転載元:http://toro.2ch.sc/test/read.cgi/occult/1437785102/
古代文明とか超常現象などのオカルト語ろうぜ!!!
http://blog.livedoor.jp/nwknews/archives/4790183.html
清滝


22: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2015/07/29(水) 11:50:35.43 ID:ZTIbccny0.net
霊能者のとこでバイトしてた時の不思議なこと書く
思い出しながら書くから長くなったり遅くなったりするかもだけど
暇な奴だけ読んで欲しい
大して盛り上がりもないけれど実際に俺が経験した除霊的な儀式の話

とある霊能者のとこでアシスタント初めて数ヶ月経った初夏の日
学食でダラダラしてたら霊能者に持たされたPHSが鳴った
今日の夜8時に家に来い、赤ワイン一本買って来い、と
俺は安物の赤ワインを買って指定された時刻に霊能者の家に行った



23: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2015/07/29(水) 11:56:54.64 ID:ZTIbccny0.net
霊能者の家に着くと、俺はいつもの通りに到着を知らせる裏口の横にある
ブザーのスイッチを押して来訪を知らせて、母屋の裏にある待機小屋に行く
しばらくすると霊能者が来て、俺に指示をだすってのがいつもの流れ
その日も俺が到着して部屋で待機してると霊能者がやってきた
この霊能者ってのが見た目はちょっと派手だけど普通のおばさん
デブでもブスでもなくて見た目で言えばキレイ目な40半ばくらいの女性
ただし性格はこの上なくエキセントリックだった

その日はまず車に荷物を積むように指示された
荷物の内容はゴチャゴチャ小物が入った大きいブランド物のカバンがいくつか
それと白木で作ったテーブルのようなもの
あとは除霊時のお約束グッズのラジカセだった
俺は指示の通りに仕事用のワンボックスカーに機材を積むと
霊能者を乗せて指示された場所に車を走らせた



24: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2015/07/29(水) 12:01:12.24 ID:ZTIbccny0.net
指示された場所は結構近所にある史跡的な公園というか広場のようなところ
敷地の中に資料館的なものや林やら公園的な広場があるところ
そこの来客用駐車場に車を止めると、正門のところにオッサンが立っていた
そのオッサンがここの責任者なのか依頼主なのか知らないが
うちの霊能者と話し始めた、俺は車で待機してた
手招きされて俺も呼ばれ、敷地内の丘のようなところへ車を移動させ
しばらくそこをうろついた霊能者の指示で祭壇を組み立てる



26: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2015/07/29(水) 12:10:48.89 ID:ZTIbccny0.net
そして儀式が始まった
ラジカセから流れる一定のリズムに合わせて霊能者のおばちゃんが
俺に聞こえるか聞こえないかの声でなにかつぶやきながら踊る
これはいつものことだったが、そのときは俺が買ってこさせられた
赤ワインを時折撒きながら踊ってた
そしてさほど長くもない時間、5分くらいだったんじゃないだろうか?
これもいつものことなんだけれど霊能者のテンションが上がってきて
ワインを激しく振りまいたり浴びたりしながら踊りが激しくなる

そして霊能者がワインの瓶を放り投げて急に動きを止めた
その時の俺は、今日は案外早く終わったようだ、と思っていた、が
その時霊能者が俺の方に向き直って手招きしたあとに
ゆっくりした動作で少し離れた資料館の建物を指さした



27: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2015/07/29(水) 12:13:49.36 ID:ZTIbccny0.net
資料館の外灯で薄ぼんやりと見える外壁のところに1人の女性の姿が見えた
顔まではわからないけれど黒っぽい服を着た女性がいた
俺は正直言って、イタイことしてるところを見られた恥ずかしいと瞬時に思ったが
霊能者はその女性を指さして俺にこう叫んだ
つかまえろ!!と
俺はやべえ、変態扱いされる、女性を捕まえたらワケを話して謝ろう
でも指示通りにしないと怖いのでその女性に向かって駆け出した



28: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2015/07/29(水) 12:17:14.92 ID:ZTIbccny0.net
儀式してた丘の中腹からその資料館までは100mくらいだったんじゃないかな?
その中間点位に俺がたどり着くまでその女性は動かなかった
でも、もうすこしで表情が見えそうな距離に来たところでその女性が逃げ出した
資料館の奥の方にある膝丈くらいの草が生えた藪のようなところへと
俺は足が結構早いほうだと自負していたけど結局は追いつけなかった
不思議なことにその女性は焦って逃げている感はなくて
常に一定の距離を置きながらスイスイ歩いているような感じ
ちなみに足はあったw



29: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2015/07/29(水) 12:21:42.07 ID:ZTIbccny0.net
30mくらいだろうか、その距離を保ったまま女性は藪の中に走っていく
そして俺が藪のところにたどり着いた瞬間女性が消えた
その時の俺は、うおおお、逃げられた!!と単純に思っただけだった
そしてその藪のあたりで女性が出てこないかウロウロしていると
霊能者がやってきて俺にこういった
バカだね、逃げられたじゃないか!あれが今回のターゲットだったのに
って俺に言った。
俺は普通の女性だと思ってたけど、あれは霊だったらしい



30: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2015/07/29(水) 12:28:52.65 ID:ZTIbccny0.net
霊能者はいつも俺に仕事の細かい内容は話さない
何をしてるのか?相手はなんなのか?そんなことを話してもお前には意味ないし
余計面倒くさいことになるだけだから、と霊能者はいつも俺に言ってた
でも霊能者は俺にその時はこういった
お前があれに触れてれば一番いい解決だったんだけど仕方ないね、と
俺が、でもあれは普通の人でやべえから逃げただけじゃないの?と聞き返すと
そうかもしれないね、でもお前はあれの顔が見えたかい?というようなことを言い返された
その後霊能者は、地ならし?するからと言ってその藪で塩を撒いて歩き始めた
しばらくその行為を眺めてたら霊能者が、片付けな、というので
俺は車を取りに行って荷物を積み込み正門横まで戻った



31: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2015/07/29(水) 12:34:14.79 ID:ZTIbccny0.net
出迎えた責任者に霊能者は、とりあえず終わりましたけど
また何かあったら連絡をください、と言って車に乗り込んできた
そして霊能者の家まで送り届けて片付けをし、控えの離れで待っていると
霊能者がやってきて今日はお前はヘマをしたからと言い1万だか2万だか貰った
あとは帰る前にこれを飲んでから帰れと塩っぱいお神酒をもらって飲んだ
家に帰るときに空を見ると白み始めていたから朝の4時くらいだったんだろう
その金でデニ〇ズでハンバーグ食って帰ったのを覚えている



32: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2015/07/29(水) 12:37:57.10 ID:ZTIbccny0.net
俺には霊能力なんてものはないらしい、が、霊らしきものをはっきり見たのは
今のところあれが最初で最後だし、あの時も正直アレが霊だなんて俺は思ってなかった
オカルト話や怪談は大好きだけれども俺にとっての実際の霊体験は
こんな微妙な不思議といえば不思議な話しかない
一度でいいからゲゲゲの鬼太郎やぬ~べ~やまとめで読んだ霊能者のような
冒険活劇を繰り広げてみたかったと思ってるw
おしまい



33: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2015/07/29(水) 12:47:36.28 ID:QnnuGme90.net
さりげなくその霊能者すげーやん。



34: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2015/07/29(水) 15:15:05.33 ID:ZTIbccny0.net
>>33
凄いんかね?
俺の目にはアレなおばちゃんやったよw
霊感とかある人ならいろいろ見えたんかもしれんけど
俺にとっちゃアホみたいなことばかりさせられた感しかなかった
まあ勘鋭いところは端々にある人だったけど



35: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2015/07/29(水) 16:09:56.15 ID:LR3bWj0L0.net
どうやってアシスタントになったの?



37: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2015/07/29(水) 16:26:11.26 ID:ZTIbccny0.net
>>35
占い師やってる友達のばあちゃんに紹介してもらった



46: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2015/07/29(水) 23:49:44.74 ID:nYYM+Bdu0.net
前スレで必ず助かる病室の話をしたものです。
前も母の話をしたのですが、今回も母の話をしたいと思います。

私が中学1年生の時でした。
学校から友達5人を家に連れてきて部屋で雑談等しながら遊んでいたのですが、ふとKちゃんの腕に目が行きました。
手首から腕まで切り傷がいっぱいで、特に3本程深い傷が印象的で衝撃でした。。
当時Kちゃんは学校で酷いいじめにあっていたようで、階が違う自分はよく状況を把握出来ていませんでしたが、その場にいたほかの子達に酷いいじめの内容を聞かされました。
そのいじめでリストカットに走ってしまったそうです。



47: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2015/07/29(水) 23:56:10.42 ID:nYYM+Bdu0.net
分けて書きます(´;ω;`)
そんな話を聞いているとき、突然部屋に母が入って来ました。
どうやらお菓子を持ってきてくれたみたいだったのですが、Kちゃんの腕をみた途端顔色を変えて、Kちゃんの傍により話を聞き始めました。
Kちゃんは学校であった辛いことやそのせいでリストカットをしていることを母に話しました。
すると、「大丈夫、今からこの3本の傷を治してあげる」と言い放ちました。
その場にいた全員「え?何言ってるのこの人?」って感じなのも無視して、目を閉じKちゃんの腕を摩り始めました。
変な沈黙が続いた後、「もういいよ」と摩っていた手を離しました。



48: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2015/07/30(木) 00:05:13.82 ID:Yzongfww0.net
長々とごめんなさい!続きです。
すると、一生残る程の深い傷がうっすらと色がついている程度になって遠目からは殆ど消えた状態になっていました。
友達皆で「うおおおおお!」と興奮し、その後はその話で持ち切りになりどんちゃん騒ぎしました。

母になんで消せたの?と聞くと、消せると思ったから、とだけ言われました。

その後Kちゃんのお父さんから電話でお礼の言葉とどうか自分の仕事運を見て欲しいと言われたそうですが、占い師ではないのでとお断りしたそうです。

最近、母が小学校の頃に近所にいた拝み屋さん手を握られ「治す力をあげる」と言われたのを思い出したと聞いて、書き込んで見ました。
長々とすみません(´;ω;`)



70: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2015/08/01(土) 09:09:26.63 ID:Qd8liskh0.net
流れ読まずに投下
ちょっと汚い話なので食事中の人注意
私は外出時ハンカチは持っていくけどティッシュはほとんど持っていかない。街で配ってるのももらわないんだけど、ある朝、どうしても持っていかなきゃ、と感じて夫が使ってるポケットティッシュを2個かばんに入れた。
夜遅く電車に乗ると、隣の飲み会帰りらしい学生達の一人がちょっと吐いてしまった。床が汚れ、連れの子がビニール袋を使ってなんとかきれいにしようとし始めた。
「あっ、そういうことだったんだ」と思いティッシュをあげた。汚いから手伝いはしないけどね。
それだけなんだけど、不可解なのに納得という個人的には面白い体験でした。



71: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2015/08/01(土) 09:13:32.67 ID:HlK5FROiO.net
>>70
虫の知らせだね、学生たちありがたかっただろうね
勘に従って素直にティッシュを持っていったということは
以前にも、似たような経験があったりする?



72: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2015/08/01(土) 10:31:51.66 ID:Qd8liskh0.net
>>71
そんな体験は初めて。
どっかで読んだ話で、普段買わないお菓子が買いたくなって、帰り道なぜかそれを道に置きたくなって、よく見たらそこは花束が置いてあって子どもの交通事故現場だった、という話を思い出した。



74: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2015/08/01(土) 10:39:20.75 ID:HlK5FROiO.net
>>72
初めてなんだ! それは興味深いね



119: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2015/08/03(月) 12:20:28.95 ID:EI8XuhBn0.net
5年前の10月から週3で今の職場に通っていて、最近ふと気付いたこと
この5年、通勤路でよく擦れ違うおばあちゃんと孫?っぽい二人連れがいる
いい年の私から見て親より年配に思えるので、たぶん70前後のおばあちゃんと、3歳くらいの男の子
手を繋いで古い童謡を歌いながら歩いてたり、三輪車(というか、カートみたいな乗り物?)に子供を乗せておばあちゃんが牽いてたり、雨の日はおんぶした上から傘さしてたり、仲良さそうに見える
子供がいつもきちんと帽子を被ってるのも、おばあちゃんが気を遣ってる感じで微笑ましい
私が降りる駅の近くに保育園がいくつかあるので、毎日送り迎えをしてるんだろうなあ、と、何となく思ってた

だけどさ、5年経ったら2、3歳の子だってもう小学生だよね

朝夕擦れ違うだけで、まじまじと観察してるわけじゃないけど、たぶん二人とも変わってない
きっとあんまり見ない方がいいんだろうなあ…と思いつつ、今も通勤のたびに見かけてる



122: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2015/08/03(月) 18:36:14.11 ID:yRZuEjxl0.net
>>119
気になっても、確かにじろじろ見るのは失礼だものね・・・
世の中には身体が大きくならない障害のお子さんもいるし、帽子をいつもかぶっているのも
そういう事情から来る場合もあるし。



133: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2015/08/04(火) 09:11:31.97 ID:25aqb1sw0.net
>>119
帽子しっかりかぶってる犬じゃない?
ベビーカーよりちょっと高さがあるカートみたいなペット用乗り物に乗せて散歩してる人は結構よく見る。
歩かせてる時もあるから小型犬だとわかってるけど、覗きこまなきゃ犬だとわからないわ。そういや。



135: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2015/08/04(火) 10:06:46.27 ID:HpEib3Un0.net
>>133
犬だったら手を繋いで歩くのは無理じゃないかなw



141: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2015/08/05(水) 04:04:44.63 ID:PuUadIOI0.net
一人暮らしで家にいる時、テレビがついてないのにテレビとかラジオみたいに人ががやがやしてる音が聞こえる

ただし聞こえるのはテレビがある部屋以外にいる時だけでテレビがある部屋に行くとその音は消える

あと足音とかドアを閉める音とかも聞こえるんだけどもしかしてなんかいるの?



142: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2015/08/05(水) 04:12:57.85 ID:1plR34X40.net
なんか違法無線とかなんとか



143: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2015/08/05(水) 04:22:01.37 ID:PuUadIOI0.net
>>142
なるほどね!
確かにトラックめちゃくちゃ通るわ
安心したありがとう



237: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2015/08/13(木) 20:02:00.11 ID:OTVYlh0f0.net
オムライスが食べられない
卵料理が嫌いなわけじゃないし、一応調べたけど玉子アレルギーもない
というか、実際に口にするまでは美味しそうに見えてる
何年かに一度変な克己心が起きて、美味しいと評判のオムライスの店に行ったりするんだけど、
なぜか一口目で厚紙を食べてるみたいな気分になって、それ以上どうしても食べられなくなる
真正面に座ってる友達が言うには、食べた途端に顔色が真っ白になってるらしい

たぶん小学校に上がる前には、母の作ったオムライスを食べてた
あのアーモンドみたいな型(?)で整形した、スタンダードなやつ
何でオムライス(流行のフワフワとかトロトロも含む)だけダメなのか、いつから食べられなくなったのか、原因がわからなくて気持ち悪い



241: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2015/08/13(木) 23:16:12.26 ID:bJeNrcsu0.net
>>237
昔見た番組(確か探偵ナイトスクープ)で落ち葉恐怖症の人に退行催眠?だかして原因を探ったら
小さい頃に首吊りしている人を見てしまい、その足元には落ち葉がたくさん…
→死体を見たこと自体は記憶を封じ込める→落ち葉=死のイメージがトラウマとして残る
って結末だった…気がする。

だからきっとオムレツにまつわる思い出したくないトラウマとかがあるのかもね。



251: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2015/08/14(金) 10:25:29.15 ID:PrqC3UM30.net
>>241
それ記憶違いだ

幼い依頼者に葉っぱはどうして落ち葉になるの?と聞かれた依頼者母が、
葉っぱが死んでおちばになる。と何の気なしにいったのが原因。



258: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2015/08/14(金) 13:36:25.81 ID:YZQaISZY0.net
>>251
おっと自分の勘違いか。
じゃあこの記憶は一体…



301: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2015/08/16(日) 11:31:58.60 ID:xC+Rzpvp0.net
昨日、炎天下の中を歩いていた時のこと
地面からの照り返しも凄くて 酷い暑さだった
思わず
「こりゃマジでアスファルトも溶けるんじゃねぇか」って独り言を漏らしたんだ
すると
「んなアホな」って突込みの声がハッキリ聞こえたんだ
あたりを見まわしたが誰もいない
俺は
「もういいよ」と言って
その場を離れた

      暑さにやられての、チョットした白昼夢だったかもしれんねw



302: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2015/08/16(日) 13:05:37.84 ID:btGzwEnY0.net
インドのほうじゃ熱波で実際にアスファルトが溶けてるぞ。

アスファルト自体が溶けなくても、靴底が溶けて歩くとべたべたくっつことはあるな。



320: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2015/08/17(月) 11:02:58.69 ID:l8U77zxx0.net
小学生のとき。お盆休みに母の田舎の祖母の家に行った。
同年代もいなくてつまらず、ひとりで市営プールに行った。
いつの間に同じくらいの女の子がそばにいて、なんとなく2人で鬼ごっこみたいに遊びはじめた。
その女の子は、歯がなくて、笑うと口の中が黒くてニッとなって、少し気持ち悪かった。
水をかけあったり、追いかけたりして遊んだ。
しばらく遊んでるうちに、女の子を見失って、帰ったんかな思って私も祖母の家にかえった。

その日夜、ひとりでお風呂に入ってたら、突然すごく寒くなって、湯舟に顎まで浸かった。
そしたら、急に頭を後ろに引っ張られて、誰かが背中から負ぶさってきて、耳元で

「みつけたみつけたみつけたみつけたみつけたみつけたみつけたみつけたみつけたみつけた」

さっきのプールの女の子だった。

気がついたのは、祖母の家の和室で、母が、あんたお風呂で溺れそうになっとったよと教えてくれた。
あの女の子の事は話さなかった。私も絶対見たと自信なかったし、うしろから私の首にしがみついてた、あの女の子の黒い空洞の両面と口が、怖くて、なんだか喋ってらいけない気がした。

その後、祖母の家はなんとなく避けて、行く事はなかった。
昨日、祖母の通夜で何年ぶりに訪れるまで。
そして、あの女の子は、やはり湯舟にいて、
風呂場のドアを開けた私に、空洞の両目と口を大きくあけて

「まってたよまってたよまってたよまってたよまってたよまってたよ」

と嬉しそうに叫んだ。



322: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2015/08/17(月) 13:33:17.16 ID:GZGhp8Yz0.net
お盆だし、うちのばぁちゃんの話したい。
厄落としになればいいな。
俺のひいばぁちゃん、若い時に両親死んじまって、兄嫁にいじめられながら育ったんだ。
だから小学校3年で奉公に出されちまって、しかもその先でもいじめられっぱなし。寒い中外で素足に下駄で働かされてて、凍傷になって足の爪もなかったって。
嫁に行った先(俺んち)でも、女腹だとか生理が多い女だとかって理由で、(よくわからんけど昔は紙を使ったから大変だったらしいな)

俺のひいじぃちゃんやその妹、お母さんにさんざんな目にあわされたらしい。
聞いた話でひでーなって思ったのは、ひぃばぁちゃんが何人産んでも女ばっかで、「また女か、川にでも捨てろ」ってひぃじぃちゃんが言ってたこと。
俺のばぁちゃんそんな風に言うなんて、今でも許せないよ。
だから、はっきり言っちゃうとこの家が大っ嫌いなんだな。で、ずーっと子孫を呪ってる。
想えば、彼女の命日にはろくなことがなかった。

最近でも、俺がひぃばぁちゃんの命日に「今日、婚姻届けだすんだ。頑張るから見守ってくれ」って言ったら、
「妻になる方はこの県の方じゃありませんね。他県の方は転出届が必要です」っつわれて、結局受理まで1週間かかったwwww
まぁ、下調べしない俺が悪いんだが。

妻が出産するときも、お参りしたらたまたまひぃばぁちゃんの命日で、死ぬほど難産だった。いまでも、嫁は母乳は出るほうなのに、
ひぃばぁちゃんの命日だけピタッとでなくなっちまうし、赤ちゃんもすげえ泣くよ。
反対に、ひぃじぃちゃんの命日には、何でもすんなり事が運ぶから不思議。俺の受験しかり、面接しかり、嫁の病気の完治しかり。
ひぃばぁちゃんに対する詫びのつもりなのかな。死んで、心が広くなれたのかな?
だから、ひぃばぁちゃんの日には、願い事はしないで、ひたすら辛かっただろうなって、いろいろ彼女について考えてみることにしてる。
ひぃばぁちゃんが早く現世での恨みつらみを取っ払って、幸せに成仏できますように。。。



325: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2015/08/17(月) 16:37:45.67 ID:JiSGtKw10.net
>>322
あんたええ子やね



332: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2015/08/18(火) 08:38:40.59 ID:C+NyRZ880.net
>>322
え?婚姻届提出時にそれぞれの住所地なんて関係あったっけ?転出や変更なんて必要だったか?

それよりおまえ、頭の中、大丈夫か?
妻の体調不良を何でもかんでもひい婆ちゃんの呪いみたいに考えるなんて、異常だぞ。
奥さんと赤ちゃんのの身体と精神を最優先に考えて労ること集中しないで、何代も前の先祖に気を回すって・・・

自分の身体の具合の悪さを、無い自分とは血の繋がりの無い死人のせいにされるんだよ。
スッゲエ!!!!!気色悪いことだよ。
奥さんの精神状態をまともに思いやったことあるのか?
奥さん、逃げるぞ。

苦労させられたおまえのひい婆ちゃんは何も一切、悪くないんだぞ。
ひ孫のおまえが呪いとか言ってたら、失礼だぞ。
もっとまともな方向で物事を考えて、奥さんと子どもを大切にしろよ。

それが供養だよ



323: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2015/08/17(月) 14:38:57.57 ID:j6QfMu5K0.net
今から十年ぐらい前、正体不明の気体?を見たことがある。
深夜の公園添いの道を歩いていたら、進行方向から、直径2メートルぐらいのボール状の白い塊が
一番底が俺の頭、位の位置でふわふわこっちに近づいて来るのが見えた。
たとえてみれば霧の塊?みたいな。
それはだんだん高度を下げて、ついに目の前まで来た。
そんなに道幅もないので、避けられず、その真ん中に頭突っ込む形になった。
中はもわあっと生温かくて、白濁してて生臭かった。
そしてふわんとそのまま抜けて、振り向くと、上昇しながら少し離れた信号の上あたりをふわふわ通過していった。
丸いまんまで。

いまだにあれが何だったのかよくわからない。別に悪さされてないんだけどね。



420: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2015/08/28(金) 17:49:25.32 ID:DOS8OnDl0.net
怖くないけど不思議体験。

・小学校低学年の時、寝室の前の廊下にちっちゃくて透き通った街を見た。普通にちっちゃい人もいたし、自動車も電車も走っていたから不思議。因みに家の土地は昔は田んぼだったらしい。

・小学生の頃、透き通ったかわいいサンタクロースを見た。3兄弟で並んで寝てたんだけど、枕元に気配を感じて見上げたら、いた。サンタも気づいたのか、弟のプレゼントをワタワタと出して消えたw



421: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2015/08/28(金) 18:02:56.05 ID:DOS8OnDl0.net
>>420
もう一個。

高校時代、吹奏楽部で夜7時くらいまで練習してたんだけど、毎日謎の光を見てた。
2階のある教室で練習してたんだけど、電気は自分のいる部分のしか付けてなかった。
向かい側の校舎が途切れた中空に、赤い光が浮かんでた。
廊下の非常灯かとも思ったけど、それだと位置がおかしい。
僕は途中入部したから、他の部員が合奏してる時も一人で練習。赤い光は、一人で練習してる時に限って現れていた。
そんなこんなで1年くらい赤い光を見ながら練習に明け暮れていたんだけど、ある日、紫色の光が赤い光の近くに現れた。
よくわからないけど、その後も赤い光は見たけど紫色の光はそれ以降は現れなかった。



423: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2015/08/29(土) 19:48:37.67 ID:HjhTbhXv0.net
40歳過ぎて、抜けて久しかった奥歯が生えてきた俺
常人ではないなww       実話である



428: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2015/08/30(日) 12:20:20.45 ID:ujdbnR8o0.net
>>423
今頃永久歯に生え変わったのか  若いなww



429: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2015/08/30(日) 12:32:17.87 ID:t9260vXqO.net
>>423
まじレスすると、埋没歯状態だった第三大臼歯(親不知)が
加齢によって後退した歯茎から、こんにちは
…の可能性が大きいと存じます



430: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2015/08/30(日) 16:36:26.35 ID:Ugz3ygXJ0.net
>>429
421だが、実は自分もそうじゃないかなって気がしてた
虫歯になった奥歯を抜いた後、数か月後になんか突起物が出てきたんだ
歯医者に聞いても何だか分からんと言う(抜歯前にレントゲンも撮っていたのに)
骨か抜いた歯の破片かも知れんと思った 取り敢えず突起部をドリルで削ってもらった
数か月後再び突起物が伸びてきたのでまた削る これを3回ほど繰り返していたが
めんどくさくなって放っておいたら、だんだん歯みたいな形になって
最終的には立派な奥歯として収まったww現在に至る
おそらく、貴君の指摘通りじゃないかと思いますた
今にして思えば3回も削ったことを後悔している
健康な歯を削ったことになるからだ

  何故、親不知があるのかが解ったような気がしたw
余談だが、再生医療が進んだとき万能幹細胞摂取として親不知は重要な役割を果たすと
依然、テレビで聞いた覚えがある ヘタに抜かず大事にしておくべきものかもしれんねw



425: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2015/08/30(日) 01:29:04.98 ID:j7xza3BZ0.net
自分は一度でいいから本物の霊体験がしたくて心霊スポットとかよく行くんだが、完全な0感人間なのか一度も怖い目にあったことがない。
しかし最近、ついに奇妙な体験に遭遇しました。 それも真っ昼間の職場で。
自分が勤めてるのはそこそこ人数がいるオフィスなんだけど、ある日、会社の外線電話に次々と着信が入り、え?えっ!?と思ってるうちに全ての着信ランプが点いてしまうということが起こった。
ところが、自分を含め誰が電話取っても、出た途端に切れてしまいプープー音・・・
なんなんだ? 怖いねーなどと同僚と話しつつも、混線か何かの不具合だろうということで落ち着いたんだけど・・・

それから休憩時間になってちょっと一服しようかと下に降りてった時。
階段を降りた真正面にエレベーターがあるんだけど、ちょうど自分が一階に降りた途端にエレベーターの扉が開いた・・・ところが誰も乗ってない。

(゚Д゚)??と思いつつ見てたら、扉が閉まる時に「・・・キショー・・・」という女の声がハッキリ聞こえた。
当初はエレベーターの扉の軋む音だろうと思ったんだが、次にエレベーターが降りてきた時はそんな音は全くせず。
ある女性上司に話してみたところ
「そういえば、ここ『出る』って噂聞いたことあるんだよね~」
・・・マジすか?
「キショー」ってのももしかしたら「チキショー!」って言ってたんじゃないか?と指摘され、なんだか少し怖くなってきた。

その後もデスクで仕事してたら地震のような揺れを感じて、同じ上司に言ってみたら「全然揺れてないよ?」と怪訝な顔をされたり・・・
この日1日だけでその後は何も起こってないが、初めて経験した奇妙な体験でした。



443: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2015/09/01(火) 20:58:58.36 ID:bQB2yfEn0.net
20年以上前、北の大地に住んでた時の話。
大晦日に夜更かしして、星がきれいだったから
窓開けて乗り出して外を見てた。
そしたら、かなり明るい流れ星がスーッと流れた
「あっ流れぼ 」 くらいのタイミングで、
それがいきなりスコーン!と鋭角に曲がった。

よくある、孤を描くとかじゃなくて
見えない何かにボールが当たったみたいな動き。
( ゚д゚) ←こんななってたら、
そいつはそのまま物凄いスピードで
空いっぱいをカクカクカクーンって
メチャクチャに曲がりながら走ってどっかにいった。
時間にして2・3秒くらいだったと思う。
白くて遠くにある感じで明るく光ってて、どう見ても大きめの流れ星だった。

なんかそういう自然現象あったらごめん
調べてもわからなかった。



446: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2015/09/01(火) 21:38:45.61 ID:A4gcF9Sv0.net
>>443
ただのUFOでしょ
UFOでよくある動き



447: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2015/09/01(火) 22:07:41.25 ID:wo/N3d+S0.net
>>446
なんだーUFOかー
ソビエト連の戦闘機見たのかと思って身乗りだしちゃったよー
なんだー



605: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2015/09/13(日) 23:25:35.14 ID:7FHWk4oI0.net
>>447
亀レスですまん。
俺も25年前に仲間と伊豆に行った時、夜空にカクカク動く星の様な光を見た。みんなでいろいろ邪推しながらもしかしてソ連の戦闘機かと期待したが、そうか、ただのUFOだったのか。
ありがとな。長年の疑問が解決した。



467: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2015/09/04(金) 09:32:53.94 ID:7En4DvsP0.net
小二のときのこと。
休み時間に、「ちょっとこの辺にいてくれる?」と言われて、廊下の一角に立ってた。
なんにもすることがないし退屈だったので他のところに行こうとしたら、「その辺りにいて」と再度言われた。
しばらくして休み時間が終わり、授業を受けてたんだけど、授業か始まって10分くらいして廊下から物凄い爆音。
みんなで廊下に飛び出して見てみると、さっきまで自分が立っていたところの天井が崩れて、瓦礫の山になってた。
当時は、危なかったーとガクブルしてただけなんだけど、今思い返したら、なぜあの場所に立ってるように言われたんだろうと疑問が湧く。
誰に言われたのかも思い出せない。



469: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2015/09/04(金) 11:09:43.43 ID:bKSty+p40.net
>>467
多分それテレビ番組か漫画で見たシーンが自分の体験と勘違いし記憶されてるだけでは?
爆発事件あったら当時絶対ニュースになってるはずだから



490: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2015/09/04(金) 22:32:24.47 ID:q/bYDx8L0.net
>>467
ここにいろってのを無視して授業に出たら助かった、ていう話?



492: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2015/09/04(金) 23:48:24.04 ID:7En4DvsP0.net
>>490
ピンポイントで危ない場所に立たされていた。
どうして危ない場所に立たされたのか、なぜそこが危ない場所だって分かっていたのか、そもそも誰に立たされたのか。
今思い返したら不思議だなって話。



493: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2015/09/05(土) 00:12:58.52 ID:lEYaC+G9O.net
昨日の夕方、何故かお風呂場に生きた蟹が歩いてた!!速攻で捕まえてドブに逃がしてあげたけど
どっから入って来たんだ?排水溝からか?古い家だから、壁のすき間から入って来たんかな?



494: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2015/09/05(土) 00:37:56.64 ID:aBjWTGyd0.net
田舎ではよくある事。



495: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2015/09/05(土) 02:05:32.40 ID:4rWvQrQF0.net
田舎のコテージだかの宿泊施設に泊まったら風呂の配水管からコオロギが大量に入ってきて
風呂場パニックって話思い出した



531: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2015/09/09(水) 10:28:48.44 ID:z6t+xD7K0.net
「なにか嫌な感じがする」ってたまに言う友達がいる。
昔から仲のいい友達なんだけど、知り合った頃からたまにその「なにか嫌な感じ」を口にする。
そんで、友達のその感覚はなぜか当たる。
最近だと友達かわそれを口にした日、近所で強盗傷事件があったし、また別の日には交通事故があった。
そんなわけで俺の中ではそいつのその感覚は本物だと思ってるからそいつがそれを訴えたらとっとと帰ることにしてる。

で、高校生の頃だったか、その感覚について聞いてみたこともあるんだよ。
「その感覚ってどんな感じなんだ?女の勘みたいなやつなのか?」
「勘とは違う気がする、なんだろ、予感?悪寒?うーん、、、」
「悪寒って言うとなんか身体に感じるとか?」
「あー、それある。なんていうか、空気が違うんだよ。こう肌に感じる空気に悪意があるというか…こう、空気全体が嫌な感じして、ね?」
「つまり心にビビッとくるわけじゃなくて、身体全体で何かしらの危険を察知してるみたいな感じか」
「それだね。女の勘ってよりか野生の勘に近いのかも」
「山に帰るのだ」
「酷」

・・・・で、まぁこれ以上何かがあるわけじゃないんだけど、「嫌な感じがする」って結局なんなんだろうな?こいつは何を察知してるんだろう?空気に悪意があるって何だ?
そう考えてたらいろいろ怖いんだよな。事件とか事故って少なからず本人の意識の中にない、意識の外で本人が操作されて起きることなのかな、とか。
文書下手ですまんな、まぁでも言いたいことは伝わってくれると思いたい。



556: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2015/09/10(木) 18:16:45.99 ID:BtAOaeR50.net
マジで全く大したことない話だが、ここ以外に該当スレが無いので書き逃げ

マンションの6階に住んでるんだが、エレベーターを使って下へ降りるとき、たまに誰もいないしボタンも押してないのに止まることがある
止まる際には法則みたいのがあって、
・止まる場所は決まって4階
・時間帯は早朝(5時とか6時台だと発生するけどそれ以降は何事もなく通過)

まあこれだけだと「子供のイタズラだろ」という感じだし、個人的にも半分そう思ってるんだけど、
よくわからんのは、幼少期に3回ほど同じような条件の住居に引っ越して、そこで必ず↑の現象に遭遇してたこと
最後の引っ越し先に腰を落ち着けて今に至るんだが、あれそういえば・・・って感じで最近気づいた

害は無いので気にしてないが、なんなんだろうな~これ



557: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2015/09/10(木) 21:15:37.24 ID:1mXHjzfN0.net
俺やるそれ
エレベーターで一階まで下りようと思って下ボタン押しても
自分の階より上にエレベーター行っちゃうとそのままエレベーターほって階段で下りちゃう



558: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2015/09/10(木) 21:42:36.88 ID:Z82Lmc0W0.net
4階ってのが絶妙だな。
階段を使うのはちょっとしんどいが、エレベータの折り返しを待つくらいなら
階段でいいかって思うような階数だ。



585: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2015/09/12(土) 00:38:59.85 ID:yyThVjlm0.net
友達に変わった子がいた
最初は普通だったんだけど途中から実は霊が見えるとか言い出して
私はそういうの信じれないタイプ、今日まで

その子の話をまとめると
・霊が見える
・この店はもう行きたくない→気が付けば閉店
・幽体離脱が出来る
その子は重度の方向音痴なのに見知らぬ地で突然 あ曲がったら自販機ある
この先にうどん屋がある潰れてるけど などと言い出す→本当にある
本人曰く幽体離脱の時に見た記憶があったから
・呪える力がある→知る限りでは2人が病死と事故死

当然私たちは偶然偶然って信じてなかったんだけど、それを押し付けることもしなかったし
後は天然というか良い子だったので、このままずっと友達でいようねって言ってたんだけど
お互い仕事や結婚でバラバラになっちゃって最後に会ったのが10年前
その時に10年後に会おうよって話になった
そしたらその子「・・・微妙~・・・多分会えないかも」って言ってて、それでも約束して、
なのに私はすっかり忘れてて、今日別の友達に偶然会って話してたら
その子、今年の春に旅立ったって聞かされて怖くなった

今日から信じるわ 疑ってごめんね もう少しだけ待っててね



684: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2015/09/27(日) 20:34:47.54 ID:BNyaLzoF0.net
離島好きな人と話してて、あれ?それどこ?ってなって、もしかして不思議な島行ったんじゃねぇか?って話しをするから暇だったら聞いてちょんまげ
長いかもだから、途中規制入ったらまた明日でも続き書く
昨日仕事場の人と沖縄の話ししてたんだよ。俺もその人も離島大好きで、八丈島とか小浜島とか竹富島とかの話しで盛り上がったんだけど、俺が最後に行った島がどこかが全く分からないんさ
グーグルMAPで探したけど、やっぱり分からん



685: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2015/09/27(日) 20:42:22.66 ID:BNyaLzoF0.net
当時付き合ってた彼女と、沖縄本島、八丈島、竹富島、小浜島と、毎年一つ島づつ旅行してたんだけど、その人ととの最期の島が、謎なのよ
毎回旅行の計画は二人でしてて、旅行の前から「ここにしようか?あっちにする?ホテルは?」とかいうのも楽しみだったんだけど、その島の時は彼女が『ずいぶん色々行ったし、今回は特別な島行こう!手配は全部あたしに任せとき!』ってな感じで
「え?なになに?教えてよw」ってどんなに聞いても『楽しみにしててΣd(-`ω´-〃)』って教えてくれなかった



686: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2015/09/27(日) 20:55:32.56 ID:BNyaLzoF0.net
当日、沖縄本島まで行ってそこから石垣島へ
で、石垣島からが、いま思い出すと、確かに不思議だったのよ
昨日話した仕事場の人もここからの話しに「?」てなって、グーグルMAPで島探し
石垣島から竹富島とか小浜島へのフェリーとか連絡船が出てて
その船を待つ船待ちセンターみたいのがあるんだけど、毎年来てるのと同じくその日もそこで、船を待ってた
季節は夏。そのセンターのお土産屋で売ってるマンゴー食べながら(絶品です)



687: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2015/09/27(日) 21:03:41.69 ID:BNyaLzoF0.net
『船来たよ!』っていう彼女の声
フェリーみたいなのかなぁと思ってたら、おジイの手漕ぎ船で、おお!コレはまた素晴らしい旅情!と感じ、ウッキウキで乗船
仕事場の人(以降田中)曰く、あの乗り場に手漕ぎ船って来るのかな?との事
俺と彼女とおジイの乗船で、もう定員いっぱいかな?もう一人くらいは乗れるかな?ってサイズの船
出航
少しして彼女が左手に見える島を指差して『ほらアレ!竹富島!楽しかったねー!その向こうのアレが小浜島!』
と言ってた



688: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2015/09/27(日) 21:12:38.40 ID:BNyaLzoF0.net
この辺りで田中が「フェリーだってちょっと時間かかるのに、少しして左手に竹富島何て手漕ぎ船のスピードじゃ不可能」と
グーグルMAPで2人で確認
俺が見た竹富島は島全体が見えて、その向こうに小浜島見えたから、確かに船のノットがとんでもない
その時はそんな地理的な話し全く知らんから
「おおー!行ったねー!こりゃ良いわ!」と、もう酒も飲み出してテンション最高
それから15分くらい。もう、360度海、しかも怖いくらい青い
ってか、本当にちょっと怖かった
これ、遭難すんじゃないの?さっきから船頭さん計器も何も見てないよって



689: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2015/09/27(日) 21:19:30.78 ID:BNyaLzoF0.net
でも彼女は、何か懐かしい場所を見てる風に海を見てた
目の前を飛び魚が飛んで行くし、遠くではイルカが跳ねるし、真下に青海亀が泳いでるしで
「ああ、世界って、こんなにも美しいんだ…」って感じた
言葉では言い表せない、本当にこの世界の果てみたいな海
ようやっと島が見えて来た
『あそこ!あの三角の所がホテル!』と、彼女
その船に乗ってたのは1時間弱、30分か40分くらいだった



690: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2015/09/27(日) 21:28:48.11 ID:BNyaLzoF0.net
船から見える島の大きさは、まあ、小浜島くらいだと思う
着岸すると思われる浜の上に森があって、その中に三角の建物が見える
その周りは360度海、他は何もなかった
船頭さんとの会話は殆ど世間話しで、島の話しは全くしなかった、今思うと、確かに何でしなかったんだろう…?
田中曰く、与那国かな?との事だけど、手漕ぎで40分じゃ不可能、絶対無理
尖閣?魚釣り島?と話したけど、もうそこからはwwwwwwって感じで、お前どこ行ったんだよwwって話しになってデロデロ



691: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2015/09/27(日) 21:35:18.63 ID:BNyaLzoF0.net
島に到着
本当に、ここは何処だよ?っていう、とんでもない美しい世界
浜からは海、海、海、たまにイルカ
空は何処までも青
酔っ払ってた俺は「天国だーーー!」って海に叫んで、瞬間、あ、ヤバい、島民とかに笑われる!
と思い周りを見て、船頭さん見て、彼女を見た
そしたら彼女が『大丈夫、誰もいないから、もっと叫んだらww』
一瞬、誰もいない?ん?って思ったけど、その時は違和感を感じはしなかった



692: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2015/09/27(日) 21:47:32.17 ID:BNyaLzoF0.net
船頭さんにありがとうございましたってお礼して、三角ホテルへ
船頭さんとその時話したのは「ここはなぁんにも無い、だから全部あって、本当に良い所だよ」って言われて、ああ、確かにそうだな、良いなぁって海見ながら思った
浜の先、海岸植物の森を少し登った小高い場所に三角ホテルがある
結構大きい宿泊施設ぽくて、入り口で、支配人さんが出迎えてくれた
まだ50くらいのイケメンさん
彼女は知り合いらしくて、支配人さんは彼女に「ここに人を連れてお見えになるとは思いませんでした(笑」って話してた



693: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2015/09/27(日) 22:01:46.21 ID:BNyaLzoF0.net
「なんだよw元カレとも来たのかよw」って言ったら『ここは特別だから、家族と来た事しかないよw安心しなさい』
と言われ、まぁ、嘘だな、元カレだな、でもこんな素晴らしい場所に連れて来てくれたんだ、感謝せんとな、と前向きに
で、支配人さんとホテルの事とか宿泊のルールとか話して、その内容が、田中に話してたら確かに不自然だったと気付いた
俺等が着岸した浜は「トコの浜」というんだけど、基本、海で遊ぶならトコの浜だけにしてくれ
島の反対側には「ニシの浜」があるけど、そこは昼間は立ち入り禁止です、夜は夜空が素晴らしいので、是非行って見て下さい、との事



694: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2015/09/27(日) 22:10:35.37 ID:BNyaLzoF0.net
旅行サイトとか探しても、確かに無いのよ「トコの浜」
遠くにイルカ見えるような素晴らしい浜なのに、確かに不自然
酔っ払い俺は「昼間行きたいですよ!ダメ?今から!」と悪ノリ
そうしたら、支配人さんはニコニコしてて、彼女から怒られた
『離島はね、その島その島で風習があるの。あなたはちゃんと人の話しを聞くから連れて来たの。ダメです』
俺「はい」



695: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/@\(^o^)/ 2015/09/27(日) 22:11:17.78 ID:sMA9D53Y0.net
支援



697: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2015/09/27(日) 22:17:40.67 ID:BNyaLzoF0.net
>>695
長くてゴメンです



698: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/@\(^o^)/ 2015/09/27(日) 22:21:55.70 ID:sMA9D53Y0.net
>>697
名作の予感がするから応援してるんだよ。頑張って。



696: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2015/09/27(日) 22:17:08.99 ID:BNyaLzoF0.net
ホテルの部屋に案内されて、まあーーーー、部屋から見える景色の素晴らしい事
窓からだからアレだけど、190度ビューみたいな部屋
で、ニシの浜見えるしw
俺等が乗って来たみたいな手漕ぎ船で、結構人が着岸してる
「人いるじゃん!行っても分からんだろアレ。行こうよ!」
『ダーメーなーの!ダメなのはダメ!夜行こうね(*´∀`)』
この時も、まぁまぁ、こんな素晴らしい島に連れて来て頂いたのだから、言う通りにしよう、と、違和感は感じなかった




699: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2015/09/27(日) 22:23:32.74 ID:BNyaLzoF0.net
ホテルから出て島の探検だ!ウヒャー!とテンション最高潮!
本当に何も無い
山、海、だけ。それが良い。
コンビニもスーパーもない。その時は不思議に感じなかったけど、JAもないし、なにより、郵便局がない
でもまた不思議。これはその時も不思議だと思ったんだけど、一件だけ飲み屋がある
ホテルから15分くらいの所に小料理屋みたいな飲み屋があった
「今夜はここで朝まで酒だ!」
『はいはい(^.^)』




703: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2015/09/27(日) 22:45:05.62 ID:BNyaLzoF0.net
とにかく、言葉では表現出来ないくらい美しい世界だったんだ
で、夜、飲み屋に行った
貸し切り状態で、料理も美味しいし言う事無しだったんだけど、ここで流石にオカシイと思い始めた俺
昼間ホテルから見えたニシの浜に、沢山人が着岸してたのに、何で貸し切り何だろう?
と言うか、人がいない
初日の興奮で島を探検しまくったけど、誰ともすれ違う事すらない
彼女『本当にラッキーだよ!楽しもう!』だけ




704: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2015/09/27(日) 22:57:40.65 ID:BNyaLzoF0.net
その島に4泊したが、誰とも会わなかったんだよ
でも、朝部屋から見えるニシの浜には、毎日沢山人が着岸してた
その時は、まぁ、ニシの浜は金持ちのVIPだけの場所で、庶民は昼間は近づくな、って事なのかなって思ってたけど、夜空は毎日天の河の見える浜で、なんでVIP来ないんだろ?って思った
でも、でも、だ、こんな素晴らしい島に来たって事が嬉しくて、疑問なんて持つ暇なんて無い
で、最後の日、ホテル出る時、支配人さんから
「後々の事は(彼女の名前)様から聞いて下さい。いつかまたいらっしゃる時は、もっとこの島を好きになってもらえると思います」みたいな事を言われた




705: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2015/09/27(日) 23:05:53.54 ID:BNyaLzoF0.net
ウザったいだろうからそろそろ終わろうと頑張ります
帰りも、来た時と同じ船頭さんの小船
「彼女ちゃんから後々の事は聞いてって言うさっきの話し、何?」
『うん、この島の場所は絶対誰にも言わないで』
「言うも何も、石垣からこの船でいきなり来たんだから来れないよw」
『だよねwだから、こーゆー方法にしたw』




708: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2015/09/27(日) 23:20:53.07 ID:BNyaLzoF0.net
『あと、この島の話しも誰にもしないでね。するんだったら、あたしが死んでからにしてw』
「何だそれw」
ここまでがその島での話し
彼女は島から帰って来て、一か月くらいではねられて死んだ
それから丁度、一年になる
丁度一年で田中とこういう話しになって、何か運命?みたいなのを感じて、オカルトは全く興味無かったんだが、南の島の伝説?みたいのを調べたら、ニライカナイって島が出て来て、俺があの日行ったのは、ニライカナイだったんじゃないか?って思ってる




709: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2015/09/27(日) 23:24:32.41 ID:BNyaLzoF0.net
多分ニライカナイに行ったけど質問ある?って感じで書き込みしてみました
長くてゴメン
長くなり過ぎるとアレだから、かなり島の話しは省いてる
質問あれば色々答えられると思う、4泊したから




711: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2015/09/27(日) 23:31:42.34 ID:vhb3bNk40.net
画像。



712: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2015/09/27(日) 23:36:30.07 ID:BNyaLzoF0.net
だよね、そこが信用問題だよな
俺彼女と別れたりすると、思い出のある物全部処分しちゃうんだよ
見る度思い出しちゃうから
画像無いんだ、いっぱい撮ったんだけど
すまん




728: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2015/09/28(月) 11:31:23.47 ID:+8XQ7Mi80.net
凄く興味深く拝見しました。
もしかして、元カノは亡くなる事をわかっていて貴方を島に連れて行ったのかな?
実際はもう二度と行く行く事が出来ない、幻の島なんだよね?



725: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2015/09/28(月) 08:22:11.53 ID:8Q3at2DHO.net
まぁ読み物として楽しんだよ

ニシ(沖縄弁で北、だよね?)の浜に来るのは死者だろうな、とか
トコとは常世だろうな、とか民俗マニアが食いつきそうな単語がちらほら
2chのお約束、出された物はおいしくいただく精神で



805: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2015/10/01(木) 13:54:18.45 ID:dKWm+3ZK0.net
思い出した
よくわかんないけど、子供の頃父の実家のお手伝いさんの一人が、「暖かい日はみぃさまが庭で日向ぼっこしてますよ、普段は天井裏にいて、たまにネズミを追いかけてる音がします」みたいなことを言ってた
関東育ちで関西弁がイマイチ聞き取れなかったのと、「みぃさま」って言い方(発音も含め)が独特すぎて何のことだかわからず、適当に聞き流してた

それらしいことは他の人も言ってて、「神様のお使い(白い蛇)がうちの天井裏に住んでるから、うちは栄えてるのよ」的なことを、祖母か曾祖母から聞いたと思う
40年近くも前のお話
家はそれからすぐ、70年代に取り壊され(道路拡張だか何だかで大阪市が買い上げたとか)、その直前に曾祖母が死に、すぐ祖父が死んで、祖母も父もわりと若いうちに逝った
つか一族滅びそうで笑うしかないw



806: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2015/10/01(木) 22:09:22.23 ID:v6ykDq050.net
みぃさま=巳様ってことか



832: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2015/10/03(土) 09:12:25.60 ID:n7UMjaxS0.net
解体屋でバイトしてたんだけど家屋解体してると
いろんな変わった家や変わったもんが出てくる
山の方の古民家や古民家はアツい
押入れの中に骨がギュウギュウに入ってたり
漆喰っていうか塗り物の壁の中に長い髪の毛が入ってたり
家の真ん中に入口のない部屋があってそこに小さい鳥居が立ってたり
結局は何でもかんでも壊してダンプに乗せて捨てちゃうんだけどな
余りにも気味の悪いもんや縁起モンは酒と塩かけて...まあ結局は捨てるw

そんな中でもある日、某渓谷のとある古くからの豪邸を壊す仕事を持ちかけられた
そして俺は社長と一緒に運転手として下見に行ったんだわ
家の中の残置物とかの確認は見積もりする社長とその息子が見るから
俺は車外でジャンプ読んでた



838: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2015/10/03(土) 11:07:24.07 ID:+r93oust0.net
>>832
長文だけど簡潔で一気に読めた
不思議な話だなあ
前社長は解体の見積もりで最初に蔵に入ったときに何かあったんだな



840: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2015/10/03(土) 13:20:23.75 ID:p9o3H2+s0.net
>>832
上手い!
変にオカルトを引っ張らないとこが絶妙だよね



833: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2015/10/03(土) 09:18:14.28 ID:n7UMjaxS0.net
すると田舎に珍しい高級車が停まってるせいか
多分近所の婆さんが何しに来たのって俺に話しかけて来たから
俺たちは解体屋でこの家を壊す下見に来たんだよって答えると婆さんが
ああ、この石の家を壊すんだねえ、って言った
見た目普通の木造のでかい古民家だし、なんで石の家なん?医師の家?
お医者さんが住んでたの?って聞いたら婆さんは
いや、石があるんだよ。って言った
俺は、なにそれ?壊すと祟られたりしちゃうの?って冗談で聞いたら婆さんは
知らないよ、ただ単に不思議な石があるみたいだよ。って笑って答えてくれた
興味の出た俺はその家に入って社長たちを探すことにした

門から入ると母屋と荒れてはいるが広い庭
そしてその庭の片隅には蔵がみっつ並んでた
ちょうどそこに社長の息子の姿があったから
俺は蔵の方に歩いて行った



834: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2015/10/03(土) 09:23:38.41 ID:n7UMjaxS0.net
社長と息子がいたのは三つの蔵のうち真ん中の蔵
社長はその中にいたんだけど、その蔵の中が変わってた
その真ん中の蔵だけ正方形で、その中央に土俵みたいに円の形で
白い石が埋め込まれてて、そのまた円の中央に
1m真っ角くらいの黒い石の板と直径1mくらいの白い石の板が
向かい合うように立ってて社長はそれをずっと眺めてた
俺はモノリスみてーだな、気色ワリイとしか思わなかった
その日はその家を調査して帰ったが、数日後すぐにその家の解体を請ける事が決まった



835: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2015/10/03(土) 09:32:02.88 ID:n7UMjaxS0.net
解体初日の朝、会社に集まると珍しく社長が出てきて俺たちに言った
蔵にある石の板は絶対に傷つけずに持って帰って来い、と
で、俺たちは現場であるその家に向かった
木造の家屋なんて壊すの簡単なんだよ、広い道と土地さえあれば
重機で一気にやっつけちゃうんだけど朝の社長の一言があったから
真ん中の蔵には手をつけず他のとこからバンバンぶっ壊していった

で、数日たって真ん中の蔵ぶっ壊すかとみんなで中に入ったら
いきなりリーダーのコウさん(超マッチョな中国人)が
蔵の外へ飛び出して吐き始めたんで、俺たちがどうしたんすか?って聞くと
あの蔵ヤバイよ、気持ちわるいよって言い出した
俺たちは平気だし、やらなきゃ終わらねえから仕事続けようとしたら
コウさんはヤバイから帰るって勝手にダンプの一台に乗って帰ってしまった
しょうがねえから俺たちだけで壊して、例の石は養生してダンプに積んで持ち帰った



836: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2015/10/03(土) 09:37:37.61 ID:n7UMjaxS0.net
会社に戻るといきなり社長に俺たちは怒られた
コウさんが激怒して会社辞めるって飛び出した、お前たち何したんだ!
って怒られたけど俺たちに分かるわけがない
だから社長に、あの石のある蔵を壊そうとしたらコウさんは怒り出して
いきなり帰ったんでわかりませんて言ったら社長は俺たちを突き飛ばすように
ダンプに積んだ石の所に行って、早くこれを運ばんか!って怒鳴り始めた

本当に訳がわからなかったけれど社長の言うとおりに応接間にその石を
社員総出で運んだ、そして社長はそれを応接間のソファーの上に置かせた
それ以来社長はその石にお茶を出したり話しかけたりするようになった
俺たちと社長の息子は気持ち悪いと思ってたけれど何も言わなかった



837: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2015/10/03(土) 09:46:21.80 ID:n7UMjaxS0.net
1週間くらいしたら社長が突然息子に跡を継がせるって言いだした
息子にしても本当に突然だったみたいで会社はしばらくバタバタした
しばらくろくに仕事できねえだろうなと思って俺はバイトをしばらく休むことにして
沖縄に2週間旅行しに行った
帰ってくると会社はすっかり新体制で動いてた
息子に社長は?って聞いたら石と一緒に遠くの実家に行っちゃって
連絡しても満足に帰ってこないって言ってた

あの石、やばいもんなのかな?って息子に聞いたら息子もそう思ったらしくて
あの民家の近所の人に聞いたみたいで、それによると
過去2人あの蔵で死んでるということを聞かされた、と
一人はその家のご主人、もう一人は全く知らないその街の人間ですらないオッサン
二人共事件性はなかったみたいだけどって話だった

それから数ヶ月して俺もそこをやめちゃったからその後前社長がどうなったかは知らない
ただあれから10年以上たったけど会社はまだ続いてる
というか息子がうまくやったのか新しいビルを建てるくらい儲かってるみたいだ
やっぱりあの石ってなにかヤバイもしくは不思議なもんだったのか?
なんてふと思ったりする



859: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2015/10/04(日) 07:28:32.24 ID:zTtQNR0M0.net
石に魅入られた人は人生の終焉が近いとかなんとか聞いたことがあるな。
新社長も唐突な事業継承で苦労した分だけ人間的にも成長したから現在の地位があるんだろう。
この会社(親子)にとって不思議な石は幸福の石だったと言えるかも。



860: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2015/10/04(日) 07:31:27.48 ID:PmH8Lg5P0.net
親にとっては幸福の石じゃないだろ



863: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2015/10/04(日) 10:05:46.87 ID:SatQsK3c0.net
オカ板的に考えてみると
石は祟り神寄りな守り神みたいな物だったのかな?
丁重に扱えば家を守ってくれるが、粗略にすると没落転落一家離散



おまえらの夢をわりとマジに教えろください。

同じ作者で世界観がつながっている作品挙げてけろ

吹いた画像を貼るのだ『熱いなっしー!』

2chで見つけた叙述トリックコピペ

【失笑!】思わず吹いた秀逸なレス集合『スズメハチ』