1: 名無しさん@おーぷん 2016/03/11(金)01:21:40 ID:oij
グロいので耐性ないニキは見ん方がええで

1(中) 絞首刑で紐の長さを間違えると、死刑囚の首がもげる事がある
2(遊) アメリカでかつて行われていたガス室処刑は現在行われていないが、その理由の一つはコストが掛かり過ぎるから
3(三) ギロチンの名前の元になったギヨタン氏は発明者ではなく、失敗のない処刑法の提案をしただけ。ギロチンにかけられることもなく寿命を全うした。
4(指) 電気椅子の生みの親はエジソン。電流戦争でニコラ・テスラの交流に対するネガティヴキャンペーン。
5(一) イギリスでは、絞首刑の時に床板が開かず死刑が中断になり終身刑に減刑された男がいた。
6(捕) 凌遅刑はググらない方がいい。特に画像検索。
7(右) ギロチンの刃を斜めにするよう提案したのはルイ16世。それにより切れ味が増した。なおそのルイ16世の首も(ry
8(左) 大砲の筒の先に括り付ける処刑法があった。大砲発射即バラバラ。
9(二) 「ファラリスの雄牛」は発明者がこれで処刑された。それを命じた国王も後にこれで処刑された。

投手陣
19世紀以前の公開処刑はあらゆる階級の娯楽で、有料の特等席なども設けられた。将棋倒しで死人が多数出ることも珍しくなかった。
19世紀イギリスでは、処刑死体を用い「ガルバーニ電流」の公開実験をした結果、死体がピクピク動いたせいで観衆がショック死した。
日本では、死刑執行後に蘇生してしまった死刑囚がいた。再度の死刑はせず戸籍回復。
転載元:http://hayabusa.open2ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1457626900/
後味の悪い話『パパの勘違い』
http://blog.livedoor.jp/nwknews/archives/5020459.html
ギロ


4: 名無しさん@おーぷん 2016/03/11(金)01:25:51 ID:JWB
ルイ16世の首は綺麗に落ちた説と失敗して力技で押しきった説とがあるらしい



6: 名無しさん@おーぷん 2016/03/11(金)01:27:50 ID:yUt
エジソンのニコラ・テスラへの執拗な嫌がらせの数々ほんとすこ



7: 名無しさん@おーぷん 2016/03/11(金)01:28:07 ID:iyp
凌遅刑がなにかわからないンゴ…
でも画像を見たくないからググることも出来ないンゴ



22: 名無しさん@おーぷん 2016/03/11(金)01:36:04 ID:H3R
>>7
ちょっとづつ削ってくんやで



14: 名無しさん@おーぷん 2016/03/11(金)01:32:17 ID:oij
100年ちょっと前まで凌遅刑やっとったいう事実怖いンゴ



26: 名無しさん@おーぷん 2016/03/11(金)01:37:12 ID:idQ
>>14
ギロチンは1970年まで現役やなかったっけ



37: 名無しさん@おーぷん 2016/03/11(金)01:43:02 ID:oij
>>26
1977年が最後やったかな

斬首刑はヘッタクソがやるとえらいことになるんで
ギロチンはまさに人道的装置やな(粉みかん



43: 名無しさん@おーぷん 2016/03/11(金)01:46:30 ID:aNF
>>37
刀も品質悪いから何回も傷口目掛けて叩きつけんと斬首できんとか聞いたンゴねぇ



48: 名無しさん@おーぷん 2016/03/11(金)01:51:11 ID:UxN
>>43
日本刀は刀身が薄いから骨と骨の間に入りやすくて成功率高かったらしいで



53: 名無しさん@おーぷん 2016/03/11(金)02:35:03 ID:rcM
>>48
日本刀は介錯で切れ味をためしてたからな



19: 名無しさん@おーぷん 2016/03/11(金)01:34:57 ID:DRp
領地

画像消したやで~



21: 名無しさん@おーぷん 2016/03/11(金)01:35:46 ID:iyp
>>19
サンガツ!
はぇ~すっごい



24: 名無しさん@おーぷん 2016/03/11(金)01:36:33 ID:uMn
最近アメリカで死刑執行して生き返った奴おったよな



28: 名無しさん@おーぷん 2016/03/11(金)01:38:40 ID:I09
人間ケバブみたいな物か



29: 名無しさん@おーぷん 2016/03/11(金)01:38:49 ID:dXa
中継ぎでギロチンによる死刑を最も多く行ったのはフランスではなくナチスドイツを追加で



30: 名無しさん@おーぷん 2016/03/11(金)01:39:25 ID:iyp
処刑のインパクトで言えば牛裂きのが強かったンゴ
Ushizaki
罪人の両手、両足と、2頭または4頭のウシの角とを縄でつないだのち、ウシに負わせた柴に火を点け、暴れるウシを2方または4方に走らせて罪人の身体を引き裂き、死に至らしめる処刑法である。

美濃の斎藤政利、会津の蒲生秀行などが領内の罪人にこの刑を科した。

「倭訓栞」に、「堺にて切支丹の咎人を刑せしに一人此刑にあふ云々」とある。家康公御遺訓百箇条第二十一条に、「牛裂、釜煎等の厳刑は将軍家之不及行処也」とある。
https://ja.wikipedia.org/wiki/牛裂き



32: 名無しさん@おーぷん 2016/03/11(金)01:40:24 ID:tXC
ギロチンと言えば日本人ジョークでも鉄板よな



36: 名無しさん@おーぷん 2016/03/11(金)01:42:27 ID:H3R
>>32
なにそれ?



44: 名無しさん@おーぷん 2016/03/11(金)01:46:52 ID:tXC
>>36
転載ですまんが

ある時、死刑の執行がおこなわれることになった。
ユダヤ人、アメリカ人、日本人がギロチンの前に連れてこられた。

ユダヤ人が跪くと死刑執行人が
「仰向けがいいかね?うつぶせがいいかね?」

すると、「仰向けにしてください。神を見上げることができるから。」
とユダヤ人は答えた。

そして執行人がギロチンのレバーを引いた。が、ギロチンの刃は落ちなかった。
「おお神よ、これも神のお力である。」とユダヤ人は言った。

続いてアメリカ人の番だ。
同じように「仰向けがいいかね?うつぶせがいいかね?」と聞いた。

「先例をやぶることはできない。仰向けにしてくれ。」と答えた。
するとまたもやギロチンの刃が止まった。

最後に日本人の番だ。
「仰向けがいいかね?うつぶせがいいかね?」

「仰向けにしてくれ。機械を見たいから。」と日本人が答えた。
そして執行人がレバーを引こうとした瞬間、日本人が叫んだ!

「ちょっと待て!どこに問題があるかわかったぞ!」
日本人がそう言うと、あっという間に修理をしたのだ。

こうして無事に刑は執行されたのだった。



40: 名無しさん@おーぷん 2016/03/11(金)01:45:19 ID:UxN
磔の絵を旗指物にした武将がいる



41: 名無しさん@おーぷん 2016/03/11(金)01:45:25 ID:iXu
切腹も大概やろ



42: 名無しさん@おーぷん 2016/03/11(金)01:46:20 ID:eu7
あんだけ栄華を誇って豪遊しとった貴族連中の最後がギロチンズダーンやもんな
民衆ってほんまこわいわ



45: 名無しさん@おーぷん 2016/03/11(金)01:47:13 ID:8pv
首の皮一枚は斬首刑で達人が皮一枚残して首を切る技で、
普通に死んでるから首の皮一枚で助かるって言い方は誤用らしいンゴねぇ



50: 名無しさん@おーぷん 2016/03/11(金)01:51:53 ID:oij
フランスではギロチンで処刑される死刑囚は、襟なしのワイシャツを着せられて首切られたんやて
何で襟ありのワイシャツやないかいうたら
襟の硬い部分が邪魔すると上手く首を切り落とせん可能性があるからやそうやで

なおワイシャツにこだわる理由までは知らん



教養のない人って何話しても面白くないよね

江戸時代の人はどうしてたんだよってこと上げてこうぜ

映画を見ようと思う これだけは見とけ!って映画を教えてくれ

車の運転ってどうやったら上手くなるの?

俺「F1ってコーナーで速度落としすぎじゃね」「80キロ出てるよ」