転載元:http://toro.2ch.sc/test/read.cgi/occult/1463021094/
じわじわと笑えるボケて(bokete)画像
http://blog.livedoor.jp/nwknews/archives/4651673.html
トンネル


30: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2016/05/12(木) 23:55:47.47 ID:HNq/e9h90
子供のころ家の二階で寝ていて、夜中に物音で目を覚ました。
階段から誰かが上がってくる音で、部屋の前で止まった。
気配はあるがドアが開かず、親かな?どうしたのかな?と思っていたら、
また下から誰かが階段を上がる音が聞こえた。

今度は祖母かな?と思っていたら、また部屋の前で止まった。
そしてまた下から階段を上がる音が聞こえてきた。
降りる音は聞こえない。
ここで怖くなり布団をかぶった。
それから一睡も出来ず、階段を登り部屋の前で止まる足音は朝まで続いた。

日が昇るころになると階段を登る足音はしなくなり、気配も消えた。
誰に話しても、夢でも見たのだろうと信じてもらえなかった。

その日の朝、隣の家の犬が死んでいたらしい。



447: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2016/06/10(金) 19:56:38.03 ID:bUqt3xoe0
>>30
うちと同じだ
小学卒業の頃親父が入院して、同時に引っ越しをして
中学入学とほぼ同時に親父が病気で死んだ。
母親と俺と弟と2階の部屋で寝ていたある日
夜中にふと目を覚ますと隣で母親が体を起こして階段の方を見てる。
どうした?と聞いたら「誰か居る」って怖い事言い出した。
でも階段の下の方辺りから確かにギシッって音が聞こえた。
で、その音は一歩ずつゆっくり上がってきている様だった、
階段の途中頃まで足音が上がってきて
俺はもう怖さに耐えきれずに襖を少し開けて階段の電気付けてから
「誰だ!出てけッ」って勢いよく襖を開け放った。
でも誰も居ない。



42: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2016/05/17(火) 01:46:08.79 ID:l2FQCIaN0
私が生まれて間もない頃の話
なぜか記憶があるのです。夢かもしれませんが。

赤ん坊の私が病院のベットに寝ていると、
青空が見える窓の外から、火に包まれた落ち武者風の男の首が
病室の中に入ってきた。
不思議と恐怖は無かった。
病室には誰もいなくて、音もなかった。

その首は目を見開き、何かをブツブツ言いながら
天井に近い高さの室内を、大きく円を描くようにぐるぐる回った。
時間の感覚が無く、どのくらい続いたかはわからない。
あるとき私の真上で止まったかと思うと、ゆっくりと降りてきて
私の胸の中に入った。
そのあと呼吸が苦しくなるところで記憶は途切れている。

気になり母にそのころ何かなかったかと聞いたことがあって、
母曰く、生まれた次の日に呼吸ができなくなり、
生死の境をさまよった事があったらしい。

その数年後の昨日、夢にその首が出ました。
笑っていました。



54: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2016/05/18(水) 09:01:18.21 ID:rSuGxKzo0
いつか書こうと思ってた話をようやく書こうと思う。
私が中学生の頃、当時は不良で夜うち抜け出して一晩中街灯もない街にいるとか心霊スポット行くとかしてたから怖い話にも耐性はついてたはずだった。

ちょうどお盆の頃だ。家族でお墓参りをし、久々に会った親戚とかもいて疲れてた。
親戚も帰り、片付けも終わったからそろそろ寝ようと布団に入る。だいたい日付変わる前くらいかな?
布団入るまでは眠かったのになぜか寝付けなかった。

ウトウトしつつ、何故か熟睡出来ないでいたんだけど、急にハッと目が覚めた。
生まれて初めて感じた感覚。部屋の空気が一気に重くなって、月明かりで若干見えてた部屋の中が見えないくらい真っ暗、とゆうか真っ黒?になった。



55: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2016/05/18(水) 09:02:27.46 ID:rSuGxKzo0
>>54の続き

ほんと、目隠しされてるくらい真っ暗。
いつも聞いてるカエルの声とか風の音が聞こえなくなった。
心の中でなぜかなんとなくヤバイと思って心臓バクバクしつつ息を殺してた。

10分くらいかな?わかんないけど、数分経った辺りから、軋むような音に気付いた。

階段だ。階段を誰かが上るときになるような軋む音。それが聞こえてきた。
ものすっごくゆっくり、誰かが階段を上ってきてる。

二階は姉と自分の部屋しかなく、階段を挟んで左右に部屋がある。
姉は自分と一緒に部屋に上がってきたから、こんな時間に階段上がるやつはいない。



56: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2016/05/18(水) 09:03:22.95 ID:rSuGxKzo0
>>55の続き

二階は姉と自分の部屋しかなく、階段を挟んで左右に部屋がある。
姉は自分と一緒に部屋に上がってきたから、こんな時間に階段上がるやつはいない。
怖くて怖くて、目を閉じたままタオルケットを被る。タオルケット薄いから頼りないけどw

軋むような音は一段一段ゆっくり上がってきてる。
「ギシッ......ギシッ.......」
もうね、このまま気絶したかったよw

どうしようどうしようと焦ってる間にも、何かがは確実に上がってきてる。
そんな時、パッと閃いた。

「今お盆だから、死んだじいちゃんが帰って来てるかも!w」
そう思って心の中でじいちゃんに助けを求めた。
「じいちゃん!なんかいる!助けて!」



57: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2016/05/18(水) 09:04:41.17 ID:rSuGxKzo0
>>56の続き

....効果なし。w
階段を上がり終えた何かの気配が部屋の前にあるw
じいちゃんww

そのまま何かが部屋に入って来た。
もちろん目は開いてないから気配がするだけだけど。
その気配はゆっくり部屋の中を徘徊してた。
なんとなく動いちゃダメな気がして、ジッとしてた。
多分その間数分だろうけど、自分には1時間くらいに感じた。

するといきなりふっと暖かい風がおでこにあたり、緊張の糸が切れた。
それと同時に何かの気配が消え、カエルの声も風の音も聞こえる。
ゆっくりとタオルケットから顔を出すと、月明かりで部屋の中が見える。全てがいつも通り。



58: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2016/05/18(水) 09:05:41.81 ID:rSuGxKzo0
>>57の続き

「今だ!」と思い、ベッドを飛び出して一階の両親の部屋に向かう。
ベッドを飛び出した勢いでテーブルに小指をぶつけ、テーブルの上のスプレーやらペットボトルやらが全部倒れたけど気にしてらんない。
一目散に両親の部屋に行き、母親を叩き起こし事情を説明すると、とりあえず落ち着くまで付き合ってくれることになった。

二人でリビングに行き、母親はホットミルクを出してくれた。
そういえば、夏なのにナゼか寒く感じたなー。
時計を確認すると、午前4時前。

そのまま何をするわけでもなく、ダラダラと話しながらホットミルクを飲み終えた。



59: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2016/05/18(水) 09:07:33.33 ID:rSuGxKzo0
>>58の続き

ハッと気付いたら自分のベッドに寝てた。わけがわからない。
さっきまで母親と話しながらホットミルクを飲んでたはず....。
時計を見ると、午前8時半。
「あぁ、夢か。w」と思い、リビングに行き一応、母親に聞いた。

「ねぇ、昨日夜中、私お母さんの事起こした?」
「えー?起こしてないよー?夢じゃないのw?」
「あはは、やっぱそうだよねーwすっごいリアルだったんだよー」

あぁ、夢か。良かった。
って事は、階段を上がる「何か」も夢か。良かった。
そう思って安心した。
今日は彼氏と会うから、ネタになるw
怖がらせて怖がらせて、夢オチとか定番だなぁw
とか考えながら朝食を済ませ、ニヤニヤしながら部屋に戻った。



60: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2016/05/18(水) 09:08:37.29 ID:rSuGxKzo0
>>59の続き

自室のドアを開けた瞬間、目を疑うとかこの事。
寝起きには気づかなかったが、テーブルの上のペットボトルやらスプレーやらが全て倒れ、ごちゃごちゃに散らばってた。
そのままリビングまでダッシュw
母親にもう一度同じ事を聞いた。
しかし返事は一緒だった。
その時ちょうど部屋から降りてきた姉にも聞いたが、姉も昨日の夜中から今起きてくるまでは一切部屋から出てないとのこと。

ちなみに、テーブルはベッドから少し離れてるため寝てる間にとか寝相でとかはない。

今だに不思議でたまらない話。
自分的には怖かった体験。
そしてもう1つ、母親に言われて気付いたんだけど、夜中の暖かい風はもしかしてじいちゃんじゃないかって。
じいちゃん、よく頭撫でてくれてたんだよね。。。
以上。長々とすまんww



62: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2016/05/18(水) 09:58:13.29 ID:bkYlwqdU0
カーチャン起こしたはずが知らないって方が前半より怖いw
好意的に解釈するなら、じいちゃんが助けてくれて落ちつくまでいてくれたのかねえ



64: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2016/05/18(水) 13:30:49.01 ID:MO43Ot5I0
じーちゃん会いに来てくれたんやな



66: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2016/05/18(水) 16:38:31.59 ID:ET5Arqye0
間違えてscの方に書いてしまったので貼り直し

GWに帰省した時にうちの母(50代)から聞いた話が怖かった。
母は秋田県の人で、若いころはレディースみたいなのに入ってたりしたらしい。
もう30年以上前、その仲間と一緒に、あちこちに肝試し行ってたんだと。

秋田県の花岡事件があった場所が当時の流行りだったそうで、そこに行った時の話。

現地に着いたのは真夜中だったそうなんだけど、
そこはいわゆる廃墟で、スーパーとか映画館?もそのまま。
街全体が形そのままに廃墟になってたって。
奥に進むと、コンクリで作られた馬鹿でかい団地みたいな建物とかもあったそうだ。

今で言うDQNな人たちだったらしく、
車で進む⇒面白そうなものがあれば降りる⇒ギャーギャー騒ぎながら見て回る⇒飽きたら車へ
みたいな感じで寄り道しながら進んだらしい。

雑草がたくさん生えてて、声がすごくよく響いてやまびこ状態だったそう。
その廃墟団地に大声で話しかけると、死者が返事をする・・・

みたいな噂があったので試したけど返事はなかったらしい。
見上げるコンクリの四角いカタマリに無数の窓枠の黒い空洞を見て、
「あっちに人影見えた気がする!」とか言いながら楽しんだそうだ。

ちなみに最終目的地は廃墟でなく、その奥の温泉。
それぐらいの年代のやんちゃな人たちはみんな知ってるコースで、
花岡の廃墟から更に進むと温泉があり、
そこの壁には女性の形のシミがあるという噂。
廃墟だけで帰ってくるのはビビリ、温泉まで見に言ったらまあまあ、
入浴までしたら神!みたいな妙な格付けもあって、
母たちは入浴する気満々でお風呂セット持参してたらしい。



67: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2016/05/18(水) 16:39:11.22 ID:ET5Arqye0
つづき

すごくわかりづらい場所だったけど、でも温泉はあったんだって。
天然の水場とかではなくて、一応ちゃんと人の手で作られた入浴施設。
ボロボロのほったて小屋みたいなのがあって、引き戸は壊れてるのか外して立てかけてあって、
入浴料が書かれた錆びたバケツが裸電球と一緒に天井からぶら下がってるっていう、
母ちゃん曰く風情溢れすぎる作りだったとか。
その奥に4人ぐらいが入れるぐらいの浴槽がある感じ(露天ではない)だったらしい。
ちなみに混浴なのか、お風呂はひとつしかなかったって。

コンクリートで固められた壁には確かに、人間ぐらいの大きさのシミがあったらしい。
でも、言うほど人間の形か?って思ったって。
遊びに行ったみんな(全員女性)で、
これが人間の形って言ったやつが一番ビビリだよねとか笑ってたんだけど、
その中でも一番気が強い人が、お湯をバサッ!とそのシミにぶっかけたらしい。

祟られるんじゃないの~とか盛り上がりつつも入浴を終えて服着てたら、
1人がシャンプーか何かを浴槽のフチに置きっぱだった事に気付き、
もう一度浴槽側の方に行ったんだって。

それでシミをみたら、さっきと明らかに形が違う。
他のメンバーを呼んで一緒に見たけど、形が変わっている。
さっきぶっかけたお湯の形とかとは全然関係なく違ったらしい。
なんとなくみんな気味が悪くなって、温泉からすぐにでて車に乗り込んだって。
来る時はあんなに騒いでたのに、
みんな一言もしゃべらず無言で、寄り道もせずに車に乗ってたらしい。



68: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2016/05/18(水) 16:41:26.03 ID:ET5Arqye0
つづき

廃墟の団地の所を通った時、車の窓越しにもわかるぐらい大きく叫ぶ声が聞こえたんだって。
え?何か聞こえない?って運転手が減速したんだけど
(有名なスポットだから他の人がいるのかと思ったらしい)
他の子が「いいから急いで帰りたい!腹減ったし!」って言って、
普段ならそこで冷やかしが入るんだけど誰も冷やかさず、

速度を戻してそのまま地元へ一直線。
途中でエンスト起こしたり、道迷いそうになったり、
走ってる途中にエンジン?からガガガッて音がしたりしつつも、
みんな最低限のことしかしゃべらずにまっすぐ帰ったって。

その後メンバーの家で酒盛りしながら感想を言い合いながら、
徐々に普段のテンションを取り戻してたらしいんだけど、
当然最後の謎の叫び声の話になって
「お前びびってたんだろ、腹が減ったとかウソだろ」って一人が冷やかしてたら
「あの声、やまびこになってなかった。自分達の時はちょっと声はるだけでめちゃめちゃ響いてたのに」
って言って、みんなそこでまた無言になったそう。

話はこれで終わり。あんまり怖い話とかしない母なんでなおさら怖かった。



69: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2016/05/18(水) 17:08:43.03 ID:rSuGxKzo0
面白い!



115: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2016/05/20(金) 22:44:25.41 ID:MMbZUC9c0
熊本地震の前に起きた不思議な話をしてもええか?



116: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2016/05/20(金) 23:13:36.33 ID:TRRX8ZGK0
待ってます



118: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2016/05/20(金) 23:27:35.32 ID:MMbZUC9c0
俺の祖母が福岡に住んでて、
今一人暮らしをしている。
確かGWの早朝に祖母はお仏壇のお供物にりんごを置いたらしく
祖母がキッチンに居た時に
突然りんごが落ちてしまい他のお供え物も落ちたらしい。
祖母によると落ちた当日は風は吹いて無かったらしい。
そしてその夜にデカイ地震が来た訳です。



120: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2016/05/20(金) 23:32:14.92 ID:aQ8UhLzE0
>>118
まさか終わり?
洒落にならんでこれは



119: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2016/05/20(金) 23:30:47.09 ID:SZdV60BE0
りんごに怒ってあの地震が引き起こされたのか



121: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2016/05/20(金) 23:32:19.31 ID:MMbZUC9c0
>>119
多分お仏壇の事だから先祖の警告かもしれない



124: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2016/05/20(金) 23:37:05.74 ID:MMbZUC9c0
その日は晴れてたんだけど、祖母は夕方に夕日を見たんだけどいつもの夕日じゃなく、太陽な様な真っ赤な夕日だったそうだ



149: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2016/05/24(火) 02:40:13.14 ID:v50DN90V0
昔、家族で5階建ての団地に住んでました。住んでいた部屋は3階。その頃に体験した出来事を。
俺が中学2年の夏休み、その団地は古い市営住宅でリビングにエアコンが無いので夏はいつも窓を全開にしていたんだが、外から子供の泣き声らしき声が聞こえたのね。時間は夜10時前。
ベランダに出ると上のほうから聞こえるから、同じ棟の上階からだと分かった。最初は「粗相した子供をベランダに締め出したんだな」って思った。そういうのは時々あったから。
夜10時ってのが少し夜更けすぎかなとは思ったけど。
子供の声は「お母さん!」「入れてよお~」とか言ってるようにも聞こえたけどすぐに止んだ。3分もなかったと思う。
で、それから15分くらい経って、うちの棟の下にパトカーが来た。夜にサイレン鳴らして来るんだから住民はびっくりだよ。母は「事件だったらどうしよう…」とかいいながら野次馬に行った。
俺は次の日部活の朝練だったから野次馬に行かず就寝。なのでここからは母から聞いた話。



150: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2016/05/24(火) 02:42:03.17 ID:v50DN90V0
110番したのは5階に住んでいる家族だった。
あの声の発信源はそこのお隣り(角部屋)だったらしい。奥さんが隣から子供の声がするのを聞いてベランダ越しに覗いたら、隣ベランダで裸の子供が泣いていたので通報したと。
で、その隣部屋ってのは空き部屋なのね。その子供、無人の真っ暗な部屋に向かっておかぁさん!とか言いながら泣いていたそうだ。
警察が空き部屋を調べたけどドアもベランダも施錠されてて人の侵入した形跡は無かったらしい。
子供は奥さんが通報した後に再度隣を覗いたらもういなかったそうで、結局発見されなかった。
うちの棟のうちより上階で幼い子供のいる家庭はなかったし、通報した家族にも高校生の兄弟だけだったので、消えた幼児は実はその家族の…ってのは無いと思う。

当時は団地全体でちょっとした騒ぎになったよ。
団地自治会でも問題として挙がったそうだし(母から聞いた)、話を聞きつけた若い連中が肝試しのつもりで夜中に団地にやってきて騒いだりとかあった。
まぁ騒ぎになって当然なんだけどね。俺含めて何人もの住民がリアルタイムで泣きじゃくる声を聞いていたんだから。



151: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2016/05/24(火) 14:53:23.99 ID:fLUwhTd90
4年くらい前の話なんだけど書いてみようかな
高校生最後の夏休みの話です
福祉科に入学したんですけど、毎年夏休みを使って実習に行くんですよ
その日も実習があって、夜勤実習が終わって帰りのことでした
もう少しで家に帰れる距離になって、信号待ちしていると横を結構大きめの車が通りすぎて、そこから女の子が顔出してたんですよ
自分も夜勤明けのボーッとした頭であー、上が開くタイプの車なんだなーって思って見てました
それで、ある程度距離が離れた辺りで異変が起きました
女の子の頭が縦に、頭頂部が下になるような感じで半回転して、自分の方を見てきたんですよ
それでニヤッて笑って消えてしまいました
何が起こったのかわからなく硬直してると、後ろから耳元に
「あなたじゃない」
ってハッキリと言われて、振り返ることも出来ずにただただそこに棒立ちでした
ハッと気が付いたら怖すぎて半泣きで家に帰りましたとさ
特にそれからなんの異変もありませんでした

稚拙な文でわかりにくいかも、すまそ



153: 「カガ(蛇)さまのお迎え」(1/2)@\(^o^)/ 2016/05/24(火) 14:57:09.92 ID:c1JcRuu/0
医者だった祖父が、とある山中の無医村に赴任したときの話。
祖父と祖母の家に預けられる形で、当時6歳の俺も一緒にその村で暮らすことになった。
喘息持ちの俺の転地療法も兼ねていた。

初日から村を挙げての大歓迎だった。鎮守の神だという蛇(カガ)を祀る神社で盛大な祭りが催され、
「神様のご加護」「神様の目印」として玄関先と裏口に巨大な鈴のついた幣束がとりつけられた。
診療所兼住宅として与えられた建物は真新しく、わざわざ整地した土地に新築されていた。

俺の喘息の発作はみるみる落ち着き、村の者は「カガ(蛇)さまのおかげ」だと口々に俺に説いた。
人懐っこい村の子供たちともすぐに打ち解けたが、すぐに不可解な噂を耳にすることになる。
「俺くんは良いのう、カガ(蛇)さまがお迎えにくると母ちゃんが言いよる」

その意味を祖父母に問いただしたが、祖父母は顔を曇らせて、「お前は何も心配するな」とだけ。
そういえば毎夜、日が暮れるなり家全体が締めつけられるようなギギギ…家鳴りが気になる。
祖父母には「新築の木造家屋はそういうものだ」と説明されたが、一度気になると恐怖しか感じない。



154: 「カガ(蛇)さまのお迎え」(2/2)@\(^o^)/ 2016/05/24(火) 14:58:52.39 ID:c1JcRuu/0
だがやがて俺と祖父母は、「カガ(蛇)さまのお迎え」の本当の意味を知るところとなる。
台風の近づいたある晩のことだった。血相を変えた父と兄が、祖父母と俺を迎えに来た。
困惑する祖父を父が殴りつけ、声を殺して「すぐに逃げろ!」と俺たちを車に押し込めた。

翌日上陸した台風により、山肌を押し流すような地滑りがあり、集落は土砂に飲まれた。
ただ一軒だけ無事だったのが、祖父母と俺たちのいた診療所。だがその姿は異様なものだった。
すべて窓や出入り口が、中から脱出できないように外側から閂(かんぬき)と鎖で固められていたのだ。

勘の良い人にはわかったと思う。俺たちはカガ(蛇)さまへの供物で、鈴や幣束は生贄の目印だ。
供物の俺たちに逃げられたカガ(蛇)さまの怒りか否か、村人たちの住居は一軒残らず土砂に飲まれていた。
俺たちを生贄にした安心感からか、村人たちは車で小一時間の避難所へ行くこともなく、皆自宅で亡くなっていた。
(了)



155: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2016/05/24(火) 15:36:50.54 ID:7LE7d1Hf0
>>154
面白かった乙、ほんでどこの話?



156: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2016/05/24(火) 15:40:55.05 ID:c1JcRuu/0
>>155
方言でバレるかもだが山陽です



158: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2016/05/24(火) 21:40:54.27 ID:usni5N2O0
>>156
なるほど山陽かー
馴染みないからかもしらんが神秘的なイメージあるわ



157: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2016/05/24(火) 19:11:19.10 ID:mvZ35lft0
>>153-154
面白かった と言ったらダメなのかもしれないけど、面白かったよ
西日本はいろいろあるんだなぁ



197: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2016/05/26(木) 12:37:22.14 ID:1vRC+2wt0
この間の夜、田舎の方に自転車で行って来たしんだが、道中線路があってそこで信号待ちになった。
暫く経っても電車が来なくて、左右を確認しねてみたら青いライトが2本左右に建ってるのに気づいた。
自分は、左側の青いライトの方で立ってたんだけど、右側の青いライトの下にチェックのシャツを着た男性が居た。
男性は青いライトを下から見上げて何かブツブツ独り言を呟いてた。
俺は早く線路を渡りたくてイライラしながら何度も左右を確認してたんだけど、3回目くらいの確認の時に、右のライトの下に居た男性が居なくなってた。
おかしいなと思いながら、気にせず電車を待ってると、やっと右側から電車が走ってきた。
電車がもう少しで前を通過するので、前を向いてやっと線路を渡れるって思った時、右側のライトの下に居た男性が俺のすぐ左側に立って居るのが傍目に見えた。
そして、男性は俺を見ながら
カンカンカンカンカンカンカンカンカン・・・・
と、呟き電車が通り過ぎた瞬間すべてが消えた。
俺は一目散に線路を渡り、渡り切ったあと後ろを見たが誰も居なかった。



199: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2016/05/26(木) 15:33:57.83 ID:bj1Vj2xi0
>>197
文章だけだとそんなに怖くないけど、自分に置き換えて想像しながら見たらめちゃくちゃヤバイなこれw



201: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2016/05/26(木) 16:48:43.77 ID:MwDBD4kg0
>>197
想像して寒気したw
こわいわw



282: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2016/05/31(火) 00:28:11.01 ID:WYZTNgaC0
洒落怖ってほどではないけど、それっぽいのが洒落怖にあったのでこっちに。
父は警察官。県警勤めで、しかも仕事の話は覚えてる限り二回しか聞いたことない。
テレビ警察の捕物とか見て、こういう事あった?と聞いても、どうだろうな、って濁す。
こういう事があった、とか話したら関係者の身バレする可能性あるからだろうけど。
んで、仕事の話の一つは父が40歳超えた頃に、酔っ払って警察の特集見ながら「いい加減コソ泥追いかけるのもしんどくなってきた」ってぼやいた事。
もう一つは、心霊特集を見てる時に「家で暴れてた女が、窓から赤くて大きい人に見られて、家族が怖くなったとかわめいてたな」と言った事。
印象的だったせいか、その夜夢でN字型の赤い化け物に見られる夢をみた。
左上の角が腰、右下部分が首で顔は目の部分と口の部分が窪んでいて、目はまん丸、口は三日月型っていう。
ぶっちゃけアレをリアルで見たらそりゃ正気じゃいられないわ、と思った。
さっき「アカマネ」の話読んで、まさかこれか?と書き込んだ次第。
でもあっちは無害らしいし、感染性も無いみたいだから別なんだろうか。
その女性がアカマネの話読んで、なんかの拍子にパニックになったのかもしれないけど。
また父に聞いてみたけど、そんな話したっけ、とはぐらかされた。



290: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2016/05/31(火) 07:57:48.60 ID:/u9WzZvc0
>>282
お前らだぞ



291: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2016/05/31(火) 10:28:45.14 ID:6rjyoKNm0
>>282
合格。久しぶりに読み応えのある話を聞かせて貰った。
短いながらも上手く纏められた良い文章。
最後の1行も素晴らしい。
ありがとうと礼をいいたい。



432: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2016/06/10(金) 01:03:48.61 ID:AI/o0otc0
普段は忙しいため家族サービスとは無縁な私ですが、
三年前の正月に都合がついたため千葉のホテルに家族を伴い宿泊しました。
そこで昔の知人とばったり会いました。
彼とは何年も音信不通になっていたため、再開できたことを喜びあいました。
ちょうど仕事に行き詰まりを感じていた私はその知人に相談することに。
おかげで資金管理の仕方など仕事に関してかなり具体的な意見を聞くことが出来、
その年は順風満帆といって良いほど順調な年になりました。

それから一年後の正月、再び家族と共に同じホテルに行きました。
するとまた知人とホテルのロビーで会ったのです。
毎年このホテルで年末年始を過ごしてるとのことだったので、
これも何かの縁と今後の進退について相談しました。
仕事は上手くいっていましたが、更に大きくステップアップを目指したかったのです。
彼は親身に相談に乗ってくれ、そのアドバイスもあってか年明け早々転職。
都内で大きな仕事を任されることになりました。

先日、その知人と連絡を取ろうと彼が勤めている出版社に連絡をとったところ、
彼は数年前に退社し、既に亡くなっていると言われました。
そんな馬鹿なことがあるか、自分は実際に会っているんだ、と思わず声を荒げてしまい
電話で応対した方も驚いていたようですが、念のため再度確認してもらったところ確かなようです。
生前の遺言から近しい者だけでの密葬でした。
では私が会った彼は誰だったのでしょうか。



452: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2016/06/11(土) 04:50:57.82 ID:mXG53zXC0
高校時代の俺の経験
今から書くからちょっと遅いかも

当時、俺の友人Aが住んでた団地にはわりとベタな怪談があった
5年ぐらい前にそこの2階の住人が自殺したんだけど、その人は自殺当日の夜11時判頃にエレベーターで2階から8階まで上がって、そこから手すり乗り越えて飛び降りて死んだんだよね
ちょうど帰宅したサラリーマンがエレベーター待っててその一連の事を目撃していたそうな
で、その日から毎晩11時半頃にエレベーターが2階から8階に行きそのすぐ後に地上に何かが叩きつけられる音がするようになったという話

もちろんそれを聞いた時は作り話としか思わなかったんだけど、Aが本当に起こるってしつこく言うからBとCを誘って一緒に見に行こうって事になった



453: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2016/06/11(土) 05:09:29.34 ID:mXG53zXC0
それで当日、Aの団地に集まったんだけどまず本当にエレベーターに誰も乗ってないのか確認しようぜって事になって俺とBが2階のエレベーター前で待機
AとCが8階のエレベーター前で待機する事にした
その日は特に変な雰囲気もない普通の夜で俺達は特に恐怖心もなくだらだらと時間がくるのを待ってた覚えがある

そしていざ11時半頃
2階のエレベーターのドアがゆっくりと開いた
中には誰もいない
ちょっと視線をズラすと、いつのまにか行き先上のボタン押されていたようだった
俺とBは思わず顔を見合わせたが当然それには乗らず、ドアはゆっくりと閉まってエレベーターはそのまま登っていき8階で止まった
俺とB黙って待っていたが地面に叩きつけられる音ってのは特に聞き取れなかった

そのしばらく後にAとCが階段で降りてきて(Cがエレベーターに乗って降りるのを嫌がったらしい)話を聞いたんだけど、やっぱり誰も乗っていなかったらしい
やっべーマジじゃん!ってなったんだけど、幽霊そのものを見たわけじゃ無かったから俺もBもあんまり怖くなかったんだよね
それで地面に叩きつけられる音はわかんなかったから、明日また改めて1階の落ちた場所に行ってみて聞いてみようぜって話になった
Cだけは恐がって俺はもうやめとくって言い出したから、次の日集まるのは俺とAとBだけという事になった



454: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2016/06/11(土) 05:27:52.33 ID:mXG53zXC0
次の日また集まった俺達はその落下現場にいた
なんてことはない染みもないようなアスファルトの地面で、Aにここだよって言われても実際にどこかはいまいち分からなかった
そして11時半頃、エレベーターが上がっていくのをそこから見ていよいよかとなる俺達
そのすぐ後に何かが前を通りすぎたような風圧
ドサッと重い固まりがが叩きつけられたような音
生暖かい何かが飛び散って俺の顔や服や腕にべったりと張り付くような感触
あわてて手のひらで顔を拭って確認してみたが特になにもついた様子は無く、腕も服もなんの痕跡も無かった
しかし、その直後に猛烈な頭痛がして凄まじい吐き気に思いっきり嘔吐する俺
何度も何度も吐いてちょっとマシになった時、横を見るとAとBも同じように何度も吐いていたみたいだった
結局、その後は三人とも青い顔でAの家にお邪魔になり次の日には帰ったんだけど三人ともたちの悪い風邪みたいな症状で3日程寝込だ

ここからが後日談……と言っても語れる事は少ない
俺達が落下現場に行った日以降、件の怪異はさっぱり起きなくなったそうな
もちろん俺は確認しにいく勇気なんか既になくあくまで話として聞いただけ
後、俺含めてAとBは今でも元気である
上の状況から祟りにでもあったんじゃないかと当時は死ぬほどビビってたんだけど、その後なんともないからたぶん大丈夫だったんだろう
ただ、Cは体調が戻って復帰した後は怯えた目で露骨に避けられるようになっしまった
恐がりのCには俺達が何をやってそうなったか知ってるだけに怖くて仕方なかったんだろうなと今では思う

おわりです



456: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2016/06/11(土) 05:32:30.36 ID:Uu4PTRUH0
よくある話だけどなかなか面白かった
俺もエレベータでは以前恐ろしい目にあったから他人事とは思えないわ
何度も吐いて気持ち悪くなったのは、過度な電荷を浴びたからさ
人の魂ってのはプラズマで出来ているからね



462: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2016/06/11(土) 11:01:27.21 ID:zTubZ59R0
けっこう怖かった
乙乙



546: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2016/06/16(木) 04:04:13.18 ID:WHHD1WGv0
池袋から徒歩圏内、家賃3万という家に住んでいた
トキワ荘的な、玄関が一箇所で廊下にそれぞれのドアがある、トイレも共同という
今ではなかなか珍しい物件である
当時はライブハウスで仕事していたために収入も少なく
また職場まで自転車で通えなくもないということで
友人からの紹介でここに住んだ
俺の部屋は2階で4畳半、友人は1階で3畳だったと記憶している
他の住人はどう生活しているかもわからない中年から老人で
全体的にくたびれた感じの人が多かった

そんなボロなところではあるが、なんとか生活にも馴染んでいったある日のこと

前日はたまたま漫画喫茶で某漫画を一気読みし、夕方手前に帰宅したと思う

玄関を開けると、床に赤い500円玉ほどの汚れが点々としていた
まるで血液のような色をしていた
1階部分は友人の部屋あたりまで、
階段にもその汚れがあり、2階の自分の部屋まで続いていた

嫌だなぁとは思ったが、特に何も異変もなく、
後日誰かが拭き取ってくれたのだろう、その汚れはなくなっていた


547: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2016/06/16(木) 04:05:25.93 ID:WHHD1WGv0
(つづき)
ある日、友人と酒でも飲もうかという話になり
部屋から焼酎など2本ほど持って友人の部屋へあがった
そこで以下のような話を聞かされた

先日、頭のおかしい女がやってきた
黒髪ロングだがボサボサで、顔もイッちゃったような風貌
薄汚れたコートを着ていた
手首からがと思われる出血があり、刃物を持っていた
玄関をあがり、片っ端からドアをノックし、出た人に「どこ?どこ?」と
作りがボロなので、そういうやり取りも部屋にいても聞こえてきた
出た人は皆わからないと答えるしかなかった
そして女が友人の部屋にもやってきた
友人は迷わずに俺の部屋を教えたそうだ

俺、その日漫画喫茶に行ってなかったらどんな目にあったんだろう

ただなにより怖いのが、そんな女がやってきて
なぜ誰も通報しなかったのだろう



549: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2016/06/16(木) 04:38:04.94 ID:GacoQvjC0
話聞いてると、そいつと友達やめたらw



550: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2016/06/16(木) 04:44:52.45 ID:WHHD1WGv0
>>549
やっぱり?www



552: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2016/06/16(木) 07:25:43.87 ID:RIXzT2030
友達がどうというか…すでにその女がまた来て刺されたりしたら本当に洒落にならなくなるぞ…



603: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2016/06/19(日) 16:12:21.50 ID:mfYw1qm+0
「肩のコリがとれない」って患者が来た。
見ると肩のところに女の首がとりついてこっちを見ている。
30代に見える。
コリの原因がわかったが、医者がそんなこと言うわけにはいかない。
処方箋をキーボードで打ち込みながら、それとなくとりついてる女に聞いてみると、
一緒に会社を立ち上げ、病気で入院しているときに、通帳から勝手にカネを引き出され、
無一文になってしまったらしい。
それを苦にして自殺した。
で、同じ目に合わせたくて取り憑いているのだそうだ。
患者が診察室を出ていくときも、背中越しに「絶対に離れない」と振り返って言ってきた。
あの患者さん、どうしてんだろう。 



604: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2016/06/19(日) 16:23:00.00 ID:zRuEh0Al0
>>603
やだ怖すぎ



605: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2016/06/19(日) 16:32:25.26 ID:kRsCfqfS0
>>603
一緒に会社を立ち上げたけど、病気で入院した相棒の通帳から勝手に金を引き出して無一文にさせたのが
取り憑かれている患者ってことだよね?

そうだとしたら自業自得だけど、全然関係ない人をターゲットにしているとしたら嫌だな



609: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2016/06/20(月) 00:21:23.38 ID:+TEGZSTsO
>>603
霊と会話できるドクター、新しいな
次作また読みたいわ
祓ったりせず、ただ淡々とどうしたかななんて書いてる所もいい
霊が見えて話せるだけってリアリティーあるし新鮮でいいぞ
やたら祓ったり戦ったりする様なのは辟易だしな



613: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2016/06/21(火) 16:35:46.21 ID:LdtJZU6/0
祖父から聞いた一番印象に残った怖い話。
第二次世界大戦の戦時中から戦後にかけてが青春だった祖父は、生まれつき足の向きがおかしくて歩けはすれどよほどまともな運動は出来なかったようで
徴兵は免れて広島県で家族に養ってもらいながらなんとか生き延びていたそう。戦争が終わったけど祖父達のいた広島は、原爆の影響もあって本当に地獄
だったらしい。余程戦中だった頃のほうが生活面も安全面もまともなほど荒れていたみたい。
場所がよかったようで被爆を逃れていた祖父は破壊された電線の銅などを集めて生活を安定させていったらしい(はだしのゲンに似たような話があったから
知らない人は読んでみてくれ)その頃の話なんだけど祖父はよく影が無い人を見たって言ってた。夕方に一人で荷物を引いてるときとか昼間とか時間を問わず。

当時の広島は被爆者の影が路面や壁に写りこんだ話がよく話されていたから、祖父は被爆して影を置き忘れて死んだ人たちなんだと思ったそう。やけに青白い顔をして
ぼんやり立っているその人たちは本当に生きているみたいだったらしい。というより町のど真ん中で昼間から何もしないで立ち尽くしていてもなんの疑問も持たれない程、
食べ物も働く術ももたない生きた人間が多かったので影の有無位でしか生きてるか死んでるか分らなかったらしい。
往生の間際まであの時代はとてもこの世ではなかったと話していた祖父の話の中で一番怖かった話。祖父の三回忌なので投下した、長文すまん。



616: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2016/06/21(火) 17:50:40.17 ID:2SZskgk/0
なかなか興味深いね。
原爆関係の心霊話は、魂ごと消し飛ばされたのかってくらい少ないからなー。



629: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2016/06/21(火) 18:36:48.18 ID:0Tb9i5nD0
>>616
核で死ぬと魂が残らないとかいう怖い話は聞いたことあるな
人に話したら、じゃあなんで幽霊が出るとか言われてるんだと反論されたけど
それは直撃で一瞬で死んだ人じゃないんじゃないかと思うんだが



634: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2016/06/21(火) 21:52:02.60 ID:LdtJZU6/0
じーちゃんの話をした者です。
反応あって嬉しいです。うちの家系ではじーちゃんを最後に戦争を体験した人はいなくなったから、怖い話でも戦争の話時でもいいからじーちゃんの体験を広めてくれたら助かる。
ちょっと説教くさくなるから申し訳ないけど、怒りとかは忘れてただ怖かったってことは伝えていかないといけないっていうのがじーちゃんの考えでした。
被爆者の幽霊が少ないっていうのは初めて聞いたよ。個人的に思ったことは他人より顔見知りの方が多かった町なのに影の無い人の中で知り合いがいたとは言ってなかった所は不思議だった。
また機会があったら他の聞いた話も投下するよ。



636: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2016/06/22(水) 02:39:41.25 ID:Fhzc+4tM0
>>634
よろしく頼む
亡きばあちゃんも東京大空襲で疎開していまのところに住みついたらしい
おかげで俺は生を受けてるって考えたらすごい事かもしれん



637: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2016/06/22(水) 04:39:42.45 ID:pc7E+V/60
うちの亡くなった爺さんは海軍だったが、フィリピンでの戦争の話はよく聞いたもんだ
終戦間際にもなると補給もまったく来なくなり、水や食料を求めてジャングルを徘徊する
当然、それを狙って米軍が機関銃を水場に設置して待ち構えている

水を飲まなければ死ぬ、水を汲んでも死ぬ・・・
誰かが囮となり、その隙に水を汲む・・・
その極限の攻防は正に生きるか死ぬかだったと



638: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2016/06/22(水) 05:38:39.08 ID:5hdh9Mhj0
便乗して俺も爺さんから聞いた戦時中の話をひとつ

うちの爺さんはパイロットだったらしいんだけど2回ほど墜落してるのね
その2回目の事なんだけどさ

その時は空戦中で翼をズタボロに撃ち抜かれて制御不能な状態になったんらしいんだよ
機体も大きく傾いて、これはヤバい角度で地面に叩き付けられるって感じで流石に死を覚悟したらしい
そしたら戦死していった仲間達がどこからともなく現れて機体を支えてくれて体勢を立て直してくれたんだとさ
おかげで良い状態で軟着陸出来て怪我もなかったらしい
その時これは命拾いをしたと思って助けてくれた亡き戦友達に礼を言ったんだと
そしたら彼等から返ってきた言葉は、国の為に戦えだとか米兵殺せだとかそういう言葉しか返ってこなかったらしい
その時爺さんは、ああ…死んでも楽にはなれず戦い続けるしかないんだなと悟り腹の底が冷えきるような気持ちになったそうだ



640: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2016/06/22(水) 05:45:22.20 ID:Pl0kUq6M0
現世こそすべての地獄が顕現される場所とはいったもんだ。



735: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2016/06/23(木) 22:51:11.38 ID:kLNUP4PA0
9年位前の話にmixiっていうSNSがまだ会員の推薦による紹介入会のみだった時代に
大学のサークルに会員がいて入会することが出来た。生まれて初めてのSNSだった
こともあって暇な時には携帯で開いてサークルを冷やかしたりプロフィール検索をして
同じ地域の会員と友達になったりしていた。その日も部屋に帰ってからmixiを覗いてたんだけど
たまたま見た寂れたローカルサークルの掲示板に30分前の書き込みがあった。
これから自殺するっていう書き込みで5人でやるだとか練炭だとかやけに詳細な内容が書いてあったから

冗談とも本気とも取れてなんだか薄気味悪かったのだけれど場所が一番驚いた。
当時北海道道央のある町の大学に通っていたのだけれど、その書き込みだと通っている大学から車で15分あれば着く山で
自殺をするとのことだった。通報するべきだったけれどそんな書き込みどんなサイトにだって山ほどあって
その中で本当に自殺するケースなんて身近にはあったためしがなかったものだから少し気味が悪い程度に
思った。そのサークルはその自殺の書き込み以外はもう1年も放置されているような場所だったので、
もちろんその書き込みに対する返答はなかったから俺はいつするんですか?みたいなニュアンスで返答をした。

5分程すると返答が俺個人のメールボックスに届いた。そのメールには今ですと書いてあり、車の窓をガムテープで
塞いで練炭に火をくべた、女が一人寝たみたいな細かい描写があって2chでいう実況みたいな雰囲気だった。
さすがにもう気味が悪くなってブラックリストに入れようとその人のプロフィールを見たら俺がメールを読んでいる間に
退会処理をしていたようでまあよくある冗談だなと思いながら寝たんだけど、
もう予想着いてるだろうけど翌々日にニュースで本当にその山で練炭自殺があったということを知って肝が冷えた。

状況も俺が見た掲示板の書き込みとメールと同じで通報をしていれば何か変わったかもしれないとすごく後悔した。
ただ一つ救いだったのはニュースで報道された人数は男1人と女3人、俺に読んだ書き込みには男がもう一人いた筈だった。
もともとその山は自殺の名所だったから誰かのいたずらとたまたま一致した事件だと信じて気持ちを落ち着かせた。



749: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2016/06/24(金) 10:23:00.20 ID:QMEWkZlq0
中学の時、通学途中にネットでも出てくる割と有名な心霊スポットがあった。
廃病院で、雰囲気はあるけど怖い話が伝わってるだけな感じ。壊そうとしたら誰かが死ぬとかそんなの。
むしろ敷地に入る前にある、門看板の「入ったりゴミを捨てたりすると300万円の罰金」です。
みたいな文章の方が怖かった。

毎日の通学で見慣れてきた頃、入口のガラスに「雷龍」ってスプレーで書いてあったのが見えた。
その時は度胸あるな、くらいにしか思ってなかったけどその日の帰り道に門の前で警察と大人何人かが話してたのがみえた。
廃病院の中で人が死んでたみたい。おじさんが「電気は流れてないんやけどねぇ」
って言ってるのが聞こえて直感で感電死したんだと思った。結局死体は近所の高校生のもので
一時騒ぎになり、門に有刺鉄線がつけられた。雷龍の字は消えてた。
高校に入り廃病院の前を通らなくなった。悪い友達が増えて高架下の壁に落書きとかするようになった。
ある日何人かで廃病院に行こうって話になり、場所も知ってたし得意げに案内して裏の塀を乗り越えて入った。
しばらく探索しても何もなく、帰ろうとした時、一人が証を残すとか言ってスプレーを取り出した。
中学の時見たのを思い出して嫌な感じになったけど、皆もう塀を登ってたし無視した。
帰り道そいつが車に轢かれて目の前で死んだ。

県外に就職して地元には長期連休とかでたまに帰る程度になった。
帰った時にふと思い出し見に行くと門だけ残して更地になってた。
廃病院を壊すときに何人死んだんだろう。
あいつはなんて落書きしたんだろう。



753: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2016/06/24(金) 16:25:13.41 ID:EaroOBmY0
>>749
乙です
洒落にならないほどではないかなあ
自分の周りで実際に起きたらガクブルだけど((((;゚Д゚))))



800: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2016/06/25(土) 22:56:23.81 ID:feDXEofB0
何回か死んだことがある。
軽自動車で信号待ちしていた時玉突き事故にあって、突っ込んできたのが4tトラックだった
ことと最後尾にいたこともあってわけわからん位頭をぶつけて意識を失った時に、
授業中だったり休み時間だったりのなんてことはない学生の頃の夢を見た。
その夢の中で何度か意識がブラックアウトしたときがあって、
意識が戻って落ち着いてから聞いたんだけど何度か心停止状態だったらしい。
死ぬことって地獄行きだとか天国にいくだとか仏陀になるだとか色んな考え方があるけど、
その場から自分が消滅するっていうことは確かで、そのことが途方も無く怖いわ。



872: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2016/06/27(月) 00:04:13.20 ID:ZCbUv1Nu0
各国を旅していた時の話
とある国の奥地
普通では行っては行けない場所、寄れない場所
降りてから少しばかり歩くと村がある
村と言ってもかなり原始的な村だ
小高い崖に横穴を掘り柵を設け住居にしている

これだけ言えば分かる人には分かるだろう
そこに数日間滞在していた時の文明の機器を餌に仲良くなった髭長から聞いた話
色々と面白い話を聞かせてもらったが特に興味深い話をひとつ
崖の内部構造はビルのように1階2階とあり各層に部屋が数部屋あるが地下もある
地下の装飾した一室、そこの床下の木製扉を開けると更に下に地底へと続いているというのだ
どこまで続いているかは詳細不明

昔そこに入り込んだ者がいたが数日経っても戻って来ず死んだものとされている
他の村民が2人探しに行った事があるが内部はかなり険しく死体らしきものはなかった
途中で道が途切れたところで暗闇に光を向けるが何も見えないのでデカイ石を落としてみると遥か下で着水した音が聞こえる
その後、何かが近づいてくる音と共にこちらに迫るくらいの巨大な音がして怖くなり命からがら戻って穴を埋めたという
実際に行って木製の扉開けて見せてもらうと確かに埋め固められていた
嘘かどうかはわからないがとても印象深かった話



896: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2016/06/27(月) 12:52:19.11 ID:LHG7EuJW0
Sさんという女性から聞いた話です 
ある夜ベッドで寝ていると、金縛りに襲われてたそうです。ベッドのすぐそばに黒いスーツのような服を着た男が立っていて 

「…てくれ、……てくれ」 

と、ぶつぶつと呟いているのです。 

Sさんは朝になって汗だくになって目を覚まし、昨日見た霊のことを思い出してみました。 
怖かったものの、~~てくれ、というからには、何をかをしてくれ、と頼みたいのかも知れない。 
何か私にやめて欲しいことや、して欲しいことがあるに違いない。 
そう考え、次の日は勇気を出して霊の呟きを聞いてみることにしました。 
そして次の日、やはり真夜中に金縛りに襲われ、ベッドの傍らに黒服の男が立っています。 

「…てくれ、……てくれ」 

Sさんは恐怖におののきながらも、強く眼を凝らして霊を見、その言葉を聞こうとしました。 
そしてSさんは、霊が何を言いたかったのか理解しました。 

その霊は、両腕が肩のところから無かったのです。 

「…てくれ、……て、くれ、……て、くれ…」 



897: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2016/06/27(月) 12:57:24.16 ID:LD39ONom0
>>896
そうそうこういうのがいいんだよ



898: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2016/06/27(月) 13:06:44.39 ID:arrSCN5t0
>>896
これぞ洒落怖だな 素晴らしい
屁の話ならもっとよかったが 贅沢は言うまい



899: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2016/06/27(月) 13:37:40.27 ID:264TZf3x0
>>896
鳥肌立った



900: ジュンジ・イナガワ@\(^o^)/ 2016/06/27(月) 14:18:09.73 ID:zDzt/rtd0
明治初期に作られたとされているが、誰の手によるかもわからない木造の面。
老爺のようにも見えるが、若い女にも見える。しかし一切の表情がなく、
能面として作られた割に神事用なのか演舞のためなのかすらわからない面である。
特異なのは名。名を凶笑面という。
凶事がある時だけ、無表情なその顔に禍々しい笑みが浮かぶという。
ある旅館に遺されている昭和時代の新婚カップルにまつわる記録。
とても仲の良い夫婦で、初日は周囲の眼を気にする事なく腕を組み、温泉も
混浴で入浴したと女将は苦々しく書いている。

二日目の夜、深夜に突然激しい物音がした。宿の者が駆け付けると、二人は死んでいた。
夫は首を切りつけられ、畳には凄まじい鮮血。妻は自らの胸を突き、倒れていた。
行灯の薄暗い寝室、壁に掛けたゆわれもわからぬ面。行灯のあかりに照らされ、不気味な笑みを浮かべていた。
突然の惨劇に混乱し、慌てふためく中、その不気味な笑みだけが記憶に残ったと女将は記している。
面はすぐに古道具屋に売り払われたそうだが、その後どうなったかはわかっていない。



901: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2016/06/27(月) 15:06:09.81 ID:H2IxKDHr0
>>900
出展ちゃんと書きなよ



902: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2016/06/27(月) 15:10:26.98 ID:zDzt/rtd0
個人的な記録なので、出典はない。失礼。



903: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2016/06/27(月) 15:13:06.23 ID:H2IxKDHr0
元ネタ知ってるから言ってるんだけど



904: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2016/06/27(月) 15:15:13.69 ID:ZD3W8hcH0
確かにググると出るな



932: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2016/06/28(火) 00:51:11.38 ID:OOkTqXO+0
電車に乗っていた時に丁度窓の方を向いたら少し先のビルから人が飛び降りるとこだった。
一瞬で景色は流れていったけどしばらく放心だったわ。



934: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2016/06/28(火) 02:01:44.31 ID:4/f4C/hC0
俺が中3のときからだけど、急に金縛りに遭うようになって
酷いときは毎晩のように夜中に身体が動かなくなって
そのたびに自分の上に何か乗ってて獣みたいな息遣いが聞こえてきたけど
怖くてついに一度も目を開けることができなかった。

親に相談しても全く相手にしてもらえず、自分で霊媒師に
頼むこともできなかったんで、高校卒業まで我慢して上京したら
ようやく金縛りからは解放されるようになった。

空いた俺の部屋は母ちゃんが使うようになったんだけど
それから母ちゃんも金縛りに遭うようになったらしく
それでも俺と違って怖がりじゃないんで金縛りの最中に目を開けてみたら
恐ろしい形相のタヌキが自分の上に乗っかっていたとのこと。
俺の金縛りの原因もどうもこのタヌキらしい。

さすがに怖くなってその筋の人に見てもらったら、どうも俺の家の
建っている場所と周辺が昔沼地だったらしくて、そこの沼地に嵌って
苦しみながら死んでいった動物の霊が周辺にウヨウヨしているとか。
自分の向かいの家の男の子が5歳くらいで亡くなったんだけど
その子は動物霊に連れて行かれたという話だった。

その後家を建て替えることになって、そのときに念入りにお祓いしたら
それ以降は家族は誰も金縛りには遭わなくなった。



935: 本当にあった怖い名無し@\(^o^)/ 2016/06/28(火) 03:49:35.12 ID:IaFrl65Y0
ごめんたぬきだと可愛いとしか思えない



【閲覧注意】世界の七不思議や怖い話

【画像】三大こち亀の有名シーンってこの3つだよな?

「トラウマになるぐらい後味が悪かった映画」のタイトルを教えて

爺さん婆さんから聞いた幕末・明治・大正・終戦時代の話

【ヘルプ】俺の町がおかしい。『日本の町が乗っ取られようとしている』