転載元:http://toro.2ch.sc/test/read.cgi/occult/1413974645/
ねるとんの中森明菜事件怖すぎンゴ・・
http://blog.livedoor.jp/nwknews/archives/4731671.html
森


21: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2014/11/01(土) 14:45:40.12 ID:TB6iM9sO0.net
自分がついこの前体験した、というか現在進行形で体験している話でも構わないのならここに吐き出しても良いだろうか?



22: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2014/11/01(土) 14:48:03.49 ID:771DO/Y70.net
>>21
何でもいい、という気軽さがこのスレの売りなんだから、書いてみるといいと思うよ



24: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2014/11/01(土) 16:22:06.22 ID:TB6iM9sO0.net
すまない、まとめるのに時間がかかって。
長くなる、そして書き慣れていないのでそれはご愛敬でどうにかして欲しい。

私は虫や爬虫類が好きで子供の頃からたくさんの生き物を飼ってきた。
大人になってから金銭的にも余裕が出来、今うちで三種類の爬虫類を飼っている。
オマケに餌も飼育していて人から不快害虫とも呼ばれている虫も二十匹近くいて。
それに加えて趣味で節足動物も何匹か飼っている。
人からは理解されないけど私にとっては自分の子のように可愛がってるペット達なのでかなり幸せな日々を送ってた。
そんな生活をして早何年となり、家族や近しい人等は私の趣味を知っていても普通の関係を築いてくれてる。
今思えば皆優しくて私は恵まれていたんだと思う。


そこで二三ヶ月前に、私と姉と妹と妹の恋人と出掛けた時のこと。
妹の彼氏さんから
「お姉さんは虫ならどんな虫が好きなんですか?」かと聞かれ。
なんの考えもなしに素直に
「虫なら艶っぽい見た目の種類が好き。どちらかというと節足動物が好きだから本当の意味で虫好きじゃないかもね」
「気持ち悪い生き物が好きってこと?」
この時点でちょっと失礼な子だなと感じたけどスルーして「うんそうだね」で笑った。
その時はそれで話は終わった。
と、思ってた。


25: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2014/11/01(土) 16:24:30.45 ID:TB6iM9sO0.net
続き。

それから暫くして、休日。
まだ残暑厳しくてペット達の空調管理掃除もかねて外に出してたときのこと。
お昼に知らない女性がうちに来た。

独り暮らしだし、極力関わりたくなかったから居留守使ってのんびりペット達と戯れていた。

そしてその日の夜またうちに来てた。
もしかしたら宗教団体の人かもしれないと思ってまた居留守。
今度はインターホンをならして声までかけてきた。
「 タカシ(仮名)の姉ですがーいらっしゃるなら出てくださーい」と言ってきた。
タカシって知らないし、夜なのに非常識な人だなと苛立ってインターホン越しで対応しようと受話器を取って画面を見た。
数秒間固まった。

そこに写ってたのは子供と普通の女性だった。
ただそれだけなら私も硬直したりなんかしないと思う。
お母さんと思われる女性はガリガリの小学生低学年くらいの男の子一人前に抱えて立ってた。
男の子は明らかにお察しくださいな感じの見た目だった。
画面越しに男の子の奇声とお母さんの嫌そうな顔を見てすぐに受話器をおいて。黙っていた。

画面だけはつけたままにして見てたけど、気付いてないみたいでそれから暫くしたら二人は帰った。



26: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2014/11/01(土) 16:35:59.72 ID:TB6iM9sO0.net
続き
私はパニックだったけどとにかく誰かに言わなきゃとか考えて、多分警察は駄目だから姉貴に相談しようと電話して直ぐに出てくれたからことのあらましを話した。
「タカシってだれ?元カレ?」
「知らない、本当に知らない、怖いから来て欲しいんだけど」
「はぁ?お前の家キモいのいっぱいいるからやだ」
それでもなんだかんだ来てくれてもう一回話をしていたらまたインターホンが鳴った。
二人して固まって、息を殺して恐る恐るインターホンの画面を見てみる。

何もない。幽霊だと思った私はとにかくコンチクショクとか言いながらドアを半場体当たりで開けた。
これが一番の間違いだったわけですよ。
昔から怖い映画とか見ると全ての扉を開けて電気着けて寝る人だったからそこでも思わずやってしまったんですよ。
要するに馬鹿なんです。
まぁそれはさておき。

開けてすぐ、さっきの子供が口にガッツリ拳入れながら立ってた。
それも背中になんか背負って、赤ちゃん背負ってた。子供増えてるの。

意味わからなくて、またしても固まる私に子供は抱きついて来てアバーとかウバーとか言ってくる。
もうその時点で泣きたいのだけどよだれでベトベトの手を胸元辺りに伸ばして来たときに姉貴が「なにやってんの!?」って怒鳴りながら私を引き剥がした。
そんで直ぐドア閉めて、ついでに私もビンタされた。
「おかしいってわかりきってんのに出るやつがあるか!」とか
「なにやってんの!?馬鹿じゃないの!このあほたんけ!」とかなんか色々言われながらも警察に電話することになった。
その間も子供と赤ん坊の鳴き声が外で聞こえて来るので近所迷惑になるから中にいれた方が良いかと聞いたら今度こそ本当に殺されるかと思うくらい怖い目で睨まれたので心苦しいけど黙ってた。
それから三分もしないうちに警察が来た。
そんでまたおかしなことが起きた。



27: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2014/11/01(土) 16:38:36.78 ID:TB6iM9sO0.net
続き。
パトカーが来るまでインターホンの画面ずっと見ていたんだけど。
パトカーがうちのアパートの駐車場に止まった瞬間。
どこからともなくさっきのお母さんが来て子供かっさらっていった。
本当、すんごい速くって。
うちのアパート住んでるの一階なんだけど、私のペット達の部屋は通路側にあって窓があるのよね。
そんでカーテンそんときたまたま閉めてなかったんだ、レースだけかけてたっていったらわかるかな?

そこをさ、ササササって人影が通って画面にお母さんが出てきて子供抱き上げて走っていったのよ。
おいまて!って警察の人が言ったのと同時に私も気が付いたら飛び出して走り出しちゃってて一人の警察の人と私で子供抱えた女の人捕まえたんだけど。
かなり暴れられて予想どおり、差別だーとかやめてー殺されるーとか騒ぎ立てられてもう大変で、あとから女性警官が二人来て女と子供抱えてどっかに行ったんだけど。
私はその後警察官に厳重注意されてしまった。
当然です、それは私も反省してる。

まぁなんとか女の人捕まえられたし子供も怪我はなかったようで本当安心したんだけど。
問題はこの後だった。



28: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2014/11/01(土) 16:41:41.69 ID:TB6iM9sO0.net
女の人は何度もタカシの姉だって言ってて私達は知らないと答える。
そこでうちの子が障害を抱えてるからって知らないふりをしてる!このヤロウ!

みたいな事を言ってて訳がわからないけど余りにも情緒不安定で言ってることも支離滅裂。
何より子供を知らない人の家に置いてきぼりにしようとしたというので捕まるまではいかないものの保護という形で連れていかれた。
子供は家族が迎えに来るそうだと聞いて私達ももうヘトヘトでとりあえず後は警察に任して家に戻ることになった。
一応念書みたいなのも書かされた。
それでその日は終わり。


それから次の日、色々あっても会社に行ってた私のところに電話が来る。出たら妹だった。
開口一番に
「タカシがお姉ちゃんに会いたいって、なんかやったの?」

ここでタカシが誰だか知った私。
名前とかいつも彼氏君って呼んでたから忘れていたんだ。本気で。



29: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2014/11/01(土) 16:50:26.24 ID:TB6iM9sO0.net
続き。
そして一応昨日の件もあるし、仕事終わったら外で会うことにした。
我が家だとさすがにあれだったので。

そんでタカシと妹と、何故か姉貴二人も来ててなにやら重たい雰囲気で来る。(関係ないけど、うちは四人姉妹)

そして一番上の姉貴にさらっと説明を受ける。
いつの間にか次女が長女に連絡してて長女がなにやら色々と考えてタカシ君の名前を聞いた辺りから目処がついてたそうで。

まさに開いた口が塞がらないという内容だった。

タカシ君(仮名)は三人兄弟の末っ子なのだそうで。
長女は既に結婚子供も最近二人目が産まれたのだそうだ。
そしてその人こそが前日うちに子供を置いていった女の人。
子供は長男が重度のアレで、前々からノイローゼ気味だったらしい。
そういった経緯からなのかは知らないが旦那さんはどこぞの女と不倫して逃げてしまったらしくお姉さんはどん底まで落ちてここ数ヶ月かなりおかしな状況だったらしい。
そして家に帰る度に子供に怒鳴りたてたり泣いたりと忙しい疲れている姉にタカシ君は自分の恋人の姉の事を思い出し。

「彼女のお姉さんが是非引き取りたい言ってたからちょっと話し合ってみなよ!」みたいな事を言ったらしい。
そしてご丁寧に私の家まで何度か車で来ていてあそこの家だよと教えてたらしい。
なんでタカシ君が私の家を知っているのかというと私は何回か迎えに来て貰って皆でご飯食べたりとかしたから。
そんときはそんな子だとは思わなかった。
今時の子だなって感じで、ちょっと話が噛み合わないけど良い子だと思ってた。



30: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2014/11/01(土) 17:05:44.97 ID:TB6iM9sO0.net
続き。
ここまで聞いてやっと声が出た私は「なんで私なの?」って泣きたいのか怒りたいのかわからない震えた声で聞いたような気がする。

「だってお姉さん、気持ち悪い生き物が好きだって言ってたから」

もうね、情けなさと悲しさと、あと彼が余りにも哀れで泣いてしまったよ。

彼は爬虫類とか両生類とかムカデとかヤスデとかゴキブリとか好きなんだからきっと自分の甥っ子も可愛いって言うはずだって本気で思ってたんだと。

彼はどうしてそんなに私が泣いてるのかわからないというような反応で。
妹は妹で憤慨して彼氏に謝らせようとするし。
長女はどっかに電話してるし、次女は妹を押さえながら彼氏に罵声を浴びせるしでかなりカオスな雰囲気になった所でお開き。
時間にして十五分とかからなかったと思うけどすごく長く感じた。
近隣の方に迷惑をかけてしまったのでその日は両隣の人と大屋さんにお菓子買わなきゃとか謝らなきゃとかなとか使えない頭で考えて直ぐに家に帰らないでその辺うろうろしてた。
でも、暫くするとあの日会ったお姉さんの事とか子供達のこと考えてやっぱり泣けてきてしまってその日からちょっと落ち込んでしまって暫く眠れなくなった。


それからだいぶ日にちが経過して後日タカシ君のお母様から謝礼とお菓子を頂いくことになった。
姉達も同伴するって言ってたけどなんか申し訳なくて一人で話してきた。



31: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2014/11/01(土) 17:12:46.03 ID:TB6iM9sO0.net
難しい話もされたけど私はどうにも速く忘れたいのと、居たたまれないというので今後一切関係は持たない。
今日限りで終わりにしたいと言ったらすんごい謝られて、機会だったのでその後のお姉さんとタカシ君の事を聞いたら、タカシ君は妹にフラれたらしく。
お姉さんは一時的に入院していたみたいだけど退院して家に籠りっきりらしい。
子供はお母様とお父様が面倒見てるようだけど。
最後に本当に本当に申し訳ありませんでしたって頭めっちゃ深く下げられて。
また私も落ち込んでしまい。暫くご飯を食べれなかった。

なんだかこうして話すと怖い話というか不安になってきた。
怖いというか恐ろしく感じたんだよ、虫とか飼ってるとそう思われるのかっとか。
虫とちょっとおかしな子供を、しかも自分の甥っ子を気持ち悪い生き物として一くくりにしている彼に。
そしてそれを引き取りたいって言われて簡単に渡そうとしてくるお母さんがすごく怖かったんだ。
自分にはない感覚の人と出会って来ることは社会人になってからたくさん会ったけどこんな風にどこかネジが外れてる人は初めてだったから。

でもとりあえず私の話は終わり。

長くて申し訳ない、一応現在進行形と書いたので話すとまだ姉と妹の方で色々とあったりする。
色々とおかしな点もあるだろうけど許して欲しい。

あと蛇足だけど、人と違う面があるからってその人を短絡的に見てはいけない。
どんな風に話そうともどんな物を好きでもであってもそれはその人の一面だけで全てじゃないっていうのを覚えておいて欲しい。
私は今回それを学んだよ、これを読んでくれた皆さんも気を付けて下さい!



38: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2014/11/03(月) 00:57:51.11 ID:Hv94MsbY0.net
>>24
長かったけど一気に読んだ
俺は興味深い話だと思った

弟君は発達障害にありがちな症例だよ
他人に感情移入できない
他人に愛情を持てない
妹さんが結婚する前でよかったね



39: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2014/11/03(月) 03:11:31.66 ID:LH+sds7A0.net
実際そんな目に遭ったら怖い。
一番の間違いと言うけど、思い切ってドアを開けた事で早く解決して良かった?ような。

自分だったら絶対居留守を使うけど、それが長く続けばこっちが精神的に参りそう。
姉と妹のその後も気になるので、進展あったら宜しくです。



40: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2014/11/03(月) 06:54:33.07 ID:u2W+2dSU0.net
31です。
読みにくくて申し訳ない。
漢字も大人として恥ずかしい間違いばかりだな、精進します。

>>38
発達障害ってそんな風なのか、知らなかった
教えてくれてありがとう、少し調べてくる。

>>39
結果はそれで良かったのかも知れないけど、赤ん坊と子供を抱えていたお母さんを捕まえるのはやっぱり人としておかしいと思ったんだ。
妹と姉は本人達に許可とって何かあったら報告させて貰うかもしれない。



81: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2014/11/12(水) 22:52:52.99 ID:NU/g+/Yq0.net
俺の今日のちょっとした怖い話だけど
今日会社用のUSBがちょっとした弾みでボキッと折れた事と
昨日一日一緒にいた後輩がインフルで休んだ事だな



103: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2014/11/14(金) 00:20:33.89 ID:sM65adZF0.net
どこに書いていいかわからないからここに書くね

ちょっと前にY梨県のK口湖に旅行に行ったんだが
K口湖周辺の道端で、座り込んでる人をやたら多く見かけた。もう10~20人は座ってたと思う。
皆手ぬぐいにモンペ姿の婆さんやらじいさんやら、ランニング姿の坊主の小学生だの、戦時中~戦後間もなくか?と思うぐらい古い服装。
見たときは単にそういう農家のじいさんばあさんや田舎少年が多い所なんだろうなとしか思ってなかった。

それも縁石に腰掛けて、道側に足を向けてるもんだから、
走ってくる車やサイクリングの人にぶつからないかと心配して見てたんだが、全くぶつかる様子もなし。ほかに気にする通行人もなし。
後で同行者にそういう人ら多かったよなって聞いたら、何言ってんだそんなジイサンバアサンなんて一人もいなかったぞって言われた。
なにしろ数が多かったもんだから(ズラッと並んで座ってるのもいた)、今考えると不自然だな…と
自分普段は0感人間なもんで、幽霊とは信じがたい…んだが。
別に精神疾患も患ってないので幻覚でもないと思うw

オカルト的に考えると湖の周りだから霊気が増長されてたとか、そんな感じだったのかね?
誰か自分の他にもK口湖周辺でそういう人たちを見た人はいませんかね。



136: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2014/11/17(月) 20:30:08.65 ID:tcFFv0bb0.net
>>103
西湖は有名な心霊スポットだよ
霊感強い奴は結構そういうの見るって聞いてる



104: 100@\(^o^)/ 2014/11/14(金) 00:31:21.82 ID:sM65adZF0.net
↑ああ書き忘れたので追加
K口湖というよりはS湖寄りの方だな。
S湖周辺を車でグルグル回ってたんだが、そのあたりで目撃した。
でも連れの奴らは誰も見てないって言うんだよなあ…



105: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2014/11/14(金) 09:20:34.71 ID:1AhMukB/O.net
湖の近くで死者?の群れを見る話は結構ある
湖が時間軸を歪める話とか



106: 100@\(^o^)/ 2014/11/14(金) 10:25:55.11 ID:sM65adZF0.net
気になって自分で調べてみた。
S湖って昔台風の災害でほぼ全滅した村があったんだね…遺体も見つかってない方も多いとか。
オカルト的に考えるなら、自分が見たのは彼らの霊だったのかな…。
普段本当に0感人間なのに、波長が合ってしまったとか、そんな感じだったのかね。



114: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2014/11/16(日) 00:08:52.98 ID:TwStgHDi0.net
ある意味怖い話



134: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2014/11/17(月) 12:57:46.43 ID:LXotw1Hl0.net
俺ん同級生ストーカーに殺されちゃったけどなんか全くなんの関係もないおっさんに好かれちゃって朝の通勤途中にやられちゃったよ
ストーカー野郎は馬鹿なことするなよ



171: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2014/11/20(木) 16:53:15.07 ID:8fVO10pI0.net
>>134
さらっと悲しい事書きやがって・・・
詳細希望



172: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2014/11/20(木) 20:08:38.60 ID:8dHw56zC0.net
>>171
131だけど
被害者の親友から聞いたストーカー○人事件が起こるまでの被害者の子の話な。
まとめるの下手だから読みたくない人はスクロールしてくれ。

地元の会社に勤める被害者の女子は後に加害者になる新人の教育係になった。
相手は彼女の父親くらい年の離れた独身男性で、そいつが彼女に教わって一週間もしないうちにプロポーズしてきた。
勿論彼女は断ったんだけど男はしつこく迫ったらしく、親友に相談していたらしい。
職場に隠れて付き合ってた彼氏にも相談していたんだけど、そいつは「モテるなお前w」とかいって全然助けようとせず使えない。
セクハラ受けていると上司に相談しても笑って流され。
上司はセクハラの話を歪曲してパートさんとか他の社員に面白おかしく吹聴して二人の事を 夫婦 だとか アベック だとか、からかいの対象にした。

飲み会の場とかでも男に「女は照れ屋だから断ってても嬉しがってる」って言って二人を盛り上げさせようとする輩もいたのに彼氏は依然知らん顔。
その辺から男は調子にのって帰り道は待ち伏せるし、家にラブレターやらプレゼントやら送りつけたりしてやがて彼女は鬱になり会社に行けなくなった。
その頃には彼氏とは自然消滅したらしい。
後で発覚したことだけど、ストーカー男は会社の連中には、自分と彼女は正式に付き合ってて。
彼女が落ち込んでいるから励ましに行ってる、と言って上司もそれを信じて男に皆からの励ましの伝言を頼んでたらしい。

その時にずっと相談受けていた子も警察に行こうと説得して彼女も承諾した。
でもやっぱり気が引けたのか警察に行く前に会社に警告するって話になったんだ。

会社のトップにこれまでの事は全て男の虚言で付き合ってもいないし
男がやっていることはストーカーだと。
何度も直属の上司に相談しても話を取り合って貰えなかった。と
これ以上この会社に居られない、然るべき場に報告させてもらうって。
そしてやっと会社も動き始めて、上司は格下げ、ストーカー男は上層部から詰め寄られると、誤解をされたとかなんだとか騒いで彼女の家に凸してきたり。
彼女が逃げ込んだ実家にも花束持って凸してきて門前払い。

暫く会社と男との騒ぎは続いたけれど男は突然来なくなった。

長くなった、一旦切る



173: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2014/11/20(木) 20:16:23.89 ID:8fVO10pI0.net
読みやすい
長くていいよ、つづき待ってる



175: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2014/11/20(木) 20:59:39.92 ID:8dHw56zC0.net
>>173
ありがとう

続き

それから彼女は訴えを取り下げて退社する。
長いこと鬱とパニック障害に悩まされながらも色んな人に助けられて回復し

別れた彼氏ともちょくちょく会うようにもなった。
その彼氏も聞いた話によると彼女に対して結構酷い事を行ってたらしい。
早く言ってしまえばモラハラつーのか、地元で二人を見かけた事があって声かけたが余り良い印象ではなかった。
彼女は愉しげに俺と話していたけど、彼氏は始終彼女の事をバカにするような発言をしていたのを覚えてる。

それから働けるようになるくらいまで元気になって親友の紹介もあって同じ会社に勤めるようになった。
何かの節目に友人何人かと集まって飲みに行く事になってすっかり回復した彼女も来ていて。
ストーカー男の話もぎこちないながらに笑い話にして話していた。
彼氏の事も愚痴ったりしながらも凄く好きなんだとも言っていたりして、色々辛いこともあるけれどちゃんと生きているようだった。

それから一年経つか経たない頃に、通勤途中に待ち伏せしていた男に襲われ。
数日後、自宅から少し離れた国道沿いの林で発見された。
犯人は聴き込みからすぐに見つかり補導された。
世間に報道されたのはこの部分だけ。



176: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2014/11/20(木) 21:02:03.75 ID:8dHw56zC0.net
>>173
ごめん書き慣れてなくて遅くなった
これで最後にする。

告別式に行ったが、誰もが泣いていた。
俺もその一人だ。
ちょっと控えめ過ぎる所があったけれど笑った顔が可愛くて、困っている人がいたらすぐに助けに来てくれるような子だったって最後のお別れの言葉で誰かが言っていたけれど本当にその通りの子だった。

式が終わって帰りがけに、彼氏が顔出したけれど被害者の子の親友が怒鳴って殴って男何人かで止めに入ったりしたっけな。
後からこの話を聞いてどうしようもないやるせない気持ちになったよ。
困っている彼女を助けなかった奴等は今も普通に生きてるし、それどころか自分達は助けようとしたとか心配していたとか言っているようで。
話のネタにでもしているのか地元じゃかなり有名な話だ。

何年も経ってるけど今でも現場付近を通ると花が添えてある。
これだけの話なんだが本当にまとめんの下手くそで申し訳ない。
ここまで読んでくれた奴ありがとう。
もしも近くの人に困っている人がいたら笑い飛ばしたりせずに本人の立場になって考えるようにして欲しい。
それだけで防げる事件もあると思うんだ。
ちょっと私情が入りすぎたな、すまん。



177: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2014/11/20(木) 21:06:30.89 ID:8fVO10pI0.net
>>176
急かしてごめんよ、ありがとう
悲しい話やな・・・



178: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2014/11/20(木) 21:14:45.21 ID:8dHw56zC0.net
>>177みたいな人が沢山いればこういう事件もなくなると思う、ありがとう
なんか改めて自分の書いたの見るとセンチメンタルで恥ずかしいなww



181: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2014/11/20(木) 23:50:01.38 ID:7q4XrjxzO.net
表現するのも何でも生きてる内だけ。死んでからあの人はああだった、こうだったと
いろんな評価をし合うのが俺は好きじゃない。そんな法事くせえ話はうんざりする。

一度っきりの人生だ。喜びも悲しみも怒りも、下手に隠すことないね。床をのたうち回るくらい愛して、苦悩してケンカしたっていいんだよ。
基本的に楽しく生きてると、暗い人をシャットアウトして知ることをやめるんだ。
経験しても考えなかったら、それは経験とは言えない。生きてる内に、相手の良いとこをお前らは褒めてやったか?

俺は何でも伝えるつもり。



184: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2014/11/21(金) 08:34:02.84 ID:lcuiALwQ0.net
>>181
感情を隠さずに生きて、残りの人生を棒にふるか、上手く折り合いをつけるかは個人の自由。
何でも本音で話すのがベストだと思ってる時点で、社会的には不適格なんだよ。
言えば角が立つこともある、だから言わないで折り合いをつけたりするのが社交性。
誉めるのだってな、例えば迂闊に仕事絡みの女性を誉めれば、女として見ている、セクハラだっ!って言われる世の中なんだよ



193: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2014/11/22(土) 18:14:29.57 ID:znmOL2DM0.net
これもし自分の身内とか同僚にいたら野放しには出来ないよな
死ぬまで檻付きの病院入ってもらうか
さっさと死んでもらうかの2択だろ
こういう人の情につけこんで自分の思うようにコントロールしようとする輩は社会でも人間界でも生きていられたら周りを掻き回して迷惑しかかけれないし
俺はストーカー野郎が死んでくれるのを祈ってる、どうせただの構ってちゃんだろうけど
長生きしてほしくない



208: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2014/11/24(月) 20:36:51.58 ID:Kz3MjH0i0.net
お前らスゲーな
ちゃんと読んでレスしてやるとか捨てたもんじゃねー



312: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2014/12/07(日) 00:36:52.48 ID:CZIFEOBmO.net
大学で生物学の助教授をしてる知人から聞いた話

数年前に南アフリカのある地域である生物の化石が発見されたらしい
最初は猿人の化石かと思われたが後の調査の結果猿人の化石とは
歯と顎の形状が決定的に違うことが判明した
ライオン等の大型の猫科生物の形状に酷似しており
人間の皮膚ぐらいなら簡単に噛み千切れるとか
その時見つかった化石は数からして数十人単位の集落を作っていたと思われ、
猿から進化した人類とは別の系統から人類に近しい進化したを遂げた生物なのではないかと
予測され追跡調査が行われた
結果、北ヨーロッパの数ヵ国とロシア、中国で似たような化石が発見されたが
こちらは原人や新人の化石に混じって発見されたらしい
現在もその生物に関して調査中との事



313: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2014/12/07(日) 01:05:54.40 ID:NuNEbZ3x0.net
>>312
なにこれ嘘でも心踊る
もしもその系統を祖先に持つ生物がいたとして仮に現代まで生きてたとしたら面白いな
人間界にはいなくて、なんか自然と共存してる的な奴でいたら良いのに



354: 名無しさん@そうだ選挙に行こう@\(^o^)/ 2014/12/13(土) 20:20:36.95 ID:1byd0xoOO.net
怖い話って訳じゃないけどある事をきっかけに思い出した話

高校の頃に友人達と四人で遊んでた時に三回ぐらい死亡事故が起きた場所を通りかかった
別に肝試ししようとしたりした訳じゃ無くて普通に通りかかっただけ
ていうか別に心霊スポットとかじゃなかったし何より昼だったしね
駄弁りながら歩いてたら一番先頭を歩いてた友人が振り返った時にいきなり立ち止まったんだよね
何かあったのか聞いたら勘違いだと思うと言ったんだけど
なんとなく気になって追求してみると俺と右隣にいた友人の影が
重なった辺りから有り得ない程長く伸びてて丁度事故のあった場所の近くで青い光?湯気?
みたいなもんを食ってるように見えたらしい
当時は四人とも幽霊なんて信じてなかったしそのまま笑い飛ばしてすぐに忘れちゃったんだけど
最近になってオカルトに詳しい友人に何気なく話したら
なんていうか呪いの1種みたいなもんかも知れないとの事
怨念、容れ物、触媒?が呪術には重要らしく怨念は恨みそのもの

容れ物は怨念が外に漏れないようにするもの、触媒は呪いの効果を決定するモノとかなんとか
で、今回の話に関係するのは容れ物で、何を容れ物にするかで
内包出来る怨念の量(呪いの強さ)が変わるらしい、物理的な大きさはあまり関係ないとのこと
実は人間の肉体はかなりの量の怨念を内包出来るらしいが
生きたままの人間だと怨念に魂が侵食されて気がふれてしまい、
死体を使った所ですぐに腐って容れ物の役割を成さなくなってしまうから
容れ物には向いていないらしい

だけど人間の影は話が別らしく人間の肉体と同じだけ怨念を内包出来、
その人が生きている限り容れ物として壊れないらしい
ただ人間は魂が存在する肉体の方が怨念を引き寄せやすく
影に怨念を込めるにはそれなりの準備が必要とかなんとか
情報が少なすぎてよくわからんとか言ってたがもし
影を容れ物とした呪術ならかなりヤバい呪術かも知れないとの事
まあ自分も自分と影の重なってた友人も今までに特に不幸があったわけでもないし
自分の出身の田舎も変な風習とかが残ってる訳でもない
何より自分は今まで心霊体験とか全くした事が無いから目撃した友人の勘違いだと思うんだけどね



363: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2014/12/19(金) 00:17:10.63 ID:B1Hli6+u0.net
俺も怖いことがあったな
今から貴方の家にいく、奥さんに全て話す
私から逃げた罰ですよ
って留守電入ってた事あったけど俺独身だし彼女も居ないしでパニクって弟に相談したことあったな
ある意味怖い話



364: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2014/12/19(金) 23:26:57.55 ID:449cb6mO0.net
>>363
それは怖い
女の執念だけ残りそうで嫌だな



365: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2014/12/20(土) 00:54:07.74 ID:vEKSmX2dO.net
>>363
単なる架け間違いだろ
俺んちの固定電話もたまに知らん奴からの留守録が入ってる
タウンページを調べてみたら、俺んちの電話番号とほぼ同じ番号で、末尾一桁の番号違いの家が二軒あった
身に覚えの無い事でびくびくすんなよ



367: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2014/12/20(土) 17:42:51.20 ID:5JhVZAjK0.net
>>363
これの怖い所はどこかの家庭では問答無用かつ突然の家庭訪問による家庭崩壊が起こってるかもしれない事か



373: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2014/12/24(水) 02:27:44.47 ID:f8i/SbWO0.net
ついでだから話させてもらうけど
俺の飲み友達の独身四十代後半の男が二十近くも年下の子に告白されてから暫く付き合って相手が妊娠したら一方的に別れてやったって自慢話をしてた
まだ自分の事好きみたいでたまにメールくるんだぜ、女はバカの方が可愛いけどバカすぎても可愛くねーよなーとか言ってて
正直娘がいる俺としては聞いてて気分悪くなってその後連絡取り合わなかったら

そいつ相手に仕返しされて残りの人生障害抱えたまま生きていかなきゃならなくなって
今高齢の親に介護されながら生活してるらしい

女が恐いんじゃなくて心を踏みにじられて傷ついた人間が一番恐いんだよな



375: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2014/12/24(水) 02:51:58.64 ID:mpIyg3DF0.net
>>373
いや、心を踏みにじるようなことをするやつが一番怖いわ…



376: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2014/12/24(水) 08:58:20.21 ID:TfoR9ZCd0.net
>>373
独身なら当然、妊娠したら結婚してくれると思ってたんだろうな。
20離れた若妻なら結婚すれば老後も見てもらえて良かったろうに。



400: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2015/01/02(金) 22:35:22.69 ID:lgN/SVpJ0.net
>>376
うーん途中で爺が捨てられてたかもしれないし、わかんないよ。
年の差婚って最後が結構むつかしい。



374: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2014/12/24(水) 02:50:31.17 ID:w7uTTPSY0.net
質の違いだよ、
男の怖さは暴力など直接的なもん
だけど女の怖さはじわじわ来る間接的なもん。



404: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2015/01/04(日) 04:14:01.69 ID:HQEgLEy2O.net
怖い話じゃないけどちょっと昔の不思議な体験の話をする


俺が住んでる田舎にはちょっと変わった風習があって
8月1日~5日の内で雨が降っていない日の夜の8時~11時の間に、13歳の子供が一人づつ、
神主に付き添われて神社から山の中にあるご神木に御札を納めに行くっていう風習なんだけど
当然俺が13歳の時にもそれをやった
自分は8月の後半の生まれだったから俺の時は中学のクラスメイトが12人、
1つ下の学年から8人の計20人が参加してた

夜中に神社に集められて呼ばれた順に御札を収めに行って、
終わったらそのまま親と一緒に帰るっていう段取りだった
山の中って言ってもほとんど神社の敷地内っていうぐらいの距離だったし、
道もしっかり舗装されてたから一人辺り5分程度しかかからないし
とんとん拍子で進んでった
でも8番目に呼ばれたクラスメイトのAは帰らずに神主に残るように言われた
そのあと13番目に呼ばれた1つ下のBも残るように言われて
16人目でやっと俺が呼ばれた

とっとと終わらせて帰りたかったんで呼ばれたらすぐに神主の所に行って
御札を渡されて神主に付いて歩いてすぐにご神木までたどり着いたんだけど、
俺は御札を納めれずに立ち止まってしまった
単刀直入に言うといた、一目見て幽霊だと思った
ご神木の下に髪の長い女性が二人、両方とも巫女服を着てて片方は包帯みたいなモノで両目を隠して、
もう片方は木彫りのお面たいなモノを被っていた
ご丁寧に両方とも半透明でおでこの左側から突起物(角?)が生えてた



405: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2015/01/04(日) 04:16:12.34 ID:HQEgLEy2O.net
二人が1度俺の方を見てお互いに顔を見合わせて頷きあったかと思うと
包帯で目隠しをしている方が俺の方に近付いてきた
神主さんの方を見てもなにも言わず黙ってじっと見守ってるだけだった
幽霊の方に視線を戻すと幽霊が両手を伸ばして俺の両頬に手を添えてきた
触られたって感触は無かったけど触れられてる部分はめっちゃ冷たかった
ただ、このとき何故か直前まで感じてた幽霊に対する恐怖は無くなった
「あんしんして
おぼえていて
41まで
ありがとう
ごめんね」
幽霊が言った、声が聞こえた訳でも唇の動きから分かったわけでも無いけど
そう言ったのが分かった

その直後に幽霊は姿を消した
神主さんの方を見たら神主さんが頷いてた
そのまま神主さんが御札を納めるように言ったのでその通りにして神社に戻った
そのあと俺も帰らずに残るように言われた
多分AとBも俺と同じものを見たんだと思ってAに話しかけた
「もしかしてお前も見たの?」
Aは俺の言葉にバッと顔を上げて
「…うん、怖かった」
って言った
「あーうん、俺も最初は怖かったけど途中からなんか怖く無くなったわ
近付いてきた時よく見たら凄く綺麗な髪だったし」
そうちょっとおちゃらけて返したらAがびっくりしたような顔をして
「え、私の時は近づいて来なかったけど…」
なんて事を言った



406: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2015/01/04(日) 04:17:45.29 ID:HQEgLEy2O.net
もしかして違うものを見たのかと思ってお面の巫女と包帯の巫女を見たんじゃないのかと聞いたら
「私の時はお面の巫女さんだけだった、おでこの左側に角が生えてる巫女さん」
と説明してくれた
なんか変だなと思ってBにも聞こうとしたら神主さんに呼ばれた
20人全員終わったらしい
因みに残ってたのは俺とAとBとそれぞれの両親だけだった
そんで神主さんが俺の両親に「息子さんは巫女様に気に入られました」
と言ってから詳しい事を話し始めた
神主さんの話を要約すると

あの幽霊は土地の守り神みたいなモノで悪いものではない
その姿から巫女様や鬼神様と呼ばれているらしい
由来は不明、記録によれば江戸時代の頃には既に守り神として祀られていたらしい
江戸時代の頃には巫女様は4人いたが現在は2人しかいないらしい
巫女様は全員何らかの形で目を隠している、理由は不明
今日の事はこの土地の子供に巫女様に挨拶させる為のモノで
巫女様は挨拶にきた子供を事故などから護ってくれるらしい
巫女様が姿を現すのは7月後半~8月中盤の間だけ
何故13歳かは不明、昔からそう定められていたらしい
時々巫女様の姿を見ることが出来る子供がいる、何故見えるのかは不明
親兄弟でも見える見えないが有るらしい(実際に俺の父と兄はみえなかったらしい)
更にはどの巫女様が見えるかも人によって違う



407: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2015/01/04(日) 04:19:13.59 ID:HQEgLEy2O.net
見える子供の中で巫女様に非常に気に入られる子供が希にいるらしく、
巫女様はその子の魂に寄り添う、つまりは守護霊みたいなモノになり、
その子が死ぬと巫女様も一緒に成仏するのか寄り添った巫女様は戻っては来ないらしい
巫女様が寄り添っている限り事故や病気で死ぬことはまず無いし悪霊等も寄り付かない
ただし巫女様に寄り添われたモノは短命になる
俺が聞いた巫女様の言葉の意味は詳しくは分からない、ただ41ってのは恐らく数え歳の事、
その歳になったら何か起こる、多分死ぬ
俺に寄り添った巫女様は居なくなるから残りの巫女様は一人
巫女様に寄り添われた俺はあまり長期間この土地を離れてはいけないらしい
(一週間程度の旅行とかなら問題ないらしい)


以上が俺が子供の頃に体験した不思議な話
ただ年末に兄夫婦が帰ってきた時5歳になる甥っ子が俺の部屋で角の生えた幽霊を見たとか言い出した
もしかしたらこの子があのお面の巫女様に気に入られたりするのかね…



408: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2015/01/04(日) 05:21:09.33 ID:QGF931Fw0.net
い、今あなたは何歳なのかな?



409: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2015/01/04(日) 05:36:13.64 ID:QgFuPq/C0.net
巫女様が全員いなくなったらどうなるんだろう



413: 本当にあった怖い名無し 2015/01/04(日) 23:13:09.88 ID:JrLBKUat4
特徴的に人外の霊、っつーか鬼だよね、この巫女様っての
俺にはこの巫女様ってのが悪いものではないってのがとうてい信じれないんだが…
由来が不明だから対処の仕方も分からんし何気にヤバくないかこの話?



414: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2015/01/05(月) 14:36:36.60 ID:8MqFiyHMO.net
この巫女様ってのが神様にしろ実は悪いモノにしろ
強い力を持ってるのと憑いた人間を護るってのは確実っぽいし
いくつかの都市伝説(コトリバコとか)の所にこの人向かわせれば何個かは解決しそうな気がする



423: 401@\(^o^)/ 2015/01/06(火) 17:20:07.58 ID:3cqa8NdXO.net
今年で27だよ、数え年だと28だからあと13年
甥が見えてるっぽいことを神主さんに言ったら俺に寄り添ってる状態なら
幽霊が見える人なら見えるってさ
そもそも兄夫婦は別の所で暮らしてるから関係無いんだけどね



485: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2015/02/05(木) 03:00:21.33 ID:/jti24M40.net
俺が中学一年の時に、祖父が突然死んだ。
祖父は祖母と二人で行った温泉旅行から帰ってきたその日に
心筋梗塞かなにかで死んだ。
祖父は今まで病気一つしたことのない人だったので
そのあまりにも突然の死にみんな吃驚した。

葬式が終わって、家族で祖母の家に行くと
帰ってきてからそのままになっている祖父の旅行鞄を見つけた。
母が旅行鞄を開けて整理していると
祖父が今回の旅行のために買ったインスタントカメラが出てきたので
母は夕飯の買い物のついでに近くの写真屋でそれを現像してもらってきた。
出来上がった写真を見てみると
旅行先の観光名所だけが写った写真か
祖母一人がこちらを向いて微笑んでいる写真ばかりで
祖父が写っている写真が全然、見当たらなかった。

祖母が言うには、祖父は写真を撮るのは好きだが
自分が撮られるのはあまり好きではないらしく
見ず知らずの人に、すいません、シャッター押してもらえますか?と頼むのも
照れくさがって嫌がるらしい。
こんなことなら、無理してでも一枚、二人で写った写真を撮ればよかったねえ…
と祖母が漏らすと
弟が、じいちゃんが写ってる写真あったよ!と写真の束から一枚の写真を取り出した。



486: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2015/02/05(木) 03:02:49.90 ID:/jti24M40.net
その写真には、展望台で、疎らにいる観光客を背に微笑む祖母と
祖母から少し離れた後ろで、こちらを無表情で見つめている祖父が写っていた。
その写真を手に取った祖母は
変だねえ、確かに、ここに行っておじいさんは写真を撮っていたけど
誰かにシャッターを頼んだ覚えはないいんだけどねえ…と怪訝な顔をした。
確かにその写真はちょっと変だった。

祖父は、たまたまそこを通りかかったらカメラに写ってしまったといった感じだった。
父が、そっくりさんじゃない?と笑ったが、写真の人物は誰がどう見ても祖父だったし
着ている服も祖父の服だった。
祖母は、私の思い違いかしらねえ、と言って写真を元に戻した。
祖母の家から帰る車中、父が、この世には自分とそっくりの人間がいるって言うじゃない?
きっとそれだよと冗談っぽく言った。それを聞いて俺は
たしか自分とそっくりの姿をした人間に出会ったら死ぬんじゃなかったけ…?と思ったが
母が、馬鹿なこと言わないで。お母さん、最近忘れっぽいから
誰かにカメラのシャッター押してもらったの忘れてるのよ。と怒ったので
この話はこれ以上家族でしないことにした。



535: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2015/02/28(土) 04:58:51.95 ID:N9LlCWGY0.net
あまり怖くないかもしれないけれど、個人的に1番怖かった話

私は20くらいの時にキャバでバイトしていた
地方都市だし、あまりノルマもなくて、本当にバイト感覚で
ある日、一見さんのフリー(指名無し)のお客さんについたら、1番最初に
「ドリンクだけ頼んでいいよ、あとは一切喋らないで」
と言われた
びっくりしていると、
「手、見せて」
と言われた

素直に手のひらを見せると、年齢、親の年齢、家族構成から兄弟の数、子供の頃の出来事、血液型や星座、持病、好き嫌いなどをズバズバ言い当てられた
一切喋らせてくれなかったので、コールドリーディングなどではなく不気味で怖くて、ずっと鳥肌立ちっぱなし
結局、店のキャストはおろかボーイと店長まで震え上がらせて帰っていったけれど、本当に全部当たっていて怖かった(キャストの子が皆、当たってる!何あいつ!と裏で怯えていた)
霊媒師、占い師の類は信じなかったけれど、これを境に
「本当にいるのかも…」
と思い出した



536: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2015/02/28(土) 05:10:30.19 ID:N9LlCWGY0.net
特に、子供の頃に家で飼っていた犬の名前、その犬に噛まれた事、噛まれた後に犬に言った言葉を当てられたのが、物凄く怖かったです
今は、キャバ上がって普通に働いていますが、あのお客さんが
「キャバ向いてないね、仕事は○○がいいよ」
と言った仕事に当てはまる仕事をしています



540: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2015/03/01(日) 09:44:42.98 ID:+zF8ihPy0.net
>>535
当たったこと以前になぜ自分で金を払ってキャバで視たのか謎
占い師としての宣伝とかじゃないんでしょ?



537: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2015/02/28(土) 05:58:33.51 ID:0Gx/NXvC0.net
他のメンバーまでだと事前調査も無理だし、第一わざわざそんなことする理由もないし…
本物ってやっぱりいるのかね
テレビに出ているようなのは全部インチキだよね



559: ムーふ@\(^o^)/ 2015/03/06(金) 00:00:17.12 ID:LniDsD1Z0.net
個人的に怖かった話。

小学生の頃、暇になったので携帯(ガラケー)の画像フォルダを開いたら、見覚えのない画像があった。

それは戦国時代に出てくる鎧兜の画像だった。画像をよく見るとどこかの博物館に展示されているようで、ガラスのショーケースらしきものがあって、反射して撮影者の後ろの人影らしきものがある。

でも詳細情報で見たら、撮影日は前日で、その日は学校に行ってたし、どこかのサイトから画像を保存したわけでもない。

それから暫くして何かの心霊番組で、修理から返ってきた携帯に変な動画が入ってたっていうのやってて、自分の携帯のこと思い出してゾッとしたっていう話。

長文失礼。



560: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2015/03/06(金) 00:24:06.78 ID:2JFAwN0C0.net
そういうの怖いね
ガラケーだと画像共有とかないし



561: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2015/03/06(金) 01:02:42.73 ID:zJSGu3fg0.net
小学校でガラケーとは・・怖い世の中になったもんだわ・・
今はスマホか。



565: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2015/03/06(金) 11:55:45.98 ID:54U4sxII0.net
>>561
小学生なら相当前からやん、持ってないと危ないし
中学生くらいにはまだ早いと思うけどね、まあ今は持ってないと仲間に入れないだろうけど



608: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2015/05/09(土) 17:05:26.77 ID:kJRLAonn0.net
偶然の重なりかもしれないんだがこんなことがあった
うちの父親の兄が3ケ月ほど前に亡くなったんだが、84歳で死因は脳溢血
奥さんはとうに死んでて子どももいなくてね
一人で古物屋をやってたのが、夜になっても店が開いてるのを近所の人が不審がって
声かけながら中に入ってみたら居間で倒れてた
救急車を呼んでくれたんだが、死後数時間は経過してたらしい
その後葬式やらいろいろあったが、店は賃貸で家賃がかさむんで畳むことに決まり
それで在庫というか、店に置いてあった品は弟子筋にあたる人に引き取ってもらうことになった
「世話になってっるから、いい値で買わせてもらいます」と言ってて
確かにけっこうな金額になったが「これだけはちょっと」と返してきたものがあった
「そっちで処分していただけませんか」と頼んだら
「いや廃棄は簡単だけど、これ嫌な物だからお寺さんに持ってったほうがいいよ」
って言われたんだ



613: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2015/05/10(日) 12:39:40.62 ID:3N8gX/NFO.net
>>608
父親の兄、ってお前…
伯父だろ
どういう教育を受けて育ってんだよお前は



609: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2015/05/09(土) 17:06:40.47 ID:kJRLAonn0.net
素人なんでよくわからないんだが、端ぎれっていうのかな
お菓子かなんかの紙箱に入った和服のきれが10枚ほどあった
どれも20cm四方くらいの大きさで、牡丹の花が刺繍してある部分なんだ
生地の色はみな違ってたが、牡丹は同じデザインで
もしかしたら同じ人がこさえたのかもしれない
それでその生地の上に「昭和二十二年 浅草」と筆で書いた、黄ばんだ紙がのってた

これは伯父が発見されたときに倒れたかたわらにあったもんなんだよ
何がどう嫌な物なのかよくわからなかったんで聞いたが、はっきりしたことは教えてくれなかったな
それで暇をみて菩提寺に持ってったんだよ
住職はまだ四十代で、こっちの話を聞いて困惑していたが
「まあ、しばらく本堂に置いといてからお焚き上げしましょ」そう言って引き取ってくれた
それから三日後、その住職が亡くなったんだよ
死因は叔父と同じ脳出血で、やっぱり倒れたそばにその箱があったって話だ
で、箱はいまだにお寺さんにあるんだけど、どうすればいいんかな



611: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2015/05/09(土) 17:21:25.23 ID:DVWdQ1SQO.net
寺じゃなくて神社に持ってけよ



614: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2015/05/10(日) 12:40:26.66 ID:Bxbx0xXC0.net
お寺にあるなら、住職が亡くなった後は宗派だかお山だかの関係者が後を継ぐなり始末するなりするはずだから様子見ててみー



631: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2015/05/24(日) 22:52:15.60 ID:aoRtyKvR0.net
長文失礼いたします。数年前の事。
読んでくれる人いたら嬉しい。出てくる人↓
僕(川)…一般人。ホラーが好きだった。
村…変わったやつ。若干患ってたのかもしれない。喋らない。見える人だったぽいけど隠してた。
茸…黙ってればつり目イケメン。黙ってれば。某うへぺろさんとシャララ足した上に残念にした感じ。
全員男。

僕と村は中学校に上がって出会った。変な関係だったと思うwクラスも違うし部活も違う。帰りの電車でたまに見かけて会釈する位の感じ。
ある時電車の中でテスト勉強してたんだけど村が偶然となりの席で僕のノート指差して「漢字違うよ」とぼそりと呟いた事から交流スタート。話せばなかなか面白い奴で急接近。休み時間には村がちょくちょくうちのクラスにくるくらいになった。

そして二年生になり茸は出席番号が近かったのでこれまた仲良く。
三年生で奇跡的三人揃って同じクラスになりイツメン?っていうの?いつも一緒にいるメンバーに。茸はコミュ力凄かったから村もとけ込んだ。そんな村だけど視力が悪いわけでもないのにコンタクトをつけてた。茸が聞いてみたらしいけど苦笑い返されたって。

ある日村の家に茸と泊まりにいった。
村ん家は超和風な日本家屋で村っぽいなって思ったのは覚えてる。
その時村がコンタクトとってんのはじめて見たんだけどさ、右目だけ外した後、なんか鏡越しに僕と茸の事じぃっ…て見つめてんの。気味悪かった。声をかけたら「なんでもない」ってヘラァって感じの笑顔で言われた。

僕の経験上、村がこの笑顔のときって大体その後悪いこと?ていうか変なことが起きるんだよね。

次の日の朝方、早く目が覚めた僕は朝弱い二人が寝てるの置いて水でも貰おうと下に降りた。キッチンでもう起床してた村母にコーヒーもらってちょっと話した後、二階の村の部屋に戻ったんだけど。

その途中、廊下にある窓から庭が見えた
ら、庭の芝生かな?かなんかに水やってる女の人見えて、目ェあった気がして会釈した。その後村の部屋に戻った。
村ん家は二世帯住宅でお祖母ちゃん一緒にすんでるっていってたし。髪の毛黒かったけど村母若かったから気にしなかった。

ゴ
ゴメン
長くなった切るわ



633: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2015/05/24(日) 23:01:52.79 ID:aoRtyKvR0.net
続き

部屋に戻ると二人はもう起きてて、挨拶した。茸は普通に「おっはよぉ!」みたいなハイテンションに挨拶してくれた。今でも忘れられないうざさ。話それたマジすまそ。で、問題は村だった。

俺を見た瞬間、じぃっ…てまた顔を凝視してからヘラァって笑った。鳥肌たった。
何って聞いたらなんでもないってまた笑った。
何か聞かない方がいい気がしてその場はそれで終わった。
三人で着替えて下に降りて朝飯食べてるとき、村が村母に何かを言おうとした。
けど、村母が顔をあげて奥に向かって
「あら、おばーちゃんおはよう」
って声をかけた。それでその後出てきたお婆ちゃん見て僕は固まった。

朝見た人と、全く違う人だった。

混乱する俺。それを見てまたヘラァって笑う村。そんで改めて村母に向かって
「かーさん、ばーちゃん、川がバジガワミ(って聞こえた)様のお気に入り。どーすんの?」
ってヘラァって笑いながら言った。
そしたら村母とお婆ちゃん(こっから村祖母)が真顔で家の奥に引っ込んだ。
村はあの笑顔のままこちらに向き直って言った。
「お前、庭でなんかした?」
なんかした?と言われても仕方ないしそもそもなんなんだよとか色々突っ込みたかったけどテンパってた俺はただぶんぶんと首を横に振った。心当たり無し。
すると村は急に真顔になった。それから「…庭のさ、小さい地蔵さん触ってない?もしくはその奥の祠。昨日、庭案内したじゃん」と言った。
確かに前日、庭付き日本家屋に興奮した茸の提案で庭を案内してもらった。
でも地蔵なんて見てない。
すると茸が突然あっ!と声をあげた。
「昨日お地蔵さん倒れてたからもとに戻して、ガムお供えしといた!」
茸はそう言ってポケットからミントのガムを出した。
「…そう」
村はまたヘラァと笑って村祖母達が消えた方に消えてった。

ゴメンまた切る



634: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2015/05/24(日) 23:07:26.19 ID:aoRtyKvR0.net
続き長くてごめんかきためてないから遅い。

三人揃って戻ってきたときよくわかんない、何て言うの?バール?みたいな曲がった棒の先に丸い布と紙と鏡みたいなのがついたやつ持ってて何となく気圧された。
「庭、ついてきて」
そう言って庭に出ていく村。訳もわからずついていく茸と僕。

昨日案内された庭。丁度朝見たお婆ちゃんがたってた辺りにつれてかれた。
村が茸にお供えしたミントガムの残りを渡させてた。なんか、持ってたら嗅ぎ付けられてなんとかかんとかって。
村は僕と茸を座らせて絶対目開けるなって言った。
目を閉じて座る。後ろでチリンチリン鈴のおとが聞こえた。そのあとチカッチカッっていう断続的な光がまぶた越しに見えた。ほら、瞼に強い光当てると赤く見えるでしょ?あれ。五回くらい。
そのあとなんか束みたいなやつで背中何回かはたかれた。

その間ずっと村一家のお経みたいなんだけどなんか微妙なのが流れてた。
光が当たったとき目開けそうになったけど横で「茸目開けるな×××××るぞ(聞き取れない)」って村の声がしたから踏みとどまった。何て言ったかわかんないのになんか生理的な恐怖を感じた。
その後村祖母の声と村母、あと聞き慣れない女の人の声がした。
思わず目閉じたままそっちに顔向けたら多分村の手で首の位置ゴういんに(ごめん誤字。強引)戻されて耳塞がれた。
そしたら村の手越にもはっきり聞こえるくらいの音量でワケわかんない叫び声が聞こえた。断末魔みたいな。
いや、なんか捲し立ててたのかも?方言っぽいやつ。

結局僕はそのまま、眠くなって寝落ちたらしい。そこら辺よく覚えてない。
目が覚めたら何事もなかったように机に座ってて朝飯目の前にあるし村祖母と村母はフツーにお茶飲んでるしマジ夢だったのかと思った。
けど茸も不思議そうだったし時間たってるし夢じゃないっぽい。

けどなんか聞ける雰囲気じゃなくて大人しく朝飯食べて部屋に戻った。
二人で村を問い詰めてみた。

ごめん次終わると思う



635: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2015/05/24(日) 23:11:45.56 ID:aoRtyKvR0.net
ゴメン長くて

そのときの話を本当ににところどころ飛ばして短く一部分をまとめてみると。

・村の家系は特殊。(そのせいかなんか色々見えるらしい
・庭のお地蔵さんはこの家の守り神的な物で家の者以外には反応しない
・でもすごくまれに気に入られちゃうやつがいる。そいつが地蔵さんに触るとなんか守り神目覚めて連れていかれる?とか守り神の虜になる?みたいな感じらしい。
・最後に気に入られた人がいたのは昭和初期。だから詳しい事はデータがない。
・今回気に入られたのは僕。
・でも起こしたのは茸。
・守り神はお帰りくださいとお払い的なことをした。
・でも僕かなり危なかった。

らしい。
なんでお気に入りだと気づいたのかと言うと起き抜けでコンタクトしてない時に僕を見たとき、長く生きてる女の人のきこん?っていうのが見えたらしい。
それで村祖母に会ったのかとも思ったらしいけど違和感があったんだと。
それで村母に言おうとした時降りてきた村祖母見た僕の反応で確信したらしい。
村の見立てだと茸は近くにいるだけでなんか色々呼び起こしちゃうけど憑かれにくい系男子。何で今まで生きてたの。僕はたまたま波長があっちゃっただけで、あと日頃から怖いのばっか調べてたから引き寄せやすくなってたらしい。
ワケわからん。今でも理解できない。
近くにいるだけでなんか色々呼び起こしちゃうけど憑かれにくい系男子て何だよ不憫すぎる上超迷惑。気に入ったからってよそ者連れ込むなそれでいいのか神様
とか色々思ったけど霊感ある村羨ましすとか思った。村がコンタクトつけてたのは直接だと見えすぎて充てられるから。
眼鏡だとフレームの隙間とかから見えるから嫌らしい。でも最後に「これに懲りたらホラー小説ばっかり読んでないでリアルと向き合え」って言われたのが一番腹立った。

その後まぁ色々あるんだけどこの話はこれでおしまいです。長々とごめんなさい
実は独り暮らしを始めたという村が来週辺り遊びに来いというので思い出して書きました。

読んでくれた人ありがとうございました!



661: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2015/06/11(木) 12:40:11.03 ID:71sw3nqL0.net
私が町おこしのボランティアに参加した時のことです。
地元の人たちが参加する小規模な祭?のようなイベントのお手伝いとして、友達と2人で参加しました。
開催場所は地元のお寺で行われました。私たちは、下っ端だったので雑用を任せられていました。
イベントも終わりに近づいてきたので2人で跡かたずけをしていると、運営の方からトイレットペーパーの交換を頼まれました。

そこのお寺にはトイレが一つしかなく、さらにトイレの中の小部屋の数は2つで、1つは水が詰まっていて使用できなかったのでトイレはとても混んでいたと思います。
トイレの前でトイレットペーパーの用意をしていると、おばさんが話しかけてきて「さっきから、10分以上ずっと誰かが入ってるんだけど他にトイレは無い?」と言ってきたので、お寺の外にトイレがあったのでそこを進めました。

確かにトイレには誰かが入っており、トイレットペーパーの交換ができませんでした。
運営から頼まれたということもあり、私たちはトイレットペーパーを交換するためにトイレの前でずっと待機していました。
途中から、「こんだけ長いこと人の顔を見てみたいwww」という気持ちになり、トイレの入り口の少し離れたところからずっと誰かが出てくるのを監視してました笑
悪ノリでの監視だったのですが、誰が入って誰が出てくるのかをずっと見ていました。

続きます。



662: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2015/06/11(木) 12:42:41.11 ID:71sw3nqL0.net
しかし、いつまで経っても誰も出てきませんでした。
「中で人が倒れていたらどうしよう!?」と少し不安になり友人と声をかけることにしました。
友人が「入ってますか?」と聞くと、トイレの中からおばさんぽい声で「入ってまぁ~す」と言っていたので安心しました。
また元の位置に戻り監視していたのですが、やはり出てこなかったので、友人が「覗いちゃう?笑」と言い出し、下の隙間から覗くことにしました。
すると、トイレの中は真っ暗で足が見えませんでした。
一瞬「え?」となりましたが、「両足をあげてトイレしてるんだ!そんな体制じゃ出るものも出ないだろうwww」という解釈でその場は終わりました。

けど、それから20分以上経ってもやっぱりおばさんは出てこないので、たまたま通りがかった運営の方に事情を説明して声をかけてもらうことにしました。
運営の方が「大丈夫ですかー?」と聞いたのですが、返事が帰ってきませんでした。運営の方々が集まってきて「これは緊急事態なんじゃないか?!」と上から中を覗いてみることにしました。
唯一の女性だった私たちに中を覗くように頼んできたのですが、ビビりまくっていた私たちは無理だと言って断りました。(おばさんが中で死んでいるものだと思っていたからです笑)
そこで運営の方がトイレの壁をよじ登り上から中を覗いたのですが、そこには誰もいませんでした。

「中からしっかりと鍵がかかっていたし、私たちはずっとトイレの入り口に居たので人が出てきたらわかります!!
第一、声をかけたら返事が返ってきたのを2人で聞きました!」と訴えたのですが、運営の方々はその事をうやむやにしてその日のイベントは終わりました。
たぶんあの感じは、このお寺ではよくあることだったんだなと今になって思います。
納得がいかなかった私たちは、裏口がないことなどを確認した時に、トイレの真裏に墓地があることに気づき 泡を吹きそうになりました笑
それに、足があるかを確認した時に気づかなかったのですが、そのトイレは洋式便所ではなく和式でした笑



727: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2015/06/29(月) 18:33:27.33 ID:rkf4K34V0.net
小さい頃車の中でドアにもたれかかってうとうとしてたらばあちゃんが気付かずにドア開けたもんだから頭強打した
その時は痛いだけでなんともなかったけど何時間か経った頃急に目の前が真っ暗になった
病院に運ばれて治ったけど結構簡単に失明ってするんだなと思った



728: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2015/07/06(月) 19:59:59.96 ID:A+r13bekO.net
治ったんなら失明してないじゃん



730: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2015/07/09(木) 02:58:51.75 ID:kLYVtHjA0.net
脳の視覚に関するところが腫れたり血腫ができたりして
一時的に失明したってことだろ
圧迫が取れたから治った



737: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2015/07/30(木) 04:17:39.04 ID:f0R6lgy00.net
暑くなってきたから書くわ
大して怖くはないと思う
東北大地震の4ヶ月後なんだけど、仕事で七ヶ浜ってところに行ったんだ。
覚えてないが、2日か3日目だったかな?
皆んなで、海岸に行ってみようってなってビーチ方面に歩いて行った。
道中は悲惨な光景でした。家は殆ど無くなってたしビーチはコンテナが沢山。
被災した方には申し訳ないがその光景だけで恐かった。
その日は宿に帰りそのまま寝ました。
部屋は4人部屋でテーブルを真ん中にしてそれを囲む形で寝た。
そして夢を見た。



738: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2015/07/30(木) 04:29:40.37 ID:f0R6lgy00.net
会社の先輩と何故かお寺?の廊下のような場所を歩いていた。
進行方向左手に胸程の高さの手摺があり、下を覗くと海が見えた。
海には尋常じゃないくらい大きい魚が泳いでいる。錦鯉のような魚だった。色も大きさも違うが何匹も泳いでいる。
綺麗な光景だったのでつい見とれていると、突然津波が押し寄せ魚はきりもみ状態になり流されてしまった。

一際目立っていた赤白の魚は、柵?水門?のような鉄格子に挟まれ死んでしまった。
呆気に取られていると、一緒に歩いていた先輩は随分先に行ってしまっていた。
慌て「先輩待って下さい!」と小走りしようとしたら、後ろから右手を掴まれた。
振り返ると、見知らぬ女性が、霧のようなモヤから身体を半分出した状態で手を握っていた。
するとその女性が呟いた。

「私死んじゃった。」

と一言。



740: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2015/07/30(木) 04:48:49.93 ID:f0R6lgy00.net
怖くはなかった。
何故なら彼女の表情は、困ったような、悲しげのある笑顔だったからだ。
そしてすぐに目が覚めた。
右手には、確かに握られた感触がある。
俺は思わず「うっわぁ~」と声を出した。
周りの人は寝ている。怖くなり寝る事にした。
それから程なくして金縛りになった。

恐怖で心臓はバクバクした。だが脳筋馬鹿のおれは、パワーでなんとか金縛りを振り解いたw
息を切らして恐怖を抑えまた寝ようとした。
すると、無理やり振り解いたことに腹を立てたのか、また金縛りw
おれも負けじとパワーで解いたw
一度に2度も振り解くと体力の消耗ははげしかった。「マジかよ」と呟きながら心を落ち着かせ、また寝る俺。
しかし3度目は確実に来たw
「もう勘弁してよぉ~w」と流石に笑ったw
なんとかまた振り解くと、諦めたのか次はもうなかった。



741: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2015/07/30(木) 04:58:12.65 ID:f0R6lgy00.net
俺の体験はここまで。
今だに彼女の表情は忘れられない。
何より何故俺にあんなことを言ったのかもきになる。
被災した方の中には今だに見つかってない方も大勢いるので、見つけて欲しかったのかもしれませんね。
夢の内容も謎が多いですが、覚えている限りを書きました。
被災して亡くなった方々には心からご冥府お祈り申し上げます。
長くなりましたが終わります。
同じ文を連投してしまいすみません。
ありがとうございました。



759: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2015/08/04(火) 23:09:39.87 ID:3FWltIOU0.net
ふと昔のことを思い出したんで投下
あんまこういうの書かないんで分かりにくかったらスマン

中学生くらいの時に家族で鹿児島の某所に3日ほど観光に行った
2日目の夜だっただろうか、親に「夕飯どうする?」と聞かれ、俺ら兄弟は「ステーキ!」と即答した
旅行先だからファミレスじゃ味気なく、かと言って土地勘のない場所だったため親はカーナビに「近くのステーキ屋」と入力
条件に合う店が周辺に4件ほどあったため適当に近場に行くことにした
他の店の名前は忘れたが、そのうちの一つの店の名前が「人形の家」だったと記憶している

その時の時刻はもう9時過ぎで周囲は街中でも真っ暗だった
そんな中カーナビに従って人形の家へ向かったのだが、車はどんどん寂れた道へと入っていく
もうこれ車のライトくらいしか明かりなくね?というくらいに暗い
周りは草木ばっかりで、サトウキビ畑沿いの道のような感じの草だらけの山道だったし舗装もされてない
そんな道を10分くらい走っただろうか、「別の店行った方がいいんじゃない…?」と思いはじめた時ようやく建物が見えた
俺らの目の前に現れた建物はどう控えめに見ても廃墟
普段はおしゃべりな親が無言で車をUターンし、結局街中の居酒屋っぽい店で夕飯を食べた


…ということがあったよな、とふと思い出し親父に話してみたら、病院勤めの親父が「あれ廃墟というか、廃病院だと思うわ」とぼやいた
なんでカーナビがそんなとこに案内したのか未だに分からずにいる



773: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2015/08/10(月) 08:00:47.94 ID:Txu8yEtQ0.net
友達の体験談。
ある年のバレンタインデー。友達が郵便受けにチョコが入っているのを確認。
兄弟などはいないから、自分宛だと確信。
こんなこともあるもんだと思ってそのチョコを取り、開けた。
外見は普通のチョコ。でも手紙などがないから誰からの物か分からなくて少し気持ち悪かったらしい。
まあいいかと思いそのチョコを口に運ぶと・・・。

めっちゃ毛が入ってたらしい・・・・。
吐き出して他のチョコを叩き割ると、爪だとか何だとか、とにかく体の一部のものが入ってたらしい。



775: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2015/08/11(火) 01:55:40.65 ID:va06pG7A0.net
当事四歳の娘を連れて伊豆に家族(主人の両親もありで)旅行に行きました。
うっかり娘が毎日一緒に寝ているパペットを忘れてしまいぐずりだした娘を落ち着かせようと部屋をでました。
主人の両親が起きてしまうと申し訳ないのでそのまま廊下を渡り、薄暗いロビーに行きました。
時間が深夜なのでフロントにも誰も居ません。
その頃には娘もすっかり目を覚ましてしまいたくさん置かれている赤いソファに座って遊びはじめてしまいました。
困ったなと思いつつ自分も眠くはないのでしばらく一緒に小さくお話したりじっくり見ていなかった旅館の内装なんかを見たりしていました。



776: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2015/08/11(火) 02:09:17.57 ID:va06pG7A0.net
ふと気がつくと娘が光があまり届かない奥にあるソファに手を置いたままぴたりと動きを止めています。
じっと、何かを見つめていました。視線を辿ると一番奥のソファを見ています。
そこからなるべく目を離さぬようにしてゆっくりとこちらに来て私の手を握りました。
「ママ…」
そっと呟いた直後、私のひざにしがみつき「いやだあー!来ないで!来ないでえー!あっちいってえー!」
と凄まじい声で叫び始めました。

あまりの声にこちらがしばらく動けず娘を凝視していると娘は凄い勢いで私を押し、さらに泣きながら叫んでいます。
ようやく金縛りがとけた私はとるもとりあえず娘を抱いて走ってロビーを離れました。
明るい電気がついたままの風呂場にとりあえず滑り込み泣きじゃくる娘にどうしたの?と声をかけると
「イスにおじさんがすわってたの、顔が半分ぐちゃぐちゃの人だったの。その人が…」娘は唾をのみ込んで涙がぽろぽろ流れたまま
「その人の顔が目の前にきたの、しゃがんで…こっち見るの」
もう今はいないよ、と娘は言いました。

私自身は全く見えなかったし、心霊体験も皆無ですが、娘はたまに今でも見たりしています。
「ぐちゃぐちゃさん」の話はなかでも私が怖かった話です。
読みづらいかもしれませんが、読んで下さった方ありがとうございました。



777: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2015/08/11(火) 02:37:49.44 ID:56httG3h0.net
同僚の3歳くらいの子(嘘なんかつかない)も見えるらしいが、やっぱ小さい子には見えるのかね



780: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2015/08/11(火) 17:12:47.27 ID:va06pG7A0.net
>>777
娘は今は11歳なのですが、7歳の時にも真っ昼間の道路のど真ん中に巨大な首なし人間が立っているのを見たそうです。
一緒にいたお友だちも見ていて二人して見つからないように植え込みに隠れて家まで帰ってきました。
他にもいろいろあるのですが、最近はまったく聞かないのでもしかしたら霊感がなくなったのでは…と期待しています。



781: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2015/08/11(火) 18:54:05.05 ID:z2Hos2b10.net
霊感のある小さい子供さんが何度も目撃したということは
そんなスプラッタなオバケがその辺にけっこういるってことかな?
あるいは幼少期特有の感受性ゆえに異次元と交錯してるのかな…
自分も幼いときは妖精みたいなものと遊んでたような気がする。
記憶定かでないけど。小さいうちは何でもありだね。



782: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2015/08/12(水) 14:54:10.50 ID:Kt82om9x0.net
なんだそりゃw



784: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2015/08/12(水) 14:55:09.39 ID:Kt82om9x0.net
ワロタwwwwwwwww



787: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2015/08/12(水) 22:59:48.67 ID:OxGHCwY80.net
今から10年程前の6月に仕事で山に入った時の話。

山にある設備の増設を行う為、簡単な測量をしに山に入った。
そこに行くのは2回目で1回目は真昼間で今回は様々な都合で夜だった。

県道から舗装されていない山道に入り、道の行き止まりにある少し広い所に車を止める。
辺りは茂みに覆われており左手と前方は山で右手の茂みの先は崖になっていて、
車を転回させるのにも何度も切り替えして行う必要がある。

そこから500m~1㎞程は徒歩で森の中の獣道を登る。
その道は緩やかなカーブで左に曲がっていて少し真っ直ぐなりその後、右に曲がっていく。
分岐点も無い1本道だった。
昼間に通った1回目は…

2回目に通った時、予想外な展開で夜となった為に懐中電灯等を用意しておらず、
携帯電話(ガラケー)の液晶の明かりを頼りに歩いていた。
一度通った事ある道だし大丈夫と思っていた。

しかし、左カーブが終わり真っ直ぐの道になり、
そろそろ右に曲がるはずと思っていたのになかなかカーブは現れない。

暫くすると、前方に緑色の淡い光が2~3つ右に左に、上に下にと動いていた。
直ぐにそれはホタルだと気が付いた。
その瞬間、他の物にも気が付いた。

ホタルが飛んでいる所に、高さ1m位の小さなお社があった。
もうそこからは脳内パニックが始まりつつも一瞬で様々な事を考えた。
昼間に来た時は間違え様の無い1本道だったのに…
こんな所に突然お社?
ってかまだ6月なのにホタル??
ここってもしかしてヤバい所なん???
絶対すぐにこの場を離れんとやばくない????



788: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2015/08/12(水) 23:00:30.61 ID:OxGHCwY80.net
そしてすぐに振り返り元来た道を足早に戻っていった。
すぐにでも帰りたい気持ちでいっぱいだったが、
仕事を放って帰る訳にはいかない!という思いが勝り、
どこかに右に曲がっていく道があるはずだと右斜め前を
携帯電話の液晶で照らしながら歩いた。
すると程なくして獣道ながらT字路に行き着いたので、
右に曲がり設備ある所を目指して歩いた。

後はとにかく仕事に集中し先程見た事を
一切考えないようにしながら仕事を進めた。
でも、なんだか後ろを振り返るのは怖くて、にかく
前方と足元だけしか見ないようにした。

仕事は30分程度で終わったのだが、
またあの獣道を下って帰る事を思うと憂鬱だった。
しかし帰らない訳にもいかないので、
とにかく左側を見ないようにして液晶の明かりを頼りに
道を下り車まで戻っていった。

帰りは道を間違えずに無事に車までたどりついたのだが、
下手すると崖から落ちそうになる場所で車を転回させるのには苦労した。
明かりと言えば車のヘッドライトのみなので
途中何度も降りて確認しながらとなったが、
車の外に出る事もミラーを確認する事も怖かった。

その後、特に何も変わった事は起きていないし、
いま書いた事の最中も何も起きてはいない。
なぜか道を間違え季節外れのホタルを見てお社があっただけ。

以上、体験した僕だけが怖い話でした。



799: 1/2@\(^o^)/ 2015/08/15(土) 18:32:10.59 ID:DOxiYSKR0.net
高校生だった時の話。俺の家はまあまあ田舎で、学校も山の上にあった。当然、登下校の時も山道になるんだけど、
途中で結構大きな墓地があって、そこから住宅地の方に階段が続いている。そうするとやっぱり色々とアレな噂も
あったり不審者がいるとかなんとかで、その階段を使う奴は少なかったんだけど、俺は特に気にしなかった。近道だし。

で、ある夏の日。朝からめちゃくちゃ暑くて、汗だくになりながら階段を登ってると、上の方から派手なエンジン音。
見ると男性が一人草刈りをしてる。階段脇の斜面に立ちながら草刈り機(長い棒の先に丸い刃が付いてるアレ)で
ブインブインバリバリと作業中で、朝から大変だなとか思いながら学校に向かった。
夕方、部活のランニングでは最後にその階段を登るんだけど、その男性はまだいた。
朝見た時から8時間以上経ってるし、明らかに弱った様子で階段に座り込んでる。乱雑に刈り倒された草の中に、男性が
飲んだと思われる空のペットボトルが何個も散乱していた。働くって大変なんだなとか思いながら階段を駆け上がった。

下校時、男性はまだいた。いたけど、明らかに様子がおかしい。
遠目には草刈り機を乱暴に振りまわしてるのかと思ったけど、まずエンジン音がしないし、男性が持ってるのは草刈り機じゃ
なくてスコップだった。スコップをめちゃくちゃに振りまわしてる。もしかして熱中症とかでおかしくなったのかと思って
声をかけようとした瞬間、



800: 2/2@\(^o^)/ 2015/08/15(土) 18:32:55.02 ID:DOxiYSKR0.net
「あっちいけ!」
と、とんでもない大声で男性が叫んだ。俺に言ったのかと思ったけど、男性は違う方を向いていて、俺に気付いた様子も無い。
おいおいやべえよなんだよこれと、その時点で俺は回れ右して階段を登ろうとしてたんだけど、
「あああっ!ああああっ!!」
まるで何かに気付いたみたいに、男性は叫びながら一本の木をスコップで刺し始めた。スコップの先を何度も何度も突き刺し
て、木を切り倒そうとしてるんだと分かった。小さな木だったけど、さすがにすぐ切り倒せるわけもなく、
俺も最後まで見てる勇気は無くて階段を駆け上がった。背後からは、男性の叫び声と木を削る音だけが響いていた。

次の日、おそるおそる階段を登っていくと、男性はもういなかった。
草刈り機もペットボトルも無くなっていて、きっと途中で正気に戻ったんだろうとホッとしてたら、階段にスコップが落ちてる。
しかも先端がひしゃげたみたいに潰れてた。横を見れば、男性が切り倒そうとしていた木。立ってはいたけど、表面がほとんど
削られてて、もう少しで本当に切り倒せたんじゃないかって状態。更に、枝もほとんど折られてた。
それ以来、俺もその道を一人で歩くことはやめた。あの男性が何を見たのか、本当に無事なのかも分からない。



829: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2015/10/21(水) 03:17:59.53 ID:urHWQDCz0.net
布団に転がってうつ伏せでマンガ読んでたとき
足の間を何かが歩いたみたいに布団が凹んだ
猫飼ってたので猫だと思い
「たーまぁー(猫の名前)」って呼んでら
目の前でニャーンって返事されて飛び起きたことある



835: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2015/11/12(木) 11:20:50.36 ID:N1HvTg/K0.net
幽霊は出てこないし多分怖いのは自分だけだが書く

今年の夏、母の妹にあたる叔母が亡くなった。
東京で仕事していたのだが色々あって心を病んでしまい、実家で祖父母と同居していた。
亡くなる一月前にあった時には元気だったというか安定していたが、その二週間後くらいに会ったときは不安定だった。
ここまででなんとなく察しがついたかもしれないが、首を吊ってしまったのだ。

叔母は独身であり近い親族もうちの家族くらいで、当然葬儀や遺品の整理などを手伝うことになった。
遺品の中には履歴書とか職務経歴書とかあって、ここまで準備していたのに急に何もかも嫌になってしまったのかな、なんてしんみりした
兄がパソコンに遺書が残ってないか一応確認してたが、とっくに警察が調べたあとなので期待はしてなかった。
インターネットの検索履歴に目をつけたらしい兄が「やっぱり自殺系のサイト見てた」と言った後に私を呼ぶ。
そのまま画面を見るように促され、覗き込んだそこには、私が最後に叔母に会った頃、私の名前を検索した履歴があった。

叔母が何を考えて私の名前を検索し、その後首を吊るに至ったのか、誰にもわからない。

ただ、叔母が亡くなる一年程前に叔母の恋人も首を吊っていること、最後に会った日に私が珍しくオシャレなんかしてピンキーリングをつけていたこと、私の名前を検索すると同姓同名の別人のリア充ツイッターやらフェイスブックなんかが出てくること。

以上を総合すると、もしかしたら自分のせいだったんじゃないかと考えてしまう。
あの時私がピンキーリングなんかつけてなければよかったのか、しかも彼氏いないし自分で買ったものだったのに。

その後別に夢枕に立たれたりはしてないが、なんとも言えない恐怖というか後味の悪さを残したまま過ごしています。



848: 名無しさん@そうだ選挙に行こう@\(^o^)/ 2015/12/14(月) 13:51:35.93 ID:+foULsJb0.net
あまり怖くないし、読みづらかったらごめんなさい。

私が保育園に通っていた時の話なんですけど
私は送迎バスでいつも通っていて、いつもバスが来るであろう場所に母と私で向かって入るのですが
その日はいつもの場所にはじめて見る女の子が道路に横たわっていました。
私がその子に「あぶないよ、けがしちゃうよ」と話しかけても反応はしてくれずにぼーっと道路で横になってるだけで、私は怖くなって母に話してみるも「何が?」という風に言われてしまってどうしようってなってました。

時間が来ればバスも来て危ないと思い、母のそばから離れてその女の子を揺さぶってみるも反応はなしで。

引っ張ろうにも岩のように重くて動かせなくて

最後の母頼みと言わんばかりに母に泣きついてみるも
「道路に出たら危ないでしょ!」と私が怒られて、そうじゃないのにと想いながら母に女の子の話をしても「そんな子はいない」と言われてしまい、八方ふさがりで泣くことしかできませんでした。

そうしているうちにバスはもう見える範囲まで来ていて、もうダメだって思って女の子の方を細めた目で見ると、先ほどまで空を見ていた女の子はこちらを見ており、バスが女の子を轢いてしまったその瞬間、彼女はにっこりと笑って消えてしまいました。

それ以降女の子を見る事はなくなりました。


オチもなく、文才もなくてごめんなさい。
これで終わりです。



850: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2015/12/18(金) 20:20:51.36 ID:2YJsTPjeO.net
にっこり笑って消えた、ってのは、>>848が助けようとしてくれたのが嬉しかったんじゃね?
きっともう成仏してるよ



854: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2015/12/31(木) 13:23:23.41 ID:rr8K9Ddu0.net
早朝4時ごろ、車で帰宅途中のことでした。
赤信号で停車中、左脇の狭い路地から、歩くくらいのおっそいスピードで自転車が出てきた。
思わずひっ、と声を出した。
髪はボサボサで山姥のような、そして小錦のような巨体の女性だった。
なぜ遅いか理由がわかった。
体の重さでタイヤはパンクし、明らかにチューブはひねり、ホイールだけで走っていた。
ゆ~くり信号を横切り、やがて路地の闇へ消えていった。
すみません、怖かったです。



911: 本当にあった怖い名無し 2016/02/07(日) 21:02:05.87 ID:f0l7+bZF4
とある大学での話しなのだが、よくその大学では雷が落ちた。

その雷は必ず特定の場所に落ちるので、雷の多い日は学生はそこを避けて通るのだけれど、ある日の事だった。
突然、大学側の学生が住まうアパートの窓を突き破って雷が落ちた。
そのアパートは、学生が行方不明になると有名であまり使いたい人がいなかったのだけれど家賃の安さにしぶしぶ住む人も多いアパートだった。
幸い、落ちた部屋には人はいなかったのだがその部屋の住人は外国からの留学生で、親が所謂聖職、宗教的な仕事についているという人だった。
彼は親の教えを守りまたその宗教の職を継ぐことを目指しているそうで、宗教のモノをもちまた学内でもパンフレットやチラシを配っていた。
学生課には怒られていたが、チラシを壁に勝手に貼ることもあった。

そのチラシがやたら貼られるようになってからその近辺の落雷が増えたなんて話もあったが、チラシに比例して人が消えることも増えた。
その彼の部屋に落雷があり、そして彼の父親に託されたという宗教の道具が一式やけてしまったそうである。
そこから彼の調子はおかしくなり、ある日忽然と消えた。
ゼミがおなじだった連中と様子を見に行くと、落雷が突き破ったガラスはそのまま、そこから中を見た。

神仏を飾ってある棚、所謂神棚や仏壇に類するものが完全に焼けただれていたが、中の本尊?とでもいうのであろうか?
それは、緑色の下地に金や銀の模様が書かれ中央に大きく黒い何かが祭ってあったがそれも焼けただれていてよくわからなかった。
大家さんに聞くと嫌な顔をしながら彼は急に帰ってこなくなったと言った。
渡すモノを預ける訳にもいかず、翌日また行くと部屋はまるで何事もなかったかのように綺麗になっており、中の物も消えていた。
大家はまったく話をせず、忽然と消えた留学生と行方不明の学生の話で学内は噂に困らなかった。

後年、ある事件でその彼を見ることになるのだが、これはまた別の話しである。



918: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2016/02/12(金) 15:39:46.17 ID:DxneZt0x0.net
105 名前:本当にあった怖い名無し@\(^o^)/[sage] 投稿日:2016/02/07(日) 13:35:46.22 ID:qbKNfx700.net
怖い話というよりは不思議な話

小学生の頃よく一緒に遊んでた友達が実在の人物ではなかったかもしれない
何度か家にも遊びに行ったし、自分の家にも遊びに来たことがある
彼の母親から作ったちょっと変わったお菓子を頂いたこともある
なのに自分以外誰も覚えてない

家族にお菓子を頂いたことを話してもそのお菓子のこと自体は覚えてるけど
あのお菓子は親戚に頂いたものだと思う
とすごく曖昧
もともと親戚は遠くてお菓子なんて菓子折りみたいのしか貰ったことないのに

彼が住んでた家の場所には自分の記憶とは程遠い建物が建ってて
見るからに「ここに十数年建ってますが何か?」みたいな木造の家

彼の家の内部まではっきり記憶に残ってるしトイレの場所まで知ってる
そこの曲がり角を曲がって林を抜けた三軒屋の左。
そんな記憶だけど、道の記憶に間違いはない
なのになぜ無くなったのか

当時他にも遊び友達がいたが今は疎遠なので確認しようもないけどいつの間に居なくなってしまったんだろう

彼の妹が体が弱くて外には遊びに出れなかったけど自分によく懐いて一緒に人形なんかでままごとした記憶がある

なんて話を友達にしたら、
「私も小さい頃神社の境内で一人の時しか会えない自称『王子』って子と遊んでた思い出がある!
喧嘩して神社に行かなくなっちゃったけど」
そんな経験みんなしてるもんなのかな?



960: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2016/02/17(水) 17:52:43.72 ID:zMC3jCdW0.net
25歳の夏のある休日、友達と河原でBBQをした。
メンバーは私、K子、E子で全員女。小中と全員持ち上がりの田舎地域だったから学年全員が幼馴染みたいなもので、特に私たち三人は小学校のクラブから中学の部活もずっと一緒でずっと仲が良かった。
K子はめっちゃ美女で学年のマドンナ的な子で天然、E子はサバサバしてる姉御肌。

女三人でのBBQというと珍しいかもしれないけど、海なし県で川は多い、BBQ大好き(むしろBBQしかすることがない)みたいな県民性だから皆も慣れてたんだと思う。
地元の本当に近くの河原(徒歩で行けるレベル)でやった。

普通にBBQしてお酒飲んで、暑くなったら川に入って過ごした。
(飲んでいるので泳ぎはしないけど、温泉みたいに肩までつかる程度)

夕方になって、そろそろ帰ろうか、という話になり、K子がK子の兄(S兄ちゃんと呼んでる。イケメン)に電話をかけた。
S兄ちゃんのことは私もE子も昔から知ってて、子供のときはたまに一緒に遊んでくれた。その日も、暇だからと送迎を買って出てくれてた。
S兄ちゃんの車が見えて、荷物を皆で運び出した。
ほとんどを積み終えて、あとは自分の着替えの入ったカバンだけだし、そのまま家に送ってもらえるという話だったので、暑かったしまた腰くらいまで川に浸かりながらジャバジャバと車の方向に歩いていった。
(車のシートは濡れないようビニールシートで保護済)

そのとき、ふと川の反対側を見た。ちなみに川幅は20Mくらいで、反対側は少し河原部分があって奥は森。
私は視力がいいのではっきりと見えたんだけど、河原の石や岩に混じって、薄汚れた卵があった。
普段食べている卵と形は同じなんだけどサイズはけっこう大きく、ハンドボールくらいの大きさだったと思う。

(なんの卵だろう?鳥かな?)と立ち止まって見ていると、卵が割れだした
。中身がわかると思って凝視していたら、卵にみっちりと詰まっていたのは一匹の黒っぽい蛇。



961: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2016/02/17(水) 17:53:27.49 ID:zMC3jCdW0.net
この世で蜘蛛よりゴキより蛇が苦手な私はそれだけで「ぎゃあああ!」と叫んで逃げ出した。
やつらが水面を滑るように泳ぐ姿が頭に浮かび、もう走っているのか泳いでいるのかわからないくらい必死に手足を動かした。
だけどなぜかそれから目が離せなくて、最初は首だけで振り返ってたんだけど、だんだん後ろ向きに走るみたいになりながら見てた。

多分最初は蛇がこっちに来たらいやだくらいの気持ちだったんだけど、ずっと見ていたらそれがただの蛇じゃない、むしろこの世のものじゃない気がする、と思えてきた。
実際に卵から出た蛇は孵化したときよりも大きくなっていて、ついに立ち止まって見てみると、手足が生えてきていた。
体は思いっきり蛇なのに、人間の赤ちゃんみたいな黒い手足が体内から出てくるようにゆっくりだけどぬるぬると生えてきてて、ものすごくおぞましくて気持ち悪くて、少し吐いた。
なにが一番怖かったって、変形?してる最中、蛇の頭がずっとこっちを向いていたこと。
「こいつ、私を見てる」って思った。思ったというより「わかった」っていう方が近いかも。



962: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2016/02/17(水) 17:54:06.17 ID:zMC3jCdW0.net
水の中では走っても進んでなくて、全然距離は離れていない。けど、ここから逃げないと、って思った。

逃げなきゃ、逃げなきゃ、逃げなきゃ。
あいつは来る。私を追ってくる。
絶対についてくる。

K子やE子の声を無視して、そこから全力疾走で逃げた。クロックスも脱ぎ捨てて25歳の女が、裸足で走った。

どれだけ走っても、ついてくるってわかっていた。むしろあいつが今はもう卵の場所から動き出していることとも、なぜだかわからないけどわかってた。
そしてあいつがこの世のものではない、ということも。



963: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2016/02/17(水) 17:54:49.27 ID:zMC3jCdW0.net
たまに怖い話を2ちゃんで読んでいた私は、「寺か神社に行けば助かる!寺か神社!」と思いつき、走りながらどこに向かおうかと考えた。
というのも、同級生に実家が寺の子が2人、神社の子が1人いて、地元の同級生だからどの家もそれなりに近いから選択肢として浮かんだんだ。

ただ、2つの寺は私の実家と少し宗派が違って(東とか西とかそういうの)、檀家でもないのに大丈夫?と思った。
さらに、私の実家が檀家になっている寺は走っていける距離じゃなかった。そこで、今思うと冷静なのかバカなのかわからないけど、じゃあ神社だ!って思ったのよ。
宗派どころか宗教が違うやんって感じなんだけど、初詣とか受験前とかは絶対その神社に行ってたから、ひょっとしたら神様が私のこと覚えててくれてるかもしれない!と思って。今思うとバカやな。

その神社に向けて走ろう、あと1キロも走ればつくはず、それまでは絶対追いつかれちゃだめだ!って半ばパニックになりながら走った。
心臓はバックンバックンいってるし体は恐怖で思うように動かないし、田舎とはいえ下はアスファルトだから裸足の足は痛いし。
でもあいつが近づいてきてるのを感じてた。私の走るペースよりほんの少しだけ早く。
普通の蛇のように進んでいるのか、あの不気味な手足を動かしているのかわからなかったけど。
もう私も泣いてて、やばいやばいやばい!!助けて助けて!!って頭の中で叫んでた。



964: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2016/02/17(水) 17:55:45.19 ID:zMC3jCdW0.net
そのとき、後ろから「Yちゃん!(私の名前)」と呼ばれた。
誰?誰でもいい、助けてって思って振り向くと、K子のお父さんがいた。
ちょうどK子の家の前あたりだったからかと思ったけど、いつもはジャージ姿のK子父が袈裟を着てたから、「あ、この状況をわかってくれるんだ」とふと思った。
そう、さっき言った実家が寺の同級生の一人がK子なんだ。

もう私その場にへたり込んで、「たすけてください…」って言った。
そしたらK子父が「大丈夫だよ」って言ってくれて、さらに後ろの方からK子たちが走ってくるのを見て、ちょっとだけ安心したのを覚えてる。
私はもう立ち上がる気力もなくて、S兄ちゃんとE子に抱えられて、皆でK子の家に向かった。

通されたのは2階にあるK子の部屋。
そして、私とK子父だけ残して皆はバタバタと部屋から出て行った。
疲れと泣きすぎ、更にそのときもずっと続いていた恐怖で頭はまだ働いてなかったが、思い出す限りのK子父との会話。



965: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2016/02/17(水) 17:56:19.19 ID:zMC3jCdW0.net
「ちょっとここで待っとってね。今皆がYちゃんからあれを祓う準備をしとるから」
「本堂じゃないんですか?」
「祓うまであれをYちゃんに触れさせたらいかん。その邪魔をするには本堂は広すぎるもんでね。」
「なんで、わかったんですか?」
「SとK子が血相変えて帰ってきたからね。Yがやばいって言いながら。Yちゃん見たらすぐわかったわ」
「あれはなんなんですか。なんで私についてくるんですか?」
「あれが何かはわからん。わからんけど、まずこの世のもんじゃないわな。あれに触ったらいかん。絶対にいかん。Yちゃんに目をつけたのは特に理由はないと思う。本当にたまたまやね」
「おじさんが準備しなくてもいいんですか?」
「今俺がYちゃんから離れたら、あいつがこの部屋に入ってくるもんでかんわ。わかるやろ?もうこの部屋の外におる」

わかっていたけど、わからないふりをしていた。もう私に追いついて、K子の部屋の窓の外や屋根の上を、隙間を探すように這っていたあいつを。

そこでS兄ちゃんが準備ができたと私たちを呼びに来た。
そのときまで知らなかったが、K子の部屋を出てさらに奥に進むと、本堂の4分の1くらいの大きさの堂?がもうひとつあったんだ。
本当に寺の本堂の縮小版っていう感じで、仏像とかもしっかりあった。



966: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2016/02/17(水) 17:57:17.31 ID:zMC3jCdW0.net
その中心に座布団があって、そこに座ってと言われた。
仏像の方をむいて座り、私の背後にK子父が座った。K子、E子、S兄ちゃんはさらに後ろで座ってこっちを見てた。
背中からパラパラと何かを振りかけられた気配がして(後から聞いたが塩だった)K子父の掌が背中に触れた感触がした。
すぐその部分が熱くなり、熱!って思ったんだけど、次の瞬間に鳥肌がたって、全身の毛穴が無理やり開かされた感じがした。髪の毛も逆立ってる感覚。
それで、その開いた毛穴全部からふっと何かが抜けた。その瞬間、「あ、助かった」って思ったんだ。
実際ヤツの気配はまだ感じるんだけど、もう私を追いかけてないっていうか、私を見つけられないって感じだった。

そのお祓い?は本当にそれだけで終わって、K子父が「よし、もういいよ~」と軽く言った。
2ちゃんでよく見るようなお札とかお経とかなにもなくて、お祓いってこんなものなの?ってぼーっと考えてたのを覚えてる。
でもK子とE子が抱きしめにきてくれて、「よかった、よかった」って言ってくれた。私もそれで本当に安心して、また泣いた。



968: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2016/02/17(水) 17:57:58.92 ID:zMC3jCdW0.net
落ち着いてからK子父に「私は本当にもう大丈夫なんですか?また外に出たらついてくるってことはないんですか?」って聞いたら、
「Yちゃんについてた“目印”を抜いたから大丈夫。もう見つけれんわ。その代わり今度は俺を目指しとるみたいやけど」と言って笑った。
それはそれで大丈夫なのかと思ったが、K子家一同で笑ってたから大丈夫かと勝手に納得した。

その夜は結局K子家に泊まり、K子とE子に挟まれて寝た。次の朝起きたらあいつの気配がなくなっていて、居間に行ったらK子父がいつものジャージ姿でそうめんすすってたからほっとした。
ぶっちゃけ昔からK子家に霊感というかそういう力はないんやろうなと思ってたから心の中で謝罪した。

結局いろいろ調べたけど、あいつの正体はわからないままでした。
なにかご存知の方、似た体験された方がいたら教えてくれたらうれしいです。
長くなってすみませんでした。



973: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2016/02/18(木) 03:37:43.59 ID:gmGv9XI80.net
>>968
妖怪の一種かね
面白かったよ
サンキュ



969: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2016/02/17(水) 18:32:33.58 ID:4DuVR/PM0.net
めっちゃ怖いって訳じゃないけど少し不思議な体験をしたので
看護師って訳じゃないんですが私は病院で働いてます
その日は私は夜勤で夜のopeもあり、その片付けをしてました
ope室のドアは清潔のために足をセンサーかな?それに当てて開けるドアになっています。
ope室には私一人、時刻はちゃんとは覚えてないけど日を跨いだぐらい
作業をしてたらひとりでにそのドアが開いたんですよ
私はめっちゃ怖がりなので急いで同じ夜勤の看護師さんのもとにうるさくない程度に思わず走って逃げちゃったのでそこになにかがいたのかなんなのかは見てないけど
あのときope室のなか見てたらなにか遇ったのかな?という話です
大したことなくてごめんなさい



972: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2016/02/18(木) 03:26:30.92 ID:p9fOybyU0.net
>>969
夜の手術室で突然ドア開くとか怖すぎ



970: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2016/02/17(水) 20:14:48.94 ID:a41FEaprO.net
センサーの誤作動じゃね?
あれ、名刺サイズの紙切れにも反応したりするしよ
自動ドアじゃない普通のドアが勝手に開いたら超こえーけど



1003: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2016/02/20(土) 21:27:45.29 ID:hZC40ESn0.net
俺が小学2年の頃、もう22、3年以上も昔の話なんだが 
小学校のすぐ隣が中学校だった。 
中学校のプールは大きくて深くて、年中水が張りっぱなしで 
夏が終わると濁って緑色になる。 
ある冬の日俺はなんとなく中学校のプールを見に行った。 
プールは見事に氷が張っていて、まるでスケートリンクの様で 
俺はつい夢中になって氷の上を走ったり滑ったりしてしまった。 

ふと我に返って、足下をみると大きな気泡が 
氷の下で激しく動き回ってた。 
なんかヤバいなと思った俺はプールサイドめがけて走った。 
しかし氷はバカっと割れて俺は汚い氷水の中へダイブ! 
やべえ、死ぬのか俺?と小学生ながら生命の危機を感じ 
あらん限りのパワーを振り絞って叫んだね、助けて!って。 
誰かがすぐに先生を呼んでくれて、俺は助かった。 

あと少し救助が遅かったら、俺は水を吸った衣類の重みで 
水の底に沈んでいただろう。 
中学校の職員室で毛布をまかれ 
親が呼び出された。 
その日はすぐに家に帰ったが、翌日も、またその翌日も 
俺がプールに落ちたという話が職員室や親の間で 
密かに続いているようだった。 
そんな事件から3年が経ち、高学年に進級した俺は 
オヤジから衝撃的な話を聞かされた。 

俺が溺れかけた日、そのプールの底から 
”もう一人"発見されたんだそうだ。 
水を吸って石の様に重くなったコートやセーターを着た 
当時の俺より少し小さな男の子が沈んでいたんだって。 

俺・・・水の中でそいつに会ってたんだなあ。 



俺が笑ったボケての画像貼っていくから少しでも笑ったら寝ろ

論理的に考えるようなクイズ教えてくれ

俺らって何でなんも創作しない無名人間なのにここまで創作者を上から目線で叩けるのかな?

原因がわからない現象

【閲覧注意】表に出ない、あなたの知ってる「ヤバイ」話

【閲覧注意】不思議やオカルト話を披露するスレ