1: 名無しさん@涙目です。(静岡県)@\(^o^)/ 2016/01/21(木) 19:36:01.76 ID:if8auZZe0.net BE:218927532-PLT(12121) ポイント特典
羽柴秀吉が、家臣の武将、脇坂安治に宛てた書状33通が見つかった。
兵庫県たつの市立龍野歴史文化資料館と東京大が21日発表した。

「天下人」の書状がまとまって確認されるのは異例。
天下統一や朝鮮出兵の過程での細かな指示ぶりや叱責(しっせき)を飛ばしていた様子がうかがえるという。

書状は織田信長が本能寺の変で倒れた後の約10年間分で、信長の次男・信雄(のぶかつ)や
徳川家康と覇権を争った小牧・長久手の戦いや越中の佐々成政攻め、九州の島津攻め、
朝鮮出兵などに関する内容。

85年の書状は、2カ月で13通に及んだ。正親町(おおぎまち)天皇が譲位後に住んだ京都の仙洞御所造営に使う
材木の手配を伊賀で行うよう命じた安治に対し、越中出陣を望んだことや材木輸送の遅滞を再三叱責。

伊賀の統治についても細かく指示し、統治がうまくいかなければ蒲生氏郷ら他の武将を派遣すると告げた。
追放した近臣の1人をかくまわないよう指示し、「信長の時代のようには甘くない」とすごみも利かせていた。

朝鮮出兵でも、「小西行長が釜山の海城を落としたと聞いたが、皆で攻めるよう申し渡したはず。
早く合流して戦え」「明との国境に攻め入ったのはめでたい。しっかりと高麗国を攻めよ」
「普請などしっかり行え」と再三指示していた。
「三月に渡海するから待っていろ」「来春明に渡る予定である」とも記し、秀吉本人が渡海予定だったことも改めてわかった。

編纂所の村井祐樹助教(日本中世史)は「しつこいぐらいに細かい秀吉の性格がわかる。
子飼いの武将だった安治との親密さもうかがえる」と話す。

豊臣秀吉文書集(名古屋市博物館編)の編集委員会委員の藤田達生・三重大教授(日本史学)は
「伊賀は当時、自治の伝統が強かった。信頼の厚い安治を派遣し、指示を再三与えたことから
相当に気をつかっていたことがわかる」と指摘する。
http://digital.asahi.com/articles/ASJ1P5T15J1PPTFC012.html
転載元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1453372561/
死ぬ程洒落にならない怖い話を集めてみない?『神様なのか?』
http://blog.livedoor.jp/nwknews/archives/4996288.html
Toyotomi_hideyoshi


3: 名無しさん@涙目です。(庭)@\(^o^)/ 2016/01/21(木) 19:38:34.52 ID:tJ/wgYkQ0.net
ノブは甘いのか



32: 名無しさん@涙目です。(dion軍)@\(^o^)/ 2016/01/21(木) 19:47:47.68 ID:6vpNdzTQ0.net
>>3
伊賀における信長の話って悪いのが多いけど、実は甘かったってことか?



223: 名無しさん@涙目です。(神奈川県)@\(^o^)/ 2016/01/21(木) 23:04:03.72 ID:1dKrl0au0.net
>>3
信長は必要な事をやってるだけで、身内には甘いくらいだろ。



4: 名無しさん@涙目です。(大阪府)@\(^o^)/ 2016/01/21(木) 19:39:22.17 ID:XxGUiW1k0.net
まあ信長は良くも悪くも情の人だったからな



5: 名無しさん@涙目です。(茸)@\(^o^)/ 2016/01/21(木) 19:39:24.05 ID:vWr0E3Er0.net
サルめ
言いよるわ



6: 名無しさん@涙目です。(新疆ウイグル自治区)@\(^o^)/ 2016/01/21(木) 19:39:28.86 ID:Lq51pbFd0.net
かなり細かい性格だったっぽいな



151: 名無しさん@涙目です。(dion軍)@\(^o^)/ 2016/01/21(木) 20:42:36.91 ID:mN+9sTEa0.net
>>6
だから禿げたんだな



10: 名無しさん@涙目です。(新疆ウイグル自治区)@\(^o^)/ 2016/01/21(木) 19:40:44.47 ID:p8fgUHos0.net
信長様は謀反を起こしても謝れば許してくれるくらい激甘です



11: 名無しさん@涙目です。(神奈川県)@\(^o^)/ 2016/01/21(木) 19:40:59.67 ID:2iSrsMTx0.net
信長は実はあまい。
秀吉の嫁への手紙とか洞察力と人情味が感じられる



18: 名無しさん@涙目です。(兵庫県)@\(^o^)/ 2016/01/21(木) 19:44:03.02 ID:etajuuK90.net
最上義光の娘にひどいことしたよね
こあ
駒姫は、その類いまれな美しさから父母に溺愛されて育ったという。時の関白・豊臣秀次は、東国一の美少女と名高かった駒姫の噂を聞き、側室に差し出すよう義光に迫った。義光は断ったが度重なる要求に折れ、15歳になったら娘を山形から京へと嫁がせると約束する羽目に陥る。なお、九戸政実討伐の帰途、山形城に立ち寄った秀次を、義光が駒姫に接待させたという挿話は後世の創作とみたほうが妥当である。

文禄4年(1595年)、駒姫は京に到着し、最上屋敷で長旅の疲れを癒していたところ、7月15日、秀次は豊臣秀吉の命により高野山で切腹させられてしまった。そして駒姫も8月2日に他の秀次の側室達と共に、三条河原に引き立てられ11番目に処刑された。まだ実質的な側室になる前だったと言われている。父の義光が必死で助命嘆願に廻り、各方面からも処刑せぬようにと声があがった。秀吉もついにこれを無視できなくなり「鎌倉で尼にするように」と早馬を処刑場に派遣した。しかしあと一町の差で間に合わなかった[注 1]。享年15。法名は「諦雲院殿誓聴大姉」。その従容とした死に様は、さすが大名の娘であるといわしめた。

辞世の句は、

    「罪をきる弥陀の剣にかかる身の なにか五つの障りあるべき」
    (罪をきせられ、弥陀の慈悲の剣に導かれるこの身に、何か[極楽往生を妨げる]五障の罪があるでしょうか)

この辞世は彼女愛用の着物で表装され、他の処刑者のものとともに京都国立博物館に保存されている。複製品は京都・瑞泉寺、山形市・最上義光歴史館で見ることができる。

彼女らの遺体は遺族が引き渡しを願ったが許されず、その場で掘られた穴に投げ込まれ、さらにその上に「畜生塚」と刻まれた碑が置かれた。そのむごたらしさに都人は浅ましいとも何とも言いようがない思いを感じたと伝わる。

娘の死を聞いた母の大崎夫人も、悲しみのあまり処刑の14日後に亡くなった。自殺と推察されている。
https://ja.wikipedia.org/wiki/駒姫



53: 名無しさん@涙目です。(茸)@\(^o^)/ 2016/01/21(木) 19:54:22.05 ID:qXUhXaCo0.net
>>18
そしてそれを大喜びした伊達成実



21: 名無しさん@涙目です。(SB-iPhone)@\(^o^)/ 2016/01/21(木) 19:44:36.88 ID:zITFA3j50.net
信長のが人気あるのがわかるな
ていうかこの秀吉だと石田三成みたい



31: 名無しさん@涙目です。(静岡県)@\(^o^)/ 2016/01/21(木) 19:47:32.77 ID:BFt+hUjq0.net
>>21
自身が政治能力Sクラスの人なので、家臣の仕事っぷり見てイライラしてたのかもしれない
かなり細かく指図してる事からも、家臣をあまり信用してなかったかも。



35: 名無しさん@涙目です。(庭)@\(^o^)/ 2016/01/21(木) 19:48:32.39 ID:XPW5j3OF0.net
信長って嫌われ者自覚してる寂しがり屋だよなぁ
だから優しくしたり謝ればすぐに許してくれる
大体親父が死ぬ直前に謀反起こされ母と弟に裏切られ、妹の旦那の親友思ってた奴まで裏切るし
可愛そうだよな

>>21
むしろ三成が秀吉の事尊敬してて性格も似たんじゃね?



26: 名無しさん@涙目です。(茸)@\(^o^)/ 2016/01/21(木) 19:45:57.30 ID:AaEvPET80.net
すごいな。どこで見つかったんだw



33: 名無しさん@涙目です。(家)@\(^o^)/ 2016/01/21(木) 19:48:07.34 ID:YdCtJiqH0.net
第六天魔王より怖いって((((;゚Д゚)))))))



34: 名無しさん@涙目です。(catv?)@\(^o^)/ 2016/01/21(木) 19:48:32.08 ID:IvQoXS2O0.net
秀吉って字書けたの?



66: 名無しさん@涙目です。(大阪府)@\(^o^)/ 2016/01/21(木) 19:58:07.86 ID:sXu/9w5f0.net
>>34
すっごい手紙魔だからめっちゃ残ってる



36: 名無しさん@涙目です。(福岡県)@\(^o^)/ 2016/01/21(木) 19:48:45.43 ID:Gar5z3Bz0.net
現物見たいな



43: 名無しさん@涙目です。(群馬県)@\(^o^)/ 2016/01/21(木) 19:50:54.12 ID:Nn/0VL0w0.net
これは「信長の時代の 自 分 の ようには甘くない」ってことでしょ?
中国攻めあたりからの家臣らしいから。



373: 名無しさん@涙目です。(徳島県)@\(^o^)/ 2016/01/22(金) 08:20:14.17 ID:fG7dKCK/0.net
>>43
そう読むのが良さそうだね。

信長の下で中間管理職をやってる時と
関白さまでは立場がまったく違うしなぁ。



59: 名無しさん@涙目です。(大阪府)@\(^o^)/ 2016/01/21(木) 19:56:20.21 ID:sXu/9w5f0.net
なんとかの七本槍か

つか、信長って優しかったのか?
まぁ、松永久秀が再三裏切っても許してるけど
キンカン頭はボッコボコにしてたらしいし



61: 名無しさん@涙目です。(茸)@\(^o^)/ 2016/01/21(木) 19:57:00.97 ID:8oLMzPVu0.net
信長は甘くないだろ



63: 名無しさん@涙目です。(千葉県)@\(^o^)/ 2016/01/21(木) 19:57:25.81 ID:LPrrKfhk0.net
一向一揆に対して厳しくあたってるけど
家臣に一向宗徒いっぱいいるのな
信長は、よくわからん (´ε`;)ウーン…



69: 名無しさん@涙目です。(東京都)@\(^o^)/ 2016/01/21(木) 20:00:07.45 ID:UMmh/kCx0.net
秀吉死後に子飼いの家臣があっさり豊臣家を裏切るのは
やっぱり秀吉自身にも理由があったんだろうな



90: 名無しさん@涙目です。(catv?)@\(^o^)/ 2016/01/21(木) 20:08:31.76 ID:GwOkysrI0.net
>>69
時代だろ
自家を守る為に徳川家にすり寄っただけでさ

家康が関ヶ原の前に早死にしてたら
予定通り豊臣家の天下だっただろうな
淀君なんか国母として神聖視される存在になった筈



75: 名無しさん@涙目です。(関西・東海)@\(^o^)/ 2016/01/21(木) 20:02:02.23 ID:XJcuFoPHO.net
織田信長と足利尊氏は、お人よしという話があるね。
今の信長像は終戦以降らしいからなあ。



144: 名無しさん@涙目です。(滋賀県)@\(^o^)/ 2016/01/21(木) 20:37:10.63 ID:2ck4Ez+q0.net
>>75
足利尊氏は合戦以外はヘタレ



146: 名無しさん@涙目です。(新疆ウイグル自治区)@\(^o^)/ 2016/01/21(木) 20:39:34.39 ID:MAHffyjR0.net
>>144
尊氏はアムロみたいなイメージ



78: 名無しさん@涙目です。(茸)@\(^o^)/ 2016/01/21(木) 20:02:58.86 ID:OShkj0J90.net
江戸時代の創作って凄い
現代迄、影響が大きいものな



84: 名無しさん@涙目です。(石川県)@\(^o^)/ 2016/01/21(木) 20:05:20.32 ID:mGnWMDJS0.net
>>78
江戸時代ってわりと最近だろ



81: 名無しさん@涙目です。(神奈川県)@\(^o^)/ 2016/01/21(木) 20:03:26.61 ID:eUxzpC4L0.net
やっぱ信長暗殺の黒幕は秀吉だったのか?



362: 名無しさん@涙目です。(関東・甲信越)@\(^o^)/ 2016/01/22(金) 07:09:53.82 ID:+MclQuFkO.net
>>81
そもそも中国大返しが怪しい、ありえない



363: 名無しさん@涙目です。(茸)@\(^o^)/ 2016/01/22(金) 07:18:59.48 ID:KieMDFGN0.net
>>362
別に普通
北畠顕家はそれ以上の大返しを成功させてるし



377: 名無しさん@涙目です。(茸)@\(^o^)/ 2016/01/22(金) 08:47:13.32 ID:hvKbbRxW0.net
>>363
普通ではないとは思うけど
毛利が強敵だから撤退戦の準備もしっかりやってたんだろうね
自分が大将として行った戦だからその辺の指揮はやりやすかったんだろう



83: 名無しさん@涙目です。(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2016/01/21(木) 20:05:06.49 ID:h3h30/YD0.net
秀吉って能力も実績もが飛びぬけすぎてて
戦国を題材にしてなんか作ろうて時すごく扱いに困るらしいね
でひどい時にはそもそも存在していないってことにされることすらあるらしい
すごすぎるね



85: 名無しさん@涙目です。(庭)@\(^o^)/ 2016/01/21(木) 20:05:44.98 ID:Q/wu/Ax70.net
こんなクソ細かいこと本人が指示する超ワンマン体制じゃ
本人が老いて病気になると一気に豊臣家がガタガタになるのは
当然だったな



104: 名無しさん@涙目です。(長野県)@\(^o^)/ 2016/01/21(木) 20:15:34.16 ID:8WRYUXtY0.net
>>85
そらそうよ
なにせ秀吉の後を継ぐべき一族衆が無能か短命かのどちらかだったからね
せめて弟の秀長か甥っ子の秀次が存命してたらまた豊家もまた違った運命を辿ったかもしれない

まぁ、秀頼が生まれたからと言って本来頼りにしなきゃならん甥っ子を邪魔だからといって謀殺するようじゃどのみち家康に足下掬われてたかもしれんがね



212: 名無しさん@涙目です。(芋)@\(^o^)/ 2016/01/21(木) 22:44:50.64 ID:Rmb5U9IF0.net
>>85
最近の某芸能事情を連想してしまった



92: 名無しさん@涙目です。(関西・東海)@\(^o^)/ 2016/01/21(木) 20:09:19.59 ID:XJcuFoPHO.net
秀吉が種なしなのが一番悪い。
信長は何だかんだで20人以上子供作ってるんで。



154: 名無しさん@涙目です。(禿)@\(^o^)/ 2016/01/21(木) 20:49:04.36 ID:P3a75AyN0.net
>>92
凄いよな
信長って美少年大好きってイメージなんだけど



177: 名無しさん@涙目です。(茸)@\(^o^)/ 2016/01/21(木) 21:13:20.92 ID:GxUygawp0.net
>>154
信長の衆道話は前田利家がじじいになってから
酒の席で自慢したくらいしか残っていない



93: 名無しさん@涙目です。(東京都)@\(^o^)/ 2016/01/21(木) 20:10:25.35 ID:cqSIwm7m0.net
信長は身内の政略結婚も積極的にはやらなかったらしいな
やっぱ情の人なのか



138: 名無しさん@涙目です。(庭)@\(^o^)/ 2016/01/21(木) 20:33:12.35 ID:XPW5j3OF0.net
>>93
しかも吉(法師)乃なんて自分の!なんて名前女につけてる年上大好きマザコン体質だしなぁ

母親にないがしろにされ、育ての親を誤って疑って切腹させる始末

裏切られたくないけどついついツンケンしちゃうツンデレなんじゃね?



117: 名無しさん@涙目です。(富山県)@\(^o^)/ 2016/01/21(木) 20:23:27.32 ID:gan0bEYf0.net
秀吉のおっかさんの村は性に奔放でそれこそ誰でも受け入れた状態だったらしい。
それゆえ秀吉には兄弟が大変多く、偉くなった秀吉を尋ねた兄弟も多かったそうだ。
しかし秀吉は自分の出生が卑しい事を恥じていてそれら訪ねてきた兄弟を片っ端から斬首した。一緒についてきた人々もろとも。



124: 名無しさん@涙目です。(dion軍)@\(^o^)/ 2016/01/21(木) 20:26:41.66 ID:6TlcCKY10.net
>>117
また嘘八百を・・・
異母兄弟や親戚は取り立ててるよ

ただ、昔のいじめっ子を探し出して成敗しようとした狭量なエピソードはある



141: 名無しさん@涙目です。(富山県)@\(^o^)/ 2016/01/21(木) 20:34:30.28 ID:gan0bEYf0.net
>>124
本当の話。秀吉は斬首する前に母に面通しし、「この者どもは秀吉の血筋に連なる者か!」
と問いただした。母は泣きながら「このような者どもなど知らぬ」と言う。
その瞬間に何十人もの首が一斉にはねられ、四条河原は朱に染まったという悲しく愚かしい話。



156: 名無しさん@涙目です。(北海道)@\(^o^)/ 2016/01/21(木) 20:51:50.96 ID:eKGrvyDn0.net
最初から領主階層だった信長と、現場叩き上げの
秀吉では考え方は異なるだろうけど、単純に時代の
変化ってやつだと思う

信長の時代、っていうより、昔ほど大らかな
時代じゃないから、ってことじゃね



171: 名無しさん@涙目です。(禿)@\(^o^)/ 2016/01/21(木) 21:04:35.27 ID:P3a75AyN0.net
>>156
信長の親父がやり手だったらしいな



180: 名無しさん@涙目です。(長野県)@\(^o^)/ 2016/01/21(木) 21:22:06.16 ID:8WRYUXtY0.net
>>171
そう。尾張守護代織田家のその家臣の三奉行家の一つでしかなかった織田弾正忠家の基礎を築いたのは信長の祖父信定と父信秀。
特に信秀は斎藤や今川といった強敵と戦いつつ、内部の守護や守護代とも争いながら勢力を維持し発展させてきたからかなり有能な人物だと思う
ただ、信長と違い最後まで守護代の家臣に甘んじていた所を見ると、所詮はその程度の人間だったという評価もあるけどね



191: 名無しさん@涙目です。(庭)@\(^o^)/ 2016/01/21(木) 21:45:07.49 ID:vgouXK8d0.net
信長は妾に一生懸命なってる秀吉にいじられてる北の政所に陳情されて手紙出してるよな。

「藤吉郎みたいなハゲネズミがあんたみたいないい女手にいれられる機会は二度とないんだから、あんたもどんと構えてヤキモチやくな。あとこの手紙はサルにも見せてやれや」みたいな



200: 名無しさん@涙目です。(岐阜県)@\(^o^)/ 2016/01/21(木) 22:27:47.06 ID:vjkwQrxB0.net
どうでもいいけど
秀頼は秀吉の子じゃないやろ、風貌が違い過ぎるw



203: 名無しさん@涙目です。(関東・甲信越)@\(^o^)/ 2016/01/21(木) 22:31:00.82 ID:uDXl7RtfO.net
>>200
隔世遺伝かなんかだから(震え声)



206: 名無しさん@涙目です。(岐阜県)@\(^o^)/ 2016/01/21(木) 22:34:00.15 ID:vjkwQrxB0.net
>>203
子供作って得するのは淀やったし、
後後、政治に口出すのみてても淀と三成の隠し子じゃないのかね
三成の豊臣に対する忠誠が尋常じゃない



211: 名無しさん@涙目です。(dion軍)@\(^o^)/ 2016/01/21(木) 22:44:22.27 ID:6TlcCKY10.net
>>206
ないない
秀頼は1593年生まれで、三成は1592年~93年は朝鮮半島



289: 名無しさん@涙目です。(禿)@\(^o^)/ 2016/01/22(金) 01:30:45.16 ID:ruNXErHw0.net
>>211
大野治長が怪しいってよういわれちょるね



215: 名無しさん@涙目です。(やわらか銀行)@\(^o^)/ 2016/01/21(木) 22:53:55.17 ID:kdzHRLl60.net
>>200
文春では大野治長てスクープされてたわ



330: 名無しさん@涙目です。(滋賀県)@\(^o^)/ 2016/01/22(金) 02:49:39.65 ID:iMXk7uA+0.net
>>215
流石センテンススプリングw
でも、秀吉って女好きなのに子供が少ないのはやっぱり種なしに近かったのかな



285: 名無しさん@涙目です。(新疆ウイグル自治区)@\(^o^)/ 2016/01/22(金) 01:24:44.73 ID:WPRE2aNS0.net
信長の性格って一言じゃ語れないものがあるよな
降伏した武将は基本的に殺さないし、能力によっては譜代並みの厚遇をする
村でバカにされていた障害者を哀れに思い、手厚く保護する
そのくせ長島じゃアレだし



293: 名無しさん@涙目です。(大阪府)@\(^o^)/ 2016/01/22(金) 01:35:19.87 ID:+nGUYiGq0.net
>>285
長島の件は先に弟を(一方的に)殺されてるんだよ
浅井との戦いでも裏切りへの報復は行ってる



307: 名無しさん@涙目です。(静岡県)@\(^o^)/ 2016/01/22(金) 01:50:16.11 ID:EOXarfYs0.net
信長のエピソードは、家臣の子供が挨拶に来たときに
近習が干し柿を2、3個渡してやったら「ケチな事すんなボケ!」と激怒して
持ちきれないほどの柿を持たせて帰ったっていうのが好き



314: 名無しさん@涙目です。(WiMAX)@\(^o^)/ 2016/01/22(金) 01:53:59.99 ID:uQolVgrt0.net
>>307
堺屋太一の創作かも知らんけど「鬼と人と」にある
北条から雉を五百羽送るって言ってきたのを
本当に五百あるかどうか数えるのが好きだわw



316: 名無しさん@涙目です。(静岡県)@\(^o^)/ 2016/01/22(金) 02:02:01.82 ID:r9RaBLp20.net
安土城を一般開放して、門の前に立って自ら民衆から入場料を取ったとか、
面白い人だよ信長さん



339: 名無しさん@涙目です。(禿)@\(^o^)/ 2016/01/22(金) 03:04:56.15 ID:5MqmFoDo0.net
>>316
凄いなwww



323: 名無しさん@涙目です。(兵庫県)@\(^o^)/ 2016/01/22(金) 02:33:53.62 ID:TKO7il3Y0.net
一番イメージが壊れる手紙ってやっぱり信玄が
恋人(高坂昌信)に浮気してゴメンって詫びる手紙だよね(笑)



379: 名無しさん@涙目です。(神奈川県)@\(^o^)/ 2016/01/22(金) 08:52:21.92 ID:5DoWqaoR0.net
昔の絵師たち(今で言う漫画家)に言いたい

日本人なら大抵知っている殿様3人衆
徳川家康・豊臣秀吉・織田信長
学校の教科書で見たりTVで見た顔って何かこう単純なんだよな
もう少し詳しく皺とか目じりとか眉毛とか頬のこけ具合とか
ちゃんと描いてどんな顔してたか見たかったなw
織田信長ってやっぱコワモテのヤクザ顔だったんかな?



383: 名無しさん@涙目です。(神奈川県)@\(^o^)/ 2016/01/22(金) 09:01:26.35 ID:ROb+mTZy0.net
>>379
信長は本人を知ってる人間(まあ秀吉なんだが)が本人そっくりだと認めた木像が残ってる。
映り具合で全然印象の変わる写真なんかよりよっぽど確度が高い情報だよ。



385: 名無しさん@涙目です。(芋)@\(^o^)/ 2016/01/22(金) 09:42:32.71 ID:dVKDgfJQ0.net
>>379
織田信長
no title

作者名: ジョバンニ・ニコラオ(イエズス会画派・セミナリオ教師)
制作年: 1583~90年
注文者: 織田信雄

信長の死後まもない頃に描かれた追慕像(礼拝用)なので、本人を見て書いたわけではなく、特徴を口で言って書く手配書の似顔絵の作り方に似てる。
その分、信長本人の許可が不要で、実像に近いとも言われてる。



吹いた画像を貼るのだ『太宰治の落書きwwwwwwww』

猫大好き可愛い猫画像スレノソ*^ o゚)

ダラ奥が楽な料理を考える『ポン酢漬け焼き』

死刑に反対する奴って何が目的なの?

「途中で作者が狂った」←という作品

思わず保存した最高の画像スレ『鎖が腕に同化した少年』