転載元:http://anchorage.2ch.net/test/read.cgi/occult/1272600403/
古代文明とか超常現象などのオカルト語ろうぜ!!!
http://blog.livedoor.jp/nwknews/archives/4790183.html
清滝


103: 本当にあった怖い名無し 2010/05/02(日) 20:52:06 ID:fqxrnV050
とあるオシャレホテルに出張で一泊した時の話。
角部屋。部屋でもぞもぞしてたら、誰かがノック。
ドアを開けてみると、誰もいない。
まあいいやと、テレビをみてると、窓の外を青い光が飛び回る。
無視して、テレビを消し寝る。

夜中の2時ごろ、誰かに起こされたみたいに、パチッ!と目覚める。
???と思ってると、テレビが勝手につく。
砂嵐のザザザザーーーーって音がだんだん大きくなり、そのうち
人の声?が混じりだす。
さすがに怖くなり、テレビをけす。
人の気配を感じつつも、そのまま就寝。
翌日、朝食を食べながら一緒に出張にきてた同僚に話をした。
おまえの神経が一番怖いわ。無神経か。といわれへこむ。
書いてみたけどあんまり怖くないですよね。ごめん



131: 本当にあった怖い名無し 2010/05/03(月) 02:16:23 ID:ymIIHZbp0
うちのマンションは七階まである
一階にある中庭を囲う形で作られている
(居住スペースは二階から)
□←こんな感じ
うちは六階です
で、玄関出て煙草吸ってたらパタパタパタパタ…。と足音が二階部分から聞こえた。
子供の足音らしい。
玄関出て、廊下から中庭を見渡す感じで下を覗く。
足音は三階から聞こえてきた。姿は見えない。
階段を登る音が聞こえる。
今度は四階から聞こえる。目を凝らして足音の主を探すが全く見えない。
すると、パタパタパタッ…。足音が止まり、
バタバタバタバタバタバタ!ダンダンダンダン!バタバタバタバタ…!
足音が急に早くなり、五階から聞こえてきた…。

ヤバイ!そう感じて部屋に逃げた。
ドアを閉めて、動かずに立ち尽くす。
パタパタパタパタ。パタ パタ パタ 足音はゆっくりと廊下を歩いている。
そして遠ざかって行った
そのまま、七階の廊下を歩いている足音が聞こえて消えた。

時間が夜中の3時位だったからびびったよ…。
目を凝らして見ていた時に、何かと目が合ったのかな?
今から三年前のこと。
ダンダンって書いてるのは、エレベーター横の階段を上がる音です。すみません。
あんま怖くないけど、自分は怖かった



132: 本当にあった怖い名無し 2010/05/03(月) 03:05:56 ID:qs/9rrmXO
>>131
台東区?



134: 131 2010/05/03(月) 03:46:40 ID:YedbPjCQ0
>>132
はい、台東区です。



137: 本当にあった怖い名無し 2010/05/03(月) 12:32:29 ID:WewjIrky0
ある夜のことでした。
会社員のAさんは残業で遅くなったのでタクシーをひろいました。
タクシーの中では運転手さんといろんな話で盛り上がっていました。
そして、タクシーは山の中の暗い道を通りかかりました。
脇にはうっそうとした森になっており、他の車はみあたりませんでした。
その時、タクシーの運転手は人が変わったように暗い顔をしてこう言いました。
「いいですか、ここでは絶対に車の窓側を見てはいけません。絶対ですよ・・」
Aさんは豹変した運転手に驚き、「はい・・」としか言えませんでした。
なおもタクシーは森の中を走ります。

しかし、おかしいなと思ったAさんはこう聞きました。
「なぜ見てはいけないのですか?」
でも、運転手に反応は無く何も言いません。
Aさんはだんだん怖くなってきました。
その時でした。
見るなといわれていた窓側から「う~う~」と言う声が聞こえます。
なんだと思ってAさんは窓側を見てしまいました。
すると、窓にぬ~っと怒りを浮かべた男の形相が現われてAさんの顔を見てこう言ったそうです。
「てめぇじゃねぇ!!」
そこからAさんの記憶はないそうです。
何年か前、その山道でひき逃げ事故があり、男の方が亡くなられ犯人はつかまっていないそうです。
そして、男の方は毎晩毎晩そこを通る車を調べ、自分をひいた犯人を探しているそうです。



138: 本当にあった怖い名無し 2010/05/03(月) 12:33:13 ID:eBuruEgF0
私本人が体験した話です。
今からちょうど10年前、私がまだ大学生だったころのことです。
当時、私には一つ年下の彼女がいました。彼女は霊感の強い子で、
それまでにもさまざまな体験をしていました。妙な音を聞く、街
中でおかしな人影をみる、金縛りにもよくあっていたようです。
特に、嫌な場所(彼女が言うには、空気がよどんでいるらしい)
の側に行くだけで、頭が痛くなるほどでした。

その日、いつものように僕は彼女の家に泊まりにいっていました。
場所は渋谷区笹塚にあるワンルームマンションで、甲州街道を渡り、
商店街を抜けて左に折れてしばらく行ったところにある白い建物で
す。わずか4畳半ほどの狭い部屋で、入り口を入ると左側にキッチン、
右側にはユニットバスという、よくある間取りです。
部屋には窓が二つありました。一つはバルコニーに面した大きな
窓、そしてもう一つ、問題の小さな窓が左側の壁面、エアコンの
真下に、ちょうど人の胸の高さのところにありました。

その日はいつもより早く就寝し、
大きな窓に添うように置いてあるベッドで二人寝ていました。
時間は覚えていません。僕はふと目がさめたのです。
頭の上にある窓とエアコンの辺りから、パシン、パシンと
何度か音が聞こえており、その音で目覚めたのでした。
妙な目覚めの良さで、頭がすっきりしていたことを覚えています。



139: 本当にあった怖い名無し 2010/05/03(月) 12:34:47 ID:eBuruEgF0
季節は冬ということもあり、部屋の内装の乾燥による音だと
思って、しばらくエアコンを見つめていました。
それが起きたのは次の音が鳴り響いた時です。
突然、隣に寝ていた彼女が「ううぇ」と何度も唸りはじめ、
体を硬直させ全身震え始めたのでした。
悪い夢にうなされているのだと思い、すぐさま彼女を起こそうと
僕は彼女の体を揺り動かしました。彼女はうつろな、どこにも
焦点のあっていないような目で天井を見つめたまま、
こう言い始めたのです。

「おぉ、女の、中年の女の声が・・・。『お前の子供が6才になっ
 たら、海で溺れ死にさせてやる』」
僕はなぜかとっさに思いました。さっき自分の聞いた音は、乾燥による
建材の音ではなく、ラップ音なのだと。
訳もわからず僕は彼女を抱き寄せて、お腹の中で叫んだのでした。
ただ頭の中にあったのは、テレビで聞いた『声魂』でした。
霊に襲われそうになった時、声にならずとも腹の底から叫べば
霊を追い払う事ができるというものでした。
「彼女のところに来るんじゃない!来るのなら俺のところへ来てみろ!」
2度ほど叫んだと記憶しています。


141: 本当にあった怖い名無し 2010/05/03(月) 12:37:49 ID:eBuruEgF0
2度目を言い終わったと同時に最後の音が同じ窓のところから響きました。
パシンッ
次の瞬間、彼女がこう言ったのです。
「女が『クソッ、チクショウ』って言った・・・」

彼女はこの部屋に越してきてから何度か妙な体験をしており、
僕にはそれを話していなかったのです。霊の通り道というのを
どこかで聞いたことがありましたが、何度か彼女はそれを
この部屋の中で体験していたのでした。
霊感の強い人間と一緒にいると影響されるとも聞きます。
それまでの僕にはこうした体験は一度もありませんでした。
興味深いのは、彼女が1ヶ月ほど前に見てもらった占いのなかで
「あなたの彼はあなたを救う星の位置にあります」
と言われていたことです。
現在、その白いマンションはまだ存在しています。



140: 本当にあった怖い名無し 2010/05/03(月) 12:37:09 ID:1wTqHPLG0
乙!
めっちゃ怖いわ!



142: 本当にあった怖い名無し 2010/05/03(月) 12:52:29 ID:6+f0WJ8Q0
なかなかの秀作



168: 本当にあった怖い名無し 2010/05/03(月) 23:42:30 ID:wz5P3vpU0
6年前の実体験。
私には見ようと思えば霊が見える程度の力と、弱い霊を浄霊する程度の力があります。
そして、それを知っている友人Aからこんな話をされた。
「最近引越ししたBの部屋がやばいらしいから、見てやって欲しい」
やばいらしいってのは何だ? と思いながらも、私はAに連れられBの家へ。
Bと面識の無かった私は、知らない相手に霊がどうのと言っても
信じてもらえないだろうし、馬鹿にされるだけだろうと思っていた。
けれど、そうはならなかった。

Bが住んでいたアパートの部屋に入ると、まず最初に飛び込んできたのは御札。
だが、御札は黒ずんでいて効力などとっくに消えている。
私はBに御札をいつ貼ったのか聞いてみた。
すると、一週間前などと言ってきたのだ。
正直、私にどうこうできるような問題ではないと思い、知り合いを紹介すると言った。
けれど、Bは首を縦に振らない。
よく見れば表情が少しおかしかった。
気になった私は、嫌々ながらも霊視をしてみると
目の前にいたのはBではなく、全く別の人間だった。



169: 本当にあった怖い名無し 2010/05/03(月) 23:44:01 ID:wz5P3vpU0
正確にはBに憑いている霊なのだろう。
顔半分が血で染まり、片足が無い。
霊視した状態では、Bが全く見えなくなるほど強烈なもの。
洒落にならないと思った私は、部屋を出ようとした。
しかし、Bに腕を捕まれ逃げる事が出来ない。
「除霊してくれるんでしょ? 早くしてよ」
気味の悪いぐらい口が裂けた笑顔で、Bがそう言ってくる。
そこで私は、Aに助けを求めようとした。
だが、何故かAがいない。

よく聞けば、ドンドンと外から戸を叩く音が聞こえる。
この時ばかりはもう駄目だと覚悟を決めた。
少し浄霊が出来るからと調子に乗りすぎてたのがいけなかったんだと。
そんな時、突然携帯の音が鳴り響いた。
音からして彼氏なのは間違いない。けれど、このタイミングで出ることなどできるはずが無い。
「彼氏でしょ? 出てあげたら」
Bがにたりと笑い、私の目の前に顔を近づけてそう言ってきた。
私は震える手で携帯を掴み取り電話に出た。
すると、彼氏はこう言ったのだ。
「目の前にいるのと電話かわって。あと、今どこにいるの? すぐ行くから場所教えて」




170: 本当にあった怖い名無し 2010/05/03(月) 23:45:02 ID:wz5P3vpU0
私はすぐさまいる場所を教え、Bに携帯を突き出した。
すると、Bはしばらく無言で彼氏の話を聞いた後、部屋の奥の方へ行ってしまった。
それからしばらくして彼氏が来ると、Bをみるなり
「これは浄霊するのも面倒やな~……しばらく時間潰してきて」
笑顔でそう言ってきた。
元々私が霊が見えるようになったのも浄霊出来るようになったのも、彼氏に教わったからで
そんな彼氏の心配をするのも悪いのか? と思った私は、部屋を出てAと共にファミレスへ。
そして二時間ほど二人の心配をしながらAと話していると、彼氏から電話が。
Bの部屋に行くと、元気なBと和やかに話している彼氏の姿が。

しばらく雑談した後、私たちは帰ったのだが……
帰りの車で彼氏に違和感を感じた私は、悪いと思いながらも彼氏を霊視してみた。
見なければ良かった。そう思わずにはいられなかった。
だって、彼氏の胸元辺りから苦しそうに這い出ようとするBに憑いていた霊が見えたのだから。
私は思わず浄霊に失敗したのかと口を開いて聞いてしまった。
すると彼氏は
「あんなん浄霊の準備するのが面倒くさい。食べた方が早いやろ」
と笑いながら言ってきた。
呆気にとられた私に、彼氏はさらにこう言った。
「成仏させるだけが除霊じゃありません」
浄霊ではなく除霊。この時の私にはこの違いがわかりませんでした。
けれど、彼氏があの化物みたいな霊を体の中に入れたことだけははっきりと解りました。
しばらくの間、彼氏が笑った姿がBに憑いていた霊と一緒に見えたんですから。



172: 本当にあった怖い名無し 2010/05/03(月) 23:57:01 ID:EsJ3k3li0
随分強烈なカップルだね



173: 本当にあった怖い名無し 2010/05/04(火) 00:03:32 ID:ypUmVr8f0
怖いというよりも話に引き込まれる感じだね



195: 本当にあった怖い名無し 2010/05/04(火) 14:35:20 ID:p+i6s0YMO
ジャケットの内側ににカメムシが3匹。

『うぁっ!』ってな変な声で道の真ん中でびびってしまい恥ずかしいやら臭いやら、無我夢中でジャケットを振り払うが中々落ちない。
なんでこんなにがっしりしがみついているのか、なにが彼らカメムシをそこまでこのジャケットに固執させるのか?
そんなことはどーでもいいお前ら臭いんだよ引きこもりのネラーより臭いんじゃねぇかコノヤロー!と必死でカメムシを振り落としたが、あいも変わらずジャケットは臭い。
すでに臭いが染み付いたようにジャケット自体がカメムシ臭を放っている。
暖かいからまあいいや帰ってからガンコ洗いコースでダウニーだな、なんて思いながら歩きだすと、靴の中の石だかゴミが気になった。

いやな予感がして歩道脇の花壇に座り靴を脱ぐ。
すげえ臭い。
靴の中敷きになんか汁を撒き散らして潰れてるカメムシ様が1匹
もうすでに食欲もやる気もなにも無くした俺は、片方裸足で帰る訳にはいかず片方の中敷きを捨てて飯も食わずに家に帰った。

ぐったりとうなだれ玄関を開けるとなにやらかぎなれた臭いが
まさか!と思い玄関中を探してみると下駄箱の下から2段目にカメムシ大量発生…
下駄箱の壁や靴にちょこんとしがみついている緑の悪魔悪魔悪魔…
またもや『ひぃぃやっ!』なんて変な声を出してしまうがここは我が家そこは気にしない。
が、カメムシは気になるがあの量を自分でどうにかしたくない、っていうかできない

と、下駄箱の扉を固くしめて今こうして書き込みしてるわけだが、

ねぇ、どうしたらいいの。・゚・(ノД`)・゚・。



198: 本当にあった怖い名無し 2010/05/04(火) 15:07:13 ID:EHyYxiFm0
>>195
掃 除 機 で 吸 っ て し ま え w



196: 本当にあった怖い名無し 2010/05/04(火) 14:37:10 ID:it62CxXb0
メチャクチャわろたわ

集団で越冬するらしいけどね、東北の方じゃ・・・



217: 本当にあった怖い名無し 2010/05/04(火) 20:21:09 ID:iFjnJ3tm0
これは俺の懺悔でもある
文才は無いので読みづらいと思うすまない

かなり前の事だ
高校時代の仲が良かった友に偶然再会した
懐かしくて飲みに行く事になった
その時は俺も友もフリーターでその日暮しの状態
でも友のバイトはテレビ局の関係だったんだ
芸能人の○○を見たとか自慢していた

住んでる所が割と近かったので、ちょくちょく遊ぶようになった
ある日、友が興奮した感じで変な物を持ってきたんだ

ビデオテープと汚い書類?だった
ラベルには「心霊廃墟に挑む!」みたいな事がマジックで書かれてた
その上から赤マジックで大きく×が書いてあった
書類を見てわかったのは番組の台本だって事
日付はかなり昔、心霊ブームだった頃

友は保管庫の処分品の中から見つけてきたと言った
局の改装があってゴミ運び中に見つけたと

ビデオは普通のデッキじゃ再生できなかった
マニアな知り合いの所行って再生したが中身は消されて空だった



218: 本当にあった怖い名無し 2010/05/04(火) 20:22:16 ID:iFjnJ3tm0
ちょうど今頃、GW明けで道も空いてるから探検行こうと友が言い出した
俺は当時、心霊をまったく否定していた
だから楽しそうだと思ってしまったんだ、行く事になったんだ

友が先輩から金払って4wd借りてきた
それでガラガラの高速乗って台本に書いてある所に向かったんだ
俺達が興味をもったのは書かれていた場所が意外な所だったから
普通、人が死んだ滝とか、自殺者が多い橋とかだよね
国の施設だったんだ
試験場跡地
これしか書けない、すまない

友は企画が中止してるし、意外な場所だからマジなんじゃないかと興奮してた
場所はものすごい山の中でした
うっすらと車の轍が残っているのを頼りに藪の中を4wdで進んでいった
かなり危ない急勾配を登っていった、ほとんど崖だった
今思うとテレビ局が通る為に切り開いた道だったと思う
正面にでかいゲートがあって封鎖されていたから

さすがにもう進めないと思った頃に急に開けた場所に出た
すごいでかい建物だった、人の気配は感じなかったけど廃墟っぽくなかった
窓とか割られていないし、よくあるイタズラ書きなんかが一切なかった
むしろキレイな感じだった、未使用みたいな



219: 本当にあった怖い名無し 2010/05/04(火) 20:26:17 ID:iFjnJ3tm0
友は急に興奮が冷めたようだった
鳥の声とか聞こえなくなったよとか言って怯えていた
たしかにすごいくらい静かだった、風の音さえなかったと思う
この時はもう夕方で建物が茜色になってた

俺は本当に信じてなかった、馬鹿だった
友はかなり嫌がってた、やめようと言い出した
俺は「お前が誘ったんだろう」と言って友を連れて中に入った
俺は本当に無知だった

正面の大きなガラス戸は片方が外れていた
中は新築同様だった、すごく異様だった
なんで廃墟なんだ?と思った、すぐにでも利用できそうな状態だった
キレイな廃墟だなと友に言ったが上の空だった

友は帰りたいと言い出した
まだ入り口からすぐの通路だった
俺は2階も見てみようと言った、友は行きたくないと言った
俺は友を意気地なしだと言って2階へ登った

2階に登ると長い通路が待っていた
突き当りまでずーっと窓が続く、学校の廊下のような感じ
その途中にソファーの置いてある喫煙場所みたいなところがあった
そして床にカメラが転がっていた
撮影用だと思う、おおきいカメラ
なんか壊れていて誇りをかぶってた



220: 本当にあった怖い名無し 2010/05/04(火) 20:27:48 ID:iFjnJ3tm0
俺は急に怖くなったんだ
ここで何かが起こったんだと思った
そしたら1階から友の声が聞こえてきた
叫んでる感じじゃなく一定の声で「あー」と言ってる
急いで降りたら通路の入り口から反対の突き当たりにいた

本当に怖かった
友は突き当たりの壁に大の字になってピッタリくっついていた、壁に向かって

俺は近づいて声をかけたが「あー」と言ったまま壁に向いたままだった
肩を掴んだ瞬間、「ぎゃははは」と笑い始めた、壁に向いたままだ

俺はもうどうしようもなかった
怖くて恐ろしくて、逃げ出した
停めてあった車まで戻ったが鍵は友が持っていた

俺は戻りたくなかった
けどどうしようもなかった、建物に戻ろうとしたら
友が窓からこっちを見ていた

笑っていた
口が裂けるんじゃないかと思うぐらいの勢いで笑っていた
俺は友のイタズラに騙されたのかと思ったが違かった

よく見ると泣きながら笑っていた
窓にべったりとくっついてすごい笑っていた

夕日が窓からずれて反射がなくなり中が見えた
友の周りに、一階の通路を全部埋め尽くすように人がいた
よくは見えなかったが人の形をしていた何かが友に押し寄せるように
満員電車みたいにひしめいていた



222: 本当にあった怖い名無し 2010/05/04(火) 20:39:25 ID:iFjnJ3tm0
俺はもうその時半分、発狂していたと思う
山を駆け下りて自力で町まで降りてきちゃったんだ

その時はもう夜で俺は何とか駅まで来れた
疲れたという感覚が無かった、少しでもあの場所から遠ざかりたかった
運良くタクシーが捕まり、住所だけ伝えて頭を抱えて震えてた
窓を見たら何かが居そうで怖かったんだ

家に着いたら布団に潜ったが、怖くなってコンビニ行って朝まで過ごした
朝になって落ち着いたら重大な事をしたと後悔した
友を置き去りにした
でも二度とあそこには行きたくない
バイトを無断でやめて、ブラブラしていた
軽く不眠になってファミレスとかで夜を過ごしていた

しばらくして電話をしたら友は戻ってきていた
俺はなんて言っていいかわからなかったが、友は何が?と言っていた
自分がどうなっていたのか覚えていなかった



223: 本当にあった怖い名無し 2010/05/04(火) 20:50:06 ID:iFjnJ3tm0
一ヵ月後に友は死んだ
自殺か事故かはわからなかった

あそこに行ったせいだと思う
そして俺のせいだ、俺が逃げたせい

テレビ局もあれにあって取材を中止したんだと思う
あそこは人が入っていい場所じゃないんだ


GWになるといつも思い出してしまう
悩みを人に聞いてもらうと楽になるというが
少し気持ちが楽になった気がする、ありがとう



229: 本当にあった怖い名無し 2010/05/04(火) 22:08:46 ID:N0TWn9FA0
俺が高校生だった頃の話。

俺が通ってた学校はもっぱら出るって有名なとこ。
まぁ今でも校則は厳しいんだが、昔は洒落にならないほど厳しかったらしく、
自殺した生徒は二人。いや三人だったかもしれんが。
一人は体育館で首つり、一人は近くの店の屋上から飛び降りだったキガス。
当時の先輩の話じゃ「人が美術室に入ってったはずなのに鍵があいてない」とかよくあったらしい。
特に出る場所ってのが確か一年三組。屋上は解放されてないし誰もいないはずなのに、
天井からドンドン聞こえるんだと。明らかに人が叩いてるんだろってくらい大きな音で。

まぁそれは兎も角、俺が体験した話ってのがちゃんとあって。
多分高1の夏?文化祭の準備やらで残っていろいろやってたら、いつの間にか六時になってたんだ。
で、流石にもう帰ろうってなったんだが、友人のうち一人(仮にFにする)が「うんこしたい」とか言い出して、
仕方ないからつれション付き合ってやることにした。

当時その場にいたのは、俺とFと、あと二人。
便所は一階の便所を使うことにした。本当にもう帰るつもりだったからな。
その向かう途中なんだが、二階の階段の横に書道部室がある。
書道部室の扉には窓がついているんだが、その窓には五人映ってたんだ。
そのときは誰か一人残ってたのかと思って、「追い抜いてもいいぜ」って意味で
俺は少し右に退いた。
同じようにF達も自然と横に退いたんだが、何でかその影が俺らを追い抜かない。
不自然に思って、階段に曲がる前に後ろを振り返ってみた。
けど誰もいなかった。
あれ?とか思いながら立ち止ったら、F達も不思議そうに立ち止って振り向いた。
で、みんなして口そろえて、「さっき後ろに誰かいたよな?」って言うんだ。
皆にも見えてたのに、いなかった。俺一人だったら気のせいで済んだんだが。
勿論その時間、書道部室には誰もいなかったらしい。



230: 本当にあった怖い名無し 2010/05/04(火) 22:10:59 ID:N0TWn9FA0
ちょっとぞっとしたから、さっさと便所行って帰ろうぜってなって、皆して便所に向かった。
でもどういうわけか、俺は便所に入らなかった。
普通そういうときって怖いから皆固まってるはずなんだがな。ゲームだったら確実に死亡フラグだ。
俺一人、くもりガラス(で合ってる?)の横で壁に凭れかかって、鏡をぼんやり眺めてた。
そこで、誰かの足音が聞こえたんだ。なんか走ってるみたいだった。
ふと横を見てみたら、くもりガラスに真っ黒な人影が映ってた。
くもりガラスを通り過ぎた瞬間、その影が消えた。
俺はビビってすぐに便所に入って友人達にその話をした。
友人たちもビビってすぐ便所から出て学校から出た。
その後から、俺の家で結構おかしなことが頻繁に起こるようになった。
テレビが急に消えたりだとか閉めたはずの風呂のフタが少しあいてたりとか。

で、Fにそのこと相談したんだが、詳しい話をもう一回聞かせろとか言うから
素直に言ったんだ。
そしたら、Fは暫く黙って、「それってありえなくね?」とか言い出した。
「だってくもりガラスって人の肌とか服の色は映すじゃん。真っ黒っておかしいだろ」


なんか思い出したら怖くなってきた。



296: ロジ ◆/GQLr7Dv4E 2010/05/05(水) 22:56:31 ID:p7t5kIBN0
[1/4]
誤字、脱字、駄文なので、申し訳ない。
以下は自分が小っさい頃の話。
夏休み中に親が何か用事で遠出していて家に居ない真夜中、
弟と妹と自分の三人で留守番をしていた。
~数十分前~
母親「まだ、峠なんだー。家は大丈夫?」
自分「大丈夫だよー」
母親「ごめんねー。帰りに、冷たい物か何か買って帰るからさー」
自分「気をつけてねー」
そんな電話が親からかかってきて、
「となりのト●ロ」を見ていたら、夜中の遅くなのに
「コンコンコン」
どこかから、そんな音が聞こえる。
弟「お父さんかな?」
妹「はあ?兄ちゃん、何言ってんのさ」
自分「さっき、▲▲▲峠からの電話だったよ」
弟「嘘じゃない?もう、帰って来たんだよ」
妹「外に置いてある物が転がった音じゃない?」
自分「インターホン、取ってみるよ」
我が家のインターホン(カメラ付ではなく音声だけ)の受話器取ると、
外の車が通る音とインターホン特有のザーっという音に混じって何かが聞こえる。
ガサゴソ何かが動いている音がする。
自分「ちょっと、玄関の様子見てくる」
妹「(自分)、やめときなよ」
自分「近くで交通事故とかあったのかも」
妹「何で家に来るのさ。絶対、変だよ」



298: ロジ ◆/GQLr7Dv4E 2010/05/05(水) 23:01:46 ID:p7t5kIBN0
[2/4]
弟がすっと立ち上がって、
玄関の電気をつけて家のドアを開こうとした時に、
「ドンドンドンドンガンガンガンガンガンゴンゴンゴンゴン」
自分「(弟)、アンタ電気消しなさい」
状況が悪化したので、
家中の電気を消して「居留守作戦」を開始。
三人兄弟で食卓テーブルにもぐって静かになるのを待った。
すると、音がまったくしなくなってほっとした。
弟「ヤベッ、ト●ロつけたまんまだ」
自分「テレビ消してくるから、ちゃんと、ここに居てよ」
暗がりの中即効テレビを消して、食卓テーブルの下に戻ろうとすると
何かがおかしい。
目がなれて窓をじーと見ると、大きな影がある。
自分の影ではもちろん無い。
「カタカタ」
誰かが居る。



299: ロジ ◆/GQLr7Dv4E 2010/05/05(水) 23:03:30 ID:p7t5kIBN0
[3/4]
自分もパニックになって、電話の子機を持って食卓テーブルに戻る。
妹「どうしたの?」
自分「窓に人が居る」
弟「玄関の奴?」
自分「解かんない。ケーサツに、電話してみる」
弟「110?俺、押したい」
自分「遊びじゃないんだよ!」
人生初の通報をジャンケンで公平に決めようと言い出す弟に譲ると、
弟は11だけ押して切ってしまう。
結局、自分が通報。
通報中、弟がまたすっと立ち上がって、窓のカーテンをザーーーっと開けに行ってしまう。
自分「ケーサツですか?あの、家に変な人が来て、知らない人が来てて、困ってます」
とりあえず、意味不明なことを言って後悔。
弟「お姉ちゃん、包丁!包丁持ってる!!!!」
自分「包丁持った人が来て家に入ろうとしてます。助けて下さい」
通報し終わると、
窓が割れて、自分フリーズ。
弟と妹は家のどこかに逃げる。
自分、置いてきぼりorz
包丁男に押し倒され、自分フリーズ。
髪の毛撫でられる。
何だ、こいつ?と自分、ポカーン。
体中、撫でられる。



300: ロジ ◆/GQLr7Dv4E 2010/05/05(水) 23:05:39 ID:p7t5kIBN0
[4/4]
いつの間にかパトカーが来て、警察官が包丁男を逮捕。
家の外には、続々とパトカー&救急車。
担架に乗せられた自分、ポカーン。

警察官「動かないで」
自分「何で救急車に乗るの?」
警察官「動いちゃだめだって。病院、行こうね」
自分「何?何?」
警察官「お父さんとお母さんには、ちゃんと連絡するからね」

包丁が体にさくっと刺さったまま乗せられたらしい。
自分は全然痛くなかったのに、大人は大げさだなーと考えている間に
眠くなって寝てしまった。

あの頃は全然怖くなくて、通報してかえって大騒ぎになって大変だったなーくらいにしか思わなかった。
今考えると、めちゃくちゃ怖い。



304: 本当にあった怖い名無し 2010/05/05(水) 23:22:43 ID:TkjWWPua0
>>300
ネタじゃなかったら教えてくれ。
犯人の動機は?怨恨?通り魔?
どこに包丁刺さったの?



308: ロジ ◆/GQLr7Dv4E 2010/05/05(水) 23:33:24 ID:p7t5kIBN0
>>304
女の子が欲しかったみたいな意味不明なことを言って話が二転三転したそうだ。
警察の話だと、誘拐とかイタズラとかしようとしてた云々。

胴部の端っこにプスッと包丁が入った。



309: 本当にあった怖い名無し 2010/05/05(水) 23:36:25 ID:TkjWWPua0
>>308
レス㌧
変質者か。わざわざ子供だけで留守番してるのを確認してたのなら、かなり気持ち悪いよね。
妹さんに被害が無かったのが不幸中の幸いというか。



363: 本当にあった怖い名無し 2010/05/07(金) 15:32:08 ID:9oO8Y4lP0
大陸の40度を超す真夏日だった。
背に照りつける太陽が、裸同然の格好で歩く私たちの肌を刺す。
周りには警棒を持った役人がいるため、少しでも逃げようとすれば
その場で殺されるかもしれない。役人もこの暑さで相当苛立っている。
私たちは長靴を履かされているため、足がふらつきやすく、転ばないように
必死で足元を見ながら進んでいた。

役人の足が止まったので、顔を上げると、目の前には3メートルほどの
高さがある、電信柱のような鉄柱が何本か建っていた。太陽の熱を溜め込んだ
柱の熱は、目で見ただけでも伝わってくるようだった。
役人は私たちの背中をその柱に押しつけるようにして、柱に手をまわさせて
後ろで縛った。肌が直に押しつけられた時の、凄まじい熱さと痛みで
私たちは絶叫した。全員を縛り終えると、役人は私たちを残して
そのまま立ち去った。
10~20分程は痛みに泣き叫ぶ私たちだったが、しばらくするとその声も
静かになっていった。痛みに慣れたからというより、大声で助けを求めても
誰も来るわけでもないし、声も枯れ、体力を消耗するだけなので、
ただひたすら襲ってくる痛みと苦しみに耐えることにしたのだった。



364: 本当にあった怖い名無し 2010/05/07(金) 16:18:47 ID:9oO8Y4lP0
かんかんの太陽は、私たちの顔を照りつけ、目を細めさせると同時に
鉄製の柱に必要以上に熱を蓄えさせ、半裸状態で剥き出しの背中や足、
柱にまわされた腕を焼いていた。皮膚と密着状態にあった部分は腫れあがり
水脹れとなった部分が、痛みで踠く度に破れて、鉄柱に張り付く。
塩気を含んだ汗が流れおちるたびに、叫びそうになる。
太陽が動いているのかどうか、確かめることだけに集中する。
何故神は私たちにこの様な仕打ちをなさるのか、と心で叫ぶ。

ここに来る前、祈っていたのは妻と娘の安全無事だけだった。
しかしその家族も今頃どうなっているか分からない。
泣き叫び、枯れ果てたと思った涙が流れたような気がした。
痛みは間断なく襲ってきた。時間の感覚はもう無かった。
今苦しみに耐えている時間が一週間にも思えたし、何カ月にも思えた。
太陽の位置だけが正確な時間を知るすべだった。
大量の汗と水疱が破れて流れる液体が、長靴に溜まっていく。
溢れ出してしばらく経ったころに、役人の姿が見えた。
日も背中のほうに隠れ、辺りが青白くなってきた頃だった。
私たちを縛っていた縄を解き、鉄柱から剥がす。



365: 本当にあった怖い名無し 2010/05/07(金) 16:42:15 ID:vy5CYRdg0
怖い!!!



366: 本当にあった怖い名無し 2010/05/07(金) 16:42:42 ID:9oO8Y4lP0
解放感とともに、なにかが自分から剥がれ落ちる奇妙な感覚、
壮絶な痛みに襲われ、地面に崩れ落ちるように倒れた。
長靴に溜まっていた水も、勢いよくこぼれ、からからの地面に
浸み込んでいった。
これ以上立ち上がる力も残されていない筈なのに、私たちは役人に
蹴り起こされ、明日は朝9時からだ、との言葉に絶望するほかもなく、
ただ、舎に向かって歩いて行くのだった。



人称は異なりますが、実話であるのは洒落にならない。



367: 本当にあった怖い名無し 2010/05/07(金) 16:45:05 ID:vy5CYRdg0
>>366
なんの話ですか?
すごく興味あります



368: 本当にあった怖い名無し 2010/05/07(金) 16:51:09 ID:9oO8Y4lP0
中国ですよ、中国。
文章は稚拙なので読みにくかったら申し訳ありません。
チベット虐殺とか、怖いですよね。



369: 本当にあった怖い名無し 2010/05/07(金) 17:22:24 ID:vy5CYRdg0
なるほど
興味深かったであります



387: 本当にあった怖い名無し 2010/05/07(金) 23:38:12 ID:O1ghMqce0
流れ豚切りごめん
今さっき教師の友人に聞いた話なんだがかいてもいい?



388: 本当にあった怖い名無し 2010/05/07(金) 23:39:51 ID:vy5CYRdg0
>>387
お願いしまーーーーす!!!



392: 本当にあった怖い名無し 2010/05/07(金) 23:50:37 ID:O1ghMqce0
書き込み初めてで読みにくかったらごめん

新任で某中学に赴任した友人から聞いた話
学校の校歌って3番くらいまであるよね?
その学校も例にもれず3番まであるんだが2番はぜったいに歌っちゃいけないんだとか
それも生徒の噂レベルじゃなくて校長から直接言われたらしい
2番最初の歌詞だけ教えてもらったんだがそれを歌ってしまうと暴れるんだって…霊が

友人は信じたくなかったらしいが校長に真顔で言われた上に
その学校ではイベントがあるごとに早朝にお祓いやら酒まきやらするらしく
本気でこわいと言っていた

一番怖いのはおわらない仕事だって言ってたけど



446: 本当にあった怖い名無し 2010/05/08(土) 19:25:21 ID:ely4PjAr0
>>392
その話だけでどこの学校かもわかった。有名だからね。

二番を歌うと校長が死ぬとか言われてると私は聞いた。
信じないで二番を歌わせた校長がその翌日急死したのはその市の教育関係者は
皆知っているとか。
実際、そこの卒業生に聞くと、「確かに、二番は歌わないし、歌詞も今はわざわざ消したり
隠したりして、知っている人がいないんじゃない?」だそうだ。



423: 本当にあった怖い名無し 2010/05/08(土) 09:26:35 ID:MiRFG0+g0
髪が伸びる人形ってのは有名だが、髪が短くなる人形っておかしくないか?
友人の家にそんな西洋人形があるんだけど、その友人の姉ちゃんが幼稚園の頃に買ってもらったものだとか。

最初腰の辺りまであった長い金髪の髪が、今ではおかっぱなの。

そう、髪が抜けてる訳じゃなくて、均等に髪の毛の長さが短くなっていってるのよ。

何でそんな事がわかるのかというと、その友人とは小学生の頃からのつきあいだから、俺も子供時代からそいつの家でその人形を何度も見ている。というか、髪が短くなるのを知っているから、行く度に人形もチェックしている。
もちろん誰も髪の毛なんか切ってないし、そもそも友人も家族も誰もが恐がって、触ろうともしない。
持ち主である姉ちゃんも既に嫁に行ってしまったから尚更。
台所の冷蔵庫の上に、ガラス貼りの箱に入れられて20年以上も放置されたまま(しかも”恐い”という理由で後ろ向きにされてるW)。

人形の髪が伸びるのは今では科学的に証明出来るらしいが、髪の毛が均等に短くなるって、どゆこと?



434: 本当にあった怖い名無し 2010/05/08(土) 15:28:35 ID:9LVk0LBB0
今までで一番衝撃的だった結婚式

控え室から新婦が失踪し、会場中探し回っても見つからなかった。
式の時間が迫り身内がピリピリしていると、新郎母が
「新郎ちゃん!お式は中止できないから、ママとお式を挙げようよ!」
とウェデイングドレスで現れた。

リアル( ゚Д゚)になりながら新郎家族が新郎母をなだめていると、
担当外のスタッフさんが埃で薄汚れた新婦を連れてきた。
新婦は真っ先に新郎母のもとへいき、強烈なビンタを食らわせ
「いくら気に入らないからって、やっていいことと悪いことがあるでしょうが!」
と新郎母の常識のなさを責め始めた。
スタッフさんに経緯を聞くと、
新婦は、会場内の外から鍵をかけられた倉庫に閉じ込められていたそうだ。
収拾がつかなくて、式は結局中止になってしまった。

後日に判明した事実だが、新郎母は
「新婦のわがままで式をだいなしにした」
という評価が欲しくて新婦の監禁を企てたらしい。
新郎母は現役で挙式会場に勤めていたから会場にくわしく、
誰にも見つけられない場所として倉庫を選んだとのことだった。
ウェディングドレスは、式の数日前に
「どうせ式がやれないんだから、私と息子の擬似結婚式にしちゃえ」
と暴走した結果だそうだ。

その後だが、新郎母は離婚され、新郎新婦からも縁を切られたらしい。
新郎新婦は今も仲良くやっているのが不幸中の幸い。



438: sage 2010/05/08(土) 16:34:14 ID:8Qsp0rXQ0
昔、曽祖父に聞いた話。

曽祖父の家に、大量のお札で蓋がされた木箱があった。
それは代々曽祖父の家に伝わってる箱で、
「家に本当に困った事があったら開けろ」って言われてたらしい。

曽祖父は畑を耕すのに村の若い奴らを数人雇ってたんだが、
その若者達が酒を持ち込んで宴会して、箱を勝手に持ち出して開けようとしたらしい。
宴会に偶然遭遇した曽祖父が焦って部屋に飛び込んだら、そいつら、
火の手が全く無いのに全身が焼け爛れてもがき苦しんでたんだってさ。
それと、札を破く音が聞こえたのに、見てみると札はそのままだった。
そいつらは奇跡的に助かったんだが、傷が治るまでずっと発狂したようになってたらしい。
ずっと何かの名前(?)をぶつぶつ呟いて、夜中に走り回ったりしたそうだ。

その箱はまだ曽祖父の家にあるんだが、時々位置が変わるって言ってた。


あんまり怖くないな、スレ汚しすまん



506: 本当にあった怖い名無し 2010/05/09(日) 14:45:17 ID:ge1RFE290
誰も幸せになれなかった結婚の話

隣の家のお姉ちゃんが結婚するので招待状を貰った。
すごい面倒見の良い人で自分が住んでる町内・・
とくに同じブロックに住んでてお世話にならなかった同世代はいなかったくらいだった
当時自分(23歳)より5歳年上で28歳での結婚だった
皆お世話になってたもんでその町内の同世代で同窓会みたいな感じの結婚式だった



507: 本当にあった怖い名無し 2010/05/09(日) 14:46:36 ID:ge1RFE290
問題があったのはその人のおばあさん
昔は普通の人だったんだけど、ここ数年の内に宗教にのめりこんでしまったらしい
自分は一人暮らししてて知らなかったが両親が言うには
首から魔よけ?のお守りか何か知らないけどいびつな形をした大き目の木彫りのペンダントをしてうろうろする姿がよく目撃されていた
何か良く分からないことをしゃべりながら・・
そのおばあさんが言うには結婚する相手は良くない血筋で、自分の家と交わると不幸がおこるそうだ



508: 本当にあった怖い名無し 2010/05/09(日) 14:47:33 ID:ge1RFE290
おばあさんの反対を家族一丸で押し切って結婚式にこぎつけたのだが
やはり納得できないおばあさんは結婚式で奇声を上げながら暴れ周り新郎を侮辱
お客さんのテーブルとかを引っかきまわしながら凄い剣幕でまくし立てる
新郎方の親戚と身内とホテルの人でおばあさんを押さえつけて退場させた(後で知ったが救急車呼んで乗せたらしい)
しかし披露宴は続行できないし、結婚式後に婚姻届の予定だったらしく結婚はお流れ
新婦は心を病むわ、おばあさんはアルツハイマーの気がでてる(宗教にのめりこんだのもこれが原因?)わ、両親は結婚式他の費用を背負い込むわ・・
今じゃブツブツ喋りながらうろうろしてるお姉さんが目撃されてます・・
幸い人徳があるのでご近所さんがお姉さんの面倒見てるとか

あんまり怖くないな



512: 本当にあった怖い名無し 2010/05/09(日) 15:42:25 ID:UjBIz2600
>>508
呆けた婆さん一人のせいで破談になったの?
しかしそんな危ない婆さんを式に呼んでぶち壊させるなんて
その家族も不注意すぎるというか



509: 本当にあった怖い名無し 2010/05/09(日) 14:51:43 ID:O8ZVut0m0
首から下げる魔よけの木彫りのペンダント・・。
聞いたことあるな。



522: 待っていたら1/2 2010/05/09(日) 19:03:39 ID:TDNEpsxe0
仕事帰りに同僚と一杯飲んだYさんは、同僚と別れたあと
JRのSK線A駅のホームで電車を待っていた。
都心からS県へと向かうSK線のこの時間のホームは
かなり混んでいたが、到着する電車からは乗換のため
大勢の客が降りるので、ホーム中間の階段前に並んでいると
空席に有りつける事もあった。

S県へ向かう下り方面行きの電車は、このA駅から快速運転
となって途中を通過する物もあったが、駅のアナウンスが
次は各駅停車と告げている。

「各駅停車か。じゃ便所に行っておくか」

下り線のホームで先頭に並んでいたYさんは、終点のK駅までの
道中を考えた。各駅停車だと一時間弱はかかる。
例え空席に座れても途中で降りる事になったら面倒だ。
次の快速電車に乗ろうと思い、我慢していたトイレへと
向かった。



523: 待っていたら2/2 2010/05/09(日) 19:04:22 ID:TDNEpsxe0
列を抜け出し、あふれそうな人混みをよけて階段に着いた時
ちょうど各駅停車がホームへ入って来た。

甲高い女の悲鳴が聞こえて、ギョッとしたYさんが振り向くと
先ほどまでYさんの後ろに立っていた男が、バッタリと
倒れるのが見えた。

映画とかでしか見た事のない、本当に気を失った人間が
手も付かずに、顔面から倒れ込むのがハッキリと見えた。
列車はさっきまでYさんが並んでいた場所を通りすぎて
急停車した。

幸い男はホームから落ちた様子は無かった。
だがYさんはしっかりと見てしまったのだ。
倒れる寸前に、男が口から泡のような物を吹き出しながら
両手を振りまわしていたのを。
何かの発作を起こしていたらしい男の両手は、もしもYさんが
列の先頭に居たらきっとYさんを突き飛ばす事になっていたのを。



568: 本当にあった怖い名無し 2010/05/10(月) 19:12:59 ID:C+Tb2+uI0
昔通ってた高校がダムの真ん前にあったんだが、そこじゃ美術の授業で、
自分の手のブロンズ像を作らせてたんだな。
で、ブロンズだし重いし、持って帰るのがダルいと。
ちょうど目の前に、捨てるにはちょうどいい人工湖があると。
んで、事故か自殺か知らんが、ある時、車がダムに飛び込んだってんで、
捜査のためにダムの水を抜いたところ、警察と報道関係者の前に、
無数の人の手が泥の中に埋もれている凄惨な光景が・・・。



571: 本当にあった怖い名無し 2010/05/10(月) 20:16:39 ID:NG4fhD9m0
>>568
それ目撃した人にとってはリアルで洒落にならなかっただろうなw



584: 本当にあった怖い名無し 2010/05/11(火) 02:30:23 ID:heQnbitS0
話しづらいことだけども。
俺の父は幼少期、とある小さな山村で暮らしていた。
だが、祖父の兄のTという男が、隣人を殺したことで、一族ごと村八分にあい、
逃げ出すように引っ越した。引越し先が、いま俺の住んでるこの家なんだけど。
殺人犯のTなんだけど、祖父が言うにはこれがどうしようもない男だったらしい。
酒を飲んでは、見境無く女に手をだしていたそうだ。
まわりにいる良識ある誰か、大抵は祖父だったのだが、Tを止めなければならなかった。
しかし、そうするとTは激怒し、暴れだしていた。止めようとした人間に、ひどい暴行を加えていたそうだ。
Tは体がとにかく大きく、喧嘩の強い人間だったため、一度激怒すると誰も止めることはできなかった。



585: 本当にあった怖い名無し 2010/05/11(火) 02:32:15 ID:heQnbitS0
隣家の家長のKが殺されたのは、Tを止めようとしたのが原因らしい。
奥さんをTに強姦されそうになり、堪えかねてTを殴ってしまった。これがTの逆鱗に触れた。
Kを殴り倒してのしかかり、ひたすら殴り続けた。Kの家族は、Tの怖さに震えるばかりで、何もできなかったそうだ。
Kは、動かなくなっても殴り続けられた。顔は、文字通り潰れ、およそ二倍の大きさまで膨れ上がる。

顔中に紫色の痣が出来、もはや誰の顔だか判別できないほど変形させられたそうであった。
Tは、最後に、何を思ったか、ピクリとも動かないKの顔から、両眼球をえぐりだした。
そのまま、目玉を酒瓶に入れ、どこかに持っていってしまったそうだ。
その目玉は、帰る途中で酒瓶ごと、川に投げ捨てた、とTは言った。そのまま目玉は行方知れずとなった。
俺の祖父一家は、お詫びの意味もこめ目玉を探したが、結局見つからずじまいだった。
この一件のために、俺の一家はいわば目玉の呪いというものに受けたそうだ。



586: 本当にあった怖い名無し 2010/05/11(火) 02:33:22 ID:heQnbitS0
Tは、俺が生まれた頃に、酷い病気にかかった。目玉が、両方腐り落ちてしまったそうだ。
原因は不明である。Tはそのまま病死した。
その頃、祖父も目の病気に罹り右目を失明した。ほどなくして左目の光も失ってしまった。
父は、現在進行形で目の悪い病気にかかっている。治る見込みはなく、視力がどんどん弱まり
失明していくだけらしい。

俺は、まだ目の病気をもっていない。が、最初に言った目のない人は良く見かける。
いまだ危害を加えられたり、近くに寄ってこられたりはしていないが、彼を見かける度に背筋が凍る。
弟も、目のない人を見かけたことがあるという。父も、俺と同じ年のころ良く見かけたそうだ。
目のない人=Kなのかは、俺には良く分からない。けどなんとなく実感している。
これが呪いって奴なんだな、と。



587: 本当にあった怖い名無し 2010/05/11(火) 02:36:19 ID:heQnbitS0
あんまり上手くまとめきれん・・・
つまらん長文、失礼しました。



589: 本当にあった怖い名無し 2010/05/11(火) 02:39:46 ID:Aa+C6IG00
いやいや面白かったよ。
GJ



591: 本当にあった怖い名無し 2010/05/11(火) 02:42:13 ID:POTWEH6e0
「何も視えない」って怖いな
視えてたことがあるから余計に怖いお



594: 本当にあった怖い名無し 2010/05/11(火) 08:31:47 ID:BUqX89cu0
殺されたKの呪いより、Tのほうが怖いんですけどw



622: 本当にあった怖い名無し 2010/05/11(火) 23:27:20 ID:j7aKZsjyP
20年程前、真冬の明け方
山手通りの駒場辺りを走ってた

前方で派手なクラッシュ音
もしやと思い速度を緩め注視しながら進むとやはり…
カーブを曲がり切れなかったと思われる車が電柱に激突していた

衝撃で助手席の扉が開き若い女性の上半身が仰向けに飛び出していた
顔面は血塗れ白眼は剥き出し
路面に噴き出した大量の血液からはもうもうと湯気が

あまりの恐怖に予定を変更して自宅の布団へ直行


変死体を目撃して通報できる人はかなり肝が座っていると思う 



623: 本当にあった怖い名無し 2010/05/11(火) 23:42:54 ID:VNN5J/V90
>>622
うちの親父も若いころ事故ったばかりの現場に遭遇したっていってたなー
>>622みたいに直で見てなくて血溜りだけみたせーか、なんとか通報はできたようだ
まぁ、警察くる前に引き上げてうち帰ってからあとは布団被ってガクブルしたらしいが



628: 622 2010/05/12(水) 01:03:17 ID:auaR6D0vP
>>623
半年程前にも渋谷で流血事故を目撃したんだが
携帯で写真撮ってるやつの多いこと



668: 本当にあった怖い名無し 2010/05/13(木) 08:37:00 ID:O05CAyCR0
アパートの隣に墓場がある
オレは霊感無いしあんまり怖い話を気にしないのでそこで暮らしていた
お盆休みの時に帰郷する事になった
外に出る時に背筋がヒヤッとしたんだがあまり気にしなかった
一週間ほど帰郷し部屋に入ると背筋の凍る思いをした
あんなに怖かった事は無い

クーラー付けっぱなしだった。



669: 本当にあった怖い名無し 2010/05/13(木) 08:38:50 ID:N6Hw2bA50
>>668
電気代の請求書見たときが一番怖かったに違いない・・・
オソロシイ・・・



670: 本当にあった怖い名無し 2010/05/13(木) 08:46:10 ID:ovEI2cm60
>>668と同じ経験をして、引き落とし日が怖くて口座に入ってる貯金を
全部おろす暴挙にでました。
反省しております、すいませんでした。



671: 本当にあった怖い名無し 2010/05/13(木) 08:50:26 ID:mBm5uu/E0
案外電気代たいしたことなかっただろ一週間じゃ



672: 本当にあった怖い名無し 2010/05/13(木) 08:54:16 ID:ovEI2cm60
>>671
オール電化というのがあってだな・・・



727: 本当にあった怖い名無し 2010/05/15(土) 02:31:16 ID:mhgbRhXR0
>>671
亀だけど、3ヵ月出張で留守にして、帰ったらエアコンが付きっぱなしに・・
もう駄目ぽとか思ってたら、電気代は1万5千円くらいだったよ。



681: 本当にあった怖い名無し 2010/05/13(木) 11:49:35 ID:u3K08AYD0
小学校のときに修学旅行で長崎に行くことになった
長崎といえば小学生修学旅行コースと言えば、
原爆資料館が含まれるコース。
ひめゆりの防空壕などを見ていざ原爆資料館。
自分はすいすい入り口に向かってるつもりだった。
だけど後ろから自分の声が聞こえていた。
しかも泣きながら先生と数人の生徒に取り押さえられて暴れて

「熱い熱いっ!!もう嫌だ!!みんな死ぬのまた見るの嫌だ!!!」

ということを何度も繰り返し泣き叫んでいた。
私はここにいるのになんで?
もうパニック状態。その体は私のなのに!と思った瞬間、
体に戻った?ようで力が抜けてその場で倒れてしまった。
周りには当時自分は小児喘息だったために喘息が出たんだということにしていたが、
あの時私の体に入っていたあの子はまだ原爆資料館で泣いているのだろうか・・・
そう思うと戦争は悲しいなと思うばかりだった。
体に戻ったときかなり体が熱かった。まるで火に包まれるかのように。
あの子の体験した熱さはきっとこれよりも熱かったんだろうなと思うと、
また悲しくなってきて1日ずっと泣いてました。

にしても資料館の入り口のお姉さん方がまたかーみたいな表情してたのが
なんか怖かった。頻繁に起こってるのかもね。
では失礼しました。



682: 本当にあった怖い名無し 2010/05/13(木) 12:02:43 ID:abozYMkz0
グロくてパニック起こす子は多いと言う
どうでもいいが資料館に霊だの魂だのが集まっているとは考えにくいぞ



683: 本当にあった怖い名無し 2010/05/13(木) 14:39:11 ID:IC7HOeCj0
まとめサイトのくねくねを読んで思い出した十数年前の話。


小学校卒業まではよく家族5人(父・母・私・弟2人)で旅行に行っていた。
父の友人夫婦と一緒に行く事もよくあった。

その時は那須高原に家族とその友人夫婦の7人で旅行にいった。

夜、ホテルに泊まった時、父と母は友人夫婦の部屋で飲み会をしに行ってしまったので
私と弟達は部屋で3人、川の字で布団の中に入って寝ようとしていた。
私達がいた部屋は窓のすぐ外に外灯があって、カーテンを閉めても明るかった。
布団の中に入っても旅行先でワクワクしていたせいか、なかなか寝付けなくて弟達と話をしていた。

ふと、壁の方をみると黒い細い影が2、3本くねくねしていた。

弟達も「何これ?くねくねしている!」と起き上がった。
部屋の中にはくねくねするものは何もないし、カーテンもゆれていない。
外の外灯の前に何かあるのかとカーテンを開けてみるけど何もなく、ただ外灯と駐車場があるだけだった。
カーテンを閉めて壁の方を見たら、やっぱり影はくねくねしていた。

「幽霊?幽霊?」と弟達が騒ぎ出すし、なんだか不思議だったので
弟達と一緒に母を呼びに行って、部屋に戻ったらくねくねは消えていた。
「何もないじゃない。早く寝なさい。」と母は友達夫婦の部屋へ戻って行った。

なんだったんだろうと思いながら布団に入って壁を見ると、また影がくねくねしていた。
特に害は感じなかったし怖くもなかったから、そのまま寝てしまった。

朝、起きたらくねくねしていた黒い影は消えていた。



684: 本当にあった怖い名無し 2010/05/13(木) 14:39:56 ID:IC7HOeCj0
くねくねの話を読んで思い出した時、あれはくねくねだったのかなと思ったけど、
あの後何もなかったし、怖いとも思わなかったからくねくねではないのかもしれない。
今思うと、姉弟3人一緒だったとはいえ、母と父が側にいなくて少し心細かったから
それを慰める為に何かがくねくねして私達のことをあやしてくれたのかなと思う。

一番下の弟だけは幼稚園生で幼かったからか、この事は覚えていないのが少し残念。



686: 本当にあった怖い名無し 2010/05/13(木) 15:19:40 ID:u3K08AYD0
もう一個不思議体験をば
あんまり怖くないかもしれないけど

ツィッターを始めた頃写ツ(写真ツィッター)にもはまった
頻繁にここにいるなう!と写真付きでばんばんツィッターしていた。
ある真夜中の12時近く、今部屋でお絵かきなう!と別にどうでもいい文章と
書いてる途中の絵をツィッターに送った。
けどなぜか送れなかった。
あれー?とか思ってたら部屋の雰囲気がバチッと変わった。
突然テレビが消えて空いてた窓もなぜか閉まってた。
そしてメールが届く。

NO BODY

え?どういうこと!!??
メールの内容は????????+??????????++++???みたいなわけのわからない内容に
がたがたしながら自分の部屋を出たら空気がすーっと抜けた気がして、
テレビも窓も元に戻った。
ツィッターも普通に送ることが出来た。
だけどこれが元で写真を添付することはやめようと思った。
よく見たらあれ、メールアドレスそのものが”NO BODY”ってなってて
どこから着たかわからないんだよね
まぁ不思議体験でした。



709: 本当にあった怖い名無し 2010/05/14(金) 20:16:23 ID:ns8X97id0
稚拙な文章ですが、聞いてください。
今も住んでいるマンションの話です。このマンションははっきり言うと幽霊マンションでここに引っ越して来た当時(10年程前で僕は小学校3年でした)は、毎日金縛りが当たり前でした。
その中でも1番強烈だった話をさせていただきます。



710: 本当にあった怖い名無し 2010/05/14(金) 20:18:02 ID:ns8X97id0
その日も金縛りがあり、いつもは恐怖心で目を瞑っていたのですが、その頃には金縛りには慣れて来たというか好奇心の方が大きくなっていました。
なので、目を開けてみたんです。
ぼくが寝ていた布団の足元にタンスがあり、そこに穴?があいており(いつもはそんな穴?はないです)そこから目がこっちを見ていたのです。



711: 本当にあった怖い名無し 2010/05/14(金) 20:19:39 ID:ns8X97id0
目が合ってこれはヤバイと思いすぐに目を瞑り寝ようとしたのですが全然眠れず、金縛りもとけなくてもう一度目を開けてみたら、その穴から手が伸びてきていたのです。
それを見た瞬間に目も瞑れなくなってしまい、手がどんどん伸びてきて腰の辺りを引っ張らて気を失ってしまいました。



713: 本当にあった怖い名無し 2010/05/14(金) 20:21:01 ID:ns8X97id0
最近になって、その話しをすごく霊感がある友達(Hとします)にしてみると、にやっと笑いよく生きてたね。というのです。
なにどうゆう事?と聞くと、H曰くそういう霊的なものは欲しい部位があるとその部分を引っ張るらしいのです。
足が欲しいなら足を。手が欲しいなら手を。
じゃあ、腰を引っ張られたって事は?と聞くと、腰って体の真ん中でしょ?お前の魂が欲しいって事。って言われました。
じゃあ、逆になんで生きてたの?と聞いたところ、守護霊が守ってくれたんだよ。感謝しろ。て言われました。



715: 本当にあった怖い名無し 2010/05/14(金) 20:22:39 ID:ns8X97id0
とりあえず、この話はこれでおしまいです。
本当に稚拙な文章すいませんでした。
他にもマンションに関する話があるので気が向いたら書きたいとおもいます。ありがとうございました。



763: 本当にあった怖い名無し 2010/05/16(日) 06:41:58 ID:yO7YUW6f0
アパート暮らしなんだが、よく床下貯蔵庫ってあるじゃん?
今飲んで帰って来たら、なんか蓋開いてんだよね。
うちの場合、貯蔵庫っていうかもろ地面が見えてて
なんの為にあるか分らない感じ。

引っ越して一か月なんだが、イベント発生か?
死霊のはらわたのトラウマあるから地下室は勘弁なんだが。

進展あったら、追ってレスするわ。
一応木刀装備して寝るぽ。



764: 本当にあった怖い名無し 2010/05/16(日) 09:24:05 ID:KIVC2Sab0
>>763
とりあえずバルサンに点火して床下貯蔵庫に投げ込んで見ることをお勧めする。



765: 本当にあった怖い名無し 2010/05/16(日) 09:34:17 ID:ModvXwyK0
>>763
防犯上怖い物件だなぁ。
普通のアパートって1階には床下貯蔵庫なんてあるのかな?
一軒家やマンションの1階ならありそうだけど。
それにしても蓋が開いてるって言うのがなんとも・・・。

色んな意味で気をつけて下さい。



785: 本当にあった怖い名無し 2010/05/16(日) 18:50:34 ID:/rhVV16S0
これは母から聞いた話です。
私の曽祖父、つまり母の祖父が亡くなったときのことです。
曽祖父は九十八歳という当時ではかなりの高齢でした。
普段から背筋をぴんと伸ばし、威厳ある老人だったとのことです。
しかしそんな曽祖父も老衰には勝てず、床に着くようになりました。
曽祖父は、母の住む家のごく近所に住んでいたため、
母の母、つまり祖母が看病に通っていました。

母は当時高校生で、曽祖父が亡くなった日も学校へ行っていました。
一週間くらい前から、そろそろだと言われていたそうですが、
まだ大人でない母に、人の死に目など見せないほうが良いという祖母の判断で、
母は曽祖父の床へは近づくことを許されませんでした。
学校から帰った母は、自分の部屋で畳の上に仰向けになり、
とりとめもない考え事をしていました。
一時間にいっぺん、ぼーんぼーんと、居間にある柱時計の音が聞こえてきます。
(いま、何時だろう)
そう思って母が、机の上の置時計を見上げた瞬間でした。
(あっ!)
体の自由がききません。視線以外はまったく動かせないのです。
(これは金縛りだ)
この事実に少し混乱しましたが、それと同時に母は曽祖父のことを思い浮かべました。
(まさか、おじいちゃん……)
すると、曽祖父の家がある方向の壁から突然、白い馬の首が現れました。
馬はそのまま、壁を抜けて母の部屋に入ってきます。
白い馬は、着物を着た人を乗せていました。
何もかも真っ白で、額には三角頭巾。幽霊の装束です。
幽霊を乗せた白い馬は次から次へと現れ、全部で六頭になりました。



786: 本当にあった怖い名無し 2010/05/16(日) 18:54:28 ID:/rhVV16S0
彼らはゆっくりと、重々しく進んで行きます。
真っ白な着物のたもとが、風になびくように揺れています。
その集団が母のすぐ側まで来たとき、その中の一人が母の方を見ました。
(おじいちゃん!)
それはまぎれもなく曽祖父の顔でした。
曽祖父は威厳に満ちた穏やかな、しかし感情のない顔で、
しばらくの間ただじっと、母を見ていました。
やがて曽祖父は前を向いてしまいました。
その時になってようやく、母は首なら動かせるようになっていました。
彼らがどこへ向かっているのか気になって、母は首をめぐらせて彼らの行く方向を見ました。
部屋の反対側の壁へ消えて行くのかと思いきや、彼らの進む方向には穴がありました。
ぽっかりと、灰色の渦のような、異次元への入り口を思わせるような穴でした。
(おじいちゃん、死んでしまったんだ)
その穴を見た瞬間、母ははっきりとそう思いました。
母が見ている前で、彼らは静々と進んで行き、やがてその穴の中へ消えてしまいました。
彼らが消えると同時に、母の金縛りも解けました。
そしてその日の晩、母は曽祖父が亡くなったことを知ったのでした。
亡くなった時刻はちょうど、母が金縛りにあっていた時刻だったそうです。

この話には、すこしおまけがあります。
後年のことですが、機会があって、母は友人と金縛りの体験について話をしたそうです。
その友人の旦那さんは、頻繁に金縛りにあう方で、
親戚の誰かが亡くなると必ず金縛りにあい、しかもその間、亡くなった人が穴へ吸いこまれていくのを見るとの話でした。
穴、と聞いて、母が自分の体験談を話すと、友人にその穴の絵を描くよう言われました。
旦那もそんなような穴だと言っていたから、と言うのです。
母は近くにあった子供用のクレヨンで、その穴の絵を描きました。
帰宅した友人の旦那さんにその絵を見せると、その穴はまさに、旦那さんが見る穴にそっくりだったそうです。

スレチ感もありますが、自分としては死後の世界への扉が、
非常に身近に感じられ、怖かったのでカキコします。
長文乱文失礼しました。
そして読んで下さってありがとうございました。



832: 1 2010/05/18(火) 00:38:20 ID:xfeepiWk0
一ヶ月ほど前の事、洒落怖まとめサイトで「人に生える木」という話を偶然読み。その話が私がまだ学生だった
15年ほど前、当時よく飲みに連れて行ってもらっていた民俗学の教授の話と一部が“非常に良く似ている”
ため。何か解決の糸口になればとその話をここに書こうと思う。
予め書いておくが、あくまで「一部が似ている」というだけで、情報が不足しており同じ内容なのかははっきりとは
解らないという事を念頭に読んで欲しい。

ある日の午後、教授が講義の時間中やたら機嫌よくしていたため、何かあったのかと聞いてみると。以前から
探していた古書を偶然手に入れ、元から所持していた本の内容の一部を補完し、尚且つ矛盾部分を繋げる
エピソードがあったので、想像以上の収穫でつい浮かれてしまっていたらしい。
詳しい話は今日の夜にでもしてくれるという事で、いつも行く飲み屋で待ち合わせする事にした。

その古書は明治時代に発行された小冊子のようなもので、中国地方の伝承や呪術などのエピソードをまとめた
本らしい。当時古書の名前も聞いたはずなのだが、流石にタイトル名までは忘れてしまった。

以下は当時教授が酔っ払った勢いで話した内容の中で、「人に生える木」と関係していそうな部分のみを抜粋。
今から500年近く前、中国地方のとある神社で「ある儀式」が行われていた。
それは、人の運命を見通す事の出来る能力を儀式によって依代の体に降ろし、人の吉凶を占うというもの
だったという。
これはこの神社の神官の家系の血筋のみ依代の資格を持ち、当時その地域でかなりの地位を持っていた
らしい。しかし、当時その地域を治めていた大名がこの能力を危険視し、圧力をかけて儀式そのものを完全に
中止させ、その代でこの儀式は完全に絶たれ、儀式の方法も一切継承されず歴史から消え去ってしまった。

ここまでは教授が元から持っていた古書に書かれていた内容。
ただし教授は、儀式を中止するには動機が非常に弱く、実際には他に何かあったのではないかと考え、
関係する史料を20年近く探し回っていたのだが、それがつい最近偶然手に入ったのだという。
そこにはこう書かれていた。



833: 2 2010/05/18(火) 00:39:10 ID:xfeepiWk0
まずこの儀式は、「人の運命を見通す」というよりも「破滅する人間をみつける」という類のもので、吉凶を
占うという類の物ではない。
儀式によって神霊の力を借りて「破滅する人間」を見分けることが出来るようになった依代は、その人物の
背中に「ムカデが寄生する」という形で破滅の兆候が見えるようになるらしい。
このムカデ、始めはごく小さいムカデなのだが、寄生した相手の運気や精気を何年にもわたって吸い続け、
やがて寄生した相手よりも大きくなり、完全に寄生対象の運気と精気を吸い上げると体から離れどこかへと
行ってしまう。すると、完全に「生きるための力」そものを失った寄生対象は破滅し死亡するらしい。
この神社は、依代によってムカデに寄生された人間を見つけ出し、それを「祓い」「運気と精気を犠牲者に戻す」
事を生業としていた。

ところがあるとき、この神社の傍系の家系の家系が反乱を起こし、地域を二分する勢力争いとなり、その時に
傍系の一族の者が神社から「禁忌の儀式」とされる書物と祭具一式を盗み出した。
この禁忌の儀式とは、「ムカデを使役する技法」について書き記されたものであり、悪用すればいくらでも
攻撃対象を「呪い殺す」事ができる。
更に厄介なことに、この一族はこの儀式を研究・発展させ、ムカデの集めた運気・精気を自ら利用する方法
まで手に入れ、本家の勢力ではとうてい太刀打ち出来ないほどになってしまったために、当時その地域を
支配していた大名に助けを求め、傍系の一族郎党全てを根絶やしにしたというのが真相らしい。

そしてその後、神社の方もこれ以上儀式が悪用されないよう。「依代の儀式」そのものも廃止し、儀式は
伝承のみが一部地域に残るだけとなったと古書には書かれていた。



834: 3 2010/05/18(火) 00:39:58 ID:xfeepiWk0
・儀式によって“見える”ようになる(自然に見えるようになるものではない)
・ムカデ(動物)と木(植物)の違い
・儀式の方法は数百年前に完全に絶たれている(継承者がいない)

という相違点や矛盾点はあるが

・破滅する人間が見える
・寄生体が成長する
・寄生体が消える(折れる)と寄生対象が破滅する

など、共通点も多い。
木の見える彼女がこの神社の(当時の)本家の家系となんらかの関係があったという可能性はないだろうか。
また、傍系の家系が実は現在まで生き残り続いていたとすると、突然「木の生えた人々」が一気に増えた理由も
説明できるのではないだろうか。
ただし、これはあくまで「伝承」であり、断定できるような根拠は何もないが…

ちなみに、この伝承について更に追跡調査をしたいのだが、実はそれは今となっては殆ど不可能になって
しまっている。
なぜかというと、この教授は既にお亡くなりになっており、奥さんはご存命なのだが、人に生える木の話を
見た後、GW中に奥さんに連絡を取ってみたところ、既に教授の蔵書は何年も前に複数の大学に寄贈してしまっており。
更に歴史的価値の薄いものは古物商に売ってしまい現在一切残っていない。
GWあけに寄贈した大学にメールで問い合わせ、教授の家から寄贈された蔵書の目録をメールしてもらった
のだが、その中にそれらしき文献は存在しなかった。
ということは、古物商に売りに出された中にあった可能性が高く、最早追跡も出来ない。
非常に中途半端になってしまって申し訳ないのですが、私の知っている限りの情報は以上です。



872: 本当にあった怖い名無し 2010/05/18(火) 23:58:01 ID:+tknK7QW0
厳密に言うと、この話は俺が「洒落にならない位怖い」と思った体験ではない。
俺の嫁が「洒落にならない位怖い」と思ったであろう話である。

おれの嫁は俗に言う「みえる人」で、俺は2ちゃんでいう「0感」。
嫁がまだ恋人の頃、見える人である事を俺に明かし、その後しばらくの間
「あそこに女の人が居る」だの「今足だけが階段を昇っていった」だの言い出し、
俺が本気で遺憾の意を表明した時から一切それ系の実況をしなくなった。
だがつい先日、何故か俺にもはっきりと不可思議な物が見え、
その時の嫁の反応を以ってここに投下し得る話と思い、書いてみる事とする。



873: 本当にあった怖い名無し 2010/05/18(火) 23:59:58 ID:+tknK7QW0
山菜採りが好きな俺と嫁は、いつもの如く山道を車で通行していた。
しがない自営業の俺等は、昨今の不況の折に開き直って、平日の昼間に
日がな半日程度、山菜採りに精を出していた。
比較的心地よい疲れに伴い、今日の夕飯は何かな、天婦羅はもう暫く要らないな。
とか思いながらボケっと運転していた夕刻。

自分の車の前を走る、シルバーの軽。暑い日だったので、前を走る軽の助手席の窓から
手が生えて見える。運転者は老齢であろう、決して生き急いでないのが見て取れる様に
40k巡航である。ここまではよくある光景で、次のストレートで追い越しかけるか、と思っていた
その矢先、嫌な事に気付いて、しまったと思った。
その軽の助手席の窓から「手」が生えて見える。「腕」じゃなく、「手」。
指まではっきりと認識できる、バナナよりも巨大な手が、前を走る軽の窓枠をがっちりと掴んでいる。

嫁はともかく、今までそんなものが見えた事のない俺は総毛だった。
すぐさま嫁にに視線を移すと、以前はこういう不可思議な現象に対しても
ヘラヘラ笑いながら俺に実況していた嫁が、目を見開いて硬直している。
常時見えている人間にとっても只事では無い事例であろう事が、0感の俺にも容易に推測できた。
そしてその「手」はこちらの熱視線に気付く風でもなく、新たな行動をし始めたのだ。



874: 本当にあった怖い名無し 2010/05/19(水) 00:01:51 ID:+tknK7QW0
その「手」は、掴んでいた窓枠を離し、にゅーっと虚空に伸び始めた。
その手首には、タイの踊り子の様な金色の腕輪が付いている。
肘が車外に出ても伸び続け、肩の手前位まで車外に出した。
とんでもなでかさ。そして、やにわに
自分が乗っている軽の天井を叩き始めたのだ。

「ぼん、ぼん、ばん、ばーん、ばん、ばーん」という音が、
すぐ後ろを走る俺等にも聞こえてくる。
そのときの俺はというと、目の前で起こっている映像に脳の認識がついていかず、
ただそのままぼーっと軽を追従していた。
「停めて!!!」
嫁の悲鳴交じりの声が、俺に急ブレーキをかけさせた。前輪が悲鳴を上げ、
前のめりのGを受けながら、俺の車は急停止した。
今まで眼前にあった、自分の車の天井を叩き続ける巨大な手を生やした軽は、ゆっくりと遠ざかっていき
その先のカーブから見えなくなった。



875: 本当にあった怖い名無し 2010/05/19(水) 00:03:15 ID:UzhH9m/U0
夕暮れに立ち尽くす俺の車。嫁は頭を抱え、小刻みに震えている様にも見える。
俺も小便がちびりそうだったが、努めてなるべく明るく、嫁にまくしたてた。
「なんだよ?お前いっつも笑って解説してたじゃん。あんなのいつも
見てたんだろ?今回俺も見えたけど、すげえなあれは。」
暫くの静寂のあと、嫁が口を開いた。
「・・・・・あんなの、初めてだよ。・・・・アンタは、気付かなかったろうけど。」
「なにがよ?」
「あの腕。邪悪な感じがしない。かなり上位の存在だよ。」
「・・・じゃあ良い霊とか、神様じゃね?運転手が悪い奴で、なんかそんなんじゃないの?」
「そんな訳無い、絶対におかしい。あんな上位の存在が、あんな行動するわけがない。
やっている事は悪霊そのもの。だけどあの腕は光に包まれてた。
分からない。自分の無知が怖い。・・・怖い。頭がおかしくなりそう・・・」

嫁の話を聞いていると俺も頭がおかしくなりそうだったので、わざわざUターンして
その現場から離れ、実家には帰らずに居酒屋に直行、二人で浴びるほど酒を呑んで、
近くのビジホで一泊した。、
あの手は一体何だったのか、俺は未だに全く理解できない。
ただ、あんな体験はこれっきりにしたいもんだ、と心底思った。



894: 本当にあった怖い名無し 2010/05/19(水) 14:23:50 ID:qH/1kuFm0
昨夜主人と生き人形のYouTube見てました。ノイズの走る例の動画です。今朝私は、朝食の仕度中に包丁が真っ直ぐ落下して右足の甲に刺さり怪我、そして今さっき主人が仕事中に右手首骨折したと連絡が。
なんでしょうか?もうガクブルです。
https://www.youtube.com/watch?v=AlKn77RSwbQ




895: 本当にあった怖い名無し 2010/05/19(水) 14:52:43 ID:cNJx0tVc0
ほんと?
ほかに視聴したお友だちはいる?



896: 本当にあった怖い名無し 2010/05/19(水) 14:57:03 ID:qH/1kuFm0
>>895
主人と2人だけです。
生き人形怖いです。



897: 本当にあった怖い名無し 2010/05/19(水) 15:02:32 ID:OTfLIO5f0
>>896
早くしかるべき所へ行ってお祓いしてもらえ。



898: 西 2010/05/19(水) 15:08:25 ID:7zwrAN2K0
見てしまった己の不幸を呪うがいい



899: 本当にあった怖い名無し 2010/05/19(水) 15:59:07 ID:htDqaB/00
気にしすぎは良くないよ。
恐れる物は来る。



917: 本当にあった怖い名無し 2010/05/19(水) 21:00:17 ID:b86nhzkf0
昔うちの母親が掃除機でゴキブリ吸い込んじゃってさ、
「開けるの無理。怖いじゃん」って言ってそのまま置いておいたんだよ。
何日か過ぎて、夜中にトイレ行きたくなって起きたらさ、 リビングのほうから「・・・っ ・・・っ」ってなんかノイズ?が聴こえるから
「・・・なんだ?」と思って探したらさ、掃除機なんだよ。 近くにくるとさ「ガガガサ、ガササ、ガガッサ」ってすげー音するの。
で、理解してゾっとした。
吸い込んだのが卵持ちのゴキで、中で孵化したんだよ。何十匹かしらんけど。 母親と俺でそのままゴミに出した。さすがにこわすぎた。
父親は「殺虫剤吸えばいいじゃねーか。」って言ったけど、 もうね。そういうレベルじゃなくて、最期の足掻きで騒いだら、掃除機のフタ開くんじゃねーかっていう勢いで騒いでて。
夜中捨てたんだけど、朝、ゴミの取り集め時間の前にゴミ捨て場に通りかかったら
なくなってた。綺麗で使えそうだから誰かもっていったんだろうなぁ



918: 本当にあった怖い名無し 2010/05/19(水) 21:20:05 ID:cEGMhvVYO
>>917
掃除機は拾わない事にします!



919: 本当にあった怖い名無し 2010/05/19(水) 21:21:55 ID:qtL8vBkS0
夜中に耳の穴にGがはいってたオレから見れば「屁」でもない話だ。



922: 本当にあった怖い名無し 2010/05/19(水) 21:31:03 ID:ocPqT1Qf0
去年の秋

仕事が終わり家に帰ると雨が降ってきた。次第に雨脚は強くなり嵐になった。
寝ようかと布団を被るが、風が窓を叩く音でなかなか寝付けない。
次第に音は等間隔になり大きくなっていった。
「割れるんじゃないか?」と心配になり立ち上がってカーテンを開けた。

何か黒いモノが窓いっぱいに張り付いていた。

それがスライムのように剥がれ奥の方に遠ざかったかと思えば
またこちらの方にやってきて大きい音と共に張り付いた。
「これか!」と思った。でも何故か「家には入れないだろう」
と思いすぐに寝た。



927: 本当にあった怖い名無し 2010/05/19(水) 22:07:33 ID:CE1Nd72P0
>>922
ゾッとした・・・



935: sage 2010/05/19(水) 22:41:39 ID:GIe+3Plj0
怖いってよりは不思議な話かもしれんけど、
オレ的には怖かったので、ここに書きます。

オレがガキの頃、近所にAと言う幼なじみがいた。
学年も同じで、毎朝一緒に学校に行った。
Aは何故か未来のことをよく知ってて、
その頃夢中だったマンガとか、アニメとかについて、
来週どうなるかを教えてくれた。

なんで知ってるのか気になって、一体どこから聞いてきたんだと聞いたら
Aは「夢で見た」と言っていた。
おそらく予知夢みたいなものだったんだろうけど、
その頃のオレはアホだったので、
「いいなー、オレも夢で見たいなー」としか思ってなかった。

んでお互いに五年生になったとき、Aは死んだ。
トラックにひき逃げされて即死だったらしい。
Aの葬式は身内だけで行われ、遺体を前に最後の挨拶も出来なかった。
オレはしばらくAが居なくなったことを自覚できなかったけど、
Aの妹が寂しそうにしているのを見て、少しずつAの死を認識していった。

続く。



936: 本当にあった怖い名無し 2010/05/19(水) 22:42:21 ID:GIe+3Plj0
sageかた間違えた。

んで最近の話。
先月のGWの時、田舎に帰省した。
Aの家の前を歩いてたら、Aのおばさんに会った。
「おひさしぶりです」
「あら、○○(オレね)君、すっかり大人になったねー」
なんて軽く立ち話をして、Aに線香でもとA宅にお邪魔した。

Aに線香を上げてからまたおばさんと世間話。
ふとぱたぱたと歩く音が聞こえてきた。
「○○にいちゃん!」
Aの妹だった。

続く。



937: 本当にあった怖い名無し 2010/05/19(水) 22:43:01 ID:GIe+3Plj0
Aが亡くなってから、オレはAの妹が寂しそうにしているのが見ていられなくなって、
毎朝A妹と色んな話をしながら学校に行った。
そのうち自然とオレのことをお兄ちゃんと呼ぶようになってた。

そのままA妹と二人で世間話。
「彼氏は出来たか?」とか、「大学はどうだ?」とか、まぁ色々と。
そのうちAの話題になって、ふと聞いてみた。
「ひき逃げ犯は捕まった?」
「あ、うん、大丈夫・・・」
何か触れちゃいけないことに触れてしまったらしい。
それ以上は聞かなかった。

続く。



938: 本当にあった怖い名無し 2010/05/19(水) 22:46:14 ID:GIe+3Plj0
家に帰って夕食の時、おふくろに聞いてみた。
「Aってトラックにひき逃げされたんだよね?」
「あぁ、A君? そう言ってたんだっけ・・・」
「そう言ってたってどういう意味?」
「確か・・・、詳しく知らないけど変死とかなんとか」
「変死? 脳卒中とか?」
「知らないけど、子供達にショックを与えないためとか、通勤途中の車に気をつけるように、
 トラックに轢かれたって話になったんじゃなかったかな」
「んじゃひき逃げじゃないのか」
「うん、そうだけど、詳しいことは知らないねぇ」
謎が深まってしまった。

続きます。


939: 本当にあった怖い名無し 2010/05/19(水) 22:46:59 ID:GIe+3Plj0
その夜Aのことが気になって、卒業アルバムとか文集とかを引っ張り出して、
片っ端から読んでみた。
Aの文章は至って普通だったが、「同じクラスの人を書いてみよう」ってやつで、
Aのことを書いてる文章があった。

「A君は未来を知っててすごい、火事とかも知っててすごい」
みたいなアホな文章だったが、それで思い出した。

オレはAとの通学途中、毎朝のように未来の話を聞いた。
オレの動機は至って自己満で、好きな漫画やアニメの来週の話が知りたくて知りたくてどーしようもなくて、
アホみたいに毎日教えて君してたんだが、
たまに全く関係ない話をすることがあった。

続く。



943: 本当にあった怖い名無し 2010/05/19(水) 23:10:40 ID:GIe+3Plj0
ある朝Aが家から出てくると、腕に包帯をしていた。
例によってオレはアホな語り口で話しかけた(と思う)
「どうしたそれ?」
「昨日の夜火事があって、やけどした」
「え、火事? どこ? 痛くない?」
「ガッコー行く道の途中に茶色い犬いるじゃん? あそこんち」
「マジで? 見に行くぞ!!」
「おう!!」
っつって、二人でその家に駆けてったんだけど、家は火事にはなっていなかった。
茶色い雑種の中型犬が、いつもと変わらずオレ達に向かって吠えるだけだった。

「何だよ-、嘘かよー」
「いや、嘘じゃないもん、ホントに見たし」
その何日か後、その家は全焼した。



944: 本当にあった怖い名無し 2010/05/19(水) 23:11:24 ID:GIe+3Plj0
ちなみにその火事で人とか死んでなかったと思う、
怪我がなくて何よりみたいな話を聞いたし。
あとから新しい家が建って、あの犬も戻ってきてたと思う。

んでまー、その件でオレとAは「Aが夢で未来を見てる」
っていう結論に達した。

その頃「1999年7月にノストラダムスの大王が~」みたいな
世界の終わりがやってくるぞー 的な話がはやってて、
オレはAに「1999年7月に地球がどうなってくるか見てきて」と言った。
何日かしてAはオレに言った。
「何にもなってなかった」
「何だよ、つまんねー」
「でもすごいゲーム機とか見たぞ」
「え、マジ? 教えてよ!!」
ってことで、やはり予知夢を自己満にしか使えなかったアホなオレ達だった。



945: 本当にあった怖い名無し 2010/05/19(水) 23:12:06 ID:GIe+3Plj0
Aはその後、どんどん未来のことを、と言うか、
未来のゲーム機について教えてくれるようになった。
今で言うWiiとか任天堂DSみたいな話も聞いた。
最後の方は、
「でかいテレビで恐竜とか飛行機がテレビから飛び出してきた」
みたいなこと言ってたから、3Dのゲームなのかな。
今よりもっと未来を見てたのかもしれん。

で、それから程なくしてAは亡くなった。



946: 本当にあった怖い名無し 2010/05/19(水) 23:12:56 ID:GIe+3Plj0
文集を持ったまま色々思い出してるうちに、やはり死因がどうしても気になって、
A妹に電話した。
「明日ヒマか?」
「昼間なら大丈夫だけど」
「んじゃ兄貴だからメシでもおごってやろう」
と言って半ば強引にA妹と約束を取り付けた。

翌日、A妹と郊外のアウトレットに行き、メシを食って、午後3時前にはそこを出た。
帰りの車の中で、A妹とAの思い出話をする。
どう切り出すか迷ったが、A妹がAの予知夢の話をしたので、
ここぞと思い、こう切り出した。

「予知夢が見られるなら、トラックの件も先に気づければよかったんだけどな・・・」




947: 本当にあった怖い名無し 2010/05/19(水) 23:14:40 ID:GIe+3Plj0
「うん・・・、あのね」
「うん?」
「これ本当は言っちゃいけないって言うか、言うなって言われてるし、あまり話したくないんだけど」
「うん」
「お兄ちゃん(Aのことね)、トラックじゃないの」
「・・・どういうこと?」
少し間をおいて、A妹は話し始めた。

「あの日のことだけど・・・」
「お兄ちゃんと私は一緒の部屋に寝てたんだけど、 朝起きたらお兄ちゃんはまだ寝てて、私は一人で居間に行ったの」
「ちょっとしたら突然子供部屋から、お兄ちゃんの叫び声が聞こえて、ぎゃーー って」
「お母さんが慌てて子供部屋に行ったら、お母さんも悲鳴あげちゃって」
「びっくりして私も部屋に行ったんだけど、、、そしたらお兄ちゃんが・・・」

オレは黙ってA妹の次の言葉を待っていた。



949: 本当にあった怖い名無し 2010/05/19(水) 23:16:59 ID:GIe+3Plj0
「・・・焼けて、死んでた・・・」
「焼けて?」
「黒こげって言うか、真っ黒って言うか・・・」
A妹の手が震えてた。
オレも少し震えてた。

「私が子供部屋を出て、ほんのちょっとの間に、そうなって・・・」
オレは正直言葉を無くしてしまって、ただ頷くことしか出来なかった。

「ごめんなさい、変な話しで・・・」
「いや、いいよ、オレもAの最後のこと、知りたかったから」
オレはその時頭の中でぐるぐる色々と考えてて、
もしかして人体発火現象ってやつか? と思い、更に一つだけ聞いた。

「ごめん、一つだけ聞きたい、人体発火現象って知ってるか?」
「うん、前に調べたことあるけど、あれじゃない」
「まるで炭のようになったって後から聞いた」
ほんのちょっとの間で炭に?? そんなことあるのだろうか。
どういうことだろう・・・。

オレとA妹は、そのまま言葉を交わすこともなく車を走らせ、
「またね」の挨拶で別れた。
んで悶々として今に至る。

ここからはオレの予想でしかないんだけど、
Aは「予知夢で見た火事」で「やけど」を負っていたから、
もしかしたら「予知夢」ですごい火力に遭遇したとか・・・。

でも、人体が瞬間的に炭になるようなことってあるんだろうか。
オレにはわからんけども。

Aは最後に何を見たのかなぁ。



951: 本当にあった怖い名無し 2010/05/19(水) 23:22:06 ID:CE1Nd72P0
>>949
ほほう・・・怖いな。面白い話をありがとう



953: 本当にあった怖い名無し 2010/05/19(水) 23:26:06 ID:i/8KpynP0
>>949
これは面白い



956: 本当にあった怖い名無し 2010/05/19(水) 23:55:59 ID:ltovRAL40
A君の話は興味深いな



958: 本当にあった怖い名無し 2010/05/20(木) 01:25:55 ID:SDjhibhJ0
火傷は予知夢の中で火にあぶられたんじゃないか?



960: 本当にあった怖い名無し 2010/05/20(木) 02:32:00 ID:ae9xZRiP0
普通に人体発火じゃないの?
人体発火の有名な写真とかだと炭どころか
足以外全部燃え消え去ってるじゃん



963: 本当にあった怖い名無し 2010/05/20(木) 03:11:15 ID:ae9xZRiP0
Aは予知夢で怪我することを知っていたから、
危険な予知夢を見ていたとは考えにくい

だから危険の無い、普通の日常的な未来を見ていたのに、
予知夢から逃げられないほどの急激な炎上に巻き込まれて死亡したと




【歴史に学ぶ】権謀術数【マキャベリズム】

【失笑!】思わず吹いた秀逸なレス集合『落としたショートケーキ』

【閲覧注意】面白半分で絶対にやってはいけない行為

俺が異世界に行った話をする

ジョジョ作者荒木飛呂彦の健康法