呼ばれたBという名前。
Aは医者や母親が何か隠しているんじゃないかと考える。
病院に検診にいったときに、医者と母親の会話を盗み聞きする。
「手術は成功したって言ったじゃないですか!身体に記憶が残っているなんて!」
その言葉を聞き、診察室の扉を開けるA。
「どういうことなの?」
聞かれてしまったのなら仕方がないと医者は説明を始めた。
ツアーバスが事故を起こしたとき、実は2人生き残った女の子がいた。
片方はA、そしてもう片方はBという名前だった。
Aは脳は無事だったが、身体の損傷が激しく、とてもじゃないが回復の見込みはなかった。
逆にBは身体は無事だったが、脳の損傷が激しく、こちらも回復の見込みはなかった。
それを知ったAの母親が医者に頼み込んで、Aの脳をBの身体に移植してもらったのだ。
Bの家族はバスの事故で亡くなっており、このことは医者とAの母親しか知らない。
全てを知ったAは自分の身体を抱きしめた。2人分の命の重みのある身体を。
(終わり)

途中からオチはなんとなく想像できたけど、Bの体内に残っているBの記憶やBの友達のことを考えると複雑な気分になった。
ホラー動画にも、心臓病の娘のために、たまたま自分の病院に診察にきた孤児院育ちの独り身の男性を「診察ミスがあった」と呼び出して
勝手にドナーにしちゃう話があったけど、結局男性の記憶に憑りつかれた(?)娘に包丁で刺されて父親死亡。
娘も父親に襲いかかったときに首を絞められて死亡っていう誰も救われない話だった。



979: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2014/09/12(金) 08:27:54.63 ID:+a9z2wTs0.net
映画『クラウドアトラス』
連作短編みたいな作品で、その中の1エピソード

一人の青年が音楽家に成ることを志し、貴族の親友から贈られた高価なベストを着て身分を偽り、高名な音楽家に弟子入りする
青年はスランプ状態の音楽家の作曲を手助けしつつ、そこから得たインスピレーションを元に自分のオリジナル曲「クラウドアトラス交響曲」を作曲し始めた
クラウドアトラスを聴いた音楽家は青年を誉め、「君は私の影響でこの曲を書いた。言わば、この曲は我々の合作だ」と言う。青年もそれに頷き微笑んだ

青年は音楽家に好意をよせたが、音楽家はそうではなかった。音楽家は青年の本当の身元を詳しく調べあげており、腹の底で軽蔑までしていたのだ
それを知った青年は音楽家のもとを去ろうとする。すると音楽家からクラウドアトラスを置いていくよう迫られ、「お前の正体を公表し、どこにも弟子入り出来なくする」と脅迫までされる
青年は楽譜を持って逃げようとし、音楽家と取っ組み合いになり、謝って護身用の銃で音楽家を撃ってしまう

音楽家は一命をとりとめたが、青年は警察から追われる身となる
青年はボロ宿屋に潜伏し、貧困に苦しみながら作曲を続け、そしてとうもうクラウドアトラス交響曲が完成
青年は拳銃自殺した

その直後、青年の身を案じて探しに来ていた親友がニアピンで現れる
親友は青年の死体を抱いておいおいと泣いた



980: 1/2@\(^o^)/ 2014/09/12(金) 12:50:36.48 ID:ksQ8ufIR0.net
「なんだかんだワンダー」という海外のコメディーアニメ

宇宙を気ままに旅するお調子者でお人好しのワンダーと、その相棒でおてんばでじゃじゃ馬のシルビア
ある日、二人は郵便屋の車を破壊してしまい、郵便屋に代わって積み荷の箱を送り届けることになる
郵便屋は「絶対に箱の中を見るな」と二人に警告する
好奇心旺盛なワンダーは箱の中身が気になってしかたが無い
「何が入っているのかな?……靴下かな?」
シルビアはそんなワンダーを一生懸命なだめる

道中、黒ずくめの謎の男達に「その箱を渡せ」と狙われる
ワンダーはますます箱の中身が気になって半狂乱になり、眼は血走り、体毛はボサボサ、歯はガタガタのグチャグチャで廃人の様な姿と化す

二人はようやく目的地に到着
「箱の受け取り主に会えば箱の中身を教えてもらえる!」
しかし受け取り主は不在だった
限界に達したらしいワンダーは錯乱
ワンダー「今度こそ箱の中身を見る」
シルビア「もう好きにすればいい」
ワンダーはシルビアに呆れ果てられ身限られていると気付き、いったん落ち着きを取り戻す

受け取り主「偉いぞ!ワンダー!」
なんと不在だったはずの受け取り主が現れる
受け取り主の正体は「光の支配者」という神々しい(よくわからない)存在だった



981: 2/2@\(^o^)/ 2014/09/12(金) 12:51:13.90 ID:ksQ8ufIR0.net
光の支配者「ワンダー。この試練をよく乗り切りましたね。私の話を聞いてください」
ワンダー「それで、箱の中身は何なの!?」
光の支配者「これは試練だったのです。箱の中身はからですよ。私の話を聞いてください」
ワンダー「それで、箱の中身は何なの!?」
光の支配者「ですから、からなのです。私の話を聞いてください」
ワンダー「そんなことないでしょ!?何か入ってるはずだよ!
 例えば、○○とか○○とか○○とか○○とか○○とか○○とか○○とか○○とか、
 靴下とか靴下とか靴下とか靴下とか靴下とか靴下とか靴下とか靴下とか靴下とか……ブツブツブツブツ」

シルビアは光の支配者の胸ぐらを掴み、「今すぐその箱に何か入れろ」と要求
光の支配者「支配者であるこの私に無礼な……。そんなことより話を聞いてください」
シルビアは光の支配者の腕を背中に回して捻る
光の支配者「痛い!わかりました!言う通りにします!」
光の支配者は箱の中に有り合わせのくだらない小物を入れてワンダーに見せる
満足したワンダーはいつもの元気なワンダーに元通り。シルビアと共に再び旅立つのであった


箱の中身がからだったと分かったのはいいとして、個人的には「光の支配者はワンダーに何を言いたかったの?」って新たな謎が生まれてモヤモヤした。しかも一方的に光の支配者が悪かったってことにされてるし



985: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2014/09/12(金) 18:13:12.25 ID:d8QyPrIN0.net
「絶対に見るな」ってわざわざ言われるから気になるんだと思う



986: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2014/09/12(金) 18:15:07.73 ID:kBODbgMk0.net
乙姫「浦島太郎よ。そなたに玉手箱を差し上げよう。 開けるなよ。開けるなよ。
   絶対に、開けるなよ!!!」



987: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2014/09/12(金) 19:18:01.59 ID:d8QyPrIN0.net
あれって開けなきゃどうなってたんだろうな
不老不死にでもなれたんだろうか
だとしてもそんな危険な箱だったら竜宮城で管理してくれよと思うが



991: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2014/09/12(金) 19:37:22.26 ID:qf+V8TYp0.net
>>987
小学生の頃に観た胡散臭いテレビ番組で浦島太郎の仮説やってたの思い出した

海で遭難した浦島太郎が救助されて辿り着いたのは琉球(沖縄)で、浦島太郎の歌の「絵にも描けない美しさ」とは、沖縄の透き通った海や熱帯魚や珊瑚礁のこと
玉手箱の正体は、琉球に伝わる高価な箱。琉球から玉手箱を贈られた浦島は、箱そのものの価値など知らずに、中に土産が入っていると思っていた
浦島は琉球の人々の舟で送ってもらって本土へ帰るけど、そこは浦島の故郷とは全然別の見知らぬ土地だった
琉球の人々は浦島の故郷を知らないから、全然違う所に浦島を降ろしてしまったらしい
わけがわからない浦島は取り合えず玉手箱を開けて見て、失望
それから浦島はその見知らぬ土地で暮らし、村の子供達に自分の奇妙な体験談を語って聞かせ、いつしか年をとって老人になってしまった
という仮説



997: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2014/09/12(金) 21:05:52.70 ID:i3M7YOx10.net
>>987
原典?だと老人にならずに鶴になって飛んでいって亀である姫と幸せに暮らしたで終わり
いつごろからか老人になって終わりになってしまった



【閲覧注意】おまえらに航空事故紹介したる

なりかたがわからない職業

【失笑!】思わず吹いたレス集合『あ、俺のはいいです』

涙がボロボロでる感動映画